歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月08日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/11/17
2016/11/16
2016/11/15
2016/11/14
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
GReeeeNが“食器洗い”を応援!? 家事フェス『CLeeeeaN』キャンペーンソングを書き下ろし!
Tue, 08 Nov 2016 12:00:00 +0900
家事フェス『CLeeeeaN』 (okmusic UP\'s)

GReeeeNが台所用洗剤「CHARMY Magica(マジカ)」とコラボレーションし、主婦にとって憂鬱な家事No.1の“食器洗い”を応援する家事フェス『CLeeeeaN』キャンペーンが11月18日(金)からスタートする。

【その他の画像】GReeeeN

家事フェスとは、家事に負担を感じている人たちが音楽を楽しむ機会と家事を楽しむ機会を創出するために、「音楽を聴きながら家事する」取り組みだ。

今回この取り組みのキャンペーンに参戦したGReeeeNはキャンペーンソング「eeeeveryday」を書き下ろし。同曲は12月7日にリリースするシングルのカップリングとして収録されることも決定している。

家事フェス『CLeeeeaN』キャンペーンは、特設サイトからスマートフォンでMagicaロゴを撮影すると、「eeeeveryday」と、食器洗いの工程(食器を洗う、すすぐ、シンクを片付けて仕上げる)に合わせたGReeeeNナンバーのDJミックス「CLeeeeaN KITCHEN MIX(キャンペーン限定)」がその場で聴けるWEB限定キャンペーンとなっている。ぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

■【GReeeeN コメント】

「eeeeveryday」は家事フェス2016キャンペーンソングということで「日常の家事」が楽しくなることを意識して楽曲を制作しました。家族で家事洗濯掃除に笑顔で取り組み、MVのようにみんなで口ずさみながら食器洗いをし、踊りながら掃除を楽しんで頂けると幸いです。

■【キャンペーン概要】

名称:家事フェス「CLeeeeaN」キャンペーン
応募期間:2016年11月18日(金)〜2017年1月20日(金)23:59まで
対象商品:食器用洗剤『CHARMY Magica』『CHARMY Magica 除菌+(プラス)』全品
賞品:
(1)家事フェス2016キャンペーンソング「eeeeveryday」
(2)スペシャルDJミックス「CLeeeeaN KITCHEN MIX」
方法:
家事フェス「CLeeeeaN」キャンペーンサイトからスマートフォンのカメラを起動し、『CHARMY Magica』を撮影するとプレイリストにアクセスできます。

【関連リンク】
キャンペーンホームページ
GReeeeN オフィシャルHP
GReeeeN、さいたまスーパーアリーナ公演決定&ソロ曲の制作秘話を大公開
GReeeeN、『オールナイトニッポンGOLD』パーソナリティ担当&ニューアルバム発売決定

【関連アーティスト】
GReeeeN
【ジャンル】
J-POP

YOSHIKI、ジョー・ペリーらロックレジェンドが『CLASSIC ROCK AWARDS 2016』へ出演!
Tue, 08 Nov 2016 21:00:00 +0900
ジョー・ペリー (okmusic UP\'s)

日本初開催となる『THE CLASSIC ROCK AWARDS 2016 + LIVE PERFORMANCE / クラシックロックアワード 2016 + ライヴパフォーマンス』に、 X JAPANのYOSHIKIとエアロスミスのジョー・ペリーが参加することがわかった。

【その他の画像】Aerosmith

YOSHIKIは、2015年11月11日にロンドンのラウンドハウスにて開催された『CLASSIC ROCK AWARDS 2015』でクイーンの名曲「ボヘミアン・ラプソディ」とX JAPANの「With out You」をオープニングで披露。今回の『CLASSIC ROCK AWARDS 2016』でもピアノ演奏での参加が決定している。

ジョー・ペリーは、ジョニー・デップ、トミー・ヘンリクセンらとともにジャムセッションを予定しており、ロックレジェンドたちの一夜限りの夢のコラボレーションが実現する。

『CLASSIC ROCK AWARDS 2016』最終ラインナップは、ジョニー・デップ、ジェフ・ベック、ジミー・ペイジ、YOSHIKI、ジョー・ペリー、チープ・トリック、ジョー・エリオット、フィ ル・コリン、リッチー・サンボラ、オリアンティ、スロット・マシーン、サラ・ヘロニモ、バンブー、バ ンド-メイド、テスラ、ジェフ・ベック スペシャルバンド、また、ドイツを代表するロックバンドのスコーピオンズから、ルドルフ・シェンカーの友情出演が決定している。この熱き競演をお見逃しなく!

Photo by Ross Halfin

■『THE CLASSIC ROCK AWARDS 2016 + LIVE PERFORMANCE/クラシックロックアワード 2016 +ライヴパフォーマンス』

11月11日(金) 東京 両国国技館
司会:尾上松也、デイヴ・ムステイン(メガデス)
出演アーティスト(順不同) :
ジョニー・デップ、ジェフ・ベック、 ジミー・ペイジ、YOSHIKI、ジョー・ペリー、チープ・トリック、 ジョー・エリオット、フィル・コリン(デフ・レパード)、リッチー・サンボラ、オリアンティ、スロット・マ シーン、サラ・ヘロニモ、バンブー、バンド-メイド、テスラ、ルドルフ・シェンカー
ジェフ・ベック スペシャルバンド:
G:ディーン・ディレオ(ストーン・テンプル・パイロッツ)
B:ロバート・ディレオ(ストーン・テンプル・パイロッツ)
G:トミー・ヘンリクセン(ハリウッド・ヴァンパイアーズ、アリス・クーパー)
Dr:レイ・ルジアー(コーン)

【関連リンク】
『CLASSIC ROCK AWARDS 2016』 オフィシャルHP
『HALLOWEEN PARTY 2016』最終日でHYDE&YOSHIKIが夢の再競演!
黒木啓司の冠番組にToshl(X JAPAN)がゲスト出演! 生歌にNESMITH「感無量です」
hide、Blu-ray化された6作品から選りすぐりの5曲とティザー映像を公開

【関連アーティスト】
Aerosmith, X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

HYDEハーレイ・クインに釘付け! 『HALLOWEEN PARTY 2016』幕張初日公演をレポート
Tue, 08 Nov 2016 20:30:00 +0900
HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA (okmusic UP\'s)

神戸ワールド記念ホールでの2日間を経て、幕張メッセ国際展示場9・10・11ホールにて3日間にわたり開催されたVAMPS主宰のハロウィン・ライヴイベント『HALLOWEEN PARTY 2016』初日公演のレポートが到着した。

【その他の画像】VAMPS

この日は折しも雨模様。だが、会場に集まったオーディエンスは雨もなんのその。思い思いの仮装姿で宴の始まりに期待を膨らませている。
 
幕張初日の先陣を切ったのは、ハロパ初登場となるOLDCODEXだ。ゾンビ姿のバンドを従え、唇を赤く染めたTa_2が歌い始めたのはラウドなロックチューン「Rage on」。ステージの両脇には、アートワークが描かれたキャンバスが置かれ、ペインターのYORKE.が血のように赤いペンキを塗っていく。

『見ての通り世にも珍しい絵描きがいるバンドとしてやってます。「Deal with」という曲は、TVアニメ『SERVAMP -サーヴァンプ-』という吸血鬼アニメの主題歌なので、ハロウィンにはうってつけではないかと』と語るTa_2の言葉通り、彼は『SERVAMP -サーヴァンプ-』の椿、耳の付いたパーカー風ジャケットを着たYORKE.はクロの仮装姿だ。最後に披露されたヘヴィネスなデジタルロック・チューン「Scribble and Beyond」が終わる頃、キャンバスにはハロウィンらしいゴーストのイラストが完成していた。

続いてはVAMPSメンバーに選ばれたハイクオリティな仮装をしたオーディエンスがランウェイを歩く「HALLOWEEN COLLECTION」。幕張初日のこの日は、ハロコレに出たいという5年越しの夢を叶えた血まみれ3人組などが登場。さらにオールスターズとして、K.A.Zから借りたマッドハッターの衣装を着た淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88)、これだけのために来たという青木隆治が、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAのMVでの衣装でステージへ。総合MCのやまだひさしの無茶ぶりで、L\'Arc〜en〜Cielの「Winter Fall」を昔と今のHYDEの歌い方で披露する青木。『(昔と今では)抜くところがちょっと違う』という鋭い観察眼と表現力に、場内からは感嘆の声と大きな拍手が上がる。

荘厳なBGMをバックにフロートに乗って現れたのは、『モンスターハンター』の衣装を着たBREAKERZだ。『この鎧GTGTしててね。あ、ゴツゴツね(一同爆笑)』とMCも絶好調なDAIGOが、最新作『モンスターハンター ストーリーズ』のCMに出演していることから、メンバー3人が身につけている衣装は全てCAPCOM提供の本物。実はハロパでBREAKERZが『モンハン』の仮装をするのは去年に続き2度目。DAIGOがソロで出演した際も含めるとこれが3度目だ。そんなおなじみの仮装でランウェイを走り回りながら「CLIMBER×CLIMBER」を披露した後は、アッパーチューン「灼熱」でオーディエンスとともにタオルを回し、盛り上げる。

『もしBREAKERZをかっこいいと思ったらTwitterとかInstagramとか〜』というDAIGOのお決まりの件にも場内から大歓声が上がった。

この日の「THE ROAD TO HALLOWEEN PARTY 2016」は幕張第3位のロックアイドル、DEEP GIRLだ。去年に続き2度目の参加となる4人は、ロリータVOとデスボが入り乱れる熱いパフォーマンスを披露した。

『以前にも増してハロウィンが大好きになりました』と、去年に続き今年もハロパに参加した喜びをMCで披露したのは、でんぱ組.inc。神戸に続きこの日も、リーダーの相沢梨紗がデザインしたというメキシカン・スカルを題材にしたカラフルなミニドレスで熱演。ハロウィンにぴったりな「永久ゾンビーナ」から、リボンを使ったパフォーマンスに目を奪われる「でんでんぱっしょん」まで、キュートな歌声とダンスで、カラフルでキャッチーなシンセサイザーポップの数々をハッピーに盛り上げた。

HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAの一員でもあるTommyは、映画『スーサイド・スクワッド』のハーレイ・クインに扮し、SPECIAL PERFORMERとしてSPECIAL ACT STAGEに出演。アコースティック・ギターをメインにしたバンドサウンドを響かせ、the brilliant greenの名曲を気だるく歌う。『今日はこのままずーっとしんみりしてるんで。次の曲も盛り上がるかわかりません』と相変わらずマイペースなTommy。最後に名曲「There will be love there -愛のある場所-」を披露するまで何度も「かわいい!」と観客に言わせ、場内の笑いを誘っていた。

ゴールデンボンバーは今回も抱腹絶倒の姿で登場。珍百景のSEと共に、各メンバーは仮装のネタを書いた紙を観客に披露していくのだが、樽美酒研二が<ピンクパンサー>、歌広場淳がアニメ『とっても! ラッキーマン」の<ラッキーマン>、喜矢武豊が<『進撃の巨人』の普通の巨人>、鬼龍院翔が『ど根性ガエル』の<ピョン吉>と、4人中3人がほぼ裸。特に全裸にしか見えない喜矢武は、『安心してください。(ベージュのTバックを)履いてますよ』とアピール。「まさし」の激しいイントロで場内がヘドバンの坩堝と化すと、歌広場はペットボトルの水を一気飲みしてみせる。ラストの「女々しくて」では、全裸状態の3人と、Tシャツからびろしがはみ出した鬼龍院が、アリーナに突き出たステージをところせましと走り回る。

本日2組目のSPECIAL PERFORMERは、韓国の7人組女性アイドルグループ、AOAだ。抜群のスタイルを生かしたセクシーな黒猫風の仮装とダンスで、キャッチーなR&Bチューンを歌い踊った。

もし今年のVAMPSのステージにテーマがあるなら、恐らくこの日のテーマは<日常からの解放>だ。暗転したステージを覆う幕に映るのは、日常の義務やしがらみを象徴するような吊り下げられた女性のシルエット。そこへ、映画『スーサイド・スクワッド』のキャラクターに扮したメンバーがフロートに乗ってアリーナに登場。エンチャントレスに扮したARIMATSU、キラー・クロック姿のJIN、エル・ディアブロに扮したJu-ken、そしてジョーカー姿のK.A.Zが笑った口のタトゥーが描かれた左手を口に当てると、場内に黄色い声が響きわたる。

やがて幕が開き、ステージの上の巨大なオリの下から、ツインテールのヒロイン、ハーレイ・クイン姿のキュートなHYDEが登場。VAMPSを象徴する「666」の数字がプリントされたオレンジ色のつなぎ姿で、HYDEクインはオリの中から叫ぶようにリアーナの「DIAMONDS」を歌う。原曲よりもぐっとエモーショナルでヘヴィなVAMPSバージョンに鳥肌が立つ。「TROUBLE」では、天井から吊り下げられたブランコにハーネスなしで乗り、アリーナ中央のサブステージまで観客の頭上を空中移動。「ANGEL TRIP」で再びブランコで戻る際には、『みんなでハロパ行かな〜い? カワイイおじさん見に!』と、ジョークたっぷりのMCでオーディエンスを笑顔にする。

だが非日常には危険が伴うのか? それは、HYDE×K.A.Zによる圧倒的なギターアンサンブルで始まった「AHEAD」での出来事だった。場内の熱気が最高潮に達した時、ギターを奏でながら木箱に飛び乗ったHYDEクインが、バキッという音を立てて箱の中へ落下。その瞬間、歌声もHYDEの姿も消え、メンバーが奏でるインストだけが続く。しかしそこは元精神科医で元体操選手という設定のハーレイ・クイン。あっと言う間にギターを抱えた美しいHYDEクインがステージに帰還。「SEX BLOOD ROCK N\' ROLL」では、巨大なエンチャントレスARIMATSU人形にバズーカでカラーボールを撃ち込み、見事にヒットを決める。

ところが、ほっとしたのもつかの間。今度はオーディエンスの仮装を紹介していたMCのやまだひさしがステージから落下。『びっくりした〜!!』と言いつつも、もともとゾンビなだけに無事! 巨大な王冠をかぶった王子様や厚みのない棺など、個性的な観客の仮装を楽しく紹介していく。

『さて、いよいよパーティーも大詰めだ。お待ちかねのHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAの登場だ!』HYDEゴーストのアナウンスで始まったのはHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAだ。ROLLY(墓場から蘇ったエルビス・プレスリーのファン<腐乱ケンジ>)のギターで曲を当てる「HALLOWEEN 曲当てQUIZ」では、HYDEクインとキリショーカエル、さらに青木隆治と鬼灯の冷徹:逹瑯(MUCC)が、ヴァンパイア:明希(シド)、AKIHIDE(BREAKERZ)、SHINPEI(BREAKERZ)、淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88)という豪華メンバーによる生演奏をバックに、X JAPANの「X」を披露。HYDEと明希の衝撃のキスシーンを筆頭に、でんぱ組.incの成瀬瑛美とOLDCODEXのYORKE.、樽美酒とTommyが、箱の中身を当てて爆笑を誘う場面など、ハロパでしか目撃出来ないシーンが続出した。

『俺、さっきライヴでえらい目にあったんだけど。箱の上に乗ったらかっこいいかなと思って飛び乗ったの。たらね、パカって箱の天井がなくなってお尻から落ちたの。で、(仰向けになり両足を胸の方に引き寄せた格好をして)箱の中でこうやってギター弾いてた(笑)。がんばりました。プロですから』とドヤ顔でピースするHYDEクイン。さらにAOAのメンバーに混じって『ワタシ、ハイドデース』と自己紹介するお茶目さも発揮。最後は、化け狐姿の分島花音ら出演者全員で「HALLOWEEN PARTY」のテーマ曲を歌い、客席にお菓子をまきながらアリーナを練り歩く。

『HALLOWEEN PARTY』の真髄とは、仮装をすることで日常から解き放たれ、本能のまま楽しめること。幕張を舞台に3日間開催される『HALLOWEEN PARTY 2016』はまだまだ始まったばかり。さて、明日はどんな楽しいサプライズが飛び出すやら!

Photo by 今元秀明、緒車寿一、田中和子
Text by 早川加奈子

■【セットリスト】

OLDCODEX
M1:Rage on
M2:night flight
M3:WALK
M4:Deal with
M5:Scribble and Beyond 

BREAKERZ
M1:WE GO
M2:Miss Mystery
M3:CLIMBER×CLIMBER
M4:灼熱

でんぱ組.inc
M1:永久ゾンビーナ
M2:でんぱれーどJAPAN
M3:最Ψ最好調!
M4:でんでんぱっしょん

DEEP GIRL 
(THE ROAD TO HALLOWEEN PARTY 2016 幕張 第3位)
M1:STEREO
M2:Sweetness
M3:I kill

Tommy(SPECIAL PERFORMER)
M1:冷たい花
M2:そのスピードで
M3:Rock\'n Roll
M4:There will be love there -愛のある場所-

ゴールデンボンバー
M1:じれったい
M2:抱きしめてシュヴァルツ
M3:まさし
M4:女々しくて

AOA(SPECIAL PERFORMER)
M1:Like a Cat
M2:胸キュン
M3:愛をちょうだい
M4:WOW WAR TONIGHT
〜時には起こせよムーヴメント girls ver.

VAMPS
M1:DIAMONDS
M2:DEVIL SIDE
M3:INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White
M4:TROUBLE
M5:ANGEL TRIP
M6:AHEAD
M7:SEX BLOOD ROCK N\' ROLL

HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
M1:Penalty Waltz
M2:HALLOWEEN 曲当てQUIZ
M3:HALLOWEEN PARTY

【HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA】
青木隆治 / 明希(シド) / VAMPS / AOA / OLDCODEX / ゴールデンボンバー / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88)
逹瑯(MUCC) / DEEP GIRL / でんぱ組.inc / Tommy / BREAKERZ / ROLLY / 分島花音

【関連リンク】
HALLOWEEN PARTY 2016 オフィシャルHP
『HALLOWEEN PARTY 2016』神戸最終日、HYDEアミダラが降臨!?
OLDCODEXのYORKE.(Painter)のART BOOK 第2弾の受注スタート!
『HALLOWEEN PARTY 2016』最終日でHYDE&YOSHIKIが夢の再競演!

【関連アーティスト】
VAMPS, ゴールデンボンバー, OLDCODEX, AOA, BREAKERZ, Tommy, でんぱ組.inc, HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル, ライブ

L’Arc-en-Cielのメンバーが3DCG化! 最新技術を駆使したフルデジタイズ360°MV配信決定
Tue, 08 Nov 2016 19:00:00 +0900
L\'Arc-en-Ciel×バイオハザード (okmusic UP\'s)

L\'Arc-en-Cielの新曲「Don\'t be Afraid 」のMVが、PlayStation(R)VR初となるフルデジタイズ360°MVとして配信されることがわかった。

【その他の画像】L’Arc~en~Ciel

L\'Arc-en-Cielのメンバーがフォトスキャン、モーションキャプチャーを経てデジタルキャラクターとなり、バイオハザードシリーズの世界を舞台にゾンビたちと生き残りをかけて戦っていくという、これまでにない音楽映像体験ができるVR作品となっている。

MVでは『バイオハザード7』(PlayStation(R)4、Xbox One、PCにて2017年1月26日発売予定)でも使用されている最新の技術を採用したRE ENGINEを駆使し、メンバーを3DCG化。

また、11月17日(木)の配信に先駆け、11月12日(土)、13日(日)には全国のソニーストア(東京、名古屋、大阪、福岡)にて製品を体験できる先行体験会も開催(事前予約制:受付終了)される。

今年20周年を迎えるバイオハザードシリーズと、バンド結成25周年を迎えるL\'Arc-en-Cielのコラボレーションプロジェクトから目が離せない。

(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.

■【先行特別体験会概要】

開催期間:2016年11月12日(土)、11月13日(日)
※事前予約制:受付終了
会場:ソニーストア 銀座、名古屋、大阪、福岡天神
<体験できるコンテンツ>
『Don\'t be Afraid -Biohazard(R)×L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-』MVとアーティストビューモードの2パターンを体験いただけます。
※体験会への参加ならびにPSVR販売につきましては事前予約制となります。 予約なくご来店された方は体験ならびにご購入は頂けませんので、ご注意ください。

【関連リンク】
L\'Arc-en-Ciel オフィシャルHP
ラルク、新曲が映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』の日本語吹替版主題歌に
L\'Arc-en-Ciel、ソニー『ハイレゾ級ワイヤレス』キャンペーンに新曲を提供
HYDE×YOSHIKI!? 『VISUAL JAPAN SUMMIT』で奇跡のコラボが実現!

【関連アーティスト】
L’Arc~en~Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ゲーム

カラスは真っ白、4大都市を巡る2017年冬のワンマンツアー決定
Tue, 08 Nov 2016 18:00:00 +0900
カラスは真っ白 (okmusic UP\'s)

カラスは真っ白が東京、名古屋、大阪、札幌の4大都市を廻るワンマンツアーを開催することがわかった。

【その他の画像】カラスは真っ白

9月にリリースした2ndフルアルバム『バックトゥザフューチャー』を引っ提げての全国5大都市レコ発ワンマンツアーを大成功させたばかりのカラスは真っ白。オフィシャルHPでは11月17日まで一般発売に先駆けて先行予約が行われているので、ファンは要チェックを!

■2017年冬のワンマンツアー

2月12日(日) 名古屋 APOLLO BASE
2月17日(金) 大阪 DROP
2月24日(金) 東京 渋谷WWW X
3月02日(木) 札幌 Sound Lab mole

■アルバム『バックトゥザフューチャー』

発売中
PECF-3170/¥2,000+税
<収録曲>
1.魔法陣より愛を込めて
2.浮気DISCO
3.Let it die〜You Shal die〜
4.サヨナラ!フラッシュバック!〜Hard mode ver. 〜
5.fifth blues
6.カーネーション
7.Oh my sugar
8.YASAI FUNK
9.みずいろ

【関連リンク】
カラスは真っ白 オフィシャルHP
カラスは真っ白、朝倉加葉子が監督を手がけた「魔法陣より愛を込めて」の実写MV解禁!
忘れらんねえよとLAMP IN TERRENが映画『何者』に楽曲提供
カラスは真っ白、ニューアルバムのジャケ写初公開&映画出演も決定

【関連アーティスト】
カラスは真っ白
【ジャンル】
ジャパニーズロック

シェリル・リンの極めつけディスコヒット5曲
Tue, 08 Nov 2016 18:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

ディスコ全盛期の70年代終わりから80年代初頭にかけて、日本のディスコで絶大な人気を誇ったシェリル・リン。

【その他の画像】Cheryl Lynn

■タレント・オーディションで魅せた驚異の歌唱力

幼い頃から教会でゴスペルを歌い、地元では“歌の上手いリンダ(本名)”として知られ、その後76年にアメリカで高視聴率を誇ったテレビ番組『ゴングショー』で優勝、20歳前でいきなり人生の分岐点に立たされ、悩みながらも彼女は歌手になる道を選んだ。そして、大手レコード会社コロンビアと契約し、ディスコ全盛の78年にアルバム『Cheryl Lynn』でデビューする。このアルバムは、名声を得る直前のトトのメンバーをはじめ、ハービー・メイソン、デビッド・T・ウォーカー、チャック・レイニー、バーナード・パーディーほか、驚くほど豪華なメンバーが参加している。今ではディスコクラシックとなっている「Got To Be Real」(全米ソウルチャートで1位!)や、明らかにディスコヒットを狙った「Star Love」が収録され大ヒットとなった。

続く2nd『In Love』(‘79)は1枚目と同傾向の作風で、AOR系シンガーソングライターのボビー・コールドウェルが書いたシングル「I\'ve Got Faith In You」と「Keep It Hot」がディスコでヒットした。3rd作『In The Night』(’81)では、ゴーストバスターズでお馴染のレイ・パーカー・ジュニアにプロデュースを依頼し、これまでにない新しいディスコサウンドで彼女の80年代はスタートする。この作品からは「Shake It Up Tonight」(ディスコチャートで5位)がヒットし、ベースにジャズ/フュージョン系のマーカス・ミラーが参加したことでも評判になった。

ソウルファンの僕としては、4作目となる『Instant Love』(‘82)が彼女の最高傑作だと思っている。このアルバムからは、大きなディスコヒットが生まれていないことからも、彼女がディスコからソウルシンガーへと方向転換しようとしたのは確かだろう。この時期はユーロビートが台頭しつつあった頃で、ディスコ音楽がテクノっぽいサウンドに変わりつつあったことも、彼女に転換を意識させたのではないかと推測する。続く5th『Preppie』(’83)では黒人音楽の一時代を築いたジミー・ジャム&テリー・ルイスにプロデュースを任せ、80年代ソウルの新しいスタイルを披露、アルバムはR&Bチャートで7位になるなど大ヒットするのだが、ディスコでの人気回復には至らず、6thの『It’s Gonna Be Right』(‘85)を最後にコロンビアを離れ、90年代以降はブラコン作品のバックヴォーカルを担当するぐらいで、だんだんと忘れられるようになってしまった。
それでも日本では、ディスコ時代のシェリル・リンは大人気。今でも毎年のように来日し、往年のディスコファンを楽しませてくれている。

さて、それでは、シェリル・リンの極めつけディスコヒットを5曲セレクトしてみよう。

■1.「Got To Be Real」(‘78)

シェリル・リンといえば、やっぱりこの曲が一番の人気だろう。当時ディスコでこの曲がかからない日はなかったぐらいヒットした。スティーヴィー・ワンダーっぽいイントロから、エモーションズの「ベスト・オブ・マイ・ラブ」(‘77)的な展開を見せるわけだが、高音まで気持ち良く伸びる彼女のヴォーカルが素晴らしい。この曲のように、人力演奏のうねりというかグルーブ感にはなんとも言えない魅力があり、黒船としてユーロビートが世界を席巻するまでは、ディスコ音楽も演奏とヴォーカルががっぷり四つに組んでいた時代だったなぁと、しみじみ思う。

■2.「Star Love」(‘78)

焦らすためだろうが、この曲はイントロのバラード部分がかなり長く、当時ディスコではアップテンポに変わった途端狂ったように踊り出す人が多かった。このへんは完全にプロデューサーの狙い通りで、それを分かった上で踊り狂うというのがお約束だったような気がする。でも、この曲ってよく聴くと彼女のヴォーカルがすごいんだよね。ちょっと音がハズレ気味の部分もあるんだけど、低音から高音まで乗りに乗ってる感じで、たぶん正確さよりノリの良さを重視したんだと思う。彼女の代表曲のひとつだ。

■3.「Keep It Hot」(‘79)

これもディスコらしい雰囲気が満載のナンバーだ。ヴォーカルにはリバーブをかなり強めに効かせ、バックのサウンドに溶け込むようなサウンドプロデュースとなっている。このへんがデビッド・ペイチの腕の見せどころで、途中のフルートとヴォーカルの絡み部分は、ドラムが太鼓みたいな効果を出していて、盆踊りっぽいところがあるのは面白い。“踊り”のリズムって全世界共通なんだと思わせるような説得力がある。

■4.「Feel It」(‘79)

この曲はBPMが速いだけに、踊るのはかなり疲れたと思う。ていうか、これだけ速いと今のクラブでは受けないと思う…。メロディーがマイケル・ジャクソンの「Beat It」(‘83)とそっくりだけど、もちろんリリースはシェリル・リンのほうが前なので、文句言うならマイケルに言ってください。強力なスラップベースはチャック・レイニーじゃなくて、デヴィッド・シールズ。スラップベースはラリー・グレアムがスライ&ザ・ファミリー・ストーンのメンバーだった頃に編み出した、弦を叩きながら弾く技で、当時はチョッパーって呼ばれていた。こういう曲でのノリの良いシャウトは彼女が得意とするスタイルで、圧倒的な存在感があった。

■5.「Shake It Up Tonight」(’81)

3rdアルバム『In The NIght』所収のナンバー。これはダンスの形態で言うと“ハッスル”になると思う。デビッド・T・ウォーカーとワー・ワー・ワトソンのリズムギターが絶妙で、ダンスするのにぴったりのグルーブ感を醸し出している。シックのナイル・ロジャーズは、きっとこういう演奏を勉強してダンスに向くリズムギターを編み出したんだろうなって、関係ないことを考えてしまった。ベースは、当時飛ぶ鳥を落とす勢いのマーカス・ミラーが弾いている。フィリー風のストリングスもカッコ良い。ダンスチャート、R&Bチャートの両方とも5位まで上昇した。

【関連リンク】
「Got To Be Real」のシェリル・リン、6月に来日
「Got To Be Real」のシェリル・リン、来日公演決定

【関連アーティスト】
Cheryl Lynn
【ジャンル】


陰陽座、ニューアルバム『迦陵頻伽』から「愛する者よ、死に候え」MV公開
Tue, 08 Nov 2016 17:00:00 +0900
陰陽座 (okmusic UP\'s)

陰陽座のオフィシャルFacebookにて、2年2カ月ぶりとなるオリジナルアルバム『迦陵頻伽』の収録曲「愛する者よ、死に候え」のMVが公開された。

【その他の画像】陰陽座

同楽曲は大人気のパチスロ『SLOTバジリスク〜甲賀忍法帖〜III』の主題歌にも決定しているが、原作のストーリーを想起させる演出と映像により、楽曲のテーマがより鮮烈に伝わる内容になっている。

また、今回の発表とあわせ、アルバム『迦陵頻伽』のジャケット写真も公開された。類い稀な美声で鳴くという半人・半鳥の姿をした想像上の生物である“迦陵頻伽”をモチーフとした荘厳かつ美麗な仕上がりが話題となっている。

リリース後はアルバムを引っ提げツアーを敢行。12月13日の日本特殊陶業市民会館 ビレッジホールを皮切りに、ファイナルの12月23日のパシフィコ横浜国立大ホールまで4公演を予定している。

■「愛する者よ、死に候え」MV
https://www.facebook.com/video.php?v=1823577677878835
■陰陽座 オフィシャルHP
http://www.onmyo-za.net/

■アルバム『迦陵頻伽』

2016年11月30日発売
KICS-3439/¥3,000+税
※初回特典
・特製スリーブケース
・カラーフォトブックレット  
<収録曲>
01.迦陵頻伽
02.鸞
03.熾天の隻翼
04.刃
05.廿弐匹目は毒蝮
06.御前の瞳に羞いの砂
07.轆轤首
08.氷牙忍法帖
09.人魚の檻
10.素戔嗚
11.絡新婦
12.愛する者よ、死に候え
13.風人を憐れむ歌

■陰陽座ツアー2016『絶巓の迦陵頻伽』

12月13日(火) 愛知 日本特殊陶業市民会館 ビレッジホール
12月16日(金) 埼玉 三郷市文化会館 大ホール
12月20日(火) 大阪 NHK大阪ホール
12月23日(金・祝) 神奈川 パシフィコ横浜 国立大ホール

【関連リンク】
陰陽座、ニューアルバムのジャケでヴォーカルの黒猫が半人・半鳥に
陰陽座、アルバム『迦陵頻伽』のキービジュアルを公開
陰陽座、待望のオリジナル・アルバム『迦陵頻伽』リリース&ツアー決定
陰陽座、TOKYO FMにて約4年ぶりとなるレギュラー・ラジオがスタート

【関連アーティスト】
陰陽座
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

三代目JSB、「Welcome to TOKYO」のMVを表現したポスターで渋谷をジャック
Tue, 08 Nov 2016 16:00:00 +0900
巨大柱巻ポスター (okmusic UP\'s)

三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの11月9日発売のニューシングル「Welcome to TOKYO」のリリースを記念して、渋谷駅にてメンバー7人のビジュアルの巨大柱巻ポスターが限定展開された。本ポスターは1週間期間限定で渋谷駅とその周辺を走るトラックにてのみ限定で見ることができる。

【その他の画像】三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE

今回のニューシングル「Welcome to TOKYO」は、「夢」や「希望」を抱いた人々が”TOKYO”という地を舞台に新たな未来を切り拓いていく様を表現しており、EDM(Electronic Dance Music)、HOUSE、DUBSTEPなど様々なジャンルの要素が融合したJ-POP進化系といえるプログレッシブなトラックだ。

MVはそのエネルギーあふれる東京を独自の世界観で体現したスケール感のある見どころ満載の内容となっているが、今回のポスターに関してはMVの世界観をそのまま表現しており、1週間という短期間に加えて、渋谷駅とトラックでしか見られないという“限定”にふさわしい。

さらに注目なのはポスターのクリエイティヴで、よく見るとミュージックビデオを見た方々ならわかるであろう細かいディティール表現が隠されており、まさに渋谷にて「Welcome to TOKYO」の世界観を実感できる。

三代目J Soul Brothersにとって通算20作目となる本作は、両A面シングルとなっており、#2の「BRIGHT」はEDM(Electronic Dance Music)をベースにしたポップミュージックで、【コーセー70周年企業広告「きれいの、その先」篇】の CMソングにふさわしい、”自分らしく輝いて生きている女性”に贈る三代目J Soul Brothersからのメッセージ・ソングとなっている。

■【Welcome to TOKYOスペシャルポスター展開情報】

掲出期間:11月7日(月)〜13日(日)
掲出場所:東京メトロ半蔵門線/東急田園都市線渋谷駅B2Fコンコース /ハチ公改札外、出口7aから出口8付近のポスターと柱巻  
※電鉄、駅及び駅係員へのお問い合わせはご遠慮ください。

■シングル「Welcome To TOKYO」

2016年11月9日発売
【CD+DVD】
RZCD-86210/B/¥1,944(税込)
【CD】
RZCD-86211/¥1,080(税込)
<収録曲>
■CD
01.Welcome to TOKYO
02.BRIGHT
03.Welcome to TOKYO -Instrumental-
04.BRIGHT -Instrumental-
■DVD
Welcome to TOKYO -Music Video-

■「Welcome To TOKYO」ミュージックビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=F8poE6jilRI

【関連リンク】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE オフィシャルHP
EXILE TRIBEが躍動する「HiGH&LOW THE LIVE」が京セラドーム公演をもって全日程を完走
三代目 J Soul Brothers、最新シングル発売決定&全国ドームツアー開催を発表
ACE OF SPADES×PKCZR feat.登坂広臣、王道ロックとダンスミュージックを融合した「TIME FLIES」MV解禁

【関連アーティスト】
三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
J-POP

スキマスイッチ、奥田民生プロデュース「全力少年」MV公開
Tue, 08 Nov 2016 15:00:00 +0900
スキマスイッチ (okmusic UP\'s)

スキマスイッチが11月30日にリリースする約1年振りのニューシングル「全力少年 produced by 奥田民生」のMV(ショートver.)が公開された。


【その他の画像】スキマスイッチ

同曲はスキマスイッチの代表曲「全力少年」を、彼らが敬愛するミュージシャン奥田民生がプロデュースしたもの。骨太のギターフレーズが印象的な、ロックテイストあふれるナンバーだ。

MVではレコーディングスタジオにカメラが潜入し、プロデューサー奥田が原曲のリアレンジはもとより、自身でギター・ベース・ドラム・パーカッション等、様々な楽器演奏やコーラスをつとめる様子、奥田プロデューサー指揮のもと、歌う大橋やオルガンを弾く常田のパフォーマンスシーンがおさめられている。ときおり談笑、ときおり一服などリラックスした姿も垣間見られ、レコーディング密着ドキュメンタリーさながら、“全力感”あふれる作品に仕上がっている。

また、今作は全篇にわたり、大橋が書いた「全力少年」の歌詞が描かれており、奥田の大ヒット曲「イージュー★ライダー」のオマージュ的な作品であるところも見逃せない。

■「全力少年 produced by 奥田民生」MV (Short Ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=XA95jq5x-8s

■シングル「全力少年produced by 奥田民生」

2016年11月30日発売
【期間生産限定盤】(CD)
AUCL-217/¥1,300+税
※2017年2月末日までの期間生産限定盤
※雨瀬シオリ描き下ろしジャケット&デジパック仕様+anime ver.音源収録
<収録曲>
1.全力少年 produced by 奥田民生
2.ハナツ (premium ver.)
3.全力少年 produced by 奥田民生 (anime ver.)
4.全力少年 produced by 奥田民生 (KARAOKE)

【関連リンク】
スキマスイッチ オフィシャルHP
スキマスイッチの新「全力少年」、ジャケ写は『ALL OUT!!』とのコラボ!
TVアニメ「ALL OUT!!」OPは“Lenny code fiction”、EDのスキマスイッチは「全力少年」を奥田民生がリアレンジ
スキマスイッチ、全国ツアー最終公演の模様が待望のCD&映像作品化決定

【関連アーティスト】
スキマスイッチ, 奥田民生
【ジャンル】
J-POP, アニメ, テレビ(番組/CM)

ねごと、約2年ぶりとなる全国ワンマンツアー開催決定
Tue, 08 Nov 2016 14:00:00 +0900
ねごと (okmusic UP\'s)

ねごとが約2年ぶりとなる全国ワンマンツアーを開催することを発表した。

【その他の画像】ねごと

今回発表されたツアーは、2017年2月3日高松を皮切りに、全国10ヶ所をまわる全国ワンマンツアー。ツアーファイナルは、3月24日の東京 Zepp DiverCityとなる。

ねごとのモバイルサイトにてスタートしているチケットの会員先行販売は11月20日(日)23:59 までとなるので、早めにチェックしよう。

また、今回のツアー開催に際し、蒼山幸子(Vo./Key.)は、「久しぶりのワンマンツアーです。前回のワンマンツアーから約2年、いろんなことを選んで決めて進化してきたわたしたち、今のねごとの音とビートを届けに会いにいきたいと思います。たくさん一緒に楽しもう。ぜひ遊びに来てください」とコメントしている。

■『ねごと ワンマンツアー2017(仮)』

2月03日(金) 香川 高松 DIME
2月04日(土) 広島 広島 Cave-Be
2月17日(金) 福岡 福岡 BEAT STATION OPEN
2月19日(日) 岡山 岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
2月26日(日) 新潟 新潟 CLUB RIVERST
3月03日(金) 宮城 仙台 MA.CA.NA
3月05日(日) 北海道 札幌 cube garden
3月11日(土) 大阪 心斎橋 BIG CAT
3月20日(月・祝) 愛知 名古屋 CLUB QUATTRO
3月24日(金) 東京 Zepp DiverCity

【関連リンク】
ねごと オフィシャルHP
ねごとのメンバーが涙!? 記念すべきフェスに密着したトレーラーを公開
ねごと、スマホ2台でシェアする“アシンメトリ”なMVを公開
ねごと、最新EPから先行配信&WEB SPOTも公開

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ドラマチックアラスカ、新曲「TEPPEN」MVでK.O.狙いのガチバトル!?
Tue, 08 Nov 2016 13:30:00 +0900
ドラマチックアラスカ (okmusic UP\'s)

ドラマチックアラスカが12月7日(水)に発売するミニアルバム『ロックンロールドリーマーズ』のリード曲「TEPPEN」のMVが公開となった。

【その他の画像】ドラマチックアラスカ

リング場にて繰り広げられる様々なバトルにライブパフォーマンスで挑むドラマチックアラスカが収められており、攻めの楽曲にユーモアも加えた、彼ららしい映像作品となった。

また歌詞掲載サイト「歌ネット」にて同曲の歌詞も公開中。歌詞とMV、あわせて今の彼らの意気込みを感じ取ってほしい。

■「TEPPEN」歌詞掲載ページ
http://www.uta-net.com/song/218164/
■アルバム『ロックンロールドリーマーズ』特設ページ
http://www.ldandk.com/dramaticalaska/rocknrolldreamers/

■「TEPPEN」MV
https://youtu.be/sI76T571DHE

■ミニアルバム『ロックンロールドリーマーズ』

2016年12月7日発売
LDCD-50135/¥1,800+税
<収録曲>
1. TEPPEN
2. チャイニーズパッション
3. ロックンロールドリーマーズ
4. ロックンロールジャンキーズ
5. オッドアイ
6. この夜は
7. キミトフライト

【関連リンク】
ドラマチックアラスカ オフィシャルHP
ドラマチックアラスカ、ジャケ写公開&ツアー対バン続々決定
ドラマチックアラスカ、フレデリック、夜ダン、3バンドの主催イベントが大阪で大盛況
go!go!vanillasが2017年新春ツアーでOKAMOTO\'S、オーラルらと対バン

【関連アーティスト】
ドラマチックアラスカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ラルク、新曲が映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』の日本語吹替版主題歌に
Tue, 08 Nov 2016 13:00:00 +0900
L’Arc-en-Ciel×『バイオハザード:ザ・ファイナル』 (okmusic UP\'s)

L\'Arc-en-Cielが12月23日に日本で世界最速公開される、究極のアクション大作シリーズ第6弾にして最終作『バイオハザード:ザ・ファイナル』の日本語吹替版主題歌を手がけることがわかった。

【その他の画像】L’Arc~en~Ciel

日本発の大人気ゲームから生まれ、ミラジョヴォヴィッチ演じる美しきヒロインアリスと、世界をアンデッド化した元凶である宿敵アンブレラ社との最後の戦いを シリーズ最大のスケールで描く同作。かつてアンブレラ社の特殊部隊員だったが、アンブレラ社に実験台として利用され、 その人生を翻弄されながらも両手に銃を携え戦い続けてきたヒロイン・アリス。今回抜擢された新曲新曲「Don\'t be Afraid」は、彼女が歩んできたこれまでの姿にぴったりな楽曲になっている。

■【L\'Arc-en-Ciel メンバーコメント】

■hyde
今回、映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」とコラボレーションできて、すごく嬉しいです。
L\'Arc-en-Cielのメンバーもゾンビ大好きですから。「バイオハザード」ですごく象徴的な瞬間というのは、中に絶対アイツらがいるってわかっているの にドアを開けないと進めないという、その展開。その展開と、人生って、どこか通じる部分があると思うんです。「どうしてもこれやらないと前に進まな いんだよな…」っていうその気持ちを自分と照らし合わせて。勇気を振り絞って恐怖に打ち勝つっていう部分をイメージして歌詞を書きました。 あと、「Don\'t be Afraid」は発音的に、流暢に言ってみると「ゾンビーアフレイド」に近いなと。「ゾンビ怖い!」みたいな。ちょっとダジャレ入って ます(笑)。 僕らのファンも映画を観に行くかもしれないし、そこで初めて聴く人もいるかもしれないですけど、そこで何か、お互いの相乗効果があるといいと思いま すね。L\'Arc-en-Cielのファンは「バイオハザード」を好きになって、「バイオハザード」のファンはL\'Arc-en-Cielを好きになって、ということが少しでも起これば嬉しいです。

■tetsuya
映画「バイオハザード:ザ・ファイナル」とご一緒できてとても嬉しいです。今回の映画はついに最終作ということで、「バイオハザード」の映画の 映像のイメージを頭の中に描きつつ、僕なりの解釈で、あんまりザクザクしたギターで激し目のものでいくよりも、クリーンなアルペジオでちょっと 悲しい感じのほうがいいかなと思って作りました。悲しみとか、怒りとか、無念な気持ちとか、僕の中でもテーマになりました。生きながらにして ゾンビのような気持ちになる。ゾンビの気持ち、わかるんですよ、僕。ゾンビじゃないですけど(笑)。
L\'Arc-en-Cielも結成25年目ではあるんですけど、僕にできることは待ってくれている人に喜んでもらえるような楽曲をつくること。それが僕の使命な ので、自分なりに頑張って、すごくいいものができたな、と思っています。久しぶりの新曲ですが、気に入ってもらえると嬉しいです。

■映画『バイオハザード:ザ・ファイナル』

2016年12月23日(金・祝)日本最速公開
※全米公開:2017年1月27日
原題:Resident Evil: The Final Chapter
監督:ポール・W・S・アンダーソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ、アリ・ラーター、ショーン・ロバーツ、ルビー・ローズ、ローラ、ウィリアム・レヴィ、イアン・グレン

■オフィシャルHP
http://www.biohazard6.jp/

【関連リンク】
L\'Arc-en-Ciel オフィシャルHP
L\'Arc-en-Ciel、ソニー『ハイレゾ級ワイヤレス』キャンペーンに新曲を提供
HYDE×YOSHIKI!? 『VISUAL JAPAN SUMMIT』で奇跡のコラボが実現!
『PARTY ZOO』豊洲PIT公演、サプライズの嵐で大盛況!

【関連アーティスト】
L’Arc~en~Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

塩ノ谷 早耶香、号泣必至の新曲「魔法」MVティザー映像を公開
Tue, 08 Nov 2016 11:00:00 +0900
塩ノ谷 早耶香 (okmusic UP\'s)

塩ノ谷 早耶香が12月7日に発売する注目の新曲「魔法」のMVティザー映像を公開した。

【その他の画像】塩ノ谷早耶香

「魔法」は塩ノ谷 早耶香自身が作詞を手掛けた作品で、叶わない恋愛に 悩み苦悩する女性心理を描き、痛みを感じる程の感情的なヴォーカルで歌い上げた、キャリアの中でも最も“切なさ”、そして“歌唱力”が強調された号泣必至のバラード。そのティザー映像では塩ノ谷が路上に立ち尽くすシーンや、純白のドレスを纏い満ち足りた表情を浮かべるシーン、そして雨に打たれるシーンなどが切り取られており、映像の最後に「2016.11.11」の文字が残る。これはフルバージョンMVの公開日を指していると思われ、その全容に大きな関心が集まる。

また、リリース記念のミニライブ&握手会、それに先駆けて各地での予約特典会も予定されている。ライブでは「魔法」も歌唱していく予定とのことだ。いち早く注目の新曲が聴ける各会場に是非足を運んで頂き、塩ノ谷 早耶香の真骨頂でもあるバラードで《切ない》塩ノ谷ワールドを体感して欲しい。

■「魔法」Special Site
http://shionoya-mahou.com

■「魔法」MVティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=2FZmuCzQDvs

■シングル「魔法」

2016年12月7日発売
【初回限定盤TYPE-A】(CD+DVD)
KICM-91728/¥1,667+税
【初回限定盤TYPE-B】(CD+PHOTO BOOK)
KICM-91729/¥1,574+税
【通常盤】(CD)
KICM-1730/¥926+税

■【イベント情報】

■7thシングル「魔法」発売記念ミニライブ&握手会
11月12日 (土) イオンモール川口前川(埼玉県)
時間:13:00〜 / 15:00〜
11月27日(日) ミント神戸(兵庫県)
時間:13:00〜
11月27日(日) ららぽーと甲子園(兵庫県)
時間:17:00〜
12月03日 (土) ATC海辺のステージ(大阪府)
時間:13:00〜 / 15:00〜
12月04日 (日) イオンモール和歌山(和歌山県)
時間:13:00〜/15:00〜

■7thシングル「魔法」発売記念リリースイベント
12月06日(火) 池袋サンシャインシティ噴水広場(東京都)
時間:17:00〜 / 18:30〜
12月07日(水) タワーレコード横浜ビブレ(神奈川県)
時間:18:00〜 / 20:00〜
12月08日(木) イオンモール水戸内原(茨城県)
時間:17:30〜 / 19:30〜
12月09日(金) アスナル金山(愛知県)
時間:16:30〜 / 18:00〜
12月10日(土) あべのキューズモール(大阪府)
時間:未定
12月11日(日) チャチャタウン小倉(福岡県)
時間:未定

【関連リンク】
塩ノ谷 早耶香 オフィシャルHP
「LDH SHOWCASE LIVE MUSIC BOX vol.1」で宮田悟志、塩ノ谷早耶香、Leolaが豪華コラボを連発!
塩ノ谷 早耶香、新曲「魔法」 はクリスマスシーズンにぴったりの切ないラブバラード
塩ノ谷 早耶香、待望の初ワンマンライブで新曲リリースをサプライズ発表

【関連アーティスト】
塩ノ谷早耶香
【ジャンル】
J-POP

桑田佳祐、話題の新曲「君への手紙」がWOWOW開局25周年CM曲に決定
Tue, 08 Nov 2016 04:00:00 +0900
桑田佳祐 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐の11月23日(水・祝)にリリースするニューシングル「君への手紙」が、WOWOW開局25周年CMソングに決定したことが明らかになった。

【その他の画像】サザンオールスターズ

開局25周年CMと桑田佳祐の楽曲のコラボレーションは、6月に発売された「ヨシ子さん」に続き第二弾となる。今回のCMも「君への手紙」のMVと連動して制作されており、「WOWOW開局25周年×桑田佳祐」特設サイトで公開された。MVと連動し「君への手紙」の世界観が味わえる映像は必見である。

そして、その「君への手紙」のMVも同時に公開された。今回のビデオでは、さまざまな場所で歌う桑田佳祐の姿を見ることができる。ニューヨークを思わせる街角の路地、書斎、和室、海辺…それぞれの場所で歌う桑田の姿は、冷たい空気や冬の空と相まって、どことなく哀愁が漂い歌の情感を高めていく。桑田が持っていた曲のイメージを元にビデオ作品も出来上がっていったが、特に海のシーンの撮影については本人からの発案とのこと。広く開けた海の景色の開放感と、少し荒い波、そして晴天なのに微妙にくすんでいる冬の独特の空が、絶妙な哀切感とともに感動を誘っている。

キーとなるアイテムはやはり「手紙」。桑田が自ら筆を執って書いたと思しき手紙は、自ら意志を持ったかのように、折り紙のように変化を遂げ、あたかも鳥になったように宙を舞う。その鳥が、別の場所にいる桑田の元へ届く…。果たして、手紙は誰が書いたものなのか、そして誰へ届けられるものなのか? 手紙が自ら、伝書鳩にでも姿を変えたかのように空中を飛び回り、行き着いた先はどこなのか。そして桑田佳祐の身体にある変化が起きる衝撃の結末とは? 是非その目で確認し、ビデオを楽しんでほしい。

さらに「WOWOW開局25周年×桑田佳祐」プロジェクトでは、新たに番組の放送も決定した。2016年も多くの話題を集めた桑田佳祐に迫る特別番組「WOWOW開局25周年記念『桑田佳祐 2016年の軌跡 〜君への手紙〜』」を、12月4日(日)夜8:30からオンエアする。斬新な音楽性と強烈なインパクトを残すMVが話題となり大ヒットした「ヨシ子さん」、自らのルーツの一つである歌謡曲にアプローチしたWOWOW開局25周年記念番組「桑田佳祐『偉大なる歌謡曲に感謝 〜東京の唄〜』」、ソロとして4年ぶりとなる年越しライブ「桑田佳祐 年越しライブ2016『ヨシ子さんへの手紙〜悪戯な年の瀬〜』」の開催など、とどまることのないクリエイティビティとエネルギーで圧倒的な存在感を放ち続ける桑田佳祐。この番組では、2016年にリリースされた多彩な楽曲を中心に、桑田佳祐の今年の音楽活動を振り返る。

■「WOWOW開局25周年×桑田佳祐」特設サイト
http://www.wowow.co.jp/music/kuwata/

■「君への手紙」MV(Full Ver.)
https://youtu.be/pRDI2XHvXLQ

■シングル「君への手紙」

2016年11月23日(水)発売
【初回限定盤】(“君への手紙"パッケージ)
VICL-38200/¥1,296+税
【通常盤】
VICL-38201/¥1,296+税
【アナログ盤】
VIJL-61700/¥2,037+税
<収録曲> 
01. 君への手紙
※映画『金メダル男』主題歌/WOWOW開局25周年CMソング
02. 悪戯されて
03. あなたの夢を見ています
04. メンチカツ・ブルース

◎“君への手紙"パッケージ 収録内容
1) 直筆 桑田佳祐から“君への手紙"
2) オリジナル切手ステッカー
3) “年越しライブお楽しみ特典!"ライブ・ビューイング参加応募券
※ライブ・ビューイング参加には別途チケット代が必要となります

【関連リンク】
サザンオールスターズ オフィシャルHP
桑田佳祐、Blu-ray&DVD『THE ROOTS』初回盤特典の“ルーツミュージック マガジン”の内容一部公開
桑田佳祐、ニューシングルは新曲4曲入りのフルボリュームに! 年越しライブビューイング、まだ諦めないで!
桑田佳祐、最新映像作品の初回盤特典『ルーツミュージック マガジン』詳細解禁!

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ, 桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

A9、来年1月開催の2MANは全バンド初の組み合わせ
Tue, 08 Nov 2016 00:00:00 +0900
『A9 Tour 【BLACK PERIOD】』 (okmusic UP\'s)

A9が2017年1月に東京、大阪、名古屋のCLUB QUATTROで行なう2MANライブのゲストバンドが解禁となった!

【その他の画像】DIAURA

東京、大阪、名古屋の各会場2DAYSにて行なわれるツアー『A9 Tour 【BLACK PERIOD】』。1日はA9のワンマンライブで、もう1日はゲストバンドを迎えた2MANライブが行われることのみが発表されていた。そして、そのゲストバンドだが、1月13日(金)の名古屋には”DEZERT”、1月19日(木)の渋谷には”DIAURA”、1月27日(金)の梅田には”ペンタゴン”をそれぞれ迎える。全バンド初の組み合わせとなるということもあり、どういったライブが繰り広げられるか今から楽しみだ。こちらのチケットは11月9日よりチケット先行が開始される予定となっている。

また、A9は今年最後のワンマンを12月24日にディファ有明で開催。こちらはすでにチケット一般発売中となっているのでまだチケットを手に入れてない人はいますぐチェックを!

■【ライブ情報】

『WHITE Christmas Live with A9 CHANNEL』
12月24日(土) ディファ有明
Dress Code:WHITE

『A9 Tour 【BLACK PERIOD】』
Dress code:BLACK
1月12日(木) 名古屋CLUB QUATTRO
※ONEMAN SHOW
1月13日(金) 名古屋CLUB QUATTRO
with DEZERT
1月19日(木) 渋谷CLUB QUATTRO
with DIAURA
1月20日(金) 渋谷CLUB QUATTRO
※ONEMAN SHOW
1月26日(木) 梅田CLUB QUATTRO
※ONEMAN SHOW
1月27日(金) 梅田CLUB QUATTRO
with ペンタゴン

【関連リンク】
A9 オフィシャルHP
深夜のパーティー!? 「MIDNIGHT PARTY ZOO 2016 〜Ken Birthday Special〜」開催決定
『PARTY ZOO』ZeppDiverCity公演も大盛況!
『PARTY ZOO』豊洲PIT公演、サプライズの嵐で大盛況!

【関連アーティスト】
DIAURA, DEZERT, A9
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1