歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月04日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/11/13
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
E-girls、新作MVのコンセプトは“Japanese Neo Girls"! 現代×伝統を5つの世界観で表現
Fri, 04 Nov 2016 20:00:00 +0900
シングル「Go! Go! Let‘s Go!」 (okmusic UP\'s)

E-girlsの18枚目となるシングル「Go! Go! Let‘s Go!」の最新MVが解禁された。

【その他の画像】E-girls

今回のMVは、現代のJapanese Girlが生み出した、世界が認めるカッコよくオシャレな世界観をE-girls流に更にアレンジし、新たなトレンドを作り上げた内容に。すべてのジャンルを網羅することにより、多ジャンルからのカリスマ性を高めた新たな一面を見ることができる。

日本が生んだそれぞれ異なったスタイル、和をモチーフにした空間、そして日本の原点である着物をアレンジした衣装をミックスさせ、新しい日本と日本の伝統が融合した“Japanese Neo Girls"をE-girlsらしくカラフルに表現している。また、メンバーは作品を通して同じダンスをしているが、全く異なった世界観にいることで、まるで違うダンスのように見えるのもポイントのひとつ。

常に殻を破り挑戦を続けていくE-girlsの勢いを感じられる作品となっているので、気になる方は是非チェックしてほしい。

■【E-girls Ayaよりコメント】

Japanese Neo girlsという大きなテーマを掲げて、1つの作品を制作させて頂きました。日本の女の子が生み出した文化をE-girlsが表現したらどうなるのかということで、5つの世界観で表現させて頂きました。日本を象徴するお神輿だったり、着物を着てのパフォーマンスで日本という世界観を表現しています。

■「Go! Go! Let‘s Go!」MV
https://www.youtube.com/watch?v=9hhNn3wfaHk

■シングル「Go! Go! Let‘s Go!」

2016年11月30日発売
【CD+DVD】
RZCD-86217/B/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1. Go! Go! Let‘s Go!
2. ボン・ボヤージュ
3. Go! Go! Let\'s Go! (Instrumental)
■DVD
Go! Go! Let\'s Go! (Video Clip)

【CD Only】
RZCD-86218/¥1,000+税
<収録曲>
1. Go! Go! Let‘s Go!
2. ボン・ボヤージュ
3. Go! Go! Let\'s Go! (Instrumental)
4. ボン・ボヤージュ (Instrumental)

【関連リンク】
E-girls オフィシャルHP
Dream Ami、新曲「Lovefool -好きだって言って-」をAWAにて独占先行配信!
E-girls藤井萩花&夏恋による姉妹ユニットShuuKaRen始動
E-girls、2カ月連続“夏シングル”第2弾「Pink Champagne」MV公開

【関連アーティスト】
E-girls
【ジャンル】
J-POP

acid android、幻想的な演出で魅せた東名阪ツアーファイナルが大盛況のうちに閉幕
Fri, 04 Nov 2016 19:00:00 +0900
11月1日@恵比寿リキッドルーム (okmusic UP\'s)

acid android結成15周年イヤーの最後を飾る東名阪ツアーの最終日、11月1日。会場である恵比寿リキッドルーム2FのギャラリースペースKATAでは、昨年も行なわれたアート写真展『acid android exhibit 2016』も催され、雰囲気を盛り上げていた。

【その他の画像】acid android

ライヴは2006年のファーストシングル「let\'s dance」からスタートした。タイトル通りのアグレッシヴでキレキレのダンストラックで、フロアは一気に沸騰する。エネルギーが爆発し、迸り出る。今日のacid androidは少しいつもと違うな、と感じた。

まず感じるのは音響の素晴らしさだ。高域から低域までフラットに伸びた鮮度の高い音は、心地よく五感を刺激する。音圧感はあるが、歪みがなく、とても聞きやすい。リキッドルームはもともと音のいいハコだが、アーティストと音響スタッフの細やかな神経がさらに行き届いているのを感じる。

ここ最近のacid androidのライヴはダークでヘヴィなエレクトロを基調としたハードで辛口なサウンドが際だっていたが、この日はむしろ観客とともに楽しみ盛り上げていこうという意思が感じられた。ステージとフロアに一線を画す厳しくストイックなライヴ表現がacid androidらしさでもあると思っているが、この日はむしろ観客に寄り添うようなフランクさを感じたのは筆者だけだろうか。もちろん聴き手へのサービスという意味ではなく、ライヴという場を共にするファンへの共感とでもいおうか。

山口大吾(People In The Box)のソリッドでタイトなドラムスがシンセベースと同期して、地鳴りのように響く。無機的な電子音に肉体的な躍動をもたらず山口のプレイは、クールだがめちゃくちゃにテンションが高い。そこに小林祐介の空間系のエフェクトを多用したサイケデリックでグラマラスなギターが、一気にサウンドに華やかで艶やかな色気を加える。小林のプレイがこの日のライヴにもたらしたものは大きかったと思う。THE NOVEMBERSのヴォーカリストとしての小林しか注意を払っていなかった筆者は、ギタリストとしての彼の力量を改めて見直してしまった。

そうしたサウンド面の充実があるからこそ、主役のyukihiroのパフォーマンスも際立つ。例によってMC一切なしの無愛想なステージだったが、突き放されている感じはまったくない。小刻みに細身のカラダを揺らしながら観客を挑発する。本家バウハウスのダークでヘヴィな「double dare」の、さらに奈落の底に落ちていくような暗黒カヴァーが本当に素晴らしい。

凝った照明は幻想的な効果を生み、ダークな別世界を演出する。青白い照明の中に浮かび上がったyukihiroの顔が、時に吸血鬼のように、時に能面のように光る。ヴォーカルがややオフ気味のPAバランスで、歌で演奏全体を引っ張っていくというより、ヴォーカルも楽器のひとつとして、サウンド全体のテクスチャーや音圧で聴かせる、その意図は明らかだ。音響も演奏も照明も演出も衣装も歌も、髪の毛1本1本の先まで美意識が行き届いている。その一挙手一投足から目を離せない。

ラスト近くに演奏された「violent parade」でのキレキレのパフォーマンスが凄まじく、ライヴは一気にピークタイムを迎えた。全16曲、80分のステージは凝縮された密度の濃いもので、本当にあっという間だった。例によってアンコールはなく、客電がついて、まるで夢から覚めたように、魔法が解けたように、放心状態で会場をあとにする観客の表情が印象的だった。

年内のacid androidのライヴはこれで終了だが、来年はこの日も演奏された、まだタイトルもついていない新曲3曲を含むニューアルバムをぜひ期待したい。

Photo by 岡田貴之
Text by 小野島大

■【セットリスト】

01. let\'s dance
02. daze
03. gamble
04. perpetual motion
05. double dare
06. unsaid
07. *new song
08. *new song
09. swallowtail
10. violator
11. chaotic equal thing
12. imagining noises
13. egotistic ideal
14. the end of sequence code
15. violent parade
16. *new song

【関連リンク】
acid android オフィシャルHP
acid android、「acid android exhibit 2016」にてharaKIRIコラボグッズを一挙展示
acid android、ギミック満載の『exhibit 2016』開催決定
acid android、2016年第4弾となるライヴイベント『live 2016 #4』全公演発表

【関連アーティスト】
acid android
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

夜の本気ダンス、約9か月ぶりの最新作「Without You / LIBERTY」ジャケ写解禁
Fri, 04 Nov 2016 18:30:00 +0900
シングル「Without You / LIBERTY」 (okmusic UP\'s)

夜の本気ダンスが12月7日にリリースするダブルA面シングル「Without You / LIBERTY」のジャケ写を公開した。

【その他の画像】夜の本気ダンス

3月にリリースされたメジャー1stアルバム『DANCEABLE』から約9か月ぶりとなる本作は、バンド渾身の新曲2曲に加え、2曲のライブ音源を収録した計4曲というボリュームだ。

この度公開となったジャケ写はビビッドなピンクをベースに、新聞、ギター、メガネなどが飛び交っており、傘を手放す手は一体誰の手なのか? など、色々な想像を膨らませながらリリースまで待っていてほしい。

同時に、「Without You / LIBERTY」の購入者先着特典も発表となった。商品を購入した方には、"半分本気、夜の本気ダンス半年カレンダー"が特典としてプレゼントされる。こちらの特典は、タワーレコード、HMV、TSUTAYAそれぞれの店舗によって異なったデザインが用意される予定だ。いずれにしても、今後何かと重宝するアイテムなので、CDと共にチェックしていただきたい。

■シングル「Without You / LIBERTY」

2016年12月7日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1063/¥1,600+税
【通常盤】(CD)
VICL-37221/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1.Without You
2.LIBERTY
3.Only Seventeen (Live at Ebisu Liquidroom_2016.07.15)
4.夜に本気ダンス (Live at Ebisu Liquidroom_2016.07.15)
■初回限定盤付属DVD
「WONDERFUL! DANCEABLE! ENSEMBLE! TOUR(2016年7月15日 LIQUIDROOM)」
ロシアのビッグマフ、Crazy Dancer、fuckin\' so tired、Only Nineteen、B!tch、You gotta move、夜に本気ダンス、escape with you、戦争

◎購入者先着チェーン別オリジナル特典
■タワーレコード全国各店 / タワーレコードオンライン
"半分本気、夜の本気ダンス半年カレンダー" A(2017.1月〜6月)
■HMV全国各店 / ローチケHMV
"半分本気、夜の本気ダンス半年カレンダー" B(2017.1月〜6月)
■TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYAオンラインショッピング
"半分本気、夜の本気ダンス半年カレンダー" C(2017.1月〜6月)

■特典情報掲載ページ
http://www.jvcmusic.co.jp/-/News/A025344/24.html

【関連リンク】
夜の本気ダンス オフィシャルHP
ドラマチックアラスカ、フレデリック、夜ダン、3バンドの主催イベントが大阪で大盛況
夜の本気ダンス、メジャー初シングルはダブルA面に
go!go!vanillasが2017年新春ツアーでOKAMOTO\'S、オーラルらと対バン

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
ジャパニーズロック

稀代のメロディーメイカーぶりが光る、ジェイソン・ムラーズの『ウィ・シング、ウィ・ダンス、ウィ・スティール・シングス』
Fri, 04 Nov 2016 18:00:00 +0900
Jason Mraz『We Sing. We Dance. We Steal Things.』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

2002年、メジャーデビューしたばかりのジェイソン・ムラーズは、シングル「Remedy(I Won\'t Worry)」がヒットし、アルバム『ウェイティング・フォー・マイ・ロケット・トゥ・カム』も100万枚を売り上げるメガヒットとなる。それまでサンディエゴの小さいコーヒーショップで歌っていただけに、突如現れた無名の新人のビッグヒットは大きな話題となった。ラップ、フォーク、ソウル、ロック、ポップス等がミックスされた彼の音楽は、オーガニック系のミュージシャンたちとの交流もあって成長し続け、メジャー3作目となる本作『ウィ・シング、ウィ・ダンス、ウィ・スティール・シングス』で全世界の注目を集めることとなる。名曲だらけと言っても過言ではない本作が、現時点での彼の最高傑作であるのは間違いない。

■ミュージカルを学ぶことで、優れたヴォーカリストに転身

1977年、アメリカ東部のバージニア州で生まれたジェイソンは、同郷のグラミー受賞者でもあるデイブ・マシューズ・バンドと地元で人気のエージェント・オブ・グッド・ルーツというふたつのグループを愛聴していたようだ。どちらもカントリーやフォークをバックボーンに持つルーツロックグループで、現在の彼の音楽に少なからず影響を与えている。そもそもバージニア州は東部ではあるものの南部に近く、セイクレッド・ソング(白人の宗教歌)やブルーグラス音楽のファンが多い場所だけに、ジェイソンのサウンドに見られるルーツミュージック的な側面は、彼のその出自にあると言えるだろう。

高校卒業後、ジェイソンはニューヨークへと移り、演劇学校に通うのだが、これはデイブ・マシューズが音楽をやる傍らアマチュア演劇の俳優も務めていたことに感化されたものと思われる。まさにジェイソンのデイブ・マシューズへの傾倒がよくわかるエピソードだが、結局は1年ほどで学校をドロップアウト、歌のトレーニングやソングライティングに集中するため、バージニアに戻っている。

■サンディエゴに移住、コーヒハウスでの修行時代

故郷で音楽に没頭し、歌に自信をつけた彼は、新たな展開を求めて遠く離れた西海岸サンディエゴに移り住む。そして、毎晩のようにコーヒーハウスで歌いながら力をつけ、徐々に人気を獲得していく。2001年に自主制作でリリースした『Live at Java Joe\'s』(‘01)と『Sold Out (In Stereo)』(’02)の2枚のアルバムが音楽関係者の目に止まり、大手レーベルのエレクトラとの契約が決定する。

■大手レーベルとの契約とデビュー作品での大ヒット

2002年、レゲエ、ラップ、フォーク、ロックなど、さまざまなスタイルをミックスした彼のメジャーデビュー作『ウェイティング・フォー・マイ・ロケット・トゥ・カム』がリリースされた。このアルバムは新人のデビュー作にもかかわらず、全米で100万枚を売り上げ、一挙に彼の名前は多くの音楽ファンに知られることとなる。

ただ、この時点では彼自身がレコーディングに慣れていないことや、レコード会社の作品への介入等もあって、思い通りにアルバムの制作ができなかったようだ。続く『Tonight, Not Again: Jason Mraz Live at the Eagles Ballroom』(‘04)は、前作のヒットを受け、ツアー生活に明け暮れるようになるのだが、その時のライヴの模様を収録した2枚組(CD+DVD)でのリリースとなった。彼の創作欲は依然として続いていたが、前作の苦い思いからアトランティックへの移籍を決め、2005年に移籍後初の『Mr. A?Z』をリリースする。プロデューサーにはU2やデイブ・マシューズ・バンドも手がけたスティーブ・リリーホワイトを起用し、前作の多様なサウンドは残しつつも彼のアコースティックな感覚を活かしたオーガニック的なサウンドを展開している。彼のヴォーカルはますます磨きがかかり、ソングライティング面でも確実にレベルアップした秀作となった。このアルバムはセールス面では前作には及ばなかったものの、50万枚を突破するヒットとなる。この頃からは長いツアー生活が続き、スタジオに入る時間がなかなか取れず、多くの曲をストックしながら次作のレコーディングに備えていた。

■秀逸なメロディーが炸裂する本作『ウィ・シング、ウィ・ダンス、ウィ・スティール・シングス』

彼のメロディーメイカーぶりは、メジャー1作目2作目を聴けばよく分かるが、彼自身は生ギター1本で気持ちが伝わるような、アコースティックな作品で勝負したいと考えていたのではないかと僕は思う。2008年初頭にリリースされたインディーズ時代のライヴを集めた『Live & Acoustic』では、生ギター1本で勝負していて、このスタイルこそが彼の目指すスタイルではないかと思うぐらい、伸び伸びとしたパフォーマンスが聴けるのだ。

ジャック・ジョンソンやGラブのように、オーガニック系というかもう少しフォーキーなスタイルで、要するにインディーズ時代の形で彼の歌が聴きたいと思っていた矢先、本作『ウィ・シング、ウィ・ダンス、ウィ・スティール・シングス』(‘08)がリリースされた。全曲、文句なしの出来で、僕の望んでいたフォーキーさが増しているし、彼のジェームス・テイラーばりの巧みなヴォーカルも最高だ。とにかく、これだけ良い曲を書けるソングライターは、数十年にひとりだと断言してもいい。2000年代に入ってリリースされたアルバムで、これほど繰り返し聴いたアルバムはほとんどなく、ポピュラー音楽史上に残る名盤であることは間違いない。

アルバムに収録されているのは全部で12曲。大きく分類すると、フォーキーな「I’m Yours」「Lucky」「Live High」、オーガニック系の「Details In The Fabric」「Coyotes」「The Dynamo Of Volition」「A Beautiful Mess」、ポール・マッカートニー風の「Love For a Child」「If It Kills Me」、ポップソウル調の「Make It Mine」「Butterfly」「Only Human」と、だいたい4パターンになるが、どれも平均点を大きく上回る名曲ばかりだ。本作を愛している人はもちろん異論はないと思う。僕が声を大にして言いたいのは「I’m Yours」は確かに名曲だけど、他の曲も全然負けていないってこと。もし、「I’m Yours」は知ってるけどアルバムは聴いたことがないという人がいるなら、騙されたと思って聴いてみてください。あ、「I’m Yours」を知らない人もぜひ!

余談だが、本作『ウィ・シング、ウィ・ダンス、ウィ・スティール・シングス』の3枚組デラックス・ヴァージョンは強力なので少しだけ紹介しておく。ディスク1には本作が、ディスク2には「I’m Yours」をはじめ、本作に収録された名曲群のデモっぽいセッション演奏を収録、ディスク3はDVDで彼のライブやツアーのドキュメンタリーが観られるという豪華版なのだ♪

【関連アーティスト】
Jason Mraz & Colbie Caillat
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、ドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の主題歌をカバー
Fri, 04 Nov 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

今日の一曲はドラマ「ドクターX〜外科医・大門未知子〜」の主題歌
Superflyさんの「99」
私は憧れている、Superflyさんに。
あの小さい体のどこからあんなにパワフルなかっこいい歌声が出てくるのだろうか。
自分には絶対出す事の出来ない歌声。
そのSuperflyさんの曲に自分なりに挑戦してみました。
是非聴いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=toNjGHW8OxQ

突然ですが、私は今沖縄に来ている。
(このコラムが更新される頃に帰って来ているはずだ。笑)
初めて沖縄で、友達の結婚式に呼んでもらった。
聞くところによると、沖縄の結婚式は凄い、らしい。笑
普通に300人くらいいる、との事。
…想像がつかない。笑
とても楽しみなのである。

沖縄にはよく訪れているが、一人で来るのは実は初めて。
残念ながら私は免許を持っていないので(こうやって沖縄へ来るたびに早く免許取ろう!と何度も思う)、今回の移動手段はもっぱらモノレール(ゆいレール)、タクシー、そしてバス。
以前にもこのコラムで書いていると思いますが、中学の修学旅行で陶芸体験をし、教えてくれた人と今でも親交がある。
もう11年の付き合いになるわけです。
その人が読谷村、という沖縄の上の地域に住んでいるのでそこまで会いに行く事にした。
ゆいレールに乗り、バスに乗って1時間ちょっと。
実はバスに乗るのも初めてでした。
全く知らない土地なのだけれど、全く不安はなかった。
むしろワクワクしていた。
海外じゃなくて日本だから確実に何とかなる、精神。笑
こういう時、海外に行っていて良かったなぁ、なんて事を思う。

分からなければ人に聞けばいっか、なんて事を思っていたらタクシー運転手のおじちゃんが、旅行カバンを持っている私を見て、先に親切に乗り場から何から教えに来てくれた。
そしてオススメのご飯屋さんまで。
お腹空いてはいなかったのだけれど、あまりにも勧めてくるので悪いなと思い沖縄そばを食べて来た。
…オススメしてくれるだけあって本当に美味しくとても感謝したのでした。笑

そんなこんなでバスに乗る。
車はもちろん便利だけれど、これはこれで面白いなって思う。
知らないものに触れる瞬間。
何事も楽しんだもん勝ちだなって思うのです。
そして到着。
今回1泊目のホテルは女性専用の宿。
まるでホームステイしているかの様な感覚。
三線を弾かせてもらったり、管理人さんと話をしたり、のんびりゆっくり出来てこれもまたホテルとは違っていて楽しかった。

またここに帰って来たい、そう思える場所が出来るって凄く幸せだな、なんて事を実感。
2泊目は沖縄に移住した友達の家に泊まらせてもらう予定。
どんな事が体感できるのか。
非常に楽しみに過ごしている、今回はそんな沖縄滞在記なのでした。

【関連アーティスト】
Superfly, 稚菜
【ジャンル】


MAGiC BOYZ、新メンバーとしてZEN-LA-ROCKが加入し怒濤の急展開!?
Fri, 04 Nov 2016 17:00:00 +0900
MAGiC BOYZ(写真:左から ジョー、ZEN-LA-ROCK、トーマ、リュウト、マヒロ) (okmusic UP\'s)

MAGiC BOYZに新メンバーとして、ZEN-LA-ROCKが加入する事が発表された。

【その他の画像】ZEN-LA-ROCK

10月末で元メンバーのミロが卒業し、トーマ・リュウト・マヒロが高校受験勉強強化期間に入ろうとした最中に起きた怒濤の急展開。ZEN-LA-ROCKは、MAGiC BOYZのシングル「Do The D-D-T!!」のMVにボーイスカウトのリーダー役として出演、その後LINE LIVEの番組にゲスト出演したりする中でメンバーとも交流を深めてきており、メンバー編成が変わる機会にしばらくメンバーの成長を見守ってほしいと加入を打診したところ、自身としても未知の領域へ足を踏み入れる事を熟考した上で快諾。『自分もピカピカのアイドル一年生、つまり受験生気分でマジボ活動頑張ります』とコメントしている。

メンバーのジョーとの年齢差は、なんと2まわり以上の26歳。未だかつて無いメンバー構成のHIPHOPグループとなる彼らだが、新体制でのライブは12月からを予定。新しくなるマジボのパフォーマンスをチェックしてほしい。

■【イベント情報】

『「イカれてイル?」DVD発売記念イベント』
11月23日(水・祝)  Brillia SHORT SHORTS THEATER

『(有)申し訳AFTERNOON 20周年SP』
12月18日(日)  代官山UNIT

【関連リンク】
MAGiC BOYZ オフィシャルHP
MAGiC BOYZ、小学生DJのミロが10月でグループ卒業を発表
MAGiC BOYZ、ジョーとミロがDJとしてイベント出演決定
MAGiC BOYZ、初主演映画のDVD発売決定!特典映像にライブ映像も!

【関連アーティスト】
ZEN-LA-ROCK, MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP

DECAYS、メジャー1stアルバム『Baby who wanders』JK写解禁&発売記念イベント開催決定
Fri, 04 Nov 2016 16:30:00 +0900
アルバム『Baby who wanders』【通常盤】(CD) (okmusic UP\'s)

DECAYSが12月7日に発表するメジャー1stアルバム『Baby who wanders』のジャケット写真を公開した。

【その他の画像】DIR EN GREY

今作は初回生産限定盤A、初回生産限定盤B、通常盤の3形態でのリリースとなり、それぞれの形態のデザインもDECAYSならではの個性が散りばめられた作品に仕上がっている。

特典DVD付の初回生産限定盤Aでは魔王のように睨みを利かせたDieの写真が全面に使われており、ファンのみならず話題になることまちがいないだろう。そして、バンドの謎の支配者であるチドニーが圧倒的な存在感を放つジャケットの初回生産限定盤B(特典Blu-ray付)、それぞれのメンバーのパーツがコラージュされ一枚の絵画のようなデザインとして完成した通常盤も気になるところだ。

また、初回生産限定盤Bには特典Blu-rayに加えて三方背ケースの特殊仕様、先日公開された“魔界の晩餐会”を彷彿とさせるアーティスト写真の世界観が詰め込まれた64Pの豪華ブックレットが付属されることも発表された。

さらに、アルバムリリースを記念し、東名阪6店舗にてインストアイベントを開催することも決定。DECAYSとして初めて発表するフルアルバムについてイベント会場でしか聞くことができないトークや特別サイン会が予定されているので、この機会をお見逃しなく。

■アルバム『Baby who wanders』

2016年12月7日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
MUCD-8082/3/¥4,000(税込)
<収録曲>
■CD
01. Aesthetics of the transgression
02. Zero Paradise
03. 愛と哀を遺さず… <Baby who wanders Ver.>
04. Drifting litter
05. Where are you going?
06. Vagabond
07. Imprisonment Leaving
08. シークレットモード
09. HELLO!NEW I
10. Eve
11. Rana
12. D/D
13. 綺麗な指
■DVD
01. MUSIC VIDEO
02. MVメイキング映像

【初回生産限定盤B】(CD+Blu-ray)
MUCD-8084/5/¥6,000(税込)
※三方背ケース入り/ 64Pフォトブックレット付き
<収録曲>
■CD
01. Aesthetics of the transgression
02. Zero Paradise
03. 愛と哀を遺さず… <Baby who wanders Ver.>
04. Drifting litter
05. Where are you going?
06. Vagabond
07. Imprisonment Leaving
08. シークレットモード
09. HELLO!NEW I
10. Eve
11. Rana
12. D/D
13. 綺麗な指
■Blu-ray
01. MUSIC VIDEO
02. メイキング映像

【通常盤】(CD)
MUCD-1369/¥3,000(税込)
<収録曲>
01. Aesthetics of the transgression
02. Zero Paradise
03. 愛と哀を遺さず… <Baby who wanders Ver.>
04. Drifting litter
05. Where are you going?
06. Vagabond
07. Imprisonment Leaving
08. シークレットモード
09. HELLO!NEW I
10. Eve
11. Rana
12. D/D
13. 綺麗な指

※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。

■【DECAYS「Baby who wanders」発売記念イベント情報】

12月07日(水) タワーレコード渋谷店 B1F CUT UP STUDIO
時間:19:30〜(集合時間:19:00)
イベント内容:トーク&サイン会
参加メンバー:Die、樫山圭
対象店舗:タワーレコード渋谷店

12月10日(土) HMVエソラ池袋 店内イベントスペース
時間:14:00〜(集合時間:13:30)
イベント内容:トーク&サイン会
参加メンバー:Die、樫山圭、寺沢リョータ
対象店舗:HMVエソラ池袋

12月10日(土) HMV & BOOKS TOKYO 7Fイベントスペース
時間:18:00〜(集合時間:17:30)
イベント内容:トーク&サイン会
参加メンバー:Die、樫山圭、寺沢リョータ
対象店舗:HMV & BOOKS TOKYO

12月11日(日) タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
時間:21:00〜(集合時間:20:30)
※7Fエレベーター横階段にお集まりください。
イベント内容:トーク&サイン会
参加メンバー:Die、樫山圭、Ayasa
対象店舗:タワーレコード新宿店

12月26日(月) タワーレコード難波店 5Fイベントスペース
時間:19:00〜(集合時間:18:30)
イベント内容:トーク&サイン会
参加メンバー:Die、樫山圭、チドニー
対象店舗:タワーレコード難波店

12月29日(木) HMV栄イベントスペース
時間:19:00〜(集合時間:18:30)
イベント内容:トーク&サイン会
参加メンバー:Die、樫山圭、チドニー
対象店舗:HMV栄

【関連リンク】
DECAYS オフィシャルHP
sukekiyo、3時間にわたる濃厚ワンマンがBlu-rayになって登場
DECAYS、最新アー写公開&メジャー1stアルバムの詳細決定
DIR EN GREY、全国ツアー前哨戦として男性&女性限定2daysの開催を発表

【関連アーティスト】
DIR EN GREY, 中村中, MOON CHILD, AYASA, DECAYS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

illion、岩井俊二とタッグを組んだ新曲「Miracle」のアニメMVを解禁
Fri, 04 Nov 2016 16:00:00 +0900
「Miracle」MV (okmusic UP\'s)

野田洋次郎(RADWIMPS)のソロプロジェクト“illion”のニューアルバム『P.Y.L』より、新曲「Miracle」のフルサイズMVが公開された。

【その他の画像】RADWIMPS

原画・シナリオは『P.Y.L』初回限定盤のアートブックに収録されている韓国の新進気鋭クリエーター・JaeHoon Choiの作品がベースとなっており、「リリイ・シュシュのすべて」「花とアリス殺人事件」「リップヴァンウィンクルの花嫁」などを手掛けた岩井俊二監督がアニメーション化することとなった。

セリフのないモノトーンで綴られた4分半のストーリー。「Miracle」の調べにのせた、幻想的な映像世界をご覧頂きたい。

■「Miracle」MV
https://youtu.be/hHItMz0gfaU

■アルバム『P.Y.L』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD+アートブック)
WPZL-31220/1/¥3,500+税
※アートブック付スペシャルパッケージ仕様
【通常盤】(CDのみ)
WPCL-12431/¥2,500+税

<収録曲>
■CD
01.Miracle
02.Told U So
03.Hilight feat.5lack
04.Water lily
05.85
06.P.Y.L
07.Dream Play Sick
08.Wander Lust
09.Strobo
10.Ace
11.Brain Drain [Linn Mori Remix] *bonus track
■DVD ※初回限定盤のみ
[Live show at London, O2 Shepherd\'s Bush Empire 2013]
01.BEEHIVE
02.LYNCH
03.γ
04.MAHOROBA
05.BRAIN DRAIN
06.GASSHOW
[Live show at Tokyo, STUDIO COAST 2016]
01.Water lily
[Music clip]
BRAIN DRAIN [Performed in Abbey Road Studios]
MAHOROBA
BEEHIVE
Water lily
MAHOROBA [Music clip making]

◎歌詞・対訳付
◎ボーナストラック「BRAIN DRAIN [Linn Mori Remix]」収録

【関連リンク】
illion オフィシャルHP
RADWIMPS、新海監督が映画『君の名は。』を新たに編集した「スパークル」MV完成
RADWIMPS、待望のニューアルバム『人間開花』詳細&ジャケットビジュアル公開
RADWIMPS、全国ツアー開催決定&アルバム初回盤付属DVDの全貌が明らかに

【関連アーティスト】
RADWIMPS, illion
【ジャンル】
ジャパニーズロック

きゃりーぱみゅぱみゅ、初のアートワーク展開催! ジャケ写が動き出す!?
Fri, 04 Nov 2016 15:00:00 +0900
「KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016」 (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅが、これまでリリースしてきた全18タイトルのCDジャケットデザインを展示する初のアートワーク展『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016』をラフォーレ原宿で開催することがわかった。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

2011年のデビュー作よりアートディレクターのSTEVE NAKAMURAと一緒に制作してきたCDジャケットは、デビューミニアルバム『もしもし原宿』が 「ミュージック・ジャケット大賞2012」 の大賞に選出されるなど、唯一無二の存在感でアート性の高い世界観が評価され続けてきた。

アートワーク展ではこれまでのジャケットデザインをはじめとしたビジュアルの他、CDアルバムに付属のフォトブックの未公開画像など約100点以上の作品掲出や、フォトブックで本人が着用したコスチュームやウィッグの展示、さらにはジャケットに起用した写真が動き始めるというインタラクティブな体験も堪能できる。デビューからの5年間を多角的に体感できる見応え十分な内容になる予定とのこと。

また、このアートワーク展の開催を記念して、CDアルバムに付属のフォトブックの未公開画像など、約300点の作品を掲載したビジュアルブックも発売となる。初回生産分限定でオリジナルステッカーシートを付属、12月8日から全国書店ほかAmazonなどで販売開始予定だ。さらには、数量限定の特製ブックカバー付スペシャルパッケージがアートワーク展会場とKPP WEB STOREにて12月16日(金)から限定販売になるので、アートワーク展と合わせて要注目である。

■『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016』特設サイト
http://kpp5.jp/exhibit/
■KPP WEB STORE
http://store.kyary.net

■【各関係者よりコメント】

■STEVE NAKAMURA(アートディレクター)
きゃりーのCDアートワークに取り組んで5年になります。アーティストに対する従来のイメージ作りとは違った新しいアイディアによる作品に挑戦し続けました。振り返ってみると、出来上がったものはきゃりーだからこそ表現することができたと思います。CDは18枚、写真は数千枚。また、企画からヘアーやコスチュームをまとめ、きゃりーの作品がどのように作られたかを展示します。

■きゃりーぱみゅぱみゅ
CDジャケットとして作ってきた作品を、改めてたくさんの方に見てもらえる場所が作れるなんて本当に光栄なことです。フォトブックの作品は、チャレンジしていることが多いので、アートワーク展は少しだけいつもの私と違う雰囲気も楽しんでもらえると思います。

■『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORK EXHIBITION 2011-2016』

開催期間:2016年12月16日(金)〜25日(土)
開催場所:ラフォーレミュージアム原宿(ラフォーレ原宿6F)
営業時間:11:00〜21:00(12月25日は18時までの営業となります。)
※混雑状況によってはご入場いただけない場合がございます。
入場料:¥800(未就学児無料)
主催:アソビシステム株式会社/株式会社ワーナーミュジック・ジャパン
<展開内容>
今年でデビュー5周年のきゃりーぱみゅぱみゅ。これまで18作のCDをリリースし、それらのCDジャケットは、全てが唯一無二の存在感で、アート性の高い世界を表現し続けてきました。今回、過去のきゃりーのアートワークを一挙に体感出来る展示イベントを開催。

■ビジュアルブック『KYARY PAMYU PAMYU ARTWORKS 2011-2016 STEVE NAKAMURA』

2016年12月8日発売
【通常版】
¥2,800+税
※初回生産分限定:オリジナルステッカーシート付
【特製ブックカバー付スペシャルパッケージ】
¥3,300+税
※数量限定
※仕様、本体価格については一部変更の可能性がございます。

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
きゃりーぱみゅぱみゅ、中田ヤスタカとのダブルA面スプリット盤シングルを2017年1月にリリース
きゃりーぱみゅぱみゅの初ベスト『KPP BEST』をハロウィン仕様でも楽しもう!
きゃりー、ワールドツアー千秋楽でニューシングルリリース&ライヴツアー発表

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP, イベント

EXO×AWAコラボ新CMが11月8日よりOAスタート!
Fri, 04 Nov 2016 14:00:00 +0900
EXO×AWA (okmusic UP\'s)

音楽配信サービス「AWA」が、11月8日(火)よりEXOとコラボレーションした新テレビCMの放送を開始することがわかった。

【その他の画像】EXO

CMには、10月7日にAWAが独占先行配信を開始したEXOの最新楽曲「Coming Over」を使用。EXOのスタイリッシュなビジュアルとAWAの世界観が見事にマッチし、AWAのコンセプトでもある"音楽との出会いと再会"への期待感を感じることができる内容となっている。

なお、新テレビCMの放送に先立ち、11月4日(金)より同動画をWEB公開。また、11月4日からはTwitterでAWA公式アカウントをフォロー&ツイートすると、メンバーのコメント動画が閲覧できたり、直筆サイン入りグッズが当たるキャンペーンも実施される。

「Coming Over」は、12月7日(水)にリリース予定の日本第2弾シングル「Coming Over」のタイトル曲で、ファンクサウンド全開の日本オリジナル楽曲となっている。EXOのオフィシャルサイトでも視聴することが可能だが、こちらはショートバージョンとなるため、ぜひAWAでフルバージョンをチェックしてほしい。

■AWA「EXO」篇 30秒
https://youtu.be/tiHhVBJLB5I

【関連リンク】
EXO オフィシャルHP
AWA
EXO、新曲「Coming Over」がAWAにて独占先行配信決定!
EXO、LIVE DVD&Blu-ray総合首位獲得で海外男性アーティスト初の快挙

【関連アーティスト】
EXO
【ジャンル】
K-POP

[Alexandros]、アルバムリリースイベントの無料開催が決定&CM放送スタート!
Fri, 04 Nov 2016 13:00:00 +0900
アルバム『EXIST!』CM (okmusic UP\'s)

[Alexandros]が11月9日にリリースするオリジナルアルバム『EXIST!』のリリースイベントの開催が決定した。

【その他の画像】[Alexandros]

リリースイベントは、アルバムの発売日翌日にあたる11月10日(木)六本木ヒルズアリーナにて開催。無料イベントとなっており、入場方法については近日中に詳細が発表されるとのこと。

また、アルバムのCMが完成した。メンバーをアルバム初回限定盤のジャケットに登場するホワイトライオンに見立て、全員が白いたてがみをつけて叫ぶという内容になっている。川上(Vo,G)は"被り物を着用するのは大学生のバイト以来だ"とコメントし、撮影後には記念撮影を行なう場面も。

磯部(B)は撮影が終わった瞬間"本当に暑かった"と驚きを示し、白井(G)はホワイトライオン=白ということで特殊メイク担当に抜擢。約2時間かけて特殊メイクを施し、撮影に臨んだ。また庄村(Dr)はスタッフから不思議な生物にあったみたいだと言われるほどたてがみがハマり、撮影後は"接着剤で貼って、これからはコレとして生きます!"とコメントするなど、スタジオは終始楽しい雰囲気で撮影された。こちらのCMは11月4日よりOAがスタート。オフィシャルサイトでもCMの映像を見ることが出来るので、チェックしてみよう。

リリースを直前に控え、街には白井直筆の巨大広告が登場するなど、話題を呼んでいる本作にぜひ注目してほしい。

■アルバム『EXIST!』CM
https://youtu.be/d6iCeZI63sQ

■【イベント詳細】

11月10日(木)六本木ヒルズアリーナ
18:00 OPEN / 18:45 START
※本イベントは無料イベントとなっておりますが、入場方法については近日中に詳細を発表させて頂きます。
※雨天決行/荒天中止とさせて頂きます。

■アルバム『EXIST!』

2016年11月9日(水)発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
UPCH-7204/¥5,800+税
■特典DVD
6月に行われたLIVE「Premium V.I.P. Party 大阪城ホール」の模様を、約90分20曲以上収録予定。
【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCH-7205/¥3,900+税
■特典DVD
前作アルバム「ALXD」と今作アルバム「EXIST!」から厳選したMusic Videoを5曲以上収録予定。
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-2098/¥3,000+税
【アナログ盤】※発売日:12月7日(水)
完全受注生産限定(2枚組)
UPJH-9019/20/¥4,000+税
<収録曲>
「Girl A」
※関西テレビ・フジテレビ系全国ネット火曜22時連続ドラマ「サイレーン 刑事×彼女×完全悪女」オープニング曲
「NEW WALL」
※アプリゲーム「テイルズ オブ ザ レイズ」テーマソング
「I want u to love me」
※MBS・TBS 深夜ドラマ「女くどき飯 Season2」主題歌、NEC 「LAVIE」
※TV-CM ソング、KKBOX TV-CMソング
「Swan」
※関西テレビ・フジテレビ系全国ネット火曜 22時連続 ドラマ 「ON異常犯罪捜査官・藤堂 比奈子」主題歌
「Nawe, Nawe」
※映画「ターザン:REBORN」日本版主題歌
「Feel like」
※カジュアルブランド『GLOBAL WORK(グローバルワーク)』TVCM曲、「今まで君が泣いた分取り戻そう」映画「きょうのキラ君」主題歌(2017年2月25日公開)


【関連リンク】
[Alexandros] オフィシャルHP
[Alexandros]、"闇夜の中に見える希望の光"を表現した「ムーンソング」MV解禁
[Alexandros]、ニューアルバム『EXIST!』の全貌が明らかに
[Alexandros]、話題沸騰中の『GLOBAL WORK』CMソングのMVが遂に解禁!

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック

そこに鳴る、来年2月に3rd ミニアルバム『METALIN』を発売
Fri, 04 Nov 2016 12:00:00 +0900


そこに鳴るが11月3日に下北沢ReGにて行わった東名阪ツアー『神体制だよ!神ドラマー神矢お披露目東名阪ツアー!』のファイナル公演にて、来年2月に最新作『METALIN』をリリースすることを発表した。


【その他の画像】そこに鳴る

そんな『METALIN』では男女の幾重にも重なりあう独特の和メロ・ハーモニーという彼らの持ち味はそのままに、超絶テクニカルな重厚サウンドがメタルにも手をかけたようだ。エクストリームでトリッキーなライブパフォーマンスが各地で話題を呼んでいるそこに鳴るが示す新たな方向性は、その名に相応しいメタル様式美をやや取り込んだものとなっている。

新体制となり更なる進化を遂げた、そこに鳴るの快進撃をお見逃しなく!

■アルバム『METALIN』

2017年2月8日発売
KOCA-93/¥1,800+税
<収録曲>
1. Break out!!!
2. 新世界より
3. METALIN
4. family
5. 藍色の明日へ
6. 星の行方
7. sayonara blue

【関連リンク】
そこに鳴る オフィシャルHP
そこに鳴る、「エメラルドグリーン」のMVを公開
そこに鳴る、2ndミニアルバムの詳細&アートワークを公開
そこに鳴る、「I\'m NOT a pirolian」リリースツアーを発表

【関連アーティスト】
そこに鳴る
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Superfly、大阪城フリーライブ映像を期間限定で全曲公開中!
Fri, 04 Nov 2016 11:00:00 +0900
シングル「99」 (okmusic UP\'s)

Superflyがニューシングル「99」を11月23日に発売されることを記念して、昨年に開催した大阪城西の丸庭園でのフリーライブの映像が11月いっぱいの期間限定にて全曲公開した。


【その他の画像】Superfly

ちらの映像は、『99』収録曲である『ドクターX』第2弾,第3弾主題歌の「Bi-Li-Li Emotion」「愛をからだに吹き込んで」の他、「タマシイレボリューション」や「愛をこめて花束を」などの代表曲を含む、全10曲を歌唱したトータル約1時間にも及ぶ豪華映像となっている。

■Superfly 2015.05.30 at 大阪城西の丸庭園 FREE LIVE 
【セットリスト】
1.White Light
2.タマシイレボリューション
3.Alright!!
4.愛をこめて花束を
5.Bi-Li-Li Emotion
6.マニフェスト
7.愛をからだに吹き込んで
8.Beautiful
Encore1.On Your Side
Encore2.You You

■Superfly 2015.05.30 at 大阪城西の丸庭園 FREE LIVE (期間限定公開)
https://youtu.be/7OB-2xwaa6s

■シングル「99」

2016年11月23日(水)発売
【通常盤】(CD)
WPCL-12460/¥1,000+税
【初回生産限定盤(9999枚限定生産)】(CD+DVD)
WPZL-31244/5/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.「99」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(10/13(木)21時スタート)
2.「愛をからだに吹き込んで」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(2014年放送)
3.「Bi-Li-Li Emotion」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(2013年放送)
4.「Force」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(2012年放送)
■DVD ※初回生産限定盤のみ 
過去最大規模のホールツアー「WHITE TOUR 2015」
東京国際フォーラム公演の模様を全曲収録
1.White Light
2.リビドーに告ぐ
3.マニフェスト
4.Live
5.色を剥がして
6.Space
7.愛をこめて花束を
8.極彩色ハートビート
9.A・HA・HA
10.i spy i spy
11.Woman
12.タマシイレボリューション
13.Alright!!
14.Force
15.愛をからだに吹き込んで
16.Beautiful
〜Encore〜
17.You You
18.Sweetest Music
19.On Your Side
20.いつか私は歌をうたう

【関連リンク】
Superfly、新シングル「99」ジャケット解禁! 初回盤DVDのダイジェスト映像も公開!
Superfly、ドクターX主題歌コンプリート盤に自信初のカラオケ音源を収録
Superfly、『ドクターX』主題歌を完全コンプリートした豪華盤シングルを発売
Superflyの新曲「99」が『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の主題歌に決定

【関連アーティスト】
Superfly
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Mrs. GREEN APPLE、謎の告知はサプライズ・フリーライブだった!
Fri, 04 Nov 2016 00:00:00 +0900
11月3日(木祝)@「In the Morning」リリース記念サプライズフリーライブ (okmusic UP\'s)

Mrs. GREEN APPLEが3rdシングル「In the Morning」をリリースしたことを記念し、11月3日(木祝)に若者で賑わう街・原宿のど真ん中でサプライズ野外フリーライブを敢行した。

【その他の画像】Mrs. GREEN APPLE

今回のイベント開催にあたって、前週末の自主企画ハロウィンイベント「AKASAKA BLITZ HALLOWEEN 2016 〜 Mrs. FANCY PARTY 〜」終演後の楽屋写真の背景に「11/3 In the Morning都内某所」と謎の告知を発信。その後2日間、同様の告知をし、11月1日(火)にオフィシャルサイトにてフリーライブ開催を正式にアナウンスしていた。

ただし、場所は都内某所のままで翌11月2日(水)に場所のヒントとなるツイートを発信。「若者の街」〜原宿駅の写真〜神宮前交差点の写真を時間を置いて3段階でツイートし、twitter上は宝探しゲームに参加したファンのツイートで盛り上がり何度となくトレンド入りを繰り返した。

そしてイベント当日、最後のヒントを待って早朝から神宮前交差点にはファンが大挙した。最後に発信したヒントは正解となった会場からの上空写真だった。正解となった会場は神宮前交差点に立つ東急プラザ表参道原宿の空中庭園「おもはらの森」。見事正解できた、ごく限られたファンが入場し、会場は休日の朝とは思えないほど人が集まりヒートアップした。

また、このイベントはAbemaTVで完全生中継され、さらに神宮前交差点のヴィジョン、竹下通り入口の3面ヴィジョンでも生中継。まさにミセスが原宿をジャックした格好となった。

開演時刻となる午前11時30分、メンバーが颯爽と登場すると客席のあまりの距離の近さに、メンバー、お客さんともに大盛り上がり。「VIP」、「Speaking」と続け、大森(Vo./Gt.)が「今日は寒いけど、みんな熱くなれますか!?」と「サママ・フェスティバル!」をパフォーマンス。その後「StaRt」でもシンガロングが巻き起こり、最後に「In the Morning」をパフォーマンス。約30分のステージは幕を閉じた。

最後に大森は、「今日はこういった企画のために、せっかく原宿まで来たのにライブを観れなかった人たちのためにも、また必ずやります!」と宣言しステージを後にした。

ミセスはこの後、11月5日(土)に横浜アリーナで開催される「バズリズムライブ2016」に出演し、さらに11月20日(日)からはいよいよ自身のワンマンツアー「In the Morning Tour」を札幌を皮切りにスタートする。

■【セットリスト】

1. VIP
2. Speaking
3. サママ・フェスティバル!
4. StaRt
5. In the Morning

■シングル「In the Morning」

2016年11月2日(水)発売
【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-89308/¥1,700+税
【通常盤】 (CD)
UPCH-80451/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1. In the Morning
2. ツキマシテハ
3. Oz
■DVD ※初回盤のみ
・Studio Session in August, 2016
 1. In the Morning(Acoustic)
 2. ツキマシテハ
 3. Oz
・In the Morning Music Video
・In the Morning Music Video Making

【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、360度VRライブ映像を2日間限定で公開!
Mrs. GREEN APPLE、早朝撮影に挑んだ「In the Morning」MV解禁&新番組ED曲に決定
Mrs. GREEN APPLE、3rdシングルの詳細とちょっぴり大人なアー写を公開
タワレコ主催『Bowline』、第一弾出演者としてMrs. GREEN APPLEが決定

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1