歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月03日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/11/12
2016/11/11
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
I Don’t Like Mondays.、新ブランドショップ「カワサキプラザ」でサプライズライブ
Thu, 03 Nov 2016 21:15:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

I Don’t Like Mondays.が11月2日、南青山のFutureSEVENに一夜限りでオープンした新ブランドショップ「カワサキプラザ」のレセプションパーティーにサプライズで登場、ミニライブを披露した。

バイカーズファッションでステージに姿を見せたI Don’t Like Mondays.のメンバーは、全5曲をパフォーマンス。“今日は特別なイベントと言うことで、みなさんと一緒に歌ってみたいと思います”と会場に集まった業界関係者らを巻き込みながら、新ブランドショップ「カワサキプラザ」の誕生を祝した。

「カワサキプラザ」はカワサキモータースジャパンが提案する新たなブランドショップ。“五感で楽しむ空間づくり”をコンセプトとし、12月8日には大坂の鶴見に記念すべき1号店をオープンする。I Don’t Like Mondays.のメンバーが着ていたバイカーズファッションも実際に販売を予定しているもので、司会者からファッションについて聞かれると、メンバーは“これでバイクに乗りたいです”と気に入った様子だった。この日「カワサキプラザ」では、実際にオープンする新店舗をいち早く体感できるよう、ライダースをはじめとする洋服、新店舗の1/12スケールモデルやバイクの展示、コーヒーの提供などもされた。

レセプションパーティーでは、カワサキモータースジャパンの谷部長もステージに登壇。新ブランドショップで展開されるファッションへのこだわりや、音楽、香り、カフェスペースの紹介など、新店舗を一緒に作りあげてきた企業と共にトークショーを繰り広げた。2017年4月には全国展開を開始、2020年には100店舗以上を構え、同ブランドショップでカワサキモータースジャパンは、おもてなしの頂点を目指すという。トークの後は、再びI Don’t Like Mondays.のメンバーが登場。

キャッチーかつ多様な音楽性を取り入れた新鋭的なライブで「カワサキプラザ」のオープンに華を添えた。途中オープニングライブで演奏したシングル曲「Sorry」について、ヴォーカル・悠が“MVでボクが女性から逃げ回るシーンがあるんですが、この女性が乗っているバイクが偶然なんですけどカワサキさんのバイクで”と小ネタを挟んでいたが、店舗の内装・外装のデザイン、店内展示、アクセサリーや洋品・用品の開発と選定、店内音楽番組の制作、珈琲のオリジナルブレンドの開発、マナーに至るまでをすべて見直し、こだわり抜いたという「カワサキプラザ」と自身でブランド・プロデュースからCDジャケットのデザインなど、細部までこだわり抜いて活動しているI Don’t Like Mondays.は、通じるものがあるようだった。

ライブでは、楽曲によって身体を左右に揺らしたり、メンバー同士で顔を見合わせて楽しんでいる様子が印象的だったが、妖艶な魅力を漂わせた「SuperSpecial」では、グルーヴ感で空気を一変させ、そのポテンシャルの高さを発揮。会場からも拍手が巻き起こった。「Love Yourself」やトロピカルハウスの要素を含んだ「Tonight」など、代表曲の数々が演奏されると、短い時間の中で彼らの魅力を充分に見せつけてくれた。

現在、I Don’t Like Mondays.は9月28日にリリースされた2ndアルバム『FASHION』を引っさげ「I Don\'t Like Mondays. “FASHION”1st Tour」のツアー中だが、11月19日には東京・Zepp DiverCity?でファイナル公演を控えている。12月8日、大坂鶴見にオープンするカワサキプラザの新店舗と共に、こちらも楽しみにしたい。

■【SET LIST】

01.Sorry
02.FIRE
03.SuperSpecial
04.Love Yourself
05.Tonight

【関連リンク】
カワサキ公式サイト
I Don\'t Like Mondays.公式サイト

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays.
【ジャンル】
J-POP

深夜のパーティー!? 「MIDNIGHT PARTY ZOO 2016 〜Ken Birthday Special〜」開催決定
Thu, 03 Nov 2016 21:00:00 +0900
『MIDNIGHT PARTY ZOO 2016 〜Ken Birthday Special〜』ロゴ (okmusic UP\'s)

Kenの誕生日パーティーと「PARTY ZOO 2016」の総打ち上げとなるDJパーティーの開催が発表された。

【その他の画像】Ken

何が起こるかわからない深夜のパーティーへ! みんなでSpecialな一夜を楽しもう。猛獣出没注意かも?!

■「MIDNIGHT PARTY ZOO 2016 〜Ken Birthday Special〜」

11月28日(月) 東京 新宿LOFT
出演:DJ:ミヤ(MUCC)、Tora(A9)、DJ狂犬(LOUD ROOTS)、ARATA NAKAMURA(TO GOTHICS)
Session Band:「スリップノット杉並 from COMMUNE」
Vo. 尋 (NOCTURNAL BLOODLUST)
Gt. Cazqui (NOCTURNAL BLOODLUST)
Gt. ミヤ (MUCC)
Ba. 明徳 (lynch.)
Dr. Allen (TYRANT OF MARY)
and more!
<チケット情報>
11月5日(土)21:00〜11月8日(火)23:59 Ticket Every!にて抽選受付開始
https://ticket-every.jp/all/midnight20161128

【関連リンク】
「MIDNIGHT PARTY ZOO 2016 〜Ken Birthday Special〜」オフィシャルHP
「JACK IN THE BOX mini」に出演する“YUKKE BIRTHDAY UNIT”のメンバー発表
『PARTY ZOO』、ツアーファイナルの仙台公演終了
『PARTY ZOO』ZeppDiverCity公演も大盛況!

【関連アーティスト】
Ken, MUCC, TYRANT OF MARY, NOCTURNAL BLOODLUST, A9
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

乃木坂46、シングル「サヨナラの意味」収録の「ブランコ」「君に贈る花がない」のMV公開
Thu, 03 Nov 2016 20:00:00 +0900
「ブランコ」MV (okmusic UP\'s)

乃木坂46が11月9日(水)に発売日する16thシングル「サヨナラの意味」より、Type-Bに収録される「ブランコ」と、Type-Dに収録される「君に贈る花がない」のMusic Videoを公開した。


【その他の画像】乃木坂46

16thシングルのアンダーメンバー楽曲「ブランコ」。10月上旬に神奈川県横須賀市で撮影されたこのMusic Videoは、センターを務める寺田蘭世を中心に、アンダーメンバーが全員で何かを探しに冒険に出ているストーリー。極力カット数を減らした編集で、普遍的な映像に仕上がっている。

当日はなぜか30度近くまで気温が上がり、暑い中、オーバーオールにポンチョという暖かい衣装で汗をかきながら撮影を行なったというエピソードも。

「THE LAST ?NARUTO THE MOVIE-」「Prologue for THE LAST」のオープニングムービーや、We are REDS! THE MOVIE -minna minna minna-などを手掛け、乃木坂46では様々な個人PVの他に「白米様」Music Videoの指揮を執った伊藤衆人が手掛けた所にも注目したい。

そして、通称“サンクエトワール"(ユニット名)楽曲「君に贈る花がない」。10月上旬に神奈川県のスタジオで撮影されたこのMusic Videoは、ユニット名「サンクエトワール」のキャッチフレーズ“あなたに一番近い星"をヒントに、名前の意味でもある「5つ星」という事を最大限に生かして、とにかく光る! 輝く! をテーマにしたパフォーマンスメインのMusic Videoとなった。「光の具合を変えながら歌う、踊る」という事で、全編を通じて30回ほどフルでダンスを行なったという力作。また、このMusic Videoだけに制作したプロジェクトマッピングを用意。その凄さにメンバー全員が脱帽し、感動した中で撮影されたそうだ。

「BUMP OF CHICKEN」など数多くのMusic Videoを手掛け、2016年「SPACE SHOWER MUSIC AWARDS」で「BEST VIDEO DIRECTOR賞」を受賞し、乃木坂46のMusic Videoを手掛けるのは初となった東市篤憲が手掛けた所にも大注目だ。

■「ブランコ」MV
https://youtu.be/81_tDIWAoNs

■「君に贈る花がない」MV
https://youtu.be/rYIp0udYIl4

■シングル「サヨナラの意味」

2016年11月9日発売
【初回仕様限定盤 Type-A】(CD+DVD)
SRCL-9258〜925/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.あの教室(齋藤飛鳥・堀未央奈)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.あの教室 〜off vocal ver.〜
■DVD
01.サヨナラの意味 Music Video
02.あの教室 Music Video
03.ドキュメンタリー 〜サヨナラの意味〜

【初回仕様限定盤 Type-B】(CD+DVD)
SRCL-9260〜9261/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.ブランコ(16thアンダー)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.ブランコ 〜off vocal ver.〜
<特典DVD収録内容>
01.サヨナラの意味 Music Video
02.ブランコ Music Video
03.アンダー ドキュメンタリー〜つま先の向こうに〜

【初回仕様限定盤 Type-C】(CD+DVD)
SRCL-9262〜9263/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.2度目のキスから(秋元真夏・相楽伊織・鈴木絢音・渡辺みり愛)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.2度目のキスから 〜off vocal ver.〜
■DVD
01.サヨナラの意味 Music Video
02.2度目のキスから Music Video
03.2016年 乃木坂46 -いつもと違う夏- 前編

【初回仕様限定盤 Type-D】(CD+DVD)
SRCL-9264〜9265/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.君に贈る花がない(北野日奈子・寺田蘭世・中田花奈・中元日芽香・堀未央奈)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.君に贈る花がない 〜off vocal ver.〜
■DVD
01.サヨナラの意味 Music Video
02.君に贈る花がない Music Video
03.2016年 乃木坂46 -いつもと違う夏- 後編

【通常盤】(CD)
SRCL-9266 /¥1,050(税込)
<収録曲>
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.ないものねだり(橋本奈々未)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.ないものねだり 〜off vocal ver.〜

《初回仕様限定盤特典》
01.Music Video&特典映像DVD収録
02.「全国握手会参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
03.乃木坂46メンバー生写真1種ランダム封入(全140種類のうち1種)

※なおCDショップの店頭にて、初回仕様限定(CD+DVD)盤の在庫が無くなった場合は、通常仕様の(CD+DVD)盤の商品に切り替わります。こちらには封入特典がございませんので、初回仕様限定(CD+DVD)盤をお買い求めされる際は、商品に貼られる初回仕様限定(CD+DVD)盤のステッカーをご確認のうえ、お買い求め頂きます様、宜しくお願い申し上げます。
※通常盤には特典がございません。

【関連リンク】
乃木坂46オフィシャルHP
乃木坂46、“真夏さんリスペクト軍団の1日”がテーマの「2度目のキスから」MV公開
乃木坂46、橋本奈々未卒業前ラストシングル「サヨナラの意味」の特典映像予告編が公開へ
乃木坂46、“齋藤飛鳥と堀未央奈の学校生活”がテーマの「あの教室」MVを公開

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

UVERworld、ツアー初日の札幌で未発表の新作を3曲もいきなり披露
Thu, 03 Nov 2016 19:30:00 +0900
10月31日@Zepp Sapporo (okmusic UP\'s)

10月31日にツアーをスタートさせたUVERworldが、Zepp Sapporoにて未発表の新曲を披露した。

【その他の画像】UVERworld

なぜかアリーナツアーと銘打った初日のZepp Sapporoでは、突如未発表の新作を3曲も披露、さらにYouTubeでしか見ることのないTAKUYA∞(Vo)と信人(Ba)幼馴染2人によるMCバトル的珍曲?「Dis is TEKI」も演奏した。ちなみにプチ情報として、この曲ではギターの克哉がベースを弾く姿も見ることができる。

11月1日には同場所でバンドとしては初コラボレーション曲「Forever young」を制作したAK-69と2マンライブを行った。今後は、11月19日の広島グリーンアリーナから、年末まで続くアリーナツアーでは、さらなるサプライズや新作の披露が期待できるかもしれない。

また、UVERworldが11月2日にリリースした最新映像作品『UVERworld PREMIUM LIVE on Xmas 2015 at Nippon Budokan』がオリコンデイリーランキング2位を獲得し好スタートを切った。

この作品は"常に新しい自分たちで勝負していきたい"という信念のUVERworldにとっては異例ともいえる、活動初期の曲を中心に演奏した日本武道館でのライブに加え、今年の7月6日に行われた恵比寿リキッドルームでのデビュー記念ライブが収められている。

日本武道館では、普段はめったにやることのないアンコールで『哀しみはきっと』『在るべき形』の2曲を演奏。その経緯は、UVERworldのホームページやオフィシャルツイッターに寄せられた、あるたった一人のファンのメッセージに答えたものだった。そのメッセージはファンらによって拡散され話題に。メンバーの目にも止まり、この日サプライズとして演奏された。会場のスクリーンに、そのたった一人のファンからのメッセージ原文が映しだされ、セルフアンコールとしてリクエストに答えた2曲が演奏されるシーンは必見である。

■「UVERworld ARENA TOUR 2016」

11月19日(土) 広島グリーンアリーナ
11月20日(日) 広島グリーンアリーナ
11月29日(火) 名古屋ガイシホール
11月30日(水) 名古屋ガイシホール
12月03日(土) マリンメッセ福岡
12月04日(日) マリンメッセ福岡
12月13日(火) 横浜アリーナ
12月14日(水) 横浜アリーナ
12月20日(火) 大阪城ホール
12月21日(水) 大阪城ホール
12月25日(日) 日本武道館
12月27日(火) ゼビオアリーナ仙台
12月28日(水) ゼビオアリーナ仙台

■「UVERworld PREMIUM LIVE on Xmas 2015 at Nippon Budokan ダイジェスト 」
https://youtu.be/JGGXu5k_V4E

■Blu-ray&DVD『UVERworld PREMIUM LIVE on Xmas 2015 at Nippon Budokan』

【Blu-ray初回生産限定盤】(1Blu-ray+1CD) 
SRXL-109〜10/¥7,400+税
【Blu-ray通常盤】(1Blu-ray) 
SRXL-112¥6,100+税
【DVD初回生産限定盤】(2DVD+1CD) 
SRBL-1725~27/¥6,400+税
【通常盤】(2DVD) 
SRBL-1729~30/¥5,100+税
<収録曲>
1:UVERworld PREMIUM LIVE on Xmas 2015.12.25 @ Nippon Budokan(フル収録)※初回・通常共通内容
THE ONE、ナノ・セカンド、Colors of the Heart、Roots、浮世CROSSING、ハイ!問題作、君の好きなうた、99/100騙しの哲、GROOVY GROOVY GROOVY、EMPTY96、DISCORD、ハルジオン、SHINE、CHANCE!04、心とココロ〜≪Cover songs section=ハナミズキ、千の風になって、クリスマス・イブ、ヘビーローテーション ※カバー曲はフル演奏ではありません≫7日目の決意、LIFEsize、Massive、WANNA be BRILLIANT、I LOVE THE WORLD、Collide、PRAYING RUN、零HERE、IMPACT、? choir、哀しみはきっと、在るべき形

2:UVERworld PREMIUM LIVE 2016 07.06 @ LIQUIDROOM(演奏曲一部収録)※初回・通常共通内容
WE ARE GO、ナノ・セカンド、AWAYOKUBA-斬る、UNKNOWN ORCHESTRA、? choir、over the stoic、零HERE、IMPACT、PRAYING RUN、在るべき形

3 :初回生産限定盤のみCD音源付き!
UVERworld PREMIUM LIVE on Xmas 2015.12.25 @ Nippon Budokanから
Colors of the Heart、Roots、浮世CROSSING、ハイ!問題作、君の好きなうた、99/100騙しの哲、GROOVY GROOVY GROOVY、EMPTY96、DISCORD、ハルジオン、SHINE、心とココロ、LIFEsize、WANNA be BRILLIANT、哀しみはきっと

【関連リンク】
UVERworld オフィシャルHP
AK-69、UVERworldと“あの新曲”を初パフォーマンス!
UVERworld、オリジナル映像企画『1秒先 向かう者と ただ訪れる者』メイキングを公開
UVERworld、ファン騒然の映像企画第1話がニコ生でついに初解禁!

【関連アーティスト】
UVERworld
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Wienners、メンバーが侍に扮した「おおるないとじゃっぷせっしょん」MV公開
Thu, 03 Nov 2016 19:00:00 +0900
Wienners  (okmusic UP\'s)

ミニアルバムとしては「W」以来、約5年ぶりとなるファン待望のミニアルバム『GOKOH』をリリースし、現在全国ツアー真っ只中のWienners。『GOKOH』より最新ミュージックビデオを公開した。


【その他の画像】Wienners

Wiennersの「蒼天ディライト」「LOVE ME TENDER」といった強烈な個性を放つミュージックビデオやジャケットワークを手がけてきた奇才、鎌谷総次郎と再びタッグを組み、ミニアルバム『GOKOH』の冒頭を飾る「おおるないとじゃっぷせっしょん」のミュージックビデオを制作! 侍に扮したメンバー達が研いだ鋭利な楽器を持って、戦闘シーンさながらの躍動感溢れる演奏シーンとタイムトリップ感溢れる強烈インパクトを放つ映像作品に仕上がっている。「蒼天ディライト」「LOVE ME TENDER」の続編を匂わせる最新ミュージックビデオを是非チェックして欲しい。

10月18日にスタートした「GOKOH TOUR 2016」と題した全国ツアーは残す所あと6本。最新ミュージックビデオをチェックしてライブハウスへ足を運んで欲しい。

■「おおるないとじゃっぷせっしょん」MV
https://youtu.be/P4WwUjVuZLA

■ミニアルバム『GOKOH』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
NBDL-36/37/¥2,000+税 
【通常盤】(CD)
NBDL-38/¥1,400+税
<収録曲>
■CD
1.おおるないとじゃっぷせっしょん
2.TRY MY LUCK
3.座頭市
4.さよなら浦島太郎
5.姫
■DVD ※初回限定盤
みずいろときいろ TOUR FINAL ONEMAN @恵比寿LIQUIDROOM
1.We are the world
2.Cult pop suicide
3.ジュリアナディスコゾンビーズ
4.天地創造
5.FUTURE
6.TOKYO concert session
7.Justice4
8.姫君バンケット
9.子供の心
10.ドリームビート
11.ELECTRIC FOR YOU
12.ASTRO BOY
13.シャングリラ
14.みずいろときいろ
15.レスキューレンジャー
16.LOVE ME TENDER
17.蒼天ディライト

■『Wienners presents GOKOH TOUR 2016 』

11月03日(木・祝) 愛知県 / 名古屋 UPSET(ワンマン)
11月08日(火) 鳥取県 / 米子 AZTiC laughs(3マン)
出演:Awesome City Club / FINAL FRASH
11月09日(水) 広島県 / 広島 SECOND CLUTCH(3マン)
出演:Awesome City Club / FINAL FRASH
11月11日(金) 福岡県 / 福岡 Queblick(ワンマン)
11月13日(日) 大阪府 / 梅田 Shangri-La(ワンマン)
11月18日(金) 東京都 / 恵比寿 LIQUIDROOM(ツアーファイナル・ワンマン)

【関連リンク】
Wienners オフィシャルHP
Wienners、新ミニアルバムよりメンバー自ら編集した「TRY MY LUCK」MVを公開
杏窪彌、Wiennersの玉屋2060%によるRemix音源を公開
Wienners、ミニアルバム『GOKOH』ダイジェストサンプラー&新アーティスト写真公開

【関連アーティスト】
Wienners
【ジャンル】
ジャパニーズロック

FUKI、笑顔と涙に包まれた90分の初のレコ発ライブで『LOVE DIARY』収録全曲を初披露
Thu, 03 Nov 2016 18:00:00 +0900
11月2日@渋谷クラブクアトロ (okmusic UP\'s)

FUKIが11月2日、渋谷クラブクアトロにてワンマンライブを開催した。自身初のフルアルバム『LOVE DIARY』収録曲を全曲初披露し、ゆったりとしたサウンドに笑顔で肩を揺らす観客や、新曲「ふたりいろ」「365」、デビュー曲「キミじゃなきゃ」ではしっとりした極上のラブソングに涙ぐむ観客も。笑顔と涙に包まれた90分のライブを大成功におさめた。


【その他の画像】FUKI

開演とともに鳴り響くFUKIの声。人気曲「キミがスキ」のアカペラから本編スタート。FUKIのナチュラルでストレートな歌声が、スっと胸に入り込み、極上のラブソングに会場は包まれた。

MCでは「私は昔からずっとノートを肌身離さず持っていて、嬉しい事も悲しい事も、そのノートに想いを綴っていました。それがこうして曲となり、メジャーデビューをして、ここでワンマンライブをして、数々の言葉や私の想いが、こうやって沢山の人に届けられる事が嬉しいし、感動的です。こんな私ですがこれからも応援よろしくお願いします。」と、ファンに語りかけた。

ワンマンライブ終了後には、FUKIモバイルファンクラブをオープン。ファンクラブ限定のウィンターイベント他、様々な特典企画を予定している。

【セットリスト】
01. キミがスキ 
02. LOVE DIARY 
03. 泣きたいんでしょ? 
04. ホンモノの恋、はじめませんか?
05. 小さな恋のうた (cover)
06. 星になるから
07. ふたりいろ 
08. キミじゃなきゃ 
09. 365 
10. キミがスキ (LOVE DIARY Special Ver.)
En-01. キミへ 
En-02. すきだよ。 
En-03. With U 
En-04. LOVE DIARY 

■アルバム『LOVE DIARY』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1047/¥3 ,500(税込) 
【通常盤】(CD)
VICL-64587/¥2,800(税込)
<収録曲>
■CD
01. 365
02. 泣きたいんでしょ?
03. キミがスキ (LOVE DIARY Ver.)
04. LOVE DIARY
05. ふたりいろ
06. ホンモノの恋、はじめませんか? 
※フジテレビ系「魁!ミュージック」9月度エンディングテーマ
07. すきだよ。
08. キミじゃなきゃ
09. キミへ (Strings Ver.)
10. 星になるから
11. With U 
※テレビ東京系「超流派」6月レコメンド
12. 365 (Piano Ver.)
■DVD ※初回限定盤特典
キミじゃなきゃ (Music Video)
キミへ (Music Video)
With U (Music Video)
ホンモノの恋、はじめませんか? (Music Video)

【関連リンク】
FUKI オフィシャルHP
FUKIのインストアライブでタワレコが極上のラブソングに包まれる
SPICY CHOCOLATE主催『渋谷レゲエ祭』に豪華アーティスト集結&ニューアルバムリリース決定!
SPICY CHOCOLATE、シリーズ最終章『渋谷純愛物語3』発売決定

【関連アーティスト】
FUKI
【ジャンル】
J-POP, ライブ

「いいお産の日」妊婦さんに贈るリラックスソング
Thu, 03 Nov 2016 18:00:00 +0900
蒲原史子『ララバイ』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

選曲のエキスパートがあなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――。11月3日は“いいお産”の日、今回は「妊婦さんに贈るリラックスソング」です。

■1.「AUWA」/ UA

●太古から続く生命の営み
UA自身、4人目の赤ちゃんが胎内にいた時に、この曲を含むアルバムをレコーディングしていたそうです。広い宇宙の中で“ここ”に宿った生命。心臓の鼓動と同期するようなリズム、円を描くようなメロディー、祈りの声が重なるようなハーモニー。
AUWA、AI AU AE AOと繰り返される母音の歌詞は、母の胎内と大地と宇宙が、まるで繋がっているような感覚を呼び起こします。曲に身体を委ね、太古から続く大いなる愛に包まれてください。
(選曲・文/麻布さやか)
https://www.youtube.com/watch?v=Rz9m2OKIKgE

■2.「Angels」/Lou Rhodes

●天使がもうすぐそこに感じられる歌
43歳独身男です。経験出来ないので分かりませんが、妊婦さんはとても大変だといいます。今回は妊婦の皆さんを癒し、励ます曲を選んでみました。
曲は「Angels」。(ザ・エックス・エックスのカバー)。イギリスのシンガーソングライター、ルー・ローズが2016年に発表したアルバム『Theyesandeye』に収録されています。落ち着いた低音のヴォーカル、アコギを中心とした素朴な音楽で、歌とメロディーには慈愛が満ち溢れています。幻想的な雰囲気を演出しているエコーもポイント。ルー・ローズの優しさが皆さんに伝わり、心がほぐれてくれたなら。生まれてくる天使との楽しい出来事を想像してくれたなら。とてもうれしいです。
(選曲・文/旧一呉太良)
https://www.youtube.com/watch?v=q9mocspeNtk

■3.「アイルランドの子守歌」/蒲原史子

●母子ともに健やかに過ごされますように
日本を代表するソプラノ歌手・蒲原史子さんのセカンドアルバム『ララバイ』より。NHKみんなのうた「小さな木の実」や明治製菓「チェルシーの唄」のCMで、歌声が広く知られている蒲原さん。空気の粒ひとつひとつに輝きを与えるような、素晴らしい歌声の持ち主です。
曲の原題は『Irish lullaby(アイリッシュ・ララバイ)』。100年以上前の1913年に古いアイルランド民謡をもとに作詞され、44年にビング・クロスビーが映画主題歌としてカバー。その後もパティ・ペイジはじめ多くのアーティストによって歌い継がれ、日本でもすでに童謡・唱歌に分類されています。
“Too-ra-loo-ra-li” 100年経っても、いやそれ以前からずっと変わらない、母親から子ども、子どもから母親への思いやり。これからお母さんになるあなたも、ぜひこの一曲で、極上の安堵感に包まれてください。
(選曲・文/山本陽子)

■4.「ものがたりは今日はじまるのfeat.サンボマスター」/ 吉澤嘉代子

●サウンド、歌声が心地よい!朝日がキラキラ光るような曲
シンガーソングライター吉澤嘉代子が、サンボマスターとコラボレーションして制作した曲です。イントロが流れた瞬間から、窓辺に朝の光が射し込む様子が、パッと頭に浮かび上がります。そして、吉澤嘉代子の特徴的な裏声が、歌の世界に彩りを与えてくれます。
同じ世界なはずなのに、目にするもの全てが昨日と違い、美しく輝いている。その光景は、お腹の中で新しい命がすくすくと育っていく妊婦さんの姿にも重なるような気がするのです。希望や未来への期待感に溢れる曲です。
(選曲・文/石井由紀子)
https://www.youtube.com/watch?v=mg0sdvdGb4I

■5.「まっててネ」/アントニオ古賀

●赤ちゃんは、そんなパパとママに感謝している
“古賀政男”の名を継承したギタリスト・アントニオ古賀さんが、芸能生活45周年記念で発売した幻の名盤。
04年に再婚した妻が妊娠した際、赤ちゃんの想いを代弁するこの歌詞が、急にひらめいたのだとか。
“大丈夫? ねえママ、とっても気分が悪そうね”
“待っててネ、生まれたら親孝行するからね!”
パパとママだけではなく赤ちゃんだって、毎日お腹の中で頑張って、誕生の時を待ちわびているのですネ。
ちなみに、無事健康に生まれた愛息・音弥(おとや)クンは現在12歳。「OTOYA」名義で父親と同じステージに立つ、ギタリストとなって……きちんと親孝行しています。
(選曲・文/麻布さやか)

さて、お気に召した選曲はございましたか。
ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、各曲をお楽しみいただければ幸いです。
それでは、また次回♪

【関連アーティスト】
UA, 蒲原史子, Lou Rhodes, 吉澤嘉代子
【ジャンル】


LADIESROOM、SEX MACHINEGUNS、THE SLUT BANKSが下北沢でLIVEバトル!
Thu, 03 Nov 2016 17:00:00 +0900


春〜夏に行ってきたツアー『Match Making, LOVE Circuit 2016』が11月4日の下北沢GARDENにて、遂に完結する。

【その他の画像】SEX MACHINEGUNS

LADIESROOM / SEX MACHINEGUNS / THE SLUT BANKSの濃いメンツでの3マンとあって、『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016』ロスのキッズも、行けなかった人も、大人のロックファンから10代のロックファン、老若男女に見ごたえ十分、ハードなLIVEバトルとなること間違いナシ! このメンツでの、セッションにも期待が高まる。ツアーでやった奇跡のあの曲?のセッションもあるかも???

また、LADIESROOMが2004年以来、なんと12年ぶりに新曲をリリースする。『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016』でも演奏された、ねっとりと絡みつくような大人なロックナンバーの「eat a peach」とシンプルながらも大人な色気が滲み出ているバラード「She\'s Like A Rainbow」の2曲入りとなっている。

■『Match Making, LOVE Circuit 2016 "The Rocks" 』

11月04日(金) 東京 下北沢GARDEN
OPEN 18:30 / START 19:00
出演:LADIESROOM / SEX MACHINEGUNS / THE SLUT BANKS

■シングル「eat a peach」/LADIESROOM

2016年12月14日発売
YZAC-15055/¥1,000(税込) 
<収録曲>
1. eat a peach
2. She\'s Like A Rainbow

【関連リンク】
LADIESROOMオフィシャルHP
YOSHIKI×金爆によるニコ生特番にDIR EN GREYのShinyaのゲスト出演が決定
LADIESROOM、9年ぶりのツアー開催&DVDリリースを発表
SMAP、ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』の収録曲決定! リクエスト結果の順位も発表!

【関連アーティスト】
SEX MACHINEGUNS, THE SLUT BANKS, LADIESROOM
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

ラックライフ、2017年3月15日の結成記念日にファーストアルバム発売&主催ライブフェス開催決定
Thu, 03 Nov 2016 16:00:00 +0900
ラックライフ (okmusic UP\'s)

11月2日にニューシングル「風が吹く街」をリリースした大阪出身の4人組ロックバンド“ラックライフ"が、結成日である3月15日にファーストアルバムをリリースすることを発表した。


【その他の画像】ラックライフ

今年5月にメジャーデビューを果たした彼らが、インディーズ時代から積み上 げた活動キャリアを詰め込んだ集大成であり、新たなスタートでもあるファーストアルバムは 『文豪ストレイドッグス』など話題のアニメタイアッブ曲も満載となり、まさに必聴の1枚。

さらに、『GOOD LUCK 2017~9th Anniversary & Album Release Party~』と題した自身主催のライブフェス開催も決定。最速チケット先行案内が、ニューシングル「風が吹く街」に 封入されている。さらに今後の展開から目が離せない存在へと成長していくライブバンド“ラックライフ"に期待したい。

■【リリース情報】

アルバム『タイトル未定』
2017年3月15日発売
LACA-15620/¥2,800+税
<収録曲>
「変わらない空」(TVアニメ『純情ロマンチカ3』ED主題歌)
「名前を呼ぶよ」(TVアニメ『文豪ストレイドッグス』ED主題歌)
「初めの一歩」(TVアニメ『チア男子!!』OP主題歌)
「風が吹く街」(TVアニメ『文豪ストレイドッグス』第2クールED主題歌)
ほか全13曲予定

シングル「風が吹く街」
2016年11月2日(水)発売
LACM-14547/¥1,300+税
<収録曲>
1. 風が吹く街
2. journey
3. デイルニハ

■『GOOD LUCK 2017~9th Anniversary & Album Release Party~』

2017年4月29日(土) 大阪 なんばHatch
OPEN 12:00 / START 13:00
チケット:前売 ¥3,500-
※出演者は追って発表となります。

<チケット先行受付>
・「風が吹く街」CD封入先行:11/2(水)10:00~11/9(水) 23:59
・OFFICIAL HP先行:11/12(土)10:00~11/19(土)23:59
・ 一般発売日 1/22(日) 10:00~

【関連リンク】
ラックライフ オフィシャルHP
ラックライフ「文豪ストレイドッグス」EDテーマを引き続き担当、アニメ公式サイトでコメントも
ラックライフ、シングル「風が吹く街」アートワーク&MVを解禁
LOCAL CONNECT、ツアーファイナルシリーズにBURNOUT SYNDROMES等が出演決定

【関連アーティスト】
ラックライフ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

フジファブリック、力強く喜びに満ち溢れたニューアルバム『STAND!!』を12月リリース
Thu, 03 Nov 2016 15:00:00 +0900
フジファブリック (okmusic UP\'s)

フジファブリックがニューアルバム『STAND!!』を12月14日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】フジファブリック

『STAND!!』は通算9作目のオリジナルフルアルバムで、デビュー10周年のアニバーサリーイヤーにリリースした前作『LIFE』から2年3ヶ月ぶりのリリースとなる。

『STAND!!』というタイトルの通り、新たなフェーズに向かって力強く立ち上がったかのような溌剌とした感情、喜びに満ち溢れた意欲作で、全10曲のうち、メンバーそれぞれが数曲ずつ楽曲制作。さらに共作も行うなど、各自のパーソナリティーが鮮明に浮かび上がった作品となった。

アルバムには、通常盤の他に初回生産限定盤が2種類あり、初回生産限定盤AのDVDには、MVと特典映像を収録。初のオールアニメーションで制作された「Green Bird」、バンド演奏にフィーチャーした「夢みるルーザー」、乃木坂46の橋本奈々未が出演して話題となった「Girl! Girl! Girl!」、今年リリースの「ポラリス」と「SUPER!!」のMV5本すべてが楽しめる。さらには、現在、山内総一郎(Vo&Gu)モデルのギターが製造されているフェンダーの工場をメンバー全員で見学したドキュメンタリーも!

初回生産限定盤BのDVDには、今年行なわれた全国ツアー「フジファブリック LIVE TOUR 2016 “三日月ADVENTURE”」の東京公演の模様が11曲、1時間以上にわたって収録されている。

また、フジファブリックは11月16日にシングル「SUPER!!」をリリースするが、シングル「SUPER!!」とアルバム『STAND!!』を両方購入すると、初回盤Aの特典映像においてメンバー全員でペイントした世界で一つだけのフェンダー製のギター、「SUPER!!」のMVにも出てくるソニーのハイレゾ対応ヘッドフォン、『STAND!!』のポスター、すべてにメンバーの直筆サインを入れたものが抽選でプレゼントされる。

■アルバム『STAND!!』

2016年12月14日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
AICL-3238〜9/¥3,500+税
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
AICL-3240〜1/¥3,500+税
【通常盤】(CDのみ)
AICL-3242/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
曲目未定
■初回生産限定盤A DVD
・MV
Green Bird
夢みるルーザー
Girl! Girl! Girl!
ポラリス
SUPER!!
・特典映像
フジファブリックのフェンダー工場見学
■初回生産限定盤B DVD
「フジファブリック LIVE TOUR 2016 “三日月ADVENTURE” at EX THEATER ROPPONGI on 2016.6.8」

【関連リンク】
フジファブリック オフィシャルHP
フジファブリックが自主企画ライブでSuchmos、クリープハイプ、KANA-BOONとコラボを披露
フジファブリック、2017年全国ツアーの開催を発表! 初の学割制度導入も!
フジファブリック、レギュラー番組にKANA-BOONの出演が決定

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック

KEYTALK、16人のピザダンサーと踊る「Love me」のMV公開
Thu, 03 Nov 2016 14:00:00 +0900
KEYTALK (okmusic UP\'s)

KEYTALKが11月23日にリリースする9thシングル「Love me」。その表題曲のMVが完成した。

【その他の画像】KEYTALK

「Love me」は、首藤義勝の作詞・作曲による弾けるポップなメロディーにとびきりストレートなメッセージが心躍るダンスナンバー。3枚目のシングル「MONSTER DANCE」を撮った田辺秀伸が、MVの監督を担当している。

「MONSTER DANCE」のMVで演出された振付はファンの間で話題となり、楽曲が演奏されると会場にいるオーディエンスがそれを踊り始めるように。ワンマンやフェスでは爆発的な盛り上がりを見せ、代表曲として成長した。

今回もジャケットとリンクした内容で、曲の楽しさが伝わる内容となっている。ピザ生地の上でピザダンサーを率いて演奏するKEYTALK。「Love me」もまた、ライヴで底抜けに明るく、そして楽しく踊れる楽曲となりそうだ。16人のピザダンサーと踊るポップでユニークなMVに仕上がった。

■「Love me」MV
https://youtu.be/e_byVlqFAis

【関連リンク】
KEYTALK オフィシャルHP
KEYTALK、メンバーが川越で街ブラ企画するダイジェスト映像公開
大阪で初開催の「ビクターロック祭り」、11,000人が燃えた!
KEYTALK、シングル「Love me」リリース決定!人気映像企画「KEYTALK TV外伝」が復活!

【関連アーティスト】
KEYTALK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ねごとのメンバーが涙!? 記念すべきフェスに密着したトレーラーを公開
Thu, 03 Nov 2016 13:30:00 +0900
ねごと (okmusic UP\'s)

11月9日にリリースとなる、ねごとの新作「アシンメトリ e.p.」。その初回生産限定盤特典DVDに収録の「LIVE & DOCUMENTARY 〜NEGOTO 5th Anniversary お口ポカーンフェス?!SPECIAL〜」のトレーラー映像が公開された。

【その他の画像】ねごと

「NEGOTO 5th Anniversary お口ポカーンフェス?!」は、昨年11月に開催された、“ねごと”による“ねごと”だけの“ねごと”づくしのフェスで、約7時間に及ぶステージを“ねごと”メンバーだけで繋いだ記念すべきフェス。

その一日に密着したライヴ&ドキュメンタリー映像は、ライヴステージのみならず、当日の舞台裏やここでしか見ることができないメンバーインタビューも追加収録した、豪華内容となっている。なんと、メンバーが涙する場面も!? 詳しい内容はトレーラー映像でチェックしてみてほしい。

■「LIVE & DOCUMENTARY 〜NEGOTO 5th Anniversary お口ポカーンフェス?!SPECIAL〜」Trailer
https://youtu.be/SJJaI8x3CB8

■e.p.「アシンメトリ e.p.」

2016年11月9日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2792〜3/¥2,500+税
【通常盤】(CD)
KSCL 2794/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
M1. アシンメトリ
※caf? & pancakes gram CMソング
M2. holy night
※映画「マイナビpresents TOKYO CITY GIRL 2016」挿入歌 & 東京/大阪版エンディング主題歌
M3. 天使か悪魔か
M4. school out
■DVD ※初回生産限定盤のみ
LIVE & DOCUMENTARY 〜NEGOTO 5th Anniversary お口ポカーンフェス?!SPECIAL〜

【関連リンク】
ねごと オフィシャルHP
ねごと、スマホ2台でシェアする“アシンメトリ”なMVを公開
ねごと、最新EPから先行配信&WEB SPOTも公開
ねごと、映画予告編にて新曲「holy night」を一部解禁

【関連アーティスト】
ねごと
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Dragon Ash、ライヴ映像や初公開となる貴重映像が多数盛り込まれているニューシングルのトレーラー公開
Thu, 03 Nov 2016 13:00:00 +0900
Dragon Ash (okmusic UP\'s)

Dragon Ashが約3年ぶりとなるニューシングル「光りの街」(11月9日リリース)のトレーラー映像を公開した。

【その他の画像】Dragon Ash

シングル「光りの街」は、最新アルバム『THE FACES』のリード曲として2013年11月にリリースされた「Lily」以来、約3年ぶりのリリースとなる。

このトレーラー映像は、シングルのレコーディング映像や各メンバーのインタビュー、「Dragon Ash Tour The Lives」のZEPP TOKYO公演から「Headbang」のライヴ映像まで、初公開となる貴重映像が多数盛り込まれている。

また、シングルリリースを記念して、レッドブル・スタジオ東京で実施されるスペシャルプログラム『Dragon Ash Special生番組』がAbemaTVを生配信することが決定した。本番組では、AbemaTV独占プログラムによるトークとスペシャルなスタジオライヴをお送りする。Dragon Ashとしては、生放送番組でのスタジオライヴは初の試み。放送は11月13日(日)19:30〜21:00。

なお、このスペシャルプログラム『Dragon Ash Special生番組』の番組観覧イベントに、シングル購入者100名を限定招待することも決定! 「光りの街」を対象店で購入した上での抽選となる。詳しくはオフィシャルHPへ!

■「光りの街」トレーラー映像
https://youtu.be/HWOkvYfdYwA

■AbemaTV『Dragon Ash Special生番組』

放送日時:11月13日(日)19:30〜21:00
放送チャンネル:AbemaTV EXTRA
https://abema.tv/channels/special-plus-4/slots/8dgitQMxb3qSym

【関連リンク】
Dragon Ash オフィシャルHP
Dragon Ash、“白い世界”で構築された「光りの街」のMV公開
Dragon AshのKjがビジュアルブログ「g.o.a.t」とのコラボPVに出演
Dragon Ashのオリジナル・ベーシスト、IK?Z?NE初のエキシビション開催決定

【関連アーティスト】
Dragon Ash
【ジャンル】
ジャパニーズロック

水曜日のカンパネラ、ツアー初日に武道館公演決定を発表
Thu, 03 Nov 2016 12:30:00 +0900
11月2日(水)@川崎のCLUB CITTA’ (okmusic UP\'s)

水曜日のカンパネラが11月2日(水)に川崎のCLUB CITTA\'にて『水曜日のカンパネラ・ワンマンライブツアー2016〜SUPERMAN〜』の初日公演を開催した。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

11月1日(火)に3曲入りのニューシングル「SUPERKID」を配信リリースし、本格的な海外進出も見据えてメジャーデビューを果たした水曜日のカンパネラ。2016年を総括すると同時に、新たなフェイズを提示する内容になるに違いないツアーの初日とあって、開演前から超満員のフロア(1200人)にはオーディエンスの熱気と期待感が充満していた。

ステージの頭上には楕円形のオブジェが吊るされていて、立体的な脳みそのモーショングラフィックが映し出されている。開演予定時間を15分ほど過ぎたタイミングで場内が暗転。オープニングを飾ったのは「雪男イエティ」。「今晩は! お待たせしました!」と叫ぶコムアイの声が聴こえる。やはりというべきか、ステージにコムアイの姿はなく、その行方は2階席にあった。白いモップをまとったコムアイはイエティを引き連れている。鉄柵に身を乗り出し、オーディエンスに向かって「今からそっちに行くから!と宣言。コムアイはイエティとともにフロアを練り歩きながらステージへ。

続いて、いきなりニューシングル『SUPERKID』の2曲目に収録されている「カメハメハ大王」をプレイ。ファーを脱ぐと、『SUPERKID』の1曲目「アラジン」のイメージを彷彿させつつ、野性的かつエキゾチックな要素が加味された衣装がお目見えした。ベースミュージックを経由したビートにトライバルなフィーリングが融合した「カメハメハ大王」のトラックの上で躍動するコムアイのボーカルとラップとダンスは、さらなる独創性と自由度を獲得していた。

MCではオーディエンスとカジュアルなコミニュケーションを交わし、自身の地元である川崎にまつわるトークを展開。また5曲目には完全未発表の新曲「チャップリン」も披露しオーディエンスを歓喜させた。「ナポレオン」ではツアーの度に製作されている神輿が登場。樽から無数の足が飛び出しているという「黒ひげ危機一発」をブラックユーモアでアレンジしたような造形だった。続く「チュパカブラ」ではコムアイが樽の中に入り込んで抜け出せなくなるという状態に。コムアイのパフォーマンスのどこまでが演出でどこまでがアクシデントなのか判別がつかないのも水カンのライブの妙といえるだろう。

9曲目「ウランちゃん」以降の中盤すぎのセクションでは光と闇のコントラストを活かしたライティングやサイケデリックな映像演出、オーディエンスの緊張感と集中力を掌握するようなコムアイのパフォーマンスは新機軸を提示するものだった。そして、終盤のMCでコムアイは「今から重大発表があります」と意味深に予告。フロア最前列にいるオーディエンスにマイクを渡し、リレー形式で予想させる。「新曲」、「結婚」、「出産」、「2人目の出産」、「足のサイズが大きくなった」などの予想が挙がり会場が一通り笑いに包まれたところで、コムアイの口から「来年3月8日に武道館公演を開催することが決定しました!」と正解が発表された。フロアからは大きな祝福の拍手と歓声がコムアイに送られた。続いて、水カン特有のコミカルさとシリアスさが等しく共存したファンキーなポップネスがクセになる「アラジン」を披露した。

いよいよライブは佳境へ。『SUPERKID』の3曲目に収録されている「松尾芭蕉」の神秘的なパフォーマンスを経て、ラストは代表曲「桃太郎」。コムアイはウォーターボールの中に入り込んでフロアを周遊し、フレッシュな刺激に満ちたツアー初日は大団円を迎えた。水曜日のカンパネラは、2017年も止まらない。その道はこのツアーを終えると、日本武道館へと続く。

text by 三宅正一
photo by 横山マサト

■【セットリスト】

M1-雪男イエティ
M2-カメハメハ大王
M3-ディアブロ
M4-シャクシャイン
M5-チャップリン
M6-ナポレオン
M7-チュパカブラ
M8-ツイッギー
M9-ウランちゃん
M10-バク
M11-ユタ
M12-アラジン
M13-ラー
M14-ミツコ
M15-松尾芭蕉
M16-桃太郎

■【ライブ情報】

『水曜日のカンパネラ・ワンマンライブツアー2016 〜SUPERMAN〜』
11月05日(土) 仙台・Rensa
11月11日(金) 金沢・EIGHT HALL
11月12日(土) 新潟・NEXS NIIGATA
11月16日(水) 名古屋・Zepp Nagoya
11月19日(土) 福岡・DRUM LOGOS
11月23日(祝・木) 大阪・なんばHatch
12月02日(金) 北海道・Zepp Sapporo
12月07日(水) 東京・中野サンプラザ
12月22日(木) 沖縄・ミュージックタウン音市場

『水曜日のカンパネラ 日本武道館公演〜八角宇宙〜』
3月08日(水) 東京 日本武道館
<チケット先行販売>
オフィシャル先行:11月2日(水)22時〜11月13日(日)23時59分
■お申込みはこちら 
http://w.pia.jp/t/wed-camp/

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
水曜日のカンパネラ、「アラジン」MV公開&特設ページに魔法のランプ登場
iriのデビューを祝してケンモチヒデフミ、mabanua等からコメントが到着
水曜日のカンパネラ、Chim↑Pom展示会場でゲリラ撮影した「アラジン」インストビデオを限定公開

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, ライブ

『HALLOWEEN PARTY 2016』神戸最終日、HYDEアミダラが降臨!?
Thu, 03 Nov 2016 12:00:00 +0900
10月24日(日)@神戸ワールド記念ホール(VAMPS) (okmusic UP\'s)

10月24日(日)に神戸ワールド記念ホールで開催されたVAMPS主宰の『HALLOWEEN PARTY 2016』2日目。この夜もHYDEゴーストの妖しい声と轟く雷鳴を合図に宴の幕は開けた。


【その他の画像】VAMPS

「Welcome to the HALLOWEEN PARTY! 実に不気味な夜だ。こんな夜はいっぱいの人間をだまして献血させたいなぁ。みなさん、元気に死んでますかー?」

トップバッターは、前日にもBREAKERZとして出演したDAIGO。スポットライトがランウェイを照らすと、小さな男の子がポツンと立っている。そこに巨大な白い羽をつけたDAIGOが登場。自身が出演するランドセルのCM曲をバックに愉快なダンスを決めた後、ソロ曲「BUTTERFLY」を熱唱する。「今日の衣装はCMの天使のキャラクター。HYDEさんもCM曲を歌ってくれました」と言い、桑田佳祐→CHARA→福山雅治→B\'zの稲葉浩志→氷室京介、そしてHYDEのモノマネをダイジェストで披露し、場内のテンションを一気に上げる。さらに、「昨年とは環境が変わって…」と結婚の報告をすると「K S K」をしっとりと歌い上げた。「まさにK S K。神戸最高〜!」と叫ぶDAIGOに、場内から大きな拍手と歓声があがった。

『HALLOWEEN PARTY』は出演アーティストの衣装はもちろん、観客のハイクオリティな仮装も楽しみのひとつ。会場の休憩エリア内にはオーディションエリアが設けられ、その中からVAMPSメンバーの審査によって選ばれた人たちが、仮装姿を披露するのが「HALLOWEEN COLLECTION」だ。この日はNYやドイツなど海外からの参加者も多く、総合MCのやまだひさしも、「ハロパもグローバルになってきた」と感心する。

続いてはベッキー。シースルーのロングドレスに赤いピンヒールという、色っぽい『魔女の宅急便』のキキに扮し、HYDEが作曲を手がけた中島美嘉の「GLAMOROUS SKY」や宇多田ヒカルの「traveling」など、計3曲のカバーを透明感ある歌声で披露。「すごく出演を悩んだ」というMCの後、カーペンターズの名曲「I Need To Be In Love」を披露。<孤独の中で私は小さな希望にしがみついている/でもきっと大丈夫>という英語詞が、ベッキーの今の心境を代弁しているように響いた。

そんなベッキーと同じくキキの仮装で登場したのは「THE ROAD TO HALLOWEEN PARTY 2016」神戸第2位のなすお☆。「夢だった」というハロパで歌える感激を歌に込め、3曲の自作曲を披露した。

ハロパ2度目の参加となるでんぱ組.incは、この日のためにリーダーの相沢梨紗がデザインしたという、メキシカン・スカルを題材にしたカラフルなミニドレスで登場。神戸でのハロパに参加するのは今回が初ということで、「365日ハロウィンでもいい」と相沢がコメント。「でんでんぱっしょん」では、リボンを使ったキュートなシンクロ・パフォーマンスで彼女たちらしいポップな魅力をたっぷりと振りまいた。

この日2度目のハロコレは「HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA」オールスターズとして、『ズートピア』のニック・ワイルドに扮した分島花音、『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の悪ガキ3人組の一人、ショックに仮装したYUKI (Rayflower、DUSTAR-3)、『鬼灯の冷徹』の鬼灯姿の逹瑯(MUCC)、auCMの鬼ちゃんに扮した明希(シド)、マッドハッター姿の淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88)、そしてゴールデンボンバーの喜矢武豊が、一人ゴールデンボンバー姿で登場。淳士の衣装は以前VAMPSのK.A.Zがハロパで着たもので、逹瑯はリアリティを出すため眉毛をそり落としたらしい。

続いてはいよいよVAMPS! と思いきや、「ロンドンから帰国してくれました!」というやまだひさしの紹介で超小柄な布袋寅泰が登場。ハロパ2度目の登場となる布袋氏公認のモノマネ芸人、ペレ草田だ。一瞬たじろぐ観客を前に、様々な生活音や有名人を布袋風に再現するペレの絶妙なセンスに、いつしか場内は爆笑の渦と化していた。

お待ちかねのVAMPSは、映画『スター・ウォーズ』のテーマが場内に流れ、ステージを覆う幕に<EPISODE 666 ATTACK OF THE VAMPIRE>の文字が映し出されると、ランウェイの先端にカイロ・レン、ダース・シディアス、ダース・モールと、スター・ウォーズのダークなキャラクターが登場してライトセーバーで戦いを繰り広げる。

3人が相打ちのような形で倒れこむと次は、大勢のストーム・トルーパーを引き連れたJu-ken扮するダース・ベイダーがアリーナを歩いて登場。ダース・ベイダーがひざまづくその先の玉座に鎮座するのは……パドメ・アミダラに扮したHYDEだ。スクリーンにHYDEアミダラの美しい姿が映されると、場内から大きなどよめきがあがる。ヘヴィネスなバンドサウンドが轟く中、玉座に座ったままHYDEアミダラが歌い始めたのは、「DAMNED」。その圧倒的な迫力に息を飲み立ち尽くす人と激しいヘドバンを繰り返す人が入り乱れ、場内はカオス状態だ。

「REVOLUTION II」では、ストーム・トルーパーと巨大な2体のジャック・オー・ランタンを引き連れ、フロートに乗ったHYDEがアリーナを移動しながらオーディエンスを煽る。ランウェイの先端ではK.A.Zがギターをかき鳴らし、会場を埋め尽くす血まみれのメイドもゾンビもドラキュラも、腕を突き上げ、コールで熱狂する。

「HALLOWEEN PARTYへようこそ。宇宙の彼方からやって来ました。宇宙ではみんな仲悪かったんですけど、ここにいるみんなのおかげで戦争は終わりました、見事に。WAR IS OVER。」

女王らしく優雅に挨拶するHYDEアミダラの解説によると、ダース・ベイダーに扮するJu-kenは、なんとこの日楽屋で髪を剃り落とし、ダース・シディアス姿のJINの特殊メイクは仮装のまま食事が出来るほど精巧なのだという。

「(『スター・ウォーズ』の登場人物の中でも)ゴスのキャラがやりたかったの。怖いでしょ? カワイイ? ありがと? 今日はみなさんが来てくれたおかげで我々は平和を取り戻しました。では平和の歌を」というと「SWEET DREAMS」を披露。

再びやまだひさしが登場し、場内カメラとともに観客のファッションをチェックした後は、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAの時間だ。が! スモークのバズーカを構えるDAIGOの羽が大き過ぎて、キュートなバイキンマンに扮したShinya(DIR EN GREY)らを筆頭に、ステージに居並ぶ出演者たちが見えづらい事態に。そんな中、ツアー先の北海道から直行したというMY FIRST STORYのHiroも、『デスノート』のLの姿で急遽参加。ローリーの弾くギターをヒントに曲を当てるという、今年から新たに始まったクイズのコーナーでは、ギターがYUKI、ドラムが淳士、ベースが明希というHALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAによる豪華な演奏をバックに、Hiroと逹瑯がX JAPANの「X」を歌う超レアな場面も。

最後に全員で「HALLOWEEN PARTY」のテーマを歌いながら客席にお菓子を投げ入れ、そのまま全員でアリーナを練り歩き、観客と供に宴の余韻を分かち合う。

次週は幕張に舞台を移す『HALLOWEEN PARTY 2016』。果たしてどんなサプライズが飛び出す3日間になるのか、早くも期待は高まるばかりだ。

photo by 今元秀明、緒車寿一、田中和子
text by 早川加奈子

■【セットリスト】

■DAIGO
M1:BUTTERFLY
M2:無限∞REBIRTH
M3:K S K
■ベッキー
M1:GLAMOROUS SKY
M2:traveling
M3:I Need To Be In Love
■なすお☆ (THE ROAD TO HALLOWEEN PARTY 2016 神戸 第2位)
M1:恋愛説明書
M2:きらきら
M3:うそつきピエロ
■でんぱ組.inc
M1:永久ゾンビーナ
M2:Future Diver
M3:最Ψ最好調!
M4:でんでんぱっしょん
■VAMPS
M1:DAMNED
M2:INSIDE OF ME
M3:HALLOWEEN PARTY -DEATH METAL-
M4:REVOLUTIONII
M5:DEVIL SIDE
M6:SWEET DREAMS
■HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
M1:Penalty Waltz
M2:HALLOWEEN QUIZ
M3:HALLOWEEN PARTY

<HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA>
明希(シド) / VAMPS / 喜矢武豊(ゴールデンボンバー) / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88) / Shinya(DIR EN GREY) / 逹瑯(MUCC) / でんぱ組.inc / なすお☆ / Hiro(MY FIRST STORY) / ベッキー / ペレ草田 / YUKI (Rayflower、DUSTAR-3) / ROLLY /分島花音

MC やまだひさし

【関連リンク】
『HALLOWEEN PARTY 2016』オフィシャルサイト
『HALLOWEEN PARTY 2016』最終日でHYDE&YOSHIKIが夢の再競演!
VAMPS、MV集の初回限定盤クラッチ・バッグとニット帽のデザインがあきらかに!
VAMPSを結成から辿れる初MV集、ジャケ写公開!

【関連アーティスト】
VAMPS, HYDE, ベッキー♪#, でんぱ組.inc, HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA, DAIGO
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, 女性アイドル, フェス

イトヲカシ、「全国路上ライブツアー〜秋・冬〜」を開催
Thu, 03 Nov 2016 11:00:00 +0900
イトヲカシ (okmusic UP\'s)

9月21日にメジャーデビューしたばかりの2人組音楽ユニット、イトヲカシが「全国路上ライブツアー〜秋・冬〜」の開催を発表した。11月18日(金)の佐賀県をはじめ、九州・関東近辺での計8ヶ所のツアーとなる。

【その他の画像】伊東歌詞太郎

インディーズ時代から、“お客さんひとりひとりに直接感謝の気持ちを伝えたい”という想いで路上ライヴを続けてきたイトヲカシ。メジャーデビュー後も変わらない距離感を約束した決意表明のツアーファイナル(6月11日)も記憶に新しいが、その発表と同時に告知した「全国路上ライブツアー〜2016 夏〜」(計17ヶ所)を終えても2人の旅はまだまだ続くようだ。

なお、ひとえに路上ライヴと言っても、イトヲカシのそれは今まで3万人以上を動員するほど大規模なものとなっている。会場などの詳細は順次オフィシャルHPにアップされていくようなので、見逃さないようにしてほしい。

今年春に行なわれた初の全国ライヴツアーは全会場即完売し、メジャーデビュー前に「ROCK IN JAPAN FES.2016」に出演するなど、数々の異例な状況を作り出しているイトヲカシだが、この秋はイベントや学園祭でのライヴも多数予定している。さらに、「COUNTDOWN JAPAN 16/17」にも出演が決定! とどまることを知らない2人の活動に目が離せない。

■「イトヲカシ全国路上ライブツアー〜秋・冬〜」

11月18日(金) 佐賀
11月19日(土) 長崎
11月20日(日) 熊本
11月21日(月) 鹿児島
12月27日(火) 岐阜
12月28日(水) 富山
12月29日(木) 長野
12月30日(金) 埼玉
※会場詳細は後日オフィシャルHPに掲載。

【関連リンク】
イトヲカシ オフィシャルHP
イトヲカシ、噂の2人組音楽ユニットがいよいよメジャーデビュー
Brian the Sun、イトヲカシやヒトリエなど秋のツアーのゲストを発表
VJ Boo主宰イベントにGRANRODEO、FLOW、伊東歌詞太郎が登場

【関連アーティスト】
伊東歌詞太郎, イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP

SMAP、ベストアルバム『SMAP 25 YEARS』の収録曲決定! リクエスト結果の順位も発表!
Thu, 03 Nov 2016 02:30:00 +0900
SMAP ロゴ (okmusic UP\'s)

12月21日(水)に発売となるSMAPのベストアルバム『SMAP 25 YEARS』の収録曲が決定した。

【その他の画像】SMAP

ビクターエンタテインメント内の特設サイトにて募集した、ファンからのリクエストによって決定した収録曲。2週間の応募期間で、総投票数は約200万票! シングル・アルバムなど400以上の候補曲の中から、リクエスト上位の50曲がCD3枚組に収められる。

また、12月28日(水)に発売されるBlu-ray&DVD『Clip! Smap! コンプリートシングルス』の収録内容も決定した。1991年9月8日に西武園ゆうえんちでおこなわれたデビューイベントの模様をおさめた「Can’t Stop!! -LOVING-」のほか、初商品化となるプロモーションビデオや、現在ではなかなか入手が難しい秘蔵映像などを収録! 言うまでもなく、こちらもファン必見の内容だ。

■【『SMAP 25 YEARS』リクエスト結果の順位】

1位 「STAY」
2位 「オレンジ」
3位 「BEST FRIEND」
4位 「オリジナル スマイル」
5位 「CRAZY FIVE」
6位 「FIVE RESPECT」
7位 「どうしても君がいい」
8位 「チョモランマの唄」
9位 「A Song For Your Love」
10位 「ありがとう」
11位 「華麗なる逆襲」
12位 「世界に一つだけの花」
13位 「夜空ノムコウ」
14位 「前に!」
15位 「Dawn」
16位 「Joy!!」
17位 「はじまりのうた」
18位 「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」
19位 「Battery」
20位 「Triangle」
21位 「BANG! BANG! バカンス!」
22位 「君色思い」
23位 「らいおんハート」
24位 「gift」
25位 「SUMMER GATE」
26位 「Amazing Discovery」
27位 「SHAKE」
28位 「ススメ!」
29位 「ビートフルデイ」
30位 「君は君だよ」
31位 「freebird」
33位 「Can\'t Stop!! -LOVING-」
34位 「Song of X\'smap」
35位 「僕は君を連れてゆく」
36位 「青いイナズマ」
37位 「Dear WOMAN」
38位 「Fine, Peace!」
39位 「$10 」
40位 「どうか届きますように」
41位 「Five True Love」
42位 「夏日憂歌」
43位 「さかさまの空」
44位 「がんばりましょう」
45位 「Simple」
46位 「シャレオツ」
47位 「ダイナマイト」
48位 「俺たちに明日はある」
49位 「たいせつ」
50位 「笑顔のゲンキ」

■【リリース情報】

アルバム『SMAP 25 YEARS』
2016年12月21日(水)発売
【初回限定仕様】(3CD)
VICL-64693〜64695 ¥3,900+税
※デジパック/SMAPO(スマッポ)用シリアルコード封入
【通常仕様】(3CD)
VICL-64696〜64698 ¥3,900+税
※初回プレス分のみSMAPO(スマッポ)用シリアルコード封入
<収録曲>
■Disc-1
1.Can\'t Stop!! -LOVING-
2.BEST FRIEND
3.笑顔のゲンキ
4.君は君だよ
5.どうしても君がいい
6.$10
7.君色思い
8.オリジナル スマイル
9.がんばりましょう
10.俺たちに明日はある
11.青いイナズマ
12.SHAKE
13.ダイナマイト
14.夜空ノムコウ
15.たいせつ
16.Five True Love
17.らいおんハート
■Disc-2
1.オレンジ
2.freebird
3.FIVE RESPECT
4.世界に一つだけの花(シングル・ヴァージョン)
5.僕は君を連れてゆく
6.SUMMER GATE
7.A Song For Your Love
8.夏日憂歌
9.ススメ!
10.Song of X\'smap
11.BANG! BANG! バカンス!
12.Dawn
13.Fine, Peace!
14.Triangle
15.Dear WOMAN
■Disc-3
1.ありがとう
2.Simple
3.STAY
4.この瞬間(とき)、きっと夢じゃない
5.はじまりのうた
6.どうか届きますように
7.チョモランマの唄
8.さかさまの空
9.手を繋ごう
10.gift
11.前に!
12.CRAZY FIVE
13.Battery
14.Joy!!
15.シャレオツ
16.Amazing Discovery
17.ビートフルデイ
18.華麗なる逆襲

Blu-ray&DVD『Clip! Smap! コンプリートシングルス』
2016年12月28日(水)発売
【DVD】
VIBL-821~3/¥5,800+税
※DVD3枚組
※初回プレス分のみSMAPO(スマッポ)用シリアルコード封入
<収録内容>
■DISC-1
1.「Can\'t Stop!! -LOVING-」 (デビューイベント西武園ゆうえんち 1991.9.8)
2.「正義の味方はあてにならない」 (プロモーションビデオ)
3.「心の鏡」  (オリジナル・ストーリー 心の鏡)
4.「負けるなBaby!〜Never give up」 
(Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR” 名古屋ドーム 2015.1.12)
5.「笑顔のゲンキ」 
(Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR” 東京ドーム 2014.9.4)
6.「雪が降ってきた」 (SMAP WINTER CONCERT 1995〜1996)
7.「ずっと忘れない」 (プロモーションビデオ)
8.「はじめての夏」 (プロモーションビデオ)
9.「君は君だよ」
(Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR” 京セラドーム大阪 2014.9.14)
10.「$10」 (DVD「SEXY SIX SHOW」)
11.「君色思い」 (DVD「SEXY SIX SHOW」)
12.「Hey Hey おおきに毎度あり」 DVD「SEXY SIX SHOW」)
13.「オリジナル スマイル」 (プロモーションビデオ)
14.「がんばりましょう 」 (JOHNNYS WORLD VISUAL RECORD 第5巻)
15.「たぶんオーライ」 (DVD「SMAP 007 MOVIES -Summer Minna Atsumare Party-」)
16.「KANSHAして」 (イメージビデオプロモーションEdit)
17.「しようよ」 (JOHNNYS WORLD VISUAL RECORD 第5巻)
18.「どんないいこと」(プロモーションビデオ)
19.「俺たちに明日はある」 (SMAP WINTER CONCERT 1995〜1996 未発表編集ver.)
20.「胸さわぎを頼むよ」 (プロモーションビデオ)
21.「はだかの王様〜シブトク つよく〜」 (プロモーションビデオ)
22.「青いイナズマ」  (プロモーションビデオ)
23.「SHAKE」 (プロモーションビデオ)
24.「ダイナマイト」 (プロモーションビデオ)
■DISC-2
25.「セロリ」 (プロモーションビデオ)
26.「Peace!」 (プロモーションビデオ)
27.「夜空ノムコウ」 (プロモーションビデオ)
28.「たいせつ」 (DVD「LIVE BIRDMAN」)
29.「朝日を見に行こうよ」 (プロモーションビデオ)
30.「Fly」 (LIVE BIRDMAN VHS初回版特典映像「BIRDMAN in Fly」)
31.「Let It Be」 (DVD「LIVE Smap」)
32.「らいおんハート」 (プロモーションビデオ)
33.「Smac」 (プロモーションビデオ)
34.「freebird」 (プロモーションビデオ)
35.「世界に一つだけの花」 (DVD「LIVE MIJ」)
36.「友だちへ〜Say What You Will〜」 (プロモーションビデオ)
37.「BANG! BANG! バカンス!」 (プロモーションビデオ)
38.「Triangle」 (プロモーションビデオ)
39.「Dear WOMAN」 (プロモーションビデオ)
40.「ありがとう」 (プロモーションビデオ)
■DISC-3
41.「弾丸ファイター」 (プロモーションビデオ)
42.「そのまま」 (プロモーションビデオ)
43.「White Message」 (DVD「SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour」)
44.「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」 (プロモーションビデオ)
45.「そっと きゅっと」 (プロモーションビデオ) 
46.「スーパースター★」 (DVD「We are SMAP! 2010 CONCERT」)
47.「This is love」 (プロモーションビデオ)
48.「僕の半分」 (プロモーションビデオ)
49.「さかさまの空」 (プロモーションビデオ)
50.「Moment」 (プロモーションビデオ)
51.「Mistake!」 (プロモーションビデオ)
52.「Battery」 (プロモーションビデオ)
53.「Joy!!」 (プロモーションビデオ)
54.「シャレオツ」 (プロモーションビデオ)
55.「ハロー」 (プロモーションビデオ)
56.「Yes we are」 (プロモーションビデオ)
57.「ココカラ」 (プロモーションビデオ)
58.「Top Of The World」 (プロモーションビデオ)
59.「Amazing Discovery」 (プロモーションビデオ)
60.「華麗なる逆襲」 (プロモーションビデオ)
61.「ユーモアしちゃうよ」 (プロモーションビデオ)
62.「Otherside」 (プロモーションビデオ)
63.「愛が止まるまでは」 (プロモーションビデオ)

【Blu-ray】
VIXL-175~6/¥6,800+税
※BD2枚組
※初回プレス分のみSMAPO(スマッポ)用シリアルコード封入
<収録内容>
■DISC-1
1.「Can\'t Stop!! -LOVING-」 (デビューイベント西武園ゆうえんち 1991.9.8)
2.「正義の味方はあてにならない」 (プロモーションビデオ)
3.「心の鏡」  (オリジナル・ストーリー 心の鏡)
4.「負けるなBaby!〜Never give up」 
(Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR” 名古屋ドーム 2015.1.12)
5.「笑顔のゲンキ」 
(Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR” 東京ドーム 2014.9.4)
6.「雪が降ってきた」 (SMAP WINTER CONCERT 1995〜1996)
7.「ずっと忘れない」 (プロモーションビデオ)
8.「はじめての夏」 (プロモーションビデオ)
9.「君は君だよ」
(Mr.S “saikou de saikou no CONCERT TOUR” 京セラドーム大阪 2014.9.14)
10.「$10」 (DVD「SEXY SIX SHOW」)
11.「君色思い」 (DVD「SEXY SIX SHOW」)
12.「Hey Hey おおきに毎度あり」 DVD「SEXY SIX SHOW」)
13.「オリジナル スマイル」 (プロモーションビデオ)
14.「がんばりましょう 」 (JOHNNYS WORLD VISUAL RECORD 第5巻)
15.「たぶんオーライ」 (DVD「SMAP 007 MOVIES -Summer Minna Atsumare Party-」)
16.「KANSHAして」 (イメージビデオプロモーションEdit)
17.「しようよ」 (JOHNNYS WORLD VISUAL RECORD 第5巻)
18.「どんないいこと」(プロモーションビデオ)
19.「俺たちに明日はある」 (SMAP WINTER CONCERT 1995〜1996 未発表編集ver.)
20.「胸さわぎを頼むよ」 (プロモーションビデオ)
21.「はだかの王様〜シブトク つよく〜」 (プロモーションビデオ)
22.「青いイナズマ」  (プロモーションビデオ)
23.「SHAKE」 (プロモーションビデオ)
24.「ダイナマイト」 (プロモーションビデオ)
25.「セロリ」 (プロモーションビデオ)
26.「Peace!」 (プロモーションビデオ)
27.「夜空ノムコウ」 (プロモーションビデオ)
28.「たいせつ」 (DVD「LIVE BIRDMAN」)
29.「朝日を見に行こうよ」 (プロモーションビデオ)
30.「Fly」 (LIVE BIRDMAN VHS初回版特典映像「BIRDMAN in Fly」)
31.「Let It Be」 (DVD「LIVE Smap」)
32.「らいおんハート」 (プロモーションビデオ)
■DISC-2
33.「Smac」 (プロモーションビデオ)
34.「freebird」 (プロモーションビデオ)
35.「世界に一つだけの花」 (DVD「LIVE MIJ」)
36.「友だちへ〜Say What You Will〜」 (プロモーションビデオ)
37.「BANG! BANG! バカンス!」 (プロモーションビデオ)
38.「Triangle」 (プロモーションビデオ)
39.「Dear WOMAN」 (プロモーションビデオ)
40.「ありがとう」 (プロモーションビデオ)
41.「弾丸ファイター」 (プロモーションビデオ)
42.「そのまま」 (プロモーションビデオ)
43.「White Message」 (DVD「SMAP 2008 super.modern.artistic.performance tour」)
44.「この瞬間(とき)、きっと夢じゃない」 (プロモーションビデオ)
45.「そっと きゅっと」 (プロモーションビデオ) 
46.「スーパースター★」 (DVD「We are SMAP! 2010 CONCERT」)
47.「This is love」 (プロモーションビデオ)
48.「僕の半分」 (プロモーションビデオ)
49.「さかさまの空」 (プロモーションビデオ)
50.「Moment」 (プロモーションビデオ)
51.「Mistake!」 (プロモーションビデオ)
52.「Battery」 (プロモーションビデオ)
53.「Joy!!」 (プロモーションビデオ)
54.「シャレオツ」 (プロモーションビデオ)
55.「ハロー」 (プロモーションビデオ)
56.「Yes we are」 (プロモーションビデオ)
57.「ココカラ」 (プロモーションビデオ)
58.「Top Of The World」 (プロモーションビデオ)
59.「Amazing Discovery」 (プロモーションビデオ)
60.「華麗なる逆襲」 (プロモーションビデオ)
61.「ユーモアしちゃうよ」 (プロモーションビデオ)
62.「Otherside」 (プロモーションビデオ)
63.「愛が止まるまでは」 (プロモーションビデオ)

【関連リンク】
SMAPのベストアルバム、400以上の候補曲からファン投票受付中!!
SMAP解散…購買活動再開でトリプルミリオン寸前? ファンが今できること【ジャニゴトまとめ Vol.19】
帰省ラッシュ!渋滞の車の中も楽しくなれる曲
SMAP 中居正広・嵐 櫻井翔…ベテランから若手まで、司会で活躍するジャニーズたち【ジャニゴトまとめ Vol.15】

【関連アーティスト】
SMAP
【ジャンル】
J-POP, 男性アイドル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1