歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年11月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/11/10
2016/11/09
2016/11/08
2016/11/07
2016/11/06
2016/11/05
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
OLDCODEXのYORKE.(Painter)のART BOOK 第2弾の受注スタート!
Tue, 01 Nov 2016 11:00:00 +0900
ART BOOK『WHY I PAINT 〜なぜボクがえをかくのか〜』VOL.2 フライヤー (okmusic UP\'s)

現在、全国ツアー中であるOLDCODEX。そのツアー初日である9月24日、25日の東京Zepp DiverCityにて、YORKE.本人の口からアナウンスされたART BOOK『WHY I PAINT 〜なぜボクがえをかくのか〜』VOL.2の受注販売の受付が、11月1日(火)午前11時より開始された。

【その他の画像】OLDCODEX

前作のVol,1は大好評で販売を終了し、第2弾を望む声が多数寄せられていた本ART BOOK。“自身のエピソードを音楽に乗せて1枚の絵を描き上げる”をテーマに、フリーマガジン「okmusic UP’s」にて2014年1月〜12月に掲載した作品12点を1冊にまとめた作品集となる(連載は現在4年目を迎え継続中!)。

12ケ月分、12編のエピソードに本人がセレクトしたBGMをつまみに、想い出の景色を彩ったイラストジャケットを書き下ろした同連載。OLDCODEX結成前の、若かりしYORKE.という人物像が垣間見れるエピソードも満載だ。また、YORKE.の過ごした、ゆかりある街での撮り下ろし写真も添えられる。

そして、タイトルの由来は世界中に衝撃を与えた2011年3月11日の東日本大震災に端を発する。衝動的に手作りの絵本50冊を作成し、子供達へ渡そうと被災地へ走った、YORKE.。その時の絵本のタイトルが『WHY I PAINT』だったのだ。※ ART BOOKの内容は被災地及び被災者の方々との関連はありません。あくまでもタイトルの由来となります。

■ART BOOK『WHY I PAINT 〜なぜボクがえをかくのか〜』VOL.2

受注期間:2016年11月1日(火)〜11月30日(水)
※完全受注生産のため、必ずお申込みが必要となります。
※発行・発送は、2017年2月下旬を予定しております。
仕様:4色36P(20cm×20cm 絵本スタイル)
※YORKE. ゆかりの地での撮り下ろし写真掲載!

■詳細&お申し込み
http://store.okmusic.jp/

【関連リンク】
okmusic UP’s連載『WHY I PAINT 〜なぜボクがえをかくのか〜』
【ライブリポート】『OLDCODEX Tour 2016-2017 「FIXED ENGINE」』 2016年09月24日@Zepp DiverCity Tokyo
OLDCODEX、上海公演が大盛況&ファンからのサプライズも!
VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2016』にOLDCODEXとAOAが出演

【関連アーティスト】
OLDCODEX
【ジャンル】
ジャパニーズロック

セプテンバーミーのココナッツ先輩(B)が脱退を発表
Tue, 01 Nov 2016 22:00:00 +0900
セプテンバーミー (okmusic UP\'s)

セプテンバーミーのココナッツ先輩(B)がバンドを脱退することが発表された。

【その他の画像】セプテンバーミー

現在セプテンバーミーはミニアルバム『絶対的未来奇譚』のリリースツアーを開催中。ココナッツ先輩は11月25日(金)新代田FEVERにて行なわれるツアーファイナル公演をもって脱退する。

■ココナッツ先輩 コメント

突然の報告になってしまい申し訳ございません。
私、ココナッツ先輩は11月25日の絶対的未来奇譚のリリースツアーファイナルをもって、セプテンバーミーを脱退致します。
セプテンバーミーの前進バンドに加入してから約7年、色々なことがありました。
楽しいことはもちろん、辛いこともたくさんありました。
それでも諦めずに、自分の人生を注いでやってきましたが、結果的に脱退という決断を取らせていただきました。
私の人生で1番大きな決断になったと思います。

辞める理由としては、私自身、他にやりたいこと、自分の人生でやらなければいけないことを見つけ、バンドとの両立に難しさを感じたためです。
そして何より、応援してくれるファンの方、友達、関係者の方々と、迷いのある、まっすぐ向かい合うことの出来ない気持ちでバンド活動を続けることが嫌でした。
この報告を聞いて不満に思う方もいるかと思います。
そういった方に関してはただただ頭を下げるしかないです。申し訳ございません。
元々引っ込み思案で、人と関わることが苦手でしたが、長いバンド生活を通して、たくさんの人と関わり、人から見たらまだまだと思う方もいるかとは思いますが、それでも、ある程度は人前に立つに相応しい人間になれたと思っております。
メンバーや周りの人には本当にたくさん迷惑をかけました。
勇気を振り絞って話し合いをした時、『あのナッツがここまで言うなら仕方ない』と私のわがままを聞いてくれたこと、ただただ感謝しております。

私が脱退した後も、セプテンバーミーは続いていきます。
ツアーファイナル後は、私も見る側の視線でセプテンバーミーを応援していきます。
改めて、今までのメンバー、関わってくれた皆様、何より、応援してくれてる皆様、本当にありがとうございました! この場を借りてお礼を言います。

残り短い期間ですが、最後まで全力でやります。
今まで以上に全力でやります。
そして、私がいなくなったとしても、セプテンバーミーはずっとかっこいいままのセプテンバーミーです。
どうか皆様、これからもセプテンバーミーを応援よろしくお願いします!

■『セプテンバーミー ミニアルバム「絶対的未来奇譚」リリースツアー CRセプテンバーミー 〜にゅーわーるどおーだー〜』

11月03日(木) 静岡 Freakshow
w:グッバイフジヤマ/ゆるめるモ!
11月05日(土) 仙台 enn3rd
w:アンテナ/NECOKICKS/The Floor
11月06日(日) 新潟 CLUB RIVERST
w:午前四時、朝焼けにツキ/MAGIC FEELING/NECOKICKS
11月11日(金) 神戸 太陽と虎
w:バンドごっこ/グッバイフジヤマ/さしすせそズ
11月20日(日) 札幌 COLONY
w:The Floor
11月25日(金) 東京 新代田FEVER
※ワンマン

【関連リンク】
セプテンバーミー オフィシャルHP
セプテンバーミー、ファン参加型MV「テレキャスターマジック」がついに公開
セプテンバーミー、新曲「彼女inワンダーランド」MV公開
セプテンバーミー、ミニアルバム『絶対的未来奇譚』収録曲発表&ジャケ写解禁

【関連アーティスト】
セプテンバーミー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

超特急、YouTube公式チャンネル開設! RADIO FISHとのリハ映像含む動画第一弾を公開
Tue, 01 Nov 2016 20:00:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急が、YouTubeで公式チャンネルを開設したことがわかった。

【その他の画像】超特急

第1弾となる映像では、10月22日に横浜アリーナで開催された『PERFECT HALLOWEEN』での舞台裏の映像を公開。イベント当日にコラボレーションをしたRADIO FISHとのリハーサル模様など、普段目にすることのないバックステージの模様や、舞台袖からのライブ映像などを見ることができる。今後公開される映像にもぜひ注目してみてほしい。

■YouTube公式チャンネル Bullet Train Channel
https://youtu.be/mgB6jjfRbHM

■『BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land』

12月17日(土) 神戸 ワールド記念ホール
12月24日(土) 東京 国立代々木競技場 第一体育館

■特設サイトはこちら
http://bullettrain.jp/arena2016/

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、アメリカンヒーローに扮した『日テレHALLOWEEN LIVE 2016』が大盛況
超特急、「T-SPOOK」にピクサーキャラに仮装して出演
超特急がジブリの仲間たちになって『PERFECT HALLOWEEN 2016』に登場

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

クイズトークショーの不法入国者の仲裁活動家としてのパネリストだったオーストラリアの歌姫 Nattali Riz
Tue, 01 Nov 2016 18:00:00 +0900


Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています〜♪

週末のハロウィーンはいかがでしたか? こちらは今日がハローウィーンなので、明日からはあっと言う間にサンクスギビングホリデーの飾り付けに代わるところです。サンクスギビングが終わればすぐにクリスマス! 私のアイランドレゲエコラムもあっと言う間に1年半になりました。

【その他の画像】Nattali Rize

はじめはハワイで有名なアイランドレゲエシンガーをご紹介していましたが、最近はパシフィック全体まで広がっていきました。今回ご紹介するのはオーストラリアのアイランドレゲエバンド、Blue King BrownのリードシンガーのNattali Rize(ナッタリ・ライズ)です。
https://www.youtube.com/watch?v=9bAAiyr_4QY

Nattaliはオーストラリア生まれのサモアとネイティブインディアンのミックス。本名はNatalie Pa’apa’a(パアパア)という名前で呼びにくいので“Rize”に変名したそう。最近はレコーディング中を殆どジャマイカで過ごし、SOJA、KATCHAFIRE、SANTANA、J BOOG、JULIAN MARLEYともツアーへ! 

はじめはハイチの不法入国者などを仲裁やサポートする社会活動家をしていましたが、2011年にABC-TVの活動家としてのパネリストとしてTV出演をしたのがきっかけで、メジャーを目指すようになった彼女。バンドのBlue King Brownは『Australian Independent Record Award』のシングル部門ベストパフォーマンスで2006年に優勝し、その後、オーストラリアのバンドのサポートを始めます。また、200ドルで作った「Water」のミュージックビデオは大変人気になり、雑誌『Rolling Stone』から「ネイティブの民族の中で最も新鮮な歌声だ」と高い評価を受けました。West PapuaからもNattali Riseの歌は絶大な評価を受け、内戦などの大変な環境を超え、彼女の歌と唄声に勇気づけられ、立ち上がり、自由を勝ち取ったといわれるほどに。

また、Bllue king Brownsの歌の売り上げでインド洋、大平洋オセアニアの各島に各民族のサポートをするための協会を作り、バヌアツ、モザンビーク、などのArtによるチャリティーも開催! 最近では60アーティストが参加する大音楽イベント『Napuan Music Festival』を開催し、さらにインド洋、大平洋 オセアニアの島々トンガ、サモア、Fiji、papua、ソロモン島、バヌアツ、ニューカレドニア、アフリカのアーティストも参加するように。

そんな民族色豊かなオセアニアの歌姫Nattali Riseの歌声是非聴いてみてね。

Mahalo

【関連アーティスト】
Nattali Rize
【ジャンル】


乃木坂46、橋本奈々未卒業前ラストシングル「サヨナラの意味」の特典映像予告編が公開へ
Tue, 01 Nov 2016 19:00:00 +0900
乃木坂46  (okmusic UP\'s)

乃木坂46が11月9日にリリースする16thシングル「サヨナラの意味」(CD+DVD)盤収録の特典映像の予告編が公開となった。

【その他の画像】乃木坂46

同作品は、人気フロントメンバー橋本奈々未の卒業シングルとして話題沸騰となっているシングル。乃木坂46のシングルに収録される特典映像は各メンバーに焦点を合わせた“個人MV”が恒例だが、今作は長期間にわたって裏側を収録したドキュメンタリー映像が収録されている。

Type-Aは「サヨナラの意味」MVの裏側、そして数名のメンバーによる橋本奈々未への思いなどをインタビュー収録したドキュメンタリーを収録。Type-Bは現在のアンダーメンバーに焦点をあて、今年開催されたアンダーライブ全国ツアーの裏側と共に、アンダーメンバーのインタビューを交えたドキュメンタリーが収録されている。

そしてType-CとType-Dには、2016年に開催された『乃木坂46“真夏の全国ツアー2016”』の裏側を中心としたドキュメンタリーが収められている。ツアー前に発表されたキャプテン・桜井玲香の長期離脱。15thシングル「裸足でSummer」で初センターとなり、今年の夏を牽引した齋藤飛鳥。またキャプテン不在の中ライブを引っ張った生駒里奈にスポットを当てるなど、地方公演の裏側と共に制作された。なお、この映像は前編と後編に分けられ、前編がType-C、後編がType-Dの特典映像として収録される。作品に垣間見えるアイドルの裏側、 そしてメンバーの心境などにぜひ注目してほしい。

■『ドキュメンタリー 〜サヨナラの意味〜』予告編
https://youtu.be/FI85XctUUCA

■『アンダードキュメンタリー 〜つま先の向こうに〜』予告編
https://youtu.be/J8LCq827I1A

■『2016年 乃木坂46 -いつもと違う夏-』予告編
https://youtu.be/dyBdkBGP2Y8

■シングル「サヨナラの意味」

2016年11月9日発売
【初回仕様限定盤 Type-A】(CD+DVD)
SRCL-9258〜925/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.あの教室(齋藤飛鳥・堀未央奈)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.あの教室 〜off vocal ver.〜
■DVD
01.サヨナラの意味 Music Video
02.あの教室 Music Video
03.ドキュメンタリー 〜サヨナラの意味〜

【初回仕様限定盤 Type-B】(CD+DVD)
SRCL-9260〜9261/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.ブランコ(16thアンダー)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.ブランコ 〜off vocal ver.〜
<特典DVD収録内容>
01.サヨナラの意味 Music Video
02.ブランコ Music Video
03.アンダー ドキュメンタリー〜つま先の向こうに〜

【初回仕様限定盤 Type-C】(CD+DVD)
SRCL-9262〜9263/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.2度目のキスから(秋元真夏・相楽伊織・鈴木絢音・渡辺みり愛)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.2度目のキスから 〜off vocal ver.〜
■DVD
01.サヨナラの意味 Music Video
02.2度目のキスから Music Video
03.2016年 乃木坂46 -いつもと違う夏- 前編

【初回仕様限定盤 Type-D】(CD+DVD)
SRCL-9264〜9265/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.君に贈る花がない(北野日奈子・寺田蘭世・中田花奈・中元日芽香・堀未央奈)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.君に贈る花がない 〜off vocal ver.〜
■DVD
01.サヨナラの意味 Music Video
02.君に贈る花がない Music Video
03.2016年 乃木坂46 -いつもと違う夏- 後編

【通常盤】(CD)
SRCL-9266 /¥1,050(税込)
<収録曲>
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.ないものねだり(橋本奈々未)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.ないものねだり 〜off vocal ver.〜

《初回仕様限定盤特典》
01.Music Video&特典映像DVD収録
02.「全国握手会参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
03.乃木坂46メンバー生写真1種ランダム封入(全140種類のうち1種)
※なおCDショップの店頭にて、初回仕様限定(CD+DVD)盤の在庫が無くなった場合は、通常仕様の(CD+DVD)盤の商品に切り替わります。こちらには封入特典がございませんので、初回仕様限定(CD+DVD)盤をお買い求めされる際は、商品に貼られる初回仕様限定(CD+DVD)盤のステッカーをご確認のうえ、お買い求め頂きます様、宜しくお願い申し上げます。
※通常盤には特典がございません。

【関連リンク】
乃木坂46 オフィシャルHP
乃木坂46、“齋藤飛鳥と堀未央奈の学校生活”がテーマの「あの教室」MVを公開
乃木坂46、橋本奈々未センターの新曲「サヨナラの意味」MV公開
乃木坂46 、シングル「サヨナラの意味」ジャケ写のコンセプトは“大人の乃木坂46”

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
女性アイドル

PrizmaX 島田翼、連載「WetCrate」第5回で"変態的"なレコードを語る!
Tue, 01 Nov 2016 18:00:00 +0900
WetCrate 第5回 (okmusic UP\'s)

PrizmaXのパフォーマーでありながらDJとしても活躍する島田翼がOKMusicにて連載している「WetCrate」の第5回が公開された。

【その他の画像】PrizmaX

島田が集めたレコードコレクションの中から厳選された一枚を本人の映像と文章で紹介する本連載。これまでMount Kimbie、Nicolas Jaar、Floating Points、STL & Julius Steinhoffといった海外アーティストのディープな作品を紹介してきたが、今回はパリのイケてるレコードショップ・yoyakuで手に入れたというOshahaのレコード作品を熱く語っている。

しかもこのレコード、なんと未発表(!)の作品ということで、嬉しそうな島田の表情にも注目してチェックしてみてほしい。

■Tsubasa Shimada(PrizmaX)presents WetCrate 第5回
http://okmusic.jp/ups/articles/792

【関連リンク】
PrizmaX オフィシャルHP
PrizmaX、11月のワンマン公演に向けて小さな奇跡を描いたティザー映像を公開
PrizmaX、森崎ウィンがハリウッドから凱旋帰国
PrizmaX、スピルバーグ作品の撮影を終えた森崎ウィンとともにLINE LIVE「夜遊びキャデラック」生配信!

【関連アーティスト】
PrizmaX
【ジャンル】
J-POP

バンもん、最新ビジュアル解禁&重大告知を1夜限りのスペシャルCMで発表
Tue, 01 Nov 2016 18:00:00 +0900
バンドじゃないもん! (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が突如、最新ビジュアルを公開した。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

同時に“今後の活動に関する重大告知を1夜限りのスペシャルCMで発表”することもアナウンスされた。CMは11月5日のCX系土曜ドラマ『とげ 小市民 倉永晴之の逆襲』(23時40分〜)内にて、全国オンエアされる。

いったいどんな内容なのか? 当日お見逃しなく!

■【バンドじゃないもん!スペシャルCMオンエア情報】

CX系土曜ドラマ『とげ 小市民 倉永晴之の逆襲』
11月5日(土)23:40〜24:35

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
バンドじゃないもん!、主催イベント番外編は東名阪ツアー
バンドじゃないもん!、水着ライヴ映像を大公開
バンドじゃないもん!、史上最長ツアー映像作の発売記念特番&イベントを実施

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, テレビ(番組/CM)

KC&ザ・サンシャイン・バンドの極めつけディスコヒット5曲
Tue, 01 Nov 2016 18:00:00 +0900
KC&ザ・サンシャイン・バンドの極めつけディスコヒット5曲 (okmusic UP\'s)

70年代中期、ポップで明るいディスコサウンドを提供し続けたKC&ザ・サンシャイン・バンド

【その他の画像】KC & the Sunshine Band

■南部ソウルのレーベルTKレコード内で結成されたグループ

渋い南部ソウルのレーベル「TKレコード」の社員ハリー・ケイシーと、同社で敏腕レコーディングエンジニアとして知られたリチャード・フィンチの白人ふたりが中心となって73年にKC&ザ・サンシャイン・バンドは結成される。その後、同レーベルの専属ミュージシャンとして活躍していたジェローム・スミスとロバート・ジョンソン(どちらも黒人)を加えて、白黒混合のファンクグループとしてスタート。同年にデビューシングル「Blow Your Whistle」をリリース、新人ながら全米チャートの27位に食い込むヒットとなった。

74年、ケイシーとフィンチが書いた「ロック・ユア・ベイビー」をジョージ・マクレーが歌い、アメリカやイギリスなど11カ国でチャートの1位に輝き、彼らの名は広く知られるところとなる。セカンドとなるシングル「Sound Your Funky Horn」(‘74)をリリースすると、イギリスではチャートの17位まで上昇(アメリカでは21位)し、フロリダのグループらしいポップなファンクサウンドで確実にファンを増やしていく。続く「Queen Of Clubs」(’74)も好セールス(全米25位、全英では7位)を記録し注目が集まった。この時点では、本国アメリカよりイギリスでの人気が高かった。

そして、いよいよ全世界に彼らの名を轟かせる75年の2曲が生まれる。その2曲が「Get Down Tonight」と「That’s The Way I Like It」だ。特に後者はアメリカだけでなく多くの国でチャートの1位となり、彼らの代表曲というだけでなく、ディスコ音楽の代表曲として現在まで愛され続けている。日本でも未だにこの曲はオンエアされることが多いので、誰が歌っているかは知らなくても「この曲、聴いたことがある!」という人は多いはずだ。

76年になっても「That’s The Way I Like It」と同傾向の「Shake Your Booty」が大ヒットするが、77年に「I’m Your Boogie Man」「Keep It Comin’ Love」の2曲をチャート1位に送り込んだ後は人気が低迷、彼らの勢いに陰りが見られるようになる。80年代に突入するとユーロビート勢に押された上、TKレコードの倒産もあって、彼らの活動はストップしてしまう。その後、90年代に復活するのだが、やっぱり彼らの最高の時代は70年代中期だと僕は思う。

KC&ザ・サンシャイン・バンドは、ケイシーとフィンチのふたりの白人が曲を作っていたこともあって、黒人のファンクグループにはないポップさと、乾いたファンクサウンドが特徴であった。彼らの音楽をはじめとするTKレコード制作のアルバムは「マイアミ・サウンド」と呼ばれ、今でも多くのファンが世界中に存在している。

さて、それでは、彼らの極めつけディスコヒットを5曲セレクトしてみよう。

■1. 「Sound Your Funky Horn」(‘74)

ミディアムテンポの明るいナンバー。スライ&ザ・ファミリー・ストーンにインスパイアされたと思われるロックフィールを持ったダンスチューンで、リチャード・フィンチのよく歌うベースが良い味を出している。この曲が本国よりイギリスで人気が集まったのは、アヴェレージ・ホワイト・バンドやココモのようなパブロック的な雰囲気があったからかもしれない。マイアミサウンド特有の軽めのノリは踊るのに適したサウンドだと思う。

■2. 「Get Down Tonight」(‘75)

彼ら初のチャート1位シングル。この曲は3)と同じく彼らの代表曲のひとつで、ここでもフィンチのベースプレイが光っている。ディスコでヒットしたのは、曲が単調で大きな変調がないことがその理由だろう。座って聴いているとあまり面白くないが、ダンスのためであればちょうど良いグルーブ感になるのだから不思議なものである。当時最先端の楽器であったシンセサイザーの音がチープで、浮いてしまっているのはご愛嬌。当時はキーボードの音がベンドされているだけで唸ってしまう時代なだけに、そのあたりは目をつぶってあげたい。

■3. 「That’s The Way I Like It」(‘75)

彼らの名前を全世界に轟かせた大ヒット曲。今でもディスコ音楽を代表する曲として全世界で愛されているが、やっぱりこの曲が彼らの最高の成果だろう。楽曲の完成度は高く、ホーンのアレンジをはじめ何度も出てくるリフの部分もシンプルだがよく練られていると思う。ケイシーとフィンチのソングライティングとアレンジの才能はまさにプロフェッショナルで、ディスコ音楽を専門にしていなければ、もっと幅広い楽曲を作れたのではないかと考えてしまう。これは、“踊らせる”ことを一番に考えなければいけないディスコ音楽制作の難しさでもある。

■4. 「Shake Your Booty」(‘76)

3)と並び、彼らの本領が発揮された名曲。覚えやすいサビのフレーズとホーンセクションのリフは、みんな踊りながらディスコ内で合唱していたはず。グループの演奏は熱くなりすぎず、抑制したグルーブを提示する。軽いタッチではあるものの、煽るような歌詞と正確なタイム感の中に、ディスコ音楽でトップに到達した彼らの自信さえ感じる。確かに、このナンバーは踊るために必要なポイントを全て押さえた作品で、ディスコ向けの楽曲としては最も完成度が高い曲のひとつだろう。

■5. 「Keep It Comin’ Love」(’77)

彼らの全盛期では最後期の大ヒットナンバー(全米1位)。リズムは跳ねているがファンクの要素は後退し、これまで以上にポップ感覚を前面に押し出した作品となっている。中米のトリニダード・トバゴ付近で生まれたカリプソ(1)やソカ(2)に影響されたようなサウンドだ。実はシングル作品には少ないが、このスタイルは彼らが得意としたサウンドのひとつで、ワールドミュージック的なスタンスは、中米に近い南部フロリダ州だからこそ生まれたものだろう。ディスコのような室内よりは、海岸のような野外で踊るのに適した曲かもしれない。

【関連アーティスト】
KC & the Sunshine Band
【ジャンル】


水曜日のカンパネラ、「アラジン」MV公開&特設ページに魔法のランプ登場
Tue, 01 Nov 2016 17:00:00 +0900
「アラジン」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

2017年1月にシンガポール『Laneway Festival Singapore 2017』に日本人アーティストとして初めて出演することが話題となっている水曜日のカンパネラが、新曲「アラジン」のMVを公開した。


【その他の画像】水曜日のカンパネラ

「アラジン」は11月1日にデジタルリリースとなったシングル「SUPERKID」の1曲目に収録される楽曲で、「千夜一夜物語」の魔法のランプを擦ると魔神が飛び出る「アラジンと魔法のランプ」という物語をモチーフに、“こする”というテーマで様々な、掃除や研磨の道具が飛び出してくるユニークな内容の歌詞になっている。

10月21日〜31日まで期間限定で公開されていたChim↑Pom新作個展とのコラボレーションで制作した「アラジン」インストビデオと入れ替わる形で公開された今回のMVは、“こする”というテーマをボーリングの球を擦るということでボーリング場という場所に落とし込み、普段なかなか立ち入ることができないレーンでローラースケート隊が踊ったり、コムアイが全身モップだらけの姿になったり、楽曲にあわせて自由に滑稽なダンスを踊ったり、全体を通してカラフルで面白い作品となっている。

本作は、過去にも「ナポレオン」「メデューサ」「ツチノコ」を手掛け、前作「松尾芭蕉」では“松尾芭蕉"と“PRIUS”という2つを、“次元を超える旅”というテーマで制作した山田智和監督が担当している。

また、「アラジン」魔法のランプ特設ページがスマートフォン向けに公開された。 これはスマートフォンのみアクセスできる特設ページで、表示されている魔法のランプを“こする”と何かが起こるとのことなので、ぜひ体験して欲しい。

そして、全国10都市を巡る『水曜日のカンパネラ・ワンマンライブツアー2016 〜SUPERMAN〜』もいよいよスタート! 新曲「アラジン」がどのようなライブパフォーマンスになるのかもぜひ注目してもらいたい。

photo by 八木咲

■「アラジン」魔法のランプ特設ページ
http://wed-lamp.com/
■水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
http://www.wed-camp.com/

■「アラジン」MV
https://youtu.be/4jWLioW7Zx0

■【コムアイ コメント】

ランプを擦るとジーニーが出てくるけれど、もし出てこないランプだった場合、それはただの掃除なので、アラジンは研磨材の歌になりました。
MVはボウリング場で。
ツヤと重量と速度と摩擦、質感の宝庫!
ボウリング場の営業時間外で撮影するはずが楽しすぎて開店時間のAM7時に終わらず、健やかなおじいちゃんボウラーたちに見守られながら撮影させていただきました。
笹塚ボウルに感謝します。
いま来年に向けてアルバムをレコーディングしています。立派なアルバムに成長してくれるようにと、今回のデジタルシングルはその中から数曲をパッケージして、SUPERKIDと名付けました。
配信限定なのでつまり、作りたてホヤホヤでお届けします!

■配信シングル「SUPERKID」

配信中
<収録曲>
1.アラジン
2.カメハメハ大王
3.松尾芭蕉 ※iTunes Exclusive

【関連リンク】
iriのデビューを祝してケンモチヒデフミ、mabanua等からコメントが到着
水曜日のカンパネラ、Chim↑Pom展示会場でゲリラ撮影した「アラジン」インストビデオを限定公開
水曜日のカンパネラ、3曲入りデジタルシングル「SUPERKID」を11月1日にリリース
水曜日のカンパネラ、初の野外フリーライブで観客に“カレーメシ”を投げる!?

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP

植田真梨恵、赤坂BLITZ公演収録のライヴDVDを来年1月リリース
Tue, 01 Nov 2016 16:00:00 +0900
「PALPABLE! BUBBLE! LIVE! -SUMMER 2016-」@赤坂BLITZ (okmusic UP\'s)

2ndアルバム『ロンリーナイト マジックスペル』のリリースと、同作のレコ発ツアーを控える植田真梨恵が、2016年夏に赤坂BLITZにて開催した『ALPABLE! BUBBLE! LIVE! -SUMMER 2016-』のライヴDVDの発売決定をアナウンスした。


【その他の画像】植田真梨恵

一夜限りのスペシャルライブがパッケージ化された今作品は、“ふれられる泡”をキーワードに、「たった一夜しかない熱帯夜を共に。素敵な夢を見ましょう」と植田が放った言葉通り、まるで白昼夢のような錯覚に陥るステージング、2016年唯一となったフルバンドワンマンということもあり、見所が満載となった映像作品に仕上がっている。

特にオープニングでは、ガスマスクをつけたメンバーがステージへと木箱を運びこみ、植田不在のままで演奏を始めるという度肝を抜いたパフォーマンスを披露。植田はどのようにステージに姿を現すのか、登場時オーディエンスから聞こえてきた驚愕の声や会場では見えづらかったであろう、植田の生き生きと光り輝くその表情等にも要注目だ。

■DVD『PALPABLE! BUBBLE! LIVE! -SUMMER 2016-』

2017年1月11日発売
GZBA-8030/¥4,000+税

■アルバム『ロンリーナイト マジックスペル』

2016年12月14日(水)
【初回限定盤】(CD+DVD)
GZCA-5278/¥3,700+税
【通常盤】(CD)
GZCA-5279/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.Intro
02.わかんないのはいやだ
03.WHO R U ?
04.悪い夢
05.ダイニング
06.I was Dreamin\'C U Darlin\'
07.パエリア
08.夢のパレード
09.僕の夢
10.ふれたら消えてしまう
11.スペクタクル
12.JOURNEY
13.犬は犬小屋に帰る
全作詞と作曲 植田真梨恵
■DVD ※初回限定盤のみ
植田真梨恵 PV collection - 2015 / 2016 -
「FRIDAY」<1st album>
「hanamoge」<1st album>
「さよならのかわりに記憶を消した」<1st album>
「クリア」
「わかんないのはいやだ」<3rd single>
「スペクタクル」<4th single>
「ふれたら消えてしまう」<5th single>
「まわりくるもの」<5th single c/w>
「夢のパレード」<6th single>

【関連リンク】
植田真梨恵 オフィシャルHP
植田真梨恵、6thシングル「夢のパレード」アートワーク解禁
植田真梨恵、SPECIAL LIVEでニューシングル「夢のパレード」を初披露
植田真梨恵、シングル「ふれたら消えてしまう」MV全編を公開

【関連アーティスト】
植田真梨恵
【ジャンル】
J-POP

ドラマチックアラスカ、ジャケ写公開&ツアー対バン続々決定
Tue, 01 Nov 2016 15:00:00 +0900
 ドラマチックアラスカ (okmusic UP\'s)

ドラマチックアラスカが12月7日にリリースするミニアルバム『ロックンロールドリーマーズ』のジャケット写真が公開された。カメラマンは彼らのアー写やライヴ写真も担当するSOUND SHOOTER 橋本塁。ドラマチックアラスカ結成の地、神戸の街をバックに撮影された。

【その他の画像】ドラマチックアラスカ

また、アルバム購入特典のデザインも解禁に。タワーレコードではクリアファイル、HMVではステッカー、ヴィレッジヴァンガードでは缶バッジが配布される。各店にて予約受付中なので、詳細はオフィシャルHP等で確認してほしい。

そして、アルバムを引っさげ2017年1月からまわるツアーのタイトルと、対バンも続々決定! タイトルは『ロッククライミングツアー』、対バンは既報のircleに加え、Bentham、POT、EVERLONG、LUCCI、ReVision of Sence、グミ、ココロオークション、午前四時、朝焼けにツキらが新しく追加発表された。チケットは11月5日より一般発売が開始されるので、お見逃しなく。

■ミニアルバム『ロックンロールドリーマーズ』

2016年12月7日発売
LDCD-50135/¥1,800+税
<収録曲>
1.TEPPEN
2.チャイニーズパッション
3.ロックンロールドリーマーズ
4.ロックンロールジャンキーズ
5.オッドアイ
6.この夜は
7.キミトフライト

■アルバム特設ページ
http://www.ldandk.com/dramaticalaska/rocknrolldreamers/

■『ロッククライミングツアー』

1月21日(土) 神戸太陽と虎(ワンマン)
1月22日(日) 京都MUSE
w:ircle/EVERLONG
1月29日(日) 山口LIVE rise SHUNAN
w:ReVision of Sence/LUCCI
2月04日(土) 高松DIME
w:rcle/Bentham
2月05日(日) 福岡DRUM Be-1
w:Bentham/and more…!
2月11日(土) 米子AZTiC laughs
w:ココロオークション/POT
2月12日(日) 岡山YEBISU YA PRO
w:Revision of Sence/and more…!
2月18日(土) 新潟CLUB RIVERST
w:ココロオークション/午前四時、朝焼けにつき
2月19日(日) 仙台JUNK BOX
w:Bentham/ココロオークション/午前四時、朝焼けにつき
2月25日(土) 札幌mole
w:ircle/グミ
3月10日(金) 名古屋SPADE BOX(ワンマン)
3月20日(月祝) 渋谷TSUTAYA O-EAST(ワンマン)
3月25日(土) 大阪なんばHatch(ワンマン)

【関連リンク】
ドラマチックアラスカ オフィシャルHP
ドラマチックアラスカ、フレデリック、夜ダン、3バンドの主催イベントが大阪で大盛況
go!go!vanillasが2017年新春ツアーでOKAMOTO\'S、オーラルらと対バン
ドラマチックアラスカ、ミニアルバム詳細解禁! タイトルは『ロックンロールドリーマーズ』

【関連アーティスト】
ドラマチックアラスカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

吉田山田、ハロウィンライヴで新曲「RAIN」初披露
Tue, 01 Nov 2016 14:00:00 +0900
10月29日(土)@大阪・なんばHatch (okmusic UP\'s)

吉田山田のデビュー7周年記念したツアー『吉田山田7周年記念7ヶ月7会場マンスリー企画「Over The Rainbowツアー」』の大阪公演が、10月29日に大阪なんばHatchで行われた。


【その他の画像】吉田山田

この日の公演は『〜大阪 Trick or Trick〜』と題して、ストリングスとキーボードによるスペシャル編成で一夜限りのハロウィンライヴを開催。この日はハロウィン間近ということもあり、会場に訪れたファンもメイド服やナース服、かぼちゃの被り物など思い思いの仮装姿で開演を待ち詫びていた。

開演時間となり幕が開くと、そこにはウサギの被り物をした吉田山田と仮面をつけたサポートメンバーがステージに。ハロウィンらしいユーモアある登場に会場の笑いを誘うも、山田義孝(Vo)の指揮棒を掲げ、その指揮に合わせてストリングスの演奏が始まるやいなや会場は静まり返る。仮装したままでの「カシスオレンジ」からハロウィンライヴはスタート。二人もウサギの被り物をハットに変え、ジャズアレンジされた「希望とキャンディ」へ。山田義孝(Vo)の「ハロー!大阪!」の掛け声と共に会場は総立ちで手拍子をおくる。

「Over The Rainbowツアー大阪〜Trick or Trick〜へ皆さんようこそ!今日は賑やかだね!」と会場に集まった仮装をしたファンへ向けてあいさつ。「吉田山田もハロウィンをテーマにやったことがなくて一回くらいやってみたいなと。歌は皆さんの心に残るように一言一言歌っていきますので最後までよろしくお願いします!」その言葉どおり、吉田結威(Gu/Vo)の優しい弾き語りから「水色の手袋」を丁寧に歌い始める。ストリングスが包み込むように合わさっていき、続く「泣いてもいいよ」もいつもとは違った顔をのぞかせる。

「10月21日に祝7周年を迎えまして。Over The Rainbowツアーはこれまでの7周年のカラフルな出来事や想いを越えて、新たな色を届けたい、見せたい、という願いと決意を込めています」とこのツアーへの想いを語り、「ここからは座ってゆっくり楽しんでください」とバラードコーナーへ。吉田もギターを置き、キーボードとストリングスの演奏のみで「航海」「泣いて泣いて」を語りかけるように歌う。吉田が母に向けて作った「母のうた」では、8月まで廻ってきた47都道府県ツアーと同様に吉田の弾き語りにのせて二人だけの構成に。さらに、この日も老若男女問わないファンが会場へ集まっていたが、それだけ幅広い世代に愛されるきっかけにもなった「日々」、「花鳥風月」「僕らのためのストーリー」とストリングスにのせた極上のハーモニーを届ける。時には二人のブレスが際立つほどの静寂でのアカペラのフレーズもあり、同じバラードの中でも編成を変えていくことで緩急をつけながら飽きさせずにファンを酔いしれさせる。

ストリングスのソロから後ろの幕が開くと空気が一変、めまぐるしく変わる照明と共に「天使と悪魔」へ。感情をあらわにするような迫力に思わず会場も固唾を呑む。吉田のカウントから始まる「てんてんてんて」では山田がステージの左右を行き来しながら煽り、会場は再び総立ちに。弾むようなストリングスのメロディも拍車をかけていく。

会場も乗ってきたところで、吉田から「ハロウィンだからさ、ハロウィンの歌を歌ってくれない?即興でいいから!」と山田に唐突な提案。メロディにのせながら、仮装をして驚かせようとする子供心を歌ったハートフルな即興ソングを届ける。ツアータイトルに合わせた「ハロウィン〜♪トリックオアトリック〜♪」のコールアンドレスポンスと共に、客席へキャンディを投げるサプライズも。会場が笑顔に包まれる中、「楽しんでる?一緒に歌ってくれる?」「いくぞ大阪!元気な声を聞かせて!」と声をかける。「走れ〜♪走れ〜♪」とさらなるコールアンドレスポンスを始め、デビュー曲「ガムシャランナー」へ。二人も挑発的に会場を煽り、会場中が拳を上げて一体となる。<誰の涙も見たくはないんだ だけど自分も大事だから いつか架けてみせる 目に見えない 虹の橋>という歌詞に合わせて虹色の照明に包まれる。デビューから7周年を迎え、この先へ進む二人の決意が、この「Over The Rainbowツアー」でこのデビュー曲を歌うことで呼応した瞬間であった。

「10月21日直前までうっかり忘れてました。でも記念日を忘れるくらい大好きな音楽をやって忙しくいられることを有り難く思います」と深く頭を下げ、「皆んなへの応援歌、自分たちへの応援歌、決意としてこの曲を贈ります。」と最後の曲「Today,Tonight」へ。山田が再び指揮棒を取り、ストリングスの演奏が始まる。入れ替わるように朝焼けのようなオレンジの光に包まれながら吉田が優しく弾き語る。<僕らには可能性があるんじゃない 可能性の中で生きてる>。これから8年目へ向かう中で、悩み迷うこともありながら、進んでいこうとする決意の表れを感じるにふさわしい締めくくりであった。改めて深くお辞儀をした二人はどこか誇らしげな表情でステージを後にした。

鳴り止まぬアンコールの中、ツアーTシャツへ着替えた二人が再度登場。MCもなく歌い始めたのは新曲の「RAIN」。トヨタカローラ博多の創立50周年記念ソングとしてCMが放送されているが、まさかの初披露というサプライズに驚きを隠せなかった会場も、歌詞を一言たりとも聴き逃さないようにと真剣に耳を傾ける。「皆さん、アンコールありがとうございます!」「新曲、歌わせてもらいました!」という挨拶に大きな拍手が送られる。懐かしのナンバー「全部そのままのキミでいい」を届け、会場が温かな空気に包まれる。「これから8年、9年、10年と共に楽しみながら、苦しみながら歩いていけたら嬉しいです。皆さんこれからもどうぞよろしくお願いします。」と感謝を述べ、ファンと共に育み、これから先も歌い続けていくであろう「約束のマーチ」で幕を閉じた。

9月に行われた福岡公演 〜福岡 クレイジーワンダーパレス〜 ではライヴペインティングを披露し、今回はストリングスを従えてバラードを中心に聴かせるライヴを遂げた。まさに“動”と“静”と言えるように、たった二公演でここまで違う色を見せたライヴを展開しており、この先の5公演もどのようなライヴになるのか目を離せない。

『Over The Rainbowツアー』は来年3月まで毎月1公演ずつ、全公演異なるセットリスト、演出で行う。また、11月2日は映像作品『吉田山田祭り2016 at 日比谷野外大音楽堂』の発売も控えている。11月23日の〜仙台 ミュージックカジノ〜まで待ちきれない人はこの作品で吉田山田のライヴを堪能しよう。

■【セットリスト】

01.カシスオレンジ
02.希望とキャンディ
03.水色の手袋
04.泣いてもいいよ
05.航海
06.泣いて泣いて
07.母のうた
08.日々
09.花鳥風月
10.僕らのためのストーリー
11.天使と悪魔
12.てんてんてんて
13.ガムシャランナー
14.Today,Tonight
〜アンコール〜
15.RAIN
16.全部そのままのキミでいい
17.約束のマーチ

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、一夜限りの生放送「吉田山田のカタコトラジオ」オンエア決定!
吉田山田、激しい雨となった日比谷野音ライヴ映像「未来」を期間限定独占配信
吉田山田、九州の情報バラエティ『ドォーモ』主催の音楽フェスに出演

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, ライブ

さかいゆう、新曲「再燃SHOW」MVで主題歌を務める映画のアナザーストーリーを描く
Tue, 01 Nov 2016 13:00:00 +0900
さかいゆう (okmusic UP\'s)

さかいゆうが映画『幸福のアリバイ〜Picture〜』の主題歌でもある、ニューシングル「再燃SHOW」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】さかいゆう

ミュージックビデオには映画にも出演している山崎樹範が主演しており、映画のアナザーストーリーが描かれている。映画では、恋人との倦怠期に悩むうだつのあがらないフリーターを演じた山崎だが、ミュージックビデオでは、その恋人と別れた後に新たな女性と出会い、人生の再起をかけてチャレンジする姿が描かれている。《Start again Start again 進め Over again たとえ負けたって》というサビが背中を押してくれる、明るく前向きなミュージックビデオとなった。山崎がシンガーに扮して、キーボードを前にを熱唱する姿と、さかいが実際に熱唱する姿が入り混じるシーンにも注目してほしい。

映画『幸福のアリバイ〜Picture〜』は11月18日(金)より全国ロードショーとなる。映画本編より一足早く「再燃SHOW」のミュージックビデオを存分に楽しんでほしい。

■映画『幸福のアリバイ〜Picture〜』公式サイト
http://www.koufuku-alibi.jp/

東映(C)2016「幸福のアリバイ〜Picture〜」製作委員会

■【山崎樹範よりコメント】

最初に聴いた時は、“声"が印象的でした。高音なのに、力強い所が凄い。このミュージックビデオでは僕も「再燃SHOW」を歌うシーンがありますけど、こんな高音でないよ!と思いました笑。 僕は自分の人生をSHOWだと思っています。その方が辛い事も乗り越えられるし、楽しめる。僕にぴったりな曲とミュージックビデオだと思いました。

■「再燃SHOW」MV(Full ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=QtbQpSiukQc

■シングル「再燃SHOW」

2016年11月16日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+CD)
AUCL 214〜5/¥1,852+税
【通常盤】(CD)
AUCL 216/¥1,204+税
<収録曲>
■DISC 1 (初回生産限定盤・通常盤 共通)
M1.再燃SHOW
※映画『幸福のアリバイ〜Picture〜』主題歌
M2.タイトル未定
M3.But It\'s OK !
※NHKプレミアムドラマ『受験のシンデレラ』主題歌
M4.再燃SHOW (backing track)
■DISC 2 (初回生産限定盤のみ)
「“POP TO THE WORLD"〜rehearsal take〜」
M1. よさこい鳴子踊り
M2. Headphone Girl
M3. ストーリー
M4. 再燃SHOW

【関連リンク】
さかいゆう オフィシャルHP
さかいゆう、自主イベントでシングル「再燃SHOW」リリース発表
さかいゆう、全国ツアーファイナルにて年末のSPライブ開催を発表
さかいゆうの新曲がNHKプレミアムドラマ『受験のシンデレラ』主題歌に決定

【関連アーティスト】
さかいゆう
【ジャンル】
J-POP, 映画

NICO Touches the Walls、「マシ・マシ」DVDでバレーボールに挑む!?
Tue, 01 Nov 2016 12:30:00 +0900
NICO Touches the Walls (okmusic UP\'s)

現在オンエア中のアニメ『ハイキュー』のエンディングテーマでもおなじみの、NICO Touches the Wallsのニューシングル「マシ・マシ」初回生産限定盤DVDの詳細が決定した。

【その他の画像】NICO Touches the Walls

日本男子バレーボールチームの選手で「NEXT 4」と呼ばれ、大人気の柳田将洋選手、山内晶大選手出演で話題の「マシ・マシ」MVに加え、柳田選手の撮影現場にメンバーが訪問し、バレーボールの手ほどきをしてもらうなどのメイキング映像がたっぷりと収録。NICOファンのみならずバレーボールファンも必見の内容となっている。

さらに、シングルの購入特典も決定した。店舗別の2種類の特典となりますので、早めに予約しよう。

■シングル「マシ・マシ」

2016年11月30日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2823〜2824/¥1,574+税
※大ジャケ仕様
※「ハイキュー!!」ワイドキャップステッカー付き
<収録曲> 
■CD
1.マシ・マシ 
2.MOROHA IROHA
3.太陽手に月は心の両手に(Cover) 
4.マシ・マシInst
■DVD
「マシ・マシ」Music Clip & Special Movie

【通常盤】(CD)
KSCL-2825/¥1,204+税
※通常盤初回仕様:「ハイキュー!!」描き下ろしスリーブ付き
<収録曲>
1.マシ・マシ 
2.MOROHA IROHA
3.太陽手に月は心の両手に(Cover) 
4.マシ・マシTVsize 

◎ 対象店舗/特典内容
■Sony Music Shop
「マシ・マシ」ポスター
■NICO Touches the Walls応援店
「ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校」描きおろしクリアファイル
※数に限りがありますので、無くなり次第終了となります。予め御了承下さい。
※対象店舗以外での配布はございません。ご了承下さい。

【関連リンク】
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls、新曲「マシ・マシ」MVで全日本男子バレー選手が華麗にアタック!
NICO Touches the Walls、シングル「マシ・マシ」先行配信記念LINE LIVEでフルMVを解禁!
NICO Touches the Walls、シングル「マシ・マシ」のアニメ『ハイキュー!!』描き下ろしスリーブを公開

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

METAFIVE、ミニアルバム収録曲「Chemical」のスタジオライヴを公開
Tue, 01 Nov 2016 12:00:00 +0900
METAFIVE (okmusic UP\'s)

11月9日にミニアルバム『METAHALF』のリリースを控えるMETAFIVE が、収録曲「Chemical」のスタジオライヴバージョンをレッドブル・スタジオ東京のサイトにて公開した。

【その他の画像】LEO今井

彼らはこれまでにも「Don\'t Move」、「Maisie\'s Avenue 」のスタジオライヴバージョンを公開しており、ライヴバンドとしてのMETAFIVEの魅力を表現してきた。

今回の「Chemical」はレッドブル・スタジオ東京で撮影が行われ、今までと同じく、あてぶりなしの一発録音によるスリリングな映像となっている。 アルバムバージョンとは一味違う楽曲を堪能してほしい。

METAFIVEは今後、11月30日広島クラブクアトロを皮切りに、大阪、東京、札幌にて『WINTER LIVE 2016』を開催。第1期METAFIVEの総決算といえるツアーに乞うご期待!

■「Chemical -Studio Live Version-」はこちら
http://www.redbull.com/jp/ja/music/stories/1331826313429/metafive-chemical
■METAFIVE オフィシャルHP
http://sp.wmg.jp/metafive/

■ミニアルバム『METAHALF』

2016年11月9日発売
WPCL-12456/¥1,800+税
<収録曲>
1. Musical Chairs
2. Chemical
3. Egochin
4. Peach Pie
5. Submarine

■『METAFIVE “WINTER LIVE 2016”』

11月30日(水) 広島 クラブクアトロ
12月01日(木) 大阪 なんばHatch
12月03日(土) 東京 ZEPP DiverCity
12月05日(月) 札幌 ペニーレーン24
12月06日(火) 札幌 ペニーレーン24
※未就学児童の入場は不可

【関連リンク】
『ワールドハピネス2016』、METAFIVEに元JAPANのスティーブ・ジャンセンが緊急参加
高橋幸宏率いる“METAFIVE”がTBS「オトナの!」発フェスに出演決定
METAFIVE、アルバム『META』発売を記念した居酒屋対談を公開
METAFIVE、1stアルバム『META』収録曲「Don\'t Move」の先行配信が決定

【関連アーティスト】
LEO今井, TOWA TEI, 砂原良徳, 高橋幸宏, 権藤知彦, METAFIVE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

いきものがかり、デビュー10周年記念ライブ映像作2タイトルのJK写を解禁
Tue, 01 Nov 2016 11:00:00 +0900
DVD&Blu-ray「超いきものまつり2016 地元でSHOW!!〜海老名でしょー!!!〜」 (okmusic UP\'s)

いきものがかりがデビュー10周年を記念して行なった大型野外ライブイベント「超いきものまつり2016 地元でSHOW!!」の海老名公演と厚木公演のそれぞれを映像化した作品のジャケット写真を公開した。

【その他の画像】いきものがかり

「超いきものまつり2016 地元でSHOW!!〜海老名でしょー!!!〜」はあいにくの雨となったのだが、その雨しぶきの中にボーカル・吉岡聖恵の躍動感あふれる姿が生き生きと写し出されている。かたや「超いきものまつり2016 地元でSHOW!!〜厚木でしょー!!!〜」は厚木市荻野運動公園という緑豊かなロケーションの中、夕暮れ時に演奏するいきものがかりと美しい情景が写されている。

どちらの商品も各公演2daysの二日目をそれぞれ全楽曲ノーカットで収録。更に両公演、初日のみに演奏した曲目も余す事なくそれぞれ3曲が収録される。副音声にはメンバー自らがこの映像を観ながらのトークを収録。初回生産限定盤には、特典として各公演のライブ音源を収録したCDやフォトブックレットなどを付属。さらにローソンHMVからはLoppi・HMV限定セット「超いきものまつり2016 地元でSHOW!!〜超豪華クリスマス&お歳暮ックス〜」も発売される。こちらは「海老名でしょー!!!」と「厚木でしょー!!!」の各初回生産限定盤と、ここでしか手に入らない限定のブランケットとニットキャップを超豪華なクリスマス&お歳暮仕様のスペシャルBOXに入れたもので、現在予約受付中だ。

■HMV限定セット「超いきものまつり2016 地元でSHOW!!〜超豪華クリスマス&お歳暮ックス〜」予約ページ
http://www.lawson.co.jp/campaign/ikimonogakari/

■【リリース情報】

DVD&Blu-ray『超いきものまつり2016 地元でSHOW!!〜海老名でしょー!!!〜』
2016年12月21日発売
■DVD
【初回生産限定盤】(2DVD+CD)
ESBL-2452〜54 ¥5,800+税
※特典
(1)海老名でしょー!!!ライブCD(収録曲未定)※映像と同音源
(2)海老名でしょー!!!フォトブックレット※100P予定
(3)いきものカード051
(4)三方背BOX
(5)デジパック仕様
【通常盤】(2DVD)
ESBL-2455〜56/¥5,300+税
※初回仕様のみの特典:いきものカード051封入
■Blu-ray
【初回生産限定盤】(BD+CD)
ESXL-101〜2/¥6,800+税
※特典
(1)海老名でしょー!!!ライブCD(収録曲未定)※映像と同音源
(2)海老名でしょー!!!フォトブックレット※100P予定
(3)いきものカード051
(4)三方背BOX
(5)デジパック仕様
【通常盤】(BD)
ESXL-103/¥6,300+税
※初回仕様のみの特典:いきものカード051封入

<収録曲>※DVDとBlu-ray共通、Blu-rayは1枚に全て収録
■DVD&BD(LIVE映像)
「ありがとう」
「風が吹いている」
「キミがいる」
「ブルーバード」
「ラストシーン」
「翼」
「地球」
「Happy Smile Again」
「うるわしきひと」
「YELL」
「花は桜 君は美し」
「ラブとピース!」
「Sweet! Sweet! Music!」
「気まぐれロマンティック」
「じょいふる」
「笑ってたいんだ」
「心の花を咲かせよう」
「ぼくらのゆめ」
「コイスルオトメ」
「SAKURA」
■特典映像
(8月27日の海老名公演より)
「夏・コイ」
「Good Morning」
「YELL」

DVD&Blu-ray『超いきものまつり2016 地元でSHOW!!〜厚木でしょー!!!〜』
2016年12月21日発売
■DVD
【初回生産限定盤】(2DVD+CD)
ESBL-2457〜59 ¥5,800+税
※特典
(1)厚木でしょー!!!ライブCD(収録曲未定)※映像と同音源
(2)厚木でしょー!!!フォトブックレット※100P予定
(3)いきものカード052
(4)三方背BOX
(5)デジパック仕様
【通常盤】(2DVD)
ESBL-2460〜61/¥5,300+税
※初回仕様のみの特典:いきものカード052封入
■Blu-ray
【初回生産限定盤】(BD+CD)
ESXL-104〜5/¥6,800+税
※特典
(1)厚木でしょー!!!ライブCD(収録曲未定)※映像と同音源
(2)厚木でしょー!!!フォトブックレット※100P予定
(3)いきものカード052
(4)三方背BOX
(5)デジパック仕様
【通常盤】(BD)
ESXL-106/¥6,300+税
※初回仕様のみの特典:いきものカード052封入

<収録曲目>
■DVD&BD(LIVE映像)
「ありがとう」
「風が吹いている」
「キミがいる」
「ブルーバード」
「ラストシーン」
「翼」
「地球」
「青春ライン」
「からくり」
「YELL」
「花は桜 君は美し」
「ラブとピース!」
「Sweet! Sweet! Music!」
「気まぐれロマンティック」
「じょいふる」
「笑ってたいんだ」
「帰りたくなったよ」
「ぼくらのゆめ」
「夢題〜遠くへ〜」
「SAKURA」
「ありがとう」(※ダブルアンコール)
■特典映像
(9月10日の厚木公演より)
「HANABI」
「ちこくしちゃうよ」
「YELL」

【関連リンク】
いきものがかり オフィシャルHP
いきものがかり、デビュー10周年記念ライブの海老名公演と厚木公演が映像化
【連載コラム】稚菜、映画「四月は君の嘘」の主題歌をカバー
いきものがかり、デビュー10周年を記念した地元野外ライブ4公演が笑顔に包まれ終了

【関連アーティスト】
いきものがかり
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1