歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年10月26日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/11/04
2016/11/03
2016/11/02
2016/11/01
2016/10/31
2016/10/30
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
「LDH SHOWCASE LIVE MUSIC BOX vol.1」で宮田悟志、塩ノ谷早耶香、Leolaが豪華コラボを連発!
Wed, 26 Oct 2016 20:00:00 +0900
10月25日@恵比寿アクトスクエア (okmusic UP\'s)

EXILE、三代目J Soul Brothers、GENERATIONSやE-Girlsが所属する事務所LDHが開催の「LDH SHOWCASE LIVE MUSIC BOX vol.1」が、10月25日(火)に恵比寿アクトスクエアで行なわれた。

【その他の画像】BREATHE

このイベントは今後も定期的に行なうと発表されており、LDHが誇るヴォーカリストたちがその歌声を存分に披露する場となる。その第1弾の出演者には宮田悟志、塩ノ谷早耶香、Leolaという実力とフレッシュさを兼ね備えた3人のソロアーティストが顔を揃えた。

まずは冒頭、3人でこのライヴのために作ったオープニングナンバー「Are We Gonna Dance」をいきなり披露! 圧倒される客席に向けて畳みかけるように、宮田が所属していたBREATHEのファンクナンバー「Queen B」も3人で歌唱した。

会場の熱気も上がったところで、ソロセクションのトップとしてLeolaが登場。全国30局以上のパワープレイに選ばれたSamanthaThavasa CMソング「Let it fly」、11月23日に発売される3rdシングル「I & I」(フジテレビ ノイタミナ『舟を編む』エンディングテーマ、SONYハイレゾウォークマンWEBCMソング)を披露。会場がLeolaの“太陽の歌声”に包まれる中、塩ノ谷が登場してLeolaの「Summertime」を2人でセッションする場面もあった。

そのまま、塩ノ谷早耶香のステージへと展開。6thシングル曲「SMILEY DAYS」を1曲目に披露。続けて、12月7日にリリースされるバラード曲「魔法」で透き通る伸びやかな歌声を聴かせた。さらに、ここでは宮田が登壇し、スペシャルセッション! 塩ノ谷のデビュー曲「Dear Heaven」を2人で歌唱するというサプライズを演出した。

BREATHE活動休止後、ライヴや舞台などで活動している宮田悟志のパートでは、自身もBREATHE時代にカヴァーした鈴木雅之「53F」で一気にオーディエンスを惹き付けると、EXILE MATSUが演出を手掛けた舞台『かげろう』のメインテーマ「かげろう」も感情豊かに歌い上げた。そして、自身がソロ活動を開始してからマシコタツロウとともに作り上げたピアノバラード「僕はコウモリ」をLeolaと披露。

会場がいったん落ち着いた雰囲気になったところで、3人が改めてステージに集結。今度は平井堅の「even if」を、ギター1本で3人が歌い上げたのだった。

さらにライヴ終盤には、宮田の口から“年内にソロツアーを開催する”というサプライズな告知が! この知らせに会場は大歓声。その勢いのまま、3人のコラボでLeolaのデビュー曲「Rainbow」、BREATHE「TWINKLE」というアッパーな楽曲を披露していく。

ラストには、このライヴのために制作された楽曲「VOICE」を歌い切り、贅沢な時間となったショウケースは幕を閉じた。

■宮田悟志 オフィシャルHP
http://m.ldh-m.jp/artist/index/80
■塩ノ谷早耶香 オフィシャルHP
http://www.shionoya-sayaka.jp/
■Leola オフィシャルHP
http://www.leolalala.com/

【関連リンク】
黒木啓司の冠番組にToshl(X JAPAN)がゲスト出演! 生歌にNESMITH「感無量です」
EXILE TRIBEが躍動する「HiGH&LOW THE LIVE」が京セラドーム公演をもって全日程を完走
DANCE EARTH PARTY、AWAにてEXILE THE SECONDとのコラボ曲を独占先行配信!
塩ノ谷 早耶香、新曲「魔法」 はクリスマスシーズンにぴったりの切ないラブバラード

【関連アーティスト】
BREATHE, 塩ノ谷早耶香, EXILE, Leola
【ジャンル】
J-POP, イベント

吉田山田、激しい雨となった日比谷野音ライヴ映像「未来」を期間限定独占配信
Wed, 26 Oct 2016 19:00:00 +0900
吉田山田 (okmusic UP\'s)

吉田山田が11月2日にリリースするライヴDVD『吉田山田祭り2016 at 日比谷野外大音楽堂』より、「未来」のライヴ映像が期間限定独占配信されることがわかった。こちらのライヴ映像は、GYAO!で10月27日(木)0:00から配信スタートとなる。

【その他の画像】吉田山田

当日のライヴは激しい雨に見舞われたが、吉田結威が会場へ向けて叫んだ“やれんのか日比谷!!”という言葉が書かれた幕を背にして決行となった。客席中央に組んだセンターステージへ移動しながら歌い、二人を囲うファンたちも悪天候にも負けない大きな盛り上がりを見せている。

また、今作のリリースを記念したイベントの開催が急遽決定! 11月1日(火)はタワーレコード新宿店7Fイベントスペース、11月5日(土)はエアポートウォーク名古屋3Fイベントステージでフリーライヴ、購入者対象のサイン&握手会も行なわれる。ぜひ、足を運んでみてほしい。


■「未来」(吉田山田祭り2016 at 日比谷野外大音楽堂) ※GYAO!独占配信
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00025/v08192/v1000000000000003934/

■DVD『吉田山田祭り2016 at 日比谷野外大音楽堂』リリース記念イベント

11月01日(火)20:30〜
東京 タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
内容:ミニライヴ、サイン&握手会

11月05日(土)13:30〜/16:00〜
愛知 エアポートウォーク名古屋3Fイベントステージ
内容:ミニライヴ、サイン&握手会

※ミニライヴは観覧フリー。
※サイン&握手会はDVD購入者対象。
※参加方法が会場によって異なるので、詳細はオフィシャルHPへ!

■DVD『吉田山田祭り2016 at 日比谷野外大音楽堂』

2016年11月2日(水)発売
PCBP.53156/¥5,500+税
<収録内容>
■DISC.1
2016.8.20「吉田山田祭り 2016」@東京・日比谷野外大音楽堂
01.夏のペダル(バラード ver.)
02.新しい世界へ
03.全う
04.ごめん、やっぱ好きなんだ。
05.押し出せ
06.未来
07.魔法のような
08.日々
09.泣いて泣いて
10.てんてんてんて
11.ORION
12.僕らのためのストーリー
13.天使と悪魔
14.YES
15.ガムシャランナー
16.Today,Tonight
17.夏のペダル
■DISC.2
2016.8.20「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」TOUR FINAL@東京・日比谷野外大音楽堂
01.約束のマーチ
02.てんてんてんて
03.OK
04.母のうた
05.告白
06.日々
07.好きだよ
08.押し出せ
09.ためいき
■特典映像
Documentary of "吉田山田DAY" 2016.8.20

◎先着予約購入特典
オリジナルポスターカレンダー(B2サイズ)
※ポスターデザインは変更になる場合がございます。予めご了承下さい。
※先着予約購入特典につきましては、一部取り扱いの無いCDショップもございますので、詳しくは店舗までご確認のうえご購入下さい。
※ネット販売につきましても、一部取り扱いの無い場合もございますので、各WEBショップの告知をご確認下さい。
※先着予約購入特典は数に限りがあります。無くなり次第終了致します。

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、九州の情報バラエティ『ドォーモ』主催の音楽フェスに出演
吉田山田、曲中に雨が降り止む奇跡を収めた『吉田山田祭り2016』トレーラー映像解禁
吉田山田が歌うキャンペーンCMが「ACC CM FESTIVAL」ACCゴールド受賞

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

KEYTALK、メンバーが川越で街ブラ企画するダイジェスト映像公開
Wed, 26 Oct 2016 18:00:00 +0900
KEYTALK (okmusic UP\'s)

KEYTALKが11月23日にリリースする9thシングル「Love me」の完全限定生産盤の特典DVD『KEYTALK TV外伝「KEYTALKのブラブラしとーく!?〜小江戸川越編〜」』のダイジェストトレーラーを公開した。

【その他の画像】KEYTALK

通算2作目となる、ファン垂涎の人気映像企画が復活! 2ndシングル「パラレル」の初回限定盤DVDに収録し、ファンの間ではプレミア化するほどの人気企画となったバラエティー番組風特典映像『KEYTALK TV外伝「KEYTALKのためしとーく!?〜噂の検証編〜」』から約2年半。抱腹絶倒の企画映像がひさびさに登場する。

今回の舞台は下北沢に次いでKEYTALKブレイクのきっかけとなった街、埼玉県川越市。その川越のことをもっと知るために、KEYTALKメンバーが川越で街ブラ企画を実施。4人のキャラクターが映えた、新旧ファンが確実に楽しめる内容となっている。

■『KEYTALK TV外伝「KEYTALKのブラブラしとーく!?〜小江戸川越編〜」』ダイジェストトレーラー
https://youtu.be/n1g6jXzSfVs

■シングル「Love me」

2016年11月23日発売
【完全限定生産盤】(CD+DVD)
VIZL-1073/¥2,200+税
※特殊パッケージ仕様
※オリジナルピンバッチ付き
※オリジナルステッカー封入
※CD / DVDの収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応 (ダウンロード有効期限2017年11月30日(木))
【通常盤】(CD)
VICL-37232/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1. Love me
2. SAMURAI REVOLUTION
3. 金木犀
■DVD ※完全限定生産盤のみ
『KEYTALK TV外伝「KEYTALKのブラブラしとーく!?〜小江戸川越編〜」』

【関連リンク】
KEYTALK オフィシャルHP
大阪で初開催の「ビクターロック祭り」、11,000人が燃えた!
KEYTALK、シングル「Love me」リリース決定!人気映像企画「KEYTALK TV外伝」が復活!
KEYTALKの秋の東名阪ツアー最終公演をAbemaTVで熱く楽しもう!

【関連アーティスト】
KEYTALK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

『リハビリ中断』は分かる人には強烈に共感できる、 Theピーズならではの無常感が濃く出た“らしい”一枚
Wed, 26 Oct 2016 18:00:00 +0900
Theピーズ『リハビリ中断』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

前回の当コラムでカステラを紹介したので、今回はそのヴォーカリストである大木知之(TOMOVSKY)の双子の兄、大木温之率いるTheピーズを紹介せねばなりますまい! Theピーズは今週末の10月29日、岩手県花巻市の花巻なはんプラザ・COMZホールにて開催される『TIKI TIKI VS TUMBLING TOUR 2016 vol.2』にLAUGHIN\'NOSE、ニューロティカ、THE PRIVATESらと出演。2017年1月8日から新春ワンマン『Theピーズ「2017新春シリーズ」』をスタートさせることを発表したばかりで、相変わらず元気に活動中だ。一般的な知名度は低いかもしれないが、峯田和伸(銀杏BOYZ)や山口隆(サンボマスター)、あるいは田村亮(ロンドンブーツ1号2号)、小説家の伊坂幸太郎、映画監督の山下敦弘らがリスペクトを公言するロックバンド。そのTheピーズの本質を探ってみたい。

■売れてないがシーンから消えないバンド

日本のロックシーンでTheピーズほど特異な存在はいない。何しろ、このバンド、はっきり言って売れたことがない。チャートリアクションはデビュー作のアルバム『グレイテスト・ヒッツ VOL.1』(1989年)と、3rd『マスカキザル』(90年)の28位が最高で、以降リリースした作品でチャート圏外なんてものも少なくない。正確な売上枚数は調べがつかなかったが、恐らく普通ならとっくに干されていても何ら不思議ではない規模だろう。実際、伸び悩んだ末だろう。97年のアルバム『リハビリ中断』を発表後、バンドは活動を休止。その間、バンドの中心人物、大木温之(Vo&Ba)は何と調理師免許を取得して居酒屋の店員をしていたというから、ほぼシーンから消えかけていたと言ってもいい。いや、実質フェードアウトしていた。だが、大木はしぶとかった。活動停止期間中、大木は友人のトータス松本の誘いで、ビートたけし、トータス、ユースケ・サンタマリアが参加した音楽ユニット“ぢ・大黒堂”でベースを弾いたり、真心ブラザーズのライヴサポートを務めたりと、地味ながら音楽活動を継続。01年にはベスト盤も『ブッチーメリー 1989‐1997 SELECTION SIDE A』『同 SIDE B』をリリースする。某音楽専門誌のライターさんもTheピーズの復活を誌面で強烈にアピールしていたような記憶もあるし、そうした後押しを得て、02年に正式に活動再開。現在に至っている。だからと言って、その後にブレイクしたわけではない。でも、今も活動を続けているし、フェス、イベント出演を含めて精力的にライヴ活動を展開している。このバンドの経歴は相当に稀有である。

■アーティスト・大木温之特有の空気感

大木温之という人には関わった人たちが放っておけないオーラがあるようだ。それはカリスマ性とかいうことではなく(失礼)、“寄る辺ない”感じと言ったらいいだろうか(これも随分と失礼な言い方ですね…すみません)。大木には何度か取材させてもらっていて、とても人当たりがよく、友好的に受け答えしてくれるアーティストなのだが、インタビューが佳境に差し掛かり、話が精神的な部分に及ぶと、彼は決まって逡巡。長考を始める。言葉を選んでいるといった感じではなく、自分の思考が袋小路にはまっていくことに怯えているような印象で、終いには「…そうか、これはやべぇぞ」なんて呟き始める。そのうち、こちらも訊いてはいけないことを質問をしてしまった気がして、若干気まずい空気がその場を支配し始める。もう10年以上も前の話なので今は違うのだろうが、個人的にはTheピーズというとそんな取材現場を思い出す。他のメンバーが同席している時の大木はそんな素振りを見せなかったような記憶もあるので、これは大木温之単独取材特有の空気感だったのかもしれない。そこには──これも適切な表現ではない気がするので先に謝っておくが、“かまって”オーラもあった気もする。どこか小動物のような人なのであった(変な表現ばかりで本当にすみません。他意はありませんので、何卒ご容赦を)。

■健全に屈折した自意識を持つ人に刺さる歌詞

そんな彼のキャラクターはTheピーズの歌詞にも表れていると思う。“エッチ”だの“バイブレーター”だの“マスカキザル”だの“ラブホ”だの“ザーメン”だの、ろくでもないタイトルの楽曲も少なくなく、ここからも分かる通り、その内容は粗暴なものも多い。特に初期は勢いに任せたとおぼしき歌詞がほとんどのため、このバンドが一般層に受け入れられなかったことも容易に想像できる。だが、その一方で歌詞の主人公がどこかで達観しているというか、悲観しているというか、粗暴さの中にもそこはかとない無常感があるのが大木の書く歌詞の特徴だ。例えば、デビューシングル「バカになったのに」。《自堕落ばかりがもてすぎる/だったら オイラもって いい気になった/中学まではまともだった》主人公が、《さんざんムリしてバカになった/バカになったのに》と嘆く歌だ。ひと言で言えば、負け犬の遠吠えに近いものなのだが、主人公はそれを十分に自覚しているからこそ、情けなさが際立っている。《バカになったのに》で止めているのも何とも味わい深い。昔、「バカになったのに」をして、「どういう意味? 何でムリしてバカになったの?」と訊かれたことがあったが、分からない人にはどうにも分からないだろう。だが、この無常感は、健全に屈折した自意識を持っている一部の人たちには、我がことのように胸に刺さるようだし、それゆえに放っておけなくなるようだ。ブレイクのないTheピーズが今も活動を続けられている理由のひとつはそこにあると思う。大木温之の言葉を欲する人たちは決して多くはないが、確実に存在する。

そのTheピーズの本質は作品毎に大きく変化してきたわけでもないので(特に97年まではそれほど変化してないと思う)、逆に言えば、アルバムはどれもこれもお薦めだが、ここでは下ネタや乱暴な楽曲タイトルがなく、女子にも薦めやすいという理由で、7thアルバム『リハビリ中断』を取り上げようと思う。活動休止前に発表された作品だからか、若干、例の“寄る辺ない”感じや無常感が濃く感じられるところもあり、バンドの特徴を掴みやすいアルバムでもある。

《ピッチャー交代 オラー投げっぞ/交代交代 ブン投げさせろーだ》《Let’s Go オレ がんばれボクちゃん》《根性なし作戦なし愛嬌なし反省なし/見切り発車で十分だべ》(M9「見切り発車」)と勇ましく迫る内容もあるにはあるが、《花火が残ってる/チビチビ生きのばしてる/カラ騒ぎが終わる頃/僕はもういないのさ》(M1「線香花火大会」)とか、《でもひとりで電車は走るよ/下車前途無効だそーだ 急ぐよ/怪しいね どこへ行くんだろう/誰も乗る奴がいねー 走るよ》(M2「鉄道6号」)とか、やはり悲観的だし、《めんどくせー 僕らの船は/まちぼーけ とっくに出て行った/反応ゼロ 反応ゼロ 期待はずれゼロ 便利だ》《えーいもう オチもなさそう/誰かの言うまま 黙ろう くたばろう》《バカに自由だ ひどく自由》(M10「反応ゼロ」)辺りは、ほぼ自暴自棄でもある。

《ドロ沼めぐりドロ舟が進む/やめときゃいいのに 根性で周る》《のりかかった舟 ひっかかった舟/貴様 何様 おたがい様》(M6「ドロ舟」)はシニカルにも聴こえるが、やはり自虐的な印象だ。
《みつけろ 認めろ/似たようで全部違うぞ みつけろ/鳩の群れの中に僕が 見ると奴もいる》《バラバラ バリバリバラバラ/どこにでもいる奴なんて どこにもいねー/鳩の群れの中で僕が まぐれを待っている》(M5「ハトポッポ」)は正鵠を射てはいるが、どこか切ない。このバランスはTheピーズらしい。

ネガティブはネガティブなものの、それ一辺倒というわけでもない。
《飲んでりゃ昨日もみえるだろう/明日が行き止まり/僕らの死ぬまで 考えた/そして最悪の人生を消したい》《ゆーワケで せっかくだし 悪いけど/続くよ まだ二人いる/何かまたつくろう 場所は残ったぜ/君と最悪の人生を消したい》《そして最悪の人生を消したい》と歌われるM3「実験4号」は、「君は僕を好きかい」(4th『クズんなってGO』収録)、「日が暮れても彼女と歩いてた」(5th『とどめをハデにくれ』収録)と並ぶ、Theピーズ史上屈指のラブソングである。

■ポピュラリティーの高いメロディアスな歌

ここまでサウンド面について触れてこなかったが、Theピーズは大木を中心とした3ピースバンドである。何度もメンバーチェンジを経ているが、3ピースであることは変わらない(現在のメンバーは大木の他、結成時のメンバーである盟友、安孫子義一(Gu)と、the pillowsでも活動する佐藤シンイチロウ(Dr))。レゲエがあったりもするが(M 10「反応ゼロ」がそう)、基本はR&R。3ピースのR&Rバンドに大きなこだわりがあることは間違いない。大木のみの“1人ピーズ”や佐藤または安孫子との“2人ピーズ”で活動することもあるが、かといってメンバーを固定しないユニット的な身の置き方をしない辺り、そのバンドマンとしての立ち位置はカッコ良い。最後に強調しておきたいのはメロディー。大木の書くメロディーはキャッチーなものがほとんどで、疾走感あるサウンドのわりには歌メロの音符の数が少なく、しっかりと抑揚がある=メロディアスである。このメロディーに関しては、Theピーズは過小評価されている──いや、未だ真っ当に評価されていないのでは、と考える。歌詞は前述の通り、聴く人を選ぶものが多いことは疑いようがないが、歌メロは結構ポピュラリティーが高いと思う。触れていない人が多いだけで、大木の作るメロディーを気に入るリスナーは老若男女問わず、まだまだ結構いるはずだ。何年か後に巷の多くの人が口ずさんでいるような、それこそそれで紅白歌合戦に初出場するようなヒット曲が出てもおかしくないと、わりと真面目に思っている。

【関連アーティスト】
TOMOVSKY, The ピーズ, ぢ・大黒堂
【ジャンル】


SUPER★DRAGON、デビュー前ラストワンマンの映像を公開
Wed, 26 Oct 2016 17:30:00 +0900
SUPER★DRAGON (okmusic UP\'s)

9人組ダンス&ヴォーカルユニットのSUPER★DARGONが、今年8月11日にグループ史上最大キャパとなる品川ステラボールで開催した3rdワンマンライヴの映像を公開した。

【その他の画像】SUPER★DRAGON

「SUPER MISSION〜Code Name:Stella〜」と題されたこのライヴは、メンバー自身が演出に携わり、演技に取り組み、そしてストーリーとともにライブが展開していく初挑戦の試みだった。アンコールでCDデビューをサプライズ発表された彼らにとって、デビュー前最後のワンマン。結成から1年経たずして身に付けた数々の武器を盛り込みながら、1stよりも2ndよりもパワーアップした姿を見せつけた、ひとつの集大成となっている。

今回のライブ映像では、全曲のパフォーマンスをフルで観られるだけでなく、会場のみでの演出ストーリーが初公開となり、ティザー映像で断片的に登場したメンバーの演技シーンも確認できる。さらに、怪しげな仮面を付けて踊る新曲の「hide-and-seek」や、グループ内ユニットのファイヤードラゴンの新曲「ARIGATO」なども!

なお、ヒューマンビートボックスからフリースタイルラップ、コンビネーションダンス、車掌ネタまで、スパドラの個々のスキルの高さを存分に感じ取ることができる「ストリートバトルパフォーマンス」を含めた、全編フルサイズのライヴ映像は、月額定額動画サイトのスターダストチャンネルで近日公開予定。

■スターダストチャンネル
http://stardust-ch.jp/

■2016.8.11「SUPER MISSION〜Code Name:Stella〜」ライヴ映像
https://youtu.be/GnAxgGbZWKA

【関連リンク】
SUPER★DRAGON オフィシャルHP
SUPER★DRAGON、メンバー同士が“バトル”するデビューシングルMV完成
SUPER★DRAGON、秋色の新衣装で飾るシングル「Pendulum Beat!」アートワーク解禁
EBiDAN39&KiDS、『EBiDAN THE UNiON 2016 in Sanrio Puroland』開催!

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP

乃木坂46、“齋藤飛鳥と堀未央奈の学校生活”がテーマの「あの教室」MVを公開
Wed, 26 Oct 2016 17:00:00 +0900
「あの教室」Music Video (okmusic UP\'s)

乃木坂46が11月9日にリリースする16thシングル「サヨナラの意味」。そのカップリング曲である「あの教室」のMVが公開となった。

【その他の画像】乃木坂46

MVのテーマは“齋藤飛鳥と堀未央奈の2人の学校生活”。クラスに馴染まない齋藤、クラスに溶け込みすぎている堀といった対照的な2人は、お互いに惹かれ合っていくが、近づくこともない。淡い高校時代の心証風景を描いたMVに仕上がった。

撮影は10月上旬、神奈川県三浦市の学校と都内のスタジオで敢行。朝7時の学校シーンから撮影は始まり、ダンスパートでは同じ動きを何度もする必要があったことから、ダンスブロックのリハーサルが入念に行なわれた。ダンスの振付けは東京事変や星野源のMVや、NODA・MAPでの振り付けも手掛けるイデビアン・クルーが担当。

MV中の堀がゲラゲラと笑うシーンでは、実はリハーサルではそんなに大声を上げなかったとのことだったが、本番では最高の笑いで一発OK! 本番まで最高の笑いをためておいた理由として、堀は“笑うと疲れちゃうんです”と打ち明けた。

さらに、MV中の靴下はシーンごとに変わっており、準備された靴下はなんと30種類に及んだ。これは“女の子の心情ってコロコロ変わる”ということを表現しているのだとか。

卒業を発表し、ラストシングルでセンターを務める橋本奈々未の動向が注目される中、今後もMVが続々と公開される予定とのことで、期待は高まるばかりだ。

■「あの教室」MV
https://youtu.be/YjvRTgu70Z8

■シングル「サヨナラの意味」

2016年11月9日発売
【初回仕様限定盤 Type-A】(CD+DVD)
SRCL-9258〜925/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.あの教室(齋藤飛鳥・堀未央奈)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.あの教室 〜off vocal ver.〜
■DVD
01.サヨナラの意味 Music Video
02.あの教室 Music Video
03.ドキュメンタリー 〜サヨナラの意味〜

【初回仕様限定盤 Type-B】(CD+DVD)
SRCL-9260〜9261/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.ブランコ(16thアンダー)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.ブランコ 〜off vocal ver.〜
<特典DVD収録内容>
01.サヨナラの意味 Music Video
02.ブランコ Music Video
03.アンダー ドキュメンタリー〜つま先の向こうに〜

【初回仕様限定盤 Type-C】(CD+DVD)
SRCL-9262〜9263/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.2度目のキスから(秋元真夏・相楽伊織・鈴木絢音・渡辺みり愛)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.2度目のキスから 〜off vocal ver.〜
■DVD
01.サヨナラの意味 Music Video
02.2度目のキスから Music Video
03.2016年 乃木坂46 -いつもと違う夏- 前編

【初回仕様限定盤 Type-D】(CD+DVD)
SRCL-9264〜9265/¥1,650(税込)
<収録曲>
■CD
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.君に贈る花がない(北野日奈子・寺田蘭世・中田花奈・中元日芽香・堀未央奈)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.君に贈る花がない 〜off vocal ver.〜
■DVD
01.サヨナラの意味 Music Video
02.君に贈る花がない Music Video
03.2016年 乃木坂46 -いつもと違う夏- 後編

【通常盤】(CD)
SRCL-9266 /¥1,050(税込)
<収録曲>
01.サヨナラの意味(16th選抜)
02.孤独な青空(16th選抜)
03.ないものねだり(橋本奈々未)
04.サヨナラの意味 〜off vocal ver.〜
05.孤独な青空 〜off vocal ver.〜
06.ないものねだり 〜off vocal ver.〜

《初回仕様限定盤特典》
01.Music Video&特典映像DVD収録
02.「全国握手会参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
03.乃木坂46メンバー生写真1種ランダム封入(全140種類のうち1種)
※なおCDショップの店頭にて、初回仕様限定(CD+DVD)盤の在庫が無くなった場合は、通常仕様の(CD+DVD)盤の商品に切り替わります。こちらには封入特典がございませんので、初回仕様限定(CD+DVD)盤をお買い求めされる際は、商品に貼られる初回仕様限定(CD+DVD)盤のステッカーをご確認のうえ、お買い求め頂きます様、宜しくお願い申し上げます。
※通常盤には特典がございません。

【関連リンク】
乃木坂46 オフィシャルHP
乃木坂46、橋本奈々未センターの新曲「サヨナラの意味」MV公開
乃木坂46 、シングル「サヨナラの意味」ジャケ写のコンセプトは“大人の乃木坂46”
乃木坂46の橋本奈々未が「乃木坂46のオールナイトニッポン」内でグループ卒業を発表

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

スキマスイッチの新「全力少年」、ジャケ写は『ALL OUT!!』とのコラボ!
Wed, 26 Oct 2016 16:30:00 +0900
シングル「全力少年 produced by 奥田民生」 (okmusic UP\'s)

スキマスイッチのニューシングル「全力少年 produced by 奥田民生」(11月30日発売)のアートワーク、TVアニメ『ALL OUT!!』原作者・雨瀬シオリ描き下ろしジャケットが公開された。

【その他の画像】スキマスイッチ

ニューシングル「全力少年produced by 奥田民生」は、TVアニメ『ALL OUT!!』のエンディングテーマとして、10月6日(木)放送回よりTOKYO MX、MBS、BS11ほかで使用されている。

今作のジャケットは、『ALL OUT!!』の原作者・雨瀬シオリが楽曲を聴いてイラストをイメージ。ジャケットには目に涙を浮かべて前を真っすぐ見つめる主人公・祇園健次の顔と、彼とラグビーとの出会いを作った石清水澄明がボールを見つめる姿が描かれており、まさに「全力少年」の楽曲の世界観とリンクするデザインに仕上がっている。今作は2017年2月末日までの期間生産限定盤となるので、ぜひいち早く手に入れてほしい。

10月27日(木)16:30からのJ-WAVE『GROOVE LINE Z』生放送では、「全力少年produced by 奥田民生」が初オンエアされる。奥田民生プロデュースによって新しく生まれ変わった名曲「全力少年」と話題の漫画&TVアニメ『ALL OUT!!』とのコラボレーションに注目だ。

また、ニューシングルと同日発売のBlu-ray & DVD『スキマスイッチTOUR2016“POPMAN\'S CARNIVAL” THE MOVIE』のスペシャルトレーラーも公開された。選りすぐりのライヴ映像を抜き出した、ダイジェスト映像となっている。

■『スキマスイッチ TOUR2016“POPMAN\'S CARNIVAL”』Special Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=RikjOrym_aE

■【リリース情報】

シングル「全力少年produced by 奥田民生」
2016年11月30日(水)発売
AUCL-217/¥1,300+税
※2017年2月末日までの期間生産限定盤
※TVアニメ「ALL OUT!!」原作者・雨瀬シオリ描き下ろしジャケット&デジパック仕様+anime ver.音源収録
<収録曲>
M1.全力少年 produced by 奥田民生 
※TVアニメ「ALL OUT!!」エンディングテーマ
M2.ハナツ (premium ver.)
※「第96回全国高校ラグビー大会」大会テーマソング
M3.全力少年 produced by 奥田民生 (anime ver.)
M4.全力少年 produced by 奥田民生 (KARAOKE)

アルバム『スキマスイッチTOUR2016“POPMAN\'S CARNIVAL"』
2016年10月26日(水)発売
【初回生産限定盤】(3CD:Blu-spec CD2×2+Bonus CD)
AUCL-30037〜39/¥3,500+税
【通常盤】(2CD)
AUCL-212〜213/¥3,000+税
<収録曲>
All Songs Written , Arranged and Produced by SukimaSwitch
Live at 昭和女子大学 人見記念講堂(2016.7.12)
■DISC 1
1.POPMAN\'S CARNIVALのテーマ
2.晴ときどき曇
3.LとR
4.飲みに来ないか
5.かけら ほのか
6.時間の止め方
7.1+1
8.僕と傘と日曜日
9.ソングライアー
■DISC 2
1.君曜日
2.フレ!フレ!
3.ボクノート
4.LINE
5.ユリーカ
6.パラボラヴァ
7.Ah Yeah!!
8.全力少年
9.ハナツ
<BONUS TRACK>
-encore-
10.サウンドオブ
11.またね。 Live at 昭和女子大学 人見記念講堂(2016.7.11)
12.スカーレット Live at 昭和女子大学 人見記念講堂(2016.7.11)
■DISC 3(BONUS CD) ※初回生産限定盤のみ
「スキマのはなし(3)」(MC集)
1.名前は言いませんよ
2.意外と聞こえてるからね
3.不動産やさんの測り方
4.タクヤ生誕祭
5.聞けよ!
6.ハントンライス
7.メンバー紹介
8.ゆうすけくん
9.アフロの話

◎初回特典(初回生産限定盤のみ)
・高品質CD:Blu-spec CD2仕様
・全国ツアー『スキマスイッチTOUR2016“POPMAN\'S CARNIVAL"』 から2人の貴重なMCを厳選し収録したボーナスCD 「スキマのはなし(3)」(MC集)を付属
・11月発売の映像作品「スキマスイッチ TOUR 2016“POPMAN\'S CARNIVAL"THE MOVIE」(Blu-ray/DVDの初回仕様限定盤)との連動応募抽選特典[応募券]を封入。抽選で100名様に『TOUR 2016“POPMAN\'S CARNIVAL"』STAFF Tシャツ<別注カラー/非売品>をプレゼント!
・詳しくは、商品に封入されている応募券をご覧ください 。

【関連リンク】
スキマスイッチ オフィシャルHP
TVアニメ「ALL OUT!!」OPは“Lenny code fiction”、EDのスキマスイッチは「全力少年」を奥田民生がリアレンジ
スキマスイッチ、全国ツアー最終公演の模様が待望のCD&映像作品化決定
奥田民生、完全受注販売デラックスボックスの二次受付が急遽決定

【関連アーティスト】
スキマスイッチ, 奥田民生
【ジャンル】
J-POP, アニメ, テレビ(番組/CM)

ワンオク、キスシーンと激しい演奏が交差する「Taking Off」のMV公開
Wed, 26 Oct 2016 16:00:00 +0900
ONE OK ROCK (okmusic UP\'s)

ONE OK ROCKが、配信中の新曲「Taking Off」のMVを公開した。

【その他の画像】ONE OK ROCK

今回のMVは、Sitcom Soldiersによる監督作品となっている。

■「Taking Off」MV
https://www.youtube.com/watch?v=slbGwyE_9oY

【関連リンク】
ONE OK ROCK オフィシャルHP
ONE OK ROCK、2017年に過去最大規模の全国アリーナツアー開催
ONE OK ROCK、史上最大規模の渚園ライブで11万人が熱狂
ONE OK ROCK、新曲「Taking Off」が9月16日より配信開始&映画『ミュージアム』主題歌に決定

【関連アーティスト】
ONE OK ROCK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SPICY CHOCOLATE、ナオト・インティライミ&安田レイとのコラボMV完成
Wed, 26 Oct 2016 15:00:00 +0900
デジタルシングル「同じ空 feat.ナオト・インティライミ&安田レイ」 (okmusic UP\'s)

SPICY CHOCOLATE(スパイシーチョコレート)の最新デジタルシングル「同じ空 feat.ナオト・インティライミ&安田レイ」(11月2日配信)のMVが完成した。

【その他の画像】ナオト・インティライミ

MVでは楽曲の“冬を背景に同じ空の下、それぞれが未練を抱えたまま、それでも頑張って生きている”というテーマ通り、壁に空と雲が映し出され、外では小雪を降らせる中、ナオトと安田がその切なさを歌と表情で表現している。

撮影を終えた安田は“普段ソロとしていつも1人での撮影なので、他の方(ナオトさん)と一緒にビデオで歌うということがとても不思議な感じでしたが、ビデオは曲の切なさが伝わるような映像になっているといいなと思っています”とコメント。ナオトは“レイちゃん(安田)の表情作りがとてもうまい。作品にとても入り込んでいました。終始私は立ちっぱなしの撮影でしたが(笑)”と語った。

楽曲について、安田は“レコーディングでコラボレーションする相手の顔を互いに見ながら歌ったのは初めてで、いい緊張感を持ったまま楽しく息が合ったレコーディングが出来たと思います。素敵な楽曲ができて本当に嬉しいです。冬らしい切ないバラードになったので、過去の思い出や記憶を振り返りながら聴いて欲しいです”と話した。

一方のナオトは“何度も聴いてしまう、何回聴いても飽きがこない曲です。聴くたびに聴こえ方が変わるような楽曲になりました。楽曲制作そしてレコーディングではそれぞれのピークをパックする(詰めこむ)ことが出来ました。自分の人生の中で、大切な人と離れているけど繋がっていたいと思う気持ちは、人それぞれあると思います。なぜなら出会えば必ず別れはあるから。そんな皆さんの物語に寄り添えるような曲になればいいなと思っています”とコメントしている。

この楽曲はiTunesで予約受付中。YouTubeでは、MV short ver.とMVメイキング映像が公開された。11月2日から配信がスタートし、11月30日リリースのアルバム『渋谷純愛物語3』にも収録となる。

■「同じ空 feat.ナオト・インティライミ&安田レイ」MV short.ver
https://www.youtube.com/watch?v=rF8k54siPwE

■デジタルシングル「同じ空 feat.ナオト・インティライミ&安田レイ」

2016年11月2日発売 ¥500(税込)

【関連リンク】
SPICY CHOCOLATE オフィシャルHP
SPICY CHOCOLATE、GirlsAward&TGC北九州でナオト・インティライミ&安田レイとスペシャルコラボ!
SPICY CHOCOLATE、最高傑作「同じ空 feat. ナオト・インティライミ & 安田レイ」配信リリース決定

【関連アーティスト】
ナオト・インティライミ, SPICY CHOCOLATE, 安田レイ
【ジャンル】
J-POP, レゲエ/スカ

VAMPSを結成から辿れる初MV集、ジャケ写公開!
Wed, 26 Oct 2016 14:30:00 +0900
Blu-ray『HISTORY-The Complete Video Collection 2008-2014』 (okmusic UP\'s)

VAMPS初のMV集『HISTORY-The Complete Video Collection2008-2014』のジャケット写真が公開された。

【その他の画像】VAMPS

同作は結成から2014年までのMVを集めたBlu-ray & DVDとなっている。リリースは12月14日!

■Blu-ray & DVD『HISTORY-The Complete Video Collection 2008-2014』

2016年12月14日発売
【初回限定盤A】(Blu-ray)
UIXV-90014/¥7,000+税
【初回限定盤クラッチバッグ・パッケージ】(Blu-ray+Goods)
UIXV-90015/¥13,000+税
※クラッチバッグ、ニット帽、2017年卓上カレンダー付き
※スペシャル・パッケージ仕様
【初回限定盤B】(DVD+PHOTOBOOK)
UIBV-90015/¥6,500+税
※PHOTOBOOK付き(60P、デジパック)
【通常盤】(DVD)
UIBV-10035/¥4,500+税
<収録曲>
■Blu-ray
〈MV〉
・LOVE ADDICT
・I GOTTA KICK START NOW
・TROUBLE
・EVANESCENT
・SWEET DREAMS
・SWEET DREAMS ?acoustic
・DEVIL SIDE
・ANGEL TRIP
・REVOLUTION
・MY FIRST LAST
・MEMORIES
・PIANO DUET
・AHEAD
・REPLAY
・GET AWAY
・THE JOLLY ROGER
・VAMPIRE\'S LOVE
〈MAKING映像〉
? LOVE ADDICT
? I GOTTA KICK START NOW
? EVANESCENT
? ANGEL TRIP
? AHEAD
? REPLAY
? THE JOLLY ROGER
? GET AWAY
? VAMPIRE\'S LOVE
※各メイキングにアーティストの副音声付き
〈初収録映像〉
・THE JOLLY ROGER LIVE MV
■DVD
〈MV〉
・LOVE ADDICT
・I GOTTA KICK START NOW
・TROUBLE
・EVANESCENT
・SWEET DREAMS
・SWEET DREAMS ?acoustic
・DEVIL SIDE
・ANGEL TRIP
・REVOLUTION
・MY FIRST LAST
・MEMORIES
・PIANO DUET
・AHEAD
・REPLAY
・GET AWAY
・THE JOLLY ROGER
・VAMPIRE\'S LOVE

◎先着購入特典(一部店舗除く)
・全国のCDショップおよびウェブサイト:A2サイズの特典ポスター
・「VAMPRSOSE STORE」:A4サイズのクリアファイル2枚セット
・「UNIVERSAL MUSIC STORE」:B全サイズの特典ポスター(※通常盤DVDは特典ポスターなし)

【関連リンク】
VAMPS オフィシャルHP
今年もやってきた! 亡霊たちの祭典『HALLOWEEN PARTY 2016』開幕!
VAMPS主宰の「HALLOWEEN PARTY 2016」にベッキーの出演が決定
VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2016』にOLDCODEXとAOAが出演

【関連アーティスト】
VAMPS, OBLIVION DUST, HYDE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Dragon Ash、“白い世界”で構築された「光りの街」のMV公開
Wed, 26 Oct 2016 14:00:00 +0900
Dragon Ash (okmusic UP\'s)

Dragon Ashがシングル「光りの街」(11月9日リリース)のMVを公開した。

【その他の画像】Dragon Ash

最新アルバム『THE FACES』のリード曲として2013年11月にリリースされた「Lily」以来約3年ぶりとなる同シングル。表題曲「光りの街」は未来への希望“光り”を歌った、ストレートに心に響くKjの歌に、Dragon Ashらしいエモーショナルでハードな演奏が感情を掻き立てる楽曲である。

アーティスト写真、ジャケット写真とも共通する、“白い世界”で構築された今回のMV。監督は、数々のアーティストのビデオも手掛け、アワード受賞経験もある三石直和(ミツイシナオカズ)。“文明の消費を感じさせる造物たち、同様に佇む人間としてのDragon Ash。世界が眩しい光りで白く美しく朽ちて行く中、最期に楽器を手に出来る喜びと共に希望の歌を歌う。結局は、朽ちさせる光りにさえも希望を感じて今ある世界が尊く愛おしく感じる。そんな世界が表現されています”と監督が語るように、楽曲からインスパイアされた映像世界が構築されている。

■「光りの街」MV オリジナル・フルレングス(独占フル配信)
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00091/v06050/v0994000000000543291/

■「光りの街」MV YouTube Ver.
https://youtu.be/pHWWogl-e7M

■シングル「光りの街」

2016年11月9日発売
【初回限定】(CD+DVD)
VIZL-1070/¥1,980+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-37229/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
01.光りの街
02.Headbang
■DVD ※初回限定のみ
〈The Lives at 石巻 Blue Resistance 2016.4.24〉
01.Art of Delta
02.House of Velocity
03.Run to the Sun
04.Blow Your Mind
05.For divers area
06.Neverland
07.繋がりSUNSET
08.Mixture
09.Headbang
10.Revive
11.百合の咲く場所で
12.The Live
13.Circle
14.Fantasista
15.Lily
16.morrow

【関連リンク】
Dragon Ash オフィシャルHP
Dragon AshのKjがビジュアルブログ「g.o.a.t」とのコラボPVに出演
Dragon Ashのオリジナル・ベーシスト、IK?Z?NE初のエキシビション開催決定
Dragon Ash、約3年ぶりのシングル「光りの街」リリース決定

【関連アーティスト】
Dragon Ash
【ジャンル】
ジャパニーズロック

中村舞子、デジタルシングル「涙のち晴れ」いよいよリリース! バラ売りトラックのコンプリート盤も!
Wed, 26 Oct 2016 11:00:00 +0900
配信シングル「涙のち晴れ」  (okmusic UP\'s)

中村舞子の注目の新曲「涙のち晴れ」がリリースされた。

【その他の画像】中村舞子

発売に先がけ9月からMVを公開しており、気鋭のアートディレクター・カイシトモヤ氏が初映像監督をつとめた斬新な映像作品は、新たなファンの間でも話題となっていた。

今回の新曲は、楽曲のフル配信に先駆け、各楽器のパートをトラックごとに分けたバラ売りで配信中。ベースやギターなどのリズムパートを5トラックにまとめた第1弾「Backing Tracks Vol.1」に続き、中村舞子のボーカル部分だけを収録したトラックやピアノ、コーラスなど、新たに5トラックをまとめた第2弾を10月19日にリリースした。

「新曲なのに歌がない!?」、「どうやって聴くの?」等、さまざまな反応がある中、オフィシャルの特設サイトでは、これらのトラックを使った遊び方を本人が画面上で実演を交えて紹介するという、異色の企画も展開している。何が何だかさっぱり?という人や、リミックスに興味のあるリスナーにもわかりやすく、興味深い内容となっているので、ぜひチェックしてみてほしい。

そして10月26日、シングル企画の締めくくりとして、いよいよ「涙のち晴れ」(通常の歌入りトラック)がデジタルシングルとしてリリースされた。これに併せ、バラ売り10トラック全てを収録したコンプリート盤もリリースとなるので、こちらもぜひこの機会にチェックして、遊んでみてほしい。

■「涙のち晴れ」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00101/v12416/v0871400000000545530/
■「涙のち晴れ」発売記念特設サイト
http://tinystep.info/artists/nakamuramaiko/

■配信シングル「涙のち晴れ」

2016年10月26日配信開始
■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/namida-nochi-hare-single/id1163915766?app=itunes&at=10I3LI
■レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1005294082/
■「涙のち晴れ」(Backing Tracks)ダウンロード
https://itunes.apple.com/jp/album/namida-nochi-hare-backing/id1163919049?app=itunes&at=10I3LI

【関連リンク】
中村舞子 オフィシャルHP
中村舞子、心に晴れ間を届ける新曲「涙のち晴れ」のMVを公開
中村舞子、2年ぶりの新曲第二弾「言えない気持ち」のティザー映像を公開
中村舞子、ネット社会へのメッセージを込めた新曲を2年ぶりにリリース

【関連アーティスト】
中村舞子
【ジャンル】
J-POP

ビッケブランカ、全国ツアー追加公演決定&アルバムがiTunesで2位に!
Wed, 26 Oct 2016 13:00:00 +0900
ビッケブランカ (okmusic UP\'s)

メジャー移籍が決定したビッケブランカが、デビュー作となるミニアルバム『Slave of Love』のタイトルツアー『Slave of Love TOUR 2017』に北海道公演、福岡公演を追加することを発表した。

【その他の画像】ビッケブランカ

また、先行配信を行っていたミニアルバム『Slave of Love』はiTunes J-Popアルバムランキングで2位を記録した。

メジャー移籍に伴い、さらなる飛躍を狙っていくビッケブランカ。今後も彼から目が離せない。

■ミニアルバム『Slave of Love』

2016年10月26日発売
AVCD-93490/¥1,800(税抜)
<収録曲>
1. ココラムウ
2. Natural Woman
3. Slave of Love
4. Echo
5. Your Days
6. Golden
7. Natural Woman[English]

◎ TOWER RECORDSオリジナル特典
オリジナルCD(「Slave of Love」「Echo」2曲弾き語り音源)
※ご予約者先着となります。無くなり次第、終了となります。

■『Slave of Love TOUR 2017』

1月9日(月・祝) 福岡ROOMS
1月13日(金) 名古屋SPADEBOX
1月15日(日) 心斎橋JANUS
1月20日(金) 渋谷WWW
1月22日(日) 札幌SOUND CREW

【関連リンク】
ビッケブランカ オフィシャルHP
ビッケブランカ、アルバム全曲が視聴できるティザー映像を解禁!
ビッケブランカ、メジャーデビュー作『Slave of Love』詳細解禁
ビッケブランカ、avex traxにメジャー移籍&10月にミニアルバムを発売

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP

畑田紗李、ファン待望の1stアルバム『人間宣言。』を11月2日にリリース
Wed, 26 Oct 2016 12:00:00 +0900
畑田紗李 (okmusic UP\'s)

畑田紗李が11月2日に1stアルバム『人間宣言。』をリリースすることがわかった。

【その他の画像】畑田紗李

歌手、作詞、作曲、編曲家、音楽プロデューサーという肩書きを持ち、「歌って作って踊る、ニュータイプアーティスト」として活動する畑田紗李。これまでに3枚のシングルをリリースしてきた畑田にとって、今回が初のアルバム。兼ねてよりファンからもアルバムリリースが熱望されており、待望の1stアルバムリリースとなる。

本作にはUSENインディーズランキングで2週連続チャートインした「あなたのような」や、福島テレビ『福歌丸』 2015年10月度エンディングテーマ3rdシングル「カレイドスコープ」、チバテレビ『白黒 アンジャッシュ』エンディング、2015年3月度A-music、FM三重パワープレイの2ndシングル「ハニー*ハニー/君は僕のもの」など、すべてのシングルを網羅しつつ、1stシングル「アクアマリン」を新たにアレンジ、レコーディングし直した「アクアマリン〜27ver〜」や、元アテネ五輪競泳日本代表 森隆弘選手のテーマソング「Shiny Summer Fish」なども収録。

新曲全7曲を新たに加え、エモあり、泣けるバラードあり、R&Bあり、ポップエレクトロあり、EDMあり、タンゴありと大ボリュームの全13曲。プロデューサーとして、すべての作詞作曲編曲、ミックス、マスタリングに携わった畑田紗李の真骨頂を味わえる一枚になっている。

リード曲の「イデア」は『私を私たらしめるものは何か?』という哲学的なテーマを元に書かれ、MVでは2人の畑田が登場し、まるでマジックショーを見ているかのような仕上がりになっている。

もう一つのリード曲「人間もどき」は打って変わって、短編映画のような仕上がりに。人間として生まれたことの悲しさや切なさ、もどかしさは、すべての人間に何かを感じさせる1曲になっているのではないだろうか。

ジャケット写真はタイトルの『人間宣言。』を表現するべく、生まれたままの姿にたった1枚の布を纏って撮影を行なった。アルバム特典のDVDには「イデア」「ハニー*ハニー」「Shiny Summer Fish」「人間もどき」のMV4曲が収録される。

また、アルバム発売からおよそ1ヶ月後の12月4日(日)には、『畑田紗李 1stワンマンライブ』を予定している。畑田紗李による唯一無二のエンターテイメントをその目に焼き付けてほしい。

■アルバム『人間宣言。』

2016年11月2日(水)発売
LO-27/¥3,780(税込)
<収録曲>
■CD
1.イデア
作詞・作曲 畑田紗李 編曲 Erik.Style&畑田紗李
2.ハニー*ハニー
作詞・作曲 畑田紗李 編曲 今井聖一郎&畑田紗李
3.わっつえばー。
作詞・作曲 畑田紗李 編曲 Erik.Style&畑田紗李
4.Shiny Summer Fish
作詞・作曲 畑田紗李 編曲 今井聖一郎&畑田紗李
5.アクアマリン〜27ver〜
作詞・作曲 畑田紗李 編曲 Erik.Style&畑田紗李
6.人間もどき
作詞・作曲・編曲 畑田紗李
7.カレイドスコープ
作詞・作曲・編曲 畑田紗李
8.恋する◯◯
作詞・作曲 畑田紗李 編曲 fromviper(DELTA)&畑田紗李
9.君は僕のもの
作詞・作曲 畑田紗李 編曲 森谷貴晴&畑田紗李
10.羽虫
作詞・作曲 畑田紗李 編曲 Erik.Style&畑田紗李
11.あなたのような
作詞・作曲・編曲 畑田紗李
12.show must go on
作詞・作曲 畑田紗李 編曲 XELIK&畑田紗李
13.もしもあの時
作詞・作曲・編曲 畑田紗李
■DVD
1.イデア
2.ハニー*ハニー
3.Shiny Summer Fish
4.人間もどき

■『畑田紗李 1stワンマンライブ!』

12月04日(日) 東京・下北沢CLUB QUE
開場18:30〜 開演19:00〜
<チケット>
料金:前売¥3,000/当日¥4,000(+1ドリンク)
※チケットは、店頭・イープラス・ローソンにて10月1日より販売!

【関連リンク】
畑田紗李 オフィシャルブログ
吉田山田、九州の情報バラエティ『ドォーモ』主催の音楽フェスに出演
ゆず、20 周年目前の独占インタビュー&未公開シーン含む東京ドーム公演予告映像公開
天野月、本人直筆イラストも使用したニューアルバム全曲ダイジェスト公開

【関連アーティスト】
畑田紗李
【ジャンル】
J-POP

Tourbillon、Zepp Tokyo公演2daysの公演迫る!
Wed, 26 Oct 2016 12:00:00 +0900
Tourbillon (okmusic UP\'s)

Tourbillonが最新アルバム『Life is beautiful』を引っさげて行なうZeppツアー『Tourbillon Live2016「Life is beautiful」』。その10月29日(土)&30日(日)開催のZepp Tokyo公演が迫っている。

【その他の画像】INORAN

10月12日にリリースした『Life is beautiful』は、10年ぶりとなるファン待望のアルバム。ツアーは10月22日(土)のZepp Namba公演を皮切りに、10月23日(日)のZepp Nagoya、そして10月29日(土)&30日(日)のZepp Tokyo公演2daysの4公演を予定している。

現在、Zepp Tokyo公演のチケットが一般発売中だ。残りわずかとなっているので、気になる方は早めのご購入を!

また、Zeppツアーではアルバム購入者を対象としたCD購入者限定特典も決定しており、会場でアルバムを購入すると先着でオリジナルポストカードがプレゼントされる。絵柄は公演ごとに異なり、ランダムでメンバーの直筆サイン入りが入っているとのことなので、会場に足を運んだ際はぜひゲットしてほしい。

■『Tourbillon Live2016「Life is beautiful」』Zepp Tokyo公演

10月29日(土) Zepp Tokyo
open 16:00 / start 17:00
10月30日(日) Zepp Tokyo
open 15:00 / start 16:00

<Zepp Tokyo公演 チケット>
料金:全席指定 ¥8,000(税込み)
※1ドリンク代別途必要
※未就学児童入場不可
■プレイガイド
・キョードー東京(0570-550-799)
https://ticket.kyodotokyo.com/
・チケットぴあ(0570-02-9999) Pコード 311-482
http://t.pia.jp/
・ローソンチケット(0570-084-003)Lコード 74764
http://l-tike.com/
・CNプレイガイド(0570-08-9999)
http://www.cnplayguide.com/
・イープラス
http://eplus.jp/sys/main.jsp

■アルバム『Life is beautiful』

発売中
【CD+DVD】
AVCD-93488/B/¥4,500(税込)
※初回 スリーブ仕様
【CD ONLY】
AVCD-93489/¥3,500(税込)
<収録曲>
■CD
1.Life is beautiful
2. Unique in quality
3. Song of 99
4. Love Life
5. 戯曲
6. Cygnus
7. Silent Earth
8. 光
9. as it is
10. Hologram
11. Mirage
■DVD
1. Love Life (Music Video)
2. Life is beautiful 〜Making Movie〜

【関連リンク】
Tourbillon オフィシャルHP
Tourbillon、初のトーク&サイン会にファン大興奮!
Tourbillon、10月10日開催のトーク&サイン会にRYUICHI・INORANが揃って参加
Tourbillon、結成10周年記念ライブが大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
INORAN, 河村隆一, Tourbillon
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1