歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年10月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/10/29
2016/10/28
2016/10/27
2016/10/26
2016/10/25
2016/10/24
2016/10/23
2016/10/22
2016/10/21
2016/10/20
2016/10/19
2016/10/18
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
Superfly、ドクターX主題歌コンプリート盤に自信初のカラオケ音源を収録
Thu, 20 Oct 2016 21:00:00 +0900
Superfly (okmusic UP\'s)

Superflyが11月23日にリリースするシングル「99」に、すでに発表されていた収録曲4曲のカラオケ音源が追加収録されることが決定した。

【その他の画像】Superfly

これまで、人気ドラマ『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』主題歌を4作連続で書き下ろししてきたSuperfly。今作はその歴代主題歌4曲を収録したCDとなっている。

シングルリリース発表後、レコードメーカーには「カラオケ音源も収録してほしい」というファンの要望が寄せられ、その声に応える形で今回の追加収録が決定。カラオケ音源のCD盤収録はSuperfly名義では初のこと。現在放送中の第4弾の主題歌である新曲「99」に加え、『ドクターX』第1弾〜第3弾の主題歌「Force」「Bi-Li-Li Emotion」「愛をからだに吹き込んで」各楽曲のカラオケ音源を収録した『ドクターXコンプリート盤』が誕生した。

また新曲「99」はiTunes Store、レコチョク他サイトにて先行配信中! こちらも合わせてチェックしてほしい。

■シングル「99」

2016年11月23日(水)発売
【通常盤】(CD)
WPCL-12460/¥1,000+税
【初回生産限定盤(9999枚限定生産)】(CD+DVD)
WPZL-31244/5/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
1.「99」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(10/13(木)21時スタート)
2.「愛をからだに吹き込んで」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(2014年放送)
3.「Bi-Li-Li Emotion」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(2013年放送)
4.「Force」
『ドクターX外科医・大門未知子』主題歌(2012年放送)
■DVD
過去最大規模のホールツアー「WHITE TOUR 2015」
東京国際フォーラム公演の模様を全曲収録

■シングル「99」スポット映像
https://youtu.be/RxAa2lsyizw

【関連リンク】
Superfly オフィシャルHP
Superfly、『ドクターX』主題歌を完全コンプリートした豪華盤シングルを発売
Superflyの新曲「99」が『ドクターX〜外科医・大門未知子〜』の主題歌に決定
Superflyが幻想的で色彩も美しい「心の鎧」MVを公開

【関連アーティスト】
Superfly
【ジャンル】
J-POP

MSTR(PENICILLIN:千聖)とROLLYによる「Crazy Monsters」対談が実現!
Thu, 20 Oct 2016 20:30:00 +0900
ROLLY×MSTR (okmusic UP\'s)

Crack6のMSTR(PENICILLIN:千聖)が主催者となり定期的に開催しているイベント「Crazy Monsters」。4回目となる今年の「Crazy Monsters〜HALLOWEEN PARTY〜」は、東名阪を舞台に「Crazy Monsters〜HALLOWEEN PARTY 2016〜」と題して開催。今回のイベント開催にあたって、MSTRとROLLYの対談が実施された。

【その他の画像】PENICILLIN

MSTR:「HALLOWEEN PARTY=ホラームード」となると、真っ先に浮かぶのが、日本において『ロッキーホラーショー』へ早くから携わり、この作品をメジャーな存在にまで押し上げてきたROLLYさんだと思うんですよ。ROLLYさんは日本におけるロックなHALLOWEEN PARTYの先駆者であり、第一人者だと。僕の中にはそんなイメージがあったんで、「Crazy Monsters〜HALLOWEEN PARTY〜」を立ち上げた頃から、何時かはROLLYさんに登場してもらいたいと思っていたんですよね。

ROLLY:すごく嬉しいですね。僕は、ティム・バートン監督の手がけた『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が上映されたとき、いち早く劇場まで観に行きましたけど、あの当時の客席はガラガラでした。『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』が(DVD化ではなく)ビデオ化されたときにも宣伝を担当させていただきましたが、そりゃあ当時淋しいものがありました。だけど、「こんなにも面白い作品がある。しかもティム・バートンが手がけている」という評判が立ち、年を追うごとに『ナイトメアー・ビフォア・クリスマス』の人気も出てくれば、ディズニーランドでもハロウィンの時期が近づくごとにイベントをやるようになった。やはり、ディズニーランドの効果は大きかったね。もはや、クリスマスよりもハロウィンの時期のほうが世間的にも盛り上がっていますからね。

MSTR:ハロウィンが持つパーティ感や盛り上がりって、実はクリスマス以上に強烈なインパクトがあると思うんですよね。今回ROLLYさんに声をかけさせていただいた理由にも繋がることですけど。10年くらい前だと思うんですが、一般の人達がHALLOWEEN PARTYを開催しては、仮装しながら楽しんでる様子がこの国でも増えた気がするんですよ。それを横目で見ながら、「派手なスタイルを好むロックというかヴィジュアル系こそ、HALLOWEEN PARTYをやるべきでは?」と、ずっと疑問に思っていたんですね。それで始めたイベントが「Crazy Monsters」の元になる「Crazy Punpkins」というイベントだったんですよね。そういう意識を持って立ち上げたイベントだからこそ、日本でハロウィンがイベントとして定着するだいぶ前からHALLOWEEN PARTYの布教というか、活動をしてきたROLLYさんを「Crazy Monsters〜HALLOWEEN PARTY〜」に呼べたことが、本当嬉しいんですよ。このイベント中、ROLLYさんが何をやらかしてくれるのか楽しみにしています。

ROLLY:僕ねぇ、つい余計なことをやってしまうことが多くって。先日も、真面目に経済を語るNHKの番組に出演したんですけど。放送後に視聴者から「なんであんな奴を呼んだんだ」「二度と出すな」というお叱りの言葉が、僕が調べた感じでは7割ぐらいありました。でも、残り3割の方々は「最高に面白かったのでまた呼んでください」という称賛の言葉なんですね。それって、なかなか良いバランスじゃないですか。10割の納得を得るために波風起こさないトークをするよりも、その比率がどのくらいがベストかは置いといて、怒りと称賛の両極端の意見が飛び交うくらいの刺激があったほうが、面白さとしては絶対にOKじゃないですか。

MSTR:その通りだと思います。ぜひ「Crazy Monsters〜HALLOWEEN PARTY〜」でも遠慮なくぶち込んでください(笑)。それと、ぜひご一緒にステージに立てたらなとも思ってるんですけど、どうですか?

ROLLY:同じギタリスト同士、やっぱりギタリストはギターで会話をしてこそ一番気持ちを通じ合えるんで、そこは僕も望むところです。

MSTR:ありがとうございます。こういう時って勢いで頼んでみるもんですね(笑) ROLLYさんと一緒にプレイをするなんて本当に光栄ですね。深い人間性の部分までギターの音を通して踏み込んでいけそうだから、そこも実に楽しみです。

ROLLY:音楽には、その人の人格のすべてが出ますからね。音楽の前では、誰も嘘はつけない。むしろ、剥き出しになってしまう。

MSTR:まさに、その通りだと思います。ホラーテイストな仮装より怖い話ですが。でも楽しみです(笑)。

ROLLY:それ、楽しみですね。当日は、よろしくお願いします。

Photo by 小林裕和
Text by 長澤智典

■「Crazy Monsters 〜HALLOWEEN PARTY 2016〜」

10月22日(土) 大阪MUSE
OPEN 16:00 / START 16:30
出演:Crack6 / ALvino / THE MICRO HEAD 4N\'S / Ricky / C4 / S.Q.F / defspiral / 矢田耕平(司会)
※チケットSOLD OUT!! 当日券の販売はありません。

10月23日(日) 名古屋E.L.L
OPEN 16:00 / START 16:30
出演:Crack6 / ALvino / THE MICRO HEAD 4N\'S / Ricky / C4 / S.Q.F / defspiral / 矢田耕平(司会)

10月30日(日) 新宿ReNY
OPEN 16:00 / START 16:30
出演:Crack6 / ALvino / THE MICRO HEAD 4N\'S / Ricky / C4 / S.Q.F / wyse / Dacco(司会) / 矢田耕平(司会) / ROLLY(スペシャルゲスト)

【関連リンク】
Crack6 オフィシャルHP
ROLLY オフィシャルHP
「HALLOWEEN PARTY 2016」、“HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA"参加アーティスト発表
夏の魔物、1stアルバムにHISASHI(GLAY)、杉田智和、大森靖子ら豪華参加陣が集結

【関連アーティスト】
PENICILLIN, ROLLY, 千聖, Crack6
【ジャンル】
ビジュアル, イベント

デヴィッド・ボウイ、生前最後のスタジオ・レコーディング音源より「キリング・ア・リトル・タイム」公開
Thu, 20 Oct 2016 20:00:00 +0900
デヴィッド・ボウイ (okmusic UP\'s)

アルバム『★』発表の2日後、2016年1月10日にこの世を去ったデヴィッド・ボウイ。10月21日に世界同時発売される、生前最後のスタジオ・レコーディング音源3曲を収録した2枚組アルバム『ラザルス』より、未発表音源「キリング・ア・リトル・タイム」がボウイ自身のホームページで公開された。


【その他の画像】David Bowie

アルバム『★』と同じくダニー・マッキャスリン率いるカルテットと共にレコーディングされた「ノー・プラン(No Plan)」、「キリング・ア・リトル・タイム(Killing a Little Time)」、「ホエン・アイ・メット・ユー(When I Met You)」の未発表音源3曲は、ボウイとトニー・ヴィスコンティ共同プロデュースによる、最後のスタジオ・レコーディング音源としてアルバム『ラザルス』に収録される。収録される3曲のうち、「ノー・プラン(No Plan)」、「ホエン・アイ・メット・ユー(When I Met You)」は今週18日に英BBCのラジオにて公開された。

アルバムDisc1には、オフ・ブロードウェイ作品としてニューヨークにて上演された『ラザルス』のオリジナル・キャストによる、劇中で歌われているデヴィッド・ボウイの楽曲「世界を売った男(The Man Who Sold The World)」、「チェンジス」、「火星の生活(Life On Mars?)」などを収録、Disc2には、ボウイが生前最後にスタジオ・レコーディングした3曲と表題曲でもある「ラザルス」が収録される、計23曲収録した2枚組作品。アートワークは、『★』、『ザ・ネクスト・デイ』、『ヒーザン』などを手がけた、ジョナサン・バーンブルックによるもの。日本盤は通常のCDプレーヤーで再生可能な高品質フォーマット【Blu-spec CD2】仕様で発売される。

過去にはボウイと『ザ・ネクスト・デイ』で仕事を共にしたヘンリー・ヘイがプロデュースを手がけ、ヘイがニューヨーク公演時に集めた7人編成のハウス・バンドを従え、マイケル・C・ホール(Newton役)、ソフィア・アン・カルーソ(Girl役)、クリスティン・ミリオティ(Elly役)、マイケル・エスパー(Valentine役)他、オリジナル・キャストのヴォーカルがDisc1ではフィーチャーされているが、アルバムが録音されたのは2016年1月11日。スタジオに到着したミュージシャンやキャストは、前日の夜にボウイがこの世を去ってしまったことを知り、ショックと深い悲しみにくれた。その日の彼らの感情のこもった演奏が、今作ではとらえられている。

ヘンリー・ヘイは「スケジュールは前から決まっていたんだ。忙しいキャストが全員集まれるのはこの日だけ。ほかならぬボウイがアルバムの完成を望んでいるのだから、もうやるしかない! という思いだった。つらい日でもあったけど、とても美しい日だったとも言える。あの日でなかったら、ああいう気持ちで歌えなかった。一人家で悲しみに暮れているより、皆と一緒にいられて良かった。揃って彼の音楽を祝福することができたわけだからね」と、その時の事を振りかえっている。

舞台『ラザルス』は、1963年のウォルター・テヴィス著『地球に落ちてきた男(The Man Who Fell to Earth)』から着想を得て、デヴィッド・ボウイとブロードウェイ・ミュージカルとして大ヒットした『ONCE ダブリンの街角で』の脚本を手がけた劇作家エンダ・ウォルシュによって書かれ、ベルギー出身の演出家イヴォ・ヴァン・ホーヴェが監督した作品。ニューヨーク・シアター・ワークショップにてオフ・ブロードウェイ作品として昨年11月から2016年1月まで上演され、今年の10月25日よりロンドン、キング・クロス・シアターにて英国公演として上演される。1976年、ニコラス・ローグ監督のもと『地球に落ちて来た男(The Man Who Fell to Earth)』は、映画化もされており、デヴィッド・ボウイが中心人物トーマス・ジェローム・ニュートン役を演じたことでも知られ、舞台『ラザルス』はニュートンのキャラクターに焦点を当てたものである。

いよいよ10月21日に、デヴィッド・ボウイから“地球への最後の贈物"『ラザルス』が届けられる。そして日本では、70回目の誕生日でもある2017年1月8日より、大回顧展『DAVID BOWIE is』がスタートとなる。

■「キリング・ア・リトル・タイム」
https://www.youtube.com/watch?v=2ngkrHSDIH0

■アルバム『ラザルス』

2016年10月21日発売
SICP 31020〜1/¥3,333+税
仕様:2枚組 / 初回デジパック仕様 / Blu-spec CD2 /歌詞・対訳・解説付
<収録曲>
■DISC 1
1. Hello Mary Lou (Goodbye Heart) ? Ricky Nelson
2. Lazarus ? Michael C. Hall & Original New York Cast of Lazarus
3. It\'s No Game ? Michael C. Hall, Lynn Craig & Original New York Cast of Lazarus
4. This Is Not America ? Sophia Anne Caruso & Original New York Cast of Lazarus
5. The Man Who Sold The World ? Charlie Pollack
6. No Plan ? Sophia Anne Caruso
7. Love Is Lost ? Michael Esper & Original New York Cast of Lazarus
8. Changes ? Cristin Milioti & Original New York Cast of Lazarus
9. Where Are We Now? ? Michael C. Hall & Original New York Cast of Lazarus
10. Absolute Beginners ? Michael C. Hall, Cristin Milioti, Michael Esper, Sophia Anne Caruso, Krystina Alabado & Original New York Cast of Lazarus
11. Dirty Boys ? Michael Esper
12. Killing A Little Time ? Michael C. Hall
13. Life On Mars? ? Sophia Anne Caruso
14. All The Young Dudes ? Nicholas Christopher, Lynn Craig, Michael Esper, Sophia Anne Caruso & Original New York Cast of Lazarus
15. Sound And Vision ? David Bowie
16. Always Crashing in the Same Car ? Cristin Milioti
17. Valentine\'s Day ? Michael Esper & Original New York Cast of Lazarus
18. When I Met You ? Michael C. Hall & Krystina Alabama
19. Heroes ? Michael C. Hall, Sophia Anne Caruso & Original New York Cast of Lazarus
■DISC 2
1. Lazarus ? David Bowie(アルバム『★』より)
2. No Plan ? David Bowie *
3. Killing a Little Time ? David Bowie *
4. When I Met You ? David Bowie *
*デヴィッド・ボウイ最後のスタジオ・レコーディング楽曲収録

■【大回顧展『DAVID BOWIE is』】

会期:2017年1月8日(日)〜4月9日(日)
会場:寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)
主催:DAVID BOWIE is 日本展実行委員会
企画:ヴィクトリア・アンド・アルバート博物館(V&A)
公式サイト:http://www.davidbowieis.jp/

【関連リンク】
DAVID BOWIE オフィシャルHP
デヴィッド・ボウイ、最新ベストアルバムが11月11日世界同時発売決定
デヴィッド・ボウイ、大回顧展「DAVID BOWIE is」の日本開催が決定
デヴィッド・ボウイ、映像作品『デヴィッド・ボウイ〜ジギー・スターダストの伝説〜』のトレイラー映像が公開へ

【関連アーティスト】
David Bowie, デヴィッド・ボウイ
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

amazarashi、約10000人を動員した幕張360°LIVE映像から「虚無病」を公開
Thu, 20 Oct 2016 19:00:00 +0900
「虚無病」ライブ映像 (okmusic UP\'s)

amazarashiが10月15日に開催した『amazarashi 360° LIVE「虚無病」』より「虚無病」のライブ映像を公開した。

【その他の画像】amazarashi

会場・劇場合わせて約10000人を動員した本公演は、10月12日発売のミニアルバム『虚無病』に収録された、秋田ひろむが書き下ろしたストーリー「虚無病」とリンクした形で行なわれたもの。タイトル曲「虚無病」は本公演のテーマともなる曲で、冒頭ストーリーの直後1曲目に演奏された。

amazarashi初となる360°LIVEはステージを4面で囲む巨大メッシュLEDモニターとフルカラーレーザーによる360℃リアルタイムアニメーションを駆使し、光のアートと本公演のために作られた完全新作の映像をハイブリッドさせ、虚無病の世界を完全に再現。そんなamazarashi初の表現方法の中、中央から発せられ力強く響き渡る秋田ひろむの力強い歌声、更に洗練されたバンドパフォーマンスによる圧倒的な世界観でファン達を魅了した。

秋田ひろむが書き下ろした「虚無病」にはアナザーストーリーが存在しており、「kyomubyo another story picture book -nothingness-」として、WIZYにて制作・販売することが発表されている。

【秋田ひろむ コメント】
「僕らは人生を諦めない為の歌をずっと歌ってきた。そして、これまでの歌に登場したような“未来に期待しない人間"に“虚無病"と名付けた。
これはもう一つの“虚無病"にまつわるお話。
僕らが目指すべきはハッピーエンドなのかもしれない。そうでなければ未来に期待なんてできないのだから。」

■WIZY
https://wizy.jp/project/9/

■「虚無病」Live Ver.
https://youtu.be/aVdXVeuQGb0

■「kyomubyo another story picture book -nothingness-」(虚無病アナザー ストーリー ピクチャーブック -nothingness-)

¥3,200(税込)
※装丁:B5、32P予定 フルカラー限定特装本
※虚無病アナザーストーリーのために書き下ろされた、 本作に纏わるオリジナル音源のダウンロードコード付

■ミニアルバム『虚無病』

発売中
【初回生産限定盤】(CD+DVD+DL)
AICL3175〜7/¥2,000+税
※amazarashi LIVE 360°「虚無病」スマホ用ダウンロードコード(1Track)
※クリア三方背ケース
※小説「虚無病」封入
【通常盤】(CD)
AICL3178/¥1,500+税
※初回仕様ランダムキャラクタージャケット(5種封入)
<収録曲>
■CD
1.僕が死のうと思ったのは
2.星々の葬列
3.明日には大人になる君へ
4.虚無病
5.メーデーメーデー
■DVD ※初回生産限定盤のみ
amazarashi Premium LIVE VIEWING「世界分岐二〇一六」
穴を掘っている
この街で生きている
ナモナキヒト

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashi、360° LIVE「虚無病」閉幕&「虚無病」ピクチャーブック販売決定
amazarashi、「虚無病」のストーリー第2章を特設サイトにて公開
amazarashi、書き下ろし小説のキャラが登場する「虚無病」MV公開

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

婚活女子に捧ぐ!良い女を演出できそうな曲
Thu, 20 Oct 2016 18:00:00 +0900
Beyonc?『I Am… Sasha Fierce』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は…聴くだけで良い女になれる!とか、そんな魔法のようなことはありませんが、婚活パーティや合コンに参加してみたくても、尻込みしてしまってなかなか……と、一歩踏み出せない貴女へ、背中をポンと押してくれそうなパワーみなぎる楽曲を集めてみました。

■1.「Single Ladies (Put a Ring On It) 」 / Beyonc?

●恋に苦戦するすべての独身女子たちに贈る応援歌!
私を他の男に獲られるのが嫌だったら、さっさと結婚指輪をくれていれば良かったのよ!……と、かなり強気で元カレに別れを告げる歌詞をテンション高く、パワフルにビヨンセ様が歌っているのを聴いていると、なんだかグズグズしている自分に潔く別れを告げたくなってきます。
気の置けない女友達と一緒に目一杯おしゃれして、普段行かないクラブや素敵なBARに行ってみる(もしくは行くことを想像する)のはいかがですか?行動範囲を広げることで、今までとは違う自分を発見できるかもしれません。
https://youtu.be/4m1EFMoRFvY

■2.「NEW LOOK」 / 安室奈美恵

●モデルになった気分で街を颯爽と闊歩してみよう。
歌詞の中に出てくるツイッギーは60年代にミニスカートを大流行させたイギリス出身のスーパーモデル。タイトにまとめたショートヘアはとてもキュートですが、そのtomboy(ボーイッシュ)なスタイルは当時とても斬新でした。しかし、ロングヘアから一転、思い切ってこの髪型を打ち出したことで、ツイッギーは現在でも語り継がれるほどのファッションリーダーとなったのです。
髪型に限らず、普段着ない色の服を着てみる、真っ赤な口紅をつけてみる、いつもよりちょっと多めに肌見せしてみる、など少しだけ思い切ったイメチェンで、新しい魅力が生まれてくるかもしれません。そんな気持ちを後押ししてくれる曲です。
https://youtu.be/aNOc6oxRKKU

■3.「Dangerous Woman」 / Ariana Grande

●女豹になった気分で妖しくキケンな女を演じてみよう。
普段心の奥にしまっている欲望を解き放って、たまには”キケンな女”を演じてみるのも良いのでは?
このMVのアリアナに倣って、普段はつけないセクシーなランジェリーをこっそり身につけてみましょう。繊細なデザインのランジェリーはいつになく身体に緊張感をもたらしてくれます。そして、ちょっぴりエッチな気分になることで女性ホルモンの分泌が促されると(※科学的根拠はありません)、ふとした仕草や歩き方にもきっと女性らしさがプラスされることでしょう。
そんな貴女の魅力に引き寄せられる男性達の中に、運命の人が現れるチャンスも……?!
https://youtu.be/9WbCfHutDSE

■4.「I Really Like You」 / Carly Rae Jepsen

●私、恋しちゃったかも?!……淡い気持ちを取り戻そう。
「愛してる」の手前、「私、あの人のこと好きかも……?」と気付き始めた頃というのは、メールの返信がないことにヤキモキしたり、その彼が別の女の子と話していることにほんのり嫉妬したり……と、相手のことがいちいち気になって、苦しかったりもします。でも、実はそのくらいの時が一番恋って楽しい!と思える時期かもしれません。仕事や学校へ行く足取りが軽くなったり、笑顔が増えたり、恋してる女性は生活にハリが出て、キラキラと眩しく見えるものです。この曲を聴くと、その輝くハッピーオーラにつられるみたいに、とても前向きな気持ちになれるのです。
https://youtu.be/qV5lzRHrGeg

■5.「PILLOWTALK」 / ZAYN

●イイ男に抱かれて夢うつつ…な気分を疑似体験しよう。
元ワン・ダイレクションのゼインによるソロ・デビュー・シングルなのですが、元アイドルが歌うにはかなり赤裸々で、最初に聴いた時は1D卒業後初のシングルでここまでやっちゃって良いの?と驚きを隠せませんでした。タイトルから察するに値する、コッテコテにセクシーな楽曲です。
ベッドの中で優しく甘い言葉を囁かれる……そんな夢のような時間、いつぶりだろう……?なんて、もし現実で相当ご無沙汰だったとしたら、聴くだけでエッチな気分になれそうです。良いオトコに抱かれる自分をシミュレーションして、良い女度アップを期待してみましょう。
https://youtu.be/C_3d6GntKbk

■6.「WHAT YOU WANT」 / JUJU

●人生は楽しんだもん勝ち!素直になるのを恐れない。
年齢を重ねるにつれ、いつの間にか自分で自分の気持ちにブレーキをかけて、つい大人ぶった余裕のあるフリをしてしまったりするけれど、そんな風に本来の自分を抑えてしまったまま一生終えてしまって良いの?なんてふと不安になることはありませんか?
人生は一度きりなのです。自分が心から”楽しい!”と思えること、”欲しい!”と思うものに、時には全力で素直になってみても良いと思います。日頃のストレスから開放された貴女には、きっと同じように人生を謳歌している人達が集まってくるでしょう。同性でも異性でもポジティブなバイブスを共有できる仲間が集まれば、そこからまた新しい素敵な恋が生まれるかもしれません。
https://youtu.be/FOr6pR4wyqY

さて、お気に召した選曲はございましたか。
ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、各曲をお楽しみいただければ幸いです。
それでは、くれぐれもマナーを守ってお外へGO!

【関連アーティスト】
JUJU, 安室奈美恵, Beyonce, カーリー・レイ・ジェプセン, Ariana Grande
【ジャンル】


乃木坂46 、シングル「サヨナラの意味」ジャケ写のコンセプトは“大人の乃木坂46”
Thu, 20 Oct 2016 18:00:00 +0900
乃木坂46 (okmusic UP\'s)

乃木坂46が11月9日(水)に発売する16thシングル「サヨナラの意味」のジャケット写真を公開した。

【その他の画像】乃木坂46

今作品で初のセンターを飾り、そしてラストシングルとなる橋本奈々未が持つ「大人でファッショナブルなイメージ」、そして冬の季節を重ね合わせ、アートでスタイリッシュな大人の乃木坂46をコンセプトに、10月上旬に都内スタジオにて撮影された。

またType-Aに関しては、卒業を発表した橋本奈々未の旅立ちの意味も込めて、トラベルバックをモチーフに撮影。カメラマンは、乃木坂46の2ndアルバム『それぞれの椅子』や数多くのCDジャケット、ファッションビジュアルなどを手掛けている間仲宇(マナカヒロシ)氏が担当。ファッションモデル同様、各メンバーがアートなポーズを試行錯誤しながら撮影を行なったジャケット写真となっている。

卒業が発表された人気フロントメンバー橋本奈々未がセンターを務める「サヨナラの意味」に今後も注目していきたい。

■シングル『サヨナラの意味』

2016年11月9日(水)発売
【初回仕様限定盤】(CD+DVD)
・Type-A SRCL-9258〜9259/¥1,650(税込)
・Type-B SRCL-9260〜9261/¥1,650(税込)
・Type-C SRCL-9262〜9263 /¥1,650(税込)
・Type-D SRCL-9264〜9265/¥1,650(税込)
※Music Video&特典映像DVD収録
※「全国イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
※乃木坂46メンバー生写真1種ランダム封入(全140種類のうち1種)
【通常盤】(CD)
SRCL-9266/¥1,050(税込)

【関連リンク】
乃木坂46オフィシャルHP
乃木坂46が挑む舞台『墓場、女子高生』が遂に開幕
乃木坂46、3年ぶりに新メンバー12名の加入が決定!
乃木坂46、18万人を動員した全国ツアー最終日に16thシングル発売をサプライズ発表

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

チャンミン(東方神起)、24hコスメ新CMは「チャンミンは突然に秋」篇!
Thu, 20 Oct 2016 17:30:00 +0900
東方神起 チャンミン (okmusic UP\'s)

東方神起のチャンミンが起用された「24hコスメ キャンペーン」第2弾が、10月20日(木)より開始となった。新CM「チャンミンは突然に秋」篇のオンエア等、様々なプロモーションを全国4エリアにて実施する。


【その他の画像】東方神起

CMの舞台は、華やかな夜景をバックにした夜のパーティー会場。窓ガラスに映った自分の姿に目を留め、襟元を整えるしぐさをするチャンミンのクールな表情からCMが始まる。深まりゆく秋の日の、大人っぽくて幻想的なワンシーンは、軽快にアレンジされた『いつか王子様が(Someday My Prince Will Come)』と共に放映中。

■24hコスメ キャンペーン特設サイト
http://www.24h-cosme.jp/2016aw

■【チャンミン(東方神起)オリジナルグッズが当たる!第2弾プレゼントキャンペーン】

大好評を得た2016年春のキャンペーンに続き、第二弾を実施! 24hコスメ商品を購入し店頭設置の専用ハガキで応募することで、チャンミン(東方神起)オリジナルグッズが当たる。

■A賞 24名様
チャンミン(東方神起)オリジナルコットンBOX
■B賞 1,000名様
チャンミン(東方神起)オリジナルICカードステッカー
■C賞 100名様
24hコスメ商品 1万円相当詰め合わせ

【期間】10月20日(木)〜12月11日(日)  
【対象商品】24hコスメ全商品対象(※2)
【応募方法】商品外箱に印刷されているバーコードを切り取り、店頭設置の専用ハガキ(※1)に貼り付け応募出来る。

※1:キャンペーン特設サイト(http://www.24h-cosme.jp/2016aw)からもダウンロード可能。
※2:24hコスメ公式サイト及び、全国バラエティショップ、GMS、ドラッグストア他にて発売。 ファンデーションパフ、フェイスパウダー用リボンパフは除く。

【関連リンク】
東方神起 オフィシャルHP
東方神起、未公開ショット満載の写真集「STAY\'elua」を4月2日に発売
東方神起、『TOHOSHINKI Gallery 2016 〜FEEL〜』開催決定
東方神起のチャンミンが『24hコスメ』の新イメージキャラクターに決定

【関連アーティスト】
東方神起
【ジャンル】
K-POP, テレビ(番組/CM)

ゆず、「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」をテレビで初披露
Thu, 20 Oct 2016 17:00:00 +0900
ゆず (okmusic UP\'s)

ゆずが11月1日(火)放送予定の NHK『うたコン』(後 7:30〜)に出演するが決定した。今年7月に配信リリースされた「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」をテレビ初披露する。


【その他の画像】ゆず

ゆずの同番組への出演は今回が初。「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」は、坂本九さんが 1963 年に発売した J-POP のスタンダードナンバー「見上げてごらん夜の星を」を、北川悠仁が詩とメロディを加筆し新たにレコーディング。楽曲や坂本九さん、作詞の永六輔さん、作曲のいずみたくさんら に敬意を表し、レコーディングではゆず、スタッフ、スタジオミュージシャン全員が"正装"で参加した。

ゆずは今年の 10 月 25 日より、デビュー20 周年イヤーに突入。それを記念し、11月26日(土)・27日の2日間、東京ドームにて弾き語りライブ「ゆずのみ」の開催が決定している。

■「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」配信サイト

■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album//id1132500273?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.com/t0/1003381443/
■mora
http://mora.jp/package/43000034/SNDS-98095/
■music.jp
http://goo.gl/wKYQrF
■dwango
http://r.dwango.jp/8G01KMa5

【関連リンク】
ゆず オフィシャルHP
ゆず、東京ドーム公演に向けた最新アー写公開&過去のドームライブ映像が配信開始
篠笛奏者・佐藤和哉、メジャーデビュー発表ライヴを開催
ゆずの『1 〜ONE〜』は多彩なサウンドの中で彼ららしいメロディーとハーモニーを響かせた快作

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

乃木坂46の橋本奈々未が「乃木坂46のオールナイトニッポン」内でグループ卒業を発表
Thu, 20 Oct 2016 16:00:00 +0900
橋本奈々未 (okmusic UP\'s)

乃木坂46第1期生の橋本奈々未が10月19日、ニッポン放送「乃木坂46のオールナイトニッポン」内でグループの卒業を発表した。

【その他の画像】乃木坂46

通常毎週水曜日は「AKB48のオールナイトニッポン」として生放送されているが、10月19日は乃木坂46の橋本奈々未・生田絵梨花・桜井玲香の3名がパーソナリティを務め「乃木坂46のオールナイトニッポン」として生放送。番組内では、橋本奈々未からのお知らせという形で卒業を発表した。

橋本は、「今回の16thシングル『サヨナラの意味』の活動、そして来年の自分の誕生日までを目安に、乃木坂46を卒業する事を決めました。また同時に芸能界も引退して、普通の女性として生きていこうと思っています。この生放送を誰と出演したいかをスタッフさんに問われた時、私にどこか似ている所があり、これからも頑張ってほしい玲香と生ちゃんを指名しました。残りの4ヶ月を応援してください」とコメント。

それを受けた桜井は、「いつかは来るかと思っていたけど、話があった時は本当に辛かった。キャプテンとして、ななみん(橋本)の意見は的確で、頼りにしていたし、本当に助けられた」 。

生田絵梨花は「ななみんの存在が本当に大きくて、いつも背中を追っていた。卒業するのは本当に寂しい」と涙ながらにコメントした。

尚、番組では、橋本奈々未が初センターを飾り、自身のラストシングルとなる16thシングル(11月9日発売)のタイトルが「サヨナラの意味」に決定したことも発表、番組内で初オンエアされた。

同楽曲は「サヨナラに強くなれ」と、橋本奈々未へのエールが込められた楽曲でもある。デビュー時からフロントメンバーとしてグループを牽引してきた橋本奈々未の卒業は、今後のグループにどのような変化をもたらすのか。今後の動向に注目していきたい。

■シングル「サヨナラの意味」

2016年11月9日(水)発売
【初回仕様限定(CD+DVD)盤】Type-A
SRCL-9258〜9259/¥1,650(税込)
【初回仕様限定(CD+DVD)盤】Type-B
SRCL-9260〜9261/¥1,650(税込)
【初回仕様限定(CD+DVD)盤】Type-C
SRCL-9262〜9263/¥1,650(税込)
【初回仕様限定(CD+DVD)盤】Type-D
SRCL-9264〜9265/¥1,650(税込)
※Music Video&特典映像DVD収録
※「全国イベント参加券orスペシャルプレゼント応募券」1枚封入
※乃木坂46メンバー生写真1種ランダム封入(全140種類のうち1種)
【通常盤(CDのみ)】
SRCL-9266/¥1,050(税込)

【関連リンク】
乃木坂46オフィシャルHP
ニコラス・エドワーズ、リリースイベントで500人のファンを魅了
黒木啓司の冠番組にToshl(X JAPAN)がゲスト出演! 生歌にNESMITH「感無量です」
秦 基博、新曲「70億のピース」10ヶ国版リリックビデオ公開&世界フル配信決定!

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
女性アイドル

SA、アルバム『WAO!!!!』発売記念トークイベント&5ショット撮影会が大盛況!
Thu, 20 Oct 2016 15:00:00 +0900
10月18日(火)@タワーレコード渋谷店 (okmusic UP\'s)

SAが10月18日、テイチク移籍後初となるオリジナルフルアルバム『WAO!!!!』のリリースを記念し、タワーレコード渋谷店4Fにてトークイベント&5ショット撮影会を実施した。

【その他の画像】SA

トークコーナーでは、今年1月にメジャーデビューからベスト盤リリース、全国ツアー、各地音楽フェスへの出演とめまぐるしく活動した約半年を振り返り、ついに出来上がったオリジナルアルバムの手応えなどをメンバーがそれぞれに語った。

トークコーナーのあとは、アルバムの購入者を対象とした5ショット撮影会を実施。メンバー4人がアイドルさながらのサービス精神で挑み、ライブとはまた一味違う楽しいひと時を演出した。

またこの日の夜、アルバム収録の「ピーハツグンバツWACKY NIGHT」のMVをフルバージョンにて公開。こちらもぜひアルバムと合わせてチェックしてみてはいかがだろうか。

■アルバム『WAO!!!!』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
TECI-1517/¥4,000+税
【通常盤】(CD)
TECI-1518/¥3,000+税
<収録内容>
■CD
01.ピーハツグンバツWACKY NIGHT
02.槍もて弓もて
03.誰が為の人生だ
04.LOVE\'N\'ROLL
05.そしておまえは新しくなる
06.Andy
07.ケリをつけろ
08.情熱WINNER
09.WATCH ME
10.はじめてのバラード
11.CLUNKER A GO-GO
■DVD ※初回限定盤のみ
4月17日に東京キネマ倶楽部で開催された全国ツアー「START ALL OVER AGAIN, NOW! 2016」の最終公演を全曲収録。
01.START ALL OVER AGAIN! 
02.GET UP!WARRIORS 
03.ACTIONS SPEAK LOUDER THAN WORDS
04.サマーホリディズスカイ 
05.KIDZ IGNITE 
06.WONDER WORKER 
07.俺は俺 
08.新しい歩幅
09.さらば夜明けのSkyline 
10.MARCH of HEROES 
11.runnin\' BUMPY WAY 
12.CALL YOUR NUMBER
13.(GOOD BYE)SHINING FIELDS 
14.SONG FOR THE LOSER 
15.雄叫び 
16.DON\'T DENY,GIVE IT A TRY!! 
17.GO BARMY KIDS 
18.RALLY-HO! 
19.THE SHOW MUST GO ON
20.青春に捧ぐpart.2 
21.DELIGHT

■「ピーハツグンバツWACKY NIGHT」(フルバージョン) 
https://youtu.be/RnIHvtWG73Q

【関連リンク】
SA、待望の新曲MV解禁で“ピーハツ”感が“グンバツ”に!?
速報! 『氣志團万博2016』の素晴らしかったアクト&楽曲5選
SA、移籍後初のオリジナルフルアルバム詳細とキービジュアルを解禁
SA、自主企画ライブ・次回共演はThe Birthday! ニューアルバム発売&全国ツアーも決定

【関連アーティスト】
SA
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Hilcrhymeが新曲「WARAE〜In The Mood〜」のMVで大笑い!?
Thu, 20 Oct 2016 14:00:00 +0900
「WARAE〜In The Mood〜」MV (okmusic UP\'s)

Hilcrhyme通算20枚目のシングル「WARAE〜In The Mood〜」のMVが完成した。

【その他の画像】Hilcrhyme

今作はジャズの名曲「In The Mood」をHilcrhymeがラップ・カバーし、MCのTOCが新たに歌詞をつけた作品。

今回のシングルで発信しているテーマは、シンプルに『笑う』こと。そのメッセージを表現した今回のMVは、いつものHilcrhymeのクールなビジュアルの印象を心地よく裏切り、メンバー2人が大笑いしているという、明るくハッピーな作品となっている。

撮影現場で特に盛り上がったのは、監督から「笑って」とキューが出た瞬間、大爆笑するシーン。Hilcrhymeの2人のプロフェッショナルな演技から、スタジオ全体がハッピーなオーラに包まれた。「WARAE〜In The Mood〜」のMVはシングルの初回盤のDVDに収録。ぜひチェックしてみてほしい。

また、11月12日(土)に開催される仙台PIT公演にて、12月発売のニューアルバムから特別に1曲が初披露され、そのライブパフォーマンスがMVとして撮影されることが決定。この会場だけのスペシャル企画となっている。期待して続報を待とう。

■「WARAE〜In The Mood〜」(Short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=1jDNtjNLCiw

■シングル「WARAE〜In The Mood〜」

2016年11月16日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7206/?1,836(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-5890/?1,188(税込)

■『Hilcrhyme 10th Anniversary TOUR 2016 BEST10』

10月13日(木) 新潟・新潟県民会館
10月16日(日) 大阪・和泉シティプラザ
10月22日(土) 北海道・帯広 MEGA STONE
10月23日(日) 北海道・Zepp Sapporo
10月29日(土) 広島・HIROSHIMA CLUB QUATTRO
10月30日(日) 福岡・福岡国際会議場
11月01日(火) 大分・DRUM Be-0
11月03日(木・祝) 香川・高松オリーブホール
11月05日(土) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
11月06日(日) 京都・KBSホール
11月12日(土) 宮城・仙台PIT
11月13日(日) 岩手・盛岡 CLUB CHANGE WAVE
11月19日(土) 大阪・Zepp Namba
11月20日(日) 愛知・Zepp Nagoya
11月23日(水・祝) 静岡・静岡市民文化会館 中ホール
11月26日(土) 栃木・栃木県総合文化センター
11月27日(日) 群馬・高崎 club FLEEZ
12月03日(土) 富山・MAIRO
12月04日(日) 岐阜・club-G
12月11日(日) 東京・TOKYO DOME CITY HALL

【関連リンク】
HilcrhymeオフィシャルHP
Hilcrhyme、ファン参加型10周年ツアー開幕で「大盤振る舞いです!」
Hilcrhyme、結成10周年の集大成となる7thアルバムのリリースが決定
Hilcrhymeが笑う事の素晴らしさを唱える! 新曲「WARAE〜In The Mood〜」詳細解禁!

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP

家入レオ、新曲「それぞれの明日へ」が全国高校サッカー選手権大会応援歌に決定!
Thu, 20 Oct 2016 13:00:00 +0900
家入レオ (okmusic UP\'s)

家入レオが第95回全国高校サッカー選手権大会の応援歌を担当することがわかった。

【その他の画像】家入レオ

これまで、いきものがかり、FUNKY MONKEY BABYS、ナオト・インティライミ、miwa、GreeeeN、大原櫻子、BLUE ENCOUNTなど数々のアーティストが応援歌を担当してきた全国高校サッカー選手権大会。

今回応援歌に決定した家入レオの新曲「それぞれの明日へ」は本大会の為に書き下ろされた楽曲で、作詞を家入レオが担当し、作曲に多保孝一、編曲に本間昭光というタッグで制作された。

サビの"例え 今泣き叫んでも 夢を描いて それぞれの未来へ 羽ばたいて行け"というフレーズが印象的な歌詞は、サッカーに打ち込む高校生はもちろん、全てのティーン、全世代の人の心に力強く響く応援歌になっている。

第95回全国高校サッカー選手権大会は12月30日(金)に開幕し、2017年1月9日(月・祝)に埼玉スタジアム2○○2にて決勝戦が行なわれる。真冬を熱くする高校生たちの熱戦と家入レオの応援歌「それぞれの明日へ」にぜひ注目してほしい。

■【家入レオ コメント】

今回、歴史ある高校サッカーの応援歌のお話をいただいてとても嬉しかったです。歴代の応援歌に恥じないように自分もサッカーを通じて一生懸命になる思いや姿にスポットをあてて、曲を作っていこうと思いました。

「それぞれの明日へ」で自分の中で大切にした想いとして、やはり選手達には、『やりきってほしい』という気持ちがすごくありました。自分自身毎日同じことの繰り返しのようで、実はその積み重ねが、今後大事な時に自分に返ってくると思っているので、自分を信じて、ひたすらもがいて、前に向かって歩いていってほしいという気持ちで作りました。

曲を作っていく中で、今回の大会に関わっている方々のお話や想いを聞く機会があり、一番衝撃を受けたのが、大勢いる部員の中で、先発出場する11人に選ばれる為のドラマが、試合で戦う前にあるということでした。「同じ努力をしているのに自分は選ばれなかった」とか、逆に「自分は選ばれてしまった」とか、様々な想いやプレッシャーがあるということ、本当にこの大会で色々なことを選手達が学んでいくということを知りました。「それぞれの人に同じ明日は無いし、そこで学んだことがそれぞれの未来に活きてほしい」そんな想いから、今回「それぞれの明日へ」というタイトルにしました。

この歌を聴いて一番感じてほしいことは、自分と向き合ってほしいということです。『「下手くそだなぁ」、「向いてないなぁ」弱気な君もいたね』という歌詞があるのですが、自分と向き合う作業は、自分の弱さが分かりますし、本当に辛いことだと思います。しかし、上手くなるには、まず自分が「下手だ」と思わないと出来ないことだと思います。それを毎日部活でやっている高校生の皆さんには本当に敬意を感じます。「下手くそだな」とか「自分は向いていない」って思うことは、決して間違ったことではないと。ただ、そこで挫折するのではなく、今は辛いかもしれないけど、この先に世界が自分のことを待っているんだと、この歌を通じて少しでも感じてもらえればいいなと思います。

また高校時代にサッカーをしていた方は、永遠にその時代を心の中に映しながら生きているということが印象的でした。「その時代を頑張れたから、今の自分がある」と聞いた時から、今この瞬間だけを応援するだけの歌にはしたくないという想いがありました。
大会は勝負の世界なので、勝ち負け、白黒ははっきりつきます。ただどちらの結果になったとしても、自分が大会に参加したという事が、どれだけ自分の誇りになるのかということに気づいてほしいですし、いつか今の苦しみも活きる日が来るのではないかと。大人になった時、あの時頑張れたのだから、今も絶対出来るって思える自信に繋がるのではないかと。「あの高校時代を頑張れたから、今の自分があるんだよ」と。そういう思いを込めて長い目でずっとみんなで寄り添っていける歌詞にしました。

高校生の皆さんはもちろん、頑張っている全ての人達にとっての人生のテーマ歌になったらいいなと思います。

■アルバム『WE』

発売中
【ツアー会場限定盤】(CDのみ)
NCS-904/¥3,056+税
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-986/¥3,400+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-64588/¥2,900+税
<収録曲>
■CD
01. 僕たちの未来<日本テレビ系土曜ドラマ「お迎えデス。」主題歌>
02. Brand New Tomorrow<映画「ペット」イメージソング> 
03. 君がくれた夏<フジテレビ系月9ドラマ「恋仲」主題歌>
04. 恍惚
05. Party Girl
06. I Wish
07. we
08. Hello To The World<TBS系テレビ「CDTV」2・3月度オープニングテーマ曲>
09. シティボーイなアイツ
10. さよなら Summer Breeze
11. そばにいて、ラジオ<NHK・民放連共同ラジオキャンペーンin福岡「#フクラジ」キャンペーンソング>
12. Every Single Day
bonus track
13. オバケのなみだ<NHKみんなのうた2-3月度>
■DVD
※Live at Zepp DiverCity 2016.2.2 〜two colours〜
「サブリナ(Acoustic)」「miss you」「Still」「Lady Mary」「Last Stage」「Silly」「君がくれた夏」「希望の地球」「Hello To The World」「サブリナ」
全10曲収録
※「僕たちの未来」 Music Video -Another version-
※「Hello To The World」 Music Video -Another version- など、約50分にわたる貴重映像をボリューム収録

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
家入レオ、初の全国ホールツアーが初日から大盛況
家入レオ、4thアルバム『WE』のツアー会場限定盤の発売が決定
高橋優、自身が主催する野外フェス『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』が大盛況!

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP

Vanity Sicks、1stデジタルシングル「Let it die」配信スタート
Thu, 20 Oct 2016 12:00:00 +0900
Vanity Sicks (okmusic UP\'s)

INZ(MEGAMASSO)率いるVanity Sicksが、1stデジタルシングル「Let it die」を10月19日にリリースした。

【その他の画像】HIGH and MIGHTY COLOR

2016年6月、INZ(MEGAMASSO)とユウスケ(ex.HIGH and MIGHTY COLOR)、vincent(ex.SUN OF A STARVE)、Ash、takahikoで結成されたVanity Sicks。7月22日に渋谷Star Loungeで行なわれたお披露目ライヴ「First Match」は、結成発表から1ヶ月にも関わらずソールドアウト。これまで各メンバーが活動してきたジャンルを超え、新たな化学反応が生まれた。

PlayStation4用ゲームとの音楽コラボ企画参加楽曲である「Let it die」をこの機会にぜひチェックしてみてほしい。

■配信シングル「Let it die」

配信中
¥250(税込)
■iTunes store
https://geo.itunes.apple.com/jp/album/let-it-die/id1161581567?i=1161581644&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.jp/artist/2000674337/

【関連リンク】
Vanity Sicks オフィシャルHP
強がりセンセーション、新曲「さよならBABY feat.ユウスケ」MVのフルバージョンを公開
INKT、1年半ぶりとなる3rdミニアルバムを9月にリリース
メガマソのインザーギ(Vo.)が新プロジェクト“Vanity Sicks”を始動

【関連アーティスト】
HIGH and MIGHTY COLOR, メガマソ, SUN OF A STARVE, Vanity Sicks
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Sakuが全力で走る! 新曲「ハローハロー」のMVが完成
Thu, 20 Oct 2016 11:00:00 +0900
「ハローハロー」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

Sakuが、10月26日にリリースするニューシングル「ハローハロー」からタイトル曲のMVを公開した。

【その他の画像】Saku

この楽曲は、“立ち止まってばかりじゃ何も始まらないから。一歩踏み出したい女の子に贈る曲”をテーマに、等身大のSakuの実体験を基に歌詞を制作。MVでは歌詞に描かれた“不器用だけれど懸命に毎日を生きる女の子”の“変わりたい”という強い気持ちを、全力の走りで表現している。

撮影はSakuの地元である神奈川県内で行なわれ、好きな人役としてSakuと7年来の友人でもあるクリエイティブシンガー・山下歩が友情出演するなど、随所にSakuのこだわりが詰まったMVに仕上がっている。

Sakuはニューシングル「ハローハロー」を引っさげ、発売日である10月26日(水)下北沢で自身がプロデュースを務めるハロウィンパーティーを開催! さらに、10月下旬からは東京・神奈川・大阪でリリースイベントも決定している。こちらもぜひチェックしてみてほしい。

■【コメント】

■山下歩 コメント
Sakuとは7年来の友達で、今回『ハローハロー』のMVに出演させていただけて、とっても光栄でした! 撮影もすごく楽しくて、自然な笑顔がたくさん盛り込まれた映像になっていると思います! Sakuの声と歌詞から溢れる青春と、風きる胸キュンストーリーをお楽しみください!

■濱慎之介監督 コメント
恋をするときの楽しさ、もどかしさ、儚さを表現しました。彼女の走っている姿から何かを感じて頂ければ幸いです。

■「ハローハロー」MV
https://youtu.be/Jv77o3wsqxs

■「Hello Hello Halloween Party★」

10月26日(水) 東京 Music Bar ROCKAHOLIC-Shimokitazawa
open:18:00 start:19:00
※入場無料

■「ハローハロー」リリースイベント

10月29日(土)18:00〜 神奈川 タワーレコード川崎店 店内イベントスぺース
11月04日(金)19:30〜 東京 HMV エソラ池袋
11月05日(土)12:30〜 大阪 タワーレコード難波店 5Fイベントスぺース
イベント内容:ミニライヴ+アナザージャケットサイン会

【関連リンク】
Saku オフィシャルHP
Saku、日本一の芋煮会フェスティバルにて新曲「ハローハロー」を披露
Saku、LINEトークを再現した「君色ラブソング」MVがついに解禁
シンガーソングライターSakuが、専門学校で講義! 約300名の学生にエール!

【関連アーティスト】
Saku
【ジャンル】
J-POP

ニコラス・エドワーズ、リリースイベントで500人のファンを魅了
Thu, 20 Oct 2016 10:00:00 +0900
10月19日(水)@ダイバーシティ東京プラザ (okmusic UP\'s)

ニコラス・エドワーズがニューシングル「Freeze」のリリース日である10月19日(水)に、お台場のダイバーシティ東京プラザにてリリース記念イベントを開催! 500名の女性ファンが駆けつけ,会場は黄色い声に包まれた。

【その他の画像】ニコラス・エドワーズ

肌寒い秋風が吹く暗闇の中、新曲「Freeze」のイントロと共にステージに登場したニコラス・エドワーズ。ファンの持つ黄色いライトが辺り一面に広がり、のっけから会場の雰囲気も最高潮に! そして、「ポニーキャニオン移籍後、待ちに待った初めてのシングルを本日リリースしました!」と報告すると、集まったファンからは「おめでとーう!!!」の大歓声が沸き起こった。この日はステージを飛び出しての演出から「Freeze」-English ver.-の初披露、全員で“Freeze”ポーズでの記念撮影まで、集まったファンを大満足させる内容盛り沢山のリリースイベントとなった。

そして、ポニーキャニオンに移籍して初めてのシングルとなる今作のリリースで新たなスタートを切るニコラスは最後に「この新しい力を翼に替えて飛び立っていきたいと思います。そして、新たな音楽でガンガン皆さんを楽しませていきたいなと思います。」とファンに向けて熱い想いを語り、長々とお辞儀。その姿に観客からは惜しみない拍手が送られたのだった。

また同イベントでは、15回連続となる日本テレビ系「のどじまんTHEワールド! 2016 秋」への出演も発表された。放送は10月26日(水)。このあともニコラスは11月30日にニューアルバムをリリースされることが既に発表されているほか、12月3日には東京・EX THEATER 六本木にて、ワンマンライブ『MOTION 2016 CHRISTMAS CONCERTを開催することが決まっている。

■【ライブ/イベント情報】

『シングル「Freeze」発売記念リリースイベント』
10月20日(木) タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
時間:14:30スタート
10月21日(金) HMV& BOOKS TOKYO 7Fイベントスペース
時間:15:30スタート
10月22日(土) ラゾーナ川崎プラザ 2F ルーファ広場 グランドステージ
時間:13:00〜・16:00スタート

『MOTION 2016 CHRISTMAS CONCERT〜Silent Night with Nicholas Edwards〜』
12月03日(土) EX THEATER六本木 
<チケット>
プレミアム・スタンディング・エリア:7,200円(税込)
S席(指定席) :7,500円(税込)

■【リリース情報】

シングル「Freeze」
2016年10月19日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA1-04439/¥2,400 (税込)
※仕様スペシャルパッケージ仕様 
※ブックレット付属(16ページ予定)
※封入特典
・購入者特典応募抽選券(1)封入
<収録曲>
■CD
01. Freeze
02. Freeze(-English ver.-)
03. Freeze(Instrumental)
■DVD
01. Behind the Scenes -Cover Shooting-
02. Behind the Scenes -Release Event-

【通常盤A】(CD ONLY)
PCCA-70486/¥1,400 (税込)
※封入特典 (初回生産分のみ)
・トレーディングカード1枚ランダム封入(全3種)
・オリジナルシール(予定)(全1種)
・購入者特典応募抽選券(2)封入
<収録曲>
01. Freeze 
02. W/W/W 
03. Freeze (Instrumental) 
04. W/W/W (Instrumental)

【通常盤B】(CD ONLY)
PCCA-70487/¥1,400 (税込)
※封入特典 (初回生産分のみ)
・トレーディングカード1枚ランダム封入(全3種)
・オリジナルシール(予定)(全1種)
・購入者特典応募抽選券(3)封入
<収録曲>
01. Freeze 
02. DR1VE 
03. Freeze (Instrumental) 
04. DR1VE (Instrumental)

アルバム『未定』
2016年11月30日(水)発売

【関連リンク】
ニコラス・エドワーズ オフィシャルHP
ニコラス・エドワーズ、初の大阪単独公演で感謝とともに新たなる出発を宣言!
ニコラス・エドワーズ、アメリカ・ポートランド単独凱旋公演終了
ニコラス・エドワーズ、ニューシングル「Freeze」のジャケットアートワーク&トラックリストを公開

【関連アーティスト】
ニコラス・エドワーズ
【ジャンル】
J-POP, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1