歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年10月08日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/10/17
2016/10/16
2016/10/15
2016/10/14
2016/10/13
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
魔法少女になり隊、デビューシングル海外配信&インスタ開設!
Sat, 08 Oct 2016 19:00:00 +0900
魔法少女になり隊 (okmusic UP\'s)

魔法少女になり隊がシングル「KI-RA-RI」とそのミュージックビデオの海外配信をスタートした。また、Instagramオフィシャルアカウントが開設された。

【その他の画像】魔法少女になり隊

2016年9月に発売された魔法少女になり隊のデビューシングル「KI-RA-RI」が、アメリカ、イギリス、スペイン、フランス、イタリア、オランダなど47カ国のiTunes StoreとAmazon Musicで配信がスタートし、VEVOではミュージックビデオの配信もスタートした。同時に魔法少女になり隊のInstagramオフィシャルアカウントが開設された。2015年SXSWに出演し、11月にはSlip Knot主催の「KNOT FES JAPAN」への出演が決まっている魔法少女になり隊がどの様に世界を巻き込んで冒険していくのか期待が集まる。

魔法少女になり隊は、年明け1月に「ワンマンツアー 2017〜メロディア王国にさよならバイバイ ワタシはみんなと旅に出る〜」の開催が決定。オフィシャルサイトではチケット先行予約がスタートしており、早めにゲットしてみてはどうだろうか。

■魔法少女になり隊 instagram
https://www.instagram.com/mahousyoujoninaritai/?hl=ja

■シングル「KI-RA-RI」MV short ver.
https://youtu.be/MbELUxrvogU

■シングル「KI-RA-RI」海外配信情報

■iTunes ASIA
配信国:香港、シンガポール、マレーシア、台湾、インドネシア、インド、タイ、フィリピン、カンボジア、ラオス、マカオ、ベトナム、スリランカ、ミクロネシア、フィジー、ネパール、パプアニューギニア、ブルネイ、バーレーン、エジプト、ヨルダン、レバノン、オマーン、カタール、サウジアラビア、UAE
■iTunes
配信国:アルゼンチン、ブラジル、チリ、コロンビア、ペルー、カナダ、アメリカ合衆国、メキシコ、フィンランド、
スウェーデン、イギリス、イタリア、スペイン、フランス、ドイツ、オーストリア、スイス、オランダ、ロシア、オーストラリア、ニュージーランド
■Amazon MP3
配信国:アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、オーストリア、スイス、イタリア、スペイン

■魔法少女になり隊 ワンマンツアー2017〜メロディア王国にさよならバイバイ ワタシはみんなと旅に出る〜

1月21日(土) 愛知 名古屋APOLLO BASE
1月27日(金) 大阪 梅田Shangri-La
1月29日(日) 東京 渋谷TSUTAYA O-WEST

【関連リンク】
魔法少女になり隊 オフィシャルHP
魔法少女になり隊、2017年に東名阪ワンマンツアー開催決定
The Mirraz、10thスタートツアーのゲスト発表&新曲「そして、愛してる」MV公開
魔法少女になり隊、メジャー・デビューシングルのアートワークが解禁

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ドミコ、アルバム『soo coo?』のティーザー公開
Sat, 08 Oct 2016 18:00:00 +0900
ドミコ (okmusic UP\'s)

ドミコが11月9日にリリースする1stフルアルバム『soo coo?』のティーザーがサウンドクラウドで公開になった。

【その他の画像】ドミコ

Voのひかるは「このティーザーはアルバムの良さが1%しか伝わらないようにつくりました」とコメントを寄せている。それでもリリースまで待てない!という方は、是非ドミコ・サウンドクラウドで不完全燃焼のままお聴きいただきたい。

10月1日にドミコが盟友Tempalayと初開催した『BEACH TOMATO NOODLE』(ビーチ・トマト・ヌードル)。決して地の利がよいわけではない開催地、千葉の白浜フラワーパークには音楽を愛する輩が大集結し、今までに類をみないピースフルでクレイジーなフェスとなった。開催地直行のツアーバス車内では、予告なしにアルバム『soo coo?』が爆音で流され予期せぬ車内アルバム超先行試聴会に。曇天のフラワーパークでは同世代の仲間たちが集結し、海辺のステージとプールサイドのステージで交互に演奏が行われる中、あまりに楽しすぎて初秋のプールに飛び込み続出、時間、季節、そして我を忘れてそれぞれにビートマを謳歌した。

何より素晴らしいのはここに参加したアーティスト(Tempalay、ドミコ、TENDOUJI、Walkings、Gi Gi Giraffe、JABBA DA HUTT FOOTBALL CLUB、SPARK!! SOUND!! SHOW!!、DJ 松本誠治、愛はズボーン、PunPunCircle、Kidori Kidori(マッシュ弾語り)、Boys Age、エンヤサン、yule、GRASAM ANIMAL)だけでなく、そこにいた全ての人たちに楽しい記憶しかない奇跡的なフェスだった事だろう。

そんな果敢な活動を続けるドミコがThe Megaphonic Thrift(from Norway)のJapan Tourに急遽参加が決定! 今年4月の全世界でブレイク中、スペインのHiNDSのオープニング・アクトに続き、同じ新代田FEVERでノルウェーのシューゲイザー・バンドThe Magaphonic Thriftとカナダのガレージ・バンドTough Ageのライブに参加決定。日本のロックという規格に収まらないドミコのサウンドとノルウェー、カナダから来た彼らと素晴らしいマッチングの一夜になるに違いない。もちろんニュー・アルバムからの曲も惜しげなく披露する予定なので、いち早くアルバムを体感しにきてほしい。

■アルバム『soo coo?』ティーザー
https://soundcloud.com/domico/soo-cooteaser

■アルバム『soo coo?』

2016年11月9日発売  
RED0005/¥2,130+税
<収録曲>
1.my baby
2.まどろまない
3.グレープフルーツジュース
4.Pop,Step,Junk!
5.Slip In Pool
6.さなぎのなか
7.マイララバイ
8.haii
9.おーまいがー(album ver.)⇒ 『ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン』 ED album ver.

■「The Megaphonic Thrift Japan Tour 2016」

10月18日(火) 新代田FEVER:
出演:OA ドミコ、The Megaphonic Thrift (from Norway)、Tough Age (from Canada)

【関連リンク】
ドミコ オフィシャルHP
SPARK!!SOUND!!SHOW!!のツアーファイナルシリーズにモーモールルギャバン、Wienners等が出演
SPARK!!SOUND!!SHOW!!がリリースツアー最終日ゲストにRAZORS EDGE、ドミコを発表
武田と哲也のデビュー記念ライヴにファン集結! 鈴木雅之から祝福コメントも到着!

【関連アーティスト】
ドミコ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ねごと、映画予告編にて新曲「holy night」を一部解禁
Sat, 08 Oct 2016 17:00:00 +0900
ねごと (okmusic UP\'s)

ねごとが11月9日にリリースする新作「アシンメトリ e.p.」から収録曲「holy night」が、映画『マイナビpresents TOKYO CITY GIRL -2016-』予告編にて一部解禁された。

【その他の画像】ねごと

益子樹をサウンドプロデューサーに迎えた「holy night」は、ねごと初となる冬のラブソング。映画『TOKYO CITY GIRL -2016-』挿入歌&東京/大阪版エンディング主題歌に起用される。

映画『TOKYO CITY GIRL -2016-』は、12月3日(土)よりお台場シネマメディアージュにて上映することが決定。さらに、ファンの皆さまへの感謝を込めて11月19日(土)にTOHO シネマズ渋谷にて一日限定上映することも決定した。若手女優と実力派アーティスト、そして新進気鋭の監督がタッグを組み、大都会東京に生きる少女たちそれぞれが抱える悩みや想いを描いた全4篇の短編オムニバス映画となっている。

結婚をめぐる主人公の葛藤と打破を描く『幸せのつじつま』には、本作が初主演となる飯田祐真。女優として数々の映画、舞台に出演中の高見こころは『あなたの記憶(こえ)を、私はまだ知らない。』に、誰しもが?度は抱えるテーマ「生きること」「許すこと」をひとつの命を通して見つめる女性を熱演。さらに、『LOCAL→TOKYO』は映画『暗殺教室』や『オオカミ少女と黒王子』など話題作にも出演した、若者に大人気のモデル・武田玲奈が、人々との出会いと別れを通して“大人”になっていく少女を繊細に演じる。さらに、この『LOCAL→TOKYO』には、ねごとの蒼山幸子(Vo./Key.)がカメオ出演していることも明らかになった。そして、現代の親と子のちょっぴりあたたかい物語を描いた『ひらり、いま』は、元AKB48の増田有華が親離れできない女の子を好演。今注目の女優たちがそれぞれの作品で主演を務める。

■映画「TOKYO CITY GIRL -2016-」予告 ねごと/AZU ver.
https://youtu.be/YrAaaCapQr0

■EP『アシンメトリ e.p.』

2016年11月9日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL 2792-2793/¥2,500+税
【通常盤】(CD)
KSCL 2794/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
M1. アシンメトリ
(caf? & pancakes gram CMソング)
M2. holy night
(11月公開映画『マイナビpresents TOKYO CITY GIRL 2016』挿入歌 & 関東/関西版エンディング主題歌)
M3. 天使か悪魔か
M4. school out
■DVD ※初回生産限定盤のみ
LIVE & DOCUMENTARY 〜NEGOTO 5th Anniversary お口ポカーンフェス?!SPECIAL〜

【関連リンク】
ねごと オフィシャルHP
ねごと、映画主題歌&CM曲を含む新作『アシンメトリ e.p.』を11月にリリース
ねごと、2マンツアーファイナルでパスピエと熱狂ライヴ! 新曲2曲でもフロアを揺らす
『ANI-ROCK FES.』出演アーティスト第2弾は、いきものがかり&ねごと

【関連アーティスト】
ねごと, ROVO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

『PARTY ZOO』ZeppDiverCity公演も大盛況!
Sat, 08 Oct 2016 16:00:00 +0900
10月2日(日)@ ZeppDiverCity(Ken with Naughty stars) (okmusic UP\'s)

Ken(L\'Arc〜en〜Ciel)主宰のライヴイベント『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』のツアー4本目、Zepp DiverCity Tokyo公演が10月2日に開催された。

【その他の画像】Ken

この日はオープニングアクトとして、「VALS」が登場。V系バンドにダンサー2人という編成で、V系ダンスバンドという新しいジャンルを開拓していく。初見の観客も、新しい爽やかな風を期待感とともに感じているようだ。

「初めまして、VALSのVocalのRioと申します。今回は「PARTY ZOO」にお声がけ頂きまして、ありがとうございました。VALSとしては、3回目のLIVEだったのですが、突然の大舞台に決定当初は正直おどろいてしまいましたが、反省点含め自分たち的には結構満足のいくパフォーマンスが出来たのかなと感じております。これからどんどんどんどん素晴らしく、より大きいものを皆様に見せることができればと思います。本当に楽しかったです。ありがとうございました!」(Rio)

次はPARTY ZOO初参加のMade in Asia。幕が開き、ジミ・ヘンドリックスのインタビュー音源が流れると観客は一気に静まりステージを見つめる。Duranのギターが会場に響き渡った瞬間、その圧倒的な音色に引き寄せられる。その音楽性、3人のキャラクター、3人にしか出せない「音」は、ジャンルの枠を超えて観客を魅了する。カッコイイものはカッコイイ。ギタープレイはもちろんのこと、Duranのハイトーンで伸びていく歌声は心地いい。ダイナミックなドラミングのShihoとMaryneの色気のあるベースは、男女を問わず見るものを虜にする。

「こんな大きな会場でライブをさせてもらえるチャンスをくれたKenさんにほんと感謝です。ありがとうございました! まだまだこれからの俺達だけど、お客さんもあたたかくて気持ちいい空間でした。きっとKenさんや他の出演者のみんなが作る空気があたたかいからだと思います。次はPARTY ZOO最後の仙台公演なので、メンバー一丸となって、一音入魂で頑張ります!」(Duran)

続いては、この日がPARTY ZOO出演が最後のA9。「最後だからってしみったれたふうにならないように」という将の言葉どおりに、「RAINBOWS」では観客全員が頭の上でAを作って飛び跳ねる。「純真無垢な真っ白な僕らはまだまだ何色にでも染まろうと思っている」という、ヒロトの白い衣装にかけたMCからは、立ち止まらずにバンドが進んで行く決意を感じた。

「A9のNaoです!PARTY ZOOに参加出来てとても良い経験ができました!今までに経験したことがないバンド同士のグチャグチャ感がたまらなく楽しかったです!また参加したいです! ありがとうございました!」(Nao)

続いて全公演出演のBAROQUE。この日はサポートベースにAKiを迎えて、ステージ上は男4人。開始早々男らしい勢いと力強さが全員から溢れ出る。この日は「ガリロン」で客席も思いっきり暴れながら汗をかいて楽しむ姿が似合っていた。BAROQUEが最終日の仙台でどんなライヴを魅せてくれるのか、楽しみだ。

「ZeppダイバーシティーPARTY ZOO!!今回ドラムにけんぞちゃ(KENZO)、ベースにあっきー(AKi)を迎えたThe男編成!最高に熱かった!ステージの上でバンドって楽しいねって心底おもった。今回、どの会場でも沸き起こるドラマと、サプライズの嵐。最後の仙台公演もBAROQUEは勿論のこと、最後の瞬間までPARTY ZOOしちゃいます!家を出てから、家に帰るまでがPARTY ZOO!!」(怜)

続いても全公演出演のMUCC。なぜMUCCは登場するだけで、有無を言わせぬ存在感を発するのか。曲が始まりフロアはいつもの通り大盛り上がりだ。この日はKenが「KILLEЯ」で参加。ミヤとのツインギターでのハモリはぴったりでKenとMUCCの絆を感じる。また、この日は「YESTERDAY ONCE MORE」を披露。情感たっぷりに歌い上げる逹瑯。そして続く「ハイデ」が格別!「YESTERDAY〜」に続いていたからなのか、いつも以上に哀愁や切なさを強く感じる「ハイデ」だった。この曲はいつも違った表情を見せ、それを観客も楽しんでいるようだ。

「園長曲、最高に楽しかった!! MUCCでもこの場所で「YESTERDAY ONCE MORE」出来て良かった!」(逹瑯)

最後はKen with Naughty starsのセッション。この日は逹瑯が園長(楽曲をセレクトする担当)。テルーの唄をアコギ(Ken)とエレキ(圭)の2本のみで歌い上げる。次はkannivalismの「大好き」。レアな選曲に会場に悲鳴が響く。L\'Arc〜en〜Cielの「浸食-lose control-」では、スペシャルゲストのASH DA HEROが登場。逹瑯と「浸食」を熱唱。最後は出演者総出で「PARTY ZOO」をハッピーな雰囲気で演奏し、幕を閉じた。

「party zooみんなのコラボレーションがステージ、会場、楽屋すべてに感じられる夜だった! 親密で鋭くて暖かい空気が気持ちいいね!」(Ken)

【セットリスト】
■VALS
1.シルエット
2.月陽
3.deuce
■Made in Asia
SECRET
■A9
1.SHINING
2.RAINBOWS
3.PRISMATIC
4.春夏秋冬
5.TSUBASA.
6.すべてへ
■BAROQUE
1.湿度
2.ガリロン
3.SWALLOW THE NIGHT
4.MEMENTO
5.DREAMSCAPE
6.PLANETARY LIGHT
7.G I R L
■MUCC
1.ENDER ENDER
3.G.G
4.KILLEЯ (with Ken)
5.YESTERDAY ONCE MORE
6.ハイデ
7.蘭鋳
8.TONIGHT
■Ken with Naughty stars
1.テルーの唄
Vocal : 逹瑯
Guitar : Ken、圭
2. 大好き
Vocal : 怜、逹瑯
Guitar : Ken、圭、ミヤ
Bass : 沙我
Drums : Nao
3. 浸食-lose control-
Vocal : 逹瑯、ASH DA HERO
Guitar : Ken、Duran
Bass : AKi
Drums : Nao
4. PARTY ZOO
Vocal : 逹瑯、怜、ASH DA HERO、Ken、AKi
Guitar : Ken、ミヤ、圭、ヒロト、Duran
Bass : 沙我、AKi
Drums : Nao
and Naughty stars

■『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』

10月9日(日)仙台PIT
OPEN 16:00 / START 17:00  21:30終演予定

【関連リンク】
『PARTY ZOO』 オフィシャルHP
『PARTY ZOO』豊洲PIT公演、サプライズの嵐で大盛況!
『MAVERICK DC GROUP』発足35周年を記念し、『JACK IN THE BOX』復活!

【関連アーティスト】
Ken, MUCC, A9, BAROQUE, VALS, ASH DA HERO, Made in Asia
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

ロカビリーのDNAを受け継ぐ青野美沙稀、ミニアルバムをリリース!
Sat, 08 Oct 2016 15:00:00 +0900
青野美沙稀 (okmusic UP\'s)

伝説のロカビリー・バンド「BLACK CATS」のドラマー・久米浩司を父に持つ青野美沙稀が、ミニアルバム『1959 〜Magical Rockabilly Night〜』をリリースすることを決定した。

【その他の画像】ブラックキャッツ

「1959年」は音楽シーン、特にロックの歴史の中ではエポックメイキングな年となる。アメリカに端を発したロカビリーのムーブメントは絶頂期を迎え、のちにネオ・ロカビリーの旗手となるブライアン・セッツァーがN.Yに生を受ける。脈々と受け継がれるロカビリーにおいては、過去と未来が交錯する特別な瞬間だ。伝説のロカビリー番組(FM)「マジカル・ロカビリー・ナイト」の名を冠した本作品は、そんな1959年を舞台にした、架空のタイムトリップ物語。青野美沙稀がデビュー作品として選んだステージは、自らの音楽ルーツでもある“ロカビリー”、そしてロカビリー・シーンの絶頂期を迎える“1959年”。ロカビリーのDNAを受け継ぐ青野美沙稀が誘う、素敵な作品が遂に完成し、11月23日(水)全国リリース決定!

■青野美沙稀リリースパーティー「1959 〜Magical Rockabilly Night〜」

11月22日(火) 原宿アストロホール
開場 18:00/開演 18:30
出演:青野美沙稀、上澤津孝、SIDE-ONE
チケット料金:3,980円(税込)
2016年10月8日10:00より各プレイガイドにて発売開始!
※ドリンク別・整理番号付
※CD(POCS-1519)+【会場限定】スペシャルブックレット付

■ミニアルバム『1959 〜Magical Rockabilly Night〜』

2016年11月23日発売
POCS-1519/¥1,800+税
全6曲収録

【関連リンク】
青野美沙稀 オフィシャルHP
武田と哲也のデビュー記念ライヴにファン集結! 鈴木雅之から祝福コメントも到着!
矢井田瞳、Blu-ray『矢井田瞳 LIVE TOUR "15"』発売&弾き語りツアー決定
ZARD、感動と興奮の25周年ライヴがDVDに!

【関連アーティスト】
ブラックキャッツ, 青野美沙稀
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MAGiC BOYZ、初主演映画のDVD発売決定!特典映像にライブ映像も!
Sat, 08 Oct 2016 14:00:00 +0900
DVD『イカれてイル?』 (okmusic UP\'s)

MAGiC BOYZの初主演映画『イカれてイル?』が、DVDとなって11月23日にリリースされることが決定した。

【その他の画像】MAGiC BOYZ

『イカれてイル?』は「リアル中学2年生によるリアル中二病」をテーマにしたフェイクドキュメンタリーで、作中では魔法学校に通う中二病の少年たち(MAGiC BOYZ)が女子大学生に淡い恋心を抱く姿が描かれた作品。3月にMAGiC BOYZを卒業した、フウト、ユウトの他、江夏(北山)詩織、KENZO(DA PUMP)、伊地知大樹(ピスタチオ)、NIPPS(BUDDHA BRAND、BUDDHA MAFIA、TETRAD THE GANG OF FOUR)、佐野愛夏、D.O(練マザファッカー)、MARIA(SIMI LAB)、やついいちろう(エレキコミック)、ブラザートムなど豪華な出演者も見所だ。

また、特典映像として、3月27日に行われた「リアル中2卒業パーティー」のライブ映像、映画主題歌「ありのままでマジボ」のミュージックビデオ、映画舞台挨拶やイベント時のオフショット映像が収録され、フウト・トーマ・リュウト・ユウト・マヒロの5人時代のMAGiC BOYZの集大成といえる作品となっている。

■DVD『イカれてイル?』

2016年11月23日発売
ZXRD-4008/¥5,184
<収録内容>
■DISC1
映画「イカれてイル?」本編
■DISC2
・「リアル中2卒業パーティー」ライウ映像
・「ありのままでマジボ」ミュージックビデオ
・映画舞台挨拶、イベント時オフショット映像集

【関連リンク】
MAGiC BOYZ オフィシャルHP
EBiDAN39&KiDS、『EBiDAN THE UNiON 2016 in Sanrio Puroland』開催!
MAGiC BOYZ、新曲「Do The D-D-T!!」のMVをLINE LIVEにて解禁
MAGiC BOYZ、中2卒パにSKY-HIやMACKA-CHINやなど豪華ゲストの出演が決定

【関連アーティスト】
MAGiC BOYZ
【ジャンル】
J-POP, 映画

MUCCとAKiが開催したダブルヘッドラインツアーがDVD化!
Sat, 08 Oct 2016 13:00:00 +0900
M.A.D (okmusic UP\'s)

MUCCとシドのAKiが今年初頭に開催したダブルヘッドラインツアー「MAVERICK DC presents DOUBLE HEADLINE TOUR 2016『M.A.D』」の映像化が決定! 11月23日にDVDとして発売される。

【その他の画像】シド

全18公演開催された同ツアーは、各地でL\'Arc-en-CielのHYDE(Vo)、Ken(Gt)、シドのマオ(Vo)、ギルガメッシュ、ユナイト、DIV、カメレオ、CLOWD、さらにはD\'ERLANGER、cali≠gariの桜井青(G)などが参加した。

今回の作品は中野サンプラザホール公演を収録したDISC1、なかなか見る事の出来ないツアーの裏側を納めたドキュメンタリーとしてのDISC2の2枚組で、ツアーに足を運んだ人もそうでないファンも楽しめる作品となっている。

■MUCC オフィシャルHP
http://www.55-69.com/
■AKi オフィシャルHP
http://www.dangercrue.com/AKi/

■DVD「MAVERICK DC presents DOUBLE HEADLINE TOUR 2016『M.A.D』」

2016年11月23日発売
AIBL-9365〜9366/¥5,800+税
<収録内容>
■DISC.1
「MAVERICK DC presents DOUBLE HEADLINE TOUR 2016『M.A.D』」2016. 03.18中野サンプラザホール公演
■DISC.2
ツアー全日程でのバックステージ、オフショットなどを収録

◎ 予約は下記より
https://www.sonymusicshop.jp/m/item/itemShw.php?cd=AIBL-9365

【関連リンク】
マオ from SID、自身初となるBillboard Live TOKYOでソロライブを開催
マオ from SID、 日本初の『Twitterデジタルサイン会』に5000枚超の応募が殺到
マオ from SID、デジタルサイン会を実施!?
マオ(シド)とKISHOW(GRANRODEO)がLINE LIVE「さしめし」で共演決定

【関連アーティスト】
シド, MUCC, AKi
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

ハルカトミユキ、47都道府県ツアーファイナルから「奇跡を祈ることはもうしない」ライヴ映像公開
Sat, 08 Oct 2016 12:00:00 +0900
9月24日@日比谷野外大音楽堂 (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキが9月24日に開催した、47都道府県ツアーファイナルとなる日比谷野外大音楽堂公演より「奇跡を祈ることはもうしない」のバンドセットによる貴重なライヴ映像を公開した。

【その他の画像】ハルカトミユキ

緊張感あるポエトリックなMCから、静寂を切り裂くように広がってゆく壮大なサウンド。まさに音に導かれるように雨が止み、「雨は上がって 星は降る」という一節を歌いながら、空を見上げるハルカの穏やかな表情が印象的だ。

「歌が安っぽい励ましじゃなくて、生ぬるい同情じゃなくて、この野郎って歯を食いしばりながら戦って生きてきた人への、かすかな光であるように」 。先日のツアーファイナル野音で、最も印象深かったハルカのMCがこの一節。昨年の毎月新曲リリース。それと並行しての47都道府県ツアー。彼女たちをとりまく環境は、今年リリースした2ndフルアルバム『LOVELESS/ARTLESS』の作品に対する各所からの高評価も相まって、格段にスケールアップを続けている。

また、2017年にインディーズデビューから5周年を迎えるハルカトミユキは、初めてライブを行った同じ日時・同じ場所である、2月16日の池袋マンホールからスタートする東名阪ツアー『+5th ANNIVERSARY TOUR 2017』を開催。ファイナルは赤坂ブリッツで行われる。現在、チケットのオフィシャル先行が受付中なので、見逃さないでほしい。

Photo by 山川哲矢

■『奇跡を祈ることはもうしない(2016.09.24 日比谷野外大音楽堂LIVE ver.)』
https://youtu.be/8kH_wD6srqk

■『HARUKATOMIYUKI +5th ANNIVERSARY TOUR 2017』

2月16日(木) 東京 池袋マンホール [Special Live]
2月18日(土) 名古屋 SPADE BOX
2月19日(日) 大阪 心斎橋BIGCAT
2月25日(土) 東京 赤坂BLITZ

【関連リンク】
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、感動の47都道府県ツアーファイナルで5周年ツアーの開催を発表
ハルカトミユキ、絶大な支持を得ている「Pain」のスタジオライヴ映像公開
ハルカトミユキ、キャリア史上最速のロックナンバー「DRAG & HUG」を先行配信

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

[Alexandros]、ニューアルバム『EXIST!』の全貌が明らかに
Sat, 08 Oct 2016 11:00:00 +0900
アルバム『EXIST!』【初回限定盤】 (okmusic UP\'s)

[Alexandros]が11月09日に発売する6thアルバム『EXIST!』のジャケットビジュアルと収録内容が発表された。

【その他の画像】[Alexandros]

ジャケットは、[Alexandros]を象徴する[ ]の中にホワイトライオンが堂々と立っており、アルバムタイトルの『EXIST!』(存在する)同様、現在の[Alexandros]の勢いと存在感を感じさせるアートワークとなっている。なお、初回限定盤A・Bはライオンが王冠をかぶっているデザインとなった。

また、今回CDのジャケットビジュアルに合わせ、収録内容の詳細も解禁。アルバム収録曲は全14曲で、ドラマタイアップ曲や映画主題歌、TVCMタイアップ曲など、耳なじみの多いナンバーから[Alexandros]らしいJP・UK・US Musicを独自の視点で掛け合わせた最新ロックサウンドを盛り込んだ新曲まで収録されている。

初回限定盤Aの特典DVDには、今年6月に行われたライヴ『Premium V.I.P. Party 大阪城ホール』の本編全23曲をすべて収録。初回限定盤Bの特典DVDには、前作アルバム『ALXD』と『EXIST!』から厳選したMVを収録。CMで耳なじみの深い「ワタリドリ」から先日発表されたばかりの最新MV「Feel like」まで全6曲収録されており、また[Alexandros]メンバーによる副音声も加えられている。

また、アルバムの封入特典として11月から始まる全国ツアー『Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜』の後半期間のチケット特別先行予約も発表されている。

■[Alexandros]「EXIST!」Special Site
http://sp.universal-music.co.jp/alexandros/exist/
■[Alexandros] オフィシャルHP
https://alexandros.jp/

■アルバム『EXIST!』

2016年11月09日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
UPCH-7204/¥5,800+税
【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCH-7205/¥3,900+税
【通常盤】(CD)
UPCH-2098/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
01.ムーンソング
02. Kaiju
03. Girl A
04. Claw
05. O2
※『O2』の「2」は右下の小さい「2」になります
06. Feel like
07. Aoyama
08. Nawe, Nawe
09. Buzz Off!
10.クソッタレな貴様らへ
11. Swan
12. I want u to love me
13.今まで君が泣いた分取り戻そう
14. NEW WALL
■初回限定盤A DVD収録内容
[Alexandros] Premium V.I.P. Party 2016 live at大阪城ホール
Starrrrrrr
Kill Me If You Can
Stimulator
Girl A
Boo!
For Freedom
In your face
Wanna Get Out
Run Away
ワタリドリ
osaka2pm36thfloor
Famous Day
city
Dog 3
Cat 2
Kick&Spin
NEW WALL
Feel like
Adventure
You\'re So Sweet & I Love You
Nawe, Nawe
Dracula La
Burger Queen
■初回限定盤B DVD収録内容
「[Alexandros] Music Video Compilation」(メンバーによるMusic Video解説副音声付)
ワタリドリ
Boo!
Girl A
NEW WALL
Swan
Feel like

◎ 封入特典
「Tour 2016〜2017 〜We Come In Peace〜」チケット特別先行予約

■アルバム『EXIST!』

2016年12月07日発売
【アナログ盤】
UPJH-9019/20/¥4,000+税
※完全受注生産限定(2枚組予定)
※店頭・オンラインショップ 予約締切:10月10日(月)
※締切日以降、取扱いに関しましては各店舗でご確認の程お願いいたします。

【関連リンク】
[Alexandros]、話題沸騰中の『GLOBAL WORK』CMソングのMVが遂に解禁!
[Alexandros]、映画『きょうのキラ君』主題歌に胸キュンラブバラードを書き下ろし
[Alexandros]、ニューアルバム『EXIST!』詳細&ニュービジュアルを解禁
[Alexandros] 、Blossomsとのツーマンライブイベント3元生中継で約50万人が視聴

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック

高橋優、ニューアルバムのアートワークは何が待っているのかわからない人生のよう!?
Sat, 08 Oct 2016 00:00:00 +0900
高橋優 (okmusic UP\'s)

高橋優が11月16日に発売する5枚目のオリジナルアルバム『来し方行く末』(読み方:きしかたゆくすえ)のジャケット写真、アーティスト写真、そして全収録楽曲を公開した。

【その他の画像】高橋優

通常盤は今まで歩んできた道で過去を、これから歩む道で未来を表現し、その道の途中に高橋優が歩いており、アルバムタイトルの『来し方行く末』に込められた過去と未来が表現されたジャケット写真となっている。一方、期間生産限定盤のジャケット写真では、高橋優の未来を見つめる表情が印象的でアルバムタイトルを物語っている。

ジャケット写真を撮影したのはカルスト地形が広がる愛媛県と高知県の県境で、高橋自身が提案した場所。当日は日の出からプロデューサー箭内道彦のもと撮影がスタート! 濃い霧が立ち込み、雨が降りしきる中行われたが、幻想的な空間が広がり、何が待っているのか誰にもわからない人生を表わしているようなジャケット写真であり、アーティスト写真に仕上がった。

そして、アルバム全収録楽曲も発表となった。既に発売となっているシングル「明日はきっといい日になる」、「さくらのうた」、「産まれた理由」、「光の破片」の4曲、初の楽曲提供作品セルフカバーである「象」、あきたこまちのCMソングとなっている「悲しみのない場所」の他、新たに発表になった楽曲は「Mr. Complex Man」、「君の背景」、「拒む君の手を握る」、「Cockroach」、「アイアンハート」、「BEAUTIFUL」の6曲。シングル4曲以外の8曲は全て、今回のアルバムの為にレコーディングした曲となっており、いずれの作品も高橋優の“今”を体現できる充実した内容となっている。

さらに、期間生産限定盤とファンクラブ限定盤に付属するDVDの収録内容も発表となり、期間生産限定盤には9月3日と4日に行われた高橋主催のフェスから10曲とその秘蔵映像など90分を超える内容に。一方のファンクラブ限定盤には、今年5月に行われたファンクラブ限定弾き語りライブ“胡坐”の貴重なライブ映像をたっぷり12曲収録。それぞれ見応え十分の内容となっている。

また、アルバム特典も明らかになり、期間生産限定盤とファンクラブ限定盤に封入される高橋優スペシャルカードが、プロ野球カードをパロディにした“高橋プロ野球?カード”であることが発表され、ランダムで5種類のうち1枚が封入されるが、今年高橋がリリースしたシングルの特典DVDに都度登場し、密かに注目を集めている謎のシンガーソングライター、林卓(読み方:ハヤシタク/通称:ハヤタク)のカードが出たら、大当たりで、林卓抱き枕がもれなく当たるオマケ付となっている。

■アルバム 『来し方行く末』

2016年11月16日発売
【期間生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31246/7/¥3,900(税抜)
※予定内容:特殊パッケージ+手書きブックレット
【ファンクラブ限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31248/9/¥4,700(税抜)
※予定内容:豪華スペシャルパッケージ+豪華フォトブック(秋田フェス密着写真)
【通常盤】(CD)
WPCL-12461/¥3,000(税抜)
<収録曲>
■CD
1. Mr.Complex Man
2. 君の背景
3. さくらのうた
4. 明日はきっといい日になる
5. 拒む君の手を握る
6. 象
7. 悲しみのない場所
8. 産まれた理由
9. アイアンハート
10. Cockroach
11. 光の破片
12. BEAUTIFUL
■期間生産限定盤 DVD
『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016 at グリーンスタジアムよこて 2016.9.3-4ライブ映像&秋田フェスお蔵入り映像「ユウタイム〜あきたの時間」+林卓の活躍in 秋田フェス』
1. パイオニア
2. WEEKEND JOURNEY
3. 太陽と花
4. 産まれた理由
5. 光の破片
6. BE RIGHT
7. 現実という名の怪物と戦う者たち
8. 泣ぐ子はいねが
9. 明日はきっといい日になる
10. 福笑い
■ファンクラブ限定盤 DVD
『DVD(弾き語りLIVE TOUR「胡坐」2016 at キネマ倶楽部 2016.5.26』
1. 蛍
2. 雑踏の片隅で
3. 蓋
4. 運命の人
5. 昨日の涙と、今日のハミング
6. 今、君に会いに行く
7. 一人暮らし
8. I LOVE YOU
9. クラクション
10. BE RIGHT
11. 明日はきっといい日になる
12. さくらのうた

◎期間生産限定盤及びファンクラブ限定盤 封入特典
高橋プロ野球?カード
※5種類のうち1種類をランダム封入<大当たり林卓カードが出たら“林卓抱き枕”がもれなく当たるチャンス付!!>

■『高橋優 全国ホール&アリーナツアー 2016-2017「来し方行く末」』

12月03日(土) 埼玉・狭山市市民会館【FC限定販売公演】
12月11日(日) 石川・本多の森ホール
12月17日(土) 福島・郡山市民文化センター・大ホール
12月18日(日) 新潟・新潟県民会館
12月20日(火) 長野・ホクト文化ホール・中ホール
12月21日(水) 埼玉・大宮ソニックシティ
12月25日(日) 沖縄・沖縄市民会館
<2017年>
1月07日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
1月08日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
1月14日(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
1月15日(日) 鹿児島・鹿児島市民文化ホール第一
1月21日(土) 香川・レクザムホール
1月22日(日) 高知・高知県立県民文化ホール・オレンジホール
2月03日(金) 広島・広島文化学園HBGホール
2月04日(土) 山口・周南市文化会館
2月10日(金) 秋田・秋田県民会館
2月12日(日) 岩手・盛岡市民文化ホール
2月19日(日) 熊本・荒尾総合文化センター
2月20日(月) 大分・ホルトホール大分
2月26日(日) 岡山・岡山市民会館
3月11日(土) 愛知・名古屋センチュリーホール
3月12日(日) 愛知・名古屋センチュリーホール
3月18日(土) 北海道・わくわくホリデーホール
3月19日(日) 北海道・わくわくホリデーホール
4月01日(土) 神奈川・横浜アリーナ
4月02日(日) 神奈川・横浜アリーナ
4月16日(日) 大阪・大阪城ホール

【関連リンク】
高橋優 オフィシャルHP
高橋優、地元・秋田のお米「あきたこまち」新CMに主題歌を書き下ろし
高橋優、自身が主催する野外フェス『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』が大盛況!
高橋 優、TVアニメ『orange』OP曲の「光の破片」MV公開

【関連アーティスト】
高橋優
【ジャンル】
J-POP

VAMPS主宰『HALLOWEEN PARTY 2016』にOLDCODEXとAOAが出演
Sat, 08 Oct 2016 00:00:00 +0900
OLDCODEX (okmusic UP\'s)

VAMPSが主宰するハロウィン・ライヴ・イベント『HALLOWEEN PARTY 2016』の追加出演アーティストが解禁! 10月28日の幕張公演初日にOLDCODEX、さらにスペシャルパフォーマーとしてAOAが出演することがわかった。

【その他の画像】VAMPS

ボーカルとペインターという異色の組合せのロックユニットOLDCODEX、今韓国で最も勢いのあるガールズグループAOA。いずれも『HALLOWEEN PARTY』初出演となる2組の仮装とパフォーマンスに注目したい。

さらに、HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRAの追加メンバーも決定! 10月22日と23日にYUKI(Rayflower, DUSTAR-3)、10月30日Shinya(DIR EN GREY)が登場する。

チケット一般発売は10月8日からスタート。お見逃しなく!

■HALLOWEEN PARTY 2016

10月22日(土)・23日(日)神戸ワールド記念ホール
10月28日(金)〜30日(日)幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

<出演>
【22日】
VAMPS / チームしゃちほこ / BREAKERZ / MONGOL800 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
H.J.O.:明希(シド) / VAMPS / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88) / 逹瑯(MUCC) / チームしゃちほこ / BREAKERZ / MONGOL800 / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音

【23日】
VAMPS / DAIGO / でんぱ組.inc / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA and more
H.J.O.:明希(シド) / VAMPS / 喜矢武豊(ゴールデンボンバー) / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88)
Shinya(DIR EN GREY) / DAIGO / 逹瑯(MUCC) / でんぱ組.inc / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / ROLLY / 分島花音

【28日】
VAMPS / OLDCODEX / ゴールデンボンバー / でんぱ組.inc / BREAKERZ
AOA(スペシャルパフォーマー) / Tommy(スペシャルパフォーマー) / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
H.J.O.:青木隆治/ 明希(シド) / VAMPS /AOA / OLDCODEX / ゴールデンボンバー /
淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88) / 逹瑯(MUCC) / でんぱ組.inc / Tommy / BREAKERZ / ROLLY / 分島花音

【29日】
VAMPS / 氣志團 / DAIGO / RADIO FISH / Silent Siren(スペシャルパフォーマー) / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA and more
H.J.O.:明希(シド) / VAMPS / 氣志團 / Silent Siren / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88) / DAIGO / 逹瑯(MUCC)
YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / RADIO FISH / 分島花音

【30日】
VAMPS / BREAKERZ / ももいろクローバーZ / 和楽器バンド / AKi(スペシャルパフォーマー) / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA and more
H.J.O.:AKi / VAMPS / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88) / Shinya(DIR EN GREY) / 逹瑯(MUCC) / 柩(ナイトメア)
BREAKERZ / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / 和楽器バンド / 分島花音

MC:やまだひさし
(敬称略・50音順)
※スペシャルバンド「HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA」は公演日によって参加アーティストが変わります。今後、参加アーティストに追加がある場合は随時発表いたします。

【関連リンク】
『HALLOWEEN PARTY 2016』特設HP
HYDE×YOSHIKI!? 『VISUAL JAPAN SUMMIT』で奇跡のコラボが実現!
VAMPS、初のMV集を12月14日にリリース決定!
AOAが小室哲哉の名曲「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」をカヴァー

【関連アーティスト】
VAMPS, DIR EN GREY, OLDCODEX, AOA, HYDE, Rayflower, HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
【ジャンル】
ジャパニーズロック, K-POP, ビジュアル, フェス

武田と哲也のデビュー記念ライヴにファン集結! 鈴木雅之から祝福コメントも到着!
Fri, 07 Oct 2016 21:00:00 +0900
10月5日@ディファ有明 (okmusic UP\'s)

武田(TAKE from Skoop On Somebody)と哲也(村上てつや from ゴスペラーズ)によるデュオ・武田と哲也が、東京のディファ有明でライヴを開催した。

【その他の画像】ゴスペラーズ

単独公演5回目となる本公演『SOUL POWER presentsシルクの似合う夜 part5』は、デビューミニアルバムの発売を記念し東名で開催されたもので、貴重なライヴだけにチケットは2公演ともソールドアウトした。

武田と哲也の結成10周年を祝おうと集まったファンで会場は満員。客席に通ずる左右の扉から登場した2人に、観客は総立ち。大歓声の中、客席のど真ん中でがっちり握手を交わし肩を組むと、ステージに上がりレぺゼン(自己紹介)ソング「SOUL WRAPPIN’」でパーティーの始まりを告げる。

『俺たちのライヴは、いつもこの曲から始まる』(村上)と告げ、アイズレー・ブラザーズのカバー「BETWEEN THE SHEETS」へ。ライヴ前半はアース・ウィンド・アンド・ファイヤー、ロバータ・フラック、スティービー・ワンダーなど、2人の愛する洋楽アーティストのカバー曲を披露。バラードやミディアムを中心にセレクトした構成で会場を甘く酔わせ、ソウルの聴かせどころを抑えたアレンジもお見事だった。

中盤では、お互いのグループの曲をカバー。関西出身の武田が歌ったのはゴスペラーズの「新大阪」。哲也が歌ったのは、Skoop On Somebodyの「Nice’n Slow」。互いにリスペクトし合っていることを自分の声を使って体現していた。

後半は、デビューミニアルバム『LOVE TRACKS』のジャケットでも着ている白のスーツで登場。ステージ中央でジャケットと同じポーズを決めると、アルバムのオープニングを飾る「EASY LOVE」へ。2人のクラップに合わせて観客の両手も挙がった。

そして、『武田と哲也のテーマのひとつが“海”。皆さん、海に出掛けませんか』(武田)と「NITE CRUSE」へ。続いて『哲也も大好きなムードのあるR&B、ソウル』(武田)という言葉から「LADY CANDLE」を披露し、デュオの真骨頂を響かせた。

観客、この日来場出来なかったファン、そしてスタッフ全員に感謝の気持ちを述べ始まった「4U」。CDよりもへヴィーなビートで観客を躍らせたファンキーチューン「LOVE SOUND」では、歌のフレーズを使い、観客とコール&レスポンス。最後は観客の歌声に2人がフェイクを入れてライドオン。本編ラストの「HEAVEN」では、楽曲後半の♪愛してるよ♪の歌詞に合わせ、ステージ上でひざまずいた2人の姿に、会場はこの日1番の盛り上がりを見せた。

アンコールは『LOVE TRACKS』の特典DVD(初回限定生産盤)にのみ収録されている「BEACH」を含む全3曲。ラストを飾ったのは、このデュオの名付けの親、鈴木雅之のカバー「さよならいとしのBaby Blues」だった。

今回のデビューに際し、武田と哲也にゆかりある鈴木雅之、InterFM DJ OSSHY、FM802 DJ中島ヒロトから温かいメッセージが到着。コメント全文は以下の通り。

text by 伊藤亜希

■【コメント】

■鈴木雅之
ソウルパワーサミットでサプライズ・デビューしてから10年!!

何とあの「タケテツ」がアルバムをリリースした。名付け親の私としても嬉しいかぎり。

まさに継続は力なり!しかもソウルパワーだけに気を付けて下さい。きっとあなたの心も"メロメロ"にしちゃいますから!!

今年還暦を迎えた
鈴木雅之

■InterFM DJ OSSHY
男も惚れる、奇跡のデュオ。
日本において、彼ら二人ほど、心揺さぶられる歌声、艶のある、絶妙なハーモニーを聴かせてくれるデュオを、私は今まで知らない。
“King of Love Song” マーチンこと鈴木雅之さんが、太鼓判を押す彼らの絶妙なコンビネーション。
単に、ヴォーカリストとして卓越した者同士が組むことで、素晴らしいコラボになるとは限らない。
長年にわたって築かれてきた、二人の信頼関係が、その歌声のコンビネーションにあらわれている。
深まる秋。極上のラヴ・ソングが聴きたくなる季節。そんな気分を満たしてくれる、
愛溢れる素晴らしい歌声と、素敵なメロディーの数々。まさに極上のLove Tracks。
マーチンDNAを受け継いだ、男も惚れる歌声。本物のジャパニーズ・ソウル・デュオの登場を心から応援する。

■FM802 DJ 中島ヒロト
悲しみこらえて ほほえむよりも
声が枯れるまで 歌える方がいい
人は名曲が多いほど
人生が豊かになるのだから
愛する二人へ 贈る言葉 です

■【セットリスト】

M1 SOUL WRAPPIN’
M2 BETWEEN THE SHEETS
M3 COME & TALK TO ME
M4 FEEL LIKE MAKIN’ LOVE
M5 CAN’T HIDE LOVE
M6 NEVER TOO MUCH
M7 SUPERSTITION
M8 新大阪
M9 Nice’n Slow
M10 AIN’T NO STOPPIN’ US NOW
M11 EASY LOVE
M12 NITE CRUISE
M13 LADY CANDLE
M14 4U
M15 LOVE SOUND
M16 HEAVEN
[ENCORE]
M1 STAND BY MEに贈る言葉
M2 BEACH
M3 さよならいとしのBaby Blues

■「LOVE TRACKS」トレーラー
https://youtu.be/yUKjbmOzPSo

■ミニアルバム『LOVE TRACKS』

発売中
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2784〜5/¥3,000+税
※三方背スリーブ仕様
<収録曲>
■CD
M1. EASY LOVE
M2. NITE CRUISE
M3. LADY CANDLE
M4. 4U
M5. LOVE SOUND
M6. HEAVEN
M7. 新大阪(LIVE)
M8. Nice’n Slow(LIVE)
M9. 母に捧げるバラード(LIVE)
*LIVE@Zepp Sapporo(2008.9.16)
■DVD
武田と哲也のBBQ打ち上げ

【通常盤初回仕様】(CD)
KSCL-2786/¥2,000+税
<収録曲>
M1. EASY LOVE
M2. NITE CRUISE
M3. LADY CANDLE
M4. 4U
M5. LOVE SOUND
M6. HEAVEN

【関連リンク】
武田と哲也 オフィシャルHP
ジャパニーズ・セクシー・ソウル・デュオ“武田と哲也”が10月5日にデビューミニアルバムをリリース
ゴスペラーズ、新曲「GOSWING」MVで約3年9ヶ月ぶりのダンスを披露!
ビートルズ特番収録でTHE ALFEE、ゴスペラーズ、和田唱、平原綾香らが新木場コーストに集結

【関連アーティスト】
ゴスペラーズ, Skoop On Somebody, 武田と哲也
【ジャンル】
J-POP, R&B/ソウル, ライブ

リアクション ザ ブッタ、茜屋日海夏(i☆Ris)主演MVと『音流〜ONRYU〜』EDテーマ曲MVを2本同時公開
Fri, 07 Oct 2016 20:00:00 +0900
「何度も」MV (okmusic UP\'s)

リアクション ザ ブッタが10月19日にミニアルバム『Wonder Rule』から「Wonder Rule」と「何度も」のMVを2本同時公開した。


【その他の画像】i☆Ris

『音流〜ONRYU〜』の10月度エンディングテーマに決定した「Wonder Rule」は、宮藤官九郎脚本のドラマ『ゆとりですがなにか』の主題歌MVが話題を呼んだ太田タイキを監督に迎え、佐々木直人(Ba.&Vo.)の母校である市立浦和高校高等学校を舞台とした、刺々しさと躍動感溢れる作品となった。

一方、「何度も」はアイドルユニットi☆Risの茜屋日海夏を主演にしたドラマ仕立てのMVとなっている。佐々木自身がストーリーを構築し、キャスティングなども手掛けセルフプロデュース作品となる同MVは、前作の「仮面」に引き続き、メンバーの同級生であるクリエイティブユニットMr.Mrs.Mushとの共作だ。

また、ミニアルバム『Wonder Rule』のリリースを記念した全曲先行試聴会とインストアライヴが決定した。観覧自由のこの機会に、リアクション ザ ブッタの音楽にぜひ触れてほしい。

■「Wonder Rule」MV
https://youtu.be/uN3q7Pp9DyY

■「何度も」MV
https://youtu.be/uwVB8KtVVFg

■『Wonder Rule』 先行試聴会&インストアライヴ

10月16日(日)タワーレコード浦和店
14:00〜
10月22日(土)浦和パルコ1F イベントスペース
14:00〜
11月16日(水)タワーレコード渋谷店4F イベントスペース
21:00〜

■ミニアルバム『Wonder Rule』

2016年10月19日発売
HK3E-0001/¥1,500+税
<収録曲>
1 何度も
2 Wonder Rule
※音楽番組『音流〜ONRYU〜』10月度EDテーマ
3 fall fall fall
4 あなた
5 ハチミツと君
6 SHOW

■【ライブ情報】

『Wonder Rule Release Tour 2016-2017』
11月01日(火) 大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE
11月03日(木) 愛知・大須RAD HALL
11月05日(土) 静岡・浜松G-SIDE
11月06日(日) 千葉・千葉LOOK
11月12日(土) 埼玉・西川口Hearts
11月13日(日) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
11月14日(月) 宮城・仙台MACANA
11月18日(金) 神奈川・横浜Club Lizard
11月23日(水・祝) 福島・福島C-moon
11月29日(火) 東京・渋谷La月mama
12月05日(月) 福岡・福岡Queblick
12月08日(木) 新潟・新潟CLUB RIVERST
12月10日(土) 栃木・宇都宮HEAVEN\'S ROCK VJ-2
12月21日(水) 滋賀・滋賀U-STONE
12月23日(金) 大阪・心斎橋Pangea
12月25日(日) 東京・TSUTAYA O-Crest
12月26日(月) 埼玉・西川口Hearts

★ 2017年 東名阪 3都市主催ライブ
1月20日(金) 愛知・新栄APOLLO BASE
1月29日(日) 大阪・福島LIVE SQUARE 2nd LINE
2月11日(土) 東京・原宿ASTRO HALL

【関連リンク】
リアクション ザ ブッタ オフィシャルHP
リアクション ザ ブッタ、新作を引っさげたロングツアー&ワンマンライヴが決定
アニサマ2016が81,000人動員で豪華共演連発、アニサマ2017も開催決定
リアクション ザ ブッタ、セルフプロデュース2部作後編となるアルバムのリリースを発表

【関連アーティスト】
i☆Ris, リアクション ザ ブッタ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

冬眠を経たメガマソが10周年記念両A面シングル「ふとん史/ザセカンドニムバス」をリリース!
Fri, 07 Oct 2016 19:30:00 +0900
 メガマソ (okmusic UP\'s)

2015年12月にバンド9周年を記念して行なったライヴをもって1年間の冬眠に入ったメガマソが、復活の場となる2016年12月10日の品川インターシティーホール公演に向けて結成10周年記念両A面シングル「ふとん史/ザセカンドニムバス」を12月7日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】メガマソ

再び冬に目覚めるメガマソが送る今作には、“僕たちがビジュアル系をやる意味”を全力で表現した楽曲を収録。

「ふとん史」はリードギターの冴えわたるメガマソらしい楽曲で、「ザセカンドニムバス」はキャッチーなメロディも併せ持つデジタルハードコアに仕上がった。通常盤のみ収録される「irodori drop」は軽快で疾走感のあるロックチューンで、「悲劇!滑車送りの刑」は優しくすべてを包み込むバラードと、バラエティに富む音楽性を持ちながらも、テーマや音作りで一貫した姿勢を感じることができる。

今回の発表と合わせて、最新のアーティスト写真を公開。畳の部屋にシャンデリアなど和洋折衷の雰囲気のある不思議な作品で、まさに「ふとん史」の世界を表したものになっている。

■シングル「ふとん史/ザセカンドニムバス」

2016年12月7日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD+写真集)
※A4サイズBOX仕様
DDCB-94012/¥3,500+税
<CD収録曲>
1.ザセカンドニムバス
2.ふとん史

【通常盤タイプA】
DDCB-14049/¥1,500+税
<CD収録曲>
1.ザセカンドニムバス
2.ふとん史
3. irodori drop

【通常盤タイプB】
DDCB-14050/¥1,500+税
<CD収録曲>
1.ザセカンドニムバス
2.ふとん史
3.悲劇!滑車送りの刑

■『MEGAMASSO LIVE 2016 [THE FIRST REUNION,SECOND NIMBUS]』

12月10日(土) 東京・品川インターシティホール
OPEN 16:30/START 17:15

【関連リンク】
メガマソ オフィシャルHP
Migimimi sleep tightの楽曲が音楽ゲームアプリ「jubeat plus」にて配信スタート
Migimimi sleep tight、新曲MV2本公開&フリーイベント開催を発表
メガマソのインザーギ(Vo.)が新プロジェクト“Vanity Sicks”を始動

【関連アーティスト】
メガマソ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Dragon Ashのオリジナル・ベーシスト、IK?Z?NE初のエキシビション開催決定
Fri, 07 Oct 2016 19:30:00 +0900
 『I ?IK?Z?NE展』  (okmusic UP\'s)

Dragon Ashのオリジナル・ベーシストIK?Z?NEの生誕を記念した初のエキシビション『I ? IK?Z?NE展』が、渋谷のESPミュージアムにて、 10月22日からIK?Z?NEの生誕日である11月1日まで開催される。

【その他の画像】Dragon Ash

多くのミュージシャンやファンから敬愛され続けているIK?Z?NE。卓越した演奏力と感性で独創的な存在感を放ってきた彼が2012年4月に他界して今年で4年。Dragon AshのギタリストであるHIROKIの「ロックスター=IK?Z?NEの生誕をみんなで楽しく分かち合える場所を作れたら」という呼びかけにより、同イベントの開催が決定した。

「ESPイクトロン ピザーラ」など、IK?Z?NEが愛用した数々のベースを始め、トレードマークのライトセーバーや赤+青の衣装、未公開映像や雑誌のインタビュー記事といったIK?Z?NEの功績とお茶目な人柄を偲ぶ貴重な品々を展示。長年のファンはもちろん、急逝後に彼を知った人もその魅力を間近に感じられる絶好の機会だ。IK?Z?NEの愛器は“アート”としても見応え満点で、楽器を演奏しないファンもぜひ気軽に足を運んでみてほしい。 ちなみに入場は無料だ。

なお、会場ではTシャツなどのグッズが販売される他、IK?Z?NE生誕51年にちなみ、限定51着の赤青ロングネルシャツを通販にて先行販売する。

■『I ?IK?Z?NE展』

10月22日(土)〜11月1日(火)ESP Museum
開館時間:11:00〜19:00 (入場無料)

■「IK?Z?NEロングネルシャツ」

10月11日(火)正午12時販売開始 通販先行(51着限定販売)¥19,300(税込)
※先着順。無くなり次第販売終了。
※ご購入の際は注意事項を良くご確認ください。

■詳細はこちら
http://aogmarket.jp/da-670/

【関連リンク】
Dragon Ash オフィシャルHP
Dragon Ash、約3年ぶりのシングル「光りの街」リリース決定
MAN WITH A MISSION、AbemaTV『狼大全集IV』発売記念特番にKj(Dragon Ash)・SU(RIP SLYME)がゲスト出演!
Xmas Eileen、主催イベント初の東京公演を大成功&メジャーデビュー・アルバムのリリースを発表

【関連アーティスト】
Dragon Ash
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

GLIM SPANKY、自主イベントで勝手に観光協会Z&ストレイテナーと共演
Fri, 07 Oct 2016 19:00:00 +0900
GLIM SPANKY (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYが12月8日と9日の2日間にわたって自主企画『MAGICAL WEEKEND PARTY』を開催することがわかった。

【その他の画像】ストレイテナー

1日目は勝手に観光協会Z、2日目はストレイテナーをそれぞれゲストに迎える。今回の企画に関してメンバーは「毛色の全く違う2組の先輩とのイベントを企画しました!全然違う景色の2日間になると思います!是非遊びに来てください!」とコメントしている。

みうらじゅん賞受賞や、映画『変態だ』エンディングテーマ作曲等、かねてから親交があるみうらじゅん率いる勝手に観光協会Zと、レーベルメイトであり、プライベートでもメンバー同士仲が良いがライヴは初共演となるストレイテナーを相手にどんなパフォーマンスを見せてくれるのか、期待が高まる。

さらに、GLIM SPANKYのアルバム『Next One』に収録された楽曲「闇に目を凝らせば」が主題歌として起用された、映画『少女』が明日10月8日公開より公開。主題歌「闇に目を凝らせば」は、映画『少女』の三島有紀子監督がライブでGLIM SPANKYに一聴き惚れし、その後熱烈なオファーを受け、書き下ろした楽曲となっている。

「闇に目を凝らせば」に対して、映画『少女』主演を務めた本田翼は「心がぎゅってなるような、苦しいだけでない曲調がとても素敵です…!」とコメントしている他、山本美月は「GLIM SPANKYさんの音楽を買ったときに、歌詞を読んだら『少女』にピッタリだったので、鳥肌が立ちました。この映画は少女の時代を今経験している方、経験した方にも観て頂きたいですし、男性の方ものぞき見るような気持ちで観て頂けたらなと思います」とコメントしている。

GLIM SPANKYは、9月22日の長野CLUB JUNK BOXを皮切りに、初の全国ワンマンツアー『Next One TOUR 2016』を開催中。13会場でのチケットが全公演ソールドアウトとなり、今のGLIM SPANKYの勢いを裏付ける好結果となった。このツアーの最終公演は10月30日新木場STUDIO COASTでおこなわれる。

■【イベント情報】

「MAGICAL WEEKEND PARTY vol.1」
12月08日(木) 原宿アストロホール
w:勝手に観光協会Z

「MAGICAL WEEKEND PARTY vol.2」
12月09日(金) 東京キネマ倶楽部
w:ストレイテナー

【関連リンク】
GLIM SPANKY オフィシャルHP
【連載コラム】稚菜、映画「少女」の主題歌をカバー
GLIM SPANKY、アルバム『Next One』をバンド史上初のアナログ化!
GLIM SPANKY、『Mステ』初出演決定&「怒りをくれよ」MVメイキングを公開

【関連アーティスト】
ストレイテナー, GLIM SPANKY, 勝手に観光協会Z
【ジャンル】
ジャパニーズロック

矢井田瞳、Blu-ray『矢井田瞳 LIVE TOUR "15"』発売&弾き語りツアー決定
Fri, 07 Oct 2016 18:00:00 +0900
Blu-ray『矢井田瞳 LIVE TOUR

矢井田瞳がデビュー15周年を記念して2015年11月〜12月にかけて開催したツアー『矢井田瞳 LIVE TOUR "15"』より、東京公演の模様を収録したBlu-rayが発売されることがわかった。

【その他の画像】矢井田 瞳

『矢井田瞳 LIVE TOUR "15"』は、2015年5月3日にデビュー15周年を迎えた矢井田瞳の真骨頂であるバンドツアー。ライブでは「15周年ということで、集大成というだけでなく私の好みが濃く出るようなセットリストに」という矢井田瞳の思いが伝わってくるような曲の数々を披露。メジャーデビュー曲「B\'coz I Love You」はもちろん、「My Sweet Darlin’」、最新オリジナルアルバム『TIME CLIP』からは「YOUR SONG」、「MOON」なども選曲された。

今回Blu-rayとして発売される『矢井田瞳 LIVE TOUR "15" COMPLETE EDITION −the 15th anniversary−』は、同ツアーの赤坂BLITZ公演で歌唱した全21曲を収録したもの。歌唱シーンはもちろん、「ファンのみんなには、ありのままの矢井田瞳を観てもらおう」という本人からの快諾もあり、本来ならカットされてしまうような、歌い出しをしくじり照れながら歌い直した際の様子や、用意されたカンペを必死に読みながらの告知コーナーなど、思わず微笑んでしまうようなシーン等も余すところ無く収録されている。公演の一部始終をノーカットで収録する『矢井田瞳 LIVE TOUR "15" COMPLETE EDITION』はまさに“完全版”。鮮明な映像と音声で、矢井田瞳の溢れ出るエネルギーと笑顔で満ち溢れた表情、迫力のバンド演奏に載せたヤイコ節が堪能できるのもBlu-rayならではの特徴だ。

本作には最新アルバム『TIME CLIP』の発売を記念して4月〜5月にかけて開催された全国ツアー『矢井田瞳LIVE TOUR 2016「TIME CLIP」』のファイナル公演であるZEPP DIVERCITY TOKYOで歌唱された曲のうち、アルバム『TIME CLIP』に収録されている全10曲を特典ライブCD音源として同梱。ライブでヤイコと一緒に盛り上がったファンは勿論、当日足を運ぶことが出来なかったファンも心から楽しめる作品となっている。

また、矢井田瞳の弾き語りツアー『ヤイダヒトリ』が昨年に続いて開催されることも合わせて発表された。ツアーは12月3日(土)の東京日本橋三井ホール公演を皮切りに、全国16会場で開催。なお、ファイナル公演は地元大阪での開催を予定している。2015年のツアーでは東名阪の3公演はサポートメンバーを迎えてのパフォーマンスであったため、今回その3都市では事実上初めての単独弾き語り公演となる。

ツアー開催にあたり、矢井田瞳のブログでは、「皆さんから熱い要望を頂きまして、全国ツアーできることになりました!ほんまありがとーーー!」とファンへの感謝を綴りながら熱い意気込みを語っている。

なお、10月13日(木)12:00より矢井田瞳ファンクラブ「Ch.yaiko」会員を限定に優先チケットの受付を開始。一般チケットに関する情報はオフィシャルサイトにて後日発表の予定だ。この年末にかけてもヤイコの活躍から目が離せない!

■Blu-ray『矢井田瞳 LIVE TOUR "15" COMPLETE EDITION −the 15th anniversary』

2016年12月2日発売
YCXW-10011/B/¥6,000+税
※Blu-ray+CD
<収録曲>
■Blu-ray
01. 地下室の渦
02. 馬と人参
03. 未完成のメロディ
04. My Sweet Darlin\'
05. 世界と私の間
06. 明日からの手紙
07. 雨と嘘
08. B\'coz I Love You
09. もぎたての憂鬱
10. Buzzstyle
11. 君こそ道しるべ
12. SEKIRARA
13. GIRLS MAGIC
14. アンダンテ
15. Go my way
16. 地平線と君と僕
17. YOUR SONG
18. 一人ジェンガ
19. 恋バス
20. ネバーランド行き
21. MOON
■特典CD
『All Songs of "TIME CLIP" from Zepp DiverCity 2016.05.02 - LIVE TOUR 2016「TIME CLIP」-』
01. machine
02. WAVE
03. 幸せ呼ぶメロディ
04. SEKIRARA05. YOUR SONG
06. It\'s Time
07. 東京タワーと蟻
08. 世界と私の間
09. MOON
10. Circle

■アルバム『TIME CLIP』

発売中
【アニバーサリー・エディション(初回盤)】(CD+Blu-ray+スマプラ)
YCCW-10267/B/¥5,200+税
<収録曲>
■CD
M1. Circle
M2. MOON
M3. SEKIRARA
M4. 東京タワーと蟻
M5. 幸せ呼ぶメロディ
M6. 世界と私の間
M7. machine
M8. WAVE
M9. YOUR SONG
M10. It\'s Time
(ボーナストラック)
M11. My Sweet Darlin\'
M12. Life\'s Like A Love Song
M13. 地平線と君と僕
*2015年8月15日「矢井田瞳 弾き語り TOUR 2015 〜ヤイダヒトリ元気祭り ver.〜」 @LIVING ROOM CAFE by eplus(東京)より
■特典Blu-ray
【矢井田瞳 the 15th anniversary 2015-2016】
1. 矢井田瞳 the 15th anniversary 2015-2016 弾き語り TOUR 2015 〜ヤイダヒトリ〜 digest
内容:インタビュー(「矢井田瞳 弾き語り TOUR 2015 〜ヤイダヒトリ〜」ダイジェスト映像含む)約13分
2. 矢井田瞳 the 15th anniversary 2015-2016 LIVE TOUR "15" @ 赤坂BLITZ 12.12.2015
内容:ライブ映像セレクション7曲(2015年12月12日 東京 赤坂BLITZで行われた「矢井田瞳 LIVE TOUR "15"」より)
M1. 世界と私の間
M2. 明日からの手紙
M3. 雨と嘘
M4. B\'coz I Love You
M5. もぎたての憂鬱
M6. Buzzstyle
M7. 君こそ道しるべ
3.「MOON」MUSIC VIDEO
監督:酒井伸太郎(L\'espace Vision)
4. BTS Movie of yaiko
内容:15周年オフショット映像(レコーディング風景等)

【通常盤】(通常盤CD+スマプラ)
YCCW-10268/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
M1. Circle
M2. MOON
M3. SEKIRARA
M4. 東京タワーと蟻
M5. 幸せ呼ぶメロディ
M6. 世界と私の間
M7. machine
M8. WAVE
M9. YOUR SONG
M10. It\'s Time
(ボーナストラック)
M11. YOUR SONG
M12. Over The Distance
*2015年8月15日「矢井田瞳 弾き語り TOUR 2015 〜ヤイダヒトリ元気祭りver.〜」@ LIVING ROOM CAFE by eplus(東京)より

■『矢井田瞳 弾き語りTOUR 16/17 〜ヤイダヒトリ〜』

12月03日(土) 東京 日本橋三井ホール
12月11日(日) 愛知 THE BOTTOM LINE
12月18日(日) 栃木 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
12月23日(金・祝) 石川 金沢21世紀美術館 シアター21
2017年
01月08日(日) 岡山 YEBISU YA PRO
01月09日(月・祝) 広島 HIROSHIMA CLUB QUATTRO
01月14日(土) 長崎 DRUM Be-7
01月15日(日) 福岡 Gate\'s7
01月22日(日) 北海道 cube garden
01月28日(土) 香川 DIME
01月29日(日) 愛媛 松山キティホール
02月18日(土) 宮城 SENDAI CLUB JUNK BOX
02月19日(日) 福島 いわき PIT
02月25日(土) 長野 NAGANO CLUB JUNK BOX
03月20日(月・祝) 神奈川 Yokohama O-SITE
03月26日(日) 大阪 サンケイホールブリーゼ

<チケット>
矢井田瞳ファンクラブ「Ch.yaiko」会員限定先行
受付開始:2016年10月13日(木)12:00〜
URL:https://yaiko.net/
※一般チケット情報は矢井田瞳official siteにて後日発表。

【関連リンク】
矢井田瞳 オフィシャルHP
矢井田瞳、ツアーファイナルでこれまでに出会えた多くの人たちへ感謝
矢井田瞳、15周年を記念したオリジナルフルアルバム『TIME CLIP』をリリース
矢井田瞳、ニューアルバムより「MOON」MV short ver.とインタビュー動画を解禁

【関連アーティスト】
矢井田 瞳
【ジャンル】
J-POP

渋谷系ミュージシャンにも大きな影響を与えたスタイル・カウンシルの洒落たデビュー作『カフェ・ブリュ』
Fri, 07 Oct 2016 18:00:00 +0900
『Cafe Bleu』(’84)/The Style Council (okmusic UP\'s)

80年代前半のポピュラー音楽界は、エレクトロ・ポップ、ヘヴィメタル、ディスコ、AOR、ニューウェイヴ、ワールドミュージック等々が乱立する戦国時代だったと思う。そして、そのどれもが70年代中頃に登場したパンクスピリットを超える何かを求めて活動していたように僕は感じた。そんな時、ソウルやジャズをモチーフにしながら、洒落た音楽を鼻歌混じり(のように見えただけだが)で演奏するグループが現れた。それがスタイル・カウンシルだった。彼らは「楽しみながら音楽やろうよ」と言いたげで、自分たちの好きな50〜60年代の音楽をやっていた。同時代の他のグループには見られなかった独特の“知的な軽さ”が持ち味で、その“知的な軽さ”が後に日本の渋谷系にも大きな影響を与えることになるのだ。というわけで、今回はポール・ウェラーとミック・タルボットがタッグを組んだ、スタイル・カウンシルのお洒落なデビュー作『カフェ・ブリュ』を紹介する。

【その他の画像】Paul Weller

■パンクスピリットを持ちつつポップな音楽性も持ったザ・ジャム

パンク人気がまだ衰えてなかった1977年、ポール・ウェラー率いるザ・ジャムは「イン・ザ・シティ」でデビューし、スピード感のあるパンクグループとして全英レベルの人気を得る。彼らの強みは音楽性だけでなく、60sを彷彿するファッションやライフスタイルにあり、モッズ・リバイバル(1)の中心に担ぎ上げられることになる。かなり乱暴に言ってしまうと、日本でモッズにあたるのは暴走族だと思う。ツナギを着てバイクに乗り、髪はリーゼントで音楽は矢沢永吉…みたいな感じ。

今から思えば、ジャムはパンクグループというよりはR&Bをこよなく愛するビートグループなわけで、ある意味でポール・ウェラーの仕掛けた罠にみんな騙されていたような気がする。78年にリリースされた3rdアルバム『オール・モッズ・コンズ』以降、彼のR&B好きはだんだんエスカレートしていき、全英1位を獲得したラストアルバムの『ザ・ギフト』では、ホーン・セクションを参加させ、ファンクやダブ(2)にも挑戦するなど、黒人音楽をなぞるだけでなく、新しい音楽への追究が本格化していただけに、このタイミングで解散したのは残念であった。このまま続けていけば、もっと充実した作品が生まれていたはずなのに…と考えたファンは少なくなかっただろう。

■スタイル・カウンシルのクールなデビュー

ところがザ・ジャムの解散後、キーボードの達人であるミック・タルボットをパートナーにして、すぐにスタイル・カウンシル名義のシングル「スピーク・ライク・ア・チャイルド」(‘83)をリリースする。ここではジャムの後半に見られたモータウン・ソウル(3)の影響が、もっとはっきり流用というかたちで出ていて、パンクロックとしてジャムを聴いていたファンを失望させたのだが、僕は逆に喜んだぐらいだ。なぜかと言うと、ポール・ウェラーの音楽は本来パンクというよりはポップス寄りなので、ジャムという狭い枠の中では表現できないことが多いはずだと想像できたからである。ただ、このデビューシングルでは60年代ソウルをここまで真似して大丈夫か?…という懸念を抱いたことも事実である。

■本作『カフェ・ブリュ』について

そして、翌年に待望のデビューアルバム『カフェ・ブリュ』がリリースされる。アルバムを聴いてみて、デビューシングルがスタイル・カウンシルの一側面であり、単なる予告編であることが分かった。

アルバムの収録曲は全部で13曲。ファンキー・ジャズ(4)、ジャンゴ・ラインハルト風(5)、シンセと打ち込みでのラップ、ファンク、ポール・ウェラーのオリジナル(6曲目の「マイ・エバー・チェンジング・ムーズ」と10曲目の「ユー・アー・ザ・ベスト・シング」は名曲)、フィドル(6)入りモータウン風ソウルなど、ポール・ウェラーの好きなスタイルばかりが収められている。これって一見まとまりのないように思えるのだが、アルバム全編を通してのコンセプトが“クール(=お洒落)”なので、統一感はちゃんとある。何より聴いていて楽しい…実は、これがポール・ウェラーの絶対的な主張なのである。それにしても、1曲目にピアノを使ったファンキー・ジャズ風インストを、最後の曲にオルガンを使ったソウル風インストを配置するところをみると、ポール・ウェラーってモータウンだけじゃなくて、ブルーノートやスタックス(7)も大好きなんだろうな。

混沌とした80年代のポピュラー音楽界において「肩肘張らず良い音楽を笑顔で楽しもうよ。昔のコピーだっていいじゃん」というウェラーの考えは正解だったと思う。当時は、それほど作り込まれた(過剰な)音楽が多かった。そのことに異議を唱えたスタイル・カウンシルは、このアルバムで多くのファンを獲得し、音楽の楽しさを再認識させてくれたのである。

■本作が生み出した大きな影響

本作はイギリスで多くの新しい音楽路線を用意することになる。例えば、90年代に脚光を浴びるイギリス発信のUKソウル、アシッド・ジャズ、ブリットポップ、そして日本の渋谷系など、大きな音楽ムーブメントの根幹にあるのがスタイル・カウンシルの『カフェ・ブリュ』なのである。

この後、2ndアルバム『アワー・フェイバリット・ショップ』が全英1位を獲得、こちらのほうがアルバムとしての完成度は高いが、衝撃度や後の影響力という点で『カフェ・ブリュ』がスタイル・カウンシルの最高傑作だろう。最後になるが、本作ジャケットのカッコ良さは格別なので、できればLPを手に取ってもらいたい。

(1) モッズ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%83%E3%82%BA

(2) ダブ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%96
(3) モータウン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%A2%E3%83%BC%E3%82%BF%E3%82%A6%E3%83%B3
  
(4) ファンキー・ジャズ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%83%B3%E3%82%AD%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%82%BA

(5) ジャンゴ・ラインハルト
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%82%B4%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%8F%E3%83%AB%E3%83%88

(6) フィドル
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%89%E3%83%AB

(7) スタックス・レコード
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%83%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

【関連リンク】
ザ・ジャムの1stアルバム『イン・ザ・シティ』はモッズ&パンク魂を感じさせる熱い名盤
ポール・ウェラー来日公演にくるり、藤巻亮太ら5組がゲスト出演
ポール・ウェラー10月に3年ぶりの来日公演決定
『FUJI ROCK FESTIVAL \'09』、UKロック界の重鎮ポール・ウェラー出演決定

【関連アーティスト】
Paul Weller, Style Council
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、映画「グッドモーニングショー」の主題歌をカバー
Fri, 07 Oct 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

まず今日の一曲。

明日公開予定の映画「グッドモーニングショー」の主題歌でもあります
KANA-BOONの「Wake up」
KANA-BOONの音楽を初めて聴いた時から、耳に残るメロディーが印象的でした。
何を言われてもそのスタイルは今も昔もずっと変わらない。貫くってかっこいいなと思います。
自分たちの夢を確実に有言実行している姿を見たり話を聞かせてもらったり、個人的に凄く刺激をもらえる存在です。
いつもゆったりとした曲調にアレンジして歌っているんですが、今回はあえて違う感じで挑戦してみました。
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=Ox1jc2XdTcI&feature=youtu.be

あなたがこの映画を観に行こう!と決めるきっかけって何ですか?
好きな俳優さん女優さんが出ているから。
好きなアーティストが主題歌を担当しているから。
好きな監督さんの映画だから。
色々あるかと思います。
私は一番はやっぱり音楽。
映画を元にしてつくった音楽、何をどんな風に感じてこの曲を書いたんだろうか、と思う。
その映画を観てから、歌を聴き直すとまた新たな音楽の発見があって凄く面白いし勉強にもなるんです。

もう一つ映画を選ぶきっかけ、それは単純に直感。笑
テレビや予告だったりで見た時に何かひっかかるものがあった映画をとりあえず観に行ってみる事が多い。
洋画邦画問わず。
多分その時、何となく自分の中でもやもやした気持ちがあったりする時に観に行く。
そして、泣く。
多分すっきりしたいんだと思う。
映画観ると基本私は泣いています。笑
だから一人で観に行く方が実は好きだったりする。
約2時間弱の時間、思いっきりのめり込んで、誰の目を気にするでもなく一人の世界に入りたいから。
映画館で観るからこそ出来る事。
自分と向き合いたいんだろうなぁ。
映画の中に出てくる人たちを、自分の生きる生活の中の人たち、そして自分と置き換える。

こんな感情があるんだなって思った時に、少しだけ自分の世界に色が足されて優しくなれる、そんな気持ちになれるんです。
自分一人では気付けなかった事に気付かせてくれる、だから私は映画を観に行くのが好きなんだなって思います。

脚本、監督、出演者、演出、音楽、最後のエンドロールで流れる沢山の方の名前。
そんな一本一本の縦横無尽に動き回る何百何千という糸が、よく見ると綺麗に絡み合っている。
映画にはそんな世界が見える。
人って凄いなって如実に分からせてくれる。
映画に限らず、どんな世界もどんな仕事も、一人では何も出来ない。
沢山の人が関わって、沢山苦労して初めて一つのものが出来上がる。
だから綺麗できらきら輝いている。
そんな世界に触れられる事に、ありがたみを感じた瞬間でした。

【関連アーティスト】
KANA-BOON, 稚菜
【ジャンル】














c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1