歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年10月03日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/10/12
2016/10/11
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
J、灼熱の対バン10Days突入で20年の歴史を振り返る
Mon, 03 Oct 2016 17:00:00 +0900
「J 2016 LIVE <10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction->」@新宿BLAZE (okmusic UP\'s)

Jの対バンライブ『J 2016 LIVE <10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction->』が、10月1日・2日に新宿BLAZE 2daysにてついに幕を開けた。

【その他の画像】J

初日のオープニングを飾ったヒトリエは独特の雰囲気から繰り出すフレーズとアンサンブルで、自分たちの世界観を存分に魅せつける。MCではJから「バンドの世界は"下剋上"という言葉をいただいた」と話し、「今夜ここに呼んでもらったということは、Jさんが"俺の首を取りに来い"ということだと思ってやらせてもらいます!」と挑戦状を叩き付けると、その言葉に会場も一気にヒートアップしていった。

続いてJが登場すると、フロアはさらなる灼熱の世界へ突入! アンコールでは10Days初日ということで1stアルバム『PYROMANIA』制作時の話に触れ、「LAの同じスタジオでレコーディングしていたhideさんからの"J、やっちゃおうぜ"の言葉がいまでも胸に焼き付いている」と語り、デビューシングル「BURN OUT」を披露。まさに20周年へのカウントダウン初日に相応しいライブとなった。

二日目の先陣を切ったのはThe Cheserasera。まっすぐかつひたむきに自分たちの音を紡ぎ出していくが、MCでは一変し「昨日Jさんのライブを見て、バンドマンたるものあれだけ自信を持ってステージに立つべきだなと身をもって体感しました!」と語ると、「今日はワイルドスタイルでいきたいと思ってるんだけど、イケるか〜!」とJを彷彿させるような煽りでフロアを沸かせた。

その熱を受けて、二夜目のステージにJが登場! 揺るぎない音と圧巻のパフォーマンスでフロアを支配した。この日は2ndアルバム『BLOOD MUZIK』にまつわる話として、「LUNA SEA終幕直後に作り始めたんだけど、バンドに対しての意地と反動がエネルギーになって、より俺にしかできない音を叩き込むことに没頭した作品で、気がついたら7キロも痩せていた」というエピソードが語られた。その後放たれた「Gabriel」でフロアの熱は最高潮に達し、10Days第1ラウンド新宿BLAZEでの2日間を終えた。

次回は会場を渋谷O-EASTに移して、10月7日(金)にNothing\'s Carved In Stone、8日(土)にはlynch.を迎えて灼熱のカウントダウンバトルはさらなる熱を高めてゆく。

■『10 Days of GLORY』特設サイト
http://www.j-wumf.com/10days-of-glory/

■【ライブ情報】

『J 2016 LIVE <10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction->』
10月07日(金)  東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
Special Guest: Nothing\'s Carved In Stone
10月08日(土)  東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
Special Guest: lynch.
10月23日(日)  大阪・BIG CAT
Special Guest:KNOCK OUT MONKEY
10月28日(金)  東京・ 渋谷CLUB QUATTRO
Special Guest: GOOD4NOTHING
10月29日(土)  東京・ 渋谷CLUB QUATTRO
Special Guest: BACKLIFT
11月19日(土)  東京・恵比寿LIQUIDROOM
Special Guest: minus(-)
11月20日(日)  東京・恵比寿LIQUIDROOM
Special Guest: AA=
※終了分は割愛

『放火魔大暴年会』
12月30日(金)  東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
Special Guest:DOOM / RADIOTS

【関連リンク】
J オフィシャルHP
J、対バン10days開幕に伴い20thベスト盤リクエスト投票がついに解禁
Brian the Sun、イトヲカシやヒトリエなど秋のツアーのゲストを発表
J、ファンと共に作るソロ20周年記念ベスト盤を2017年春にリリース

【関連アーティスト】
J, The Cheserasera, ヒトリエ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

音楽プロデューサー・山口哲一と浅田祐介による「TECHS 1@SuperDeluxe」にYun*chiら出演
Mon, 03 Oct 2016 21:00:00 +0900
「TECHS 1@SuperDeluxe」出演アーティスト (okmusic UP\'s)

音楽プロデューサーの山口哲一と浅田祐介の呼びかけにより、Yun*chi、AIMI(ex.ステレオポニー)、小南千明、SpininGReenなどが出演するイベント「TECHS 1@SuperDeluxe」の開催が決定した。

【その他の画像】ステレオポニー

エンタメ×IT起業を支援するピッチコンテスト「START ME UP AWARDS」や、ミュージシャンズ・ハッカソン等、近年様々な取組を行なってきた山口哲一と浅田祐介が、音楽、エンターテインメント・フィールドでのテクノロジーの活用をテーマに立ち上げた本イベント。

開催は10月25日(火)に六本木SuperDeluxeにて。新しい技術と結びついたライブ・エンターテインメントを作り出すイベントに是非注目してほしい。

■【コメント】

■山口哲一
「最近、生活に刺激が足らないと感じていたら、TECHSをチェックして下さい!」

■浅田祐介
「音楽xテクノロジーの新しいジャンルがうまれる瞬間に一緒に立ち会いましょう」

■「TECHS 1@SuperDeluxe」

10月25日(火) 六本木SuperDeluxe
開場 18:00 / 開演 18:30
出演:Yun*chi / 小南千明 / AIMI / SpininGReen / & more...
MC:黒田有彩
<チケット>
料金:予約 ¥3,300 / 当日 ¥3,800(ドリンク別)
チケット購入:e+ イープラス
https://www.super-deluxe.com/room/4188/

【関連リンク】
「TECHS」ライブ・イベント公式サイト
palet 小磯陽香&一ノ瀬りと参加の『写真家、長谷川圭佑が会いに行く』第2回目公開
『写真家、長谷川圭佑が会いに行く』第2回目にpaletの小磯陽香、一ノ瀬りと、第3回目にYun*chiが登場
「Musicians Hackathon 2016」の参加ミュージシャンが明らかに

【関連アーティスト】
ステレオポニー, Yun*chi, AIMI, 小南千明, SpininGReen
【ジャンル】
J-POP, イベント

クミコ、松本 隆&秦 基博とコラボした心温まるライブ映像を公開
Mon, 03 Oct 2016 20:00:00 +0900
9月24日@EX THEATER ROPPONGI (okmusic UP\'s)

クミコが9月24日に行なった『クミコスペシャルコンサート2016』より、松本 隆と秦 基博とともにコラボで初披露した「さみしいときは恋歌を歌って」のライブ映像が公開された。

【その他の画像】秦 基博

映像はクミコ、松本、秦によるトーク場面と歌唱ステージで構成。トーク場面では秦を「かわいい」と絶賛するクミコの様子や、制作に臨んだ心境などが映し出されており、当日の温かい雰囲気が伝わる内容となっている。また歌唱ステージでは「さみしいときは恋歌を歌って」を秦の生コーラスとともに披露した貴重な映像が収められているので、是非チェックしてみてほしい。

■クミコ&松本隆&秦基博 スペシャルライブ映像
https://www.youtube.com/watch?v=65bjXI-6viQ

【関連リンク】
クミコ オフィシャルHP
秦 基博がデビュー10周年記念シングル「70億のピース」のMVを公開
クミコのコンサートに松本隆&秦基博がゲスト出演
秦 基博、デビュー10周年記念シングル「70億のピース / 終わりのない空」リリース決定

【関連アーティスト】
秦 基博, クミコ, 松本隆
【ジャンル】
J-POP

AOAが小室哲哉の名曲「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」をカヴァー
Mon, 03 Oct 2016 19:00:00 +0900
AOA × 小室哲哉 (okmusic UP\'s)

AOAが日本1stアルバム『Ace of Angels』に続く2ndアルバム『RUNWAY』を11月30日にリリースすることを発表した。T.M.Revolutionの西川貴教と共演し大きな話題を呼んだシングル「愛をちょうだい feat.TAKANORI NISHIKAWA(T.M.Revolution)」や、この夏のアンセムともなった「Good Luck」が収録される。

【その他の画像】AOA

また、新曲として小室哲哉の名曲「WOW WAR TONIGHT 〜時には起こせよムーヴメント」のカヴァー収録が決定した。このカヴァーには小室哲哉自らがプロデューサーとして参加、新たにAOAをイメージして歌詞もリメイク、そしてMVにも参加しているという。すでにこのMVは韓国にて撮影が終了しており、AOAのリード・ヴォーカルのチョアは「わたしは前Youtubeでダウンタウンの浜田さんがこの曲を歌うことを観てとても好きになってました。今回その曲をカヴァーすることが出来てとても嬉しいです。」とコメント。小室哲哉は「出来上がりはすごい昔の曲とは思えない、新曲に聴こえますね。ガールズ・ポップに聴こえました。すごい新鮮でした。プロデュースらしいことは出来てないですけど、PVに参加できたのが良かったかなと思います。」とコメントしている。

さらにそのMV撮影時の写真も公開。バスケット・チーム・スタイルのコスチュームを身にまとったAOAのメンバーとタイトなスーツ姿で微笑む小室哲哉が巨大な総合競技スタジアムを背景にたたずむショットだ。はたしてどんなビデオに仕上がっているのか、そしてリボーン・ヴァージョンとなるサウンドはいかなるものかなど気になるポイントが満載で、まさに新たな“ムーヴメントが起こる"こと必至だ。

■アルバム『RUNWAY』

2016年11月30日発売
【初回限定盤A】(CD+Blu-ray+ランダムフォトカード)
UICV-9216/¥6,667+税
【初回限定盤B】(CD+DVD+ランダムフォトカード)
UICV-9217/¥5,926+税
【初回限定盤C】(CD+DVD+ランダムフォトカード)
UICV- 9218/¥3,611+税
【通常盤】(CD+ランダムフォトカード)
UICV-9219/¥2,778+税
【ピクチャーレーベル盤】(CD+ランダムフォトカード)
・メンバー別ピクチャーレベル(SEOLHYUN)
品番:UICV-9220/¥2,037+税
・メンバー別ピクチャーレベル(CHOA)
UICV-9221/¥2,037+税
・メンバー別ピクチャーレベル(HYEJEONG)
UICV-9222/¥2,037+税
・メンバー別ピクチャーレベル(CHANMI)
UICV-9223/¥2,037+税
・メンバー別ピクチャーレベル(YUNA)
UICV-9224/¥2,037+税
・メンバー別ピクチャーレベル(MINA)
UICV-9225/¥2,037+税
・メンバー別ピクチャーレベル(JIMIN)
UICV-9226/¥2,037+税

■「Winter Fan Meeting - White Christmas with Angels -」

12月13日(火) 名古屋センチュリーホール
12月14日(水) 神戸国際ホール
12月15日(木) パシフィコ横浜

【関連リンク】
AOA オフィシャルHP
小室哲哉×大森靖子、「SEPT PREMIERES 」by Kenzo TakadaのCMソングで初のコラボレーション
AOA、シングル「Good Luck」のリリース・イベントが大盛況
AOA、ニューシングル「Good Luck」(Japanese ver.)のMVフル公開

【関連アーティスト】
AOA, 小室哲哉
【ジャンル】
J-POP, K-POP

『ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭』制作記者発表にて、がんビクやバンもん!らが意気込み語る
Mon, 03 Oct 2016 18:00:00 +0900
『ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭』出演アイドル (okmusic UP\'s)

『ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭』の制作記者発表が10月3日、ポニーキャニオン本社にて行われ、同イベントに出演予定のがんばれ!Victory、Ange☆Reve、マジカル・パンチライン、さんみゅ〜、バンドじゃないもん!の5組が出席した。

【その他の画像】がんばれ!Victory

10月よりスタートするポニーキャニオン50周年イベントのひとつとして、ポニーキャニオン所属のアイドルグループが一堂に会するフェス形式のスペシャルイベント『ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭』。10月8日(土)に港区虎ノ門・ニッショーホールにて開催され、バンドじゃないもん!、マジカル・パンチライン、さんみゅ〜、がんばれ!Victory、Ange☆Reve、ベイビーレイズJAPAN、クロユリfrom夏の魔物の7組の出演が発表されている。

同イベントでは、ベイビーレイズJAPAN&がんばれ!Victoryのコラボによる「ラリラリラ」、さんみゅ〜&クロユリfrom夏の魔物のコラボによる「くちびるNetwork」に加え、参加全アイドルによるおニャン子クラブ「セーラー服を脱がさないで」、Ange☆Reveによる工藤静香「MUGO・ん…色っぽい」、がんばれ!Victoryによる岩崎良美「タッチ」、マジカル・パンチラインによるアイドリング!!!「MAMORE!!!」など、"アイドルのポニーキャニオン"の歴史を網羅する名曲のカバーを披露する予定。

さらに、『ぽにきゃん!アイドル倶楽部』×ポニーキャニオン50周年記念Tシャツ7色の会場発売、ベイビーレイズJAPANと18歳未満の出演者を除く全アイドルによる終演後のお見送り握手会の実施も発表された。

チケットはチケットぴあにて発売中。出演アイドルよりコメントも届いているので、彼女たちの意気込みを感じ取ってイベントに参加してほしい。

■【出演者よりコメント】

■れな(がんばれ!Victory)
「“絶対生音主義バンドル”なので生音でバンバン盛り上げたい!」

■渡辺くるみ(Ange☆Reve)
「正統派で売っているので、当日も天使らしく正統派で盛り上げたい」

■佐藤麗奈(マジカル・パンチライン)
「自ら衣装をデザインし、私が審査で選んだメンバーの顔面偏差値が高いと言われている。魔法コンセプトも奥深く、ミステリアスなグループと思われているので、魔法の力で盛り上げます!」

■長谷川怜華(さんみゅ〜)
「年配の方にはどこか懐かしく、若い方には新しいメロディと、私たちのさわやかなところを見てほしい」

■鈴姫みさこ(バンドじゃないもん!)
「ポニーキャニオンのレジェンドたちの歴史を、リスペクトを持ってぶち壊してやる! 私たちがポニーキャニオンをキャニーオニオンにするぞー!」

■『ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭』

10月08日(土)  ニッショーホール
17:30開場 / 18:00開演
出演:バンドじゃないもん! / マジカル・パンチライン / さんみゅ〜 / がんばれ!Victory / Ange☆Reve / ベイビーレイズJAPAN / クロユリfrom夏の魔物
<チケット>
料金:¥5,400(税込)
一般販売:発売中
販売場所:チケットぴあ(http://w.pia.jp/t/pc-idolclub/)

【関連リンク】
『ぽにきゃん!アイドル倶楽部』オフィシャルHP
『ぽにきゃん!アイドル倶楽部感謝祭』にてポニーキャニオン所属アイドルによるお見送り握手会開催!

【関連アーティスト】
がんばれ!Victory, バンドじゃないもん!, さんみゅ〜, ベイビーレイズJAPAN, クロユリfrom夏の魔物, マジカル・パンチライン, Ange☆Reve
【ジャンル】
女性アイドル, イベント, フェス

BABYMETALを形成するメタル・エレメント5曲
Mon, 03 Oct 2016 18:00:00 +0900
Dragonforce『マキシマム・オーヴァーロード』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

9月19日、20日と東京ドーム公演2デイズをソールドアウトさせたBABYMETAL。日本のメタルバンドが計11万人を動員した事実は看過できない。彼女たちの楽曲の背骨にはメタルがあり、イギリスを筆頭に海外で受け入れられているのも、メタルだからにほかならない。これを機会に未知の世界=ヘヴィ・メタルに足を踏み入れてみよう、というリスナーも多いことだろう。なので、ここではBABYMETALの楽曲に絡めて、その影響源やルーツになっているものを紐解いていきたい。

■1.「The Game」(’14)/Dragonforce

東京ドーム公演初日で一発目に披露されたBABYMETALのアンセムソング「Road of Resistance」。この曲のレコーディングにはサム・トットマン&ハーマン・リ(from Dragonforce)のふたりのギタリストが参加している。彼女たちの楽曲で初めて“ウォーウォー!”と観客と一体化できるシンガロング・パートを組み込んだ画期的な超メロスピナンバーである。この曲が生まれた背景には海外ツアーを多く経験したことが反映されている。IRON MAIDEN、METALLICAなど、スタジアム規模でライヴを行なうバンドには、誰もが口ずさめるアンセム曲がある。海外の人たちは日本と比べて、歌う人たちが本当に多い。歌メロはもちろん、ギターソロだって歌い上げる。この曲が好きな方なら、Dragonforceの高速メロスピワールドにもすんなり入れるだろう。

■2.「The Trooper」(’83)/IRON MAIDEN

「Road of Resistance」つながりで、もう1曲紹介したい。この曲をライヴで演奏する前にBABYMETALの3人は黒旗を持って登場する。そのアイデアのモチーフではないかと言われているのが、IRON MAIDENの9枚目のシングル「The Trooper」(邦題:明日なき闘い)のアートワークだ。バンドのマスコットと言えるエディがイギリス国旗を握って前進する勇ましい姿。ブルース・ディッキンソン(Vo)もライヴでイギリス国旗を振り回す場面があり、これには心底シビれてしまう。IRON MAIDENは名曲を数多く持つベテランだが、その中でも屈指の大名曲と言っていい。BABYMETAL好きならば避けては通れない楽曲だ。

■3.「Set To Fail」(’09)/LAMB OF GOD

BABYMETALの最新2ndアルバム『METAL RESISTANCE』収録曲に「KARATE」という楽曲があり、第一弾MVとしても大きなインパクトを与えた。今年、彼女たちはUSツアーを行なったが、ある意味アメリカ向けのサウンドと言えなくもない。僕もシアトル、サンフランシスコ、ロサンゼルス、シカゴとライヴを観てきたが、中でもロサンゼルスでは4000人の観客を沸かせた。この「KARATE」はアメリカ人にも大ウケで、90年代前半にメタルシーンに革命を起こしたPANTERAが掲げたグルーブメタルをルーツにしている。その音を継承し、人気を博しているのがLAMB OF GODだ。5thアルバム『WRATH』は全米チャート2位を大躍進を遂げ、そこに収録されているこの曲は泣く子も黙る鬼のヘヴィグルーブが炸裂! 「KARATE」好きにはぜひトライしてほしい。

■4.「Pull Me Under」(’92)/DREAM THEATER

再びBABYMETALの最新2ndアルバム『METAL RESISTANCE』収録曲に「Tales of The Destinies」というとんでもない楽曲がある。初めて聴いた時はあまりもすごさに言葉を失った。ジャンル的にはプログレッシブメタルに属し、その言葉を一躍シーンに広めたのはボストン発のDREAM THEATERだ。"夢劇場"というバンド名からしてロマンチックだが、ここでは彼らの代表作となる2ndアルバム『IMAGES & WORDS』収録曲を取り上げたい。卓越した演奏力、ドラマチックな曲構成、そこに美しいメロディーが乗り、プログレメタル好き以外をも魅了する楽曲クオリティの高さは文句の付けようがない。もし「Tales of The Destinies」が好きなら、真っ先にDREAM THEATERの扉を叩くことをお薦めるする。

■5.「Painkiller」(’90)/JUDAS PRIEST

今年腰を抜かすほどびっくりした事件と言えば、これしかない。米オハイオ州コロンバスで開催された『Alternative Press Music Awards』にてメタルゴッド、JUDAS PRIESTのフロンマンであるロブ・ハルフォード(Vo)とBABYMETALの共演が実現した!!! この曲でSU-METALとロブはハイトーンヴォーカル対決を行なったのだから。もう、夢のようである。いや、夢すらも越えた出来事だ。これは世界中のメタルバンドが涎を垂らして羨ましいと思うに違いない。この曲はPRIESTのライヴでもクライマックスにやることが多いメタルナンバー。これを機にメタルゴッドの全作品をチェックしてもらいたい。どれも名作ばかりDEATH!!

【関連アーティスト】
BABYMETAL, Iron Maiden, Judas Priest, Dream Theater, Lamb Of God, Dragonforce
【ジャンル】


LACCO TOWER、年末恒例ファン感謝祭が規模を拡大し2016年も開催決定!
Mon, 03 Oct 2016 16:00:00 +0900
LACCO TOWER (okmusic UP\'s)

LACCO TOWERが年末の恒例イベントである『年忘れワンマンライブ2016「みんなが選曲 LTS93総選挙」』の開催を発表した。

【その他の画像】LACCO TOWER

これまでのリリース音源収録楽曲+メンバー選曲1曲の「LTS=LACCO TOWER SONGS」の中からファン投票により順位を付けてもらい、上位に選ばれた楽曲によるセットリストで開催される年忘れワンマンだが、毎年プラチナチケットとなるため今年はついに会場を大きくして渋谷TSUTAYA O-EASTにて行なわれることが決定した。

投票受付は、LTS93の投票サイトにて、これまでのリリース音源収録楽曲92曲+メンバー選曲1曲、合計93曲を対象に、10月1日より開始されている。ファン歴を問わずに楽しめるライブなので、是非チケットを手に入れ、大好きなあの楽曲に投票してLACCO TOWERと過ごす年の瀬を楽しみに待とう!

■LTS93 投票サイト
https://creativesurvey.com/ng/reply/2a528849e419f218b3fec823736cc6

■『LACCO TOWER 年忘れワンマンライブ2016「みんなが選曲 LTS93総選挙」』

12月27日(火)  渋谷TSUYTAYA O-EAST
開場開演:18:00 / 19:00
前売:¥3,800(税込)
※オールスタンディング/ドリンク代別¥500

【関連リンク】
LACCO TOWER オフィシャルHP
LACCO TOWER、4回目となる主催ロックフェス『I ROCKS 2017』開催決定
LACCO TOWER、アルバムリリースツアーの豪華ゲストバンドを発表
LACCO TOWER、アルバム『心臓文庫』トレーラー&リリースツアー日程を公開

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DANCE EARTH PARTY、AWAにてEXILE THE SECONDとのコラボ曲を独占先行配信!
Mon, 03 Oct 2016 15:33:06 +0900
DANCE EARTH PARTY×AWA (okmusic UP\'s)

音楽配信サービスAWAが、10月3日(月)より、EXILE ?SA、EXILE TETSUYA、Dream Shizukaによるユニット・DANCE EARTH PARTYの楽曲を独占先行配信することがわかった。

【その他の画像】EXILE

今回独占配信する楽曲は2曲。1曲目はEXILE THE SECONDとコラボレーションした新曲「HEART OF A LION」、2曲目はDANCE EARTH PARTYの過去楽曲をDJ HASEBEがミックスした「NON-STOP MEGA MIX」だ。新曲「HEART OF A LION」は力強いリズムが特徴のダンスチューンで、EXILE TETSUYA出演の「和真/UTMO」CMソングにも決定している。

今回の配信は、10月15日(土)に行なわれる『DANCE EARTH FESTIVAL 2016』を記念し決定したもので、9月23日に配信を開始した「To The World」に続く、独占先行配信第二弾となる。イベントと併せて是非チェックしてみてほしい。

■【コメント】

■EXILE ?SA コメント
曲のデモを聴いた時は、アフリカのサバンナで生きるライオンがイメージされる1曲だと感じました。曲のテーマがEXILEの思想と通づるものがあり、世の中を生き抜いていくための強い気持ちを持ち続けられるような曲になっていますので、ぜひ聴いてください。

■EXILE TETSUYA コメント
EXILEを勇退されたUSAさんのプロジェクトであるDANCE EARTH PARTYと、今もEXILEメンバーとしても活動するEXILE THE SECONDの新たなコラボレーションが決定した時は、この曲が意味深く感じられて、僕の中では嬉しい瞬間でした。SHOKICHIも見事に、このことを歌詞にしてくれているので、ぜひ聴いてください。

■Dream Shizuka コメント
今回はSHOKICHIさんがこの曲の作詞をしてくださり、レコーディングでは曲のディレクションもしてくださいました。NESMITHさんとSHOKICHIさんと実際に歌わせていただき、自分がお二人のヴォーカルと合わさった時に、どんなハーモニーになるんだろうと、すごくワクワクしました。お二人の声があるからこそ、曲の持つ広大な地球の大地を表現することができたと思います。そしてレコーディングを通して、この曲の中で自分が何を表現できるのだろうと考えたりと、また一つ色んな勉強をさせていただきました。

【関連リンク】
DANCE EARTH PARTY オフィシャルHP
AWA オフィシャルHP
EXILE TAKAHIROが長崎佐世保の観光名誉大使に就任
DANCE EARTH PARTY、新曲「To The World」がAWAにて独占先行配信決定!

【関連アーティスト】
EXILE, DANCE EARTH PARTY, Dream
【ジャンル】
J-POP, ダンス/ハウス/テクノ

HY+BIGMAMA、ツアーファイナルで見せた“意味のある偶然の一致"とは?
Mon, 03 Oct 2016 15:00:00 +0900
10月1日@ミュージックタウン音市場 (okmusic UP\'s)

東名阪で行なってきたHY+BIGMAMAの『Synchronicity Tour 2016』。各地で奇跡のような瞬間が生まれたこのツアーが、10月1日(土)にHYの地元沖縄でファイナルを迎えた。

【その他の画像】BIGMAMA

会場は、かつてコザと呼ばれた音楽の街で、沖縄市の中心地にあるミュージックタウン音市場。この夜のスタンディングフロアは超満員。アツい夜を予感させた。

オープニングアクトは、全員が沖縄初上陸という大阪出身のスリーピースバンド「BURNOUT SYNDROMES」。「みなさんとの出逢いを意味のある偶然の一致(Synchronicity)にできるように頑張りたいと思ってます」と話して、全力のパフォーマンスで盛り上げる。その後、ベートーヴェン交響曲第九番のSEでBIGMAMAがステージに登場。“地球最終日最後の夜はどこに何しに行こう?"と問いかける「No.9」でライブは始まった。

コラボアルバム『Synchronicity』の「Weekend Magic」でポップなファンタジーの世界へ誘ってから、Vo金井は「HY+BIGMAMAという10人のバンドからBIGMAMAです」と10人の絆をこう自己紹介し、「今からゲストじゃなくて“メンバー"を呼びたいと思います。キビしい方なので大きな声援を(笑)」と言ってHY仲宗根を呼び込む。大歓声を浴びる中、「BIGMAMAで一番ロマンティックな歌詞が書けたと思う曲をイズに歌ってほしい」と金井が告げて「アカイト・イズ・ト」が歌われる。今まで一度も女性ヴォーカルとの共演経験がないという金井、仲宗根を迎えて新たな世界が広がった、これも意味のある偶然の一致を感じさせる1曲だ。また「Sweet Dreams(bittersweet)」にHY新里と名嘉が、さらに「MUTOPIA in Okinawa」ではこのツアーから復帰した宮里が三線で加わり、会場はカチャーシー(沖縄踊り)で一体となった。50分という短いステージだが、BIGMAMAの音楽と向き合う真摯な姿勢と愛に溢れた音楽を体感できた濃厚な時間だった。

続いてHYのライブではお馴染みの「イーズーコーナー」。今回のイズは角砂糖のかぶりもので登場。“甘い"をキーワードに、毒舌イーズー(失礼)が浴びせる質問の回答に応じてメンバーに渡される角砂糖の数が増えていく罰ゲーム的内容。各会場でイジられてきた(笑)メンバーたちだが、今夜はHY新里、BIGMAMA金井と東出を選出。会場からファンをステージに上げて、仲宗根はメンバー3人に「恋人に酔って甘える時の仕草」をオーダー。三人三様の甘える仕草を披露。中でも金井のヒザまくらには場内から悲鳴に近い歓声が…。

いやさーさ、はいーや。沖縄民謡のお囃子に迎えられHYがステージに姿を見せる。新里が歓声に包まれた会場へ投げかけたいつもの挨拶「ハイサーイ!」をきっかけに、1曲目の「Good Day」へとなだれ込んでいく。君と出逢えたことの歓びと感謝を歌った『Synchronicity』収録のこの曲を聴くたびに、HYとBIGMAMAの出逢いに重ねてしまうのは僕だけだろうか。この出逢いで新たに視野を広げた今の彼らの想いを表わすように疾走感のあるパワフルな演奏が印象に残った。

ここでBIGMAMA柿沼と東出を呼び込み、「NIJIKAN TRIP」をコラボアルバムの『-MAMA TRIP-』ヴァージョンで披露。「一人一人の声が必要なんだよ」と言って両手でハート(※)を作る新里に合わせて、「ラブ、ラブ、ラブ」の歌声とハートが会場全体に広がった。東出のヴァイオリンの音色が気持ちを優しく撫でるように響いていく。

「これは亡くなった大切な友人に宛てた歌です。そばにいる大切な人を思いながら聴いてほしい」と仲宗根が話した後で、金井と一緒に歌ったのが「愛しあって許しあって貴方と共に」。宮里と新里のアコースティックギターのアルペジオ演奏の中で感情のこもった金井の歌が心を揺さぶり、仲宗根の母性的な歌声がすべてを包みこむ。HYのオリジナルヴァージョンとは異なる感情表現がこの曲に新たな命を注いでいた。また「AM11:00」でも金井が新たに書き加えたラップパートがこのプロジェクトのストーリーを描きだしていた。終演後、仲宗根曰く、このパートはリハーサルの1日目に金井の提案で書き加えたものだとか。個性と個性がぶつかり、混じりあうことで生まれる素敵なケミストリー。ここにもシンクロニシティは確かに存在している。

HYのライブが終わり、最後は金井がMCでも言っていた10人のバンド「HY+BIGMAMA」の登場だ。曲は、出逢って最初に生まれた曲「シンクロニシティ」。10人が奏でる音圧とヴォーカル、なによりその存在感に圧倒される。これがHYとBIGMAMAが出逢い、何度も一緒に音を楽しみ、曲を生み出し、アルバムを作り、ツアーまで行なうほど近しい関係を紡ぐことになった“意味のある偶然の一致"なのだと思った。メンバーの誰もが笑顔だった。会場のみんなの笑顔も輝いていた。4公演という短いツアーだったが、1公演1公演が内容の濃い充実したものであることが、そんなみんなの笑顔からもうかがえた。

“地球最終日最後の夜はどこに何しに行こう?"(BIGMAMA「No.9」)……ファイナルの沖縄公演が終わった時、こう尋ねられたらあなたは何と答えただろう? きっとみんな同じ気持ちだったのではないか。そう思えるほど、またこのメンバーたちと同じ時間を共にしたいと思ったツアーファイナルだった。

Text by 伊藤博伸
Photo by G-KEN

※=ハートマーク

■【セットリスト】

■BURNOUT SYNDROMES
文學少女
FLY HIGH!!
こどものじかん
■HY+BIGMAMA
No.9
alongside
Weekend Magic
アカイト・イズ・ト
天国の花は枯れない
神様も言う通りに
Lovers in a Suitcase
Sweet Dreams(bittersweet)
MUTOPIA in Okinawa
until the blouse is buttoned up
Good Day
キヅイタ
NIJIKAN TRIP -MAMA TRIP-
僕空
愛し合って許しあって貴方と共に
AM11:00
エール
ホワイトビーチ
シンクロニシティ

【関連リンク】
HY+BIGMAMA 特設サイト
HY+BIGMAMA、ライブツアー「Synchronicity Tour 2016」のBlu-ray&DVD発売決定
BURNOUT SYNDROMES、『ハイキュー!!』オリジナルスリーブジャケット公開&ジャケ写は武田玲奈
HY+BIGMAMAのツアーファイナル公演をAbemaTVにて独占生中継決定

【関連アーティスト】
BIGMAMA, HY, BURNOUT SYNDROMES, HY+BIGMAMA
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

SA、待望の新曲MV解禁で“ピーハツ”感が“グンバツ”に!?
Mon, 03 Oct 2016 14:00:00 +0900
SA (okmusic UP\'s)

10月19日(水)にオリジナルフルアルバム『WAO!!!!』を発売するSAが、このアルバムに収録されるリードトラック「ピーハツグンバツWACKY NIGHT」のミュージックビデオ(Short Ver.)を公開した。

【その他の画像】SA

このミュージックビデオでSAは世界の様々なダンサーやキャスト陣と共に演奏を繰り広げている。国際色豊かなキャスト陣が時には自国のダンスを披露したり、またはとにかく自由奔放に踊りまくり、まさに“ピーハツ”感が全開に放出された作品だ。

SAはアルバム発売後に全国ツアー「SA "LOVE\'N\'ROLL TOUR"」を11月3日の千葉LOOKを皮切りに22ヶ所で開催。2017年1月29日の東京・赤坂BLITZでファイナルを迎える。

さらに11月11日には日本テレビ系『バズリズム』の「緊急指令!探リズムPick UP」にて特集される事が決定。こちらも欠かさずチェックしよう。

■「ピーハツグンバツWACKY NIGHT」MV(Short Ver.)
https://youtu.be/RnIHvtWG73Q

■アルバム『WAO!!!!』

2016年10月19日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TECI-1517/¥4,000+税
【通常盤】(CD)
TECI-1518/¥3,000+税
<収録内容>
■CD
01.ピーハツグンバツWACKY NIGHT
02.槍もて弓もて
03.誰が為の人生だ
04.LOVE\'N\'ROLL
05.そしておまえは新しくなる
06.Andy
07.ケリをつけろ
08.情熱WINNER
09.WATCH ME
10.はじめてのバラード
11.CLUNKER A GO-GO
■DVD ※初回限定盤のみ
4月17日に東京キネマ倶楽部で開催された全国ツアー「START ALL OVER AGAIN, NOW! 2016」の最終公演を全曲収録。
01 START ALL OVER AGAIN! 
02 GET UP!WARRIORS 
03 ACTIONS SPEAK LOUDER THAN WORDS
04 サマーホリディズスカイ 
05 KIDZ IGNITE 
06 WONDER WORKER 
07 俺は俺 
08 新しい歩幅
09 さらば夜明けのSkyline 
10 MARCH of HEROES 
11 runnin\' BUMPY WAY 
12 CALL YOUR NUMBER
13 (GOOD BYE)SHINING FIELDS 
14 SONG FOR THE LOSER 
15 雄叫び 
16 DON\'T DENY,GIVE IT A TRY!! 
17 GO BARMY KIDS 
18 RALLY-HO! 
19 THE SHOW MUST GO ON
20 青春に捧ぐpart.2 
21 DELIGHT

【関連リンク】
SA オフィシャルHP

【関連アーティスト】
SA
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

夜の本気ダンス、新体制で迎えた初ライブで堂々のパフォーマンスを披露!
Mon, 03 Oct 2016 13:00:00 +0900
10月2日@下北沢シェルター (okmusic UP\'s)

10月2日(日)に下北沢シェルターにて開催された「SHELTER 25th Anniversary THE REAL THINGS」にて、新体制となった夜の本気ダンスがライブを披露した。

【その他の画像】夜の本気ダンス

新たにバンドへ加入したギタリスト・西田一紀は地元である神戸で自分のバンドを組んで活動していたバンドマンであり、西田にとっては、夜の本気ダンスのギタリストとして初のステージとなったライブだったが、ステージ上での彼のパフォーマンスは堂々たるものであった。

この日のライブで1曲目となった「Crazy Dancer」は、メジャー1stアルバム『DANCEABLE』のリード曲で、イントロのギターリフとギターソロが印象的な楽曲だが、何の違和感も無く貫禄すら感じるプレイを披露。2曲目の「Oh Yeah」を終えると早々に鈴鹿秋斗(Drs)が、「新体制となった夜の本気ダンスの新メンバーを紹介します、マイケルです!」とお約束のボケを入れたあと、「ではなく、ギター、西田一紀!」と紹介。オーディエンスも待ってましたと言わんばかりに温かい拍手で彼を迎えてくれた。そんなお客さんの雰囲気に答える形で、「初めての人ばかりだと思いますが、よろしくお願い致します!」と西田もご挨拶。そんな和やかな雰囲気も3曲目の「By My Side」が始まると会場の雰囲気が一変、一気に会場の温度も上がり、その後もアンコールを含む全16曲に亘る熱いステージを披露してくれた。

そして、この日のステージでは、バンドにとって大事なお知らせがもう一つ発表された。2017年1月にバンド史上最大級のワンマンツアーが決定したのだ。オフィシャル先行購入者特典も用意されているが、その内容詳細は後日発表される予定なので、今後の発表にご期待いただきたい。

Photo by 浜野カズシ

■【セットリスト】

1.Crazy Dancer
2.Oh Yeah
3.By My Side
4.LOVE CONNECTION
5.Fuckin\' so tired
6.Only Nineteen
7.B!tch
8.you gotta move
9.Logical Heart
10.You & I
11.Dance in the rain
12.Feel so good
13.escape with you
14.Japanese Style
15.WHERE?
Encore. Only Seventeen

■『夜の本気ダンス "Too Shy A key TOUR 2017"』

1月09日(月・祝)  札幌PENNY LANE 24 
1月13日(金) 大阪なんばHatch
1月14日(土) 広島CLUB QUATTRO
1月15日(日) 福岡BEAT STATION
1月20日(金) 名古屋DIAMOND HALL
1月21日(土) 仙台Rensa
1月22日(日) NEXS NIIGATA
1月27日(金) Zepp DiverCity

【関連リンク】
夜の本気ダンス オフィシャルHP
夜の本気ダンス、ギタリストの町田建人がバンドから脱退を表明
ドラマチックアラスカ、フレデリック、夜の本気ダンス出演の「ALA-UMI-DOSS 2016」トレーラーを解禁
ORANGE RANGE、真夏の恒例企画「テレビズナイト」に夜の本気ダンス等が出演決定

【関連アーティスト】
夜の本気ダンス
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

さかいゆう、自主イベントでシングル「再燃SHOW」リリース発表
Mon, 03 Oct 2016 12:00:00 +0900
10月1日@COTTON CLUB (okmusic UP\'s)

さかいゆうが10月1日にカバーライブ企画『American Express Presents InterFM897×COTTON CLUB
THE ROOTS OF MUSIC vol.4 「さかいゆう」 RESPECT Vol.2』が東京・丸の内のCOTTON CLUBにてファイナルを迎えた。

【その他の画像】さかいゆう

この企画は、さかいがリスペクトしてやまない洋・邦ミュージシャン2組の曲だけを演奏するカバーライブ。昨年開催された第1回目は、山下達郎とダニー・ハサウェイの名曲カバーが披露されたが、2回目となる今回、さかいが選んだアーティストは美空ひばりとスティービー・ワンダーとなった。開演時間ぴったりに、さかいとバンドメンバーがステージに登場。バンドメンバーは、ギター柴山哲郎、ドラム岡野“Tiger"諭、そしてベースに日野"JINO"賢二。それぞれが圧倒的な個性をもった盤石な編成だ。

スティービー・ワンダー「Superstition」のカバーでライブはスタート。各楽器から生まれる“うねり"のあるグルーヴと、さかいの伸びやかな歌声が、今夜のライブが特別なものになる事を予感させた。つづいての「真赤な太陽」は、さかいのR&Bアレンジと歌うようなJINOのベースが、強烈なインパクトを残した。

「僕は子供の時、演歌と歌謡曲ばかり聴いていて、美空ひばりさんのアルバムを毎日ヘビロテしていました。ミュージシャンを志すようになってからは、スティービー・ワンダーに影響を受けました。美空さんとスティービーは共に、“こぶしの利いたソウルミュージック”だと思っています。」と、自身の音楽ルーツを語り、カバーライブを開催できる喜びを表現した。そして、SPECIAL GUESTのシンガー、大和田慧を呼び込み、デュエットで「Isn\'t She Lovely?」、「お祭りマンボ」の2曲を披露。「お祭りマンボ」でのさかいのヴォーカルは、演歌・歌謡曲、そして美空ひばりへの強いリスペクトを感じさせる歌声であった。その後、「好きすぎて、気軽に歌えない曲」と紹介された後に演奏された、美空ひばり「川の流れのように」。ギターの柴山とさかいの二人だけでのシンプルなサウンドで、静かに、それでいて伸びやかに歌いあげた。稀代の名曲達に、純粋なリスペクトを持って正面から挑んでいく“ミュージシャンさかいゆう”の姿こそ、このカバーライブの一番の見どころだったかもしれない。

ライブ終盤のMCでは、「11月16日(水)に、ニューシングル「再燃SHOW」を発売します!」と嬉しい発表が。「再燃SHOW」は11月18日(金)全国ロードショー映画『幸福のアリバイ〜Picture〜』の主題歌となっており、4つ打ちのリズムに疾走感溢れるメロディーが際立つ、“さかいゆう新境地”ともいえるナンバー。そのほか、NHKプレミアムドラマ『受験のシンデレラ』主題歌「But It\'s OK !」などが収録される。また、初回生産限定盤の特典CDには、11月からスタートする全国ツアー“POP TO THE WORLD”(全8公演)のリハーサルテイク4曲が収録される。“POP TO THE WORLD”の世界観を先駆けて感じる事のできるスペシャルな特典CDとなっているので、楽しみにしておこう。

【セットリスト】
1.SuperStition
2.真赤な太陽
3.柔
4.Isn\'t She Lovely?(with 大和田慧)
5.お祭りマンボ(with 大和田慧)
6.Golden Lady
7.川の流れのように
8.Higher Ground
Encore.愛燦燦(with 大和田慧)

■シングル「再燃SHOW」

2016年11月16日発売
【初回生産限定盤】(CD+CD)
AUCL 214〜5/¥1,852+税
【通常盤】(CDのみ)
AUCL 216/¥1,203+税
<収録曲>
■CD
1.再燃SHOW
2.タイトル未定
3.But It\'s OK!
4.再燃SHOW (backing track)
■DVD ※初回生産限定盤のみ
“POP TO THE WORLD〜rehearsal take〜”
1.よさこい鳴子踊り
2.Headphone Girl
3.ストーリー
4.再燃SHOW

■『さかいゆうTOUR “POP TO THE WORLD”』

11月21日(月) 仙台darwin
11月22日(火) 新潟LOTS 
11月29日(火) 札幌Sound Lab mole
12月06日(火) 高松DIME
12月07日(水) 広島セカンドクラッチ
12月09日(金) 福岡Gate\'7

【関連リンク】
さかいゆう、全国ツアーファイナルにて年末のSPライブ開催を発表
さかいゆうの新曲がNHKプレミアムドラマ『受験のシンデレラ』主題歌に決定
さかいゆう、ヴィーナスフォート教会広場にてニューアルバム発売記念イベントを開催
さかいゆう、新曲「SO RUN」MVにて百獣の王・武井壮が走りまくる!?

【関連アーティスト】
さかいゆう
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ビジネスコンペティション「START ME UP AWARDS」のファイナリスト7組が決定!
Mon, 03 Oct 2016 12:00:00 +0900
「START ME UP AWARDS」ファイナリスト (okmusic UP\'s)

今年で3年目をむかえる“エンターテインメントに特化したグローバルなITサービス”のビジネスコンペティション『START ME UP AWARDS』のファイナリスト7組が決定した。

【その他の画像】

最終審査は10月30日(日)に東京お台場の日本科学未来館で開催される、デジタルコンテンツ技術をテーマとした国際イベント『DIGITAL CONTENT EXPO2016』で開催される。

最終審査会のファイナリストとして選ばれた7組は以下の通り。

■【ファイナリスト7組】

1.株式会社TBD 高橋 哲
サービス名称:ガジェットヒッチハイク
2.小坂世見
サービス名称:サウンドペイント
3.株式会社 CotoLab. 西村謙大
サービス名称:30 Limits
4.藤村 希
サービス名称:ロコっち
5.浅田祐介
サービス名称:SYNCEE
6.奥野晋
サービス名称:レコーデリー
7.株式会社UTSUWA 飯尾 英晃
サービス名称:カホンロボ

■【イベント情報】

『START ME UP AWARDS 2016 最終審査・表彰式』
10月30日(日) 日本科学未来館 未来館ホール
14:30開場 15:00 開演(17:00終了予定)
17:00〜ネットワーキングパーティー
申込方法:http://smua2016.peatix.com/
※事前登録制 エンタメ賞投票券付き
審査会・ネットワーキングパーティ参加
いずれも入場無料
ファイナリストによるプレゼンテーション、審査員による講評
審査終了後、ファイナリスト、特別審査員、実行委員を囲んでネットワーキングパーティをホワイエで行います。どなたでも参加いただけます。ご希望の方は審査会+懇親会チケットでご登録ください。

【関連リンク】
『START ME UP AWARDS』オフィシャルHP
マオ from SID、 日本初の『Twitterデジタルサイン会』に5000枚超の応募が殺到
山崎エリイ、ソロデビュー記念イベントにて“ゲッツ”やロボットダンス披露でライフを削られる
フォーリミ対バンツアーに忘れらんねえよ、キュウソネコカミ、BLUE ENCOUNTら強力メンツ出揃う!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
イベント

上白石萌音、8mmフィルムで描く「366日」のMV公開
Mon, 03 Oct 2016 11:00:00 +0900
上白石萌音 (okmusic UP\'s)

上白石萌音が10月5日にリリースするデビューミニアルバム『chouchou』より、「366日」のミュージックビデオをオフィシャルYouTubeチャンネルに公開した。

【その他の画像】上白石萌音

今作のミュージックビデオを手がけたのは、数多くのCMを手がけるクリエイティブ・ディレクター箭内道彦氏。自ら8ミリカメラをまわし撮影されたこの「366日」のミュージックビデオは、映像の暖かさと上白石萌音の透明感のある歌声と彼女の笑顔が印象的な作品だ。

撮影当日、上白石萌音はどこに行くのか、どういう撮影をするのか知らされないままだったという。撮った映像をその場で確認しながら進められる通常のミュージックビデオ撮影とは異なり、8ミリカメラでの撮影はその場で映像をモニターでチェックをすることもできない。8ミリフィルムに収められた真っ白なワンピースを着てカメラに向かって無邪気な笑顔を見せるその姿は、自然体の上白石萌音そのもの。大人の切ない恋を描いた名曲を、上白石萌音は初恋の気持ちを乗せて表現したというその真っ直ぐで優しい歌声と、デジタルでは表現することのできない8ミリフィルムの味わいのある映像が相まって、楽曲の切なさを倍増させながらも温かみのある作品に仕上がった。

箭内道彦氏はメイキングの中で「今しか撮れないもの、来年じゃ撮れないもの、明日じゃ撮れないもの」この時にしか納めることのできない、納めておかなければならない上白石萌音の姿を収めた“はじまり”のひとつとしての作品だと語っている。

このミュージックビデオのメイキング・オフショットはLoppi・HMV限定特典のDISC PLUSカードに収録されているというから、ぜひ手に入れてほしい。

■「366日」MV short ver.
https://youtu.be/E7RIpM6vCa0

■ミニアルバム『chouchou』

2016年10月5日発売
PCCA-04426/¥1,800+税
<収録カバー曲>
M1 366 日
(映画「赤い糸」主題歌)?
M2 Woman "Wの悲劇“より
(映画「Wの悲劇」主題歌)
M3 変わらないもの
(劇場版アニメーション「時をかける少女」挿入歌)
M4 On My Own
(映画「レ・ミゼラブル」劇中歌)
M5 なんでもないや(movie ver.)
(映画「君の名は。」主題歌)
M6 SMILE
(映画「Modern Times」挿入歌)

◎配信情報
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/chouchou-ep/id1155432624?l=ja&ls=1&app=itunes]
・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/chouchou-ep/id1155432624?l=ja&ls=1

【関連リンク】
上白石萌音 オフィシャルHP
倉木麻衣が“アジアで最も影響力のある日本人歌手”として認定
SUPER★DRAGON、秋色の新衣装で飾るシングル「Pendulum Beat!」アートワーク解禁
Dream Ami、新曲「Lovefool -好きだって言って-」をAWAにて独占先行配信!

【関連アーティスト】
上白石萌音
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1