歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年10月01日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/10/10
2016/10/09
2016/10/08
2016/10/07
2016/10/06
2016/10/05
2016/10/04
2016/10/03
2016/10/02
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
サカナクション、ニューシングル「多分、風。」豪華特殊パッケージの全貌が明らかに
Sat, 01 Oct 2016 19:00:00 +0900
シングル「多分、風。」パッケージ見本写真 (okmusic UP\'s)

先日「サカナLOCKS!」番組内で初オンエアされ、大きな反響を呼んだサカナクションのニューシングル「多分、風。」。その完全生産限定盤となる豪華特殊パッケージのジャケットサンプル写真が公開された。

【その他の画像】サカナクション

シングル盤ながら、LPサイズジャケット仕様の重厚感があふれる豪華仕様になっており、パッケージ所有という行為の価値観を可能な限り高めたいという思いがあふれた装丁だ。

合わせて先着購入特典となる、本作のアートディレクター・井上嗣也氏が手がけるオリジナルB2ポスターのデザインも発表された。こちらもジャケットアートワークの世界観を堪能できるインパクトのあるデザインとなっている。なお豪華特殊パッケージは完全生産限定盤となるため、早めの購入をおすすめする。

また、来年1月からスタートするライブツアー「SAKANAQUARIUM 2017」のチケット先行抽選予約シリアルナンバーが封入されることも発表。常に争奪戦となるサカナクションのツアーチケット。ファンサイト先行に続く貴重な先行抽選の機会だ。なお、シリアルナンバーは完全生産限定盤、通常盤すべてに封入されるとのこと。

■シングル「多分、風。」

2016年10月19日発売
【完全生産限定盤】(CD+Blu-ray)
※豪華特殊パッケージLPサイズジャケット仕様
VIZL-1036/¥2,280+税
【完全生産限定盤】(CD+DVD)
※豪華特殊パッケージLPサイズジャケット仕様)
VIZL-1037/¥1,980+税
【通常盤】(CD)
VICL-37211/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.多分、風。
※資生堂「アネッサ」TVCMソング
2.moon
※au×HAKUTO MOON CHALLENGE  TVCMソング
3.ルーキー(Hiroshi Fujiwara Remix)
■Blu-ray・DVD
・Fukurou Session featuring ぼくのりりっくのぼうよみ Broadcasted on LINE LIVE on 2016.06.21
・Kikidroom Session featuring LUKA Broadcasted on LINE LIVE on 2016.06.21
・BARサカナクション

◎完全生産限定盤、通常盤ともにサカナクションツアーチケットWEB先行抽選予約シリアルナンバー封入
<ツアーチケットWEB先行抽選予約 受付期間>
1次受付:10月19日(水) 12:00〜10月24日(月) 23:59
2次受付:10月25日(火) 12:00〜10月31日(月) 23:59

【関連リンク】
サカナクション オフィシャルHP
サカナクション、新曲「多分、風。」 を『サカナLOCKS!』でOA解禁
サカナクション、年明けより全国ワンマンツアーを開催
サカナクションが1年ぶりとなるシングル「多分、風。」を10月19日にリリース

【関連アーティスト】
サカナクション
【ジャンル】
ジャパニーズロック

布袋寅泰、ズッケロのロイヤル・アルバート・ホール公演にゲスト出演決定!
Sat, 01 Oct 2016 18:00:00 +0900
布袋寅泰×ズッケロ (okmusic UP\'s)

布袋寅泰がズッケロからの再ラブコールに応え、ロンドン・ロイヤル・アルバート・ホール公演に出演することが決まった。単独公演ではないものの、ロイヤル・アルバート・ホールのステージに立つことは布袋にとって積年の夢であり、英国の音楽ファンに“HOTEI”の名をアピールする絶好のチャンスだと言える。

【その他の画像】布袋寅泰

ロイヤル・アルバート・ホールは1871年の開場以来、ザ・ビートルズ、ザ・ローリング・ストーンズ、レッド・ツェッペリン、クリーム、ディープ・パープルらの歴史的名演が刻まれた、英国を代表し、かつ世界的に有名な会場。ズッケロは10月20日、21日と同会場で連続ライブを予定しており、布袋は10月21日に出演。ズッケロのロンドン公演には、これまでにエリック・クラプトン、クイーンのブライアン・メイらが参加しており、彼ら世界的ミュージシャンと同格で“HOTEI”が名を連ねることとなる。

今回の出演は、渡英5年目を迎えた布袋の海外活動にはずみをつける結果となりそうだ。日本国内では35周年企画のラスト・ライブを名古屋・神戸・東京で12月に開催。自身のオール・キャリアから35曲をプレイするスペシャル・ライブになると発表されている。

【ズッケロ コメント】
「ロイヤル・アルバート・ホールはヨーロッパの中でも非常に思い入れのある場所です。その会場で10月20日、21日の二日間に渡り開催するこの公演が本当に待ち遠しいです。そして、21日の公演に私のよき友人であるHoteiを、このステージに迎えるのをとても楽しみにしています。彼は最高のパフォーマーであり、アーティストです。今年、私のアルバム『Black Cat』に収録した「Ti Voglio Sposare」をロンドンで彼と共にレコーディングし、その後日本で一緒にパフォーマンスできたのは素晴らしい経験でした。会場で皆さんに会うことを楽しみにしています」

■布袋寅泰 35th ANNIVERSARY『8BEATのシルエット 2016』【BEAT 8】Climax Emotions 〜35 Songs from 1981-2016〜

12月22日(木) 名古屋国際会議場センチュリーホール
12月25日(日) 神戸ワールド記念ホール
12月30日(金) 日本武道館

【関連リンク】
布袋寅泰 オフィシャルHP
布袋寅泰、35年間のヒストリーを35曲で表現するSPライブを開催!
布袋寅泰、ズッケロのライブにスペシャルゲストとして出演
布袋寅泰、伝説の1stソロ再現ライブが待望の映像作品としてリリース決定

【関連アーティスト】
布袋寅泰, Zucchero
【ジャンル】
ジャパニーズロック

グッドモーニングアメリカ、京王八王子ショッピングセンターとの3度目となる強力コラボを発表
Sat, 01 Oct 2016 17:00:00 +0900
グッドモーニングアメリカ×K-8ポスター (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカがバンド結成の地となる東京・八王子にある京王八王子ショッピングセンター(通称:K-8)との3回目の強力コラボレーションを行なうことを発表した。

【その他の画像】グッドモーニングアメリカ

グッドモーニングアメリカとK-8との親交は深く、昨年6月にもコラボポスターなどを展開、そして同年10月にもタイアッププレゼントキャンペーンを実施している。

今回のキャンペーンは10月1日(土)〜10月31日(月)まで、K-8館内にて展開。ここでしか聞けないメンバーによる館内アナウンス、動画コメントの公開、10月16日(日)にはK-8 5Fイベントスペース「ケイハチ王子の部屋」にてインストアイベントも行なわれる。

また、K-8にて1会計につき2,000円(税込)以上お買い上げのお客様には、11月5日(土)に京王高尾線・狭間駅にて行なわれるバンド企画フェス「八王子天狗祭2016」のチケット&楽屋招待をはじめとするオリジナルグッズが当たる抽選にも参加できる。さらにWチャンスとして、八王子天狗祭2016の会場と連動したオリジナル缶バッジのプレゼントも行なわれるので、詳しくはK-8のオフィシャルHPをご覧頂きたい。

■京王八王子ショッピングセンター オフィシャルHP
http://www.k-8.jp

■「八王子天狗祭2016」

11月05日(土)  エスフォルタアリーナ八王子
開場開演:10:00/11:00(予定)(終演20:30予定)
出演:グッドモーニングアメリカ, アルカラ, THE BACK HORN, THE BAWDIES, フラチナリズム, GOOD ON THE REEL, Halo at 四畳半, ircle, KEYTALK, LEGO BIG MORL, ニューロティカ, Northern19, Rhythmic Toy World, STRAIGHTENER, SWANKY DANK, TOTALFAT, THE WELL WELLS
http://hachiten.com

【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP
グッドモーニングアメリカ、RPG『Black Rose Suspects』テーマの新曲を緊急発売&MV解禁
グッドモーニングアメリカ、オフィシャルサイトに謎のロゴとカウントダウンが!?
グッドモーニングアメリカの主催フェスにTHE BACK HORN、THE BAWDIES、SWANKY DANKが参戦

【関連アーティスト】
グッドモーニングアメリカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

焚吐が「クライマックス」MVを公開! 「CDTV」10月度ED曲を担当!
Sat, 01 Oct 2016 16:00:00 +0900
焚吐 (okmusic UP\'s)

焚吐が10月26日に発売する1st EP『トーキョーカオスe.p.』収録曲「クライマックス」のミュージックビデオを解禁! また、同局がTBS系テレビ『CDTV』10月度エンディングテーマになることが発表された。

【その他の画像】焚吐

今回のミュージックビデオは、年間60本近くのMVを手がけ、CGや合成、独自のカメラテクニックなど幅広い技術と確かな演出力と多彩な技術に裏打ちされた独自の世界観で人々を魅了してやまない気鋭の映像ディレクター、小嶋貴之氏が担当している。

1st EP『トーキョーカオスe.p.』は制作陣に焚吐作品のアレンジの大半を手掛けているカリスマボカロPのNeruの書き下ろし曲、2度目のタッグとなるニコ動で“踊ってみた動画”が話題の「子捨て山」のアレンジを担当したカラスヤサボウ、そして今作で初めて組むササノマリイなど次世代を担う話題のクリエーターが参加し、2020年東京オリンピックに向けてCoolで格好良いTokyoサウンドを提示した作品となっている。なお、池袋限定盤として発売された「人生は名状し難い」も、CDの完売を受けて急遽「人生は名状し難い(e.p. ver)」として歌い直しで新バージョンとして収録されることとなった。

【焚吐コメント】
「昔から慣れ親しんできた音楽番組だったので、正直未だに実感が湧きません。エンディングテーマに起用していただけるということは、番組内で紹介される数多の素敵な楽曲たちの締めくくりとして一ヶ月もの間自分の楽曲を流していただけるということで…恐れ多くもありながら嬉しい気持ちでいっぱいです。ミュージックビデオは自身初となるハンドマイクでの歌唱姿をお披露目しておりますので、ぜひそこに注目して観てみてください。映像内の情景も放送時刻と同じく深夜なので、より一層楽曲の世界に没入出来るかと思います。」

■「クライマックス」MV
https://www.youtube.com/watch?v=ff35gurIy9M

■EP『トーキョーカオスe.p.』

2016年10月26日発売
JBCZ-4026/¥1,296+税
<収録曲>
1.僕は君のアジテーターじゃない
2.クライマックス
3.四捨五入
4.人生は名状し難い(e.p.Ver.)

【関連リンク】
焚吐、SPアコースティックライブはファンからの投票でセットリストを決定
焚吐、話題のクリエイターとタッグを組んだ1st EP「トーキョーカオス e.p.」を10月リリース
焚吐、弾き語りライブ最終公演をツイキャス生配信&終演後にSPイベントを開催
焚吐が「TOKYO CHAOS」のイメージキャラクターに決定

【関連アーティスト】
焚吐
【ジャンル】
J-POP

倉木麻衣が“アジアで最も影響力のある日本人歌手”として認定
Sat, 01 Oct 2016 15:00:00 +0900
「FRESH ASIA CHART AWARD」@北京会議センター (okmusic UP\'s)

倉木麻衣が『FRESH ASIA CHART AWARD』にて“アジアで最も影響力のある日本人歌手"として「最優秀海外特別アーティスト」を受賞した。

【その他の画像】倉木麻衣

授賞式の会場となった北京会議センターは国家所有の施設として有名で、普段は政府要人が使用している特別な場所だという。ある意味中国が認めた大規模且つ特別な授賞式という位置付けの今回、他受賞アーティストは中国が世界に誇るクリス・ウー(元EXO)、TFBOYS、陳潔儀(キット・チャン)そして李宇春など約20組だが、海外受賞アーティストは倉木麻衣一人となっており、倉木の中国での海外アーティストとしての影響力の大きさが伺えた。今回の授賞式の総責任者であるSina社CEOは、「日中の友好交流の中で、倉木麻衣さんは日本を代表するアーティストであり、日本でも代表作(楽曲)を多く発表している。更に今回は、日中の文化交流を深めるに相応しいアーティストとして、また流行楽曲を発表し続けている倉木麻衣さんは今回の受賞に相応しいアーティストだと言える」と、選定理由についてコメントしている。

この9月には初の中国ツアーとして9月2日上海、17日広州、24日杭州での公演を行ない、10,000人以上のファンを動員し大成功を収めた倉木麻衣。中国での単独LIVEは約7年振りとあり、会場を埋め尽くすファンからは絶叫に近い大声援が上がり、待ちに待った公演であったことが伺えた。

また今年は海外での活躍が目立った倉木だが、遂に日本国内でのツアーが決定した。約3年振りとなる全国ツアーは「Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE"」ということで、『名探偵コナン』エンディングテーマとして盛り上がっている「SAWAGE☆LIFE」にひっかけた遊び心溢れるタイトルに決定。“SAWAGE☆LIVE"という名に相応しい、思いっきりハジけられるような派手な演出や仕掛け、展開を企画中という。勢いが止まらない倉木の国内外の活躍からまだまだ目が離せそうにない!

■【倉木麻衣よりコメント】

中国での単独LIVEは約7年振りだったこともあり、ものすごく熱い歓声で迎えていただいて感動で胸が震えました。
また、中国公演後「FRESH ASIA CHART AWARD」で、素晴らしい賞をいただき、光栄に思っています。この賞は、Sinaの皆さんといつもサポートして支えて下さっているスタッフの皆さん、そしてデビューしてからずっと熱く応援してくださっているMai.Kファンの皆さんといただいた賞になります。
今回の受賞も、倉木麻衣チームを代表として、トロフィーを受け取らせて頂きました。
慣れない場面で緊張しましたが、会場の皆さんと一緒に喜びをシェアできたことを嬉しく思います。
これからも、自分らしく音楽活動を通して歌を届けていきたいと思っています。
そして、来年春には私の新たな全国ライブ「Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE"」が決定しました!
私も待ちに待った全国ライブ“SAWAGE☆LIVE"なので、これまで大事にしてきた、ありったけのアップテンポな楽曲たちで、一緒に騒いで熱く盛り上がれるLIVEにしたいと思っています!!
まだ私のLIVEに来たことがない方にも、ぜひ来年の春、キラクに遊びに来て頂けたら嬉しいですね。

■【中国ツアー セットリスト】

M1:Stand Up
M2:一秒ごとに Love for you
M3:Feel fine!
M4:Secret of my heart
M5:Reach for the sky
M6:Stay by my side
M7:Time after time 〜花舞う街で〜
M8:Your Best Friend
M9:Tonight, I feel close to you
M10:儚さ
M11:chance for you(中国語ver.)
M12:STAND BY YOU(中国語ver.)
M13:BE WITH U
M14:SUMMER TIME GONE
M15:Born to be Free(中国語ver.)
M16:Revive
M17:ラララ*ラ
M18:touch me!
M19:PUZZLE
M20:FUTURE KISS
M21:無敵なハート
EN1:Love, Day After Tomorrow
EN2:Serendipity
EN3:Wake me up
EN4:always

■「Mai Kuraki Live Project 2017 “SAWAGE☆LIVE"」

3月18日(土)  千葉/成田国際文化会館 大ホール
3月20日(月・祝)  福岡/福岡国際会議場 メインホール
3月25日(土)  愛知/愛知県芸術劇場 大ホール
3月26日(日)  大阪/大阪国際会議場(グランキューブ大阪) メインホール
4月02日(日)  東京/東京国際フォーラム ホールA 

【関連リンク】
倉木麻衣 オフィシャルHP
倉木麻衣、『名探偵コナン』20周年記念コンサートにスペシャルゲストとして出演
倉木麻衣、「日露文化交流〜日本の春〜10周年記念」スペシャルコンサートに出演
倉木麻衣、「みんなでカンボジアに寺子屋を建てよう!プロジェクト」第三弾がスタート

【関連アーティスト】
倉木麻衣
【ジャンル】
J-POP, イベント, ライブ

ガガガSP、20周年記念ワンマンを12月に地元・神戸にて開催!
Sat, 01 Oct 2016 14:00:00 +0900
ガガガSP (okmusic UP\'s)

ガガガSPが12月17日(土)に自身の主催興行『長田行進曲』を地元・神戸ハーバースタジオにて開催する事を発表した。

【その他の画像】ガガガSP

『長田行進曲』はガガガSPがデビュー以来、地元神戸にて開催しているファンの間では年末を締めくくる一大イベント。今年12月からバンド結成20周年イヤーへ突入する事を記念し“完全ワンマンライブ”として開催される事がわかった。

自他共に認める"ライブ職人"が繰り広げる、本音と冗談が交錯した痛快なライブ。世代を問わず知られる彼らの楽曲から一体どのようなセットリストが組まれるのか期待が高まる。

もはや死語にも近い「青春パンク」というジャンルで、ただひたすら前だけ見つめ振り返る事なく突き進んできた唯一無二のバンド・ガガガSPが歩み出す痛快すぎるであろう結成20周年イヤーの幕開けを刮目せよ!

■『「長田行進曲2016」ガガガSP 20年目!独演会 〜二十歳の毒舌〜』

12月17日(土)  神戸Harbor Studio
時間:開場18:00 / 開演19:00
http://w.pia.jp/s/gagagasp16k-of/

【関連リンク】
ガガガSP オフィシャルHP
ガガガSP、元祖インディーズイベント「SET YOU FREE」とのスプリットツアーを開催
ガガガSP、デビュー15周年を飾るワンマンツアーが決定
ガガガSP、新曲「かなわない夢」MVで“靴磨きのかなわぬ恋”を表現

【関連アーティスト】
ガガガSP
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SUPER★DRAGON、秋色の新衣装で飾るシングル「Pendulum Beat!」アートワーク解禁
Sat, 01 Oct 2016 13:00:00 +0900
SUPER★DRAGON (okmusic UP\'s)

SUPER★DRAGONが11月16日にリリースするデビューシングル「Pendulum Beat!」のアートワークが公開された。

【その他の画像】SUPER★DRAGON

3形態でリリースされるジャケット写真はカードゲームを思わせる仕上がりになっており、ボルドーとネイビーを基調にした秋色の新衣装でグループカラーを一新している。

なお、新曲「Pendulum Beat!」は、10月2日からテレビアニメ『遊☆戯☆王ARC-V』(テレビ東京系 毎週日曜夕方5時30分から放送)のオープニング曲としてオンエアされる。リリースが待ちきれないと言う方はこちらをチェックしよう。

■シングル「Pendulum Beat!」

2016年11月16日(水)発売
【TYPE-A】
ZXRC-1084/¥926+税
<収録曲>
M1. Pendulum Beat!
M2. Ooh! Ooh!

【TYPE-B】
ZXRC-1085/¥926+税
<収録曲>
M1. Pendulum Beat!
M2. KITTO→ZETTAI

【TYPE-C】
ZXRC-1092/¥926+税
<収録曲>
M1. Pendulum Beat! 
M2. +IKUZE+

【関連リンク】
SUPER★DRAGON オフィシャルHP
EBiDAN39&KiDS、『EBiDAN THE UNiON 2016 in Sanrio Puroland』開催!
SUPER★DRAGON、生放送ラジオの洗礼を受ける!?
超特急に新世代9人組ユニット・SUPER★DRAGONが緊急加入!?

【関連アーティスト】
SUPER★DRAGON
【ジャンル】
J-POP, アニメ, テレビ(番組/CM)

BUCK-TICK、全国ツアー「TOUR アトム 未来派 No.9」に熊本公演追加決定!
Sat, 01 Oct 2016 12:00:00 +0900
BUCK-TICK (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKが10月8日からスタートする、ニューシングル&アルバムを引っさげた全国ツアー「TOUR アトム 未来派 No.9」に11月21日の熊本KUMAMoTo B.9 V1での追加公演が決定した。

【その他の画像】BUCK-TICK

熊本で開催したいとメンバーの要望を受け急遽決まった熊本公演は、唯一のライヴハウスとなる。また、去る9月11日に横浜アリーナで開催され記憶にも新しいスペシャルライヴ「CLIMAX TOGETHER 3rd」だが、演出で使用された客席上の特製シャンデリアが「ぴあRE:MEMBERプロジェクト」の一環で、貴重な思い出の品としてアクセサリー等の限定商品として発売、その売り上げの一部を4月に発生した熊本地震への義援金として寄付することが決まった。なお、「ぴあRE:MEMBERプロジェクト」におけるアーティストコンサートステージセットの商品化は「CLIMAX TOGETHER 3rd」が初めてで、商品ラインナップの詳細発表は決まり次第発表するとのこと。

■「TOUR アトム 未来派 No.9」ツアー日程

10月08日(土) よこすか芸術劇場
10月10日(月・祝) 市川市文化会館
10月15日(土) なら100年会館 大ホール
10月16日(日) 神戸国際会館こくさいホール
10月19日(水) 川口総合文化センター リリアメインホール
10月23日(日) 新潟:新潟県民会館 大ホール
10月27日(木) 大宮ソニックシティ 大ホール
10月29日(土) ホクト文化ホール(長野県県民文化会館) 中ホール
10月30日(日) 群馬音楽センター
11月04日(金) 郡山市民文化センター 中ホール
11月06日(日) 東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館) 大ホール
11月09日(水) 中野サンプラザホール
11月10日(木) 中野サンプラザホール
11月13日(日) オリンパスホール八王子
11月19日(土) 栃木県総合文化センター メインホール
11月21日(月) 熊本:KUMAMoTo B.9 V1 ※追加公演
11月23日(水・祝) 福岡市民会館
11月26日(土) オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
11月27日(日) オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
12月01日(木) 神奈川:神奈川県民ホール 大ホール
12月03日(土) 広島 JMS アステールプラザ 大ホール
12月04日(日) サンポートホール高松 大ホール
12月08日(木) ロームシアター京都(京都会館) メインホール
12月10日(土) 金沢市文化ホール
12月17日(土) 札幌市教育文化会館 大ホール
12月22日(木) 静岡市民文化会館 中ホール
12月23日(金・祝) 日本特殊陶業市民会館フォレストホール(旧:名古屋市民会館)
12月29日(木) 日本武道館

【関連リンク】
BUCK-TICK オフィシャルHP
BUCK-TICK、29周年記念日にこれまでの歩みをMVで振り返るLINE LIVE特番を放送
BUCK-TICK、3度目の「CLIMAX TOGETHER」が大盛況のうちに終幕
BUCK-TICK、アルバム『アトム 未来派 No.9』ダイジェスト試聴トレイラー解禁

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SEKAI NO OWARIがニューシングル「Hey Ho」のMVを公開
Sat, 01 Oct 2016 11:00:00 +0900
SEKAI NO OWARI (okmusic UP\'s)

SEKAI NO OWARIが10月5日にリリースする「Hey Ho」のミュージックビデオを公開した。今作もメンバーの信頼も厚く、「RPG」以降手がけている人気映像作家、田向潤氏が監督を務めている。

【その他の画像】SEKAI NO OWARI

メンバー発案の「架空のレコーディング風景」というキーワードで話し合いをし、都内のスタジオにて撮影した同MV。設定は、とある森の中。様々な動物達の演奏とともにレコーディングが行なわれている。うさぎ、オウム、ぶた、バク、さるの楽器隊、そしてメンバーの演奏シーン、様々な方法で音を録音し、壮大な音楽が作り出されていく。間奏ではオオカミに扮した子供達のダンスがあり、異空間に誘われるまま絵本の世界に飛び込んだようなアーティステックな仕上がりとなった。

■「Hey Ho」MV
https://youtu.be/qfsr0S_QGOU

■シングル「Hey Ho」

2016年10月5日発売
【初回限定盤A】(CD+LIVE CD 「The Dinner@幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール Selected LIVE CD Version A」)
TFCC-89598/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.Hey Ho
2.Error
3.Death Disco ?remixed by melodysheep-
■LIVE CD
「The Dinner@幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール Selected LIVE CD Version A 」
1.ANTI-HERO
2.スターライトパレード
3.Love the warz -rearranged-
4.Never Ending World
5.ピエロ
6.スノーマジックファンタジー
7.生物学的幻想曲

【初回限定盤B】(CD+LIVE CD 「The Dinner@幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール Selected LIVE CD Version B」)
TFCC-89599/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.Hey Ho
2.Error
3.Death Disco ?remixed by melodysheep-
■LIVE CD
「The Dinner@幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール Selected LIVE CD Version B 」
1.Death Disco
2.SOS
3.深い森
4.幻の命
5.MAGIC
6.RPG
7.Dragon Night

【期間限定盤】(CDのみ)
TFCC-89600 ¥1,200+税
※初回生産分には、「謎のDVD」が当たるスクラッチカード封入
<収録曲>
1.Hey Ho
2. Error
3.Death Disco ?remixed by melodysheep-

【関連リンク】
SEKAI NO OWARI オフィシャルHP
SEKAI NO OWARI、ニューシングル「Hey Ho」ジャケ写&新アー写公開
SEKAI NO OWARI、WOWOWでオンエアするライヴ映像をダイジェスト公開
SEKAI NO OWARI、動物殺処分ゼロプロジェクト支援シングル「Hey Ho」を10月リリース

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
ジャパニーズロック

nano.RIPEからアベノブユキ(Ba)と青山友樹(Dr)が年内の活動をもって脱退
Sat, 01 Oct 2016 10:00:00 +0900
nano.RIPE (okmusic UP\'s)

4人組バンドnano.RIPEからベースのアベノブユキとドラムの青山友樹が、年内の活動をもって脱退することが発表された。

【その他の画像】nano.RIPE

今回の発表は、アベノブユキ、青山友樹それぞれがひとりのミュージシャンとしての人生を考えた上での前向きな決断であるとし、以降はボーカルのきみコとギターのササキジュンのふたり体制となる。

アベノブユキ、青山友樹からの脱退に関するコメントは、ライブやTwitterなど、個人の発信の場にて直接ファンに宛てられるとのこと。

■nano.RIPE オフィシャルHP
http://www.nanoripe.com/
■アベノブユキ Twitter
https://twitter.com/nob_abe?lang=ja
■青山友樹 Twitter
https://twitter.com/aoyama_drum?lang=ja

【関連リンク】
TRUE/nano.RIPEが担当する「最弱無敗の神装機竜」OP/EDシングルがリリース
nano.RIPEが新曲含むシングル集をリリース、限定盤にはMV17曲収録
nano.RIPE「のんのんびより」第2期OP曲をリリース、DVD同梱盤には“一条 蛍”役の村川梨衣が出演するMV等を収録
nano.RIPEがスピッツのカバー曲含む4thアルバムをリリース、初回限定盤DVDには約120分のライブ映像収録

【関連アーティスト】
nano.RIPE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

堂島孝平、2017年2月に開催する自身の生誕祭ワンマンのメンバーを発表
Fri, 30 Sep 2016 21:00:00 +0900
堂島孝平 (okmusic UP\'s)

堂島孝平が2017年2月18日(土)に東京・恵比寿LIQUIDROOMにて生誕祭ワンマンライブを行なう。

【その他の画像】堂島孝平

小松シゲル(Dr/NONA REEVES)、鹿島達也(Ba/鹿の一族)、奥田健介(Gt/NONA REEVES)、渡辺シュンスケ(key/Schroeder-Headz)といった、豪華ミュージシャン陣を迎えて、一体どのようなパフォーマンスが行なわれるのか今から楽しみだ。

なお、この公演のチケット一般発売は11月19日(土)からスタートするので、是非チケットを入手して堂島孝平の生誕祭を盛り上げよう!

■「堂島孝平生誕祭-2017-」

2月18日(土) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
出演:堂島孝平×A.C.E.
メンバー:堂島孝平(Vo+Gt)、小松シゲル(Dr/NONA REEVES)、鹿島達也(Ba/鹿の一族)、奥田健介(Gt/NONA REEVES)、渡辺シュンスケ(key/Schroeder-Headz)

【関連リンク】
堂島孝平 オフィシャルHP
堂島孝平、「劇団鹿殺し」活動15周年記念公演にて舞台に挑戦!
堂島孝平楽団の2DAYSワンマンにONIGAWARAら参戦
堂島孝平、ツアーファイナルにて堂島孝平楽団としての2daysワンマンを発表

【関連アーティスト】
堂島孝平
【ジャンル】
J-POP

INCEPTION OF GENOCIDE、アルバム『"do not despair"』のトレーラーを公開
Fri, 30 Sep 2016 20:00:00 +0900
INCEPTION OF GENOCIDE (okmusic UP\'s)

東京発のデスコアバンドINCEPTION OF GENOCIDEが、1stフルアルバム『"do not despair"』のトレーラーを公開した。

【その他の画像】HONE YOUR SENSE

今回公開されたトレーラー映像では、収録曲全ての試聴ができる。ぜひチェックしながら、まもなく10月5日にリリースを控えたアルバムのリリースを楽しみに待っていてほしい。

また、11月20日に行なわれるリリースパーティーの東京編に、レーベルメイトであるHONE YOUR SENSEの出演も発表した。これで大阪、東京公演ともに全出演者が出揃ったことになる。チケットはプレイガイドにて発売中なので、こちらも併せてチェックしてほしい。

■INCEPTION OF GENOCIDE オフィシャルHP
http://www.inceptionofgenocide.com

■『"do not despair"』トレーラー
https://youtu.be/Mx7KIOWmKwk

■『INCEPTION OF GENOCIDE 1st Full Album「"do not despair"」Release Party』

10月14日(金) 大阪・アメ村DROP
open17:30/start18:00
前売 ¥2,500/当日 ¥3,000 DRINK別
出演:Last Day Dream / Victim Of Deception / Deadman Walking OA. Devil\'s Inlay

11月20日(日) 東京・渋谷club asia
open17:00/start17:30
前売 ¥2,500/当日 ¥3,000 DRINK別
出演:HONE YOUR SENSE / Last Day Dream / Victim Of Deception / FORD OA. Zigsaw

■アルバム『"do not despair"』

2016年10月5日(水)発売
WLR-1040/¥2,000+税
<収録曲>
1.despair(inst)
2.it\'s my turn
3.realize
4.fight for your despair
5.Brain Dead
6.growing pain
7.rise(inst)
8.light it up
9.you have gone too far
10.face the truth
11.hope(inst)

【関連リンク】
INCEPTION OF GENOCIDE、新曲「realize」MVは光と影の森で交差していく世界観を表現
INCEPTION OF GENOCIDE、アルバムから「it\'s my turn」の期間限定先行試聴を開始
Dream Ami、新曲「Lovefool -好きだって言って-」をAWAにて独占先行配信!
星野源、盟友・設楽統が司会を務める情報番組『ノンストップ!』に新曲を書き下ろし

【関連アーティスト】
HONE YOUR SENSE, INCEPTION OF GENOCIDE
【ジャンル】
パンク/ハードコア

La PomPon、KIRIがFMヨコハマ『BREAK IT DOWN』の新DJに抜擢
Fri, 30 Sep 2016 20:00:00 +0900
KIRI (okmusic UP\'s)

六本木発6人組本格派ダンス&ボーカルグループ、La PomPonが10月よりFMヨコハマの新レギュラー番組を担当することを発表! 神奈川県出身で小さい頃からFMヨコハマを聴いて育ったという黄色担当メインボーカルのKIRI(16歳)が、新DJとして抜擢された。

【その他の画像】La PomPon

今年、同局が主催の大磯ロングビーチでのイベントや人気番組「Tresen+」への生放送にも出演していたLa PomPon。同番組のエンディングテーマ曲に彼女たちがカバーした「想い出の九十九里浜」が起用されるなど、“六本木"のみならず“横浜"でも着実に話題を集めていた。

そんなLa PomPonが来年10周年を迎える、国際都市「横浜」の週末をインターナショナルな感覚で盛り上げているプログラム「BREAK IT DOWN」のパートナーとして仲間入りする。

アイドルグループの抜擢は今回が初で、過去、青山テルマなどもDJを務めた同番組。 国内外の最前線の音楽シーンの話から、地元横浜、湘南エリアの話など、JERO、音楽プロデューサー Dickey、そして新DJ KIRIの3人で10月2日より放送開始する。また、番組ではオリジナルソングを制作! その制作過程も紹介する予定だ。

【番組概要】
FMヨコハマ 『BREAK IT DOWN』
毎週日曜日 22:30〜23:00
DJ:JERO・Dickey・KIRI(La PomPon)
http://www.fmyokohama.co.jp/pc/program/BreakItDown
※リニューアル初回放送:10月2日(日)〜

【関連リンク】
La PomPon、九十九里浜でファンとMV撮影
La PomPon、千葉ロッテマリーンズの始球式で新魔球を披露!?
La PomPon、両A面5thシングルのMVがGYAO!にて独占先行配信
La PomPon、9月7日発売のニューシングルに「想い出の九十九里浜」カバーを収録

【関連アーティスト】
La PomPon
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

KANA-BOON、堺親善アーティスト就任式で「いつか堺の歌を」と宣言!
Fri, 30 Sep 2016 19:00:00 +0900
9月29日(木)@「堺親善アーティスト」就任式 (okmusic UP\'s)

KANA-BOONが9月29日(木)に大阪・堺市の「堺親善アーティスト」に就任した。

【その他の画像】KANA-BOON

「堺親善アーティスト」は堺市が若いアーティストの力で堺の魅力を全国に発信していくことを目的に新設したもの。KANA-BOONはその第1号に選ばれたのだ。堺市役所の展望ロビーにて行なわれた堺親善アーティスト就任式では、2000人を超える応募の中から選ばれた堺在住・在勤・在学のファン200人が見守る中、堺市の伝統産業「注染」手法によるシャツを着用したメンバーが登場した。

就任式ではバンドを結成した高校生の頃からの堺での思い出を振り返り、おすすめの観光スポットを挙げるなど、堺の魅力をアピール。「具体的には何をしてくれますか?」「aikoさんには『三国駅』という歌がありますが、KANA-BOONさんも堺の歌を作ってください」といった質問、メッセージには、「最終的にはライブをやりたいです」「では我々は『三国ヶ丘駅』という曲をいつか作りたいと思います」などと回答。最後に、谷口鮪(Vo./Gt.)は「久しぶりに堺に戻ってきて、ライブで繋がっていた堺の人たちと会ったりすると、すごいあったかかったんやなって感じます。今の僕たちがあるのはその人たちのおかげやなと思います。」と堺への感謝を伝え、「僕たちはミュージシャンなので、音楽を通じて堺に貢献できたらいいなと思っています。今後も気を引き締めて、あそこに見える仁徳天皇陵古墳(堺にある日本最大の前方後円墳)のような大きな人間になれるよう、日本で一番のバンドになれるように頑張っていきます!」とこれからの意気込みを語った。

【関連リンク】
KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOONがピーター・パンになって宙を舞う!? 新曲「Wake up」MV解禁!
KANA-BOON、シングル「Wake up」特典DVDトレーラー&MVティザー映像を公開
KANA-BOON、初となるリクエストライブを東名阪にて開催決定

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

ガンズ・アンド・ローゼズの『アペタイト・フォー・ディストラクション』は、剥き出しの攻撃性と卓越したテクニックが同居した傑作
Fri, 30 Sep 2016 18:00:00 +0900
GUNS N\' ROSES『APPETITE FOR DESTRUCTION』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

ガンズがデビューした80年代後半、多くのヘヴィメタル・グループが行き詰っていたように思う。80年代前半から半ばにかけて、アメリカ西海岸からはモトリー・クルーを範としたラット、ドッケン、トゥイステッド・シスターなど、多くのグループが出現して大きな収益を生んではいたが、パンクロッカーが大手レコード会社に飲み込まれていったように、ヘヴィメタルのミュージシャンたちもまたアク抜きされ、様式美のみが目立つようになっていく。そんな中でガンズはデビュー。本作『アペタイト・フォー・ディストラクション』はリリース直後には売り上げが伸びなかったが、内容の素晴らしさだけでなく、ジャケットデザイン変更やMTVの放映拒否などのスキャンダル等も功を奏し、1年後には全米チャートで1位を獲得する。アルバムはリアルな攻撃性とハイレベルのテクニックがパンク的な精神性に支えられており、彼らの代表作というだけでなくハードロックの代表作にも挙げられる傑作だ。

■MTVの登場によるロックのビジュアル化

80年代初頭はヒット曲のビデオクリップを24時間流し続けるMTVが開局し、ポピュラー音楽の在り方が革命的に変わった時代である。当時はまだパソコンがなく、もちろんインターネットもケータイも家庭用は存在していない時代。ビデオクリップを作ること自体、莫大な費用がかかるから、大レコード会社に所属するミュージシャンたちは常に映像が流れ収益が拡大するが、中堅どころやインディーズに至ってはビデオそのものを作れず、売れるものと売れないものの差がそれまで以上に開いていった。

対MTV戦略として、カルチャー・クラブ、カジャ・グー・グー、デュラン・デュランなどは、美的なビジュアルイメージを前面に押し出し、音楽というよりは容姿で勝負し大きな注目を集めた。これが第2次ブリティッシュ・インベイジョン(1)の要因となる。要するにMTVの登場で、容姿や服装が重要視され、イギリスのグループはそれを利用することで世界的なヒットにつながっていく。80年代とは、ロックのアイドル化が進んだ時代でもあったのだ。

■アメリカの巻き返し

数年経つと、MTVでは似たようなビジュアル系のミュージシャンたちの映像があふれ、ポップスなのかロックなのか区別がつかないほどコマーシャル化してしまっていた。熱心なロックファンにしてみれば、ロックスピリットのないロックなんて聴きたくないわけで、ブリティッシュ・インベイジョンの波は急激に冷めていく。その頃、アメリカでは骨太なハードロックを演奏し、見た目は汗臭さすら感じる無骨なグループが増えてきていた。

中でも、突然『炎の導火線』(‘79)でデビューし、爆発的な人気を得たヴァン・ヘイレンは、ブリティッシュ・インベイジョンに対するアメリカからの返答であったのかもしれない。あのマイケル・ジャクソンですら“R&Bとハードロックの融合”を目指して、アルバム『スリラー』(’82)を制作しているぐらいで、ハードロックのグループは着実にファンを増やしていった。

80年代版ハードロックは、マイケル・ジャクソンの「今夜はビート・イット」(‘83)とヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」(’84)の世界的大ヒット(どちらもギターソロはエドワード・ヴァン・ヘイレン!)のおかげで頂点に達し、アメリカ発のサウンドが見直されていく。ただ、80年代のハードロックは70年代のハードロックとは違い、MTVがあるためにビジュアル的な演出が不可欠であった。ヴァン・ヘイレンは、ビジュアル面でも演奏面でも過不足のないパフォーマンスができた。それだけに大きな人気を得ることができたし、彼らが80年代半ば以降のHR/HMシーンを牽引していく役割を果たす。

82年にメジャーデビューしたロサンジェルス出身のモトリー・クルーは、ヘヴィーなサウンドとグラマラスな容姿で大きな注目を浴びただけでなく、たくさんのフォロワーを生み出し、クワイエット・ライオット、ラットなどとともに“LAメタル”と呼ばれた。彼らに代表されるヘヴィメタルのグループは、特に日本での人気が高く、ビジュアル系ロックのルーツも彼らにある。

しかし、LA産のヘヴィメタルは徐々に様式化(様式化こそがヘヴィメタの醍醐味という人も少なくないが)し、ロックスピリットよりも“外見・様式美・ビッグセールス”のために活動するという本末転倒のミュージシャンたちが増えていった。多くのグループがマンネリに陥り、ファンが離れかけた時、ロック本来の攻撃性とカリスマ性を持った新たなグループが登場する。そのグループこそがガンズ・アンド・ローゼズなのである。

■ガンズ・アンド・ローゼズのデビュー

13歳の時から知り合いだった同い年のアクセル・ローズとイジー・ストラドリンは82年にロサンジェルスで合流、いくつかのグループを渡り歩き、紆余曲折はあったものの、スラッシュ、スティーブン・アドラー、ダフ・マッケイガンらとともにガンズを結成する。86年にゲフィン・レコードにスカウトされ、87年にはシングル「イッツ・ソー・イージー」を先行発売、そして待望のデビューアルバムとなる本作『アペタイト・フォー・ディストラクション』をリリースする。このアルバムはリリース当初はチャートで100位内にさえ入れなかったが、じわじわと上昇し、1年後には1位を獲得、現在までにアメリカだけで1800万枚、世界では3000万枚近くを売り上げたモンスターアルバムである。

■本作『アペタイト・フォー・ディストラクション』について

本作がリリースされたとき、多くのリスナーがガンズをLAメタルのグループだと思ったようだ。実際LAメタルのひとつとして扱われることも多いが、僕は違うと考えている。ガンズはどちらかと言えばパンクロックのミュージシャンに似た資質(攻撃的・素行不良・ドラッグ、酒、女を好むなど)があるように思う。その証拠に、彼らが93年にリリースしたカバーアルバム『ザ・スパゲティ・インシデント?』では、ダムド、デッド・ボーイズ、ジョニー・サンダースらを取り上げているではないか。

アクセル・ローズの変幻自在のパワフルなヴォーカル、スラッシュのスピーディーで確かなギターワーク、過激な内容の歌詞とそれらを巧みに表現した楽曲など、本作の魅力を挙げていけば切りがないが、本作の聴きどころは何よりロックスピリットに満ちあふれているところ。レッド・ツェッペリンやディープ・パープルがパンクロックを知っていたら、ガンズのようなサウンドになっていたかもしれない。ガンズのサウンドはヘヴィメタルというよりは、王道のハードロックに近いのではないだろうか。

収録曲は全部で12曲。中には大ヒットした「スウィート・チャイルド・オブ・マイン」のようにセンティメンタルなラブソングもあるが、多くは攻撃性を持ったパンキッシュなナンバーで占められ、真のロックが持つ危険な香りが漂っている。

80年代、MTVでオンエアされることとビッグセールスばかりに精力を使い果たし、多くのミュージシャンが忘れてかけてしまっていたロックのエッセンスが詰まった本作『アペタイト・フォー・ディストラクション』こそ、80年代を代表するロックの名盤として後世に語り継がれていくだろう。

来年1月にはオリジナルに近いメンバーで来日することが決まっているので、本物のハードロックを見たいという人は是非!

(1) ブリティッシュ・インベイジョン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AA%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%82%A4%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%B3

【関連アーティスト】
Guns N\' Roses
【ジャンル】


hide、ド派手な演出が光る“サイボーグロック”の真骨頂が3D映像&音響で甦る!
Fri, 30 Sep 2016 18:00:00 +0900
hide (okmusic UP\'s)

hideが1996年に行なった2ndソロツアー『hide solo tour-PSYENCE A GO GO-』の開催から20周年を記念し、代々木第一体育館のライブ映像が最新の技術で3D映画化される事が分かった。

【その他の画像】hide

立体音響システム“ドルビーアトモス(Dolby Atmos (R))"を採用し、ライブ会場さながらの音響を楽しむことができるLIVE MOVIEとして、10月15日(土)より全国58館で上映される。

同ツアーは2ndアルバム『PSYENCE』を引っ提げて行なわれたものだが、そのアルバムタイトルは“PSYCHO(精神)"と“SCIENCE(科学)"の融合による造語だ。当時の最先端のテクノロジーを駆使してサウンドを構築しているが、もとは人間の発想によるもの…つまり、人間力があってこその、hideが称する“バ科学"の結晶がアルバムに詰まっている。それは試行錯誤も含め、ある意味で実験的であって、結果的に強烈なオリジナリティーを誇る、これまたhide称する“日本で育ったロック"であり、“サイボーグロック"を誕生させたのだった。

当然、本ライブはそれの生での再構築となる。しかし、ただ演奏するだけでは再現不可能であり、ここにも“人間力"が必要となる。PATA(Gu)、KIYOSHI(Gu)、CHIROLYN(Ba)、I.N.A. (Computer & Percussion)、JOE(Dr)、DIE(Key)といった強すぎるほどの個性を持ったメンバーが揃っている理由がそこにあるのだ。プレイヤーとしてスキルとセンス、ステージに立った時の存在感はもちろん、hideの遊びに付き合える許容量も含め、最強の布陣であることは言うまでもないだろう。20年が経った現在も全員がシーンの第一線で活躍しているということが、何よりもそのことを立証している。

そして、そんなツアーの最終公演の映像を再編集したこの『hide 3D LIVE MOVIE “PSYENCE A GO GO" 〜20 years from 1996〜』。レーザー光線や特攻、落下傘などの派手な演出はもちろん、セクシーなダンサーだったり、アンコールの幕間で楽屋に中継カメラを入れるなど、とことん遊び心が盛り込まれた最高のライヴを、3D映像&音響でもって堪能することができる。3Dの迫力ある映像、臨場感あふれる立体音響が、“20年前の興奮"を“現在の衝撃"に変えること請け合いだ。この映像で初めて同ライブを観る方であっても…いや、むしろ初見であるほど、そのテーマパークばりの演出の数々に、7人の圧倒的なパフォーマンスに、かなりの衝撃を受けることだろう。

このツアーに限ったことではないが、hideは常に自分が楽しみ、観客を楽しませ、さらにスタッフも楽しませることを第一に考えている。本ツアーでは前日の観客の反応で曲順をはじめ、演出やビデオのプロジェクターの使い方を当日の朝に決めていたという、実に現場スタッフ泣かせのエピソードがあるぐらいだ。ちなみに、本人は「誰も聴いちゃいない」と不服そうだったが、会場内、開演時、終演時のBGMも全部自分で作っていた。当時のインタビューでも“音楽は高性能なおもちゃ"と語っており、音楽を楽しむこと、音楽で遊ぶことに全力を注ぐのがhideなのだ。そんな彼の目指したエンターテインメントを是非とも、自分の目と耳と肌でこの迫力ある3D映像&音響を体感していただきたい。

■『hide 3D LIVE MOVIE “PSYENCE A GO GO" 〜20 years from 1996〜』予告編映像・2〜先行上映会編〜
https://www.youtube.com/watch?v=ExNcJVVUUKw

■『hide 3D LIVE MOVIE “PSYENCE A GO GO" 〜20 years from 1996〜』

2016年10月15日(土)より公開
上映劇場:全国58館で上映スタート
日本語/134分/カラー/ビスタサイズ/5.1ch&Dolby Atmos
(C)2016 UNIVERSAL MUSIC LLC.

■特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/hide/movie/

【関連リンク】
hide オフィシャルHP
CHIROLYN、メジャーデビュー30周年記念シングル発売&全国ツアー開催
「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」にシド、MUCCを含む6組が出演決定
hide、3Dライブムービーの一日限定特別先行上映会が開催決定

【関連アーティスト】
hide, CHIROLYN, hide with Spread Beaver, Kiyoshi a.k.a freeman
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, 映画

【連載コラム】稚菜、映画「少女」の主題歌をカバー
Fri, 30 Sep 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

今日の一曲。
10月8日公開の映画「少女」の主題歌、GLIM SPANKYの「闇に目を凝らせば」
初めて聴いた瞬間ぐっと引き込まれた。その声に。
かっこいい。素直にそう思いました。
自分とは180°違う声だからこそ、憧れるものはある。
楽曲もかっこいいし、今回もまた少し違ったコーラスのアレンジを考えて加えてみました。
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=zHVi_BRFam8

私、昔人前で歌う事があまり好きではなかった。
ただ、音楽の授業はずっと好きだった。
みんなで歌う合唱とかリコーダーを吹いたりするのとか。
みんなで何か一緒に出来る、というものに関して凄く。
だから専門学校へ入った時に一番惹かれた授業はゴスペルだったし、音楽をするに当たって一番やりたかったのはバンドを組んでライブをする事だった。
日常生活であまり群れるのは好きではないし、一人で出かける時間が好きだったりするのに、音楽に関しては全くの別物だ。
きっとあの一つになってみんなで一緒の事で笑っている感覚が好きだったんだと思う。
…じゃあ何で今は弾き語りで一人でやってるのかって?
単純に最初は成り行きです。笑
バンドメンバーを集めるって大変だから、じゃあまずは揃うまでは一人で活動しておいた方がいざ集まった時にすぐ行動に移しやすいだろう。と思ったから。
とにかく何もせずにじっとしている事が不安で仕方がない性格なんですよね、昔から。笑
そんな感じて始めた弾き語りが、いつの間にか自分の中で定着してしまっていたわけです。
今では自分の定まった目標もあるし、ピアノと自分の声一本で表現出来る世界が面白くて楽しい、と思えるから弾き語りは好き。
…けれど、やっぱり仲間のバンドライブを見ていると羨ましいなぁ…と少し寂しく思ったりもする時もあったりはします。

みんなで一緒にやり遂げた事って何より思い出に残るし何故だか泣けてくる。
そんな事を思うけれど、ここ最近思うのは弾き語りっていうのも結局一人ではないんだなぁって。
もちろんステージで表現するのは一人だけれど、周りを見渡せば支えてくれるスタッフさん関係者の方が沢山いるし、何よりも見て聴いてくれるお客さんが目の前にいるわけです。
弾き語りはお客さんと常に対話をし、その瞬間の日常を歌っているんだなって。
楽しさ、悲しさ、嬉しさ、幸せ。
それを最も心の近い距離で共有出来るのは、弾き語りならではであって特権なんだなぁ。
そう思った瞬間に私はもっと弾き語りが好きになった。
そんな世界が凄く好きだと思った。

明後日のライブは珍しい事にスタジオでのライブだ。
多分今までで一番お客さんとの距離が近いだろう。
みんなでどんな心の対話のライブが出来るのか、今から楽しみです。
お時間ある方は是非、遊びにいらして下さいね。
それでは。

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY, 稚菜
【ジャンル】


Dream Ami、新曲「Lovefool -好きだって言って-」をAWAにて独占先行配信!
Fri, 30 Sep 2016 17:27:36 +0900


Dream Amiの新曲が、9月30日より音楽配信サービスAWAにて独占先行配信されることがわかった。

【その他の画像】E-girls

今回独占配信されるのは、10月19日に発売されるDream Amiの新曲「Lovefool -好きだって言って-」。ソロとして3曲目のシングルとなる。

また、同曲はThe Cardigansの「Lovefool」をカバーしたもので、ブルボン『おいしいココナッツミルク』、Right-on『モコモコイロイロ』の新CMソングとしても起用されている。この機会に是非チェックしてみてはいかがだろうか。

■【Dream Ami コメント】

「今回はカーディガンズの楽曲をカバーさせていただきました。自分らしくもあり、原曲の雰囲気も良いバランスで残せたかなと思っています。こういったバンドサウンドで歌うことも今まではなかなか機会がありませんでしたが、これを機に、イベントやライブもそうですし、自分のソロの楽曲にもバンドサウンドを取り入れていけたらなと思います。AWAを通して、たくさんの人に聞いていただけたら嬉しいです」

【関連リンク】
Dream Ami オフィシャルHP
AWA オフィシャルHP
E-girls藤井萩花&夏恋による姉妹ユニットShuuKaRen始動
E-girls、2カ月連続“夏シングル”第2弾「Pink Champagne」MV公開

【関連アーティスト】
E-girls, Dream Ami
【ジャンル】
J-POP, 音楽配信

J、対バン10days開幕に伴い20thベスト盤リクエスト投票がついに解禁
Fri, 30 Sep 2016 17:00:00 +0900
『J 2016 LIVE <10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction->』 (okmusic UP\'s)

2017年にソロデビュー20周年を迎えるJが、そのカウントダウン企画として10月1日(土)の新宿BLAZE公演を皮切りに対バン10番勝負をスタートする。

【その他の画像】J

オープニングを飾るゲストは、独特な世界観でロックシーンに新たな刺激を与えるバンド・ヒトリエ。そして翌10月2日(日)は注目の新鋭バンド・The Cheseraseraが登場し、両日ツーマンスタイルで熱く火花を散らす。

さらに来年春のリリースがアナウンスされている、ソロデビュー20周年を記念したベストアルバムのファンリクエスト投票が10月1日の24:00よりスタートする。このリクエストは全12のカテゴリーから各1曲(全12曲)が投票可能で、オリジナルアルバム10作で10カテゴリー、ミニアルバム2作をまとめた1カテゴリー、その他シングルのカップリング等を集めた1カテゴリーに分かれており、20年間全ての時代から1曲ずつをセレクトして投票するシステムとなっている。1日1回まで投票出来るとのことなので、それぞれの思うオールタイムベストをいくつか考えてみるのも面白そうだ。このリクエストの結果が大いに反映されたベストアルバムになるとのことなので、是非投票に参加して、記念すべきソロデビュー20周年を一緒に盛り上げよう!

そんな記念すべきデビュー20周年イヤーに向けて、新たなアーティストフォトも解禁された。まだまだ何かを企んでるような表情も印象的な1枚、こちらも是非チェックしてほしい。

■20th Anniversary BEST ALBUM リクエスト投票サイト
http://avex.jp/j/20thbest/
■『J 2016 LIVE <10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction->』特設サイト
http://www.j-wumf.com/10days-of-glory/

■【ライブ情報】

『J 2016 LIVE <10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction->』
10月01日(土)  東京・新宿BLAZE
Special Guest: ヒトリエ
10月02日(日)  東京・新宿BLAZE
Special Guest:The Cheserasera
10月07日(金)  東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
Special Guest: Nothing\'s Carved In Stone
10月08日(土)  東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
Special Guest: lynch.
10月23日(日)  大阪・BIG CAT
Special Guest:KNOCK OUT MONKEY
10月28日(金)  東京・ 渋谷CLUB QUATTRO
Special Guest: GOOD4NOTHING
10月29日(土)  東京・ 渋谷CLUB QUATTRO
Special Guest: BACKLIFT
11月19日(土)  東京・恵比寿LIQUIDROOM
Special Guest: minus(-)
11月20日(日)  東京・恵比寿LIQUIDROOM
Special Guest: AA=

『放火魔大暴年会』
12月30日(金)  東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
Special Guest:DOOM / RADIOTS

【関連リンク】
J オフィシャルHP
Brian the Sun、イトヲカシやヒトリエなど秋のツアーのゲストを発表
J、ファンと共に作るソロ20周年記念ベスト盤を2017年春にリリース
YOSHIKI×LUNA SEA、頂上対談が実現! 名曲「PRECIOUS…」の即興ピアノコラボも!

【関連アーティスト】
J, The Cheserasera, ヒトリエ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

星野源、盟友・設楽統が司会を務める情報番組『ノンストップ!』に新曲を書き下ろし
Fri, 30 Sep 2016 16:30:00 +0900
星野源 (okmusic UP\'s)

星野源がフジテレビ系の人気情報番組『ノンストップ!』の番組テーマソングを担当することがわかった。

【その他の画像】星野源

楽曲のタイトルは「Non Stop」。番組司会であるバナナマンの設楽統ともかねてより親交がある星野源が、番組をイメージして書き下ろしたものだ。番組のオープニングにふさわしく、朝から元気が出るようなポップな雰囲気に仕上がっている。このテーマソングは10月3日(月)朝9時50分から放送の『ノンストップ!』で初公開となる。なお「Non Stop」は10月5日にリリースされるニューシングル「恋」には収録されておらず、番組でしか聴くことができないので、ぜひ番組を欠かさずチェックしてほしい。

■フジテレビ『ノンストップ!』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/nonstop/index.html

■【各関係者よりコメント】

■星野源
いつもお世話になっている設楽さんの番組のテーマソングを書き下ろすことができて嬉しいです。この曲を皆さんの1日の始まりとして聴いていただければ幸いです。え、この曲聴き覚えがある? 気のせいです笑

■設楽統
昔からの知り合いの源くんが作ってくれて嬉しいです。“一日が始まるぞっ"ていう曲で、すごくカッコいい。番組タイトルがこんなにたくさん入っている曲なんて本当にありがたいですし、毎日励みになります!

■チーフプロデューサー・大林 潤(フジテレビ情報制作センター)
“新しい女性へのエールとなるようなテーマソングを作っていただけませんか?"私たちの願いを、星野源さんが叶えてくださいました。思わず口ずさんでしまう、とても素敵なテーマソングです。星野さんの歌声とともに、ノンストップ!が視聴者の皆さんの笑顔と元気につながるようスタッフ一同頑張ってまいります。

■シングル「恋」

2016年10月5日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1006/¥1,800+税
※スリーブケース仕様
【通常盤】(CD)
VICL-37189/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1. 恋 ※TBS系 火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』主題歌
2. Drinking Dance ※ハウス『ウコンの力』CMソング
3. Continues ※スカパー!リオパラリンピック放送テーマソング
4. 雨音(House ver.)
■DVD ※初回限定盤
『恋ビデオ。』約63分
・特別番組「ニセ明、石垣島へ行く」
・「METROCK 2016」ライブ映像
星野源と友人によるコメンタリー付

【関連リンク】
星野源 オフィシャルHP
星野源、シングル発売を記念して抽選で510名に『恋』Tシャツプレゼント
星野源、2017年新春ライブ 『YELLOW PACIFIC』開催決定
星野源、ニューシングル「恋」の詳細が解禁に!

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1