歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年09月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/10/01
2016/09/30
2016/09/29
2016/09/28
2016/09/27
2016/09/26
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
秋分の日、夕焼け小焼けでまた明日ソングス
Thu, 22 Sep 2016 19:15:00 +0900
林美智子『赤と黒~Black&Red~』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――ようやく暑さも和らぐ秋分の日、今回は「夕焼け小焼けでまた明日ソングス」です。

■1.にんげんっていいな/中島義実

●バブル崩壊前夜の日本に生まれた家路ソング
誰もが知るTBS『まんが日本昔ばなし』のエンディング曲より。作曲・小林亜星、編曲・久石譲という、豪華なクレジットを見れば、広く世間に受け入れられたサウンドにも納得です。
ほんわかとするこの国民的ソングは、実は1984年、バブル景気直前の年に発表されました。“モーレツ”の時代から金欲の狂騒期へ――。“夕焼け小焼けでまた明日”と、みんなが今日のつづきを疑わなかったあの時代。「にんげんっていいな」と憧れる家庭的な歌は、今では人の業へのアイロニーを帯びて、どこか哀愁が漂います。
(選曲・文/麻布さやか)

■2.「Bridge Over Troubled Water」/Simon & Garfunkel

●”あしたもまた元気に登校しましょう……”
私の通っていた小学校では、毎日の下校放送でオーケストラ版「明日に架ける橋」を流すことになっていました。放送委員だった私はこの曲が大好きで、下校当番になるのが毎回楽しみでした。台本のセリフを言い終えてマイクをオフにすると、曲を大音量にし、夕陽の射す放送室で黄昏ながら、必ず終わりまで聴いていたものです。
サイモン&ガーファンクルというアーティストのことや、歌詞の本当の意味を知るのは、もう少し大人になってからのこと。
自分が辛い時でも、側に居てくれる人が必ず居るよ――秋の夕暮れ、誰もいない校庭のような寂しさを感じている人に、この曲をお送りします。
(選曲・文/高原千紘)
https://youtu.be/4G-YQA_bsOU

■3.交響曲第9番「新世界」より 第2楽章/A. ドヴォルザーク

●遠き山に日は落ちて、振り返るあの日の思い出
ドヴォルザークは東欧のチェコ出身の作曲家ですが、晩年は、アメリカのニューヨークの音楽院に招かれて作曲を続けていました。
当時のアメリカは“新大陸”“新世界”と呼ばれた開拓期。新しい世界から望郷の念を抱き、故郷を思う情緒溢れる調べとなっています。日本では、堀内敬三作詞「遠き山に日は落ちて」や「家路」などの唱歌がおなじみで、夕方に小学校の校庭に流れるメロディーとして知られていますね。
ドヴォルザークにとって最後の交響曲となったこの「新世界」。彼がどんな光景を想って譜面を書いたのか、考えると心に沁みるものがあります。
(選曲・文/堀川将史)
https://www.youtube.com/watch?v=w2ssgeoBySQ

■4.「たそがれ」/サンズ・オブ・サン

●郷愁の海に溺れる魔法の1曲
昭和の時代。冬の日の子供たちは皆で一緒に田んぼで遊んだ後、駄菓子屋で買い食い。そして黄昏時には一番星を探したり、汽車の煙が夕暮れを染めていくのを眺めたりしながら、明日の春を待っていた。そんな情景を幻想的に映し出した歌詞(松本隆作)が素晴らしい曲「たそがれ」。日本のロック黎明期のバンド、サンズ・オブ・サンが1972年に発表したものだ。カントリー・ギターが紡ぐ美しいメロディーと、汚れなき子供のように中性的で浮世離れしたヴォーカルに彩られた、魔法のひととき。
今、大人になったあなたに。もしかしたらあったかもしれない、幼き日の美しい幻が眼前に広がるだろう。
※次曲につづく
(選曲・文/旧一呉太良)

■5.「Final Sunset」/BRIAN ENO

●違うよ、明日来るのは大王じゃなくて腹痛。
(つづき)さて、そんな美しい夕焼けが僕の思い出の中にもあるだろうか。もう1曲の夕焼けナンバーを聴きながら記憶を辿ってみよう。
ウィンドウズの起動音に採用されたことでも知られる環境音楽の巨匠、ブライアン・イーノ。彼が1978年に発表した『MUSIC FOR FILMS』に収録されているのが、この「Final Sunset」(最後の夕焼け)。曲を聴いて受ける印象は人それぞれだが、例えば僕には、美しいけれども不穏な未来を予感させる紫色の空が見える。そして……ある日の夕焼けを思い出してしまった。
昭和の暑い日のこと。当時小学6年生だった友人Fは、学校で怖い話を聞いた。ノストラダムスの大予言。地球がヤバイらしい。
下校途中、恐ろしい予言が頭から離れないFは、気を紛らわせようと駄菓子屋に寄ってアイスを購入。プロレスを題材にした、棒に必殺技が出ると当たりというやつだ。食べてみると「卍固め2本当たり」(ブレーンバスターだったかもしれない。とにかく通常なら1本のところ2本当たりは特別版なのだ)。早速、店に行って交換。食べる。今度は両方の棒に「アックスボンバー・3本当たり」。ありえない。こんなことが起こるなんて。自分の暮らす日常は終わってしまったのか。手には6本のアイス。空は一面紫色。明日は何かが起きそうだ。
そうか、ノストラダムス。恐怖の大王がやってくるのだね。
(選曲・文/旧一呉太良)

■6.歌劇『フィガロの結婚』より「恋とはどんなものかしら」/林美智子

●日々成長する自分をかみしめよう
モーツァルト作曲のオペラアリア。伯爵に仕える少年ケルビーノが、敬愛する伯爵夫人に自分の作った詩を歌って聞かせます。胸は高鳴り震えるけれどその理由が分からない、これは恋なのでしょうか?と軽やかな音楽で初々しく歌います。この少年役を、女性のメゾ・ソプラノ歌手が扮します。歌唱は林美智子さん。中性的な雰囲気を前面に出し、格調高く表現しています。
今日は分からなくても、明日が来れば分かるかもしれない。そんな、未来へ期待をつなぐ“また明日”ソングです。
(選曲・文/山本陽子)

さて、お気に召した選曲はございましたか。
ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、各曲をお楽しみいただければ幸いです。
それでは、また明日、もとい来週。

【関連アーティスト】
Simon and Garfunkel, Brian Eno, 林美智子
【ジャンル】


TOTALFAT自主イベント『PUNISHER\'S NIGHT 2017』開催決定
Thu, 22 Sep 2016 19:00:00 +0900
TOTALFAT (okmusic UP\'s)

毎年新春恒例となっているTOTALFAT自主イベント『PUNISHER\'S NIGHT』が2017年も開催される事が発表された。

【その他の画像】TOTALFAT

東名阪CLUB QUATTROでの開催、各会場2バンドずつゲストを迎え繰り広げるTOTALFAT流新春願掛けイベント。年始にPUNISHER\'S NIGHTに来ればあなたの2017年がより良い年になるようTOTALFATが喝を入れてくれる事間違いないだろう。後日発表となるゲストバンドも期待大。毎年チケットソールドアウト必至なのでチケット確保はお早めに!

■『PUNISHER\'S NIGHT』公式ホームページ
http://punishersnight.com

■【Shun コメント】

“PUNISHER\'S NIGHT 2017" 開催決定!
2009年の初回から数えてついに9年目に突入する歴史あるTOTALFAT主催イベントですから、 新年早々気合い入っちゃうワケですよ。
先輩、同世代、後輩から各会場ともに2バンドずつゲストを迎えてバチバチにぶつかり合うんだけど、ステージ上でのコラボや乱入が今年も発生するのか!?。。。楽しみにしていてください!TOTALFAT企画ならではの空間と熱量をぜひ味わってもらいたい!
「うお〜!パニシャ2017開催待ってました!」と言う人はもちろん、「え!?TOTALFATの企画?気になる!」的なパニシャ未経験者さんまで大歓迎なんで、“PUNISHER\'S NIGHT 2017" ぜひぜひ遊びに来てください!よろしく!

■『PUNISHER\'S NIGHT 2017』

1月25日(水) 渋谷CLUB QUATTRO
1月28日(土) 名古屋CLUB QUATTRO
1月29日(日) 梅田CLUB QUATTRO

<チケット公式HP一次先行>
9月27日(火)12:00〜 10月3日(月)23:59
■受付URL
http://eplus.jp/totalfat-hp/

【関連リンク】
TOTALFAT オフィシャルHP
銀杏BOYZの超強力トリビュートに麻生久美子、クリープハイプ、曽我部恵一、YUKIらが参加
シナリオアート、今年は渋谷で冬のアコースティックワンマンを開催
SMAPのベストアルバム、400以上の候補曲からファン投票受付中!!

【関連アーティスト】
TOTALFAT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

トンガの新人美人歌姫レイラニ
Thu, 22 Sep 2016 18:00:00 +0900


Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からホットなisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています。
最近、ハワイで人気があるアイランドレゲエのコンサートにも出てくるようになったトンガ人の美人歌姫、Leilani Wolfgramm(レイラニ・ウルフグラム)。早くも今年のカリフォルニア モントレイの『California Roots Festival』にも出演するほどの人気急上昇ぶりなので、ご紹介したいと思います。

【その他の画像】Leilani Wolfgramm
https://www.youtube.com/watch?v=lkq5pvHabsM

Leilani Wolfgramm のパパはトンガから移民。フロリダのディズニーワールドでLuau(ポリネシアンの音楽と踊り)のダンサーとして働いているときに、マジックキングダムのウェイトレスとして働いていたママと知り合い一緒に住むように…。トンガ人も多いハワイのオアフ島のLaieに2人で移り住んだけど、お金がなくてテントの中で住んでいたそうなの。

やがてフロリダに仕事を探して舞い戻ったんだけど、Leilaniが生まれ、2BED Roomのアパートに両親を呼び寄せ、叔母、叔父、従妹とLeilaniの4人の兄弟たち20名で寝袋で寝起きし、住んでいたそうな! でも、混んだアパートは毎日音楽にあふれ、やがて父親が家族全員でオリジナルのLuauツアーを始めたの。

兄弟がポリネシアンの音楽を奏で、子供たちは“Sunshine Kids”と命名され、フロリダ中をTahiti、Samoa、Hawaiianのダンスとファイアーナイフダンスのツアーで旅をしていたそう。そして、2014年にLeilaniはアルバム『Rebel』でデビュー! あっと言う間にiTuneのレゲエチャートで8位を獲得し、シングルの「Herbivore」「Sunshine」はハワイの大人気レゲエラジオ『Island98.5』でヘビロテに。今ではSoja, J Boogm Common Kingsと一緒にツアーにも出るほど。現在は音楽活動の拠点をマウイ島のHanaに移したとのこと。

普通日本なら寝袋で2部屋20名で住む毎日を過ごしていたら、とんでもないよね? でも、彼らはたくさんと家族と一緒に過ごしていたのが、今のハッピーオーラに満ち溢れたLeilaniの曲を生み出したって感謝しているのよ。是非、家族に囲まれて作り出したLeilani Wolfgramm の曲聴いてみてね。

Mahalo

【関連アーティスト】
Leilani Wolfgramm
【ジャンル】


Wienners、ミニアルバム『GOKOH』ダイジェストサンプラー&新アーティスト写真公開
Thu, 22 Sep 2016 18:00:00 +0900
Wienners  (okmusic UP\'s)

10月5日にミニアルバムとしては『W』以来、約5年ぶりとなるファン待望のミニアルバム『GOKOH』をリリースするWienners。その新作『GOKOH』のダイジェストサンプラーがオフィシャルyoutubeチャンネルに公開された。


【その他の画像】Wienners

このダイジェストサンプラーはWiennersと親交の深い映像クリエイター、KASICO氏と川崎龍弥氏が制作。『GOKOH』の個性溢れる楽曲群とWiennersというバンドのエネルギーが見事の凝縮された映像作品に仕上がっている。今作の公開に併せて新しいアーティスト写真を公開となっているのでダイジェスト サンプラーと合わせて是非チェックして欲しい。

新作ミニアルバム『GOKOH』には全5曲の新曲が収録され、初回限定盤のDVDには「みずいろときいろ TOUR FINAL ONEMAN(恵比寿LIQUIDROOM)」のライブ映像が全17曲収録される。そして今作のリリースに併せて10月18日(火)の新潟公演を皮切りに約1ヶ月に渡る「GOKOH TOUR 2016」と題した全国ツアーを開催する事もアナウンスされている。ツアーファイナルは11月18日(金)に恵比寿LIQUIDROOMにてワンマンライブが開催される。

■『GOKOH』ダイジェスト サンプラー
https://youtu.be/dusKUd9wihs

■ミニアルバム『GOKOH』

2016年10月5日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
NBDL-36/37/¥2,000+税 
【通常盤】(CD)
NBDL-38/¥1,400+税
<収録曲>
■CD
1.おおるないとじゃっぷせっしょん
2.TRY MY LUCK
3.座頭市
4.さよなら浦島太郎
5.姫
■DVD ※初回限定盤
「みずいろときいろ TOUR FINAL ONEMAN @恵比寿LIQUIDROOM」
1.We are the world
2.Cult pop suicide
3.ジュリアナディスコゾンビーズ
4.天地創造
5.FUTURE
6.TOKYO concert session
7.Justice4
8.姫君バンケット
9.子供の心
10.ドリームビート
11.ELECTRIC FOR YOU
12.ASTRO BOY
13.シャングリラ
14.みすいろときいろ
15.レスキューレンジャー
16.LOVE ME TENDER
17.蒼天ディライト

■『Wienners GOKOH TOUR 2016』

10月18日(火) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE(3マンライブ) 
出演者:Wienners / THE BOY MEETS GIRLS / SPARK!!SOUND!!SHOW!!
10月19日(水) 仙台 enn2nd(3マンライブ) 
出演者:Wienners / Brian the Sun / SPARK!!SOUND!!SHOW!!
10月21日(金) 札幌 COLONY(ワンマンライブ / ゲストアクト有) 
出演者:Wienners / THE BOYS & GIRLS(ゲストアクト) 
10月27日(木) 浜松 メスカリンドライブ(2マンライブ) 
出演者:Wienners / and more...
11月01日(火) 神戸 太陽と虎(3マンライブ) 
出演者:Wienners / 空きっ腹に酒 / 天才バンド
11月03日(木・祝) 名古屋CLUB UPSET(ワンマンライブ) 
出演者:Wienners
11月08日(火) 米子 AZTiC laughs(3マンライブ) 
出演者:Wienners / Awesome City Club / and more...
11月09日(水) 広島 SECOND CLUTCH(3マンライブ) 
出演者:Wienners / Awesome City Club / and more...
11月11日(金) 福岡 Queblick(ワンマンライブ) 
出演者:Wienners
11月13日(日) 大阪 Shangri-La(ワンマンライブ) 
出演者:Wienners
11月18日(金) 恵比寿 LIQUIDROOM(ツアーファイナル・ワンマンライブ) 
出演者:Wienners

【関連リンク】
杏窪彌、Remix企画第4弾はWiennersの玉屋2060%
Wienners、ミニアルバム『GOKOH』より新曲を2週連続初OA&新アートワーク公開!
夏の魔物、1stアルバムにHISASHI(GLAY)、杉田智和、大森靖子ら豪華参加陣が集結
Wienners、ミニアルバム『GOKOH』リリース決定&全国ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
Wienners
【ジャンル】
ジャパニーズロック

布袋寅泰、ズッケロのライブにスペシャルゲストとして出演
Thu, 22 Sep 2016 17:00:00 +0900
9月17日@アレーナ・ディ・ヴェローナ (okmusic UP\'s)

35周年ジャパン・ツアーを敢行中の布袋寅泰が、9月17日にイタリア・ヴェローナの歴史的な会場アレーナ・ディ・ヴェローナで行なわれたズッケロのライブにスペシャルゲストとして出演。圧巻のパフォーマンスでアリーナを埋め尽くした1万2,000人のオーディエンスを魅了し大喝采を浴びた。


【その他の画像】布袋寅泰

この日のライブはズッケロの最新アルバム『Black Cat』発売に伴うワールドツアーの一環で、同アルバムに布袋がゲスト参加し意気投合したことがきっかけで、布袋のイタリアでの初パフォーマンスに繋がった。

ヴェローナは中世の町並みがそのまま残る街。2000年には「ヴェローナ市街」としてユネスコの世界遺産に登録された歴史的都市。また、会場となったアレーナ・ディ・ヴェローナは市街地のほぼ中心に位置し、紀元30年頃に闘技場として建築され、現在は世界最大規模の屋外オペラ会場としても利用されている歴史的建造物。一方、ズッケロは“イタリアの至宝"と呼ばれる国民的英雄。この日も会場は1万2,000人を超える観客で埋め尽くされ、同会場での11日間公演はギネスブックに申請される予定。

ライブは午後9時を回りスタート。ツイン・ドラム、ホーン・セクションを含め総勢13名で編成されたバンドを従え、1曲目から迫力のあるズッケロのボーカルが“闘技場"に響き渡る。2曲目の演奏が終了した直後、「HOTEI!」というズッケロのシャウトに呼び込まれて布袋が登場。布袋がレコーディング参加した楽曲「Ti voglio sposare feat. Tomoyasu Hotei」を共演した。ヘビィかつソリッドなギター・プレイはもちろん、躍動感あふれるパフォーマンスでオーディエンスを魅了し、拍手喝采の中で布袋は一旦ステージを後にする。

その後、布袋はライブ中盤に再び登場。ズッケロの代表作のひとつでもある1989年の大ヒット・アルバム『Oro Incenso & Birra』から「Il Mare Impetuoso Al Tramonto Sal? Sulla Luna E Dietro Una Tendina Di Stelle…」、「Iruben me」、「Madre dolcissima」の3曲を共演。「Iruben me」のエンディングでは渾身のギター・ソロを聴かせ大歓声が巻き起こる。「Madre dolcissima」では、ステージ中央から延びる花道へズッケロとともに移動してのパフォーマンスで会場の熱気が最高潮を迎えた。イタリアの大観衆に心に“HOTEI"の名が刻み込まれた歴史的瞬間であった。

布袋はこの日4曲をズッケロと共演する破格の扱いを受け、二者のあいだには“ホストとゲスト"ではなく“パートナー"としての関係が築かれたことを確信させた。当夜のステージが布袋の今後の海外活動に大きな影響を与えることは間違いないだろう。

■布袋寅泰 35th ANNIVERSARY 『8 BEATのシルエット』【BEAT 7】Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜

9月25日(日) 名古屋国際会議場 センチュリーホール [愛知]
10月01日(土) フェスティバルホール [大阪]
10月02日(日) フェスティバルホール [大阪]
10月06日(木) ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール [群馬]
10月08日(土) 倉敷市民会館 [岡山]
10月10日(月・祝) サンポートホール高松 [香川]
10月29日(土) 神戸国際会館 こくさいホール [兵庫]
10月30日(日) 本多の森ホール [石川]
11月01日(火) 広島JMSアステールプラザ大ホール [広島]
11月03日(木・祝) 福岡サンパレス [福岡]
11月05日(土) 延岡総合文化センター [宮崎]
11月06日(日) 鹿児島・宝山ホール [鹿児島]
11月09日(水) 釧路市民文化会館 大ホール [北海道]
11月11日(金) ニトリ文化ホール [北海道]
11月18日(金) 南陽市文化会館 大ホール [山形]
11月20日(日) 仙台サンプラザホール [宮城]
11月23日(水・祝) 相模女子大学グリーンホール [神奈川]
11月25日(金) たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール 大ホール [兵庫]
11月27日(日) 長野 サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) [長野]
11月30日(水) NHKホール [東京]
12月01日(木) NHKホール [東京]
※終了分は割愛

【関連リンク】
布袋寅泰オフィシャルHP
布袋寅泰、伝説の1stソロ再現ライブが待望の映像作品としてリリース決定
布袋寅泰、永遠のマスターピースを体感できる全国ホールツアーが開幕
布袋寅泰、ズッケロの熱いオファーでイタリア・ヴェローナ公演にゲスト出演!

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

ニコラス・エドワーズ、ニューシングル「Freeze」のジャケットアートワーク&トラックリストを公開
Thu, 22 Sep 2016 16:00:00 +0900
シングル「Freeze」【通常盤A】(CD) (okmusic UP\'s)

ニコラス・エドワーズ(Nicholas Edwards)が10月19日(水)に発売する、ポニーキャニオン移籍後初のニューシングル「Freeze」のジャケットアートワークとトラックリストを公開した。


【その他の画像】ニコラス・エドワーズ

稀代のヒットメーカー Jeff Miyaharaがミュージック&トータル・プロデュースしたソウル、ファンクをベースにしたキャッチ―なサビのポップダンスナンバー「Freeze」。最強のトップ・クリエイター3人がタッグを組んだ“次世代 Global Pop Star"ニコラス・エドワーズの決意表明といえる超自信作!

そのアートワークには気鋭のクリエイターが集結しており、ビジュアル・プロデューサーは、沢尻エリカ/100変化によるアート作品「100+1 ERIKAS」やユニクロ、資生堂グローバルなどのクリエイティブ・ディレクターとして数多くの受賞歴を持ち、国際的に活躍する「タナカノリユキ」。そして、レディー・ガガ、ビヨンセをはじめトップアーティストやセレブリティを撮影し続け、世界的に活躍する写真家「レスリー・キー」という超豪華布陣が脇を固めている。

■シングル「Freeze」

2016年10月19日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA1-04439/¥2,400 (税込)
※仕様スペシャルパッケージ仕様 
※ブックレット 16ページ予定
※封入特典
・購入者特典応募抽選券(1)封入
<収録曲>
■CD
01. Freeze
02. Freeze(-English ver.-)
03. Freeze(Instrumental)
■DVD
01. Behind the Scenes -Cover Shooting-
02. Behind the Scenes -Release Event-

【通常盤A】(CD ONLY)
PCCA-70486/¥1,400 (税込)
※封入特典
・トレーディングカード1枚ランダム封入(全3種)
※初回生産分のみ
・購入者特典応募抽選券(2)封入
<収録曲>
01. Freeze 
02. W/W/W 
03. Freeze (Instrumental) 
04. W/W/W (Instrumental)

【通常盤B】(CD ONLY)
PCCA-70487/¥1,400 (税込)
※封入特典
・トレーディングカード1枚ランダム封入(全3種)
※初回生産分のみ
・購入者特典応募抽選券(3)封入
<収録曲>
01. Freeze 
02. DR1VE 
03. Freeze (Instrumental) 
04. DR1VE (Instrumental)

◎トレーディングカードは(全3種)初回生産分のみ通常盤A, 通常盤Bに各1枚ずつランダム封入

【関連リンク】
ニコラス・エドワーズ オフィシャルHP
ニコラス・エドワーズ、ライブDVD発売とオフィシャルHPのニューオープンが決定
ニコラス・エドワーズがコンサートDVDをリリース
ニコラス・エドワーズが「のどじまんTHEワールド! 2014秋」で3度目の優勝!

【関連アーティスト】
ニコラス・エドワーズ
【ジャンル】
J-POP

イトヲカシ、噂の2人組音楽ユニットがいよいよメジャーデビュー
Thu, 22 Sep 2016 15:00:00 +0900
イトヲカシ (okmusic UP\'s)

注目の二人組音楽ユニット、イトヲカシが9月21日に念願のメジャーデビューを果たした。

【その他の画像】伊東歌詞太郎

イトヲカシは、伊東歌詞太郎(Vo)と宮田“レフティ"リョウ(Bass/Guitar/Key)による2人組ユニット。Twitterフォロワー数は二人合わせて55万人以上、先月にはデビュー前にも関わらずROCK IN JAPAN FES.2016にも出演するなど、今もっとも注目すべきアーティスト。今年開催した五大都市ツアーは全会場即完売、ファンひとりひとりに「ありがとう」を言うために全国各地をまわる路上ライブでは計3万人以上を動員する彼らの記念すべきデビューシングル「スターダスト / 宿り星」がリリースされた。

「スターダスト」は応援してくれるファンへの感謝の気持ちと、二人の決意表明が込められているロックナンバー。“夢を託すのは星にではなく、己に託そう"というメッセージは、これまで4年間という準備期間を経てきた彼らならではの説得力を持つ。一方「宿り星」は、「スターダスト」とはまた一味違うしっとりとしたバラード。TVアニメ「双星の陰陽師」のエンディングテーマにも抜擢されており、“君とならば 永い夜も越えられる 歓びも痛みも分け合おう"という歌詞が力強く響く。

CD+DVD盤には、既に公開されている「スターダスト」のミュージックビデオに加え、TVアニメ「双星の陰陽師」エンディングテーマ「宿り星」はアニメ版のミュージックビデオが収録される。

今週末はデビューシングル発売を記念したリリースイベントの開催も決定しているので、興味がある方はイベント情報を要チェックだ。

■【メンバーからのコメント】

■伊東歌詞太郎
遠いと思っていたら、目の前のことを一生懸命やっていたらこの日を迎えました。
初めて中学でバンドを組んだメンバーと再びこうして音楽ができる喜びをかみしめています。
ここまで音楽を続けることができたのは、紛れもなくあなた(=応援してくれているファン)のおかげです。
音楽は聞いてもらえて初めて価値が生まれるものなので、価値をつけてくれてありがとう。
ここまでついてきてくれてありがとう。
そしてこれからも素敵な景色を一緒に見ていけたら嬉しいです。

■宮田"レフティ"リョウ
支えてくれた皆様のおかげで新たなスタートラインに立つ事ができ、非常に嬉しいです。しかしフィールドが変わっても僕らの音楽に対するスタンスは何も変わりません。これからもブレずに一歩一歩進んで行きたいと思います。ついてきて下さい!!

■シングル「スターダスト / 宿り星」

発売中
【CD+DVD】
¥1,700(税込)
【CDのみ】
¥1,000(税込)
※初回封入特典:「双星の陰陽師スペシャルステッカー」
<収録曲>
■CD
1.スターダスト
2.宿り星
3.スターダスト(Instrumental)
4.宿り星(Instrumental)
■DVD
1.スターダストMusic Video
2.宿り星Anime Music Video

■【リリースイベント情報】

9月23日(金) ラゾーナ川崎プラザ2F ルーファ広場 グランドステージ
18:00〜
9月24日(土) タワーレコード新宿店 7F 特設イベントスペース
12:00〜
9月25日(日) もりのみやキューズモールBASE1F BASEパーク
16:00〜

【関連リンク】
イトヲカシオフィシャルHP
Brian the Sun、イトヲカシやヒトリエなど秋のツアーのゲストを発表
イトヲカシ、話題の新曲「宿り星」が配信スタート
イトヲカシ、全国路上ライブツアーを開催する17都道府県を発表

【関連アーティスト】
伊東歌詞太郎, イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP

マオ、1stミニアルバム『Maison de M』リリース記念のニコ生特番放送で恋愛相談
Thu, 22 Sep 2016 14:00:00 +0900
マオ from SID (okmusic UP\'s)

“シド"のヴォーカリストであるマオのソロプロジェクト“マオ from SID“が、9月28日に発売する1stミニアルバム『Maison de M』のリリースを記念し、9月27日(火)21時よりニコニコ生放送にて特別番組を放送すること発表した。


【その他の画像】シド

“マオ from SID 1st ミニアルバム「Maison de M」発売記念特番『帰ってきたMao\'s Room』"と題された番組タイトルは、マオ本人のかつてのブログタイトルをもじったもの。当日マオは、星野卓也をMCに迎えて、ミニアルバムのテーマである“恋"にまつわる視聴者からのお便りを紹介したり、マオ本人が視聴者の恋愛相談に生電話で答えるほか、新作MVやオフショット映像公開などのスペシャル企画を予定しているとのこと。どんな番組になるのか当日を楽しみにしておこう。

■マオ from SID 1st ミニアルバム「Maison de M」発売記念特番『帰ってきたMao\'s Room』

9月27日(火)21時〜22時30分
http://live.nicovideo.jp/watch/lv276628989 

■アルバム『Maison de M』

2016年9月28日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
KSCL-2787 〜2788/¥2,800(税込)
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
KSCL-2789〜2790/¥2,800(税込)
【通常盤】(CD)
KSCL-2791/¥2,300(税込)
<収録曲>
■CD
01. chandelier 
02. マニキュア
03. 星
04. サヨナララスト
05. 頬づえ
06. 月
■初回生産限定盤A 特典DVD
「サヨナララスト」Music Video
■初回生産限定盤B 特典DVD
超密着! 「Maison de M」スペシャルオフショット〜長編映像集〜

【関連リンク】
マオ from SID、1stミニアルバムから「サヨナララスト」のTVCMを公開
マオ from SID、1stミニアルバムの詳細を解禁! 恒例の「Twitter質問キャンペーン」も
マオ from SID、9月28日に1stミニアルバム『Maison de M』をリリース
マオ from SID、ソロデビューシングル発売記念イベントに3000人が集結

【関連アーティスト】
シド, マオ from SID
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

NICO Touches the Walls、シングル「マシ・マシ」ジャケット写真&収録楽曲を公開
Thu, 22 Sep 2016 13:30:00 +0900
シングル「マシ・マシ」【通常盤】 (okmusic UP\'s)

NICO Touches the Wallsが11月30日(水)に発売されることが決定しているシングル「マシ・マシ」の収録楽曲とジャケット写真を公開した。

【その他の画像】NICO Touches the Walls

この楽曲は、10月7日(金)から“アニメイズム"枠にて放送スタートするTVアニメ第3期『ハイキュー!! 烏野高校 VS 白鳥沢学園高校』のエンディングテーマに起用される予定だ。

また、恒例のカバー楽曲はUAの「太陽手に月は心の両手に」を収録。ソウルフルな彼女の楽曲が彼らのアレンジによって、どんな変貌を遂げているか乞うご期待。

■【光村龍哉 (Vo&Gt)コメント】

小学生の頃、我が家では毎朝ラジオがついていて、自分の趣味ではなかなかたどり着かないような楽曲が流れたりするとちょっとだけオトナな気分になれた。この曲はまさに僕にとってそういう曲です。
オリジナルはヒップホップ調ですが、力強い歌詞と歌を自分たちなりに解釈しファンキーなギターロックに仕上げてみました。会心の出来!
ここ最近のカヴァーシリーズの中では一番アツくてカッコいいトラックになったと思います。
あなたをどんな気分にできるだろう、今からドキドキしています。

■シングル「マシ・マシ」

2016年11月30日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD) 
KSCL-2823〜2824/¥1,574+税
※「ハイキュー!!」ワイドキャップステッカー付き
<収録曲>
■CD 
1.マシ・マシ 
2.MOROHA IROHA
3.太陽手に月は心の両手に(Cover) 
4.マシ・マシInst
■DVD
収録内容未定

【通常盤】
KSCL-2825/¥1,204+税
<収録曲>
※通常盤初回仕様: 「ハイキュー!!」描き下ろしスリーブ付き
1. マシ・マシ 
2. MOROHA IROHA
3. 太陽手に月は心の両手に(Cover) 
4. マシ・マシTVsize 

【関連リンク】
NICO Touches the Walls、『ハイキュー!!』EDテーマの新曲「マシ・マシ」を11月にリリース!
NICO Touches the Walls、新曲「マシ・マシ」を『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』で初披露
NICO Touches the Walls、新曲「マシ・マシ」がアニメ『ハイキュー!!』第3期ED曲に決定
NICO Touches the Walls、初の大阪城ホールワンマンで7500人を“熱狂の渦"に!

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

中村舞子、心に晴れ間を届ける新曲「涙のち晴れ」のMVを公開
Thu, 22 Sep 2016 13:00:00 +0900
中村舞子 (okmusic UP\'s)

中村舞子が、新曲「涙のち晴れ」のリリースに先駆け、MVを「GyaO!」で公開した。

【その他の画像】中村舞子

今作はアートディレクター、カイシトモヤによる初映像監督作品。中村舞子の数百に及ぶ表情のカットを使用し、歌に合わせて次から次へとカットを変えていく、という斬新な手法が用いられている。

「涙のち晴れ」という曲のタイトル通り、映像を見終えると不思議と気分が晴れ晴れとして、前向きな気持ちになっていることに気付かされるような、ユニークな映像効果が楽しめるはずだ。

スカッと晴れた秋空が待ち遠しい今日この頃。中村舞子のチャーミングな表情と、思わず口ずさみたくなるキャッチーなラブソングが、どんより曇った心にしばし晴れ間を届けてくれるに違いない。

■「涙のち晴れ」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00101/v12416/v0871400000000545199/

■【カイシトモヤ コメント】

「SNSでの刹那的な動画共有コミュニケーションも意識し、何百もの細かいカットをつなぐことで、中村舞子さんの一瞬の表情を印象づけていく、映像と写真集を見るあいだの気持ちになれる作品にしました」

【関連リンク】
中村舞子 オフィシャルHP
中村舞子、2年ぶりの新曲第二弾「言えない気持ち」のティザー映像を公開
中村舞子、ネット社会へのメッセージを込めた新曲を2年ぶりにリリース
中村舞子、最新作は春色のカバーアルバム

【関連アーティスト】
中村舞子
【ジャンル】
J-POP

flumpool、ニューシングル「FREE YOUR MIND」初回限定盤DVDティザー映像を公開
Thu, 22 Sep 2016 12:30:00 +0900
flumpool  (okmusic UP\'s)

flumpoolが11月2日リリース予定のシングル「FREE YOUR MIND」の初回限定盤に付属するDVD、「flumpool 7th tour 2016『WHAT ABOUT EGGS?』」at 東京国際フォーラム Special Selectionのティザー映像を公開した。


【その他の画像】flumpool

今回の映像の内容は、今年アルバムをリリースして行われた5万人を動員した全国ツアー「WHAT ABOUT EGGS?」のツアーファイナル公演(東京国際フォーラムにて開催)からメンバーのセレクトによって選ばれた全10曲をフルコーラスで約60分間に渡り収録した、超豪華な内容になっている。

「解放区」「DILEMMA」「絶体絶命!!!」「産声」「夜は眠れるかい?」「Blue Apple & Red Banana」「World beats」のライブ映像は初のDVD収録となる。

■シングル「FREE YOUR MIND」特設サイト
http://www.flumpool.jp/sp/free-your-mind/

■「FREE YOUR MIND」初回限定盤 DVD Teaser映像
https://www.youtube.com/watch?v=QRwoudegdCQ

■シングル「FREE YOUR MIND」

2016年11月2日発売(予定)
【通常盤】(CD)
AZCS-2057/¥1,200+税
【初回限定盤】(CD+DVD)
AZZS-55/¥2,000+税
【INTERROBANG ONLY EDITION "INTERRO盤】(CD)
AZNT-32 /¥2,000+税
※ネーム入りオリジナルアナザージャケット
※INTERROBANG大学附属高等学校 校章ピンバッジ
※INTERROBANG大学附属高等学校 生徒手帳
<収録曲>
■CD
1:FREE YOUR MIND (「スカパー!オンデマンド」CMソング)
2:ムーンライト・トリップ (COUNTDOWN LIVE 2016→2017「FOR ROOTS」テーマソング)
3:labo (live at FM802 MEET THE WORLD BEAT 2016)
4:Blue Apple & Red Banana (live at SWEET LOVE SHOWER 2016)
■DVD
「flumpool 7th tour 2016『WHAT ABOUT EGGS?』」at 東京国際フォーラム Special Selection
LIVE OPENING
1.解放区
2.Sprechchor
3.DILEMMA
4.絶体絶命!!!
5.産声
6.夜は眠れるかい?
7.Blue Apple & Red Banana
8.Hydrangea
9.World beats
10.花になれ

【関連リンク】
flumpool オフィシャルHP
flumpoolがニューシングル「FREE YOUR MIND」の全貌解禁
flumpool、故郷・大阪にて初となる単独カウントダウンライブを開催
flumpool、中国語歌唱とMCで4年連続の台湾単独公演は大盛況に!

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LUNKHEAD、ニューアルバムを紐解く重要なカギとなる「空中線」のMV公開
Thu, 22 Sep 2016 11:00:00 +0900
LUNKHEAD (okmusic UP\'s)

LUNKHEADがニューアルバム『アリアル』から「空中線」のMVを公開した。

【その他の画像】LUNKHEAD

アルバムタイトルの『アリアル』は、“存在=あり、ある”と“エアリアル=アンテナ”を組み合わせた、“存在し合う”という意味を込めた造語。そのエアリアルを和訳した言葉が、MV公開曲の「空中線」となる。

LUNKHEADの真骨頂であるドライブ感溢れる楽曲が多い『アリアル』の中で、唯一やさしく沈み込むような音と言葉で構成される、ある意味で異端な「空中線」だが、実は作品全体のテーマ性を大きく担い、『アリアル』というアルバムを紐解く重要なカギになっているという。

なお、9月28日(水)21:00からは、恒例のツアー直前特番USTREAM『アリアルツアーにいらっしゃ〜い!!』も配信予定とのこと。

■「空中線」MV
https://youtu.be/GLQcbz10ZgM

■LUNKHEAD Presents ツアー直前特番USTREAM『アリアルツアーにいらっしゃ〜い!!』

9月28日(水)21:00〜
http://www.ustream.tv/channel/gdvAQZNPtTF

【関連リンク】
LUNKHEAD オフィシャルHP
LUNKHEAD、まるで写真が動き出したかのような新曲MV完成!
LUNKHEAD、『ゴッドタン』の10月期エンディングテーマを担当
LUNKHEAD、「優しくしたい人がいる」360°MVを公開

【関連アーティスト】
LUNKHEAD
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Waive、熱狂の横浜BAY HALL公演を皮切りにツアーがスタート!
Thu, 22 Sep 2016 10:00:00 +0900
9月17日@横浜BAY HALL (okmusic UP\'s)

期間限定活動を行なっているWaiveが、9月17日の横浜BAY HALLを皮切りにツアーを開始した。

【その他の画像】Waive

1曲目からステージ上のメンバーが汗を散らすほどに熱いライヴは、現役で活動中のバンドでも驚くほどのテンションで、2時間半以上を一気に駆け抜けた。

中盤では、田澤孝介(Vo)の歌唱力を活かした得意のミディアムバラードでしっかりと聴かせつつ、その後はライヴハウス叩き上げバンドの本領発揮と言わんばかりに「ドミソファイター」「ガーリッシュマインド」「いつか」などアッパーな楽曲で畳みかけた。

本編19曲を終えて、アンコールでは11年ぶりの新曲「Days.」を披露するにあたり、この曲を含めたWaiveのほとんどの楽曲を作詞・作曲しているギターの杉本善徳が、『Waive結成からの16年。ようするに活動時の約6年、解散後の5年、2010年の再演、その後の6年。どんな出来事も結果として良いと思える出来事につなげていきたいし、それが今だったり、更に未来だったりするようにしていきたい。そうやって全て無駄じゃなかったようにしたいし、してほしい』と、途切れ途切れながらも丁寧に語った。慎重に選ばれた言葉の数々に、会場の反応はさまざまなように見えたが、ストレートな歌詞の内容はきっとそこにいたすべてのWaiveファンにまっすぐに届いたはずだ。

MCでは、田澤と杉本が『5本のライブと考えると、まだあると感じるのに、4本になると少なく感じる』と語っていた。残り4本となったWaiveの特別公演。最高のライブをお見逃しなく!

なお、新曲「Days.」と「END ROLL」が収録されたシングルは、ツアーの各会場限定で販売されている。こちらも欠かさずチェックしよう。

■ライヴ情報

GIG「END ROLL」
10月01日(土) 大阪 梅田AKASO
GIG「Negative & Positive」
10月02日(日) 大阪 梅田AKASO
GIG「Span of dream」
10月07日(金) 愛知 名古屋BOTTOM LINE
GIG「Days ─In the future─」
10月22日(土) 東京 赤坂BLITZ

■会場限定販売シングル「Days.」

<収録曲>
1. Days.
2. END ROLL
3. Days.(instrumental)
4. END ROLL(instrumental)

【関連リンク】
Waive オフィシャルHP
Waive、会場限定販売の11年ぶりの新曲「Days.」試聴動画公開
Waive、「Days.」を具現化した最新アーティスト写真を公開!
Waive、赤坂BLITZ含む東名阪公演・新曲「Days.」リリースを発表&映像作品の完全受注販売も開始へ

【関連アーティスト】
Waive
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1