歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年09月16日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/09/25
2016/09/24
2016/09/23
2016/09/22
2016/09/21
2016/09/20
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
BUCK-TICK、29周年記念日にこれまでの歩みをMVで振り返るLINE LIVE特番を放送
Fri, 16 Sep 2016 22:00:00 +0900
BUCK-TICK (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKのこれまでの歩みをミュージックビデオで振り返るLINE LIVE特番が、9月21日(水)21時より放送されることが決定した。

【その他の画像】BUCK-TICK

9月21日はシングル「New World」のリリース日であり、彼らのデビュー29周年の日。このメモリアルな日に放送される特番では、初期の代表曲「JUST ONE MORE KISS」「惡の華」「スピード」からこの日リリースの新曲「New World」まで、デビューからの10年間と現在の2期にわたるビクター在籍時のミュージックビデオを一挙紹介する。20年ぶりにBUCK-TICKの復帰移籍を迎えるビクターエンタテインメントでは「Welcome BUCK-TICKキャンペーン」を実施。その一環としてビクター第1期作品の旧譜キャンペーンを行なっており、その対象商品に収録されているミュージックビデオも盛り込まれている。

さらに、BUCK-TICK公式Facebookページではアルバム『アトム 未来派 No.9』ダイジェスト試聴トレイラーが1,000シェアを達成したことをうけ、ダイジェスト試聴トレイラーの第二弾が公開となっているので、こちらも是非チェックしてほしい。

■LINE LIVE特番『初期作品も大放出!BUCK-TICKのMVイッキ見特番!』

日程:9月21日(水)21:00〜
視聴方法:
下記の視聴URLにアクセスしてください。視聴予約も可能です。
※ナビゲーターはビクター専属MCダニエル小林。アーティスト本人の出演はありません
https://live.line.me/r/channels/520/upcoming/39534

■アルバム『アトム 未来派 No.9』ダイジェスト試聴トレイラー第二弾
https://youtu.be/dE3_uOqYCTA

【関連リンク】
BUCK-TICK オフィシャルHP
BUCK-TICK、3度目の「CLIMAX TOGETHER」が大盛況のうちに終幕
BUCK-TICK、アルバム『アトム 未来派 No.9』ダイジェスト試聴トレイラー解禁
BUCK-TICK、アルバム『アトム 未来派 No.9』詳細がついに解禁

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Qaijff、1st EP「snow traveler」の詳細が明らかに!
Fri, 16 Sep 2016 21:00:00 +0900
Qaijff (okmusic UP\'s)

Qaijffが12月7日にリリースする1st EP「snow traveler」の詳細を発表した。

【その他の画像】Qaijff

バンド初の全国リリースシングルとなる今作は、三者三様の挑戦を提示した楽曲が収められ、新たな境地を切り開く必聴の1枚。バンドとして大きな成長を遂げた今年の締めくくりに相応しい作品となっている。

また、リリースを記念したワンマンライブが地元名古屋にて開催されることも決定している。こちらも併せてチェックしてほしい。

■EP「snow traveler」

2016年12月7日(水)発売
KIRS-1008/¥926+税
<収録曲>
1.snow traveler 
2.universe 
3.good morning

■Qaijff one-man live「for the future ××」

12月22日(木) 名古屋SPADE BOX
open 18:30 / start 19:00
<チケット>
adv ¥3,000(drink代別)

■【出演情報】

「イナズマロック フェス 2016」
9月17日(土) 滋賀県草津市 烏丸半島芝生広場

「Eggs presents TOKYO CALLING 2016」
9月19日(月・祝) 渋谷 Star Lounge 

「テレビ大阪 YATAIフェス!2016 Supported by THE PREMIUM MALT\'S」
9月22日(木・祝) 大阪城公園・太陽の広場

「熱苦しさ全開!! ベイビーレイズJAPAN デビュー四周年企画『EMOTIONAL IDOROCK FES.』 69 時間パーティー!パーティー!!ファイヤー!!!」
10月07日(金) 新宿 ReNY 

「FM802 MINAMI WHEEL 2016」
10月08日(土) 大阪 knave/club vijon/hills パン工場/AtlantiQs/KINGCOBRA/DROP/americamura FANJ twice/BIG CATSUN HALL/BRONZE/CLAPPER/Pangea/VARON/OSAKA RUIDO/OSAKA MUSE/CONPASS/FootRock&BEERS/FANJ/JANUS/soma
※QaijffはFUNJ twiceに19:00から出演致します。

「TOKYO BOOTLEG CIRCUIT\'16」
10月10日(月・祝) 渋谷 CHELSEA HOTEL/Star Lounge/WWW/CYCLONE/GARRET/354Club

「MUSIC PARK」
10月16日(日) 名古屋 ダイアモンドホール

「SHELTER 25th Anniversary〜ボトルあけようぜ!!〜」
10月18日(火) 下北沢 SHELTER 

「sunset BLUE 1st ANNIVERSARY」
10月25日(火) 名古屋 sunset BLUE

「DOGIMAZUN 2016〜Helloween Night Special!!〜」  
10月30日(日) 大阪・心斎橋 club joule/アメリカ村
DROP/FANJ twice/SUNHALL/Pangea 

「DEWEY5周年×カトキットpresentsスペシャルツーマンライブ『君の永遠を奪いたいvol.1』」
11月05日(土) 京都 LIVE HOUSE 木屋町 DEWEY

【関連リンク】
Qaijff オフィシャルHP
Qaijff、ツアーファイナルで次作リリースとワンマンライブ開催を発表
春から夏へ。この季節に聴きたい、爽快な気分になれるピアノロック
テスラは泣かない、恒例の自主企画イベント「High noble MATCH!」名古屋での初開催が決定

【関連アーティスト】
Qaijff
【ジャンル】
J-POP

サイダーガール、新曲「オーバードライブ」MVは女子校を舞台にした文化祭バンドストーリー
Fri, 16 Sep 2016 20:00:00 +0900
「オーバードライブ」MV (okmusic UP\'s)

サイダーガールが10月12日にリリースするミニアルバム『ジオラマインサイダー』収録「オーバードライブ」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】サイダーガール

10月と11月に2ヶ月連続でミニアルバムをリリースするサイダーガール。今回のミュージックビデオではおなじみのモデル・るうこが出演し、ある女子校を舞台にした文化祭バンドストーリーが炭酸系サウンドを彩る。

サイダーガールはこの2枚のミニアルバムリリースツアー『サイダーガールツアー2016 サイダーのゆくえ -DIORAMA-』を11月19日よりスタートさせる。

■「オーバードライブ」MV
https://www.youtube.com/watch?v=PTkCydC2VF4

■【リリース情報】

3rd ミニアルバム『ジオラマインサイダー』
2016年10月12日発売
PROE-1011/¥1,944(税込)
<収録曲>
1.オーバードライブ
2.夢が醒めたら泡になる
3.モラトリアムさん
4.ストロボ
5.橙の行方
6.恋のすべて

4th ミニアルバム『ジオラマアウトサイダー』
2016年11月9日発売
PROE-1012/¥1,944(税込)
<収録曲>
1.空にこぼれる
2.スワロウ
3.月に唄えば
4.ベッドルームアンドシープ
5.アジサイ
6.ラスト

■『サイダーガールツアー2016 サイダーのゆくえ -DIORAMA-』

11月19日(土) 名古屋 新栄 APOLLOBASE
11月20日(日) 大阪 梅田 Shangri-La
11月26日(日) 東京 代官山 UNIT (ワンマン)

【関連リンク】
サイダーガール オフィシャルHP
サイダーガール、2ヶ月連続リリースのミニアルバム詳細とティザーを公開
サイダーガール、10月より2ヶ月連続でミニアルバムをリリース
じん等が立ち上げた「EDWORD RECORDS」キックオフイベントが大盛況!

【関連アーティスト】
サイダーガール
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ACE OF SPADES×PKCZR feat.登坂広臣、王道ロックとダンスミュージックを融合した「TIME FLIES」MV解禁
Fri, 16 Sep 2016 19:00:00 +0900
ACE OF SPADES×PKCZR feat.登坂広臣 (okmusic UP\'s)

劇場版『HiGH&LOW THE MOVIE』の第2弾『HiGH & LOW THE RED RAIN』の主題歌であるACE OF SPADES×PKCZR feat.登坂広臣の楽曲「TIME FLIES」のMVが解禁となった。

【その他の画像】EXILE

映画のカットも大胆に加えたMVは王道ロックサウンドとダンスミュージックを絶妙に融合したスタイリッシュなニューサウンドと映画『HiGH & LOW THE RED RAIN』の世界観や雨宮兄弟の「絆」や「心情」をセットに再現し、まるで映画を見ているような感覚に陥ってしまう仕上がりだ。

さらに今作のアー写、ジャケ写も同時に解禁。EXILE TAKAHITOと登坂広臣の二人のビジュアルを全面に使用したインパクト大の作品にも要注目である。

快進撃を続けるこの「HiGH & LOW」プロジェクト。『HiGH&LOW THE RED RAIN』は10月8日全国ロードショー、更に「TIME FLIES」は10月12日発売と、まだまだ次々と旋風を巻き起こしていく。

■『HiGH&LOW THE RED RAIN』オフィシャルHP
http://high-low.jp/redrain/

■【メンバーよりコメント】

■TAKAHIRO
今回のMVは、PKCZRサイドとAOSサイドというふたつの世界観を楽しんでいただけるような作品に仕上がりました。また、映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』の世界観ともあえてリンクさせている部分もあり、またひとつ斬新な作品を完成させることができたと自負しております。映画『HiGH&LOW THE RED RAIN』とともに、この『TIME FLIES』も相乗効果で盛り上げていけたらと思います。

■登坂広臣
この主題歌の制作にあたり、“雨宮広斗"として演じている側面と、アーティスト・登坂広臣としての側面を発信することで、二面性を楽しんでいただけるような新しい方法に挑戦しています。これも『HiGH&LOW』プロジェクトならではの醍醐味だと感じています。MVも、映画とリンクするセット、『HiGH&LOW THE RED RAIN』のイメージを取り入れた部分もあり、さらにAOSとPKCZR両方の個性を活かした画作りになっていますので、音楽とともにMVも楽しんでいただけたらと思います。

■「TIME FLIES」MV
https://www.youtube.com/watch?v=A9L_qaDl3Sw

■シングル「TIME FLIES」

2016年10月12日発売
【CD+DVD】
RZCD-86196/B/¥1,800+税 
【CD】
RZCD-86197/¥1,000+税 
<収録内容>
■CD
1.TIME FLIES / ACE OF SPADES×PKCZR feat.登坂広臣
2.THE RED RAIN / EXILE TAKAHIRO×登坂広臣
3.TIME FLIES / ACE OF SPADES×PKCZR feat.登坂広臣 (Instrumental)
4.THE RED RAIN / EXILE TAKAHIRO×登坂広臣 (Instrumental)
■DVD
TIME FLIES / ACE OF SPADES×PKCZR feat.登坂広臣 (Music Video)

【関連リンク】
「HiGH&LOW」オフィシャルHP
EXILE、ベスト盤収録MV53本の究極ダイジェスト映像をYouTubeにて公開!
EXILE AKIRA加入のEXILE THE SECOND、「WILD WILD WILD」MV公開
EXILE、デビュー15周年となる9月27日に究極のベスト盤『EXTREME BEST』をリリース

【関連アーティスト】
EXILE, 三代目J Soul Brothers, ACE OF SPADES, 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

KANA-BOONがピーター・パンになって宙を舞う!? 新曲「Wake up」MV解禁!
Fri, 16 Sep 2016 18:00:00 +0900
KANA-BOON (okmusic UP\'s)

KANA-BOONが10月5日にリリースするシングル「Wake up」のMVを公開した。

【その他の画像】KANA-BOON

「Wake up」は10月5日にリリースするシングルの表題曲で、映画『グッドモーニングショー』の主題歌として書き下ろされた1曲で、MVは山岸聖太が監督を担当。谷口鮪(Vo, G)演じる主人公が、うだつのあがらない生活の中で突如覚醒するストーリーとなっており、覚醒した主人公がピーター・パンの姿で宙を舞う衝撃的な展開は必見。メンバーの迫真の演技にも注目しよう!

■「Wake up」MV
https://youtu.be/Iu_pQaLRT-Q

■シングル「Wake up」

2016年10月5日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD) 
KSCL-2771〜2772/¥1,500+税
【通常盤】(CD)
KSCL-2773/¥1,165+税
<収録曲>
■CD
1. Wake up 2. LOSER 3. Weekend
■DVD ※初回生産限定盤のみ
KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016 香港・台湾編

【関連リンク】
KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOON、シングル「Wake up」特典DVDトレーラー&MVティザー映像を公開
KANA-BOON、初となるリクエストライブを東名阪にて開催決定
KANA-BOON、大阪・堺市の「堺親善アーティスト」第1号に就任決定

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

酔いどれ詩人と呼ばれた奇才トム・ウェイツのデビューアルバム『クロージング・タイム』は70年代ロックを代表する傑作
Fri, 16 Sep 2016 18:00:00 +0900
Tom Waits『Closing Time』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

1960年代のアメリカは、ベトナム戦争への反対や人種差別に対する抗議運動など、集団での行動が目立った時代であった。70年代に入ると理想と現実のギャップなどもあって、個の行動へと移り変わっていく。ジャニス・ジョプリン(70年没)、ジミ・ヘンドリックス(70年没)ジム・モリソン(71年没)など、ロックのスーパースターたちが相次いで亡くなることもあって、ポピュラー音楽の世界もまた、歌われる内容が集団(We:ウィ)から個(I:アイ)へと変わっていく。要するに、私的な内容を歌うシンガーソングライターたちに注目が集まることになったわけだが、73年にデビューしたトム・ウェイツは、シンガーソングライターではあるが、当時の西海岸産のサウンドと比べるとかなり毛色の違うミュージシャンであった。今回は、彼のデビュー作でロック史上に残る大傑作『クロージング・タイム』を紹介する。

■シンガーソングライターの時代

70年代のアメリカ(それも前半まで)において、ロックの主流はシンガーソングライターたちであったように僕は思う。ジェームス・テイラー、キャロル・キング、ジョニ・ミッチェル、ニール・ヤングのような大物から、ボビー・チャールズ、タウンズ・ヴァン・ザント、ネッド・ドヒニー、ドニー・フリッツなど、商業的には成功はしなかったけれど、リスナーの心に深く残るアルバムをリリースした人たちもいる。彼らの多くは60年代後半から内省的で私的な内容の自作曲を歌い、70年代に入ってから認められるようになった。“集団から個へ”という時代が、おそらく彼らの音楽性に追いついたのだろう。この時代を象徴する歌といえばキャロル・キングの「君の友だち(原題:You’ve Got A Friend)」やジェームス・テイラーの「ファイア・アンド・レイン」が挙げられるが、この時代のシンガーソングライター・ファンには、売れた曲や売れなかった曲を問わず、それぞれ思い入れの深い曲があって、それもまたこの時代の“個”を象徴するエピソードだと思う。

■アメリカ西海岸に多いシンガーソングライター

ロック系シンガーソングライターの元祖と言えば、もちろん60年代に登場したボブ・ディランだ。だが、東部ニューヨークのグリニッジ・ビレッジ(1)で活動していたのはディランだけでなく、エリック・アンダーソン、フレッド・ニール、デイブ・ヴァン・ロンク、ティム・ハーディンらも忘れられない存在であった。その後、60年代後半になると、西海岸のヒッピー文化やフラワームーブメントなどに惹かれ、東部で活動するミュージシャンの多くがカリフォルニアへ移住することになる。東部人の西部に対する憧れについて歌ったのがママス・アンド・パパスの大ヒット曲「夢のカリフォルニア(原題:California Dreamin’)」(‘65)である。ちなみに、ジェイムス・テイラーやキャロル・キングも、東部から西海岸への移住組だ。

■多数の優れたシンガーソングライターを擁したアサイラム

70年代初頭、移住組も含めると多くのシンガーソングライターがロサンジェルスに集結するようになり、ミュージシャンたちの受け皿として設立されたのが新興のアサイラム・レコード(2)である。アサイラムについてはジャクソン・ブラウン『レイト・フォー・ザ・スカイ』の項でも触れているので、そちらも参考にしていただきたい。

アサイラムの所属ミュージシャンで日本でも有名なのは、イーグルス、ジャクソン・ブラウン、リンダ・ロンスタット、ジョニ・ミッチェルあたりだろうが、優れたシンガー・ソングライターのアルバムがアサイラムには集中している。日本でもアサイラムからリリースされるというだけで、出るアルバムを全て買う人が少なくなかったし、かく言う僕もそのひとりである。その中に、今回紹介するトム・ウェイツもいたのである。

■トム・ウェイツの登場

当時、高1だった僕は、まだトム・ウェイツのことは何にも知らなかった。本作『クロージング・タイム』が日本でリリースされたのは73年で、日本発売時にはノーチェックだった。最初に知ったのはイーグルスの3rd『オン・ザ・ボーダー』に、彼のカバー曲「オール55」が収録されていたからなのだが、これが名曲(名演というべきか)で、こればかり繰り返し聴いていた時期があるぐらいお気に入りであった。イーグルス・ファンの中にはこの曲を最高に挙げる人もいるぐらいなので、やっぱり出来の良い曲であることは間違いないだろう。リリースから1年ほど経過した頃、僕もようやく『クロージング・タイム』をゲットしたのである。場末のバー的な雰囲気を感じさせるジャケット写真は名カメラマンのエド・キャレエフによるもので、他の西海岸産シンガーソングライターの明るいイメージのジャケットとはまったく違う、暗くて退廃的なテイストを醸し出していた。

■本作『クロージング・タイム』について

アルバムは、イーグルスのカバーで知った「オール55」から始まる。イーグルスのカントリーロック的なアプローチとは違い、ピアノと生ギターが中心で、ベースやドラムは歌をサポートするだけに徹する静かな演奏。音数は少ないがツボを押さえたトム・ウェイツ自身のピアノと、驚くほどの嗄れた声に思わず引き込まれ、あっと言う間にアルバムを聴き終えていた。

通常、太陽・自然・海岸をイメージさせることの多い健康的なウエストコーストロックとは正反対で、彼の音楽は都会の夜・バー・酒とタバコの煙など、不健康なイメージであった。ただ、不思議なことに何回聴いても飽きないのだ。それどころか、聴くたびに新しい発見があり引き込まれていく。でも、飽きない秘密がどこにあるのかは分からない。ただ言えることは、演奏にしても歌にしても、彼の心情が正直に出ているような気がする。作り物(作り物なのだけれど)ではないリアルな哀愁感や風情を感じるのだ…というのが当時の僕の心情である。あれから40年以上が経つが、その思いは今でも変わらず、聴くと未だに新しい発見があるのだから嬉しいことである。

本作を構成するジャズっぽいナンバーやフォーク風のナンバーも、「オール55」と同じように彼の人間性が率直に感じられる。それは、ちょうど気のおけない友人とじっくり喋り合った後のような感触だ。これこそがシンガーソングライター的な音楽の醍醐味なのであり、この感覚にはまるとなかなか抜けられない。

アルバム収録曲は全部で12曲。どの曲も静謐感が漂い、バックの演奏は必要最小限に抑えられている。リスナー側に聴く気がなければ素通りしてしまうような音楽で、ある意味では聴く者を選ぶ作品であるかもしれないが、全ての曲が最高の出来栄えで、これが新人(アルバム制作時は24歳!)の作るアルバムかと思うほどの完成度である。シンガーソングライターの作るアルバムは星の数ほどあるが、本作は間違いなくその最上位にランクされる作品であり、メガヒットしたわけではないが、多くの人の心に残る名作中の名作であろう。

■本作以降の歩み

トム・ウェイツがアサイラムに残したアルバムは7枚で、どれも優れた作品だが、やはり最初の2枚(『クロージング・タイム』『土曜日の夜』)が抜きん出ている。80年代にはニューヨークに移り、前衛ジャズの要素を取り入れた実験的な作品をリリース、特にラウンジ・リザーズの面々とタッグを組んだ『レインドッグ』(‘85)や『ミュール・バリエーション』(’99)などは彼の新しい側面が見える素晴らしいアルバムだ。現在も精力的に活動しており、2011年にはロックの殿堂入りを果たすなど、ミュージシャンズ・ミュージシャンとして世界中のアーティストからリスペクトされている。

また、彼は映画俳優としても活躍しており、フランシス・フォード・コッポラやジム・ジャームッシュ監督(3)のお気に入りの存在でもある。

(1) グリニッジ・ビレッジ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%8B%E3%83%83%E3%82%B8%E3%83%BB%E3%83%B4%E3%82%A3%E3%83%AC%E3%83%83%E3%82%B8

(2) アサイラム・レコード
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%82%B5%E3%82%A4%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

(3) ジム・ジャームッシュ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A0%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%A5

【関連アーティスト】
Tom Waits
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、映画「四月は君の嘘」の主題歌をカバー
Fri, 16 Sep 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

さて今日の一曲は映画「四月は君の嘘」の主題歌となっています
いきものがかりの「ラストシーン」
私は、いきものがかりはポップスの歌い手だと思っている。
これだけJ-POPを貫いてやり続けているって凄い事だなぁと。
それだけ沢山勉強して曲をつくっているんだろうし、歌声もそこに向いていて合っている。
今回もそんな曲。
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=dCDDAMJNoCg&feature=youtu.be

いきものがかり。
ふと懐かしいなぁと思った。
いつから、飼育委員、という呼び方に変わったんだろうか?
あまり記憶にないのは多分一度もやった事ないからかもしれない。
というのも、私はいつもクラス委員、学級委員というものをやっていたから。
あれです、クラスをまとめたがる系女子。笑
こういうのって女子が好きだなっていつも思います。笑
それに、元々小さい時から動物が好きだったから、いきものがかりをやらなくともしょっちゅう動物とふれあいに、飼育小屋とか行っていた記憶があるんです。笑
だからこそ、音楽の道を目指すまでは、ずっと動物に関わる仕事をしたいって思っていたんだろうなぁ。

振り返るとずっとそうでした。
動物園の飼育委員さんから始まり、イルカの調教師、その後は盲導犬の訓練士、そして高校生になったら獣医さんでした。
なりたい夢がこんなに生き物関連でまとまるってなかなかないかもしれないですね。笑
動物好きは完全に父親から影響を受けているんだと思う。
父も動物が好きな人で、静岡に住んでいた時は犬、インコ、うさぎ、金魚、と我が家には必ず生き物がいた。
外に出て少し歩けば、牛小屋馬小屋なんて普通にそこかしこにあった様な気もする。
そしてよく牧場に連れて行ってもらっていた。それが一番大きいのかもしれない。
動物と触れ合う人間って必ず優しい顔をしている。
その顔がきっと一番好きだったんだろう。
父とつくった思い出がここまで動物好きにさせたのかもしれない。

人生なんてどこでどう変わるか分からない。
現に今私は音楽を、歌う道を歩んでいる。
でもそのきっかけも、音楽を聴いて元気になったりして、人がそんな楽しい時間を過ごして優しく笑顔になっている瞬間を見ているのが好きだったからなのだろう。
私自身も音楽に救われて来たからこそ、音楽には人の心の奥底をあったかく優しくする事が出来る。そう信じているからこそ、今度は自分自身でそれをしたかったんだろうなぁ。
まだ漠然としか無いけれど、いつか音楽と生き物とで何か交わる事が出来ればいいなとも思います。
それもきっと面白い。
そんな事を思うのでありました。

【関連アーティスト】
いきものがかり, 稚菜
【ジャンル】


SuG、ダークな質感の新アー写公開&新曲がパスラボ山形ワイヴァンズのオフィシャル曲に!
Fri, 16 Sep 2016 17:00:00 +0900
SuG (okmusic UP\'s)

11月2日に2ndミニアルバム『SHUDDUP』をリリースするSuGが新アーティスト写真を公開した。

【その他の画像】SuG

「SHUDDUP(=Shut Up=黙れ)」という今作のコンセプトに伴い、新アーティスト写真も、暗いトンネルの中で撮影された冷たくダークな質感のものとなっている。

またこの秋に初年度を迎える日本の男子プロバスケットボールリーグ「B.LEAGUE」が開幕を控える中、パスラボ山形ワイヴァンズのオフィシャルソングとして、SuGが新曲「FLY WYVERNS」を書き下ろしたことが明らかになった。きっかけは武瑠(Vo)が監督した短編映画『WE CRY OUT HALLYEAH』が2015年山形国際映画祭にてアーティストシネマ賞を受賞したこと。その活動の幅広さに注目が集まり、今回のパスラボ山形ワイヴァンズとのコラボのオファーに繋がった。

SuGは14日に行なわれたパスラボ山形ワイヴァンズのTip-off Party2016にも出席。リーダーのmasato(Gu)は「勝利をもたらせるように楽曲を制作しました、会場で一つになって勝利を掴んで行きましょう!」と挨拶し、ワイヴァンズの選手と交流を図った。なお「FLY WYVERNS」は、2ndミニアルバム『SHUDDUP』に収録される。

■パスラボ山形ワイヴァンズ 公式サイト
https://www.wyverns.jp

■ミニアルバム『SHUDDUP』

2016年11月2日発売
【LIMITED EDITION】(CD+DVD)
PCCA-04440/¥2,778+税
<特典DVD収録内容>
「KILL KILL」Music Videoほか未公開特典映像
【STANDARD EDITION】(CDのみ)
PCCA-04441/¥1,852+税
※初回封入特典:「SuG VersuS 2016 EXTRA」バックステージ招待応募券

【関連リンク】
SuG オフィシャルHP
SuG、11月より『VersuS』全国ツアー開催で極悪vs極彩が蘇る
SuG、2ndミニアルバム『SHUDDUP』を11月にリリース
夏の魔物、SuGと2マン&フェス出場権をかけるイベント開催

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

バンもん!派生ユニット・コットンラビッツが「ヒーローズ」のキュートなMVを公開
Fri, 16 Sep 2016 16:00:00 +0900
「コットンラビッツ」MV (okmusic UP\'s)

8月24日に(水)にシングル「夏のOh!バイブス」をリリースしたバンドじゃないもん!が、鈴姫みさこ・甘夏ゆずによるユニット“コットンラビッツ”の楽曲「ヒーローズ」のMVを解禁した。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

「ヒーローズ」は甘夏ゆずが作曲し、鈴姫みさこが作詞を担当したユニット企画唯一の自作曲で、2人の意欲が詰まったロックナンバー。MVはバイクに乗ってさまざまな場所へ旅する2人がキュートに描かれている。

また、同時に10月26日に発売するLive Blu-ray『バンドじゃないもん!全国ツアー2016〜てっぺん目指そうぜ武者修行編〜』の第一弾SPOTが公開。Blu-rayは1000セット限定の豪華盤の予約も受け付けているが、残り僅かとのこと。完全先着での販売になるため、ご購入はお早めに!

■Blu-ray『バンドじゃないもん!全国ツアー2016〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編!〜』購入ページ
http://ps.ponycanyon.co.jp/banmon/live-bd/

■「ヒーローズ」MV/コットンラビッツ(fromバンドじゃないもん!)
https://youtu.be/SWsGd_AHS0g

■Blu-ray『バンドじゃないもん!全国ツアー2016〜てっぺん目指そうぜ武者修行編〜』SPOT
https://youtu.be/5h7BkKeNVM4

■Blu-ray 『バンドじゃないもん!全国ツアー2016〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編!〜』

2016年10月26日(水)発売
【完全数量限定シリアルナンバー入り豪華プレミアムボックス(1000セット限定)】(2Blu-ray+1CD+グッズ)
BRXP-00009/¥13,000+税
※ポニーキャニオンShop限定商品
※DISC PLUS封入
※豪華50Pスペシャルフォトブック付き
※もんスター!認定ステッカー付き
※「パラダイス大浴場」館内法被(8/24〜9/16正午期間内ご予約でメンバーカラーが選べます)
※直筆サイン入り(8/24〜9/16正午までの先行予約特典)
<収録曲>
■Disc1
「バンドじゃないもん!全国ツアー2016 〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編〜 in TOYOSU PIT 2016.07.31」LIVE Blu-ray
01. キメマスター!
02. 雪降る夜にキスして
03. RAVE RAVE RAVE
04. パヒパヒ
05. タカトコタン -Forever-
06. ツナガル!カナデル!MUSIC
07. ヒーローズ ex.コットンラヴィッツ(鈴姫みさこ・甘夏ゆずユニット)
08. アイスクリームになりたいの? ex.Chou Chou Cream(恋汐りんご・望月みゆユニット)
09. シンデレラブルース ex.ブルーツインズ(七星ぐみ・天照大桃子ユニット)
10. プリズム☆リズム
11. 歌うMUSIC 
12. ショコラ・ラブ
13. 気持ちだけ参加します。
14. White Youth
15. ヒラヒラ
16. NaMiDa
17. 夏のOh!バイブス
18.君の笑顔で世界がやばい
19. HAPPY TOUR
■Disc2
「バンドじゃないもん!全国ツアー2016 〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編〜 in 赤坂BLITZ 2016.05.18」LIVE Blu-ray
01. キメマスター!
02. 雪降る夜にキスして
03. RAVE RAVE RAVE
04. パヒパヒ
05. タカトコタン -Forever-
06. ショコラ・ラブ
07. ツナガル!カナデル!MUSIC
08. ひ・ま・わ・り (甘夏ゆずソロ)
09. baby my love (天照大桃子ソロ)
10. 手渡しの距離 (望月みゆソロ)
11. 水色のブルー (七星ぐみソロ)
12. りんごいろの約束 (恋汐りんごソロ)
13. スピードリオン (鈴姫みさこソロ) ※ALL Member
14. White Youth
15. ヒラヒラ
16. NaMiDa
17. 君の笑顔で世界がやばい
18. 気持ちだけ参加します。
19. HAPPY TOUR
20. キメマスター!
■Disc3
「バンドじゃないもん!全国ツアー2016 〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編〜 in TOYOSU PIT 2016.07.31」LIVE CD

【通常盤】
PCXP50445/¥3,000+税
※DISC PLUS
※もんスター認定ステッカー付き
<収録曲>
01. キメマスター!
02. 雪降る夜にキスして
03. RAVE RAVE RAVE
04. パヒパヒ
05. タカトコタン -Forever-
06. ツナガル!カナデル!MUSIC
07. ヒーローズ ex.コットンラヴィッツ(鈴姫みさこ・甘夏ゆずユニット)
08. アイスクリームになりたいの? ex.Chou Chou Cream(恋汐りんご・望月みゆユニット)
09. シンデレラブルース ex.ブルーツインズ(七星ぐみ・天照大桃子ユニット)
10. プリズム☆リズム
11. 歌うMUSIC 
12. ショコラ・ラブ
13. 気持ちだけ参加します。
14. White Youth
15. ヒラヒラ
16. NaMiDa
17. 夏のOh!バイブス
18.君の笑顔で世界がやばい
19. HAPPY TOUR

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
バンドじゃないもん!、豊洲PIT公演LIVE Blu-rayのジャケット写真等を公開
バンドじゃないもん!、派生ユニット3作連続企画第2弾のChou Chou CreamのMV解禁
バンもん!派生ユニット、ブルーツインズによる「シンデレラブルース」MV公開

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

L\'Arc-en-Cielが人気ゲーム「バイオハザード」とのコラボ企画でゾンビに!?
Fri, 16 Sep 2016 15:00:00 +0900
『Don\'t be Afraid ?Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-』 (okmusic UP\'s)

今年20周年を迎えるゲーム「バイオハザード」シリーズと、バンド結成25周年を迎えるL\'Arc-en-Cielのコラボレーションプロジェクト企画『Don\'t be Afraid ?Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-』のティザー映像が公開された。

【その他の画像】L’Arc~en~Ciel

『バイオハザード7』でも使用されているカプコンの最新技術RE ENGINEを駆使し、L\'Arc-en-Cielのメンバーを3DCG化、 L\'Arc-en-Cielの書き下ろし新曲「Don\'t be Afraid」のフルデジタイズ360°ミュージックビデオが制作されるというこの企画。メンバーがデジタルキャラクターとなり、ゾンビが徘徊するラクーンシティを舞台に生き残りをかけて戦っていく、これまでにないまったく新しい音楽映像。その壮大なプロジェクトのティザー映像は歴代のバイオハザード各シーンからメンバーのCGメイキング映像など貴重な場面が見られるので、是非チェックしてみよう。

■『Don\'t be Afraid ?Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-』先行体験 詳細ページ
http://www.capcom.co.jp/tgs/ttl_museum.html

■『Don\'t be Afraid ?Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-』ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=wm2FTidIuas

■『Don\'t be Afraid ?Biohazard(R) × L\'Arc-en-Ciel on PlayStation(R)VR-』

2016年11月中旬より製品版配信
※PlayStation(R)Storeにて配信
価格:未定

【関連リンク】
L\'Arc-en-Ciel オフィシャルHP
『PARTY ZOO』初日の名古屋公演でイベント公式ソングを初披露
L\'Arc-en-Ciel、新曲「Don\'t be Afraid」で『バイオハザード』最新作とコラボ
『PARTY ZOO OFFICIAL BOOK』の表紙とトレイラー映像が解禁に!

【関連アーティスト】
L’Arc~en~Ciel
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ゲーム

サカナクションが1年ぶりとなるシングル「多分、風。」を10月19日にリリース
Fri, 16 Sep 2016 14:30:00 +0900
サカナクション (okmusic UP\'s)

サカナクションの12枚目となるシングルが10月19日にリリースとなる事が、山口一郎がパーソナリティを務めるTOKYO FM/JFN3 7局ネット「SCHOOL OF LOCK!」内「サカナLOCKS!」の放送中に明らかとなった。

【その他の画像】サカナクション

映画『バクマン。』主題歌となる「新宝島」以来、約1年ぶりとなる今回のシングルのタイトルは「多分、風。」。資生堂の日やけ止めブランド「アネッサ」TVCMソングで、完成に1年以上をかけた楽曲だ。

番組内で山口は「やっと完成させることができました。1年以上、この楽曲のアレンジや歌詞を考え続けてきました。本当、この曲のためのバンドなんじゃないか、と思いました。(笑)」とこだわりぬいたが故の手応えを感じるコメントをリスナーに届けた。

カップリングには山口自身も出演している「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」TVCMソングの「moon」を収録。au×HAKUTO MOON CHALLENGEのオフィシャルサイトでは楽曲「moon」に込めた思いやレコーディング時のエピソードも掲載されているので、合わせて確認してほしい。

いよいよ待望の新曲を携え始動するサカナクション。今後の彼らの続報にも期待しよう。

■「au×HAKUTO MOON CHALLENGE」 オフィシャルサイト  https://au-hakuto.jp/

■シングル「多分、風。」

2016年10月19日発売
【完全生産限定盤】(CD+Blu-ray)
VIZL-1036/¥2,280+税
※豪華特殊パッケージLPサイズジャケット仕様
【完全生産限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1037/¥1,980+税
※豪華特殊パッケージLPサイズジャケット仕様
【通常盤】(CD)
VICL-37211/¥1,200+税
<収録内容>
■CD
1. 多分、風。
※資生堂「アネッサ」TVCMソング
2. moon 
※au×HAKUTO MOON CHALLENGE  TVCMソング
3. ルーキー(Hiroshi Fujiwara Remix)
■Blu-ray、DVD
・Fukurou Session featuring ぼくのりりっくのぼうよみ  Broadcasted on LINE LIVE on 2016.06.21
・Kikidroom Session featuring LUKA  Broadcasted on LINE LIVE on 2016.06.21
・BARサカナクション_

【関連リンク】
サカナクション オフィシャルHP
サカナクション、ニューシングルリリースの延期を発表
サカナクション、ニューシングルの映像特典は100分を超える豪華な仕上がりに
サカナクション、アネッサ CMソングをリリース&ジャケも公開

【関連アーティスト】
サカナクション
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

04 Limited SazabysのHIROKAZ誕生日イベントで「VILLAGE YONGUARD」が真っ赤に染まる!?
Fri, 16 Sep 2016 14:00:00 +0900
VILLAGE YONGUARD (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabysが9月14日に発売された2ndフルアルバム『eureka』のリリースと、04 Limited Sazabys×ヴィレッジヴァンガード期間限定ショップ『VILLAGE YONGUARD』のオープンを記念し、地元・名古屋で2つのリリース記念スペシャルイベントを開催することを発表した。

【その他の画像】04 Limited Sazabys

9月16日(金)には、近鉄パッセ屋上にてメンバー全員による『eureka』スペシャルトークイベントを開催。CDとグッズ両方をそれぞれ対象店舗にて購入し、整理番号と引き換えるとイベントに先着で参加できる。

さらに9月19日(月・祝)ギターのHIROKAZの誕生日当日に、VILLAGE YONGUARD名古屋にてHIROKAZ本人の来店イベントが決定した。こちらはVILLAGE YONGUARD名古屋にて当日販売されるHIROKAZ誕生日限定デザインのTシャツを購入すると先着で本人による「Tシャツお渡し&サイン会」に参加できる。TシャツはHIROKAZのトレードマークである赤髪に合わせて?真っ赤なTシャツ"となっており、店頭が真っ赤に染まること間違いなしだ。

■イベント詳細、参加方法
http://www.04limitedsazabys.com/news/0/31346/

■【アルバム『eureka』リリース &『VILLAGE YONGUARD』オープン記念トークイベント】

9月16日(金) 近鉄パッセ屋上
時間:19:00〜20:00(開場18:00)
<イベント内容>
「整理番号券」をお持ちの方を対象に、トークイベントを開催
■参加方法
04 Limited Sazabys×ヴィレッジヴァンガード期間限定ショップ「VILLAGE YONGUARD」名古屋の商品+対象のCDショップ(ヴィレッジヴァンガード名古屋中央店/ タワーレコード名古屋パルコ店/タワーレコード近鉄パッセ店/HMV栄)にて2ndフルアルバム『eureka』の両方ご購入いただいた方に、先着で「整理番号抽選券」をお渡しいたします。
■整理番号券引き換え期間
9月14日(水)10:00〜9月16日(金)18:00(期間内にVILLAGE YONGUARD名古屋にて「整理番号抽選券」を「整理番号券」へ引き換えが必要となります)

■【HIROKAZ(04 Limited Sazabys)誕生日当日限定イベント】

9月19日(月・祝) VILLAGE YONGUARD 名古屋
時間:13:00〜14:30 
<イベント内容>
「参加券」をお持ちの方を対象に、上記時間内にてHIROKAZ本人による「Tシャツお渡し&サイン会」を開催
■参加方法
9月19日(月・祝)のHIROKAZ誕生日に発売する『HIROKAZバースデーオリジナルTシャツ』をお買い上げの方に、「参加券」をお渡しいたします。
※Tシャツの販売は9/19(月・祝)の開店時間10:00より販売致します。Tシャツがなくなり次第、参加券も配布終了となります。

【関連リンク】
04Limited Sazabys オフィシャルHP
フォーリミのカフェがオープン!? メンバー監修による限定フードやドリンクを楽しもう!
フォーリミ「Horizon」のMVは美しく光る日の出をバックに力強く!
04 Limited Sazabys、限定デザインのTカードが10月より発行決定

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

lynch.、フリーライブ最終日の模様をニコ生にて初生中継決定
Fri, 16 Sep 2016 13:00:00 +0900
9月15日(木)@Zepp Nagoya (okmusic UP\'s)

lynch.が9月15日(木)にZepp Nagoyaでフリーライブ『MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY「THE RECKLESS MANEUVER」-完全無料東名阪-』を行ない、フリーライブ最終日となる9月20日(火)の豊洲PITでの模様をニコニコ生放送にて生中継することが決定した。

【その他の画像】lynch.

lynch.のライブが生中継されるのは今回が初となる。9月15日(木)から始まった東名阪フリーライブ2日目は、lynch.の地元・名古屋。会場にはライブTシャツや学生服など様々な格好の人たちが集まり、名古屋でのlynch.のライブでは最大動員数の1,900人を記録した。まずは一曲目に「GALLOWS」を歌い上げ、葉月(Vo.)が「名古屋、参ります!」と叫ぶと、続いて「GREED」「NIGHT」「F.A.K.E.」と一気に4曲を畳み掛ける。

本編終了後は、止まない声援に応えてアンコールで4曲を披露。「バンドやっててよかった!」「幸せだなぁ」など、つい本音がこぼれる葉月に続いて明徳(Ba.)も「みんな、lynch.に対して色んなパブリックイメージがあると思う。黒くてイカついのも、激しくてカッコ良いのも、このMCも…全部lynch.です!」と語った。

また2017年に『TOUR\'17「THE NITES OF AVANTGARDE #2」"A BLOODY REVENGE"』と称したワンマンライブを東名阪で開催することも発表され、ますますこれからの動向にも注目が集まる。

Photo by 土屋良太

■lynch.『MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY「THE RECKLESS MANEUVER」-完全無料東名阪-』ライブ中継
※放送日:9月20日(火)19:00(18:50〜開場)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv275689407

■【セットリスト】

1. GALLOWS
2. GREED
3. NIGHT
4. F.A.K.E.
5. JUDGEMENT
6. THE FATAL HOUR HAS COME
7. UNTIL I DIE
8. lizard
9. LIE
10. UNELMA
11. BE STRONG
12. D.A.R.K.
13. INVINCIBLE
14. VANISH
15. INVADER
16. MIRRORS
17. pulse_
18. A GLEAM IN EYE
En-1. 59.
En-2. ALL THIS I\'LL GIVE YOU
En-3.I BELIEVE IN ME
En-4.TIAMAT

■『MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY「THE RECKLESS MANEUVER」-完全無料東名阪-』

9月20日(火) 豊洲PIT
優先入場 18:00 / 一般入場 18:30 / 開演 19:00

■『TOUR\'17「THE NITES OF AVANTGARDE #2」"A BLOODY REVENGE"』

2月11日(土) Zepp Nagoya
3月12日(日) Zepp Tokyo
3月26日(日) なんばHatch

【関連リンク】
lynch. オフィシャルHP
lynch.、アルバム発売日に無料ライブ開催&翌年、東名阪ワンマン決定!
lynch.、応募者対象SPイベント開催&新宿ユニカビジョンにてCM放映決定
lynch.、アルバム『AVANTGARDE』全曲試聴スタート

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

杏窪彌、Remix企画第4弾はWiennersの玉屋2060%
Fri, 16 Sep 2016 12:00:00 +0900
ようなぴが描いた杏窪彌(アンアミン)イラスト (okmusic UP\'s)

2ndミニアルバム『ジャイアントパンダにのってみたい』が発売中のエキゾチックポップバンドの杏窪彌(アンアミン)が、『ジャイアントパンダにのってみたい』Remix企画の第4弾のリミキサーがWiennersの玉屋2060%であることを発表した。

【その他の画像】Wienners

同企画は杏窪彌(アンアミン)の代表曲『ジャイアントパンダにのってみたい』を様々なアーティストがRemixしていくもので、第1弾はLUCKY TAPESのKai Takahashiが、第2弾はCICADAの及川創介が、第3弾となる今回はゆるめるモ!のメンバーで、DJ活動やバンド活動なども行うようなぴがDJ younaP!として手掛けている。

玉屋はWiennersの活動の他、でんぱ組.incやベイビーレイズJAPANへの楽曲提供や編曲も手がけており、どのようなRemixに仕上がるのかいまから楽しみだ。

また、第3弾のDJ younaP!によるRemix音源が、ようなぴが描いた杏窪彌(アンアミン)イラストとともに公開された。

■「ジャイアントパンダにのってみたい(DJ younaP! Remix)」
https://youtu.be/Vc6sxbKsWiA

■「ジャイアントパンダにのってみたい(Sosuke Oikawa Remix)」
https://youtu.be/QlZFn7cF5YU

■「ジャイアントパンダにのってみたい(Kai Takahashi Remix)」
https://youtu.be/1U8avxyacV8

■『ジャイアントパンダにのってみたい』MV
https://youtu.be/kjINTc4ImCQ

■ミニアルバム『ジャイアントパンダにのってみたい』

発売中
OHC-1002/?1,500+税
<収録曲>
1. シャイアントパンダにのってみたい
2. チャイナタウン抗争、恋愛沙汰
3. キョンシーかやってくる!
4. 夏天(しゃーてん)
5. 老?(らうはー)

■【ライブ情報】

「sugar spot」
9月29日(木) 東京 渋谷La.mama

「FM802 MINAMI WHEEL 2016」
10月09日(日)
※杏窪彌(アンアミン)の出演会場・タイムテーブルは後日発表されます。

【関連リンク】
杏窪彌オフィシャルHP
杏窪彌、及川創介(CICADA)による「ジャイアントパンダにのってみたい」Remix音源を公開
杏窪彌がリミックス企画をスタート! 第1弾はLUCKY TAPESのKai Takahashi
杏窪彌の台湾人ヴォーカル・MINが『HOT WAVE熱波』にてレギュラーコーナーを担当

【関連アーティスト】
Wienners, 杏窪彌, ゆるめるモ!
【ジャンル】
J-POP

FUKI、移り変わる365日の恋心を話題作MVで訴える
Fri, 16 Sep 2016 11:00:00 +0900
FUKI (okmusic UP\'s)

FUKIが“シンプルに泣けて、ナチュラルに恋して。胸をしめつける365日のラブソング"をテーマに制作されたアルバム『LOVE DIARY』の1曲目であり、デビュー前からライブで歌われ続けてきた代表曲「365」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】FUKI

1曲通してサビの歌詞が全て同じ。切ない“恋"から、揺るがない“愛"へと移り変わる、日々の恋愛の様子を描いている。デビュー前からファンから愛されているこの楽曲は、FUKIの代表曲とも言える「365」。トータルプロデューサーのEIGO氏と初めて作った楽曲でもあり、「自分の中で表現しきれなかった“FUKI"で表したい世界観が、はじめてカタチになったような気がした曲です。」と語っている。

さらにFUKIはこの楽曲について、「タイトルの「365」は毎日→日常→空気みたいな連想で。まるで空気のように、いつもいてくれる大切な「キミ」の優しさや愛に感謝するのを忘れてしまったり、ちょっと当たり前になってしまったり。気づくのっていつも過ぎてから。だから、それで終わってしまわないように。もっと向き合って、ちゃんと愛せるように、この曲がそんなきっかけになれたら嬉しいです。」とコメントを残している。

■「365」(Music Video ?digest-)
https://youtu.be/_SToVtVlFZM

■アルバム『LOVE DIARY』

2016年9月21日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1047/¥3 ,500(税込) 
【通常盤】(CD)
VICL-64587/¥2,800(税込)
<収録曲>
■CD
01. 365
02. 泣きたいんでしょ?
03. キミがスキ (LOVE DIARY Ver.)
04. LOVE DIARY
05. ふたりいろ
06. ホンモノの恋、はじめませんか? ※フジテレビ系「魁!ミュージック」9月度エンディングテーマ
07. すきだよ。
08. キミじゃなきゃ
09. キミへ (Strings Ver.)
10. 星になるから
11. With U ※テレビ東京系「超流派」6月レコメンド
12. 365 (Piano Ver.)
■DVD ※初回限定盤特典
キミじゃなきゃ (Music Video)
キミへ (Music Video)
With U (Music Video)
ホンモノの恋、はじめませんか? (Music Video)

■FUKIワンマンライブ『LOVE DIARY』

11月02日(水) 渋谷クラブクアトロ
開場:18:00 / 開演:19:00

【関連リンク】
FUKIオフィシャルHP
FUKI、タワレコ2daysフリーライブの開催が決定
FUKI、恋の神様で有名な東京大神宮でヒット祈願&恋愛成就祈願
FUKI、「ホンモノの恋、はじめませんか?」 MVが“恋の格言”満載で話題に

【関連アーティスト】
FUKI
【ジャンル】
J-POP

『HALLOWEEN PARTY 2016 』、スペシャルパフォーマーに Tommyの出演が決定
Fri, 16 Sep 2016 00:00:00 +0900
Tommy (okmusic UP\'s)

VAMPS主宰ハロウィン・ライヴ・イベント『HALLOWEEN PARTY 2016 』の追加出演アーティストが発表とり、10月28日(金)の幕張公演にスペシャルパフォーマーとしてTommyの出演が決定した。

【その他の画像】VAMPS

HALLOWEEN PARTYレギュラーメンバーのTommy、今年はどんなパフォーマンスと仮装を見せてくれるか?

9月16日(金)からのチケット先行受付もお見逃しなく!

■「HALLOWEEN PARTY 2016」

10月22日(土)・23日(日)  神戸ワールド記念ホール
10月28日(金)・29日(土)・30日(日)  幕張メッセ国際展示場9・10・11ホール

<出演アーティスト> (敬称略・50音順)
10月22日(土) VAMPS / チームしゃちほこ / BREAKERZ / MONGOL800 / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
H.J.O.:明希(シド) / VAMPS / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88) / 逹瑯(MUCC) / チームしゃちほこ / BREAKERZ / ROLLY / 分島花音

10月23日(日) VAMPS / DAIGO / でんぱ組.inc / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA and more
H.J.O.:明希(シド) / VAMPS / 喜矢武豊(ゴールデンボンバー) / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88) / Shinya(DIR EN GREY) / DAIGO / 逹瑯(MUCC) / でんぱ組.inc / ROLLY / 分島花音

10月28日(金) VAMPS / ゴールデンボンバー / でんぱ組.inc / BREAKERZ / Tommy(スペシャルパフォーマー) / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA and more
H.J.O.:青木隆治 / 明希(シド) / VAMPS / ゴールデンボンバー / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88) / 逹瑯(MUCC) / でんぱ組.inc / Tommy / BREAKERZ / ROLLY / 分島花音

10月29日(土) VAMPS / DAIGO / RADIO FISH / Silent Siren(スペシャルパフォーマー) / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA and more
H.J.O.:明希(シド) / VAMPS / Silent Siren / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88) / DAIGO / 逹瑯(MUCC) / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / RADIO FISH / 分島花音

10月30日(日) VAMPS / BREAKERZ / ももいろクローバーZ / 和楽器バンド / AKi(スペシャルパフォーマー) / HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA and more
H.J.O.:AKi / VAMPS / 淳士(SIAM SHADE, BULL ZEICHEN 88) / 逹瑯(MUCC) / 柩(ナイトメア) / BREAKERZ / YUKI(Rayflower, DUSTAR-3) / 和楽器バンド / 分島花音

※スペシャルバンド「HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA」は公演日によって参加アーティストが変わります。今後、参加アーティストに追加がある場合は随時発表いたします。

MC:やまだひさし

<プレイガイド 三次先行>
受付期間:2016年9月16日(金)21:00 〜 9月21日(水)23:59

■『HALLOWEEN PARTY 2016 』特設サイト
http://hwp2016.vampsxxx.com 

【関連リンク】
VAMPS、『VAMPS LIVE 2016』のファイナルとなるZEPP TOKYO6公演が開幕
『HALLOWEEN PARTY 2016 』、Silent Siren、AKi、淳士の出演が決定
「HALLOWEEN PARTY 2016」、MONGOL800、でんぱ組.inc、HJOに柩(ナイトメア)の出演が決定
VAMPS、2年ぶりとなるニューシングル発売&「INSIDE OF ME」MV 90秒スポット公開

【関連アーティスト】
VAMPS, OBLIVION DUST, HYDE, Tommy, HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス

宇多田ヒカル、ニューアルバム『Fant?me』より椎名林檎参加曲のMVを公開
Fri, 16 Sep 2016 00:00:00 +0900
「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」MV (okmusic UP\'s)

宇多田ヒカルが9月28日(水)にリリースするニューアルバム『Fant?me』の収録楽曲の参加アーティストがついに発表となった。


【その他の画像】椎名林檎

「二時間だけのバカンス」には椎名林檎が、「忘却」にはKOHH、そして「ともだち」に小袋成彬がそれぞれ参加している。

また、「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」のMVもGYAO!で先行公開された。監督は椎名林檎のMVやCMを数多く手がける児玉裕一氏が担当している。

そして、「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」のレコチョクでの先行配信もスタート。ハイレゾ音源での配信も同時にスタートしている。

さらに、「二時間だけのバカンス」「道」の先行配信を記念して特設サイトにて歌詞が公開された。両楽曲と先に先行していた「花束を君に」「真夏の通り雨」の歌詞が閲覧できる。

各楽曲の感想も募集しているので、Twitter・Instagramにてハッシュタグ #宇多田ヒカル_道 #二時間だけのバカンス をつけてそれぞれの楽曲の感想を投稿してほしい。

■GYAO! 「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00101/v12399/v0871400000000545201/
■GYAO!特集ページ
http://special.gyao.yahoo.co.jp/music/utadahikaru/
■レコチョク「二時間だけのバカンス」単曲URL
http://po.st/reconijikan
■アルバム『Fant?me』特設サイト 歌詞ページ
http://www.utadahikaru.jp/lyric/

■【コメント】

「二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎」
■宇多田ヒカル
「林檎ちゃんとはかれこれ長い付き合いになります!ずっと何か一緒にやろうと言いつつ、私が人とコラボするっていう体勢じゃなかったんですね、きっと。でも今回は、「あ、素敵かも」と思って正式にオファーしてもらいました。

この曲では日常と非日常の危うい関係を表現したかったんです。母であり妻でもある二人なら説得力増すし面白いかなと思って。
子供ができるまで「日常」というものがなかったので、日常を手に入れた分、非日常的なスリルを求める気持ちもわかるようになったんだと思います。」

■椎名林檎コメント
ーー彼女の復帰について
 私がそれを切望していたのを、ご存じな方もいらっしゃるだろうか。最愛のお母様を亡くした彼女へあれこれせがむことはできなかったけれど、パートナーを得、遂には母となった彼女になら、ずっと我慢してきた思いを正直にぶつけてもいいような気がしたのである。だって東京の巷には、やっぱり彼女の声がよく似合う。
 それから、大人になった今の彼女が紡ぐ和声や旋律の、日本的なことと言ったら! もちろん我々ユーザーは皆、合点承知していたはずだ。ただここへきて、より一層深まっていやしないだろうか。生まれてこのかた彼女はずっと、浮遊していたのかも知れない。そして今初めて東京へ着地してくれたのかも知れない。なんちゃって勝手に感じ入る私をどうか赦して欲しい。


「忘却 featuring KOHH」
■宇多田ヒカル
「KOHHについては、少し前に友達から教えてもらっていて、ファンになってました。で、この曲は当初インストのつもりだったのが、ラップを入れるなんてどうだろうという提案が出た時にディレクターさんに「KOHHって人がいるんだよね」って言ったら「おおそれ素敵!」と盛り上がって、打診してみたら、実はお互いファンだったってことが分かって、「じゃ」と彼の参加が決まりました。

まず私のパートを作り、彼に私の「忘却」と「記憶」に関する考えを伝えながら、何日かかけて彼が自身の言葉で応えてくれました。
他の人の言葉が混ざることが初めてだったから、どういうふうになっちゃうんだろう?って思ったけど、自然と、真ん中で落ち合えました。
私が長いラップパートが好きで、彼に頭からいきなり1分まるごと任せました。迷った時はあたしが「こっちかな」と言うと「だよね」という感じで確かめ合いながら。
最後のオルガンは彼の提案で、私の中で天に召されるイメージになったので、レクイエムという感じかな?
生き方を考える時、それは死に方を考えることと同義で、これまでの人生を振り返りながらこれから向かうところに思いを馳せました。「いつか死ぬ時 手ぶらがbest」という最後の一行に全てが凝縮されてます。」

■KOHH
「ノーコメントでお願いします。とりあえず曲聞いてみて下さい。」


「ともだち with 小袋成彬」について
■宇多田ヒカル
「『ともだち』はサビの歌詞が出始めた段階で、「あたし一人でひっぱるのつらい」とディレクターさんに相談したら、彼が以前から注目していた小袋成彬さんのことを教えてくれて。「なにこの人!すごーく良い!」と返し、すぐコンタクトしてもらいました。
母親以外の歌手に歌入れを始めから終わりまでじっくり見られることが初めてで少し緊張しました(笑)」

■小袋成彬
「素晴らしい機会をいただけたことを、関わった全ての皆様に感謝いたします。アルバム全曲を通して聴いたあと、本当に幻のなかに放り込まれたような茫然自失の状態になりました。
彼女と歌ったことよりも、人が実直にこれまでの人生と向き合い、苦しみながら紡いだ言葉を記した作品の一助となれたことを何より誇らしく思います。」

■アルバム『Fant?me』TV-SPOT (「二時間だけのバカンスバージョン」)
https://www.youtube.com/watch?v=pAR-5Ag1xaI

■アルバム『Fant?me』

2016年9月28日(水)発売
TYCT-60101/¥3,000
※SHM-CD 
<収録曲>
01. 道
02. 俺の彼女
03. 花束を君に
(NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌)
04. 二時間だけのバカンス featuring 椎名林檎
(レコチョクTVCM)
05. 人魚
06. ともだち with 小袋成彬
07. 真夏の通り雨
(日本テレビ「NEWS ZERO」テーマ曲 )
08. 荒野の狼
09. 忘却 featuring KOHH
10. 人生最高の日
11. 桜流し
(ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」テーマソング)

All Songs Written and Produced by Utada Hikaru
Except
08. 忘却 featuring KOHH
Written by Utada Hikaru and Chiba Yuki
11. 桜流し
Music by Utada Hikaru and Paul Carter / Words by Utada Hikaru

【関連リンク】
宇多田ヒカル オフィシャルHP

【関連アーティスト】
椎名林檎, 宇多田ヒカル, KOHH
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1