歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年09月10日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/09/19
2016/09/18
2016/09/17
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
BRILLIANT13、所属アーティストオーディション開催が決定。
Sat, 10 Sep 2016 18:00:00 +0900
BRILLIANT13、所属アーティストオーディション開催が決定。 (okmusic UP\'s)

中島玲、若月彩花、3poLstar☆☆☆などが所属するBRILLIANT13プロダクションのオーディション開催が発表された。

【その他の画像】中島玲

BRILLIANT13の所属アーティストに合格した方は、アーティストとしての自己の目標を叶えていくために、専属のマネージャーが徹底的なマネジメントを行うなど、本気で取り組める環境が整っている。

また、新規の所属アーティストを募集すると同時に、練習生の募集も行うことが決定した。練習生に合格した方は、月に最低1回のライブ出演を目標に、心構えや考え方、ライブへの取り組み方を学ぶことができるなど。専属のマネージャーが、各々のレベルに合わせたプランを作成する。

アーティストはもちろん、アイドル活動、モデル活動、タレント活動や演劇活動をしたい方などオーディションに応募してみてはいかがだろうか。

■オーディション概要

対象:熱意あるアーティスト、新人〜経験者
年齢:18歳〜33歳くらいの男女
人数:20名程度
締切:2016年10月31日
条件:
・東京都内中心で活動可能な方
・歌やダンス等の練習に意欲的に参加できる方
・週末のライブイベント等に参加可能な方
 (積極的に活動できれば社会人の方でも応募可能です)
・専属マネジメント料、所属費等はかかりません。

(※ なお、他の事務所に所属している方は、所属アーティストには応募できません。)

【関連リンク】
B13 AuditionオフィシャルHP
LINEからの応募

【関連アーティスト】
中島玲, 若月彩花, 3poLstar☆☆☆
【ジャンル】
その他

強がりセンセーション、新曲「さよならBABY feat.ユウスケ」MVのフルバージョンを公開
Sat, 10 Sep 2016 18:00:00 +0900
「さよならBABY feat.ユウスケ」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

強がりセンセーションが「さよならBABY feat.ユウスケ」MVのフルバージョンを公開した。

【その他の画像】RIDDLE

三部作連続コラボレーション企画の第一弾シングルである本作は、強がりセンセーションとユウスケ(ex.HIGH and MIGHTY COLOR)がフューチャリングし、平野俊輔(RIDDLE)が楽曲を提供。ユウスケや平野俊輔にとって、アイドルとコラボレーションするのは今回が初めての試みとのこと。彼女たちのダイナミックなフォーマンスとアグレッシブなサウンドが絶妙にマッチし、ロックを愛する人の心をわし掴みにする。

なお、「さよならBABY feat.ユウスケ」は2000枚限定リリースで、完売必至の作品となっている。確実に手に入れたい方はAmazonでの早期購入がおすすめ。9月14日からiTunes Storeでの配信も開始されるとのことなので、気になる方は欠かさずチェックしてみよう。

■「さよならBABY feat.ユウスケ」MV(FULL ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=EVgddTFN8a8

■シングル「さよならBABY feat. ユウスケ」

2016年9月7日(水)発売
TYSN-0007/¥1,000+税
<収録曲>
M-1. さよならBABY feat. ユウスケ
M-2. きみがとまんないっ!!!
M-3. さよならBABY feat. ユウスケ(instrumental)
M-4. きみがとまんないっ!!!(instrumental)

■通販はこちら
https://www.amazon.co.jp/dp/B01L9FZG80/

【関連リンク】
強がりセンセーション オフィシャルHP
バンドじゃないもん!、豊洲PIT公演LIVE Blu-rayのジャケット写真等を公開
BABYMETAL、英・音楽アワードで「BEST LIVE ACT」を受賞
河合奈保子のファンミーティング、坂本ちゃん司会で開催

【関連アーティスト】
RIDDLE, HIGH and MIGHTY COLOR, 強がりセンセーション
【ジャンル】
女性アイドル

丸本莉子、カープファンの間で今注目の的に!
Sat, 10 Sep 2016 17:00:00 +0900
丸本莉子 (okmusic UP\'s)

広島カープをユニフォームを着て応援する様子を披露し、過去にはマツダスタジアムで国家独唱と始球式の大役を務めた経験の持ち主、丸本莉子。そんな彼女がカープファンの間で今注目の的に!

【その他の画像】浜崎貴司

今シーズン快進撃を続ける広島カープファンに注目されている曲がある。それは快進撃を支えるクローザー中崎投手の登場曲「ご機嫌ベイベー★」。歌っているのが広島出身のシンガーソングライター丸本莉子なのだ。

鉄壁の守護神の登場時に流れるこの曲は、“勝利へ導く曲”とも言え、シーズン大詰めを迎えた今、彼女の存在がよりクローズアップされてきている。彼女は現在「ライヴワーク2016〜1万人との癒し旅〜」というフリーライヴツアーで都心のビジネス街から地元広島まで全国で活動を行っている。先日も「優勝を祝ってファンのみんなと一緒に『ご機嫌ベイベー★』を歌いたい!」とつぶやいていた事から、優勝が決まった後のライヴではこの曲を聴く事がきっとできるはず。

「ご機嫌ベイベー★」のCDは現在廃盤で入手困難な状態も、ビクターエンタテインメントから発売中のハイレゾ配信アルバム「LIVE at Victor 302 studio」にはライヴバージョンを収録、この曲は、各社サブスクリプションサービスでも配信中だ。更にレコチョクで最新シングル「ガーベラの空」を購入すると期間限定で本人デザイン『優勝祈願メッセージカード』をダウンロードする事ができる。クライマックス、日本シリーズに向け盛り上がる時期の10月14日(金)には、浜崎貴司とのツーマンライブが広島LIVE JUKEを予定、多くのファンで盛り上がる楽しみなライヴになりそうだ。

■「ご機嫌ベイベー(スタジオライブ)」

■「LIVE at Victor 302 studio」収録/ハイレゾ配信アルバム
【HD-Music】
http://hd-music.info/album.cgi/5678
【レコチョク】
http://recochoku.jp/album/A1004672585/
【mora】
http://mora.jp/package/43000005/VEAHD-10745_F/
【e-onkyo music】
http://www.e-onkyo.com/music/album/veahd10745/
【groovers】
http://www.groovers.co.jp/mqs/album/detail/LOTUcuM

■定額制音楽配信サービス
【Apple Music】
https://itunes.apple.com/jp/album/id1152325310
【dヒッツ】
http://rd.music.docomomarket.ne.jp/dhits/1002116585/
【LINE MUSIC】
https://music.line.me/launch?target=album&item=mb00000000010a73be&cc=JP&from=tw

■配信シングル「ガーベラの空」

配信中
【iTunes Store】
https://itunes.apple.com/jp/album/id1142074919?app=itunes&ls=1
【レコチョク】
http://recochoku.jp/song/S1003416201/
【mora】
http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17730/

■「ガーベラの空」ミュージックビデオ
https://youtu.be/urDb8j1zwCo

【関連リンク】
丸本莉子 オフィシャルHP
丸本莉子、8つのガーベラの花言葉をちりばめた話題の新曲MVを公開
丸本莉子、1年に及ぶフリーライブツアー初日に新曲「ガーベラの空」を初披露
少人数制の料理合コンで聴きたい曲

【関連アーティスト】
浜崎貴司, 丸本莉子
【ジャンル】
J-POP

マオ from SID、1stミニアルバムから「サヨナララスト」のTVCMを公開
Sat, 10 Sep 2016 16:00:00 +0900
マオ (okmusic UP\'s)

9月28日にリリースされるマオ from SIDのミニアルバム『Maison de M』に収録されている「サヨナララスト」のミュージックビデオが完成し、TVCM用SPOTが公開された。

【その他の画像】シド

「サヨナララスト」のMVは、マオ本人の日常を切り取ったオフショットシーンと、ライブハウスでの演奏シーンの2つの展開で構成。オフショットシーンでは普段は見ることのできない素のマオが随所に展開され、マオの愛犬でトイプードルの「ペティ」ちゃんも初出演している。

一方、ライブハウスでの演奏シーンでは、スーツ姿のマオが登場。撮影は、600人を超える応募の中から抽選で選ばれたファン150人を入れて行われ、撮影の合間にはマオ本人による振付指導や歌詞に込めた想いなどが語られ、ファンを湧かせた。「サヨナララスト」のミュージックビデオは、『Maison de M』初回生産限定盤Aの特典DVDに収録される。

そして、マオ from SIDは9月28日のミニアルバム発売に向け、全国インストアイベントを敢行中! 参加方法などの詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう。

【マオ コメント】
「愛犬の初出演や、初めてファンの方々を入れた撮影など、今までにない初めてづくしのMVに仕上がりました。」

■『Maison de M』TV SPOT
https://youtu.be/RkutbTzkNLg

■ミニアルバム『Maison de M』

2016年9月28日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
KSCL-2787〜2788/¥2,800+税
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
KSCL-2789〜2790/¥2,800+税
【通常盤】(CDのみ)
KSCL-2791/¥2,300+税
<収録曲>
■CD
1.chandelier 
2.マニキュア
3.星
4.サヨナララスト
5.頬づえ
6.月
■初回生産限定盤A 特典DVD(
「サヨナララスト」Music Video
■初回生産限定盤B 特典DVD(
特典DVD 超密着! 「Maison de M」スペシャルオフショット〜長編映像集〜

■ミニアルバム『Maison de M』リリース記念インストアイベント

9月10日(土) 広島県:イオンモール広島府中
(1)13:00〜/(2)16:00〜
9月11日(日) 大阪府:くずはモール
(1)13:00〜/(2)17:00〜
9月17日(土) 福岡県:イオンモール福岡
(1)13:00〜/(2)16:00〜
9月18日(日) 滋賀県:ピエリ守山
(1)13:00〜/(2)16:00〜
9月24日(土) 愛知県:アスナル金山
(1)13:00〜/(2)16:00〜
9月25日(日) 愛知県:イオンモール木曽川
(1)13:00〜/(2)16:00〜
10月01日(土) 神奈川県:ラゾーナ川崎プラザ
(1)13:30〜/(2)17:30〜
10月02日(日) 大阪府:あべのキューズモール
(1)13:00〜/(2)17:00〜

【関連リンク】
マオ from SID オフィシャルHP
マオ from SID、1stミニアルバムの詳細を解禁! 恒例の「Twitter質問キャンペーン」も
マオ from SID、9月28日に1stミニアルバム『Maison de M』をリリース
マオ from SID、ソロデビューシングル発売記念イベントに3000人が集結

【関連アーティスト】
シド, SID, マオ from SID
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

ねごと、映画主題歌&CM曲を含む新作『アシンメトリ e.p.』を11月にリリース
Sat, 10 Sep 2016 15:00:00 +0900
ねごと (okmusic UP\'s)

ねごとが前作シングル「DESTINY」以来、約1年5か月ぶりとなる新作『アシンメトリ e.p.』をリリースする事が明らかになった。

【その他の画像】ねごと

表題曲「アシンメトリ」は「caf? & pancakes gram」のCMソングに起用されており、サウンドプロデューサーに中野雅之(BOOM BOOM SATELLITES)を迎えた。また続く「holy night」は益子樹(ROVO)をサウンドプロデューサーに迎え、ねごと史上最もエポックメイキングな作品が完成した。

中野とは昨年BOOM BOOM SATELLITESの『SHINE LIKE A BILLION SUNS』リリース時に対談したことをきっかけに今回の共同作業が実現。「caf? & pancakes gram」のサイトではCM映像とCMメイキング映像も公開されているので、そちらもチェックしてみよう。

「holy night」は11月公開映画『マイナビpresents TOKYO CITY GIRL 2016』の挿入歌&関東/関西版エンディング主題歌に決定しており、映画の情報は今後随時発表されるとの事なので、そちらも楽しみにしておこう。

そのほか、新曲「天使か悪魔か」「school out」を含む全4曲入りのe.p.となる。初回生産限定盤は、昨年デビュー5周年を記念して開催された「ねごと presents お口ポカーンフェス?!NEGOTO 5th Anniversary 〜バク TO THE FUTURE〜」のLIVE & DOCUMENTARYを特別編集収録したDVDが付属する。5年間の思い、メンバー同士がお互いを語り合う撮り下ろしインタビュー、ファンへのメッセージ、フェスの裏側まで一日密着したドキュメンタリーと、そのライヴ映像で構成された見どころ満載の内容となっている。

■「caf? & pancakes gram」CM映像&CMメイキング映像
http://www.cafe-gram.com/cmmovie/
■映画『マイナビpresents TOKYO CITY GIRL 2016』公式サイト
http://tokyo-city-girl.com/

■EP『アシンメトリ e.p.』

2016年11月9日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL 2792-2793/¥2,500+税
【通常盤】(CD)
KSCL 2794/¥1,389+税
<収録曲>
■CD
M1. アシンメトリ
(caf? & pancakes gram CMソング)
M2. holy night
(11月公開映画『マイナビpresents TOKYO CITY GIRL 2016』挿入歌 & 関東/関西版エンディング主題歌)
M3. 天使か悪魔か
M4. school out
■DVD
LIVE & DOCUMENTARY 〜NEGOTO 5th Anniversary お口ポカーンフェス?!SPECIAL〜

【関連リンク】
ねごと オフィシャルHP
BOOM BOOM SATELLITES、iTunesトップアルバムチャート1位を獲得&川島道行出演MV公開
“おそ松ロス”を脱却したいアニメファンにもクリックしてほしい5曲
ねごと、2マンツアーファイナルでパスピエと熱狂ライヴ! 新曲2曲でもフロアを揺らす

【関連アーティスト】
ねごと, BOOM BOOM SATELLITES, ROVO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

河村隆一、新曲「Longing for」MVをGYAO!にて独占先行公開
Sat, 10 Sep 2016 14:00:00 +0900
河村隆一 (okmusic UP\'s)

9月28日にリリースされる河村隆一のニューアルバム『Colors of time』に収録される新曲「Longing for」のMVがGYAO!にて独占先行公開された。

【その他の画像】河村隆一

MVの制作はおよそ2年ぶりで、河村隆一流の大人のロックを表現した作品となっているとの事。監督からのコメントも届いているので、こちらも是非ご覧になってからMVを楽しんでほしい。

なお10月1日にはニューアルバム中心のセットリストでのライブがZepp Tokyoにて行なわれる。こちらも期待して待とう。

■「Longing for」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00071/v08117/

■【MV監督からのコメント】

楽曲の世界観が持つ光と影、陰と陽の部分を全面に出した映像。
無機質な空間に眩いばかりの光、
全てを飲み込んでしまうような漆黒、
シンプルな世界で、より光と闇の世界観を意識し構成しました。

■アルバム『Colors of time』

2016年9月28日発売
【CD+DVD】
AVCD-93475/B/¥4,500(税込)
※初回:スリーブ仕様
<収録曲>
■CD
1. God\'s gift to man
2. Longing for
3. あなたの花
4. August
5. Guitar Riff
6. raindrop
7. a butterfly
8. Colors of time
9. line of flight
10. oneself
■DVD
1. Longing for (Music Video)
2.「Colors of time」 Making Movie

【CD ONLY】
AVCD-93476/¥3,500(税込)
※初回:スリーブ仕様
<収録曲>
1. God\'s gift to man
2. Longing for
3. あなたの花
4. August
5. Guitar Riff
6. raindrop
7. a butterfly
8. Colors of time
9. line of flight
10. oneself

■【ライブ情報】

『Ryuichi Kawamura presents No Mic, No Speakers Concert #011』
9月19日(月・祝) 東京オペラシティ コンサートホール
開場15:00 /開演16:00

『Ryuichi Kawamura Live 2016 「Colors of time」』
10月01日(土) Zepp Tokyo
開場17:00 /開演18:00

『Ryuichi Kawamura Live 2016「深愛」』
10月02日(日) Zepp Tokyo
開場16:00 /開演17:00

【関連リンク】
河村隆一 オフィシャルHP
河村隆一、ニューアルバムのジャケット&新アー写公開
YOSHIKI×LUNA SEA、頂上対談が実現! 名曲「PRECIOUS…」の即興ピアノコラボも!
Tourbillon、結成10周年記念ライブが大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
河村隆一
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BLUE ENCOUNTを武道館へ送る壮行イベントにサプライズでフォーリミ登場!?
Sat, 10 Sep 2016 13:00:00 +0900
9月9日@大阪城音楽堂 (okmusic UP\'s)

9月9日に大阪城音楽堂でFM 802のDJ中島ヒロトが実行委員長を務めるイベント“武道館!応援しとるけん、頑張らなんばい! ほんで、次は武道館ちゃうんちゃう?大阪城ホールちゃうん?@大阪城野音”が開催された。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

このイベントは10月9日に初の武道館公演を控えたBLUE ENCOUNTを大阪から送り出そうという壮行会。平日の16時30分開演という早い時間にかかわらず満員の会場はメンバーの登場を今か今と待ちわびている様子。中島ヒロトによる会場アナウンスに導かれてメンバーが登場すると、会場は一気に沸点に。しかしながら実行委員長の中島ヒロト本人は東京で仕事の為会場に来ることが出来ず、代打で同じくDJの樋口大喜が司会を務めることに。キュウソネコカミ、THE ORAL CIGARETTESらブルエンと仲良いメンバーからの壮行コメントが流れ会場も和やかなムードに。最後に04 Limited Sazabysのコメントが流れるとそのままメンバーのGENとKOUHEIがステージにサプライズ登場してブルエンのメンバー、そして客席から大きな歓声があがった。そして直接フォーリミからの壮行コメントにブルエンメンバーが武道館公演へ向けて意を決したところでLIVEがスタート!

「いきなり声聞いちゃうよー」という田邊の第一声とともに演奏されたのはリスナーとシンガロングすることでもお馴染みの「NEVER ENDING STORY」。いつも以上にテンションの高いメンバーにオーディエンスも拳を上げて応える。続く「JUST AWAKE」で大阪城音楽堂がライブハウスのような熱気に包まれた。「ブルーエンカウント初めての指定席のLIVEです」と不安と楽しみを覗かせると「新曲やっていいですか?ここ大阪で出来た曲です」と言って新曲「WINNER」を初めてLIVEで披露。爽やかな疾走感に青空の会場がよく似合う。続いて演奏されたのは「JUMP」。田邊はいったんオーディエンスを席に座るように促すと、自ら観客席まで行ってジャンプする手順をレクチャー、そのまま会場全体でのジャンプ大会へとオーディエンスを導いた。そのまま「本気でやり合おうぜ!」と言い放つと「ロストジンクス」へと雪崩れ込む。ブルエンの楽曲の中でも屈指の踊らずにはいられないキャッチーかつヘビーなサウンドに会場全体が揺れていた。ボルテージの上がった田邊は「ホントはセットリストに無かった曲やります!」と「ONE」を演奏し会場の気持ちを一つにまとめあげる。

「気持ちいい、この夏ブルエンの出演したフェス全部晴れたんですよ、そんなどこの夏フェスよりもここを一番盛り上げたい!」と熱いMCの後は「Survivor」、「HEEEY!」のグルーヴィーなサウンドに会場の盛り上がりも一段とヒートアップ。そして「音楽は無敵だな、いらんものは気にするな!」と「DAY×DAY」を披露。会場の一体感に比例してメンバーのアクションもより激しさを増してくる。そしてインディーズ時代に全くお客さんが居なかった頃に京都で行ったライブにたまたま来ていたスタッフに渡したCDがFM802でプレイされることによって徐々にお客さんが増えたこと。さらにメジャーデビュー曲はヘビープレイしてくれたFM802への感謝を述べる。そして今日会場に集ったオーディエンスに「俺たちの音楽を信じてくれてありがとう、ブルーエンカウントでした!」と改めて感謝を告げると「HANDS」を演奏。ピースフルな雰囲気で本編は終了。

続くアンコールでは「だいじょうぶ」を演奏、客席には更に多幸感溢れるなかLIVEパートが全て終了した。その後、再びDJの樋口大喜が登場すると、会場に来ていたファンが書き込んだメッセージが詰まったフラグがメンバーにプレゼントされた。更には同じくDJの鬼頭由芽がメジャーデビュー3周年を祝うケーキを持ってステージに登場。この2つのサプライズにメンバーは歓喜しきり。いかにもブルエンらしい気さくでフレンドリーなムードの武道館壮行イベントは無事に終了。気持ちの良い余韻が会場を包んでいた。さらに9月9日に演奏された音源はFM802の番組「MUSIC FREAKS」「DASH FIVE!」「THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS」にてオンエアが決定している。会場に来れなかったリスナーはもちろん、当日の熱気をもう一度味わいたいファンも是非チェックして欲しい。

【セットリスト】
「NEVER ENDING STORY」
「JUST AWAKE」
「WINNER」
「JUMP」
「ロストジンクス」
「ONE」
「Survivor」
「HEEEY!」
「LIVER」
「DAY×DAY」
「HANDS」
〜アンコール〜
「だいじょうぶ」

■壮行会イベント オンエアスケジュール

9月11日(日) FM802「MUSIC FREAKS」
ライブ音源OA(22:00-24:00)
http://funky802.com/service/homepage/index/1722

9月12日(月) FM802「DASH FIVE!」
ライブ音源OA(5:00-7:00)
http://funky802.com/service/Homepage/index/1105/78372

9月12日(月) FM802「THE NAKAJIMA HIROTO SHOW 802 RADIO MASTERS」
ライブ音源OA(15:00-19:00)
http://funky802.com/masters/

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
BLUE ENCOUNT、恒例のツイキャス番組を9月9日にOA&大阪野音でDVDお渡し会を実施
BLUE ENCOUNT、初のDVD『映像で学ぶ!はじめてのブルーエンカウント』のダイジェスト映像が公開へ
一夜限りのSP企画「ONAKAMA 2016」でフォーリミ、ブルエン、オーラルが夢の競演!

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT, 04 Limited Sazabys
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

ONE OK ROCK、新曲「Taking Off」が9月16日より配信開始&映画『ミュージアム』主題歌に決定
Sat, 10 Sep 2016 12:00:00 +0900
配信シングル「Taking Off」 (okmusic UP\'s)

ONE OK ROCKの新曲「Taking Off」が9月16日よりiTunes他、各サイトにて配信されることが決定した。

【その他の画像】ONE OK ROCK

また新曲「Taking Off」が11月12日公開の映画『ミュージアム』の主題歌になることも合わせて発表された。主演には今一番勢いのある俳優・小栗旬と『るろうに剣心』シリーズで日本映画に新風を巻き起こした大友啓史監督を迎えた話題作となっている。

これまでは日本以外の全世界をワーナー・ブラザーズ・レコードと契約をしていたが、同じワーナーグループであるFUELED BY RAMENに移籍し、新曲を全世界同時配信を行なうこともアナウンスされた。

まずは10日と11日に開催される野外ワンマンライブがどうのような熱狂を生むのか楽しみだ。

(C)巴亮介/講談社(C)2016映画「ミュージアム」製作委員会

■映画『ミュージアム』公式サイト
http://www.museum-movie.jp 

■配信シングル「Taking Off」

2016年9月16日より配信スタート
※映画『ミュージアム』主題歌

■「ONE OK ROCK 2016 SPECIAL LIVE IN NAGISAEN」

9月10日(土)  渚園 特設会場(静岡県浜松市)
9月11日(日)  渚園 特設会場(静岡県浜松市)
※両日共に 開場10:00/開演15:30/終演18:00(予定)
※雨天決行/荒天中止
http://www.oneokrock.com/cam/nagisaen/

【関連リンク】
ONE OK ROCK オフィシャルHP
ONE OK ROCK、全国の18歳に届ける「ONE OK ROCK 18祭(フェス)」参加者を募集
ONE OK ROCK、9月に開催する単独野外ライブ2daysの詳細を解禁
大盛況の『METROCK 2016 TOKYO』出演アーティストの楽曲がAWAで聴ける!

【関連アーティスト】
ONE OK ROCK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

布袋寅泰、伝説の1stソロ再現ライブが待望の映像作品としてリリース決定
Sat, 10 Sep 2016 11:00:00 +0900
布袋寅泰 (okmusic UP\'s)

布袋寅泰が4月7日(木)に東京・国立代々木競技場第一体育館にて行なった「GUITARHYTHM伝説 ?88 〜ソロデビュー再現GIGS」を完全収録した映像作品『GUITARHYTHM LIVE 2016』を11月2日(水)にリリースする事を発表した。

【その他の画像】布袋寅泰

このライブは1988年に行なわれたライブと同様に「LEGEND OF FUTURE」からスタート。「当時の再現を超えた『GUITARHYTHM』の完全化を目指す」と自らMCで語ったように、魂をこめて刻む布袋のギターと、ヘヴィかつタイトなリズムが見事に一体化したバンドサウンド、鮮烈なライティングが織りなす幻想的でスケール感溢れるパフォーマンスを展開。ソプラノ歌手・小川里美を迎えての「STRANGE VOICE」や「WIND BLOWS INSIDE OF EYES」、ドラマチックな「A DAY IN AUTUMN」まで、観るものをめくるめく異次元に導く圧巻のパフォーマンスで1stアルバム『GUITARHYTHM』の全曲を演奏した。さらに、アンコールで披露されたデヴィッド・ボウイの「STARMAN」や「サイバーシティーは眠らない」「DIVING WITH MY CAR」、ダブルアンコールの「8 BEATのシルエット」「バンビーナ」からラストを飾るBO?WYの名曲「DREAMIN\'」まで、演奏された全18曲が映像作品には完全収録される。超満員の代々木競技場第一体育館がどよめき、揺れた歴史的ライブを見事に映像化した、日本のロックシーンを代表する紛うことなき傑作となった。

6月にリリースされた35周年アニバーサリーベストアルバム『51 Emotions -the best for the future-』が好セールスを継続中、9月3日よりスタートした全国ツアー「Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜」は大絶賛! 9月17日にはイタリア・ベローナで世界的スーパースター ズッケロと共演…とワールドワイドで躍動する布袋寅泰に引き続き注目だ。

■Blu-ray&DVD『GUITARHYTHM LIVE 2016』

2016年11月2日(水)発売
【Blu-ray】
TYXT-10028/¥5,900+税
【DVD】
TYBT-10041/¥4,900+税
<収録曲>
01. LEGEND OF FUTURE
02. POWER
03. C\'MON EVERYBODY
04. GLORIOUS DAYS
05. MATERIALS
06. CLIMB
07. STRANGE VOICE
08. WIND BLOWS INSIDE OF EYES
09. WAITING FOR YOU
10. DANCING WITH THE MOONLIGHT
11. GUITARHYTHM
12. A DAY IN AUTUMN
-アンコール-
13. STARMAN
14. サイバーシティーは眠らない
15. DIVING WITH MY CAR
-ダブルアンコール-
16. 8 BEATのシルエット
17. バンビーナ
18. DREAMIN\'

■布袋寅泰 35th ANNIVERSARY 『8 BEATのシルエット』

■【BEAT 7】Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜
9月03日(土) サンシティ越谷市民ホール [埼玉]
9月04日(日) 神奈川県民ホール 大ホール [神奈川]
9月10日(土) 千葉県文化会館 [千葉]
9月11日(日) 那須塩原市黒磯文化会館 大ホール [栃木]
9月22日(木・祝) 静岡市民文化会館 大ホール [静岡]
9月25日(日) 名古屋国際会議場 センチュリーホール [愛知]
10月01日(土) フェスティバルホール [大阪]
10月02日(日) フェスティバルホール [大阪]
10月06日(木) ベイシア文化ホール(群馬県民会館) 大ホール [群馬]
10月08日(土) 倉敷市民会館 [岡山]
10月10日(月・祝) サンポートホール高松 [香川]
10月29日(土) 神戸国際会館 こくさいホール [兵庫]
10月30日(日) 本多の森ホール [石川]
11月01日(火) 広島JMSアステールプラザ大ホール [広島]
11月03日(木・祝) 福岡サンパレス [福岡]
11月05日(土) 延岡総合文化センター [宮崎]
11月06日(日) 鹿児島・宝山ホール [鹿児島]
11月09日(水) 釧路市民文化会館 大ホール [北海道]
11月11日(金) ニトリ文化ホール [北海道]
11月18日(金) 南陽市文化会館 大ホール [山形]
11月20日(日) 仙台サンプラザホール [宮城]
11月23日(水・祝) 相模女子大学グリーンホール [神奈川]
11月25日(金) たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール 大ホール [兵庫]
11月27日(日) 長野 サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) [長野]
11月30日(水) NHKホール [東京]
12月01日(木) NHKホール [東京]

■「Dreamin\'」4.7 代々木第一体育館『【BEAT 2】〜GUITARHYTHM伝説?88〜 ソロデビュー再現GIGS』ライブ映像
https://youtu.be/lIsOfT2IVf0

【関連リンク】
布袋寅泰 オフィシャルHP
布袋寅泰、永遠のマスターピースを体感できる全国ホールツアーが開幕
布袋寅泰、ズッケロの熱いオファーでイタリア・ヴェローナ公演にゲスト出演!
AUTO-MODらによるオムニバス盤『時の葬列』は日本のロックシーンに多大なる影響を与えた意欲作

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ジャパニーズロック

THE YELLOW MONKEY、15年9ヶ月ぶりのニューシングル「砂の塔」を10月19日にリリース
Sat, 10 Sep 2016 04:00:00 +0900
THE YELLOW MONKEY (okmusic UP\'s)

THE YELLOW MONKEYが再集結後初となるニューシングル「砂の塔」を10月19日にリリースすることが、新アーティスト写真とともに発表された。

【その他の画像】THE YELLOW MONKEY

これは2001年1月の活動休止後にリリースしたシングル「プライマル。」以来、実に15年9ヶ月ぶり通算25枚目のオリジナル・シングルとなる。

カップリングには、2月に発表された際集結後初の新曲「ALRIGHT」が収録される。この曲は、自身のバンド集結のことを歌ったものであり、同時に今の日本を元気づけたいという思いが込められた楽曲で、現ツアーではアリーナ会場が一体化しての盛り上がりを見せている。また、初回限定盤には、アリーナツアー各会場から1曲ずつ、全12曲のライヴ音源がボーナストラックとして収録される。楽曲タイトルは後日ツアー終了後に発表予定とのこと。

また、タイトル曲が10月14日より放送開始となる菅野美穂主演によるTBS系金曜ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』の主題歌に決定した。ドラマ主題歌の書き下ろしは、1997年のTBSドラマ『職員室』主題歌である「BURN」以来、約19年ぶりとなる。10日朝5時よりYahoo!検索にて「砂の塔」関連ワード(「砂の塔」「知りすぎた隣人」など)の検索トップのみに掲載される特別限定映像に主題歌が使用されており、いち早く試聴することができるので、こちらも是非チェックしてもらいたい。

■ドラマ『砂の塔〜知りすぎた隣人』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/sunanotou/

■【THE YELLOW MONKEY 吉井和哉よりコメント】

この「砂の塔」と名付けられた曲は、イエローモンキーの再集結後、初のシングル曲になります。

番組サイドのスタッフの方々の熱意に押され、新生イエローモンキーとしてドラマの中でどのような花を添えられるか、試行錯誤しながらも楽しんで挑むことができました。

タワーマンションを舞台に繰り広げられる、現代社会の裏側とミステリーを掛け合わせたドラマですが、これはそのまま人間の人生や、バンドの人生に当てはまると思い、その側面も添えながら歌詞を書かせていただきました。

タイトルも「砂の塔」以外に考えられませんでした。

この曲のストリングスアレンジに僕らが尊敬し、ずっと憧れていた船山基紀さんをお迎えし、そのケミストリーはバンドの歴史的にも素晴らしい結果を招きました。

このドラマには親と子の愛の重要さが本質に隠れていますが、イエローモンキーも昔から家族の誰かしらとの繋がりを歌にしてきました。この曲は現時点での集大成だと感じています。

THE YELLOW MONKEYが贈る黄色い花も是非お楽しみください。

■【各関係者よりコメント】

■『砂の塔〜知りすぎた隣人』主演・菅野美穂
今回、THE YELLOW MONKEYさんに主題歌を担当して頂いたのですが、ここまでドラマの世界観に寄り添った作品を作って頂けて、心よりの感謝を申し上げるとともに、映像と重なった時に、どのように仕上がるのか、とても楽しみです。撮影は始まったばかりですが、作ってくださったこの曲に負けないように、みんなで頑張ります。

■『砂の塔〜知りすぎた隣人』プロデューサー・高橋正尚
薔薇のような華やかさと、食虫植物のように毒々しい妖しさ…表と裏が交錯するTHE YELLOW MONKEYさんならではの魅力が、ドラマの世界観と完璧な配合で交じり合い、最高の主題歌が生まれました! きらびやかなタワーマンションの裏に潜むドロリとした人間の闇と、息詰まるサスペンスを描く今回のドラマにとって、この曲は早くも不可欠の存在となっています! 手前味噌ですが…台本を読みながら毎日50回以上聴いてます! 本気でドハマリしています! 是非皆さんにも、この“毒の海"に溺れて頂きたいです!

■シングル「砂の塔」

2016年10月19日(水)発売
【初回盤】
COCA-17240/¥1,296(税込)
<収録曲>
1. 砂の塔
作詞・作曲:吉井和哉/編曲:THE YELLOW MONKEY
2. ALRIGHT
作詞・作曲:吉井和哉/編曲:THE YELLOW MONKEY
-Bonus Track-
3〜14.「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016」12会場LIVE音源

【通常盤】
COCA-17241/¥1,080(税込)
<収録曲>
1. 砂の塔
2. ALRIGHT
3. 砂の塔 -Instrumental-
4. ALRIGHT -Instrumental-

■【ライブ情報】

「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016」
9月10日(土)  北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
9月11日(日)  北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
※終了分は割愛

「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SUBJECTIVE LATE SHOW-」
11月12日(土)  千葉・松戸森のホール21
11月15日(火)  秋田・秋田県民会館
11月18日(金)  静岡・静岡市民文化会館 大ホール
11月19日(土)  山梨・コラニー文化ホール 大ホール
11月21日(月)  群馬・ベイシア文化ホール 大ホール
11月24日(木)  岩手・岩手県民会館 大ホール 
11月25日(金)  青森・リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
11月28日(月)  京都・ロームシアター京都 メインホール
11月30日(水)  石川・本多の森ホール
12月02日(金)  新潟・新潟県民会館
12月07日(水)  富山・オーバード・ホール
12月09日(金)  長崎・長崎ブリックホール 大ホール
12月10日(土)  大分・iichikoグランシアタ
12月12日(月)  鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第1ホール
12月14日(水)  愛媛・ひめぎんホール メインホール
12月18日(日)  岡山・倉敷市民会館

【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY オフィシャルHP
THE YELLOW MONKEY、熊本のライブハウスにてフリーライブを開催決定
THE YELLOW MONKEY、2017年にドキュメンタリー映画公開決定
THE YELLOW MONKEY、11月から全国ホールツアー開催決定

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

デスコアバンドINCEPTION OF GENOCIDE、1stフルアルバムから「realize」のスポットを解禁
Fri, 09 Sep 2016 20:00:00 +0900
INCEPTION OF GENOCIDE (okmusic UP\'s)

10月5日に1stフルアルバム『“do not despair”』をリリースするINCEPTION OF GENOCIDEが、同作の中から「realize」のミュージックビデオスポットを解禁した。

【その他の画像】

INCEPTION OF GENOCIDEは、メンバーにMAKE MY DAYやTHE TWISTED HARBOR TOWNといった凄腕が集った東京発の5人組。デスコア界を沸かせること間違いない強烈なビートはもちろん、その美メロにも要注目のデスコアバンドだ。

また、リリース後には大阪と東京にてリリースを記念したライヴを予定しており、どちらもチケットはプレイガイドにて発売中。併せてチェックしてほしい。

■INCEPTION OF GENOCIDE オフィシャルHP
http://www.inceptionofgenocide.com

■「realize」ミュージックビデオスポット
https://youtu.be/WXBIN0djxvw

■『INCEPTION OF GENOCIDE 1st Full Album「"do not despair"」Release Party』

10月14日(金) 大阪・アメ村DROP
open17:30/start18:00
前売 ¥2,500/当日 ¥3,000 DRINK別
出演:INCEPTION OF GENOCIDE / Last Day Dream / Victim Of Deception / Deadman Walking OA. Devil\'s Inlay

11月20日(日) 東京・渋谷club asia
open17:00/start17:30
前売 ¥2,500/当日 ¥3,000 DRINK別
出演:INCEPTION OF GENOCIDE / Last Day Dream / Victim Of Deception / FORD / andmore… OA. Zigsaw

■アルバム『"do not despair”』

2016年10月5日(水)発売
WLR-1040/¥2,160(税込)

<収録曲>
1.despair(inst)
2.it\'s my turn
3.realize ※MV曲
4.fight for your despair
5.Brain Dead
6.growing pain
7.rise(inst)
8.light it up
9.you have gone too far
10.face the truth
11.hope(inst)

【関連リンク】
コレサワ、1年振りのワンマン開催&ツアー全公演で苗字に「コレ」が入る方を無料招待
春奈るな、光の翼を纏うMV&羽が舞い散る新曲ビジュアル公開
Hilcrhyme、11月16日に結成10周年記念シングル第2弾をリリース
赤西仁&山田孝之による新ユニット、JINTAKAがデビューシングル「Choo Choo SHITAIN」MV公開

【関連アーティスト】

【ジャンル】
パンク/ハードコア

ソナーポケット、24枚目のシングル「Rain」を10月26日にリリース
Fri, 09 Sep 2016 20:00:00 +0900
ソナーポケット (okmusic UP\'s)

ソナーポケットが8年目に突入しての第一弾作品として、10月26日に通算24枚目となるシングル「Rain」をリリースすることが発表された。

【その他の画像】ソナーポケット

今作も初回限定盤と通常盤の併せて4形態でのリリースとなり、初回限定盤には「Rain」MVと撮影時のメイキング映像が収録されたDVDが付属される。なお各通常盤には「雪の花」「もう二度と…」「我武者羅」と、全て違う曲が別々にカップリング曲として収録される。表題曲「Rain」は、ソナポケワールドの真骨頂でもある、“あまりにも美しい珠玉のバラード"作品に仕上がっており、音が届くのを期待して待ちたい。

ソナポケは10月に自身2年振り2度目となるファンミーティングツアー「SSC感謝祭 Vol.2」を仙台/東京/愛知/大阪/福岡の5都市で開催する。また「イナズマロックフェス2016」など各地の大型音楽フェスや大型イベントにも出演が予定されており、ソナポケ実りの秋から引き続き目が離せない!

■シングル「Rain」

2016年10月26日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TKCA-74421/¥1,296+税
<収録曲>
■CD
1. Rain
2. 雪の花
3. Rain(instrumental)
4. 雪の花(instrumental)
■DVD
「Rain」Music Video+メイキング&オフショット

【通常盤A】(CDのみ)
TKCA-74422/¥1,000+税 
<収録曲>
1. Rain
2. 雪の花
3. Rain(instrumental)
4. 雪の花(instrumental)

【通常盤B】(CDのみ)
TKCA-74423/¥1,000+税 
<収録曲>
1. Rain
2. もう二度と…
3. Rain(instrumental)
4 もう二度と…(instrumental)

【通常盤C】(CDのみ)
TKCA-74424/¥1,000+税
<収録曲>
1. Rain
2. 我武者羅
3. Rain(instrumental)
4. 我武者羅(instrumental)

※初回盤、通常盤A、通常盤B、通常盤Cは全てジャケットが異なります。

■【ライブ/イベント情報】

「SSC感謝祭 Vol.2」
10月07日(金) 宮城 仙台PIT
10月12日(水) 東京 Zepp Tokyo
10月19日(水) 愛知 Zepp Nagoya
10月20日(木) 大阪 Zepp Namba
10月30日(日) 福岡 DRUM LOGOS

「イナズマロックフェス 2016」
9月17日(土) 滋賀県草津市鳥丸半島芝生広場
OPEN12:00 / START14:00
http://inazumarock.com/2016/

「おかやま国際音楽祭2016」
10月10日(月・祝) 岡山市下石井公演特設ステージ
START16:00
http://okayama-sc.jp/oimf/2016/

「TOHOKU DREAM COLLECTION 2016」
10月22日(土) セビオアリーナ仙台
OPEN11:30 / START12:30
http://ftg-dream.jp/

長野朝日放送開局25周年記念「abn SUPER LIVE 2016」
11月06日(日) ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
OPEN16:00 / START17:00
http://www.abn-tv.co.jp/superlive/

【関連リンク】
ソナーポケット オフィシャルHP
「a-nation stadium fes.」開幕!豪華14アーティストが観客55,000人を熱狂させた!
『イナズマロック フェス 2016』第4弾出演アーティストとしてソナポケ、HKT48らの参加を発表
九州最大級の野外音楽フェスでAAA、ソナポケ、欅坂46らが熱演

【関連アーティスト】
ソナーポケット
【ジャンル】
J-POP

モノブライト、10月より対バンツアー「Bright VerSus Tour」を開催
Fri, 09 Sep 2016 19:00:00 +0900
モノブライト (okmusic UP\'s)

モノブライトが10月より対バンツアー「Bright VerSus Tour」を開催することを発表した。

【その他の画像】モノブライト

「Bright VerSus Tour」と題された本ツアーは10月20日(木)の福岡the voodoo loungeを皮切りに、ファイナルの11月3日(木・祝)新代田 FEVERまで全国5ヶ所を回る。なお、共演者についても随時発表されるとのことなので、ぜひ楽しみに待っていただきたい。またツアーは10月12日にリリースされる初のセルフ・カバーアルバム『VerSus』を引っ提げてのツアーでもあるため、これまで発表されてきた名曲たちがどのようにリアレンジされているのか、チケットを入手してぜひ確かめに来てほしい。

気になるチケットのオフィシャル先行発売は9月10日(土)18:00より開始となる。また、モノブライトは10月8日(土)「MINAMI WHEEL 2016」、10月14日(金)「Sapporo Neutral 2016」のイベント出演も決定しているのでこちらも合わせてチェックしてみてほしい!

■【桃野陽介(Vo)からのコメント】

今回セルフ・カバーアルバム「VerSus」を引っ提げての対バンツアー「Bright VerSus Tour」を開催します。今回の対バンは、お互いのファンの皆様に良い所を見せ合って、どっちも応援してもらおうなんて生易しいモノではありません。白黒はっきり付いた異種格闘技戦です。もちろん対バン相手のミュージシャンは好きなアーティストばかりお誘いしましたが、全員敗北感を感じて帰ってもらうかもしれません。もしかしたら死者が出るかもしれません。そのくらいモノブライトが鬼になってお届けする「Bright VerSus Tour」です。2度と見る事の出来ないVSツアーを、高揚感を、ライブ体験をお届けしますので、是非アナタのその目で確かめに来て下さい!

■「Bright VerSus Tour」

10月20日(木) 福岡 the voodoo lounge
10月22日(土) 広島 BACK BEAT
10月24日(月) 名古屋 CLUB UPSET
10月29日(土) 仙台PARK SQUARE
11月03日(木・祝)  新代田FEVER

■オフィシャルサイト先行
※受付期間:9月10日(土)18:00〜9月14日(水)23:00
http://eplus.jp/monobright-16hp/

■アルバム『VerSus』

2016年10月12日発売
ASCU-2007/¥1,667+税
<収録曲>
01. 未完成ライオット (VerSus Ver.)
02. DANCING BABE (VerSus Ver.)
03. あの透明感と少年 (VerSus Ver.)
04. デイドリームネイション (VerSus Ver.)
05. 踊る脳 (VerSus Ver.)
06. COME TOGETHER (VerSus Ver.)

【関連リンク】
モノブライト オフィシャルHP
モノブライト、初のセルフカバーアルバム『VerSus』を10月にリリース
モノブライト、アニメ『ぼのぼの』エンディング曲「bonobonoする」を配信リリース
日本工学院専門学校主催『Summer tunes 2016』にCharisma.com、モノブライト、三戸なつめが出演

【関連アーティスト】
モノブライト
【ジャンル】
ジャパニーズロック

コレサワ、1年振りのワンマン開催&ツアー全公演で苗字に「コレ」が入る方を無料招待
Fri, 09 Sep 2016 18:00:00 +0900
コレサワ (okmusic UP\'s)

コレサワが9月21日に発売する3枚目のEP『ジエイポップ』を引っさげてバンド編成で開催する「J-POPしか歌えないっツアー 仲間編」、自身初となる弾き語りツアー「J-POPしか歌えないっツアー ぼっち編」の全公演が発表されているが、「仲間編」東京公演のSOLD OUTを受け、ワンマン公演 コレサワワンマンショー「コレシアター03」の開催を発表した。

【その他の画像】コレサワ

これは今秋オープンしたライブハウス 東京渋谷WWW Xにて行なわれるもので、自身1年振りのワンマン公演となる。9月9日(金)18:00からコレサワのオフィシャルHPにて最速先行が開始されるので、気になる方はぜひ応募しよう。

そして「J-POPしか歌えないっツアー」では全公演で全国の「コレサワ」さんを無料で招待することを発表していたが、全国に「コレサワ」さんがあまりに少ないため、追加で苗字に「コレ」が入る人を「コレちゃん」として無料招待することを発表した。会場で身分証明書を提示してくれた方には全額キャッシュバックも行なわれるので、全国のコレサワさん、苗字に「コレ」が入る方は是非来場してほしい!

■コレサワ ワンマンショー「コレシアター03」

2017年2月5日(日) 渋谷WWW X
OPEN 16:00/START 17:00
<チケット>
代金:¥3,200(税込、ドリンク代別500円)
一般発売:11月26日(土)
■HP先行
9月9日(金)18:00−9月19日(月・祝)23:59
http://eplus.jp/kore03hp/

■「J-POPしか歌えないっツアー 仲間編」

10月29日(土) 東京 渋谷StarLounge
w/フレンズ
11月02日(水) 愛知 名古屋ell size
w/MOSHIMO、CHAI
11月03日(木) 大阪 アメリカ村FANJ twice
w/絶景クジラ
11月05日(土) 福岡 Queblick
w/みるきーうぇい、パノラマメロウ
11月12日(土) 宮城 仙台FLYING SON
w/GOOD BYE APRIL、∞Z(ゼロゼロゼット)

■「J-POPしか歌えないっツアー ぼっち編」

11月27日(日) 東京 渋谷gee-ge.
w/macico
12月04日(日) 北海道 札幌musica hall cafe
w/LOVERSSOUL
12月10日(土) 静岡 浜松窓枠Cafe AOZORA
w/未定
12月11日(日) 京都 ROOTER
w/金木和也

■EP『ジエイポップ』

2016年9月21日発売
RECO-004 /¥1,204+税
<収録曲>
01.J-POP
02.ショートカットに憧れて
03.バックアップ
04.シンデレラ
05.おやじ
■店舗別先着特典
・Village Vanguardオリジナル特典:MV収録DVD
・タワーレコードオリジナル特典:ポスター
・HMVオリジナル特典:缶バッチ
・TSUTAYAオリジナル特典:缶バッチ

■「J-POP」MV
https://www.youtube.com/watch?v=ktH9xzzTD5A

【関連リンク】
コレサワ オフィシャルHP
コレサワ、新曲「J-POP」のMVを公開&全国の“コレサワさん”無料招待も
コレサワ、初の弾き語りツアー開催&新曲「J-POP」が『バズリズム』EDテーマに決定
コレサワ、音楽SNSアプリ「nana」とのコラボコンテストを開催! 最優秀賞は生コラボレコーディング!

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP

アズテック・カメラの『ハイランド・ハードレイン』は、ネオ・アコースティック・ブームを世界中に広めた定番アルバム
Fri, 09 Sep 2016 18:00:00 +0900
Aztec Camera『High Land、Hard Rain』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

35度を超すような暑さが毎日続くと、さわやかな音楽を聴いて少しでも涼しい気持ちになりたいもの。久々に、アズテック・カメラのデビューアルバム『ハイランド・ハードレイン』をレコード棚から取り出してみると、そのみずみずしい柔らかなサウンドに暑さを忘れて聴き入ってしまった。そんなわけで今回は、テクノポップ全盛のロック界にアコースティックなサウンドを持ち込んで成功を収めたネオアコの代表的なアルバムを紹介する。

■80年代初期のロック事情

70年代中期から音楽産業が爆発的に巨大化することで、ロックンロールが登場した50年代と同じように若者の怒りを買い、既成の音楽を一度破壊するための媒介としてパンクロックが登場する。しばらくすると、パンク自体も肥大化した音楽産業に取り込まれ、商業ベースに乗ってしまう…という状況について、これまでの名盤紹介でも都度述べてきたわけだが、これまでの音楽の変遷は、全て“アナログ録音”という同一の環境下の話であって、これが80年代に突入すると“デジタル録音”や“デジタル機器”の台頭で、ロックを取り巻く状況は一変する。

80年代初頭から、シンセサイザーをはじめとするデジタル機器の普及によって、ロックの方法論は大きく変わろうとしていた。要するに、テクノポップやエレクトロポップと呼ばれる音楽が登場、ロック、ソウル、ディスコ、ジャズなどの音楽は、一部を除いてデジタル機器を使ったレコーディングの全盛時代に突入する。YMO、クラフトワーク、バグルスなどに代表される初期のテクノポップは世界中で大流行、その後ユーロビートやニューロマンティックスへと移行しながら、その多くがダンス音楽の一部として組み込まれていく。これは80年代のデジタル機器がまだ誕生したばかりで、無機質なリズムしか演奏できなかったことと、ディスコなどでは逆にその無機質さがダンスに向いているということで受け入れられたからである。

■ポストパンクのミュージシャンの活動場所

一方、70年代後半から続くパンク〜ニューウェイヴの波も、巨大なレコード産業に取り込まれていく。ロックスピリットを持ったミュージシャンほど巨大化したレコード会社を避けるようになり、インディーズという新たな表現場所を獲得し活動していく。ジョイ・ディヴィジョン、ザ・キュアーなどの耽美派や、プレファブ・スプラウトやザ・スミスなどのメロディー重視派、エルヴィス・コステロ、ニック・ロウらのニューウェイヴ派もインディーズ出身で、80年代にはラフ・トレード、チェリー・レッド、ファクトリー、4AD、スティッフ、クレプスキュールなど、注目を集めたインディーズレーベルは数多い。

■アズテック・カメラの登場

アズテック・カメラは1980年にスコットランドで結成され、メンバーチェンジを繰り返しながら、レコードデビュー時にはギターとヴォーカルのロディ・フレームとベースのキャンベル・オウエンスの二人組となっている。81年にインディーズのポストカードから2枚のシングルを発表後、中堅の注目株であるラフ・トレードへ移籍している。そこで3枚の12インチシングルをリリース、これが地元イギリスだけでなく、日本の輸入盤専門店でも注目を集めることになる。

当時はディスコが流行っていたから、より長時間の収録が可能(言うまでもないが、当時はCDではなく、まだレコード盤が本流の時代である)で音質の良い12インチシングルが全盛で、ロックのシングルレコードも例外ではなかった。特に同じ曲のバージョン違い(エクステンドバージョンやラジオミックスなど)などにも人気が集まっていた。現在ではCD化に際してボーナストラックとして、当時の12インチシングルからバージョン違いやリミックスバージョンが収録されていることも多い。

■本作『ハイランド・ハードレイン』について

1983年にリリースされた本作は、テクノ全盛にもかかわらず生ギターを中心にしたサウンドと甘酸っぱいメロディーが詰まっていて、デジタル機器のチープな音に飽きがきている時でもあっただけに、そのみずみずしいサウンドは大いに認められ、世界的な注目を集めるほどになった。

他にもペイル・ファウンテンズ、ザ・スミス、ヤング・マーブル・ジャイアンツ、エブリシング・バット・ザ・ガール(ベン・ワットとトレーシー・ソーン)、フェルト、ブルーベルズなど、ネオ・アコースティック派は数多く存在したが、アズテック・カメラほど素直なサウンドを持ったミュージシャンはほかに見当たらなかったし、ロディ・フレームのメロディメーカーとしての際立った才能もあって、現在に至るまで多くの人に愛される結果となっている。

収録曲は全部で10曲。1曲目の「思い出のサニー・ビート(原題:Oblivious)」はラフ・トレードからの第二弾シングルで、彼らの代表曲のひとつ。青春映画のタイトルトラックとしても使えそうな、トロピカルムードあふれる軽快なナンバーで、後の渋谷系ミュージシャンたちにも大きな影響を与えたはずだ。

3曲目の「ウォーク・アウト・トゥ・ウインター」は、ネオアコ全体を代表する名曲中の名曲。当時、ラフ・トレードのミュージシャンを集めたコンピ『Radio Twelve』(‘83)に、この曲の別テイク(7分46秒におよぶロングバージョン!)が収録されていて、それが欲しいためにこのアルバムを買うはめになったことを昨日のことのように覚えている。他にも「ピラー・トゥ・ポスト」や「バック・オン・ボード」など、アズテック・カメラの代表曲というだけでなく、ネオアコの代表曲がいっぱい詰まっているので、興味のある人はぜひ聴いてみてほしい。ポストパンク〜テクノポップ全盛という時代に、アコースティックなサウンドで勝負するところに、僕は彼らのロックスピリットをビシビシ感じるのである。

時代はデジタル機器とダンス音楽を要求していただけに、彼らのやり方が時代に逆行しているかのように思っていた人も少なくなかったが、アズテック・カメラの立ち位置は、同じアコースティックでも60年代のフォークロックや70年代のシンガーソングライターの音楽とはまったく違ったテイストである。メロディーの組み立ては、ロックというよりはポップスに近いし、デジタル機器も隠し味として取り入れていることなどから見ると、むしろ90年代を見据えた最も新しいロックのスタイルを、ロディ・フレームは狙っていたのでないかと僕は考えている。

■おまけ

なお、現在リリースされている本作のCDは、12インチシングルのB面曲を3曲追加した全13曲入りバージョンが主流となっている。「ウォーク・アウト・トゥ・ウインター」のロング・バージョンやヴァン・ヘイレンの「ジャンプ」のカバーが聴きたいという人は、現在は廃盤の『カバーズ&レア』(‘94)を中古レコード店で探してください。

【関連アーティスト】
Aztec Camera
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、映画「君の名は。」の主題歌をカバー
Fri, 09 Sep 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

さて今日の一曲は。
映画「君の名は。」の主題歌でもあります、RADWIMPSの「前前前世」。
映画はまだ観る事が出来ていないけれど、絶対観に行こう!と思っている。
内容が面白そう、というのはもちろんなんだけれど、一番はやっぱり大好きなRADの曲が使われているからだ。
何度も何度も、私は彼らの歌に救われてきた。
私が尊敬する歌い手。
いつもいつも何でこんな曲作れるんだろう…とただただ感心させられる。
今回カバーをするってなった時、私の頭の中で鳴り響くコーラスがあった。
私の中のRADのイメージを表現してみました。
面白い感じに録れたかな、と思います。
是非聴いてみてください。
https://www.youtube.com/watch?v=wn8hgiytZN0

カンボジアから帰って来てから一週間。
何だか早いものだ。
飛行機の中で一睡も出来なかったのもあってか、帰って来た日は16時間くらいぶっ続けで寝続けていました。笑
…そして帰って来てからしばらく何をしていたのかというとひたすら腹痛と闘っていた、というね。笑
食あたりなのかなんなのか、まぁ色々初めての物食べたりしてたからなぁ。
とりあえず辛かったなー。笑
でもたとえ何か向こうで食べたものに当たってしまったんだとしても、私は後悔していない。
だってその国のその場でしか食べられないものってあるし、それを食べないのって何だかもったいない気がしてしまう。
とにかく何事も経験で一度は絶対挑戦してみるのもありだと思うのです。
…もちろんどんなに頑張ってもさすがに無理な物はありましたが。笑
危なくなければ食べるし、飲む。(…まぁ危なかったからこういう状況になったのかもしれませんが。笑)

それは食べ物だけに限らないと思う。
色んな事に当てはまる。
私はわりと直感を信じるタイプだから、これやったことないな…やってみた方が面白いかも!と思った瞬間考える前にまず行動する様にしている。
というか行動する様になった。
何も分からぬままカンボジアに初めて訪れた時の様に、何だかんだ飛び込んでみると見える世界もあるなって気付いたから。
何かしら自分が行動してみて、日常という名の敷かれたレールを自ら外れてみる事が人生を面白くするんじゃないかと思う。
ほんの少しの勇気を持って斜めに逸れてみるのも間違ってなんかいないんだ。
それがたとえあまりいい結果にならなかったとしても、やった後悔よりもやらない後悔の方が大きい、と私は思うから。
そして自分を見つめ直すいいきっかけにもなる。
これからも色々な事に挑戦する人間でいたい。
その度にそれを楽しめる人間でありたい。
そんな事を思うのでありました。

【関連アーティスト】
RADWIMPS, 稚菜
【ジャンル】


グッドモーニングアメリカの主催フェスにTHE BACK HORN、THE BAWDIES、SWANKY DANKが参戦
Fri, 09 Sep 2016 17:00:00 +0900
グッドモーニングアメリカ (okmusic UP\'s)

グッドモーニングアメリカが11月5日(土)に結成の地・八王子で開催する自主企画フェス「八王子天狗祭2016」。その最終出演者がついに明らかとなった。

【その他の画像】THE BACK HORN

今回発表されたのはTHE BACK HORN、THE BAWDIES、SWANKY DANKの計3組。今回の発表で全出演者17バンドが発表となった。また9月10日の10:00より「八王子天狗祭2016」のチケット一般発売が開始となる。気になる方は是非チェックしよう。

■「八王子天狗祭2016」特設サイト
http://hachiten.com

■「八王子天狗祭2016」

11月5日(土)  エスフォルタアリーナ八王子
開場開演:10:00/11:00(予定)(終演20:30予定)
出演:グッドモーニングアメリカ, アルカラ, THE BACK HORN, THE BAWDIES, フラチナリズム, GOOD ON THE REEL, Halo at 四畳半,ircle,KEYTALK, LEGO BIG MORL, ニューロティカ,Northern19,Rhythmic Toy World, STRAIGHTENER, SWANKY DANK,TOTALFAT,THE WELL WELLS

<チケット>
前売り:¥5,800(税込)
一般発売:9月10日(土)
■GET TICKET 2次先着受付
8月20日(土)昼12:00-9月4日(日)23:00
■e+2次プレオーダー
8月20日(土)昼12:00-8月28日(日)18:00

【関連リンク】
グッドモーニングアメリカ オフィシャルHP
04 Limited Sazabys、全国ツアーの対バン第一弾を解禁!
THE BACK HORN、10月19日にニューシングル&ツアーDVD同時発売決定
グドモ主催『八王子天狗祭2016』にGOOD ON THE REELら5組追加

【関連アーティスト】
THE BACK HORN, THE BAWDIES, グッドモーニングアメリカ, SWANKY DANK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1