歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年09月07日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/09/16
2016/09/15
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
04 Limited Sazabys、全国ツアーの対バン第一弾を解禁!
Wed, 07 Sep 2016 21:00:00 +0900
『eureka tour 2016』 (okmusic UP\'s)

名古屋の4人組ロックバンド、04 Limited Sazabys(フォーリミテッドサザビーズ)が9月14日にリリースする2ndフルアルバム『eureka』(ユリイカ)。同作を引っさげて行なう、バンド史上最長となる全国ツアー「eureka tour 2016」の対バン第一弾を発表した。

【その他の画像】SUPER BEAVER

今回は第一弾として、全40公演のうちの前半戦を解禁! ツアー初日となる9月20日(火)千葉 LOOK の対バンであるThe BONEZに始まり、グッドモーニングアメリカ、dustbox、SUPER BEAVER、cinema staff、sumika、My Hair is Badといった強力なバンドがフォーリミのツアーを盛り上げる。

■【ライブ情報】

『04 Limited Sazabys 「eureka tour 2016」』
9月20日(火) 千葉 千葉 LOOK
w/The BONEZ
9月22日(木) 茨城 水戸 LIGHT HOUSE
w/グッドモーニングアメリカ
9月24日(土) 栃木 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮
w/dustbox
9月25日(日) 群馬 高崎 club FLEEZ
w/dustbox
9月28日(水) 神奈川 F.A.D YOKOHAMA
w/SUPER BEAVER
9月30日(金) 埼玉 北浦和 KYARA
w/SUPER BEAVER
10月06日(木) 愛知 豊橋 club KNOT
w/cinema staff
10月07日(金) 三重 松阪 M\'axa
w/cinema staff
10月09日(日) 岐阜 CLUB-G
w/sumika
10月10日(月) 静岡 浜松窓枠
w/sumika
10月13日(木) 北海道 北見 ONION HOLL
w/My Hair is Bad
10月15日(土) 北海道 旭川 CASINO DRIVE
w/My Hair is Bad
10月16日(日) 北海道 帯広 MEGA STONE
w/My Hair is Bad
10月22日(土) 秋田 club SWINDLE
w/後日発表
10月23日(日) 岩手 盛岡 club change WAVE
w/後日発表
10月27日(木) 富山 Soul Power
w/後日発表
10月28日(金) 石川 金沢 Eight Hall
w/後日発表
10月30日(日) 長野 CLUB JUNK BOX
w/後日発表
10月31日(月) 山梨 甲府 KAZOO HALL
w/後日発表
11月02日(水) 京都 MUSE
w/後日発表
11月09日(水) 滋賀 U☆STONE
w/後日発表
11月10日(木) 兵庫 神戸太陽と虎
w/後日発表
11月12日(土) 山口 周南 RISING HALL
w/後日発表
11月13日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
w/後日発表
11月17日(木) 徳島 club GRINDHOUSE
w/後日発表
11月19日(土) 高知 キャラバンサライ
w/後日発表
11月20日(日) 愛媛 松山 WstudioRED
w/後日発表
11月23日(水) 宮崎 WEATHER KING
w/後日発表
11月24日(木) 鹿児島 CAPARVO HALL
w/後日発表
11月26日(土) 熊本 B.9 V1
w/後日発表
11月27日(日) 佐賀 GEILS
w/後日発表

『04 Limited Sazabys 「eureka tour 2016-2017〜one man series〜」』
12月07日(水) Zepp Tokyo
12月09日(金) 仙台 Rensa
12月11日(日) Zepp SAPPORO
12月16日(金) 新潟 LOTS
<2017年>
1月07日(土) 高松オリーブホール
1月13日(金) 広島 CLUB QUATTRO
1月15日(日) 福岡 DRUM LOGOS
1月20日(金) なんば Hatch
1月22日(日) Zepp Nagoya 

★日本武道館ワンマン公演決定!
2017年2月11日(土・祝) 日本武道館

【関連リンク】
04Limited Sazabys オフィシャルHP
04 Limited Sazabys、2ndフルアルバム『eureka』全曲トレーラーを解禁
一夜限りのSP企画「ONAKAMA 2016」でフォーリミ、ブルエン、オーラルが夢の競演!
04 Limited Sazabys、初の日本武道館公演を2017年2月に開催

【関連アーティスト】
SUPER BEAVER, cinema staff, dustbox, グッドモーニングアメリカ, 04 Limited Sazabys, My Hair is Bad, sumika
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア

河合奈保子のファンミーティング、坂本ちゃん司会で開催
Wed, 07 Sep 2016 20:30:00 +0900
河合奈保子 (okmusic UP\'s)

アイドルからアーティストへ。1980年代を中心に活躍した河合奈保子のイベント「〜再会の夏〜奈保子ファンミーティングin SARAVAH東京」が9月17日(土)に開催される。

【その他の画像】河合奈保子

8月31日には、DVD『河合奈保子ライブ・ベスト〜けんかをやめて〜』と写真集『再会の夏』が同時リリース。1980年代に発売された7種類のライヴビデオの中からシングルヒット曲を収めたDVDは、週間音楽DVDランキングで8位に初登場し、写真集も現在急ピッチで増刷するなど、売れ行きが好調だ。

9月17日(土)に実施されるイベント「〜再会の夏〜奈保子ファンミーティングin SARAVAH東京」は、1980年代に行なわれていたフィルムコンサートやイベントで使用していたライヴ映像の上映、彼女を敬愛するシャンソン歌手のソワレによる「奈保子トリビュートライブ」のほか、ファンによるお宝グッズ自慢、クイズ大会など、盛りだくさんの内容を予定。また、司会は80年代アイドルに詳しい坂本ちゃんが担当する。

なお、会場では写真集購入者のみが購入できる大型ポスターも展示され、写真集とポスターのセット販売も行なわれる。詳細はオフィシャルサイトへ!

■公認ファン交流サイト「NAOKO FAN MEETING 再会の夏 2016」
http://NAOKO-fanmeeting.com/

■DVD『河合奈保子ライブ・ベスト〜けんかをやめて〜』

発売中
COBA-6905/¥3,500+税
<収録曲>
01.けんかをやめて
02.ヤング・ボーイ
03.愛してます
04.17才
05.スマイル・フォー・ミー
06.ムーン・ライト・キッス
07.大きな森の小さなお家
08.夏のヒロイン
09.疑問符
10.UNバランス
11.エスカレーション
12.ラブレター
13.唇のプライバシー
14.コントロール
15.ジェラス・トレイン
16.デビュー〜Fly Me To Love
17.MANHATTAN JOKE
18.刹那の夏
19.THROUGH THE WINDOW〜月に降る雪〜
20.涙のハリウッド
21.十六夜物語
22.ハーフムーン・セレナーデ
23.Harbour Light Memories
24.悲しい人
25.スマイル・フォー・ミー
26.けんかをやめて

■「〜再会の夏〜奈保子ファンミーティングin SARAVAH東京」

日時:9月17日(土)16:00開場 / 17:00 開演
料金:Adv.3,500円(1drink付き) Door.4,000円(1drink付き)
出演:ソワレ 他 ※河合奈保子の出演はなし。
演奏:おおくぼけい(ピアノ)、うのしょうじ(ベース)、BUN Imai(ドラム)
司会:坂本ちゃん
内容:スペシャルビデオコンサート、奈保子トリビュートライブ、奈保子のお宝自慢会&トークコーナー(あなたがお持ちの奈保子のとっておきグッズをお持ち下さい。お宝自慢参加者には生写真プレゼント)、カラオケ大会〜奈保子を唄おう!
協力:日本コロムビア、マガジンハウス
http://l-amusee.com/saravah/schedule/log/20160917.php

【関連リンク】
河合奈保子、尾崎紀世彦、堀江美都子ら収録ボサノヴァ・シティ・ポップ・コンピ発売決定
年末気分よ甦れ!有名歌手が歌う紅白歌合戦の隠れ名曲
河合奈保子、デビュー35周年を記念した2枚組アルバムを発売
音楽ライターの金澤寿和が選曲・監修する和モノコンピ『Light Mellow』の2015年最新シリーズが登場

【関連アーティスト】
河合奈保子, 坂本ちゃん
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, 演歌/歌謡曲

いきものがかり、10周年記念ライヴファイナルへ向けて地元の海老名・厚木が“超”盛り上がり!
Wed, 07 Sep 2016 20:00:00 +0900
いきもの電車 (okmusic UP\'s)

2016年3月15日にメジャーデビュー10周年を迎えたいきものがかり。それを記念した彼らの地元・神奈川県海老名市と厚木市での大型野外ライヴイベント「超いきものまつり2016 地元でSHOW!!」の残り2公演となる厚木公演「超いきものまつり2016 地元でSHOW!!〜厚木でしょー!!!〜」が、9月10日(土)、11日(日)に厚木市荻野運動公園で開催される。

【その他の画像】いきものがかり

それに向けて、地元である海老名、厚木が“超”盛り上がっている。まず、小田急電鉄による1編成まるごといきものがかりの「いきもの電車 超いきものばかりミュージアム」の運行。そして、ライヴ当日の臨時便ロマンスカー「ロマンスカーで行くでしょー号」の運行。小田急海老名駅と本厚木駅での記念入場券の発売(海老名駅分は終了)。海老名ビナウォークと本厚木ミロードでの「いきものがかり 地元におかえりキャンペーン」の開催。

そして、東名高速道路の海老名サービスエリアと厚木パーキングエリアでは、「海老名SAも厚木PAも応援でしょー!!!」と題し、いきものがかりの地元ライヴを応援するフェアが行なわれている。「超メロンパン」の販売もあるそう!

これだけ地元に熱く応援されている、いきものがかりのデビュー10周年記念地元凱旋ライヴ。ちなみに、ソールドアウトとなっていた9月10日(土)、11日(日)に厚木市荻野運動公園で行なわれる「〜厚木でしょー!!!〜」のチケットも、会場設営を受けた販売可能席の直前販売が実施されるという。チケットの直前販売は、9月8日(木)12:00から! ぜひゲットして、このアニバーサリーライヴに足を運んでみよう。

■小田急特設サイト
http://www.odakyu.jp/ouenkikaku/
■NEXCO中日本サイト
http://sapa.c-nexco.co.jp/special?id=848
■「超いきものまつり2016」9月10日(土)、11日(日)厚木公演のチケット直前販売受付(※先着順での販売)
https://ticket-every.jp/all/ikimonomatsuri2016
■いきものがかりデビュー10周年特設サイト
http://ikimonogakari.com/cho-10nen/

【関連リンク】
いきものがかり オフィシャルHP
いきものがかり、10周年記念ライブに明石家さんま乱入で“さんまワールド”に!?
いきものがかりのヴォーカル・吉岡聖恵が、新曲「ラストシーン」MVで本格演技に初挑戦
いきものがかり、デビュー10周年特別企画でオリジナルアルバム5作をハイレゾ配信

【関連アーティスト】
いきものがかり
【ジャンル】
J-POP

Gacharic Spin、7つの発表ラストはLINE LIVE生放送番組の決定
Wed, 07 Sep 2016 19:30:00 +0900
Gacharic Spin (okmusic UP\'s)

10月に迎えるバンド結成7周年を記念して、7月7日より7の付く日に7つの発表をスタートさせたGacharic Spin(ガチャリックスピン)。その最後となる第7弾として、9月1日(木)にGacharic SpinのLINEオフィシャルアカウント(アカウント名:gacharicspin)が開設、そしてメジャー2ndアルバム『確実変動 ?KAKUHEN-』リリースを記念して、LINE LIVE生番組『Gacharic Spinの“ゴー!ラインバー”』の第1回放送を9月12日(月)20:30より配信することが発表された。

【その他の画像】Gacharic Spin

第1弾発表は、メジャー2ndアルバム『確実変動 ?KAKUHEN-』の9月7日リリース決定。第2弾は、8月毎週木曜日ニコニコ生放送実施決定。第3弾は、アルバムジャケット&アーティスト写真&収録曲名公開。第4弾は、アルバム初回生産分の中から777枚にメンバー直筆メッセージ入り「ラッキー7カード」封入。第5弾は、アルバム収録全12曲30秒音源先行試聴スタート。第6弾は、アルバム収録曲「KAKUHEN」がテレビ朝日系全国放送『musicるTV』の9月度オープニングテーマに決定。それに続く、今回のアナウンスとなった。

アルバム収録曲「ゴー!ライバー」と“LINE”を文字ったタイトルのこの番組では、10月からスタートする全国ツアー「な・な・なんと7周年」のファイナルである11月12日(土)に行なわれるTOKYO DOME CITY HALL公演のちょうど2か月前にあたる9月12日(月)に、Shibuya WWWでの7日間連続ライヴ「な・な・なんと7日間!!!!!!!」を前日に終えたばかりのメンバー6名全員が登場し、WWWライヴの裏話やアルバム『確実変動 ?KAKUHEN-』制作秘話、そして全国ツアー「な・な・なんと7周年」についてのトークなどを繰り広げる予定だ。

【Gacharic Spinメンバー コメント】
今日は待ちに待った『確実変動 -KAKUHEN-』発売日!
たくさんの人に聴いてもらえますように♪
感想もお待ちしてますよー!!
そして7周年の7にちなんで7つの発表をしてきた私達ですが、最後は…LINEの公式アカウントを開成したのでLINE LIVEをやりたいと思います★
番組名は「ゴー!ラインバー」! みんな集合ですよー!!
只今Gacharic Spinは11日まで連続7日間ライブ!
ぜひアルバム『確実変動 ?KAKUHEN-』を聞いてライブで一緒に騒いじゃいましょう♪
連続ライブが終わった翌日はLINE “LIVE”でみんなに会えるのを楽しみにしています!

■『Gacharic Spinの“ゴー!ラインバー”』

9月12日(月)20:30〜21:30
https://live.line.me/r/channels/25405/upcoming/34236

<視聴方法>
上記の視聴URLにアクセス。視聴予約も可能。
※LINEアプリは、以下よりダウンロード可能。
・iPhone
https://lin.ee/goCPbh2/dtzb/ta
・Android
https://lin.ee/4C8u0Ln/dtzb/ta

■アルバム『確実変動 ?KAKUHEN-』

2016年9月7日発売 
【初回生産限定盤Type-A 】(CD+DVD)
VIZL-1025/¥3,426+税
【初回生産限定盤Type-B】(CD+DVD)
VIZL-1026/¥3,426+税
【通常盤】(CD)
VICL-64619/¥2,685+税
<収録曲>
■CD
01 KAKUHEN
02 Friendship
03 シャキシャキして!!
04 ゴー!ライバー
05 最後のピース
06 パラリヤハッピー
07 恋愛スイッチ
08 胸を張ってもいいんだよ
09 シナリオ
10 白がこの街と僕を染める
11 リスキーリスキー
12 アルブスの少女
■初回生産限定盤Type-A DVD 
1. シャキシャキして!! Music Video
2. シャキシャキして!! MV Making
■初回生産限定盤Type-B DVD  
1. LIVE「オレオさんの婚活ツアー\'16春 〜新しい出会いを求めて〜」 2016.05.28
常識デストロイヤー、ガンバンバダンサー、シャキシャキして!!
2. LIVE「オレオさんの婚活ツアー\'16春 〜新しい出会いを求めて〜」 Making Movie

※全3形態初回生産分の内ランダムに“777"枚、 メンバー直筆メッセージ入り特製「ラッキー7カード」封入

■『Gacharic Spin ワンマンツアー「な・な・なんと7周年!!!!!!!」』

10月08日(土) 埼玉 HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
10月10日(月) 静岡 SUNASH
10月15日(土) 福岡 BEAT STATION
10月16日(日) 広島 SECOND CRUTCH
10月23日(日) 新潟 GOLDEN PIGS RED STAGE
10月29日(土) 大阪 umeda AKASO
10月30日(日) 愛知 名古屋Electric Lady Land
11月03日(木) 北海道 札幌 cube garden
11月05日(土) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
11月12日(土) 東京 TOKYO DOME CITY HALL

【関連リンク】
Gacharic Spin オフィシャルHP
Gacharic Spin、“7"つの発表第6弾は『musicるTV』9月度オープニングテーマ決定
でんぱ組.inc・POLYSICSら出演『ESP学園presents COLORS2016』がMUSIC ON!TVにてオンエア
Gacharic Spin、7つの発表第5弾はニューアルバム全曲30秒先行試聴

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
ジャパニーズロック

家入レオ、4thアルバム『WE』のツアー会場限定盤の発売が決定
Wed, 07 Sep 2016 19:00:00 +0900
アルバム『WE』【ツアー会場限定盤】 (okmusic UP\'s)

9月17日(土)の埼玉・三郷市文化会館大ホールを皮切りに、20公演の自己最多、初の全国ホールツアー「5th LIVE Tour 2016〜WE|ME〜」を開催する家入レオ。このツアーの各会場において、7月6日にリリースした4thアルバム『WE』のツアー会場限定盤が発売されることがわかった。

【その他の画像】家入レオ

これは9月7日(水)、ビクター公式LINE LIVE『6時のラジオ』で発表されたもの。同日の『6時のラジオ』では、まずNHK・民放連共同ラジオキャンペーンin福岡「#フクラジ」キャンペーンソングを担当する家入レオが、8月29日(月)に開催された同キャンペーンのキックオフイベントに出演した模様が初公開となった。

このキャンペーンは、2011年度からNHKと民放連が共同で取り組み、東京・大阪・名古屋・東北・北海道と各地を回り、今年度の舞台が福岡となった。福岡にある6つのラジオ放送局(NHK、RKBラジオ、KBCラジオ、FM福岡、cross fm、LOVE FM)が、“ラジオを聴くきっかけと魅力あふれる番組づくりを一層めざしていこう”というラジオキャンペーンだ。

キャンペーンソングは4thアルバム『WE』に収録の「そばにいて、ラジオ」で、地元・福岡への想いを込めたこの曲を福岡のオーディエンスの前で初歌唱する姿が公開された後、ツアー会場限定盤の発売も明らかになった。

ツアー会場限定盤はアルバム『WE』のCDをLPサイズジャケット仕様にし、さらにスペシャルフォトを掲載したLPサイズのブックレットを封入した特別パッケージとなっており、今回開催される20ヶ所のツアー会場で限定販売される。

なお、会場で販売されるアルバム『WE』(ツアー会場限定盤、初回限定盤、通常盤)の購入者特典として、先着でもれなくスペシャルグッズが当たる抽選会に参加できるとのこと。スペシャルグッズは、A賞が直筆サインとツアーの日付が入った特製カードケース、B賞が直筆サインとツアーの日付が入った特製リールキー、C賞がプリントサイン入りの『WE』スペシャルポスターとなっている。

■アルバム『WE』

2016年9月17日発売
【ツアー会場限定盤】
NCS-904/¥3,056+税
※LPサイズジャケット仕様
※スペシャルフォト掲載LPサイズブックレット封入
<収録曲>
01.僕たちの未来
02.Brand New Tomorrow
03.君がくれた夏
04.恍惚
05.Party Girl
06.I Wish
07.we
08.Hello To The World
09.シティボーイなアイツ
10.さよなら Summer Breeze
11.そばにいて、ラジオ
12.Every Single Day
13.オバケのなみだ(bonus track)

■「5th LIVE Tour 2016〜WE|ME〜」

9月17日(土) 埼玉 三郷市文化会館 大ホール
9月21日(水) 新潟 りゅーとぴあ・劇場
9月24日(土) 兵庫 たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール
9月25日(日) 広島 JMSアステールプラザ大ホール
9月30日(金) 北海道 幕別町百年記念ホール
10月01日(土) 北海道 札幌市教育文化会館 大ホール
10月08日(土) 宮城 イズミティ21 大ホール
10月10日(月) 神奈川 秦野市文化会館 大ホール
10月16日(日) 千葉 君津市民文化ホール
10月18日(火) 長野 駒ヶ根市文化会館
10月22日(土) 島根 出雲市民会館
10月29日(土) 愛知 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
10月30日(日) 静岡 焼津文化会館 大ホール
11月03日(木) 和歌山 紀南文化会館
11月04日(金) 滋賀 守山市民ホール
11月06日(日) 大阪 大阪国際会議場 メインホール
11月12日(土) 岡山 倉敷市芸文館
11月13日(日) 山口 周南市文化会館
11月19日(土) 福岡 福岡サンパレスホテル&ホール
12月10日(土) 東京 東京国際フォーラム ホールA

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
高橋優、自身が主催する野外フェス『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』が大盛況!
家入レオ、『SUMMER SONIC 2016』大阪会場の新ステージに登場
家入レオ、初出演の宮崎Jamで約7,500人を魅了

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP

GRAPEVINEの初期傑作『Lifetime』に見る、優れた芸術作品ならではの表現スタイル
Wed, 07 Sep 2016 18:00:00 +0900
『Lifetime』(’99)/GRAPEVINE (okmusic UP\'s)

現在、盟友とも言えるTRICERATOPSと対バン形式で、ライヴツアー『IN A LIFETIME』を決行中のGRAPEVINE。このツアーは2014年以来、2回目となる“アルバム再現ライヴ”で、文字通り、1枚のアルバムを曲順に沿って生演奏で再現するというライヴステージだ。今回、GRAPEVINEは『退屈の花』、TRICERATOPSは『TRICERATOPS』と、共に98年リリースの1stアルバムを演奏するということで、新旧ファンの垣根を超えて話題となっている。前回の本コラムでは『TRICERATOPS』を取り上げたので、併せてGRAPEVINEは『退屈の花』を…とも考えたが、バインと言えば、やはりこちらでしょう! バンド史上最高傑作との呼び声も高い『Lifetime』を紹介する。

【その他の画像】GRAPEVINE

■テーマが不明確だからこその芸術

「何がテーマだなんて、簡単に言えるならこんな苦労をして、映画なんて創らないよ。ひと言で言えるなら、プラカード持って町を練り歩くさ」。映画監督、黒澤明が残した言葉である。名言であり、至言と言っていいと思う。確かに、言いたいことがはっきりしているなら、それを言うなり書くなりすればいいわけで、コミュニケーションの手段としてはそうするのが早い。しかし、人間の思うところ、考えるところ、感じるところはそんなに単純ではない。色に例えると、それらは決して原色ばかりではなく、中間色であったり、あるいはマーブルであったり、グラデーションであったりするのが普通である。だからこそ、映画は時間をかけて物語を練り、人を配し、画を撮り、音を録り、フィルムをつなげるのだろう。映画に限らず同様のことは芸術全般に当てはまると思う。無論、音楽もしかり。簡単に説明できる感情や思想なら、それを書いたプラカードを持って町を練り歩けばよい。それらが複雑であったり、捕らえどころがなかったりするからこそ、メロディーがあり、リズムがあり、楽器のアンサンブルがあるのだろうし、もっと言えば、アーティストたちはそれらを何曲も集めてアルバムを作るのだろう。時々、「今回のアルバムのテーマは何ですか?」なんて質問を見かけるが、これは完全に御法度。ちなみに黒澤明はインタビューで「この映画は何がテーマですか?」と聞かれると、決まって不機嫌になったと言われる。我々も気を付けなければいけない。

即ち、大抵のアーティスト、ミュージシャンが発信しているものはそんなに簡単に言葉で説明できるものではないということになる。歌詞は言葉であるだけに作者の感情や思考がその他の要素以上に伝達されやすい印象もあるが、さにあらず。実際、《人にやさしく してもらえないんだね/僕が言ってやる でっかい声で言ってやる/ガンバレって言ってやる》(THE BLUE HEARTS「人にやさしく」)や《僕等は泣くために 生まれてきたわけじゃないよ/僕等は負けるために 生まれてきたわけじゃないよ》(同「未来は僕等の手の中」)辺りは比較的に分かりやすいメッセージと受け取れるが、《ドブネズミみたいに美しくなりたい/写真には写らない美しさがあるから》(同「リンダリンダ」)は字義通りには読み取りづらかったりする。また、“分かりやすい”とは書いたが、上記の歌詞はいずれも行間を読ませるに十分で、文章だけでも味わい深い代物だ。こうした作風は、何も甲本ヒロト、真島昌利に限ったものではなく、井上陽水、桑田佳祐らの御大にも見られるし、それこそ洋楽では枚挙に暇がないので、これはある意味、ロックの醍醐味と言えるのかもしれない。前置きが随分と長くなったが、歌詞と言えば、GRAPEVINEを忘れてはならないであろう。その文学的な歌詞は当代随一、いや、上記大御所にも匹敵する邦楽史上、屈指の表現スタイルではないかと思う。

■曖昧でありつつも深みのある歌詞

《素晴らしき迷路に舞うメッセージ/見とれては消えた/めぐりあうたびに溺れて 見失うたびに胸焦がしてた/願いは波に揺られて まだ見えない明日へ/何も変わらない朝へ》(M2「スロウ」)。
《そうきっと 急ぎ疲れたんだ ほんの少し/情熱を 抱えたままで立ってたのさ/何もかも全て受止められるなら 誰を見ていられた?/涙に流れて使えなかった言葉を 空に浮かべていた/いつも いつも/心はただここにあった》(M4「光について」)。
《捨てられない言葉が唯邪魔になるだけ/願ってはみた――/"さよなら"の暑さがまた僕等を焦がした/こころが真白にした 君がいない空/舞上っては消えるから》(M10「白日」)。
《真夏に咲いた花は枯れて/あの日歩いた道忘れて/話疲れた夜を越えて/息を染めた/無駄な夢を見てました 意味の脆さも知ってた/壁の前に立ち尽した 君の姿を見つけた》(M12「望みの彼方」)。

いずれの歌詞も物語がはっきりと分かるものではない。心情の吐露、あるいは回顧のようだが、それすらも明確ではない。しかし、明日がまだ見えなかったり、言葉は涙に流れて使えなかったり、あるいは捨てられずに唯邪魔になるだけだったり、花は枯れたり、無駄な夢を見たりと、決して明るい内容でないことは何となく分かる。無常観と言ってしまうと具体的になりすぎて色気をなくすのかもしれないが、そんな感じであり、行間だらけ──いや、行間を読むというより、雰囲気を汲み取るのが精いっぱいといった印象だ。この曖昧でありつつ(曖昧であるがゆえに…とも言えるか?)、深みがある歌詞はGRAPEVINEというバンドの大きな特徴であり、武器と言える。作詞を手掛ける田中和将(Vo&Gu)は、過去のインタビューで歌詞は自らの体験から導き出されたものであることを認めていたので、リリックの内容に虚偽はなかろう。また、「聴いてくれてる人たちが、音楽に触発されて、それぞれの映像を見てくれれば一番だと思う」とも述べていたそうで、あえて想像の余地を残しているのは間違いない。その結果、作り手と受け手との間に、その組み合わせそれぞれにしかあり得ない接合点が生まれるのだと思う。そこに相互作用が働いているかどうか分からないものの、少なくともこの活動そのものは芸術の根幹と言える。

■旋律、サウンドにも内包された芸術性

随分と大仰な書き方をしてしまったが、誤解を恐れずに言えば、GRAPEVINEのリリックは小難しいものもあるのだが、その小難しさを小難しいままに出しているではなく、きちんとポップミュージックと成立させている点が彼らのすごさだろうと思う。その要因は言わずもがな、いいメロディーとサウンドにある。メロディーはメンバー全員が手掛けるが(この時期は4人)、世評が高いのは亀井亨(Dr)の作る旋律であろう。ものすごくキャッチーというわけでも、分かりやすい大衆性を帯びているわけでもなく──加えて言えば、田中のヴォーカリゼーションも極めて個性的なわけでも、圧しが強いわけでもないのだが、それゆえにか、何者にも似ていないGRAPEVINEらしさを生み出している。これまた言葉にしてしまうのは何とも色気のない話だが、ウエットと言おうか、センチメンタルと言おうか、叙情的と言おうか、実にエモーショナルなメロディーである。

ギターサウンドはさらにエモーショナルだ。ソウルミュージックとは別の意味でソウルフルと言ってもいい。西川弘剛(Gu)が奏でるギターはオルタナ系のラウドさ、ノイジーさを如何なく発揮しているが、レッド・ツェッペリン=ジミー・ペイジの影響を感じさせるメロディアスさを随所で響かせている他、M1「いけすかない」、M6「Lifework」、M 11「大人(NOBODY NOBODY)」等ではブルースフィーリングを感じさせるなど、ベーシックにはオールドスクールなロックンロールやR&Bがあることも分かる。それでいて泥臭くないように仕上げているのは、本作から5thアルバム『another sky』までタッグを組んだプロデューサー、根岸孝旨氏の功績もあるのかもしれない。M13「HOPE(軽め)」ではサイケデリックなサウンドを施してはいるが、洋楽マニアが趣味的にやっているような、“これ見よがし”感全開のそれではないところにも好感が持てる。サウンド面においても、偏った鳴りを見せていないのもGRAPEVINEらしさと言えるかもしれない。

さて、まとめると、曖昧だがそれゆえに想像の余地を残す歌詞、エモーショナルだが押し付けがましくないメロディー、ソウルフルだがしっかりと抑制されたバンドサウンドが三位一体となっているのがGRAPEVINEである。わざと回りくどい言い方をしたが、要するにこのバンドを構成する要素には、はっきり“これだ!”と言及できるものが少ないのである。しかしながら、彼らの音楽を聴いたことがある人、あるいは恐縮ながらここまでの拙文を読んでいただければ説明の必要はなかろうが、GRAPEVINEの音楽には、それを聴いた時、受け手の精神、感覚に何らかの変動があるものであることは間違いない。これまた彼らの芸術的センスを証明するところである。その上、この『Lifetime』がデビュー2年目の99年に発表された2ndアルバムであることも忘れてはならない。栴檀は双葉より芳しであり、秀才は晩成にしかず──『Lifetime』はGRAPEVINEがそういうバンドであることを示す名盤である。

【関連リンク】
佐野元春、18歳選挙権を祝して主催イベントに18歳&19歳を無料招待
GRAPEVINE、ツアー広島公演で高野寛プロデュースのニューシングルリリースを発表
GRAPEVINE、2015年第一弾アルバム&ライヴ映像作品同時リリース決定
GRAPEVINEが移籍後初の全国ツアーファイナルを開催

【関連アーティスト】
GRAPEVINE
【ジャンル】


結花乃、デビューミニアルバム『花一匁』がいよいよ9月7日に発売!
Wed, 07 Sep 2016 18:00:00 +0900
結花乃 (okmusic UP\'s)

結花乃がピースボイスエンターテイメントレーベルより、初の全国流通盤となるデビューミニアルバム『花一匁』を9月7日にリリースする。

【その他の画像】結花乃

医大を卒業後、看護士を経てシンガーソングライターとなった異色の経歴の持ち主の結花乃。吐息のようなブレッシーボイスと透き通るクリスタルボイスを持ち合わせる実力派シンガーソングライターで、多くの音楽関係者より高い評価を得てわずか2年の音楽歴ながら今回リリースの運びとなった。

結花乃は本アルバム収録曲の全曲作詞を担当。作曲も6曲中4曲を自らが手がけ、アルバムジャケットや「花一匁」MV内のイラストはすべて結花乃本人が描いている。また、アルバムのプロデューサーには音楽ライターの長井英治氏を起用。全ての楽曲が"花"をモチーフとしたものになっており、叙情的な歌詞が独特の世界観を醸し出している。

結花乃は9月7日(水)にHMV&BOOKS TOKYOにて行なわれるデビューイベントを皮切りに、リリースイベントで精力的に全国を廻る予定。ぜひ足を運んでみてはいかがだろうか。

■ミニアルバム『花一匁』

2016年9月7日発売
<収録曲>
1.Prologeu 
2.花一匁
3.乙女の華歌
4.黄色いヒヤシンス
5.ひみつの花
6.また明日 〜タイムスリップ〜

■【リリースイベント情報】

9月07日(水) HMV&BOOKS TOKYO 6Fイベントスペース
19:30〜
9月08日(木) 新宿・ディスクユニオン dues新宿(参加には条件がございます)
OPEN 19:15 / START 19:30
9月10日(土) 埼玉・イオンレイクタウンkaze 光の広場
12:00 / 14:00
9月11日(日) 神奈川・ダイナシティ小田原 ウエスト1Fキャニオン
12:00 / 15:00
9月17日(土) 埼玉・イオンモール与野 1階リーフコート
12:00 / 15:30
9月18日(日) 東京・イオンモール日の出 専門店街1階 メインコート
13:00 / 15:00
9月19日(月) 静岡・タワーレコード静岡店 店内イベントスペース
13:00 / 15:00
9月22日(木・祝) 静岡・プレ葉ウォーク浜北 1階プレ葉コート
13:00 / 15:00
9月24日(土) 愛知・イオンモール大高 3F タワーレコード前 特設イベントスペース
13:00 / 15:00
10月10日(月) 長野・イオンモール上田
時間未定

【関連リンク】
焚吐、SPアコースティックライブはファンからの投票でセットリストを決定
尾崎裕哉、父の声を受け継ぐ1stシングル「始まりの街」をサプライズ・リリース
高橋優、自身が主催する野外フェス『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』が大盛況!
京都発MOLE HiLL、無料ライブで関東席巻!

【関連アーティスト】
結花乃
【ジャンル】
J-POP

androp、ニューアルバムを10月にリリース
Wed, 07 Sep 2016 00:30:00 +0900
アルバム『blue』【通常盤】 (CD)  (okmusic UP\'s)

ベスト盤『best[and/drop]』も記憶に新しいandropが、ニューアルバム『blue』を10月12日に発売することを発表した。全曲新録である今作は内澤崇仁作詞作曲の楽曲の他に、初の試みとして全てのメンバーが作詞作曲を手掛けている。

【その他の画像】androp

そして、今作のアートワークには国内外の様々なアーティストのアートワーク、雑誌や広告等幅広く手掛けるデジタルアーティストRYOHEI HASEが参加。一見、美しく見える人にもその裏側には多種多様な感情が隠されているというそんな人間の二面性を繊細なタッチで表現している。

また、androp会員サイト限定盤には収録楽曲のデモ音源3 曲の中から1曲をランダムで聴くことができる、シリアルナンバーが封入されている。 本日9月7日から立ち上がった特設サイト内コンテンツでこのシリアルナンバーを入力するとデモ音源が聴ける仕組み。もちろん、デモ音源の公開はandrop初となる。しかも、このシリアルナンバーを解き明かすのにも、本作品を手に取って初めて分かる仕掛けが施されているようだ。

さらに、10月1日からスタートする『one-man live tour 2016 "best blueprint"』ツアー会場にて通常盤の会場限定先行販売が開始される。

andropがこれまで敢えて表現する事の無かった「光、希望」に対しての「闇、人間の黒い部分」が彼らのライヴでどう昇華されていくのかぜひ非自分の目で観て、実際に体感してほしい。

■アルバム『blue』

2016年10月12日発売
【androp 会員サイト限定盤】(CD+特殊パッケージ仕様)
ZXRC-2006/¥4,167+税
【通常盤】(CD)
ZXRC-2005/¥1,852+税

■『one-man live tour 2016 "best blueprint"』

10月01日(土) 福岡 DRUM LOGOS
10月07日(金) 宮城 Sendai Rensa
10月10日(月祝) 愛知 Zepp Nagoya
10月12日(水) 大阪 Namba Hatch
10月16日(日) 東京 Zepp DiverCity

【関連リンク】
androp オフィシャルHP
寝苦しい夜、あきらめてベッドから身を起こして聴きたい曲
androp、生花にプロジェクションマッピングを施した「Hana」のMVを公開
andropの内澤崇仁(Vo&Gu)、弾き語りで初のインストアライヴ実施

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ポニーキャニオン50周年! 記念本、イベント、50時間連続放送などが目白押し!!
Wed, 07 Sep 2016 16:00:00 +0900
ポニーキャニオン50周年 ロゴ (okmusic UP\'s)

10月1日(土)に創立50周年を迎えるポニーキャニオン。今年をメモリアルイヤーとし、さまざまなイベント・企画を実施することが決定した。

【その他の画像】奥華子

まず10月8日(土)〜10月10日(月)の3日間。アイドル、声優、EXIT TUNESそれぞれに特化した豪華ライヴイベントをニッショーホールで開催! また10/8(土)には、港区・増上寺で「ポニーキャニオン創立50周年記念スペシャル・アニバーサリー・ステージ」を実施し、「みなと区民まつり」増上寺大殿前ステージにつるの剛士、奥華子、城南海、吉田山田が登場、ステージを大いに盛り上げるという。

また50周年を祝し、10月8日(土)12:00〜10月10日(月)14:00の期間、ポニーキャニオン50周年50時間連続放送「ポニキャン50TV(ぽにきゃんごーてぃー?ぃー)」と題した50時間連続放送も! こちらはニコニコ生放送(公式)とLINE LIVEで配信される。

さらに9月30日(金)、本社の位置する虎ノ門地区とのコラボレーション企画として、50周年記念本『トラぺこ』を発売! 虎ノ門のカフェ、グルメ、パワースポットなどの情報はもちろん、アーティストが考案したオリジナルメニューや、虎ノ門秘蔵スポットでのアーティスト対談、クーポン情報など、おトクな情報が盛りだくさんな一冊となる。

その他にもスペシャルな企画が盛りだくさん! 情報は随時更新されていくとのことだ。

■ポニーキャニオン50周年記念特設サイト
http://50th.ponycanyon.co.jp

■【イベント】

■「ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭〜PONY CANYON 50th Anniversary Special〜」
ポニーキャニオン所属のアイドルが一堂に集結するニコニコ生放送のアイドル番組『ぽにきゃん!アイドル倶楽部』のスペシャルイベントを開催します! 今回はアイドル倶楽部のメンバーが50周年を記念して盛大なフェス形式でライヴを行ないます!
・日程・場所:10月8日(土)ニッショーホール
17:30開場/18:00開演
・出演:ベイビーレイズJAPAN、バンドじゃないもん!、マジカル・パンチライン、さんみゅ〜、がんばれ!Victory、Ange☆Reve、クロユリfrom夏の魔物
・公式サイト
http://idol.ponican.com/
・チケット販売
http://w.pia.jp/t/pc-idolclub/

■「P\'s LIVE TORANOMON SP〜50th ANNIVERSARY〜」
ポニーキャニオンに所属する声優アーティストが出演するライヴイベント「P\'s LIVE!」が、今回50周年記念スペシャル版として虎ノ門で開催されます! ここでしか観られない声優アーティストによるスペシャルなライヴをお楽しみください!
・日程・場所:10月9日(日)ニッショーホール
(1)12:30開場/13:00開演
(2)15:30開場/16:00開演
(3)18:30開場/19:00開演
・出演:竹達彩奈、三森すずこ、遠藤ゆりか、内田真礼、MICHI、久保ユリカ、和島あみ(※各回によって出演者が異なりますので、下記URLでご確認ください)
・チケット販売
http://special.canime.jp/50th/

■「ぽにきゃん50周年イベント 後夜祭 -昼の部- 『ACTORSイベント〜天翔学園番外編〜』」
私立天翔学園の生徒・先生たちを男性声優が演じ、人気ボーカロイド曲を歌唱する新たな歌ってみたCD『ACTORS』。普段のイベント内容とは一味違う、50周年記念イベントに相応しいバラエティ豊かな内容でお届け♪
・日程・場所:10月10日(月)ニッショーホール
11:30開場/12:30開演
・出演:高橋直純、野島健児、速水奨、緑川光 他
・チケット販売
http://special.canime.jp/actors/ticket/

■「ぽにきゃん50周年イベント 後夜祭 -夜の部- 『みんなで歌おう♪ P\'s ANISON SHOUT NIGHT -ULTRA MEGA MIX-』」
50周年イベントの最後を飾る、グランドフィナーレ! 大ヒットアニソンを出演者と一緒にシャウト! アニソンDJあり、ヲタ芸あり、鳴り物、光り物、なんでもあり。全員参加で盛り上がる、怒涛のアニソンメガヒットメドレー!!
・日程・場所:10月10日(月)ニッショーホール
17:00開場/17:30開演
・出演:井上喜久子、田中真弓、野島健児、吉田尚記(ニッポン放送)、アニソンディスコ、PCF(DJけいたん from RAB(リアルアキバボーイズ)/ただのん/暴徒)、ギニュ〜特戦隊、他…シークレットゲストあり!
・チケット販売
http://special.canime.jp/50th/

■「ポニーキャニオン創立50周年記念スペシャル・アニバーサリー・ステージ」
50周年を記念し、みなと区民祭りとのコラボレーションライヴ! ポニーキャニオン所属のアーティストが、自身の代表曲はもちろん、50年間を彩ってきた過去の名曲を特別にカバーし、老若男女全ての皆様が楽しめるスペシャルなライヴを披露します!
・日程:10月8日(土)
13:30開演
・出演:つるの剛士、奥華子、城南海、吉田山田

■【50周年記念グッズ】

ポニーキャニオンの50周年を記念したスペシャルなグッズを販売します! アイドル倶楽部のコラボTシャツ、「P\'s LIVE」のコラボTシャツ、そして“Happy”をテーマに声優アーティストが考案したオリジナルデザインのTシャツを販売します!
・10月8日(土)より順次発売開始
・グッズ:ぽにきゃん!アイドル倶楽部×50周年コラボTシャツ、P\'s LIVE TORANOMON SPコラボTシャツ、三森すずこ×50周年コラボTシャツ、竹達彩奈×50周年コラボTシャツ、内田真礼×50周年コラボTシャツ、久保ユリカ×50周年コラボTシャツ

■50周年記念本『トラぺこ』

虎ノ門のカフェ、グルメ、パワースポットなどの情報はもちろん、アーティストが考案した『トラぺこ』オリジナルコラボメニューや、虎ノ門秘蔵スポットでのここでしか聞けないコラボトークなど情報盛りだくさんの1冊! 虎ノ門エリア20店舗で使えるクーポン付き!
・9月30日発売
・掲載アーティスト:叶姉妹×三森すずこ、内田真礼×MICHI・花守ゆみり・遠藤ゆりか、つるの剛士×城南海、w-inds.×Lead、奥華子×竹達彩奈、下野紘 他

■ポニーキャニオン50周年50時間連続放送「ポニキャン50TV(ぽにきゃんごーてぃー?ぃー)」

ポニーキャニオンの音楽、映画、バラエティー、アニメから虎ノ門コラボグルメまでを一気に楽しめる特別番組を50時間連続で放送します! 笑いあり、涙あり、セクシーあり(!?)となんでも楽しめる50時間です!
・日程:10月8日(土)12:00〜10月10日(月)14:00
・ニコニコ生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv274683239
・LINE LIVE
https://live.line.me/r/channels/499/upcoming/33302

<10月8日(土)放送番組>
(1)ポニーキャニオンの秘蔵っ子・永野ちゃんと仲間たちが送る「ポニーキャニオン50周年」を祝う集会
・出演:永野、浜辺のウルフ、シオマリアッチ、ザ・ツイスターズ、パーティ内山、カミナリ、あがすけ
・番組概要:大ブレイク中・永野のネタはもちろん、グレープカンパニー所属の注目の若手芸人たちのネタを披露! さらに、ポニーキャニオン50年の歴史を振り返りながら盛大にお祝い!

(2)ぽにきゃん!アイドル倶楽部感謝祭舞台裏中継
・出演:吉田尚記(ニッポン放送)、ベイビーレイズJAPAN、バンドじゃないもん!、マジカル・パンチライン、さんみゅ〜、がんばれ!Victory、Ange☆Reve、クロユリfrom夏の魔物
・番組概要:「ぽにきゃん!アイドル倶楽部 感謝祭〜PONY CANYON 50th Anniversary Special〜」の舞台裏をニッショーホールから生中継。

(3)w-inds. × Lead スペシャルマッチ
・出演:w-inds.、Lead
・番組概要:w-inds.× Leadによる夜会! メンバー6人によるニコ生特番が遂に実現! デビュー15周年のw-inds.とデビュー15年目のLeadのスペシャルマッチ! 15年の時を経て見せる彼らの世紀の一戦を見逃すな!! お楽しみに♪

(4)吉田山田×ブリーフ&トランクス 即興ソング祭
・出演:吉田山田、ブリーフ&トランクス
・番組概要:吉田山田とブリーフ&トランクスでポニーキャニオン50周年を祝したテーマソングを視聴者からのキーワードなどを基に即興で作成。即興ソングに定評のある(?)二組からどんな名曲、迷曲が飛び出すか、乞うご期待!

<10月9日(日)放送番組>
(5)叶姉妹のファビュラスナイト
・出演:叶姉妹
・番組概要:愛の伝導師叶姉妹をホストに、視聴者のお悩みなどを解決していくトーク番組。夜のお供に最適な乙女向けシュチュエーションドラマも紹介。

(6):P\'s LIVE TORANOMON SP楽屋トーク
・出演:竹達彩奈、三森すずこ、遠藤ゆりか、内田真礼、MICHI、久保ユリカ、和島あみ
・司会:大坪由佳
・番組概要:10月9日(土)ニッショーホールで開催の50周年記念ライヴ「P\'s LIVE TORANOMON SP」のスペシャル企画として、出演者の中から数名が楽屋トークを生放送でお届けします!

(7)SHOW BY ROCK!!特番にこにゃま
・出演:稲川英里、沼倉愛美 他
・番組概要:『SHOW BY ROCK!!』とは サンリオ発のゲーム・アニメファン向けのバンドをテーマとしたキャラクタープロジェクト。10月2日よりTOKYO MXほかで第2期放送開始! そんな『SHOW BY ROCK!!』の特番にこにゃま♪

(7)響け!ユーフォラジオ〜ポニーキャニオン50周年を祝う音楽会
・出演:朝井彩加、豊田萌絵、藤村鼓乃美、山岡ゆり、種?敦美
・番組概要:10月より放送開始のTVアニメ『響け!ユーフォニアム2』。第1期『響け!ユーフォニアム』の放送時、大好評のうちに幕を閉じたニコ生番組『響け!ユーフォラジオ〜MCのいない音楽会〜』のポニーキャニオン50周年記念バージョンでお届けします! そして、次の曲が始まるのです!

(9)“生”島ジェーン
・出演:上島竜兵、肥後克広、野呂佳代、マッコイ斉藤 他
・番組概要:映画『上島ジェーン』シリーズ主演俳優・上島竜兵さん、助演俳優・肥後克広さん、助演女優野呂佳代さん、そしてシリーズの監督を務めたマッコイ斉藤さんによるトーク番組。

(10)MILOU(ミルゥ)「私だけ?相談室」生放送スペシャル
・出演:脊山麻理子、遠野なぎこ、OLIVIA(ラブライフアドバイザー)、喜田直江(なおえビューティークリニック院長)、男性特別ゲスト(予定)
・番組概要:女性向け動画配信サービス「MILOU(ミルゥ)」内での人気番組『誰にも言えないオンナの悩みに答えます!私だけ?相談室』の生放送スペシャル番組。セックスやカラダの悩み、パートナーとのトラブルなど、“誰にも言えないオンナの悩み”に各界で活躍するプロが答えます。オンナたちの赤裸々な“性”の事情が明らかになる“大人の女性専用の保健室”です。

<10月10日(月)放送番組>
(11)「オフィス北野ファンクラブ」
・出演:馬鹿よ貴方は、マッハスピード豪速球、ランジャタイ
・スペシャルゲスト:グレート義太夫、吉田宏プロデューサー(イースト・エンタテインメント)
・番組概要:“馬鹿よ貴方は”が事務所を代表してニコ生に登場! 大尊敬するビートたけしさんのDVDを観ながら目指す芸人象を仲間たちと語り、最新ネタも披露! スペシャルゲストに大先輩グレート義太夫さん、吉田宏プロデューサーも登場!

【関連リンク】
吉田山田、日比谷野音で47都道府県ツアーファイナル完走&『吉田山田祭り2016』にて7周年ツアーを発表!
吉田山田、8月20日に開催される「吉田山田祭り2016」の映像化が早くも決定
吉田山田、「吉田山田祭り2016」がニコ生中継決定! 山田義孝の個展でクロージングイベントも!
奥華子、150曲超の全曲ライブツアー完走&ニューシングル発売決定

【関連アーティスト】
奥華子, 城南海, 吉田山田, つるの剛士
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, 女性アイドル, アニメ, テレビ(番組/CM), 声優, ボーカロイド, 男性アイドル

GACKTが怪人二十面相に!? アニメ『TRICKSTER』のアフレコ映像解禁!
Wed, 07 Sep 2016 17:00:00 +0900
アフレコに挑むGACKT (okmusic UP\'s)

10月3日(月)より、TOKYO MXほかで順次放送開始の『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』。同作で怪人二十面相を演じるGACKTのアフレコが行なわれた。

【その他の画像】GACKT

本作は江戸川乱歩の小説『少年探偵団』を原案に、設定を2030年代の近未来に移したオリジナルアニメーションで、“死ねない”という設定の小林芳雄少年などキャラクターたちも大胆にアレンジした作品。今回、GACKTは怪人二十面相以外にも、怪人二十面相が変装した設定のさまざまなキャラクターも熱演し、その演技の幅に監督やスタッフ陣も舌を巻いた。

本人も“怪人二十面相の声と二十面相が変装したキャラクターの声を交互にやっていくっていう面白さがあるし、ボクはこういうのが大好きだから楽しいよね”と語り、役への思い入れ十分。また、主題歌「キミだけのボクでいるから」とアニメの相性も“奇跡”と自信のほどを語った。

公式Twitter(@trickster_anime)のフォロワー限定で、公開されたアフレコの模様とコメント映像を合わせて観ることができる。一足先に、GACKT演じる怪人二十面相の声と本人の作品や主題歌への想いを、約5分間の映像で堪能してみてほしい。

気になるGACKT演じる怪人二十面相が変装したキャラクターたち。どんな声で登場するのかは、ぜひ10月3日(月)より順次放送開始する『TRICKSTER』本編で探し出してみよう!

■動画公開ページ
http://trickster-project.com/anime/special/content3

?Jordan森杉 / TRICKSTER製作委員会

■【怪人二十面相役:GACKT アフレココメント】

通常のアフレコよりも二十面相ということで、声をたくさん用意しなきゃいけないっていうのが今回は楽しみの一つでもあるかな。怪人二十面相の声と二十面相が変装したキャラクターの声を交互にやっていくっていう面白さがあるし、ボクはこういうのが大好きだから楽しいよね。
ボクも最高の二十面相を演じていきたいと思います。また作品でお会いしましょう。

【関連リンク】
GACKT × 浜崎あゆみ、ネット番組での初の共演を10万人超が視聴
浜崎あゆみ、アリーナツアー東京公演でトレンディエンジェル&Gacktと“牛丼は吉野家ー!!!”
GACKT、延べ12万人を動員したツアーがついにフィナーレ
GACKTからツアーファイナルに向けた最新メッセージが到着

【関連アーティスト】
GACKT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, ビジュアル, テレビ(番組/CM)

aiko、リュックサックを背負ったニューシングルジャケ写公開
Wed, 07 Sep 2016 15:00:00 +0900
シングル「恋をしたのは」【初回限定仕様盤】 (okmusic UP\'s)

aikoが9月21日にリリースするシングル「恋をしたのは」のジャケット写真を公開した。

【その他の画像】aiko

aikoが背負うリュックサックには、色とりどりの花が詰められ溢れ出しており、初回限定仕様盤では、片側でそのリュックサックを背負いながら微笑む表情が目を引く。通常仕様盤では、リュックサックを両肩に背負い佇むaikoの姿が映し出されているが、同じシチュエーションでも写真のトーンが明るく光が刺したような加工になっているため、花の彩りや衣裳の色合いなどもガラリと変わって見える一枚に仕上がっている。

表題曲「恋をしたのは」は、9月17日(土)に公開のアニメーション映画『聲の形』の主題歌に起用。また、敢行中のライヴツアー「Love Like Pop vol.19」は、映画公開同日の9月17日(土)に行なわれる東京・NHKホールでファイナルを迎える。

■シングル「恋をしたのは」

2016年9月21日発売
PCCA-15036/¥1,200+税
※初回限定仕様盤:カラートレイ&8Pブックレット付き
<収録曲>
01.恋をしたのは
02.夏バテ
03.微熱

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
aiko、NHK特番『リクエストLIVE@NHK aikoの「何歌う?」』放送決定
aiko、ニューシングルのカップリング曲&最新アーティスト写真を公開
aiko、話題の映画『聲の形』主題歌「恋をしたのは」リリース決定

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, アニメ, 映画

今年5周年を迎える“カゲロウプロジェクト”、イベントやリリース盛りだくさん!
Wed, 07 Sep 2016 14:00:00 +0900
『SEEK at MEKAKUCITY』キービジュアル (okmusic UP\'s)

じんが手がける「カゲロウプロジェクト」が5周年を迎え、大きく動き出した。

【その他の画像】じん(自然の敵P)

この夏、ニコニコ生放送(公式)では、メカクシ団たちがおバカな試みのイベントとして始めたオリジナルサウンドノベル『SEEK at MEKAKUCITY』を放送し、TwitterやLINEと連動したファン参加型の謎解きイベントを開催。最終話の8月15日放送は、カゲロウプロジェクトの新たなアニメ化(注:『メカクシティアクターズ』の二期ではない)を仄めかすエンディングで幕を下ろした。このことはTwitterのトレンドにも入る話題を生み、カゲプロの今後に期待を寄せるファンたちの熱い想いを再確認することとなった。

それらの余韻冷めやらない中、このニコニコ生放送(公式)コンテンツのオリジナルサウンドノベル『SEEK at MEKAKUCITY』の完全版が特典付録として付けられた『MEKAKUCITY LOG Vol.1〜MEKAKUCITY PUZZLE〜』『MEKAKUCITY LOG Vol.1〜MEKAKUCITY BIG CAN BADGE〜』の2商品が、アニメイト先行販売で10月7日に発売されることが決定!

『MEKAKUCITY LOG Vol.1〜MEKAKUCITY PUZZLE〜』は、『月刊コミックジーン』連載中の『カゲロウデイズ』の作画を担当する漫画家・佐藤まひろ書き下ろしのパズルをメイン商品としたグッズで、『MEKAKUCITY LOG Vol.1〜MEKAKUCITY BIG CAN BADGE〜』は、同じく佐藤まひろ書き下ろしのBIG缶バッチをメイン商品としたグッズ。どちらも、2016年8月7日〜15日にかけて、ニコニコ生放送(公式)で配信されたオリジナルサウンドノベル『SEEK at MEKAKUCITY』の完全版を特典映像として収録。また、関東地区店舗限定の購入者特典として、抽選でイベントにも招待する。

さらに、『MEKAKUCITY LOG Vol.1〜MEKAKUCITY PUZZLE〜』には、昨年4月に文化放送で放送された『メカクシラジオ』の未公開コンテンツを含むデレクターズカットの特典付録も。盛りだくさんの商品は、メカクシ団たちのバカな試みを再び楽める内容となっている(※特典は予告なく変更する場合あり)。9月7日(水)より、全国のアニメイト店頭で予約がスタート!

今後の展開に期待が高まるカゲロウプロジェクトだが、8月29日には約1年半ぶりとなる、ファン待望の新作小説『カゲロウデイズ VII -from the darkness-』をKADOKAWA/エンターブレイン(KCG文庫)より刊行。8月31日には、アニメ『メカクシティアクターズ』のサウンドトラック『MEKAKUCITY M\'s』に収録されている76楽曲が、ダウンロード一斉配信。初冬には、MX4D?『カゲロウデイズ-in a day\'s-』が全国のTOHOシネマズのMX4D?劇場で公開される。なお、この作品はカゲロウデイズのキャラクター原案者で、カゲプロのMVを数多く手掛けるイラストレーターで映像作家のしづが初監督を務めることでも注目を集めている。

■『MEKAKUCITY LOG Vol.1〜MEKAKUCITY PUZZLE〜』

2016年10月7日発売
¥3,700+税
<仕様>
・佐藤まひろ先生描き下ろし画パズル
・「SEEK at MEKAKUCITY(完全版)」DVD
・「メカクシラジオ(未公開コンテンツを含むデレクターズカット版)」特設サイトアクセス権付き
・特製冊子

■『MEKAKUCITY LOG Vol.1〜MEKAKUCITY BIG CAN BADGE〜』

2016年10月7日発売
¥3,000+税
<仕様>
・佐藤まひろ先生描き下し画BIG缶バッチ
・「SEEK at MEKAKUCITY(完全版)」DVD
・特製冊子

【関連リンク】
じん オフィシャルHP
じん等が立ち上げた「EDWORD RECORDS」キックオフイベントが大盛況!
じん、体験型4Dショートムービー『カゲロウデイズ-in a days-』の制作を発表
じん、「カゲロウプロジェクト」に新展開の動き

【関連アーティスト】
じん(自然の敵P), カゲロウプロジェクト
【ジャンル】
J-POP, アニメ, ネットカルチャー, ボーカロイド

超特急、2ndアルバム『Dramatic Seven』の詳細を続々解禁!
Wed, 07 Sep 2016 13:00:00 +0900
アルバム『Dramatic Seven』 (okmusic UP\'s)

10月26日に2ndアルバム『Dramatic Seven』をリリースする超特急が、同作のジャケット写真、ソロビジュアル、さらに収録曲のタイトルを発表した。

【その他の画像】超特急

また、9月7日(水)20:00からは、収録曲「Seventh Heaven」のLINE LIVE限定MVを「LINE LIVE 超特急チャンネル」で順次配信する。

【メンバー コメント】
■コーイチ
7人のストーリーで作り上げるニューアルバムが完成しました!!!
みんなのそれぞれの愛を描いた"Dramatic Seven"
思う存分お楽しみください!!

■カイ
1stAL"RING" とは全く違う格好良さのジャケットが完成しました。
それぞれ動物をイメージした衣装となっています。
何の動物なのか、そしてアルバムの内容はどうなっているのか、、
たくさん想像していてください。
期待を大きく上回る作品になっています!

■リョウガ
さぁここに公開されましたるは、7人の真の姿。
前から言っている通り、其々、ある生き物がモデルになっておりまする。普段、数々の妄想で鍛えたその力でどうぞ予想してくだされ。
そしてどんな内容のアルバムになるのか。間違いなく8号車の予想と期待を上回るであろう事は言うまでもないのです。是非お楽しみに。

■タクヤ
進化した超特急を、そしてこの7人でしか表現できない世界観を愛を感じてください。

■ユーキ
2ndアルバム「Dramatic Seven」は新衣装が動物をモチーフにしていて、未だかつて無い壮大なスケールとなっています!
メンバーが果たして何の動物になっているのかを予想しながら前作「RING」と繋がる新章をお楽しみに!

■ユースケ
元気担当ユースケです、僕たちの2ndアルバム「Dramatic Seven」のジャケットが公開されました!!\88888888/ありがとうございますありがとうございます!
ジャケット写真が公開となりました! 7人の衣装のテーマが動物となった野生児達が進化を遂げた今回のジャケットは目が離せないくらいかっこいいです。そして通りかかった人も二度見三度見してしまい「なにこのグループは?」と気になって仕方なくなるでしょう!! 発売が待ち遠しいですが、しばしお待ちを!!

■タカシ
今までに無い躍動感のあるジャケットになっています。
色んな動物に変身した超特急が様々な視点で
愛を届けたいと思っております!
楽しみにしてるんやで?

■『Dramatic Seven』特設サイト
http://dramatic-seven.com

■アルバム『Dramatic Seven』

2016年10月26日発売
ZXRC-2007/¥2,800+税
<収録曲>
01.Seventh Heaven
02.バッタマン
03.超えてアバンチュール
04.LIBIDO
05.スターダストLOVE TRAIN
06.Beasty Spider
07.Beautiful Chaser feat.マーティー・フリードマン
08.Whiteout
09.Peace of LOVE
10.Yell
11.ライオンライフ
12.Clap Our Hands!
13.Always You

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、『TGC』で優雅なウォーキングを披露!?
超特急、フジテレビ冠番組が10月よりパワーアップ!
超特急、ロケバラエティー『超特急のムチャぶらツアー!』がTBSチャンネル・オンデマンドで放送&配信決定!

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

布袋寅泰、永遠のマスターピースを体感できる全国ホールツアーが開幕
Wed, 07 Sep 2016 12:00:00 +0900
9月3日@サンシティ越谷市民ホール (okmusic UP\'s)

布袋寅泰が35周年プロジェクト『【BEAT7】 Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜』と題し、全国ホールツアー初日公演をサンシティ越谷市民ホールで行った。

【その他の画像】布袋寅泰

今夏、BO?WY〜COMPLEX〜ソロにおけるオールキャリアを総括する、究極の3枚組BESTアルバム『51 Emotions -the best for the future-』のリリースが好評ななか、初の米ロサンゼルス公演、そして3年ぶりの米ニューヨーク公演を成功させた布袋寅泰。

バンド活動、ソロ活動で日本一となり、1996年にはアトランタ・オリンピック閉会式へギタリストとして出演、2003年には映画『キル・ビル』のメインテーマに楽曲が採用されるなど、世界を変えてきたイノベーターであるミュージシャンが布袋だ。凱旋公演、“JAPANツアー"という名が相応しい、永遠のマスターピースを体感できる全国ホールツアーが開幕した。

まず圧倒されたのがモータウン・ビートが躍動するメロディアスなヒット曲「POISON」だ。布袋がはじめてチャート・シーンへ挑んだナンバー。様々な音楽的素養を感じさせながらも、ヒットを狙ってシングルCDで80万枚ものセールスを突破したのだから恐れいる。ライヴでの、スタートからいきなりトップギアが入った強烈なグルーヴの発動。前半からクライマックスを迎えるかのように拳を振り上げ続けるオーディエンスの熱さ。耳馴染みのあるレジェンダリーな楽曲が、鉄壁のバンドメンバーによってグレードアップして目の前で再構築されていく様に感動した。

ひとめ見たら鳥肌がたつ、語り継がれる名曲ばかりの“セットリスト"が続くなか、ソロ・アーティストとしての生き様を宣言したダンサブルなナンバー「BEAT EMOTION」に魂を揺さぶられた。赤一色に染められたステージフロアに掲げられた5つのランプ、シンプルながらも小宇宙を感じさせる照明とともに、エレガントにロックンロールが塗りたくられていくアグレッシヴなプレイに感情が高まる。

MCで布袋が「今日はツアーファイナルじゃないよね? それぐらい熱いね!」と話した通り、ツアー初日とは思えない完成度の高いステージを魅せる布袋バンドと、それに答える超満員のハイテンションなオーディエンスたち。

それもそのはず、今回のツアー・メンバーは布袋とは新宿LOFT時代からの盟友であるザ・ルースターズのベーシスト井上富雄、デヴィッド・ボウイ・バンドでドラムを叩いていたザッカリー・アルフォード、ソウル・フラワー・ユニオンのキーボーディスト奥野真哉、サイドギターに黒田晃年、プログラミングには岸利至らが参加するなど、オトナな余裕を感じさせるスキルフルなパフォーマンスによって、「Dreamin\'」、「バンビーナ」など、日本ロックシーンを彩ってきた数々の大名曲がプレイされていく。まさにベスト・オブ・ベストな瞬間の連続だ。大ヒット曲もレア曲も、イントロが鳴る瞬間に悲鳴のような歓声が響き渡る連続に、オーディエンスの布袋愛を強く感じたものだ。

ツアーは、9月4日サンシティ越谷市民ホールを皮切りに、12月1日のNHKホールまで全26公演が続いていく。「武道館やアリーナなど大きな会場はあるけど、ホールツアーが一番気持ちよい!」と布袋はライヴ中に語っていた。ぜひ、世界水準の“布袋寅泰バンド"の最新のプレイを生で、ホールという音が気持ちのよい空間で贅沢に体感して欲しい。

TEXT BY ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)
PHOTO BY 外山繁

■布袋寅泰 35th ANNIVERSARY 『8 BEATのシルエット』【BEAT 7】Maximum Emotion Tour 〜The Best for the Future〜

9月10日(土) 千葉県文化会館 [千葉]
9月11日(日) 那須塩原市黒磯文化会館 大ホール [栃木]
9月22日(木・祝) 静岡市民文化会館 大ホール [静岡]
9月25日(日) 名古屋国際会議場 センチュリーホール [愛知]
10月01日(土) フェスティバルホール [大阪]
10月02日(日) フェスティバルホール [大阪]
10月06日(木) ベイシア文化ホール(群馬県民会館)大ホール [群馬]
10月08日(土) 倉敷市民会館 [岡山]
10月10日(月・祝) サンポートホール高松 [香川]
10月29日(土) 神戸国際会館 こくさいホール [兵庫]
10月30日(日) 本多の森ホール [石川]
11月01日(火) 広島JMSアステールプラザ大ホール [広島]
11月03日(木・祝) 福岡サンパレス [福岡]
11月05日(土) 延岡総合文化センター [宮崎]
11月06日(日) 鹿児島・宝山ホール [鹿児島]
11月09日(水) 釧路市民文化会館 大ホール [北海道]
11月11日(金) ニトリ文化ホール [北海道]
11月18日(金) 南陽市文化会館 大ホール [山形]
11月20日(日) 仙台サンプラザホール [宮城]
11月23日(水・祝) 相模女子大学グリーンホール [神奈川]
11月25日(金) たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール 大ホール [兵庫]
11月27日(日) 長野 サントミューゼ(上田市交流文化芸術センター) [長野]
11月30日(水) NHKホール [東京]
12月01日(木) NHKホール [東京]
※終了分は割愛

【関連リンク】
布袋寅泰 オフィシャルHP
布袋寅泰、ズッケロの熱いオファーでイタリア・ヴェローナ公演にゲスト出演!
AUTO-MODらによるオムニバス盤『時の葬列』は日本のロックシーンに多大なる影響を与えた意欲作
布袋寅泰、ロスアンゼルス&ニューヨーク公演で圧巻のライブを披露

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

くるり、20年の歴史をMVで振り返る LINE LIVE特番放送決定
Wed, 07 Sep 2016 11:00:00 +0900
くるり (okmusic UP\'s)

バンド結成から最新曲まで20年の歴史を網羅したオールタイムベスト『くるりの20回転』のリリースを9月14日に控えるくるり。彼らの歩みをMVで振り返るLINE LIVE特番が、9月9日21時より放送されることがわかった。

【その他の画像】くるり

1996年9月1日に結成され、今年で20周年を迎えたくるりがこれまで発表してきた数ある楽曲の中から、同じく9月9日放送のテレビ朝日系『ミュージックステーション』でも披露するデビュー曲「東京」をはじめ、「ばらの花」「ハイウェイ」「ワンダーフォーゲル」などの代表曲、更にキャリア史上初のアニメテーマ曲となった「ふたつの世界」といった、新旧の人気曲を織り交ぜて一挙に紹介する。

また、9月18日には毎年恒例の主催野外イベント『京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園』、9月20日・21日にはウィーンアンバサーデオーケストラと共演するスペシャルライヴ『NOW AND 弦』など、20周年を彩る公演も続々と開催され、さらなる盛り上がりを見せそうだ。

■LINE LIVE『くるりのミュージックビデオ イッキ見特番』

9月09日(金)21:00〜
■視聴URL
https://live.line.me/r/channels/520/upcoming/33200
上記の視聴URLにアクセスしてください。視聴予約も可能です。
■LINEアプリは、以下よりダウンロードできます。
・iPhone: https://lin.ee/goCPbh2/dtzb/ta
・Android: https://lin.ee/4C8u0Ln/dtzb/ta

■アルバム『くるりの20回転』

2016年9月14日発売
【初回限定盤】(3CD)
VIZL-1034/¥3,700+税
※デジパック仕様+豪華84P特典ブックレット+スリーブケース
【通常盤】(3CD)
VICL-64632〜4/¥3,500+税
<収録曲>
■Disc 1
01.東京
02.虹
03.青い空
04.街
05.春風(Alternative)
06.ワンダーフォーゲル
07.ばらの花
08.リバー
09.ワールズエンド・スーパーノヴァ
10.男の子と女の子
11.HOW TO GO
■Disc 2
01.ハイウェイ(LA mix)
02.ロックンロール
03.BIRTHDAY
04.Superstar
05.赤い電車
06.Baby I Love You
07.Juice(くるりとリップスライム)
08.五月の海
09.JUBILEE
10.言葉はさんかく こころは四角(Single Ver.)
11.さよならリグレット
12.三日月
13.愉快なピーナッツ
■Disc 3
01.シャツを洗えば(くるりとユーミン)
02.魔法のじゅうたん
03.奇跡
04.石巻復興節
05.my sunrise
06.everybody feels the same
07.Remember me
08.ロックンロール・ハネムーン
09.最後のメリークリスマス
10.Liberty&Gravity
11.There is(always light)
12.ふたつの世界
13.かんがえがあるカンガルー
14.琥珀色の街、上海蟹の朝

※各チェーン先着購入特典(一部、特典の取り扱いがない店舗あり)
・TOWER RECORDS(TOWER RECORDS 全国各店、TOWER RECORDS ONLINE):特製ステッカー(TOWER Ver.)
・TSUTAYA(TSUTAYA RECORDS全国各店、TSUTAYA オンラインショッピング(予約分のみが対象)):特製ステッカー(TSUTAYA Ver.)
・HMV(HMV 全国各店、ローチケHMV):特製ステッカー(HMV Ver.)

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
くるり、結成20周年記念日に“ロックコミューン”の部室から生配信!
くるり、バンド結成時から最新曲までを網羅したベスト盤を9月14日にリリース
最高にHAPPYになれるアルバム『Sweet Happiness SUPPORTED BY ゼクシィ』8月24日に発売

【関連アーティスト】
くるり
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1