歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年09月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/09/14
2016/09/13
2016/09/12
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
Shout it Out、たいたい(Ba)と露口仁也(Gt)が脱退を発表
Mon, 05 Sep 2016 22:30:00 +0900
Shout it Out (okmusic UP\'s)

Shout it Outのメンバーであるたいたい(Ba)と露口仁也(Gt)が、9月3日のライブを最後にバンドを脱退したことが発表された。

【その他の画像】Shout it Out

この件に関しては、山内彰馬(Vo&Gt)と細川千弘(Dr)がTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」に生出演して報告。今後は山内と細川の2名体制に随時サポートメンバーを迎えて、活動していく。12月7日には新体制でのリリースを予定しており、現在制作進行中とのこと。

この発表に関して各メンバーからコメントも届いているので、ファンの方は是非チェックしてほしい。

■【Shout it Out 各メンバーよりコメント】

■たいたい(Ba)
突然の発表になってしまってすみません。
僕はShout it Outを脱退する事にいたしました。

高校一年生の頃にバンドを始めて四年半、ここまでがむしゃらに進んできましたが、結成当初から目標にしてきたメジャーデビュー、ワンマンライブという夢が叶うタイミングから、プロとしてこの先を歩くことが自分にとってキラキラした景色に思えなくなってしまいました。要するに完全燃焼です。

バンド内では結成当初から、お互いの道を尊重するのが暗黙のルールで、これまでもずっとそうでした。
なので、今回も僕の背中を押してもらいました。

メディアに出るのを自ら頑なに拒んできた僕なので(笑)、真面目な話は苦手なのですが、メンバーの思う通過地点が僕にとってのゴールであっただけで、バンドの一員として、同じ方向を向いて最後の1音を鳴らすまで、?偽りなくここまでやり切れました。

最後のライブを終えてから発表になったのは、Shout it Outのライブはあくまで来てくれる皆さんが明日を向くための場であり、自分たちが主役としてライブをすべきではないと思っての判断でした。

最後まで勝手なことを言いますが、もし皆さんが何かに迷ったら、僕がしつこく誘ったボーカリスト・山内彰馬の歌を聴いてほしいです。
彼の歌はあなたの明日を照らしてくれる。そこは僕が抜けてもブレませんし、そう断言できます。

これまで関わってくださった人全員に、感謝の気持ちでいっぱいです。

これからもShout it Outをよろしくお願いします。

本当にありがとうございました!

■露口仁也(Gt)
急な報告になってしまい、申し訳ありません。
僕、露口仁也はShout it Outを脱退する決断をさせていただきました。

夢だったメジャーデビューに向けての制作が一通り終わった時、自分の中で何かが燃え尽きてしまって、僕にとってはこのメジャーデビューがゴールなんだと感じ、決断しました。

今後は学業に専念しつつ、自分のペースで音楽を楽しんでいこうと思います。

約5年バンド活動をしてきました。
今思えば人見知りな僕がメンバーと青春を共に出来た事は、自分の人生において最高の出会い、最高の経験です。
活動の中で最高の景色を見たり、時にはしょーまの歌詞に励まされたりして、少しずつですが成長出来たと思っています。

このタイミングでの脱退で、心配に思う人がいるかもしれませんが、メジャーデビューがスタートのメンバー、ゴールのメンバーがいて、互いに前に進んでいくために話し合いをして、前向きな決断をした、というのが全てです。

なので、まだまだShout it Outは進み続けます。
これからも心配する事なく、素晴らしい出会いや経験をくれるShout it Outに、時に励まされながら、共に最高の景色を見て欲しい、共に成長していって欲しいと思います。

今まで通りShout it Outを応援してください。
よろしくお願いします。

■細川千弘(Dr)
僕がこのバンドに加入するときに笑顔で迎え入れてくれた二人のことを、約1年後に僕が送り出すことになるとは思いませんでした。

メジャーデビューが決まったときには本気で喜び合い、時にはスタンスの違いで本気で思いをぶつけました。東京では共同生活をしていたこともあって、目まぐるしい毎日の中で一緒にバテバテになりながら、楽しい顔も苦しい顔も、たくさん見せ合ってきました。
だから、最後にそれぞれが出してきた結論を責めることはなく、引き止めるのでもなく、笑顔で送り出すべきだと思えました。

たいたいとじんがここまで駆け抜けてきた青春はまぎれもない事実で、それが無ければ今のShout it Outは無いし、これからもShout it Outの中で輝き続けます。勝手な話になるかもしれないですが、二人のこれまでに拍手を送ってやって欲しいです。携わり方は変わるけど、きっとライブ会場にも遊びに来るので、そのときは一緒に迎えてやってください。

僕は二人とはメンバーとして出逢ったので、これから初めて友達という関係になります。
メンバーとして最後に「Shout it Outに誘ってくれてありがとう」と、そして友達として「これからもよろしく」と伝えたいと思います。

Shout it Outは彰馬と僕の二人体制となります。
心配や不安が無いと言えば嘘になるけれど、僕はこういう状況をきっかけに加入したメンバーなので、自分がちゃんとバンドと向き合って努力をすれば、また皆さんと一緒に良い方向に向かっていけると信じて進んでいきます。

12月7日には新曲のリリースを予定していて、Shout it Outの音楽を必要としてくれる人がいてくれる限り、僕らから止まるつもりは一切ありません。そしてこれ以上、不安にさせるようなことは絶対にしません。
皆さんの元まで光を届けようとがむしゃらに歌うウチのフロントマンと共に、これまでと変わらない、むしろさらに強い意志を持って活動していきますので、これからもどうかよろしくお願いします。

■山内彰馬(Vo&Gt)
バンドを初めて4年が経って、16歳だった少年はハタチになって、きっと世間から見れば大人になった僕たちは、それぞれの道を歩くことにしました。

思えば、ずっと同じ道を歩いてきた。分かれ道がある度に悩み、話し合って同じ方へ進み、同じ壁の前で立ち止まり、全く同じ景色を見てきた。

何事にもいつかきっと終わりが来る。僕らはそれをどこかで分かっているんだ。
あと50〜60年もすれば、みんなだいたい死んでしまう。そんなことは誰だって知ってるんだけど、そんな先のことは誰にも分からない。

僕らには、過去にしがみついている時間なんてないし、先を見通す余裕もない。
いつだって「今をどう生きるか」で精一杯で、そうやって燃やし続けている日々の中で、2人と初めて違う道を歩むことになった。

これはきっとハッピーエンドもバッドエンドもない。
人生にはサプライズなのかハプニングなのかイベントなのか、分からないけどそういうものがいくつもあって、人はその度に終わりにこじつけてしまおうとするけど、終わりなんて死ぬまでこない。

僕たち4人は誰も歩みを止めることはなく、これからそれぞれの道を歩いていく。
だから新しいスタートでもないんだと思っている。

きっと、大丈夫。僕に似たあいつらのことだから、あんまり上手くはやれないだろうけど、それなりにやっていけるはず。
2人がまた何か、面白そうなことを始める時は、よかったら構ってやってほしい。

頑張れなんて言わないからな。落ち着いたら酒でも飲もう。
未来への一方通行。後戻りなんてナシだ、後悔だけはするな。

【関連リンク】
Shout it Out オフィシャルHP
Shout it Out、メジャーデビュー記念2マン名古屋公演のゲストはLAMP IN TERREN
赤色のグリッター×Shout it Out、レコ発2マンツアーを開催
yonige、ツアー第4弾ゲストにAmelie、Shout it Out、FIVE NEW OLDを追加

【関連アーティスト】
Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SuG、11月より『VersuS』全国ツアー開催で極悪vs極彩が蘇る
Mon, 05 Sep 2016 21:00:00 +0900
『SuG VersuS 2016 EXTRA』ビジュアル (okmusic UP\'s)

11月2日に2ndミニアルバム『SHUDDUP』をリリースするSuGが、11月より全国ツアー『SuG VersuS 2016 EXTRA』を開催することを発表した。

【その他の画像】SuG

SuGは8月30日にTSUTAYA O-EASTで行なわれたライブ『LSV』に出演。全国7箇所を巡ったlynch.、vistlipとの3マンライブツアーのファイナル公演とあって、会場は平日ながら超満員のすし詰め状態に。個性的なバンドの集った対バンイベントでもSuGは自身の色を失うことなく、ラウドかつダンサブル、激しくもキャッチーなパフォーマンスでオーディエンスを魅了し、会場中をSuGの色へと塗り替えていく。最後に披露された楽曲「Smells Like Virgin Spitrit」では、ワンマンさながら会場中が一体となってのシンガロングが沸き起こるなど、SuGのライブの底力を見せつけるパフォーマンスとなった。

ライブ中盤のMCでは武瑠の口から今年も『VersuS』が、それも規模を拡大して全国ツアーとして開催されることが告げられ、オーディエンスからは割れんばかりの歓声が上がった。『VersuS』はSuGがダークでゴシックな“極悪SuG"とポップでカラフルな“極彩SuG"という対照的なコンセプトでライブを行ない、その盛り上がりを競うというコンセプトライブ。一昨年に東京で初開催され、昨年は東京と大阪で、そして第3回となる今回は大幅に規模を拡大し『SuG VersuS 2016 EXTRA』として全国13箇所で16公演が開催される。

また、9月21日に発売されるライブDVD&Blu-ray『LIVE「VIRGIN」』のジャケットも公開となった。こちらは2016年5月5日に東京 EX THEATER ROPPONGIにて開催された「SuG LIVE『VIRGIN』」の模様が収録されたDVD&Blu-rayで、Blu-rayには初回生産分限定特典としてSuG TOUR 2016 SLVS / LIVE「VIRGIN」ツアースタッフパス・ステッカー(全2枚)が封入される。

■「SuG VersuS 2016 EXTRA」

11月12日(土)  大阪 松下IMPホール【極悪】
11月13日(日)  大阪 松下IMPホール【極彩】
11月19日(土)  福岡 DRUM SON【極悪】
11月20日(日)  熊本 B.9 V2【極彩】
11月22日(火)  愛知 名古屋E.L.L(Electric Lady Land)【極悪】
11月23日(水・祝)  愛知 名古屋E.L.L(Electric Lady Land)【極彩】
11月26日(土)  東京 品川インターシティホール【極悪】
11月27日(日)  東京 品川インターシティホール【極彩】
12月03日(土)  宮城 仙台MACANA【極悪】
12月04日(日)  山形 ミュージック昭和Session 【極彩】
12月16日(金)  広島 Cave-Be【極悪】
12月17日(土)  岡山 IMAGE【極彩】
12月22日(木)  新潟 CLUB RIVERST【極悪】
12月23日(金・祝)  長野 松本ALECX【極彩】
12月26日(月)  京都 MOJO【極悪】
12月27日(火)  兵庫 神戸VARIT.【極彩】

■特設サイト
https://sug-web.jp/pages/versus2016

■DVD&Blu-ray『LIVE「VIRGIN」』

2016年9月21日(水)発売
【Blu-ray】
PCXP-50436/¥5,000+税
※初回封入特典:SuG TOUR 2016 SLVS / LIVE「VIRGIN」ツアースタッフパス・ステッカー(全2枚)
【DVD】
PCBP-53152/¥3,900+税
<収録内容>
※収録公演:2016年5月5日 東京 EX THEATER ROPPONGI
M01: SICK\' S
M02: 不完全 Beautyfool Days
M03: overflow
M04: MISSING
M05: sweeToxic
M06: DEAD or DEAD
M07: JUICY
M08: FRIDAY!!
M09: 桜雨
M10: 純・不純異性交遊
M11: 0 song ~ソロセッション
M12: In the shadow
M13: HELLYEAH
M14: 無限 Style
M15: 上海ハニー
M16: B.A.B.Y.
M17: SICK\' S
M18: Smells Like Virgin Spirit
EN01: teenAge dream
EN02: gr8 story
EN03: LOVE SCREAM PARTY
EN04: CRY OUT
WEN01: dot.0
WEN02: ときどきすてきなこのせかい

【関連リンク】
SuG オフィシャルHP
SuG、2ndミニアルバム『SHUDDUP』を11月にリリース
夏の魔物、SuGと2マン&フェス出場権をかけるイベント開催
SuG、ツアーファイナルにて2017年に初武道館公演の開催を宣言

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

BLUE ENCOUNT、恒例のツイキャス番組を9月9日にOA&大阪野音でDVDお渡し会を実施
Mon, 05 Sep 2016 20:00:00 +0900
BLUE ENCOUNT (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが初のLIVE DVD作品『映像で学ぶ!はじめてのブルーエンカウント』を9月7日にリリースする事を記念して、9月9日の21時30分からメンバーによる恒例のツイキャス番組『ブルキャス』が放送されることがわかった。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

今回の映像作品の初回限定盤には「BLUE ENCOUNTに関する100の問題」を掲載したマークシート方式の『ブルエンドリル』が付属。これがかなりの難問も入っているとのことで、メンバーが直々にこの問題のヒントを出す内容になりそう。こちらのドリルの高得点取得者には超レアなブルエン思い出の品をプレゼントがプレゼントされるということもあり、是非チェックして欲しい。

さらに初回盤、通常盤問わず購入者を対象としたスペシャルサイトもオープンされるとのこと。こちらではこのドリルの高得点者にプレゼントされる商品の詳細や、過去のツアーでのセットリスト、さらにはMC集なども見れるとのとで、ブルエンファンには垂涎の内容となっているので楽しみに待とう!

そしてこの『ブルキャス』が放送される9月9日には、会場となる大阪城野外音楽堂で『映像で学ぶ!はじめてのブルーエンカウント』を購入された方に終演後メンバーから直接商品を手渡するお渡し会も決定。 現地に足を運ぶ人は是非この機会をお見逃し無く!

■『ブルキャス』BLUE ENCOUNT初の映像作品リリース!
※配信日時:9月9日(金)21時30分スタート予定
http://twitcasting.tv/bluen_official

■『武道館!応援しとるけん、頑張らなんばい! ほんで、次は武道館ちゃうんちゃう?大阪城ホールちゃうん?@大阪城野音』

9月09日(金)  大阪城野外音楽堂
時間:開場16時 / 開演16時30分
料金:¥909(税込/指定席・フリーエリア(後方)入場整理番号付)

<購入者対象のお渡し会に関して>
■DVD即売に関して
開始時間:15:00〜
実施場所:大阪城野外音楽堂内
■お渡し会に関して
開始時間:武道館壮行会終了後おおよそ30分以内を予定しております
実施場所:大阪城野外音楽堂内
※スタッフの指示に従ってお待ちください
※詳細に関しましてはオフィシャルHPをご確認ください。

■DVD『映像で学ぶ!はじめてのブルーエンカウント』

2016年9月7日発売
【初回生産限定盤】(2DVD+グッズ)
KSBL-6230〜2/¥5,370+税
※特製ロゴ入りマフラータオル付き。
※BLUE ENCOUNTに関する100の問題を掲載したマークシート方式の「ブルエンドリル」付き(応募の上、高得点者には超レアなブルエン思い出の品をプレゼント!)
※メンバーが当時を語るコメンタリーを収録
【通常盤】
KSBL-6233/¥2,315+税
※メンバーが当時を語るコメンタリーを収録
<DISC 1 収録曲>※2形態共通
■LIVE
01.アンバランス(2015.1.28 at Ebisu LIQUIDROOM)
02.JUST AWAKE(2014.12.13 at Shibuya O-EAST)
03.Survivor(2016.6.30 at Shinkiba STUDIO COAST)
04.D.N.K(2013.12.19 at Shibuya O-WEST)
05.JUMP(2016.6.30 at Shinkiba STUDIO COAST)
06.NEVER ENDING STORY(2014.7.5 at Shinkiba CLUB QUATTRO)
07.MEMENTO(2016.1.16 & 17 at Zepp Tokyo)
08.LIVER(2016.6.30 at Shinkiba STUDIO COAST)
09.ロストジンクス(2014.12.13 at Shibuya O-EAST)
10.THANKS(2015.6.12 at Zepp DiverCity(TOKYO))
11.DAY×DAY(2016.1.16 & 17 at Zepp Tokyo)
12.もっと光を(2015.1.28 at Ebisu LIQUIDROOM)
※メンバーが当時を語るコメンタリーを収録!
<DISC 2 収録曲>※初回生産限定盤のみ
■MV
01.JUST AWAKE
02.アンバランス
03.MEMENTO
04.NEVER ENDING STORY
05.もっと光を
06.DAY×DAY
07.LIVER
08.はじまり
09.Survivor
10.だいじょうぶ

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
BLUE ENCOUNT、初のDVD『映像で学ぶ!はじめてのブルーエンカウント』のダイジェスト映像が公開へ
一夜限りのSP企画「ONAKAMA 2016」でフォーリミ、ブルエン、オーラルが夢の競演!
BLUE ENCOUNT、NHK特番のナレーターが女優の川口春奈に決定

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

geek sleep sheep、ツアー初日となる新代田FEVERにて圧巻のステージを披露
Mon, 05 Sep 2016 19:30:00 +0900
9月2日@新代田FEVER (okmusic UP\'s)

geek sleep sheepが9月2日、新代田FEVERにて「tour confusion bedroom 2016」をスタートさせた。

【その他の画像】geek sleep sheep

横浜、さいたまと3公演を行なう今回のツアーは、どの会場も客席から手を伸ばせばステージに届くような小さな会場。初日となった新代田FEVERも、開演前から異様な熱気に包まれていた。

ライヴはほぼ定刻通りにスタート。息つく暇もなくほぼ曲間なしで数曲が演奏された後、momoが「ここFEVERはどんだけ騒いでも、どんだけ飛んでも許される場所ですので、みなさんお好きなように」と言うと、一気に会場全体がヒートアップ。ノイジーなサウンドを聴かせるアップテンポの曲、momoと345がお互いの声を引き立てあうミドルテンポの曲、更にはカバーなども交え、約1時間30分のステージを終えた。

特筆すべきはシーケンスを使う楽曲が増えたことだろう。4月のワンマンライヴでは新曲2曲での使用だったが、今回はその2曲に加えて「この曲をこのアレンジで聴きたかった!」と思うような楽曲でシーケンスを使用してくれた。

寄せ集め感はゼロ。まだその偏見でこのバンドを見ていないのであれば、今すぐゴミ箱にその偏見を捨ててライヴに行くか、ゴミ箱に入るかの2択だ。この3人でしか作れない最強のグル―ヴを、このキャパシティのライヴハウスでぜひ体感してほしい。

Photo by 石川浩章

■「tour confusion bedroom 2016」

9月18日(日) 横浜BAYSIS
開場/開演 17:30 / 18:00
9月23日(金) HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心
開場/開演 18:30 / 19:00

【関連リンク】
geek sleep sheep オフィシャルHP
白波多カミン with Placebo Foxes、メジャーデビューアルバムの詳細が明らかに
geek sleep sheep、2016年初のワンマンライヴを4月に実施
geek sleep sheep、Twitterでライヴヒストリーを振り返るスペシャル企画を展開中!

【関連アーティスト】
geek sleep sheep
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

INORAN、アルバム『Thank you』リリースツアーが満を持してスタート
Mon, 05 Sep 2016 19:00:00 +0900
9月2日@水戸 LIGHT HOUSE (okmusic UP\'s)

INORANの全国ツアー『INORAN TOUR 2016-Thank you-』が9月2日、茨城県・水戸 LIGHT HOUSEからスタートした。

【その他の画像】INORAN

8月24日リリースの新作『Thank you』を引っ下げて、全国9箇所で行なわれる本ツアー。この日、序盤のMCでINORANが「首を長くしてこの日が来るのを待っていました。この場所は前回のツアーの印象が強く残っているけど、今日はそれを超えようぜ!」と語っていたが、その言葉通り、ツアー初日とは思えないほどの熱を帯びた一体感で、バンドとオーディエンスがひとつになった…。

このライブの前にINORANは、8月25日に香港、27日に上海、28日に台北とアジア・ツアーを行なったが、どの会場も大きな盛り上がりをみせ、その反応に確かな手応えを感じたようだ。そして、この日の白熱したライブ演奏が証明するように、バンドは今非常に良好な状態にある。『Thank you』は、前作『BEAUTIFUL NOW』の音楽的要素をより掘り下げて完成した、姉妹作とも言える内容のアルバムだ。本作を制作するにあたってINORANは『BEAUTIFUL NOW』で訪れた海外の同じ土地を旅して曲作りを敢行。新作のインタビューで、彼は「もう一度訪れたことで、 最初はわからなかった“深い部分"が見えた」と語っている。

ライブでも披露されたタイトル曲「Thank you」は、前作で打ち出した要素をさらに深化させた、アルバムを象徴する重要な楽曲である。アンサンブルはよりシンプルになり、世界観がより明確になっているのも特徴で、曲のメロディとINORANのボーカルとギターはさらに表現力を増している。 また、Muddy ApesのTAKA HIROSE(b)とDEAN TIDEY(g)が参加した「Wherever I go」のように、曲にリラックスしたムードが漂っているのも大きな特徴だ。 そんな『Thank you』という、INORANの“今"を克明に証明した懐の深い曲達が、ライブでどのような役割を果たすか非常に楽しみだったが、今回のライブを見て思ったのは、そのポテンシャルが“ケタ違い " だということ!

また、『Thank you』と『BEAUTIFUL NOW』という対となるアルバムの楽曲は驚くほどに相性が良く、「Rightaway」や「Get Laid」といったライブの定番人気曲を含め、セットリストは一切の淀みがなく、実に見応えのあるものだった。Yukio Murata(g)、u:zo(b)、Ryo Yamagata(ds)という、INORANが絶大な信頼を寄せるミュージシャンによるアンサンブルは、さらにその強固さを増している。「might never see, might never reach」の躍動感溢れる力強いバンド・サウンド、「Thank you」のINORANとMurataによる色彩豊かなギターのコントラスト、「2Limes」のRyoとu:zoのウネる心地良いグルーヴなど、どの曲もそれぞれ個性がしっかりと発揮されながらも非常に安定感があり、会場に響き渡る一音一 音が本当に気持ち良い! また、「Let It All Out」ではu:zoのホイッスルを合図に、会場の熱を加速させたり、コミカルなMCで会場を和ましたりと、持ち前のサービス精神を全面に発揮していた。

この日、ラストナンバーで会場から一際大きなシンガロングが起こった時、ふと「『Thank you』はリリースした時点でまだ50パーセント。これからツアーで皆と曲を共有することで100パーセントになる」という、INORANの言葉を思い出した。そう、今自分が観ているライブはまだツアーの“初日"でしかない。『Thank you』の曲達は、これからのツアーを経てさらにその輝きを増していく…ライブ終了後、「また必ず水戸に来るからな! Thank you good night!!」と、満員のオーディエンスに語りかけるINORANの嬉しそうな表情を見て、それが当初想像していたものよりも、遥かに大きなスケールに向かっていることを確信した。9月29日、新木場 STUDIO COASTで行なわれるツアー最終日であり、恒例のバースデーライブ『B-DAY LIVE CODE929/2016』までに、どれだけ曲の勢いが増していくか今からとても楽しみだ!

Text by 細江高広
Photo by RUI HASHIMOTO(SOUND SHOOTER)

■アルバム『Thank you』

2016年8月24日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICS-93418/¥6,500+税
※スペシャルパッケージ仕様(特製BOX・デジパック・フォトカード16枚封入)
【通常盤】(CD Only)
KICS-3418/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
1.Thank you
2.Get a feeling
3.because of you
4.Let It All Out
5.Wherever I go
6.First Fall
7.some way
8.Tell me
9."inspire dream"
10.Come Away With Me
■DVD
「Thank you」Music Video 収録

【関連リンク】
INORAN オフィシャルHP
Muddy Apes、渾身のライヴを収録した初のDVDリリース
INORAN、11thアルバムよりリード曲「Thank you」MVを一部解禁
INORAN、ニューアルバムより「Thank you」のMVティーザー公開

【関連アーティスト】
INORAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

I Don\'t Like Mondays.、新曲「Crazy」の“グロ・スタイリッシュ”なMVを公開
Mon, 05 Sep 2016 18:30:00 +0900
アルバム『FASHION』【初回盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

I Don\'t Like Mondays.が9月28日にリリースする2ndアルバム『FASHION』のリードトラック「Crazy」のMVおよびアルバムのジャケット写真を公開した。

【その他の画像】I Don\'t Like Mondays.

これまでもMV制作においてはコンセプト発案から編集まで、毎回メンバー自らが関わり、趣向を凝らしたアイドラ流のユーモアも盛り込んできたが、今回は「Crazy」というタイトルを意識し、毒々しいメイクを施したボーカルの悠、ガスマスク・ダンサーチームに謎の下着美女、「青い」カレーやパッションフルーツを一心にほおばり、ロボット・ダンスを踊るメンバー、映像全体を貫くビビッドな色使いなど、あくまでも軽快なPOP調の楽曲に対して、これまでの彼らのミュージック・ビデオの中でも異色と呼べる『グロ・スタイリッシュ』な仕上がりになっており、ファンの間でも反響を呼ぶこと必至の仕上がりとなっている。

「Crazy」は現在、テレビ朝日系全国放送『BREAK OUT』9月度 エンディング・トラックおよびAbemaTV内 チャンネルAbemaNews『原宿アベニュー』9月度エンディングソングとしてO.A.中なので要チェックだ。

また、今回はアルバム・ビジュアルのクリエイティブ・ディレクションをラグジュアリー セレクトショップ「RESTIR」(リステア) 代表・高下浩明氏が担当。『FASHION』のジャケットにメンバーは登場せず、ファッショナブルかつシンボリックな内容となっているのにも注目だ。ちなみに今回のジャケットでのコラボレーションに留まらず、I Don\'t Like Mondays.とリステアは今後さらに新しいプロジェクトとしてファッションブランド「アイディーエルエムエス. クリエイティブ ディレクション バイ リステア エディション(IDLMs. CREATIVE DIRECTION BY RESTIR EDITION)」を立ち上げることを発表した。音楽、バンド、という概念のみに囚われない、まさに『FASHION』というキーワードが結んだ両者がどのようなプロダクトを発信していくのか、興味は尽きない。

同時にオフィシャルサイトでは『FASHION』発売日の9月28日(水)にお台場ヴィーナスフォート2階 教会広場にてCD発売記念イベントが開催されることも発表された。アコースティック・ライブのほか、CD購入者対象の特典会も催される。観覧は自由となっているので、ファンならずとも気軽に足を運んでほしい。

■「RESTIR」(リステア)オフィシャルHP
https://www.restir.com/

■「Crazy」MV
https://youtu.be/ugp_jsZsbBo

■アルバム『FASHION』

2016年9月28日発売
【初回盤】 (CD+DVD)
COZP-1236〜7/¥3,800+税
【通常盤】(CD)
COCP-39703/¥2,800+税
<収録曲>
■CD
01. Introduction 
02. Crazy 
03. Don\'t look back 
04. Game over 
05. Sorry 
06. Marry me
07. Right before sunset 
08. Tonight 
09. Fashion 
10. Stranger 
11. Girlfriend 
12. Freaky boy 
13. Life
■DVD ※初回盤のみ
[music video]
1. Sing 
2. Love Yourself 
3. Girlfriend 
4. Sorry 
5. Tonight 
6. Crazy
[bonus track]
7. Sorry another edition 
8. Behind the scene

■【アルバム『FASHION』発売記念イベント】

9月28日(水) お台場ヴィーナスフォート2階 教会広場
時間:18:00〜
イベント内容:アコースティックミニライブ&特典会
※ミニライブの観覧は無料です。ただし、ステージ正面の優先観覧エリアでのご観覧には「優先観覧エリア入場整理券」(整理番号入り)が必要となります。

<特典会参加方法>
当日会場にて対象のCD1枚ご購入につき「特典会参加券」を1枚、先着でお渡し致します。ミニライブ終演後に「特典会参加券」をお持ちの方対象の特典会を開催致します。
※特典会は列が途切れ次第終了とさせていただきます。
※当イベント以外で、ご購入時にお配りする「特典会参加券」のご使用はできませんのであらかじめご了承ください。

■『I Don\'t Like Mondays. “FASHION" 1st Tour』

10月30日(日) 宮城・HooK SENDAI
11月03日(木・祝) 福岡・DRUM Be-1
11月12日(土) 大阪・Music Club JANUS
11月13日(日) 愛知・名古屋 APOLLO BASE
11月19日(土) 東京・Zepp DiverCity (TOKYO)

【関連リンク】
I Don\'t Like Mondays. オフィシャルHP
I Don\'t Like Mondays.、待望の2ndアルバム『FASHION』リリース決定
最高にHAPPYになれるアルバム『Sweet Happiness SUPPORTED BY ゼクシィ』8月24日に発売
I Don\'t Like Mondays.が『スマモバ』記者発表会にてCM曲「LIFE」を初披露

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays.
【ジャンル】
ジャパニーズロック

焚吐、SPアコースティックライブはファンからの投票でセットリストを決定
Mon, 05 Sep 2016 18:00:00 +0900
焚吐 (okmusic UP\'s)

焚吐が7月22日にリリースしたタワーレコード池袋店限定盤「人生は名状し難い」の購入者を対象に行なわれた「ノンブレス・ノンリプレスライブ」の集大成として、10月23日(日)に所縁のある池袋の「ニコニコ本社 B2Fイベントスペース 」でスペシャルアコースティックライブ『ノンブレス・ノンリプレスライブ+ (プラス)』を開催する。

【その他の画像】焚吐

その『ノンブレス・ノンリプレスライブ+』の選曲をこの夏に歌唱したオリジナル曲・未発表曲・カバー曲の70曲の中から焚吐の無料ファンクラブサイト「リアルタイム・カプセル」より一人5曲まで投票することが出来る。その投票をもとに当日のセットリストを決める予定だ。なお、投票期間は9月5日(月)18:00から9月7日(水)23:59までとなる。

『ノンブレス・ノンリプレスライブ+』は「人生は名状し難い」を購入して入手できるシリアル番号を"リアルタイム・カプセル"サイトから応募すればどなたでも参加できるスペシャルライブ。是非あなたもお気に入りの一曲に投票してみてはいかがだろうか?

■無料ファンクラブサイト「リアルタイム・カプセル」
http://takuto-official.com/member/auth/login

■【焚吐よりコメント】

この夏行った「ノンブレス・ノンリプレスライブ」の拡大版として開催するため、セットリストも「ノンブレス・ノンリプレスライブ」と関連性のあるものが望ましい、と思いこのような方法を取らせていただく運びとなりました。たくさんの投票、お待ちしております。

■『ノンブレス・ノンリプレスライブ+』

10月23日(日) ニコニコ本社 B2F
開場・開演:未定
<応募受付期間>
2016年7月21日(木)21:00〜9月7日(水)23:59まで
<応募方法>
無料ファンクラブ「リアルタイム・カプセル」特設ページにてタワーレコード池袋店限定盤「人生は名状し難い」を購入の際にもらえる「応募シリアルナンバー」と必要事項を入力頂くと入場登録が行なえます。

■『焚吐 ワンマンライブ“リアルライブ・カプセルVol.1" 』

11月04日(金) 池袋RUIDO K3
開場/18:30 開演/19:00
チケット:スタンディング ¥3,000(税込)

■EP『トーキョーカオス e.p.』

2016年10月26日発売
JBCZ-4026/¥1,400(税込)
<収録曲> 
1.僕は君のアジテーターじゃない  
2.クライマックス         
3.四捨五入         
4.人生は名状し難い(e.p._Ver.)

【関連リンク】
焚吐 オフィシャルHP
焚吐、話題のクリエイターとタッグを組んだ1st EP「トーキョーカオス e.p.」を10月リリース
焚吐、弾き語りライブ最終公演をツイキャス生配信&終演後にSPイベントを開催
焚吐が「TOKYO CHAOS」のイメージキャラクターに決定

【関連アーティスト】
焚吐
【ジャンル】
J-POP

夏バテを吹き飛ばせ! 気合が入るカンフーソング
Mon, 05 Sep 2016 18:00:00 +0900
Perfume「FLASH」のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

9月になりました。しかし、なんだかんだでまだまだ続くっぽい残暑デイズ。夏バテ、気圧の変化、台風など近頃はいろいろあるので、コンディションを維持するのが難しいですよね。そんな時にパキッと気合が入って、パワーが出そうな“カンフーソング”を今回はセレクト! 闘魂注入して、夏のラストを駆け抜けましょう。

■1.「ジンギスカンフー」(\'16)/シナリオアート

2度目の全国ワンマンツアーを大成功させ、新たなスタートを切ったシナリオアート。紅いチャイニーズ服を着た謎のゲスト“陳さん”が登場するなど、そのライヴにおいてもインパクト大だったのが「ジンギスカンフー」で、タイトルのシュールさ通り、エキセントリックなリフに始まり、“ウー! ハー!”の掛け声、ポリリズムまで入り混じった遊び心満載のナンバーになっています。サビの歌詞にグッときたら、もうテンションが上がっているはず! 《難しい事を考えすぎた》時に聴くのもいいかも。

■2.「FLASH」(\'16)/Perfume

“ポリリズム”で浮かぶのは、北米ツアーを先日終えたばかりのPerfume。同曲はもちろん、この「FLASH」もおそらく大盛り上がりだったことでしょう! 厳密に言えばまったくカンフーソングではないのですが、キレキレのカンフーダンスMVが話題になったし、映画『ちはやふる』の書き下ろし主題歌とあって、あの胸熱ストーリーが鮮やかに甦ってくる。そんな意味でも無性に気合が入るというか、ハートに火を付けるような最高のエレクトロチューンだと思います。

■3.「ロッキン・カンフー」(\'11)/ザ50回転ズ

ラモーンズを敬愛するガレージロックンロールトリオ、ザ50回転ズが2011年に発表したミニアルバム『ロックンロール世界旅行』に収録。“ワチャー!”“アチョー!”の怪鳥音と得意のスピードを活かして一心不乱に駆け抜けるという潔すぎるカンフーインストで、あのザ・チャンプスの名曲「テキーラ」を彷彿させるゴキゲンさでもって、単純明快に面白おかしく聴かせてくれます。中国で撮り溜めた映像を使ったMVもバカバカしくて楽しいので、ぜひ観てみてください!

■4.「カンフー」(\'10)/おとぎ話

ザ50回転ズとの対バン、ニューアルバム『ISLAY』のリリース、映画『溺れるナイフ』(山戸結希監督/小松菜奈・菅田将暉W主演)の挿入歌書き下ろしなど、今秋の楽しみが多いおとぎ話。この「カンフー」はUSオルタナティブ〜グランジの質感がありながら、メルヘンチックでポップ、なおかつ不屈の意志も滲ませる、なんとも彼ららしいユーモアあふれるナンバーです。ロックとカンフーの相性の良さも分かるし、それが自由な歌詞を呼ぶのかも! 4thアルバム『HOKORI』に収録。

■5.「チャイニーカンフーセンセーション!」(\'14)/しなまゆ

ラストは東京・立川で結成された3ピースポップバンド、しなまゆのキラキラーチューンを。この曲も無双モードですね〜! カンフー映画の最強キャラがイメージにあるとそう仕上がるものなんでしょうか? 腰をグイグイ突くダンスビート、“ウー! ハー!”のコーラス、極彩色リフなど大いに遊び心を効かせる中、特に痛快なのはサビで《ニャカニャカニャンニャン ニャンニャンニャン》と歌っちゃっているところ。MVではモリユイ(Vo)がチャイナドレスを着ています。

【関連アーティスト】
おとぎ話, Perfume, ザ50回転ズ, シナリオアート, しなまゆ
【ジャンル】


Chanty、試聴動画&ジャケット写真公開!
Mon, 05 Sep 2016 17:30:00 +0900
Chanty (okmusic UP\'s)

9月14日にリリースされるChanty初のミニアルバム『不完全な音楽』の試聴動画とジャケット写真が公開された。

【その他の画像】Chanty

Chantyが示す“不完全な音楽”とは何を意味するのか!?この試聴動画をみて想像してみてほしい。9月16日にはTSUTAYA O-WESTにて、毎年恒例となっている周年ワンマンライヴを控え、9月19日からは『不完全な音楽』を引っ提げたワンマンツアー「ゆらゆら揺れる月明かり水面に映るキミとボク」も行われる。10月21日には同ワンマンツアーの追加公演として、恵比寿LUQUIDROOM公演も決定している。すでにソールドアウトしている公演もあるとのことなので、チケットを手に入れていない方は早めに手に入れていただきたい。その他にも、インストアイベント、アウトストアイベントも多数決定しているので、詳しくはオフィシャルサイトをご覧いただきたい。

■『不完全な音楽』試聴動画
https://www.youtube.com/watch?v=Vuqc2IeOnDQ

■ミニアルバム『不完全な音楽』

2016年9月14日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
MNPK-011/¥2,500円+税
<収録曲>
■CD
1.【3.0.17】
2.滅菌、消毒、絆創膏。
3.今夜未明
4.ねたましい
5.世界に見捨てられてもきっと音は鳴り止まない
■DVD
2016.04.29 TOKYO FMホール「桜舞い散る木の下でキミが待ってるワンマンツアー」ライヴ映像
1.やんなっちゃう
2.貴方だけを壊して飾ってみたい
3.m.o.b.

【通常盤】(CDのみ)
MNPK-012/¥2,200円+税
<収録曲>
■CD
1.ねたましい
2.今夜未明
3.無限ループ
4.滅菌、消毒、絆創膏。
5.世界に見捨てられてもきっと音は鳴り止まない

■ライブ&ツアー情報

『Chanty 3rd Anniversary oneman「Chantyの世界へようこそ」 』
9月16日(金) TSUTAYA O-WEST

『Chantyワンマンツアー「ゆらゆら揺れる月明かり水面に映るキミとボク」 』
9月19日(月祝) 名古屋ell.SIZE
9月20日(火) 名古屋ell.SIZE
9月23日(金) 大阪RUIDO
9月24日(土) 大阪RUIDO
9月29日(木) 福岡DRUM SON
9月30日(金) 福岡DRUM SON
10月02日(日) 広島BACK BEAT
10月03日(月) 広島BACK BEAT
10月09日(日) 札幌スピリチュアルラウンジ ※Sold Out!!
10月10日(月祝) 札幌スピリチュアルラウンジ
10月15日(土) 仙台BIRDLAND ※Sold Out!!
10月16日(日) 仙台BIRDLAND ※Sold Out!!
10月21日(金) 恵比寿LIQUIDROOM(追加公演)

■インストアイベント情報

9月17日(土)タワーレコード新宿店
9月17日(土)ブランドエックス
9月18日(日)名古屋ZEAL LINK
9月18日(日)fiveStars
9月22日(木祝)タワーレコード梅田NU茶屋町店
9月25日(日)大阪ZEAL LINK
9月25日(日)リトハ大阪
10月01日(土)スカルローズ
10月01日(土)タワーレコード福岡パルコ店
10月02日(日)マジカルスクエア
10月08日(土)音楽処
10月09日(日)HMV札幌ステラプレイス
10月14日(金)タワーレコード仙台パルコ店
10月15日(土)littleHEARTS.仙台店
10月22日(土)ライカエジソン東京店
10月22日(土)HMV大宮アルシェ
10月23日(日)タワーレコード横浜ビブレ店
10月29日(土)タワーレコード渋谷店
10月29日(土)渋谷ZEAL LINK
10月30日(日)高田馬場ZEAL LINK
※商品の予約方法につきましては各店舗ごとに異なりますので、詳しくは店舗へお問い合わせください。

■アウトストアイベント情報

9月19日(月祝)名古屋ell.SIZE
9月20日(火)名古屋ell.SIZE
9月23日(金)大阪RUIDO
9月24日(土)大阪RUIDO
9月29日(木)福岡DRUM SON
9月30日(金)福岡DRUM SON
10月02日(日)広島BACK BEAT
10月03日(月)広島BACK BEAT
10月09日(日)札幌スピリチュアルラウンジ
10月10日(月・祝)札幌スピリチュアルラウンジ
10月15日(土)仙台BIRDLAND
10月16日(日)仙台BIRDLAND
10月21日(金)LIQUIDROOM
※商品の予約方法につきましては各店舗ごとに異なりますので、詳しくは店舗へお問い合わせください。

【関連リンク】
Chanty オフィシャルHP
「stylish wave MAX \'16 ”一撃乱舞”」が8月13日(土)に新宿ReNYにて開催決定
日本のカルチャーを牽引する新たなラジオ番組がスタート!
Chanty、最新アー写はニューシングル「ヤサシイコエ」の世界観を表現

【関連アーティスト】
Chanty
【ジャンル】
ビジュアル

高橋優、自身が主催する野外フェス『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』が大盛況!
Mon, 05 Sep 2016 17:00:00 +0900
『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』 (okmusic UP\'s)

9月3日と4日の2日間にわたり、秋田県横手市のグリーンスタジアムよこてで高橋優が主催する野外音楽フェス『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』が開催された。

【その他の画像】家入レオ

横手市は高橋が高校時代まで過ごしてきた生まれ故郷。「音楽で秋田を盛り上げたい!」という熱い思いが込められたこのフェスには2日間で16,000人のオーディエンスが参加し、秋田の文化やグルメなどを堪能しながら、全14組のアーティストによるライブを楽しんだ。

初日は、昨年高橋優を秋田の音楽大使に任命した佐竹敬久秋田県知事のユーモアたっぷりな挨拶でスタートし、?橋 大横手市長が力強く開会宣言。大歓声に迎えられて高橋優がステージに登場すると『晴天の中でこのフェスを開催出来てすごく嬉しく思っています。今日1日、最高に楽しい時間を一緒に過ごしましょう!』と晴れやかな笑顔で語りかけ、1曲目に『僕が今いちばん思っている気持ちを連呼する曲』だという「HITO-TO-HITO」を弾き語りで披露した。

真夏のような太陽が照りつける中、ライブは高橋のことを"優兄さん"と呼び慕っているチームしゃちほこの元気いっぱいなパフォーマンスからスタート。白神ステージでは月9ドラマ『ラブソング』でも話題を集めた藤原さくら、全力投球で真っ直ぐな歌を爆発させたファンキー加藤と続いていき、事務所の大先輩であるBEGINは笑いと歌の力で会場をひとつにしながら「海の声」などを披露。秋田の地に沖縄の風を届けてくれた。お隣の鳥海ステージでは、お笑いコンビどぶろっくの2人を中心とするバンド、どぶろっかーずや、福田彩乃、青木隆治が登場。抜群の歌唱力を誇るモノマネやネタで会場を沸かしながら、ただアツく盛り上がるだけではなく、家族が一緒に楽しめるような笑顔の時間が用意されていたのもこのフェスの特徴だ。

そしてもうひとつ、このフェスならではの見どころは各アーティストと高橋優のコラボ。歌で会話するような貴重なセッションに加え、チームしゃちほこの「抱きしめてアンセム」で完璧な歌と踊りを披露したり、モノマネメドレーに参加したりしながら会場を盛り上げ、人と人のつながりを大事にするこのフェスのテーマを自ら形にしていった。

秋田音楽大使として自分に出来ることは何か? 高齢化率ワーストワンと言われている秋田を音楽で元気にしたい。まずは、自分の故郷である横手の街に素晴らしい音楽を響かせたいーー。初日のトリを飾った高橋優のステージは、その願いの第一歩となったスタジアムの景色を万感の表情で見つめ、長い長いお辞儀をしてから始まった。1曲目は「素晴らしき日常」。この場所で歌うデビュー曲には、シンガーソングライターとしてあらたな決意が込められたような力強い響きがあった。「福笑い」ではこの日登場したアーティストたちも参加し、会場にいるすべての人たちの心を繋いでいく。暮れ始めた横手の空の下、たくさんの笑顔と幸せな大合唱があった。

2日目は高橋の弾き語りによる「同じ空の下」でスタートし、秋田に来るのは初めてだという家入レオが晴れやかな笑顔で白神ステージのトップバッターを務めた。こちらも秋田で初ライブだというレキシは、爆笑と失笑を味方につけながらバッキバキのグルーヴ感でオーディエンスの心を鷲掴み。スガシカオはファンキーなバンドサウンドで圧倒的なパフォーマンスを披露。一瞬でオーディエンスとひとつになったウルフルズのステージは、圧巻のひと言。笑顔に込められたたくさんの思いが、言葉以上に伝わってくるようなパフォーマンスだった。鳥海ステージには、2日連続となるどぶろっかーず、THE BEAT GARDEN、はなわが登場。高橋との出会いのエピソードなどを披露しながら、それぞれのスタイルで会場を盛り上げていった。

高橋がレキシの「狩りから稲作へ」で池田貴史(Vo)に扮してアフロで登場したり、ウルフルズの「いい女」でトータス松本(Vo)のパフォーマンスを真似た高橋が登場するなど、この日のコラボも他ではなかなか見られないものばかり。はなわの「伝説の男」では高橋との爆笑エピソードが本人参加で再現され、会場を大いに沸かせていた。

2日間に渡って開催されたフェスのラストを締めくくるのは、もちろん高橋優。育ててくれた人達や育んでくれた土地への感謝を忘れずに生きていきたいという思いを込めた「産まれた理由」や、ひとりきりでは叶えられない景色があると歌われた「光の破片」など、この日この瞬間のために生まれてきたかのような歌詞に涙を流す人も多く見られた。「泣ぐ子はいねが」ではこの日も会場中を走り回り、オーディエンスのど真ん中でのコール&レスポンス。「明日はきっといい日になる」、そしてラストの「福笑い」では、涙と汗が混じったようなとびきりの笑顔を輝かせながらの大合唱となった。

『このフェスは"キャラバン"とついているとおり、これから毎年、秋田の13市をまわっていこうと思っています。苦しいこともあると思うけど、横手のみなさんの笑顔とか元気を見て、やれるなと確信しました!』

これからももっと頑張っていきたい。頑張るためにはみなさんと一緒に、出来れば笑って歩いていきたい。そんな高橋の気持ちに応えるような大歓声の中、11月16日に5枚目のアルバムがリリースされ、12月から全国ツアーが開催されるという嬉しいニュースも発表された。関わってくれたすべての人への感謝を伝え、清々しい笑顔で大きく手を振りながらステージを降りた高橋。スタジアムには、次なるキャラバンの開催に期待する追い風のような拍手がいつまでも鳴り響いていた。

■「秋田CARAVAN MUSIC FES」オフィシャルサイト
http://www.acmf.jp/

■アルバム『来し方行く末』

2016年11月16日発売
【期間生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31246/7/¥3,900+税
※特殊パッケージ、手書きブックレット付属
※封入特典:高橋優スペシャルカード(5種類のうち1種類をランダム封入 大当たり林卓カードが出たら何かが当たるチャンス付!!)
【通常盤】(CD)
WPCL-12461/¥3,000+税
【ファンクラブ限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31248/9/¥4,700+税
※豪華スペシャルパッケージ、豪華フォトブック(秋田フェス密着写真)付属
※封入特典:高橋優スペシャルカード(5種類のうち1種類をランダム封入 大当たり林卓カードが出たら何かが当たるチャンス付!!)
<収録曲>
■CD
「明日はきっといい日になる」、「さくらのうた」、「産まれた理由」
「光の破片」、「象」(セルフカバー)等、シングル4曲+初の楽曲提供作品セルフカバー+新曲7曲
■DVD(期間生産限定盤)
秋田CARAVAN MUSIC FES 2016 at グリーンスタジアムよこて 2016.9.3-4&秋田フェスお蔵入り映像「ユウタイム〜あきたの時間」+林卓の活躍in 秋田フェス
■DVD(ファンクラブ限定盤)
弾き語りLIVE TOUR「胡坐」2016 at キネマ倶楽部 2016.5.26

■『高橋優 全国ホール&アリーナツアー 2016-2017「来し方行く末」』

12月03日(土) 埼玉・狭山市市民会館 ※FC限定販売
12月11日(日) 石川・本多の森ホール
12月17日(土) 福島・郡山市民文化センター・大ホール
12月18日(日) 新潟・新潟県民会館
12月20日(火) 長野・ホクト文化ホール・中ホール
12月21日(水) 埼玉・ソニックシティホール
12月25日(日) 沖縄・沖縄市民会館
<2017年>
1月07日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
1月08日(日) 宮城・仙台サンプラザホール

【関連リンク】
高橋優 オフィシャルHP
ウルフルズ、大阪・万博公園に集まった約16,000人と大合唱
「HALLOWEEN PARTY 2016」、“HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA"参加アーティスト発表
家入レオ、『SUMMER SONIC 2016』大阪会場の新ステージに登場

【関連アーティスト】
家入レオ, スガシカオ, BEGIN, ウルフルズ, はなわ, レキシ, 高橋優, 青木隆治, チームしゃちほこ, ファンキー加藤, 藤原さくら
【ジャンル】
J-POP, フェス

ユニコーン、アルバムを引っ提げた全国ツアーがついにスタート!
Mon, 05 Sep 2016 16:00:00 +0900
9月3日@府中の森芸術劇場 (okmusic UP\'s)

8月10日に2年5ヶ月ぶりのアルバム『ゅ 13-14』をリリースしたユニコーンが9月3日、全国ツアー『第三パラダイス』をスタートさせた。

【その他の画像】ユニコーン

ユニコーンでライブをするのは初という府中の森芸術劇場。ファンの熱気の中、すっかりおなじみになったお揃いのツナギ姿でメンバーが登場。冒頭から「すばやくなりたい」などアルバムからハイテンポなナンバーを中心にたたみかけ、勢いのあるオープニングに圧倒されたのも束の間、MCでは『初日ということもあって、ちょっと元気にやってみましたが、予想以上に疲れたんで、次からはもうちょっとゆっくりやろうと思います』と奥田が宣言(笑)。そんな微調整も初日ならではだが、そもそもこうでなくては、というセオリーにとらわれないのが彼らのライブ。その日お客さんと作り出す流れを楽しむスタイルは、おまかせ料理みたいで楽しい。

頭5曲全てボーカルが変わるというアルバムの構成からも推測できると思うが、今回もメンバー5人それぞれのキャラクターや特性が光る楽曲と演出で、どんどん引き込んでいく流れは健在。ふざけているのか真面目なのか、適当なのか綿密なのか、ギリギリのラインで行きつ戻りつしながらステージを楽しむスタイルは昔からだが、年を重ねることでその振れ幅は広がったように感じる。ふざけるときは徹底的に、そしてサウンドで圧倒するときも徹底的に。このギャップこそがユニコーンの醍醐味、そして魅力なのだ。

中盤、ドラマ『重版出来!』の主題歌「エコー」が、曲の持つ説得力で、まさしくこだまのごとく場内の隅から隅までを席巻。ABEDONが歌う「TEPPAN KING」では、威風堂々な洋楽ロックのたたずまいでありながら、たい焼きの男気(?)を感じる詞にどこかほろりとさせられたり、「風と太陽」は心をじわりとあたたかくしてくれる。

他にも、これからライブを観る方々の手前、こと細かにお伝え出来ないのがもどかしいが、川西、手島、EBIのボーカル曲も、その存在感とバリエーションの豊かさ、斬新さで客席を大いに沸かせたことだけは伝えたい。

そして本編が終了し、アンコールも含め、本当にあっという間に過ぎた2時間強は、帰り道の足取りをうきうきと軽やかにしてくれるほど、ハッピーなひとときだった。ツアーはここから12月中旬まで続く。彼らのことだから、美味しいものを食べ、美味しいお酒を飲み、ときに観光なんかもしながら満喫していくに違いない。そんな様子にも思いを馳せた、初日の夜だった。

Text by 向出早那
Photo by 山本倫子(MichikoYamamoto)

【関連リンク】
ユニコーン オフィシャルHP
ユニコーン、新曲「TEPPAN KING」MVで計32店舗のたい焼きを紹介しまくる!?
ユニコーン、新曲「風と太陽」MVでメンバーが氷上を華麗に舞う!?
ユニコーン、疾走するエクストリームMV「すばやくなりたい」を公開

【関連アーティスト】
ユニコーン
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

尾崎裕哉、父の声を受け継ぐ1stシングル「始まりの街」をサプライズ・リリース
Mon, 05 Sep 2016 15:30:00 +0900
尾崎裕哉 (okmusic UP\'s)

尾崎裕哉が9月4日(日)によみうり大手町ホールで開催された『billboard classics 尾崎裕哉 premium concert -「始まりの歌」-』のライブ中のMCで、「尾崎裕哉」名義としては初の作品となる「始まりの街」を配信リリースすることを発表した。

【その他の画像】尾崎豊

「始まりの街」は9月5日(月)よりiTunes Store、Apple Music、レコチョクにて先行配信され、9月9日(金)からはその他の主要配信サイトでも一斉配信がスタートする。

同曲は7月16日に放送となったTBSの大型音楽番組『音楽の日』にて父の名曲「I LOVE YOU」 と共に生放送でパフォ ーマンスされ、同番組の瞬間最高視聴率を記録するなど大きな反響を呼び、オフィシャルでの楽曲リリースが待望視されていた。母から「お父さんがいなく、寂しい思いをさせてしまってごめんね。」と言われたことに、「いや、そんなことはない、僕は幸せさ」という想いを伝える為に書き下ろされたこの楽曲。《僕は幸せさ これまでも これからも》という歌詞には過去から現在そして未来までも見つめ、 前を向いていく尾崎裕哉の真っ直ぐな姿勢が投影されており、大切な人を持つ多くの人が共感・感動できる内容となっている。

「間違いなく父親の声を自分は受け継いでいる。」と自身でも語るように、情感豊かで起伏のあるボーカルは尾崎豊を彷彿とさせ、聴く人の心を震わせ、全ての人がその歌声に惹き込まれてしまうだろう。これは尾崎豊を知らない世代までをも魅了する、尾崎裕哉が世の中へ与える衝撃のデジタル1stシングルである。

■配信シングル「始まりの街」

2016年9月5日(月)より
iTunes Store, Apple Music,レコチョクにて先行配信
※その他の主要配信サイトは9月9日(金)より配信スタート

■iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/a-life-together-single/id1145752457?l=ja&ls=1&app=itunes
■レコチョク
http://recochoku.com/t0/1003467195/

【関連リンク】
尾崎裕哉 オフィシャルHP
友達や恋人に。心暖まるバースデーソング特集
稚菜、尾崎豊の「I LOVE YOU」をカバー
若旦那、尾崎豊の音楽制作パートナーである須藤晃と対談を実施

【関連アーティスト】
尾崎豊, 尾崎裕哉
【ジャンル】
J-POP

SA、移籍後初のオリジナルフルアルバム詳細とキービジュアルを解禁
Mon, 05 Sep 2016 15:00:00 +0900
SA (okmusic UP\'s)

SAが10月19日(水)に発売する移籍後初となるオリジナルフルアルバム『WAO!!!!』の詳細とジャケット写真、さらに新しいキービジュアルを発表した。

【その他の画像】SA

収録曲は、着実にパワーアップした"イケイケ"なSAの渾身のオリジナル曲を全11曲、初回限定盤に付属するDVDには4月17日(日)に東京キネマ倶楽部で開催された全国ツアー「START ALL OVER AGAIN, NOW! 2016」の最終公演を全曲収録予定とのこと。

また、このアルバムの発売を前に、自主企画「SA presents BIG TOP "デッドヒート・イン・エビス ‘16"」をThe Birthdayと共に10月14日(金)LIQUIDROOMで開催。発売後にはアルバムを引っ提げての全国ツアー「SA "LOVE\'N\'ROLL TOUR"」を11月3日(木・祝)の千葉LOOKを皮切りに22ヶ所で開催し、ツアーは来年1月29日(日)の東京・赤坂BLITZでファイナルを迎える。こちらもぜひチェックしてみてほしい。

■アルバム『WAO!!!!』

2016年10月19日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TECI-1517/¥4,000+税
【通常盤】(CD)
TECI-1518/¥3,000+税
<収録内容>
■CD ※初回限定盤・通常盤 共通
01.ピーハツグンバツWACKY NIGHT
02.槍もて弓もて
03.誰が為の人生だ
04.LOVE\'N\'ROLL
05.そしておまえは新しくなる
06.Andy
07.ケリをつけろ
08.情熱WINNER
09.WATCH ME
10.はじめてのバラード
11.CLUNKER A GO-GO
■DVD ※初回限定盤のみ
4月17日に東京キネマ倶楽部で開催された、全国ツアー「START ALL OVER AGAIN, NOW! 2016」の最終公演を全曲収録。
《収録曲》
01 START ALL OVER AGAIN! 
02 GET UP!WARRIORS 
03 ACTIONS SPEAK LOUDER THAN WORDS
04 サマーホリディズスカイ 
05 KIDZ IGNITE 
06 WONDER WORKER 
07 俺は俺 
08 新しい歩幅
09 さらば夜明けのSkyline 
10 MARCH of HEROES 
11 runnin\' BUMPY WAY 
12 CALL YOUR NUMBER
13 (GOOD BYE)SHINING FIELDS 
14 SONG FOR THE LOSER 
15 雄叫び 
16 DON\'T DENY,GIVE IT A TRY!! 
17 GO BARMY KIDS 
18 RALLY-HO! 
19 THE SHOW MUST GO ON
20青春に捧ぐpart.2 
21 DELIGHT

■【ライブ情報】

「SA presents BIG TOP "デッドヒート・イン・エビス ‘16"」
10月14日(金) LIQUIDROOM  
出演:SA / The Birthday

「SA "LOVE\'N\'ROLL TOUR"」
11月03日(木) 千葉LOOK
11月05日(土) HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
11月06日(日) 水戸LIGHT HOUSE
11月12日(土) 盛岡the five
11月13日(日) 郡山#9
11月19日(土) 静岡UMBER
11月20日(日) 岡山ペパーランド
11月22日(火) 熊本django
11月23日(水) 広島Cave-Be
11月25日(金) 奈良NEVER LAND
11月26日(土) 松阪M\'AXA
12月03日(土) 金沢VAN VAN V4
12月04日(日) 新潟RIVERST
12月08日(木) 神戸太陽と虎
12月10日(土) 高知X-pt.
12月11日(日) 高松DIME
<2017年>
1月13日(金) 札幌BESSIE HALL
1月15日(日)  仙台MACANA
1月18日(水)  福岡graf
1月20日(金)  梅田Shangri-La
1月22日(日)  名古屋CLUB QUATTRO
1月29日(日) 赤坂BLITZ

【関連リンク】
SA オフィシャルHP
SA、自主企画ライブ・次回共演はThe Birthday! ニューアルバム発売&全国ツアーも決定
SA、圧巻の全国ツアーファイナルで「まだまだ上に行きます」
『TOKYO CALLING 2016』第1弾アーティストは夜の本気ダンスら10組!

【関連アーティスト】
SA
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ポルノグラフィティ、2年ぶりとなる野外スタジアムワンマンで新曲を初披露
Mon, 05 Sep 2016 14:00:00 +0900
「横浜ロマンスポルノ’16〜THE WAY〜」@横浜スタジアム (okmusic UP\'s)

ポルノグラフィティにとって2年振りとなるワンマン野外スタジアムライブ『横浜ロマンスポルノ\'16』が開催された。横浜スタジアムでのポルノグラフィティのライブは今回で4回目となる。

【その他の画像】ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティにとって横浜スタジアムは、これまで幾度もワンマンライブを成功させてきた会場。ファンにとっては馴染みのある会場でありつつ、語り継がれる伝説が起きた“聖地"とも呼べる縁の深い会場だ。2008年の横浜スタジアムでのライブ『横浜・淡路ロマンスポルノ\'08 〜10イヤーズギフト〜』ではライブが進むにつれて次第に豪雨に。最後まで無事やりきったが、ステージ上にいたメンバーは「楽器が濡れて音が出ない瞬間が何度もあった」と話すほどで、“雨バンド"と呼ばれるポルノグラフィティの逸話となった。

ライブ序盤、3万人の観客の中心にあるセンターステージにて、メンバー2人だけでアコースティックセットからのスタート。意外なオープニングで幕を開けたロマンスポルノだったが、1曲目に演奏された「ハネウマライダー」のイントロが響くやいなや、会場は一気にアコースティックとは思えない盛り上がりに! 会場の横浜にちなんだ楽曲「横浜リリー」や「サウダージ」「アゲハ蝶」など、ヒット曲を続けざまにアコースティックで披露し、会場を沸かせた。

その後も新たなチャレンジとして、メンバー全員が革ジャン・サングラスをかけロックなアレンジの「ヒトリノ夜」「Mugen」を披露し、さらに観客を湧かせて、躍らせる。その後も「オー!リバル」「メリッサ」「ミュージック・アワー」とヒット曲を立て続けに披露。その中でも本編最後の楽曲「THE DAY」では、観客のシンクロライトが点灯し、会場全体に「THE DAY」の文字が浮き上がる。その様子がドローンで空撮され、会場が一体となった。さらに曲に合わせて様々な色に変化し会場は光りの海に。そんな光と音楽の融合で会場の盛り上がりは最高潮に達した。

さらにアンコール1曲目では新曲を披露。ポルノの真骨頂でもあるラテンテイストの楽曲となっており、今後ポルノの代表曲になることは間違いないだろう。

■【セットリスト】

M1 ハネウマライダー
M2 横浜リリー
M3 サウダージ
M4 NaNaNa サマーガール
M5 アゲハ蝶
M6 敵はどこだ?
M7 2012Spark
M8 ミステーロ
M9 ルーシーに微熱
M10 ギフト
M11 EXIT
M12 愛が呼ぶほうへ
M13 My wedding song
M14 ヒトリノ夜
M15 Mugen
M16 Ohhh!!! HANABI
M17 オー!リバル
M18 メリッサ
M19 ミュージック・アワー
M20 THE DAY
EN1 新曲
EN2 エピキュリアン
EN3 ジレンマ
EN4 ダイアリー 00/08/26

【関連リンク】
ポルノグラフィティ オフィシャルHP
ポルノグラフィティ、Maydayのオリジナルアルバムにてコラボが実現
ポルノグラフィティ、台湾最大の音楽イベントにて圧巻のライブを披露
ポルノグラフィティ、ニューシングル「THE DAY」MVを一部解禁

【関連アーティスト】
ポルノグラフィティ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

京都発MOLE HiLL、無料ライブで関東席巻!
Mon, 05 Sep 2016 13:00:00 +0900
9月3日@池袋サンシャインシティ噴水広場 (okmusic UP\'s)

京都発4人組ロックポップ・バンドのMOLE HiLL(モールヒル)が、関東でのライブ活動の本格スタートとなる無料ライヴを、9月3日に池袋サンシャインシティ噴水広場、9月4日に浦和駅前東口広場の『浦和ビアスタジアム2016』にて開催した。

【その他の画像】MOLE HiLL

1stフルアルバム『Time』を引っ提げて行なわれた今回の無料ライブの始まりの場所となったのは、池袋サンシャインシティ噴水広場。1階から3階までたくさんの観客に迎えられ、1日で3公演を実施。会場を興奮の渦に巻き込んだ。

翌日に開催された浦和駅前東口広場の『浦和ビアスタジアム2016』のライブでも、会場の空気を一変させる躍動感をみせつけた。

東西のライブサーキットを経て、東西ワンマンライブツアーを開催するMOLE HiLL。チケットはオフィシャルWEB&チケットポート電話先行予約受付とのことなのでぜひチェックしてほしい。

■『MOLE HiLL ONE-MAN LIVE TOUR 「Time」 』

2016年12月18日(日) 京都・京都MUSE 
2017年1月22日(日) 東京・TSUTAYA O-nest
ともに開場17:00 開演18:00予定
チケット2,500円(税込)+ドリンク代

■オフィシャルWEB 限定先行予約
https://ssl.form-mailer.jp/fms/4674d1e5462233
■チケットポート 電話 限定先行予約
03-5561-9001(平日10:00-18:00)

【関連リンク】
京都発4人組ロックポップ・バンドMOLE HiLL、1stフルアルバムを提げたワンマンツアーを開催!
宇多田ヒカル 約2年半ぶりのメディア出演が決定
超特急、『TGC』で優雅なウォーキングを披露!?
Hilcrhyme、自身のライブ映画の公開初日舞台挨拶に登場

【関連アーティスト】
MOLE HiLL
【ジャンル】
J-POP

La PomPon、九十九里浜でファンとMV撮影
Mon, 05 Sep 2016 13:00:00 +0900
9月4日(日)@片貝海岸 (okmusic UP\'s)

Mi-Keの大ヒット曲「想い出の九十九里浜」をカバーしたLa PomPonが、9月4日(日)に「La PomPonと九十九里浜で想い出作り!!feat.VIBES CUP」 を片貝海岸にて実施した。

【その他の画像】La PomPon

シングルのタイトルにちなみ“九十九里浜海岸”で、地元の撮影協力のもと、ミュージックビデオを撮影。その縁もあり、今年の夏、La PomPonの第2のホームタウンになった「九十九里浜」に恩返しをするべく、九十九里浜で開催のサーフィン大会「VIBES CUP」が実施するビーチクリーンに参加。さらに、今回の開催イベントであるサーフィン大会を決勝戦まで観戦した後、興奮冷めやらぬ中、VIBES CUPの表彰式にて新曲の「想い出の九十九里浜」を九十九里浜海岸にて披露した。

そして、せっかくのシングル発売直前の日曜日!この夏を一緒に駆け抜けたファンや、九十九里の地元の方達と“「九十九里浜」で「想い出」を作りたい!”ということで、みんなで協力して「九十九」の人文字を作り、その模様をショートミュージックビデオにして想い出を共有するイベントも企画した。

片貝海岸の駐車場には、La PomPonの今回の新曲「想い出の九十九里浜/恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜」のヴィジュアルでパッケージされたアドトラックが停車。片貝海岸に訪れたファンたちの撮影スポットになり写真に残る想い出作りに花を添えていた。そして、会場に集まったみんなで作り上げた「九十九」の人文字の上空を、La PomPonの“想い出の九十九里浜”のミュージックビデオと同じようなシチュエーションで九十九里浜海岸一帯をドローンにて撮影し、その模様をショートミュージックビデオとして収録。ライブ中にメンバーのYUKINOは、「最高の夏の思い出になりました!」と、この日、天気予報では雨の予報にも関わらず晴天に恵まれた、晴れ女La PomPonの威力が勝った最高のサーフィン大会になった。La PomPonメンバーとファン、そして地元の方達みんなで作り上げたこの夏最高の「想い出に残る九十九里浜」は、記憶と記録に残るかけがえのない想い出作りになったに違いない。

■「5th Singleリリース記念イベント」

9月05日(月) タワーレコード川崎店
9月06日(火) タワーレコード横浜ビブレ店
9月07日(水) タワーレコード渋谷店
9月08日(木) タワーレコード新宿店
9月09日(金) HMV&BOOKS TOKYO 7Fイベントスペース 
9月10日(日) 関東近郊
9月11日(日) タワーレコード吉祥寺店
9月24日(土)「@JAM×ナタリーEXPO 2016」
イベントの内容など、今後の発表をお楽しみに!

■シングル「想い出の九十九里浜/恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜」

2016年9月7日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD+フォトブック)※三方背仕様
JBCZ-6049/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
1.想い出の九十九里浜
2.恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜
3.想い出の九十九里浜 -Instrumental-
4.恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜 -Instrumental-
■DVD
・“想い出の九十九里浜”MUSIC VIDEO
・メイキング映像

【初回限定盤B】(CD+DVD)
JBCZ-6050/¥1,800+税
<収録曲>
■CD
1.恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜
2.想い出の九十九里浜
3.恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜 -Instrumental-
4.想い出の九十九里浜 -Instrumental-
■DVD
・“恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜”MUSIC VIDEO
・メイキング映像

【通常盤】(CDのみ)
JBCZ-4023/¥1,200+税
<収録曲>
1.想い出の九十九里浜
2.恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜
3.La PonPom Music 〜ロッポンギマーチ〜
4.想い出の九十九里浜 -Instrumental-
5.恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜 -Instrumental-
6.La PonPom Music 〜ロッポンギマーチ〜 -Instrumental-

【YUKINO ver.】 JBCZ-6051/¥1,000+税
【KIRI ver.】JBCZ-6052 /¥1,000+税
【RIMA ver.】JBCZ-6053/¥1,000+税
【KAREN ver.】JBCZ-6054 /¥1,000+税
【MISAKI ver.】JBCZ-6055 /¥1,000+税
【HINA ver.】JBCZ-6056 /¥1,000+税
<収録曲>
1.想い出の九十九里浜
2.恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜
3.想い出の九十九里浜 -Instrumental-
4.恋のB・G・M 〜イマハ、カタオモイ〜 -Instrumental-

◎封入特典
直筆メッセージ[プリント]入り各メンバートレカを封入
※全9種類のうち1枚をランダム封入

【関連リンク】
La PomPon オフィシャルHP
La PomPon、千葉ロッテマリーンズの始球式で新魔球を披露!?
La PomPon、両A面5thシングルのMVがGYAO!にて独占先行配信
La PomPon、9月7日発売のニューシングルに「想い出の九十九里浜」カバーを収録

【関連アーティスト】
La PomPon
【ジャンル】
女性アイドル

乃木坂46、3年ぶりに新メンバー12名の加入が決定!
Mon, 05 Sep 2016 12:00:00 +0900
乃木坂46 (okmusic UP\'s)

乃木坂46が9月4日、都内にて3年ぶりとなる新メンバー加入オーディションの最終審査を行ない、新たに12名の加入を発表した。

【その他の画像】乃木坂46

オーディションを終え3期生の加入によって、乃木坂46は総勢47名となる。およそ3年ぶりに募集をした乃木坂46の3期生オーディションには、1期生38,934人、2期生16,302人の応募を大きく上回る48,986人というグループ史上最多の応募があった。審査は書類審査、13都市での各地方審査、3次審査、4次審査、最終審査の5回に分けて行われた。最終審査では12人のファイナリストから審査が行われ、およそ4,082倍以上の過去最高の倍率を勝ち抜き、12名の加入が発表となった(1名最終審査辞退)。

合格発表後の囲み取材では、岩本蓮加が「乃木坂46の3期生に選ばれたことの実感が湧きませんが、この3期生メンバー全員で大変なことを乗り越えていきたいです。」と意気込みを語り誕生日を迎えた直後だった向井葉月は「この合格発表が最高の誕生日プレゼントです。ファンの方々に3期生が入って良かったと思われるように頑張ります」と合格の喜びを語った。また今回のオーディションでは、大手出版社各誌とコラボレーションした特別企画を実施。オーディションを各誌の担当者が見学し、合格者の中から選出したメンバーに各誌特別賞が与えられ、選ばれたメンバーには雑誌に登場する権利が与えられるというもの。anan賞を獲得した中村麗乃は「今日最終審査で、泣いちゃってダメだと思いました。でもこれから精一杯頑張ります」と語りnon-no賞を獲得した佐藤楓は「まだ実感が湧きません。周りのお友達や家族に恩返しできるように頑張っていきます」と緊張の様子を語った。週刊ヤングジャンプ賞をはじめ。最多の5つの賞を獲得し、また暫定のセンターである大園桃子は「何もできないのに、受かったのが不思議。これから頑張ります」と困惑し切りで会場の笑いを誘っていた。オーディション終了後の「LINE LIVE」にて『乃木坂46 3期生決定スペシャル』が生配信され、合格発表と同時に乃木坂46での活動が皮切りとなった。

■乃木坂46第3期生合格者プロフィール
1・中村麗乃(ナカムラレノ)/14歳/東京都
3・大園桃子(オオゾノモモコ)/16歳/鹿児島県
4・山下美月(ヤマシタミヅキ)/17歳/東京都
5・阪口珠美(サカグチタマミ)/14歳/東京都
6・吉田綾乃クリスティー(ヨシダアヤノクリスティー)/20歳/東京都
7・向井葉月(ムカイハヅキ)/17歳/東京都
8・岩本蓮加(イワモトレンカ)/12歳/東京都
9・与田祐希(ヨダユウキ)/16歳/福岡県
10・久保史緒里(クボシオリ)/15歳/宮城県
11・伊藤理々杏(イトウリリア)/13歳/沖縄県
12・梅澤美波(ウメザワミナミ)/17歳/神奈川県
13・佐藤楓(サトウカエデ)/18歳/愛知県

■出版社コラボレーション特別企画賞一覧(順不同)
「an・an」(マガジンハウス)/中村麗乃
「non-no」(集英社)/佐藤楓
「Zipper」(祥伝社)/山下美月
「LARME」(徳間書店)/山下美月
「LOVE berry」(徳間書店)/岩本蓮加
「週刊ヤングジャンプ」(集英社)/大園桃子
「週刊ヤングマガジン」(講談社)/山下美月
「週刊ビッグコミックスピリッツ」(小学館)/山下美月
「FLASHスペシャル」(光文社)/大園桃子
「FRIDAY」(講談社)/久保史緒里
「週刊プレイボーイ」(集英社)/久保史緒里
「BRODY」(白夜書房)/与田祐希
「月刊エンタメ」(徳間書店)/大園桃子
「OVERTURE」(徳間書店)/与田祐希
「UTB」(ワニブックス)/伊藤理々杏
「BOMB」(学研パブリッシング)/大園桃子
「EX大衆」(双葉社)/久保史緒里
「B.L.T.」(東京ニュース通信社)/与田祐希
「AKB新聞」(日刊スポーツ)/大園桃子
「別冊カドカワ」(KADOKAWA)/久保史緒里

【関連リンク】
乃木坂46 オフィシャルHP
乃木坂46、18万人を動員した全国ツアー最終日に16thシングル発売をサプライズ発表
乃木坂46、雨の明治神宮で39曲を熱唱
乃木坂46、明治神宮野球場3DAYS初日公演で全44曲を3万5千人に披露

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
女性アイドル

ZEPPET STORE、アルバム『REVERB』から「J.A.S.S.」のMV公開
Mon, 05 Sep 2016 11:00:00 +0900
ZEPPET STORE (okmusic UP\'s)

ZEPPET STOREのデビュー20周年記念3ヶ月連続リリース第3弾となる、9月21日発売のアルバム『REVERB』に収録されている「J.A.S.S」が解禁となった。

【その他の画像】ZEPPET STORE

X JAPANのギタリストhideにより見いだされた伝説のロックバンドZEPPET STOREがデビュー20周年イヤーを記念し3ヶ月連続リリースを決行。最後の締めくくるとなるリリースは、ファン待望の全編英語詞、全新曲収録のフルアルバム『REVERB』。今回公開された「J.A.S.S」のミュージックビデオは1996年、USツアーでメンバー4人で披露されたが、未発売になっていた幻の曲が5人体制でレコーディング。自身初のライブミュージックビデオとなっており、臨場感あふれる作品となっている。

併せて、アルバムのジャケット画像、ライブ情報等も公開。2011年に再結成して以来、精力的に活動を続けるレジェンドバンドは、衰える事を知らないような活発な活動を見せており、今後の活動には目を離せない。

■「J.A.S.S.」MV
http://youtu.be/CH3z-4_dkRk

■『20th Anniversary Tour “Reverberation”』

11月12日(土) 愛知・名古屋CLUB UPSET
11月13日(日) 大阪・天王寺Fireloop
11月19日(土) 福島・いわきSONIC
11月20日(日) 宮城・仙台FLYING SON
11月23日(水・祝) 東京・下北沢251

■アルバム『REVERB』

2016年9月21日発売
CDSOL-1754/¥3,000+税
<収録曲>
01.FLOWER
02.REVERB
03.J.A.S.S.
04.DIG UP
05.RAINDROPS OF TEAR
06.DIARY
07.IN THE SLUMBER
08.OVERCOME
09.PURPLE
10.SHE SAID

【関連リンク】
ZEPPET STORE オフィシャルHP
ZEPPET STOREのギタリスト・五味誠が“Makoto Gomi”名義の唯一の作品を配信
hideトリビュートシリーズ完結編の音源解禁&ニコ生特番の放送決定
ZEPPET STORE、10枚目のオリジナルアルバム発売&ツアー決定

【関連アーティスト】
ZEPPET STORE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BO?WYの楽曲全271曲をAWAが配信開始! うち262曲は独占先行配信
Mon, 05 Sep 2016 05:00:00 +0900
BO?WY×AWA (okmusic UP\'s)

音楽配信サービス AWAが、BO?WYの楽曲全271曲の配信を9月5日(月)より開始した。

【その他の画像】BO?WY

今回配信された楽曲のうち、262曲についてはAWAの独占先行配信となっており、ユニバーサルミュージック合同会社から発売されているアルバム15タイトル全262 曲、『DREAMIN\'』『B・BLUE』『ONLY YOU』『MARIONETTE』といったBO?WYを代表する名曲をはじめ、『"GIGS" CASE OF BO?WY』『LAST GIGS』などのライブアルバムが含まれている。

また、今回の配信開始に際し、8月29日(月)から9月5日(月)までの1週間にわたり、新宿アルタ1階のシャッターにBO?WYのシルエットが出現しているほか、9月5日からは新宿アルタビジョンにおいて「BO?WY×AWA」の15秒オリジナル動画が放映されている。

さらに、各界の著名人からも喜びのメッセージが寄せられている。メッセージ全文は下記の通り。

■【コメント】

■BO?WY担当者
「今年で解散29周年、そして来年は結成35周年を迎えます。BO?WY結成時からBO?WYのDNAは世代へと伝わっていきました。このDNAを新たなジェネレーションへ伝えたく特に音楽好きな人々が集まるAWAさんと組ませていただきました。」

■津田大介
「初めて聴いてから30年。BO?WYは自分にとって永遠のスーパーロックバンドであり、様々なジャンルの音楽を聴くきっかけでもありました。僕がBO?WYから教わったのは、音楽を聴くことの本質的な楽しさだったのだと思います。」

■原口あきまさ
「「コレ聴いてみっちゃ!」と、BO?WYの音楽を聴く様に、進めてくれた先輩や同級生に、感謝してます! いまだに、カラオケ行くと、どんな世代がそこにいようと関係なく、BO?WYの曲くくりで歌う時間を設けています! BO?WYを知らない世代の方々に、是非AWAで伝説のバンドの音楽を堪能して頂き、格好良さを感じてほしいです!」

■はなわ
「BO?WYの松井常松さんに憧れ、ベースギターを始めた中学時代。BO?WYがいなければ今の僕の芸風はなかったと言っても過言ではありません。いまだにカッコイイBO?WYの音楽・ファション・メッセージは今でも僕を突き動かしてくれます。 今回AWAでたくさんの曲を聴けることになって、ファンとしては大変喜んでいます!」

【関連リンク】
BO?WY オフィシャルHP
AWA
『GUITARHYTHM』はスーパーギタリスト“HOTEI”の原点
JET SET BOYS、アルバムを引っ提げたツアーがスタート

【関連アーティスト】
BO?WY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 音楽配信

宇多田ヒカル 約2年半ぶりのメディア出演が決定
Mon, 05 Sep 2016 04:00:00 +0900
NHK『SONGSスペシャル』場面写真 (okmusic UP\'s)

約8年半ぶりとなるオリジナルアルバム『Fant?me』のリリースを9月28日に控える、宇多田ヒカルのメディア出演情報の一部が公開となった。

【その他の画像】宇多田ヒカル

宇多田ヒカルがTVメディアに出演するのは、2011年1月15日(土)に放送されたNHK総合ドキュメンタリー番組『宇多田ヒカル 〜今のわたし〜』以来約5年ぶり、メディア出演としては2014年3月14日までInterFMで放送してたレギュラー番組『KUMA POWER HOUR』以来約2年半ぶりのことになる。

■【メディア出演情報】

【TV】(※放送日順)
■NHK『SONGSスペシャル』
放送日:9月22日(木) 22:00〜予定
内容:通常の番組枠を拡大して放送。アルバムより「道」「花束を君に」「ともだち」をパフォーマンスの他、糸井重里氏による特別インタビュー。コメントゲストとして井上陽水氏、番組ナレーションは高畑充希さんも参加。

■CX『Love music 特別編 宇多田ヒカル 〜ライナーノーツ〜』
放送日:9月30日(金) 23:30〜予定
内容:音楽番組『Love music』を番組内容を変更、特別編として放送。女優・長澤まさみさん、シンガー・ソングライター・ハナレグミ氏、水曜日のカンパネラのボーカル・コムアイさん、ラジオDJのクリス・ペプラー氏が宇多田ヒカルについて語り、そのインタビュー映像を見た宇多田ヒカルがそれぞれの質問に答えていく。

■NTV『NEWS ZERO』
放送日:10月初旬予定
内容:番組10周年特別企画として放送。テーマ曲「真夏の通り雨」をパフォーマンス、メインキャスター村尾信尚氏との対談を放送。

【雑誌】
ぴあMUSIC COMPLEX Vol.6『音楽の言葉』
発売日:9月27日
内容:「言葉」にフォーカスを当てたインタビュー、野田洋次郎(RADWIMPS / illion)との対談などを掲載。

※同特集内で、宇多田ヒカルの歌詞にまつわる読者アンケートも掲載。アンケートは9月4日午前10時より、ぴあオフィシャルサイト内の下記アドレスにて募集中!
・PC/スマホ
https://www.pia.co.jp/ssl/cgi-bin/genform/form.cgi?ptn=enq_pmc6
・携帯
https://m.pia.co.jp/ssl/cgi-bin/genform/mform.cgi?ptn=enq_pmc6m

■アルバム『Fant?me』

2016年9月28日(水)発売
TYCT-60101/¥3,000
※SHM-CD 
<収録曲>
01. 道
02. 俺の彼女
03. 花束を君に
※NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌
04. 二時間だけのバカンス
05. 人魚
06. ともだち
07. 真夏の通り雨
※日本テレビ「NEWS ZERO」テーマ曲
08. 荒野の狼
09. 忘却
10. 人生最高の日
11. 桜流し
※ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」テーマソング

【関連リンク】
宇多田ヒカル オフィシャルサイト
宇多田ヒカル、本人出演による「花束を君に」MVを公開
宇多田ヒカル、ニューアルバムのタイトルは「幻」や「気配」などを意味する『Fant?me』
宇多田ヒカル、衝撃のデビュー作『First Love』。 日本の音楽シーンの新世紀はここから始まった!

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1