歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年09月02日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/09/11
2016/09/10
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
マオ from SID、1stミニアルバムの詳細を解禁! 恒例の「Twitter質問キャンペーン」も
Fri, 02 Sep 2016 20:00:00 +0900
マオ from SID (okmusic UP\'s)

マオ(シド)のソロプロジェクト“マオ from SID”が9月28日にリリースする1stミニアルバム『Maison de M』。その収録内容と特典内容が解禁された。

【その他の画像】シド

今回のミニアルバム『Maison de M』は、デビューシングル「月」「星」に加え、新曲4曲を含めた全6曲入り。初回生産限定盤Aの特典DVDには、アルバム新録曲「サヨナララスト」のMVを収録。一方、初回生産限定盤Bの特典DVDでは、デビューシングル「月/星」の際に行なわれた全国インストアイベント中のオフショットや、『Maison de M』制作中のオフショット映像が1時間近くも楽しめる。“超密着!「Maison de M」スペシャルオフショット〜長編映像集〜”と題されたDVDだけに、ファンにはたまらない内容となりそうだ。さらに、ブックレットは3形態すべてが異なるカットで構成されているとのことで、こちらも期待しよう。

いよいよ、1stミニアルバムリリースに向けた全国インストアイベントをスタートさせるマオ。ソロデビュー時に好評を博した「Twitter質問キャンペーン」を今回も実施するとのことなので、詳しくはオフィシャルHPをチェックしてみてほしい。ぜひ各会場のイベントに参加して質問をぶつけてみよう。

■ミニアルバム『Maison de M』

2016年9月28日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
KSCL-2787〜8/¥2,800(税込)
【初回生産限定盤B】(CD+DVD)
KSCL-2789〜90/¥2,800(税込)
【通常盤】(CDのみ)
KSCL-2791/¥2,300(税込)
<収録曲>
01.chandelier
02.マニキュア
03.星
04.サヨナララスト
05.頬づえ
06.月
<DVD>※初回生産限定盤Aのみ
01.サヨナララスト(MV)
<DVD>※初回生産限定盤Bのみ
超密着!「Maison de M」スペシャルオフショット〜長編映像集〜

■「1stミニアルバム『Maison de M』リリース記念インストアイベント(トーク&ミニライブ&握手会)」

9月03日(土) 東京 ヴィーナスフォート
9月04日(日) 茨城 イオンモール土浦
9月10日(土) 広島 イオンモール広島府中
9月11日(日) 大阪 くずはモール
9月17日(土) 福岡 イオンモール福岡
9月18日(日) 滋賀 ピエリ守山
9月24日(土) 愛知 アスナル金山
9月25日(日) 愛知 イオンモール木曽川
10月01日(土) 神奈川 ラゾーナ川崎プラザ
10月02日(日) 大阪 あべのキューズモール

【関連リンク】
マオ from SID オフィシャルHP
マオ from SID、9月28日に1stミニアルバム『Maison de M』をリリース
マオ from SID、ソロデビューシングル発売記念イベントに3000人が集結
マオ from SID、ソロデビューシングルより「月」のMVを公開

【関連アーティスト】
シド, SID, マオ from SID
【ジャンル】
ビジュアル

カラスは真っ白、朝倉加葉子が監督を手がけた「魔法陣より愛を込めて」の実写MV解禁!
Fri, 02 Sep 2016 21:30:00 +0900
カラスは真っ白 (okmusic UP\'s)

カラスは真っ白のニューアルバム『バックトゥザフューチャー』のリード曲「魔法陣より愛を込めて」のMVが公開となった。

【その他の画像】カラスは真っ白

これまでアニメーション作品のイメージが強かったカラスは真っ白。今作は、映画『クソすばらしいこの世界』『女の子よ死体と踊れ』『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』などを手がけた朝倉加葉子監督による実写作品となっている。

同MVには今後のさらなる活躍が期待される若手俳優、三浦透子、月岡弘一が参加し、これまでとは一味も二味も違った魅力的な作品になっているので、ぜひチェックしてみてほしい。

また、ニューアルバム『バックトゥザフューチャー』の購入者特典とともに、リリース記念のインストアイベントも発表された。タワーレコードでの購入者にはからしくんオリジナルステッカー、ヴィレッジヴァンガードでの購入者には植草航デザイン5.5cmメンバーイラスト缶バッチを先着でプレゼント! インストアイベントは大阪、名古屋、東京、札幌の4都市で開催され、今作の制作秘話などを直に聞けるチャンスも。楽しみに参加しよう。

iTunes&Apple Musicでは、『バックトゥザフューチャー』のプレオーダー(予約)受付がスタート。「魔法陣より愛を込めて」と「みずいろ」の先行配信も開始された。こちらも合わせてチェックしよう。

■【コメント】

■朝倉加葉子監督 コメント
「家で、外で、ライブハウスで、これからこの曲を聴く人がこの先ずっと、
まっすぐな甘い想いから逃げられなくなるように呪いをかけるつもりで作りました。
すべての呪いは愛する人への祈りなんだと思うのです。」

■三浦透子 コメント
「細かいことはお任せしてくださったので、
ほんとに、自由に、好きなように踊らせていただきました。楽しかった。
映像の中の私も、とっても楽しそうです。」

■月岡弘一 コメント
「この度、カラスは真っ白さんのMVの中では珍しい実写作品に関わらせていただき光栄です。
『魔法陣より愛を込めて』をより魅力的に聴けるよう、演じさせていただました。
完成MVを見て、出演者ながら、ときめいてしまいました。
自分は、見終わった後すごく純粋な気持ちになりましたね。
是非とも、色々な方に観て聴いていただければなと思います。」

■「魔法陣より愛を込めて」MV
https://youtu.be/NvmvBpAAwrI

■アルバム『バックトゥザフューチャー』

2016年9月21日発売
PECF-3170/¥2,160(税込)
<収録曲>
01.魔法陣より愛を込めて
02.浮気DISCO
03.Let it die〜You shall die〜
04.サヨナラ!フラッシュバック!〜hard mode ver.〜
05.fifth blues
06.カーネーション
07.Oh my sugar
08.YASAI FUNK
09.みずいろ

■『バックトゥザフューチャー』iTunes&Apple Musicプレオーダー
https://itunes.apple.com/jp/album/bakkuto-uzafu-yucha/id1144926342

■【インストアイベント情報】

10月15日(土) 大阪 タワーレコード梅田NU茶屋町店
10月19日(水) 愛知 タワーレコード名古屋パルコ店
10月29日(土) 東京 タワーレコード新宿店
11月02日(水) 北海道 タワーレコード札幌ピヴォ店

【関連リンク】
カラスは真っ白 オフィシャルHP
忘れらんねえよとLAMP IN TERRENが映画『何者』に楽曲提供
カラスは真っ白、ニューアルバムのジャケ写初公開&映画出演も決定
カラスは真っ白、2ndフルアルバム『バックトゥザフューチャー』を9月21日にリリース

【関連アーティスト】
カラスは真っ白
【ジャンル】
ジャパニーズロック

waybee、1stフルアルバムからリード曲「shampoo」のMVを公開!
Fri, 02 Sep 2016 21:00:00 +0900
waybee (okmusic UP\'s)

大阪を拠点に活動するロックバンド、waybeeが9月21日にリリース予定の1stフルアルバム『BRAND NEW WAVE.』より、リード曲「shampoo」のMVを公開した。

【その他の画像】waybee

リード曲の「shampoo」は、煌ひ?やかなキ?ターラインか?絶妙に絡み合ったキラーチューンに仕上がっている。ぜひ、MVをチェックしてみてほしい。

■「Shampoo」MV
https://youtu.be/6w4x3m3itrI

■アルバム『BRAND NEW WAVE.』

2016年9月21日発売
AFD-0054/¥2,100+税
<収録曲>
01.BRAND NEW WAVE.
02.RADIO STAR
03.Shampoo
04.NIGHT CRUISING
05.You get Me
06.SPIN-OFF
07.777
08.Sugar Baby
09.Flight Potato
10.Jibun world
11.FINDER
12.U

【関連リンク】
waybee オフィシャルHP
UK.PROJECT主催オーディション『Evolution! Generation! Situation!』ファイナリスト決定へ!
関西注目バンドが集結! 『"K.G.M"~Kansai Gossip Music~』が6月5日&6日に開催!
魔法少女になり隊、メジャー・デビューシングルのアートワークが解禁

【関連アーティスト】
waybee
【ジャンル】
ジャパニーズロック

リアクション ザ ブッタ、新作を引っさげたロングツアー&ワンマンライヴが決定
Fri, 02 Sep 2016 21:00:00 +0900
リアクション ザ ブッタ (okmusic UP\'s)

埼玉出身の3ピースバンド、リアクション ザ ブッタが全国ツアーの開催を発表した。

【その他の画像】リアクション ザ ブッタ

これは10月19日にリリースするミニアルバム『Wonder Rule』を引っさげたもので、各地のフェス出演でよりバンドとして力を付けたリアクション ザ ブッタが2017年にかけて行なう長期ツアーとなる。

東名阪での主催ライヴのラストには、原宿アストロホールでのワンマンも決定! さらなる進化を遂げたリアクション ザ ブッタを観られるこの機会に、ぜひ足を運んでみてほしい。

またツアー発表に伴って、リアクション ザ ブッタのオフィシャルTwitter(@RTB_info)で「ペリスコープ生放送」が実施される。こちらでは、スタジオ生ライヴ配信も予定しているとのこと! 放送は9月2日(金)20:30〜21:30を予定。

■ミニアルバム『Wonder Rule』

2016年10月19日発売
HK3E-0001/¥1,500+税
<収録曲>
01.何度も
02.Wonder Rule
03.fall fall fall
04.あなた
05.ハチミツと君
06.SHOW

◎店舗先着購入特典(一部お取り扱いのない店舗あり)
・タワーレコード全店オリジナル特典:アナザージャケット(特典A)
・HMV全店オリジナル特典:ワンダー缶バッジ(特典B)
・ヴィレッジヴァンガード応援店オリジナル特典:ステッカー(3種類、ランダム)
・リリースツアー会場引き換え特典:未発表曲CD+メンバーからの手紙(期間中に特典Aと特典Bをツアー会場へ持参でプレゼント)

■【ライブ情報】

『リアクション ザ ブッタ「Wonder Rule Release Tour 2016-2017」』
11月01日(火) 大阪 福島LIVE SQUARE 2nd LINE
11月03日(木) 愛知 大須RAD HALL
11月05日(土) 静岡 浜松G-SIDE
11月06日(日) 千葉 千葉LOOK
11月12日(土) 埼玉 西川口Hearts
11月13日(日) 宮城 仙台CLUB JUNK BOX
11月14日(月) 宮城 仙台MACANA
11月18日(金) 神奈川 横浜Club Lizard
11月29日(火) 東京 渋谷La.mama
12月08日(木) 新潟 新潟CLUB RIVERST
12月21日(水) 滋賀 滋賀U-STONE
12月26日(月) 埼玉 西川口Hearts

『リアクション ザ ブッタ presents「Wonder Rule Release Tour 2016-2017 〜ルール無用の激烈名古屋戦〜」』
1月20日(金) 愛知 新栄APPOLO BASE

『リアクション ザ ブッタ presents「Wonder Rule Release Tour 2016-2017 〜ルール無用の白熱大阪戦〜」』
1月29日(日) 大阪 福島LIVE SQUARE 2nd LINE

『リアクション ザ ブッタ presents『Wonder Rule Release Tour 2016-2017 FINAL ワンマンライブ 〜あなたの勇気を照らす最後のRule〜」』
2月11日(土) 東京 原宿ASTRO HALL

【関連リンク】
リアクション ザ ブッタ オフィシャルHP
リアクション ザ ブッタ、セルフプロデュース2部作後編となるアルバムのリリースを発表
リアクション ザ ブッタ、初の楽曲提供はベイビーレイズJAPAN!
『NIIGATA RAINBOW ROCK 2016』出演アーティスト第2弾が明らかに!

【関連アーティスト】
リアクション ザ ブッタ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BLUE ENCOUNT、初のDVD『映像で学ぶ!はじめてのブルーエンカウント』のダイジェスト映像が公開へ
Fri, 02 Sep 2016 19:00:00 +0900
BLUE ENCOUNT (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが9月7日にリリースする初のライヴDVD『映像で学ぶ!はじめてのブルーエンカウント』のダイジェスト映像が公開された。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

2013年12月から、直近では2016年6月30日に新木場Studio Coastで行なわれた最新のワンマンに至るまで、メンバー自身によって選りすぐられた最強のセットリストで構成された作品となっており、ダイジェスト映像でも各所の熱気が伝わってくる。また、同映像ではメンバーの爆笑コメンタリーも一部公開中だ。

今回公開された映像を堪能しながら、9月7日の発売日を楽しみに待とう。

■『映像で学ぶ!はじめてのブルーエンカウント』ダイジェスト映像
https://youtu.be/ZB1AsCUnwSc

■DVD『映像で学ぶ!はじめてのブルーエンカウント』

2016年9月7日発売
【初回生産限定盤】(2DVD+グッズ)
KSBL-6230〜2/¥5,370+税
※特製ロゴ入りマフラータオル付き。
※BLUE ENCOUNTに関する100の問題を掲載したマークシート方式の「ブルエンドリル」付き(応募の上、高得点者には超レアなブルエン思い出の品をプレゼント!)
【通常盤】(1DVD)
KSBL-6233/¥2,315+税
<DISC 1 収録曲>※2形態共通
■LIVE
01.アンバランス(2015.1.28 at Ebisu LIQUIDROOM)
02.JUST AWAKE(2014.12.13 at Shibuya O-EAST)
03.Survivor(2016.6.30 at Shinkiba STUDIO COAST)
04.D.N.K(2013.12.19 at Shibuya O-WEST)
05.JUMP(2016.6.30 at Shinkiba STUDIO COAST)
06.NEVER ENDING STORY(2014.7.5 at Shinkiba CLUB QUATTRO)
07.MEMENTO(2016.1.16 & 17 at Zepp Tokyo)
08.LIVER(2016.6.30 at Shinkiba STUDIO COAST)
09.ロストジンクス(2014.12.13 at Shibuya O-EAST)
10.THANKS(2015.6.12 at Zepp DiverCity(TOKYO))
11.DAY×DAY(2016.1.16 & 17 at Zepp Tokyo)
12.もっと光を(2015.1.28 at Ebisu LIQUIDROOM)
※メンバーが当時を語るコメンタリーを収録!
<DISC 2 収録曲>※初回生産限定盤のみ
■MV
01.JUST AWAKE
02.アンバランス
03.MEMENTO
04.NEVER ENDING STORY
05.もっと光を
06.DAY×DAY
07.LIVER
08.はじまり
09.Survivor
10.だいじょうぶ
※メンバーが当時を語るコメンタリーを収録!

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
一夜限りのSP企画「ONAKAMA 2016」でフォーリミ、ブルエン、オーラルが夢の競演!
BLUE ENCOUNT、NHK特番のナレーターが女優の川口春奈に決定
BLUE ENCOUNT、『SCHOOL OF LOCK!』制作エールムービー公開

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

コレサワ、新曲「J-POP」のMVを公開&全国の“コレサワさん”無料招待も
Fri, 02 Sep 2016 18:00:00 +0900
コレサワ (okmusic UP\'s)

コレサワが9月21日にリリースする3枚目のEP「ジエイポップ」より、「J-POP」のMVが公開された。

【その他の画像】コレサワ

すでに公開済みのジャケットでは“れ子ちゃん”が等身大に成長した姿が見られるが、「J-POP」のMVでも2.5Dに進化して登場! 彼氏とデートする姿が描かれている。

先日「J-POP」が日本テレビ系『バズリズム』の9月エンディングテーマに起用されたことが発表されたが、この度「バックアップ」もテレビ東京系『プレミアMelodix!』の9月度エンディングテーマに決定した。

また、コレサワは「ジエイポップ」を引っさげてバンド編成で開催する『J-POPしか歌えないっツアー 仲間編』に続き、自身初となる弾き語りツアーも行なう。『J-POPしか歌えないっツアー』では、なんと全公演で全国の“コレサワさん”を無料招待! すでにチケットを購入した場合も含め、会場で身分証明書を提示してくれた方に全額キャッシュバックするとのことなので、全国のコレサワさんはぜひとも来場してほしい。

■「J-POP」MV
https://www.youtube.com/watch?v=ktH9xzzTD5A

■E.P.「ジエイポップ」

2016年9月21日発売
RECO-004 /¥1,204+税
<収録曲>
01.J-POP
02.ショートカットに憧れて
03.バックアップ
04.シンデレラ
05.おやじ
■店舗別先着特典
・Village Vanguardオリジナル特典:MV収録DVD
・タワーレコードオリジナル特典:ポスター
・HMVオリジナル特典:缶バッチ
・TSUTAYAオリジナル特典:缶バッチ

■「J-POPしか歌えないっツアー 仲間編」

10月29日(土) 東京 渋谷StarLounge
w/フレンズ
11月02日(水) 愛知 名古屋ell size
w/MOSHIMO、CHAI
11月03日(木) 大阪 アメリカ村FANJ twice
w/絶景クジラ
11月05日(土) 福岡 Queblick
w/みるきーうぇい、パノラマメロウ
11月12日(土) 宮城 仙台FLYING SON
w/GOOD BYE APRIL、∞Z(ゼロゼロゼット)

■「J-POPしか歌えないっツアー ぼっち編」

11月27日(日) 東京 渋谷gee-ge.
w/macico
12月04日(日) 北海道 札幌musica hall cafe
w/LOVERSSOUL
12月10日(土) 静岡 浜松窓枠Cafe AOZORA
w/未定
12月11日(日) 京都 ROOTER
w/金木和也

■チケット予約受付
https://mailform.mface.jp/frms/rooterx2/ri09y8zcdl9x
※e+での先行販売、PGでの一般発売はなし。

【関連リンク】
コレサワ オフィシャルHP
コレサワ、初の弾き語りツアー開催&新曲「J-POP」が『バズリズム』EDテーマに決定
コレサワ、音楽SNSアプリ「nana」とのコラボコンテストを開催! 最優秀賞は生コラボレコーディング!
コレサワ、3rdEP「ジエイポップ」の全貌&ツアー全箇所の対バンが明らかに

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

スティーリー・ダンの『彩(エイジャ)』は、完全主義者が完璧を目指して作り上げた後世に残る名作だ
Fri, 02 Sep 2016 18:00:00 +0900
Steely Dan『Aja』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

1972年にデビューしたスティーリー・ダン。当初はドナルド・フェイゲンとウォルター・ベッカーを中心にしたグループ6人組であったが、グループ活動に限界を感じたフェイゲンとベッカーはスタジオにこもるようになり、他のメンバーは次々に離脱、ふたりだけになってしまう…というか、それが彼らふたりの狙いだった。曲のイメージに合ったスタジオミュージシャンを使い、研究室で実験を繰り返す科学者のようなスタンスでアルバムを制作していく。完璧を目指した完全主義者のふたりによって作り上げられた作品が、今回紹介する『彩(エイジャ)(原題:Aja)』だ。

■70年代中期の音楽事情

1970年代中期は、ロックが混沌を極めた時代だと言えるだろう。50年代後半〜60年代にロック少年だった若者たちが社会人となり、金銭的な余裕ができたため、レコードの売上げが大幅に増えた。メガヒットが続々とリリースされた時代だ。大人になったかつてのロック少年は、アダルトなロック(AORやフュージョン)やディスコ音楽を聴くようになり、レコード会社は何を出しても売れるだけに粗製乱造しまくった。要するに、ポピュラー音楽界はバブル時代を迎えていたのである。こんな時、音楽産業のバブルを崩壊させる大きな事件が起こった。それがパンクロックの登場である。パンクロックが登場することでポピュラー音楽市場は再編を余儀なくされ、幅広い世代にさまざまな音楽を送り出すことになっていくのである。

この時期(76〜77年)にリリースされた大ヒットアルバムを挙げてみると、イーグルスの『ホテル・カリフォルニア』をはじめ、フリートウッド・マック『噂』、サウンドトラック『サタデー・ナイト・フィーバー』、ビリー・ジョエル『ストレンジャー』、ザ・クラッシュ『白い暴動』、セックス・ピストルズ『勝手にしやがれ!!』、ジョージ・ベンソン『ブリージン』、エルビス・コステロ『マイ・エイム・イズ・トゥルー』、ウェザー・リポート『ヘビー・ウェザー』などで、AOR、パンク、フュージョンなど、さまざまなジャンルに及んでいることが分かると思う。

60年代に「30歳以上は信用するな!」と言っていた若者が社会人になり、AORやフュージョンを聴くようになった一方で、70年代に10代を迎えた若者たちは破壊的なパワーを持ったパンクロックに夢中になっていく。この時代のポピュラー音楽をあえてふたつに分けると、ひとつはパンクロックやニューウェイヴに代表される“稚拙ではあるが爆発力と情熱がたっぷりの音楽”、もうひとつはAORやフュージョンに代表される“爆発力や情熱には欠けるが最高の技術と熟成を感じる音楽”といったイメージになるのではないだろうか。

■スティーリー・ダンの登場

スティーリー・ダンは、72年に6人組のグループとして『キャント・バイ・ア・スリル』でデビュー、3rdアルバム『プレッツェル・ロジック』(’74)は全米チャートで8位まで上昇するものの、レコーディングの途中でグループのメンバーが徐々に抜け、最終的には多くのスタジオミュージシャンを起用することで乗り切るという状態であった。4枚目の『うそつきケイティ』(‘75)では新メンバーのマイク・マクドナルドを迎えるのだが、彼もオリジナルメンバーのジェフ・スカンク・バクスターと、ドゥービー・ブラザーズに加入するため脱退してしまう。この頃からツアーのキャンセルが続き、レコードをリリースするだけのユニットになっている。

中心メンバーのウォルター・ベッカーとドナルド・フェイゲンは、相次ぐメンバーの脱退で困ったのかと思いきや、優れたスタジオミュージシャンを使うことで自分たちの作る曲が完璧に表現できることを認識し、これ以降のアルバムではベッカーとフェイゲンに加えて、スタジオミュージシャンたちとの共同制作というかたちをとった。5thアルバムの『幻想の摩天楼』(‘76)では、まだマイク・マクドナルドやダニー・デイアス(オリジナルメンバー)のクレジットがあり、ベッカーとフェイゲンの完全な理想形態は次作に持ち越されることになる。

■本作『彩(エイジャ)』について

77年(この作品もこの時期だ)、厳密な意味でベッカーとフェイゲンのふたりだけ(オリジナルメンバーのダニー・デイアスは参加しているが、ゲストギタリストとしての参加なので)になっての初リリースが、今回紹介する『彩(エイジャ)』だ。6枚目となる本作で、スティーリー・ダンとしては初のゴールドディスクを獲得、チャートでも全米3位、全英5位という輝かしい結果となった。シングルカットされた「ペグ」は全米11位、「ディーコン・ブルース」も19位と好結果を生んだ。

収録されたナンバーは、当時隆盛を極めたAOR〜フュージョンの流れで作られてはいるが、ベッカーとフェイゲンの非凡な曲作りの才能と、バックを務める当時最高のミュージシャンたちの技量によって、同時代に制作されたAOR系のアルバムと比べるとレベルの違いは明白だ。

本作のバックを務めるミュージシャンたちは、適材適所というか考え抜かれたセッティングで、ゲイリー・カッツがプロデューサーを務めているとはいえ、彼らふたりが一流プロデューサー並みの力量を持っていることは確かだろう。

ちなみに本作に登場するミュージシャンは、ギターにラリー・カールトン、リー・リトナー、ジェイ・グレイドン、ベースにチャック・レイニー、ドラムにスティーブ・ガッド、バーナード・パーディー、ジム・ケルトナー、リック・マロッタ、キーボードにはジョー・サンプル、ドン・グロルニックなど、一部のみをピックアップするにとどめるが、挙げれば切りがないほどの豪華な布陣である。

これは僕の推測だが、彼らは商業的な意味もあってAORやフュージョン的なサウンドで勝負している。しかし、それらの音楽のマイナス部分をしっかり認識した上で、その中で誰にも真似できない緊張感のある音楽を作り出そうとしていると思う。最高を目指す高い意識と技術力で、本作はソングライティングでもパフォーマンスでもワン・アンド・オンリーの世界に到達したと言える。

『彩(エイジャ)』リリース以前と以後では、ポピュラー音楽の世界は間違いなく変わった。80年代になると彼らのフォロワーがどんどんデビューするようになるが、AOR〜フュージョンをベースにしたロックグループで、スティーリー・ダンを超えるアーティストは未だに現れていない。本作に収録された7曲は、どの曲も非の打ちどころがなく、間違いなくロック史上に残る傑作である。

■本作以降の動き

本作のあと、80年に本作と並ぶ傑作『ガウチョ』をリリースし活動を停止。2000年に20年振りのフルアルバム『トゥー・アゲンスト・ネイチャー』を出し、2001年のグラミーで4部門受賞という快挙を成し遂げる。彼らの力量が改めて見直されるきっかけとなって、2001年にはロックの殿堂入りが決まった。2004年には『彩(エイジャ)』がグラミーの殿堂入りを果たし、彼らの早すぎた天才ぶりが広く認められることになるのである。

【関連アーティスト】
Steely Dan, Donald Fagen, Walter Becker
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、ドラマ「侠飯〜おとこめし〜」のEDテーマをカバー
Fri, 02 Sep 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

今週の一曲は「侠飯〜おとこめし〜」の主題歌、wacciの「歩み」
wacciはライブハウスで観た事がある。
ちょっと観る予定、が歌い出した瞬間に引き込まれていて最後まで聴いていたのを覚えています。
本当に素敵な歌声を持っているバンド。
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=V4mQski79pU&feature=youtu.be

先週の私は、関西にいる時にコラムを書いていました。
今回もなぜか東京にはいない。
日本にもいない。
…まさかのカンボジアにいます。笑
一年ぶりにこの地を訪れる事が出来ました。
いつも来る時と違う点、それは今回何も考えずにノープランで過ごす、という点。
いつも慌ただしく過ごしていたカンボジアを、今回はゆっくりのんびりその土地の人たちと触れてみたい…そう思ったのです。
1日目2日目は、シェムリアップという都心部をぶらぶら散歩。
私がライブの時に物販で売っているクサエダイ、というアクセサリー。
それを取り扱っているNPO法人「サンタピアップ」の代表の方に沢山案内してもらいました。
オススメのご飯屋さんへ行ったり、ここで暮らす日本人の方を沢山紹介していただいたりして過ごしました。

そして3日目はポイペトという村へ移動。
車で2時間の旅。
ここでは英語は通じない。
クメール語のみだったから通訳してもらわないとなかなか会話が出来なかったけれど。
会う人会う人みんな優しくて心が温かい方々ばかり。
初めてなのに、「おかえり。」
そう言ってもらえているようなそんな不思議な気持ちになる土地でした。
クサエダイブレスレットを作っている子供達に実際に会わせてもらったり、美味しいご飯を作ってもらったり、夜は夜で泊めてもらうお家で少しミニライブをしたり。
色んな人たちが、とても喜んでくれていたのが何よりも嬉しかったです。

いきなりのスコールや、土砂降りの中外で遊びまわる子供達、それを叱る事のない大人、
お風呂は外で水瓶に溜まった水で水浴び。
日常の話から昔の話、まだまだ厳しい生活を余儀なくされている村人が沢山いるという事も知りました。
…あとは普通にサソリが出て刺される話には正直ビビりましたが。笑
日本とは違う文化に触れる。
一人では決して出来なかった経験。
知り得なかった生活。
そんな体験が沢山刺激になって私の中に刻まれていく。
こんな機会をもらえている事にただただ感謝。
まだまだ知らない事もきっと沢山ある。
でもこの短い時間で気付いた事。
カンボジア人は本当にかっこいい。
私はそう思う。
沢山の魅力がある。
だから私はここの人たちに惹かれるんだと思う。
同じ人間として。

私はまだあともう少しここにいる予定なので。
子供達とも沢山触れ合って1日1日を大切に過ごしてまた日本に帰ろう。
そんな事を思っているのでした。

【関連アーティスト】
wacci, 稚菜
【ジャンル】


秦 基博、新曲が松山ケンイチ主演映画『聖の青春』の主題歌に!
Fri, 02 Sep 2016 17:00:00 +0900
秦 基博×映画『聖の青春』 (c)2016「聖の青春」製作委員会 配給:KADOKAWA  (okmusic UP\'s)

秦 基博が、松山ケンイチ主演映画『聖の青春』の主題歌として、新曲「終わりのない空」を書き下ろしたことがわかった。

【その他の画像】秦 基博

『聖の青春』は、100年に1人と言われる天才・羽生善治と“東の羽生、西の村山”と並び称されるも、29歳にして亡くなった実在の棋士・村山聖が、病と闘いながら将棋に全人生を懸け、全力で駆け抜けた“怪童”の一生を、師弟愛、家族愛、ライバルたちとの友情を通して描く、奇跡の実話を元にした感動作だ。村山聖を演じた松山ケンイチが精神面、そして肉体面の両方から役作りに挑んだことでも話題となっており、11月19日(土)より全国公開される。

主題歌「終わりのない空」は、《痛いほど 僕ら 瞬間を生きてる もう 何も残らないくらいに》という、村山聖の人生とも重なる熱を帯びた世界観を持つ歌詞に、スケール感あふれるサウンドがマッチした壮大なナンバー。秦が完成直前の映像を観て、原作を読み込み、書き下ろした。

「ひまわりの約束」(映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌)、「水彩の月」(映画『あん』主題歌)、「Q&A」(映画『天空の蜂』主題歌)など、数々の印象的な映画主題歌を手掛けてきた秦 基博の、新たな名曲の誕生と言っていいだろう。なお、「終わりのない空」の発売情報などは近日中に発表される予定。また、「終わりのない空」が使用された映画新予告編は『聖の青春』公式サイトで視聴でき、9月10日(土)からは全国の劇場で一斉に上映がスタートする。こちらもチェックしてみよう。

デビュー10周年を迎える今秋、9月17日(土)には自身が出演のほかプロデューサーも務める『AUGUSTA CAMP 2016〜produced by 秦 基博』、11月からは横浜・大阪(2DAYS)・名古屋・仙台・札幌・博多の6都市をまわる初の全国アリーナツアーが控えている秦 基博。 益々精力的に活動する秦から目が離せない。

(C)2016「聖の青春」製作委員会

■映画『聖の青春』 オフィシャルHP
http://satoshi-movie.jp/

■【秦 基博&映画関係者 コメント】

■秦 基博
主題歌のお話を頂き、村山聖さんという稀代の棋士のストーリーということで気合いが入りました。
曲作りは5月頃から。完成直前の映像を拝見し、将棋を通した魂のぶつかり合い、聖の、病気という困難に直面しながらも、名人という夢に突き進んでゆくその姿に感動をおぼえました。エンドロールに流れることをイメージしながらまず曲を、そしてアレンジを考えていきました。ちょうどツアーで全国を回っている時期だったので、その移動中に原作を読み進めながら歌詞の構想を練っていきました。サビには聖のその瞬間、瞬間にいのちを燃やし、全身全霊ぶつかっていくさま、そして、彼が手記に遺した「人間は悲しみ、苦しむために生まれた。それが人間の宿命であり、幸せだ。」という言葉から汲み取った想いを込めています。映画とともにこの「終わりのない空」を受け取って頂けたら嬉しいです。

■森義隆監督
また一人、村山聖の生き方に魅せられ、その才能を『聖の青春』に注ぎ込んでくれた仲間が増えました。秦さんは今回、その美しくやさしい歌声で、誰もが限りある人生を生きていることの刹那、そしてその現実の前でのわれわれの無力さ、そして、それでも生きることのなかにある希望を歌いあげてくれました。このエンディングテーマを通して、村山聖の短い人生の物語は、映画を観てくれたみなさん自身の人生の物語と重なり合っていくんだなぁ、と。感慨です。

■原作者 大崎善生
考えてみればはじまりは森信雄と私。いつも二人きりで白黒の画像の中にいた。二人で村山君の物語をいったいどのくらい語り合ったろうか。いつの間にかそれが画像になりカラーになり多くの人たちが私たちの世界に色と光をもたらしてくれた。そしてついにはこんなに美しい音楽までが抽出された。まるで何かを絞り出したような清らかなメロディーが、この世界に生まれ落ちた。

■野副亮子プロデューサー(KADOKAWA)
村山聖の太く短い一生は、没後20年近く経った今でも色褪せることなく語り継がれ、私たちの日常に、生きていることの素晴らしさを注ぎ込んでくれます。秦さんの歌声の中に、まさに「今」を生きる人々の日常に寄り添い、日々を尊ぶエールのようなパワーを感じ、主題歌をお願いしました。結果、村山聖が残してくれたものを、力強く感じられる、感涙必至のエンディングになりました。是非ご期待ください。

■【ライブ情報】

『AUGUSTA CAMP 2016 〜produced by 秦 基博〜』
9月17日(土) 富士急ハイランド コニファーフォレスト
開場12:00/開演14:00/終演19:30(予定)
出演:秦 基博 / 杏子 / 山崎まさよし / 岡本定義(COIL) / あらきゆうこ / 元ちとせ / スキマスイッチ / 長澤知之 / さかいゆう / 浜端ヨウヘイ / 竹原ピストル / 松室政哉 / NakamuraEmi

『HATA MOTOHIRO 10th Anniversary アリーナツアー』
11月01日(火) 横浜アリーナ
11月04日(金) 大阪城ホール
11月05日(土) 大阪城ホール
11月15日(火) 名古屋日本ガイシホール
11月19日(土) 宮城セキスイハイムアリーナ
11月27日(日) 北海きたえーる
12月23日(祝・金) マリンメッセ福岡

【関連リンク】
秦 基博 オフィシャルHP
松本隆×秦 基博×クミコによる「さみしいときは恋歌を歌って」のMVが公開
クミコ、9月7日にリリースする両A面シングルにハナレグミ・永積崇が参加
松本隆×秦 基博×クミコ、シングル「さみしいときは恋歌を歌って」を9月7日にリリース

【関連アーティスト】
秦 基博
【ジャンル】
J-POP, 映画

ハルカトミユキ、絶大な支持を得ている「Pain」のスタジオライヴ映像公開
Fri, 02 Sep 2016 16:00:00 +0900
ハルカトミユキ (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキが2ndフルアルバム『LOVELESS/ARTLESS』から、圧倒的な支持を得ている楽曲「Pain」のスタジオライヴ映像を公開した。

【その他の画像】ハルカトミユキ

《ねぇ 僕にはもう 忘れたいこと 忘れたいことがあるよ》というフレーズが非常に印象的な、これぞハルカトミユキと言えるヘヴィーなオルタナ系ロックサウンドと重く鋭い歌詞をはじめ、アルバムへの絶大な評価が渦巻く中で、とりわけファンを中心に人気を集め、iTunesなどでも群を抜いて支持を受けている楽曲が「Pain」だ。

今回アップロードされた映像は、8月24日(水)の生配信番組『ロック兄弟』でパフォーマンスしたスタジオでのライヴ映像。ハルカのアコギとミユキのピアノだけの伴奏でより歌が際立ち、歌詞が突き刺さるバージョンとなっている。

■『LOVELESS/ARTLESS』スペシャルサイト
http://arena.emtg.jp/r/harukatomiyuki/loveless_artless/

■「Pain」STUDIO LIVE
https://youtu.be/CiwrstwEWJc

■アルバム『LOVELESS/ARTLESS』

発売中
【初回盤】(CD+DVD)
AICL-3133〜4/¥3,990(税込)
※豪華デジタルパッケージ仕様
【通常盤】(CDのみ)
AICL-3135/¥2,800(税込)
<収録曲>
■CD
01.光れ
02.DRAG & HUG
03.奇跡を祈ることはもうしない
04.Pain
05.Are you ready?
06.見る前に踊れ
07.トーキョー・ユートピア
08.永遠の手前
09.you
10.夜明けの月
■DVD ※初回盤のみ
01.世界(Lyric Video)
02.嘘ツキ(Lyric Video)
03.君はまだ知らない(Lyric Video)
04.春の雨(Lyric Video)
05.COPY(Lyric Video)
06.宇宙を泳ぐ舟(Lyric Video)
07.肯定する(Lyric Video)
08.new moon(Lyric Video)
09.LIFE(Lyric Video)
10.ワールドワイドウエブは死んでる(Lyric Video)
11.恋は魔法さ(Lyric Video)
12.奇跡を祈ることはもうしない(Lyric Video)

【関連リンク】
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、キャリア史上最速のロックナンバー「DRAG & HUG」を先行配信
ハルカトミユキ、新曲「DRAG & HUG」先行配信決定&フルMV解禁
ハルカトミユキ、ニューアルバム&野音ティザー映像で新曲「光れ」解禁

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

メタリカ、新作リリース記念で『メタリカ スルー・ザ・ネヴァー』を一夜限りのライヴ絶響上映!
Fri, 02 Sep 2016 15:00:00 +0900
ライヴ映画『メタリカ スルー・ザ・ネヴァー』 (c)Metallica Through the Never, Courtesy of Picturehouse(okmusic UP\'s)

メタリカのニューアルバム『HARDWIRED…TO SELF-DESTRUCT』の発売(11月28日)を記念し、2013年に全世界公開されたライヴ映画『メタリカ スルー・ザ・ネヴァー』の一夜限りの上映が決定した。

【その他の画像】Metallica

上映は10月14日(金)! 東京、大阪のライヴ会場Zeppにおいて、圧巻の音圧、大音量、大画面で楽しむことができる。

『メタリカ スルー・ザ・ネヴァー』は、この作品の収録のために召集されたメタリカファンを前に、「Master Of Puppets」「Battery」「One」「Creeping Death」などメタリカの歴史を彩る名曲づくしの激レア、そして狂熱のライヴシーンと、その裏でライヴのクルーが巻き込まれるさまざまな事件を描いたアクション映画が同時進行する、革新的な映画となっている。

今回のイベントは日本初、世界でも類を見ないライヴ会場のPAシステムをフル活用したライヴ音響による大音量上映となっており、スタンディングあり、絶叫あり、シンガロングあり、そしてもちろんヘドバンありのライヴ音響による上映となる。本当にライヴを観ているかのような醍醐味があり、家では絶対に体験できない迫力で存分に作品が鑑賞できる。

また今回の上映は、Zeppを使っての上映としては“最初で最後”! まさしく一夜限りのスペシャルなイベントということで、プレミアチケットになること必至だ。現在チケット販売を受付中なので、詳細は下記サイトへ。

■『メタリカ スルー・ザ・ネヴァー』上映 特設サイト
http://www.110107.com/mob/pageShw.php?site=OTONANO&ima=3546&cd=metallica_zekkyo

(c)Metallica Through the Never, Courtesy of Picturehouse

■『新作発売祝宴!『メタリカ・スルー・ザ・ネヴァー』一夜限りのライヴ絶響上映@Zepp』

原題:METALLICA THROUGH THE NEVER(原題)
日程:10月14日(金)
開場:18:30 開演|19:30
会場:Zepp DiverCity(TOKYO)、Zepp Namba(OSAKA) 
座席:エリア内自由。
※1Fの座席のみの販売になります。
ライヴ絶響上映:スタンディングも歓声もOK。ライヴハウスの音響で、通常の音楽ライヴと同様に楽しんでいただく上映スタイル。
※主催者側の判断によっては、お声を掛けさせていただく場合もございます。
※blu-rayでの上映になります。
出演:デイン・デハーン『アメイジング・スパイダーマン2』/メタリカ(ジェイムズ・ヘットフィールド、ラーズ・ウルリッヒ、カーク・ハメット、ロバート・トゥルージロ)
監督:ニムロッド・アーントル『プレデターズ』ほか
2013年/カラー/2ch/92分/16:9/blu-ray

<チケット>
9月2日(金)am11時より、販売受付開始

【関連リンク】
暑い夏が過ぎても、熱い心は忘れたくない5曲
"挑戦"の二文字を胸に刻んだあなたに贈る5曲
目には目を、暑さには熱さを!と言える洋楽5曲
coldrain、ヨーロッパ最大級のフェス「Rock am Ring」「Rock im Park」に出演決定!

【関連アーティスト】
Metallica
【ジャンル】
メタル, ロック/ブルース(洋楽), 映画

WOMCADOLE、11月に東京・大阪・滋賀で自主企画対バンイベント「瀧昇」を開催
Fri, 02 Sep 2016 14:00:00 +0900
WOMCADOLE (okmusic UP\'s)

滋賀で結成されたバンド、WOMCADOLE(ウォンカドーレ)が11月に東京、大阪、そして地元・滋賀で自主企画対バンイベント「瀧昇」(たきのぼり)を行なうことを発表した。

【その他の画像】WOMCADOLE

11月6日(日)の大阪・福島LIVE SQUARE 2ndLINE公演にはthe unknown forecast、11月10日(木)の東京・下北沢SHELTERにはT/ssue、CRAZY VODKA TONIC、ファイナル11月13日(日)の滋賀B-FLATにはclimbgrowが出演する。チケットは各プレイガイドで発売中。

WOMCADOLEは、7月1日に新メンバーとして黒野滉大(Ba)を迎え、バンド活動を再開したばかり。今後に注目だ。

■『WOMCADOLE pre.「瀧昇一本目 二〇十六」』

11月06日(日) 大阪 福島LIVE SQUARE 2nd LINE
w/the unknown forecast、+1BAND
11月10日(木) 東京 下北沢SHELTER
w/ T/ssue、CRAZY VODKA TONIC
11月13日(日) 滋賀 B-Flat
w/climbgrow

【関連リンク】
WOMCADOLE オフィシャルHP
WOMCADOLE、新メンバー加入後初の新曲リリースでバンド活動再開
WOMCADOLE、初の全国流通盤『ワタシノハナシ』を8月にリリース&ツアー開催決定
魔法少女になり隊、メジャー・デビューシングルのアートワークが解禁

【関連アーティスト】
WOMCADOLE, climbgrow
【ジャンル】
ジャパニーズロック

くるり、結成20周年記念日に“ロックコミューン”の部室から生配信!
Fri, 02 Sep 2016 13:00:00 +0900
9月1日@立命館大学“ロックコミューン”部室 (okmusic UP\'s)

くるりがバンドの結成日である9月1日(木)にオリジナルメンバーでスペシャルライヴを生配信した。

【その他の画像】くるり

くるりは1996年9月1日に立命館大学に在学中だった岸田繁、佐藤征史、森信行により、音楽サークル“ロックコミューン”で出会い、結成。それから20年を経た2016年9月1日、結成当時のオリジナルメンバーで、結成の地である立命館大学の音楽サークル“ロックコミューン”の部室から一夜限りのライヴを生配信した。

当時の秘話や生で届けられるメッセージに応えたりと、約1時間30分の内容で全11曲を演奏。くるり20歳の誕生日を祝った。

スペースシャワーTVがプロデュースするプレミアムライヴ番組『SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU”』の第18弾アーティストとしてくるりの出演が決定したことも、その配信中に発表された。このライヴを、スペースシャワーTVでは完全無料招待制で実施。ジャンルに囚われない、くるりらしい特別な編成や森信行を迎えての編成などを盛り込んだものになる予定だ。観覧応募はスペースシャワーTV、エンタメ情報サイト「uP!!!」の特設ページで、9月13日(火)より受付スタート!

そして、スペースシャワーTVの9月のマンスリーアーティストにも決定したくるり。9月1日(木)のスペシャルライヴの模様も収めた、くるりの素顔に迫る特別番組『くるりの20回転ワープ』がオンエアされる。初回放送は9月18日(日)21:00〜22:00で、リピート放送は9月21(水)23:00と、10月を予定。

また、9月14日にリリースする20年の歴史を網羅したオールタイムベスト『くるりの20回転』スペシャルサイトもオープン! ベスト盤購入のオリジナル特典情報や、毎年開催している「オータムジャンボくるり in 京都音博」などの開催情報も公開となり、今後もさまざまな企画や情報がこのサイトから発表されていくので、随時チェックしてみてほしい。

【セットリスト】
01.尼崎の魚
02.Jam_#1
03.虹
04.リバー
05.7月の夜
06.夜行列車と烏瓜
07.モノノケ姫
08.ばらの花
09.GO BACK TO CHINA(イントロ)
10.ARMY
11.東京

■『くるりの20回転』スペシャルサイト
http://quruli.net/20th/

■アルバム『くるりの20回転』

2016年9月14日発売
【初回限定盤】(3CD)
VIZL-1034/¥3,700+税
※デジパック仕様+豪華84P特典ブックレット+スリーブケース
【通常盤】(3CD)
VICL-64632〜4/¥3,500+税
<収録曲>
■Disc 1
01.東京
02.虹
03.青い空
04.街
05.春風(Alternative)
06.ワンダーフォーゲル
07.ばらの花
08.リバー
09.ワールズエンド・スーパーノヴァ
10.男の子と女の子
11.HOW TO GO
■Disc 2
01.ハイウェイ(LA mix)
02.ロックンロール
03.BIRTHDAY
04.Superstar
05.赤い電車
06.Baby I Love You
07.Juice(くるりとリップスライム)
08.五月の海
09.JUBILEE
10.言葉はさんかく こころは四角(Single Ver.)
11.さよならリグレット
12.三日月
13.愉快なピーナッツ
■Disc 3
01.シャツを洗えば(くるりとユーミン)
02.魔法のじゅうたん
03.奇跡
04.石巻復興節
05.my sunrise
06.everybody feels the same
07.Remember me
08.ロックンロール・ハネムーン
09.最後のメリークリスマス
10.Liberty&Gravity
11.There is(always light)
12.ふたつの世界
13.かんがえがあるカンガルー
14.琥珀色の街、上海蟹の朝

※各チェーン先着購入特典(一部、特典の取り扱いがない店舗あり)
●TOWER RECORDS(TOWER RECORDS 全国各店、TOWER RECORDS ONLINE):特製ステッカー(TOWER Ver.)
●TSUTAYA(TSUTAYA RECORDS全国各店、TSUTAYA オンラインショッピング(予約分のみが対象)):特製ステッカー(TSUTAYA Ver.)
●HMV(HMV 全国各店、ローチケHMV):特製ステッカー(HMV Ver.)

■「SPACE SHOWER TV “LIVE with YOU”」

開催日:11月予定
応募要項など詳細については、9月13日(火)発表

「LIVE with YOU」 オフィシャルHP
http://sstv.jp/lwy

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
くるり、バンド結成時から最新曲までを網羅したベスト盤を9月14日にリリース
最高にHAPPYになれるアルバム『Sweet Happiness SUPPORTED BY ゼクシィ』8月24日に発売
くるり、EP『琥珀色の街、上海蟹の朝』初回盤付属映像のトレーラー映像を公開

【関連アーティスト】
くるり, 岸田繁
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM), イベント, ライブ

山下達郎の新曲MVに、NHK朝ドラ『とと姉ちゃん』中田綾役で人気の阿部純子が出演!
Fri, 02 Sep 2016 12:30:00 +0900
阿部純子 (okmusic UP\'s)

9月14日にリリースとなる山下達郎の新曲「CHEER UP! THE SUMMER」のMVに、人気沸騰中の女優・阿部純子が出演していることがわかった。

【その他の画像】山下達郎

このMVは高校生活最後の試合に負けてしまった野球部主将と彼を応援し続けたチア部リーダーとの物語仕立てになっていて、「CHEER UP! THE SUMMER」の歌詞の世界にインスパイアされた岡田文章監督の発案によるもの。応援する人、される人が敗戦を機に、残された短い夏を取り戻すストーリーが描かれ、阿部扮するチアリーダーと、試合に負けてうなだれながらユニフォームのままでひたすら街を行く野球部員との絶妙な距離感が見ものの、青春作品に仕上がっている。

真夏の湘南ロケを敢行した全編。照り返す夏の日差しと野球場。そして、湘南の街から海へ…。ラストシーンでは、部員みんなのために踊ってきたチアリーダーが野球部主将ただひとりのために踊る。

今クールは2本のドラマに出演中。各方面で話題の女優、阿部純子のMV初出演作品となる。

このMVは、山下達郎の特設HPでショートバージョンが期間限定公開されている。

■山下達郎 特設HP
http://wmg.jp/tatsuro/

■【コメント】

■阿部純子
私は本当に音楽が大好きなので、今回のお話しは本当に嬉しかったですし、それが、しかも初めてのミュージックビデオのお仕事が山下達郎さんのミュージックビデオということで私にとってサプライズプレゼントのような出来事でした。

■岡田文章(監督)
大きな喪失感だったり、男の子に対する慈愛に満ちた眼差しだったり、
夏を取り戻さなくてはという想いだったり、潔さだったり。
それらを表現する芝居力はもとより、全てを内包できる「横顔力」が、阿部純子さんにありました。
達郎さんの楽曲と阿部さんの横顔で、いつかの「青春」を、堪能してください。

■シングル「CHEER UP! THE SUMMER」

2016年9月14日発売
WPCL-12426/¥1,000+税
<収録曲>
01.CHEER UP! THE SUMMER
02.CAN’T TAKE MY EYES OFF YOU〜君の瞳に恋してる〜(Live)
03.CHEER UP! THE SUMMER(オリジナル・カラオケ)

【関連リンク】
山下達郎、松嶋菜々子主演ドラマの主題歌を書き下ろし
山下達郎 & 竹内まりやの「Let It Be Me」がフジテレビ系新ドラマの劇中歌に起用
竹内まりやの新曲がニュース番組「WBS」の新EDテーマに決定
「オールナイトニッポン ALIVE 〜ヒットこそすべて〜」のステージで豪華アーティストが競演!

【関連アーティスト】
山下達郎
【ジャンル】
J-POP

CUBERS、『イケメンサミット』でファン大熱狂&新曲「Samenaide」MV公開
Fri, 02 Sep 2016 12:00:00 +0900
CUBERS (okmusic UP\'s)

CUBERSが8月31日、Zepp Divercityにて行われた『イケメンサミット2016 SUMMER』に出演! CUBERSは新衣装をサプライズでお披露目し、新曲「Samenaide」のMVと新アーティスト写真を合わせて発表。会場に集まったファンを大いに沸かせた。

【その他の画像】CUBERS

9月8日(キューバーズの日)に1st アルバム『PLAY LIST』をリリースする彼らだが、結成当初からのキャッチフレーズであった"弟にしたいボーイズユニット"から"聴けるボーイズユニット"へ舵を切り、新曲の「Samenaide」は今後のCUBERSの方向性を示す楽曲となっている。

また「Samenaide」はフジテレビ系全国4局ネット『ミューサタ』9月度エンディングトラックに決定! 9月3日(土)深夜の放送回より、彼らの新曲がOAされる。

アルバム『PLAY LIST』にリードトラックとして収録される「Samenaide」は、煌びやかなホーンセクションやサビでのオクターブハーモニーが印象的で、これまでのCUBERSとは一味違ったナンバー。80〜90年代のディスコ/ファンク・チューンを彷彿させる本格的なサウンドに仕上がっている。

同曲のMVは「Bi\'Bi\'Bi\'」「STAND BY YOU」に続き、加藤マニ監督が制作。これまでの"疑似デート"や"クロマキーコント"とは異なり、ホールでバンド編成のなか歌い踊るというオーセンティックな内容に仕上がった。

また、新衣装を纏ったアーティスト写真とジャケット写真も併せて公開。9月3日(土) ららぽーと富士見を皮切りに、アルバム『PLAY LIST』の発売を記念したリリースイベント『自分にピッタリのサイズで歩こうTOUR』を回る。さらに、11月20日(日)に表参道GROUNDにて3度目となるワンマンライブを開催。"聴けるボーイズユニット"としての今後の活躍に期待したい。

Photo by 牛島康介

■【加藤マニ監督コメント】

J-Popの黄金期を彷彿とさせるメロディにホーンセクションを含むミディアム・ファンクというアレンジによる新曲は、彼らが掲げる新しいテーマでもある「聴けるボーイズユニット」の名刺となるもののため、今回はビデオも変化球的なギミックは極力さけ、ステージにライト、バンドを従えて歌い踊るという王道のスタイルで撮影しました。

■「Samenaide」MV
https://youtu.be/HByK_Q7HhgM

■アルバム『PLAY LIST』

2016年9月8日発売
【Type-A】
BMEJ-0034/¥3,000(税込)
【Type-B】
BMEJ-0035/¥3,000(税込)
※Type-Aに音楽ジャーナリスト高橋芳朗によるライナーノーツ収録
※Type-Bにメンバーによるセルフライナーノーツ収録
<収録曲> ※Type-A/B共通)
1.Samenaide
2.New days
3.STAND BY YOU
4.Forever
5.Mr.COOL!!
6.SHY
7.スマイル
8.Stage
9.ワンダーパレード
10.Bi\'Bi\'Bi\'
11.Good good-bye
12.26.5

■『CUBERS 1stアルバム「PLAY LIST」発売記念〜自分にピッタリのサイズで歩こうTOUR〜』

9月03日(土) ららぽーと富士見 1F 屋外広場
時間:13時〜/15時30分〜
9月07日(水) 新星堂サンシャインシティアルタ店
時間:18時30分〜
※18時00分〜CUBERSが自らレジに立つ、一日店長あり!
9月09日(金) ダイバーシティ東京プラザ 2階フェスティバル広場
時間:18時〜
9月10日(土) ららぽーと富士見 1F 屋外広場
時間:13時〜/15時30分〜
9月11日(日) ららぽーと豊洲 シーサイドデッキメインステージ
時間:13時〜/15時30分〜
9月17日(土) HMV&BOOKS TOKYO 7Fイベントスペース
時間:18時30分〜
9月22日(祝・木) タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
時間:12時〜
9月24日(土) イオンモール浦和美園 1Fセントラルコート
時間:13時〜/15時30分〜
10月02日(日) ららぽーと新三郷 1Fスカイガーデンステージ
時間:13時〜/15時30分〜
10月08日(土) ららぽーと柏の葉 本館2F センタープラザ
時間:13時〜/15時30分〜
10月09日(日) HMVエソラ池袋
時間:13時〜/15時30分〜
10月10日(祝・月) 大宮アルシェ 1Fイベントステージ
時間:13時〜/15時30分〜
11月03日(祝・木) タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
時間:12時〜
11月12日(土) たまプラーザテラス ゲートプラザ1F フェスティバルコート
時間:13時〜/15時30分〜

■『CUBERS 3rdワンマン〜覚めないで、消えないで〜』

11月20日(日) 表参道Ground
<先行チケット情報>
■LINE先行(CUBERS OFFICIAL LINEを登録者対象)
受付期間:7月25日(月)18:00〜8月7日(日)23:59
■OFFICIAL SITE先行
受付期間:8月22日(月)18:00〜9月4日(日)23:59

■『CUBERS 学園祭TOUR2016』

10月23日(日) 日本薬科大学
10月29日(土) 白百合女子大学
10月30日(日) 中央学院大学
11月01日(火) 明治学院大学
※詳細・追加日程は後日発表

【関連リンク】
CUBERS オフィシャルHP
CUBERS、結成1周年記念SPイベントにて1stアルバムの発売を発表
CUBERS、初のテレビタイアップをマネージャーからサプライズ発表!
CUBERS、人力舎とのコラボ企画でお笑いに初挑戦!?

【関連アーティスト】
CUBERS
【ジャンル】
J-POP

MeteoroiD、過去最高動員のワンマンで熱狂のステージを披露『お前等の居場所はここだ!』
Fri, 02 Sep 2016 11:52:44 +0900
9月1日@高田馬場AREA (okmusic UP\'s)

9月1日 高田馬場AREAにて、MeteoroiDのワンマンライヴ『居場所の啓示』が開催された。

【その他の画像】MeteoroiD

4月に新たなコンセプト《平成の“ヤミ”をお掃除しましょう。》を打ち出し、「世の中、そしてヴィジュアル系シーンの歪みや鬱屈を一層しよう」という思いを込めて走り出したMeteoroiD。「9月1日の公演では、MeteoroiD史上最高動員を目指す」という目標を掲げ、会場限定シングルを発売し、積極的に対バンイベントへ参加。更には初の海外公演も成功させた。この日のライヴはそんな彼等の2016年の夏の集大成が、なりふり構わない全力の力で叩き付けられるような内容となった。

『お前らの“居場所”はここだ!』という幻鬼(Vo)の叫びと共に、ライヴ本編は最新メンヘラお祭りナンバー「世界は私を嫌ってる」で幕を開けた。グッズの扇子をもちいた振り付けで踊り、会場のテンションは初っ端から一気に上昇。間髪入れずに人気曲「Mr.famous」を投下して、モッシュでフロアが大きく揺れる。

その後も、初期の代表曲「GEMINI」や、最新シングル曲「めんへら輪舞曲」など、新旧問わずアッパーチューンが次々披露された。この日の彼等は、演奏もパフォーマンスもいい意味で必死だったことが印象的だ。全力でコーラスするraL(B)、『今の2倍声出せ!』とフロアに吠える幻鬼……。カッコいい曲をカッコいい音で、目の前のファンに全力で届けることに死ぬほど一生懸命だった。セットリストすら、新曲から初期の名曲まで、バンドの全てを振り絞った全力試合だ。

中盤のセクションでは手を品を変え、これでもかと“魅せる”ステージを展開。暗転したステージでバンドサウンドが絡みあうなか、『君を眠りの森へ……』というランタンを持った幻鬼の囁きから、ライトの光が一気に広がる演出が劇的だった「いばら姫」。シーケンスのピアノサウンドやコーラスが壮大なミディアムナンバー「黄泉の風」。幻鬼が拡声器を使い、まるでプロパガンダのようにファンに敬礼を呼びかける「背徳者に敬礼を」など、「ヴィジュアル系が好き!」と言い切る彼等ならではの、目からも耳からも心を揺さぶるパフォーマンスが続く。

『今日はご来場頂きありがとうございます! ここらで会場の皆さん、一つになろうと思うんですが、いけますよね!? 後半戦もぶっとばしていこうぜ!』と力一杯叫ぶraLと朋夜(Dr)に煽られて会場がコールアンドレスポンスで一つに。後半戦一発目はMeteoroiDの初期代表曲「DIVER」だ。快心の笑みでギターをかき鳴らすマチ(G)、幻鬼にマイクを向けられはにかむ帝(G)、疾走感溢れるメロコアナンバーのなかで、会場に多幸感が満ちた。

『お前等がここにいることを証明しろ!』(幻鬼)。本編ラストは名曲「リトルボーイ」。疾走するバンドサウンドに祈るように歌い上げる幻鬼の声が重なった。《背負って行くと決めたからキミと共に キミが君でいられるように そう願うよ》同曲ラストの歌詞が、まるでこの日のこのライヴの為に書かれたもののように突き刺さったのは筆者だけではなかったはずだ。

アンコールパートでは、今日のライヴが終わるのを惜しむようにたっぷり6曲が披露された。メンバーが学ラン風の新衣装に着替えて登場し、黄色い歓声が上がる。そして、9月1日が誕生日のマチに、ファンとメンバーからバースデーサプライズが贈られる場面も。『俺、こういうの弱いんだよ……』と、マチが目を潤ませる和やかな雰囲気のなか、MCでは注目の“過去最高動員”へのチャレンジの話が上がった。

『今日の目標である、“過去最高動員”ですが……達成することができました! 皆さんのお陰です。ありがとうございます」(幻鬼)。嬉しい知らせに、ファンから歓声が上がる。2016年の夏を誰より全力で駆け抜けたMeteoroiDの願いは、ちゃんと届いていた。

『2017年、MeteoroiDは挑戦します。ツアーでは全ての会場で過去最高動員を達成したいです。アンコールでも過去最高の盛り上がりを見せてもらえればと思います!』(幻鬼)。真摯な言葉でMCを締めくくり、アンコール一発目は「オトギリソウ」。ファンは扇子を持って踊り、メンバーは笑顔を交わしてステージを縦横無尽に暴れ回って、フロアの熱は瞬く間に再沸騰した。

MeteoroiDの新たなアンセム「平成の“ヤミ”をお掃除しましょう」では、ファンのシンガロングが会場を包む。《居場所がほしい 必要とされたい 生きる意味がほしい》英語で“流星の元になるもの”がバンド名の由来のMeteoroiD。「例え宇宙のチリだとしても、一瞬でも輝ける場所があればいい」という思いを持って結成した彼らと、そのファンが輝ける場所は、やはりこの空間なのだ。

『居場所の啓示。お前等の居場所はここだ! 高田馬場AREA! 一緒に心中しようぜ!!』(幻鬼)。ラストはキラーチューン「呪殺」。『ちょっとでも動きたいヤツは前に来い! 後ろにいたいヤツは息もするな! あと3分やるから死ぬぞ!』という幻鬼のはちゃめちゃな呼びかけでフロア前方に密集にしたファンが、はちゃめちゃに盛り上がって幕を閉じた。

MeteoroiDは12月に『MeteoroiD 東名阪仙 無料ワンマンツアー「脱皮」』を開催。さらに、会場によって収録曲が異なる限定シングル「本当の私」の発売も決定している。また、各会場では購入者対象のアウトストアイベントを開催。2017年にはミニアルバム『83』を開催と、2016年、そして2017年もMeteoroiDは全力で駆け抜ける。彼等が作り出す“ファンとバンドが流星のように輝ける場所”の眩しさは、これからも更に増していくのだろう。MeteoroiDから今後も目が離せない。

Photo by shimadamasafumi
text by 高崎光

■【セットリスト】

SE
1.世界は私を嫌ってる
2.Mr.famous
3.GEMINI
4.めんへら輪舞曲
5.chocolate
〜BGM〜
6.いばら姫
7.黄泉の風
8.背徳者に敬礼を
9.脈時計
10.DIVER
11.この愛を手放せば自由だろう
12.慟哭の間
13.リトルボーイ

〜アンコール〜
14.オトギリソウ
15.racrimosa
16.BALLERINA
17.平成の“ヤミ”をお掃除しましょう
18.anticlockwiseの心臓
19.呪殺

■MeteoroiD 東名阪仙 無料ワンマンツアー「脱皮」

12月15日(木) 仙台spaceZero
12月18日(日) 名古屋MUSICFARM
12月19日(月) 心斎橋VARON
12月23日(金・祝) 池袋RUIDO K3

■ミニアルバム『83』発売記念ワンマンツアー

2017年
3月05日(日) アメリカ村Clapper
3月11日(土) 仙台SpaceZERO
3月19日(日) HOLIDAY NEXT NAGOYA
4月02日(日) 渋谷REX
※詳細は後日一斉解禁!

【関連リンク】
MeteoroiD オフィシャルHP
MeteoroiD、東名阪仙無料ワンマンツアー『脱皮』開催!
MeteoroiD、リリース発売記念ミニワンマン『83祭り』で"渋谷のヤミ"をお掃除!
MeteoroiD、初のアメリカ公演は大盛況で幕!8月3日のヤミの日に進化した彼らが再び日本のステージへ!

【関連アーティスト】
MeteoroiD
【ジャンル】
ビジュアル, ライブ

aiko、ニューシングルのカップリング曲&最新アーティスト写真を公開
Fri, 02 Sep 2016 11:30:00 +0900
aiko (okmusic UP\'s)

9月21日に36枚目となるシングル「恋をしたのは」をリリースするaiko。同作のカップリング曲のタイトルが発表となった。

【その他の画像】aiko

今回も表題曲の他、新曲が2曲収録される。タイトルは「夏バテ」と「微熱」。どのような楽曲なのか、期待が膨らむところだ。

表題曲となる「恋をしたのは」は、9月17日(土)に全国劇場公開されるアニメーション映画『聲の形』の主題歌に起用されることで話題となっており、ラジオでのオンエアがスタートするやいなや、“歌詞が泣ける”“共感できる”とSNS上で好評を博している。

さらに、収録曲発表と共に、最新アーティスト写真も公開! 新たなアーティスト写真は、花柄のノースリーブのワンピース姿で、ビビッドな赤い壁にもたれながら物憂げに遠くを見つめる瞳が印象的な一枚に仕上がった。aikoのトレードマークでもある前髪が、少し伸びて目にかかっているせいか、いつもより大人びた印象を与える。

■シングル「恋をしたのは」

2016年9月21日発売
PCCA-15036/¥1,200+税
※初回限定仕様盤:カラートレイ&8Pブックレット付き
<収録曲>
01.恋をしたのは
02.夏バテ
03.微熱

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
aiko、話題の映画『聲の形』主題歌「恋をしたのは」リリース決定
aiko、「Love Like Pop vol.19 〜別枠!熊本ちゃん〜」開催を発表
aiko、デビュー18周年を仙台で迎える

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP, 映画

スティング、10数年ぶりのロック・アルバムを11月にリリース!
Fri, 02 Sep 2016 11:00:00 +0900
アルバム『ニューヨーク9番街57丁目』 (okmusic UP\'s)

生まれ故郷のイングランド北東部ウォールズエンド(造船業で栄えた町)を舞台にしたブロードウェイ・ミュージカルのために書き下ろした前作『ザ・ラスト・シップ』(2013)で人生を振り返ったスティング。音楽人生第2章の幕開けといえる新作は、ファンが聴きたかったロック・アルバムとなった。


【その他の画像】Sting

『新作は、ここ数作よりも、よりロックなアルバムだ』(スティング)
『スティングがこんなにロックなのはポリスの『シンクロニシティ』以来ではないか』(マネージャー)

と、7月に米Rolling Stone誌に記事が出てから1か月半。全世界待望の新作情報が届いた。

生まれ故郷のイングランド北東部ウォールズエンド(造船業で栄えた町)を舞台にしたブロードウェイ・ミュージカルのために書き下ろした前作『ザ・ラスト・シップ』(2013)で人生を振り返ったスティングの、音楽人生第2章の幕開けといえる新作は、ファンが聴きたかったロック・アルバムとなった。

ニュー・アルバム『ニューヨーク9番街57丁目』(原題:57th & 9th)は、ファースト・シングルで力強いギターが唸る「アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー」を筆頭に、映画「マッドマックス2」のイメージを想起させる激しい「ペトロール・ヘッド」、アンセミックな「50,000」など、作曲スタイルの幅の広さを象徴している。

本作には、スティングのサポートを長期間にわたり務めるドミニク・ミラー(G)、ヴィニー・カリウタ(Ds)のほか、ジョシュ・フリース(Ds)(ナイン・インチ・ネイルズ、ガンズ・アンド・ローゼズ)、ライル・ワークマン(G)、テキサス州サン・アントニオに基点を置くテックスメックス・バンドのザ・ラスト・バンドレーロスなども参加。

“あっという間だった。気づいたら出来ていたという感じかな。僕はいつも、時に自分自身をも驚かせ、そして一緒に作品を作っている人たちも驚かせようと考えている。リスナーもそのように感じてくれたら"とスティングが語るように、多くのインスピレーションの波とともに、わずか数週間のセッションで衝動的に仕上げた作品だという。

アルバム・タイトルは、レコーディングが行われた、マンハッタンのヘルズ・キッチンにあるスタジオに歩いて向かう際、スティングが毎日渡っていた交差点の場所に因むものだという。

このアルバムを通して、もし歌詞にテーマがあるとすれば、それは旅や移住のイメージだとスティングは言う。テーマが最もはっきりと反映されているのは、自伝的な「ヘディング・サウス・オン・ザ・グレート・ノース・ロード」と、もう1曲、人道的な見地から世界的な難民危機を扱った「インシャラ」だ。

『未知なる魅力で誘引するその道を探し求め、旅すること。このアルバムは、エネルギッシュで喧騒に満ちながら、それでいて思慮深い作品に仕上がった』(スティング)

まずは、リリースされたばかりのシングル「アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー」を聴いて、アルバムを待とう。

■アルバム『ニューヨーク9番街57丁目』

2016年11月11日発売
【SHM-CD】
UICA-1067 / ¥2,600+税 
【SHM-CD+DVDデラックス】
UICA-1068 / ¥3,400+税

■iTunes予約注文受付中
予約するとシングル「アイ・キャント・ストップ・シンキング・アバウト・ユー」をその場でダウンロードできます。
・デラックス(13曲):https://itunes.apple.com/jp/album/57th-9th-deluxe/id1147149044?app=itunes&at=10I3LI
・スタンダード(10曲):https://itunes.apple.com/jp/album/57th-9th/id1147148545?app=itunes&at=10I3LI

■Sting. 57th & 9th. New album out November 11.
https://youtu.be/oo_CQpDbX8o

【関連リンク】
StingオフィシャルHP
【30代向け】思わず歌詞に共感するこの5曲〜男性アーティスト編
『今夜はだまってウィスキー』っていう時に聴きたい曲
スティング、ミュージカルにもなった最新アルバムのライヴDVD&Blu-rayを発売

【関連アーティスト】
Sting
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

河村隆一、ニューアルバムのジャケット&新アー写公開
Fri, 02 Sep 2016 10:00:00 +0900
河村隆一 (okmusic UP\'s)

9月28日にリリースされる河村隆一のニューアルバム「Colors of time」のジャケットと新アー写が公開された。

【その他の画像】河村隆一

ジャケットはグラフィックアート加工された今までにない斬新なデザインとなっていて、担当デザイナーは「無機質でデジタルなイメージで製作し、ご本人のかっこよさを生かしたグラフィックアートにしました。あえてオールCGで作っていますので完璧なグラデーションの濃淡の綺麗さが肝です。」とコメントしている。

リリース後には続々とライブも決定しているのでチェック頂きたい。

■アルバム『Colors of time』

2016年9月28日発売
【CD+DVD】
AVCD-93475/B/¥4,500(税込)
【CD ONLY】
AVCD-93476/¥3,500(税込)
<収録曲>
■CD
1. God\'s gift to man
2. Longing for
3. あなたの花
4. August
5. Guitar Riff
6. raindrop
7. a butterfly
8. Colors of time
9. line of flight
10. oneself
■DVD
1. Longing for (Music Video)
2.「 Colors of time」 Making Movie

※初回 スリーブ仕様(2形態ともに)

■【ライブ情報】

『Ryuichi Kawamura presents No Mic, No Speakers Concert #011』
9月19日(月・祝) 東京オペラシティ コンサートホール
開場15:00 /開演16:00

『Ryuichi Kawamura Live 2016(仮)』
10月01日(土) Zepp Tokyo
開場17:00 /開演18:00

『Ryuichi Kawamura Live 2016「深愛」』
10月02日(日) Zepp Tokyo
開場16:00 /開演17:00
※「2001.1st stage 深愛」(日本武道館)のSET LIST を再現!!

【関連リンク】
河村隆一 オフィシャルHP
YOSHIKI×LUNA SEA、頂上対談が実現! 名曲「PRECIOUS…」の即興ピアノコラボも!
Tourbillon、結成10周年記念ライブが大盛況のうちに幕
Tourbillonの結成10周年記念ライヴ直前リハに潜入!

【関連アーティスト】
河村隆一
【ジャンル】
ジャパニーズロック

宇多田ヒカル、本人出演による「花束を君に」MVを公開
Fri, 02 Sep 2016 04:00:00 +0900
宇多田ヒカル (okmusic UP\'s)

宇多田ヒカルが9月28日にリリースするオリジナルアルバムとしては約8年半ぶりのアルバム『Fant?me』の先行楽曲であり、また大人気ドラマ NHK連続テレビ小説『とと姉ちゃん』主題歌でもある「花束を君に」の本人出演によるMVを映像配信サービス「GYAO!」にて公開した。アーティスト活動再始動後、公の場に宇多田ヒカルの映像が出るのは、これが初となる。

【その他の画像】宇多田ヒカル

本ビデオの監督は竹石渉。「Addicted To You」「Wait&See 〜リスク〜」のMVや、数々の宇多田ヒカルのライブビデオも手掛けており、MVとしては「Prisoner Of Love」以来の監督作品となる。

本楽曲について宇多田ヒカル本人は『「花束を君に」はNHK朝の連続テレビ小説が国民的な番組なので、意識的にいつにも増して間口を広げる作詞をしました。オフコースとかチューリップ、エルトン・ジョンの「タイニーダンサー」をイメージして軽やかな感じに“開いてる”曲を目指して。いろんな状況で、いろんな人に当てはまるといいな、と思います。」とコメントを寄せている。

■GYAO! 「花束を君に」ミュージックビデオ
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00101/v12399/v0871400000000545055/
※「Yahoo!検索」で「宇多田ヒカル」の検索結果上でも本MVをご覧いただくことができます

■アルバム『Fant?me』

2016年9月28日(水)発売
TYCT-60101/¥3,000
※SHM-CD 
<収録曲>
01. 道
02. 俺の彼女
03. 花束を君に
※NHK連続テレビ小説「とと姉ちゃん」主題歌
04. 二時間だけのバカンス
05. 人魚
06. ともだち
07. 真夏の通り雨
※日本テレビ「NEWS ZERO」テーマ曲
08. 荒野の狼
09. 忘却
10. 人生最高の日
11. 桜流し
※ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q」テーマソング

【関連リンク】
宇多田ヒカル オフィシャルHP
宇多田ヒカル、ニューアルバムのタイトルは「幻」や「気配」などを意味する『Fant?me』
宇多田ヒカル、衝撃のデビュー作『First Love』。 日本の音楽シーンの新世紀はここから始まった!
宇多田ヒカル、8年ぶりとなるアルバムの発売が決定

【関連アーティスト】
宇多田ヒカル
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

魔法少女になり隊、メジャー・デビューシングルのアートワークが解禁
Fri, 02 Sep 2016 00:00:00 +0900
魔法少女になり隊 (okmusic UP\'s)

2016年9月21日にメジャー・デビューシングル「KI-RA-RI」をリリースする魔法少女になり隊。これまでイラストやロゴだったアーティスト写真のアートワークが解禁されメンバーが登場する形となった。魔法少女になり隊のラウドでポップでファンタジーなライブの世界観が表現されている。


【その他の画像】魔法少女になり隊

そして、シングルの表題曲「KI-RA-RI」のミュージックビデオショートver.がYouTubeオフィシャルチャンネルで公開された。RPGの世界から飛び出したメンバー自身が初めて登場しており、現実世界で8bitに囲まれながら「夢を掴め!」という気持ちを歌という魔法で披露。

また、シングルCDの詳細も明らかになり、ボーカル・火寺バジルが初めて作詞に挑戦した「KI-RA-RI」、TVアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」のエンディング・テーマ「ハレ晴レユカイ」のカバー、ライブでサークルモッシュの起きる「MEGA DASH」の3曲が収録される。

初回生産限定盤には、バンドのストーリーが分かる「魔法少女になり隊 序章」、メンバーのgari(VJ&Vo.)が制作した、インディーズ時代にリリースされたライブ定番曲のVJ映像映像が収録されたDVDが付いている。

また、初回生産限定盤、通常盤共に各CDショップで予約を開始しており、発売1週間前の9月14日からは表題曲「KI-RA-RI」が先行配信されることが決定した。9月2日からはiTunesでの予約受付もスタートし、今の魔法少女になり隊を詰め込んだ楽曲を是非体感して欲しい。

さらにオフィシャルサイトもリニューアルされ、魔法少女になり隊の今後の動きに注目があつまる。

■「KI-RA-RI」MV short ver.
https://youtu.be/MbELUxrvogU

■シングル「KI-RA-RI」

2016年9月21日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9178〜79/¥1,574+税
※“まほうのメダル"が入っているかはCDを開けてのお楽しみ
※「地図のかけら」封入
【通常盤】(CD ONLY)
SRCL-9180/¥1,204+税
<収録曲>
■CD
1.KI-RA-RI
2.ハレ晴レユカイ
3.MEGA DASH
■DVD ※初回生産限定盤のみ
1.魔法少女になり隊 序章
2.冒険の書1
3.狂騒曲ザラキ
4.RE-BI-TE-RO

【関連リンク】
魔法少女になり隊オフィシャルHP
Dizzly、配信楽曲「Wonder World」を音楽レーベル『SOREMO Label』よりリリース
松任谷由実、約3年ぶり38作目のオリジナルアルバム発売&自己最多本数のツアーを開催
焚吐、話題のクリエイターとタッグを組んだ1st EP「トーキョーカオス e.p.」を10月リリース

【関連アーティスト】
魔法少女になり隊
【ジャンル】
ジャパニーズロック

バンドじゃないもん!、派生ユニット3作連続企画第2弾のChou Chou CreamのMV解禁
Fri, 02 Sep 2016 00:00:00 +0900
「アイスクリームになりたいの」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が派生ユニット3作連続企画第2弾として、恋汐りんごと望月みゆによるユニット・Chou Chou Creamの「アイスクリームになりたいの?」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

8月24日(水)にニューシングル「夏のOh!バイブス」をリリースし、前作に引き続き2作連続TOP10入りを果たしたバンドじゃないもん!。今作「夏のOh!バイブス」は通常盤の他にユニット盤と呼ばれるものが3形態リリースされており、恋汐りんご、望月みゆによるユニット・Chou Chou Cream、七星ぐみ、天照大桃子によるユニット・ブルーツインズ、鈴姫みさこ、甘夏ゆずによるユニット・コットンラビッツの音源もそれぞれに収録されている。3人の若手クリエーターによるその3曲すべてのミュージックビデオが制作されており、先週その第一弾として七星ぐみ、天照大桃子によるユニット・ブルーツインズによる「シンデレラブルース」のミュージックビデオが公開となった。

続けて、第2弾として恋汐りんご、望月みゆによるユニット・Chou Chou Cream「アイスクリームになりたいの?」のミュージックビデオが解禁!  「アイスクリームになりたいの?」はPandaBoY楽曲提供による甘酸っぱい上質なテクノPOP。ミュージックビデオは他ユニットには無い、2人の息のあったキレのあるダンス映像が見所。アイス作りに奮闘するイメージショットなどファンのみならず必見の映像になっている。また、最後に公開されるコットンラビッツのミュージックビデオ公開もお楽しみに!

■「アイスクリームになりたいの?」MV
URL:https://youtu.be/pPJErNsWdf0

■シングル「夏のOh!バイブス」

2016年8月24日発売
【通常盤】(CD+特典映像データ)
PCCA-70479/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.夏のOh!バイブス
(作詞:NAOTO , HIROKI/作曲/編曲:NAOTO)
2.HAPPY TOUR(
作詞:みさこ、恋汐りんご、望月みゆ/作曲:奥脇達也/編曲MOSAIC.WAV)
3.夏のOh!バイブス〜instrumental〜
4.HAPPY TOUR〜instrumental〜
■特典映像データ収録内容 ※初回プレス分のみ
「夏のOh!バイブス」 Music Video
〜Live Movie@Akasaka Blitz 2016.05.17&18 ダイジェスト映像〜
(「君の笑顔で世界がやばい」「ツナガル!カナデル!MUSIC」「キメマスター」)「HAPPY TOUR」)

【Chou Chou Cream盤】(CD)
PCCA-70480/¥1,000+税
<収録曲>
1.夏のOh!バイブス
2.アイスクリームになりたいの?
(作詞/作曲/編曲:PandaBoY)
3.アイスクリームになりたいの?〜instrumental〜

【ブルーツインズ盤】(CD)
PCCA-70481/¥1,000+税
<収録曲>
1.夏のOh!バイブス
2.シンデレラブルース
(作詞/作曲:松永天馬/編曲:アーバンギャルド)
3.シンデレラブルース〜instrumental〜

【コットンラビッツ盤】(CD)
PCCA-70482/¥1,000+税
<収録曲>
1.夏のOh!バイブス
2.ヒーローズ
(作詞:みさこ/作曲:甘夏ゆず/編曲:河合栄嗣)
3.ヒーローズ〜instrumental〜

◎先着購入特典
全国のCDショップにて、8月24日発売「夏のOh!バイブス」1枚をご予約・ご購いただくと、商品ご購入時に夏のOh!バイブス ビキニ生写真(全12種のうち1種)を1枚プレゼントいたします。 数量限定で無くなり次第終了となりますので、ぜひお早目のご予約をおすすめいたします!
※生写真は12種よりランダムで1種プレゼントいたします。

■「夏のOh!バイブス」特設サイト
http://banmon-summer.com/

■Blu-ray 『バンドじゃないもん!全国ツアー2016〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編!〜』

2016年10月26日(水)発売
【完全数量限定シリアルナンバー入り豪華プレミアムボックス(1000セット限定)】(2Blu-ray+1CD+グッズ)
BRXP-00009/¥13,000+税
※ポニーキャニオンShop限定商品
※購入ページ:http://ps.ponycanyon.co.jp/banmon/live-bd/
※DISC PLUS封入
※豪華50Pスペシャルフォトブック
※もんスター!認定ステッカー
※「パラダイス大浴場」館内法被
(8/24〜9/16正午期間内ご予約でメンバーカラーが選べます)
※直筆サイン入り(8/24〜9/16正午までの先行予約特典)
<収録曲>
■Disc1
「バンドじゃないもん!全国ツアー2016 〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編〜 in TOYOSU PIT 2016.07.31」LIVE Blu-ray
01. キメマスター!
02. 雪降る夜にキスして
03. RAVE RAVE RAVE
04. パヒパヒ
05. タカトコタン -Forever-
06. ツナガル!カナデル!MUSIC
07. ヒーローズ ex.コットンラヴィッツ(鈴姫みさこ・甘夏ゆずユニット)
08. アイスクリームになりたいの? ex.Chou Chou Cream(恋汐りんご・望月みゆユニット)
09. シンデレラブルース ex.ブルーツインズ(七星ぐみ・天照大桃子ユニット)
10. プリズム☆リズム
11. 歌うMUSIC 
12. ショコラ・ラブ
13. 気持ちだけ参加します。
14. White Youth
15. ヒラヒラ
16. NaMiDa
17. 夏のOh!バイブス
18.君の笑顔で世界がやばい
19. HAPPY TOUR
■Disc2
「バンドじゃないもん!全国ツアー2016 〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編〜 in 赤坂BLITZ 2016.05.18」LIVE Blu-ray
01. キメマスター!
02. 雪降る夜にキスして
03. RAVE RAVE RAVE
04. パヒパヒ
05. タカトコタン -Forever-
06. ショコラ・ラブ
07. ツナガル!カナデル!MUSIC
08. ひ・ま・わ・り (甘夏ゆずソロ)
09. baby my love (天照大桃子ソロ)
10. 手渡しの距離 (望月みゆソロ)
11. 水色のブルー (七星ぐみソロ)
12. りんごいろの約束 (恋汐りんごソロ)
13. スピードリオン (鈴姫みさこソロ) ※ALL Member
14. White Youth
15. ヒラヒラ
16. NaMiDa
17. 君の笑顔で世界がやばい
18. 気持ちだけ参加します。
19. HAPPY TOUR
20. キメマスター!
■Disc3
「バンドじゃないもん!全国ツアー2016 〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編〜 in TOYOSU PIT 2016.07.31」LIVE CD

【通常盤】
PCXP50445 /¥3,000+税
※DISC PLUS
※もんスター認定ステッカー
※CDショップ特典付け
<収録曲>
01. キメマスター!
02. 雪降る夜にキスして
03. RAVE RAVE RAVE
04. パヒパヒ
05. タカトコタン -Forever-
06. ツナガル!カナデル!MUSIC
07. ヒーローズ ex.コットンラヴィッツ(鈴姫みさこ・甘夏ゆずユニット)
08. アイスクリームになりたいの? ex.Chou Chou Cream(恋汐りんご・望月みゆユニット)
09. シンデレラブルース ex.ブルーツインズ(七星ぐみ・天照大桃子ユニット)
10. プリズム☆リズム
11. 歌うMUSIC 
12. ショコラ・ラブ
13. 気持ちだけ参加します。
14. White Youth
15. ヒラヒラ
16. NaMiDa
17. 夏のOh!バイブス
18.君の笑顔で世界がやばい
19. HAPPY TOUR

◎CDショップ購入特典
全国のCDショップにて、「バンドじゃないもん!全国ツアー2016 〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編〜 in TOYOSU PIT 2016.07.31」Blu-ray1枚をご予約・ご購入いただくと、商品ご購入時に豊洲PITライブ生写真(全12種のうち1種)を1枚プレゼントいたします。数量限定で無くなり次第終了となりますので、ぜひお早目のご予約をおすすめいたします!
※生写真は12種よりランダムで1種プレゼントいたします。

■『?バンドじゃないもん!全国ツアー2016 〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編〜 追加公演決定』

9月19日(月・祝)  浜松 FORCE
9月30日(金)  函館Club Cocoa FIRC
11月12日(土)  沖縄 Out Put

【関連リンク】
バンドじゃないもん!オフィシャルHP
バンもん!派生ユニット、ブルーツインズによる「シンデレラブルース」MV公開
バンドじゃないもん!、入場無料のフリーワンマンライブは超満員
バンドじゃないもん!、よみうりランドにて猛暑を吹き飛ばすSPライブを開催

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1