歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年08月31日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/09/09
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
ALL OFF、新曲「リフレインボーイ」がiTunes Store アニメランキングで3位を獲得
Wed, 31 Aug 2016 20:30:00 +0900
ALL OFF (okmusic UP\'s)

TVアニメ『モブサイコ100』のエンディングテーマであるALL OFFの「リフレインボーイ」が8月31日にリリースとなった。

【その他の画像】ALL OFF

新曲「リフレインボーイ」はiTunes Storeアニメランキングで早くも3位を獲得するなど、好評を博している。

ALL OFFはアメリカで行なわれた最大級のアニメイベント「OTAKON」に続き、台湾で行なわれた「No Fear Festival 2016」に出演。会場のキャパシティをはるかに超える約2000人の観客を動員し、観客を熱狂の渦に巻き込んだ。またso-hey(Vo)の中国語・英語・日本語での3カ国語によるMCでも会場を盛り上げた。今後も国内外問わず、彼らの活躍から目が離せない!

■「リフレインボーイ」MV
https://www.youtube.com/watch?v=lZLEXj52lcc

■シングル「リフレインボーイ」

2016年8月31日発売
【アーティスト盤】(CD only)
1000619691/¥1,200+税
<収録曲>
1. リフレインボーイ
 ※テレビアニメ「モブサイコ100」EDテーマ
2. 21
3. Light Up The Sky
4. リフレインボーイ -Instrumental-

【アニメ盤】(CD+DVD)
1000619692/¥1,800(+tax)
<収録曲>
■CD
1. リフレインボーイ
 ※テレビアニメ「モブサイコ100」EDテーマ
2. リフレインボーイ -English ver.-
3. リフレインボーイ -TV size-
4. リフレインボーイ -TEKINA remix-
5. リフレインボーイ -Instrumental-
■DVD
TVアニメ「モブサイコ100」ノンテロップエンディング映像

◎特典情報
(1) OP/ED同時購入特典:2枚収納スリーブ
・対象店舗:アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、ソフマップ、TSUTAYA ONLINE、HMV
・対象商品:「99」MOB CHOIR<アニメ盤>
「リフレインボーイ」ALL OFF<アニメ盤>
(2) ED:「リフレインボーイ」ALL OFF
メーカー特典:B2両面告知ポスター
対象商品:「リフレインボーイ」ALL OFF<アーティスト盤><アニメ盤>
対象店舗:アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、ソフマップ、TSUTAYA、タワーレコード、HMV

【関連リンク】
ALL OFF オフィシャルHP
ALL OFF、対バンツアーのゲストアーティスト第1弾発表
ALL OFF、アメリカ最大級のアニメイベント『OTAKON』で約2000人を熱狂の渦に!
ALL OFF、話題のアニメED曲となるシングル「リフレインボーイ」詳細解禁

【関連アーティスト】
ALL OFF
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

坂本龍一の輸入盤「PLANKTON」が9月1日より200枚限定で販売スタート
Wed, 31 Aug 2016 22:00:00 +0900
「PLANKTON」 (okmusic UP\'s)

坂本龍一の「PLANKTON」の輸入盤が9月1日正午より200枚限定で販売される事が分かった。

【その他の画像】坂本龍一

今年5月に京都で開催された「KYOTOGRAPHIE 京都国際写真 2016」のプログラムとして発表された、クリスチャン・サルデ×高谷史郎×坂本龍一の3人によるスペシャルコラボレーション作品「PLANKTON - 漂流する生命の起源」。2015年秋にサルデが来日し、伊豆・下田で撮りおろした最新作を含む写真や映像作品を軸にダムタイプやソロ作品でも活躍するの高谷史郎がインスタレーションを、坂本龍一がサウンドを手掛け大きな注目を浴びた。

この作品が海外でも高い評価を得て、フランス パリのカルティエ財団現代美術館で7月2日より2018年1月8日まで展示されている。パリでの展示に伴い、坂本龍一が同インスタレーション用に制作したサウンドインスタレーションからの音源をオーディオ作品としてミックス、フランスのレーベル「Milan France」よりCDとデジタルフォーマットで発売された。

この輸入盤が坂本龍一のレーベルcommmonsのECサイト「commmonsmart」に緊急入荷され、9月1日(木)正午より200枚限定で販売される。即完売必至のこの商品、手に入れたい方は大至急チェックを!

■「commmonsmart」
http://www.commmons.com/

■「PLANKTON」

2016年9月1日(木)正午より販売開始
価格:¥1,600+税
※販売開始時刻より下記URLにて商品が表示されます
http://bit.ly/1psvZ6e

【関連リンク】
坂本龍一 オフィシャルHP
伝説のレーベル・BETTER DAYSのミュージシャン18組によるコンピ盤がついにリリース
『commmons10健康音楽』最終日はあふりらんぽ、空間現代、高橋幸宏らが熱演
「commmons10健康音楽」初日、1500人の観客を魅了

【関連アーティスト】
坂本龍一
【ジャンル】
J-POP

04 Limited Sazabys、2ndフルアルバム『eureka』全曲トレーラーを解禁
Wed, 31 Aug 2016 21:00:00 +0900
04 Limited Sazabys (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabysが9月14日にリリースする待望の2ndフルアルバム『eureka』の全曲試聴トレーラーが公開された。

【その他の画像】04 Limited Sazabys

『eureka(ユリイカ)』=「我、見つけたり!」という意味を為すそのアルバムは、まさにバンドの未来を指し示す全12曲を収録。更なる高みを目指し、彼らは新たな旅路を見つけたといわんばかりの名曲の数々が収録されている。

冒頭、GEN(Ba/Vo) のブレスから新たな夜明けを告げるアルバムリードナンバー「Horizon」に始まり、1stシングル「TOY」より「Letter」、2ndシングル「AIM」より「climb」という強力リードトラックに加え、ロックバンドとして進化を遂げた新境地「Feel」、そして真骨頂POP PUNK チューン「Warp」など立て続けにキラーチューンを連発。そしてラストには、メンバーの決意と覚悟を表したタイトルチューン「eureka」が収録されている。バンドとしての勢いだけではなく、より深みを増したフォーリミ渾身の傑作アルバムがここに誕生した。

初回生産限定盤のDVDには「AIM tour 2016」のファイナル公演となった感動と圧巻の豊洲PITでのワンマンライブの映像を厳選収録。更には、敢えて超強力バンドに挑むツアーとなった全国各地の「AIM tour 2016」の舞台裏オフショットのほか、このDVD特別企画として撮り下ろしたメンバーサプライズ『AIM ツアー慰安旅行?』など超豪華映像がフルボリュームで収録。初回生産限定盤が必ず欲しい人は早めに予約をしよう。

また、CDの初回プレス封入特典として、2017年2月11日(土祝)開催の日本武道館公演の先行応募ID封入が封入される。応募は2016年9月25日(日)23:59〆切となっている。オフィシャルHPではCD購入者特典の内容も発表となっているので、合わせてチェックしよう。

■アルバム『eureka』 Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=yPLsfucNTWA

■アルバム『eureka』

2016年9月14日発売
【初回盤】(CD+DVD)
COZP-1228〜9/¥3,200+税
【通常盤】(CDのみ)
COCP-39661/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
01.Horizon
02.Feel
03.drops
04.Warp
05.paradise
06.climb
07.Night on
08.mahoroba
09.discord
10.Telepathy
11.Letter
12.eureka
■DVD ※初回盤のみ
・AIM tour 2016 final @TOYOSU PIT
・AIM tour Diary
・NEWS 04
・AIMツアー 慰安旅行?

◎初回プレス封入特典(初回生産限定盤・通常盤共通)
「日本武道館公演」先行応募ID封入
(応募:2016年9月25日(日)23:59〆切)
※チェーン別先着購入特典有

■【ライブ情報】

『04 Limited Sazabys 「eureka tour 2016」』
9月20日(火) 千葉 LOOK
9月22日(木・祝)  水戸 LIGHT HOUSE  
9月24日(土) HEAVEN\'S ROCK 宇都宮  
9月25日(日) 高崎 club FLEEZ
9月28日(水) F.A.D YOKOHAMA
9月30日(金) 北浦和 KYARA
10月06日(木) 豊橋 club KNOT
10月07日(金) 松阪 M\'axa
10月09日(日) 岐阜 CLUB-G
10月10日(月・祝) 浜松窓枠
10月13日(木) 北見 ONION HOLL
10月15日(土) 旭川 CASINO DRIVE
10月16日(日) 帯広 MEGA STONE
10月22日(土) 秋田 club SWINDLE
10月23日(日) 盛岡 club change WAVE 
10月27日(木) 富山 Soul Power
10月28日(金) 金沢 Eight Hall
10月30日(日) 長野 CLUB JUNK BOX
10月31日(月) 甲府 KAZOO HALL
11月02日(水) 京都 MUSE
11月09日(水) 滋賀 U☆STONE  
11月10日(木) 神戸太陽と虎
11月12日(土) 周南 RISING HALL
11月13日(日) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM 
11月17日(木) 徳島 club GRINDHOUSE
11月19日(土) 高知キャラバンサライ
11月20日(日) 松山 WstudioRED
11月23日(水・祝) 宮崎 WEATHER KING
11月24日(木) 鹿児島 CAPARVO HALL
11月26日(土) 熊本 B.9 V1
11月27日(日) 佐賀 GEILS
※全公演対バン有り予定(後日発表)

『eureka tour 2016-2017 〜one man series〜』
12月07日 (水)  Zepp Tokyo
12月09日 (金)  仙台 Rensa
12月11日 (日)  Zepp SAPPORO
12月16日 (金)  新潟 LOTS
<2017 年>
1月07日 (土)  高松オリーブホール
1月13日 (金)  広島 CLUB QUATTRO 
1月15日 (日)  福岡 DRUM LOGOS
1月20日 (金)  なんば Hatch
1月22日 (日)  Zepp Nagoya 
※全公演ワンマン

『日本武道館 ワンマン公演』
2月11日(土・祝) 日本武道館

【関連リンク】
04 Limited Sazabys オフィシャルHP
一夜限りのSP企画「ONAKAMA 2016」でフォーリミ、ブルエン、オーラルが夢の競演!
04 Limited Sazabys、初の日本武道館公演を2017年2月に開催
04 Limited Sazabys×ヴィレヴァンの期間限定ショップが全国4都市にてオープン

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
ジャパニーズロック

超特急、新曲「Seventh Heaven」MVを9月7日よりLINE LIVE限定で配信
Wed, 31 Aug 2016 20:00:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

10月26日に2ndアルバム『Dramatic Seven』を発売する超特急が、同アルバムに収録される楽曲「Seventh Heaven」のLINE LIVE限定MVを9月7日からLINE LIVE 超特急チャンネルで順次配信することを発表した。

【その他の画像】超特急

8号車(=ファンの愛称)で解放するLINE LIVE限定のMVは楽曲テーマにちなんで「愛で、動き出す。」がテーマとなっており、コーイチ、カイ、リョウガ、タクヤ、ユーキ、ユースケ、タカシの7バーションで、LINE LIVE内の「▽(※)」の数が、期間内に200万を達成する度に、新たな映像・画像が公開されていく仕組みだ。8号車からの「▽」(愛)で、解放され進化する超特急を見逃すな!

※▽=ハートマーク

■アルバム『Dramatic Seven』特設サイト
http://dramatic-seven.com
■超特急LINE ID: bulletain

■【3号車・リョウガよりコメント】

皆の衆…「▽」を連打する準備は出来ているか…。
君一人の行動によって超特急の進化が掛かっている。
どうか皆の「愛」でメンバーそれぞれの姿を解放させて欲しい…。頼むぞ。
「Seventh Heaven」のLINE LIVE限定MVは9/7から順次配信だ。
超えろ、200万。進化の壁を「愛」で打ち砕こうではないか。

■アルバム『Dramatic Seven』

2016年10月26日発売
レーベル: SDR

■『BULLET TRAIN CHRISTMAS ONEMAN SHOW 2016 愛す。in Wonder Land』

12月17日(土)  兵庫 神戸・ワールド記念ホール
12月24日(土)  東京 国立代々木競技場 第一体育館
http://bullettrain.jp/arena2016/

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、冠番組『トレタリ』イベントでモノマネバトルに挑戦!
「a-nation stadium fes.」開幕!豪華14アーティストが観客55,000人を熱狂させた!
超特急、『a-nation stadium fes.』で強烈なパフォーマンスを披露

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

Salley、虹色のホログラムで魅せる新曲 「kodama」MVを一部解禁
Wed, 31 Aug 2016 19:30:00 +0900
Salley  (okmusic UP\'s)

先日のワンマンライブで3か月連続配信シングルリリースを発表したSalleyが、その第一弾であり、9月28日より配信開始するシングル「kodama」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】Salley

Salleyの約1年ぶりの新曲「Kodama」は、切ない過去に思いを馳せるラヴソング。恋に焦がれる気持ちを表すようなカラフルで美しいホログラムが印象的だが、どこか切なさを感じるような映像となっている。歌詞とリンクするうららのダンスにも注目だ。

公開された配信シングルのジャケットは、なんとSalley史上初めての、イラストジャケットとなっている。そのシンプルで愛らしいデザインはSalleyのもつ雰囲気とリンクしているようだ。Twitterを利用した動画配信サービス、ツイキャスも定期的に配信しているSalley。毎回二人のトークに、たくさんのコメントが寄せられている。こちらも是非楽しみにしていてほしい。

また「kodama」がtvk『音楽缶』の9月度音楽缶テーマに決定。9月1日から番組内でもミュージックビデオを見ることができるが、Youtubeと『音楽缶』ではオンエア箇所が異なるので、見比べて楽しもう!

■ツイキャス配信情報
http://twitcasting.tv/salley_official

■「kodama」MV(Short ver.)
https://youtu.be/w_fxCnPNGas

■配信シングル「kodama」

2016年9月28日より配信開始
<内容>
3か月連続配信リリース第一弾! Salleyの約1年ぶりの新曲は、切ない過去に思いを馳せるラヴソング。今だから出せるSalleyサウンド完成。

■「Salley Gardens 〜柳の庭の音楽会 Vol.4〜」

9月17日(土)  代官山LOOP
17:00 OPEN / 17:30 START
前売:¥3,500(税込)※ドリンク代別途必要
出演:Salley
ゲスト:松本 素生(GOING UNDER GROUND)

【関連リンク】
Salley オフィシャルHP
Salley、1年ぶりのワンマンで配信シングル3ヶ月連続リリースを発表
Salley、1年ぶりとなるワンマンライブの開催が決定
Salley、2ndアルバムを引っ提げて行なったワンマンライブが大盛況

【関連アーティスト】
Salley
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

ホタルライトヒルズバンド、新作リード曲「何千回でも 何万回でも」ショートリリックビデオ公開
Wed, 31 Aug 2016 19:00:00 +0900
ホタルライトヒルズバンド (okmusic UP\'s)

ミニアルバム『センスオブワンダー』をリリースしたばかりのホタルライトヒルズバンドが、そのミニアルバムのリード曲である「何千回でも 何万回でも」の新たなミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】ホタルライトヒルズバンド

「何千回でも 何万回でも」は渡辺哲が主演するドラマ仕立てのミュージックビデオで話題になり、バンドの地元である柏エリアの街頭ビジョンにて毎日オンエアされている。また、bayfm、FM新潟、FM PORT、FM鹿児島、FM石川、FM愛媛、FM佐賀などなど、全国各地のラジオでパワープレイされる話題曲となった。

今回公開された新たなミュージックビデオは、バンドのリーダーである藤田竜史が柏駅前を歩き、歌う、ショートリリックビデオだ。歌詞の背景にあるのは、藤田自身の学生時代、サッカー部時代の実体験。“何度も挑戦し、諦めずに明日へ踏み出す" という熱い思いが込められている。

そして現在『センスオブワンダー』のリリースを受け、バンドは全国ツアーへと突入した。先週末に柏で行なわれたnano.RIPEとの2マンライブからスタートしたツアー、その名も「センスオブワンダーTOUR 2016」は各地の共演者にOfficial髭男dism、Softly、サンドクロック、GOOD BYE APRILなど、それぞれホタルライトヒルズバンドに縁のあるラインナップが名を連ねている。各地日程、詳細についてはオフィシャルHPなどをチェックしよう。

■「何千回でも 何万回でも」Short Lyric Video
https://www.youtube.com/watch?v=GdtotIehonk&feature=youtu.be

■「何千回でも 何万回でも」MV
https://youtu.be/PH4FailbHmc

■ミニアルバム『センスオブワンダー』

発売中
AMHL-0002/¥1,500+税
<収録曲>
1. 何千回でも 何万回でも
2. ping-pong-pang
3. ボーイズビーアンビシャス!
4. 最後のチョコレート
5. ひゅるりら
6. LIFE IS

■『センスオブワンダーTOUR 2016』

9月02日 (金)  名古屋RAD SEVEN
出演 : Official髭男dism、アイビーカラー、bit and pieces、Scatter brain
9月03日 (土)  大阪Pangea
出演 : Official髭男dism、もるつオーケストラ、他
9月10日 (土)  新潟・Cafe & Pub 96
出演 : 織田智朗 with 池田拓真、オランジェ (転換DJ)、Escape、新井梨奈、松村一輝
9月11日 (日)  新潟・糸魚川シーサイドバレースキー場内 歩荷茶屋 野外特設会場 「塩の道コンサート in 根知 2016 」
出演 : 織田智朗 with Guitar 池田拓真、酒井杏 with Guitar 佐藤克彦 (チチンプイプイ)、他アマチュアバンド
10月01日 (土)  柏PALOOZA
出演 : Official髭男dism、GOOD BYE APRIL、赤と嘘、他
10月21日 (金)  広島CAVE-BE
出演 : Official髭男dism、サンドクロック、他
10月22日 (土)  山口・周南RISING HALL
出演 : Official髭男dism、サンドクロック、と或る、他
10月23日 (日)  岡山PEPPERLAND
出演 : Official髭男dism、他
11月23日 (水・祝)  札幌SPIRITUAL LOUNGE
出演 : Softly、惑星ごっこ、他

「センスオブワンダーTOUR 2016 FINAL」
12月11日 (日)  渋谷La.mama
出演 : ??????

【関連リンク】
ホタルライトヒルズバンド オフィシャルHP
ホタルライトヒルズバンド、渡辺哲出演「何千回でも 何万回でも」MVを公開!
VAMPS、2年ぶりとなるニューシングル発売&「INSIDE OF ME」MV 90秒スポット公開
Muddy Apes、渾身のライヴを収録した初のDVDリリース

【関連アーティスト】
ホタルライトヒルズバンド
【ジャンル】
ジャパニーズロック

T.M.Revolution、シングル発売に伴いTwitterアイコンが「RAIMEIバージョン」に変身!?
Wed, 31 Aug 2016 18:30:00 +0900
T.M.Revolution Twitterアイコン (okmusic UP\'s)

T.M.Revolutionが8月31日発売のニューシングル「RAIMEI」のリリースに伴い、期間限定でT.M.Revolutionこと西川貴教のTwitterアイコンが「RAIMEIバージョン」に変身した。

【その他の画像】T.M.Revolution

シングルのタイトルにちなみ“RAIMEI”に打たれたようなウィットに富んだ画像に仕上がっているので、是非その目で確かめてみてほしい。

■T.M.Revolution オフィシャルTwitter
https://twitter.com/TMR15/

■シングル「RAIMEI」

2016年8月31日発売
【期間生産限定盤初回仕様】(CD+DVD) 
ESCL-4706〜4707/¥1,389+税
※Thunderbolt Fantasy盤
※『Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀』仕様ジャケット
<収録曲>
■CD
1. RAIMEI
2. RAIMEI (Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 OP ver.)
■DVD
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 OP映像

【通常盤初回仕様】(CD)
ESCL-4705/¥1,204+税
<収録曲>
1. RAIMEI
2. Route 20 Exclusive Medley
HIGH PRESSURE〜WHITE BREATH〜HOT LIMIT

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4703〜4704/¥1,667+税
<収録曲>
■CD
1. RAIMEI
2. RAIMEI (Instrumental)
■DVD
RAIMEI MUSIC VIDEO
Behind the scene of RAIMEI MUSIC VIDEO shooting

■「T.M.R. LIVE REVOLUTION\'16 -Route 20-」

9月03日(土) 宮崎・メディキット県民文化センター 演劇ホール
9月04日(日) 熊本・熊本県立劇場 演劇ホール
9月22日(木) 青森・八戸市公会堂
9月24日(土) 岩手・奥州市文化会館
10月01日(土) 三重・四日市市文化会館 第一ホール
10月02日(日) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
10月15日(土) 新潟・新潟テルサ
10月16日(日) 富山・新川文化ホール 大ホール
10月23日(日) 長野・まつもと市民芸術館 主ホール
10月29日(土) 福島・郡山市民文化センター 大ホール
10月30日(日) 秋田・秋田県民会館
11月03日(木) 京都・会場ロームシアター京都 メインホール
11月05日(土) 愛媛・松山市総合コミュニティセンター 文化ホール
11月12日(土) 大分・エイトピアおおの 日(豊後大野市総合文化センター) 大ホール
11月19日(土) 島根・出雲市民会館
11月20日(日) 鳥取・米子市公会堂
11月23日(水) 岡山・岡山市民会館
12月03日(土) 岐阜・土岐市文化プラザ・サンホール
12月04日(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
12月11日(日) 福岡・福岡サンパレス
12月18日(日) 群馬・桐生市市民文化会館 シルクホール
12月23日(金) 山形・やまぎんホール 日(山形県県民会館)
12月24日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
※終了分は割愛

■「RAIMEI」MV
https://youtu.be/efQTbnDZ_mo

【関連リンク】
T.M.Revolution オフィシャルHP
T.M.Revolution、ニューシングル「RAIMEI」MV解禁
T.M.Revolution、シングル「RAIMEI」テレビCMは少し不思議な仕上がりに!?
T.M.Revolution、8月31日リリースのシングル「RAIMEI」ジャケ写解禁

【関連アーティスト】
T.M.Revolution
【ジャンル】
ジャパニーズロック

KANA-BOON、初となるリクエストライブを東名阪にて開催決定
Wed, 31 Aug 2016 18:00:00 +0900
KANA-BOON (okmusic UP\'s)

KANA-BOONがキャリア初となるリクエストライブを東名阪にて開催することが決定した。

【その他の画像】KANA-BOON

「KANA-BOON冬のワンマンライブ 〜セットリストはぼく・わたしにまかせな祭〜」と銘打ち、11月24日(木)に東京 Zepp Tokyo、12月1日(木)に愛知 Zepp Nagoya、12月8日(木)に大阪 なんばHatchにて開催され、当日はファンのリクエストをもとに組まれたセットリストを披露する予定だ。

なお、リクエストを受け付ける特設サイトは、9月中旬頃オープン予定。2013年以降にリリースした全楽曲がリクエストの対象となっているので、ファンは聴きたい曲を考えておこう。チケットは9月6日(火)より、KANA-BOON公式スマートフォンサイト「KANA-BOONのモバイルブンブンパーク」にて最速先行受付が開始となる。

■「KANA-BOON冬のワンマンライブ 〜セットリストはぼく・わたしにまかせな祭〜」

11月24日(木) 東京 Zepp Tokyo
12月01日(木) 愛知 Zepp Nagoya
12月08日(木) 大阪 なんばHatch
<チケット>
前売:¥4,500(税抜)
※ドリンク代別
モバイル先行:2016年9月6日(火)12:00〜9月12日(月) 23:59まで
一般発売日:2016年10月22日(土)

■シングル「Wake up」

2016年10月5日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2771〜2772/¥1,500+税
【通常盤】(CD)
KSCL-2773/¥1,165+税
<収録曲>
1. Wake up
※映画『グッドモーニングショー』主題歌
2. LOSER
3. Weekend

【関連リンク】
KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOON、大阪・堺市の「堺親善アーティスト」第1号に就任決定
KANA-BOON、8カ月ぶりの新曲「Wake up」が10月5日にリリース決定
フジファブリックが自主企画ライブでSuchmos、クリープハイプ、KANA-BOONとコラボを披露

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック

コカコーラCMにも出演!パプアニューギニアのアイランドレゲエアーティストJokema!
Wed, 31 Aug 2016 18:00:00 +0900


Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からホットなisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています。

今日は大学の新しいドミトリー(学生寮)に引っ越しで大忙しでした。1年生のフレッシュマンと2年生のソフモア合わせて70か国、2000人近くの引っ越しだったので大賑わい! 引っ越しの最中のBGMは、もちろんアイランドレゲエよ。最近オーストラリアやニュージーランドでもアイランドレゲエが人気なので、最近の人気アーティストリストを調べていたら、とっても興味深いパプアニューギニア、MOMASE出身の3人組を見つけたので紹介しますね。


【その他の画像】
https://m.youtube.com/watch?v=Zlx7H7vuKQw

その3人組バンドの名前はJokema(ジェケマ)。パプアニューギニアの唯一あるUPNG大学(イギリスやオーストラリアなどかつて植民地にしていた国々がお金を出し合って建てた大学)のクラスで知り合って結成したそう。ちなみに、この大学はパプアニューギニアやバヌアツの大統領も卒業しているほどの優秀大学! 3人ともGeology(地質学)、Chemistry(化学)、Mathematics(数学)の授業が同じだったので、その学科の頭の音を取ってJe/Ke/Ma(ジェケマ)と命名したそうなの。理数系の3人組は絶対音感、リズムに秀でていて、結成すると一躍大人気に! 昨年書いたコラムのO-Shen(オーシェン)はパプアニューギニア出身の白人だけど、彼らはパプアの元原住民。いまだにトライブには鼻や耳に骨を突き刺して、裸で槍を持っている人がいるらしいですよ。そんな元原住民アーティストJokemaの最初のアルバムは2010年。あっと言う間にパプアニューギニアで有名になり、ニュージーランドやオースラリアでも大人気に!

バリ島はオーストラリア人の観光客が多いため、インドネシアでもあっという間に有名人になりました。優秀な理数系3人組はアーティストとして真剣にバンド活動を始めると、インドネシアでは黒山の人だかりになってサインを求められるほどに。さらにハワイの人気アイランドレゲエの前座をやるようになり、じわじわとハワイでも人気が高まっていきました。パプアで流れているNAU FMでは毎日何回もヘビロテにまでなり、今年ようやく新しいアルバムが出来上がったそうです。

また、最近はパプアニューギニアでは若者の間で自殺が多いということで、今年度2016年のJokemaのツアーの売り上げを100%、このSTOP自殺のキャンペーンに使うことを宣言! “STOP自殺”のサポートや自殺する前に1人で悩まないで一緒に話そうというキャンペーンを行なっている最中! パプアニューギニアで自殺が多いって大変驚きだけど、音楽を通してキャンペーンを繰り広げているJokemaってどんな人かなって調べていたら、なんと新曲はインドネシア中心にコカ・コーラのCMになっていました!

パプアニューギニアのJokemaの大ヒット曲とコカ・コーラのCM是非聴いてみてね。

【関連アーティスト】

【ジャンル】


『TRICERATOPS』は、リフ、リズム、メロディーの三位一体で、1stアルバムにしてTRICERATOPSの才能を如何なく示した名盤!
Wed, 31 Aug 2016 18:00:00 +0900
『TRICERATOPS』(’98)/TRICERATOPS (okmusic UP\'s)

不倫だ、解散だと、ここまで余り景気のいい話題のなかったように思う芸能シーンのなかで、TRICERATOPSの和田唱と女優の上野樹里との結婚発表は数少ない明るい話題だったように思う。ただ、ワイドショーでの和田の取り上げられ方が、“料理愛好家の平野レミの息子”と言ったような形容も少なくなかったようで(まぁ、あのお母さんのインパクトからすると詮無きことかとも思うが)、それを見聞きして「ちょっと待て!」と思ったのは自分だけではあるまい。和田唱はそんな軽い扱いでいいわけがない。日本を代表する3ピースロックバンド、TRICERATOPSのヴォーカル&ギタリストなのである。今回の慶事を機に平野レミさんが開発した多機能鍋“平野レミの鍋 ドゥ! レミ・パン”(通称:レミパン)を使用している方々にも、ぜひTRICERATOPSを聴いてほしいものである。

【その他の画像】TRICERATOPS

■ロックの条件を満たす3ピースバンド

「ロックとは何か?」なんてことはここで軽々に語れるものではないが、漠としながらも「これはロックだ!」と断言できるものがいくつかある。そのひとつにディストーションの効いたエレキギターの音が挙げられると思う。まぁ、歪んでいりゃいいのかという問題もあろうが、あのガツンとした音色、音圧はロックの十分条件と言える。さらに付け加えるならば、それがキャッチーなメロディーの繰り返し──所謂リフによって成り立っているなら、それはもう完璧なロックと言っていいのではないだろうか。例えば…なんて具体例を挙げようと考えたが、枚挙に暇がないとはまさにこのこと。100曲や200曲では足りないだろうし、ロックファンそれぞれに「これだ!」というギターリフがあるだろう。もちろん、日本のロックバンドの中にもカッコ良いリフを持っているバンドは少なくない。BO?WYがそうであるし、THEE MICHELLE GUN ELEPHANTやくるり、あるいはBUCK-TICKやX JAPANもそうだ。そこから代表的なバンドを挙げるのはこれまた至難の業であることは間違いないが、TRICERATOPSにその名を挙げても異論は少ないのではなかろうか。僭越ながら個人的には、TRICERATOPSは邦楽ロックバンド史上トップクラスの“リフ番長”ではないかと思うほど、彼らのギターリフはカッコ良い。

加えて、ダンサブルなリズムとキャッチーな歌メロがそこに絡まってくるのがTRICERATOPSの特徴(ダンサブルなリズムとキャッチーな歌メロに、カッコ良いギターリフが絡まっているとも言える)。まず、リズム。メンバー自身、“ロックで踊る”ということがバンドのテーマであることを公言しており、彼らの楽曲には4つ打ちリズムを用いた楽曲が多い。所謂ディスコビートと言われるものだが、このディスコビートは単純なだけに案外使い方が難しい。4つ打ちが執拗なまでに繰り返されると、ディスコビート本来の原始的なトランス感を生み出して、それはそれで気持ちがいいのだが、3分間のポップミュージックで単に♪ドンドンドンドン♪を繰り返すと、抑揚のなさが仇になってか、わりと馬鹿っぽく聴こえることがなくもない。だが、そうではなく、ロックミュージックならではの高揚感を与えてくれるのがTRICERATOPSの楽曲だ。歌メロのキャッチーさについては、「今さらここで説明する必要があるだろうか?」と言いたくなるほど、和田唱(Vo&Gu)の作る旋律は親しみやすく、分かりやすい──そう書くと、TRICERATOPSの楽曲を耳にしたことがない人には、それこそ馬鹿っぽいメロディーと思われるかもしれないが、さにあらず。今も多くのミュージシャンが腐心している、シンプルかつ、文字通り“掴みはOK”なメロディーを実現させている。このカッコ良いギターリフ、ダンサブルなリズム、キャッチーな歌メロの三位一体こそがTRICERATOPSなのである。

■名曲「Raspberry」の衝撃

彼らのすごさはそれをデビュー時から成立させていたところだとも思う。1997年7月に発表されたデビューシングル「Raspberry」を耳にした時の衝撃は、今も生々しく思い出される。イントロのエレキギターの音色と旋律。決してキレがいいわけではないが、そこがまた何ともロックっぽいリズム。そこに和田のシャウトが重なってからのAメロ。少年っぽさを残したその声が奏でるメロディーはしっかりと抑揚がある。そしてサビ。
《ラズベリー踊ろうよ 全て忘れ身をゆだねて/ラズベリー踊ろうよ それで全てうまくいく》。
このメロディーとサウンドに身を委ねたら本当に全てうまくと思ってしまうような多幸感。そこから転じて生まれる無敵感。正直言うと、しばらくの間、歌詞は“ラズベリーを穫ろうよ”だと思っていたし、バンド名を“トリケラトプス”って読んでいたくらいなので、当時、筆者はバンドの概要にはあまり興味がなかったのだが、それ以前に楽曲のほうが耳をこじ開けて飛び込んできた感じだった。(ちなみに今回調べて初めて知ったのだが、今でこそ彼らの代表曲でもある名曲「Raspberry」は発売時チャートにも入らなかったらしい。たまげた)

そして、2ndシングル「彼女のシニヨン」、3rd「ロケットに乗って」に続いて、98年3月に発表された1stアルバム『TRICERATOPS』は、ファーストインパクトを少しも裏切ることがない、リフ、リズム、歌の三位一体感を十二分に堪能できる名盤であった。M1「Two Chairs」のイントロからして、今聴いてもゾクゾクするようなロック体験ができる代物である。吉田佳史(Dr)が刻む、抜けのいいスネアドラム。和田の分厚いエレキギター。そこに絡まる林幸治(Ba)のベースライン。3ピースのロックバンドであることをそのサウンドが雄弁に語っている。以降、全楽曲が上記の三位一体感を持続しながら連なっていく。これまた、そう書くと単調に思われるかもしれないが、無論そうではない。M3「オレンジライター」でテンポが落ち着き、グルービーなサウンドを聴かせるほか、M8「プレゼント」ではシャッフル、M10「My Skywalker\'s T-Shirt」ではファンクと、流石にバラエティーに富んでいる。また、ローリング・ストーンズ、セックス・ピストルズ、ザ・フー等々、オールドスクールのロックへの敬愛を忘れないフレーズが随所にあるところも聴いていて飽きないポイントだろう。さらには、ここまで述べてこなかったが、彼らのもうひとつの特徴であるコーラスワークも、1stアルバム『TRICERATOPS』をカラフルに仕上げている大きなファクターだ。和田本人も「世の中の3ピースバンドの中で恐らく一番ハーモニーを多用するバンド」と公言しているそうで、早くからバンドの武器でコーラスワークがバンドの武器であることに自覚的だったと言える。

■少年らしさを感じさせるラブソング

歌詞はラブソングがほとんど──というか、全編がラブソングだ。だが、それがいい。ロックも多様性を増し、パンクの登場以降は反体制を叫んだりすることも当たり前となったが、初期ビートルズで分かるようにロックのリリックは基本ラブソング。1stアルバム『TRICERATOPS』の歌詞はそれを踏襲したかのような作りだ。とりわけ、飾らない少年心(?)とでも言おうか、その素直さは大いに買える。
《今では片方のこのイスに座って 僕は考える/この部屋に君以外のコ呼んでさ/気に入ってくれたらいいな hey hey》(M1「Two Chairs」)。
《君のオレンジのライター/それに貼ってる シールには/誰かと彼が写ってるのさ 今でもずっと/早いうち ちゃんと付き合おう/そうすれば そんなライター 気にしないさ》(M3「オレンジライター」)。
《まさか君が前 彼としてたなんて/過去なんか割り切れる/強い心が必要/正直に言うのが 僕のためだって言う/君の意見なんて そんなに感謝できない》(M9「アイ・ラヴ・エスカレーター」)。
《だから僕のルーク・スカイウォーカーのTシャツは君だけを抱くのさ/その時はまた宇宙の彼方 飛んで行けるんだろうね》(M10「My Skywalker\'s T-Shirt」)。
 強がりと揺るぎ、そしてあどけなさが同居している様子が素晴らしいと思う。素直な心情をポップに昇華させた和田唱は、やはり只者ではない。1stアルバム『TRICERATOPS』を聴き直して、「そりゃあ、人気女優さんのハートも射止めるわけだ」と妙に納得させられた。

【関連リンク】
ビートルズ特番収録でTHE ALFEE、ゴスペラーズ、和田唱、平原綾香らが新木場コーストに集結
オワリカラ、メジャーデビューアルバム記念のお祝いコメントが到着
シアターブルック、TRICERATOPSとの2マンライヴで豪華セッションを披露
Czecho No Republic、初の映像作品リリース決定&ファン感謝企画スタート

【関連アーティスト】
TRICERATOPS
【ジャンル】


ぼくのりりっくのぼうよみ、楽曲「パッチワーク」が最新リアル脱出ゲームの主題歌に決定
Wed, 31 Aug 2016 17:00:00 +0900
ぼくのりりっくのぼうよみ (okmusic UP\'s)

ぼくのりりっくのぼうよみの1stアルバム『hollow world』に収録されている「パッチワーク」が、新作リアル脱出ゲーム「君は明日と消えていった」の主題歌に決定した。

【その他の画像】ぼくのりりっくのぼうよみ

これは、リアル脱出ゲームを企画運営する株式会社SCRAPが運営する常設店舗・道玄坂ヒミツキチラボにて開催するもので、参加者が17歳の高校2年生となって、亡くなったはずの幼馴染の女の子から送られてきた手紙の謎を解く、というストーリーとなっている。ゲームはもちろん、「パッチワーク」がどのようにゲームに華を添えるのかも楽しみにしていよう。

■リアル脱出ゲーム「君は明日と消えていった」オフィシャルHP
http://realdgame.jp/kimiasu/

■リアル脱出ゲーム「君は明日と消えていった」

2016年10月7日(金)〜2017年2月4日(土)
11:00/14:00/17:00/19:30
※平日は14:00/17:00/19:30
※開場は開演の30分前

■EP『ディストピア』

発売中
【初回限定盤】
VIZL-1012/¥1,600+税
※「ぼくりり描き下ろし、短編小説+次作アルバム・アイディアノート」封入
【通常盤】
VICL-37199/¥1,200+税
<収録曲>
1.Newspeak
2.noiseful world
3.Water boarding
4.sub/objective (remix)

【関連リンク】
ぼくのりりっくのぼうよみ オフィシャルHP
ぼくのりりっくのぼうよみ、歌とピアノで一発録りした「noiseful world」ライブ映像公開
ぼくのりりっくのぼうよみ、初のインストアライブが大盛況
ぼくのりりっくのぼうよみ、初監督を手がけた「Newspeak」のMV公開

【関連アーティスト】
ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
J-POP, イベント

the HIATUSが秋にブルーノート、モーション・ブルー、ビルボード公演を開催
Wed, 31 Aug 2016 16:00:00 +0900
the HIATUS (okmusic UP\'s)

the HIATUSが、この秋、ブルーノート東京、モーション・ブルー・ヨコハマ、Billboard Live OSAKAにてライブを行なう事を発表した。

【その他の画像】the HIATUS

今夏は全国ツアーの合間に夏フェスなどにも出演し、その確固たるライブパフォーマンスで各地のフェス会場を魅了しているthe HIATUS。クラブ会場ならではのスペシャルな演出を体感してほしい。

なお、全国ツアー「Hands Of Gravity Tour 2016」は9月のZepp Namba公演まで全20公演を予定している。ライブ日程の詳細はオフィシャルHPなどをチェックしよう。

■【ライブ情報】

10月10日(月・祝) Billboard Live OSAKA
10月14日(金)  ブルーノート東京
10月15日(土)  ブルーノート東京
10月22日(土)  モーション・ブルー・ヨコハマ

■『the HIATUS Hands Of Gravity Tour 2016』

9月01日 (木)  高松festhalle
9月02日 (金)  BLUE LIVE 広島
9月04日 (日)  大分T.O.P.S Bitts HALL
9月07日 (水)  福岡BEAT STATION
9月09日 (金)  岡山CRAZYMAMA KINGDOM
9月13日 (火)  新木場STUDIO COAST
9月15日 (木)  いわきclub SONIC
9月22日 (木)  仙台PIT
9月23日 (金)  石巻BLUE RESISTANCE
9月25日 (日)  KLUB COUNTER ACTION宮古
9月29日 (木)  Zepp Namba
9月30日 (金)  Zepp Namba
※終了分は割愛

【関連リンク】
the HIATUS オフィシャルHP
the HIATUS、全国ツアーがスタート!アルバム収録楽曲「Clone」MV公開!
the HIATUS、アルバム収録楽曲「Bonfire」の MVを公開
THE COLLECTORS、豪華ミュージシャン集結が集結した『愛ある世界』リリース決定

【関連アーティスト】
the HIATUS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

lynch.、初のカウントダウンライブ&葉月(Vo.)ソロライブが開催決定
Wed, 31 Aug 2016 15:00:00 +0900
8月30日(火)@TSUTAYA O-EAST (okmusic UP\'s)

lynch.が12月30日(金)と31日(土)にNAGOYA BOTTOM LINEでワンマンライブを開催することが決定した。

【その他の画像】lynch.

12月30日(金)はファンクラブ限定の『SHADOWS ONLY 12th Anniversary Premium Live「THE IDEAL」』、12月31日(土)はlynch.のワンマンとしては初のカウントダウンライブ『Countdown Live「2016-2017」』を開催する。

そして、12月11日(日)に葉月(Vo.)の単独公演『奏艶』が品川INTERCITYで開催されることも決定した。これらは、8月30日(火)にTSUTAYA O-EASTで行なわれたlynch.、SuG、vistlipによる全国7か所を回る3マンライブ『LSV』ツアーファイナルで発表された。トリを務めたlynch.は「今日が最後の『LSV』の舞台です。最高の景色見せます!」と気合十分で挑み、「F.A.K.E.」や「THE OUTRAGE SEXUALITY」などの新曲を含む10曲を披露した後、アンコールでは全出演バンドを招き入れてのステージで有終の美を飾った。

Photo by 土屋良太

■【ライブ情報】

『SHADOWS ONLY 12th Anniversary Premium Live「THE IDEAL」』
12月30日(金) NAGOYA BOTTOM LINE
開場/開演 16:45/17:30

『Countdown Live「2016-2017」』
12月31日(土) NAGOYA BOTTOM LINE
開場/開演 22:15/23:00

『葉月単独公演「奏艶」』
12月11日(日) 品川INTERCITY
開場/開演 17:15/18:00
Piano:堀田健志

■『MAJOR DEBUT 5TH ANNIVERSARY「THE RECKLESS MANEUVER」-完全無料東名阪- 』

9月14日(水) なんばHatch
9月15日(木) Zepp Nagoya
9月20日(火) 豊洲PIT

■『TOUR\'16「THE NITES OF AVANTGARDE」』

10月16日(日) 新潟LOTS
10月20日(木) 梅田CLUB QUATTRO
10月22日(土) 鹿児島CAPARVO HALL
10月23日(日) 福岡DRUM LOGOS
10月26日(水) 京都MUSE
10月29日(土) 高松MONSTER
10月30日(日) 広島CLUB QUATTRO
11月03日(木) 浜松窓枠
11月04日(金) 横浜Bay HALL
11月08日(火) 札幌PENNY LANE24
11月09日(水) 札幌PENNY LANE24
11月12日(土) 仙台Rensa
11月15日(火) 渋谷CLUB QUATTRO
11月17日(木) 名古屋CLUB QUATTRO

■アルバム『AVANTGARDE』

2016年9月14日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
KICS-93415/¥3,333+税
※スペシャルパッケージ仕様・プレゼント応募ハガキ封入予定
【通常盤】(CD only)
KICS-3415/¥2,778+税
※初回プレス分のみプレゼント応募ハガキ封入予定
<収録曲>
■CD
1.AVANT GARDE
2.EVIDENCE
3.PLEDGE
4.F.A.K.E.
5.DAMNED
6.UNELMA
7.PHANTOM
8.KILLING CULT
9.PRAYER
10.NEEDLEZ
11.THE OUTRAGE SEXUALITY
12.FAREWELL
■DVD
「F.A.K.E.」Music Video収録予定

【関連リンク】
lynch. オフィシャルHP
『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten』第四弾アーティストは29組
lynch.、ニューアルバム『AVANTGARDE』のリード曲「F.A.K.E.」MV公開
lynch.、ニューアルバムジャケ写解禁&収録曲ラジオ初オンエア決定

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

乃木坂46、18万人を動員した全国ツアー最終日に16thシングル発売をサプライズ発表
Wed, 31 Aug 2016 14:00:00 +0900
8月30日@明治神宮野球場 (okmusic UP\'s)

乃木坂46の『"真夏の全国ツアー2016"〜4th Year Birthday Live〜』が無事に終幕し、全国6都市の公演を合わせ約18万人のファンを魅了した。

【その他の画像】乃木坂46

冒頭のOvertureで会場に地響きのような歓声が起きると1曲目に放たれたのは生田絵梨花が初めてセンターを務めた「何度の目の青空か?」だった。生田絵梨花が1人でステージ上に立ち、『最終日盛り上がっていくぞー!!』という威勢の良いMCで幕を開けると、「転がった鐘を鳴らせ!」ではメンバーが水鉄砲を手に花道を歩きオーディエンスを魅了する。

11thシングルパートでは、乃木坂46史上最もハードなダンスパフォーマンス曲といわれる「命は美しい」を中心に、キレイに揃ったフォーメーションダンスを披露し、特効が炸裂する。「あらかじめ語られるロマンス」など、リズミカルに歌いあげるフレーズが印象的なポップチューンを軸に、ファンを虜にした。

「制服を脱いでサヨナラを」「無表情」を披露した12thシングルパート。トロッコに乗り、ファンと至近距離になる演出で会場を沸かせた。「太陽ノック」はアップテンポな夏曲だけあって、生駒も『神宮、思いっきりかっ飛ばしていくぞー!』と盛り上げる。

13thシングルパートでは、乃木坂46史上初のダブルセンター(白石麻衣・西野七瀬)として話題になった「今、話したい誰かがいる」を披露。超高速のボーカルパートを歌うシーンや、華麗なダンスシーンが満載の「ポピパッパパー」では、EDMテイストの楽曲だけあって、まるでフェスに居るかのように熱気を帯びていく。

続く14thシングルパートでは、明るく爽快なポップソング「ハルジオンが咲く頃」からスタートし、再びメンバーがトロッコに乗って縦横無尽に明治神宮野球場を駆け巡る。一方で「遥かなるブータン」では、メンバーがアジアンテイストの衣装に身を包むなど、MVの世界観を再現しファンを魅了した。6月に卒業した深川麻衣がセンターを務めていた「ハルジオンが咲く頃」では、センターに川後陽菜が抜擢。【"ハルジオンが咲く頃"はすごい不安でしたが、大好きなまいまいのポディションが出来て本当に嬉しい』とコメントした。

ライブも終盤に差し掛かった15thシングルパートでは、生田絵梨花のソロ曲「命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ」」で、製品にも収録された坂元健児氏も登場し、MVの世界観を完全に再現したといっても過言ではない。また白石麻衣初のソロ曲「オフショアガール」では、『みなさん、一緒にタオル回しましょう!』と叫ぶと、楽曲が持つ開放感と爽やかさも相乗して明治神宮野球場は一気にヒートアップ。そして本編終了直前に披露されたのは、今年の夏を牽引した最新シングル「裸足でSummer」。460発の花火が打ち上げられ、本楽曲でセンターを務めた齋藤飛鳥も『神宮ー! 最高……』と思わず感極まって涙していた。

アンコール後は、白石麻衣が『まだまだ盛り上げられるよね〜! 神宮!』とファンに伝えると、9thシングル「夏のFree&Easy」、6thシングル「ガールズルール」をノンストップで披露。フロートやトロッコ、カラーボールを投げる演出でファンと一体になった。また、サプライズとして11月9日(水)に16枚目のシングルが発売されることも発表! 嬉しい知らせに、ファンから大歓声が沸き起こった。

桜井玲香が『名残惜しいよね、乃木坂といえばこの曲ですよね!』伝えると、数々のライブのラストを飾ってきた「乃木坂の詩」が明治神宮野球場に響き渡り、ファンと共に大合唱。涙したファンもいた程、感動的なシーンだった。

全16公演18万人を動員した全国ツアーはここで終演と思われたが、ダブルアンコールとして「おいでシャンプー」が待っていた。メンバー全員が再登場し、最後は乃木坂46キャプテン桜井玲香の『みなさん、本当に本当にありがとうございました!』というMCと共に、乃木坂46の“ひと夏"が幕を閉じた。

台風10号の影響で、公演自体が中止になる可能性もあった『"真夏の全国ツアー2016"〜4th Year Birthday Live〜』@明治神宮野球場。今後も語り継がれる伝説のライブになることは間違いない。

■【セットリスト】

M0 Overture
M1 何度目の青空か?
M2 転がった鐘を鳴らせ!
M3 遠回りの愛情
M4 私、起きる。
M5 Tender days
M6 あの日 僕は咄嗟に嘘をついた
M7 ごめんね ずっと・・・
M8 立ち直り中
M9 あらかじめ語られるロマンス
M10 ボーダー
M11 命は美しい
M12 君は僕と会わない方がよかったのかな
M13 200ギガあげちゃう
M14 制服を脱いでサヨナラを
M15 無表情
M16 魚たちのLOVE SONG
M17 もう少しの夢
M18 太陽ノック
M19 羽根の記憶
M20 別れ際、もっと好きになる
M21 今、話したい誰かがいる
M22 悲しみの忘れ方
M23 隙間
M24 大人への近道
M25 ポピパッパパー
M26 嫉妬の権利
M27 ハルジオンが咲く頃
M28 憂鬱と風船ガム
M29 不等号
M30 遥かなるブータン
M31 急斜面
M32 釣り堀
M33 強がる蕾
M34 命の真実 ミュージカル「林檎売りとカメムシ」
M35 白米様
M36 オフショアガール
M37 行くあてのない僕たち
M38 僕だけの光
M39 シークレットグラフィティ
M40 裸足でSummer
-Encore-
EN1 夏のFree&Easy
EN2 ガールズルール
EN3 乃木坂の詩
WEN おいでシャンプー

■【リリース情報】

シングル「タイトル未定」
2016年11月9日(水)発売
※詳細は後日発表予定

【関連リンク】
乃木坂46 オフィシャルHP
乃木坂46、雨の明治神宮で39曲を熱唱
乃木坂46、明治神宮野球場3DAYS初日公演で全44曲を3万5千人に披露
音楽ニュースチャンネル『ソニトピ!』がYouTubeにて配信スタート!

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ライブ

VAMPS、2年ぶりとなるニューシングル発売&「INSIDE OF ME」MV 90秒スポット公開
Wed, 31 Aug 2016 13:00:00 +0900
シングル「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White」 (okmusic UP\'s)

VAMPSの2年ぶりとなるシングル「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White」がついにリリースされた。

【その他の画像】VAMPS

シングル「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White」はグラミー賞に2度ノミネートされたアメリカの大ヒットプロデューサー、(Howard Benson)ハワード・ベンソンを迎えて海外で制作およびレコーディングされた意欲作。

リード・トラック「INSIDE OF ME」では、アメリカのメタルコアバンド"モーションレス・イン・ホワイト"のヴォーカル、Chris Motionlessをフィーチャーした。この度、その楽曲のMVの90秒スポットも公開となったので、是非こちらもチェックしてほしい。

■「INSIDE OF ME」MV 90秒スポット
https://youtu.be/-Z4vBJZDfq4

■シングル「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White」

2016年8月31日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
UICV-9180/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
1. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White
2. RISE OR DIE feat. Richard Z.Kruspe of Emigrate / Rammstein
■DVD
1. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White -Music Video-
2. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White -Making-

【初回限定盤B】(CD+バンダナ)
UICV-9181/PDCV-5004/PROV-5005/¥2,200+税
■バンダナ(サイズ:53cm x 53cm)
・UICV-9181:全国のCDショップおよびウェブ・ストア販売
・PDCV-5004:Universal Music Store 限定販売
・PROV-5005:VAMPROSE STORE 限定販売
※実際の商品とはデザイン、色など多少異なることがございます
<収録曲>
1. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White
2. RISE OR DIE feat. Richard Z.Kruspe of Emigrate / Rammstein

【通常盤】(CD Only)
UICV-5052/¥1,000+税
<収録曲>
1. INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless In White
2. RISE OR DIE feat. Richard Z.Kruspe of Emigrate / Rammstein

◎封入特典
VAMPS恒例のリリース企画、豪華賞品が当たる"VAMPS CHANCE"!
8月31日「INSIDE OF ME feat. Chris Motionless of Motionless in White」発売時に実施されるVAMPS CHANCEの詳細が決定!
■スペシャル・イベント参加コース
都内某所で行われるスペシャル・イベントにご招待。
日程・場所・当選人数・イベント内容等の詳細は、決まり次第ご案内いたします。シリアルナンバーどれでも3枚1口の応募コース。
■HALLOWEEN PARTY 2016 VIPエリア コース
2016年10月28日(金)、29日(土)、30日(日)に千葉 幕張メッセで行われる HALLOWEEN PARTY 2016 の最前VIPエリア入場券を各日50組100名様に抽選でプレゼント! シリアル・ナンバーどれでも1枚で1口の応募コース。
※ライブチケットは賞品に含まれません。
■オリジナル・トートバッグコース
VAMPSオリジナル・トートバッグを抽選で300名様にプレゼント。シリアルナンバーどれでも1枚で1口の応募コース。
★上記コース共に応募者にはもれなくデジタル壁紙をプレゼント!
<応募期間>
2016年8月31日(水) AM11:00 〜 2016年9月5日(月) AM11:00

◎購入特典
全国CDショップおよびウェブストア:ポスター
VAMPROSE STORE:ポストカード3点セット

【関連リンク】
VAMPS オフィシャルHP
「HALLOWEEN PARTY 2016」、“HALLOWEEN JUNKY ORCHESTRA"参加アーティスト発表
VAMPS、ニューシングル追加賞品は『HALLOWEEN PARTY 2016』のVIPエリア入場券
VAMPS、「VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY」が大盛況のうちに終幕

【関連アーティスト】
VAMPS, OBLIVION DUST, HYDE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Muddy Apes、渾身のライヴを収録した初のDVDリリース
Wed, 31 Aug 2016 11:00:00 +0900
Muddy Apes ライブ写真 (okmusic UP\'s)

Muddy Apesが6月23日から7月15日にかけて行った『Japan Tour 2016 “ Go Apes Go !!! "』が11月16日にDVDとして発売されることが決定した。Muddy Apesが映像商品をリリースするのは初となる。


【その他の画像】INORAN

Muddy ApesはLUNA SEAのギタリストINORANと、UKの世界的BAND“FEEDER"のTAKA、FEEDERのサポートギタリストでもあったDEAN TIDEY、oasisのオープニングアクトをつとめるなど海外での活動経験も多い大阪のロックバンド8ottoのボーカリストのMAESONによる日英米共同ビックプロジェクト。2012年に結成され、世界規模のアーティストが放つ音楽は日本のロックシーンにも多大な影響を与えた。

2013年の3rdアルバム発表後、2年間の充電期間を経て2016年から活動を再始動。6月に発売された『Faraway So Close』を引っ提げた今回のツアーは、6月23日の大阪・梅田CLUB QUATTROを皮切りに全国5カ所で公演。実に3年ぶりとなるLiveは、冒頭からすさまじいグルーブを感じさせる演奏が繰り広げられ、熱気と高揚感に包まれながら幕を閉じた。DVDには、7月15に新宿ReNYで行われた渾身のライヴを収録している。

本作品は、ライブ本編はもちろん、バックステージ・メイキング映像も収録される。ステージ上で輝きをはなつワールドワイドなプレイヤーたちの素顔を映し出した貴重な映像は、ファンにとっても待望の1枚になりそうだ

(C)2016 PONYCANYON

■DVD『Live DVD Muddy Apes Japan Tour 2016 “Go Apes Go !!!" at Shinjuku ReNY』

2016年11月16日発売
PCBP.52451/¥6,000+税
発売・販売元:ポニーキャニオン
※ライヴ本編+バックステージ・メイキング映像
<収録内容>
『Japan Tour 2016 “ Go Apes Go !!! " @新宿ReNY(2016.07.15)』
OP OP SE
1 Comfy
2 Get Going
3 New Sunday
4 Candy Luck
5 Motor Ego
6 Can Can
7 How How How
8 Space Monkey
9 IZANAE
10 Tequila No.5
11 Wave
12 Red Moon
13 PeepShow
14 Kizuna Drive
15 Zion
16 Rola Rola
17 Generation 555
Encore GetGoing

【関連リンク】
Muddy Apes オフィシャルHP
INORAN、11thアルバムよりリード曲「Thank you」MVを一部解禁
INORAN、ニューアルバムより「Thank you」のMVティーザー公開
INORAN、11thアルバム『Thank you』詳細とリリースイベント日程を解禁

【関連アーティスト】
INORAN, 8otto, Muddy Apes, Feeder
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1