歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年08月30日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/09/08
2016/09/07
2016/09/06
2016/09/05
2016/09/04
2016/09/03
2016/09/02
2016/09/01
2016/08/31
2016/08/30
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
RADWIMPS、映画『君の名は。』主題歌オリジナルver.収録のニューアルバム発売決定
Tue, 30 Aug 2016 21:00:00 +0900


RADWIMPSが、11月23日にオリジナルアルバムをリリースすることを発表した。

【その他の画像】RADWIMPS

アルバムには、「前前前世」「スパークル」のオリジナルバージョンを初収録。現在発売中のアルバム『君の名は。』に収録されているmovie ver.は映画に合わせて曲を構成しているが、オリジナルバージョンは新たに曲を構成した完成形となっている。

また初回盤DVDには、2015年12月23日に幕張メッセで行われたメジャーデビュー10周年記念ワンマンライブ『10th ANNIVERSARY LIVE TOUR FINAL RADWIMPSのはじまりはじまり』より13曲を収録予定とのこと。

発売日の11月23日はRADWIMPSのデビュー日にもあたる特別な日。前作『×と○と罪と』から約3年ぶりのオリジナルアルバムのリリースを心待ちにしたい。アルバムの収録内容の詳細は後日オフィシャルHPで随時発表予定なので、お見逃しなく。

■アルバム『タイトル未定』

2016年11月23日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-29241/¥4,500+税
【通常盤 】(CD)
UPCH-20436/¥3,000+税

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、ニューアルバム『君の名は。』の配信もスタート
RADWIMPS、新曲「前前前世(movie ver.)」MVを8月19日放送の『Mステ』にて初公開
illion、新曲「Water lily」MVはパフォーマンスとグラフィックがシンクロする神秘的な仕上がりに

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

butter butter、9月11日開催の10周年記念ワンマンをもって解散
Tue, 30 Aug 2016 21:00:00 +0900
butter butter 10th (okmusic UP\'s)

butter butterが、9月11日(日)に開催されるワンマンライヴをもって解散することを発表した。

【その他の画像】butter butter

同公演はデビュー10周年記念公演として告知されていたが、これがbutter butterの最後の活動となる。ワンマンは30曲を越える過去最長の公演になることや、未発表音源「シャットダウン」を来場者特典として配布することも発表されている。

また、butter butterはデビュー10周年特設サイトにて「ヨツウチ」を無料ダウンロード配信中。下記URLをチェックしてみよう。

■butter butter デビュー10周年特設サイト
http://www.6joma.com/btr10th/

■【butter butter解散のご報告】

butter butterは2016年9月11日の10周年記念ワンマンライブをもちまして解散致します。急なご報告となり誠に申し訳ございません。
butter butterは2006年のデビューからこれまで10年の間活動を続けて参りましたが、ここで一つの区切りを付けさせて頂くことになりました。解散と申しましても決してネガティブなものでなく、これからも続くメンバーそれぞれの音楽活動や人生の中の選択の1つとして解散を選びました。
これまでにCDを買って下さった方、ライブに足を運んで下さった方、butter butterを気にかけて下さった方はもちろん、様々な方面でお力添え下さいましたご関係者様に心より厚く御礼申し上げます。
butter butterは最後の活動としてホームである下北沢MOSAiCにて過去最長のワンマンライブを行います。未発表楽曲を来場者特典として配布するなど、全てを出し切る所存です。日付も迫っておりますがご都合よろしい方は是非ともご来場ください。
これまで本当にありがとうございました。

■鈴木貴之(Vo&G)
これ以上の活動に希望を見出せなくなった、というのが一番の理由です。
何のために音楽を続けるのか、無理にでも続けたとして誰が幸せになれるのか、そういう事を考えるのにも疲れてしまったのかも知れません。
僕等の音楽を聴いてくれていた人には本当に申し訳ないですが、9月11日にbutter butterは解散します。
今まで支えてくれていた皆様、本当にありがとうございました。

■平田裕亮(G)
butter butterに加入して約6年経ちました。
butter butterは売れて成功!って事は無かったけれど、色々な場所で演奏したり、CDを作ったり、自分の夢だった事がたくさん経験できました。
butter butterは解散になりますが、くだらない事で笑って話していられるメンバーとマネージャー、スタッフ、皆で活動できたのは幸せでした。
butter butterを見てくれた方、CDを買ってくれた方、気にしてくれた方、メンバー、スタッフ、本当にありがとうございました。

■浜田誠一(B&Cho)
このバンドはこれからもずっと続いていくものだと思っていました。
こうなってしまった事が悔しい。
未だに実感が湧かないのが正直なところですが、9月11日のライブを最後にbutter butterは解散します。
長い音楽活動の中、大切な時間を共有してくれたメンバー、スタッフ、関わって頂いた方々ありがとうございました。
そして応援してくれたファンの皆様、本当にごめんなさい。
たくさんの幸せな時間ありがとうございました。

■吉良涼輔(Dr)
2016年9月で加入して6年目を迎えました。
butter butterのデビューから考えると丁度半分在籍していたことになりますが、プレイヤーとしてとても充実した期間だったと思います。鈴木さんの曲は既存曲含め新しい曲を演奏する際はドラムの引き出しを開けるところから始まり、全部出しても足らずに新しい引き出しをドンドン増やすということをしないと追いつけない曲ばかりでした。
遠征となると半分遠足気分で遠方で演奏できる喜びもあり時々バカ騒ぎもする時もあり、そういった時間の共有をこのメンバーとスタッフ、そして聴いてくださったりライブに見に来て下さった皆さんと作れたことが自分にとっての宝石になりました。
本当にありがとうございました。

■butter butterデビュー10周年記念ワンマンライブ 『ぼくらの十年間戦争』

9月11日(日) 下北沢MOSAIC
開場 17:00 / 開演 18:00 / 終演予定 21:00
<チケット>
前売¥2,500 / 当日¥2,800(ドリンク代別)
来場者特典:未発表楽曲「シャットダウン」

【関連リンク】
butter butter オフィシャルHP
下北沢サーキットイベント「HEADPHONE CONNECTION 2015」第4弾出演アーティスト解禁
下北沢サーキットイベント『HEADPHONE CONNECTION 2015』第一弾出演アーティスト発表
butter butterが新作ミニアルバムより「1限目:数学」のMVを公開

【関連アーティスト】
butter butter
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

LACCO TOWER、4回目となる主催ロックフェス『I ROCKS 2017』開催決定
Tue, 30 Aug 2016 21:00:00 +0900
『IROCKS』ロゴ (okmusic UP\'s)

LACCO TOWERが、4回目となる主催ロックフェス『I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER』の開催を発表した。

【その他の画像】LACCO TOWER

日程は2017年4月22日(土)、4月23日(日)の2日間。会場は彼らの地元、群馬音楽センター(高崎市)にて行われる。超先行チケットは高崎clubFLEEZにて10月22日(土)、23日(日)に手売りで販売。さらに、今回は全国のファンも超先行チケットを手に入れられるようにと、プレイガイドにて10月12日(水)より発売されることも決定している。

チケットの値段は、1日券¥5,500(税込)、 通し券¥9,000(税込) となっているが、超先行チケットは早割として通し券¥8,000(税込)というお得な料金設定となっている。

さらに10月23日には、同じく高崎clubFLEEZにて超先行チケット購入者限定イベント『株式会社アイロックス 株主総会』の開催も決定。このイベントの詳細は随時発表となっているが、自分たちで音楽事務所「アイロックス」を立ち上げるなど、D.I.Yで知られる彼らならではの、面白おかしいイベントになることは間違いない。また、超先行チケットには昨年と同様にマル秘特典も用意されるとのことなので、こちらも楽しみに発表を待ちたい。

4月22日、23日、両日ともLACCO TOWER以外の出演者は発表されていないが、過去3回のI ROCKSの出演者を見れば、今回も素晴らしいロック魂を持ったバンドが集まるのは間違いないだろう。HPを随時チェックしておくのを忘れずに。

■I ROCKS 2017 特設HP
http://irocks.jp/2017/

■LACCO TOWER オフィシャルHP
http://laccotower.com

■LACCO TOWER Ba./ 株式会社アイロックス代表取締役社長 塩崎啓示コメント

僕たちが株式会社アイロックスを設立し、今年で4年目を迎えます。
その日々の原動力は“故郷群馬で群馬バンドと共にロックフェスを開催すること"が全てです。
応援してくれる皆さんも回を重ねるたびに増え、まるで家族のように一体となって頂き、その波は群馬の地に一定のロックの居場所を作ってこれたのではと自負しています。
3回目の開催となる2016年は過去最高の動員を記録し、立ち上げた時には想像も出来ないほどI ROCKSも成長出来たと感謝しています。
では、次にどんな物語になっていけばいいのか? チームの仲間と悩み、ミーティングを重ね、今も尚、試行錯誤の真っ只中です。
ですが、約束は決して忘れていません。
初心を忘れず、そしてここで満足せず、“僕らはロックでできている"の信念のもと、さらに高みを目指すという約束です。
I ROCKS 2017は、I ROCKS物語 第2章に進化します。
これまで[故郷編]や[盟友編]とその一日を象徴したタイトルを付け、それぞれ異なる2日間を開催してきました。
[故郷編]には群馬の真の底力を感じ、[盟友編]においては圧倒的なステージングで故郷に活気と刺激を与えてくれました。
前回のI ROCKS 2016では、内容も規模も超えていきたいという想いから、故郷編から[超故郷編]に改名しての開催でした。
ここで気付かされたことは、群馬のアーティストも盟友編の仲間と同じく、切磋琢磨し合い、共に戦っている仲間であるということでした。
つまり、それはLACCO TOWERにとって【盟友】と呼べる存在になっていたということです。
[故郷編]の役割は終わったのです。
前回の開催で、I ROCKS物語 第2章のプロローグを終えたということです。
今回の開催は[故郷編][盟友編]の枠をとっぱらい、2日間に渡り、先輩・後輩や出身地など一切関係なく盟友と呼べる仲間を招きます。
当然、その中には[故郷編]に出演してくれたアーティストも含まれます。
先日行われたオリンピックのように、故郷を背負い、己を超え、誰にも負けられない戦いに挑みます。
そこにはロックを掲げた盟友と共に僕らなりのロックフラッグを掲げます。 そして、I ROCKSは皆さんの家でもあります。
いつもと変わらぬ、あの僕らのシンボルの旗が目印です。
“僕らはロックでできている" いつまでも変わらない、僕らの家の合い言葉。 その言葉を堂々と口にしてもらえれば、I ROCKSの鍵は開きます。
僕らの居場所を、僕らの家を確かめに、そして家族に会いに帰ってきてください。
I ROCKS と LACCO TOWERは「おかえりなさい」とお出迎えいたします。
I ROCKS 2017、場所は同じく、群馬音楽センターにて2日間開催することをここに宣言いたします。
2017年4月22日(土)、23日(日) 群馬音楽センター I ROCKS 2017 stand by LACCO TOWER 〜僕らはロックでできている〜 その日々の原動力は“故郷群馬で群馬バンドと共にロックフェスを開催すること"が全てです。
群馬にロックと愛を込めて、I ROCKS 第2章、始めます◎
塩? 啓示 (アイロックス 代表取締役 / LACCO TOWER Ba.)

■【ライヴ情報】

『I ROCKS 2017』
2017年
4月22日(土) 群馬音楽センター
4月23日(日) 群馬音楽センター

『超先行チケット購入者限定イベント「株式会社アイロックス 株主総会」』
10月23日(日) 高崎clubFLEEZ

『LACCO TOWER 心臓文庫リリースツアー “心造旅行"』
9月09日(金) 神戸 太陽と虎
ゲスト:ircle / ラックライフ
9月10日(土) 岡山CRAZYMAMA 2nd Room
ゲスト:ircle / ラックライフ
9月11日(日) 広島CAVE-BE
ゲスト:Halo at 四畳半 / ラックライフ
9月17日(土) 仙台CLUB JUNK BOX
ゲスト:cinema staff
9月22日(木・ 祝) 札幌BESSIE HALL
ゲスト:Rhythmic Toy World
9月25日(日) 福岡Queblick
ゲスト:感覚ピエロ
10月08日(土) 名古屋APOLLO BASE
ゲスト:NUBO
10月14日(金) 京都MUSE
ゲスト:アルカラ
10月16日(日) 新潟CLUB RIVERST
ゲスト:GOOD ON THE REEL
10月22日(土) 高崎clubFLEEZ
ゲスト:THE BACK HORN
10月28日(金) 大阪ROCKTOWN
出演:LACCO TOWER
ゲスト:My Hair is Bad
11月12日(土) 品川ステラボール

【関連リンク】
LACCO TOWER オフィシャルHP
LACCO TOWER、アルバムリリースツアーの豪華ゲストバンドを発表
LACCO TOWER、アルバム『心臓文庫』トレーラー&リリースツアー日程を公開
LACCO TOWER、ニューアルバムのリード曲「未来前夜」MV公開

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

きのこ帝国、新曲「夏の影」楽曲インタビュー&トレーラー映像を公開
Tue, 30 Aug 2016 20:00:00 +0900
きのこ帝国 (okmusic UP\'s)

きのこ帝国の新曲「夏の影」の配信が、iTunesほか全サイトにてスタートした。

【その他の画像】きのこ帝国

「夏の影」は8月27日に行われた日比谷野外音楽堂でのワンマンライブで初披露され話題となっていた新曲で、レゲエやダブを基調にした横ノリのグルーヴが心地良い、きのこ帝国の新境地ともいえる楽曲。きのこ帝国オフィシャルHP『夏の影 スペシャルサイト』では、配信に寄せて佐藤千亜妃(Vo&G)のインタビューとトレーラー映像を公開中だ。

11月2日にニューアルバム『愛のゆくえ』のリリースが決定、11月の秋の2マンツアー開催も発表されるなど、今秋のきのこ帝国の動向から目が離せない。10月29日公開の映画『湯を沸かすほどの熱い愛』の予告編もぜひ合わせてチェックしよう。

■夏の影 スペシャルサイト
http://kinokoteikoku.com/2016/

■「夏の影」トレーラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=YFsXQE_1HcE

■配信楽曲「夏の影」

配信中
■iTunes
http://po.st/itnatsunokage
■レコチョク
http://po.st/reconatsunokage

■きのこ帝国ツーマンツアー『echoes vol.3』

11月23日(水・祝) 梅田CLUB QUATTRO
11月24日(木) 名古屋CLUB QUATTRO
11月29日(火) 東京・Shibuya WWW X
11月30日(水) 東京・Shibuya WWW X
※各公演ゲスト有(後日発表)

■映画『湯を沸かすほどの熱い愛』

10月29日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
脚本・監督:中野量太
キャスト:宮沢りえ/杉咲花/篠原ゆき子/駿河太郎/伊東蒼/松坂桃李/オダギリジョー

■映画オフィシャルサイト
http://atsui-ai.com/

【関連リンク】
きのこ帝国 オフィシャルHP
きのこ帝国、ニューアルバム発売&秋のツーマンツアー決定
気は早いですが…2015年を振り返ってみた5曲
きのこ帝国、アルバム表題曲「猫とアレルギー」のMVを公開

【関連アーティスト】
きのこ帝国
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

A9、12周年記念ライヴにファン大熱狂&伝説的ニコ生番組『A9ちゃんねる』復活決定!
Tue, 30 Aug 2016 19:00:00 +0900
8月28日@新木場STUDIO COAST (okmusic UP\'s)

8月24日に結成12周年を迎えたA9の記念ライヴが、8月28日新木場STUDIO COASTで開催された。

【その他の画像】A9

本ライヴは『2004-2005 ONLY LIVE』と謳われ、結成から2年間に発表された楽曲のみで構成されると事前に告知されていた。その期待の高さからチケットは完全ソールドアウト! 当日券も無く、プレミアチケットと化した。しかも楽曲だけではなく、メイク・衣装に至るまで全て当時にタイムスリップしたかのような演出の中行なわれた。

開場時はステージに紗幕がかけられ、その全貌は明かされない。そんな中、2016年から2004年まで遡る演出のオープニング映像と共にライヴが幕を開く。映像の最後に1曲目のタイトルが現れると、「平成十七年七月七日」からライヴはスタート。演奏する曲自体は明かされていたため、曲順に対する期待が高まりながらライヴは進む。続いて2曲目「華一匁」は、彼らが初めてリリースしたCDに収録されていた楽曲だ。さらに、当時と同じくボーカルの将が振り付きのパフォーマンス行ない、ファンの熱はのっけから最高潮に。その後に演奏される曲も全てレア。6曲目には、音源化されていないライヴ限定のメンバー紹介楽曲「明治」を披露。本編最後は、「白夜ニ黒猫」「アゲハ」と続き、現在も煽りの定番曲として人気の高い「闇ニ散ル桜」で幕を閉じた。

アンコールでは、ファンへの感謝を込めたサプライズ演出として衣装を着替え、学生服でメンバーが登場。これにはファンも『本当に来てよかった』『まさかまた拝めるとは思っていなかった』と大満足。アンコール1曲目には「春夏秋冬」を披露し、MVの再現をした。続いて「銀の月 黒い星」を披露。一度ステージを後にしたが、ダブルアンコールに応え再び登場した。ボーカルの将は「12年間、本当に色々なことがありました。武道館だって、アリーナだって、東京ドームにだってみんなを連れて行きたいと思っています」とコメントし、12周年を迎えてなお、さらなる飛躍をファンに誓った。ラストはバンドで初めて作ったという曲「タイムマシン」で幕を閉じた。

終演後メンバーがステージを降りた後、スクリーンに「特報」の文字が映し出されると、5年間放送され惜しまれつつ終了したニコ生番組『A9ちゃんねる』の復活が発表された。12月24日(土)ディファ有明にて行われるクリスマスライヴ2部構成のうち、1部で行われるとのこと。さらに、2017年1月に行われるツアーも発表。『With Guest』の文字でさらなる発表を匂わせ、終了した。続報に期待して、楽しみに待とう。

Photo by intetsu

■【ライヴ情報】

『WHITE Christmas Live with A9 CHANNEL』
12月24日(土) ディファ有明
Dress Code:WHITE

『Tour【BLACK PERIOD】』
2017年
1月12日(木) 名古屋CLUB QUATTRO
1月13日(金) 名古屋CLUB QUATTRO
1月19日(木) 渋谷CLUB QUATTRO
1月20日(金) 渋谷CLUB QUATTRO
1月26日(木) 梅田CLUB QUATTRO
1月27日(金) 梅田CLUB QUATTRO
Dress code:BLACK
With Guest

【関連リンク】
A9 オフィシャルHP
『VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten』第四弾アーティストは29組
Ken主宰イベント「PARTY ZOO」大阪公演でカラスが復活!?
ラルクのKen率いるPARTY ZOO、トークセッションでストラト愛を語る

【関連アーティスト】
A9
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

ヒステリックパニック、“パニックの日”フリーイベントで829人以上の観客とMV撮影!
Tue, 30 Aug 2016 18:45:00 +0900
8月29日@川崎クラブチッタ (okmusic UP\'s)

ヒステリックパニックが、8月29日に川崎クラブチッタでフリーイベント『オールスター感謝祭〜毎年829が付く日はポイント5倍デー〜』を開催し、大盛況のうちに幕を下ろした。

【その他の画像】ヒステリックパニック

/Chor)のキラーチューン満載のDJプレイで幕を開けた本イベント。続いて登場したとも(Vo)のアゲアゲなDJプレイで、川崎クラブチッタに集まった829人以上のオーディエンスは早くもヒートアップ。メンバーと公私にわたり付き合いのある激ロッククルーのDJ ムラオカ、MC TETU★KIDがイベントをさらにアゲたかと思えば、“やまもり組"と名乗る/Vo)によるアコースティックユニットが登場。インディーズ時代からのバンドの代表曲である「憂&哀」や「Will」、メジャーデビューシングルとなった「うそつき。」といったアッパーな楽曲や、ORANGE RANGEの「花」のカバーまで、2人のギターと歌だけというバンドとはまた違ったパフォーマンスで魅せる。『はじめまして。名古屋から来た山下(Tack朗)と森(

SEをはさみ、満を持して5人揃って登場すると、バンドのフェイバリットであるマキシマム ザ ホルモン「ぶっ生き返す!!」のカバーで本編がスタート。本家に勝るとも劣らない轟音で会場のボルテージが急上昇するや、Red Hot Chili Peppers「Around The World」のカバーでバンドのテクニカルな一面を魅せつけ、ライブでのここ一番の飛び道具的なナンバー、でんぱ組.inc「でんでんぱっしょん」のカバー「でんでんひすぱっしょん」と立て続けに投下。アルバムのリリースツアー中ということもあり、バンドのタイトな演奏とヘヴィでアグレッシヴなヒスパニ流ラウド・サウンドに、フロアではダイブやサークル、モッシュピットで盛り上がった。

会場の熱気が再び上昇していく中、SEを挟んでバンドが再登場。『LINE LIVEで見ているやつらに見せつけてやろうぜ! 遊ぼうぜー!!』という LIVE上でも『行けなくてパニック』や『ハート連打し過ぎて親指つった』といったコメントが飛び交った。そして、ともが『そろそろみんなの体温も上がってきたと思うから、MV撮っちゃっていいすか? 今年の夏、最高の思い出になるよう全力でアドレナリンを出してくれ!』とコメントすると、ニューアルバム『ノイジー・マイノリティー』から屈指のライブナンバー「Adrenaline」のMV撮影がスタート。ダイバーが続出し、ステージもフロアも歌詞の通りまさに破茶滅茶な光景が繰り広げられた。

キャッチーなサビで会場が一体となった「ねこ地獄」からヒスパニ流サマーチューン「ライジングさん」まで一気に畳みかけ、『今日ここクラブチッタに来たことをいつかみんなが誇れるようなバンドになります!』と締め、ラストのバンドセットでの「うそつき。」で、あっという間に本編が終了。また、メンバーの私物放出というクイズ大会では、2017年1月4日(水)Zepp名古屋公演を発表。『また来年も8月29日はおきまりで何かやるから!』という言葉とオーディエンスの大声援の中、『オールスター感謝祭〜毎年829が付く日はポイント5倍デー〜』は終幕した。

なお、「Adrenaline」のライブシーンはMVとして近日公開予定となる。ぜひ楽しみに待っていてほしい。

■アルバム『ノイジー・マイノリティー』

発売中
VICL-64602/¥2,300+税
<収録曲>
1.The New Beginning 
2.シンデレラ・シンドローム 
3.Blood Ocean  
4.エクストリームおっぱいダイナマイト8000
5.Brain Dead  
6.Adrenaline  
7.しぐなる  
8.〜Sprout〜  
9.ハナウタ 

■【ライヴ情報】

『第23回 納涼!盆踊りツアー 暴れたい放題プラン』
8月31日(水) 浜松・FORCE
9月02日(金) 高崎・club FLEEZ
9月03日(土) 宇都宮・HEAVEN\'S ROCK VJ-2
9月09日(金) 松阪・M\'AXA
9月10日(土) 横浜・club Lizard
9月16日(金) 広島・SECOND CRUTCH
9月23日(金) 札幌・KRAPS HALL
※上記公演はイベントになります。
11月22日(火) 熊本Drum Be-9 V2

『ワンマン・ツアー【秋の竹城】』
10月07日(金) 梅田CLUB QUATTRO
10月13日(木) 恵比寿LIQUID ROOM
10月21日(金) 仙台CLUB JUNK BOX
10月29日(土) 名古屋DIAMOND HALL
<追加公演>
1月04日(日) Zepp名古屋

【関連リンク】
ヒステリックパニック オフィシャルHP
ヒステリックパニック、8月29日(パニックの日)フリーライブでミュージックビデオ撮影&LINE LIVE生中継
夏をリードする「エクストリーム」な5曲
ヒステリックパニック、8月29日(パニックの日)にフリーイベント開催

【関連アーティスト】
ヒステリックパニック
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2016』日本大会決勝戦の優勝者が決定!
Tue, 30 Aug 2016 18:00:00 +0900
8月27日@東京・六本木 ニコファーレ (okmusic UP\'s)

8月27日、東京・六本木のニコファーレで『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2016』の日本大会決勝戦が開催された。

【その他の画像】

それぞれの国と地域の激戦を勝ち抜いたアマチュアシンガーたちが集結するこのKWC。そのレベルは高く評価されており、世界中のカラオケファンが参加する大会だ。2015年は新たにアジア大会がインドネシアで開催され、シンガポールで行なわれた世界大会には31か国もの国と地域が参加した、まさに“カラオケ世界No.1決定戦”だ。

この日は、東京予選、大阪予選を勝ち抜いた20名(男性10名、女性10名)が参加。司会はIMALUとZiNEZが務め、ゲスト審査員として八王子Pも参加。会場には約150名のオーディエンスが訪れ、ニコ生では約1万5000人が視聴! フリースタイル・バスケットボールで世界一を獲得したこともあるZiNEZがパフォーマンスを披露して会場を大いに盛り上げる場面も見られた。

そして、予選を勝ち抜いた実力者揃いの決勝大会で見事優勝の栄冠を掴んだのは、男性では清水翔太 feat 仲宗根泉(HY)の「366日」を歌った海藏亮太(かいぞうりょうた)さん、女性では山口ひろみの「知床番屋」を歌った辻本希(つじもとのぞみ)さんの二人。

本大会優勝者は9月26日(月)〜9月28日(水)に中国のマカオで開催されるアジア大会、そして11月1日(火)〜11月6日(日)にカナダのバンクーバで開催される世界大会に出場する。世界的に注目を集めるこの大会にぜひ注目してほしい。

■【コメント】

■海藏亮太さんコメント
正直はじめは信じられませんでした。名前を呼ばれたときは何が起こったのか分からなくて、頭が真っ白になったのを覚えています。
今は選ばれて素直に嬉しいという気持ちと、何より感謝の気持ちでいっぱいです。
アジア大会や世界大会では各国の代表の方が国を背負って戦うと伺いました。僕も日本代表として、恥のないように、いい結果が出せるようにもっともっと歌に向き合おうと思います。そして「自分らしい」パフォーマンスが出来るように精進します。そして身長だけでなく、歌でも目立てるように頑張りますので応援よろしくお願いいたします!

■辻本希さんコメント
まさか日本代表に選ばれると思ってなかったので、エントリーナンバーが呼ばれた時は夢かと思って一瞬ぼけーっとしてしまいました。名前が呼ばれてやっと実感しました。
びっくりしたのと同時に嬉しさから涙が込み上げてきました。ほんとに幸せです。
アジア大会では日本の勝負服と日本ならではの選曲をして、全面に日本を強調して歌唱、パフォーマンスに磨きをかけて大会に臨みたいと思います。また応援してくださる皆様にも良いご報告ができるように精一杯頑張りたいと思います。

【関連リンク】
『KARAOKE WORLD CHAMPIONSHIPS 2016』オフィシャルHP
超特急、冠番組『トレタリ』イベントでモノマネバトルに挑戦!
DINOSAUR BARIN、新曲がTBS『有田ジェネレーション』9月度EDに決定
水曜日のカンパネラ、新曲「松尾芭蕉」MVはコムアイが水の中を漂う幻想的な作品に

【関連アーティスト】

【ジャンル】
J-POP, イベント

超特急、冠番組『トレタリ』イベントでモノマネバトルに挑戦!
Tue, 30 Aug 2016 17:00:00 +0900
8月29日(月)@新木場STUDIO COAST(ライフ?) (okmusic UP\'s)

超特急の冠レギュラーバラエティー『超特急の撮れ高足りてますか?』の初の番組イベント『トレタリpresents「超特急との夏の思い出足りてますか?」』が、8月29日 新木場STUDIO COASTで行なわれた。

【その他の画像】超特急

超特急が様々なバラエティーに出演することを想定して、ゲストとしてのスキルを学んでいくという趣旨の同番組。今回のイベントでは「赤白モノマネバトル」と題して、メンバー全員がそれぞれモノマネにチャレンジした。ゲストのモノマネ芸人ホリが指導し、モノマネのコツを伝授。アニメキャラクターからマニアックな芸人ネタまで、超特急としては初の公開モノマネ披露! 彼らのファンである"8号車"は普段見られないメンバーの姿を楽しんだ。

後半は超特急の真骨頂とも言えるライブパート。超特急の夏の代表曲として人気の楽曲「Make it hot!」「Summer love」をはじめ、「Burn!」では番組でおなじみのマネージャー役・NON STYLE 井上裕介も飛び入り参加し、ステージを盛り上げた。今年の夏は数々のフェスやイベントに参加して盛り上げてきた超特急だったが、2016年最後の夏の思い出を作るこのイベントを通じて、8号車との絆をあらためて確かめ合った。

この模様はフジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmartにて10月23日(日)19:00〜21:00に放送される。

■【超特急 コメント】

■1号車コーイチ
普段は井上さんが笑いに変えてくれるんですけど、8号車がいるとリアルな歓声が飛んでくるので、その緊張感の中で“撮れ高"を出していくというのは僕たちにとっても挑戦で、すごく楽しかったです。僕は山里さんのモノマネを教えてもらったので、レパートリーが一つ増えてよかったです。

■2号車カイ
『トレタリ』で初めての公開収録ということで、普段なかなかライブだけでは見せられない姿を見せることができて、8号車の皆さんには楽しんでいただけたのではないかなと思います。僕たち自身も“撮れ高"を学んで多くの番組に呼んでいただけるように、これからも番組を通して培った力を発揮していけたらなと思います。

■3号車リョウガ
普段から『トレタリ』は緊張するんですけど、今日はリラックスしてできたような気がしたので楽しかったです。そして、8号車と一緒に“撮れ高"を学んでいるような感じがして超特急らしいなと思いました。公開収録からのライブは久しぶりだったので、昔のファンミーティングを思い出して懐かしい気持ちで最高の夏の思い出を作ることができました。

■4号車タクヤ
久しぶりにNON STYLEの井上さんと収録することができて、ゲストのホリさんからモノマネの基本を学べてとてもよかったです。8号車の前でGO皆川さんのモノマネをやって、自分の殻を破れたんじゃないかと思います。吹っ切ってできたのでとても楽しかったです。

■5号車ユーキ
『トレタリ』は普段は8号車がいない場所でやっていたので、あまり意識せずにできたんですけど、今回は目の前にいたので、バクバクに緊張しながらやっていました。平泉成さんのマネをしたときも反応はわからないですが、うまいと言っていただけたのでこれからはおじいちゃんおばあちゃんとかにもモノマネを披露していきたいなと思いました。

■6号車ユースケ
いつもの『トレタリ』の収録はドン滑りするんですけど、8号車さんがいてくれることで8号車さんが笑ってくれる優しさをすごく感じました。いや、いつも収録でメンバーが冷たいとか言ってるんじゃないんですよ!(笑) あと大好きなふなっしーさんのモノマネをすることができてうれしかったです。

■7号車タカシ
今まで『トレタリ』でいろいろなことに挑戦していろいろなことを吸収していって、この公開収録でこれまで培ってきたものをぶつけるという意味も込めて挑んだんですけど、8号車の皆も一緒に学べるというのがすごく楽しかったです。8号車と一緒にライブも盛り上げることができて、“夏の思い出足りてますか?"というより、これで足りました!

■【番組情報】

フジテレビNEXT ライブ・プレミアム/フジテレビNEXTsmart『トレタリpresents「超特急との夏の思い出足りてますか?」 』
10月23日(日)19:00〜21:00
出演:超特急/井上裕介(NON STYLE) 
ゲスト:ホリ 
番組URL:http://otn.fujitv.co.jp/btsummer2016/

フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart『超特急の撮れ高足りてますか?』
月2回新作 月曜23:30〜24:00
出演:超特急
番組URL:http://otn.fujitv.co.jp/toretari/

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
「a-nation stadium fes.」開幕!豪華14アーティストが観客55,000人を熱狂させた!
超特急、『a-nation stadium fes.』で強烈なパフォーマンスを披露
超特急、「神戸コレクション2016A/W」への出演が決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM), イベント

DINOSAUR BARIN、新曲がTBS『有田ジェネレーション』9月度EDに決定
Tue, 30 Aug 2016 16:30:00 +0900
DINOSAUR BARIN (okmusic UP\'s)

DINOSAUR BARINが8月30日にリリースする1stアルバム『Brainwash』より、収録曲「DANCE DANCE DANCE DANCE」がTBS『有田ジェネレーション』9月度エンディングテーマに決定した。

【その他の画像】DINOSAUR BARIN

楽曲は9月12日の放送分より使用される。なお、MVも公開されているので、こちらも合わせてチェックしよう。

■「DANCE DANCE DANCE DANCE」MV
https://youtu.be/W68edmvt4n4

■アルバム『Brainwash』

2016月8月30日発売
【初回盤】(CD+DVD)
MDR-1023/¥3,000(税込)
【通常盤】(CD)
MDR-1024/¥2,500(税込)
<CD収録曲>
1.Intro
2.HERO
3.DANCE DANCE DANCE DANCE
4.Brainwash
5.Butterfly
6.Answer
7.LightTube
8.My Happy Song
9.Shake it up!
10.Outro
<DVD収録内容> ※初回盤のみ
1."Butterfly"MUSIC VIDEO
2."Butterfly"MUSIC VIDEOメイキング

【リミックスアルバム】(CD)
MDR-1025/¥2,500(税込)
<収録曲>
1.Butterfly Roy RemixV2
2.DANCE DANCE DANCE DANCE Roy Remix
3.My Happy Song Roy RemixV2
4.Brainwash Roy Remix
5.Answer Roy Remix
6.Butterfly The Flying Fox Remix
7.SNOW PARADE Roy RemixV2
8.My Happy Song Roy Remix
9.DANCE DANCE DANCE DANCE Roy RemixV2
10.SNOW PARADE Roy Remix

■『DINOSAUR BRAIN&WiLLカップリングツアー「DayByWay」』

9月03日(土)福岡 小倉あるあるCity
9月04日(日)福岡 VIVRE HALL&ボックスシアター
9月10日(土)愛知 名古屋新栄DAYTRIVE
9月11日(日)大阪 日本橋CLUB COCHLEA.
9月18日(日)宮城 仙台CLUB JUNK BOX
9月28日(水)東京 渋谷TSUTAYA O-WEST(FINAL)
出演者:DINOSAUR BRAIN / WiLL / WA-Side / アンダービースティー / リーブルエール / 神様アイドルプロジェクト

【関連リンク】
DINOSAUR BARIN オフィシャルHP
水曜日のカンパネラ、新曲「松尾芭蕉」MVはコムアイが水の中を漂う幻想的な作品に
杏窪彌、及川創介(CICADA)による「ジャイアントパンダにのってみたい」Remix音源を公開
松本隆×秦 基博×クミコによる「さみしいときは恋歌を歌って」のMVが公開

【関連アーティスト】
DINOSAUR BARIN
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

乃木坂46、雨の明治神宮で39曲を熱唱
Tue, 30 Aug 2016 15:00:00 +0900
8月29日(月)@明治神宮野球場 (okmusic UP\'s)

関東地方に上陸する恐れがある台風10号が懸念されている『乃木坂46 真夏の全国ツアー2016 〜4th YEAR BIRTHDAY LIVE〜』。8月29日、初日と共に2日目も3万5千人のファンを明治神宮野球場に動員し、雨が降る中大成功を収めた。

【その他の画像】乃木坂46

Overtureで会場がざわめき出し「ガールズルール皆さんも一緒に盛り上がって下さい!」という白石麻衣のシャウトに導かれながら「ガールズルール」を披露。フロートが移動し「人間という楽器」「扇風機」など6thシングル収録曲をパフォーマンス。白石麻衣のソロから始まった王道ダンスチューンの「世界で一番 孤独なLover」では、ファイヤーバードや音玉などの特効が会場の演出に花を添える。

「みなさーん!乃木坂46神宮球場ついに2日目始まりました!今日朝、めっちゃ晴れてて日焼け止め塗りたくったのに流れちゃいました(笑)3日間で112曲やります!昨日をよりも盛り上がれる準備出来てますか〜?」と齋藤飛鳥がMCで煽るとファンはたちまち大歓声と光り輝くサイリウムで呼びかけに応える。

7thシングルパートでは、堀未央奈がセンターに抜擢されたことでも話題となった「バレッタ」など、ダンスも印象的な楽曲でオーディエンスを魅了していき早くも盛り上がりのピークを迎えようとしていた。

次は2016年の5月に発売した2ndアルバム「それぞれの椅子」のパートとなり、雨の中、乃木團(のぎだん)として中元日芽香・能條愛未(ボーカル)川村真洋(ギター)齋藤飛鳥(ドラム)中田花奈(ベース)和田まあや(キーボード)が登場。卒業メンバーも居たことから新生乃木團として初のパフォーマンスだったため和田まあやは「こんなクオリティーが高いユニットなので不安だったけど完奏できてよかった」と安堵感を表した。

ロック調で激しい楽曲として知られる生田絵梨花ソロ曲「低体温のキス」ではCO2がステージから360度へ噴射。そしてアルバムパートのラストを飾ったのは、リードトラックとしてアルバムを牽引した「きっかけ」。3万5千人が楽曲に吸い込まれ、一瞬にして酔いしれた。

8thシングルパートでは乃木坂46の支柱して支え続けてきた白石麻衣と橋本奈々未によるユニット曲「孤独兄弟」やロックテイストの「ダンケシェーン」などを中心に盛り上がり、同世代の女性に支持されている「気づいたら片想い」でオーディエンスを魅了。

9thシングルパートでは「神宮雨だけどやっちゃうぞーー」と西野七瀬が叫び、雨に打たれながら「夏のFree&Easy」を披露すると楽曲が持つ開放感やさわやかさに明治神宮野球場は一気に夏感を取り戻し、460発の花火が打ち上げられた。

アンコール後は降り止まなかった雨が急にピタリと止み、生駒里奈が「雨やんだよー!」とファンに伝えると2ndシングル「おいでシャンプー」12thシングル「太陽ノック」を披露した際は、トロッコをスタンド2階席まで移動しファンとの距離を縮めると会場のボルテージも上がり大歓声となった。

齋藤飛鳥が「だけど、まだまだタオル上げたいですよね!聞いて下さい、裸足でSummer!」と火蓋を切りこの日最後の曲「裸足でSummer」がスタート。歌詞にも含まれている"オレンジ色の"バックパネルと「HEY!」という大きな掛け声が明治神宮野球場に響き渡り幕を閉じた。

天候に左右されてしまうリスクを背負いながらも決して下を向かずにどんな環境下でも前向きにファンを楽しませようとする乃木坂46の姿からはアイドルとしての本質を問いかけられたような気がした。

■【セットリスト】

M0 Overture
VTR
M1 ガールズルール
M2 人間という楽器
M3 扇風機
M4 他の星から
M5 コウモリよ
M6 世界で一番 孤独なLover
MC&VTR
M7 やさしさとは
M8 私のために誰かのために
M9 初恋の人を今でも
M10 バレッタ
M11 月の大きさ
M12 そんなバカな・・・
MC
M13 失恋したら、顔を洗え!
M14 低体温のキス
M15 環状六号線
M16 口約束
M17 Threefold choice
M18 空気感
M19 光合成希望
M20 かき氷の片想い
M21 欲望のリインカーネーション
M22 きっかけ
M23 太陽に口説かれて
MC・VTR
M24 200ギガあげちゃう
MC・VTR
M25 孤独兄弟
M26 ダンケシェーン
M27 生まれたままで
M28 気づいたら片想い
M29 ロマンスのスタート
M30 吐息のメソッド
VTR
M31 その先の出口
M32 僕が行かなきゃ誰が行くんだ
M33 無口なライオン
M34 何もできずにそばにいる
M35 ここにいる理由
VTR
M36 夏のFree&Easy
<Encore>
EN1 おいでシャンプー
EN2 太陽ノック
MC
EN3 裸足でSummer

■「乃木坂46 真夏の全国ツアー2016」

8月30日(火) 東京 明治神宮野球場
※終了分は割愛

【関連リンク】
乃木坂46 オフィシャルHP
乃木坂46、明治神宮野球場3DAYS初日公演で全44曲を3万5千人に披露
音楽ニュースチャンネル『ソニトピ!』がYouTubeにて配信スタート!
NHKで新感覚音楽番組「バナナゼロ♪ミュージック」「シブヤノオト」の放送がスタート!

【関連アーティスト】
乃木坂46
【ジャンル】
女性アイドル, ライブ

T.M.Revolution、ニューシングル「RAIMEI」MV解禁
Tue, 30 Aug 2016 14:00:00 +0900
シングル「RAIMEI」【初回生産限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

T.M.Revolutionが8月31日に発売するニューシングル「RAIMEI」のMVが公開された。

【その他の画像】T.M.Revolution

本楽曲は、虚淵玄原案・脚本・総監修により、大きな注目を集めている日台合同映像企画、武侠ファンタジー人形劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の主題歌。同作の世界観を表現するために、全編にわたりプロジェクションマッピングを駆使した映像作品に仕上がっている。

■「RAIMEI」MV
https://youtu.be/efQTbnDZ_mo

■シングル「RAIMEI」

2016年8月31日発売
【期間生産限定盤初回仕様】(CD+DVD) 
ESCL-4706〜4707/¥1,389+税
※Thunderbolt Fantasy盤
※『Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀』仕様ジャケット
<収録曲>
■CD
1. RAIMEI
2. RAIMEI (Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 OP ver.)
■DVD
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 OP映像

【通常盤初回仕様】(CD)
ESCL-4705/¥1,204+税
<収録曲>
1. RAIMEI
2. Route 20 Exclusive Medley
HIGH PRESSURE〜WHITE BREATH〜HOT LIMIT

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4703〜4704/¥1,667+税
<収録曲>
■CD
1. RAIMEI
2. RAIMEI (Instrumental)
■DVD
RAIMEI MUSIC VIDEO
Behind the scene of RAIMEI MUSIC VIDEO shooting

■「T.M.R. LIVE REVOLUTION\'16 -Route 20-」

9月03日(土) 宮崎・メディキット県民文化センター 演劇ホール
9月04日(日) 熊本・熊本県立劇場 演劇ホール
9月22日(木) 青森・八戸市公会堂
9月24日(土) 岩手・奥州市文化会館
10月01日(土) 三重・四日市市文化会館 第一ホール
10月02日(日) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
10月15日(土) 新潟・新潟テルサ
10月16日(日) 富山・新川文化ホール 大ホール
10月23日(日) 長野・まつもと市民芸術館 主ホール
10月29日(土) 福島・郡山市民文化センター 大ホール
10月30日(日) 秋田・秋田県民会館
11月03日(木) 京都・会場ロームシアター京都 メインホール
11月05日(土) 愛媛・松山市総合コミュニティセンター 文化ホール
11月12日(土) 大分・エイトピアおおの 日(豊後大野市総合文化センター) 大ホール
11月19日(土) 島根・出雲市民会館
11月20日(日) 鳥取・米子市公会堂
11月23日(水) 岡山・岡山市民会館
12月03日(土) 岐阜・土岐市文化プラザ・サンホール
12月04日(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
12月11日(日) 福岡・福岡サンパレス
12月18日(日) 群馬・桐生市市民文化会館 シルクホール
12月23日(金) 山形・やまぎんホール 日(山形県県民会館)
12月24日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
※終了分は割愛

【関連リンク】
T.M.Revolution オフィシャルHP
T.M.Revolution、シングル「RAIMEI」テレビCMは少し不思議な仕上がりに!?
T.M.Revolution、8月31日リリースのシングル「RAIMEI」ジャケ写解禁
『イナズマロック フェス 2016』第4弾出演アーティストとしてソナポケ、HKT48らの参加を発表

【関連アーティスト】
T.M.Revolution
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LILI LIMIT、初のフルアルバム初回盤にインディーズ時代のレア映像等を収録
Tue, 30 Aug 2016 13:00:00 +0900
LILI LIMIT (okmusic UP\'s)

LILI LIMITが10月26日に発売する初のフルアルバム『a.k.a』の収録曲目が発表された。

【その他の画像】LILI LIMIT

CDには、7月に発売したデビューEP『LIVING ROOM EP』に収録されている「Living Room」「Kitchen」を含む13曲が収録される。初回生産限定盤に付属するDVDには、インディーズ時代の代表曲の一つ「Girls like Chagall」の、現在は公開されていないレアなMVを含む5曲のMVを収録。また、今作の為に撮り下ろされたスタジオセッション映像が2曲収録されている。普段のライブでは見ることが出来ない特別なアコースティック編成でのライブ。こちらもレアな映像となっている。

また、新たなアーティスト写真も公開された。前作に続き写真家・伊丹豪氏が撮り下ろした今回のアーティスト写真は、彼らおなじみの家族写真のような構図で、何ともLILI LIMITらしい象徴的な仕上がりになっている。また、アルバムを引っさげて全国5か所をめぐる初のワンマンツアーも決定しているので、ファンの方はこちらも是非チェックを。

■アルバム『a.k.a』

2016年10月26日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL 2800-2801/¥3,333+税
【通常盤】(CD)
KSCL 2802/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
1. A Short Film
2. Wink, Blink
3. Kitchen
4. Observe
5. On The Knees
6. Suite Room
7. Neighborhood
8. Space L
9. Living Room
10. A Few Incisive Mornings
11. Space R
12. Naked
13. Self Portrait
■DVD(初回生産限定盤のみ)
・Music Video
1. Girls like Chagall (141121 ver.)
2. at good mountain
3. Festa
4. N_tower
5. Living Room
・Studio Session at DEE\'S HALL
6. Living Room
7. Bed Room

■「LILI LIMIT ONE MAN TOUR Good Bye Velvet」

11月11日(金) 愛知 名古屋APOLLO BASE
11月12日(土) 大阪 梅田Shangri-La
11月20日(日) 福岡 天神graf
11月27日(日) 宮城 仙台enn 2nd
12月09日(金) 東京 代官山UNIT

【関連リンク】
LILI LIMIT オフィシャルHP
LILI LIMIT、10月に初フルアルバムをリリース&ワンマンツアー開催が決定
LILI LIMIT、自主企画イベント「PUNCTUM」生配信が決定
LILI LIMIT、デビューEPのプリオーダー&収録曲OAスタート

【関連アーティスト】
LILI LIMIT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

一夜限りのSP企画「ONAKAMA 2016」でフォーリミ、ブルエン、オーラルが夢の競演!
Tue, 30 Aug 2016 12:00:00 +0900
04 Limited Sazabys (okmusic UP\'s)

2016年ロックシーンの最重要若手バンドと言ってもいいであろう04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNT、THE ORAL CIGARETTESによる初の合同主催イベント「ONAKAMA 2016」が新木場STUDIO COASTで行なわれた。

【その他の画像】THE ORAL CIGARETTES

タイトルは“同じ釜の飯を食う"が由来というこのイベント。それはインディーズ時代から交流を深めながら、ロックシーンを闘い抜いてきた3バンドによる一夜限りのスペシャルな企画だった。チケットの当選倍率は10倍にもおよび、開演前から満員のお客さんの熱気で満たされるなか、自他ともに認める負けず嫌いな3バンドは、バチバチに互いの存在を意識しながらも、それぞれに成長した「いま」を全力でその場所へと刻みこむ感動的なライヴを見せてくれた。

トップバッターは「夏の思い出のいちばん濃いページにしたい!」(GEN / B・Vo)という意気込みでステージに乗り込んできた04 Limited Sazabys。初っ端から「monolith」や「Remember」「fiction」といったキャッチーかつスピーディなメロディックパンクでフロアにダイバーたちを続出させていった。新作アルバム『eureka』から披露された夏らしいナンバー「Warp」に続けて、オーラルの「Mr.ファントム」やブルエンの「もっと光を」の一部をカヴァーする嬉しいサプライズでも沸かせたフォーリミ。「最初から最後まで楽しむ才能しかない音楽バカしか集まってない。ONAKAMAっていうのはバンドマンだけじゃなく、みんなのことだと思います」(GEN)。そんなふうにオーディエンスとの関係を確認しながら、ラストの「swim」まで、弾丸のようなパフォーマンスで会場を温めた。

「今日と言う日をこの夏いちばん楽しみにしていました!」。田邊駿一(Vo・G)が剥き出しの感情を爆発させたBLUE ENCOUNTは豪快なパフォーマンスでフロアの熱狂をさらに加速させた。いきなりメンバーのソロ回しを炸裂させた「D.N.K」を皮切りに、歌詞の一部を《自分を誇れるのは“ONAKAMA"が待っているから》と変えて歌った「THANKS」。明日を強く生きるために鳴らすブルエンの音楽は聴き手の心にダイレクトに訴えるパワーがある。サビでシンガロングを巻き起こした「DAY×DAY」のあと、田邊は息を切らしながら語りかけた。「俺はフォーリミとオーラルには勝てないものがいっぱいある。悔しい。でも、俺らの武器は……あなたの隣で歌うっていう覚悟です」。誰かの人生に踏み込んで歌を届ける決意を込めた「もっと光を」で、最後にフロアを美しい光が包み込んでいた。
 
“ONAKAMAラストは俺らに任せとけの回"と題したTHE ORAL CIGARETTESのライブは、ライバルたちの熱演によって尋常でないほどの高いテンションでスタートした。鈴木重伸(G)による鮮やかなギタープレイで幕を開けた「STARGET」、真っ赤な照明がステージを妖しく染めた「GET BACK」。激しく緩急をつけた緻密なバンドアンサンブルにのせて、山中拓也(Vo・G)はファルセットを交えた艶やかな歌声を聴かせる。「誰の噂にも惑わされずに、自分の目でしっかり確認しろ!」と訴えて届けた「カンタンナコト」から、ヒップホップを取り入れた新機軸のナンバー「DIP-BAP」でもフロアを完全に掌握したオーラル。地鳴りのような轟音を生んだラストナンバー「狂乱 Hey Kids!!」を前に、「いつでもここに戻って来い!」と山中が叫ぶと、それに賛同する無数の拳がフロアを埋め尽くした。

オーラルのライブ直後にはメンバー全員がステージに集合して記念撮影が行なわれた。その笑顔溢れる素敵な1枚は即座にTwitterにもアップされていたが、彼らがその笑顔に辿り着くまでには涙も多かったことは、この日のイベントからも伝わってきた。山中は「同じ苦しみを抱いてきた」と言っていたし、GENは仲間とは「馴れ合いじゃない」と、田邊は「自分を曝け出すことだ」と言った。ひとことでは表すことのできないONAKAMAの強い絆。それはきっと彼らがこの先もロックシーンで戦い続ける大きな力になるだろう。

Photo by Viola Kam (V\'z Twinkle Photography) / Misaki Ichimura

■04 Limited Sazabys オフィシャルHP
http://www.04limitedsazabys.com/
■BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
http://blueencount.jp/
■THE ORAL CIGARETTES オフィシャルHP
http://theoralcigarettes.com/

■【セットリスト】

■04 Limited Sazabys
01. monolith
02. Remember
03. fiction
04. cubic
05. Warp
06. Chicken race
07. Any
08. midnight cruising
09. buster call
10. swim
■BLUE ENCOUNT
01. Survivor
02. D.N.K
03. THANKS
04. HEEEY!
05. JUMP
06. JUST AWAKE
07. ロストジンクス
08. DAY×DAY
09. もっと光を
■THE ORAL CIGARETTES
01. STARGET
02. GET BACK
03. カンタンナコト
04. DIP-BAP
05. mist...
06. 嫌い
07. 起死回生STORY
08. Mr.ファントム
09. 狂乱 Hey Kids!!

【関連リンク】
「ONAKAMA 2016」オフィシャルHP
04 Limited Sazabys、初の日本武道館公演を2017年2月に開催
BLUE ENCOUNT、NHK特番のナレーターが女優の川口春奈に決定
04 Limited Sazabys×ヴィレヴァンの期間限定ショップが全国4都市にてオープン

【関連アーティスト】
THE ORAL CIGARETTES, BLUE ENCOUNT, 04 Limited Sazabys
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

MANNISH BOYS、待望のニューアルバムを10月19日にリリース
Tue, 30 Aug 2016 11:00:00 +0900
MANNISH BOYS (okmusic UP\'s)

斉藤和義と中村達也によるロックユニット・MANNISH BOYSが、約2年ぶりとなる待望のオリジナルアルバムを10月19日(水)にリリースすることを発表した。

【その他の画像】MANNISH BOYS

タイトルは1stアルバム『Ma!Ma!Ma! MANNISH BOYS!!!』、2ndアルバム『Mu?Mu?Mu? MANNISH BOYS!!!』と来て、まさかの『麗しのフラスカ』。収録楽曲等の詳細は初回限定盤にボーナストラックが4曲も入ること以外はまだ発表されていない。タイトルから内容が非常に気になるところだが、後日の発表を楽しみに待ちたい。

アルバムリリース後には、ワンマンツアーが予定されているが、これはMANNISH BOYS史上最大規模の30か所30公演となっている。今回のアルバムリリース発表を機に、オフィシャルウェブにて、チケット2次先行販売も実施。尚、今回のチケットは9月1日(木) 12:00〜先着順にて販売されるが、規定枚数に達し次第終了とのことなので早めのご購入をおすすめする。

■アルバム『麗しのフラスカ』

2016年10月19日発売
【初回限定盤】(CD)
VICL-65003/¥3,300+税
※12曲+BonusTrack4曲 全16曲
※スリーブケース仕様
【通常盤】(CD)
VICL-65004/¥3,000+税
※収録曲等、詳細は後日発表となります。

■MANNISH BOYS「2016-2017 TOUR」

11月03日(木) 横浜BayHall
11月05日(土) HEAVEN\'S ROCKさいたま
11月06日(日) 高崎club FLEEZ
11月10日(木) 仙台Rensa
11月12日(土) 盛岡ClubChangeWAVE
11月13日(日) 弘前Mag-net
11月17日(木) 浜松窓枠
11月18日(金) 岐阜CLUB ROOTS
11月24日(木) Kobe SLOPE
11月25日(金) 滋賀U-STONE
11月29日(火) 松山WstudioRED
12月01日(木) 高松MONSTRE
12月02日(金) 岡山CRAZYMAMA
12月04日(日) 高知CARAVANSARAY
12月07日(木) 長野CLUB JUNK BOX
12月09日(金) 富山MAIRO
12月11日(日) 金沢EIGHTHALL
12月13日(火) 新潟LOTS
12月16日(金) ZeppSapporo
12月17日(土) 帯広MEGASTONE
<2017年>
1月07日(土) 福岡DRUM LOGOS
1月09日(月) 熊本B9
1月11日(木) 大分DRUM Be-0
1月13日(金) 鹿児島CAPARVO
1月15日(日) 沖縄桜セントラル
1月19日(木) ZeppNumba
1月20日(金) ZeppNagoya
1月22日(日) 広島CLUBQUATTRO
1月24日(火) 周南RISING HALL
1月27日(金) ZeppTokyo

■チケット一般発売日
2016年公演(11/3横浜公演〜12/17帯広公演):2016年9月14日
2017年公演(1/7福岡公演〜1/27東京公演):2016年11月27日
■チケット料金
オールスタンディング:¥5,400(税込・ドリンク代別)
■先着先行実施日時
9月1日(木)12:00〜9月15日(木)23:00まで
http://eplus.jp/mannishboys2016/hp/

【関連リンク】
MANNISH BOYS オフィシャルページ
斉藤和義、日本武道館公演の模様を収めたBlu-ray&DVD/CDリリース
斉藤和義、新曲「ひまわりに積もる雪」を配信限定リリース
斉藤和義、メダカがナマズに変貌する「マディウォーター」MV公開

【関連アーティスト】
MANNISH BOYS, 斉藤和義, 中村達也
【ジャンル】
ジャパニーズロック

サイダーガール、2ヶ月連続リリースのミニアルバム詳細とティザーを公開
Tue, 30 Aug 2016 10:00:00 +0900
サイダーガール (okmusic UP\'s)

10月12日に3rdミニアルバム『ジオラマインサイダー』、11月12日に4thミニアルバム『ジオラマアウトサイダー』を2ヶ月連続リリースする正体不明の炭酸系バンド・サイダーガールがこの2作の詳細とティザーを公開した。

【その他の画像】サイダーガール

ティザーでは『ジオラマインサイダー』よりこの夏フェスより披露されてきた「オーバードライブ」、『ジオラマアウトサイダー』より「スワロウ」を公開。進化し続ける変幻自在の炭酸系サウンドをいち早く体感できる。

ジャケットのイラストは前作に引き続き、淡い色合いで描くロマンチックな女の子のイラストや独自の世界観が「ゆめかわいい」などと評される若手イラストレーター・かとうれいが担当している。さらにアルバム購入者特典、インストアイベントも同時に公開されているので、気になる方はオフィシャルHPをチェックしよう。

■ミニアルバム『ジオラマインサイダー』『ジオラマアウトサイダー』 Teaser Trailer
https://www.youtube.com/watch?v=hZ_KuI_cRzQ

■【リリース情報】

ミニアルバム『ジオラマインサイダー』
2016年10月12日発売
PROE-1011/¥1,800+税
<収録曲>
1.オーバードライブ
2.夢が覚めたら泡になる
3.モラトリアムさん
4.ストロボ
5.橙の行方
6.恋のすべて 

ミニアルバム『ジオラマアウトサイダー』
2016年11月12日発売
PROE-1012/¥1,800+税
<収録曲>
1.空にこぼれる
2.スワロウ
3.月に唄えば
4.ベッドルームアンドシープ
5.アジサイ
6.ラスト

■「サイダーガールツアー2016 サイダーのゆくえ -DIORAMA-」

11月19日(土) 名古屋 新栄 APOLLOBASE
11月20日(日) 大阪 梅田 Shangri-La
11月26日(日) 東京 代官山 UNIT (ワンマン)

【関連リンク】
サイダーガール オフィシャルHP
サイダーガール、10月より2ヶ月連続でミニアルバムをリリース
じん等が立ち上げた「EDWORD RECORDS」キックオフイベントが大盛況!
サイダーガールがタワレコ限定で初の全国流通盤をリリース

【関連アーティスト】
サイダーガール
【ジャンル】
ジャパニーズロック

水曜日のカンパネラ、新曲「松尾芭蕉」MVはコムアイが水の中を漂う幻想的な作品に
Tue, 30 Aug 2016 00:00:00 +0900
「松尾芭蕉」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

水曜日のカンパネラが新曲「松尾芭蕉」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

今作はトヨタ・プリウスとのコラボレーションMVとなっており、ビデオ内でもPRIUSが登場している。“松尾芭蕉"と“PRIUS"という2つを、“次元を超える旅"というテーマに昇華させたのは、これまでも水曜日のカンパネラでは「ナポレオン」「メデューサ」「ツチノコ」のMVなどを手掛けている山田智和監督だ。荒廃した世界の車の工場を思わせるカラフルながらも無機質な空間、巨大水槽を使用して撮影された水の中を幻想的に漂うコムアイの姿が印象的な映像となっている。

その他、トヨタ「TRY!PRIUS」のキャンペーンサイトではコムアイと作詞・作曲のケンモチヒデフミが実際にプリウスに試乗した試乗体験ムービーも公開されている。怒涛の夏フェス出演も終盤を迎え、さらに9月には野外でのワンマンライブを控える中で新曲を解禁した水曜日のカンパネラ、今後の動きに注目して欲しい。

■「TRY!PRIUS」キャンペーンサイト
http://toyota.jp/prius/cp/tryprius/

■【水曜日のカンパネラよりコメント】

■コムアイ
撮影前は水をこわいと思っていたけれど、水の中に潜った瞬間、感じる音も動きも鈍くなって、身体が軽くなるのがきもちよい。
プリウスに乗ってドアを閉めると、車内の吸音性が高く、都会の喧騒から守られているよう。それが水の中の安心感のよう。
多くの人の知恵を借り技術を結集させて出来上がった松尾芭蕉のMVには、空間をいくつも飛び越え旅をする中での出逢いやひらめきが詰まっています。

■ケンモチヒデフミ
俳聖、松尾芭蕉が弟子の河合曾良(かわいそら)と一緒に
奥の細道をハイブリッドカーで快走する気持ちの良い曲!
ゆったりおおらかなメロディとスピード感のあるラップ、
ユニークなビートアプローチが合体した、カンパネラらしい作品になりました。
聞き所はサビのフレーズ、「おくのー」「ほそみー」で
コムアイのコーラスをたくさん重ねているところ。
いつもよりもゴージャスな雰囲気になっているかと思います。
夏の暑さに負けない陽性なバイブスを持った仕上がりで、
自分でもお気に入りの作品になりました!

■「松尾芭蕉」MV
https://youtu.be/iEGjoWVJKNk

■「uP!!!NEXT~水曜日のカンパネラ FREE LAGOOOOOON!!!〜」

9月16日(金) お台場 潮風公園(太陽の広場・野外特設ステージ)
開場 18:30/開演 19:30
https://www.up-now.jp/upnext?ref=13os

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
ベッド・インからアラン・ヴェガまで、夏なので踊りましょう
水曜日のカンパネラ、夏の締めくくりとしてフリーライブの開催を発表
水曜日のカンパネラ、2度目のアメリカライヴでJ-POPファンを魅了

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1