歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年08月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/08/29
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
ハルメンズX、ニューアルバム『35世紀』に鈴木慶一&でんぱ組メンバー参加
Sat, 20 Aug 2016 21:30:00 +0900
ハルメンズ (okmusic UP\'s)

ハルメンズが、2010年代の日本にハルメンズXとして復活し、9月21日にアルバム『35世紀』をリリースすることが発表された。

【その他の画像】カーネーション

1980年代初頭にデビュー、サエキけんぞう(パール兄弟)、上野耕路(ゲルニカ他)、泉水敏郎(ヤプーズ、ヒカシュー他)らが在籍し、戸川純や野宮真貴など新たな才能を世に送り出したハルメンズ。その活動時期の短さから“伝説のニューウェイヴバンド”と呼ばれたハルメンズ。

参加アーティストには、でんぱ組.incから古川未鈴&夢眠ねむ、80年代にハルメンズのディレクターをつとめた鈴木慶一(ムーンライダーズ)、ハルメンズの子孫を自認するアーバンギャルド、ハルメンズ的感覚を共有する直枝政広(カーネーション)、ハルメンズがデビューのきっかけとなった野宮真貴の他、テンテンコ(ex BiS)、リアル3区、AZUMA HITOMIなど才能豊かなサブカル系若手アーティストなど、スペシャルなメンバーが顔を揃えた。

21世紀版ハルメンズサウンドと今日的状況をシュールに描き出すサエキけんぞうの詞、そしてオリジナル・ハルメンズの準メンバーであった太田螢一(exゲルニカ)による細部にまで凝ったジャケットワークが結集して立ち上がるのは不思議でコクのある世界。80年代に社会風刺性をもつアート運動として勃興した「ニューウェイヴ」の神髄を思い起こさせる、まさに「ヴィンテージ・ニューウェイヴ」というべきものだ。

あわせてハルメンズの名ベスト盤に11曲の初音盤化となるボーナストラックを加えた「ハルメンズ・デラックス+11ヒストリー」、ハルメンズの前身となる少年ホームランズの24曲の貴重音源+自主シングル盤復刻を含む「少年ホームランズ・満塁ホームランBOX」(ウルトラ・ヴァイヴ)を同時リリース。過去から未来を一気に見渡すことで、より一層、80年代の彼らが目指したニューウェイヴとは何だったのか、を感じることができるだろう。

なお11月16日には、アルバムの発売を記念したイベント『ハルメンズXの伝説』を渋谷クラブクアトロで開催。70年代のザ・バンドの「ラストワルツ」を模し、ハルメンズXの演奏をバックに鈴木慶一、直枝政広、巻上公一(ヒカシュー)、イリア(ジューシィ・フルーツ)、小川美潮(チャクラ)、松尾清憲&一色進(シネマ)、久保田慎吾(8 1/2)ら、ヴィンテージな面々がニューウェイヴ的代表曲を披露する(その他シークレットゲストも登場予定)。なお1982年のハルメンズ解散イベント「ハルメンズの伝説」を継いだこのイベントで、ハルメンズXの活動は封印される予定だ。

そのほか、10月初旬には福井・京都・名古屋でツアーも開催。この秋のハルメンズXのヴィンテージ・ニューウェイヴ旋風に、要注目だ。

■アルバム『35世紀』

2016年9月21日発売
VICL-64637/¥2,778+税
※同日配信開始
20曲収録
初回特典:発売記念イベント「ハルメンズXの伝説」 特別ファンミーティング付きご招待応募チケット封入
太田螢一 ブックレット限定特製イラスト
ゲストアーティスト:鈴木慶一、古川未鈴・夢眠ねむ(でんぱ組.inc)、野宮真貴、直枝政広(カーネーション)、アーバンギャルド、リアル3区、テンテンコ、AZUMA HITOMI,他

■アルバム『ハルメンズ・デラックス+11ヒストリー』

2016年9月21日発売
VICL-64638/¥2,500+税
※同日配信開始
全25曲収録
初回特典:発売記念イベント「ハルメンズXの伝説」 特別ファンミーティング付きご招待応募チケット封入

■アルバム『満塁ホームランBOX』/少年ホームランズ

2016年9月21日発売
CDSOL-1755/56/¥6,800+税

■【ライヴ情報】

『ハルメンズXの伝説』
11月16 日(水)渋谷クラブクアトロ
出演:ハルメンズX、Boogie the マッハモータース、ジョリッツ、リアル3区
ゲスト:鈴木慶一(ムーンライダーズ)、直枝政広 (カーネーション)、巻上公一(ヒカシュー)、イリア(ジューシィ・フルーツ)、小川美潮(チャクラ)、松尾清憲&一色進(シネマ)、久保田慎吾(8 1/2)
※シークレットゲスト有

ハルメンズXツアー
10月08日(土)福井NOSIDE
10月09日(日)京都T\'sSTUDIO
10月10日(月・祝)名古屋得三

【関連リンク】
ハルメンズX特設ホームページ
夏フェス会場で夕暮れ5時頃に聴きたくなる曲
「ムジカ・ピッコリーノ」のメロトロン号の仲間たちがフジロックに出演
“第4回アニ玉祭”に埼玉出身・飯田里穂&久保田未夢(i☆Ris)出演、でんぱ組.incSPライブも

【関連アーティスト】
カーネーション, ムーンライダーズ, 鈴木慶一, 野宮真貴, ハルメンズ, AZUMA HITOMI, アーバンギャルド, でんぱ組.inc, テンテンコ, ハルメンズX, リアル3区, 少年ホームランズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル, ライブ

GReeeeN、さいたまスーパーアリーナ公演決定&ソロ曲の制作秘話を大公開
Sat, 20 Aug 2016 21:00:00 +0900
GReeeeN ロゴ (okmusic UP\'s)

GReeeeNがパーソナリティを務めたニッポン放送『GReeeeNのオールナイトニッポンGOLD』にて、2017年1月7日にさいたまスーパーアリーナでのライヴの開催が決定したことがアナウンスされた。

【その他の画像】GReeeeN

歯科医師としての活動と両立するため、顔出ししていないGReeeeNが、さいたまスーパーアリーナでどんなライヴを行うのか、続報に期待しよう。

また、放送では泣く泣くカットされた未公開シーンから、アルバム『縁』初回限定盤のボーナストラックとして収録されるメンバー初のソロ曲についての制作秘話がYouTubeにて公開された。リーダーHIDEの知られざる音楽遍歴や、92の大人に憧れた学生時代の話、naviの変わった作詞方法、デビュー前に作ったレア曲を歌ったSOH。 普段なかなかメディアで語ることのない彼らの貴重なトークをお聴き逃しなく。

■『GReeeeNのオールナイトニッポンGOLD』未公開音声
https://www.youtube.com/watch?v=JOMuavxuvYk

■アルバム『縁』

2016年9月14日発売
【初回限定盤A】(CD+DVD+GOODS)
UPCH-7181/¥5,600(税込)
※GReeeeNオリジナル湯呑み付き
【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCH-7182/¥3,980(税込) 
【通常盤】(CD)
UPCH-2095/¥3,000(税込)
<収録曲>
■CD
01.ビリーヴ
02.メシI GOT IT↑↑
03 .beautiful days
04.夏の音
05.タンポポ
06.OHA☆YOU
07.SAKAMOTO
08.始まりの唄
09.遠くの空 指さすんだ
10.笑顔
11.夢
12.アイコメテ
ーボーナストラック各メンバーソロ曲 ※初回限定盤A /Bのみ
13 .Holiday!(SOH)
14.ムーントラップ(92)
15.ナビノビ!(navi)
16.stillll(HIDE)

【関連リンク】
GReeeeN オフィシャルHP
GReeeeN、『オールナイトニッポンGOLD』パーソナリティ担当&ニューアルバム発売決定
GReeeeN、新曲「beautiful days」の“聴いて感じて動画"を公開
GReeeeN、ドラマ『家売るオンナ』予告編動画で新曲「beautiful days」を公開

【関連アーティスト】
GReeeeN
【ジャンル】
J-POP

ラルクKen主宰『PARTY ZOO』、仙台PIT公演セッションの全貌が解禁
Sat, 20 Aug 2016 20:00:00 +0900
『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』 (okmusic UP\'s)

Ken(L\'Arc〜en〜Ciel)が自ら声をかけた仲間たちが集結するライヴイベント『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』の仙台PIT公演のセッションと、 出演者として告知されていた“Ken with Naughty stars”の詳細が明らかになった。

【その他の画像】Ken

“Deeply Entwining Session”と題したセッションでは、“I?B-T”と銘打ち、ボーカルに逹瑯、ギターにミヤと圭、ベースにAKi、ドラムにKENZOが参加。2017年にデビュー30周年を迎えるモンスターバンドBUCK-TICKがシーンの巨星として数々のバンドに大きな影響を与えてきたのは言うまでもない。これまでもMUCCを始め多くのアーティストがカバーしてきたが、 まさに百獣の王ともいえるBUCK-TICKをどうPARTY ZOOメンバーが表現するのか? 参加メンバーのBUCK-TICK愛が炸裂したパフォーマンスを期待したい。

そして、“Ken with Naughty stars”では、ボーカルに逹瑯とDuranとKen、ギターにKenとDuran、ベースにAKiドラムにKENZOが参加。仙台PIT公演はAKiが園長となり、セッションメンバーや楽曲をセレクトする。AKi園長がこの仲間と奏でる音はどんなサウンドなのか、要注目だ。

チケットの一般発売は、8月27日10時よりスタートする。

■『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』

9月11日(日)名古屋ダイアモンドホール
出演:AKi, BAROQUE, gibkiy gibkiy gibkiy, MUCC, Ken with Naughty stars
9月18日(日)豊洲PIT
出演:A9, AKi, BAROQUE, MUCC, Ken with Naughty stars
9月25日(日)堂島リバーフォーラム
出演:A9, BAROQUE, GUTS AND DEATH, MUCC, Ken with Naughty stars
10月02日(日)Zepp DiverCity Tokyo
出演:A9, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars
OPENING ACT:VALS
10月09日(日)仙台PIT
出演:AKi, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars

【関連リンク】
PARTY ZOO オフィシャルHP
Ken主宰イベント『PARTY ZOO』Zepp DiverCity Tokyo公演セッションの詳細を発表
Ken主宰イベント「PARTY ZOO」大阪公演でカラスが復活!?
MUCC、アニメ『七つの大罪』主題歌シングル詳細解禁

【関連アーティスト】
Ken, L’Arc~en~Ciel, PARTY ZOO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

大森靖子、8月発売両A面シングル3曲目のMVを公開
Sat, 20 Aug 2016 17:00:00 +0900
大森靖子 (okmusic UP\'s)

“ワンダーロマンス三連福”と題された、連続シングルを発売する大森靖子。その中から、第1弾となる8月24日発売シングルに収録される「ピンクメトセラ」「勹″ッと<るSUMMER」のMVが公開されたが、3曲目に収録される80年代に大ヒットしたSugarの名曲「ウエディング・ベル」のMVが公開された。

【その他の画像】大森靖子

血まみれのウェディングドレスに身を包んだ大森靖子。何かに追われ、逃げ惑いながら熱唱するその姿は圧巻。そして驚きのラストシーンへ。奥野真哉(ソウル・フラワー・ユニオン)をプロデューサーに迎え、大森靖子らしいキラーチューンな “くたばっちまえアーメン“に仕上がっているので、MVとともにぜひ堪能して欲しい。

8月24日に発売される「ピンクメトセラ/勹″ッと<るSUMMER」だが、1曲目に収録される「ピンクメトセラ」はプロデューサーに“Maison book girl"の楽曲制作で知られるサクライケンタを迎えたアッパーなガールズPOP。つい口ずさみたくなるキャッチーなメロディと歌詞が印象的だ。2曲目の「勹″ッと<るSUMMER」は大森靖子のメジャー楽曲ではお馴染みの出羽良彰がアレンジプロデュースを担当。こちらはなんと“ゆるめるモ!"の“あの"をゲストボーカルに迎え、情念たっぷりの大森靖子の歌詞に“あの"のコケティッシュなセリフボーカルが映えるサマーソング?に仕上がっている。そして3曲目には今回MVが公開された「ウエディング・ベル」をカヴァー収録。

また通常盤のDVDには「ピンクメトセラ」「勹″ッと<るSUMMER」「ウエディング・ベル」それぞれのMVを収録。そして今回初めてリリースされるファンクラブ限定盤のDVDには、未公開LIVE映像「大森靖子2016前半ライブ映像【海を割るおっさんのパンティ】」が約60分収録されるということなのでファン必見の内容となっている。

また今夏、多数のフェスに出演し、秋には3月に発売したメジャー2ndアルバム『TOKYO BLACK HOLE』をひっさげた全国ツアー『TOKYO BLACK HOLE TOUR』の開催が決定している。

■「ウエディング・ベル」MV
https://youtu.be/dgw84E5bSSw

■シングル「ピンクメトセラ/勹″ッと<るSUMMER」

2016年8月24日発売
【CD】
AVCD-83671/¥1,000+税
M1:ピンクメトセラ
M2:勹″ッと<るSUMMER
M3:ウエディング・ベル

【CD+DVD】
AVCD-83670/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
M1:ピンクメトセラ
M2:勹″ッと<るSUMMER
M3:ウエディング・ベル
■DVD
1:ピンクメトセラ(Music Clip)
2:勹″ッと<るSUMMER(Music Clip)
3:ウエディング・ベル(Music Clip)

【CD+DVD(ファンクラブ限定盤)】
AVC1-83672/¥3,500+税
<収録曲>
■CD
M1:ピンクメトセラ
M2:勹″ッと<るSUMMER
M3:ウエディング・ベル
■DVD
大森靖子2016前半ライブ映像【海を割るおっさんのパンティ】

■『TOKYO BLACK HOLE TOUR』

10月01日(土) AKITA・湧太郎 國之譽ホール<弾語り>
10月08日(土) NAGASAKI・旧香港上海銀行長崎支店記念館<弾語り>
10月09日(日) OITA・別府ブルーバード劇場 3F<弾語り>
10月14日(金) NAGOYA・CLUB QUATTRO<バンド>
10月15日(土) SENDAI・MACANA<バンド>
10月22日(土) OKAYAMA・CRAZYMAMA KINGDOM <バンド>
10月23日(日) FUKUOKA・BEAT STATION<バンド>
10月29日(土) SAPPORO・PENNEY LANE24<バンド>
11月04日(金) HIROSHIMA・LIVE JUKE <弾語り>
11月10日(木) OSAKA・BIGCAT <バンド>
11月11日(金) MATSUYAMA・サロンキティ <バンド>
11月18日(金) TOKYO・ZEPP TOKYO <バンド>

【関連リンク】
大森靖子 オフィシャルHP
小室哲哉×大森靖子、「SEPT PREMIERES 」by Kenzo TakadaのCMソングで初のコラボレーション
夏の魔物、1stアルバムにHISASHI(GLAY)、杉田智和、大森靖子ら豪華参加陣が集結
大森靖子、新曲「ピンクメトセラ」MV公開&ニコ生の配信が決定

【関連アーティスト】
大森靖子
【ジャンル】
J-POP

ぼくのりりっくのぼうよみ、歌とピアノで一発録りした「noiseful world」ライブ映像公開
Sat, 20 Aug 2016 16:00:00 +0900
ぼくのりりっくのぼうよみ (okmusic UP\'s)

ぼくのりりっくのぼうよみが発売中の1st EP『ディストピア』より、「noiseful world」をリアレンジしたライブ映像を公開した。

【その他の画像】ぼくのりりっくのぼうよみ

ビクターエンタテインメントの新レーベル<CONNECTONE>から、昨年12月にデビューを果たしたぼくのりりっくのぼうよみは、当時17歳の高校3年生でありながら、その類まれな表現力で音楽業界・音楽ファンを震撼。1stアルバム『hollow world』はiTunes Store総合アルバムランキング最高位3位を記録。そのデビュー作では、他のトラックメーカーが作った音源にリリックとメロディーを乗せていくラップのスタイルをベースとしていたが、1st EP『ディストピア』に収録されているこの「noiseful world」ではバラードに挑戦。

今回はEP収録バージョンとは趣向を変え、タケウチカズタケのピアノとぼくのりりっくのぼうよみの歌のみでリアレンジ。ジャズラウンジでの緊張感あふれる演奏を一発録り。映像から伝わる圧倒的な歌唱力は“ラッパー"としてだけではなく“シンガー"としての新たな一面、才能を楽しむことができる。“言葉を失うことによってクオリアを失う"ことが描かれたリード曲「Newspeak」に対し、“情報が溢れすぎて思考停止することからクオリアを失う"ことをテーマとしたこの「noiseful world」の歌詞にも注目して聴いてほしい。

また、ぼくのりりっくのぼうよみが8月度のマンスリーゲストとなっているスペースシャワーTV「PLAN B」では「Newspeak」MVのアナザーバージョンをA4Aのかとうみさとと共同制作する模様を放送している。これまで撮影や制作の様子が放送されてきたが、今夜放送された第3回目の放送では、遂に「Newspeak」のMusic Videoアナザーバージョンの前編を公開。放送後、YouTubeでも番組の映像が公開された。最終回でもある次回の放送は8月26日(金)20:57〜放送予定。

■「noiseful world」ライブ映像
https://youtu.be/XtYIXOPRXxQ

■『PLAN B #7 -ぼくのりりっくのぼうよみ-』
https://youtu.be/sk2VaFzLheo

■EP『ディストピア』

発売中
【初回限定盤】
VIZL-1012/¥1,600+税
※「ぼくりり描き下ろし、短編小説+次作アルバム・アイディアノート」封入
【通常盤】
VICL-37199/¥1,200+税
<収録曲>
1.Newspeak
2.noiseful world
3.Water boarding
4.sub/objective (remix)

【関連リンク】
ぼくのりりっくのぼうよみ オフィシャルHP
ぼくのりりっくのぼうよみ、初のインストアライブが大盛況
ぼくのりりっくのぼうよみ、初監督を手がけた「Newspeak」のMV公開
サカナクション、ニューシングルの映像特典は100分を超える豪華な仕上がりに

【関連アーティスト】
ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
J-POP

Mayday、2017年2月に日本武道館2days公演『Re:DNA 〜2017 復刻版〜』開催決定
Sat, 20 Aug 2016 15:00:00 +0900
Mayday (okmusic UP\'s)

Maydayが日本武道館でのライブ『Re:DNA 〜2017 復刻版〜』を2017年2月3日、4日の2日間に行うことを発表した。

【その他の画像】Mayday

7月から開催中のアジアツアー『JUST ROCK IT!』は29公演、約110万人を動員するなど、ライブチケットも常にプレミアム化。来週末には、北京国家体育場にて、3日間で30万人を動員する北京公演を目前にしているMayday。

『Re:DNA 〜2017 復刻版〜』の基となったのは、2009年から2010年までの14ヶ月間に渡って、全世界で44公演行われたMayday D.N.A.「創造」ワールドツアーであり、今でもMaydayファンにとっては語り続けられる伝説的なコンサートとなっている。

このツアーは2009年12月5日に高雄国家体育場で55,555人を集客し、台湾コンサート史上最高の観客動員数の記録を作った。この歴史的な瞬間を全て記録した、Maydayにとって初の、また中華圏アーティスト史上初の3Dコンサート映画も世界で上映されたほど。

D.N.A.ワールドツアーは「あなたしか、自分のDNAを創造することが出来ない」というコンセプトで、世界中のMaydayファンにとって今でも決して忘れることのないMaydayコンサートの奇跡を産み出した。

2017年2月にMaydayが改めて自分自身に挑戦することを決心し、「Re:DNA 〜2017 復刻版〜」と掲げて再び日本武道館のステージに帰ってくる。Maydayだけが、自分のDNAを復活させることが出来る! 全世界のファンと一緒に生命の奇跡を復活させるのだ。

また、先日発表された今秋リリースのアルバム『自伝 HISTORY OF TOMORROW』(台湾では7月21日に発売)の日本限定盤に収録される楽曲、「後來的我們 (Here, After, Us)」の日本語作詞をポルノグラフィティのボーカル・岡野昭仁氏が行い、ゲストボーカルとしても参加。「派對動物(Party Animal)」の日本語作詞はポルノグラフィティのギター新藤晴一氏が担当し、ポルノグラフィティとのコラボレーションが実現することになったばかり。日本武道館でのライブでも、これらの楽曲の初披露は間違いなく、最新アルバムからの日本での楽曲初披露にも注目が高まる。

日本武道館でのライブ決定に伴い、日本をはじめアジア諸国からのオフィシャルツアーも実施。今後の情報は、公式HPやSNSでも発表される予定だ。

■『「Re:DNA 〜2017 復刻版〜」at 日本武道館 』

2017年2月03日(金) 日本武道館
開場開演:18:00開場 19:00開演
2017年2月04日(土) 日本武道館
開場開演:16:00開場 17:00開演
チケット料金:指定席 ¥8,800(税込)
※3歳以上チケット必要/枚数制限6枚
チケット一般発売日:2016年12月17日(土)
最速オフィシャルHP先行
<抽選>:2016年8月26日(金)19:00〜9月13日(火)23:59

【関連リンク】
Mayday 日本オフィシャルHP
ポルノグラフィティ、Maydayのオリジナルアルバムにてコラボが実現
Mayday、最新オリジナルアルバムの日本限定盤を今秋リリース
Mayday、初となる武道館2Days公演のチケットが即日SOLD OUT

【関連アーティスト】
Mayday
【ジャンル】
J-POP

YOSHIKI、公式チャンネルの1周年を祝して記念特番を生放送
Sat, 20 Aug 2016 14:00:00 +0900
『祝YOSHIKI CHANNEL 1周年記念生放送 〜前代未聞のセレブレーション〜本人急遽帰国!』 (okmusic UP\'s)

YOSHIKIの公式ニコニコチャンネル『YOSHIKI CHANNEL』の1周年を記念する特番が生放送される事が決定した。

【その他の画像】X JAPAN

昨年の8月から生放送を中心に様々なコンテンツをお届けしてきた『YOSHIKI CHANNEL』。今回は、番組会場である都内某所にYOSHIKI CHANNEL会員を招待! 1年間の『YOSHIKI CHANNEL』の軌跡を辿るべく、多様なアーティスト・ゲストとの豪華共演や独占生放送したライヴパフォーマンス、海外からの生中継など、様々な名場面を視聴者たちと振り返る。また特別企画として、ニコニコチャンネル内のアーティスト部門・ナンバー1にちなんだ様々な"ナンバー1企画"を放送予定との事。会員の方は楽しみに放送を待とう!

■YOSHIKI CHANNEL
http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial

■『祝YOSHIKI CHANNEL 1周年記念生放送 〜前代未聞のセレブレーション〜本人急遽帰国!』

放送日時:8月25日(木)20:00〜22:30(予定)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv273150274
※本番組の後半はYOSHIKI CHANNEL会員限定視聴となります。

【関連リンク】
YOSHIKI オフィシャルHP
「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」にhide with Spread Beaver、ゴールデンボンバーが出演決定
X JAPAN、X時代の映像商品をコンプリートした8枚組BOXをBlu-ray化!
「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」出演者第一弾にX JAPAN、LUNA SEA、GLAY発表!

【関連アーティスト】
X JAPAN, YOSHIKI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

注目の若手女性アーティスト、iriが10月に1stアルバム『Groove it』をリリース
Sat, 20 Aug 2016 13:00:00 +0900
iri (okmusic UP\'s)

iriが10月26日に1stアルバム『Groove it』をリリースすることを発表した。

【その他の画像】iri

iriは神奈川県逗子市在住の女性アーティスト。自宅にあった母のアコースティックギターを独学で学び、アルバイト先の老舗JAZZ BARで弾き語りのライブ活動を始め、2014年、雑誌「NYLON JAPAN」と「Sony Music」が開催したオーディション「JAM」でグランプリを獲得。HIP HOP的なリリックとソウルフルでリヴァービーな歌声で、ジャンルレスな音楽を展開。ライブハウスやクラブだけでなく、新人ながら各地フェスやイベントにも出演する期待の若手女性アーティストである。

デビュー前にも関わらず、この夏には7月6日に大阪・アメリカ村DROPにて行われたドノヴァン・フランケンレーターのライブのオープニングアクトを務め、7月9日には東京・代々木公園にて行われた都心で楽しむビーチマーケット「OCEAN PEOPLES」にも出演。さらに、8月20日(土)には『J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016』のPARK STAGEに出演し、21日(日)には『SUMMER SONIC 2016(TOKYO)』の GARDEN STAGEへの出演が決まっている。

ライブでのスタイルはドラム&DJとのスリーピースや時に弾き語りなど様々だが、独特の符割りと洗練されたサウンドでリスナーを魅了する。10月26日リリースの1stアルバム『Groove it』には、ライブではすでにお馴染みの「rhythm」、「ナイトグルーヴ」などが収録される。

■アルバム『Groove it』

2016年10月26日発売
※詳細後日発表

■【ライブ情報】

『J-WAVE LIVE SUMMER JAM 2016 』
8月20日(土) 国立代々木競技場第一体育館 野外エリア
※PARK STAGE

『SUMMER SONIC 2016 TOKYO 』 
8月21日(日) QVCマリンフィールド&幕張メッセ
※GARDEN STAGE

『FM802 MINAMI WHEEL 2016』 
10月08日(土)〜10日(祝・月) 大阪 ミナミエリア ライブハウス20か所以上

【関連リンク】
iri オフィシャルHP
AWA「2016年7月の月間楽曲再生回数ランキング」に三代目 J Soul Brothers、西野カナらがランクイン
小室哲哉×大森靖子、「SEPT PREMIERES 」by Kenzo TakadaのCMソングで初のコラボレーション
Charisma.com、AbemaTVにて『「Charisma.company 生ホウレンソウ」〜番組中に1曲作ります!!〜』生放送決定

【関連アーティスト】
iri
【ジャンル】
J-POP

THE STARBEMS、2年振りのアルバムを11月に発売
Sat, 20 Aug 2016 12:00:00 +0900
THE STARBEMS (okmusic UP\'s)

THE STARBEMSが8月19日に府中FLIGHTで行なったライブで、2年振りとなるフルアルバム『Feast The Beast』を11月2日に<テイチクエンタテインメント・インペリアルレコード>より発売する事を発表した。

【その他の画像】ヒダカトオル

以前よりレコーディング中という情報、制作途中の楽曲を自らがレギュラーパーソナリティーと務めるFM PORT「TOKYO→NIIGATA MUSIC CONVOY(TUE.)」でもコメントし、Twitterなどでも話題となり、その動向やスケジュールが注目されていた中での発表となった。

前作リリースより2年。サポート・メンバーだった山下潤一郎(Ba)を正式メンバーに迎えつつ、全国のライブハウスからフェスまで様々な会場、様々なステージでフロアーを沸かせ、常に新たなシンパとの絆を築いてきた。熱狂のステージで見てきた景色、感じた事を1作、全13曲にまとめたアルバムとなる予定だ。

11月2日発売日前日の11月1日には、渋谷WWWにてフラゲイベント!? 的なライブにも出演し、残すところわずかながら2016年内にも数多くのイベントに出演予定。そして2017年、年明けより満を持してアルバムリリース記念の全国ツアーを行う予定となっている。

すでにテイチクのTHE STARBEMSサイトにて新たなアーティスト写真、アルバム収録予定の「Holdin’ On」の一部映像も解禁となっている。

【日高央(Vo)コメント】
「会場限定シングルを発売した2015年秋頃から、自分たちにとっても、そして世間にとっても明るいニュースが多くなかった1年だったけど、それを逆手にとってエモーショナルな新曲が作れたと思う。毎度のことだけどFUGAZIの『13 SONGS』になぞらえた俺達なりの13ソングスで、日々のモヤモヤをスカッとして貰えたら本望」

■「Holdin’ On」MV(30sec ver.)
https://youtu.be/gA_n7qhw93g

■アルバム『Feast The Beast』

2016年11月2日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
TECI-1519/¥3056+税
【通常盤】(CD)
TECI-1520/¥2685+税

【関連リンク】
THE STARBEMS レーベルHP
日高央とTGMXでブッチャーズ吉村が主催した弾き語りイベントを復活
THE STARBEMS、ライブ納めとなる自主企画イベントの開催を発表
「MUSIC にゅっと。」主催ライブに向けてCzecho No Republic、GLIM SPANKY等からコメントが到着

【関連アーティスト】
ヒダカトオル, THE STARBEMS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア

吉田山田、8月20日に開催される「吉田山田祭り2016」の映像化が早くも決定
Sat, 20 Aug 2016 11:00:00 +0900
吉田山田 (okmusic UP\'s)

今年の4月から初の全国47都道府県ツアーを敢行中の吉田山田。いよいよ8月20日(土)にツアーファイナルを日比谷野外大音楽堂にてフリーライブで開催、スペシャルライブ「吉田山田祭り2016」を同日同場所にて開催するが、このライブの模様を収録したDVD『吉田山田祭り2016 at 日比谷野外大音楽堂』を11月2日にリリースする事が発表された。

【その他の画像】吉田山田

8月19日に吉田山田のオフィシャルYouTubeにて『野音前日、吉田山田から重大発表!』と題した動画が公開となり、二人の口から明日開催の「吉田山田祭り2016」がライブ開催前にして、パッケージ化が決定した事を発表した。

今作は、昨年7月リリースした『吉田山田TOUR 2015 at 渋谷公会堂』以来の映像作品となり、「吉田山田祭り2016」の模様に加え、同日開催される「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」TOUR FINALの模様も特典映像として収録予定。先着予約購入特典としてオリジナルポスターカレンダー(B2サイズ)が付くためお早めにご予約を。また、日比谷野外大音楽堂の会場では、47都道府県ツアースペシャルフォト4枚セットもこの日限りのスペシャル特典として会場限定でプレゼントされるのでお見逃しなく。

そして、ライブの開催に加え、8月20日(土)と21日(日)には、メンバーの山田義孝の個展「吉田山田展presents 山田義孝展」が東京・千代田区立日比谷図書文化館 特別展示室で開催される。21日(日)14:00からはクロージングセレモニーが行なわれることも決定している。

47都道府県ツアーのゴール、そして一夜限りの夏祭り、初の単独個展開催と大盛り上がり間違いなしの二日間、是非会場で彼ら二人の音楽と世界観を感じてほしい。

■『野音前日、吉田山田から重大発表!』
https://youtu.be/KSH8hlO5TOw

■DVD『吉田山田祭り2016 at 日比谷野外大音楽堂』

2016年11月2日(水)発売
PCBP.53156/¥5,500+税
<収録内容>
■DISC.1
8月20日(土)「吉田山田祭り2016」@日比谷野外大音楽堂の模様を収録。
■DISC.2
8月20日(土)「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」TOUR FINAL@日比谷野外大音楽堂の模様を収録。
※収録楽曲等の詳細は後日発表となります。

◎先着予約購入特典
オリジナルポスターカレンダー(B2サイズ)
※先着予約購入特典につきましては、一部取り扱いの無いCDショップもございますので、詳しくは店舗までご確認のうえご購入下さい。
※ネット販売につきましても、一部取り扱いの無い場合もございますので、各WEBショップの告知をご確認下さい。
※先着予約購入特典は数に限りがあります。無くなり次第終了致します。

◎日比谷野外大音楽堂だけのW特典!
<8月20日(土)日比谷野外大音楽堂 会場限定予約特典>
47都道府県ツアースペシャルフォト4枚セット
※8月20日(土)日比谷野外大音楽堂での公演時に会場にてご予約頂いた方にお渡しをさせていただきます。
※会場予約は全額内金でのご予約となります。
※会場限定予約特典は数に限りがあります。無くなり次第終了致します。
※先着予約購入特典「オリジナルポスターカレンダー(B2サイズ)」は商品発送時に同梱となります。

■【ライブ情報】

『「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」TOUR FINAL フリーライブ』
8月20日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
時間:開場14:30/開演15:30
料金:無料
※2016年8月20日(土)9:30より日比谷野外大音楽堂 正面入口にて入場整理券配布
席種:全自由
年齢制限:無し

『吉田山田祭り2016』
8月20日(土)  東京・日比谷野外大音楽堂
時間:開場17:15/開演18:00
■ニコニコ生放送ライブ生中継
※ライブの後半はプレミアム会員の方のみ視聴可能です。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv272809760

■「吉田山田展 presents 山田義孝展」

日程:8月20日(土)、21日(日)
会場:東京・千代田区立日比谷図書文化館 特別展示室
時間:11:00〜16:00
料金:無料
年齢制限:無し

■「吉田山田展presents 山田義孝展@日比谷図書文化館 クロージングイベント」

日時:8月21日(日)14:00〜
会場:東京 千代田区立日比谷図書文化館(山田義孝展会場)
入場料金:無料
年齢制限:なし
※入場制限を行なう場合あり。

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、「吉田山田祭り2016」がニコ生中継決定! 山田義孝の個展でクロージングイベントも!
吉田山田、福岡でスペシャルワンマン開催決定
吉田山田の楽曲「母のうた」が『日本マザーズ協会 子育て応援・ママ応援ソング』に決定

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

[Alexandros]、ニューシングル「Swan」特典DVDトレイラーを解禁
Sat, 20 Aug 2016 00:00:00 +0900
「Swan」特典DVDトレイラー (okmusic UP\'s)

[Alexandros]が8月24日にリリースするニューシングル「Swan」の初回限定盤の特典DVDに収録されている「SXSW 2016 Behind the Scene」の内容が明らかになった。

【その他の画像】[Alexandros]

「SXSW 2016 Behind the Scene」には今年3月にアメリカテキサス州オースティンで開催された世界最大規模のコンベンション&フェスティバルと呼び声高い「SXSW2016」に出演した際のドキュメンタリー映像が納められており、オースティンの街でくつろぐ彼らの姿や、3月18日にInternational Day Stageと急遽出演したJapan Nite、そして3月19日に行なったScoot Innの3公演のライブの模様がダイジェストで納められている。今回解禁されたトレイラーではDVDの内容を垣間見ることができるので、気になる方は是非ご覧になってみてほしい。

また、8月23日(火)に新木場STUDIO COASTで行なわれる2マンライブイベント"[Alexandros] & Blossoms"より、[Alexandros]のライブを3元生中継することが既に発表されているが、それに合わせてニューシングル「Swan」をパッケージの発売より1日先行してデジタル配信することも決定した。こちらも欠かさずチェックしよう。

■「Swan」デジタル配信ページ
※8月23日(火)0:00より配信開始
・iTunes
http://po.st/swanitms
・レコチョク
http://po.st/swanreco
■[Alexandros] Special Site
http://sp.universal-music.co.jp/alexandros/swan/

■「Swan」特典DVDトレイラー映像
https://youtu.be/IM6zzHrJoqY

■【"[Alexandros] & Blossoms"@新木場STUDIO COAST一部3元生中継 詳細情報】

日時:8月23日(火)20:30〜21:05
<視聴方法>
■LINE LIVE
※スマートフォン用アプリをダウンロード
・iPhone
https://lin.ee/goCPbh2/dtzb/ta
・Android
https://lin.ee/4C8u0Ln/dtzb/ta
※アプリダウンロード後、以下のURLへアクセス
https://live.line.me/r/channels/21/upcoming/8922
■GYAO!
http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/
■スペシャアプリ
※スマートフォン用アプリをダウンロード
http://sstv.jp/app

■シングル「Swan」

2016年8月24日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7143/¥2,300+税
【通常盤】(CD)
UPCH-5881/¥1,300+税
<収録曲>
■CD
M1. Swan
※関西テレビ・フジテレビ系全国ネット 火曜22時ドラマ 「ON 異常犯罪捜査官・藤堂日奈子」主題歌
M2. Nawe, Nawe
※映画 「ターザン:REBORN」日本版主題歌
M3.ワタリドリ(live at 大阪城ホール 2016.6.26)
※アサヒビール「アサヒ ザ・ドリーム」CMソング
■DVD ※初回限定盤のみ
[Alexandors] SXSW 2016 Behind the Scene

◎封入特典
・全国ツアーチケットCD先行抽選受付シリアルナンバー封入
・メンバー稼働のスペシャル・トークイベント参加応募方法封入(東・名・阪・福・札5地区開催予定、実施時期は10月予定)

【関連リンク】
[Alexandros] オフィシャルHP
[Alexandros]、新木場STUDIO COASTでのライヴを3元生中継することが決定
[Alexandros]、話題の新曲「Swan」のMVがついに解禁
[Alexandros]、映画『ターザン:REBORN』と新曲「Nawe, Nawe」のコラボトレイラーを公開

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Ken主宰イベント『PARTY ZOO』Zepp DiverCity Tokyo公演セッションの詳細を発表
Fri, 19 Aug 2016 20:00:00 +0900
『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』 (okmusic UP\'s)

Ken(L\'Arc〜en〜Ciel)が自ら声をかけた仲間たちが集結するライヴイベント『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』。5日連続セッション解禁の4日目は、10月2日のZepp DiverCity Tokyo公演のオープニングアクトと、出演者として告知されていたKen with Naughty starsの詳細が明らかになった。

【その他の画像】Ken

オープニングアクトはVALS。マオ(シド)、tatsuo、カリスマカンタローによるプロデュースのもと、ヴィジュアル系バンドとダンサーからなる“V系ダンスバンド"を育成する「イケVプロジェクト」から誕生したVALS。PARTY ZOOのオープニングアクトとして、ヴィジュアル系とダンスの融合という新しいスタイルをどう見せつけるのか? 新しい力でPARTY ZOOに乗り込んでいくVALSに要注目だ。

Kenとわんぱくなスターたちが繰り広げるセッション、Ken with Naughty starsはスペシャルゲストにASH DA HEROを迎えて、逹瑯(vo)、ASH DA HERO(vo)、Ken(Gt)、ミヤ(Gt)、圭(Gt)、Duran(Gt) 、AKi(Ba)、沙我(Ba)、Nao(Dr) and Naughty All Stars というメンバーが登場。Zepp DiverCity Tokyo公演はMUCCの逹瑯が園長となり、セッションメンバーや楽曲をセレクト。このメンバーでどんな楽曲を披露するのか? 逹瑯園長がこの仲間と奏でる音はどんなサウンドなのか?

ここでしか見ることのできない、このセッションを是非会場で体感しよう。明日は最終日10月9日仙台PIT公演の詳細が明らかになる。

■『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』

9月11日(日) 名古屋ダイアモンドホール
出演:AKi, BAROQUE, gibkiy gibkiy gibkiy, MUCC, Ken with Naughty stars
9月18日(日) 豊洲PIT
出演:A9, AKi, BAROQUE, MUCC, Ken with Naughty stars
9月25日(日) 堂島リバーフォーラム
出演:A9, BAROQUE, GUTS AND DEATH, MUCC, Ken with Naughty stars
10月02日(日) Zepp DiverCity Tokyo
出演:A9, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars
OPENING ACT:VALS
10月09日(日) 仙台PIT
出演:AKi, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars

【関連リンク】
PARTY ZOOオフィシャルHP
Ken主宰イベント「PARTY ZOO」大阪公演でカラスが復活!?
MUCC、アニメ『七つの大罪』主題歌シングル詳細解禁
ラルクKen主宰『PARTY ZOO』、豊洲PIT公演にSpecial Guest!

【関連アーティスト】
Ken, L’Arc~en~Ciel, MUCC, ASH DA HERO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

MACO、2ndアルバム『love letter』よりタイトル曲のMV公開&先行配信がスタート
Fri, 19 Aug 2016 19:00:00 +0900
「love letter」MV (okmusic UP\'s)

8月19日(金)に先行配信されるMACOの2ndアルバムのタイトル曲「love letter」のMVが完成! YouTube MACO CHANNELにてMV short versionが公開された。

【その他の画像】MACO

「大好きなのにその気持ちを口に出して言えないから、胸の中でlove letterを書き続ける」というテーマの「love letter」が、ファンタジーな世界観で映像化。全編外ロケとなったMVは、MACOとしては初の試みとなる。

MACO は森の中の郵便局で働くラブレター専門の愛のメッセンジャー。小さなカップルを演じるのは、TVやCMで活躍する伊藤優花ちゃん(5歳)と中山大煌くん(7歳)。二人の言葉にならない想いをMACOがラブレターで伝えている。

ロケ地は、千葉県のキャンプ場「ホウリーウッズ」。快晴の中、午前中より撮影がスタートした。子供大好きなMACOは小さなカップルの二人に会うと「可愛い、可愛い!」と大はしゃぎ。

控室はキャンピングカーで、全編外ロケのMV撮影が初めてのMACOは、「函館の大自然で育ったMACO的には、もう最高!気持ちいい!」と大喜びだったが、白バックのシーンは、実はこのロケ地で日が暮れてから照明を当てて撮影。夜の照明には虫がたくさん集まりリップシンク撮影しながらも、たくさんの虫がやってくるため、大自然で育ったというMACOも「キャーキャー!」と大騒ぎした。

MV完成に合わせて、本日よりYouTube MACO CHANNELにてMV short versionが公開。Short versionでは1番までの公開で、先日公開された「恋人同士」MV同様、近日中に2番も公開予定となっており、愛のメッセンジャーを演じるMACOとKIDSカップルの恋の行方が気になるところ。

そして、アルバム・リードシングル「手紙」の先行配信も、9月2日(金)からスタート。「love letter」から「手紙」へと続くMACOの描くストーリーに注目が集まる中、「love letter」「手紙」が収録されるMACOの2ndアルバム『love letter』は、9月21日(水)にCD発売される。

■「love letter」Music Video (short ver.)
https://youtu.be/AiXq_umy7b8

■アルバム『love letter』

2016年9月21日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UICV-9209/¥3,333+税
※DVD:スペシャルスタジオライブ映像他収録予定
【通常盤】(CD)
UICV-1073/¥2,800+税

【関連リンク】
MACO オフィシャルHP
MACO、アルバム・リードシングル「手紙」のアートワークを公開
MACOが切手に!?「love letter」リリックビデオ公開&先行配信も決定
MACO、六本木ヒルズでアルバム曲をサプライズ披露

【関連アーティスト】
MACO
【ジャンル】
J-POP

SMAP解散…購買活動再開でトリプルミリオン寸前? ファンが今できること【ジャニゴトまとめ Vol.19】
Fri, 19 Aug 2016 19:00:00 +0900
ジャニゴトまとめ (okmusic UP\'s)

リオオリンピック真っ只中の8月13日、SMAPが解散を発表しました。

日本を飛び越えて、世界を驚かした今回の報道。ファンの皆さんは、ショックを受けた方や未だに受け入れられない方がほとんどだと思います……。

OKMusicが運営する、“みんなで作る音楽情報サイト”MusicHubzに投稿された、ジャニーズファンの皆さんのノートを紹介する「ジャニゴトまとめ」。今回は、SMAPの解散について書かれたノートをご紹介します。どうかみなさんの想いがSMAPへ届きますように。

《ジャニゴトまとめ Vol.19 ラインナップはこちら》
◆8月14日、ジャニーズ事務所から突然の解散発表。
◆ジャニーズのメンバーもSMAP解散について言及
◆購買活動再開。私たちが今SMAPのためにできること

【その他の画像】SMAP

■8月13日深夜、ジャニーズ事務所から突然の解散発表。

冒頭でも触れた通り、8月13日深夜、ジャニーズ事務所はマスコミ宛に送ったFAXで解散を発表。FCサイトではメンバー一人ひとりのメッセージが掲載されましたが、メンバーによる会見などは予定されていないようです。5人での活動は今年の12月31日まで。解散後は全員ジャニーズ事務所に残り、ソロ活動をするとのことです。

夜中に解散報道を知ったファン、そして朝目覚めてネットニュースやテレビのワイドショーで報道を知ったファンは、あまりにもショックなニュースに一時騒然。その衝撃は他グループのファンにも広がりました。
■アイドルは永遠だと思ってた

いつまでも存在すると思っていたアイドルの、突然の解散。『自分の好きなグループが、前触れもなく明日解散してしまうかもしれない……』。誰もがそんな不安を覚えたはずです。

あいいろさんのノートにもあるように、アイドルはつい永遠の存在であるような気がしてしまうし、そうであってほしいと願わずにはいられません。

SMAPは長年、トップアーティストとしてだけでなく、お茶の間の人気者としても愛されてきました。冠番組もあれば、CMにもたくさん出演していました。そんな国民的アイドルが、まさか解散する日が来るなんて、誰も想像していなかったと思います。必ずあると信じていたコンサートに、もう二度と行くことができないなんて……。SMAPファンの皆さんの心情を思うと、かける言葉が見つかりません。

■ジャニーズもSMAP解散について言及

ワイドショーに出演するジャニーズも、SMAPの解散について続々と言及しています。

8月14日に放送された「シューイチ」では、KAT-TUNの中丸雄一くんが『悲しいです』『25年間第一線でやられたのは奇跡』とコメント。自身もメンバーの脱退を経験した身として、SMAPのメンバー全員が事務所に残ることについて『一つのコミュニティーというか、繋がりがあるのは良かったと思います』と話しました。

また8月15日には、「ZIP!」でTOKIOの山口達也くんが『12月31日までSMAPという形がある以上はSMAPを応援したいと思います』と言及。TOKIOも何度も解散の危機に立たされた経験があると話し、視聴者からは『あんなに仲のいいTOKIOでもそんなことがあるんだ…』と驚く声も。

そして同日放送された「news every.」では、NEWSの小山慶一郎くんが『個人活動になっても同じ事務所の偉大な先輩であり、夢であり、憧れであることは変わりません』とコメント。いずれもジャニーズ事務所の後輩にとって、SMAPがいかに大きな存在であるかが伝わってきました。

彼ら自身、突然の解散報道を受けたわけですから、言ってしまえば私たちと同じ状況なのです。そんななかでも、ファンを代表して素直な気持ちを言葉にしてくれる姿は本当に頼もしいですよね。

■購買活動再開。私たちが今SMAPのためにできること

以前解散報道が出た際、SMAPファンの間で「世界に一つだけの花」の購買活動が起きたのも記憶に新しいと思います。文字通り、Wミリオンとなった「世界に一つだけの花」を買って、SMAPに想いを届けようという活動です。
■12月31日 SMAP解散

今回もまた、トリプルミリオンに向けた購買活動の呼びかけが広がり、再びランキング上位にランクインしているという話も聞きました。もちろん、“買わないことが悪”ではありません。それぞれに応援の仕方があるでしょうから、みなさんも思いおもいのやり方で、SMAPへの想いを届けましょう。

■12月31日の解散まで

残念ながら、どんなに願っても、12月31日のSMAPの解散はやってきます。ありきたりな言葉になってしまいますが、SMAPが残してくれた楽曲やコンサートの思い出は、一生残るはずです。彼らとの思い出を決して悲しいものにしないでください。解散前に一度でも彼らが揃って姿を見せてくれることを信じて、彼らの活動を見守りましょう。

SMAPへの想いは、ぜひMusicHubzへ投稿してください。投稿されたノートは、こちらの「ジャニゴトまとめ」やジャニゴトまとめ公式ツイッターアカウントで紹介させていただきます。CDの感想やコンサートの思い出などを全国のファンと共有しませんか?
■「MusicHubz」にノートを投稿してアーティストを応援!

<ジャニゴトまとめの公式Twitterアカウントが登場しました>
現在Twitterでは、コラムの更新情報やMusicHubzに投稿されたジャニゴトノートをご紹介しています。ジャニーズが好きな方はぜひフォローしてくださいね。

【関連リンク】
■ジャニゴトまとめ 公式Twitter(@JohnnygotoM)

【関連アーティスト】
SMAP
【ジャンル】


超特急、憧れの夢の舞台・大阪城ホールで開催される『MBS音祭』に出演決定
Fri, 19 Aug 2016 18:00:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急が10月08日(土)に大阪城ホールで開催される『MBS音祭』に出演することが発表された。

【その他の画像】超特急

開局65周年記念スペシャルとなる本イベントにはE-girls、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゴールデンボンバー、スキマスイッチ、T.M.Revolutionなど豪華出演者が揃う。

関西出身のバックボーカルのコーイチは「関西組のバックボーカル2人にとっては大阪城ホールは夢の舞台、全力で盛り上げます!」、タカシは「音祭を通して超特急と言うジャンルを関西のみなさんに届けれるように突っ走っていきます!」と、イベントに向けて意気込んでいる。

【メンバーコメント】
■1号車 コーイチ
「遂に念願の音祭り出演です!! 関西組のバックボーカル2人にとっては、大阪城ホールは夢の舞台。そんな場所で、素敵なアーティストのみなさんと奏でる音は素晴らしいものだと今から楽しみです。全力で盛り上げます!」

■7号車 タカシ
「音祭を通して超特急と言うジャンルを関西のみなさんに届けれるように突っ走っていきます!!!!!!!! 」

■『MBS音祭 開局65周年記念スペシャル supported by uP!!!』

10月08日(土) 大阪城ホール
開場開演:開場: 15:00 / 開演: 16:00
出演:超特急 / E-girls / きゃりーぱみゅぱみゅ / ゴールデンボンバー / スキマスイッチ / T.M.Revolution

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、2ndアルバムのタイトルと動物モチーフの新ビジュアルを解禁
超特急、ハロウィンライブでオリラジとスペシャルコラボ!?
超特急、LINE特番放送のゲストに永野の出演が決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

クイーンをイギリスの国民的ロックスターへと押し上げた、ロック史に残る名盤『オペラ座の夜』
Fri, 19 Aug 2016 18:00:00 +0900
Queen『A Night at the Opera』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

クラシック音楽の影響を感じさせるブリティッシュロッカーは少なくない。しかし、オペラのメロディーや複雑なコーラスワークを取り入れながらも、キャッチーなサウンドを提示したグループはクイーンしかいない。デビュー当初はどの国よりも日本での人気が高かったが、本作『オペラ座の夜(原題:A Night at the Opera)』で見事に全英1位を獲得、世界的なロックバンドとして認知されることになる。今では70年代のブリティッシュロックを代表するアルバムの一枚として、ロック史に刻まれている。

■70年代初頭に起こったグラムロックのブーム

70年代初頭、ど派手なメイクとエキセントリックな衣装に身を包んだ、デビッド・ボウイやマーク・ボラン(Tレックス)などの一群のミュージシャンたちが登場した。彼らはグラムロック(1)やグリッターロックと呼ばれ、個々の音楽性はまったく異なっていたものの、外見に共通性があったために同類として扱われたようだ。彼らが手本にしたのは、すでに世界的な人気があったアメリカ人ミュージシャンのアリス・クーパーであろう。僕が中学生の頃、アリス・クーパーのLP『スクールズ・アウト』(‘72)では、レコード盤が紙製のパンティに包まれていた。何にも知らず、買って帰って開封した時の驚きは、今でもはっきり覚えている。

他にも、モット・ザ・フープル、ロキシー・ミュージック、ニューヨーク・ドールズなど、グラムロッカーが次々と現れ、グラムロックのブームは3〜4年の間ではあったが、確実に世界的な市民権を得た時期があったのである。

70年代中期、パンクロックが登場してからは急速に廃れていったグラムロックだが、80年代に入ってから復活の兆しが見られ、海外ではアダム・アント、ニナ・ハーゲン、ボーイ・ジョージらに引き継がれ、日本においてはビジュアル系ロックとして独自の進化を遂げることになった。

■クイーンのデビュー

グラムロック全盛期に、アルバム『戦慄の王女(原題:Queen)』(‘73)でデビューしたのがクイーンであった。当時は音楽雑誌の『ミュージックライフ』にグラビアがしょっちゅう掲載され、“ハンサム揃いの正統派ハードロッカー”みたいなコピーで紹介されていたから、新しいグラムロックのミュージシャンとして聴いていたリスナーが少なくなかった。先ほども述べたように、グラムロックという呼び名は音楽性ではなく、衣装や化粧による同類性によるものであるので、メンバーのフレディ・マーキュリーの醸し出すグラマラスな雰囲気から、グラムロッカーとみられることも不思議ではなかったのである。

アイドル的な売り出し方というのもあって、本国よりも最初に大きな人気が出たのは日本やアメリカであった。特に日本での人気は爆発的であったと僕は記憶しているが、2枚目の『クイーン II』(‘74)までは、独特の多声コーラスや練り上げられた楽曲群の魅力は感じられるものの、個人的にはレッド・ツェッペリンを範とするブリティッシュハードロック・グループのひとつに過ぎなかったという気もする(ファンの方、すみません)。

■クイーンの魅力

クイーンの魅力と言えば、キャッチーなメロディーとドラマチックなストーリ性を持ったブライアン・メイのメタリックなギターワークに尽きると思う。どんなに複雑な構成であっても、楽曲をすっきりと分かりやすくまとめる技術がある。そういう意味ではハードロック+ポップスグループ的な要素も併せ持っているのだが、そこにメイのギターが加わることで確かなロックフィールを感じる。もちろん、“グラマラス”なフレディ・マーキュリーの存在は大きく、ミック・ジャガーやロバート・プラントなどに代表されるブリティッシュロック界独特のカリスマ性がある。

これらのクイーン独特の音楽性が爆発したのが、続く3rd『シアー・ハート・アタック』(‘74)である。このアルバムの完成度は高く、今回紹介する4th『オペラ座の夜』(’75)と甲乙付け難い出来栄えになっている。

■クイーンの個性を確立した「キラー・クイーン」

『シアー・ハート・アタック』に収録された大ヒット曲「キラー・クイーン」は、フレディ・マーキュリーのソングライターとしての才能、そしてブライアン・メイのメタリックでドラマチックなギターワーク、完成された多重コーラス録音など、グループとしてのオリジナリティーが存分に発揮された秀逸なナンバーとなった。果たして新作でこの曲を超える楽曲が収録できるのか、チャートで全英2位まで上がった前作のレベルを維持できるのか…このあたりがクイーンの将来を左右するほどの課題であった。

■本作『オペラ座の夜』について

そして75年、クイーンの4th『オペラ座の夜』がリリースされた。蓋を開けてみれば、内容は圧倒的な充実度とキャッチーさがあり、前作をしのぐ勢いでチャートを急上昇、気付けば初の全英1位に躍り出ていたのである。加えて「キラー・クイーン」以上の完成度を誇る楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」(2)を収録、この曲は全英シングルチャートでは9週間にわたって1位を独走、アメリカでも初のミリオンセラーヒットとなった。

本作に収録された楽曲群は、ブリティッシュハードロックにとどまらず、オペラのロック仕様(「ボヘミアン・ラプソディ」)を軸に、ポップスやジャズ、そしてフォークロック的な作品などを混じえ、クイーンのファン層を大幅に広げる結果となった。本作の成功は1stと2ndが好きなファンを裏切ることになったかもしれないが、世界を舞台に活躍する大グループとなるためには避けて通れない必要不可欠な変革でもあった。

本作『オペラ座の夜』を聴いたことのないブリティッシュロック・ファンが存在するかどうかは分からないが、まだ未体験の人がいるなら、ぜひ聴いてみてほしい。

■『オペラ座の夜』以降の活動

本作リリース以降、クイーンは大ヒットアルバムを連発する。パンクロック旋風が吹き荒れた70年代中期以降も売れ続け、磨きをかけたポップロック路線で突き進むことになる。「伝説のチャンピオン」や「ウイ・ウィル・ロック・ユー」などの大ヒットを継続してリリース、その勢いで80年代中頃までは順風満帆の活動を行なっている。その後、メンバー同士の確執などがあり、クイーンとしての活動は激減、91年にフレディ・マーキュリーがエイズによって死去、オリジナルメンバーでの活動はできなくなった。

■31年振りの来日公演

今年の9月、日本武道館で3日間にわたって31年振りの日本公演が予定されている。故フレディ・マーキュリー生誕70年、没後25年という節目の年だけに、熱いライヴが繰り広げられるのは間違いないだろう。オリジナルメンバーはブライアン・メイとロジャー・テイラーだけであるが、ファンにとって嬉しい来日であることは間違いない。

(1) グラムロック
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

(2) ボヘミアン・ラプソディ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%98%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3

【関連アーティスト】
Queen
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、ドラマ「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」のEDテーマをカバー
Fri, 19 Aug 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

さて今回の一曲はケツメイシの「カラーバリエーション」
「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」の主題歌です。
ケツメイシの曲は私の歌とはかけ離れていてどのように歌うか少し悩んだのですが、私なりに歌ってみました。
何たって歌詞が好きなんです。
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=l7awRH3F4-w

このコラムを書いている私、この瞬間実は那須高原にあるオートキャンプに来ているんです。
今この夜の時間、かなりの雨が降り出していて、そんな中ロッジで雨の音を聞きながら一人コラムを書いている訳です。
…キャンプ場来てまでパソコン!!笑
でもね、凄く静かな場所なので集中出来るし意外と落ち着くんですよね。
のんびりと過ごしております。
キャンプでテント張ったりとか、いつぶりだろうか?覚えていないくらい久々である。
夜にはBBQして、近くの温泉施設行って入って、その後帰って来てからはみんなで遊んだり恋バナしたり…
滅多に出来る事ではないので凄く楽しいしずっとわくわくしている。
というか友達とやるのは初めてのなので凄く面白い。

ここへ来るまでに「那須に入ってからは電波飛ばすものは使用NG」というルールが勝手に決められていた。笑
(…ただこのコラムを書く事に関してだけはちゃんと許可を頂きました。笑)

ただね、そんなルールを決めなくてもこの日はほとんど誰も携帯をいじっていない。
全然要らなかったんですよね。
都会に住んでいたら本当にひっきりなしに触っているのに。
今までどれだけ電波に支配されていたのかが分かった瞬間。面白いものです。

普段都会にいてなかなか出来ない事やらない事をやるのって凄く大事。
人と過ごす事の楽しさや新しい発見が沢山あるから。
大切な事に気付けるから。
のんびり生きる時間があるって凄く幸せだ。

とりあえずね、今一番したい事。
…早くみんながいるテントの中に合流して寝袋に包まりたい!!笑
やっぱり一人でロッジにいるのは寂しい!
という事でそろそろみんなの所へ戻りたいと思います。笑
明日もきっと雨。
何も出来ないかもしれないけれど、じゃあ何をするかをその時その時で決める、それも旅の醍醐味。
みんなと色んな話をして、色んな体験をして、色んな思い出を作って。
それがまたきっと新しい言葉とメロディーを浮かばせてくれる。
そんな日々がありがたい。
人生はどんな時も楽しんで生きたいし生きるべきだ。
それが人生だ。

さぁ、明日からも楽しむぞ。

【関連アーティスト】
ケツメイシ, 稚菜
【ジャンル】


コレサワ、音楽SNSアプリ「nana」とのコラボコンテストを開催! 最優秀賞は生コラボレコーディング!
Fri, 19 Aug 2016 17:30:00 +0900
 『nana x コレサワ「バックアップ」コラボコンテスト』 (okmusic UP\'s)

コレサワが8月19日(金)より、音楽SNSアプリ「nana」で『コレサワ「バックアップ」コラボコンテスト』を開催。音源審査にはコレサワ本人も参加し、最優秀賞は都内スタジオでのコレサワとの生コラボをレコーディングすることが出来る。

【その他の画像】コレサワ

3rd E.P.「ジエイポップ」の発売を記念して開催される今企画は、今年1月20日より開催され大きな話題となったコラボコンテスト「コレサワとコラボしよう!」に続き、今回で第二弾となる「nana」コラボ企画。

nanaはユーザー同士が音楽でコラボレーションできる投稿型スマホアプリ。コンテスト参加方法はnanaアプリにてコレサワの楽曲にハッシュタグ「#コレサワコラボ」をつけて歌や伴奏を投稿するというもの。コレサワ本人の演奏や歌唱に合わせ、簡単に"夢のコラボ"を実現することが可能。

nanaユーザーに親しまれている「たばこ」、「あたしを彼女にしたいなら」、「君のバンド」、「笑えよ乙女」に加え、新曲「バックアップ」、「J-POP」、「ショートカットに憧れて」のコレサワ本人による弾き語り音源と、あわせて伴奏トラックが投稿される。

音源審査にはコレサワ本人も参加し、最優秀賞は都内スタジオでのコレサワとの生コラボをレコーディング。さらに優秀賞受賞者は10月より開催される全国ツアー「J-POPしか歌えないっツアー」にご招待。(14組 計28名) コレサワ本人へのグリーティングも用意されている。

■音楽SNSアプリ「nana」公式サイト
http://nana-music.com/

■『nana x コレサワ「バックアップ」コラボコンテスト』

「バックアップ」コラボコンテストに参加して、この夏の思い出をバックアップ!コレサワの演奏する新曲「バックアップ」の音源にあなたの歌声・演奏を乗せてコラボしよう!  替え歌ももちろんOK。伴奏も審査の対象になります!! nanaユーザーのコレサワ本人が、あなたの投稿にコラボしてくるかも!? お気に入りの曲でコラボしてください!

2016年8月19日(金)〜2016年9月18日(日)
http://nana-music.com/topics/nanakoresawa/

<参加方法>
nanaアプリ内でコレサワの楽曲を演奏しハッシュタグ「#コレサワコラボ」をつけて投稿しよう。歌だけでなくギターやピアノなど楽器の演奏も対象となります。
※注意事項
・応募についてはコレサワの全楽曲が対象となります
・一人あたり複数楽曲での参加が可能です
<審査方法>
コレサワスタッフおよびコレサワ本人により審査を行います。
<特典>
■最優秀賞(1名)
コレサワとの生コラボを都内スタジオでレコーディング
■優秀賞(14組 計28名)
コレサワツアーご招待&グリーティング

【関連リンク】
コレサワ オフィシャルHP
コレサワ、3rdEP「ジエイポップ」の全貌&ツアー全箇所の対バンが明らかに
コレサワ、プロデューサーに元"ふぇのたす"のヤマモトショウを迎えた新曲「バックアップ」を発表
6月29日のOKMusic×新宿SAMURAI 『OKMusicNight』にコレサワの出演が決定!

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP

中田ヤスタカ?きゃりーぱみゅぱみゅ、超プレミアムな強力タッグのツーマンライブツアー開催決定
Fri, 19 Aug 2016 17:00:00 +0900
きゃりーぱみゅぱみゅ (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅがデビューから全楽曲をプロデュースする中田ヤスタカと2人で行う、スペシャルツーマンLIVEツアーの開催が決定した。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

音楽プロデューサーとして数々の作品を世に生み出し、クラブDJシーンにおいても常に引率し続ける中田ヤスタカと、独自の世界感で国内外問わずファンを魅了し続けるきゃりーぱみゅぱみゅ。この2人のステージが融合した新感覚のライブツアーは、11月10日にZepp Nagoya、11月11日にZepp Namba、そして11月14日にZepp DiverCityにて開催。

独自のアーティスト表現で活動を続けるきゃりーぱみゅぱみゅと、彼女の音楽プロデューサーである中田ヤスタカとだからこそ実現したこの強力タッグでの今回のライブツアーは、客席オールスタンディング。クラブシーンのような興奮になること間違いなし!

【コメント】
■中田ヤスタカ
「ツーマンライブという形は今回が初めての試みなので、今までとは少し違った新たなパフォーマンスにも是非期待していてください。僕自身もとても楽しみにしています!」

■きゃりーぱみゅぱみゅ
「デビューする前から中田ヤスタカさんの作る音楽が大好きでずっとファンでした。そんな中田さんに音楽をプロデュースしてもらい、アーティスト活動させてもらって本当に幸せです。そして今回、中田さんと一緒に新たなライブツアーができるという事で、本当に楽しみです! 今までのステージとは全然違うパフォーマンスになると思うので、みなさん是非遊びに来てください!」

■中田ヤスタカ オフィシャルHP
http://capsule-official.com/ny/
■きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
http://kyary.asobisystem.com/

■『中田ヤスタカ ? きゃりーぱみゅぱみゅ SPECIAL DJ ? LIVE ZEPP TOUR 2016』(タイトル仮)

11月10日(木) Zepp Nagoya
11月11日(金) Zepp Namba
11月14日(月) Zepp DiverCity

【関連リンク】
アソビシステムプロデュースのお祭りパーティー『THE 祭-MATSURI-』第三弾ラインナップが明らかに!
きゃりーぱみゅぱみゅ、日本工学院専門学校にてプレミアムなトークイベントを開催
『ageHa Summer 2016』のオープニングパーティーにDJ KAORI・中田ヤスタカが登場!
退屈な授業時間、本当はダメだけどこっそりイヤホンを耳に指して流してみたい曲

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ, 中田ヤスタカ
【ジャンル】
J-POP, ダンス/ハウス/テクノ

Bentham、初のワンマンライブDVD『FIRST ONEMAN LIVE DVD』の トレーラー映像公開
Fri, 19 Aug 2016 16:00:00 +0900
Bentham (okmusic UP\'s)

Benthamが9月7日にリリースする、今年4月の初ワンマンライブの模様を収めた映像作品 『FIRST ONEMAN LIVE DVD』のトレーラーを公開した。

【その他の画像】Bentham

このワンマンライブは、Benthamを支えてくれる方達に感謝の意味も込めてチケット代を無料にし、500キャパに対して応募数が5000枚を超えるほどの話題となった。

本編60分に及ぶ灼熱のライブ映像は、初のレーザー照明のグラフィカルな演出とも相まった煌びやかなライブの情景はもちろん、この日を待ち望んでいたVo.Gt.小関の感情的な熱いMCまで、熱狂も恍惚も会場の雰囲気そのままに収められている。

また、Benthamのライブではもはや恒例となった須田(Gt)のコール・アンド・レスポンス芸もノーカットで収録されており、Benthamらしいユーモラスな一面も堪能することができる。

9月からは恵比寿LIQUID ROOMを含む全国10ヶ所の「ExP」発売記念ワンマンツアーツアーを控えている。

■「FIRST ONEMAN LIVE DVD」トレーラー
https://youtu.be/E7olSiTifHk

■DVD『FIRST ONEMAN LIVE DVD』

2016年9月7日発売
KOBA-92/¥2,500+税
<収録曲>
1. After party
2. HEY!!
3. TONIGHT
4. APOLLO
5. YUMEMONOGATARI
6. スローモーション
7. ハイルーフ
8. 雨と街
9.アイマイミーマイン
10. 手の鳴る方へ
11. パブリック
12. サテライト
13. アナログマン

【関連リンク】
Bentham、初ワンマンライヴのDVDビジュアルと収録内容を解禁
Bentham、人気青文字系モデル・村田倫子が出演する「僕から君へ」MV公開
Bentham、新曲「サテライト」MV公開
Shout it Out、先輩バンドに挑む2マンツアーを東名阪で開催

【関連アーティスト】
Bentham
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1