歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年08月19日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/08/28
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
Ken主宰イベント『PARTY ZOO』Zepp DiverCity Tokyo公演セッションの詳細を発表
Fri, 19 Aug 2016 20:00:00 +0900
『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』 (okmusic UP\'s)

Ken(L\'Arc〜en〜Ciel)が自ら声をかけた仲間たちが集結するライヴイベント『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』。5日連続セッション解禁の4日目は、10月2日のZepp DiverCity Tokyo公演のオープニングアクトと、出演者として告知されていたKen with Naughty starsの詳細が明らかになった。

【その他の画像】Ken

オープニングアクトはVALS。マオ(シド)、tatsuo、カリスマカンタローによるプロデュースのもと、ヴィジュアル系バンドとダンサーからなる“V系ダンスバンド"を育成する「イケVプロジェクト」から誕生したVALS。PARTY ZOOのオープニングアクトとして、ヴィジュアル系とダンスの融合という新しいスタイルをどう見せつけるのか? 新しい力でPARTY ZOOに乗り込んでいくVALSに要注目だ。

Kenとわんぱくなスターたちが繰り広げるセッション、Ken with Naughty starsはスペシャルゲストにASH DA HEROを迎えて、逹瑯(vo)、ASH DA HERO(vo)、Ken(Gt)、ミヤ(Gt)、圭(Gt)、Duran(Gt) 、AKi(Ba)、沙我(Ba)、Nao(Dr) and Naughty All Stars というメンバーが登場。Zepp DiverCity Tokyo公演はMUCCの逹瑯が園長となり、セッションメンバーや楽曲をセレクト。このメンバーでどんな楽曲を披露するのか? 逹瑯園長がこの仲間と奏でる音はどんなサウンドなのか?

ここでしか見ることのできない、このセッションを是非会場で体感しよう。明日は最終日10月9日仙台PIT公演の詳細が明らかになる。

■『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』

9月11日(日) 名古屋ダイアモンドホール
出演:AKi, BAROQUE, gibkiy gibkiy gibkiy, MUCC, Ken with Naughty stars
9月18日(日) 豊洲PIT
出演:A9, AKi, BAROQUE, MUCC, Ken with Naughty stars
9月25日(日) 堂島リバーフォーラム
出演:A9, BAROQUE, GUTS AND DEATH, MUCC, Ken with Naughty stars
10月02日(日) Zepp DiverCity Tokyo
出演:A9, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars
OPENING ACT:VALS
10月09日(日) 仙台PIT
出演:AKi, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars

【関連リンク】
PARTY ZOOオフィシャルHP
Ken主宰イベント「PARTY ZOO」大阪公演でカラスが復活!?
MUCC、アニメ『七つの大罪』主題歌シングル詳細解禁
ラルクKen主宰『PARTY ZOO』、豊洲PIT公演にSpecial Guest!

【関連アーティスト】
Ken, L’Arc~en~Ciel, MUCC, ASH DA HERO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

MACO、2ndアルバム『love letter』よりタイトル曲のMV公開&先行配信がスタート
Fri, 19 Aug 2016 19:00:00 +0900
「love letter」MV (okmusic UP\'s)

8月19日(金)に先行配信されるMACOの2ndアルバムのタイトル曲「love letter」のMVが完成! YouTube MACO CHANNELにてMV short versionが公開された。

【その他の画像】MACO

「大好きなのにその気持ちを口に出して言えないから、胸の中でlove letterを書き続ける」というテーマの「love letter」が、ファンタジーな世界観で映像化。全編外ロケとなったMVは、MACOとしては初の試みとなる。

MACO は森の中の郵便局で働くラブレター専門の愛のメッセンジャー。小さなカップルを演じるのは、TVやCMで活躍する伊藤優花ちゃん(5歳)と中山大煌くん(7歳)。二人の言葉にならない想いをMACOがラブレターで伝えている。

ロケ地は、千葉県のキャンプ場「ホウリーウッズ」。快晴の中、午前中より撮影がスタートした。子供大好きなMACOは小さなカップルの二人に会うと「可愛い、可愛い!」と大はしゃぎ。

控室はキャンピングカーで、全編外ロケのMV撮影が初めてのMACOは、「函館の大自然で育ったMACO的には、もう最高!気持ちいい!」と大喜びだったが、白バックのシーンは、実はこのロケ地で日が暮れてから照明を当てて撮影。夜の照明には虫がたくさん集まりリップシンク撮影しながらも、たくさんの虫がやってくるため、大自然で育ったというMACOも「キャーキャー!」と大騒ぎした。

MV完成に合わせて、本日よりYouTube MACO CHANNELにてMV short versionが公開。Short versionでは1番までの公開で、先日公開された「恋人同士」MV同様、近日中に2番も公開予定となっており、愛のメッセンジャーを演じるMACOとKIDSカップルの恋の行方が気になるところ。

そして、アルバム・リードシングル「手紙」の先行配信も、9月2日(金)からスタート。「love letter」から「手紙」へと続くMACOの描くストーリーに注目が集まる中、「love letter」「手紙」が収録されるMACOの2ndアルバム『love letter』は、9月21日(水)にCD発売される。

■「love letter」Music Video (short ver.)
https://youtu.be/AiXq_umy7b8

■アルバム『love letter』

2016年9月21日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UICV-9209/¥3,333+税
※DVD:スペシャルスタジオライブ映像他収録予定
【通常盤】(CD)
UICV-1073/¥2,800+税

【関連リンク】
MACO オフィシャルHP
MACO、アルバム・リードシングル「手紙」のアートワークを公開
MACOが切手に!?「love letter」リリックビデオ公開&先行配信も決定
MACO、六本木ヒルズでアルバム曲をサプライズ披露

【関連アーティスト】
MACO
【ジャンル】
J-POP

SMAP解散…購買活動再開でトリプルミリオン寸前? ファンが今できること【ジャニゴトまとめ Vol.19】
Fri, 19 Aug 2016 19:00:00 +0900
ジャニゴトまとめ (okmusic UP\'s)

リオオリンピック真っ只中の8月13日、SMAPが解散を発表しました。

日本を飛び越えて、世界を驚かした今回の報道。ファンの皆さんは、ショックを受けた方や未だに受け入れられない方がほとんどだと思います……。

OKMusicが運営する、“みんなで作る音楽情報サイト”MusicHubzに投稿された、ジャニーズファンの皆さんのノートを紹介する「ジャニゴトまとめ」。今回は、SMAPの解散について書かれたノートをご紹介します。どうかみなさんの想いがSMAPへ届きますように。

《ジャニゴトまとめ Vol.19 ラインナップはこちら》
◆8月14日、ジャニーズ事務所から突然の解散発表。
◆ジャニーズのメンバーもSMAP解散について言及
◆購買活動再開。私たちが今SMAPのためにできること

【その他の画像】SMAP

■8月13日深夜、ジャニーズ事務所から突然の解散発表。

冒頭でも触れた通り、8月13日深夜、ジャニーズ事務所はマスコミ宛に送ったFAXで解散を発表。FCサイトではメンバー一人ひとりのメッセージが掲載されましたが、メンバーによる会見などは予定されていないようです。5人での活動は今年の12月31日まで。解散後は全員ジャニーズ事務所に残り、ソロ活動をするとのことです。

夜中に解散報道を知ったファン、そして朝目覚めてネットニュースやテレビのワイドショーで報道を知ったファンは、あまりにもショックなニュースに一時騒然。その衝撃は他グループのファンにも広がりました。
■アイドルは永遠だと思ってた

いつまでも存在すると思っていたアイドルの、突然の解散。『自分の好きなグループが、前触れもなく明日解散してしまうかもしれない……』。誰もがそんな不安を覚えたはずです。

あいいろさんのノートにもあるように、アイドルはつい永遠の存在であるような気がしてしまうし、そうであってほしいと願わずにはいられません。

SMAPは長年、トップアーティストとしてだけでなく、お茶の間の人気者としても愛されてきました。冠番組もあれば、CMにもたくさん出演していました。そんな国民的アイドルが、まさか解散する日が来るなんて、誰も想像していなかったと思います。必ずあると信じていたコンサートに、もう二度と行くことができないなんて……。SMAPファンの皆さんの心情を思うと、かける言葉が見つかりません。

■ジャニーズもSMAP解散について言及

ワイドショーに出演するジャニーズも、SMAPの解散について続々と言及しています。

8月14日に放送された「シューイチ」では、KAT-TUNの中丸雄一くんが『悲しいです』『25年間第一線でやられたのは奇跡』とコメント。自身もメンバーの脱退を経験した身として、SMAPのメンバー全員が事務所に残ることについて『一つのコミュニティーというか、繋がりがあるのは良かったと思います』と話しました。

また8月15日には、「ZIP!」でTOKIOの山口達也くんが『12月31日までSMAPという形がある以上はSMAPを応援したいと思います』と言及。TOKIOも何度も解散の危機に立たされた経験があると話し、視聴者からは『あんなに仲のいいTOKIOでもそんなことがあるんだ…』と驚く声も。

そして同日放送された「news every.」では、NEWSの小山慶一郎くんが『個人活動になっても同じ事務所の偉大な先輩であり、夢であり、憧れであることは変わりません』とコメント。いずれもジャニーズ事務所の後輩にとって、SMAPがいかに大きな存在であるかが伝わってきました。

彼ら自身、突然の解散報道を受けたわけですから、言ってしまえば私たちと同じ状況なのです。そんななかでも、ファンを代表して素直な気持ちを言葉にしてくれる姿は本当に頼もしいですよね。

■購買活動再開。私たちが今SMAPのためにできること

以前解散報道が出た際、SMAPファンの間で「世界に一つだけの花」の購買活動が起きたのも記憶に新しいと思います。文字通り、Wミリオンとなった「世界に一つだけの花」を買って、SMAPに想いを届けようという活動です。
■12月31日 SMAP解散

今回もまた、トリプルミリオンに向けた購買活動の呼びかけが広がり、再びランキング上位にランクインしているという話も聞きました。もちろん、“買わないことが悪”ではありません。それぞれに応援の仕方があるでしょうから、みなさんも思いおもいのやり方で、SMAPへの想いを届けましょう。

■12月31日の解散まで

残念ながら、どんなに願っても、12月31日のSMAPの解散はやってきます。ありきたりな言葉になってしまいますが、SMAPが残してくれた楽曲やコンサートの思い出は、一生残るはずです。彼らとの思い出を決して悲しいものにしないでください。解散前に一度でも彼らが揃って姿を見せてくれることを信じて、彼らの活動を見守りましょう。

SMAPへの想いは、ぜひMusicHubzへ投稿してください。投稿されたノートは、こちらの「ジャニゴトまとめ」やジャニゴトまとめ公式ツイッターアカウントで紹介させていただきます。CDの感想やコンサートの思い出などを全国のファンと共有しませんか?
■「MusicHubz」にノートを投稿してアーティストを応援!

<ジャニゴトまとめの公式Twitterアカウントが登場しました>
現在Twitterでは、コラムの更新情報やMusicHubzに投稿されたジャニゴトノートをご紹介しています。ジャニーズが好きな方はぜひフォローしてくださいね。

【関連リンク】
■ジャニゴトまとめ 公式Twitter(@JohnnygotoM)

【関連アーティスト】
SMAP
【ジャンル】


超特急、憧れの夢の舞台・大阪城ホールで開催される『MBS音祭』に出演決定
Fri, 19 Aug 2016 18:00:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

超特急が10月08日(土)に大阪城ホールで開催される『MBS音祭』に出演することが発表された。

【その他の画像】超特急

開局65周年記念スペシャルとなる本イベントにはE-girls、きゃりーぱみゅぱみゅ、ゴールデンボンバー、スキマスイッチ、T.M.Revolutionなど豪華出演者が揃う。

関西出身のバックボーカルのコーイチは「関西組のバックボーカル2人にとっては大阪城ホールは夢の舞台、全力で盛り上げます!」、タカシは「音祭を通して超特急と言うジャンルを関西のみなさんに届けれるように突っ走っていきます!」と、イベントに向けて意気込んでいる。

【メンバーコメント】
■1号車 コーイチ
「遂に念願の音祭り出演です!! 関西組のバックボーカル2人にとっては、大阪城ホールは夢の舞台。そんな場所で、素敵なアーティストのみなさんと奏でる音は素晴らしいものだと今から楽しみです。全力で盛り上げます!」

■7号車 タカシ
「音祭を通して超特急と言うジャンルを関西のみなさんに届けれるように突っ走っていきます!!!!!!!! 」

■『MBS音祭 開局65周年記念スペシャル supported by uP!!!』

10月08日(土) 大阪城ホール
開場開演:開場: 15:00 / 開演: 16:00
出演:超特急 / E-girls / きゃりーぱみゅぱみゅ / ゴールデンボンバー / スキマスイッチ / T.M.Revolution

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、2ndアルバムのタイトルと動物モチーフの新ビジュアルを解禁
超特急、ハロウィンライブでオリラジとスペシャルコラボ!?
超特急、LINE特番放送のゲストに永野の出演が決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

クイーンをイギリスの国民的ロックスターへと押し上げた、ロック史に残る名盤『オペラ座の夜』
Fri, 19 Aug 2016 18:00:00 +0900
Queen『A Night at the Opera』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

クラシック音楽の影響を感じさせるブリティッシュロッカーは少なくない。しかし、オペラのメロディーや複雑なコーラスワークを取り入れながらも、キャッチーなサウンドを提示したグループはクイーンしかいない。デビュー当初はどの国よりも日本での人気が高かったが、本作『オペラ座の夜(原題:A Night at the Opera)』で見事に全英1位を獲得、世界的なロックバンドとして認知されることになる。今では70年代のブリティッシュロックを代表するアルバムの一枚として、ロック史に刻まれている。

■70年代初頭に起こったグラムロックのブーム

70年代初頭、ど派手なメイクとエキセントリックな衣装に身を包んだ、デビッド・ボウイやマーク・ボラン(Tレックス)などの一群のミュージシャンたちが登場した。彼らはグラムロック(1)やグリッターロックと呼ばれ、個々の音楽性はまったく異なっていたものの、外見に共通性があったために同類として扱われたようだ。彼らが手本にしたのは、すでに世界的な人気があったアメリカ人ミュージシャンのアリス・クーパーであろう。僕が中学生の頃、アリス・クーパーのLP『スクールズ・アウト』(‘72)では、レコード盤が紙製のパンティに包まれていた。何にも知らず、買って帰って開封した時の驚きは、今でもはっきり覚えている。

他にも、モット・ザ・フープル、ロキシー・ミュージック、ニューヨーク・ドールズなど、グラムロッカーが次々と現れ、グラムロックのブームは3〜4年の間ではあったが、確実に世界的な市民権を得た時期があったのである。

70年代中期、パンクロックが登場してからは急速に廃れていったグラムロックだが、80年代に入ってから復活の兆しが見られ、海外ではアダム・アント、ニナ・ハーゲン、ボーイ・ジョージらに引き継がれ、日本においてはビジュアル系ロックとして独自の進化を遂げることになった。

■クイーンのデビュー

グラムロック全盛期に、アルバム『戦慄の王女(原題:Queen)』(‘73)でデビューしたのがクイーンであった。当時は音楽雑誌の『ミュージックライフ』にグラビアがしょっちゅう掲載され、“ハンサム揃いの正統派ハードロッカー”みたいなコピーで紹介されていたから、新しいグラムロックのミュージシャンとして聴いていたリスナーが少なくなかった。先ほども述べたように、グラムロックという呼び名は音楽性ではなく、衣装や化粧による同類性によるものであるので、メンバーのフレディ・マーキュリーの醸し出すグラマラスな雰囲気から、グラムロッカーとみられることも不思議ではなかったのである。

アイドル的な売り出し方というのもあって、本国よりも最初に大きな人気が出たのは日本やアメリカであった。特に日本での人気は爆発的であったと僕は記憶しているが、2枚目の『クイーン II』(‘74)までは、独特の多声コーラスや練り上げられた楽曲群の魅力は感じられるものの、個人的にはレッド・ツェッペリンを範とするブリティッシュハードロック・グループのひとつに過ぎなかったという気もする(ファンの方、すみません)。

■クイーンの魅力

クイーンの魅力と言えば、キャッチーなメロディーとドラマチックなストーリ性を持ったブライアン・メイのメタリックなギターワークに尽きると思う。どんなに複雑な構成であっても、楽曲をすっきりと分かりやすくまとめる技術がある。そういう意味ではハードロック+ポップスグループ的な要素も併せ持っているのだが、そこにメイのギターが加わることで確かなロックフィールを感じる。もちろん、“グラマラス”なフレディ・マーキュリーの存在は大きく、ミック・ジャガーやロバート・プラントなどに代表されるブリティッシュロック界独特のカリスマ性がある。

これらのクイーン独特の音楽性が爆発したのが、続く3rd『シアー・ハート・アタック』(‘74)である。このアルバムの完成度は高く、今回紹介する4th『オペラ座の夜』(’75)と甲乙付け難い出来栄えになっている。

■クイーンの個性を確立した「キラー・クイーン」

『シアー・ハート・アタック』に収録された大ヒット曲「キラー・クイーン」は、フレディ・マーキュリーのソングライターとしての才能、そしてブライアン・メイのメタリックでドラマチックなギターワーク、完成された多重コーラス録音など、グループとしてのオリジナリティーが存分に発揮された秀逸なナンバーとなった。果たして新作でこの曲を超える楽曲が収録できるのか、チャートで全英2位まで上がった前作のレベルを維持できるのか…このあたりがクイーンの将来を左右するほどの課題であった。

■本作『オペラ座の夜』について

そして75年、クイーンの4th『オペラ座の夜』がリリースされた。蓋を開けてみれば、内容は圧倒的な充実度とキャッチーさがあり、前作をしのぐ勢いでチャートを急上昇、気付けば初の全英1位に躍り出ていたのである。加えて「キラー・クイーン」以上の完成度を誇る楽曲「ボヘミアン・ラプソディ」(2)を収録、この曲は全英シングルチャートでは9週間にわたって1位を独走、アメリカでも初のミリオンセラーヒットとなった。

本作に収録された楽曲群は、ブリティッシュハードロックにとどまらず、オペラのロック仕様(「ボヘミアン・ラプソディ」)を軸に、ポップスやジャズ、そしてフォークロック的な作品などを混じえ、クイーンのファン層を大幅に広げる結果となった。本作の成功は1stと2ndが好きなファンを裏切ることになったかもしれないが、世界を舞台に活躍する大グループとなるためには避けて通れない必要不可欠な変革でもあった。

本作『オペラ座の夜』を聴いたことのないブリティッシュロック・ファンが存在するかどうかは分からないが、まだ未体験の人がいるなら、ぜひ聴いてみてほしい。

■『オペラ座の夜』以降の活動

本作リリース以降、クイーンは大ヒットアルバムを連発する。パンクロック旋風が吹き荒れた70年代中期以降も売れ続け、磨きをかけたポップロック路線で突き進むことになる。「伝説のチャンピオン」や「ウイ・ウィル・ロック・ユー」などの大ヒットを継続してリリース、その勢いで80年代中頃までは順風満帆の活動を行なっている。その後、メンバー同士の確執などがあり、クイーンとしての活動は激減、91年にフレディ・マーキュリーがエイズによって死去、オリジナルメンバーでの活動はできなくなった。

■31年振りの来日公演

今年の9月、日本武道館で3日間にわたって31年振りの日本公演が予定されている。故フレディ・マーキュリー生誕70年、没後25年という節目の年だけに、熱いライヴが繰り広げられるのは間違いないだろう。オリジナルメンバーはブライアン・メイとロジャー・テイラーだけであるが、ファンにとって嬉しい来日であることは間違いない。

(1) グラムロック
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%A9%E3%83%A0%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

(2) ボヘミアン・ラプソディ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%98%E3%83%9F%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%A9%E3%83%97%E3%82%BD%E3%83%87%E3%82%A3

【関連アーティスト】
Queen
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、ドラマ「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」のEDテーマをカバー
Fri, 19 Aug 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

さて今回の一曲はケツメイシの「カラーバリエーション」
「グ・ラ・メ!〜総理の料理番〜」の主題歌です。
ケツメイシの曲は私の歌とはかけ離れていてどのように歌うか少し悩んだのですが、私なりに歌ってみました。
何たって歌詞が好きなんです。
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=l7awRH3F4-w

このコラムを書いている私、この瞬間実は那須高原にあるオートキャンプに来ているんです。
今この夜の時間、かなりの雨が降り出していて、そんな中ロッジで雨の音を聞きながら一人コラムを書いている訳です。
…キャンプ場来てまでパソコン!!笑
でもね、凄く静かな場所なので集中出来るし意外と落ち着くんですよね。
のんびりと過ごしております。
キャンプでテント張ったりとか、いつぶりだろうか?覚えていないくらい久々である。
夜にはBBQして、近くの温泉施設行って入って、その後帰って来てからはみんなで遊んだり恋バナしたり…
滅多に出来る事ではないので凄く楽しいしずっとわくわくしている。
というか友達とやるのは初めてのなので凄く面白い。

ここへ来るまでに「那須に入ってからは電波飛ばすものは使用NG」というルールが勝手に決められていた。笑
(…ただこのコラムを書く事に関してだけはちゃんと許可を頂きました。笑)

ただね、そんなルールを決めなくてもこの日はほとんど誰も携帯をいじっていない。
全然要らなかったんですよね。
都会に住んでいたら本当にひっきりなしに触っているのに。
今までどれだけ電波に支配されていたのかが分かった瞬間。面白いものです。

普段都会にいてなかなか出来ない事やらない事をやるのって凄く大事。
人と過ごす事の楽しさや新しい発見が沢山あるから。
大切な事に気付けるから。
のんびり生きる時間があるって凄く幸せだ。

とりあえずね、今一番したい事。
…早くみんながいるテントの中に合流して寝袋に包まりたい!!笑
やっぱり一人でロッジにいるのは寂しい!
という事でそろそろみんなの所へ戻りたいと思います。笑
明日もきっと雨。
何も出来ないかもしれないけれど、じゃあ何をするかをその時その時で決める、それも旅の醍醐味。
みんなと色んな話をして、色んな体験をして、色んな思い出を作って。
それがまたきっと新しい言葉とメロディーを浮かばせてくれる。
そんな日々がありがたい。
人生はどんな時も楽しんで生きたいし生きるべきだ。
それが人生だ。

さぁ、明日からも楽しむぞ。

【関連アーティスト】
ケツメイシ, 稚菜
【ジャンル】


コレサワ、音楽SNSアプリ「nana」とのコラボコンテストを開催! 最優秀賞は生コラボレコーディング!
Fri, 19 Aug 2016 17:30:00 +0900
 『nana x コレサワ「バックアップ」コラボコンテスト』 (okmusic UP\'s)

コレサワが8月19日(金)より、音楽SNSアプリ「nana」で『コレサワ「バックアップ」コラボコンテスト』を開催。音源審査にはコレサワ本人も参加し、最優秀賞は都内スタジオでのコレサワとの生コラボをレコーディングすることが出来る。

【その他の画像】コレサワ

3rd E.P.「ジエイポップ」の発売を記念して開催される今企画は、今年1月20日より開催され大きな話題となったコラボコンテスト「コレサワとコラボしよう!」に続き、今回で第二弾となる「nana」コラボ企画。

nanaはユーザー同士が音楽でコラボレーションできる投稿型スマホアプリ。コンテスト参加方法はnanaアプリにてコレサワの楽曲にハッシュタグ「#コレサワコラボ」をつけて歌や伴奏を投稿するというもの。コレサワ本人の演奏や歌唱に合わせ、簡単に"夢のコラボ"を実現することが可能。

nanaユーザーに親しまれている「たばこ」、「あたしを彼女にしたいなら」、「君のバンド」、「笑えよ乙女」に加え、新曲「バックアップ」、「J-POP」、「ショートカットに憧れて」のコレサワ本人による弾き語り音源と、あわせて伴奏トラックが投稿される。

音源審査にはコレサワ本人も参加し、最優秀賞は都内スタジオでのコレサワとの生コラボをレコーディング。さらに優秀賞受賞者は10月より開催される全国ツアー「J-POPしか歌えないっツアー」にご招待。(14組 計28名) コレサワ本人へのグリーティングも用意されている。

■音楽SNSアプリ「nana」公式サイト
http://nana-music.com/

■『nana x コレサワ「バックアップ」コラボコンテスト』

「バックアップ」コラボコンテストに参加して、この夏の思い出をバックアップ!コレサワの演奏する新曲「バックアップ」の音源にあなたの歌声・演奏を乗せてコラボしよう!  替え歌ももちろんOK。伴奏も審査の対象になります!! nanaユーザーのコレサワ本人が、あなたの投稿にコラボしてくるかも!? お気に入りの曲でコラボしてください!

2016年8月19日(金)〜2016年9月18日(日)
http://nana-music.com/topics/nanakoresawa/

<参加方法>
nanaアプリ内でコレサワの楽曲を演奏しハッシュタグ「#コレサワコラボ」をつけて投稿しよう。歌だけでなくギターやピアノなど楽器の演奏も対象となります。
※注意事項
・応募についてはコレサワの全楽曲が対象となります
・一人あたり複数楽曲での参加が可能です
<審査方法>
コレサワスタッフおよびコレサワ本人により審査を行います。
<特典>
■最優秀賞(1名)
コレサワとの生コラボを都内スタジオでレコーディング
■優秀賞(14組 計28名)
コレサワツアーご招待&グリーティング

【関連リンク】
コレサワ オフィシャルHP
コレサワ、3rdEP「ジエイポップ」の全貌&ツアー全箇所の対バンが明らかに
コレサワ、プロデューサーに元"ふぇのたす"のヤマモトショウを迎えた新曲「バックアップ」を発表
6月29日のOKMusic×新宿SAMURAI 『OKMusicNight』にコレサワの出演が決定!

【関連アーティスト】
コレサワ
【ジャンル】
J-POP

中田ヤスタカ?きゃりーぱみゅぱみゅ、超プレミアムな強力タッグのツーマンライブツアー開催決定
Fri, 19 Aug 2016 17:00:00 +0900
きゃりーぱみゅぱみゅ (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅがデビューから全楽曲をプロデュースする中田ヤスタカと2人で行う、スペシャルツーマンLIVEツアーの開催が決定した。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

音楽プロデューサーとして数々の作品を世に生み出し、クラブDJシーンにおいても常に引率し続ける中田ヤスタカと、独自の世界感で国内外問わずファンを魅了し続けるきゃりーぱみゅぱみゅ。この2人のステージが融合した新感覚のライブツアーは、11月10日にZepp Nagoya、11月11日にZepp Namba、そして11月14日にZepp DiverCityにて開催。

独自のアーティスト表現で活動を続けるきゃりーぱみゅぱみゅと、彼女の音楽プロデューサーである中田ヤスタカとだからこそ実現したこの強力タッグでの今回のライブツアーは、客席オールスタンディング。クラブシーンのような興奮になること間違いなし!

【コメント】
■中田ヤスタカ
「ツーマンライブという形は今回が初めての試みなので、今までとは少し違った新たなパフォーマンスにも是非期待していてください。僕自身もとても楽しみにしています!」

■きゃりーぱみゅぱみゅ
「デビューする前から中田ヤスタカさんの作る音楽が大好きでずっとファンでした。そんな中田さんに音楽をプロデュースしてもらい、アーティスト活動させてもらって本当に幸せです。そして今回、中田さんと一緒に新たなライブツアーができるという事で、本当に楽しみです! 今までのステージとは全然違うパフォーマンスになると思うので、みなさん是非遊びに来てください!」

■中田ヤスタカ オフィシャルHP
http://capsule-official.com/ny/
■きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
http://kyary.asobisystem.com/

■『中田ヤスタカ ? きゃりーぱみゅぱみゅ SPECIAL DJ ? LIVE ZEPP TOUR 2016』(タイトル仮)

11月10日(木) Zepp Nagoya
11月11日(金) Zepp Namba
11月14日(月) Zepp DiverCity

【関連リンク】
アソビシステムプロデュースのお祭りパーティー『THE 祭-MATSURI-』第三弾ラインナップが明らかに!
きゃりーぱみゅぱみゅ、日本工学院専門学校にてプレミアムなトークイベントを開催
『ageHa Summer 2016』のオープニングパーティーにDJ KAORI・中田ヤスタカが登場!
退屈な授業時間、本当はダメだけどこっそりイヤホンを耳に指して流してみたい曲

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ, 中田ヤスタカ
【ジャンル】
J-POP, ダンス/ハウス/テクノ

Bentham、初のワンマンライブDVD『FIRST ONEMAN LIVE DVD』の トレーラー映像公開
Fri, 19 Aug 2016 16:00:00 +0900
Bentham (okmusic UP\'s)

Benthamが9月7日にリリースする、今年4月の初ワンマンライブの模様を収めた映像作品 『FIRST ONEMAN LIVE DVD』のトレーラーを公開した。

【その他の画像】Bentham

このワンマンライブは、Benthamを支えてくれる方達に感謝の意味も込めてチケット代を無料にし、500キャパに対して応募数が5000枚を超えるほどの話題となった。

本編60分に及ぶ灼熱のライブ映像は、初のレーザー照明のグラフィカルな演出とも相まった煌びやかなライブの情景はもちろん、この日を待ち望んでいたVo.Gt.小関の感情的な熱いMCまで、熱狂も恍惚も会場の雰囲気そのままに収められている。

また、Benthamのライブではもはや恒例となった須田(Gt)のコール・アンド・レスポンス芸もノーカットで収録されており、Benthamらしいユーモラスな一面も堪能することができる。

9月からは恵比寿LIQUID ROOMを含む全国10ヶ所の「ExP」発売記念ワンマンツアーツアーを控えている。

■「FIRST ONEMAN LIVE DVD」トレーラー
https://youtu.be/E7olSiTifHk

■DVD『FIRST ONEMAN LIVE DVD』

2016年9月7日発売
KOBA-92/¥2,500+税
<収録曲>
1. After party
2. HEY!!
3. TONIGHT
4. APOLLO
5. YUMEMONOGATARI
6. スローモーション
7. ハイルーフ
8. 雨と街
9.アイマイミーマイン
10. 手の鳴る方へ
11. パブリック
12. サテライト
13. アナログマン

【関連リンク】
Bentham、初ワンマンライヴのDVDビジュアルと収録内容を解禁
Bentham、人気青文字系モデル・村田倫子が出演する「僕から君へ」MV公開
Bentham、新曲「サテライト」MV公開
Shout it Out、先輩バンドに挑む2マンツアーを東名阪で開催

【関連アーティスト】
Bentham
【ジャンル】
ジャパニーズロック

AWA「2016年7月の月間楽曲再生回数ランキング」に三代目 J Soul Brothers、西野カナらがランクイン
Fri, 19 Aug 2016 15:00:00 +0900


音楽配信サービスAWAにおける、「2016年7月の月間楽曲再生回数ランキング」が発表された。

【その他の画像】西野カナ

今回発表されたランキングでは、三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBEの「MUGEN ROAD」(2016年6月15日リリース)が1位を獲得。映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の劇中歌でもある同楽曲は、物語の始まりを感じさせる重厚かつ疾走感あるナンバーで人気を集めている。

次ぐ2位には、西野カナの「トリセツ」がランクイン。同楽曲は、「2016年6月の月間楽曲再生回数ランキング」でも1位を獲得しており、西野カナの根強い人気が伺える。また、Ariana Grandeの「Break Free」が前月から順位をあげトップ3にランクイン。2016年6月中旬に発表されたAriana Grande来日のニュースを受けて、直近2ヶ月間でAWAにてユーザーが作成する多くのプレイリストにAriana Grandeの楽曲が選ばれており、急激に再生回数を伸ばしている。同アーティストの来日決定をプレイリストの作成や再生を通して、たくさんのユーザーが歓迎する様子が伺える。

AWAは今回紹介した楽曲以外にも、日々配信楽曲数を拡大している。今後の機能拡大にもぜひ注目してほしい。

【関連リンク】
AWA オフィシャルHP
西野カナ、“夏”と“海”をテーマにした楽しい演出がいっぱいの全国アリーナツアーがスタート
AWA「2016年6月の月間楽曲再生回数ランキング」に西野カナ・Flowerがランクイン!
西野カナがニューアルバム収録曲「Have a nice day」のVideo Clipを公開

【関連アーティスト】
西野カナ, 三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE, Ariana Grande
【ジャンル】
J-POP, 音楽配信

小室哲哉×大森靖子、「SEPT PREMIERES 」by Kenzo TakadaのCMソングで初のコラボレーション
Fri, 19 Aug 2016 15:00:00 +0900
8月18日@「SEPT PREMIERES 」by Kenzo Takada記者発表会 (okmusic UP\'s)

8月18日にアンダーズ東京にて行われたファッションブランド「SEPT PREMIERES 」by Kenzo Takada記者発表会にて、小室哲哉が大森靖子との初コラボレーションとなるCMイメージソング「r?ver」を披露した。

【その他の画像】小室哲哉

今回の楽曲は小室哲哉の指名もあり、大森靖子がゲストボーカル勤め、初のコラボレーションが実現。今回の楽曲に対し小室は、「彼女(大森靖子)もavex所属ですが、avexとしては珍しいタイプのアーテイスト。声質も独特な感じで今回の楽曲には合うと思いました。ファッションブランドのCMということもあって、ファッションに繋がるようなアーティストを考えて彼女を起用しました」とコメントを寄せている。

さらに兼ねてから小室哲哉のファンでもあった大森は、今回のコラボレーションに対し、「憧れの小室さんから今回の件をお声がけいただいて、とても嬉しいです。(小室さんと)同じステージでの歌唱も至福の時でした」と喜びのコメントをした。

本楽曲は8月19日よりテレビCMがOA。リリースはまだ未定だが、HPでは視聴可能なのでまずはこちらをチェックしよう。

■「SEPT PREMIERES」by Kenzo Takada HP
http://www.sogo-seibu.co.jp/septpremieres/kenzotakada/top.html
■小室哲哉 オフィシャルHP
http://avexnet.or.jp/tk/index.html
■大森靖子 オフィシャルHP
http://oomoriseiko.info/

【関連リンク】
夏の魔物、1stアルバムにHISASHI(GLAY)、杉田智和、大森靖子ら豪華参加陣が集結
大森靖子、新曲「ピンクメトセラ」MV公開&ニコ生の配信が決定
小室哲哉MCの音楽番組「TK MUSIC FRESH! by AWA」でSCANDALと初共演!
封切り間近!映画×音楽の祭典『MOOSIC LAB』を振り返る

【関連アーティスト】
小室哲哉, 大森靖子
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM), イベント

Charisma.com、AbemaTVにて『「Charisma.company 生ホウレンソウ」〜番組中に1曲作ります!!〜』生放送決定
Fri, 19 Aug 2016 14:00:00 +0900
『「Charisma.company 生ホウレンソウ」〜番組中に1曲作ります!!〜』 (okmusic UP\'s)

Charisma.comがインターネットテレビ局・AbemaTVにて特別番組企画として『「Charisma.company 生ホウレンソウ」〜番組中に1曲作ります!!〜』を、8月21日(日)夜8時から夜10時まで生放送することが決定した。

【その他の画像】Charisma.com

この番組はCharisma.com のMCいつかとDJゴンチが、2人ならではの発想や視聴者から寄せられるコメントをもとに曲の歌詞を書いてみたり、よりパフォーマンスを高めるべく視聴者からのお悩み相談に乗ったりと、普段クールな2人がド直球のバラエティー企画に挑戦するというミュージックドキュメントバラエティとなっている。

また、彼女たちをもっとカリスマにするべく、コカドケンタロウさん(ロッチ)とオジンオズボーンの2人が芸能界の先輩としてバラエティー要素を注入する。

また、Charisma.comが2016年11月22日(火)に渋谷WWW-Xにて、ワンマンライブを開催することも併せて発表した。

■AbemaTV オフィシャルHP
https://abema.tv/

(C)AbemaTV

■AbemaTV『「Charisma.company 生ホウレンソウ」〜番組中に1曲作ります!!〜』

8月21日(日) 夜8時〜夜10時
出演:MCいつか(Charisma.com)、DJゴンチ(Charisma.com)、コカドケンタロウ(ロッチ)、オジンオズボーン
https://abema.tv/channels/abema-special/slots/8WfCcgiiNAudwd

■Chairsma.comワンマンライブ

11月22日(火) 渋谷 WWW-X
開場:18:30/開演19:30

【関連リンク】
Charisma.com オフィシャルHP
TVアニメ「少年アシベGO!GO!ゴマちゃん」主題歌CDに、ゴマちゃんの「キュー〜ッ」が聞けるキーホルダー
日本工学院専門学校主催『Summer tunes 2016』にCharisma.com、モノブライト、三戸なつめが出演
日本工学院が赤坂BLITZで恒例のサマーライブを開催

【関連アーティスト】
Charisma.com
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

FLOW、秋の全国ツアー公式ロゴデザイン解禁&前ツアーファイナルの模様のニコ生再放送も決定
Fri, 19 Aug 2016 13:00:00 +0900
「FLOW LIMITED CIRUIT 2016」フライヤー (okmusic UP\'s)

FLOWの9月10日(土)からスタートする全国ツアー『FLOW LIMITED CIRUIT 2016』公式ロゴが解禁された。

【その他の画像】FLOW

本ツアーは8月24日発売のダブルAサイドシングル「風ノ唄/BURN」をひっさげ、「風ノ陣」「炎ノ陣」「中南米ノ陣」、そしてファイナルは大晦日のカウントダウンライブ「刻ノ陣」と題して4つの異なるタームで開催される。

ツアー公式ロゴは2羽の鳥をモチーフとし、各タームの内容を彷彿とさせるデザインとなっている。カウントダウンライブ「刻ノ陣」は円形ステージでのライブになることを告知しており、いつもと一味違う一夜となりそうだ。

さらに、ダブルAサイドシングル「風ノ唄/BURN」の発売を記念し、今年3月にニコニコ生放送で生中継されたFLOW LIVE TOUR 2016「#10」@Zepp Tokyoでのライブの模様が8月25日(木)に再放送されることも決定。番組内では最新曲「風ノ唄」「BURN」MVのフルサイズもオンエアされる予定だ。

■「風ノ唄」MV(Short Ver.)
https://youtu.be/kYU7KJLIm5s 

■「BURN」MV(Short Ver.)
https://youtu.be/KDPQseUgtWQ

■【ライブ情報】

『FLOW LIMITED CIRCUIT 2016 「風ノ陣」』
9月10日(土) 仙台CLUB JUNK BOX
9月11日(日) F.A.D YOKOHAMA
9月16日(金) 浜松・窓枠
9月19日(月・祝) 高知X-pt.
9月20日(火) 大阪BIGCAT
9月22日(木・祝) 松江canova
9月24日(土) 福岡DRUM Be-1
10月01日(土) 北見Onion Holl
10月02日(日) 札幌ペニーレーン24

『FLOW LIMITED CIRCUIT 2016 「炎ノ陣」』
11月03日(木・祝) 広島セカンド・クラッチ
11月05日(土) 熊本Django
11月06日(日) 鹿児島SR HALL
11月18日(金) 名古屋CLUB QUATTRO
11月20日(日) 富山MAIRO
11月22日(火) 高松DIME
11月23日(水・祝) 奈良ネバーランド
11月26日(土) 盛岡Club ChangeWave

『FLOW LIMITED CIRCUIT 2016 「中南米ノ陣」』
12月開催 メキシコ、ブラジル、ペルー、アルゼンチン
※詳細後日発表・全4ヶ国単独公演

『FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017「刻ノ陣」〜ディファ年明けシーズン3〜』
12月31日(土) ディファ有明 

<チケット>
オフィシャルチケット先行:8月19日(金)13:00〜8月28日(日)23:59
プレミアムスタンディングエリア:¥5,400(税込/ドリンク代別途)
※オリジナルグッズ付き
スタンディングエリア:¥4,900(税込/ドリンク代別途)
指定席:¥4,900(税込/ドリンク代別途)
http://l-tike.com/hp-flow/

■ニコニコ生放送『「風ノ唄/BURN」発売記念 FLOW LIVE TOUR 2016「#10」ファイナル独占生中継』(再放送)

8月25日(木) 開場:19:50 開演:20:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv272811701
※どなたでも無料でご覧いただけます。番組後半はプレミアム会員の方のみご視聴いただけますのでご注意ください。

■シングル「風ノ唄/BURN」

2016年8月24日発売
【通常盤】(CD)
KSCL-2761/¥1,000+税
<収録曲>
1.風ノ唄
2.BURN
3.風ノ唄 -Instrumental-
4.BURN -Instrumental-

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2759 〜 KSCL-2760/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.風ノ唄
2.BURN
3.風ノ唄 -Instrumental-
4.BURN -Instrumental-
■DVD
・「風ノ唄」 Music Video
・「BURN」 Music Video
・「風ノ唄」 / 「BURN」 Music Video メイキング集

【期間生産限定盤(アニメ盤)】(CD+DVD)
KSCL-2762 〜 KSCL-2763/¥1,500+税
※デジパック仕様
<収録曲>
■CD
1.風ノ唄
2.BURN
3.風ノ唄 -TV Size-
4.BURN -Game Size-
5.風ノ唄 -TV Size Inst.-
6.BURN -Game Size Inst.-
■DVD
・「風ノ唄」 Music Video / 「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」ver.
・「BURN」 Music Video / 「テイルズ オブ ベルセリア」ver.

◎「風ノ唄 -TV Size-」 配信中
・iTunes
https://goo.gl/vOex5T  
・レコチョク
http://recochoku.com/s0/kazenouta-tvsize/ 
・mora:
http://mora.jp/package/43000001/4560429743286/

【関連リンク】
FLOW オフィシャルHP
FLOW、ダブルタイアップシングル2曲のMV解禁で新体操リボンに初挑戦!?
FLOW、シングル「風ノ唄/BURN」からMVのメイキング映像を公開
FLOW、『テイルズ オブ フェスティバル 2016』にて「風ノ唄/BURN」を初披露

【関連アーティスト】
FLOW
【ジャンル】
ジャパニーズロック

coldrain、国内外熱狂のライブダイジェスト映像を公開
Fri, 19 Aug 2016 12:30:00 +0900
coldrain (okmusic UP\'s)

実に40本以上にもおよぶアメリカ最大級の長期ツアー「Vans Warped Tour」から帰国を遂げたばかりのcoldrain。そんな彼らの約7年ぶりのニューシングル「VENAII」がいよいよ8月17日にリリースとなった。

【その他の画像】coldrain

帰国からわずか2日で発売を迎えるという、異例のスケジュール感で産声をあげた本作の発売を記念し、8月16日、そして8月17日と2日連続で新たなライブダイジェスト映像が公開された。なお本作の映像ディレクションは盟友・INNI VISIONが手がけている。

ます店着日である昨夜公開されたのは、Warped Tour現地の模様を凝縮した視聴トレーラー。会場の独特な空気感や観客のリアルな熱量、何より日本が誇るべきロックバンドとして世界フィールドで堂々活躍するcoldrainのライブを追体験することができる内容だ。

そして、8月17日に公開されたのは「VENAII」初回盤の映像本編にフル収録される今年1月にZepp Tokyoで開催された「VENA JAPAN TOUR LIVE IN TOKYO」全26曲の中から、会場の熱狂をそのままに詰め込んだライブダイジェストトレーラーだ。百聞は一見に如かず、どちらもさっそくご覧いただきたい。

coldrainにとって久々のニューシングルとなる「VENAII」は、昨年10月に全世界同時リリースされたフルアルバム「VENA」の世界観を踏襲した新曲2曲に加え、「VENA」収録曲よりAcoustic Version2曲も新たに収録されたファン垂涎の必殺盤。初回盤特典の映像の魅力もさることながら、本作の購入者特典としてはTOWER RECORDSをはじめとする各CDショップでは先着でアー写デザインのオリジナル・B2ポスターがプレゼントされる。一部対象外のショップもあるため、ぜひお近くのショップへ早めにお問い合わせを。

■「Warped Tour Live」トレーラー
https://youtu.be/AaMLCbtJJVU

■ライブトレーラー
https://youtu.be/SHieO80Snvs

■シングル「VENAII」

2016年8月17日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VPCC-82661/¥3,519+税
【通常盤】(CDのみ)
VPCC-82341/¥1,111+税
<収録曲>
■CD
01.BORN TO BLEED
02.UNDERTOW
03.GONE(ACOUSTIC)
04.THE STORY(ACOUSTIC)
■DVD ※初回限定盤のみ
「VENA JAPAN TOUR LIVE IN TOKYO」
01.VENA
02.WRONG
03.Evolve
04.To Be Alive
05.DIVINE
06.Time Bomb
07.WORDS OF THE YOUTH
08.No Escape
09.FIRE IN THE SKY
10.Inside Of Me
11.HEART OF THE YOUNG
12.The War Is On
13.PRETTY LITTLE LIAR
14.Adrenaline
15.WHOLE
16.Confession
17.NEVER LOOK AWAY
18.24-7
19.Die tomorrow
20.GONE
21.Aware and Awake
22.RUNAWAY
23.The Revelation
24.THE STORY
25.Six Feet Under
26.Final Destination

◎購入者特典
・TOWER RECORDS
TOWER RECORDSオリジナル・B2ポスター
・TSUTAYA RECORDS
オリジナル・B2ポスター&SETLIST ELECTION TOUR 2016 ご招待応募ハガキ
・その他CDショップ共通特典
オリジナル・B2ポスター
※TSUTAYA RECORDSとその他CDショップのオリジナル・B2ポスターは同柄となります。

■「原点回帰全国ツアー」

8月23日(火) 千葉 千葉LOOK
8月24日(水) 神奈川 FAD YOKOHAMA
8月30日(火) 埼玉 HEAVEN‘S ROCK VJ-3
9月01日(木) 新潟 GOLDEN PIGS RED
9月02日(金) 長野 松本 Sound Hall a.C
9月06日(火) 富山 SOUL POWER
9月07日(水) 石川 金沢vanvan V4
9月09日(金) 香川 高松DIME
9月12日(月) 広島 セカンド・クラッチ
9月14日(水) 福岡 Queblic
9月15日(木) 長崎 STUDIO DO!
9月17日(土) 福岡 北九州 小倉WOW!
9月19日(月) 宮崎 SR-BOX
9月21日(水) 高知 X-pt
9月22日(木) 京都 KYOTO MUSE
9月23日(金) 兵庫 神戸 太陽と虎
10月03日(月) 宮城 仙台 MACANA
10月05日(水) 北海道 旭川 CASINO DRIVE
10月06日(木) 北海道 札幌 PENNY LANE24
10月08日(土) 北海道 函館 club COCOA
10月10日(月) 秋田 Club SWINDLE
10月12日(水) 福島 郡山 club#9
10月14日(金) 茨城 水戸 LIGHT HOUSE
10月17日(月) 東京 原宿Astro Hall
10月19日(水) 大阪 心斎橋DROP
10月20日(木) 愛知 名古屋BOTTOM LINE

【関連リンク】
coldrain オフィシャルHP
coldrain、ニューシングルから「Fire In The Sky」のライヴMVを公開
coldrain、約7年ぶりニューシングルのアートワーク&購入者特典を公開
coldrain、約7年ぶりとなるシングルのリリース&ファン投票セットリストライブ開催決定

【関連アーティスト】
coldrain
【ジャンル】
ジャパニーズロック

レキシのツアー千秋楽に松たか子、キュウソネコカミ、チャットモンチーら豪華ゲストが参戦
Fri, 19 Aug 2016 12:00:00 +0900
8月17日@日本武道館 (okmusic UP\'s)

レキシのツアーファイナル公演「レキシツアー 遺跡、忘れてませんか?〜大きな仏像の下で〜」が、8月17日(水)に東京・日本武道館にて開催された。

【その他の画像】チャットモンチー

今回のツアーは、ニューアルバム『Vキシ』を引っさげて7月1日の福岡サンパレス公演を皮切りに9都市10公演にわたって開催され、昨年末、両国国技館で千秋楽を迎え、大盛況で幕を閉じたツアー「IKEMAX THEATER」以来、約7ヶ月ぶりとなる全国ツアー。また、レキシの日本武道館公演は前作4thアルバム『レシキ』のリリースツアー千秋楽公演以来2年ぶりの公演となった。

まもなく開演の午後6時30分。ステージは、黄金色の稲穂の書割に、「レキシツアー 遺跡、忘れてませんか?〜大きな仏像の下で〜」と銘打たれたツアータイトル通り、アフロヘア&ヒゲスタイルの高さ4メートルを超える巨大な仏像が中央に鎮座し、超満員の1万2千人を動員した日本武道館公演。ライブの1曲目はアルバム『Vキシ』でもオープニングを飾る「牛シャウト!」。ゲストに忍者の衣装をまとったレキシネーム“シャカッチ"ことハナレグミをゲストに招き、オープニングナンバーからステージを上手から下手へと走り抜け、大盛り上がりの幕開けとなった。続く2曲目「大奥〜ラビリンス〜」では、定番のファンクナンバーに会場全体が横揺れさせると、3曲目では、前作アルバム『レシキ』より、「年貢 for you」を披露。ステージから俵を取り出すと、曲とともに客席で俵リレーを開始。間奏で俵がまだ客席の前方にあるのを確認すると、曲を延ばして俵が少しでも多くの人に行き渡るようアドリブで曲を長くしていくなどレキシらしいパフォーマンスが続くと、サビではこの曲ならではの一体感で会場全体を包んだ。

7曲目の「KMTR645」(カマタリロクヨンゴ)では、アルバムにて同曲に参加している“ネコカミノカマタリ"ことキュウソネコカミが、仏像の中からゲストで登場。他のメンバーが袴姿の中、Vo/Gtのヤマサキ セイヤはイルカの着ぐるみで登場。曲前にトークなどでたっぷりと盛り上がった後、疾走感あふれるロックナンバーで会場を沸かした。

続いては、昨年シングルでリリースされた「SHIKIBU」を9曲目に披露。こちらも同作品に参加した“阿波の踊り子"ことチャットモンチーがレキシと同じ十二単風衣装をまとい登場、さらに同曲のミュージックビデオに出演している“劇団シキブ"こと俳優の八嶋智人がシークレットで登場。チャットモンチーのヴォーカルとともに、八嶋もダンスで会場を盛り上げた。

ライブ本編のラストから2曲目、「最後の将軍」のイントロが始まり、御題所様風な衣装に身を包んだ“森の石松さん"こと松たか子が登場すると会場の興奮は最高潮に達した。レキシとともに「最後の将軍」を熱唱し、圧倒的なヴォーカル力でオーディエンスを魅了。さらには本編最後の曲となる「きらきら武士」にも参加し、レキシとともに扇子で会場を煽り、最高の盛り上がりで本編を締めくくった。

アンコールの幕開けは、アニメ「一休さん」の音楽にのって、レキシとバンドメンバーが一休さん風の衣装に身を包み、ラインダンスを披露し、笑いからスタート。続いて『Vキシ』収録の「一休さんに相談だ」を一休さんスタイルでしんみりと歌い上げると、ステージ下手から屏風が登場。ここで将軍様に扮した八嶋智人が再び登場し、一休さんの名シーン「屏風の虎をだす」寸劇を繰り広げ爆笑に包まれる中、代表曲「狩りから稲作へ」を披露。会場が稲穂に包まれると、オーラスは、再び「KMTR645」のイントロがながれ、最後は今回の出演者全員がステージに登場し、3 時間を超えるこの日のライブは大盛況で幕となった。

2016年は5thアルバム『Vキシ』のリリースから、この日ファイナルを迎えた全国ツアーのほか、夏フェスでも全国各地を駆け回っているレキシだが、さらに嬉しいニュースが発表となった。野外フェスティバル SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2016の8月28日(日)に出演が予定されていた「上原ひろみザ・トリオ・プロジェクト」が、アンソニー・ジャクソンとサイモン・フィリッップスの健康上の理由でトリオとしての出演が不可能となり、今回「上原ひろみとレキシ 〜 レキシが助けにやってきた〜」として出演することが急遽決定。久々にステージ上での共演が実現となったとのこと。ぜひチェックしてみよう!

Photo by 田中聖太郎

■【セットリスト】

M-1 牛シャウト!
M-2 大奥〜ラビリンス〜
M-3 年貢 for you
M-4 Let\'s 忍者
M-5 古墳へGO!
M-6 やぶさめの馬
M-7 KMTR645
M-8 寺子屋FUNK
M-9 SHIKIBU
M-10 salt & stone
M-11 最後の将軍
M-12 きらきら武士
-アンコール-
M-13 一休さんに相談だ
M-14 狩りから稲作へ
M-15 KMTR645

■バンドメンバー
Gt:健介さん格さん(奥田健介 from NONA REEVES)、Piano&Cho:元気出せ!遣唐使(渡和久 from 風味堂)、Ba:ヒロ出島(山口寛雄)、Dr:伊藤に行くならヒロブミ(伊藤大地)、Sax & Flute: TAKE島流し (武嶋 聡)、Trumpet: 元妹子(村上基 from 在日ファンク)
■Gues
森の石松さん(松たか子)、阿波の踊り子(チャットモンチ?)、ネコカミノカマタリ(キュウソネコカミ)、シャカッチ(ハナレグミ)、劇団シキブ(八嶋智人)、やついいちろう

【関連リンク】
レキシ オフィシャルHP
クミコ、9月7日にリリースする両A面シングルにハナレグミ・永積崇が参加
キュウソネコカミ、新曲「サギグラファー」が『musicるTV』8月度OPテーマに決定
いとうせいこうトリビュートに真心、レキシ、岡村靖幸ら参加

【関連アーティスト】
チャットモンチー, ハナレグミ, 松たか子, レキシ, キュウソネコカミ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

RADWIMPS、新曲「前前前世(movie ver.)」MVを8月19日放送の『Mステ』にて初公開
Fri, 19 Aug 2016 11:00:00 +0900
アルバム『君の名は。』【初回限定盤】(CD+DVD+BOOK) (okmusic UP\'s)

ニューアルバム『君の名は。』を8月24日(水)にリリースするRADWIMPS。彼らの新曲「前前前世 (movie ver.)」のミュージックビデオが、8月19日(金)放送のテレビ朝日『MUSIC STATION』番組内で初公開されることが決定した。

【その他の画像】RADWIMPS

この夏話題のアニメーション映画『君の名は。』(新海誠監督作品)の主題歌である「前前前世(movie ver.)」はリリースに先駆けて先月から配信をスタートし、各種音楽配信チャート上位で今もなお賑わしている楽曲。その話題のミュージックビデオが『MUSIC STATION』で初公開となる。放送は8月19日(金)20:00〜なので、是非お見逃しなく。

また、先週からスタートしたRADWIMPMSのオフィシャルInstagramも毎日新しいコンテンツをアップしているので、ぜひフォローしてチェックしてほしい。

■テレビ朝日『ミュージックステーション』
http://www.tv-asahi.co.jp/music/
■アルバム『君の名は。』 iTunesプレオーダー
http://po.st/ityournameis

■アルバム『君の名は。』

2016年8月24日発売
【初回限定盤】(CD+DVD+BOOK)
UPCH-29222/¥6,400+税
※LPサイズ(32cm×32cm)
※BOOK内容
・RADWIMPS ×「君の名は。」スペシャルブックレット
映画の場面カット、RADWIMPSメンバーフォト 他
・「三葉のテーマ」「秋祭り」ピアノ譜(ピアノアレンジ:野田洋次郎)
・RADWIMPS in 『君の名は。』スペシャルイラスト(田中将賀によるRADWIMPSメンバー描き下ろし)
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-20423/¥2,700+税
<収録曲>
■CD
01.夢灯籠
02.三葉の通学
03.糸守高校
04.はじめての、東京
05.憧れカフェ
06.奥寺先輩のテーマ
07.ふたりの異変
08.前前前世(movie ver.)
09.御神体
10.デート
11.秋祭り
12.記憶を呼び起こす瀧
13.飛騨探訪
14.消えた町
15.図書館
16.旅館の夜
17.御神体へ再び
18.口噛み酒トリップ
19.作戦会議
20.町長説得
21.三葉のテーマ
22.見えないふたり
23.かたわれ時
24.スパークル(movie ver.)
25.デート2
26.なんでもないや(movie edit.)
27.なんでもないや(movie ver.)
■DVD  ※初回限定盤のみ
・レコーディング風景
・ピアノソロスタジオライブ(演奏:野田洋次郎)
「三葉のテーマ」「秋祭り」
・RADWIMPS、アニメーション制作スタジオ訪問の模様
・新海誠監督×RADWIMPS対談
・新海誠監督インタビュー

◎店舗別購入者先着特典(一部対象外の店舗あり)
・Loppi(全国のローソン、ミニストップ)、HMV:CDサイズカード「前前前世」ver.
・TOWER RECORDS:CDサイズカード「スパークル」ver.
・Amazon.co.jp:CDサイズカード「なんでもないや」ver.
・上記以外のCDショップ:CDサイズカード「夢灯籠」ver.

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
illion、新曲「Water lily」MVはパフォーマンスとグラフィックがシンクロする神秘的な仕上がりに
RADWIMPS、ニューアルバム『君の名は。』iTunesプレオーダースタート
RADWIMPS、映画『君の名は。』主題歌の配信に伴いトレーラーを公開

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1