歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年08月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/08/27
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
BIGBANG、10周年を記念した単独スタジアムライブで5万5千人が大熱狂!
Thu, 18 Aug 2016 21:00:00 +0900
『BIGBANG 10 THE CONCERT:0 TO.10 IN JAPAN』@ヤンマースタジアム長居 (okmusic UP\'s)

BIGBANGが7月29日・30日・31日、大阪・ヤンマースタジアム長居にて、デビュー10周年を記念した初の単独スタジアムライブ『BIGBANG 10 THE CONCERT:0 TO.10 IN JAPAN』を開催した。

【その他の画像】BIGBANG

当初は30日・31日の2日間の予定だったが、45万件超の申し込みがあったため、急きょ29日の追加公演が決定! 日本中のファンに加え、各国から彼らの10周年をお祝いしようと総計16万5千人が真夏の大阪に集結した。さらに、BIGBANGの楽曲を数多く手掛けている盟友、CHOICE37がスペシャルゲストとしてライブ直前にDJプレイを行い、5万5千人をアゲアゲにするなど、会場は終始お祭りモード一色。どこよりも熱い夏の3日間を記録した。

スタジアム上空を覆っていた雨雲が姿を消し、会場が青空に包まれるなか、ステージ最上段からBIGBANGのメンバーが登場! 『大阪Ready!』(G-DORAGON)『10周年 応援ありがとう!』(V.I)とそれぞれが思いを放ち、2009年にリリースされた日本メジャーデビュー曲「MY HEAVEN」からライブはスタート。早速トロッコに乗り込み、スタジアムの上段までビッシリ埋め尽くされた観客を満面の笑みで見渡し、10周年の感謝を込めて一人ひとりとコミュニケーションを楽しむ5人。アリーナ最後尾に設置されたステージにたどり着くと、「WE LIKE 2 PARTY」を披露。続けて「HANDS UP」と新旧のパーティーチューンでさらに会場の温度を上昇させた。

再びトロッコに乗ってメインステージへ移動し、『みんな手を挙げろ! Make some noiseー』と炎が燃え盛る中、5万5千人を煽るG-DRAGON。『行くぞー!』と叫んだ瞬間、ステージの高さを超えるウォーターキャノンが! その膨大な水量にステージ前方のファンはびしょ濡れに。これまで予測不能な演出で観客を驚かせてきたBIGBANGだが、この演出は予想だにしなかっただろう。まさに真夏の野外スタジアムならではの演出が飛び出したところで、5人は緩やかなサウンドをバックに自己紹介&挨拶。

『10年間ずっとBIGBANGのリーダー、G-DRAGONです。最後まで盛り上がっていくぞ!』(G-DRAGON)『おまんたせしましたー。今日は10周年やから、10倍楽しもうぜー! スンリです、よろしくー!』(V.I)『今日は暑い中、来てくださってありがとうございます。とっても会いたかったです。今日も最後までよろしくお願いします』(T.O.P)『大きい声、D-LITEです。僕もみなさんと会いたかったです。今日もみなさんのためにプレゼントを準備しました(とポケットの中から指ハートを出す)。今日も盛り上がっていきましょう!』(D-LITE)『大阪準備できましたか? 今日、楽しんでいきましょう!』(SOL)

そして、恒例の「Are you ready〜say,na na na na〜」のコール&レスポンスから「BAD BOY」「LOSER」とミドルチューンを立て続けに披露し、会場に心地よい風をもたらせた。

SOLとD-LITEを座長とするBIGBANG劇団(!?)のコント、V.Iいじりをはさみ、『日本デビューのころに戻っていきましょう!』というV.Iの掛け声で、日本2ndシングルの「ガラガラGO!!」へ。息の合ったキレッキレのダンスで、当時と変わらない瑞々しさを感じさせると、5人はステージ中央に集まり、『僕たちがBIGBANGだ!』といわんばかりのポーズを決めた。

そして、ライブはソロ・ユニットステージセクションに突入! トップバッターを飾ったのはV.I。この10年で日本語はもちろん、関西弁までマスターし、BIGBANGのお笑い担当としてオチまでしっかりつける徹底ぶり! バラエティータレントとして日本のお茶の間でも人気を博したV.Iだが、ソロコーナーでは一変してクールなパフォーマンスを見せ、お笑いの要素は微塵も感じさせないどころか、「LET\'S TALK ABOUT LOVE」からその男気あふれる姿にファンはノックアウト。ソロデビュー作「STRONG BABY」では女性ダンサーとの濃厚な絡みをみせ、5万5千人の悲鳴が場内に響き渡った。

続いては、全身紫色のスーツをまとったD-LITEが両手を広げて登場し、腕についたフリンジ袖を羽根のようになびかせながら、ソロ曲「WINGS」を力強く熱唱。『大阪、最後まで行きましょう!』とD-LITEが叫ぶと、水しぶきが上がり、会場は大合唱。そして『もっともっといけますか? 老若男女!』と、定番のお祭り曲「ナルバキスン(Look at me, Gwisun)」で大フィーバー。年代性別関係なく、会場が心を一つにした瞬間だった。そんな観客を前にD-LITEは、おなじみの心臓音に合わせた胸筋動かしを披露。今回は映像とリンクさせてスケールアップ! カラフルなテープが上空に舞う中、D-LITEはジャケットをはだけさせ、胸筋をさらに激しく振動させ、セクシーな表情をのぞかせた。

またこの日のスペシャルとして、D-LITEがカバーしたいきものがかりの「じょいふる」をV.Iと2人で披露。D-LITEと色違い(青色)のベルベットのスーツに身を包んだV.Iは、振りも歌も完璧に仕上げていた。おなじみのコール&レスポンスタイムでは、D-LITEチーム(ステージ下手)とV.Iチーム(ステージ上手)にわかれての声出し合戦が繰り広げられた。

ステージが赤いライトに包まれると、深紅のスーツに身を包んだG-DORAGONがピラミッド型の大きな椅子にもたれながら姿を現し、一瞬で5万5千人をGD WORLDへ誘った。いい意味での緊張感、妖艶な空気が場内を包囲する中、2009年にリリースしたソロデビュー作「HEARTBREAKER」を披露。そして、この日はカラフルなヒップホップチューン「CRAYON」が重厚感を増したアレンジに変更され、つねに新たな刺激を模索するG-DRAGONならではのこだわり、10周年の重みを感じさせた。

BIGBANG初のユニットとなったGD&T.O.Pが、「HIGH HIGH」でセグウェイに乗りながらステージを暴れまわると、GD X TAEYANGは「GOOD BOY」で息の揃ったダンスをステージ左右にわかれて披露。異なるヒップホップサウンドで5万5千人を盛り上げ、T.O.Pにバトンタッチにした。

最近は俳優としての活動が頻繁に行われ、BIGBANGとして日本のステージに立つのは久々だったT.O.P。蓄積されたエネルギーを一気に開放するかのように、ソロ曲「DOOM DADA」で低音域のラップを畳みかけ、5万5千人を圧倒! それまで一瞬たりとも表情を変えず、一点を見つめていたT.O.Pからわずかなほほ笑みが。目を大きく見開き、鼻を膨らませると、花火が打ちあがり、『大阪〜!』と叫びながらT.O.Pは暗闇に姿を消した。

ソロステージのラストを飾ったのはSOL。流麗なピアノのイントロが場内に響き渡ると、スタンドマイクを手にし、ソロ曲「EYES, NOSE, LIPS」を披露。スタンドに巻き付けたバンダナが、SOLが動くたびになびき、感情の揺れを表現。荘厳な空気が広がっていく。『次の曲は僕のソロデビュー曲です。Let\'s go!』と「ONLY LOOK AT ME」を挟み、「RINGA LINGA」では男女ダンサーとともにダイナミックなダンスを披露。5人5様の個性に溢れたソロステージは幕を閉じた。

気づけばスタジアム上空は青空から夜空へと様変わり。5人は「IF YOU」「HaruHaru -Japanese Version-」の2曲のバラードを丁寧に歌い上げた。そして、5万5千人と声を合わせると、5人は心地よいフェイク、アドリブを轟かせ、パールのライトがスタジアムを幻想的な空間に染め上げた。

余韻に浸っていると、V.Iから「あと何曲かで終わってしまいます」と悲しいお知らせが。『こんなにすごいスタジアムでコンサートができて幸せでした。僕が歌手になる前に抱いていた夢のひとつを今日、10周年を迎えて叶えることができました。BIGBANGの10年を振り返ってみると、想像もできなかったいろんなことがありましたが、僕の隣にいる素敵なメンバーとスタッフたち、そして、何よりも素敵なファンのみなさんに会えて、この世に生まれて、BIGBANGのメンバーになれて本当によかったと思います。10年間もらったみなさんからもらった愛と応援が今のBIGBANG、そして僕を作りました。これからもその愛に応えられるよう頑張ります。愛してますという言葉では愛を表現できませんが、でもほかに単語がないから……愛してます』と会場を見渡し、至福の表情を浮かべるSOL。

『みなさんの情熱で会場が熱くなりました。今回の10周年記念コンサートは完全にみなさんのおかげでできたライブです。ここに来るまで一番大きな役割を果たしてくれたみなさんと一緒にこんなにも素晴らしい時間を過ごせてすごく嬉しいです。このコンサートは今までみなさんが僕たちにくれた愛に感謝する気持ちもあり、これからは僕たちがみなさんのために希望、力、幸せを伝えるために頑張ります。みなさんの幸せを任せてください!』とD-LITEは意気込んだ。

『10周年コンサートという記念すべき時間をみなさんと一緒に過ごせてうれしいです。ここにくるまで幸せなことも、正直に大変なこともたくさんありました。でも、いつもみなさんのおかげで10代の若い少年たちが新しい作品を創造できるアーティストになれたと思います。いつも止まらずに成長していくBIGBANGとT.O.Pになります! 10年間ありがとうございました! そして心から愛してます。大阪、めっちゃ好きやねん!』とT.O.Pはライブの定番、カンペ読みで愛嬌をみせながらも、思いを語った。

『BIGBANGという名前で10年間活動して築き上げたものの結晶が今日ここ、ヤンマースタジアム長居だと思います。ここに立つまでにいろいろなことがありましたが、それらを乗り越えられたのは、ここにいるメンバーとファンのみなさんの力がなかったら絶対できないことだったと思います。いまだにデビューした時の記憶を鮮明に覚えています。一年一年みなさんと一緒に年を重ねながらいつも素敵な思い出と記憶を一緒に作っていきたいです。いつも言いますが、初心を忘れずに頑張りますので、これからもBIGBANGのことをよろしくお願いします』。リーダーらしくG-DRAGONは10年間の感謝と10年後の未来を約束した。

『僕たちBIGBANGのことを10年間、日本でデビューしてから7年間たくさん応援して下さって誠にありがとうございます。これからも僕たち5人はファンのみなさんを楽しませるために一生懸命頑張っていきたいと思います。今日、10周年記念ライブ、みなさんとのお祝い一生忘れません。これからもBIGBANGのことをよろしくお願いしまーす!』とV.Iとともに5人は深々と頭を下げた。

『最後まで全力で、うわぁーっといきましょう!』と再びギアを入れ替え、ラストスパート! 5万5千人の大合唱がこだまするなか「BANG BANG BANG」、BIGBANGを不動の地位に追い仕上げた「FANTASTIC BABY」で最大の熱量を記録し、最新曲「SOBER」で本編は終了した。

アンコールでは、懐かしの「LAST FAREWELL」「SUNSET GLOW」「LIES」をトロッコに乗りながら歌い、5万5千人との最後のコミュニケーションを楽しんだ。そして、最終日には「FEELING」がサプライズ披露され、オーラス「BAE BAE」で5人と5万5千人は渾身の力をふりしぼり、大阪の夜空に想いの重なり合った歌声を響かせた。

終始、汗だくになりながら、広い会場を所狭しと駆け回り、約2時間45分、23曲に及んだステージを終えたメンバーは、清々しい表情を浮かべ、10年間支えてくれたファンと喜びを分かち合いながら、さらなる未来へ向けての決意を固めた。

11月からは4年連続となるドームツアーが決定。『今回のコンサートが最後になったらどうしようか心配しましたが、年末からまたツアーがはじまりますね! 本当に幸せです』と喜びをあらわにするT.O.P。自身が持つ海外アーティスト記録を更新し、留まることなくさらなる10年、20年と進んでいくことをこの日5万5千人の前で誓った5人。この先もみずからが選んだ茨の道を果敢に突き破りながら、世界中のリスナーを熱狂させ続けていくことだろう。まずは10周年を締めくくる今秋のドームツアーがどんなステージになるのか、BIGBANGの新たな歴史と旅立ちの瞬間を見届けたいと思う。

text by 星野彩乃

■『BIGBANG JAPAN DOME TOUR 2016』

11月05日(土) 東京ドーム
11月06日(日) 東京ドーム
11月19日(土) 福岡 ヤフオク!ドーム
11月20日(日) 福岡 ヤフオク!ドーム
11月25日(金) 京セラドーム大阪
11月26日(土) 京セラドーム大阪
11月27日(日) 京セラドーム大阪
12月02日(金) ナゴヤドーム
12月03日(土) ナゴヤドーム
12月04日(日) ナゴヤドーム
12月09日(金) 福岡 ヤフオク!ドーム
12月10日(土) 福岡 ヤフオク!ドーム
12月11日(日) 福岡 ヤフオク!ドーム
<アンコール公演>
12月28日(水) 京セラドーム大阪
12月29日(木) 京セラドーム大阪

【関連リンク】
BIGBANG オフィシャルHP
BIGBANG、デビュー10周年記念スタジアムライブで16万5,000人が熱狂!
dTVがBIGBANG、浜崎あゆみら出演『a-nation stadium fes.』を独占配信
BIGBANG、デビュー10周年記念スタジアムライブ即完売のためパブリックビューイング開催決定

【関連アーティスト】
BIGBANG
【ジャンル】
K-POP, ライブ

angela、ニューアルバムより中川翔子への提供曲「ストーリーが始まる」試聴動画を公開
Thu, 18 Aug 2016 20:00:00 +0900
angela (okmusic UP\'s)

angelaが8月31日に発売するニューアルバム『LOVE & CARNIVAL』に収録される「ストーリーが始まる」の視聴動画が公開された。

【その他の画像】angela

「ストーリーが始まる」は、angelaのインディーズ時代に作られた名曲であり、中川翔子にも提供された楽曲。2014年7月に発売された中川翔子のシングル「キラキラ-go-round」のカップリングとして収録されたこの曲を、angelaが初めてセルフカヴァーする。

アルバムはTVアニメ『蒼穹のファフナー EXODUS』『シドニアの騎士』『K RETURN OF KINGS』の関連楽曲などを含む計12曲を収録。また初回限定盤には総尺200分を超える映像特典も収録される。映像は昨年末のライブの模様やアニメMV2作品など、盛りだくさんな内容になっているとの事。angelaのファンはもちろん、アニメ作品ファン、そして“お祭り好き"にとっても必見・必聴のアルバムだ。

■「ストーリーが始まる」試聴動画
https://youtu.be/62odR_rxDH4

■アルバム『LOVE & CARNIVAL』

2016年8月31日発売
【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
KICS-93414/¥3,426+税
【通常盤】(CD only)
KICS-3414/¥2,963+税
<収録曲>
■CD
1.DEAD OR ALIVE
(TVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」第2クールオープニング主題歌)
2.Come on ※新曲
3.是、夏祭り ※新曲
4.騎士行進曲
(TVアニメ「シドニアの騎士 第九惑星戦役」オープニング主題歌)
5.愛、ひと欠片
(「劇場版 シドニアの騎士」主題歌)
6.KIZUNA
(TVアニメ「K RETURN OF KINGS」最終話エンディング主題歌)
7.愛すること
(TVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」第17話エンディング曲)
8.Jump up!
(ラジオ「angelaのsparking!talking!show!」新エンディング曲) ※新曲
9.EIEIO ※新曲
10.That\'s Halloween ※新曲
11.ストーリーが始まる
(セルフカバー/新録)
12.ホライズン
(TVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」第2クールエンディング主題歌)
■Blu-ray ※初回限定盤のみ付属
・angelaの「ミュージック・ワンダー★大サーカス2015」(2日目公演)
・angela デビュー13周年記念☆拡大版「全部が主題歌ライヴ!!」メイキング映像
・「愛すること」アニメMV(TVアニメ「蒼穹のファフナー EXODUS」第17話エンディング主題歌)
・「KIZUNA」アニメMV(TVアニメ「K RETURN OF KINGS」最終話エンディング主題歌)

■【アルバム『LOVE & CARNIVAL』発売記念イベント情報】

8月31日(水) 名古屋 アスナル金山 明日なる!広場
時間:17:30〜
内容:ミニライブ(観覧フリー)+お渡し会
9月03日(土) 大阪くずはモール 南館ヒカリノモール 1F SANZEN-HIROBA
時間:14:00〜
内容:ミニライブ(観覧フリー)+お渡し会
9月04日(日) 東京 池袋サンシャインシティ 噴水広場
時間:14:00〜
内容:ミニライブ(観覧フリー)+お渡し会

■angela Live Tour 2016「LOVE & CARNIVAL」

10月08日(土)  大阪城野外音楽堂
10月23日(日)  日比谷野外音楽堂
※現在イープラス最速プレオーダー先行実施中

【関連リンク】
angela オフィシャルHP
angela、約1年3ヶ月ぶりとなるニューアルバムの詳細がついに解禁
angela、デビュー13周年記念「全部が主題歌ライヴ!!」でアルバム発売&東阪野音ライブ開催発表
アニサマ2016第1弾出演アーティスト33組一挙発表、20組が声優ソロまたはユニットに

【関連アーティスト】
angela, 中川翔子
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

Ken主宰イベント「PARTY ZOO」大阪公演でカラスが復活!?
Thu, 18 Aug 2016 19:00:00 +0900
PARTY ZOO (okmusic UP\'s)

Ken(L\'Arc〜en〜Ciel)が自ら声をかけた仲間たちが集結するライヴイベント「PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜」の9月25日 大阪 堂島リバーフォーラム公演のセッションと出演者として告知されていた「Ken with Naughty stars」の詳細が明らかになった。

【その他の画像】Ken

2009年8月の「JACK IN THE BOX 2009 SUMMER」で突如出現したビジュアル系バンド・カラスのメンバーである逹瑯、ヒロト、KENZOにAKiと圭が加わり、大阪の地に舞い降りる事が決定! カラスは2010年に2枚のシングルをリリースするも、以降表立った活動がなかったが、昨年大晦日に開催されたV系シーン最大の年越しイベント「Tokyo Chaos」で逹瑯セッションとして一夜限りの復活が大きな話題を呼んだ。AKiは堂島リバーフォーラム公演の出演は予定されていなかったが、セッションにて出演することが決定。どんなセッションがみられるのか、そのステージに注目が集まる。

堂島リバーフォーラム公演はA9のヒロトが園長となり、セッションメンバーや楽曲をセレクト。このメンバーでどんな楽曲を披露するのか、ヒロト園長がこの仲間と奏でる音はどんなサウンドなのか? ここでしか見ることのできない、この2つのセッションを是非会場で体感しよう。なお、8月19日は10月2日 Zepp DiverCity Tokyo公演の詳細が明らかになるので、こちらも楽しみに待とう!

■【9月25日「Ken with Naughty stars」メンバー詳細】

Vo.怜、Ken
G.Ken、ヒロト
B.AKi
Dr.SATOち
and Naughty All Stars

■『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』

9月11日(日) 名古屋ダイアモンドホール
出演:AKi, BAROQUE, gibkiy gibkiy gibkiy, MUCC, Ken with Naughty stars
9月18日(日) 豊洲PIT
出演:A9, AKi, BAROQUE, MUCC, Ken with Naughty stars
9月25日(日) 堂島リバーフォーラム
出演:A9, BAROQUE, GUTS AND DEATH, MUCC, Ken with Naughty stars
10月02日(日) Zepp DiverCity Tokyo
出演:A9, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars
10月9日(日) 仙台PIT
出演:AKi, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars

【関連リンク】
「PARTY ZOO」オフィシャルサイト
MUCC、アニメ『七つの大罪』主題歌シングル詳細解禁
ラルクKen主宰『PARTY ZOO』、豊洲PIT公演にSpecial Guest!

【関連アーティスト】
Ken, L’Arc~en~Ciel, MUCC, カラス, AKi, A9
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

帰省ラッシュ!渋滞の車の中も楽しくなれる曲
Thu, 18 Aug 2016 18:00:00 +0900
錦織健『恋はやさし野辺の花よ』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は帰省ラッシュの交通渋滞も楽しくなる曲です。

■1.「SHAKE」/SMAP

●“ブギーな胸騒ぎ”で気分爽快!
渋滞中、大声で歌いたい曲のひとつ。デートに向かうためのタクシーが渋滞でもイライラしないと歌う、SMAPの「SHAKE」。”チョーベリーベリー最高”なんて歌詞、素で読むとなんだか気恥ずかしいけれど、あのメロディに乗って口ずさむと、本当にチョーベリーベリー最高になるから不思議。
今からちょうど20年前の1996年にリリースされたこの曲。テレビの前で楽しく見ていた思い出もリンクして、何だか幸せな気分になります。
(選曲・文/石井由紀子)

■2.「渋滞の楽しみ方」/SMAP

●国民的アイドルを支えた作詞家の味わい
まずなによりも、この原稿が更新される8/18は、リーダー中居正広さんの誕生日。Hpppy Birthday♪
さて今回のテーマにぴったりなこの曲は、日本のヒットソングを数多く手掛ける作詞家・森浩美さんの作。『雪が降ってきた』『しようよ』『ひと駅歩こう』など、日常のひとコマを切りとったやさしい風景のSMAPソングは、ほとんどが森さんの手によるものです。
今年末での解散が発表されて残念ですが、国民的アイドルを育んだ楽曲制作陣に目を向けてみるのも、おすすめの「楽しみ方」です。
(選曲・文/麻布さやか)

■3.「わらの中の七面鳥」(オクラホマミキサー)/アメリカ民謡

●ドキドキしながら順番を待った!フォークダンスの名曲
運動会やキャンプファイヤーで踊ったフォークタンスの定番。原曲は「Turkey in the Straw(わらの中の七面鳥)」というアメリカ民謡です。カントリーバンドで聴くオリジナル演奏は、古き良き開拓時代のアメリカそのものを感じます。
初期のミッキーマウスの短編映画「蒸気船ウィリー」でも使われ、アメリカの「ふるさと」的なカントリーミュージックの一つです。単調になりがちな渋滞の中、たまには空を見上げてみませんか♪
(選曲・文/堀川将史)
https://www.youtube.com/watch?v=k2Ntl1uIHVc

■4.喜歌劇『ボッカチオ』より「ベアトリねえちゃん」/錦織健

●みんなで歌おう!声を揃えてティルリルリ〜
見るからに楽しそうなタイトルです。大正時代、浅草オペラで榎本健一氏が歌ってヒットした歴史的名曲。
今回は原曲のドイツ語版の歌唱をご紹介します。コミカルな伴奏と甘く柔らかく軽やかな錦織氏の歌声を合わせると、まるで遊園地のメリーゴーランドにのっているよう。ぜひ車内のみんなで一緒に楽しんでください。
(選曲・文/山本陽子)

■5.「Getaway」/JOHNNY KEATING

●スパイ映画好きなあなたに。渋滞からの脱出ソング
時刻は午後6時。高速道路に乗ってから、3時間続いた渋滞もそろそろ終わりが見えてきたところ。奥さんと息子(小2)は、昨日、森林公園ではしゃいだ疲れが残っているのか、ぐっすりと、ご就寝。渋滞さえ抜ければ、我が家はもうすぐ。ここはひとつ、景気のいい音楽でしゃっきりしようか。選んだのはイギリスのジャズ・ミュージシャン、ジョニー・キーティングによる「Getaway」(ずらかれ!)。1963年発表。ビッグ・バンドによる猛烈な煽りが来たる出口への期待を高める。「もうすぐ家に着くよ。」
(選曲・文/旧一呉太良)
https://www.youtube.com/watch?v=0cvVSmbFfNw

■6.「I Believe I Can Fly」/R. Kelly

●渋滞の列を空から見てみたい、想像してみるだけでも。
渋滞に巻き込まれると、目の前に広がる車の列しか見えなくて、視野が狭くなりますよね。景色も流れないし。夜はなおさら、赤く点滅するテールランプだけなんてことに……。そんな時、このまま車ごと空を飛べたらいいのに、と何度思ったことか知れません。
自分の可能性にかけたこの歌ですが、ゴスペルのコーラスに神聖な気持ちになります。気持ちを切り替え、事故を起こさずに、安全運転で皆が帰路につけますように。
(選曲・文/麻布さやか)
http://m.youtube.com/watch?v=GIQn8pab8Vc

さて、お気に召した選曲はございましたか。
ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、各曲をお楽しみいただければ幸いです。
それではドライバーの皆様、安全運転と早めの休息を心掛けてください。

【関連アーティスト】
R. Kelly, SMAP, 錦織健, Johnny Keating
【ジャンル】


植田真梨恵、6thシングル「夢のパレード」アートワーク解禁
Thu, 18 Aug 2016 18:00:00 +0900
植田真梨恵 (okmusic UP\'s)

植田真梨恵が10月12日に発売する6thシングル「夢のパレード」のアートワークを公開した。

【その他の画像】植田真梨恵

2014年のメジャーデビュー以来、2nd Sg「ザクロの実」(2014年発売)、3rd Sg「わかんないのはいやだ」(2015年発売)と二年連続でミュージック・ジャケット大賞50作品にノミネートされるなど、自身発案によるアートワークに定評がある植田真梨恵。今回のジャケットは、靄がかかった真夜中、ひと気のない大きな木の下に赤いパジャマで佇む植田が浮かび上がっている。オレンジ色の街明かりは遠く、現実なのか夢なのか、子供でもなく大人にもなりきれていない、どこか不安を誘うアンバランス感が漂う、絵本の中の世界のようなジャケットに仕上がった。

同時に、初回限定盤に付属する特典DVDに、7月23日 赤坂BLITZにて、たった一夜限りで開催された「植田真梨恵SPECIAL LIVE "PALPABLE! BUBBLE! LIVE! -SUMMER 2016-"」で、リリース発表と同時に初披露された「夢のパレード」ライブ映像が追加収録されることも発表された。リリース発表後の高揚感の中、会場に集まった誰一人知らない楽曲を演奏する緊張感をはらんだ貴重なライブ映像は必見だ。

今週末もMONSTER baSH出演、8月末には新木場スタジオコーストで行なわれる、サンリオ音ゲーアプリ「SHOW BY ROCK!!」3969フェスへの出演、秋には日本最大級のライブサーキットMINAMI WHEEL 2016への出演も決定しており、2016年下半期も、植田真梨恵は全力で駆け抜ける。

■シングル「夢のパレード」

2016年10月12日(水)発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
GZCA-4148/¥1,852+税
【通常盤】(CD ONLY)
GZCA-4149/¥1,200+税
<収録予定曲>
■CD
1. 夢のパレード
作詞・作曲 植田真梨恵 編曲 徳永暁人
2. サイハロー ?autumn ver.-
作詞・作曲 植田真梨恵 編曲 西村広文
3. 210号線
作詞・作曲 植田真梨恵 編曲 岡本仁志
4. 夢のパレード ?off vo.-
5. 210号線 ?off vo.-
■初回限定盤特典DVD
・「夢のパレード」LIVE MOVIE
7.23 赤坂BLITZ / 植田真梨恵SPECIAL LIVE “PALPABLE! BUBBLE! LIVE! ?SUMMER 2016-"
・植田真梨恵のまわりくるめロケ ?UTAUTAU vol.2 おまけ集-

◎通常盤特典
スペシャル映像が見られるパスワード封入

【関連リンク】
植田真梨恵 オフィシャルHP
植田真梨恵、SPECIAL LIVEでニューシングル「夢のパレード」を初披露
植田真梨恵、シングル「ふれたら消えてしまう」MV全編を公開
植田真梨恵、5thシングル「ふれたら消えてしまう」リリースイベント&店舗購入特典を発表

【関連アーティスト】
植田真梨恵
【ジャンル】
J-POP

illion、新曲「Water lily」MVはパフォーマンスとグラフィックがシンクロする神秘的な仕上がりに
Thu, 18 Aug 2016 17:00:00 +0900
「Water lily」MV (okmusic UP\'s)

野田洋次郎(RADWIMPS)のソロプロジェクト“illion”の3年ぶりとなるニューアルバムより、全世界先行配信されている新曲「Water lily」のミュージックビデオが公開された。

【その他の画像】RADWIMPS

先月ローンチした同楽曲の新感覚ウェブサイト「“Water lily" Connected Jam Video」でプログラミングされているヴィジュアルイメージをモチーフとして、野田洋次郎のパフォーマンスとグラフィックがシンクロした、不思議な映像世界が完成した。なお、「“Water lily" Connected Jam Video」も引き続き公開されており、複数のユーザーが同時参加で楽曲音源を感覚的に操作しセッションできるので、こちらも是非チェックしよう。

また、既に発表されている10月12日発売のニューアルバムより、「Water lily」に続く第2弾シングルの全世界先行配信が9月9日よりスタートする。こちらも是非お楽しみに!

■「"Water lily" Connected Jam Video」by dot by dot inc.
http://waterlily.illion.website/

■「Water lily」MV by GROUNDRIDDIM x C
https://youtu.be/pTmeZnLS4Hc

■アルバム『タイトル未定』

2016年10月12日発売
【初回限定盤】(CD+DVD+アートブック)
WPZL-31220/1/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
WPCL-12431/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
「Water lily」ほか10曲収録予定
■DVD ※初回限定盤のみ
・Live at London, O2 Shepherd\'s Bush Empire 2013
「BEEHIVE」
「LYNCH」
「γ」
「MAHOROBA」
「BRAIN DRAIN」
「GASSHOW」
・Music Clip
「BRAIN DRAIN (Performed in Abbey Road Studios)」
「MAHOROBA」
「BEEHIVE」
・「MAHOROBA (Music Clip Making)」
ほか収録予定(曲順未定)

【関連リンク】
illion オフィシャルHP
RADWIMPS、ニューアルバム『君の名は。』iTunesプレオーダースタート
RADWIMPS、映画『君の名は。』主題歌の配信に伴いトレーラーを公開
RADWIMPS、ニューアルバム収録曲「前前前世」の歌詞をUta-Netにて先行公開

【関連アーティスト】
RADWIMPS, illion
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DOBERMAN INFINITY、11月16日に2ndアルバム『TERMINAL』をリリース
Thu, 18 Aug 2016 16:00:00 +0900
DOBERMAN INFINITY (okmusic UP\'s)

DOBERMAN INFINITYが11月16日に2ndアルバム『TERMINAL』をリリースすることが決定した。

【その他の画像】DOBERMAN INFINITY

2ndアルバム『TERMINAL』は多くの人が様々な感情を抱き、交差す ることで起こる出来事や心情をテーマに5人にしか表現出来ないAll RoundなHIPHOPを軸に音楽として、また自分たちにとって" TERMINAL" となるような1 枚を目指し制作を開始。今年全国全7か所9公演 約44,000人を動員した自身初の全国ワンマンツアーを大成功させ、「いつか」「GA GA SUMMER / D.Island feat.m-flo」と怒涛の勢いでリリースを重ねた彼らの、前作『THE LINE』から大きく成長した1年間の活動を集約させた作品だ。5人は今どこにいて、ここから更にどこに向かおうと考えているのかをアルバムを通して表明しているような、今の彼らがこの5人ならきっとどこまででも行けると確信していることを感じさせ、そして聴いてくれる人にとっても、 彼らのこの先に続く旅路を共に歩むことへの期待と希望で溢れるような素晴らしいアルバムとなっている。

アルバムに収録される3rdシングル「いつか」は全国ツアーを共にまわり歌っていく中で曲としての成長を重ね、アリーナツアーを成功させるという5人の夢をリス ナーも含めた全員の夢へと大きく繋げた楽曲となり、最新シングル「GA GA SUMMER / D.Island feat. m-flo」は、夏にDOBERMAN INFINITYの楽曲を待ってました!と多くの声があがると共に、リリース翌日からのフェス4連戦ではイントロがかかった段階で想像をはるかに越えた歓声があがり、楽曲がしっかりと多くの人の心に届いていることを実感させた。

初回限定盤には、今年3月から開催され追加公演も含め大成功を収めた 全国全7か所9公演 約44,000人を動員した自身初の全国ワンマンツアーの中で、豪華なゲストも駆けつけ、全国各地でバワーをもらってきたメンバーの最高のパフォーマンスを魅せた、これぞFINALと呼べる盛り上がりとなった幕張メッセのLIVE映像を特典の域を超えた、収録時間約130分全24曲というボリュームで余すことなく完全密封。もちろん今年リリースしたシングルのMVや、品川ヒロシが監督を務めたSWAYこと野替 愁平主演、友情出演で中川家も参加して制作されたショートドラマ「to YOU」、他にも数曲の映像作品も収録予定と初回限定盤はこれ以上ない豪華な内容となって いる。

初回生産分には、アルバム恒例となっているSWAYがデザインするこのタイミングのここだけでしか手に入らないスベシャルオリジナルバンダナを法人別特典として先着でプレゼント。こちらも欠かさずチェックしよう!

■アルバム『TERMINAL』

2016年11月16日発売
【初回盤】(CD+2DVD)
TFCC-86575/¥6,980+税
※「LIVE TOUR 2016 " THE LINE" -TO THE NEXT- 幕張メッセFINAL 公演 LIVE DVD (全24曲約130分収録予定)」+MV集「いつか」「GA GA SUMMER」 「to YOU」他数曲収録予定
【通常盤】(CDのみ)
TFCC-86576/¥2,980+税
【We are D.I/LDH mobile限定盤】(CD+DVD)
TFCP-86577/¥3,980+税
※TOURドキュメント映像+LIVE TOURフォトブック

◎初回生産分特典
・CDショップ法人別特典 SWAYデザイン
「TERMINALオリジナルバンダナ」
※デザイン、カラー別
※タワーレコード / HMV / TSUTAYA / WonderGOO&新星堂での購入者限定

【関連リンク】
DOBERMAN INFINITY オフィシャルHP
DOBERMAN INFINITY、4thシングル「GA GA SUMMER / D.Island feat. m-flo」発売決定
DOBERMAN INFINITY、グループ初の全国ワンマンツアーが終幕
DOBERMAN INFINITY、ニューシングル「いつか」発売決定

【関連アーティスト】
DOBERMAN INFINITY
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

T.M.Revolution、シングル「RAIMEI」テレビCMは少し不思議な仕上がりに!?
Thu, 18 Aug 2016 15:30:00 +0900
シングル「RAIMEI」【初回生産限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

8月31日にリリースされるT.M.Revolutionのニューシングル「RAIMEI」のテレビCM映像が公開となった。

【その他の画像】T.M.Revolution

ニューシングル「RAIMEI」は、虚淵玄原案・脚本・総監修により、大きな注目を集めている日台合同映像企画、武侠ファンタジー人形劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の主題歌として大きな注目を集めているが、そのテレビCMはT.M.Revolutionこと西川貴教がスタッフたちと談笑している模様をそのまま使用した、少し不思議な作品に仕上がっているとのこと。是非その目で確かめてみてはいかがだろうか。

なお、本作のミュージックビデオは8月30日(火)公開予定。こちらも楽しみに待とう。

■シングル「RAIMEI」テレビCM映像
https://youtu.be/ZBEW-Gz6D6s

■シングル「RAIMEI」

2016年8月31日発売
【期間生産限定盤初回仕様】(CD+DVD) 
ESCL-4706〜4707/¥1,389+税
※Thunderbolt Fantasy盤
※『Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀』仕様ジャケット
<収録曲>
■CD
1. RAIMEI
2. RAIMEI (Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 OP ver.)
■DVD
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 OP映像

【通常盤初回仕様】(CD)
ESCL-4705/¥1,204+税
<収録曲>
1. RAIMEI
2. Route 20 Exclusive Medley
HIGH PRESSURE〜WHITE BREATH〜HOT LIMIT

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4703〜4704/¥1,667+税
<収録曲>
■CD
1. RAIMEI
2. RAIMEI (Instrumental)
■DVD
RAIMEI MUSIC VIDEO
Behind the scene of RAIMEI MUSIC VIDEO shooting

■「T.M.R. LIVE REVOLUTION\'16 -Route 20-」

8月20日(土) 東京・会場両国国技館
8月21日(日) 東京・会場両国国技館開場
8月26日(金) 北海道・会場わくわくホリデーホール 日(札幌市民ホール) 
9月03日(土) 宮崎・メディキット県民文化センター 演劇ホール
9月04日(日) 熊本・熊本県立劇場 演劇ホール
9月22日(木) 青森・八戸市公会堂
9月24日(土) 岩手・奥州市文化会館
10月01日(土) 三重・四日市市文化会館 第一ホール
10月02日(日) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
10月15日(土) 新潟・新潟テルサ
10月16日(日) 富山・新川文化ホール 大ホール
10月23日(日) 長野・まつもと市民芸術館 主ホール
10月29日(土) 福島・郡山市民文化センター 大ホール
10月30日(日) 秋田・秋田県民会館
11月03日(木) 京都・会場ロームシアター京都 メインホール
11月05日(土) 愛媛・松山市総合コミュニティセンター 文化ホール
11月12日(土) 大分・エイトピアおおの 日(豊後大野市総合文化センター) 大ホール
11月19日(土) 島根・出雲市民会館
11月20日(日) 鳥取・米子市公会堂
11月23日(水) 岡山・岡山市民会館
12月03日(土) 岐阜・土岐市文化プラザ・サンホール
12月04日(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
12月11日(日) 福岡・福岡サンパレス
12月18日(日) 群馬・桐生市市民文化会館 シルクホール
12月23日(金) 山形・やまぎんホール 日(山形県県民会館)
12月24日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
※終了分は割愛

【関連リンク】
T.M.Revolution オフィシャルHP
T.M.Revolution、8月31日リリースのシングル「RAIMEI」ジャケ写解禁
『イナズマロック フェス 2016』第4弾出演アーティストとしてソナポケ、HKT48らの参加を発表
T.M.Revolution、デビュー20周年特別企画として旧作アルバムをハイレゾ配信

【関連アーティスト】
T.M.Revolution
【ジャンル】
ジャパニーズロック

荒川ケンタウロス、静岡ワンマン開催に伴い学生オープニングアクトを募集
Thu, 18 Aug 2016 15:00:00 +0900
荒川ケンタウロス (okmusic UP\'s)

荒川ケンタウロスが9月18日(日)に静岡Sunashにてワンマンライブを開催することを発表した。

【その他の画像】荒川ケンタウロス

静岡では2回目のワンマンライブとなる今回は、6月より毎月静岡に行ってライブをする静岡4ヵ月連続企画のファイナルとして行なわれる。

さらに静岡の音楽シーンを盛り上げたいという思いから、静岡を中心に活動する学生ミュージシャンのオープニングアクトを募集。上手い下手ではなく、若さ特有の「熱」を学生であれば誰でもウェルカムとのことなので、少しでも興味を持った人は応募してみてはいかがだろうか。締切は来週火曜日までとなっている。

■オープニングアクト募集詳細
http://www.arakawakentauros.com/%E6%9C%AA%E5%88%86%E9%A1%9E/1174/

■『静岡4ヶ月連続企画ファイナル〜走り出したい気持ちを僕はなんと呼ぼうSpecialワンマン〜』

9月18日(日)  静岡Sunash
OPEN / START:17:30 / 18:00
LIVE:荒川ケンタウロス & 学生オープニングアクト大募集!

<チケット>
前売:¥3,000(ドリンク代別)
当日:¥3,500(ドリンク代別)
学割:大学生以下 ¥1,000/中学生以下 ¥2,000を当日会場にてキャッシュバック致します!
■K-mix特別電話先行
時間:2016/08/23 10:00〜23:59
電話番号:0570-000-359
受付方法:先着
枚数制限:8枚

【関連リンク】
荒川ケンタウロス オフィシャルHP
荒川ケンタウロス、アルバム『時をかける少年』より「重力列車」のMVを公開
荒川ケンタウロス、新曲「dancedance or die」MVで宇宙遊泳!?
吉田山田、オールナイトニッポンスペシャルイベントを開催

【関連アーティスト】
荒川ケンタウロス
【ジャンル】
ジャパニーズロック

THE YELLOW MONKEY、熊本のライブハウスにてフリーライブを開催決定
Thu, 18 Aug 2016 14:30:00 +0900
THE YELLOW MONKEY (okmusic UP\'s)

各地大型夏フェスに出演真っ最中のTHE YELLOW MONKEYが、9月1日(木)に熊本のライブハウス B.9 V1にてフリーライブを行なうことがアナウンスされた。

【その他の画像】THE YELLOW MONKEY

『THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -KUMAMOTO SPECIAL-』と題されたこのライブは、4月の震災以降急遽決定になったもので、観覧は無料となる(ドリンク代別)。チケットはファンクラブ先行(8月18日正午〜)、プレイガイド(8月22日正午〜)ともに抽選となるが、この公演では熊本県在住の方の申し込みが優先される。

再集結後、アリーナ規模のライブしか行なっていないTHE YELLOW MONKEYを、約20年ぶりのライブハウスという至近距離の空間で観ることのできる非常に貴重なチャンスとなる。奮って応募してみよう。

また、11月からは全国ホールツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SUBJECTIVE LATE SHOW-」がスタートする。このツアータイトルにもなっている“Subjective Late Show"は、1992年にバンドがリリースしたメジャー1stアルバム『THE NIGHT SNAILS AND PLASTIC BOOGIE / 夜行性のかたつむり達とプラスチックのブギー』に収録されている初期の人気曲。今回の再集結に伴って、昨年メンバー4人が15年ぶりに入ったスタジオでいちばん最初に演奏した楽曲となる。このときの生々しいリハーサル音源を、オフィシャルファンクラブ会員限定コンテンツ“TYMS MUSIC"にて8月21日(日)23:59 まで期間限定で配信を行なっている。こちらもあわせてチェックしてみよう。

■TYMS MUSIC「Subjective Late Show」期間限定配信
※配信期間:8月21日(日)23:59まで
http://theyellowmonkeysuper.jp/feature/music

■「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -KUMAMOTO SPECIAL-」

9月01日(木)  熊本B.9 V1
開場18:30/開演19:30/終演20:30(予定)
チケット代金:無料(但し入場時にドリンク代500円のみ徴収)

■「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -SUBJECTIVE LATE SHOW-」

11月12日(土)  千葉・松戸森のホール21
11月15日(火)  秋田・秋田県民会館
11月18日(金)  静岡・静岡市民文化会館 大ホール
11月19日(土)  山梨・コラニー文化ホール 大ホール
11月21日(月)  群馬・ベイシア文化ホール 大ホール
11月24日(木)  岩手・岩手県民会館 大ホール 
11月25日(金)  青森・リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
11月28日(月)  京都・ロームシアター京都 メインホール
11月30日(水)  石川・本多の森ホール
12月02日(金)  新潟・新潟県民会館
12月07日(水)  富山・オーバード・ホール
12月09日(金)  長崎・長崎ブリックホール 大ホール
12月10日(土)  大分・iichikoグランシアタ
12月12日(月)  鹿児島・鹿児島市民文化ホール 第1ホール
12月14日(水)  愛媛・ひめぎんホール メインホール
12月18日(日)  岡山・倉敷市民会館

【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY オフィシャルHP
THE YELLOW MONKEY、2017年にドキュメンタリー映画公開決定
THE YELLOW MONKEY、11月から全国ホールツアー開催決定
THE YELLOW MONKEY、サブスクリプション型音楽配信サービスで24曲を一挙配信!

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

バンドじゃないもん!、よみうりランドにて猛暑を吹き飛ばすSPライブを開催
Thu, 18 Aug 2016 14:00:00 +0900
8月17日@よみうりランド プールWAI 波のステージ (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が新曲「夏のOh!バイブス」の歌詞にも登場するパイナップルにちなんで、パイナップルの日と称された8月17日(水)によみうりランド プールWAI 波のステージにてスペシャルライブを開催した。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

初のプールサイドでのライブを一目見ようと平日にも関わらず大勢の観客が集合。メンバーは水着姿で登場し、新曲「夏のOh!バイブス」を披露した際には、ステージ上から水がスプラッシュする演出もあり、大盛り上がり。猛暑を吹き飛ばすパフォーマンスでファンを魅了した。

また「夏のOh!バイブス」リリースに先駆け、ニューシングルの各形態に収録される、恋汐りんご・望月みゆによるユニット Chou Chou Creamによる「アイスクリームになりたいの?」、七星ぐみ・天照大桃子によるユニット ブルーツインズによる「シンデレラブルース」、鈴姫みさこ・甘夏ゆずによるユニット コットンラビッツによる「ヒーローズ」を含む全5曲を収録したスペシャルパッケージがiTunes限定で先行配信スタート。アーバンギャルド、PandaBoYなど豪華プロデュースによる個性あふれるユニット楽曲も要チェック!

バンドじゃないもん!は"夏バイブス"全開のニューシングルリリースに合わせ、今後も浴衣でのイベントや渋谷マルイで開催中のポップアップショップ「サマーOH!バイブストア」など夏を感じられるイベントの開催も続々決定している。そして8月24日(水)には川崎クラブチッタにて入場無料のワンマンライブを開催! バンもん!と今年の夏を満喫しよう!

?iTunes/Apple Music限定パッケージ?「夏のOh!バイブス スペシャルエディション」
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/xianooh!baibusu-supesharuedishon/id1141272783?l=ja&ls=1&app=itunes
・Apple Music
https://itunes.apple.com/jp/album/xianooh!baibusu-supesharuedishon/id1141272783?l=ja&ls=1

■【ライブ情報】

◎川崎クラブチッタにてフリーワンマンライブ決定!
8月24日(水)  川崎クラブチッタ
17:30開場/18:00開演
※入場無料

◎?バンドじゃないもん!全国ツアー2016 〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編〜 追加公演決定!
9月19日(月・祝)  浜松 FORCE
9月30日(金)  函館Club Cocoa FIRC
11月12日(土)  沖縄 Out Put

■【イベント情報】

8月18日(木)  渋谷マルイ 8Fイベントスペース
8月19日(金)  渋谷マルイ 8Fイベントスペース
8月20日(土)  OTODAMA SEA STUDIO 2016日(LIVE) 
8月21日(日)  ニューピアホール
8月23日(火)  タワーレコード新宿店
8月25日(木)  仙台EBeans月タワーレコード広島店
8月26日(金)  サッポロファクトリーアトリウム月タワーレコードアミュプラザ博多店・タワーレコード福岡パルコ店
8月27日(土)  名古屋インターナショナルレジェンドホール
8月28日(日)  大崎ブライトコアホール
8月31日(水)  渋谷マルイ 屋上特設ステージ
※終了分は割愛

■シングル「夏のOh!バイブス」

2016年8月24日発売
【通常盤】(CD+特典映像データ)
PCCA-70479/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1.夏のOh!バイブス(作詞:NAOTO , HIROKI/作曲/編曲:NAOTO)
2.HAPPY TOUR(作詞:みさこ、恋汐りんご、望月みゆ/作曲:奥脇達也/編曲MOSAIC.WAV)
3.夏のOh!バイブス〜instrumental〜
4.HAPPY TOUR〜instrumental〜
■特典映像データ収録内容 ※初回プレス分のみ
「夏のOh!バイブス」 Music Video
〜Live Movie@Akasaka Blitz 2016.05.17&18 ダイジェスト映像〜
(「君の笑顔で世界がやばい」「ツナガル!カナデル!MUSIC」「キメマスター」)「HAPPY TOUR」)

【Chou Chou Cream盤】(CD)
PCCA-70480/¥1,000+税
<収録曲>
1.夏のOh!バイブス
2.アイスクリームになりたいの?(作詞/作曲/編曲:PandaBoY)
3.アイスクリームになりたいの?〜instrumental〜

【ブルーツインズ盤】(CD)
PCCA-70481/¥1,000+税
<収録曲>
1.夏のOh!バイブス
2.シンデレラブルース(作詞/作曲:松永天馬/編曲:アーバンギャルド)
3.シンデレラブルース〜instrumental〜

【コットンラビッツ盤】(CD)
PCCA-70482/¥1,000+税
<収録曲>
1.夏のOh!バイブス
2.ヒーローズ(作詞:みさこ/作曲:甘夏ゆず/編曲:河合栄嗣)
3.ヒーローズ〜instrumental〜

◎先着購入特典
夏のOh!バイブス ビキニ生写真(全12種のうち1種)
全国のCDショップにて、8月24日発売「夏のOh!バイブス」1枚をご予約・ご購いただくと、商品ご購入時に夏のOh!バイブス ビキニ生写真(全12種のうち1種)を1枚プレゼントいたします。 数量限定で無くなり次第終了となりますので、ぜひお早目のご予約をおすすめいたします!
※生写真は12種よりランダムで1種プレゼントいたします。

■「夏のOh!バイブス」特設サイト
http://banmon-summer.com/

■「夏のOh!バイブス」MV
https://youtu.be/wf7dgLoaBCc

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
バンドじゃないもん!、よみうりランドでのスペシャルライブ&全国各地のリリースイベントの詳細発表
バンドじゃないもん!、満員のツアーファイナルで追加公演&フリーライヴ開催を発表
バンドじゃないもん!、水着姿が眩しい「夏のOh!バイブス」MVフルを解禁&ユニット盤ジャケ写公開

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル, ライブ

ピアニストの反田恭平、11月に2ndアルバムをリリース! 来年4月には佐渡裕との国内ツアーも!
Thu, 18 Aug 2016 13:00:00 +0900
反田恭平 (okmusic UP\'s)

注目のピアニスト、反田恭平が11月に2ndアルバムを日本コロムビアよりリリースすることがわかった。

【その他の画像】佐渡裕

今年1月にクラシックホールの殿堂、サントリーホール大ホールでデビューリサイタルを催し、満員の聴衆を沸かせて話題となった反田。昨年、アルバム『リスト』で鮮烈なCDデビューを飾ったことも記憶に新しい。

2枚目となる今回のアルバムは、クラシックピアノの花形である協奏曲をメインに据えたもの。数多ある協奏曲の中でも1、2を争う人気曲であるラフマニノフのピアノ協奏曲第2番を収録している。イタリア・トリノでこの夏レコーディングを敢行し、バックのオーケストラはイタリア随一の名門オーケストラであるRAI国立交響楽団。そして、指揮は今日本でも大きな人気を博す若手指揮者、アンドレア・バッティストーニが担う。過去に数々の名盤を有するこのコンチェルトを、反田&バッティストーニというクラシックの次代を担う二人がどのようにアプローチするか、期待が高まる。

さらに、このラフマニノフのコンチェルトをライヴで接する機会も訪れる。来年4月に人気日本人指揮者、佐渡裕ととともに、反田はラフマニノフのこのコンチェルトを国内ツアーで演奏する。現在、オーストリア・ウィーンの名門トーンキュンストラー管弦楽団の音楽監督を務めるマエストロ佐渡と反田の共演は今回が初めて。

8月30日(火)、31日(水)、9月1日(木)に開催の反田恭平3夜連続コンサート(東京・浜離宮朝日ホール)は一般発売日に3公演すべてが完売し、追加公演(9月7日(水)、8日(木)、9日(金) 同会場)も行なうなど、その勢いは来年も止まることがなさそうだ。

■アルバム『ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番』

2016年11月発売
COGQ-97/¥3,000+税
※SACD Hybird
<収録曲>
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番 ハ短調 作品18
ラフマニノフ:パガニーニの主題による狂詩曲

ピアノ:反田恭平
指揮:アンドレア・バッティストーニ
RAI国立交響楽団、東京フィルハーモニー交響楽団
録音:2016年7月7日 トリノ・オーディトリウム、2015年9月11日 東京オペラシティ・コンサートホール(ライヴ)

■【ツアー情報】

佐渡裕(指揮)×反田恭平(ピアノ)
東京シティフィルハーモニック管弦楽団
<プログラム>
ラフマニノフ:ピアノ協奏曲 第2番 ほか

<2017年>
4月14日(金) 東京 府中の森芸術劇場
4月16日(日) 静岡 静岡市清水文化会館マリナート
4月17日(月) 愛知 刈谷市総合文化センター
4月18日(火) 岐阜 バロー文化ホール(多治見市文化会館)
4月21日(金) 長野 キッセイ文化ホール(長野県松本文化会館)
4月22日(土) 山梨 コラニー文化ホール(山梨県立県民文化ホール)
4月23日(日) 神奈川 藤沢市民会館
4月26日(水) 福島 須賀川市文化センター
4月27日(木) 秋田 秋田県民会館
4月28日(金) 青森 リンクステーションホール青森

【関連リンク】
反田恭平 オフィシャルHP
「題名のない音楽会」が51年目にして「題名のある音楽会」に!?
玉置浩二、5月より開催のオーケストラ公演にて新プログラムの演奏が決定
玉置浩二、オーケストラ公演が5月より新始動!

【関連アーティスト】
佐渡裕
【ジャンル】
クラシック

モノブライト、初のセルフカバーアルバム『VerSus』を10月にリリース
Thu, 18 Aug 2016 12:00:00 +0900
モノブライト (okmusic UP\'s)

モノブライトがセルフカバーアルバム『VerSus』を10月12日にリリースすることがわかった。

【その他の画像】モノブライト

本アルバムには、10周年にふさわしいモノブライトのヒットソングが選曲された。2007年7月にリリースのデビュー曲「未完成ライオット」をはじめ、同年のデビューアルバムから「デイドリームネイション」、2008年の映画『アフタースクール』の主題歌として大ヒットした「あの透明感と少年」、2009年の2ndアルバムからライヴ定番曲「踊る脳」、2011年のスカパー!Jリーグ中継イメージソング「COME TOGETHER」、映画『婚前特急』の主題歌として主演の吉高由里子とのMVが話題を呼んだ「DANCING BABE」と、全6曲が収録される。

モノブライトの10年間で産み落とされてきた名曲たちが、デビュー10周年という節目の年に、どのようにリアレンジされているのか? お楽しみに!

【モノブライト 桃野陽介 コメント】
「セルフカバー『VerSus』について」
「デビューしてから10年という節目である僕らは、これから先変わることなく、自分たちの音楽、バンド、そしてこのコメントを読んでいる音楽ファンのアナタとともに活動していく所存です。

バンド初となるセルフカバーアルバム「VerSus」は、モノブライトが常に過去を超える作品、活動を目指してきた思いから、VSであり、対峙である、といった意味と、生み出した愛おしい楽曲たちとともに未来へ進んでいく気持ちで、このタイトルを付けました。
今現在のモノブライトを余すところなく感じていただくには、ライブに来てる人は、その進化を感じて頂いていると思いますが、音源でも、それを表現したい!! そんなコンセプトが今回のセルフカバーであります。今が一番面白いと思うから、まだやってない事をやりたい。今が一番面白いと思うから、昔の曲をやっても新しく聞こえるんじゃないか、僕らのデビューシングル「未完成ライオット」を今やったら完成しちゃうんじゃないかという、絶対的自信確信から生まれた作品なので、コレ聴いたらライブ見たくなっちゃうよ☆そんな温故知新アルバムを是非、楽しみにお待ち下さい!」

■アルバム『VerSus』

2016年10月12日発売
ASCU-2007/¥1,667+税
<収録曲>
01.未完成ライオット(VerSus Ver.)
02.デイドリームネイション(VerSus Ver.)
03.あの透明感と少年(VerSus Ver.)
04.踊る脳(VerSus Ver.)
05.COME TOGETHER(VerSus Ver.)
06.DANCING BABE(VerSus Ver.)
※曲順未定

【関連リンク】
モノブライト オフィシャルHP
モノブライト、アニメ『ぼのぼの』エンディング曲「bonobonoする」を配信リリース
日本工学院専門学校主催『Summer tunes 2016』にCharisma.com、モノブライト、三戸なつめが出演
日本工学院が赤坂BLITZで恒例のサマーライブを開催

【関連アーティスト】
モノブライト
【ジャンル】
ジャパニーズロック

セカイイチ、デイタイムワンマンライヴ「真昼の月 Vol.4」を開催
Thu, 18 Aug 2016 11:00:00 +0900
セカイイチ (okmusic UP\'s)

セカイイチがデイタイムワンマンライヴ「真昼の月 Vol.4」を開催することがわかった。

【その他の画像】セカイイチ

3連休の初日、9月17日(土)に東京・青山月見ル君想フでお昼の12:30からスタートするという、文字通りのデイタイムワンマンライヴで、今年で4回目の開催になる。このライヴでは、「真昼の月」というタイトルにちなんで、日中は太陽の光で見えていないけれども、確かに存在する真昼の月のような、隠れた名曲を1曲カバーするという企画もあり、今回もどんな選曲になるか気になるところだ。

セカイイチの楽曲はもちろん、この日しか聴けないアレンジの名曲を、お昼から楽しめる貴重なワンマンライヴにとなる。チケットはセカイイチのオフィシャルHPで予約受付中。過去3回はソールドアウトしているので、チケット購入はお早めに!

■「真昼の月 Vol.4」

9月17日(土) 東京 青山月見ル君想フ
開場11:50 / 開演12:30 / 終演14:00予定
前売3,500円(税込・ドリンク代別)
チケット予約受付中
https://sekaiichi.futureartist.net/enquete/56218

【関連リンク】
セカイイチ オフィシャルHP
セカイイチ、最新アルバム曲より2曲のMVを2公開
セカイイチ、5月より全国8カ所を巡るリリースツアーを開催
セカイイチ、3月30日にリリースされる新作のアートワークやMVなどを一挙公開

【関連アーティスト】
セカイイチ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

04 Limited Sazabys、ニューアルバムのリード曲「Warp」のMVを公開
Thu, 18 Aug 2016 00:00:00 +0900
「Warp」MV (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabys(フォーリミテッドサザビーズ)が9月14日にリリースする2ndフルアルバム『eureka』(ユリイカ)より、リード曲「Warp」のMVを公開した。

【その他の画像】04 Limited Sazabys

フォーリミの真骨頂とも言えるポップパンクチューン「Warp」は、音に入り込んで“ワープ”することで、現実世界でのネガティブなことさえもキラキラした情景に変わっていくという“音の世界”を表現。メンバーが揃いのツナギを着て遊ぶシーンや、目を奪われるような外国人美女とはしゃぐ“レアシーン”なども必見で、バンド初期のようなフレッシュさとライヴ感のある、キラキラとした楽しいMVに仕上がっている。

メロディック、ロック、ポップ。すべてが詰まったフォーリミ渾身の2ndフルアルバム『eureka』。その全貌は今後オフィシャルHPで徐々に解禁されていくとのことだ。

■「Warp」MV
https://www.youtube.com/watch?v=gCKc99GZlqU

■アルバム『eureka』

2016年9月14日発売
【初回盤】(CD+DVD)
COZP-1228〜9/¥3,200+税
【通常盤】(CDのみ)
COCP-39661/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
01.Horizon
02.Feel
03.drops
04.Warp
05.paradise
06.climb
07.Night on
08.mahoroba
09.discord
10.Telepathy
11.Letter
12.eureka
■DVD ※初回盤のみ
・AIM tour 2016 final @TOYOSU PIT
・AIM tour Diary
・NEWS 04
・AIMツアー 慰安旅行?
※初回プレス封入特典あり
※主要チェーン別先着購入特典あり
内容・詳細はオフィシャルHPをチェック!

【関連リンク】
04 Limited Sazabys オフィシャルHP
04 Limited Sazabys、2ndフルアルバム詳細&ジャケット写真を公開
04 Limited Sazabys、9月に2ndアルバム『eureka』発売決定&全国ツアーも発表
『イナズマロック フェス 2016』第4弾出演アーティストとしてソナポケ、HKT48らの参加を発表

【関連アーティスト】
04 Limited Sazabys
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1