歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年08月17日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/08/26
2016/08/25
2016/08/24
2016/08/23
2016/08/22
2016/08/21
2016/08/20
2016/08/19
2016/08/18
2016/08/17
2016/08/16
2016/08/15
2016/08/14
2016/08/13
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
[Alexandros]、新木場STUDIO COASTでのライヴを3元生中継することが決定
Wed, 17 Aug 2016 21:00:00 +0900
[Alexandros] (okmusic UP\'s)

[Alexandros]がニューシングル「Swan」のリリース(8月24日)を記念して、8月23日(火)に新木場STUDIO COASTで開催する2マンライヴイベント「[Alexandros] & Blossoms」より、[Alexandros]のライヴを一部生中継することが決定した。

【その他の画像】[Alexandros]

生中継は8月23日(火)20:30〜21:05。ライヴ配信プラットフォームである「LINE LIVE」、動画サイトの「GYAO!」、そしてスペースシャワーTV公式スマートフォンアプリ「スペシャアプリ」で視聴することができる。

■8月23日(火)新木場STUDIO COASTライヴ生中継

■「LINE LIVE」:スマートフォン用アプリをダウンロード。
・iPhone
https://lin.ee/goCPbh2/dtzb/ta
・Android
https://lin.ee/4C8u0Ln/dtzb/ta
アプリダウンロード後、下記へアクセス。
https://live.line.me/r/channels/21/upcoming/8755

■GYAO!(PC、スマホ共通)
http://gyao.yahoo.co.jp/music-live/

■スペシャアプリ:スマートフォン用アプリをダウンロード(iPhone/Android対応・無料)。
http://sstv.jp/app

詳しくは[Alexandros]Special Siteへ!
http://sp.universal-music.co.jp/alexandros/swan/

【関連リンク】
[Alexandros]、話題の新曲「Swan」のMVがついに解禁
[Alexandros]、映画『ターザン:REBORN』と新曲「Nawe, Nawe」のコラボトレイラーを公開
[Alexandros]、ニューシングル「Swan」のジャケット写真を公開
[Alexandros]の「Nawe, Nawe」を使用した映画『ターザン:REBORN』トレーラー解禁

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ALL OFF、アメリカ最大級のアニメイベント『OTAKON』で約2000人を熱狂の渦に!
Wed, 17 Aug 2016 20:00:00 +0900
ALL OFF (okmusic UP\'s)

ALL OFFがアメリカ最大級のアニメイベント『OTAKON』に出演! TVアニメ「へヴィーオブジェクト」オープニングテーマ『One More Chance!!』、『Never Gave Up』をはじめ、 TVアニメ「モブサイコ100」のエンディングテーマ『リフレインボーイ』を含む全14曲を披露し、約2000人の観客を熱狂の渦に巻き込んだ。

【その他の画像】ALL OFF

カリフォルニア育ちのヴォーカルso-heyの英語でのMCもあり会場が一体となり、来場者は当然、関係者の評価も非常に高いライブとなった。

ALL OFFの海外公演は今回が初めてだったが、8月27日には台湾で行われる『NO FEAR FESTIVAL 2016』に出演することも決定している。 今後のワールドワイドな活躍にも是非注目してほしい!

(C)ONE・小学館/「モブサイコ100」製作委員会

■【ライヴ&イベント情報】

『TREASURE05X 2016 -BURNING DIAMONDS-』
??8月20日  【愛知】名古屋DIAMOND HALL/APOLLO BASE

『NO FEAR FESTIVAL 2016』
8月27日 【台湾】

『HenLee presents SAJI ROCK FESTIVAL 2016』
8月30日 【東京】渋谷Cyclone/GARRET

『Eggs presents TOKYO CALLING 2016』
9月17日〜19日 【東京】下北沢(9/17),新宿(9/18),渋谷(9/19)
※出演日は後日発表

『ALL OFF presents - NEW HORIZON TOUR -』
10月01日 【広島】広島SECOND CRUTCH
10月02日 【福岡】福岡graf
10月22日 【茨城】水戸LIGHT HOUSE
10月23日 【宮城】仙台HooK
11月19日 【長野】伊那GRAMHOUSE
11月20日 【千葉】千葉LOOK
11月26日 【兵庫】MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
11月27日 【山口】LIVE rise SHUNAN
12月01日 【愛知】3STAR IMAIKE
12月02日 【大阪】心斎橋VARON
12月07日 【東京】渋谷clubasia

■シングル「リフレインボーイ」

2016年8月31日発売
【アーティスト盤】(CD only)
1000619691/¥1,200+税
<収録内容>
1. リフレインボーイ
2. 21
3. Light Up The Sky
4. リフレインボーイ -Instrumental-

【アニメ盤】(CD+DVD)
1000619692/¥1,800+税
<収録内容>
■CD
1. リフレインボーイ
2. リフレインボーイ -English ver.-
3. リフレインボーイ -TV size-
4. リフレインボーイ -TEKINA remix-
5. リフレインボーイ -Instrumental-
■DVD
TVアニメ「モブサイコ100」ノンテロップエンディング映像

◎特典情報
(1) OP/ED同時購入特典:2枚収納スリーブ
・対象店舗:アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、ソフマップ、TSUTAYA ONLINE、HMV
・対象商品:「99」MOB CHOIR<アニメ盤>
「リフレインボーイ」ALL OFF<アニメ盤>
(2) ED:「リフレインボーイ」ALL OFF
メーカー特典:B2両面告知ポスター
対象商品:「リフレインボーイ」ALL OFF<アーティスト盤><アニメ盤>
対象店舗:アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、ソフマップ、TSUTAYA、タワーレコード、HMV

■「リフレインボーイ」MUSIC VIDEO
https://www.youtube.com/watch?v=lZLEXj52lcc

【関連リンク】
ALL OFF オフィシャルHP
ALL OFF、話題のアニメED曲となるシングル「リフレインボーイ」詳細解禁
ALL OFF、アニメ『モブサイコ100』 エンディングテーマとなっている「リフレインボーイ」のMV解禁
ALL OFF、10月から全国ツアーを開催!

【関連アーティスト】
ALL OFF
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, イベント

amazarashi、10月にミニアルバム『虚無病』をリリース
Wed, 17 Aug 2016 19:30:00 +0900
amazarashi (okmusic UP\'s)

秋田ひろむを中心とするバンド、amazarashiが10月12日に約3年ぶりとなるミニアルバム『虚無病』をリリースすることを発表した。

【その他の画像】amazarashi

タイトル曲となる「虚無病」は、秋田ひろむが書き下ろす新たなストーリーの中で繰り広げられる架空の病で、amazarashiの楽曲がモチーフになったキャラクターと共に同タイトルの物語が展開される。10月15日(土)に幕張メッセイベントホールで行なうワンマンライヴのタイトルも「虚無病」で、ライヴとリンクした世界観を作り出す新たなプロダクツとなるとのこと。

すでにソールドアウトとなっている同イベントは、透過性LEDで360°囲われたステージで、初回生産限定盤に付属される小説『虚無病』と共に進行される、自身初の試みとなる予定。詳細は明かされていないが、人間世界に謎の新種ウイルス“虚無病”が蔓延するという完全オリジナル作品となる。

また、同公演を、5大都市に加え、神奈川、埼玉、京都、兵庫、仙台、茨城、福島、青森、新潟、石川、岐阜、静岡、岡山、広島、香川、鹿児島など全国27ヶ所の映画館で生中継することも発表となった。オフィシャルモバイルサイト「apologies」では、先行チケット予約を受け付けている。

■ミニアルバム『虚無病』

2016年10月12日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-3175〜7/¥2,000+税
【通常盤】(CDのみ)
AICL-3178/¥1,500+税
※初回仕様あり

■amazarashi 360° 「虚無病」ライブ・ビューイング

10月15日(土) 17:00 start
全国各地 27ヶ所の映画館
※開場時間は会場によって異なる。
<実施会場>
http://liveviewing.jp/amazarashi360/
料金 3,800円(税込/全席指定)
※LV限定チケットホルダー付き

<チケット>
■オフィシャルモバイルサイト「apologies」先行
2016年8月21日(日)23:59まで(スマートフォン、フューチャーフォン限定)
http://m.apologies.jp/
■先行抽選販売
2016年8月27日(土)13:00〜2016年9月19日(月)23:59
イープラス(PC、モバイル共通)
http://eplus.jp/amazarashi201610-lv/
ローソンチケット(PC、モバイル共通)
http://l-tike.com/cinema/amazarashi-lv/
チケットぴあ(PC、モバイル共通)
http://w.pia.jp/t/amazarashi-lv/
■一般発売(先着順受付)
2016年10月1日(土)18:00〜2016年10月14日(金)12:00
イープラス(PC、モバイル共通)
http://eplus.jp/amazarashi201610-lv/
ローソンチケット(PC、モバイル共通)
http://l-tike.com/cinema/amazarashi-lv/
チケットぴあ(PC、モバイル共通)
http://w.pia.jp/t/amazarashi-lv/

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashi、全国20ヶ所+台北、香港で行なわれた劇場イベントで弾き語りライヴを生中継
amazarashi、新作ライヴ映像作品から「多数決」を先行フル公開
amazarashi、新作トレーラー映像&アートワーク公開

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Gacharic Spin、7つの発表第5弾はニューアルバム全曲30秒先行試聴
Wed, 17 Aug 2016 19:00:00 +0900
Gacharic Spin (okmusic UP\'s)

10月に迎えるバンド結成7周年を記念して、7月7日より7の付く日に7つの発表をスタートさせた“全力エンターテイメントガールズバンド”ことGacharic Spin(ガチャリックスピン)。 その第5弾として、9月7日リリースのアルバム『確実変動 -KAKUHEN-』に収録される全12曲の30秒先行試聴が、ビクターエンタテインメントのGacharic Spinアーティストページでスタートした。

【その他の画像】Gacharic Spin

アルバム収録全12曲のうち、先行シングルの「シャキシャキして!!」「アルブスの少女」、F チョッパーKOGAのレギュラー番組・J-WAVE『SOUND GARAGE UNIVERSE』で8月12日(金)に初オンエアされた「ゴー!ライバー」、そして8月12日(金)のメンバー出演のニコニコ生放送でワンコーラス紹介された「最後のピース」「リスキーリスキー」以外の7曲、「KAKUHEN」「Friendship」「パラリヤハッピー」「恋愛スイッチ」「胸を張ってもいいんだよ」「シナリオ」「白がこの街と僕を染める」はこれが本邦初公開となるので、ぜひチェックしてみよう!

なお、第1弾では、メジャーセカンドアルバム『確実変動 ?KAKUHEN-』のリリース決定。第2弾は、8月毎週木曜日ニコニコ生放送実施決定。第3弾は、アルバムジャケット&アーティスト写真&収録曲名の公開。第4弾は、アルバム初回生産分の中から777枚にメンバー直筆メッセージ入り「ラッキー7カード」封入が発表となっている。

そして、ニューアルバムリリースを記念してメンバー全員出演で行なっているニコニコ生放送は、8月18日(木)「変ノ編」で第3回を迎える。この回まではGacharic Spin公式ニコニコチャンネル「ガチャンネル」で放送されるが、8月25日(木)の最終回となる第4回「動ノ編」はニコニコ生放送公式で生放送となる。どちらの放送も、最新映像の初公開、ニューアルバムからの楽曲紹介、そしてメンバー同士でバトルする名物企画「絵心対決」など、見ごたえある楽しいコーナーと最新情報が満載のプログラムとなっているので、お見逃しなく!

【Gacharic Spinメンバー コメント】
7つの発表第5弾!
発売前に、、、、
なんとNEWアルバム「確実変動-KAKUHEN-」に収録する全12曲を先行視聴できるようにしちゃいます★
今まで何曲かニコ生やラジオで流したりしていましたが、、、なんと全曲です! 30秒ずつですが幅広い楽曲のそれぞれの楽しさが伝わると思います!
そして、ライブではどんな風にやるか想像して聴いてください♪ Gacharic Spinの楽曲はパフォーマーのパフォーマンスも加わって完成しますからね!
今後、どこで新曲を披露していくかわからないのでどのライブも見逃せませんよー★ 東京1週間連続ライブは特に要チェックです♪

■ビクターエンタテインメント Gacharic Spinアーティストページ
※アルバム『確実変動 ?KAKUHEN-』30秒先行試聴
http://jvcmusic.co.jp/gacharicspin/

■アルバム『確実変動 ?KAKUHEN-』

2016年9月7日リリース 
【初回生産限定盤Type-A 】(CD+DVD)
VIZL-1025/¥3,426+税
【初回生産限定盤Type-B】(CD+DVD)
VIZL-1026/¥3,426+税
【通常盤】(CD)
VICL-64619/¥2,685+税
<収録曲>
■CD
01 KAKUHEN
02 Friendship
03 シャキシャキして!!
04 ゴー!ライバー
05 最後のピース
06 パラリヤハッピー
07 恋愛スイッチ
08 胸を張ってもいいんだよ
09 シナリオ
10 白がこの街と僕を染める
11 リスキーリスキー
12 アルブスの少女
■初回生産限定盤Type-A DVD 
1. シャキシャキして!! Music Video
2. シャキシャキして!! MV Making
■初回生産限定盤Type-B DVD  
1. LIVE「オレオさんの婚活ツアー\'16春 〜新しい出会いを求めて〜」 2016.05.28
常識デストロイヤー、ガンバンバダンサー、シャキシャキして!!
2. LIVE「オレオさんの婚活ツアー\'16春 〜新しい出会いを求めて〜」 Making Movie

■ニコニコ生放送スケジュール

8月18日(木)20:00〜21:00「変ノ編」
※Gacharic Spin公式ニコニコチャンネル「ガチャンネル」で生放送
http://ch.nicovideo.jp/gachannel

8月25日(木)20:00〜21:00「動ノ編」
※ニコニコ生放送公式で生放送
http://live.nicovideo.jp/watch/lv269666271

■【ライヴ情報】

「な・な・なんと7日間!!!!!!!」
会場:Shibuya WWW
9月05日(月)w:jealkb
9月06日(火)w:モーモールルギャバン
9月07日(水)w:アルカラ
9月08日(木)w:METALLIC SPIN
9月09日(金)w:heidi.
9月10日(土)w:生ハムと焼うどん
9月11日(日)w:LINDBERG 

Gacharic Spin ワンマンツアー「な・な・なんと7周年!!!!!!!」
10月08日(土) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
10月10日(月・祝) 静岡・SUNASH
10月15日(土) 福岡・BEAT STATION
10月16日(日) 広島・SECOND CRUTCH
10月23日(日) 新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
10月29日(土) 大阪・umeda AKASO
10月30日(日) 愛知・名古屋Electric Lady Land
11月03日(木・祝) 北海道・札幌 cube garden
11月05日(土) 宮城・仙台CLUB JUNK BOX
11月12日(土) 東京・TOKYO DOME CITY HALL

【関連リンク】
Gacharic Spin オフィシャルHP
Gacharic Spin、“7"つの発表第4弾はアルバム初回生産分“777"枚に直筆「ラッキー7カード」封入!
Gacharic Spin、“7"つの発表第3弾でアルバム『確実変動 ?KAKUHEN-』の全貌が明らかに!
Gacharic Spin、“7”週連続“7”つの重大発表の第二弾発表は「ニコニコ生放送」実施決定

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MUCC、アニメ『七つの大罪』主題歌シングル詳細解禁
Wed, 17 Aug 2016 18:30:00 +0900
MUCC (okmusic UP\'s)

MUCCが9月14日にリリースするニューシングル「CLASSIC」の詳細、そして最新ビジュアルが解禁された。

【その他の画像】Ken

前作「ハイデ」に引き続き、サウンド面は全編プロデュースにKen(L\'Arc〜en〜Ciel)を迎えて制作。表題曲「CLASSIC」は8月28日(日)17:00からスタートするTVアニメ『七つの大罪 聖戦の予兆』のオープニングテーマに決定しており、現在実施中のツアーでもいち早く披露されている。

初回生産限定盤(CD+DVD)のCDには表題曲「CLASSIC」の他に、すでにライヴでも披露されている名曲「トリガー」などを収録。DVDには「CLASSIC」のMV、そして「MUCC TOUR 2016 GO TO 20TH ANNIVERSARY 孵化 -哀ア痛葬是朽鵬6極志球業シ終T-」初日の日比谷野外大音楽堂公演から「KILLEЯ」を、前作「ハイデ」でも好評を博した各メンバー“マルチアングル”映像で計9トラックが楽しめる。より充実した内容で届けたいという意向から、収録曲をボリュームアップ! そのため、先日発表していた価格を変更することとなった。

期間生産限定盤(アニメジャケット仕様)、通常盤にはこちらも新録曲「YESTERDAY ONCE MORE」、その他には「CLASSIC TV EDIT」、「CLASSIC TV EDIT」のオリジナルカラオケなどが収められる。

全タイプ共通の楽曲としては、ミヤ(Gu)と公私ともに親交のあるTeddyLoidが前作「ハイデ」をリミックスした「ハイデ-TeddyLoid Remix-」が収録される。

「CLASSIC」の通常盤ジャケット、最新ビジュアルも解禁。今回はアートディレクターに木村カエラ、UNISON SQUARE GARDEN、KEYTALKらを手掛けるいのうえよしひろ(Giottographica)、カメラマンにMAN WITH A MISSION、BLUE ENCOUNTといった幅広いアーティストの写真を手掛ける後藤倫人を迎え、楽曲の世界観を体現した作品となった。なお、Sony Music Shopでは非売品ステッカーが付く予約もスタートしている。

さらに、全国4ヶ所、計7回のリリースイベントの開催も決定! 「七つの断罪〜あなたの罪、許します〜」と銘打って開催される今回のイベントはタイトル通り、神父に扮したメンバーが会場で「CLASSIC」のCD購入者(参加者)の罪を断罪し、“七つの免罪符”を渡すというもの。詳細はオフィシャルHPでチェックしてみてほしい。

(C) 鈴木央・講談社/「七つの大罪TVSP」製作委員会・MBS

■シングル「CLASSIC」

2016年9月14日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
AICL-3154〜5/¥2,300+税
<収録曲>
■CD
01.CLASSIC
02.トリガー
03.ハイデ-TeddyLoid Remix-
04.CLASSIC -Original Karaoke-
■DVD
・CLASSIC(MV)
・KILLEЯ from 孵化
・Tatsuro KILLEЯ(Tatsuro angle view original mix)
・Tatsuro KILLEЯ(Tatsuro angle view 迫り来る逹瑯 mix)
・Miya KILLEЯ(Miya angle view original mix)
・Miya KILLEЯ(Miya angle view 迫り来るミヤ mix)
・YUKKE KILLEЯ(YUKKE angle view original mix)
・YUKKE KILLEЯ(YUKKE angle view 迫り来るYUKKE mix)
・SATOchi KILLEЯ(SATOchi angle view original mix)
・SATOchi KILLEЯ(SATOchi angle view 迫り来るSATOち mix)

【通常盤】(CDのみ)
AICL-3156/¥1,300+税
<収録曲>
01.CLASSIC
02.YESTERDAY ONCE MORE
03.ハイデ -TeddyLoid Remix-
04.CLASSIC TV EDIT
05.CLASSIC TV EDIT -Original Karaoke-

【期間限定通常盤】(CDのみ)
AICL-3157/¥1,300+税
※アニメ両面デジパック仕様
<収録曲>
01.CLASSIC
02.YESTERDAY ONCE MORE
03.ハイデ -TeddyLoid Remix-
04.CLASSIC TV EDIT
05.CLASSIC TV EDIT -Original Karaoke-

■ニューシングル「CLASSIC」リリース記念イベント「七つの断罪〜あなたの罪、許します〜」

8月27日(土) 福岡 イオンモール香椎浜 1Fセントラルコート
17:30〜(当日会場CD予約開始9:00〜)
9月04日(日) 大阪 あべのキューズモール 3F スカイコート
<一部>12:00〜/ <二部>17:00〜(当日会場CD予約開始10:05〜)
9月10日(土) 愛知 名古屋近鉄パッセ 屋上イベントスペース
12:00〜(当日会場CD予約開始10:30〜)
9月10日(土) 愛知 アスナル金山 明日なる!広場
17:00〜(当日会場CD予約開始15:00〜)
9月17日(土) 東京 タワーレコード渋谷店 B1F CUT UP STUDIO
<一部>15:00〜 / <二部>18:00〜

<対象商品>
9月14日発売 MUCC ニューシングル「CLASSIC」
【初回生産限定盤】AICL-3154〜5 ¥2,300+税
【通常盤】AICL-3156 ¥1,300+税
【期間生産限定盤】AICL-3157 ¥1,300+税
<イベント内容>
トーク+七つの免罪符お渡し会

【関連リンク】
MUCC オフィシャルHP
ラルクKen主宰『PARTY ZOO』、豊洲PIT公演にSpecial Guest!
ラルクKen主宰『PARTY ZOO』、名古屋公演の全貌が明らかに

【関連アーティスト】
Ken, L’Arc~en~Ciel, MUCC, TeddyLoid
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, ビジュアル, テレビ(番組/CM)

音×AiR、大地(Gu)のラストステージとなるワンマンライブで大熱狂!
Wed, 17 Aug 2016 18:00:00 +0900
8月7日@東京・渋谷TSUTAYA (okmusic UP\'s)

音×AiRが8月7日に東京・渋谷TSUTAYA O-crestで、8月14日には大阪・阿倍野ROCKTOWNでワンマンライブを開催。5か月ぶりとなった今回のワンマンライブは、7月に卒業を表明した大地(Gu)のラストステージでもあった。

【その他の画像】音×AiR

黄、青、緑、赤のメンバーカラーの照明に導かれて、SEに乗ってひとりずつステージに登場した音×AiR。衣装は夏らしいヤシの木柄のショーツとカラーポロ+ドットタイで、楓(Vo)だけショーツと揃いのジャケットを着ている。おもむろに大地のカッティングが炸裂し、前回のワンマンで最後に演奏した「ホームグラウンド」でライブはスタートした。ストリートライブ修業の成果か、演奏も骨太になり、楓の歌声も強靭。続く「純愛バイセコー」「ダントツ☆YOU」は動きもよく、観客もジャンプで応える。

『祭り好きですかー!』と煽り、音×AiRが初めて作った曲「僕らの音楽」へ。『とっておきのお祭りの曲』と言って披露した「音祭り」は、ラップ(あるいはお囃子)を交えた音頭っぽい浪花のブルースだ。恒例となった振付講座つきの「Love Me Do」から、敬愛するウルフルズの「ガッツだぜ!」を連想させる「ダメ」、「叱ってサディスティック」と繋げて甘ったれ坊主ぶりをアピールした。

ここでワンマンライブ恒例、リーダー竜之介(Dr)のMCコーナー。おなじみのボケっぱなしグダグダ調に大地が的確な突っ込みを入れていく。mysoundの配信チャート1〜3位を独占した3曲から、「波乗りトコナッツ」(1位)と「抱きしめたいハグトゥナイ」(3位)、さらに女子ほめちぎり曲「乙女ビンビン」でアゲまくり、先述の3曲のひとつ、バラードの「バンソウコ」(2位)でチルアウト。大地のギターソロがむせび泣き、楓の歌唱力の上達も際立った。もう一曲スローの「歩く歩く歩く」を続けて、ライブは折り返し地点に。

MASAYAのベースが唸るファンキーな「オトコボンバー」から、この日が完全初披露となる新曲「ネバギバソウル」へ。ちょっとおじさんくさい歌詞が親しみやすいメロディに乗った音×AiRらしい曲だ。そして、ここで大地の卒業をあらためてアナウンス。笑わせつつも、少々しんみりするのは仕方ない。『全然ネガティブなことじゃないし、やりたいことも変わらへんし、俺らは右行って大地は左行く、それだけやねん。これからも一所懸命、進みたいところへ突っ走っていくんで、これからも応援よろしくお願いします!』と前置きして「なんちゃってヒーロー」で本編を明るくフィニッシュした。

アンコールを求める手拍子に応え、Tシャツに着替えた4人が再登場。元気に「new world」をかまして、ある意味この夜のハイライトといえる長いMCタイムが始まった。竜之介とMASAYAがひと言ずつ話した後、大地は笑いを交えながら、スティーブ・ジョブズと堀江貴文の両氏に影響されたというスピーチを披露。その内容はブログ(http://ameblo.jp/onxair/entry-12190434329.html)に書いてあることとほぼ同じなので、書いていないことだけ記録しておこう。

『4月ぐらいから、これからやるライブに自分が本当にやりたくて向かってるのか、ライブがあるから行くのかよくわからなくなって、モヤモヤしててん。ほんで6月ぐらいに、楓が考えてきたセットリストが、ライブがあるから曲の順番を決めました、みたいな感じだったのが、すごい気に食わんかって。でも自分はどうかっていったら、ワクワクしながら“どうやってみんなを楽しましたろかな”みたいに考えれてなかったな、って。それを見つける時間が俺にはいま必要やって思って、やめるわって言ったんです。最初は活動休止しようって言ってんけど、3人は続けるって。すごく強いと思う、俺は。正直、あのときはみんななあなあでライブしてたと思う。でも、俺がやめるって言った後は変わってきたし、それはすごくいいことやったと思ってる』

最後にバトンを受けた楓は、7歳からの長い付き合いで、賢くてギターもうまくて話も面白く、何でもできる同級生の大地に憧れ続けていたと話し始めた。『大地が卒業するってなったときに、よくわからんくなった時期もあったけど、やっぱりやめたくない、また頑張ろう、ってもがきながらやった1か月ちょいは、シンプルに楽しかった。しんどいけど、難しいけど、どうしたらええかわからへんけど、この先、絶対やったろ、笑ったろ、って自分のなかでフツフツってなったのがうれしくて。それを忘れんと、俺は音×AiRで歌う。だから安心して、これからもついてきてください。大地と一緒に東京でやる最後の曲です』と語り、万感を込めた「あの頃のままで」でライブの幕を閉じた。

終演後、予定にはなかったが、別れを惜しむファンのために彼らは物販に立った。そんなハートフルロックバンドらしい4人を順番に呼び出して話を聞いた。

竜之介『めちゃくちゃ楽しかったです。いちばん賢いやつがおらんようになるので普通に考えてヤバいですけど、音×AiRは全然やれるし、むしろワクワクしてます。やりたいことは何もかも全部やったろと思ってます。だから今日のMCでも言いたいことを何も考えずにそのまま言いました(笑)』

MASAYA『最高でしたね。僕らも楽しんでお客さんも楽しませていこうって言ってたんですけど、それができたんじゃないかなと思います。(お客さんが泣いていたね、と言われて)“泣かんといてくれ……わかるけど!”って思ってました(笑)。やっぱり笑ってほしいですね。今後は個人個人もバンドとしても頑張るしかないです。まだまだ大きくなります。絶対売れるんで、期待しててください』

楓『“俺らしく”っていうのが個人的なテーマだったんですけど、できたんちゃうかなって思ってます。みんな笑ってくれたし、泣いてくれたし、僕がバンドでやろうと思ってる、感情を揺さぶるということができて満足してます。理想のバンド像にちょっと近づきましたね。大地の仕事量が凄まじかったんで、これからもパワーダウンしてるなって思われへんように一所懸命やります。そこに気を取られるつもりもないんで、楽しみながら』

大地「お客さんをどうやって楽しませたろ、ってワクワクしながら、いい精神状態で臨めて、すごく楽しめました。やめるっていう決断は正直、安直やったかもしれないですけど、続けることにこだわって失礼なことをダラダラやり続けるくらいやったら、一回やめてでも充電せなあかんって思ったんです。それをメンバーに話してから今日までの2か月、ちょっと自分の時間ができて、すでに曲を作りたい欲も出てきてるし、戻る可能性もゼロじゃないと思うし、受け入れてもらえるかどうかはわからないですけど(笑)。音×AiRを外から見れるすごくいい機会やと思ってます。だからこの後が楽しみやし、きっとよくなると思います」

別れは寂しいが、新たな出会いのチャンスでもある。続けることを選んだ竜之介、楓、MASAYAの3人は、きっとその選択を正しいものにしていくはずだ。それは大地も同じことで、点を線にし、自分の運命を作るのは自分自身なのだ。4人の前途はどこまでも明るい。

■【セットリスト】

1 ホームグラウンド      
2 純愛バイセコー
3 ダントツ☆YOU      
4 僕らの音楽
5 音祭り
6 Love Me Do
7 ダメ
8 叱ってサディスティック
9 波乗りトコナッツ
10 抱きしめたいハグトゥナイ
11 乙女ビンビン
12 バンソウコ     
13 歩く歩く歩く
14 オトコボンバー
15 ネバギバソウル
16 なんちゃってヒーロー
EC-1 new world
EC-2 あの頃のままで

■【配信情報】

■スマートフォン向け音楽配信サイトmysoundでは、音×AiRの新曲3曲を期間限定価格32pt(32円)で配信中!(〜8月21日まで実施)
・音源購入(音×AiR特集ページ)
http://mysound.jp/sp/8618/

■8月22日より、ライブ会場限定音源も含む過去3作品「ベストオブハタチ」「ダメ」「ええCDできましたさかいに!」の配信を開始!

【関連リンク】
音×AiR オフィシャルHP
音×AiR、ワンマンライブ目前にmysoundシングルチャート1位、2位、3位を独占!
音×AiR、原宿アストロホールにて開催した東京初ワンマンライヴが大成功
音×AiR、ドワンゴジェイピーでシングルチャート1位を獲得

【関連アーティスト】
音×AiR
【ジャンル】
J-POP, ライブ

hitomiの『LOVE LIFE』は女性アーティストが隆盛を迎えた、2000年を象徴するアルバムのひとつ
Wed, 17 Aug 2016 18:00:00 +0900
『LOVE LIFE』(’00)/hitomi (okmusic UP\'s)

リオデジャネイロ・オリンピックもそろそろ終盤。前半戦では柔道、体操と金メダルが出て、かつて日本のお家芸と言われた競技の復活という喜ばしいニュースが届いたが、その一方で、以前の勢いがなくなったことを目の当たりにさせられた競技もある。ずばり、マラソンである。男子は最終日なので未だ何とも言えないが(その意味でも出場選手には頑張ってもらいたいが)、女子の凋落ぶりは黄金期を知る者には衝撃的ですらある。バルセロナで有森裕子が銀、アトランタで有森裕子が銅、シドニーで高橋尚子が金、アテネで野口みずきが金と、4大会連続で日本人がメダルを獲得する、かつてのお家芸であったのだが、完全に隔世の感を禁じ得ない。毎度ゴタゴタする選考方法を含めて、世代交代の促進、強化プランの見直し等、抜本的な改革が必要であろう。そんな女子マラソンの黄金期に思いを馳せると、頭の中に流れて来るメロディーと歌声がある──。

【その他の画像】hitomi

■高橋尚子の金メダルを後押し

2000年9月24日、シドニー・オリンピック、女子マラソン。中盤からルーマニアのリディア・シモンとデッドヒートを演じていた高橋尚子は34キロメートル過ぎにスパートをかけ、そのまま逃げ切って金メダルを獲得した。日本のオリンピック陸上競技での金メダルはこれが64年振りであり、日本女子陸上界においては史上初の快挙であった。タイムの2時間23分14秒は当時のオリンピック記録でもあり、これらの功績により彼女は国民栄誉賞を受賞。女子アスリートとして歴史にその名を残すこととなった。彼女がこのレースでスパートをかけた際、それまでかけていたサングラスを沿道の父親に投げたシーンも話題になり、それを真似た人も多かったようで、その後、眼鏡屋に眼鏡やサングラスの修理が相次いだなんて話もある。また、高橋選手はhitomiの「LOVE 2000」を練習中に聴いていて、レース前にもこの曲を聴きながらテンションを上げていたというのも有名なエピソードだ。その後、「LOVE 2000」は高橋尚子関連のみならず、陸上競技、あるいはスポーツ関連のニュースでも使用されることも多くなり、hitomiを代表する楽曲となった。同年6月の発売当時、すでにプロ野球中継のタイアップがあった同曲だが、こうした経緯で再評価され、ロングセラーを記録したケースは極めて稀でもある。

この「LOVE 2000」。今聴いても景気のいい楽曲である。何と言っても、サビ頭のメロディーが巧みであり、極めて印象的だ。メロディーの良さで8割方、楽曲の成功が決定していると言ってもいいだろう。音符は多くないが、短い中にも確かな抑揚があり、メジャー感も強い。聴き応えは何ともさわやかで、晴れ晴れとした気持ちにさせられる音階である。高校野球の応援歌で使われることがあったことでもわかるように、高橋尚子のみならず気分が高揚するメロディーであることは間違いないだろう。サウンド、歌詞も景気がいい。サウンドは、軽快なギターリフ、硬質だが抜けのいいビート、そこにホーンセクションも重なり、バラエティー豊かで圧しも強い。歌詞は、《愛はどこからやってくるのでしょう 自分の胸に問いかけた/ニセモノなんか興味はないの ホントだけを見つめたい》《少しずつだけどいろんな事が変わって 私はここにアル》というサビもさることながら、Aメロの《悲しいNEWSとどうでもいい話/朝からもうそんなのうんざりで/今日はいつもよりも風が気持ちイイからネ/楽しさに着替えてネ》で見せる楽天性もいい。この“いんだよ、細けえことは”的な精神は聴く人にリラックス効果を与えることにもつながっているのではないかと推測できる。

■女性の躍進が目立った2000年

この「LOVE 2000」が収録されていることも手伝って、00年12月リリースの5thアルバム『LOVE LIFE』も好セールスを記録。売上枚数では96年発売の2nd『by myself』の方が上ということだが、現時点でのhitomiのアルバムから1枚を選ぶとするならば、『LOVE LIFE』を挙げる人が多いのではないだろうか。よって、ここでは、やはり『LOVE LIFE』を取り上げてみたい。本稿作成にあたって聴いてみて感じたことだが、前述の話題性ばかりではなく、このアルバムは2000年という時代を映し出した作品でもある気もしてきた。2000年は前述の高橋尚子だけでなく、柔道の田村亮子が金、シンクロで銀2つ、ソフトボールで銀、競泳勢も銀、銅を獲得し、シドニー・オリンピックでの女子選手の活躍が目立った年ではあった。大阪府知事選で太田房江氏が当選し、日本初の女性知事誕生が誕生したのもこの年であるし、こと音楽シーンにおいては、かつてないほどに女性アーティストが躍進した年であった。2000年の年間売上を見ると、1位が浜崎あゆみで、以下、倉木麻衣、椎名林檎、MISIA、小柳ゆきと続く(ちなみに宇多田ヒカルのブレイクはその前年99年)。hitomiはランクインこそしていないまでも、その一躍を担う存在であったことは間違いない。

女性の躍進が目立った年に『LOVE LIFE』というアルバムが発表されたのは何とも象徴的だ。
《その場だけの恋なんていらない <いらない> いつも yeah/気持ちがあてはまるの待ってた <待ってた> ずっと yeah》(M4「PARADISE」)
《おとなしい女がイイなんて/都合がイイだけでしょ》(M7「FAT FREE」)
《ねェ 今 心ごとキツク愛してよ/ちょっと臆病になってるから/私達の愛の方程式をいつか解いてみせるからネ/その心をひらいて》(M8「キツク愛してよ」)
まぁ、平成になって12年も経っていたのだから、この時期から女性が恋愛に対して本音を言い出したなんて言うつもりはないが、上記のような歌詞がサラッと出てきて、それを違和感なく受け取れる時代になっていたのは間違いない。その上、hitomiはさらに貪欲に、さらに前向きに愛や夢を語っている。
《正体不明の愛を 手にしたい その為に》《見たコトのない未来を 今この手でつかむ》《この世界に見える 素晴らしいモノ探して》(M1「It\'s only access」)
《I gotta change もう戻れない 確かに今より幸せだったかもね/でももう迷わない 行き先もわかんない だけど今なら/始められそうな気がしてる》(M9「OVER THE WORLD」)
《新しいトビラあけて 見えた世界に/たどり着けば 欲望は深く/明日の壁を また壊してく》《私は私のままで いれるように そう祈って/痛みを癒しながら 進んでゆく/この世界の片隅で 光ともして》(M10「pray」)

■前向きなシンガー継続宣言

タイトルチューンは特にそれが顕著だ。
《自分が何かに認められても 心の旅は いつまでも続くんでしょう/本当に大切なモノがなんなのか/わからなくなってしまっても 明日へ進まなきゃならない》《どんな未来も どんな希望も やがて風が包むから/今を見つめて 愛を描きたい そしてネ/歌ってく ずっと 輝く為に》(M12「LOVE LIFE」)
同じ年に男性アーティストたちがヒットさせたラブソングもそれはそれでとても素晴らしいものだが、それらの甘さに比べて実に地に足が着いた歌詞と言える。最初にスマッシュヒットを記録した3rdシングル「CANDY GIRL」でも、《今日は部屋でレゲエでもかけ チェリーパイ片手に/かがみの前で死ぬほど踊りくるう/そんな1日でもいいでしょうoh 人生楽ありゃ苦あり/毎日いいことばかりじゃつかれるし》《大きな声で 自由に歌っているの/なにがあってもこわくない》と楽天的に、それでいて歌うことに前向きな姿を描いていたが、『LOVE LIFE』収録曲はそこからステージがひとつ、ふたつ上っている感じだ。

『LOVE LIFE』はジャケ写もいい。パンツ一枚のみで、胸を自紙髪で隠した大胆なセミヌードだ。もともとモデルなだけに容姿は抜群でそのビジュアルは非の打ちどころがないのだが、上記の歌詞の内容を鑑みると、これは彼女のアーティストとしての決意の表れでもあったのだろう。泥臭い言い方で恐縮だが、“身ひとつで勝負”といったところではなかっただろうか。サウンド面に転じれば、本作は、必ずしも突出した魅力があるとは言い難い作品ではある。オールドスクールなR&Rへのオマージュを隠し得ないギターリフや、ビートルズの『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』的サイケデリックサウンドなど聴きどころがなくもないが、全体に90年代オルタナティブロックの影響が色濃く、サウンドメイキングの派手さほどにはバラエティーさがない印象。それに加えて──これは2000年前半の邦楽アルバム全般に言えることだが、収録時間が長いのはとても残念だ。13曲で61分超は完全にトゥーマッチ。3曲削って46分前後くらいにしたら生理的に聴きやすくはなったと思う。ただ、そうした歪さも含めて、当時の彼女のやる気は伝わってくるし、今もその意気込みは称えたい作品である。90年代にブームを巻き起こした所謂“小室ファミリー”と言われたアーティスト、グループで今もコンスタントに活動しているのは数えるほどだが、hitomiは11年にエイベックス傘下のインディーズレーベルへ移籍。12年に11thアルバム『∞』、13年にはシングル『TEPPEN STAR』を発表している。《歌ってく ずっと》(M12「LOVE LIFE」)の宣言通り、移ろいやすいシーンにあって今も歌い続けているのは立派である。

【関連リンク】
hitomi、雑誌で育児論語る“母親という安心感を与えてあげたい”
ランニング中のプレイリストに加えたい曲5選
globe、カバーアルバム参加アーティスト第2弾と収録内容を発表
globe、カバーアルバム参加第1弾アーティストは木村カエラ、倖田來未、AAAら9組

【関連アーティスト】
hitomi
【ジャンル】


MOSHIMO、ダメ男に恋する女心を描いたミニアルバム『命短し恋せよ乙女』を9月にリリース
Wed, 17 Aug 2016 18:00:00 +0900
MOSHIMO (okmusic UP\'s)

福岡出身の4ピースバンド、MOSHIMOが1stミニアルバム『命短し恋せよ乙女』を9月21日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】MOSHIMO

表題曲「命短し恋せよ乙女」は、ダンサブルな縦ノリのビートとキャッチーなギターリフを組み合わせた、疾走感あふれるロックチューン。純度100%の恋愛ソングで、《ふいにボディタッチ》《始まりはそう、ABC・・・》など、際どいフレーズもさらりと入れつつ、《嫌よ嫌よも好きのうち》と開き直る乙女心をリアルに表現する、岩淵紗貴(Vo&Gu)の純情可憐ボイスがたまらない1曲だ。

その他にも、リミキシング&リマスタリングしたデビュー曲「猫かぶる」や「大嫌いなラブソング」をはじめ、未発表曲4曲を含む全6曲が収録されている。

同時に、所属レーベルのラストラム・ミュージックエンタテインメントのYouTube公式チャンネルで、「命短し恋せよ乙女」のMVも公開された。

また、このリリースを記念して全国各地で発売記念ライヴ&サイン会を開催することも発表。さらにオフィシャルサイトでは、同タイトルのワンマンツアーのチケット2次先着先行受付がスタートしている。受付は8月28日(日)まで。

■「命短し恋せよ乙女」MV
https://youtu.be/4NLUHglR12o

■ミニアルバム『命短し恋せよ乙女』

2016年9月21日発売
LACD-0278/¥1,482+税
<収録曲>
01.命短し恋せよ乙女
02.ジレンマ
03.大嫌いなラブソング
04.ミラーボール
05.猫かぶる
06.星になれ

■MOSHIMO 1st mini album『命短し恋せよ乙女』発売記念ライブ&サイン会

9月24日(土) 熊本 熊本蔦屋三年坂
9月25日(日) 福岡 HMV&BOOKS HAKATA
10月02日(日) 大阪 あべのHoop 1F
10月10日(月) 愛知 名古屋パルコ西館1F
10月23日(日) 福岡 タワーレコード福岡パルコ店
11月20日(日) 東京 タワーレコード渋谷店4F
※九州各県で追加公演あり。後日発表。

■MOSHIMO ワンマンツアー「命短し恋せよ乙女」

10月22日(土)福岡 福岡INSA
11月06日(日)東京 渋谷TSUTAYA O-nest
※オフィシャルHPで8月28日(日)まで2次先着先行受付

【関連リンク】
MOSHIMO オフィシャルHP
MOSHIMO、東京・福岡にてワンマンライブ「命短し恋せよ乙女」の開催を発表
MOSHIMO、デビューシングル「猫かぶる」全国リリース決定
MOSHIMO、デビューシングル「猫かぶる」のMVを公開

【関連アーティスト】
MOSHIMO
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ラルクKen主宰『PARTY ZOO』、豊洲PIT公演にSpecial Guest!
Wed, 17 Aug 2016 17:30:00 +0900
PARTY ZOO (okmusic UP\'s)

Ken(L’Arc〜en〜Ciel)が自ら声をかけた仲間たちが集結するライヴイベント『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』。5日連続セッション解禁の2日目は、9月18日の豊洲PIT公演のセッションと出演者として告知されていた
「Ken with Naughty stars」の詳細が明らかとなり、さらにSpecial Guestも発表された。

【その他の画像】MERRY

PARTY ZOOオフィシャルブック撮影後の打ち上げ時、偶然にも “蜉蝣”と縁の深いメンバーが多いという話題に。そこからセッションで蜉蝣の楽曲をやってみるのはどうだろう、という話が浮上し、「押ちゃんズ」としてセッションが決定した。名古屋公演の参加であったaieとkazuが急遽豊洲公演にも出演! さらに、Special GuestとしてMERRY ガラ(Vo)の出演が決定した!!

「Deeply Entwining Session」 
Special Guest:ガラ(MERRY)
押ちゃんズ
Vo.ガラ&逹瑯
G.aie
B.kazu
Dr.SATOち

そして、Kenとわんぱくなスターたちが繰り広げるセッション。豊洲PIT公演はBAROQUEの圭が園長となり、セッションメンバーや楽曲をセレクト! このメンバーでどんな楽曲を披露するのか、圭園長がこの仲間と奏でる音はどんなサウンドなのか!

「Ken with Naughty stars」
Vo.将
G.Ken、圭
B.YUKKE
Dr.宮上元克
and Naughty All Stars

ここでしか見ることのできない、この2つのセッションを是非会場で体感しよう!

■『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』

9月11日(日) 名古屋ダイアモンドホール
出演:AKi, BAROQUE, gibkiy gibkiy gibkiy, MUCC, Ken with Naughty stars
9月18日(日) 豊洲PIT
出演:A9, AKi, BAROQUE, MUCC, Ken with Naughty stars
9月25日(日) 堂島リバーフォーラム
出演:A9, BAROQUE, GUTS AND DEATH, MUCC, Ken with Naughty stars
10月02日(日) Zepp DiverCity Tokyo
出演:A9, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars
10月9日(日) 仙台PIT
出演:AKi, BAROQUE, Made in Asia, MUCC, Ken with Naughty stars

【関連リンク】
『PARTY ZOO』オフィシャルHP
ラルクKen主宰『PARTY ZOO』、名古屋公演の全貌が明らかに
VAMPS、「VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY」が大盛況のうちに終幕

【関連アーティスト】
MERRY, Ken, L’Arc~en~Ciel, MUCC, baroque
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

赤い公園、毎年恒例『拝啓新宿殿』で黒猫チェルシーと対バン
Wed, 17 Aug 2016 17:00:00 +0900
赤い公園 (okmusic UP\'s)

毎年恒例の赤い公園&新宿red cloth企画『赤い公園の拝啓新宿殿』が、 今年も開催されることがわかった。

【その他の画像】赤い公園

THA BLUE HERB、ドレスコーズ、ジン、日食なつこ×komakiと繰り広げられてきた2マン企画だが、今年のお相手は黒猫チェルシーに決定。お互いに「いつか一緒にライブしましょう!」と話しつつもなかなか実現しなかったが、今回ついに実現となる。red clothという唯一無二のライヴハウスで、レアな2マンを体験してほしい。

■赤い公園オフィシャルHP
http://akaiko-en.com
■黒猫チェルシーオフィシャルHP
http://www.kuronekochelsea.jp/
■新宿red clothオフィシャルHP
http://www.sputniklab.com/redcloth/

■red cloth & 赤い公園 Presents 「赤い公園の拝啓新宿殿〜ロック イン ジャニャン〜」

9月02日(金) red cloth
OPEN/START:18:30/19:00

■Livepocket 販売ページ
https://t.livepocket.jp/e/0902redcloth

【関連リンク】
赤い公園、自身最大規模のワンマンツアーが大団円! モバイルFC「赤ちゃんねる」の発足も!
KREVA主催「908 FESTIVAL 2016」に三浦大知、赤い公園らが参戦決定
オワリカラ、メジャーデビューアルバム記念のお祝いコメントが到着
赤い公園の歌川菜穂(Dr)がデジタルアーティスト・watabokuとのイラストコラボを発表

【関連アーティスト】
赤い公園, 黒猫チェルシー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

AAA、AWAにてニューシングル収録の未発表曲を2か月独占先行配信!
Wed, 17 Aug 2016 16:45:00 +0900
AAA×AWA (okmusic UP\'s)

音楽配信サービスAWAが、10月5日に発売されるAAAのニューシングル収録楽曲を8月・9月の2か月連続で独占先行配信することがわかった。

【その他の画像】AAA

今回独占先行配信が決定した楽曲は、ニューシングルに収録される未発表曲。第一弾として、8月17日にAAAの女子メンバー宇野実彩子・伊藤千晃(MisaChia)がキラキラと輝く恋心を歌ったラブソング「Jewel」を、第二弾ではAAAのデビュー記念日である9月14日にAAAの全メンバーによるラブバラード「涙のない世界」の配信を開始する。

今回の試みは、AAAのデビュー11周年を記念して行われるもので、同アーティストがCDの発売に先駆け、定額制音楽配信サービスにて楽曲を先行配信するのは史上初となる。

また、AWAでは楽曲の先行配信のほかにも、Twitter公式アカウントにてAAAとゆかりのあるタレントやアーティストによるオリジナルインタビュー動画やコメントを公開するほか、AAAメンバーのサイン入りグッズが貰えるキャンペーンの実施などを予定しているとのこと。ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがだろうか。

■【AAAメンバーよりコメント】

■AWAで新曲を独占配信するという試みに関して
「新曲を音楽好きのAWAユーザーの皆さんにいち早く聴いて頂けるというのはとても嬉しいですし、期待と気合でいっぱいです。これまでAAAの楽曲を聴いたことなかった方に聴いてもらえたり、ファンのみなさんが新曲をどんなシーンで楽しんで、どんな感想を抱くのかドキドキ楽しみです。」(宇野実彩子)

■新曲に関して
「「涙のない世界」は 、「NEW」(2016年6月8日発売シングル)を制作する前からメンバースタッフみんなでこのシングルの方向性についても考えながら制作を進めていました。秋から冬にかけて切なさが沁みる季節に、心に溶けわたるような、そして、男女混声でより切なさの広がる私たちらしいラブソングに仕上がったと思います。「Jewel」は、2人(宇野実彩子と伊藤千晃(MisaChia))の思いを1つに、こだわりを重ねられました! 何度もプレレコーディングを重ね、お互いの歌い方やアレンジも話し合ったし、レコーディングの後も2人で食事に行ってMisaChiaの色んな夢を膨らましたりして、とても楽しみながら作り上げました。」(宇野実彩子)

「「涙のない世界」は、胸がギュッとなるような切ないバラードソングになっています。歌詞も儚く綺麗な言葉がたくさん並んでいるので注目してほしいです。「Jewel」はキラキラした雰囲気やキュートさを存分に詰め込んだMisaChiaでしかできない楽曲に仕上がったと思います。MVもいろんな洋服を着て歌ったり踊ったり騒いだりしているので是非見てほしいです!」(伊藤千晃)

【関連リンク】
AAA
AWA
AAAの新曲「Yell」が『進研ゼミプラス』新CMソングに決定
九州最大級の野外音楽フェスでAAA、ソナポケ、欅坂46らが熱演

【関連アーティスト】
AAA
【ジャンル】
J-POP, 音楽配信

吉田山田、「吉田山田祭り2016」がニコ生中継決定! 山田義孝の個展でクロージングイベントも!
Wed, 17 Aug 2016 16:00:00 +0900
吉田山田 (okmusic UP\'s)

今年4月から初の全国47都道府県ツアー「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」を敢行中の吉田山田。8月20日(土)にはツアーファイナルとして日比谷野外大音楽堂でフリーライヴを開催するが、同日同場所で行なわれるスペシャルライヴ「吉田山田祭り2016」がニコニコ生放送で中継されることがわかった。

【その他の画像】吉田山田

「吉田山田祭り」は昨年8月に上野恩賜公園水上音楽堂で初めて開催され、浴衣姿でステージに登場したり、弾き語りやバンド編成、ストリングスを入れての歌唱など、さまざまなパフォーマンスで会場を大いに沸かせた。当日の生中継前には、この昨年行なわれた「吉田山田祭り2015〜ホロリもあるよ〜」の模様が一部オンエアされる。

今年は、二人だけの弾き語りで行なってきた47都道府県ツアーのファイナルを日比谷野外大音楽堂で終えた直後の開催ながら、バンドを迎えてのひさびさのライヴと言うこともあり、全国各地で見せてきたパフォーマンスとは一味違った魅力が感じられるはずだ。

また、8月20日(土)、21日(日)には、メンバーの山田義孝の個展「吉田山田展presents 山田義孝展」が東京・千代田区立日比谷図書文化館 特別展示室で開催されるが、21日(日)14:00からクロージングイベントが行なわれることも決定した。ライヴを終えた直後の心境と、この個展のためにツアー中もしたためてきた絵画の数々へ込められた想いなどが、本人の口から直接聞ける機会となる。

■「吉田山田祭り2016」ニコニコ生放送ライヴ生中継

日時:8月20日(土)
放送スケジュール:
16:00〜18:00「吉田山田祭り2015〜ホロリもあるよ〜」の模様を一部オンエア
18:00〜20:30「吉田山田祭り2016」ライヴ生中継
※ライヴ後半はプレミアム会員のみ視聴可能。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv272809760

■「吉田山田展presents 山田義孝展@日比谷図書文化館 クロージングイベント」

日時:8月21日(日)14:00〜
会場:東京 千代田区立日比谷図書文化館(山田義孝展会場)
入場料金:無料
年齢制限:なし
※入場制限を行なう場合あり。

■【ライブ情報】

『「吉田山田47都道府県ツアー〜二人また旅2016〜」TOUR FINAL フリーライブ』
8月20日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
時間:開場14:30/開演15:30
料金:無料
※2016年8月20日(土)9:30より日比谷野外大音楽堂 正面入口にて入場整理券配布
席種:全自由
年齢制限:無し

『吉田山田祭り2016』
8月20日(土)  東京・日比谷野外大音楽堂
時間:開場17:15/開演18:00

■「吉田山田展 presents 山田義孝展」

日程:8月20日(土)、21日(日)
会場:東京・千代田区立日比谷図書文化館 特別展示室
時間:11:00〜16:00
料金:無料
年齢制限:無し

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田、福岡でスペシャルワンマン開催決定
吉田山田の楽曲「母のうた」が『日本マザーズ協会 子育て応援・ママ応援ソング』に決定
吉田山田、「日々」がMV再生回数900万回を突破

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP

RADWIMPS、ニューアルバム『君の名は。』iTunesプレオーダースタート
Wed, 17 Aug 2016 15:00:00 +0900
アルバム『君の名は。』【初回限定盤】(CD+DVD+BOOK) (okmusic UP\'s)

ニューアルバム『君の名は。』を8月24日にリリースするRADWIMPS。同作のリリースに先駆け、8月17日(水)0:00よりiTunesプレオーダー(ダウンロード予約注文)がスタートした。

【その他の画像】RADWIMPS

映画『君の名は。』の予告編映像で使用され、楽曲の全貌が待ち望まれている主題歌「スパークル (movie ver.)」も、iTunes独占先行でダウンロード可能となっている。

■「君の名は。」iTunesプレオーダー
http://po.st/ityournameis
■映画『君の名は。』 オフィシャルHP
http://www.kiminona.com/

■アルバム『君の名は。』

2016年8月24日発売
【初回限定盤】(CD+DVD+BOOK)
UPCH-29222/¥6,400+税
※LPサイズ(32cm×32cm)
※BOOK内容
・RADWIMPS ×「君の名は。」スペシャルブックレット
映画の場面カット、RADWIMPSメンバーフォト 他
・「三葉のテーマ」「秋祭り」ピアノ譜(ピアノアレンジ:野田洋次郎)
・RADWIMPS in 『君の名は。』スペシャルイラスト(田中将賀によるRADWIMPSメンバー描き下ろし)
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-20423/¥2,700+税
<収録曲>
■CD
01.夢灯籠
02.三葉の通学
03.糸守高校
04.はじめての、東京
05.憧れカフェ
06.奥寺先輩のテーマ
07.ふたりの異変
08.前前前世(movie ver.)
09.御神体
10.デート
11.秋祭り
12.記憶を呼び起こす瀧
13.飛騨探訪
14.消えた町
15.図書館
16.旅館の夜
17.御神体へ再び
18.口噛み酒トリップ
19.作戦会議
20.町長説得
21.三葉のテーマ
22.見えないふたり
23.かたわれ時
24.スパークル(movie ver.)
25.デート2
26.なんでもないや(movie edit.)
27.なんでもないや(movie ver.)
■DVD  ※初回限定盤のみ
・レコーディング風景
・ピアノソロスタジオライブ(演奏:野田洋次郎)
「三葉のテーマ」「秋祭り」
・RADWIMPS、アニメーション制作スタジオ訪問の模様
・新海誠監督×RADWIMPS対談
・新海誠監督インタビュー

◎店舗別購入者先着特典(一部対象外の店舗あり)
・Loppi(全国のローソン、ミニストップ)、HMV:CDサイズカード「前前前世」ver.
・TOWER RECORDS:CDサイズカード「スパークル」ver.
・Amazon.co.jp:CDサイズカード「なんでもないや」ver.
・上記以外のCDショップ:CDサイズカード「夢灯籠」ver.

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、映画『君の名は。』主題歌の配信に伴いトレーラーを公開
RADWIMPS、ニューアルバム収録曲「前前前世」の歌詞をUta-Netにて先行公開
illion、3年ぶりとなるニューアルバムが10月12日に発売決定

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

ベリーグッドマン、ニューアルバムのジャケットは1万枚の“大切な人・風景・場所”を並べたモザイクアート
Wed, 17 Aug 2016 14:30:00 +0900
アルバム『SING SING SING 4』メイキング (okmusic UP\'s)

ベリーグッドマンが10月5日にリリースするニューアルバム『SING SING SING 4』のジャケットを公開した。

【その他の画像】ベリーグッドマン

毎回、彼らのアーティストロゴを使用したデザインが定番となっているジャケット写真だが、今作は以前よりメンバーがTwitterなどで“あなたの大切な人・風景・場所”が写った写真を募集し、寄せられた1万枚の写真でロゴデザインを表現するモザイクアートで構成! ベリーグッドマンと大勢のファンの想いが一つになったジャケットに仕上がった。

撮影では、応募に集まったそれらの写真を1枚1枚すべてプリントし、メンバー自ら実際にスタジオに並べて巨大なモザイクアートを制作。1万枚の写真それぞれに込められた想いを感じ取りながらのシューティングとなった。

なお、アルバム『SING SING SING 4』はiTunesで予約受付がスタート! 同作にはリードトラック「Eye to Eye」の他、現在行なわれている全国高校野球選手権の全国9エリアでテーマソングとなっている「ライオン」、TBS系『恋んトス season4』の主題歌に起用された「君に恋をしています」、メジャーデビューシングル曲「ありがとう〜旅立ちの声〜」含む、全10曲を収録。9月20日(火)までに予約すると、スペシャルプライスで購入できる。

新作からのリードトラック「Eye to Eye」も、合わせて配信開始。9月6日(火)よりYouTubeで公開される、美術部講師とその生徒の切ない恋愛を描くWEBムービー『先生に恋した夏』の主題歌となっているので、作品の本編映像から構成されたMVもチェックしてみてほしい。


【Rover(Vo、Gu、Tp) コメント】
「僕たちベリーグッドマンとして初めてのメジャーアルバムなので、なにか特別な事は出来ないかとメンバー同士で話し合ったところ、ファンの皆様へ感謝の気持ちを込めてジャケットに「みんなの思い出」を載せる事にしました。
今までのジャケットは全て“BERRY GOODMAN”のロゴをメインとしていたので、このロゴを“ファンのみんなの思い出写真”で埋め尽くしてモザイクアート作品にしようという事に決まり、さらに僕たちの写真も入れて“大きな一枚の写真”に仕上げました。
写真は約1万枚集まり、デザイナーが型取りしたシートに、ひとつひとつ手作業で写真を貼っていきました。
ファンの皆様の素敵な思い出写真や懐かしい僕たちのライブ写真などがあり、終始感動に包まれながらの作業は最高の思い出です。

完成した大きなモザイクアートジャケットの上で撮影を開始した時、
いつも支えてくれるファンの皆様への感謝と、これからもベリーグッドマンをよろしくお願いします、という気持ちが溢れてきました。
“今までの思い出や積み重ねは、全てに意味があり、それをパズルみたいに組み合わせると、まるでこの一枚の大きな写真のように最高の芸術作品になる。”
ファンの皆様の思い出写真が偶然の一致のように、いま僕たちのアルバムジャケットとなりました。こんなに嬉しい事はないし、本当に幸せです。
これからもファンの皆様と共に、そしてメンバーと共に、最高の一瞬を大切にしながら頑張っていこう、と思います。今後とも応援よろしくお願いします。」


●アルバム『SING SING SING 4』iTunes予約受付
http://po.st/singsingsing4itms

●「Eye to Eye」配信 レコチョク
http://po.st/etereco

■「Eye to Eye」MV
https://www.youtube.com/watch?v=zcIhWG28h_c

■アルバム『SING SING SING 4』

2016年10月5日発売
【初回盤】(CD+DVD)
UPCH-7191/¥3,240(税込)
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-2096/¥2,160(税込)
<収録曲>
■CD
01.Intro〜ちょっと成長しました〜
02.Eye to Eye
03.ライオン
04.Color
05.Supernova
06.Break
07.TTS
08.君に恋をしています
09.シンクロニシティ
10.ありがとう〜旅立ちの声〜
■DVD ※初回盤のみ
〈From 「ベリーグッドマン“てっぺんとるぞ宣言”ツアー2016〜超好感男の進撃〜@大阪BIGCAT」ライブダイジェスト〉
01.ライトスタンド
02.Walkin\'
03.ベリーグッド
04.1988

【関連リンク】
ベリーグッドマン オフィシャルHP
フリスク コーラミント発売に合わせて華原朋美・Hilcrhymeら参加の爽快なキャンペーン実施
ベリーグッドマン、「地元大阪へありがとう」キャンペーン初日に200名近いファンが集結
ベリーグッドマン、地元・大阪の成人式にて新曲「ありがとう〜旅立ちの声〜」を披露

【関連アーティスト】
ベリーグッドマン
【ジャンル】
J-POP

KANA-BOON、大阪・堺市の「堺親善アーティスト」第1号に就任決定
Wed, 17 Aug 2016 14:00:00 +0900
KANA-BOON (okmusic UP\'s)

KANA-BOONが9月29日(木)に大阪・堺市の「堺親善アーティスト」に就任することが決定した。

【その他の画像】KANA-BOON

「堺親善アーティスト」とは、堺市が若いアーティストの力で堺の魅力を全国に発信していくことを目的に新設したもの。今回、KANA-BOONはその第1号に選ばれた。

KANA-BOONは堺市が出身地であるだけでなく、今年6月には大阪・堺市の国際障害者交流センター(ビッグ・アイ)で、大阪府堺市が政令指定都市に移行して今年で10年を迎えることを記念したライヴ「堺市政令指定都市移行10周年記念 堺活性化運動〜KANA-BOONもしれっと10周年!古墳のような大きな人になりたい〜」も開催している。

「堺親善アーティスト」就任イベント(就任式&トークセッション)は、9月29日(木)に堺市役所高層館21階展望ロビーで行なわれる。就任イベントは一般公開で、市内在住・在勤・在学の方を対象に抽選200人が参加できるとのこと。

■就任イベント(就任式&トークセッション)

日時:9月29日(木)17:00〜18:00
場所:堺市役所 高層館21階展望ロビー南側
※就任イベントは一般公開。市内在住・在勤・在学の方を対象に参加できる(抽選200人)。
内容:就任式&トークセッション
申込み方法:専用応募フォームで申込み。
氏名(ふりがな)、郵便番号、住所、電話番号、メールアドレス、希望人数(申込者1人につき2人まで)を専用応募フォームに入力(※市内在住の方が対象)。
応募期間:8月18日(木)〜9月11日(日)
応募はこちら
http://www.city.sakai.lg.jp/shisei/koho/citypromo/sakai_kanaboon.html

※堺親善アーティストについて
全国の若者をターゲットに、本市の魅力を発信し、本市の知名度向上やイメージアップを目的に、堺にゆかりのある若いアーティストの方々に就任していただきます。
<対象>
(1)堺にゆかりのある者
(2)概ね40歳以下
(3)音楽・漫画・アニメ・イラスト・芸術などを専門とする、広範にわたり第一線で活躍している若いアーティスト

【関連リンク】
KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOON、8カ月ぶりの新曲「Wake up」が10月5日にリリース決定
フジファブリックが自主企画ライブでSuchmos、クリープハイプ、KANA-BOONとコラボを披露
フジファブリック、レギュラー番組にKANA-BOONの出演が決定

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SuG、2ndミニアルバム『SHUDDUP』を11月にリリース
Wed, 17 Aug 2016 13:00:00 +0900
ミニアルバム『SHUDDUP』 (okmusic UP\'s)

SuGが11月2日に2ndミニアルバム『SHUDDUP』をリリースすることを発表した。

【その他の画像】SuG

SuGは8月16日(火)21:00〜ツイキャスでの緊急生配信を実施し、配信の中で新曲「KILL KILL」の歌詞のアイデア=“KILLしたいやつ”を視聴者から募集。約1時間の配信で総視聴者数12,000人以上、8,000件近くのコメントが殺到し、リオオリンピックで日本中が沸く中、Twitterでもハッシュタグ「#SuGとKILLしたい」がトレンド入りを果たした。

そして、この新曲「KILL KILL」が収録される2ndミニアルバム『SHUDDUP』を11月2日にリリースすることも発表。今年3月にリリースされた1stミニアルバム『VIRGIN』と対となる位置づけの作品で、中指を突き立てた骨のジャケットイラストに示されるように、“アンチテーゼ”や“アナーキズム”をコンセプトとした、SuG史上最も過激な作品となる。

さらに『SHUDDUP』のリリースに先駆け、10月15日(土)に毎年恒例となるハロウィンライヴ「SuG HALLOWEEN PARTY 2016」の開催も発表。今回初めての試みとして、コスプレをした来場者はドリンク無料となるので、こちらもぜひチェックしてみてほしい。

■ミニアルバム『SHUDDUP』

2016年11月2日発売
【LIMITED EDITION】(CD+DVD)
PCCA-04440/¥2,778+税
<収録曲>
■CD
全7曲予定
■DVD
01.KILL KILL(MV)
他 未公開特典映像

【STANDARD EDITION】(CDのみ)
PCCA-04441/¥1,852+税
<収録曲>
全7曲予定
※初回封入特典:「SuG VersuS 2016」バックステージ招待応募券

■39GalaxxxyZ Presents「SuG HALLOWEEN PARTY 2016」produce by SuG

10月15日(土) 東京 TSUTAYA O-WEST
OPEN 17:30 / START 18:00
スタンディング:¥5,400(税込/ドリンク代別/コスプレ来場者ドリンク代無料)

【関連リンク】
夏の魔物、SuGと2マン&フェス出場権をかけるイベント開催
SuG、ツアーファイナルにて2017年に初武道館公演の開催を宣言
lynch.、SuGとvistlipと共に初の3マンツアー『LSV』開催を発表
SuG、“SuG感謝祭 2016”を日テレ『バズリズム』が密着

【関連アーティスト】
SuG
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

星野源、ニューシングル「恋」が自身出演のドラマ主題歌に決定
Wed, 17 Aug 2016 12:00:00 +0900


星野源が10月5日にリリースするニューシングル「恋」。同曲が10月からスタートするTBS系火曜ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』の主題歌になることが決定した。

【その他の画像】星野源

さらに、ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』には星野自身が出演、主人公・森山みくり(新垣結衣)の契約夫役となる津崎平匡を演じることも発表された。

海野つなみ原作の同ドラマは“就職としての結婚”をテーマに、雇用関係として契約結婚した2人を描く物語。新しい“結婚”の形、そして“仕事”について考えさせられるとともに、個性豊かな登場人物たちとの人間関係も交え、笑って泣いてキュンとする新感覚の社会派ラブコメディーだ。

カップリングを含めた収録曲などの詳細は随時発表となる。

【星野源 コメント】
新曲「恋」は、踊りたくてムズムズするような、生活を基にしたラブソングです。わけのわからないパワーで溢れた楽しい曲になりました。レコーディング中、マリンバを叩きながら「これまでとこれからの自分を全部使って作っている」という不思議な感覚になりました。久しぶりのシングル、早く皆さんに聴いて頂きたいです。この曲を、新しい夫婦を形作る人たちへ捧げます。

■シングル「恋」

2016年10月5日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1006/¥1,800+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-37189/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
01.恋
他全4曲予定、曲順未定
■DVD ※初回限定盤のみ
内容未定

【関連リンク】
星野源 オフィシャルHP
星野源、約1年4カ月ぶりのニューシングルを10月5日にリリース
「ビクターロック祭り」初の大阪開催決定! 星野 源、藤原さくら、レキシら出演者第一弾も発表!
星野源、2020年に向けたACジャパンのCMで憧れの植木等と共演!

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

Brian the Sun、2ndシングル「Maybe」を『RIJF』で披露&歌詞サイトにて先行解禁
Wed, 17 Aug 2016 11:00:00 +0900
8月14日@茨城・国営ひたち海浜公園 (okmusic UP\'s)

Brian the Sunが8月14日に茨城・国営ひたち海浜公園にて開催された『ROCK IN JAPAN FESTIVAL2016』に初出演を果たした。

【その他の画像】Brian the Sun

Brian the Sunは、この日4組目のHILLSIDE STAGEに登場。「今日やる全部の曲が、僕たちをここに連れて来てくれました」とメジャーデビューシングル「HEROES」など全6曲をパフォーマンス。9月7日に発売となる2ndシングル「Maybe」も披露し、今年から新設されたHILLSIDE STAGEを超満員にする圧巻のステージで初出演を飾った。

新曲「Maybe」は発売を前にMVが話題となっており、早くも歌詞サイトにて歌詞も先行公開された。

■シングル「Maybe」

2016年9月7日発売
【DVD付初回生産限定盤】
ESCL-4681~2/¥1,667+税
【通常盤】
ESCL-4683/¥1,000+税
<収録曲>
1.Maybe
2.しゅがーでいず
3.Maybe(Instrumental)

【期間生産限定アニメ盤】
ESCL-4684/¥1,204+税
<収録曲>
1.Maybe
2.しゅがーでいず
3.Maybe(アニメVer.)
3.Maybe(Instrumental)

■【「Maybe」歌詞サイト情報 】

■歌ネット
http://www.uta-net.com/song/211494/
■うたまっぷ
PCサイト
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=k-160814-001
スマートフォンサイト
http://sp.utamap.com/showkasi.php?surl=k-160814-001
■UtaTen
http://utaten.com/lyric/Brian+the+Sun/Maybe/

■秋の対バンツアー(タイトルなど詳細は後日発表)

10月28日(金) 新潟 GOLDEN PIGS RED
10月30日(日) 大阪 BIGCAT
11月05日(土) 福岡 BEAT STATION
11月06日(日) 岡山 YEBISU YA PRO
11月09日(水) 愛知 名古屋SPADE BOX
11月11日(金) 東京 LIQUIDROOM

【関連リンク】
Brian the Sun オフィシャルHP
Brian the Sun、人工知能と人間との儚く切ない物語が話題となった「Maybe」MVの後編が解禁に
Brian the Sun、秋の対バンツアー&初の地上波TVパフォーマンスも決定
Brian the Sun、アニメ『甘々と稲妻』 EDを9月リリース

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1