歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年08月03日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/08/12
2016/08/11
2016/08/10
2016/08/09
2016/08/08
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
『ポケモンGO!』にはこの曲!でも“ながらスマホ”はダメ絶対!
Wed, 03 Aug 2016 18:00:00 +0900
『TVアニメ ポケットモンスター オリジナルサウンドトラックベスト1997‐2010 〜オーケストラアレンジ 宮崎慎二〜』 (okmusic UP\'s)

選曲のエキスパート“ミュージックソムリエ”があなたに贈る、日常のワンシーンでふと聴きたくなるあんな曲やこんな曲――今回は話題のARゲームのバックで流したい曲です。

■1.「I LOVE コイキング」/コイキンGO

●ポケモン20周年を飾る、恋に恋する神曲誕生!

国民的ヒットゲームから派生したポケモンシリーズ。その初代アニメ(‘97)の主題歌といえば松本梨香『めざせポケモンマスター』で、本来はここでも紹介すべき一曲。しかし今回はあえて、シリーズ20周年目にして、ついに誕生した神曲をご紹介します。
コイキングとは、ひとことで言えば「ドラゴンクエストにおけるスライム」。(株)ポケモン公認の特設サイトまであり、謎の女の子が歌うこの曲はたちまちネットで拡散、世界中から爆笑とツッコミが寄せられています。
『GO』プレイヤーも、そろそろコイキングは見飽きてきた頃でしょう。歌詞のままに「ギャラドス進化まで待てない」心境ですが、どうかこの儚くもどこかたくましい歌を口ずさみ、アメ400個までめげずに頑張ってくださいね。
(選曲・文/麻布さやか)
https://youtu.be/ddN6sFXCxuU

■2.「時の河」/FENCE OF DEFENSE

●筆者は、ピカチュウよりも普通にラッキーが好き

『ポケモンGO』では経験を積んだポケモントレーナー達が、各地のジムで熱戦を繰り広げている。
選べるチームは赤・青・黄の3色。純粋にポケモンの強さを求める者。技や操作の技術を駆使する者。隙を見てジムを掠め取る者。様々な作戦が飛び交う戦国の世に群雄割拠する、英雄達の三つ巴の戦が燃える!
まるで三国志の天下三分の計であり、ジムバトルに挑む際にはぜひ、アニメ『横山光輝・三国志』のオープニング曲をおすすめする。宇宙の片隅で、歴史に名を刻むために命を賭ける――不退転の決意でいざ、ポケモンバトルに向かうのだっ!
(選曲・文/今井義明)

■3.「狙いうち」/山本リンダ

●ポケモン探し、西へ東へ、ウラウララ。

強いポケモンをゲットしたい!  可愛いポケモンをゲットしたい!  レアなポケモンをゲットしたい! それなのに、あぁそれなのに、今日も僕の投げたポケモンボールは上手く飛んで行かず、思うように捕まりゃしない。
もう、聴くべき曲はこれっきゃない! 逃がさない、パッと「狙いうち」。 ウラウラパワーを込めた執念の1投で、君もお目当てのポケモンをゲットしよう!
(選曲・文/今井義明)

■4.「ふしぎなポケット」/おかあさんといっしょ

●ポケモンもビスケットみたいに増えないかしら?

皆さん、ポケモンマスターには順調に近づいていますか? 道は遥か遠いですよね。プレイしたての頃は、やっと捕まえたポケモンを進化させようとしたら、何匹も捕まえなくてはいけないと知って、ショックで立ち尽くしたものです。その瞬間、思わず頭の中を流れたのはこの童謡でした。 あぁ、叩くと中身が増える「ふしぎなポケット」があれば……そんな夢を見ながら、今日もひたすら歩くのでした。早くタマゴ、孵らないかなぁ。
(選曲・文/今井義明)
https://youtu.be/dnkzZWiDjAE

■5.歌劇『セビリャの理髪師』より「私は町の何でも屋」/加耒徹

●腕前は一流!何てツイてる!自信を持って突き進め

理髪師&何でも屋のフィガロが第一幕に登場する場面で歌われるアリア。自分の仕事に生きがいを感じて「すごいぞフィガロ、人生は素晴らしい、いつだってツキまくり!」と陽気に歌います。歌唱は若手イケメンのバリトン歌手。厚みのある声なのに重くはなく、風が鼻から脳天へ抜けるような清々しさ。この歌声が生み出す上昇気流に乗って、いざGO!
(選曲・文/山本陽子)
https://www.youtube.com/watch?v=helDJgHADAU

■5.「やつらの足音のバラード」/ちのはじめ

●ポケモンはいなくてもマッカチンはいるぞ!

実は私、『ポケモンGO』はニュースで見知ってはいるものの、やっていません。
そこで「“三度の飯より”という程ではないが、たしなんでいるぜ」と語る、会社の同僚にリサーチ。すると「地元の名所で意気揚々と起動したとき、画面に何も(スポット的なもの)が映らなかった時が寂しい」とのこと。まだまだ始まったばかり。どうやら人口密度の高い所ほど、ゲーム環境が充実している仕様のようですね。
「ここなら何か出てくると思ったのに!」そんな時にはアニメ『はじめ人間ギャートルズ』EDテーマのこの一曲。プレーヤーの皆さんには、冒頭の歌い出しを口ずさんで大らかな気持ちになってほしい。それでもダメなら「マサラタウンにさよならバイバイ」だ!
(選曲・文/旧一呉太良)

■6.『ポケモンGO!』BGM&効果音/増田順一

●バッテリーセーブを解除して、ぜひ音楽も楽しんで

とにかくスマホの電池を激減させる『ポケモンGO』。音声OFFのサイレントモードは代表的な節電対策なのですが、在宅時など余裕のあるときにはぜひ、素晴らしいBGMや効果音の世界にも耳を傾けてみてはいかがでしょうか。
音楽制作は(株)ゲームフリーク取締役開発部長、(株)ポケモン取締役の増田順一氏。ポケモンの他にも、任天堂の代表的なゲームサウンドを担当されています。「日本版解禁!」のPRトレーラーで、ファンに語りかけていたのもこの方。ちなみに好きなポケモンはコダックなんだとか(なんてマニアック)。
『ポケモンGO』は「人々につながりをもたらし、世界を少しでも良い場所にしよう」という理念を掲げています。マナー面で様々な問題も報告されていますが、ぜひ、この理念が実るよう願うばかりです。
(選曲・文/麻布さやか)
https://youtu.be/lKUwVYUKii4?list=PLBE2D9BnJJUqT3HTn5EOfWtC8rAtxT4KP

さて、お気に召した選曲はございましたか。
ぜひこれを機にCDやレコードなどの音源でも、各曲をお楽しみいただければ幸いです。
それでは、くれぐれもマナーを守ってお外へGO!

【関連アーティスト】
山本リンダ, FENCE OF DEFENSE, はいだしょうこ, ちのはじめ
【ジャンル】


yEAN、出会いと別れを綴った新曲「会えたらいいね」のMV公開
Wed, 03 Aug 2016 21:00:00 +0900
yEAN (okmusic UP\'s)

yEANが7月13日にリリースした初のEP『BoyBoyBoyBoyGirlGirl!!!!』から、「会えたらいいね」のMVが公開された。

【その他の画像】yEAN

出会いと別れを綴った切ない心情の詩世界をモータウン調のリズムで表現した「会えたらいいね」。MVは、メンバーのリラックスした雰囲気で再現した仕上がりとなっている。細かいカット割りで次々と映り出される下町の情景も楽しい。

ライヴハウスを中心に精力的に活動している彼らの新しい一面を発見できるので、ぜひ一度チェックしてみてはいかがだろうか。

■「会えたらいいね」MV
https://www.youtube.com/watch?v=tpjUCG5Lt-Y

■EP『BoyBoyBoyBoyGirlGirl!!!!』

発売中
ACW-008/¥926+税
<収録曲>
01.会えたらいいね
02.シャッターチャンス
03.この指とまれ

【関連リンク】
yEAN オフィシャルHP
yEANが「京葉ハイウェイ」のMVを公開
yEAN、メンバーチェンジを経て3年ぶり新作から最新MV公開
バンドじゃないもん!、満員のツアーファイナルで追加公演&フリーライヴ開催を発表

【関連アーティスト】
yEAN
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

WHITE ASH、3夜連続MV第一弾「Drop」解禁
Wed, 03 Aug 2016 20:00:00 +0900
WHITE ASH (okmusic UP\'s)

8月17日に3rdミニアルバム『Quest』をリリースするWHITE ASHが、3日連続でMVを解禁! その第一弾として、「Drop」のMVが公開された。

【その他の画像】WHITE ASH

同MVの監督はRADWIMPSやKEYTALK、ゲスの極み乙女。らの作品を手がける大久保拓朗が務めている。なお、「Drop」の先行配信もスタートしているので、合わせてチェックしてみよう。

『Quest』はバンドにとって通算3枚目のミニアルバム。初回盤(通称:モンスト盤)と通常盤、初回盤にモンストアニメビジュアルのオリジナルTシャツが付いたアマゾン限定盤の3形態で、全6曲すべてが「モンスターストライク」とのオールタイアップという点も要注目だ。初回盤付属のDVDでは、モンストアニメの名場面が「Strike」に乗って織り成される特別MVと、「Knock On Doors In You」MV、さらに赤坂BLITZにて開催されたツアーファイナルからライブ映像数曲が収録される。リリース記念スペシャルイベントの開催も決定しているので、詳細はオフシャルサイトをチェックしよう。

ミニアルバムリリース後は、11月4日(金)の東京・TSUTAYA O-EAST公演を皮切りに全6か所を巡るツアーも控えている。ぜひ会場に足を運んで、ノンストップでこの夏を駆け抜けるバンドの進化・神化を全身で感じよう!

(C)mixi, Inc. All rights reserved.

■「Drop」MV
https://youtu.be/CMq1xkfxKI8

■【「Drop」配信情報】

配信中
<配信URL>
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1133055791?app=itunes&ls=1
■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1003390177/
■Mora(通常)
http://mora.jp/package/43000037/VPCC-81877/
■Mora(ハイレゾ)
http://mora.jp/package/43000037/VPCC-81877_F/

■ミニアルバム『Quest』

2016年8月17日発売
【モンスト盤(初回盤)】(CD+DVD)
VPCC-80681/¥2,500+税
【通常盤】(CDのみ)
VPCC-81877/¥1,500+税
【アマゾン限定盤】(CD+DVD+グッズ)
VPCP-80682/¥4,000+税
※アニメ モンスターストライク×WHITE ASHオリジナルTシャツ付き
<収録曲>
01.Monster
02.Strike
03.Drop
04.Mad T.Party(1865-2016)
05.Knock On Doors In You
06.Rove
<DVD>
※モンスト盤(初回盤)、アマゾン限定盤のみ
〈WHITE ASH×ANIME MONSTER STRIKE SPECIAL MOVIES〉
01.Strike(MV〜ANIME MONSTER STRIKE ver.〜)
02.Knock On Doors In You(MV)
03.WHITE ASH One Man Tour 2016 “Emperors And Dumbasses” Final at AKASAKA BLITZ TRIAL MOVIE

《購入者先着特典》
・タワーレコード:「WHITE ASH×神威」オリジナルA4ノート
・HMV:「WHITE ASH×デッドラビッツ Ltd.」オリジナルA4ノート
・TSUTAYA:「WHITE ASH×ナポレオン」オリジナルA4ノート
・アニメチェーン(対象店舗:アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、ソフマップ):「WHITE ASH×ルシファー」オリジナルクリアファイル
※一部取り扱いのない店舗およびオンラインショップあり。

■『WHITE ASH “Sympathy For The Monster"』

11月04日(金) 東京都 TSUTAYA O-EAST
11月13日(日) 愛知県NAGOYA CLUB QUATTRO
11月26日(土) 広島県 Hiroshima CAVE-BE
11月27日(日) 宮城県 仙台MACANA
12月09日(金) 大阪府 梅田Shangri-La
12月11日(日) 福岡県 DRUM Be-1

【関連リンク】
WHITE ASH オフィシャルHP
WHITE ASH、アルバム『Quest』からモンストとコラボした新曲3曲のメドレーMV公開
WHITE ASH、赤坂BLITZ公演で秋のツアーを発表
WHITE ASH、モンスト人気キャラが描かれたミニアルバム『Quest』のアートワークを公開

【関連アーティスト】
WHITE ASH
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

いきものがかりのヴォーカル・吉岡聖恵が、新曲「ラストシーン」MVで本格演技に初挑戦
Wed, 03 Aug 2016 19:00:00 +0900
いきものがかり (okmusic UP\'s)

いきものがかりの吉岡聖恵(Vo)が、8月24日リリースの新曲「ラストシーン」のMVで本格的な演技に初挑戦した。

【その他の画像】いきものがかり

同MVはストーリー仕立てとなっており、リップシンクなし、いきものがかり男性メンバーの水野良樹、山下穂尊の出演もない。愛する人を失い、失意の日々を過ごす中から、強く、前に一歩踏み出そうとする女性を吉岡が演じている。

見どころは、なんと言っても吉岡の初々しい演技。恋人役の俳優・松下洸平との仲睦まじいやり取りなど、歌番組では観ることのできない一面が満載となっているので、ぜひチェックしてほしい。

■「ラストシーン」MV
https://youtu.be/uXHNoj-uBTU

■シングル「ラストシーン/ぼくらのゆめ」

2016年8月24日発売
ESCL-4659/¥1,111+税
<収録曲>
01.ラストシーン
02.ぼくらのゆめ
03.ラストシーン -instrumental-
04.ぼくらのゆめ -instrumental-
※初回仕様限定盤特典:「いきものカード049」

【関連リンク】
いきものがかり オフィシャルHP
いきものがかり、デビュー10周年特別企画でオリジナルアルバム5作をハイレゾ配信
いきものがかり、デビュー10周年記念公演が即完につきライブ・ビューイングを実施
いきものがかり、フジテレビ系列にて1時間のスペシャル番組放送決定

【関連アーティスト】
いきものがかり
【ジャンル】
J-POP

アーント・サリーが真のパンク精神を注ぎ込んだ伝説のアルバム『Aunt Sally』
Wed, 03 Aug 2016 18:00:00 +0900
『Aunt Sally』(’79)/アーント・サリー (okmusic UP\'s)

音楽をその様式や形式にカテゴライズにしてはいけないと思っていても、こうして文章で表す時にはこの上なく便利なので、気軽に使用している“音楽ジャンル”という言葉。しかし、本来その音楽が育んできた歴史や精神をも内包する概念であり、単にそのスタイルを示すだけのものでない。今回、紹介するアーント・サリーの音楽性はまさしくそれであり、性急な8ビートで刻まなくとも、反体制のリリックを吐かなくとも、髪を立てなくとも、パンクの魂は十分に表現できることを、すでに70年代後半から体現していたバンドである。

【その他の画像】phew

■初期パンクのメンタリティーを直輸入

本コラム『これだけはおさえたい邦楽名盤列伝!』執筆用に…と担当編集者の方から、いくつかのアーティスト名、アルバム名をいただいているのだが、その中に『Aunt Sally』を見つけた。以前、名前くらいは聞いたことがあったかもしれないが、だとしたら完全に失念していたアーティスト名であり、アルバム名だ。その程度の記憶なので、もちろん自発的に音源を聴いたことはなかった。というわけで、担当編集者の方に「この『Aunt Sally』というのは、自分はまったく覚えがないんですけど…?」と伝えると、「結構、癖がある音楽ですし、無理に書かなくていいですよ」との返答。「だったら、手を付けなくてもいいかな」と最初に推薦されてから随分と放っておいたのだが、たまたまアーント・サリーの音源を聴く機会があり、聴いてみると、これがなかなか興味深いサウンドであった。早速、『Aunt Sally』を取り寄せて聴いてみると、正直言って、ちょっと驚いた。確かに癖はあるし、万人向けと言える音楽ではない。しかも、録音のクオリティーも高くはないから、決して聴いて心地良い音でもない。では、何に驚いたかと言うと、アーント・サリーというバンドが活動していたのは70年代後半。欧米でパンクロックが生まれたとほぼ同時期である。パンクが世界を騒がせている渦中に、そのスタイルではなく、パンクのメンタリティーを正しく受け継いだバンドが日本にいたことに驚いたのである。自らの知識の浅薄さを恥じると同時に、ぜひ多くの読者にもアーント・サリーを知ってもらうべく、遅ればせながら、本稿を書こうと思い立った次第である。

■インパクトの強いバンドサウンド

このアルバムは、タイトルチューンM1「Aunt Sally」で幕を開ける。この楽曲、冒頭のドラムの音だけ聴くと粋なポップスが始まりそうな雰囲気でもあるのだが、ギター、ベースが重なる8秒後にその印象は脆くも崩れ去る。淡々と流れるマイナーなベースのループも不穏な空気を醸し出しているが、何よりも耳をこじ開けて入ってくるようなギターの不協和音が凄まじいインパクトなのである。さらにその上に「かごめかごめ」にも似た、抑揚の薄いPhew(Vo)の歌が乗る。歌詞もまたすごい。《おはよう どうでもいいわ》である(それ以外の歌詞もあるが、このフレーズが極めて印象的なのである)。真の意味でのサイケデリックというか、アシッドというか、何かいけないものに手を出している感じがビンビンある。アルバムラストのM11「ローレライ」もそうだ。ミディアム〜スローの淡々としたリズムに不協なギターと歌が乗る。後半で歌は「Are You Sleeping?」(♪グーチョキパーで、グーチョキパーで何作ろう? 何作ろう?♪の原曲)が唱えられるので、メロディアスと言えばメロディアスなのかもしれないが、決してキャッチーではなく、何とも気味が悪い聴き応えなのである。また、両曲ともピッチがズレているような箇所があったりもするが、一方では見事なグルーブを生み出している箇所もあったりするので、それらが交互にやってくる様子がスリリングでもある(これは想像だが、ピッチがズレているように感じる箇所は、緊張感を出すために演者が意図的にやっているような節はある)。

■どこにもない独自の世界観を構築

不協和音はM6「Essay」、M9「フランクに」でも発揮されているし、抑揚のないヴォーカルパフォーマンスはM10「夢遊の少年」でも聴くことができるが、アーント・サリーはそれだけではない。M3「醒めた火事場で」はクラシカルな要素を盛り込んだ3拍子のナンバーで、ゴシックの香りのするナンバー。途中、転調してからレオン・イェッセルの「おもちゃの兵隊の行進曲」(“キューピー3分クッキング”のテーマ曲)が挿入されるのも面白い。M5「すべて売り物」は8ビートのパンクナンバーで、当時としては新鮮だったに違いないキーボードの電子音が重なるバンドアンサンブルが聴ける。M4「日が朽ちて」でのウイスパー調な歌唱もいい。気だるさとも官能的とも異なる、何とも言いようがない歌唱表現である。ポップさもちゃんとある。M2「かがみ」、M7「i was chosen」は欧米の民謡調、M8「転機」は童謡的で、歌にはしっかりと抑揚があって、所謂ポップミュージックとして成立していると思う。それらの楽曲群をM1「Aunt Sally」とM11「ローレライ」とに挟んで構成している辺り、キチンとした世界観を提示する姿勢にも好感が持てる。歌詞も《こーのー世界 こーのー世界 こーのー世界 素敵にモノクロ》(M4「日が朽ちて」)や、《返り血を浴びて大きくなるわ/痣はできても霜枯れはしない/夜な夜な 目を凝らしても/出口なんか見つからない》(M8「転機」)といったアングラ感のあるものの他、《いつもみんなの前でツバキをちらして/わめき散らすのも売名行為と出来心でしょう/すべて売り物 すべて売り物》(M5「すべて売り物」)でのアイロニカルな視点も見逃せない。

■ニューウェイブ・シーンに与えた影響

話を戻すが、これらの楽曲が70年代後半の日本で制作されていたところが重要だ。いつ制作されたか正確な日付が分からなかったが、アーント・サリー自体、77年夏に渡英したPhewが帰国後に結成したバンドであり、後に発売されたアルバム『LIVE 1978-1979』のタイトル通り、78〜79年にかけて作られた楽曲群であろう。とすると、アーント・サリーは日本のニューウェイブの先駆け的存在のひとつであることは間違いない。ヒカシューの結成がアーント・サリーより若干早く、関東でのパンク&ニューウェイブ・ムーブメント“東京ロッカーズ”がアーント・サリーの活動時期とほぼ重なる。パンクの概念にはいろいろあるのでここでその全てを述べるのはご勘弁願いたいが、その中には“D.I.Y.精神”というものが確実に存在する。“D.I.Y.精神”とは“他人に任せることなく自分でやる”ということである。欧米のムーブメントを受けて、ファッション化したステレオタイプのパンクスも少なくなかったと思われる当時、アーント・サリーはエピゴーネンに堕すことなく、オリジナリティーを追及した。もっとも注目すべき点はここではなかろうか。しかも、アーント・サリーは、80年代初頭にニューウェイブ・シーンで活躍した戸川純が影響を公言していることからも分かるように、早くから日本でのポスト・パンクの礎にもなっていることも付記したい。平成になってからも、M5「すべて売り物」をキノコホテルがカバーしている他、『初音ミクsingsニューウェイヴ』で初音ミクも「Aunt Sally」を歌っており、時を超えて支持されているというのも、アーント・サリーが確かなオリジナリティーを保持している証左であろう。

【関連アーティスト】
phew, AUNT SALLY
【ジャンル】


超特急、暑い夏を突き進む圧巻のライヴ!
Wed, 03 Aug 2016 18:00:00 +0900
8月2日(火)@『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽ライブ』 (okmusic UP\'s)

超特急が、8月2日(火)東京・コカ・コーラ SUMMER STATION LIVEアリーナ(六本木ヒルズアリーナ)にて開催されている音楽イベント『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽ライブ』に出演した。

【その他の画像】超特急

超特急の7人は、Mステ風のSEでステージに登場。超満員の彼らのファン、8号車の大歓声を浴びる中、「Superstar」からパワフルにライブをスタート。「Believe×Believe」を渾身のダンスと歌でパフォーマンスし、8号車のテンションもますますアップしていく。

MCでリーダーのリョウガが、「超特急、テレビ朝日さんのイベントに初めて出演させていただいきました。これからいろんな番組でお世話になるためにも、テレビ朝日さんとズブズブの関係になるためにも、8号車と盛り上がって今日という日を最高に過ごしましょう」と語り、ファンへの想いを歌ったメロディアスな「Billion Beats」を披露。メンバー7人と8号車が一緒にサビを大合唱。超特急ならではのライブが繰り広げられていく。

超特急といえば、全力感が持ち味のグループ。バックの映像ではタクヤが坂道をダッシュで下る超特急版『全力下り坂』が映し出された。続けざまに、突き抜けるようなサビが印象的な「Kiss Me Baby」を熱唱、ユーキのバク転がバッチリ決まった。

クールなヒップホップチューン「Turn Up」では、コーイチのラップとタカシの歌が力強さを見せ、ダンサーも荒ぶるようなダンスでファンを魅了。さらに、テレ朝の音楽番組『musicる TV』のMCを務める前山田健一が手がけた「バッタマン」は、メンバーも8号車も手を振り上げて大盛り上がり。ユースケの絶叫が六本木に響き渡るなど、お祭り騒ぎの中ライブ本編は終了した。

8号車のアンコールに応えて、超特急は燃えたぎる勢い全開なアップチューン「Burn!」を披露すると、会場全体がクロスポーズでジャンプ。そして、リョウガが「今日イチのシンクロがしたいです!」と声を上げると、メロディアスな「Synchronism」に合わせて大合唱が巻き起こり、メンバー7人と8号車がひとつにシンクロしてライブが締めくくられた。

超特急の2016年夏はフェス三昧。各イベントでどんな爪痕を残すのか、期待しておこう。

photo:米山三郎(SignaL)
text:土屋恵介

■【セットリスト】

M1:Superstar
M2:Bloody Night
M3:Believe×Believe
M4:Billion Beats
M5:Kiss Me Baby
M6:Turn Up
M7:バッタマン
EC1:Burn
EC2:Synchronism

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、テレ朝『サマステ』で開催される公開生放送にリョウガ&ユーキ&ユースケが出演決定
超特急、高校生クイズ関東大会で永野とコラボ
超特急、CanCamとコラボした「FASHION BOOK」表紙ビジュアルがついに解禁

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, イベント, ライブ

1 FINGERの新曲「ヤシの木〜Sha la la〜」が映画『サマーソング』主題歌に決定
Wed, 03 Aug 2016 17:30:00 +0900
1 FINGER (okmusic UP\'s)

1 FINGER(ワンフィンガー)の新曲「ヤシの木〜Sha la la〜」が、吉沢亮初主演、中前勇児監督による映画『サマーソング』の主題歌に決定した。

【その他の画像】ケツメイシ

ケツメイシがプロデュースする新人アーティスト、1 FINGERが、約半年ぶり、2枚目のミニアルバムとなる『ONE DREAM 2』を8月3日にリリース。今回、その中に収録されている「ヤシの木〜Sha la la〜」が、吉沢亮初主演、中前勇児監督の新作映画『サマーソング』の主題歌に決定した。

1 FINGER は2013年12月、“次世代のケツメイシ”を探すべく開催された「三代目ケツメイシオーディション」で約1,500名の応募の中から選出された8名(男性6名/女性2名)からなるユニット。圧倒的な歌唱力とコーラスワークで美しい旋律を奏でるヴォーカリストたちと、時に鋭く時に温かいメッセージで切り込むラップ隊で多彩な楽曲を生み出す、要注目の新人アーティストだ。

新作『ONE DREAM 2』には「ヤシの木〜Sha la la〜」などゴキゲンな夏曲からパーティーチューン、応援歌、ラブソングまで、8人だからこそできる、ジャンルにとらわれない幅広い楽曲が収録されている。

ミニアルバム発売の翌週には『1 FINGER「ONE DREAM 2」リリース記念ワンマンLIVE〜超1DAYO!!!!!!!! Vol.2〜』を、東京と大阪でそれぞれ開催することも決定。東京は8月13日(土)にSHIBUYA CLUB QUATTRO(渋谷クラブクアトロ)、大阪は8月21日(日)にShangri-La(シャングリラ)で行なわれる。

■アルバム『ONE DREAM 2』

発売中
【CD+DVD+スマプラ】
AVCD-93447/B/¥2,315+税
【CD+スマプラ】
AVCD-93448/¥1,852+税
<収録曲>
■CD
01.My Style
02.サマラバ☆
03.Lovin\'you
04.Dawn night
05.少年のハート
06.線香花火
07.Try Again
08.ヤシの木〜Sha la la〜
■DVD
01.Shooting Star(MV)
02.My Style(MV)
03.My Style(MV Making)

◎ジャケットイラストステッカー封入(初回のみ)

■『1 FINGER「ONE DREAM 2」リリース記念ワンマンLIVE〜超1DAYO!!!!!!!! Vol.2〜』

8月13日(土) 東京 SHIBUYA CLUB QUATTRO
8月21日(日) 大阪 Shangri-La(シャングリラ)

【関連リンク】
1 FINGER オフィシャルHP
夏を潤す生ビール! 暑い夏の夜、一杯やりながら聴きたいビールソング5選
1 FINGER、2ndミニアルバム発売&ワンマンライヴ決定
春を感じる桜ソングBEST5〜男性アーティスト篇〜

【関連アーティスト】
ケツメイシ, 1 FINGER
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, 映画

音×AiR、ワンマンライブ目前にmysoundシングルチャート1位、2位、3位を独占!
Wed, 03 Aug 2016 17:00:00 +0900
mysoundシングルチャート (okmusic UP\'s)

音×AiRが8月3日付のmysoundシングルチャートで1位、2位、3位を独占した。

【その他の画像】音×AiR

チャートを独占したのは、8月7日(日)の渋谷TSUTAYA O- Crest、8月14日(日)の阿倍野ROCKTOWNにて開催するワンマンライブに向けて配信されたライブ未発表曲3曲。スマートフォン用音楽配信サイトmysoundから独占リリースされたもので、
好評につきプライスオフ期間が8月21日(日)まで延長されている。

この勢いを受けて、音×AiRは2度目となる東京ワンマンライブへ挑む。また、彼らは毎月原宿竹下通りにあるJOL原宿でイベント『音×AiR♪JOL原宿でLove Me Do』を開催している。ワンマンライブ前の8月4日(木)13:00にも開催を予定しているので、気になる方はぜひ足を運んでみてほしい。

■mysound
http://mysound.jp/
※楽曲のDLについては、mysound月額コースへの入会が必要です。

■【ワンマンライブ情報】

『NOW ON AiR 快進撃ワンマン 渋谷O-crest編
〜ごちゃ混ぜなろや!スクランブル夏祭り!〜』
8月07日(日) 渋谷O-CREST
18:30 / 19:00
<チケット>
前売り¥2,800(ドリンク代別)
問い合わせ:ネクストロード 03-5114-7444(14:00〜18:00)

『NOW ON AiR 快進撃ワンマン 阿倍野ROCK TOWN編
〜ごちゃ混ぜなろや!あべのミックス夏祭り〜』
8月14日(日) 阿倍野ROCKTOWN
16:30 / 17:00
<チケット>
前売り¥2,800(ドリンク代別)
問い合わせ:サウンドクリエーター 06-6357-4400

※8月7日(日)東京・8月14日(日)大阪での各ライブ会場にて「mysoundの月額コースに入会している方」は、入場時にドリンク代を支払う際、下記のマイページの「入会中のコース」の画面をご提示いただきますと、当日のドリンク代(¥500 or ¥600)が無料になります。

■【イベント情報】

音×AiR♪JOL原宿でLove Me Doワンマンに向けて追加公演決定!
8月04日(木)13:00〜14:00
※「SHOWROOM(ショールーム)」にてイベント生配信あり

■アルバム『ベスト オブ ハタチ』

発売中
YMPCD-20/¥1,800(税込)
※タワーレコードNU茶屋町限定
<収録曲>
1.ダントツ☆YOU
2.あの頃のままで
3.ホームグラウンド
4.叱ってサディスティック
5.ドジっ娘モーニング
6.乙女ビンビン
7.純愛バイセコー
8.歩く歩く歩く

【関連リンク】
音×AiR オフィシャルHP
mysound
音×AiR、原宿アストロホールにて開催した東京初ワンマンライヴが大成功
音×AiR、ドワンゴジェイピーでシングルチャート1位を獲得

【関連アーティスト】
音×AiR
【ジャンル】
J-POP

IGGY・ガメオベラ・グラムヘイズら出演の『千歌繚乱 vol.7』、9月に渋谷REXにて開催!
Wed, 03 Aug 2016 16:51:12 +0900
『千歌繚乱 vol.7』 (okmusic UP\'s)

今話題の若手ヴィジュアル系バンドだけを集めて開催されるイベントシリーズ『千歌繚乱』のvol.7公演が、9月30日(金)に渋谷REXにて開催されることが決定した。

【その他の画像】ソニックデスモンキー

今回出演するのは、IGGY、GAMEOVER-ガメオベラ-、グラムヘイズ、SIN.、ソニックデスモンキー、TRA TRA TRA、Nollcrea-ノルクレア-、Rides In ReVellionの8バンド。活躍が期待されている若手バンドが集結する一夜となる。

本イベントは来場者に出演バンドのみを特集した『千歌繚乱アーティストブック』が無料配布されるほか、事前投票でバンドの演奏時間が変わる企画など他のヴィジュアル系イベントとは一味違った内容となっている。

ライブ当日はぜひ会場に足を運び、若手バンドが繰り広げるライブを楽しんでほしい。詳しい情報はイベントオフィシャルツイッターで随時アップされる。

なお、本公演の前売りチケットはチケットデリにて発売が開始された。気になる方はお早めのチェックを。

■『千歌繚乱 vol.7』

9月30日(金) 渋谷REX
開場15:30/開演16:00
出演:IGGY、GAMEOVER-ガメオベラ-、グラムヘイズ、SIN.、ソニックデスモンキー、TRA TRA TRA、Nollcrea-ノルクレア-、Rides In ReVellion
<チケット>
前売り¥3,500 / 当日¥4,000(ドリンク代別途)
チケット購入URL:http://ticket.deli-a.jp/

【関連リンク】
千歌繚乱 オフィシャルHP
千歌繚乱 オフィシャルツイッター
「stylish wave EXPERIENCE ”無礼区 #04”」、6月に大阪&東京で開催
きゃりーぱみゅぱみゅ、日本工学院専門学校にてプレミアムなトークイベントを開催

【関連アーティスト】
ソニックデスモンキー, IGGY, GAMEOVER-ガメオベラ-, グラムヘイズ, SIN., TRA TRA TRA, Nollcrea-ノルクレア-, Rides In ReVellion
【ジャンル】
ビジュアル, イベント

モノブライト、アニメ『ぼのぼの』エンディング曲「bonobonoする」を配信リリース
Wed, 03 Aug 2016 16:00:00 +0900
モノブライト (okmusic UP\'s)

モノブライトが主題歌を担当するアニメ『ぼのぼの』のエンディング曲「bonobonoする」が配信シングルとしてリリースされた。

【その他の画像】モノブライト

この楽曲は6月に行なわれたワンマンツアー「Bright Ground Music〜B.G.M〜 Tour」の会場限定シングルとしてパッケージ発売され、即完売! 幻の音源となっていたが、会場まで足を運ぶことのできなかった多くのファンからの強い要望に応え、配信シングルとしてのリリースが決定した。

アニメ『ぼのぼの』のエンディング曲としておなじみのこの楽曲は、和やかな旋律が、森の中でぼのぼのとその仲間たちが、遊んでいるような優しい世界観で、原作者のいがらしみきお、監督の山口秀憲からも大絶賛された、「ぼのぼの」ワールド全開の仕上がりとなっている。

モノブライトは今年、複数の夏フェスの出演を予定しているが、野外フェス会場にぴったりのこの楽曲! ひょっとしたら、ステージ上にぼのぼのもやってくるかも!?

■『ぼのぼの』公式サイト
http://www.bonoanime.jp/

(C)いがらしみきお/竹書房・フジテレビ・エイケン

■配信シングル「bonobonoする」

配信中 ¥250(税込)

●iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/id1136542643?app=itunes&ls=1

【関連リンク】
モノブライト オフィシャルHP
日本工学院専門学校主催『Summer tunes 2016』にCharisma.com、モノブライト、三戸なつめが出演
日本工学院が赤坂BLITZで恒例のサマーライブを開催
モノブライト、アニメ「ぼのぼの」の主題歌「bonobonoする」をツアー会場にて限定販売

【関連アーティスト】
モノブライト
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

ハルカトミユキ、キャリア史上最速のロックナンバー「DRAG & HUG」を先行配信
Wed, 03 Aug 2016 15:00:00 +0900
ハルカトミユキ (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキが、8月17日にリリースする2ndフルアルバム『LOVELESS/ARTLESS』より、キャリア史上最速のロックナンバー「DRAG & HUG」の先行配信を配信スタートさせた。

【その他の画像】ハルカトミユキ

すでに公開中のMVが大好評のこの楽曲は、ミユキ作曲・ハルカ作詞の共作曲。超速テンポに、ハルカが得意とする潔く強い言葉が乗り、ライヴでの盛り上がりを彷彿とさせる爽快な仕上がりだ。「DRAG & HUG」についてハルカは、““引きずれ!そして抱きしめろ!”というのは何ともこの、情けない人生というものを表していて、と言うか、そうするより他にどうもできない滑稽さをそのまま書いてしまえと思い、書いた。せめて少し格好つけて”とコメントしている。

先行配信と同時に、iTunesではアルバムプリオーダーと全曲試聴がスタート! 約3年ぶりという力作に対して、スペシャルサイトには著名人からの絶賛の声が届いている。今回は同世代の旧友であり、ハルカが“戦友”とも呼ぶ、きのこ帝国の佐藤千亜妃がコメント。ぜひ、チェックしてみてほしい。

■iTunes『LOVELESS/ARTLESS』プリオーダー&全曲試聴、「DRAG & HUG」先行配信
http://ur0.pw/xu6d
■『LOVELESS/ARTLESS』スペシャルサイト
http://arena.emtg.jp/r/harukatomiyuki/loveless_artless/

■「DRAG & HUG」MV
https://youtu.be/IxaGCwvpmtQ

■アルバム『LOVELESS/ARTLESS』

2016年8月17日発売
【初回盤】(CD+DVD)
AICL-3133〜4/¥3,990(税込)
※豪華デジタルパッケージ仕様
【通常盤】(CDのみ)
AICL-3135/¥2,800(税込)
<収録曲>
■CD
01.光れ
02.DRAG & HUG
03.奇跡を祈ることはもうしない
04.Pain
05.Are you ready?
06.見る前に踊れ
07.トーキョー・ユートピア
08.永遠の手前
09.you
10.夜明けの月
■DVD ※初回盤のみ
01.世界(Lyric Video)
02.嘘ツキ(Lyric Video)
03.君はまだ知らない(Lyric Video)
04.春の雨(Lyric Video)
05.COPY(Lyric Video)
06.宇宙を泳ぐ舟(Lyric Video)
07.肯定する(Lyric Video)
08.new moon(Lyric Video)
09.LIFE(Lyric Video)
10.ワールドワイドウエブは死んでる(Lyric Video)
11.恋は魔法さ(Lyric Video)
12.奇跡を祈ることはもうしない(Lyric Video)

◎購入者先着特典(初回盤、通常盤共通)
<対象チェーン>
・TOWER RECORDS全店(オンライン含む/一部店舗除く):オリジナルクリアファイル
・TSUTAYA RECORDS(一部店舗除く)/TSUTAYAオンライン(予約のみ):オリジナルB2ポスター

【関連リンク】
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、新曲「DRAG & HUG」先行配信決定&フルMV解禁
ハルカトミユキ、ニューアルバム&野音ティザー映像で新曲「光れ」解禁
ハルカトミユキ、ニューアルバムはお互いの個性を融合させて全曲新録で勝負!

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Czecho No Republic、アルバム曲「Dream Beach Sunset」MV公開&リクエスト企画もスタート
Wed, 03 Aug 2016 14:00:00 +0900
Czecho No Republic (okmusic UP\'s)

7月20日にアルバム『DREAMS』をリリースしたCzecho No Republicが、アルバムの1曲目を飾る「Dream Beach Sunset」のMVを公開した。

【その他の画像】Czecho No Republic

このMVは「Electric Girl」に続き夏目現(I Was a Ballerina)が監督を手掛けたもの。アーティスト写真やアルバムのジャケットにも描かれたフラミンゴやヤシの木、夕日などが登場する夏いっぱいのシチュエーションをバックに、メンバー全員がコンテンポラリーダンスに挑む、チェコの新境地ともいえる、動きのある映像となっている。

9月10日から始まるツアーへの期待感が高まる中、『【Welcome to the Hotel Flamingo Tour】聴きたい曲Twitterリクエスト企画』もスタート。アルバム『DREAMS』リリース記念ワンマン『Welcome to the Hotel Flamingo Tour』がスタートするが、『DREAMS』収録曲以外で聴きたいチェコの曲を大募集する企画となる。ハッシュタグ《 #チェコフラミンゴツアーリクエスト 》 をつけて、 自分がリクエストした曲が聴きたい会場名・曲名・メッセージをツイートするだけなので、ぜひチャレンジしてほしい。

■「Dream Beach Sunset」MV
https://www.youtube.com/watch?v=7sy1_Cv5cpk

■アルバム『DREAMS』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
COZP-1220〜21/¥3,500+税
【通常盤】(CD)
COCP-39654/¥2,800+税
<収録曲>
1. Dream Beach Sunset
2. Forever Dreaming
3. Electric Girl
4. Dreamer
5. BB
6. ゴッホとジョン
7. ヘンリー・ジョーと海の城
8. Blue Holiday
9. Shiny Girl
10. パニック
11. Born Again
12. エンドロール

■「チェコノーリパブリック メジャー4th アルバム「DREAMS」リリース記念 全国15か所ワンマンツアー 《Welcome to the Hotel Flamingo Tour》」

9月10日(土) 東京 Shibuya Eggman
※女性限定ライヴ
9月11日(日) 東京 Shibuya Eggman
※男性限定ライヴ
9月16日(金) 北海道 cube garden
9月20日(火) 京都 磔磔
9月23日(金) 宮城 CLUB JUNKBOX SENDAI
9月24日(土) 新潟 NEXS NIIGATA
10月01日(土) 香川 高松DIME
10月02日(日) 広島 HIROSHIMA CLUB QUATTRO
10月14日(金) 石川 金沢AZ
10月15日(土) 愛知 名古屋BOTTOM LINE
10月16日(日) 岡山 YEBISU YA PRO
10月28日(金) 福岡県 福岡DRUM Be-1
10月29日(土) 鹿児島 SRホール
11月06日(日) 大阪 心斎橋BIGCAT
11月12日(土) 東京 Zepp DiverCity Tokyo

【関連リンク】
Czecho No Republic オフィシャルHP
Czecho No Republic、ニューアルバム初回盤DVDにメンバー監督の新曲MV2曲収録
最高にHAPPYになれるアルバム『Sweet Happiness SUPPORTED BY ゼクシィ』8月24日に発売
Czecho No Republic、新曲「Electric Girl」MVでメンバー全員が本格的な演技に挑戦!

【関連アーティスト】
Czecho No Republic
【ジャンル】
ジャパニーズロック

焚吐が「TOKYO CHAOS」のイメージキャラクターに決定
Wed, 03 Aug 2016 13:30:00 +0900
『TOKYO CHAOS』ポスター (okmusic UP\'s)

現役大学生のシンガーソングライターである焚吐が、池袋P\'PARCOを多角的に表現する広告「TOKYO CHAOS」のイメージキャラクターに決定。水曜日のカンパネラ、現在展開中のトミタ栞に続き、3人目のイメージキャラクターを務めることになった。


【その他の画像】焚吐

焚吐は7月22日にタワーレコード池袋店限定販売となるCD「人生は名状し難い」をリリースし、同日から8月31日(水)までの期間で、全60公演にも及ぶアコースティックライヴを池袋P\'PARCOエントランススペースで実施している。詳しくはオフィシャルHPへ。

今回のイメージキャラクター決定に伴い、なぜ焚吐が活動拠点を池袋に置くのかをフィーチャーしたドキュメントムービーも公開されている。

また、ワンマンライヴ第2弾となる「リアルライブ・カプセルVol.1」のオフィシャルHP先行チケットの受付がスタートしている。こちらもチェック!

■P\'PARCO “TOKYO CHAOS” 焚吐「人生は名状し難い」ドキュメント篇
https://www.youtube.com/watch?v=el4kHe9SEdg

■「人生は名状し難い」MV
https://www.youtube.com/watch?v=P34wG0a3BdI&feature=youtu.be

■「リアルライブ・カプセルVol.1」

11月04日(金) 東京 池袋RUIDO K3
開場:18:30 開演:19:00
チケット:スタンディング3,000円(税込)
10月8日(土)一般発売
※ドリンク代別途必要。
※未就学児入場不可。
※開場時間より整理番号順の入場。

【先行チケット】
受付期間:8月15日(月)23:59まで
http://takuto-official.com/news/20160721_2.html

■タワーレコード池袋店限定盤「人生は名状し難い」

発売中
ZCL-027/¥500(税込)
<収録曲>
1.人生は名状し難い
2.青い疾走

※カエルパルコにて通信販売でもお求め頂けます。
http://kaeru.parco.jp/?gclid=CjwKEAjww_a8BRDB-O-OqZb_vRASJAA9yrc5hElh_zSd2F6QQIaFOGvnkfj2KHW4eQL1DJXaxnRkfxoCYmLw_wcB#!/stores/05tow430/items/579ecf0741f8e874f7000304

【関連リンク】
焚吐 オフィシャルHP
焚吐、初ワンマンライブにて早くも次なる展開を発表
焚吐、タワレコ池袋店限定盤リリース&夏休み限定アコースティックライブが決定
焚吐、木曜レギュラーを務める「MUSIC ARROWS」がついに放送スタート

【関連アーティスト】
焚吐
【ジャンル】
J-POP

結成10周年のLAMP IN TERREN、11月に11公演のツアーを開催
Wed, 03 Aug 2016 13:00:00 +0900
LAMP IN TERREN (okmusic UP\'s)

LAMP IN TERRENが2度目となる全国ワンマンツアー『GREEN CARAVEN TOUR』の直後に、新たなツアーを実施することをアナウンスした。

【その他の画像】LAMP IN TERREN

本ツアーは『TOUR “11" L.A.P』と題されており、今年10月24日にバンド結成10周年を迎える彼らが、11年目に突入という新たなフェーズに踏み込む月である11月に11公演開催される。

今回発表となったのは、京都・神戸・香川・金沢・新潟・宇都宮の6公演。すべて初めてツアーを主催する都市であり、メンバーにとって思い入れのあるライブハウスとなっている。そして、ゲストアーティストが招かれる形の2マンライヴとなるようだ。

また、8月2日に行われたLINE LIVE番組で8月14日に出演する『ROCK IN JAPAN』ステージから新曲が披露されることも発表。本ツアーの鍵となる曲となりそうだ。本日のLINE LIVE番組「LITV」は期間限定でアーカイヴ公開されているので、見逃した人はぜひ覗いてみよう。

■LINE LIVE番組「LITV」期間限定アーカイヴ公開https://live.line.me/r/channels/794/upcoming/8373
■LAMP IN TERREN オフィシャルHP
http://www.lampinterren.com/

■【ライヴ情報】

LAMP IN TERREN ONE MAN LIVE「GREEN CARAVAN TOUR」TOUR FINAL
10月15日(土) 恵比寿LIQUIDROOM
10月23日(日) 長崎DRUM Be-7

LAMP IN TERREN「TOUR “11" L.A.P」
11月04日(金) 京都 磔磔
11月05日(土) 神戸 太陽と虎
11月06日(日) 高松 DIME
11月08日(火) 金沢 vanvan V4
11月09日(水) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE

【関連リンク】
Shout it Out、メジャーデビュー記念2マン名古屋公演のゲストはLAMP IN TERREN
LAMP IN TERREN、全国ワンマンツアーファイナルを地元・長崎と東京で開催
LAMP IN TERREN、ファーストシングルよりメンバー完全セルフプロデュースのMVを公開
LAMP IN TERREN、約1年ぶりの3マンツアー初日公演にて新曲を初披露

【関連アーティスト】
LAMP IN TERREN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MACOが切手に!?「love letter」リリックビデオ公開&先行配信も決定
Wed, 03 Aug 2016 12:30:00 +0900
配信シングル「love letter」 (okmusic UP\'s)

9月21日にニューアルバム『love letter』をリリースするMACOが、アルバムタイトル曲となる新曲「love letter」を8月19日に先行配信することと、そのジャケット写真を公開した。

【その他の画像】MACO

真っ赤なオールインワンドレスを身にまとったアー写が話題となったが、そのスタイリングでちょっと切なげな表情のMACOがたくさんのラブレターに囲まれた、赤と白と青だけの世界のアートワークとなっている。

「love letter」は7月24日に六本木ヒルズアリーナで行われたイベント「SUMMER STATION」で初披露された新曲で同日の夜に、歌詞サイト「歌ネット」で公開されるとリアルタイムランキング1位に輝いた。キュート・ポップなノリのよいアレンジも新鮮で、「聴いててきゅんきゅんしまくりました!」「ロマンティックで!キュートで!って感じでウキウキした〜」など、ファンがSNSで発信している。

また、「love letter」のリリックビデオもYouTubeチャンネル「MACO CHANNEL」にて公開された。 今後も「love letter」の配信日である8月19日までに様々なニュースがこれからも届きそうだ。

8月6日より全国ツアー第2弾の『あなたに初めて、手紙を書くよ。love letter TOUR 2016』のチケット一般発売が開始される。こちらもお見逃しなく。

■【MACO コメント】

カタチにはならないラブレター(恋文)を心の中で書き続けている臆病な女の子のストーリーです。
自分の全てが彼に左右されまくっている1番の歌詞に注目!
2番では、彼の存在の大きさを描いていたり、恋心の深い移り変わりにも注目です。
ライブでは、みんな手拍子したくなるような、ドラマティックな1曲になりました。
自分でライブで歌っていて楽しいです!

■「love letter」歌詞動画
https://youtu.be/qSVQsbu0nOY

■【リリース情報】

アルバム『love letter』
2016年9月21日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UICV-9209/¥3,333+税
※DVDにはスペシャルスタジオライブ映像、他収録予定
【通常盤】(CD)
UICV-1073/¥2,800+税

配信シングル「love letter」
2016年8月19日配信スタート

■『あなたに初めて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016』

10月10日(月・祝)  東京 Zepp DiverCity
10月15日(土)  新潟 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
10月22日(土)  広島BLUE LIVE HIROSHIMA
10月30日(日)  札幌 Zepp Sapporo
11月03日(木・祝)  仙台 PIT
11月13日(日)  大阪Zepp Namba
11月23日(水・祝)  名古屋 愛知芸術文化センター 大ホール
12月03日(土)  福岡 北九州芸術劇場 大ホール

【関連リンク】
MACO オフィシャルHP
MACO、六本木ヒルズでアルバム曲をサプライズ披露
MACO、最新アー写&ファン待望のツアータイトルを発表
MACO、世界的オーディオブランドBeats by Dr. Dreとのコラボ企画始動

【関連アーティスト】
MACO
【ジャンル】
J-POP

きゃりーぱみゅぱみゅ、日本工学院専門学校にてプレミアムなトークイベントを開催
Wed, 03 Aug 2016 12:00:00 +0900
8月1日@片柳記念ホール (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅが8月1日、自身初となるベストアルバム『KPP BEST』の発売を記念し、日本工学院専門学校蒲田キャンパスの片柳記念ホールにて『きゃりーぱみゅぱみゅ×TSUTAYAスペシャル・イベント』を開催した。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

5周年を迎え、日本武道館のライブも控えたきゃりーぱみゅぱみゅだが、今回は500名のみの超プレミアムなトークイベント。司会進行にジグザグジギー池田氏を迎え、「ベストアルバムどうでしたか?」という会場への問いかけに超満員のファンが「最&高!」と答え、イベントはスタートした。

普段のカラフルな衣装とは異なり、落ち着いた色のワンピースでありながら、彼女らしさも出ているデザインの衣装できゃりーぱみゅぱみゅがステージに登場。まずはベストアルバム『KPP BEST』について語り、通常盤ジャケットのコンセプトは「私のファンの方の部屋に本人がいることをイメージしてるんです」と解説。さらに、初回限定盤ジャケットの"真顔"の真意として「他にも候補はあったのですが、一生残るものだと思い返しまして」と、デザイン一つ一つにアーティストの意見が反映されていることを感じられる貴重な製作秘話が語られた。

続いて語られたのはワールドツアーについて。日本と海外のライブの盛り上がり方の違いについては、彼女自らそれを再現するというエネルギー溢れる一面を覗かせた。また、海外公演ならではの英語力について語る場面では、現地で実際に使用している英語版の自己紹介を披露し、自身の発音の成長を証明した。

イベントが中盤に差し掛かり、ファンからの質問コーナーへ。「レコーディングにはどのくらいの時間を要しますか?」という質問に対し、「だいたい10分で曲を覚えて、何度か歌ってわりとすぐに終わります」と回答。会場からは驚きの声が上がった。続けざまに彼女が、それはプロデューサーである中田ヤスタカ(CAPSULE)の計算された製作イメージのなせる技だと説明。きゃりーぱみゅぱみゅの楽曲に欠かせない"不思議さ・無機質さ"はこの手法により生まれているのだという。

続いての質問は、ちびっこからの「好きな食べ物・歌はなんですか?」というもの。質問をくれたちびっこに無邪気に対応しながらも「好きな食べ物は梅干し、ハンバーグ、韓国料理のチャプチェですね」とバリエーション豊かな回答をぶつけた。また、好きな歌には「最近は初音ミクなどのボカロ、あとは中田ヤスタカさんの楽曲が元々好きです」と彼女のイメージに深みを出す回答を得ることができた。

時間はあっという間に過ぎ、イベントは佳境へ。イベントの感想としてきゃりーぱみゅぱみゅは、「普段からシャイな方が多いので大丈夫かな?と思いましたが、直接お話ししていく中で笑顔を見せてくださり、逆にエネルギーをもらいました」とコメント。最後にサイン入りグッズが当たるプレミア抽選会が行われ、歓声やまぬままに終演へ。少人数ならではのアーティストとファンの"距離の近さ"が印象的な、内容までプレミアム感溢れるイベントとなった。

TEXT:小山太一
カメラマン:石原太一

【関連リンク】
退屈な授業時間、本当はダメだけどこっそりイヤホンを耳に指して流してみたい曲
きゃりーぱみゅぱみゅ、「SEIBU KPP TRAIN」出発式にて初の車掌役にチャレンジ!
きゃりーぱみゅぱみゅ、ベストアルバムの発売を記念したミニライブ&握手会大成功
きゃりーぱみゅぱみゅ、渋谷駅構内にテイクフリー“お面”の広告が出現!?

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP, イベント

谷山浩子と栗コーダーカルテット、小島アジコ書き下ろしによるニューアルバムのジャケ写公開
Wed, 03 Aug 2016 11:30:00 +0900
アルバム『ひろコーダー☆栗コーダー』 (okmusic UP\'s)

9月14日に発売となる谷山浩子と栗コーダーカルテットのニューアルバム『ひろコーダー☆栗コーダー』のジャケットが公開された。

【その他の画像】谷山浩子

ジャケットのイラストは、シリーズ累計80万枚のベストセラーコミック「となりの801ちゃん」御薗橋801商店振興会組合/宙出版(キャラクター原案製作者/はるな)の作家、小島アジコがこのアルバムのために書き下ろしたもの。メンバーを模したイラストがすでに注目を集めている。

装丁本デザインの書籍を手にしていた谷山浩子が、そのラインの美しさに一目惚れしたというイラスト。谷山浩子の歌詞の世界を漫画家らしい目線でとらえて表現したイラストの数々を、ぜひ手に取って見てほしい。

また、アルバムの発売を記念して、10月10日(月)にはタワーレコード新宿店にてインストアライブを開催することも決定! 初共演から12年の歳月を経て完成したアルバムを、ゆるメルヘン満載の谷山浩子と栗コーダーカルテットが生で演奏する。素朴で楽しい村祭りのような音楽会を大都会で聴けるチャンスをお見逃しなく。

■【谷山浩子 コメント】

「(小島アジコの装丁本デザインの書籍について)いろんな作家さんのイラストが出ている本だったのですが、シンプルなラインがとてもかわいらしくて目を引きました。同時に若い頃によく読んでいた少女漫画を彷彿とさせる、懐かしさも感じました。ジャケットの4人のイラストは、ファンタジーなデフォルメがすごく気に入っています。特に推定年齢15歳に見える私が……! 歌詞ブックレットの中にもすてきなイラストがいっぱい出てきます。それは買ってからのお楽しみということで!」

■アルバム『ひろコーダー☆栗コーダー』

2016年9月14日発売
YCCW-10282/¥2,700+税
<収録曲>
01. 恋するニワトリ
02. 不思議なアリス
03. ピヨの恩返し
04. そっくりハウス
05. 猫のみた夢
06. 意味なしアリス
07. 月が誘う
08. しっぽのきもち(Instrumental)

■Amazon
http://www.amazon.co.jp/dp/B01HR6A6VC
■商品紹介ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=863&artist_id=58

《タワーレコード購入者オリジナル特典》
全国のタワーレコード(タワーオンライン含む)にて、2016年9月14日発売、谷山浩子と栗コーダーカルテットのニューアルバム『ひろコーダー☆栗コーダー』をお買い上げのお客様対象に、オリジナル特典をご用意致します。
数量限定の為、なくなり次第終了となりますので、ご予約はお早めに!
特典内容:「谷山浩子と栗コーダーカルテット」 タワーレコード☆オリジナル「ティーボールスティック」

■特典詳細は下記ページでチェック
http://www.yamahamusic.co.jp/news/detail.php?id=707

■【インストアイベント情報】

『タワーレコード新宿店18周年 × 谷山浩子と栗コーダーカルテット』
日程:10月10日(月・祝) 
場所:東京・タワーレコード新宿店 7F特設ステージ
時間:21:00
集合:タワーレコード新宿店 7F
内容:ミニライブ + 特典会(サイン色紙 お渡し会 予定)
イベント参加券配布対象店舗:タワーレコード新宿店
対象商品:2016年9月14日(水)発売 アルバム『ひろコーダー☆栗コーダー』

■参加方法詳細は下記ページでチェック
http://www.yamahamusic.co.jp/news/detail.php?id=707

■【イベント情報】

『谷山浩子 猫森集会 Unlimited 〜還暦Birthday Party〜』
8月29日(月) クラブeX(品川プリンスホテル内)
開場 18:00/開演19:00
<チケット>
料金:¥6,000(全席指定・税込)
一般チケット発売日:2016年7月10日(日)

『谷山浩子「猫森集会2016」』
出演:谷山浩子(Vo/Pf)石井AQ(Synth, 他)
会場:全労済ホール/スペース・ゼロ
■Aプログラム
ゲスト:渡辺 等 〜等くん船長と音楽の不思議を巡る旅〜
9月17日(土)開場18:30/開演19:00
9月19日(月・祝)開場17:00/開演17:30
■Bプログラム
ゲスト:分島花音 〜花音と浩子のへんてこカノン〜
9月18日(日)開場17:00/開演17:30
■Cプログラム
ゲスト:斎藤ネコ 〜なんとかなるなるトリオのオールリクエストライブ〜
9月21日(水)開場18:30/開演19:00
9月22日(木・祝)開場17:00/開演17:30
■Dプログラム
ゲスト:新居昭乃 〜昭乃と浩子の秘密すぎる花園〜
9月24日(土)開場17:00/開演17:30
9月25日(日)開場17:00/開演17:30
<チケット>
料金:前売り¥6,800(全席指定、税込) / 当日¥7,300(全席指定、税込)
一般チケット発売:2016年7月24日(日)

■『谷山浩子ソロライブツアー2016』

10月01日(土) 札幌 KRAPS HALL
10月02日(日) 札幌 KRAPS HALL
10月15日(土) 神戸酒心館
10月16日(日) 広島 ゲバントホール
10月21日(金) 名古屋市千種文化小劇場
10月22日(土) 京都文化博物館 別館
10月29日(土) 仙台 エル・パーク仙台 スタジオホール
10月30日(日) 郡山 創空間 富や蔵
11月05日(土) 福岡 ROOMS
11月06日(日) 福岡 ROOMS
11月12日(土) 鎌倉 歐林洞ギャラリーサロン
11月19日(土) 長野市芸術館リサイタルホール
11月23日(水・祝) 金沢21世紀美術館 シアター21
12月03日(土) 高松 SUMUS cafe
12月04日(日) 松山 MONK
12月16日(金) 大阪 ザ・フェニックスホール
<チケット>
料金:前売り¥5,800(税込) / 当日¥6,300(税込)
※別途ドリンク代のかかる会場があります。

【関連リンク】
谷山浩子 オフィシャルHP
谷山浩子、栗コーダーカルテットとのコラボアルバムを9月にリリース
ラーメンズ復活にあたって振り返った5曲
谷山浩子がライヴDVD『101人コンサートスペシャル』トレーラー映像を公開

【関連アーティスト】
谷山浩子, 栗コーダーカルテット
【ジャンル】
J-POP

密会と耳鳴り、バンド史上初の超高画質MV「最低!気分屋!◯◯撲滅!」公開
Wed, 03 Aug 2016 11:00:00 +0900
密会と耳鳴り (okmusic UP\'s)

全国デビュー盤『美しい逆襲』のリリースを8月10日に控える密会と耳鳴りが、リード曲「最低!気分屋!◯◯撲滅!」のMVを解禁した。

【その他の画像】密会と耳鳴り

これまで発表されていたMVはメンバーの自主制作によるものだったが、全国デビューを飾る作品として 「より意義深い物にしたい!」という思いから、超高画質な映像と豪華な演出を目指すMV制作の資金調達を成すべく、「Wefan」によるクラウドファンディングに挑戦。期限内までに目標額を130%上回る形で大成功を飾り、支援者と共に撮影までの道のりを作り上げた意欲作となっている。

「最低!気分屋!〇〇撲滅!」は、社会に転がる不平不満をつらつらと撒き散らし綴るかのような歌詞感に、鹿子ちゃこの愛くるしい歌声が乗っかり毒々しくも健気な女の子の印象を醸し出し、ハセがかき鳴らす中毒性あるギターフレーズが脳内をループし、自然と拳が上がるような熱さも相舞った、ライヴハウスでの新たなキラーチューンとなるであろう乾坤一擲の楽曲となっている。

■【密会と耳鳴り Vo.鹿子ちゃこ コメント】

プロジェクトにご支援いただいた皆様のお陰で撮れた最強に高画質なMVが遂に完成しました!
初レールを使っての撮影だったり、照明が綺麗だったり見所満載なMVになっているので、隅から隅まで観てみてください!
そして、覚えて、ライブで一緒に叫ぼう!!

■「最低!気分屋!◯◯撲滅!」MV
https://youtu.be/3-XPgzVFN9c

■ミニアルバム『美しい逆襲』

2016年8月10日発売
270-LDKCD/¥1,800+税
<収録曲>
1. 最低!気分屋!〇〇撲滅!
2. 影踏み
3. ブスビッチ
4. カーニバル
5. ディスコ
6. ウォーアイニー
7. ドッグレース
8. 美しい逆襲

◎購入特典
タワーレコード:オリジナル缶バッジ2種
ヴィレッジヴァンガード:特製コラボポスター

■密会と耳鳴り「美しい逆襲」レコ発ツアー

8月30日(火) 下北沢シェルター
w/ アサミサエ / 惑星アブノーマル / あいみょん
9月06日(火) 名古屋UPSET
w/ ハウリングアンプリファー / Rick Rack / Split BoB
9月24日(土) 北浦和KYARA
w/ 他ゲストバンドあり
11月22日(火) 梅田シャングリラ
w/ 他ゲストバンドあり

【関連リンク】
密会と耳鳴り オフィシャルHP
密会と耳鳴り、新曲の史上最高MV制作に向けてクラウドファンディングに初挑戦!
密会と耳鳴り、初全国流通ミニアルバムの全貌公開
密会と耳鳴り、初の全国流通盤『美しい逆襲』を8月にリリース

【関連アーティスト】
密会と耳鳴り
【ジャンル】
ジャパニーズロック

みみめめMIMI、夏の1日を詰め込んだファイナル&アルバムリリース決定
Wed, 03 Aug 2016 10:00:00 +0900
7月31日@東京・恵比寿LIQUIDROOM (okmusic UP\'s)

シンガーソングライター・タカオユキとイラストレーター・ちゃもーいによる耳と目を刺激するユニット・みみめめMIMIの東名阪ツアー『みみめめMIMI LIVE TOUR 2016「微炭酸ファンファーレ」』が7月31日、東京・恵比寿LIQUIDROOMにてファイナルを迎えた。

【その他の画像】みみめめMIMI

晴れの日も雨の日も、夏のいろんな一日を感じながらみみめめMIMIの音楽のシャワーを浴びてもらいたいと願ってタイトルがつけられた、「微炭酸ファンファーレ」。セットリストには様々な感情の楽曲がテンポよく連なり、アンコールを含めた計17曲が熱唱された。

冒頭、雨音のSEのなかアコースティックギターでエモーショナルに弾き語られた「Am I Ready?」のあと、「瞬間リアリティ」で一気にハジけたオーディエンスは、みみめめMIMIが作り出す世界にぐんぐん引き込まれていく。 「閃光ハナビ」では声優でもあるタカオユキが、とある花火大会でのワンシーンをドラマCDのように熱演。「センチメンタルラブ」ではおなじみのMVが背後の白幕を彩り、次の「no name love song」「1メートル」では実写を交えた叙情的な映像が聴き手の涙を誘う。ライヴを重ねるごとに進化を続け、まさに耳と目で音楽を届ける“視聴覚ユニット"にふさわしい完成度に達したこれらの演出は、みみめめMIMIのアイデンティティを改めて示しているかのようだった。

そしてもう一つ、ユニットが獲得した“個性"が披露される。バラエティ番組「ナカイの窓」でも紹介され話題となった、タカオユキによるグロ弁当(失礼!)こと手作りキャラ弁だ。この日は東京にちなんだ「ハチ公弁当」をステージ上でライヴクッキング。お弁当が完成するとそれをプロジェクターで映し出し、そのまま「O.B.E.N.T.O」の歌唱へと突入する斬新な演出には歓声と同時にどよめきの声も上がったが、これもまた、みみめめMIMIが初期より積み上げてきたオリジナリティの結晶なのだ。タカオユキが地道に続けてきたキャラ弁作りに、確かな光が当てられた瞬間だった。

後半戦に入ると、ライヴは興奮の坩堝へ。シンガロングやコール&レスポンスで刺激されたフロアは、この日いちばんのヒートアップを見せる。タカオユキがすべての詞曲を担当し、様々なアレンジャーを招くことでサウンドの多様性と密度を高めてきたみみめめMIMI。ポップスにもロックにも当てはまらない、キラキラなのに激しいキラーチューンが連発されたここにも、彼女たちが築いてきた“らしさ"が輝いていた。やがてトランペットによるファンファーレが鳴り響き、8月17日発売の新曲「晴レ晴レファンファーレ」で本編が終了。まさに持てるものすべてを出し切ったステージに、フロアから惜しみない拍手とコールが巻き起こる。

そしてアンコールのMCに、とっておきの知らせが待っていた。今秋、みみめめMIMIの2ndフルアルバムがリリースされるのだ。 「1枚目は自分の頭の中のことを歌にしたアルバムでしたけど、こうしてライヴを何度もやらせていただいて、いつもみんなのことを考えながら、みんなが主人公の曲づくりができるようになりました!」 そう語ってラストの「ミッディ」を歌い出したタカオユキの目には、今を楽しめている充実感が満ち溢れていた。そしてオーディエンスもまた、そんな頼もしさに彼女たちの明るい未来を確信したに違いない。

今ツアーを成功させ、ますますの経験値を得た視聴覚ユニット・みみめめMIMI。それを経た2ndアルバムがどんな作品になるのか、楽しみでならない。

text&photo by 西原史顕

■【セットリスト】

01.Am I Ready?
02.瞬間リアリティ
03.1,2,少女
04.相対性レプリカ
05.閃光ハナビ
06.センチメンタルラブ
07.no name love song
08.1メートル
09.チャチャチャ
10.O.B.E.N.T.O
11.CANDY MAGIC
12.お絵描き
13.天手古舞
14.サヨナラ嘘ツキ
15.晴レ晴レファンファーレ
EN1. 1/2ぶんこ
EN2. ミッディ

■「晴レ晴レファンファーレ」リリース記念イベント

8月07日(日)アキバ☆ソフマップ1号店8Fイベントスペース
15:30〜
8月16日(火)東京 HMV エソラ池袋店
19:00〜
8月17日(水)アニメイト秋葉原 B1Fイベントホール
19:00〜
8月18日(木)神奈川 タワーレコード 川?店
19:00〜
8月19日(金)タワーミニ 東京駅八重洲口店
12:00〜
8月19日(金)宮城 タワーレコード 仙台パルコ店
19:00〜
8月20日(土)埼玉 HMV 大宮アルシェ店
19:30〜
8月21日(日)神奈川 バンダレコード ららぽーと海老名店
14:00〜
8月21日(日)HMV&BOOKS TOKYO 7F イベントスペース
18:00〜
8月28日(日)アキバ☆ソフマップ1号店 8Fイベントスペース
19:00〜

■シングル「晴レ晴レファンファーレ」

2016年8月17日発売
【初回盤】(CD+DVD)
¥1,700+税
【通常盤】(CD)
¥1,200+税
特典:TVアニメ「甘々と稲妻」描き下ろしワイドキャップステッカー
<収録曲>
■CD
01.晴レ晴レファンファーレ
02.1メートル
03.CANDY MAGIC〜Piano Live Version〜
04.晴レ晴レファンファーレ(instrumental)
05.1メートル(instrumental)
■DVD
ピアノ弾き語りライブ
01.ミッディ
02.サヨナラ嘘ツキ

【会場限定盤】(CD+オリジナルフォーク)
¥1,600+税
<収録曲>
01.晴レ晴レファンファーレ
02.O.B.E.N.T.O
03.CANDY MAGIC〜Piano Live Version〜
04.晴レ晴レファンファーレ(instrumental)
05.O.B.E.N.T.O(instrumental)

◎ CDショップ別店舗特典
Amazon、 HMV、アニメイト、ゲーマーズ、タワーレコード、とらのあな、一般CDショップ対象
ライブ写真&TVアニメ「甘々と稲妻」描き下ろしイラストのスペシャルポストカード2枚セットとなります。
※店舗によってライブ写真の絵柄が変更になります。
※描き下ろしイラストは通常盤特典ワイドキャップステッカーと同様の絵柄となります。

【関連リンク】
みみめめMIMI オフィシャHP
AbemaTVにて、『ANIMAX MUSIX』過去ライブ映像をネット初の独占放送!
みみめめMIMI、アニメ『甘々と稲妻』OPテーマ「晴レ晴レファンファーレ」を8月17日にリリース
みみめめMIMIとfh?naが『視聴覚アカデミー』で熱演

【関連アーティスト】
みみめめMIMI
【ジャンル】
J-POP, ライブ

斉藤和義、日本武道館公演の模様を収めたBlu-ray&DVD/CDリリース
Wed, 03 Aug 2016 00:00:00 +0900
斉藤和義 (okmusic UP\'s)

2015年11月から2016年6月にかけて行われた、斉藤和義最長最多となる47都道府県67公演にわたる全国ツアー『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016 "風の果てまで"』より、5月22日に日本武道館で開かれたライヴが映像&音源化することがわかった。


【その他の画像】斉藤和義

玉田豊夢(Dr)、山口寛雄(Ba)、堀江博久(Key)、真壁陽平(Gt)という新たなバンドメンバーとともに行われた今回のツアー。昨年10月にリリースされた最新アルバム『風の果てまで』の収録曲を中心に組まれたセットリストには、「歩いて帰ろう」「ずっと好きだった」「やさしくなりたい」といった代表曲も満載。そしてこのアルバムが生み出されたアメリカ西部の風を感じるツアー演出も魅力あふれる今作。テレビ朝日系金曜ナイトドラマ『不機嫌な果実』主題歌として話題を呼んだ「マディウォーター」も収録される。

さらにBlu-ray&DVDの初回限定盤には、全67公演におよんだツアーの中から日替わりで行われたレアな弾き語り映像を18曲収録。CDの初回限定盤にも、日替わりで行われた弾き語り音源が13曲収録となる。

■Blu-ray&DVD/CD『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016 "風の果てまで" Live at 日本武道館 2016.5.22』

2016年9月21日発売
【Blu-ray  初回限定盤】(BD+DVD)
VIZL-1150/¥6,500+税
【Blu-ray  通常盤】(BD)
VIXL-250/¥5,200+税
<収録曲>
■Blu-ray
01. 風の果てまでのテーマ
02. あこがれ
03. ワンダーランド
04. 君の顔が好きだ
05. 攻めていこーぜ!
06. ウサギとカメ
07. 夢の果てまで
08. Player
09. 劇的な瞬間
10. 恋
11. シンデレラ
12. 青い光
13. Summer Days
14. アバリヤーリヤ
15. さよならキャディラック
16. 傷口
17. やさしくなりたい
18. 歩いて帰ろう
19. 何処へ行こう
20. 時が経てば
ENCORE
21. Endless
22. マディウォーター
23. ずっと好きだった
24. ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー
■初回限定盤特典DVD
日替わり弾き語り映像集
01. BAD TIME BLUES (Live at 福岡サンパレス 2016.2.14)
02. 月光 (Live at よこすか芸術劇場 2016.2.21)
03. ワッフル ワンダフル (Live at なら百年会館 2016.2.24)
04. 虹 (Live at 府中の森芸術劇場 2016.3.5)
05. 桜 (Live at ロームシアター京都 2016.3.29)
06. FIRE DOG (Live at 和歌山県民文化会館 2016.3.31)
07. ワンモアタイム (Live at リンクステーションホール青森 2016.4.9)
08. 歌うたいのバラッド (Live at 中標津町総合文化会館しるべっとホール 2016.4.13)
09. ハミングバード (Live at 旭川市民文化会館 2016.4.15)
10. I Love Me (Live at 富山オーバード・ホール 2016.4.24)
11. 大丈夫 (Live at 沖縄コンベンション劇場 2016.4.29)
12. やわらかな日 (Live at 名古屋国際会議場センチュリーホール 2016.5.7)
13. 僕の踵はなかなか減らない (Live at 大阪城ホール 2016.5.15)
14. tokyo blues (Live at 日本武道館 2016.5.21)
15. ハローグッバイ (Live at とりぎん文化会館 2016.5.27)
16. Are you ready? (Live at 姫路市文化センター 2016.6.1)
17. ベリー ベリー ストロング〜アイネクライネ〜 (Live at 岡山市民会館 2016.6.3)
18. 小さなお願い (Live at 防府市公会堂 2016.6.5)

【DVD 初回限定盤】(3DVD)
VIZL-1250/¥5,300+税
【DVD 通常盤】(2DVD)
VIBL-850~851/¥4,000+税
<収録曲>
■DISC1
01. 風の果てまでのテーマ
02. あこがれ
03. ワンダーランド
04. 君の顔が好きだ
05. 攻めていこーぜ!
06. ウサギとカメ
07. 夢の果てまで
08. Player
09. 劇的な瞬間
10. 恋
11. シンデレラ
12. 青い光
13. Summer Days
14. アバリヤーリヤ
15. さよならキャディラック
16. 傷口
17. やさしくなりたい
18. 歩いて帰ろう
19. 何処へ行こう
20. 時が経てば
■DISC2
ENCORE
21. Endless
22. マディウォーター
23. ずっと好きだった
24. ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー
■DISC3 ※初回限定盤のみ
日替わり弾き語り映像集
01. BAD TIME BLUES (Live at 福岡サンパレス 2016.2.14)
02. 月光 (Live at よこすか芸術劇場 2016.2.21)
03. ワッフル ワンダフル (Live at なら百年会館 2016.2.24)
04. 虹 (Live at 府中の森芸術劇場 2016.3.5)
05. 桜 (Live at ロームシアター京都 2016.3.29)
06. FIRE DOG (Live at 和歌山県民文化会館 2016.3.31)
07. ワンモアタイム (Live at リンクステーションホール青森 2016.4.9)
08. 歌うたいのバラッド (Live at 中標津町総合文化会館しるべっとホール 2016.4.13)
09. ハミングバード (Live at 旭川市民文化会館 2016.4.15)
10. I Love Me (Live at 富山オーバード・ホール 2016.4.24)
11. 大丈夫 (Live at 沖縄コンベンション劇場 2016.4.29)
12. やわらかな日 (Live at 名古屋国際会議場センチュリーホール 2016.5.7)
13. 僕の踵はなかなか減らない (Live at 大阪城ホール 2016.5.15)
14. tokyo blues (Live at 日本武道館 2016.5.21)
15. ハローグッバイ (Live at とりぎん文化会館 2016.5.27)
16. Are you ready? (Live at 姫路市文化センター 2016.6.1)
17. ベリー ベリー ストロング〜アイネクライネ〜 (Live at 岡山市民会館 2016.6.3)
18. 小さなお願い (Live at 防府市公会堂 2016.6.5)


【CD  初回限定盤】(3CD)
VIZL-1350/¥3,800+税
【CD  通常盤】(2CD)
VICL-64650~64651/¥2,800+税
<収録曲>
■DISC1
01. 風の果てまでのテーマ
02. あこがれ
03. ワンダーランド
04. 君の顔が好きだ
05. 攻めていこーぜ!
06. ウサギとカメ
07. 夢の果てまで
08. Player
09. 劇的な瞬間
10. 恋
11. シンデレラ
12. 青い光
13. Summer Days
■DISC2
01. アバリヤーリヤ
02. さよならキャディラック
03. 傷口
04. やさしくなりたい
05. 歩いて帰ろう
06. 何処へ行こう
07. 時が経てば
ENCORE
08. Endless
09. マディウォーター
10. ずっと好きだった
11. ドント・ウォーリー・ビー・ハッピー
■DISC3 ※初回限定盤のみ
日替わり弾き語り音源
01. 小さなお願い (Live at 市川市文化会館 2015.11.21)
02. アゲハ (Live at 神奈川県民ホール 2015.11.26)
03. 寒い冬だから (Live at ニトリ文化ホール 2015.12.6)
04. 誰かの冬の歌 (Live at 福井フェニックス・プラザ 2016.1.11)
05. 虹 (Live at 府中の森芸術劇場 2016.3.5)
06. 桜 (Live at ロームシアター京都 2016.3.29)
07. ハミングバード (Live at 旭川市民文化会館 2016.4.15)
08. I Love Me (Live at 富山オーバードホール 2016.4.24)
09. やわらかな日 (Live at 名古屋国際会議場センチュリーホール 2016.5.7)
10. 僕の踵はなかなか減らない (Live at 大阪城ホール 2016.5.15)
11. tokyo blues (Live at 日本武道館 2016.5.21)
12. ハローグッバイ (Live at とりぎん文化会館 2016.5.27)
13. Are you ready? (Live at 姫路市文化センター 2016.6.1)

【関連リンク】
斉藤和義 オフィシャルHP
斉藤和義、新曲「ひまわりに積もる雪」を配信限定リリース
斉藤和義、メダカがナマズに変貌する「マディウォーター」MV公開
斉藤和義、熊本地震復興支援ライブを6月に開催

【関連アーティスト】
斉藤和義
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1