歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年07月29日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/08/07
2016/08/06
2016/08/05
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
【連載コラム】稚菜、ドラマ「こえ恋」のEDテーマをカバー
Fri, 29 Jul 2016 21:30:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

井上苑子さんで「ナツコイ」

【その他の画像】井上苑子

井上苑子さんの他の曲には以前このコラムで歌わせてもらったSUPER BEAVERの方が手がけた楽曲もあり、そこから彼女の事を知りました。
元気になれる様な明るい歌声。
この曲はCMで流れているので最近良く聴きます。
学生時代の映像が脳裏に浮かび懐かしい気持ちになりました。
聴いている人に情景を思い出させられる歌って凄いなって思います。
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=TDRyrPy9cdw

小さい頃からそして今大人になってもよく耳にする。
私だけではなく、みんな誰しも必ず耳にした事はあるだろう、噂話。
噂話ってどんな情報伝達の手段よりも回るのがとても早いものだと思う。
ただ、そこに対する信憑性は皆無だ。
ある事ない事色んな事が吹聴され、びっくりする早さで色んな人へと伝わっていたりする。
ショックな事、悲しい事、傷つく事…。
それらは特に大きくなり、消える事がなく世の中を勝手に彷徨い歩く。
中にはきっと本当の事もあったりするだろう。
信じなければいけない事もあるだろう。
でも、私はその噂話をなるべく信じないで物事を見る様にしている。
そうして欲しいって思っている。

自分の知っている人や物事に対しての噂話。
その人の自分だけが知っている部分っていうものがある。
聞いた話と、自分が接して来たものがあまりにも食い違っている部分が沢山あったりする。
私はまず自分の知っている人、物事を見て、そこを一番に信じたい。
人づてに聞いた話よりそっちの方が重要だ。
だから私は噂話はあまり耳に入れない。
じゃあそれが知らない人や物事だった場合は?
一応耳には、入れる。
でも基本は信じない。笑
まだ出逢った事もない人や物に対して、これからもしも出逢った時、絶対偏見の目で見てしまう。
それって凄くつまらないものになってしまうから。
その先入観で接してしまうと何もそこから新しい出逢いは生まれない、そこで終わってしまう。
もしかしたらそれは事実ではないかもしれないのに。
そんなくだらない事ってないと思う。
全ての人に対して全く一緒の態度や対応をする人ってきっといない。
色んな考え方があるからこそ、一人一人に対して色んな接し方がある。
私だって男女で接し方は違うし、甘えたり我が儘言ったり、はたまた八方美人になってみたり…とコロコロ変わる。笑
だからこそ、思う。
その噂話の元手に対してはそうだったかもしれないけれど、自分にとってはその対応をされるとは限らないのだ。

噂話を鵜呑みにするより、まず自分の頭で考えて何を信じるべきか、しっかり見極めて欲しい。
言葉で惑わされないで欲しい。
みんながみんなそう思える世界になれば、きっともう少し優しい世の中になれる、そんな気がするのでした。

【関連アーティスト】
井上苑子, 稚菜
【ジャンル】


WEAVER、最新ライブ映像作品のメンバー個人ティザーを解禁
Fri, 29 Jul 2016 20:00:00 +0900
DVD『WEAVER 11th TOUR 2016「Draw a Night Rainbow」 at NHK HALL』 (okmusic UP\'s)

先日LIVE DVDのティザー映像を公開したWEAVERが、続けてピアノ&ヴォーカルの杉本にスポットを当てたオリジナルティザー映像を公開した。

【その他の画像】WEAVER

今後も、各メンバーにスポットを当てた、奥野ver.、河邉ver.のティザー映像が公開される予定だ。個性豊かなメンバーのティザー映像の発表もあり、ますますLIVE DVDの発売が待ちきれないWEAVER。随時発表されるティザー映像はオフィシャルHPやSNSをチェックしよう!

また、ツアーファイナルとなる明日の愛媛公演はソールドアウトとなっているが、LINE LIVEでの生中継が決定している。会場に来れない方も中継でWEAVERのライブに参加してほしい。

■LINE LIVE「WEAVER ライブハウスツアーファイナル 愛媛から生中継!」
※日時:7月30日(土)18:00〜
https://live.line.me/r/channels/21/upcoming/7551

■『WEAVER 11th TOUR 2016「Draw a Night Rainbow」 at NHK HALL』LIVE DVD Short Teaser(杉本 ver.)
https://youtu.be/QJS8PCymi3A

■DVD『WEAVER 11th TOUR 2016「Draw a Night Rainbow」 at NHK HALL』

2016年8月24日(水)発売
AZBS-1037/¥3,500+税
※全32Pフォトブック付
<収録曲>
Overture
1.You
2.Shall we dance
3.くちづけDiamond
4.春色グラフィティー
5.管制塔
6.Welcome!
7.レイス
8.マーメイド
9.クローン
10.さよならと言わないで
11.KOKO
12.Life
13.僕らの永遠〜何度生まれ変わっても、手を繋ぎたいだけの愛だから〜
14.ティンカーベル(ver.EDM)
15.Boys & Girls
16.トキドキセカイ
17.Free will
18.Hello Goodbye
EN.1キミノトモダチ
EN.2 Beloved

《予約特典》
・ライブ会場限定予約特典
「Draw a Night Rainbow」LIVE PHOTOポストカード 4枚セット
・A!SMART予約特典
A!SMARTオリジナルポストカード
・一般CDショップ予約特典
「Draw a Night Rainbow」LIVE PHOTOポスター(B3サイズ)

【関連リンク】
WEAVER オフィシャルHP
WEAVER、最新ライブ映像作品のティザー映像がついに解禁
WEAVER、ライブハウスツアー直前に恒例の「WEAVER TV」生配信が決定
WEAVER、全国ホールツアーが大盛況のNHKホール公演をもって終了

【関連アーティスト】
WEAVER
【ジャンル】
ジャパニーズロック

T.M.Revolution、8月31日リリースのシングル「RAIMEI」ジャケ写解禁
Fri, 29 Jul 2016 19:00:00 +0900
シングル「RAIMEI」【初回生産限定盤】 (okmusic UP\'s)

T.M.Revolutionが8月31日にリリースするニューシングル「RAIMEI」のジャケット写真を公開した。

【その他の画像】T.M.Revolution

「RAIMEI」は虚淵玄原案・脚本・総監修により、大きな注目を集めている日台合同映像企画、武侠ファンタジー人形劇『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の主題歌として制作した楽曲で、通常盤には新たにレコーディングした超豪華メドレー「Route 20 Exclusive Medley HIGH PRESSURE〜WHITE BREATH〜HOT LIMIT」が収録される。

■『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』オフィシャルHP
http://www.thunderboltfantasy.com/

■シングル「RAIMEI」

2016年8月31日発売
【期間生産限定盤初回仕様】(CD+DVD) 
ESCL-4706〜4707/¥1,389+税
※Thunderbolt Fantasy盤
※『Thunderbolt Fantasy東離劍遊紀』仕様ジャケット
<収録曲>
■CD
1. RAIMEI
2. RAIMEI (Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 OP ver.)
■DVD
Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 OP映像

【通常盤初回仕様】(CD)
ESCL-4705/¥1,204+税
<収録曲>
1. RAIMEI
2. Route 20 Exclusive Medley
HIGH PRESSURE〜WHITE BREATH〜HOT LIMIT

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
ESCL-4703〜4704/¥1,667+税
<収録曲>
■CD
1. RAIMEI
2. RAIMEI (Instrumental)
■DVD
RAIMEI MUSIC VIDEO
Behind the scene of RAIMEI MUSIC VIDEO shooting

■「T.M.R. LIVE REVOLUTION\'16 -Route 20-」

7月30日(土) 佐賀・鳥栖市民文化会館 大ホール
7月31日(日) 長崎・諫早文化会館 大ホール
8月06日(土) 栃木・栃木県総合文化センター メインホール
8月07日(日) 千葉・松戸 森のホール21 大ホール
8月14日(日) 鹿児島・霧島市民会館
8月20日(土) 東京・会場両国国技館
8月21日(日) 東京・会場両国国技館開場
8月26日(金) 北海道・会場わくわくホリデーホール 日(札幌市民ホール) 
9月03日(土) 宮崎・メディキット県民文化センター 演劇ホール
9月04日(日) 熊本・熊本県立劇場 演劇ホール
9月22日(木) 青森・八戸市公会堂
9月24日(土) 岩手・奥州市文化会館
10月01日(土) 三重・四日市市文化会館 第一ホール
10月02日(日) 静岡・静岡市民文化会館 大ホール
10月15日(土) 新潟・新潟テルサ
10月16日(日) 富山・新川文化ホール 大ホール
10月23日(日) 長野・まつもと市民芸術館 主ホール
10月29日(土) 福島・郡山市民文化センター 大ホール
10月30日(日) 秋田・秋田県民会館
11月03日(木) 京都・会場ロームシアター京都 メインホール
11月05日(土) 愛媛・松山市総合コミュニティセンター 文化ホール
11月12日(土) 大分・エイトピアおおの 日(豊後大野市総合文化センター) 大ホール
11月19日(土) 島根・出雲市民会館
11月20日(日) 鳥取・米子市公会堂
11月23日(水) 岡山・岡山市民会館
12月03日(土) 岐阜・土岐市文化プラザ・サンホール
12月04日(日) 愛知・名古屋国際会議場 センチュリーホール
12月11日(日) 福岡・福岡サンパレス
12月18日(日) 群馬・桐生市市民文化会館 シルクホール
12月23日(金) 山形・やまぎんホール 日(山形県県民会館)
12月24日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
※終了分は割愛

【関連リンク】
T.M.Revolution オフィシャルHP
『イナズマロック フェス 2016』第4弾出演アーティストとしてソナポケ、HKT48らの参加を発表
T.M.Revolution、デビュー20周年特別企画として旧作アルバムをハイレゾ配信
T.M.Revolution、デビュー20周年記念日の5月13日より全国ツアーをスタート

【関連アーティスト】
T.M.Revolution
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

三月のパンタシア、最新リリックビデオ解禁&ノベライズコンテスト企画がスタート!
Fri, 29 Jul 2016 18:30:00 +0900
シングル「はじまりの速度」【初回限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

三月のパンタシアと数々のコンテストを開催し、話題作を多く書籍化してきたケータイ小説サイト・野いちごがノベライズコンテスト企画をスタートした。

【その他の画像】40mP

そして今回、コンテストのテーマ楽曲「ブラックボードイレイザー」のリリックビデオがついに公開。同時にコンテストの応募も開始された。「ブラックボードイレイザー」は、40mPがコンテストのために書き下ろした楽曲。40mPによる甘酸っぱい楽曲が、ユーザーたちにどのような物語を描かせるのか、楽しみにしたい。

■「ブラックボードイレイザー」リリックビデオ
https://youtu.be/69x-gk_2M7U

■シングル「はじまりの速度」

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2726〜2727/¥1,600+税
<収録曲>
■CD
M1.はじまりの速度
作詞:岡田麿里 / 作曲・編曲:ARCHITECT
M2.花に夕景
作詞・作曲・編曲:n-buna
M3.キミといた夏
作詞:メイリア(GARNiDELiA) / 作曲・編曲:toku(GARNiDELiA)
M4.はじまりの速度 -Instrumental-
■DVD
M1.はじまりの速度 -Music Video-
M2.花に夕景 -Music Video-
M3.キミといた夏 -Music Video-

【通常盤】(CDのみ)
KSCL-2728/¥1,200+税
<収録曲>
M1.はじまりの速度
作詞:岡田麿里 作曲・編曲:ARCHITECT
M2.花に夕景
作詞・作曲・編曲:n-buna
M3.キミといた夏
作詞:メイリア(GARNiDELiA) / 作曲編曲:toku(GARNiDELiA)
M4.はじまりの速度 -Instrumental-

【アニメ盤】(CD+DVD)
KSCL-2729〜KSCL-2730/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
M1.はじまりの速度
作詞:岡田麿里 作曲・編曲:ARCHITECT
M2.花に夕景
作詞・作曲・編曲:n-buna
M3.キミといた夏
作詞:メイリア(GARNiDELiA) / 作曲編曲:toku(GARNiDELiA)
M4.はじまりの速度 -TV Size-
※「キズナイーバー」描き下ろしイラストジャケット
■DVD
M1.「キズナイーバー」Endingノンクレジットムービー

【関連リンク】
ケータイ小説サイト 野いちご
コラボ企画特設サイト
三月のパンタシア、デビューシングル「はじまりの速度」発売日が6月1日に決定
三月のパンタシア、メジャーデビューシングル詳細第二弾が明らかに!

【関連アーティスト】
40mP, 三月のパンタシア
【ジャンル】
ネットカルチャー

ロバート・グラスパーのグラミーの年間最優秀R&Bアルバム賞に輝いた『ブラック・レディオ』はジャンルを超越したクラブミュージック!
Fri, 29 Jul 2016 18:00:00 +0900
『Black Radio』(’12)/ROBERT GLASPER EXPERIMENT  (okmusic UP\'s)

1965年、フォークシンガーのボブ・ディランは『ニューポート・フォーク・フェスティバル』にロックグループを引き連れて出演したものの、観客から大ブーイングを受け、演奏の中断を余儀なくさせられる。純粋で芸術的な“フォークソング”と商業的で下品な“ロックンロール”を一緒にするなという観客たちの怒りが大ブーイングにつながったのだが、これを機にジャンルを飛び越えた“フォークロック”が生まれる。今回紹介するロバート・グラスパーは、本来の区分けでいけばジャズのミュージシャンなのであるが、本作『ブラック・レディオ』ではヒップホップやR&Bの表現を用いて新機軸のクラブミュージックを生み出し、新たな黒人音楽の旗手として大いに注目されている。

【その他の画像】Robert Glasper Experiment

■ボブ・ディランとマイルス・デイヴィス

1960年代はロックが大きく飛躍した時期であった。この時期はロックにとってもっとも大きな影響を受けた、ブルースやカントリーからの脱却を図ることが最大の命題であったかもしれない。ロックという自我(ジャンル)が確立されかけていただけに、フォークやジャズといった他の先輩ジャンルに負けじと、ロックでしかできない表現を生み出すために、多くのアーティストが切磋琢磨していた時代である。

冒頭でも述べたが、ボブ・ディランはそんな時期にあえてフォーク側からロックにアプローチすることで、ジャンルをまたいだ新しいスタイルの音楽を生み出したのである。これはポピュラー音楽界においては画期的なことであり、ボブ・ディランというミュージシャンが如何にすごいのかを証明することになった。ディランは違うジャンルの音楽を混ぜ合わせるという手法で“フォークロック”を生み出したわけだが、そのおかげもあって、ハードロック、プログレ、ジャズロックなど、70年代に向けた新しいロックが次々に生まれることになるのである。この時期のディランの代表作が『追憶のハイウェイ61』(‘65)で、ロックが新たな段階に到達した名作だろう。

■マイルスが先導したフュージョン音楽

すでに70年代の初めには、ジャズ界の天才マイルス・デイヴィス(2)は、自身のグループのエレクトリック化を進めている。マイルスのグループに在籍したハービー・ハンコックやチック・コリアらは、マイルスの音楽を自分たちなりの方法論で押し進めることになり、ジャズにファンク、ソウル、ロックの要素を加味した“フュージョン(初期にはクロスオーヴァーと呼ばれた)”音楽を創造する。

フュージョン音楽は耳触りが良く、演奏技術的にも優れていただけに、大人のリスナーに好まれた。社会人に受けるということは商業的な成功を意味することでもある。だんだんとイージーリスニング音楽のようなサウンドが増え、結果としてパンクロックやワールドミュージックなど、骨のある音楽が脚光を浴びることになった。マイルスが先導したフュージョン音楽は、もっと泥臭く黒っぽいものであったのだが、大手レコード会社の“耳触りの良さ”ばかりを追求する商法のせいで、マイルスが意図した“ジャンルを超えた音楽のごった煮”とは違ったものになってしまったのである。

ジャズ界でも時期を同じくしてジャンルをまたいだ新しいスタイルのジャズが生まれようとしていた。それを実行したのは、ジャズ界の最重要人物として知られるマイルス・デイヴィスだ。50年代にはそれまでのジャズの定番だった“テーマ〜アドリブ〜テーマを4ビートで演奏する”というクリシェ(1)に陥ったマンネリズムを、稀代の名作『カインド・オブ・ブルー』(‘59)で打破し、ジャズの新しい可能性を提示している。

この後、60年代に入るとマイルスの方法論に示唆され、ジャズ界ではフリージャズ、ソウルジャズなど新しい動きが活発になるのだが、マイルス自身は新しい方向性をまだ模索していて、フリージャズやソウルジャズへの方向転換はしていない。ディランと同じように、マイルスもまたジャズというジャンルにはこだわらず、60年代後半にはスライ&ザ・ファミリー・ストーンやジェイムズ・ブラウンなどのソウルやファンクに影響され、8ビート、16ビートによる演奏を取り入れて深化させている。そして、『イン・ア・サイレント・ウェイ』『ビッチェズ・ブリュー』(どちらも69年リリース)という2枚のアルバムで、彼の目指す新しいジャズを生み出すことになった。

■ディランとマイルスのポピュラー音楽への影響

ディランとマイルスの実験は、意識的か無意識的かは別として、結果的にジャンルとジャンルの境界線をなくす、もしくはミックスするという成果を生んだ。この成果は、70年代のロック、ファンク、ソウル、カントリーなどにも大きな影響を与えていく。ディランの場合は“シンガーソングライター”と呼ばれるスタイルからAORにつながる音楽へと進化し、マイルスの場合は70年代に爆発的な流行を呼ぶフュージョン音楽の素地を作ることになった。

■ブルーノートとドン・ウォズ、そしてグラスパー

さて、ここにきて、ようやく主人公の登場だ。ロバート・グラスパーは1978年の生まれで、現在38歳。黒人ジャズ・ピアニストとしてデビューし、2作目の『カンバス』(‘05)からブルーノート・レコード(2)と契約している。ブルーノート・レコードは、プレステッジやリヴァーサイドと並ぶジャズ専門の老舗レーベル。多くの傑作をリリースしているので、音楽が好きならジャズファンでなくとも、名前ぐらいは知っているのではないだろうか。

しかし、ブルーノートでもジャズをリリースするだけでは時代に取り残されてしまうという危機感があったのか、ノラ・ジョーンズのようなノンジャンルのミュージシャンとも契約することで、会社の存続を図っている。“優れたミュージシャンであればブルーノートからリリースする”という会社の新方針は功を奏し、ノラ・ジョーンズの『カム・アウェイ・ウイズ・ミー』(‘02)が大成功を収めたことは記憶に新しいところだ。

2012年には幹部を刷新し、社長にドン・ウォズ(3)を迎えている。ドン・ウォズと言えば、80年代に「ウォズ・ノット・ウォズ」のフロントマンとして大ヒットを生み出し、その後グループを続けながらプロデューサーとしても大成した強者である。特に、彼はロック、ファンク、ソウル、カントリー、ジャズなどの音楽のジャンル分けを好まず、全てを共存させるというプロデュース手腕で、大きな評価を得ている。彼が手掛けた代表作のひとつに『リズム・カントリー・アンド・ブルース』(‘94)というアルバムがあるが、黒人ソウル・シンガーと白人カントリーシンガーを全曲でデュエットさせるという企画が大成功を収め、多くの著名なミュージシャンを手がける売れっ子のプロデューサーとなった。

前述したグラスパーの『カンバス』はピアノトリオ作品で、2005年の段階ではまだ普通のジャズアルバム。ブルーノートでの2作目の『イン・マイ・エレメント』(‘07)でも同じような作風なのだが、次の『ダブルーブックド』(’09)の後半でヒップホップ風のサウンドが初めて登場する。僕の推測だが、このころからドン・ウォズがアドバイスするようになったのではないかと考えている。グラスパー自身、のちのインタビューで「ジャズ、ヒップホップ、ロックを問わず、良い音楽を聴いてきた」と答えている。これは、まさしくドン・ウォズのポリシー(「クソみたいなレコードを出さないこと」)に通じる考え方なのである。グラスパーが新生ブルーノートに在籍することで、ジャズという殻を破るお膳立てが整いつつあったのではないだろうか。

■本作『ブラック・レディオ』について

2013年、グラミー賞の最優秀R&Bアルバムに選ばれたのが、ブルーノートでの4作目となる本作『ブラック・レディオ』である。ジャズピアニストでデビューしたグラスパーが、R&Bの最優秀アルバム賞を受賞するのは不思議なことかもしれないが、かつてディランやマイルスが先鋒に立って革新的なアルバムをリリースしたように、グラスパーもまた良い音楽を追求する上で、ジャンルにとらわれないサウンドを創造しただけに過ぎないのである。

本作はロバート・グラスパー・エクスペリメント名義で、バンド演奏が軸になっている。ケイシー・ベンジャミン(サックス、キーボード)、クリス・デイブ(ドラム)、デリック・ホッジ(ベース)の鉄壁のリズムセクションに、グラスパーのキーボードとピアノが絡むというスタイル。そして、ゲストのエリカ・バドゥ、レイラ・ハサウェイ、ビラル、ミッシェル・ンデゲオチェロなどのミュージシャンがヴォーカルで花を添えている。

ここでは、ジャズ的な演奏ももちろん聴けるが、R&Bやヒップホップ的なクラブサウンドが全編を包み込んでいて、どことなくオーガニックミュージックの香りもする。また、デビッド・ボウイの「Letter To Hermione」やニルヴァーナの「Smells Like Teen Spirit」のカバー曲を取り上げているのも、彼の雑食性を物語っているといえるだろう。

本作は、まさにジャズとヒップホップが同じ地平線上にあることを示唆しているし、ジャズもR&Bも、クラブミュージックとして機能することを改めて証明している。グラスパーのジャンルにとらわれない柔軟な思考が生んだ『ブラック・レディオ』は、新しい黒人音楽のスタート地点に立っていると言えるのではないだろうか。ケンドリック・ラマーやカマシ・ワシントンらと同様、ロバート・グラスパーこそ、これからのエクスペリメント(実験)に目が離せない最も重要なアーティストの一人である。

(1) クリシェ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%82%B7%E3%82%A7

(2) ブルーノート・レコード
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%88%E3%83%BB%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%BC%E3%83%89

(3) ドン・ウォズ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%89%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%82%A9%E3%82%BA

【関連アーティスト】
Robert Glasper Experiment
【ジャンル】


[Alexandros]、映画『ターザン:REBORN』と新曲「Nawe, Nawe」のコラボトレイラーを公開
Fri, 29 Jul 2016 18:00:00 +0900
[Alexandros]&「ターザン:REBORN」 (c)2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved(okmusic UP\'s)

[Alexandros]が7月30日から公開される映画『ターザン:REBORN』の日本版主題歌となっている新曲「Nawe, Nawe」のトレイラー映像『「Nawe, Nawe」Inspire Movie ver.』を公開した。

【その他の画像】[Alexandros]

「Nawe, Nawe」は8月24日に発売される[Alexandros]の13枚目となるシングル「Swan」の2曲目に収録されており、配給元ワーナー・ブラザース映画からのオファーで『ターザン:REBORN』日本版主題歌として書き下ろされたもの。作詞作曲を手掛けた川上洋平(Vo.&Gt.)が「歌というよりサントラの気持ちで仕上げた」と語っているだけあり、楽曲がターザンの世界観と完全に融合された素晴らしい映像に仕上がっている。前述のトレイラー映像は映画『ターザン:REBORN』の公式サイトと「Swan」の発売を記念して開設された[Alexandros]Special Siteにて観ることができるので、是非チェックしてほしい。

また、あわせて歌詞サイトの「歌ネット」に不動曲歌詞もアップされた。気になる人は映像と一緒に楽しんでみてはいかがだろうか?

さらに[Alexandros]Special Siteでは『ドロス夏フェス企画』と題し、夏フェスを楽しむファン参加型のTwitter・Instagram企画をスタート。
フェス・ライブ会場で、[Alexandros]のグッズを身に着けて撮影した写真を@alexandroscrew・@umusicrockアカウントをフォローの上、ハッシュタグ「#ドロス夏フェス2016」をつけてTwitter・Instagramへ投稿すると、抽選で5名に[Alexandros]サイン入りノベルティーグッズが当たる。対象期間は7月29日(金)〜9月30日(金)となっているが、すでにフェスに参加し撮影した写真も投稿可能だ。

(C)2016 Edgar Rice Burroughs, Inc. and Warner Bros. Ent. All Rights Reserved

■映画『ターザン:REBORN』
※7月30日(土)丸の内ピカデリー、新宿ピカデリー他2D/3D全国ロードショー
http://wwws.warnerbros.co.jp/tarzan/
■[Alexandros]Special Site
http://sp.universal-music.co.jp/alexandros/swan/
■歌ネット
http://www.uta-net.com/song/211393/

■シングル「Swan」

2016年8月24日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7143/¥2,300+税
【通常盤】(CD)
UPCH-5881/¥1,300+税
<収録曲>
■CD
M1. Swan
※関西テレビ・フジテレビ系全国ネット 火曜22時ドラマ 「ON 異常犯罪捜査官・藤堂日奈子」主題歌
M2. Nawe, Nawe
※映画 「ターザン:REBORN」日本版主題歌
M3.ワタリドリ(live at 大阪城ホール 2016.6.26)
※アサヒビール「アサヒ ザ・ドリーム」CMソング
■DVD ※初回限定盤のみ
[Alexandors] SXSW 2016 Behind the Scene

◎封入特典
・全国ツアーチケットCD先行抽選受付シリアルナンバー封入
・メンバー稼働のスペシャル・トークイベント参加応募方法封入(東・名・阪・福・札5地区開催予定、実施時期は10月予定)

【関連リンク】
[Alexandros] オフィシャルHP
[Alexandros]、ニューシングル「Swan」のジャケット写真を公開
[Alexandros]の「Nawe, Nawe」を使用した映画『ターザン:REBORN』トレーラー解禁
[Alexandros]、映画『ターザン:REBORN』日本版主題歌を書き下ろし

【関連アーティスト】
[Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」にhide with Spread Beaver、ゴールデンボンバーが出演決定
Fri, 29 Jul 2016 17:00:00 +0900
「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」ロゴ (okmusic UP\'s)

先日開催が発表された「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」の第二弾出演アーティストが決定した。

【その他の画像】GLAY

先日の第一弾発表ではX JAPAN、LUNA SEA、GLAYの出演が明らかになったが、第二弾豪華アーティストとしてhide (X JAPAN)が結成した伝説のバンド・hide with Spread Beaverが2008年の「hide memorial summit」以来、8年のときを経て「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」のステージに再び集結することがわかった。この奇跡は見逃す手はない。さらに、ゴールデンボンバーの出演も決定。NHK紅白歌合戦史上最多タイとなる4年連続で同一楽曲にて出場など、常に話題を振りまくエアーバンドが会場を盛り上げる。

今後も豪華アーティストが随時発表されていくとの事なので、続報を期待して待とう。

■「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」

10月14日(金) 幕張メッセホール 9-11ホール
10月15日(土) 幕張メッセホール 9-11ホール
10月16日(日) 幕張メッセホール 9-11ホール
開場8:00AM/開演9:00AM/終演10:00PM(予定)    
※10月16日(日)は終演9:00PM(予定)

■第一弾発表出演アーティスト
X JAPAN (10月14日,15日,16日)
LUNA SEA (10月14日,16日)
GLAY (10月14日,15日)

■第二弾発表出演アーティスト
hide with Spread Beaver(10月15日)
ゴールデンボンバー(10月16日)
※出演アーティストは今後も随時発表予定

■主催・企画
VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 実行委員会
Rakuten VISUAL JAPAN 合同会社
■運営・制作
ウドー音楽事務所
■制作協力
楽天マネジメント

<チケット>
■発売スケジュール
FC先行予約:2016年7月25日(月)18:00
楽天チケット先行予約:2016年8月8日(月)12:00
一般前売発売:2016年9月3日(土)10:00
■料金
1日券(オールスタンディング):¥14,000(税込)
3日通し券(オールスタンディング):¥39,000(税込)
VIP券(1日券/全席指定/特製ディレクターズチェアお持ち帰り付き):¥60,000(税込)

【関連リンク】
「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」オフィシャルHP
X JAPAN、X時代の映像商品をコンプリートした8枚組BOXをBlu-ray化!
「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」出演者第一弾にX JAPAN、LUNA SEA、GLAY発表!
hide、伝説のライブ映像が最新の映像技術で臨場感あふれる3D映像&音響になって甦る!

【関連アーティスト】
GLAY, ゴールデンボンバー, LUNA SEA, hide, X JAPAN, hide with Spread Beaver
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, フェス

中村雅俊、53枚目のシングル「ならば風と行け」を9月14日にリリース
Fri, 29 Jul 2016 16:00:00 +0900
中村雅俊 (okmusic UP\'s)

中村雅俊が9月14日に通算53枚目となるニューシングル「ならば風と行け」を発売することがわかった。中村のシングルとしては昨年、7年振りにニューシングルを発売し話題となった「はじめての空」に続いての作品となり、リリースとしては約1年振りとなる。

【その他の画像】中村雅俊

今作は作詞を松井五郎が、作曲を都志見隆が手がけており、「現在の」中村雅俊の真摯なメッセージがこめられた、すべての世代へ向けての「人生の応援歌(エール)」として歌われる壮大なミディアムバラード。東建コーポレーションのイメージソングとして今夏よりCMでのオンエアも開始される予定となっている。

また今作はCDのみの仕様と、DVD付仕様盤の2形態が発売されるが、DVD付仕様盤には、ファンから要望の高かった最新ライヴ映像の模様が収録されることも決定した。こちらのDVDは、2015年10月12日(月・祝)、神奈川県民ホールで行なわれた中村雅俊コンサートツアー「COLOR OF HEART」からのライヴ映像を収録しており、「君がいてくれたから」「雨のハイウェイ」「100年の勇気」「心の色」「ふれあい」「恋人も濡れる街角」「はじめての空」といった最新曲やライブで盛り上がる定番曲、代表曲の中から厳選された7曲が収録された豪華仕様。今年のコンサートに参加する前にぜひ予習としても手に入れておきたい1枚となっている。

尚、1974年のデビュー以来欠かさず行なっているコンサートツアーを今年も開催。今年は中村雅俊コンサートツアー2016「L-O-V-E」と題して約20箇所での開催が予定されているが、こちらは今後も随時開催が発表されていくので要チェックだ。是非、ニューシングル「ならば風と行け」を携えてコンサート会場に足を運んでほしい。

■シングル「ならば風と行け」

2016年9月14日(水)発売 
【CD+DVD】
COZA-1232/3/¥2,000+税
【CD】
COCA-17208/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
M-1 ならば風と行け
※東建コーポレーション イメージソング
M-2 夜空に
M-3 ならば風と行け カラオケ
M-4 夜空に カラオケ
■DVD
2015年10月12日(月・祝)、神奈川県民ホールで行なわれた中村雅俊コンサートツアー「COLOR OF HEART」より最新のLIVE映像を収録
《収録曲》
「君がいてくれたから」
「雨のハイウェイ」
「100年の勇気」
「心の色」
「ふれあい」
「恋人も濡れる街角」
「はじめての空」

■中村雅俊コンサートツアー2016「L-O-V-E」

10月01日(土) かつしかシンフォニーヒルズ モーツァルトホール(東京都)
10月02日(日) 三島市民文化会館 大ホール(静岡県)※ 
10月10日(月) 笠懸野文化ホール・パル(群馬県)※ 
10月15日(土) 那須野が原ハーモニーホール 大ホール(栃木県)※ 
10月16日(日) 熊谷文化創造館 さくらめいと(埼玉県) 
10月22日(土) 福山市神辺文化会館 大ホール(広島県)※ 
10月23日(日) 三豊市文化会館 マリンウェーブ(香川県)※ 
10月30日(日) 愛知県芸術劇場 大ホール(愛知)
11月03日(木・祝)岸和田市立浪切ホール 大ホール(大阪)※
11月05日(土) 日立市民会館(茨城県)※
11月12日(土)タウンホールとみか 大ホール(岐阜)※
11月20日(日) 津幡町文化会館 シグナス(石川県)※
11月25日(金) なかまハーモニーホール 大ホール(福岡県)※
11月30日(水) 庄内町文化創造館 響ホール(山形県)※
12月03日(土) 中野サンプラザホール(東京都)
12月11日(日) 新大阪メルパルクホール(大阪府)
12月24日(土) ハートピア春江(福井県)※ 
(※の会場は“中村雅俊コンサートツアー2016「L-O-V-E」 Acoustic Unit"となりアコースティック編成です)

【関連リンク】
中村雅俊 オフィシャルHP
中村雅俊、7年振りシングル「はじめての空」発売&秋ツアー決定
バンドじゃないもん!、水着姿が眩しい「夏のOh!バイブス」MVフルを解禁&ユニット盤ジャケ写公開
中島玲主催ライブ『Cynar tonic vol.2』大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
中村雅俊
【ジャンル】
J-POP

八代亜紀、日本とモンゴルを繋ぐシングル「JAMAAS」を10月19日にリリース
Fri, 29 Jul 2016 15:00:00 +0900
八代亜紀 (okmusic UP\'s)

八代亜紀が10月19日にニューシングル「JAMAAS」をリリースする事が分かった。

【その他の画像】八代亜紀

「JAMAAS」は、モンゴル民主化運動の英雄で、現在は芸術家として活動をしているドグミド・ソソルバラム氏が歌った、モンゴルでは国民的に愛されている歌謡曲。「JAMAAS」=「真理」という意味を持ち、人生における真実・真理、人生観を歌っている。八代が歌う「JAMAAS」は、この原曲の世界観をベースに、一人の女性の生涯を描いた日本語詞がつけられ、楽曲はより歌謡曲風にアレンジされている。

八代とモンゴルとの関係は約15年前まで遡り、駐日モンゴル大使ソドブジャムツ・フレルパータル大使が彼女の大ファンであったことから、2000年5月に八代のパルコ劇場でのコンサートを訪問。それをきっかけに八代とモンゴル大使は交流を持つことになり、モンゴル大使からは常々「いつかモンゴルでコンサートを開催してほしい」と要請を受けていたが、なかなかきっかけを掴めずに実現には至っていなかった。

そんな中2015年春頃に、フレルパータル大使からモンゴル大使館での食事会の席で、モンゴルの英雄としてソソルバラム氏を紹介され「JAMAAS」という楽曲を知った八代の心が動き始める。「JAMAAS」の持つ壮大でスケール感ある楽曲の力とその意味は、すぐに八代を魅了し、この曲を日本にも届けたいと強く思ったという。さらにモンゴル大使からソソルバラム氏のプロデュース・演出によるコンサート開催の要請を受け、2016年の公演開催へ向けて2015年8月に現地を視察。そこでコンサートの開催を決意し、「JAMAAS」は2016年の八代亜紀の新曲としてリリースされることも決定した。

2016年5月30日、八代がモンゴル大使館よりモンゴル国文化大使に任命されると、7月31日に首都・ウランバートルにて『日本モンゴル文化交流コンサート』が開催されることが正式に決定。また、ソソルバラム氏より「モンゴルを代表するパワースポットでぜひ一緒に歌ってほしい」と強く要請され、8月3日にはウランバートルから約300キロ離れた奇岩景勝地『イフガズリーンチェロー』にて、「JAMAAS」を“献歌"する予定だ。まさにモンゴルの大草原の中で歌唱することになる。

■【八代亜紀よりコメント】

初めて「JAMAAS」を聞いた時、言葉は全く違うのに伝わってくる楽曲の持つパワーに圧倒されました。
そして、この素晴らしいメロディーをぜひ多くの日本の方にも聞いてもらいたいと思い、伊藤薫先生に"運命"や"摂理"といった原曲の持つテーマを活かした素晴らしい日本語詞を付けていただき、若草恵先生には、私がモンゴルで見た大自然の光景のような、ドラマチックでスケールの大きいアレンジを付けていただき、日本版「JAMAAS」が完成しました。
この日本版「JAMAAS」には、子守唄代りに聞かされていた謂わば私の音楽のルーツである浪曲も登場します。

この度、モンゴル国より文化大使という大役を拝命いたしました。
そして、モンゴル公演で早速「JAMAAS」を歌唱させていただく機会を得ることとなり、とても光栄に感じています。
この曲が日本とモンゴルの文化の懸け橋になればうれしいです。

【関連リンク】
八代亜紀 オフィシャルHP
八代亜紀、伊東ミキオらブルースバンドとツアー開催!
八代亜紀、「FUJI ROCK FESTIVAL \'16」への初出演が決定
八代亜紀、『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016』出演決定

【関連アーティスト】
八代亜紀
【ジャンル】
J-POP

「ビクターロック祭り」第4回目の開催が3月18日に決定
Fri, 29 Jul 2016 14:00:00 +0900
「ビクターロック祭り2017」ロゴ (okmusic UP\'s)

ビクターエンタテインメントが主催するロック・フェスティバル「ビクターロック祭り2017」が2017年3月18日(土)に千葉県・幕張メッセ国際展示場で開催されることが明らかとなった。

【その他の画像】

「ビクターロック祭り」は、いつの時代も音楽シーンに確かな足跡を残し続けてきたビクターが「ずっとロック、これからもロック。」を合言葉に2014年に初開催。第1回目は家入レオ、くるり、Cocco、サカナクション、THE BACK HORN、THE BAWDIES、サンボマスター、SPECIAL OTHERS、Dragon Ash の計9組(五十音順)、第2回目にはKEYTALK、木村カエラ、キュウソネコカミ、斉藤和義、スガ シカオ、Dragon Ash、ハナレグミ、星野 源、レキシの計9組(五十音順)、第3回目は2ステージに拡大され、Awesome City Club、Gacharic Spin、くるり、go!go!vanillas、サカナクション、SAKANAMON、THE BACK HORN、THE BAWDIES、サンボマスター、DJダイノジ、DJやついいちろう(エレキコミック)、Dragon Ash、藤原さくら、レキシの計14組(五十音順)という、いまの日本のミュージックシーンを牽引しているアーティストがそれぞれ出演し、ロックリスナー達を沸かせてきた。そして、今秋MBS毎日放送との共催で初の大阪での開催がつい先日発表されたばかりである。

4回目の開催となる同フェスティバルは、2017年の3月18日(土)に開催が決定。出演者に関する情報は、オフィシャルサイトにて随時発表されるので注目して欲しい。

■「ビクターロック祭り2017」オフィシャルHP
http://rockmatsuri.com

■「ビクターロック祭り2017」

3月18日(土)  幕張メッセ国際展示場
出演:決定次第随時発表予定

【関連リンク】
バンドじゃないもん!、水着姿が眩しい「夏のOh!バイブス」MVフルを解禁&ユニット盤ジャケ写公開
中島玲主催ライブ『Cynar tonic vol.2』大盛況のうちに幕
丸本莉子、8つのガーベラの花言葉をちりばめた話題の新曲MVを公開
超特急、高校生クイズ関東大会で永野とコラボ

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

Wienners、ミニアルバム『GOKOH』リリース決定&全国ツアー開催を発表
Fri, 29 Jul 2016 13:00:00 +0900
Wienners (okmusic UP\'s)

Wiennersが2011年にリリースされた『W』以降、約5年ぶりとなるファン待望のミニアルバム『GOKOH』を10月5日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】Wienners

ミニアルバム『GOKOH』には全5曲の新曲が収録され、初回限定盤のDVDには「みずいろときいろ TOUR FINAL ONEMAN(恵比寿LIQUIDROOM)」のライブ映像が全17曲収録される。

そして、今作のリリースに併せて10月18日(火)の新潟公演を皮切りに約1ヶ月に渡る「GOKOH TOUR 2016」と題した全国ツアーを開催する事もアナウンスされた。ツアーファイナルは11月18日(金)に恵比寿LIQUIDROOMにてワンマンライブが開催される。なお、全国ツアーのオフィシャル先行は8月8日(月) 12:00〜8月21日(日) 23:59の発売となるので全国のWiennersファンは是非チェックしておこう!

■ミニアルバム『GOKOH』

2016年10月5日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
NBDL-36/37/¥2,000+税
【通常盤】(CD)
NBDL-38/¥1,400+税
<収録曲>
■CD
1.おおるないとじゃっぷせっしょん
2.TRY MY LUCK
3.座頭市
4.さよなら浦島太郎
5.姫
■DVD ※初回限定盤 のみ
みずいろときいろ TOUR FINAL ONEMAN @恵比寿LIQUIDROOM
1.We are the world
2.Cult pop suicide
3.ジュリアナディスコゾンビーズ
4.天地創造
5.FUTURE
6.TOKYO concert session
7.Justice4
8.姫君バンケット
9.子供の心
10.ドリームビート
11.ELECTRIC FOR YOU
12.ASTRO BOY
13.シャングリラ
14.みすいろときいろ
15.レスキューレンジャー
16.LOVE ME TENDER
17.蒼天ディライト

■「Wienners presents GOKOH TOUR 2016 」

10月18日(火)  新潟県 / 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE(ゲスト有) 
10月19日(水)  宮城県 / 仙台 enn 2nd(ゲスト有) 
10月21日(金)  北海道 / 札幌 COLONY(ワンマンライブ / ゲストアクト有) 
10月27日(木)  静岡県 / 浜松 メスカリンドライブ(ゲスト有) 
11月01日(火)  兵庫県 / 神戸 太陽と虎(ゲスト有) 
11月03日(木・祝)  愛知県 / 名古屋 UPSET(ワンマンライブ) 
11月08日(火)  鳥取県 / 米子 AZTiC laughs(ゲスト有) 
11月09日(水)  広島県 / 広島 SECOND CLUTCH(ゲスト有) 
11月11日(金)  福岡県 / 福岡 Queblick(ワンマンライブ) 
11月13日(日)  大阪府 / 梅田 Shangri-La(ワンマンライブ) 
11月18日(金)  東京都 / 恵比寿 LIQUIDROOM(ツアーファイナル・ワンマンライブ) 

■Wienners オフィシャル先行 URL
http://w.pia.jp/t/wienners/
受付期間:8月8日(月)12:00〜8月21日(日)23:59

【関連リンク】
Wienners オフィシャルHP
SPARK!!SOUND!!SHOW!!のツアーファイナルシリーズにモーモールルギャバン、Wienners等が出演
玉屋2060%(Wienners)、アイマリンプロジェクト第三弾の楽曲制作を担当
04 Limited Sazabysの主催フェス『YON FES 2016』が大盛況!

【関連アーティスト】
Wienners
【ジャンル】
ジャパニーズロック

FLOW、ダブルタイアップシングル2曲のMV解禁で新体操リボンに初挑戦!?
Fri, 29 Jul 2016 12:00:00 +0900
FLOW (okmusic UP\'s)

FLOWが8月24日(水)にリリースする『テイルズ オブ』シリーズのダブルタイアップシングル「風ノ唄/BURN」のMV(Short ver.)を公開した。

【その他の画像】FLOW

両タイトルの監督を務めたのは、ウルフルズ「ガッツだぜ!!」や、いきものがかり「ありがとう」などのMVを手掛け、FLOWでも「GO!!!」や「COLORS」など多くの作品を手掛けてきた竹内鉄郎監督だ。

「風ノ唄」では、タイトルにちなんで“FLOWの風を見せたい!"という想いから、メンバー自身が“新体操リボン"に初挑戦することに! 新体操リボン自体、未経験のメンバー5人は数回に及ぶ必死の練習を重ね、特にベースのGOT\'Sは右手首が腱鞘炎になるなど、苦戦し身を削りながら本番の撮影に挑んだ。まもなく開幕される"リオデジャネイロオリンピック"に出場する新体操『フェアリージャパン』へオマージュを込めたMVとなっている。果たしてFLOWは自分達の風を見せることができるのか?! 一方、「BURN」のMVでは、炎に包まれたFLOWの熱い演奏シーンを見ることができる。

さらに、この「風ノ唄/BURN」を引っ提げた全国ツアーのファイナル公演・12月31日(土)ディファ有明でのカウントダウンライブのチケット詳細と、バンド史上2度目の円形ステージ仕様でのライブになることも発表された。今回は円形ステージ間近でFLOWの“風"と“熱"を感じられ、さらにオリジナルグッズも付いた“プレミアムスタンディングエリア"が設けられるなど、記念すべきプレミアムライブとなりそうだ。一般向けのチケット先行は8月19日(金)より受付開始。是非2作品のMVと併せてライブもチェックしてみよう。

■「風ノ唄」MV(Short Ver.)
https://youtu.be/kYU7KJLIm5s

■「BURN」MV(Short Ver.)
https://youtu.be/KDPQseUgtWQ

■シングル「風ノ唄/BURN」

2016年8月24日発売
【通常盤】(CD)
KSCL-2761/¥1,000+税
<収録曲>
1.風ノ唄
2.BURN
3.風ノ唄 -Instrumental-
4.BURN -Instrumental-

【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2759 〜 KSCL-2760/¥1,500+税
<収録曲>
■CD
1.風ノ唄
2.BURN
3.風ノ唄 -Instrumental-
4.BURN -Instrumental-
■DVD
・「風ノ唄」 Music Video
・「BURN」 Music Video
・「風ノ唄」 / 「BURN」 Music Video メイキング集

【期間生産限定盤(アニメ盤)】(CD+DVD)
KSCL-2762 〜 KSCL-2763/¥1,500+税
※デジパック仕様
<収録曲>
■CD
1.風ノ唄
2.BURN
3.風ノ唄 -TV Size-
4.BURN -Game Size-
5.風ノ唄 -TV Size Inst.-
6.BURN -Game Size Inst.-
■DVD
・「風ノ唄」 Music Video / 「テイルズ オブ ゼスティリア ザ クロス」ver.
・「BURN」 Music Video / 「テイルズ オブ ベルセリア」ver.

◎「風ノ唄 -TV Size-」 配信中
・iTunes
https://goo.gl/vOex5T  
・レコチョク
http://recochoku.com/s0/kazenouta-tvsize/ 
・mora:
http://mora.jp/package/43000001/4560429743286/

■【ライブ情報】

『FLOW LIMITED CIRCUIT 2016 「風ノ陣」』
9月10日(土) 仙台CLUB JUNK BOX
9月11日(日) F.A.D YOKOHAMA
9月16日(金) 浜松・窓枠
9月19日(月・祝) 高知X-pt.
9月20日(火) 大阪BIGCAT
9月22日(木・祝) 松江canova
9月24日(土) 福岡DRUM Be-1
10月01日(土) 北見Onion Holl
10月02日(日) 札幌ペニーレーン24

『FLOW LIMITED CIRCUIT 2016 「炎ノ陣」』
11月03日(木・祝) 広島セカンド・クラッチ
11月05日(土) 熊本Django
11月06日(日) 鹿児島SR HALL
11月18日(金) 名古屋CLUB QUATTRO
11月20日(日) 富山MAIRO
11月22日(火) 高松DIME
11月23日(水・祝) 奈良ネバーランド
11月26日(土) 盛岡Club ChangeWave

『FLOW LIMITED CIRCUIT 2016 「中南米ノ陣」』
12月開催 メキシコ、ブラジル、ペルー、アルゼンチン
※詳細後日発表・全4ヶ国単独公演

『FLOW COUNT DOWN LIVE 2016-2017「刻ノ陣」〜ディファ年明けシーズン3〜』
12月31日(土) ディファ有明 
<チケット>
オフィシャルチケット先行:8月19日(金)13:00〜8月28日(日)23:59
プレミアムスタンディングエリア:¥5,400(税込/ドリンク代別途)
※オリジナルグッズ付き
スタンディングエリア:¥4,900(税込/ドリンク代別途)
指定席:¥4,900(税込/ドリンク代別途)
http://l-tike.com/hp-flow/

【関連リンク】
FLOW オフィシャルHP
FLOW、シングル「風ノ唄/BURN」からMVのメイキング映像を公開
FLOW、『テイルズ オブ フェスティバル 2016』にて「風ノ唄/BURN」を初披露
FLOW、新曲「風ノ唄 -TV Size-」配信開始&最新ビジュアル他も続々解禁

【関連アーティスト】
FLOW
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ゲーム

yonige、ツアー第5弾ゲストはthe peggies、Age Factory、BAN\'S ENCOUNTER
Fri, 29 Jul 2016 11:00:00 +0900
yonige (okmusic UP\'s)

yonigeの「かたつむりは投げつけない」ツアーの第5弾ゲストにthe peggies、Age Factory、BAN\'S ENCOUNTERが追加発表された。

【その他の画像】Age Factory

追加出演が発表されたのはは9月5日(月)の横浜にthe peggies、9月13日(火)の福岡公演と15日(木)の大分公演にAge Factory、14日(水)の長崎公演にBAN\'S ENCOUNTER。さらに、神戸と名古屋公演に出演した、さよならポエジーが高知公演にも追加で出演となる。

チケットは各プレイガイドにて一般発売中だ。

■「かたつむりは投げつけない」ツアー

7月28日(木) 名古屋APOLLOBASE 
w/ さよならポエジー、古舘佑太郎
8月22日(月) 仙台enn2nd 
w/ Sentimental boys、Age Factory、ircle
8月23日(火) 新潟GOLDEN PIGS BLACK 
w/ 突然少年、Age Factory、Sentimental boys
8月31日(水) 札幌COLONY 
w/ The Floor、突然少年、THE BOYS&GIRLS
9月5日 (月) 横浜F.A.D. 
w/ KOTORI、SPARK!!SOUND!!SHOW!! 、the peggies
9月9日 (金) 松本ALECX 
w/ 突然少年、LILI LIMIT、My Hair is Bad
9月13日(火) 福岡Queblick 
w/ SIX LOUNGE、HERO COMPLEX、Age Factory
9月14日(水) 長崎STUDIO DO! 
w/ ハルカミライ、SIX LOUNGE、AND SUN BULLS、BAN\'S ENCOUNTER
9月15日(木) 大分SPOT 
w/ ハルカミライ、SIX LOUNGE、Age Factory
9月17日(土) 広島4.14 
w/ ハルカミライ、UHNELLYS
10月3日(月) 高松RIZIN\' 
w/ UHNELLYS and more
10月4日(火) 高知X-pt. 
w/ UHNELLYS、さよならポエジー and more

【関連リンク】
yonige オフィシャルHP
yonigeがミニアルバム『かたつむりになりたい』から「センチメンタルシスター」のMVをフル公開
yonige、ツアー第4弾ゲストにAmelie、Shout it Out、FIVE NEW OLDを追加
SPACE SHOWER MUSIC×日本工学院ミュージックカレッジによる共同主催のサマーライブ開催!

【関連アーティスト】
Age Factory, the peggies, yonige
【ジャンル】
ジャパニーズロック

HAN-KUN、NYC撮影の最新アーティスト写真公開&最新アルバムから2曲先行配信決定
Fri, 29 Jul 2016 00:00:00 +0900
HAN-KUN (okmusic UP\'s)

先日、およそ2年振りとなるニューアルバム『Island Vibes』の発売を発表したばかりの湘南乃風の"ヴォイス・マジシャン"ことHAN-KUN。この度、同アルバム用にニューヨークで撮影された最新のアーティスト写真を公開した。さらに、最新アルバムの中から、アルバムタイトル曲「Island Vibes」と「#IROIRO」の2曲を先行配信することも発表した。


【その他の画像】HAN-KUN

約半年間、ニューヨークを拠点にしながら、マイアミ、ジャマイカ、トリニダード・トバゴを行き来し現地ミュージシャンやエンジニア等とセッションを重ねながら制作された今作。最新アーティスト写真は、ニューヨーク滞在中に撮影されたものとなっている。その最新アルバムの中から今回、各地のカリビアン・コミュニティで体感・吸収された"アイランド・ヴァイブス"がふんだんに詰め込まれたアルバムタイトル曲「Island Vibes」と、ライブ会場でタオルが舞う様子が容易に目に浮かぶ人生賛歌「#IROIRO」の先行配信を発表、iTunes Storeにて7月29日(金)から配信が開始される。同2曲を含む最新アルバムは8月24日(水)に発売、海外修行を経たHAN-KUNの"今"を凝縮させたアルバムであるとともに、その名の通りHAN-KUN流のアイランド・ミュージックが体現されたコンセプト・アルバムに仕上がっている。

また、商品はCD2枚組の仕様となっており、オリジナル・アルバムに加えDISC2にはHAN-KUNの過去から現在までの軌跡を辿るべく、既発曲+未発曲合わせて20曲以上から構成されるスペシャル・ミックスCD「HAN-KUN DANCEHALL MEGA MIX 〜Don\'t Think, Just Feel...〜 mixed by DELTA FORCE」」を付属。オリジナル・アルバムと併せ、ファンには堪らない作品だ。

そして、アルバム発売を記念して9月30日(金)に新木場studio coastにてリリース・イベントの開催が決定している。「アイランド・ヴァイブス」を感じられる1日をお楽しみに!(こちらの詳細は、後日オフィシャルHPにて発表)。

■iTunes Store ? HAN-KUN
https://itunes.apple.com/jp/artist/han-kun/id160602105

■「 Island Vibes」Official Lyric Video
https://youtu.be/658QfW77V_w

■アルバム『Island Vibes』

2016年8月24日発売
TFCC-86567/¥2,315+税
※Album + Mix CD(2CD)
※初回生産分封入特典:世界にたった一つだけの「特製レコードプレイヤーとオリジナルTシャツ」が1名様に当たる、応募券封入予定。
<収録曲>
■Disc 1
01. Intro
02. Island Vibes
03. I Don\'t Care
04. Keep It Goin\' On
05. Lovin\' U
06. I&I
07. #IROIRO
■Disc 2
01. HAN-KUN DANCEHALL MEGA MIX
〜Don\'t Think, Just Feel…〜
mixed by DELTA FORCE

【関連リンク】
HAN-KUNオフィシャルHP
HAN-KUN、Apple Store, OmotesandoにてSPハロウィンイベントを開催
HAN-KUN、ハロウィンをコンセプトにした新曲を配信リリース
SPICY CHOCOLATE、浅田舞が主演で話題のMVを主要サイトで配信開始

【関連アーティスト】
HAN-KUN , 湘南乃風
【ジャンル】
レゲエ/スカ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1