歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年07月26日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/08/04
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
アメリカ西海岸最大の音楽フェス『island Reggae fes ‘16』第三弾最終リポート
Tue, 26 Jul 2016 18:00:00 +0900
アメリカ西海岸最大の音楽フェス『island Reggae fes ‘16』第三弾最終リポート (okmusic UP\'s)

Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からホットなisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています。

カリフォルニア・サンホセの砂漠のど真ん中で行われた全米最大動員数を誇る13時間ぶっつけで行われた『island Reggae fes ‘16』(以下『IRF』)! バックステージでアーティストに直接インタビューをやってきました。前回に引き続き『IRF』のリポート第三弾をお届けいたします。


【その他の画像】

朝10:00会場オープン、チケットは正午前に3万枚完売し、全米中の?ポリネシアン大集合! HULAとサモアダンスでスタートし、ポリネシアンの子供たちのラグビートーナメントやポリネシアンの出展ブース、特にTatau(ポリネシア語で刺青という意味)という洋服ブランドが大人気で、1つ50ドルするバックパックは1人で10個も買う人が続出で、午前中に完売! Tシャツやタオルも午後2時には完売でした。

『IRF』のメインスポンサーなので、アーティストやスタッフたちもTatauブランドを着ていました。もちろん、私もGetしましたよ。Tatauを着ているだけで、Ohana(ポリネシアの家族という意味)になった気分で、会場がみんな一体になってすごい迫力鳥肌ものでしたよ。

今回の『IRF』リポートは、アイランドレゲエを一番最初に始めたといわれているアイランドレゲエのパイオニアFijiのインタビューです。横にも縦にもすごく大きくてとっても怖いのですが、話してみるととっても優しいおじさま。コンサート中は巨漢の体重を支えきれず、いつもは車椅子で移動。でも、ステージに立つといきなり元気に起立! 大きいだけあって、黄金の声で会場をしびれさせます。そんなレゲエ好きのFijiは「僕がヒップホップやハワイの古典音楽をMIXさせアイランドレゲエを確立したんだと思うよ。MTVのハワイのリアルショーでも僕の曲が使われ世界中に広まったんだよ。」と語ってくれました。
https://m.youtube.com/watch?v=4h130PPshcc

さらに「1998年、ハワイの『Na Hoku Honohano Award』にアイランドレゲエとして僕が受賞したことがきっかけで、アイランドレゲエがハワイの伝統文化の仲間入りし、その後も色々なアイランドレゲエアーティストがこのAwardで賞を取るようになったんだよ。僕はここまでやったから、あとは今たくさん頑張っているアイランドレゲエアーティストがこれに続いて世界中にもっともっと広がっていくといいね。CDストアで音楽のジャンルがあるけど、そのうち“アイランドレゲエ”コーナーができるといいね。」ですって。でも、これって近い将来かも!?

今回はFijiとアイランドレゲエ代表女子Anuheaのお勧め曲です。是非聴いてみてね。
https://m.youtube.com/watch?v=tT2a0GANopY

【関連アーティスト】

【ジャンル】


mayhem;overtime、初のワンマンライヴが大盛況
Tue, 26 Jul 2016 20:00:00 +0900
7月23日(土)@秋葉原グッドマン (okmusic UP\'s)

バンド結成から1年半、mayhem;overtime(メイヘムオーバータイム)が7月23日に秋葉原グッドマンにてワンマンライヴを行った。

【その他の画像】mayhem;overtime

彼らの「キャッチーかつ想像と現実をリンクするような言葉」に魅了されたファン約200人が「この大騒ぎ」を目の当たりにする1日となった。

19時すぎからはじまったライブは、結成時にYouTubeで発表された「正解の終わり」からスタート。「GAME OVER」という歌詞で締めるにもかかわらず、1曲目にくるあたりで、すでにバンド名の由来「大騒ぎの延長戦」なのではないだろうか?

MCでは「初ワンマンにお越しくださいまして、ありがとうございます。結成1年半においての初ワンマンにこんなに多くの方々にお越しいただき、本当に嬉しいです。皆さんで最高の一日にしましょう!」(へむを)と語り、ライブは続いていく。YouTube上で発表されている最新ナンバー「心、泡沫」では男と女の恋愛における関係性が狂おしく歌いきり、聞いている方が歌詞の世界観に引きずり込まれるようだ。

また、バンドの個々のプレイも個性的だ。ドラムのササハラは麻袋を顔に被りタイトなリズム刻み、ベースのRisakoは小柄ながら太い音を打ち込む。ギターのみさうさこは超絶ギタープレーで会場を魅了し、ヴォーカルへむをは悲しい失恋を感情むき出しで歌っていく。

本編ラストは失恋系バラード「秒針」で終了。MCでは「ライヴっていうのはこの日この瞬間しかないものです。その気持ちというのもその一瞬にしかないものです。そんな一瞬な気持ちを拭き取っていくのが僕たち音楽家だと思います。今日、秋葉原で一番いい歌を歌います」と語った。

アンコールでは各メンバーのソロパートを行い、本当のラストは最高の夏の太陽を想像させる「Orange」をプレイ。初ワンマンとは思えない一体感の中、ライヴは終了はした。しかし、思い出して欲しい。彼らのバンド名は「mayhem;overtime」だ。そう“これから"が彼らの大騒ぎの延長戦なのだから。

■【セットリスト】

1.正解の終わり
2.ボタンとバラ
3.ストレリチア
MC
4.ポニーテールとリリイ・シュシュ
5.心、泡沫
6.手、漆う
MC
7.言い訳なんて聞きたくないから言葉じゃなくて私を選んで
8.絶体絶命シーソーゲーム
9.ブルーローズ
10.秒針
EC 1.君と宇宙と愚かな僕と(へむを弾き語り)
EC 2. Orange

【関連リンク】
Mayhen;overtime オフィシャルHP
L\'Arc〜en〜CielのKen、ストラト愛を語り尽くすークイベントに出演
藍井エイル、メジャーデビュー5周年で初ベスト2枚同時リリース決定
ゆず、アジアツアー凱旋公演にて話題の新曲を初披露

【関連アーティスト】
mayhem;overtime
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

ARTIFACT OF INSTANT、手書き歌詞掲載のドラマ仕立てMVを公開
Tue, 26 Jul 2016 19:00:00 +0900
ARTIFACT OF INSTANT (okmusic UP\'s)

ARTIFACT OF INSTANTが8月3日にリリースする3rdミニアルバム『Recoil』の収録曲「Will」のMVを公開した。同MVはバンドが先立って公開した1stMV「EGO」同様、脇坂侑希(isai inc.)がディレクションを務めている。

【その他の画像】ARTIFACT OF INSTANT

また、撮影は作詞を手掛けた飯干達郎が描いたテーマ「苦悩や迷いから来る依存、それらからの脱却と独歩」を反映すべく関東某所、映画の撮影ロケ地などでも有名な単線駅で行われた。バンドの演奏シーンとモデルの地田華菜が意を決して旅立つドラマシーンで構成されており、MV内に登場する「らくがきノート」がキーアイコンとして描かれている。なお、公開に際し、作詞を手掛けたボーカル飯干達郎のコメントも寄せられてる。

ARTIFACT OF INSTANTは、発売記念のインストアイベントをいくつか行いながら、8月11日にバンドの地元宮崎floorRより全国13か所のリリースツアー『Recoil Release Tour 2016』を行う。詳細はバンドのオフィシャルHPをチェックしよう。

■「Will」MV
https://youtu.be/110-LXn9AAg

■【飯干達郎 コメント】

「私、どうしたらいいの」
「僕には夢も目標もない」
「これからの未来が不安でたまらない」
「たつろーさん、どうしたらいいの」
「達郎、どうしたらいいと思う」

僕なりの答えをただ書き記しただけ。
本当にそれだけ。
だから、ライナーノーツなんて書く必要はないと思ってる。

「自分の事、知って欲しいのだけれど、自分の全てを知られるのは絶対に嫌だ」
そうやって歌を書いてきた僕が言葉を選ばず、他者に考える余白も与えず、ただ読むだけで歌の意味が分かるように書いた。
誰にでも分かるように書いた。
仕掛けなんて1つもない。
この歌に狙いなんてものは存在しない。
その上で読んで欲しい。

すごく漠然としてるんだけど、大丈夫。
その君の胸の内にある靄は必ず晴れる。
晴れなくともその靄の隙間から光が射す日は来る。
だって、今日この日まで生き抜いてきたんでしょ?
傷に触れて欲しくて、誰かに寄り添いたくて、でも側に誰もいない夜を何度超えてきた?
その時間、どれだけ自分と向き合い、自分を戒め、許してきた?
あなた自身を守ってきたのはあなた自身だ。
だから、今日があるんだよ。あったんだよ。
自分が生きてきた道のりに誇りを持っていいんだよ。
なるべく安全な道を選んできた。
時には回り道をした。
それがどうした?
だから、こうして出会えたんだよ。
何1つ無駄なことはないし、これからもそれは続いていく。
それは「人」と関わって生きているから。
「人」によって壊れた平穏はやっぱり「人」が手繰り寄せて繋ぐしかないんだと思う。
でも、忘れないで欲しいのはその「人」の中にあなた自身も含まれるということ。
あなたもその「人」であること。
それは忘れないでいて欲しい。

難しいことは1つもない。
あなたが「もう大丈夫」と言えるように。
空を見上げて嘆くあなたが笑っていられるように。
あの碌でもない日々が今日を繋いでくれたのだと気付けるように。

僕はこの歌に出会えて良かった。
この歌に導いてくれた皆に出会えて良かった。
この歌はあなたの歌。
作詞・作曲 飯干達郎とそれに関わった人達。
あなたが生んだ歌だ。

大丈夫。
そうやってここまで生きてきたんだよな。
だから、大丈夫。

■アルバム『Recoil』

2016年8月3日発売
KGTN-01/¥1,800(税込)
<収録曲>
1.From Jacqueline
2.C.P.
3.EGO
4.You
5.Mob
6.Will
7.Dear Jacqueline

■【インストアイベント情報】

『ARTIFACT OF INSTANT 3rd mini album" Recoil"リリース記念“フルバンド"インストアイベント @蔦屋書店高千穂通店 』
8月07日(日) 宮崎 蔦屋書店高千穂通店イベントスペース
15:00〜

『ARTIFACT OF INSTANT「Recoil」×ベランパレード「タイトル未定」 
発売記念TOWER RECORDS インストアツアー 2016』
8月20日(土) TOWER RECORDS福岡パルコ店 店内イベントスペース
15:00〜
8月26日(金) TOWER RECORDS新宿店 7Fイベントスペース
21:00〜
9月02日(金) タワーレコード梅田NU茶屋町店 6Fイベントスペース
19:00〜

■「Recoil」Release Tour 2016

8月11日(木/祝) 宮崎floorR
8月29日(月) 広島CAVE-BE
8月30日(火) 名古屋APOLLO BASE
9月01日(木) LIVE HOUSE BRONZE 大阪
9月16日(金) 千葉LOOK
9月18日(日) 水戸LIGHT HOUSE
9月24日(土) 長崎STUDIO DO!
9月25日(日) LIVE rise SHUNAN
9月30日(金) 鹿児島SR HALL
10月01日(土) 大分club SPOT
10月29日(土) 東京 渋谷TSUTAYA O-Crest
11月03日(木/祝) LIVE HOUSE Queblick 福岡
11月05日(土) 宮崎SR BOX

【関連リンク】
ARTIFACT OF INSTANT オフィシャルHP
ARTIFACT OF INSTANT、3rdミニアルバム『Recoil』のジャケット写真を公開
ARTIFACT OF INSTANT、約1年ぶりとなる新作『Recoil』を8月3日にリリース
ARTIFACT OF INSTANT、8月に2ndミニアルバム『不甲斐ない僕らは空を見上げた』を発売

【関連アーティスト】
ARTIFACT OF INSTANT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

冨田勲×初音ミク、『ドクター・コッペリウス』 公演情報・メインビジュアル発表
Tue, 26 Jul 2016 18:00:00 +0900
冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』 (okmusic UP\'s)

作曲家・世界的シンセサイザー・アーティスト冨田勲氏の追悼公演、「冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』」の最新の公演情報とメインビジュアルが発表された。

【その他の画像】初音ミク

『ドクター・コッペリウス』は2016年5月5日に他界した、世界的作曲家・シンセサイザー・アーティストの冨田勲が上演を夢見て他界直前まで創作を続けていた舞台作品。今秋11月11日・12日に、東京・渋谷Bunkamuraオーチャードホールで公演を実施することが決定している。

他界前にストーリー原案と音楽の構想のほとんどを遺しており、冨田が長年追い求めてきた「宇宙への夢と希望」に満ちあふれた巨大なストーリーが、オーケストラとシンセサイザー、そしてバレエと3DCGを伴いながら展開される。宇宙へ飛び立つことを夢想する主人公コッペリウスと、それを叶えるべく異界からやってきた初音ミクが織りなすストーリーとなっており、小惑星イトカワ、そしてその先の未知なる星へ、宇宙を自在に行き来しながら展開される、時空を超えたスペースバレエシンフォニー。バーチャル・シンガーの初音ミクを展開するクリプトン・フューチャー・メディア株式会社が全面協力し、3DCGの初音ミクと生身のダンサーを共演させ、冨田の集大成の舞台を彩る。

初音ミクと共演するコッペリウス役は、ドイツ名門ジョン・クランコバレエ学校で学び、アメリカのタルサバレエ団を経て日本に活動の場を移した、新進気鋭のダンサー・風間無限。振付は辻本知彦が担当。コンテンポラリーダンサーとしても活躍し、日本人で初めてシルク・ドゥ・ソレイユにダンサーとして出演した経歴を持つ辻本。ミュージカルの振付・演出でも活躍する、世界レベルのアーティストが、この未知なる世界を演出する。

指揮はオペラ、バレエの分野で目覚ましい活躍を繰り広げる渡邊一正。演奏は彼が2015年4月からレジデント・コンダクターを務めている、東京フィルハーモニー交響楽団が担当する。

さらに本公演では「ドクター・コッペリウス」とともに、同じく初音ミクをソリストに起用したことで大きな話題となった、2012年初演の冨田勲氏の代表作「イーハトーヴ交響曲」も演奏することが発表された。冨田勲、晩年の大作2作品を同時に演奏する貴重な公演になる。

■「イーハトーヴ交響曲」
https://www.youtube.com/watch?v=QYJ1sW6RgdQ

■冨田勲 追悼特別公演 冨田勲×初音ミク『ドクター・コッペリウス』

11月11日、12日(土) 東京 Bunkamuraオーチャードホール
【曲目】
第1部:イーハトーヴ交響曲 
第2部:ドクター・コッペリウス 
【キャスト】
指揮:渡辺一正
演奏:東京フィルハーモニー交響楽団
合唱:調整中

第2部『ドクター・コッペリウス』
エレクロトニクス:ことぶき光
振付:辻本知彦
出演:初音ミク、風間無限

■公演情報
http://www.dr-coppelius.com/

【関連リンク】
安室奈美恵×初音ミク、コラボMV公開! メイキングムービーもフルCGで制作!?
Mステ10時間SP、全61組“全部ヒット曲”の演奏曲発表
ZARD「負けないで」22年ぶり復活オンエア!Mステ10時間SP
初音ミクがMステで地上波生音楽番組初の生パフォーマンスに挑戦

【関連アーティスト】
初音ミク, 冨田勲
【ジャンル】
J-POP, イベント, ボーカロイド

アンティック-珈琲店-、「熱くなれ」MVで裸の付き合い!?
Tue, 26 Jul 2016 17:00:00 +0900
アンティック-珈琲店- (okmusic UP\'s)

アンティック-珈琲店-の新作「熱くなれ/生きるための3 秒ルール」のMVがGYAO!独占先行で2曲同時で解禁された。


【その他の画像】アンティック-珈琲店-

「熱くなれ」はアンカフェのメジャーデビューシングル「千年DIVE!!!!!」で歌詞提供を受け、彼らがリスペクトするアーティストのひとりでもあり、本格復帰も発表された大黒摩季の大ヒット曲のカバー。MVでは、タイトルにちなみ熱くなれる場所?銭湯?にて撮影。エキストラで、ゆうき(Key.)の父に出演を依頼し、撮影当日、現場を見に来ていた妹も飛び入り参加を果たし、夢の親子共演となった。

そして、「生きるための3 秒ルール」ではアンカフェでは珍しくモード系のスーツに身をまとい、レトロな色合いでクールに歌い演奏しているシーンがメインの内容となっている。年齢を重ねるにつれキラキラ系からスタイリッシュな外見と本格派ロックバンドへと進化していくアンカフェにもぜひ注目してほしい。

また、今回のMVは、7月24日に赤坂BLITZで行われたワンマンライヴにて初披露された。 このワンマンは、『LIVE CAFE 2016「ココロディスコ」』と題し、春から始めたツアーのファイナル公演になる。みく(Vo.)の「今年の夏、一番の景色を見せてやるぜ!」という自信満々な発言通り、新旧の楽曲をふんだんに織り交ぜたセットリスト、曲と曲との繋ぎ方、MC、さらに時間配分まで、完璧だったと言えるほど今年の夏、一番の盛り上りを見せた熱いステージになった。その中でも、「熱くなれ」「生きるための3 秒ルール」の音楽的な成長は、誰もが認める仕上がりになっていた。

そんな大盛況の中、この音源を引っ提げての次回ツアーもアナウンスされ、初のハロウィンライヴ、初のカウントダウンライヴも開催予告し、気が付けば会場全体が、熱い夏を感じ取れる空間に変わっていた。 今回の赤坂BLITZは、メンバー&オーディエンスの"ココロ"に熱さを感じ"ディスコ"にいるかのような居心地良いサウンドを与えてくれたアンティック-珈琲店-と、最高の夏を一足先に味わえた思い出深い日となったに違いない。

ステージに立つ5人が曲を演奏するごとに、日々進化し続けるアンティック-珈琲店-に、これからも注目してほしい。

■GYAO!配信ページ
http://gyao.yahoo.co.jp/p/00102/v09985/
■アンティック-珈琲店-オフィシャルHP
http://www.ancafe-web.com

■シングル「熱くなれ / 生きるための3秒ルール」

2016年9月14日(水)発売
【初回限定盤A】(CD+DVD)
JBCW-6011/¥2,000+税
<収録曲>
■CD
M1.「熱くなれ」
作詞:大黒摩季 / 作曲:大黒摩季 / 編曲:大島こうすけ
M2.「生きるための3秒ルール」
作詞:みく / 作曲:輝喜 / 編曲:平出悟
■特典DVD
・「熱くなれ」MUSIC VIDEO
・ Making of「熱くなれ」
・1st Single「千年DIVE!!!!!」公約
アンティック-珈琲店-がスカイダイビングに挑戦!

【初回限定盤B】(CD+DVD)
JBCW-6012/¥2,500+税
<収録曲>
■CD
M1.「生きるための3秒ルール」
作詞:みく / 作曲:輝喜 / 編曲:平出悟
M2.「熱くなれ」
作詞:大黒摩季 / 作曲:大黒摩季 / 編曲:大島こうすけ
■特典DVD:
・「生きるための3秒ルール」MUSIC VIDEO
・Making of「生きるための三秒ルール」
・2nd Single「JIBUN」公約
アンティック-珈琲店-が断食道場に挑戦!

【通常盤】(CD)
JBCW-4001/¥1,000+税
<収録曲>
M1.「生きるための3秒ルール」
作詞:みく / 作曲:輝喜 / 編曲:平出悟
M2.「熱くなれ」
作詞:大黒摩季 / 作曲:大黒摩季 / 編曲:大島こうすけ
M3.「逃避回路〜2016ver.〜」
作詞:みく / 作曲:カノン / 編曲:重盛美晴

■【ライヴ情報】

アンティック-珈琲店- LIVE CAFE TOUR\'16 「生きるために熱くなれ」
10月15日(土)[神奈川]横浜BAYSIS
10月22日(土)[千葉]柏PALOOZA
11月03日(木・祝)[静岡]静岡Sunash
11月05日(土)[岐阜]岐阜CLUB ROOTS
11月11日(金)[岡山]岡山CRAZY MAMA 2nd ROOM
11月13日(日)[山口]山口rise SHUNAN
11月22日(火)[鹿児島]鹿児島SR ホール
11月23日(水・祝)[熊本]熊本V2
11月25日(金)[兵庫]神戸VARIT.
11月26日(土)[京都]京都MOJO
12月08日(木)[宮城]仙台MACANA
12月10日(土)[福島]郡山#9
01月09日(月・祝)[東京]新宿ReNY

アンティック-珈琲店- 初の"ハロウィンパーティー"ワンマン
10月30日(日)[東京]渋谷TSUTAYA O-WEST

アンティック-珈琲店- 初の"カウントダウン"ワンマン
12月30日(金)[愛知]名古屋ell.FITS ALL
12月31日(土)[大阪]大阪MUSE

【関連リンク】
アンティック-珈琲店-、ニューシングルで大黒摩季の大ヒット曲「熱くなれ」をカバー
HAKUEI(PENICILLIN)が『ニコニコ超会議』のヴィジュアル系ステージにスペシャルゲストとして登場
アンティック-珈琲店-、メジャーデビューSG発売時に掲げた公約“スカイダイビング”をついに決行
アンティック-珈琲店-、メジャー2ndシングル「JIBUN」のMVがGYAO!にて独占先行配信開始

【関連アーティスト】
アンティック-珈琲店-
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

LOUDNESS、OUTRAGE、ANTHEM、LOST SOCIETYが衝突した一夜を収めたDVDの詳細が解禁
Tue, 26 Jul 2016 16:00:00 +0900
5月1日@新木場STUDIO COAST (okmusic UP\'s)

ライヴDVD『LOUD∞OUT FEST 2016 / Loudness , Outrage , Anthem , Lost Society』のジャケと詳細が解禁された。

【その他の画像】LOUDNESS

日本を代表するヘビーメタル・バンドLOUDNESSとOUTRAGEが首謀者となって、2015年より開催されている『LOUD∞OUT FEST』。第2回となる今回は、両バンドに加え、ANTHEM、そしてフィンランドから若手のLOST SOCIETYを向かえいれ、さる5月1日に新木場STUDIO COASTで開催された。

当日は、まだ10代のメンバーもいるというLOST SOCIETYの若さあふれる全力疾走のスラッシュサウンドで幕をあけ、つづくOUTRAGEの円熟味をましたハードなアンサンブルに、フロアはモッシュピットとかした。そして30周年YEARを終え、新たな活動のフェイズに入ったANTHEMの安定感あふれるハードロックサウンド、35周年YEARに入りますます海外での活動がさかんになるLOUDNESSのヘビーなサウンドに会場が酔いしれた。

本作品は、そんな4バンドの魅力を十分に伝える代表曲をコンパイルしたDVDでありMOTORBREATH66/Thunderball667の第1弾作品として9月28日にリリースされる。

■LOUDNESS オフィシャルHP
http://www.loudness.jp/
■OUTRAGE オフィシャルHP
http://www.outrage-jp.com/

■DVD『LOUD∞OUT FEST 2016 / Loudness , Outrage , Anthem , Lost Society』

2016年9月28日発売
UIBN-1005/¥4.800+税
<収録内容>
■LOST SOCIETY
1. BRAINDEAD
2. HOLLOW EYES
3. TERROR HUNGRY
4. RIOT
■OUTRAGE
1. MY FINAL DAY
2. STEP ON IT
3. 御意見無用
4. YOU SUCK
■ANTHEM
1. BOUND TO BREAK
2. HUNTING TIME
3. HEADSTRONG
4. ONSLAUGHT
■LOUDNESS
1. ROCK SHOCK(MORE AND MORE)
2. CRAZY NIGHTS
3. CRAZY DOCTOR
4. S.D.I.

【関連リンク】
LOUDNESS、スペインのメタルフェスで大観衆を熱狂の渦に! 日本での35周年SPライブ開催も!
LOUDNESS、6thアルバム『LIGHTNING STRIKES』をデジタル・リマスタリング
LOUDNESS、ファン数千人で作るフォトモザイクアートを35周年特設サイトにて公開
LOUDNESS、ファン投票企画最終結果ベスト50&アルバム収録曲を発表

【関連アーティスト】
LOUDNESS, Anthem, OUTRAGE, LOST SOCIETY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

EXILE、リオ五輪中継テーマソングのMV&ジャケ写公開
Tue, 26 Jul 2016 15:00:00 +0900
シングル「Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜」 (okmusic UP\'s)

9月27日でいよいよ15周年を迎えるEXILEが、待望の新曲「Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜」のMVを公開した。

【その他の画像】EXILE

15人の新生EXILEとして初のシングルとなる本作品は、フジテレビ系列リオ五輪中継テーマソングとして、日本を代表して戦う選手達へのエールを込めてATSUSHIが歌詞を書き下ろした楽曲。「リラックスした気持ちで本番に臨み、歓喜の波に乗って100%の力を出し切り、最高のパフォーマンスを発揮してほしい」という想いが込められた楽曲イメージを映像でも表現した、楽曲の頭からラストまで全力で踊りっぱなしという気合いの入った作品となっている。

仮想のスタジアム空間においてメンバーが全力でパフォーマンスをする姿は、アスリート達が競技場で全てをかけて戦う様子を連想させるほど、画面全体に気持ちがあふれるもの。「自分達も一緒に戦っているから、持てる力を存分に発揮して頑張ってほしい」とエールを送るような、熱い想いが伝わってくる。オリンピックへ向けてはもちろん、日本中にエールを送り、見る者の心を奮い立たせ力を発揮するのを後押ししてくれる。まさに、日本を元気にしてくれるような映像作品が完成した。

楽曲の頭から息の合った13人パフォーマンスでスタートし、それぞれの個性的な魅力を発揮したソロパフォーマンス、そしてEXILEが持つ圧倒的なエナジーが爆発するラストの15人パフォーマンスは、個々の強い力が重なることで生まれる、EXILEにしか表現することの出来ないパフォーマンス映像となっているので、ぜひとも体感してみてほしい。

そして、同時に公開されたジャケット写真においても、楽曲に込められた想いが力強く表現されている。踊っている一瞬や、ジャンプをした瞬間といった躍動するメンバー達が円を形作り、炎が燃えたぎるというデザインは、日本を代表して戦う選手達へ向けた、熱く燃えてほしいという力強いメッセージが込められているとのこと。

楽曲、MV、そしてジャケット写真、その全てにメッセージが込められたEXILEのニューシングルが、この夏オリンピック選手だけでなく、日本中を熱く燃え上がらせてくれそうだ。

■「Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜」MV
https://www.youtube.com/watch?v=KGil3-FGSVw

■シングル「Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜」

2016年8月17日発売
【CD+DVD】
RZCD-86154/B/¥1,500+税
【CD】
RZCD-86155/¥800+税
<収録曲>
■CD
1. Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜
2. Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜 (Instrumental)
■DVD
1. Joy-ride 〜歓喜のドライブ〜 (Music Video)

【関連リンク】
EXILE オフィシャルHP
夏を潤す生ビール! 暑い夏の夜、一杯やりながら聴きたいビールソング5選
EXILE ATSUSHI、両A面シングルのビジュアルを解禁&新バンドのライブMV収録が決定
EXILE、フジテレビ系列リオ五輪中継テーマソングに決定

【関連アーティスト】
EXILE
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

イトヲカシ、全国路上ライブツアーを開催する17都道府県を発表
Tue, 26 Jul 2016 14:00:00 +0900
シングル「スターダスト/宿り星」 (okmusic UP\'s)

9月21日にメジャーデビューする二人組ユニット・イトヲカシが「全国路上ライブツアー〜2016夏〜」の詳細を発表した。

【その他の画像】イトヲカシ

今回発表されたのは、路上ライブが行なわれる都道府県17カ所だ。“自らお客さんに会いに行くこと"をコンセプトにインディーズ時代から全国各地を周っていたイトヲカシ。メジャーデビューを発表した6月11日のツアーファイナルでも、「(メジャーに行っても)俺たちは何も変わらないからな」と全国路上ライブツアーを続けていくことをファンへ約束していた。路上ライブと言っても、イトヲカシの路上ライブツアーは、今まで3万人以上を動員するほど大規模なものに広がっている。会場などの詳細はまた後日公式HPにアップされていくようなので、期待して待とう。

8月2日の栃木県を皮切りに全17都道府県を周るこのツアーでは、各会場でデビューシングル「スターダスト/宿り星」(9月21日発売)の予約も可能。会場で予約した方にはその場で「路上ライブ会場限定 特製スリーブジャケット」をプレゼントするとのこと。「スターダスト/宿り星」のジャケット写真も本日同時公開となったが、この特製スリーブジャケットをCDに被せると何かが起こる…という、ファンならずとも是非手に入れたい特典だ。

また、どうしてもライブ会場に来られないファンのために、mu-moショップでも「特製スリーブジャケット」付き予約を行なう。路上ライブを行なう9月9日までの期間限定なので、会場に足を運べない方はこちらも忘れずにチェックして欲しい。

メジャーデビューを前に、今夏はかねてより夢見ていた「ROCK IN JAPAN FES. 2016」への出演が決まるなど、どこまでも“有言実行"なイトヲカシ。勢いを増すばかりの彼らの“〜2016夏〜”から目が離せない。

■「イトヲカシ全国路上ライブツアー〜2016夏〜」

8月02日(火) 栃木県
8月03日(水) 群馬県
8月04日(木) 新潟県
8月05日(金) 山形県
8月06日(土) 秋田県
8月08日(月) 岩手県
8月09日(火) 青森県
8月30日(火) 石川県
8月31日(水) 福井県
9月01日(木) 島根県
9月02日(金) 岡山県
9月03日(土) 鳥取県
9月05日(月) 大阪府
9月06日(火) 滋賀県
9月07日(水) 奈良県
9月08日(木) 和歌山県
9月09日(金) 三重県
※会場詳細は後日公式HPにて発表されます

■シングル「スターダスト / 宿り星」

2016年9月21日発売
【CD+DVD】
¥1,700(税込)
【CDのみ】
¥1,000(税込)
<収録曲>
■CD
1.「スターダスト」
2.「宿り星」
3.「スターダスト」(Instrumental)
4.「宿り星」(Instrumental)
■DVD
「スターダスト」Music Video他収録予定
※初回封入特典:「双星の陰陽師スペシャルステッカー(仮)」

◎法人別オリジナル特典
※それぞれの特典には限りがございますのでなくなり次第終了となります。
・タワーレコード:タワーレコードオリジナル「缶バッジ」
・TSUTAYA RECORDS:TSUTAYA RECORDSオリジナル「ステッカー」
・アニメイト:アニメイトオリジナル「クリアファイル」
・HMV:HMVオリジナル「ポストカード」
・新星堂/ワンダーグー:新星堂/ワンダーグーオリジナル「消しゴム」
・その他:B2告知ポスター
・mu-mo shop:特製スリーブジャケット
※路上ライブにご来場出来ないお客様のために特別にmu-moショップでも「特製スリーブジャケット」付き予約を期間限定で受付。
※特製スリーブジャケットは路上ライブ会場のものと同様のデザインです。
■予約受付期間
〜2016/9/9 18:00まで
・CD+DVD
http://shop.mu-mo.net/a/item1/?jsiteid=mumo&seq_exhibit_id=176526
・CDのみ
http://shop.mu-mo.net/a/item1/?jsiteid=mumo&seq_exhibit_id=176525

【関連リンク】
イトヲカシ オフィシャルHP
イトヲカシ、デビューシングル発売決定
イトヲカシ主催の夏フェスにGOOD ON THE REEL、黒木渚らが出演決定
イトヲカシ初の全国流通盤でオリコン週間アルバムランキング5位獲得

【関連アーティスト】
イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP

MACO、六本木ヒルズでアルバム曲をサプライズ披露
Tue, 26 Jul 2016 13:30:00 +0900
7月24日@六本木ヒルズアリーナ (okmusic UP\'s)

MACOが7月24日に開催された六本木ヒルズアリーナで開催されている『コカ・コーラ SUMMER STATION 音楽LIVE』に出演し、2ndアルバムのタイトル曲「love letter」をサプライズで初披露した。

【その他の画像】MACO

この日、MACOはヒットシングル「LOVE」や最新曲「恋人同士」を含む全8曲を披露。会場のビジョンに映しだされていた7月22日に解禁されたばかりの、赤い服に身を包みlove letterを手に持つ新しい自身の新しいアーティスト写を見て「コカ・コーラさんと同じ赤です」と会場の笑いを誘った。そして、ライブ終盤「次の曲が最後になります」とMCで伝えた後に「恋人同士」を披露。会場は一旦MACOのライブが終了した雰囲気に包まれたが、MACOから「ラストと見せかけて、とっておきの新曲を今日ここで本邦初披露します!」とアルバムタイトル曲の「love letter」を初披露し、集まったMACOのファンを喜ばせた。

ライブ終了後「love letter」の歌詞が歌ネットに公開。公開後5分でリアルタイムランキング1位を獲得。9月に向けてMACOからアルバムにまつわる嬉しいニュースがこれからも届きそうだ。

■アルバム『love letter』

2016年9月21日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UICV-9209/¥3,333+税
※DVDにはスペシャルスタジオライブ映像、他収録予定
【通常盤】(CD)
UICV-1073/¥2,800+税

■『あなたに初めて、手紙を書くよ。love letter Tour 2016』

10月10日(月・祝)  東京 Zepp DiverCity
10月15日(土)  新潟 りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館
10月22日(土)  広島BLUE LIVE HIROSHIMA
10月30日(日)  札幌 Zepp Sapporo
11月03日(木・祝)  仙台 PIT
11月13日(日)  大阪Zepp Namba
11月23日(水・祝)  名古屋 愛知芸術文化センター 大ホール
12月03日(土)  福岡 北九州芸術劇場 大ホール

【関連リンク】
MACO オフィシャルHP
MACO、最新アー写&ファン待望のツアータイトルを発表
MACO、世界的オーディオブランドBeats by Dr. Dreとのコラボ企画始動
MACO、2ndフルアルバムのタイトルが『love letter』に決定

【関連アーティスト】
MACO
【ジャンル】
J-POP, イベント

ALL OFF、話題のアニメED曲となるシングル「リフレインボーイ」詳細解禁
Tue, 26 Jul 2016 13:00:00 +0900
シングル「リフレインボーイ」【アーティスト盤】(CD only) (okmusic UP\'s)

TVアニメ『モブサイコ100』のエンディングテーマを担当しているALL OFFが、8月31日にリリースするニューシングル「リフレインボーイ」の詳細と特典、さらにジャケ写を発表した。

【その他の画像】ALL OFF

アーティスト盤のジャケット写真は人気ファッションモデルの江野沢愛美を起用。そして、TVアニメ『モブサイコ100』のキャラクターデザインを務める亀田祥倫がアニメ盤のジャケットを描き下ろしている。

また、8月12日から8月14日までアメリカのボルチモアで行なわれるアメリカ最大級のアニメイベント『OTAKON』にも出演決定! ALL OFFのライブは14日(日)。彼らにとっての初の海外公演となる。

■『OTAKON』公式サイト
https://www.otakon.com/guests/guests_musicsun.asp

■シングル「リフレインボーイ」

2016年8月31日発売
【アーティスト盤】(CD only)
1000619691/¥1,200+税
<収録内容>
1. リフレインボーイ
2. 21
3. Light Up The Sky
4. リフレインボーイ -Instrumental-

【アニメ盤】(CD+DVD)
1000619692/¥1,800+税
<収録内容>
■CD
1. リフレインボーイ
2. リフレインボーイ -English ver.-
3. リフレインボーイ -TV size-
4. リフレインボーイ -TEKINA remix-
5. リフレインボーイ -Instrumental-
■DVD
TVアニメ「モブサイコ100」ノンテロップエンディング映像

◎特典情報
(1) OP/ED同時購入特典:2枚収納スリーブ
・対象店舗:アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、ソフマップ、TSUTAYA ONLINE、HMV
・対象商品:「99」MOB CHOIR<アニメ盤>
「リフレインボーイ」ALL OFF<アニメ盤>
(2) ED:「リフレインボーイ」ALL OFF
メーカー特典:B2両面告知ポスター
対象商品:「リフレインボーイ」ALL OFF<アーティスト盤><アニメ盤>
対象店舗:アニメイト、ゲーマーズ、とらのあな、ソフマップ、TSUTAYA、タワーレコード、HMV

【関連リンク】
ALL OFF オフィシャルHP
ALL OFF、アニメ『モブサイコ100』 エンディングテーマとなっている「リフレインボーイ」のMV解禁
ALL OFF、10月から全国ツアーを開催!
ALL OFFがTVアニメ「モブサイコ100」のエンディングテーマを担当

【関連アーティスト】
ALL OFF
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

L\'Arc〜en〜CielのKen、ストラト愛を語り尽くすークイベントに出演
Tue, 26 Jul 2016 12:30:00 +0900
Ken(L’Arc〜en〜Ciel) (okmusic UP\'s)

Ken(L\'Arc〜en〜Ciel)が8月5日〜7日に開催される、クロサワ楽器店主催『拡大版!お茶の水大楽器祭り』内の『FENDER×PARTY ZOOトークイベント』に出演することがわかった。

【その他の画像】Ken

Kenが自ら声をかけた仲間たちと共に全国をまわる『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』。9月・10月の開催に先駆けて、出演メンバーの中でフェンダーストラトキャスターを愛用するギタリスト4人が集結する。

Ken、ヒロト(A9)、圭(BAROQUE)、Duran(Made in Asia)が、ストラトキャスターへのこだわり、 自身が愛用しているギターの魅力、ギタリストとしてのお互いについて、 『PARTY ZOO』に向けての意気込みなどを語り尽くす1時間となっている。詳細はオフィシャルHPまで。

■『Fender×PARTY ZOOトークイベント』オフィシャルHP
http://www.kurosawagakki.com/ocha_festival/event/fender/
■クロサワ楽器店主催「拡大版!お茶の水大楽器祭り」オフィシャルHP
http://www.kurosawagakki.com/ocha_festival/)

■クロサワ楽器店主催「拡大版!お茶の水大楽器祭り」 『FENDER×PARTY ZOOトークイベント』

8月06日(土) 東京 御茶ノ水ソラシティ カンファレンスセンター2F「拡大版!お茶の水大楽器祭り」会場内イベントホール
15:30〜16:30

※入場無料
※要予約(事前抽選)

<予約受付期間>
7月26日(火)18:00〜7月28日(木)10:00
<予約方法>
予約受付期間中に、メールにて「お名前」「メールアドレス」を記載の上、お申込みください。申込みメールアドレスは26日18時にイベントHPにて公開となります。お申込者多数の場合は、抽選となります。ご当選された方のみに、8月1日(月)中にご当選の連絡と整理番号をメールにてお知らせします。
※同一人物による複数の応募があった場合は無効となります。

■『PARTY ZOO 〜Ken Entwines Naughty stars〜』

9月11日(日) 愛知 名古屋ダイアモンドホール
出演:AKi、BAROQUE、gibkiy gibkiy gibkiy、MUCC、Ken with Naughty stars
9月18日(日) 東京 豊洲PIT
出演:A9、AKi、BAROQUE、MUCC、Ken with Naughty stars
9月25日(日) 大阪 堂島リバーフォーラム
出演:A9、BAROQUE、GUTS AND DEATH、MUCC、Ken with Naughty stars
10月2日(日) 東京 Zepp DiverCity Tokyo
出演:A9、BAROQUE、Made in Asia、MUCC、Ken with Naughty stars
10月9日(日) 宮城 仙台PIT
出演:AKi、BAROQUE、Made in Asia、MUCC、Ken with Naughty stars

【関連リンク】
『PARTY ZOO』 オフィシャルHP
VAMPS、新アー写公開&「VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY」SPゲストとしてkenの出演が決定
acid android、10月に東京・名古屋で新たなライブを開催
TETSUYA、新曲「Make a Wish」「Time goes on 〜泡のように〜」Music Clipを一挙公開

【関連アーティスト】
Ken, L’Arc~en~Ciel, baroque, A9
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

ファンキー加藤、横浜アリーナ2daysで2万人に背中を押されて「リスタート」
Tue, 26 Jul 2016 12:00:00 +0900
「I LIVE YOU 2016 in 横浜アリーナ」@横浜アリーナ (okmusic UP\'s)

ファンキー加藤が7月23日&24日に横浜アリーナで「I LIVE YOU 2016 in 横浜アリーナ」を開催し、2日間とも超満員の合計2万人を熱狂の渦に巻き込んだ。

【その他の画像】ファンキー加藤

この「I LIVE YOU 〜」は、日本武道館、大阪城ホール、宮城セキスイハイムスーパーアリーナ、名古屋・日本ガイシホールに続き今回が5回目の開催となった。ファンモン時代には「お前たちとの道」と題して行なっており、2008年の日比谷野外音楽堂を皮切りに、宮城セキスイハイムスーパーアリーナ、大阪城ホール、名古屋日本ガイシホール、横浜スタジアム、京セラドーム大阪など各都市で開催し、ファンモンの解散ライブでは国内最高峰の屋内ステージとなる東京ドームに辿り着くなど、全国のファンにとってもプレミアムなワンマンライブとなっていた。

そんな、横浜アリーナでのプレミアムなワンマンライブは、アリーナ席はもちろんスタンド席までぎっしりとファンで埋め尽くされた。固く握り締めた拳を天高く突き上げて登場したファンキー加藤は「行くぞ! 横浜アリーナ!!」と絶叫。そのままの勢いで「中途半端なスター」、「MUSIC MAGIC」、「まわせ!」と最高のスタートダッシュを切る。

一瞬で熱気に包まれる会場を見渡し、「<I LIVE YOU 2016 in 横浜アリーナ>へようこそ! ご来場頂き、心からありがとうございます。いろいろご心配おかけしました。たくさんお騒がせしてしまって申し訳なく思っています。」と先日の騒動を1万人ソールドアウト(2日間合計2万人)で会場を埋め尽くしたファンに謝罪。続けて「今、俺が発する言葉には全くもって説得力がないかもしれませんが、もう一度音楽に甘えてみたい。自分の歌声で、失ったものを一つずつ取り戻していきたいと思いますので、皆さん少しだけ優しくしてください。少しだけ甘えさせてください。ただし、一生懸命歌います。皆さんの胸のド真ん中めがけて歌います! 心の底からみなさんの胸のど真ん中を目掛けて歌いますので最後までお付き合いください。よろしくお願いします!」と話すと、会場から大きな、大きな声援を浴び、ソロ2ndシングル「輝け」を熱唱。

ファンキー加藤の背中を押す大声援が止まることのない中、「歌うことを迷った曲もある。10年後、20年後にちゃんと歌っていける為にも、今はみなさんの力を借りながら歌わせてください。」としながら、「ヒーロー」や初主演映画の主題歌にもなった新曲「ブラザー」をはじめとする楽曲たちを魂の限り熱唱した。

そして、記念すべきソロデビューシングル「My VOICE」では会場全体での大合唱となった。まさにMCで「音楽というのは、歌う人と聴いてくれるみなさんがいて成り立つものだと思います。中止になってもおかしくなかったはずの横浜アリーナがこうして開催できたのも、こうしてここに足を運んでくれた皆さんのおかげです。本当に重ね重ねありがとうがとうございます。」と彼自身が話した通り、音楽の素晴らしさを超満員の横浜アリーナで示した。

アンコールでは、高所恐怖症にも関わらず横浜アリーナの高さ22mの天井から宙釣りで登場し、客席中央のサブステージにサプライズ登場し、「太陽おどり」「告白」を披露すると、メインステージに戻る際には「勇者のうた」を歌いながらアリーナを客席の目の前を1週するなどの大サービスもあり、横浜アリーナの会場全体を巻き込んでのライブとなった。

あまりのテンションに声がかすれながらも終始全力で熱唱し続ける姿は、歌に込めた想いを最後列まで一直線で余すことなく届けるには十分過ぎるほどの熱量だった。

2日間合計2万人全員で作ったこの素晴らしい空間に「昨日と今日は間違いなく再出発の日。全部失いかけていたんですけど、希望はここにありました。また一から頑張ります!」とファンキー加藤の決意に呼応するように、エンディングロールではBGMの「My VOICE」に合わせた1万人の、これもまた全力の大合唱が2日間ともに沸き起こった。

これまでファンモンに、ファンキー加藤の歌に背中を押され、助けられてきたというファン達の「彼の窮地に今度は自分達が力を貸す番だ!」と言わんばかりの大歓声と大合唱で包まれた。この2日間は、お互いの心が深いところで再び固く結びついた「リスタート」の日になったに違いない。

【関連リンク】
ファンキー加藤 オフィシャルHP
高橋 優主催の野外音楽フェスにBEGIN、スガ シカオ等が出演決定
『イナズマロック フェス 2016』にファンキー加藤、ゲス乙女。、マンウィズの参戦が決定
ファンキー加藤、「ZIP! 春フェス2016」大トリで 最新シングル「中途半端なスター」を熱唱!

【関連アーティスト】
ファンキー加藤
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ハルカトミユキ、新曲「DRAG & HUG」先行配信決定&フルMV解禁
Tue, 26 Jul 2016 11:00:00 +0900
「DRAG & HUG」MV (okmusic UP\'s)

ハルカトミユキの2作目となるフルアルバム『LOVELESS/ARTLESS』から、キャリア史上ダントツで最速のロックナンバー「DRAG & HUG」の先行配信が8月3日に決定し、それに伴い同曲のフルMVを公開した。

【その他の画像】ハルカトミユキ

ミユキ作曲・ハルカ作詞の共作曲となる「DRAG & HUG」は、今のミユキが作り得る最速テンポに、ハルカのお得意とも言える潔く強い言葉が乗り、ライブでの盛り上がりを彷彿させる爽快な1曲になったという。MVの監督を務めたのは、ロックものでは今ダントツに定評を集めるイケダケイ氏。短いカットに独特の演出が冴えわたる、エレキを持って歌うハルカを全面にフィーチャーした作品に仕上がっている。

ハルカはこの曲について「"引きずれ!そして抱きしめろ!"というのは何ともこの、情けない人生というものを表していて、と言うか、そうするより他にどうもできない滑稽さをそのまま書いてしまえと思い、書いた。せめて少し格好つけて。」と語っている。

また昨年10月の日比谷野音フリーライブで発表され、昨年末より続いているツアーの後半戦の日程が発表された。「ハルカのひとり旅」と「真夏の弾き語り旅」シリーズで、7月末から8月にかけ、九州〜神戸〜関東甲信越をまわる。これでほぼ大半が発表となり、いよいよ9月24日に迫った1年越しの日比谷野音でのツアーファイナルへ向けて全貌が見えてきた。全国を細かく回り着々と実力をつけてきた2人は、9月の東名阪バンドワンマンでツアーを締め括る。先週末よりチケットの一般発売が開始となっているので、旅の終着点を絶対に見逃さないでほしい。

さらに先日オープンとなったアルバムのスペシャルサイトでは、ハルカとミユキの"大切な方々"からのコメントを公開中。作家の樋口毅宏氏、映画音楽家で次作の朝ドラの劇中音楽を手掛けることが決まっているs?buhiroko氏、ハルカ憧れのボーカリストであるTHE BACK HORNのVo.山田将司氏など、本人たちと交流のあるミュージシャンや作家、ライターなど、音楽ファンから信頼の厚い面々のコメントが連なっている。ちなみに、7月25日にアップされたのは、ミユキが唯一プライベートでの親交が深いという、ミュージシャンの345(凛として時雨/sleep geek sheep)だ。是非チェックしてみてほしい。

■アルバム『LOVELESS/ARTLESS』スペシャルサイト
http://arena.emtg.jp/r/harukatomiyuki/loveless_artless/

■「DRAG&HUG」MV
https://youtu.be/IxaGCwvpmtQ

■『LIVE TOUR 2015-2016 ‘LIFE\'』

■ハルカのひとり旅 シリーズ (w/海北大輔[LOST IN TIME], 他)
7月26日(火)  鹿児島 WALK INN STUDIO
7月27日(水)  宮崎 LIVE HOUSE ぱーく
7月28日(木)  大分 club SPOT

■真夏の弾き語り旅 シリーズ
7月30日(土)  大阪 BIG CAT
※『フラカンのオオサカサマレスト!2016』Opening Guest
7月31日(日)  神戸 CREOLE
8月05日(金)  高崎 SLOW TIME CAFE
8月06日(土)  千葉 cafeSTAND
8月07日(日)  甲府 CAFE MOALA
8月10日(水)  水戸駅ビル・エクセル6F イベントスペース
※観覧フリー
8月11日(木・祝)  日光開山1250年記念世界遺産フェスティバル in 日光山輪王寺
act:奥 華子/ハルカトミユキ
※観覧フリー/雨天決行
8月13日(土)  長野 ネオンホール
8月14日(日)  新潟 喫茶ニューボン

■LIVE TOUR 2016 \'LIFE\' 締め括りの東名阪バンドワンマン
9月10(土)  大阪 umeda AKASO
9月11(日)  名古屋 SPADE BOX
9月24(土)  日比谷野外大音楽堂 (FINAL)

■アルバム『LOVELESS/ARTLESS』

2016年8月17日発売
【初回盤】(CD+DVD)
AICL-3133/3134/¥3,990(税込)
【通常盤】(CD ONLY)
AICL-3135/¥2,800(税込)
※初回盤は豪華デジタルパッケージ仕様
& DVDには2015〜2016年に発表したLyric Video(全曲初商品化)を一挙収録!!
<収録曲>
■CD
01. 光れ
02. DRAG & HUG
03. 奇跡を祈ることはもうしない
04. Pain
05. Are you ready?
06. 見る前に踊れ
07. トーキョー・ユートピア
08. 永遠の手前
09. you
10. 夜明けの月
■DVD ※初回盤のみ
01. 世界 [Lyric Video]
02. 嘘ツキ [Lyric Video]
03. 君はまだ知らない [Lyric Video]
04. 春の雨 [Lyric Video]
05. COPY [Lyric Video]
06. 宇宙を泳ぐ舟 [Lyric Video]
07. 肯定する [Lyric Video]
08. new moon [Lyric Video]
09. LIFE [Lyric Video]
10. ワールドワイドウエブは死んでる [Lyric Video]
11. 恋は魔法さ [Lyric Video]
12. 奇跡を祈ることはもうしない [Lyric Video]

【関連リンク】
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、ニューアルバム&野音ティザー映像で新曲「光れ」解禁
ハルカトミユキ、ニューアルバムはお互いの個性を融合させて全曲新録で勝負!
ハルカトミユキ、壮大なミドルバラード「奇跡を祈ることはもうしない」を配信開始!

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

CUBERS、結成1周年記念SPイベントにて1stアルバムの発売を発表
Tue, 26 Jul 2016 10:00:00 +0900
CUBERS (okmusic UP\'s)

5人組ボーイズグループ・CUBERSが7月24日(日)に結成1周年を迎え、ミクシィ本社にて「“CUBERS結成1周年記念日"3rd SG DVD盤発売&JUNON CUBERS 3P特集記念!SPECIAL EVENT」を行なった。

【その他の画像】CUBERS

イベントは1周年ということで祝福ムードに包まれる中、トークショーからスタート。7月23日発売号のJUNONではCUBERS結成1周年を記念したインタビュー等、3ページに渡る特集が掲載されているが、雑誌では知れない事件簿や印象に残ったエピソードを思い思いに話した。

そしてトークショー終了後には、ファン待望となる1stアルバム『PLAY LIST』を9月8日(CUBERSの日)に発売する事を発表。また11月20日(日)表参道Groundにて3度目のワンマンライブ開催決定を集まったファンに発表し、大いに場を盛り上げた。それに伴い9月3日(土) ららぽーと富士見を皮切りに、1stアルバム『PLAY LIST』の発売を記念したリリースイベント「自分にピッタリのサイズで歩こうTOUR」を回り、並行して「学園祭TOUR2016」の開催も発表された。

アルバム『PLAY LIST』には、ボーイズユニットとしては珍しいライナーノーツが収録される。Type-Aを音楽ジャーナリスト・高橋芳朗が務め、Type-Bにはメンバー自身の解説となるセルフライナーノーツが収録される。

2年目に突入したCUBERS。「タワレコメンを目指してます!」と力強く語ったメンバーの、より音楽的なアプローチに期待したい。

■【CUBERSよりコメント】

■春斗
ファンの皆様もCUBERSは曲がいい!と言ってくださる方が多く、こうしてアルバムをリリース出来ることを心から嬉しいです。早く聴いてほしいです!
(2年目の目標は?)
1年目はがむしゃらについていくのに必死で、ファンの方々逆に元気をもらっていたので、2年目は良い余裕を持って、元気づけられるようになりたい。

■綾介
音楽的に非常に楽しめるアルバムになりました。活動前からダンスをしていたのでブラックミュージックに触れる機会が多かったのですが、その経験が生きました! 踊れるブラックミュージックなので一緒に踊ろう!
(2年目の目標は?)
まだまだ頑張れる。ファンの人達を驚かせるくらい凄い成長を見せたい!!

■優
僕は最年少で歌も上手くなくて、レコーディングもついてくのに必死だったのですが、全曲納得いったテイクが取れました! 凄くいいアルバムです。曲が増えたのでワンマンも楽しみ!
(2年目の目標は?)
来年で二十歳になるので大人。大人になる。

■末吉9太郎
リード曲の「Samenaide」は勿論ですが、その他だとワンダーパレードという曲はデモ段階から凄く好きでした! 発売をお楽しみに〜。
(2年目の目標は?)
気持ちを強く持って活動したいです!

■TAKA
僕等も最近完成したアルバムを通しで聴きました。ジャンル的に難しいと思いますが、レコーディング中も「目指せ!タワレコメン!」みたいな非常に良い空気感、一丸となり制作したので、本気でタワレコメン目指してると公言します。
(2年目の目標は?)
モデル業だったり、FC東京U-23の応援隊をさせていただいたり、先月は人力舎の芸人さんとコラボしてお笑いに挑戦したりしましたが、2年目も色んな事にチャレンジしていきたいです!

■アルバム『PLAY LIST』

2016年9月8日発売
【Type-A】
BMEJ-0034/¥3,000(税込)
※音楽ジャーナリスト・高橋芳朗によるライナーノーツ収録
<収録曲>
1.Samenaide
2.New days
3.STAND BY YOU
4.Forever
5.Mr.COOL!!
6.SHY
7.スマイル
8.Stage
9.ワンダーパレード
10.Bi\'Bi\'Bi\'
11.Good good-bye
12.26.5

【Type-B】
BMEJ-0035/¥3,000(税込)
※メンバーによるセルフライナーノーツ収録
<収録曲>
1.Samenaide
2.New days
3.STAND BY YOU
4.Forever
5.Mr.COOL!!
6.SHY
7.スマイル
8.Stage
9.ワンダーパレード
10.Bi\'Bi\'Bi\'
11.Good good-bye
12.26.5

■『CUBERS 3rdワンマン〜覚めないで、消えないで〜』

11月20日(日) 表参道Ground
開場 / 開演:18:00 / 18:30 ※予定
<チケット>
料金:¥3,500(当日券販売の場合 ¥4,000)
■一般発売
10月1日(土)10:00〜
※ローソンチケット/eプラスにて販売
■LINE先行 (CUBERS OFFICIAL LINEを登録者対象)
受付期間:7月25日(月)18:00〜8月7日(日)23:59
■OFFICIAL SITE先行
受付期間:8月22日(月)18:00〜9月4日(日)23:59

■『CUBERS 1stアルバム「PLAY LIST」発売記念〜自分にピッタリのサイズで歩こうTOUR〜』

9月03日(土) ららぽーと富士見 1F 屋外広場
9月07日(水) 新星堂サンシャインシティアルタ店
9月09日(金) ダイバーシティ東京プラザ 2階フェスティバル広場
9月10日(土) ららぽーと富士見 1F 屋外広場
9月17日(土) HMV&BOOKS TOKYO 7Fイベントスペース
9月22日(木・祝) タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
9月24日(土) イオンモール浦和美園 1Fセントラルコート
10月02日(日) ららぽーと新三郷 1Fスカイガーデンステージ
10月08日(土) ららぽーと柏の葉 本館2F センタープラザ
10月09日(日) HMVエソラ池袋
11月03日(木・祝) タワーレコード渋谷店 4Fイベントスペース
11月12日(土) たまプラーザテラス ゲートプラザ1F フェスティバルコート

■『CUBERS 学園祭TOUR2016』

10月23日(日) 日本薬科大学
10月29日(土) 白百合女子大学
10月30日(日) 中央学院大学
11月01日(火) 明治学院大学
※詳細・追加日程は後日発表

【関連リンク】
CUBERS オフィシャルHP
CUBERS、初のテレビタイアップをマネージャーからサプライズ発表!
CUBERS、人力舎とのコラボ企画でお笑いに初挑戦!?
CUBERS、東京タワー club333にて"3"rdシングルのリリースを発表

【関連アーティスト】
CUBERS
【ジャンル】
J-POP, イベント

ゆず、アジアツアー凱旋公演にて話題の新曲を初披露
Tue, 26 Jul 2016 00:00:00 +0900
7月25日@大阪・Zepp Namba (okmusic UP\'s)

ゆずが7月25日に「YUZU ASIA TOUR 2016 Summer NATSUIRO」凱旋公演を大阪・Zepp Namba にて敢行。終盤には同日に配信限定シングルとしてリリースされた新曲「見上げて ごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」を初披露した。

【その他の画像】ゆず

今回のツアーはゆずにとって初となるアジアツアーで、7月9日のシンガボール公演を皮切りに香港公演、台湾公演を実施。台湾では本番日前日に台北市・西門紅樓廣場にて路上ライブを行ない、現地アーティスト以外の“海外アーティスト"としては過去最高人数の約 2000人を動員。国外で話題を集めた。

この日のライブはアジアライブからの“凱旋公演"で、代表曲「夏色」「栄光の架橋」を中心に、海外公演とは異なるセットリストで全18曲を披露。終盤のMCで北川悠仁が「できたばかりの新曲をやろうと思います」と話すと、集まった2500人のファンから喜びの声が。「遠くまで旅して、遠くからみんなのことを想っていました。なにかあったときは、遠くても繋がっている同じ空を見て、僕たちの音楽を想ってほしい。そんな願いを込めて歌います」と、チェロの壮大なアレンジで「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」を初披露した。

「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」は、歌手・坂本九が1963年に発売したJ-POPのスタンダードナンバー「見上げてごらん夜の星を」を新たにレコーディングした楽曲。坂本九をはじめ、作詞を務めた永六輔、作曲を務めたいずみたくの関係スタッフに快諾をもらい、北川悠仁が詩とメロディを加筆。サブタイトルも付加させ、数多のカバー楽曲とは一線を画した楽曲が完成した。

同ツアーは7月26日の大阪公演2日目、8月2日(火)3日(水)の東京・豊洲PIT公演をもって終了する。

■「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」配信ページ
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album//id1132500273?app=itunes&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.com/t0/1003381443/
・mora
http://mora.jp/package/43000034/SNDS-98095/
・music.jp
http://goo.gl/wKYQrF
・dwango
http://r.dwango.jp/8G01KMa5
■「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」特設サイト
http://www.senha-yuzu.jp//release/miagetegoran_yorunohoshiwo/

■「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」Recording Movie
https://youtu.be/s3f6FIRQVWA

【関連リンク】
ゆず オフィシャルHP
ゆず、新曲「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」のレコーディング映像を初公開
ゆず、台湾で初となる“海外路上ライブ"に約2000人が殺到
ゆず、「見上げてごらん夜の星を」配信リリース&永六輔追悼コメントも

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1