歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年07月25日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/08/03
2016/08/02
2016/08/01
2016/07/31
2016/07/30
2016/07/29
2016/07/28
2016/07/27
2016/07/26
2016/07/25
2016/07/24
2016/07/23
2016/07/22
2016/07/21
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
家入レオ、初出演の宮崎Jamで約7,500人を魅了
Mon, 25 Jul 2016 12:00:00 +0900
7月24日(日)@「UMK SEAGAIA JamNight2016〜40th anniversary〜 “Juke Night 〜J-ROCK&POPS〜」 (okmusic UP\'s)

7月6日にニュー・アルバム『WE』をリリースしたばかりの家入レオが、7月24日(日)に宮崎県・シーガイアスクエア1で開催された「UMK SEAGAIA JamNight2016〜40th anniversary〜 “Juke Night 〜J-ROCK&POPS〜」に初出演した。

【その他の画像】家入レオ

大雨が降りしきる中での開催となったこの日の宮崎Jam。そんな中ステージに登場した家入は、今春に同じ九州でミュージックビデオ撮影を行った最新シングル「僕たちの未来」(日本テレビ系土曜ドラマ「お迎えデス。」主題歌/JVCヘッドホンCMキャンペーンソング)でライブの幕を開け、続いて来月11日公開映画『ペット』イメージソングにもなっているポップソング「Brand New Tomorrow」を続けて披露。「宮崎のみなさん、こんにちは、家入レオです。あいにくの雨の中の宮崎Jamですが、楽しんでますか?ステージに(雨よけ用の)テントを張るか迷ったけど、みんなも雨で濡れてるんで、私も一緒にこの雨を感じて、夏を感じて一緒に楽しんでいければと思います!」と、出演前に自らテントを外すことを志願した様子を最初のMCで明かした。
 
より一層雨が強くなる中、昨夏大ヒットを記録した「君がくれた夏」(フジテレビ系月9ドラマ「恋仲」主題歌)を披露すると、イントロから熱い歓声があがり、期待通りのパフォーマンスでオーディエンスをおおいに魅了した。観客と共にずぶ濡れになりながらのライブ終盤では、ロックナンバー「Hello To The World」で会場を一気に煽ると、続くデビュー曲「サブリナ」ではこの日会場に集結した約7,500人のオーディエンスとの一体感は最高潮に達し、家入レオの今夏最初の夏フェスは無事幕を閉じた。

そんな家入は来たる26日(火)にはお台場みんなの夢大陸2016めざましライブ(@夢大陸・みんなのオマツリランド内特設スタジアム)に、翌週8月1日(月)にはSUMMER STATION音楽ライブ(@コカ・コーラSUMMER STATION LIVEアリーナ)など、多数の夏フェスやイベントに出演が決定しており、9月17日(土)からは現在発売中のアルバム『WE』を引っ提げて、自己最多20公演・初の全国完全ホールツアー「家入レオ 5th LIVE Tour 〜WE|ME〜」を開催する。また、前述の映画『ペット』イメージソングの「Brand New Tomorrow」が起用された映画『ペット』テレビCMも23日(土)から各局で放映がスタートしているのでせひチェックして欲しい。

■【ライブ情報】

『お台場みんなの夢大陸2016 めざましライブ』
7月26日(火)  夢大陸・みんなのオマツリランド内特設スタジアム

『SUMMER STATION 音楽ライブ』
8月01日(月)  SUMMER STATION LIVE アリーナ( 六本木ヒルズアリーナ)

『ROCK IN JAPAN FES. 2016』
8月07日(日)  国営ひたち海浜公園

『A Midsummer Night ‘s Dream 〜真夏の夜の夢〜@』
8月09日(火)  東京国際フォーラムホールA

『SUMMER SONIC 2016 OSAKA』
8月20日(土)  舞洲サマーソニック大阪特設会場

『情熱大陸SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA \' 16』
8月27日(土)  夢の島公演陸上競技場

『秋田CARAVAN MUSIC FES 2016』
9月04日(日)  秋田県横手市・グリーンスタジアムよこて

『5th Live Tour 2016 〜WE|ME〜』
9月17日(土) 三郷市文化会館 大ホール〈埼玉〉
9月21日(水) りゅーとぴあ・劇場〈新潟〉            
9月24日(土) たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール〈兵庫〉
9月25日(日) 広島JMSアステールプラザ大ホール〈広島〉     
9月30日(金) 幕別町百年記念ホール〈北海道 十勝〉       
10月01日(土) 札幌市教育文化会館 大ホール〈北海道 札幌〉    
10月08日(土) イズミティ21 大ホール〈宮城〉
10月10日(月・祝) 秦野市文化会館 大ホール〈神奈川〉
10月16日(日) 君津市民文化ホール〈千葉〉
10月18日(火) 駒ヶ根市文化会館〈長野〉
10月22日(土) 出雲市民会館〈島根〉
10月29日(土) 日本特殊陶業市民会館 フォレストホール〈愛知〉
10月30日(日) 焼津文化会館 大ホール〈静岡〉
11月03日(木・祝) 紀南文化会館〈和歌山〉
11月04日(金) 守山市民ホール〈滋賀〉
11月06日(日) 大阪国際会議場 メインホール〈大阪〉
11月12日(土) 倉敷市芸文館〈岡山〉
11月13日(日) 周南市文化会館〈山口〉
11月19日(土) 福岡サンパレスホテル&ホール〈福岡〉
12月10日(土) 東京国際フォーラム ホールA〈東京〉

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
家入レオ、ニューアルバム発売記念フリーライブを開催
家入レオ、アルバム収録曲が福岡ラジオ・キャンペーンソング&JVCヘッドホン・イメージソングに
家入レオ、映画『ペット』特別試写会にてイメージ曲「Brand New Tomorrow」を初披露

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, イベント

山嵐、アルバム発売前日にUstreamにてスタジオライブの生配信が決定
Mon, 25 Jul 2016 22:00:00 +0900
山嵐 (okmusic UP\'s)

結成20周年のアニバーサリーイヤーに突入している山嵐が7月27日に5年ぶりとなるオリジナルフルアルバム『RED ROCK』をリリースするが、そのリリースを記念して発売日の前日である26日に地元・神奈川からスタジオでの生ライブ配信を行なうことが発表された。

【その他の画像】山嵐

ライブは新曲を中心に披露される予定とのことだが、スタジオライブということもあり、いつもとは違ったライブになる事は間違いない。ファンの方は期待して配信日を待とう!

■山嵐スタジオライブ
※7月26日 22:00スタート
・kampsite オフィシャルHP
http://www.kampsite.jp
・USTREAM内 kampsite オフィシャルページ
http://www.ustream.tv/channel/kampsite

■アルバム『RED ROCK』

2016年7月27日(水)発売
COCP-39710/¥2,800+税
<収録曲>
1. THAT\'S
2. 80
3. Rookie
4. HIBI
5. Blue Flame
6. GALAXY
7.ストロボブレイク
8. Hot Jump
9.Risk On
10.チェックメイト
11.Rock\'n\' Roll Monster

◎CD先着購入特典
・応募券付きオリジナルステッカー
応募抽選でスペシャルグッズをプレゼント
A賞:DRESSMALIANO ネックレス2名
B賞:ALLY&DIA 山嵐ダブルネームTシャツ30名

※購入特典配布店・応募方法は後日発表

■「OGA NAMAHAGE ROCK FESTIVAL! Vol.7」

7月30日(土) 秋田県男鹿市船川港内特設ステージ
7月31日(日) 秋田県男鹿市船川港内特設ステージ
http://www.onrf.jp

【関連リンク】
山嵐 オフィシャルHP
山嵐、5年ぶりとなるフルアルバム『RED ROCK』を7月27日にリリース
いち早く、夏を先取りしたい5曲
「Bowline」第1弾出演ラインナップ解禁&10月12日(月・祝)Zeppなんば大阪でも開催決定

【関連アーティスト】
山嵐
【ジャンル】
ジャパニーズロック

カラスは真っ白、2ndフルアルバム『バックトゥザフューチャー』を9月21日にリリース
Mon, 25 Jul 2016 21:00:00 +0900
カラスは真っ白 (okmusic UP\'s)

カラスは真っ白が2ndフルアルバム『バックトゥザフューチャー』を9月21日(水)にリリースすることがわかった。また、同時にレコ発ワンマンツアーと新たなアーティスト写真も発表となった。

【その他の画像】カラスは真っ白

2ndフルアルバム『バックトゥザフューチャー』は"ポップの現在過去未来"をテーマに、カラスは真っ白ならではの"現在進行形ポップの黄金期=ニューポップ"を提示した意欲作となっており、ヤギヌマカナ(Vo,G,Cho)、シミズコウヘイ(G,MC,Rap,Cho)、オチ・ザ・ファンク(B,Cho) 、タイヘイ(Dr,Cho)という個性あふれる音楽の申し子たち全員が作詞、作曲を担当。ますます冴えまくる強力無比な演奏とキュートなヴォーカル、ますます溢れまくる遊び心によって、タイトでグルーヴィーでメロディアスでジャンルレスなカラスは真っ白サウンドが最高の極みに達し、完成度が高く親しみやすい"ニューポップ"9編が誕生した。

今作のリード曲「魔法陣から愛をこめて」は実写MVとなり、映画『クソすばらしいこの世界』『RADWIMPSのHESONOO Documentary Film』『ドクムシ』などの朝倉加葉子監督が手掛けるとのことで、完成への期待が高まる。また、ジャケットはカラスは真っ白のアニメーションMV「fake!fake!」「HIMITSUスパーク」を手掛けたアニメーター植草航も参加、MVと共に後日解禁される。

そして、この『バックトゥザフューチャー』を引っ提げての全国5大都市レコ発ワンマンツアーも決定。東京公演は恵比寿LIQUID ROOMでの開催となる。現在オフィシャルHPではこのツアーチケットの一般発売に先駆けて先行予約が行なわれているので、是非チェックしてみよう。

■アルバム『バックトゥザフューチャー』

2016年9月21日発売
PECF-3170/¥2,160(税込)
<収録曲>
M1.魔法陣より愛を込めて
※リード曲/ミュージックビデオ制作曲
M2.浮気DISCO
M3.Let it die〜You shall die〜
※PS4『LET IT DIE』公式参加ソング
M4.サヨナラ!フラッシュバック!〜hard mode ver. 〜
※『ニンジャスレイヤーフロムアニメイシヨン』EDテーマ
M5.fifth blues
M6.カーネーション
M7.Oh my sugar
M8.YASAI FUNK
M9.みずいろ

■『バックトゥザフューチャー』レコ発ワンマンツアー

10月14日(金) 大阪 Shangri-La
10月16日(日) 福岡 Queblick
10月18日(火) 名古屋 CLUB UPSET
10月20日(木) 東京 恵比寿LIQUID ROOM
11月03日(木・祝) 札幌 Sound Lab mole

<チケット>
一般発売:2016年9月03日(土)10:00〜
先行受付期間:2016年7月25日(月)18:00〜8月03日(水)23:59
http://acrowiswhite.com/news/post-1371

【関連リンク】
カラスは真っ白 オフィシャルHP
カラスは真っ白の新曲が『ニンジャスレイヤー フロムアニメイシヨン』第2話EDテーマに決定
Wienners、5月開催の自主企画ライブにてカラスは真っ白と対バン
カラスは真っ白、ファンタジスタ歌麿呂が手がけた「ヒズムリアリズム」MV解禁

【関連アーティスト】
カラスは真っ白
【ジャンル】
ジャパニーズロック

摩天楼オペラが現体制ラストの単独公演『飛翔』で刻んだ8年間の集大成
Mon, 25 Jul 2016 21:00:00 +0900
7月22日@渋谷TSUTAYA O-EAST (okmusic UP\'s)

摩天楼オペラが7月22日、渋谷TSUTAYA O-EASTにてワンマン・ライブ『飛翔』を開催した。

【その他の画像】摩天楼オペラ

突如オフィシャルサイトにてギタリストのAnziが脱退することが発表されたのは、昨年から行われていたワンマン・ツアー『"地球 -The Elements- TOUR"』ファイナル公演から1週間ほどたった、5月15日。

Anziは脱退理由について“意識や信念の違い”とオフィシャルサイトでコメントしたが、ライブ終盤にはメンバー全員からそれぞれの想いが語られた。現体制5人でのラストライブ。セットリストは、インディーズ時代も含めAnzi加入後の約8年にわたる楽曲で構成された。フロアから大きな合唱が幾度も響きわたった『飛翔』の全容を徹底レポートする。

客電が落ち、ベートーベンの「第九」交響曲にあわせ幕が開くとステージからは光があふれ、フロアにはたくさんのメロイックサインを掲げるオペラー(=ファンの総称)たちの姿があった。チケットはソールドアウト。平日にもかかわらず会場には多くの人が駆けつけ、客席は2階まで解放された。

メンバーを迎える手拍子が鳴りやむと、同時にステージ上でスタンバイしていた5人が最初に選んだ曲「Faust」を聴かせる。激しさと美しさが同居する得意のシンフォニックロックで、ベース・燿とAnziがテクニカルなタッピングを聞かせると、紡ぐサビではフロント・マンの苑がのっけから途方もない存在感を見せた。そこから「落とし穴の底はこんな世界」「RUSH!」とAnzi作曲のナンバー(「落とし穴の底はこんな世界」は苑との共作)で畳みかけると、フロアの熱量は急上昇。いきなりの全力でステージに挑んだメンバーに圧倒された。

「飛翔にようこそ!」と苑が第一声を張り上げた後は、「この日が来るのが怖い気がして。どうやってライブをもっていこうかな、“行くぞ”なんて言えるのかなと思ったけど、みんなの声と顔を見たら、ふっきれた。いつも通りのライブにしたいね」とひとこと。観客と同じように晴れやかな声と表情で、いつも通りフロア全体を煽った。

続く「Justice」は、彼らのメジャー1stツアーで冒頭を飾っていた曲。力強い苑のハイトーン・ヴォイスにあわせ、Anziがエモーショナルにチョーキングを響かせると、続いてドラム・悠のビートを軸とした「Psychic Paradise」。栄光の裏に潜む“影”にフォーカスを当て、その葛藤を描いた「Innovational Symphonia」など、現代の象徴である“摩天楼”と古き良きものの象徴である“オペラ” の魅力を存分に引き出すナンバーを次々と披露した。常に“瞬間”へと最高のプレイを届けてきた彼らのステージには、自然と拍手が巻き起こる。途中エレガットギターの音色が印象的だったのは、最新アルバム『地球』の中から配信シングルとしてもリリースされた「?く透明な神秘の海へ」。壮大なメロディーに異国情緒漂うアプローチ、ダイナミックなドラミングが海路を先導していった。

その後は、キーボード・彩雨が鍵盤の音を鳴らすと会場の視線がステージへ集中した。「Utoipa」は、楽器陣4人の音が重なるインストゥルメンタル。ステージ中央でメンバーと呼吸をあわせながら弾くAnziは、鳴きのギターで空気を一変させ、観る者を魅了した。そこからメジャー1stシングルでもあった「Helious」をプレイ。

「序盤から攻めたオレははじめてだと思う」

一歩も譲らない熱量を互いにぶつけあう中、ライブは折り返し地点へ到達。「Sexual Entrapment」では彩雨がショルキーを抱えステージ上を駆け回り、苑がドラム台に上り悠と掛け合うように両手の拳を掲げ、さらに「Jolly Rogerに杯を」では自らヘドバン。荒々しいメタル・チューン「BURNING SOUL」でも勢いは止まらずステージ上で激しい演奏バトルを繰り広げた。苑も魂の叫びを振り絞り、観客を熱狂させた。タオルを振りまわし煽る「悲哀とメランコリー」、インディーズ時代からの定番曲「ANOMIE」を歌い終えると、ここでMCを挟む。

「人の人生こんだけあるとみんながずっと前を向けるわけがなく、うちのメンバーみんながみんな違うとこに出て、まずはここまでやってこられたこと、みんながいたからです。感謝しています」

苑が感謝の気持ちを述べると、メンバーそれぞれの想いが直接ファンへと届けられた。

「今日が最後だけど、5人で音出すのが楽しみでやってこられたから、みんなのおかげですごい楽しかった。またAnziくんとは野球も観に行くし、音楽を続けていればスタジオでも音を出せると思うから、イングウェイのコピーとかやれると思うので。Anziくん、ほんとうにありがとう。ここにいるみんなも」(悠)

「この前のツアーからいろいろあって、みんな納得したから発表して、今日を迎えたんだけど、いろんな思い出を思い出したけど。Anziくんに無茶ぶりをされたのを思い出して、すごい楽しい8年だったなと(笑)。俺ベースの位置だといつもライブの視界に(Anziくんが)入るから、ギターソロとか後ろから聞いてるのがとても楽しくて。これが正しい選択だったと……これから続けるバンドもそうだけど、Anziくんも続けていくので。そう言えるように最後まできっちり楽しみたいと思います」(燿)

「皆さんの前で5人最後の姿が見せられたこと、うれしく思います。方向性の違いで先輩が解散したりしているわけで、今まで“方向性の違い(笑)”くらいにしか思ってなかったけど、今回ばかりは誰が悪いとかでは無い。2月末にスタジオでもめたり、あの言い合いが無かったらとかこればかりは避けられない。“ロック感”の違い。辞める、残る、続けるのも正解。それぞれの“ロック感”を信じて、Anziくんも僕ら4人のことも、これからよろしく。」(彩雨)

「ここに想いを届けてくれてる世界中の皆さんに、ありがとうございました。8年でこうなったけど、自分の中で悔いも残りもありません。このメンバーじゃなかったらいまだにしょぼいバンドしてアルバイトしてたかもしれないし、このメンバーたったからメジャーデビューできたし。それは感謝しています。俺は真摯にに音と向き合っていきたいと思います。これからもみんな好きな、それぞれの音楽を愛して下さい。」(Anzi)

「来ちゃったね、こんな日が。伝えたいこと表現したいことの違い、我慢しちゃいけないことなんだよね。俺は歌詞で“やりたいようにやっちまえばいい”、“自分を信じていけ”、“自分の力を信じ未来を見据えて”っていっぱい歌ってきた。彩雨もそれを貫いた結果だと思う。摩天楼オペラは家族よりも誰よりも長く5人で過ごしてきた“疑似恋人”みたいな感じ(笑)。こうなったのもお互いが愛情を持って信頼してやってきたからこそ、そういう結果になった。たぶん今日いろんなところからいろんな人が来てくれたでしょ? その気持ちがうれしいです。どうもありがとう。左から聞こえる音が最後かと思うとAnziくんでよかったなと思います。恥ずかしいね。でも本当の気持ちなんで、どうもありがとう。これは俺たちのワガママなんだけど、みんながいないと音楽できません。これからのAnziくんと摩天楼オペラをよろしくお願いします」(苑)

そしてメンバーが出会ってみんなで作った思い出深い曲、とインディーズ当時を振り返りながら久しぶりに「瑠璃色で描く虹」が贈られた。「GRORIA」の合唱からすべてが共鳴し、一点の曇りも無くひとつになっていく様子が感じられた、この日。勢いはアンコールまで続き「INDEPENDENT」で歓声が巻き起こり、80年代のギター・サウンドが心地よい「21mg」「天国の在る場所」と最後まで駆け抜けた。ラストでは再び“合唱”を通し音楽を共有。「喝采と激情のグロリア」を終えると応えきれないほど彼らを求めるアンコールが鳴り響いてたのが、印象的であった。

なお今後4人体制で活動することが決定している摩天楼オペラは、10月19日(水)にメジャーデビュー以降の軌跡を集約した2形態のベストアルバムとミニアルバム(タイトル未定)のリリースが決定している。また本公演『飛翔』の模様をなんと全80ページにわたり収めたフォトブックの受注も受付中。詳しくはオフィシャルサイトで確認を。

撮影:土屋良太
取材:後藤千尋

■【セットリスト】

1.Faust
2.落とし穴の底はこんな世界
3.RUSH!
4.Justice
5.Psychic Paradise
6.Innovational Symphonia
7.青く透明なこの神秘の海へ
8.Utopia
9.Helious
10.Sexual Entrappment
11.Jolly Roger に乾杯を
12.BURNING SOUL
13.悲哀とメランコリー
14.ANOMIE
15.瑠璃色で描く虹
16.GRORIA
<ENCORE>
1.INDEPENDENT
2.21mg
3.天国の在る場所
4.喝采と激情のグロリア

【関連リンク】
摩天楼オペラ オフィシャルHP
ミヤ(MUCC)が指揮を取ったライヴイベント「COMMUNE Vol.1」大阪公演開催
KAMIJO、12月のツアーファイナルにてLAREINEの初期メンバーが集結
DANGER CRUE新イベント『COMMUNE』出演バンドのコラボアー写公開

【関連アーティスト】
摩天楼オペラ
【ジャンル】
ビジュアル, ライブ

シナリオアート、福岡ソフトバンクホークス主催イベントのテーマソングを8月10日に配信
Mon, 25 Jul 2016 20:00:00 +0900
7月24日@ヤフオクドーム (okmusic UP\'s)

6月末〜8月中旬にかけて福岡ソフトバンクホークス主催試合で行なわれる、チームとホークスファンとが一体となるイベント『鷹の祭典2016』。7月24日に行われたヤフオクドームでのイベントに歌唱出演したシナリオアートが、そのテーマソング「エンドレスプレイヤー」を8月10日(水)に配信リリースする事を発表した。

【その他の画像】シナリオアート

シナリオアートのメンバーが「王者という立場にも関わらず、常に挑戦者として高見を目指していく、そんな終わりのない戦いの中で生きている選手や監督・コーチ、スタッフの強い意志とそれを支えるファンの方々の熱い思いに共感し、力強く上昇していくようなサウンドを目指して曲を作りました」という楽曲。7月6日にリリースされた1stシングル「エポックパレード」に続き精力的な活動を展開するシナリオアートの今後の動向もに要チェックだ。

■福岡ソフトバンクホークス 公式サイト
http://www.softbankhawks.co.jp/

■配信シングル「エンドレスプレイヤー」

2016年8月10日(水)より配信開始

■『鷹の祭典2016』

8月18日(木) 埼玉西武戦(京セラドーム大阪)
※終了分は割愛

【関連リンク】
シナリオアート オフィシャルHP
シナリオアート、福岡ソフトバンクホークス「鷹の祭典2016」光のセレモニーに出演決定
BIGMAMA、10周年記念マンスリー企画の10月&11月公演の対バンを発表
シナリオアート、新曲「エポックパレード」のMVは人間になることを夢見る醜い怪獣の冒険ストーリー

【関連アーティスト】
シナリオアート
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

そし誰、時かけ…2016年夏のジャニーズドラマを全作紹介!【ジャニゴトまとめ Vol.18】
Mon, 25 Jul 2016 19:00:00 +0900
ジャニゴトまとめ (okmusic UP\'s)

ついに夏到来! ジャニーズからはたくさんの夏ソングが発表され、テレビや街で流れているのを毎日耳にします♪

OKMusicが運営する、“みんなで作る音楽情報サイト”MusicHubzに投稿された、ジャニーズファンの皆さんの熱〜いノートを紹介する「ジャニゴトまとめ」。

夏ドラマも続々スタート!ということで、今回は2016年夏のジャニーズ出演ドラマについて書かれたノートを大特集します!

《ジャニゴトまとめ Vol.18 ラインナップはこちら》
◆タッキーの◯◯◯◯◯が見られる!? 『せいせいするほど、愛してる』
◆『ON』と『刑事7人』注目の刑事ドラマ2作品
◆ 風磨が名作『時をかける少女』に挑戦!
◆ 日曜の夜はHey! Say! JUMPの2人に癒されて

【その他の画像】少年隊

■タッキーの◯◯◯◯◯が見られる!? 『せいせいするほど、愛してる』

まずはじめに紹介するのは、滝沢秀明くん(タッキー&翼)出演の恋愛ドラマ『せいせいするほど、愛してる』(TBS/火曜22:00)。

タッキー演じるティファニー ジャパンの副社長と武井咲さん演じるヒロインの禁断の恋を描いた『せいせいするほど、愛してる』は、第1話からジェットコースターのような展開と、突如繰り広げられたタッキーのエアギター(!)が多方面で話題になりました。
■せいせいするほどエアギターな滝様

タッキーのエアギターは今後も登場するようなので、クールなキャラクターとのギャップも併せて注目です♪

■『ON』と『刑事7人』注目の刑事ドラマ2作品

また、同じく火曜日22:00からは、横山裕くん(関ジャニ∞)出演の猟奇犯罪ミステリードラマ『ON 異常犯罪捜査官・藤堂比奈子』も放送中。両方リアルタイムで見たいのに、2番組とも同じ時間帯というのが悩ましいっ (; _;)

6月に放送された『関ジャニ∞クロニクル SP』では、共演の波瑠さんにたじたじな様子の横山くんでしたが、ドラマではクールな先輩役を熱演! 事件の描写が生々しく、ミステリーファンも唸る見応えのある作品です。


同じく刑事ドラマで人気シリーズの『刑事7人』(テレ朝/水曜21:00)は、第一シリーズに引き続き東山紀之さん(少年隊)が主演を務め、今回も性格の異なる7人の刑事達が凶悪事件の解決に奮闘する姿が描かれています。

今年50歳を迎える東山さんのスーツ姿は、より渋みを増していてかっこいいですよね(*^^*) 幅広い世代から支持される、注目度の高い作品です!

■風磨が名作『時をかける少女』に挑戦!

菊池風磨くん(Sexy Zone)出演のドラマ『時をかける少女』(日テレ/土曜21:00)は、夏のジャニドラマで唯一の学園モノ。加藤シゲアキくん(NEWS)も数学教師役として出演しています!
■時かけのシゲアキ先生と風磨くん

名作『時をかける少女』の発表から50年、新たな視点で描かれる連続ドラマとして放送がスタートした今作。菊池くんは未来人・深町翔平(ケン・ソゴル)役を演じています。学生役は限られた時間しか演じることができない貴重な役柄なので、菊池くんにとってもファンにとっても大切な作品となることは間違いありませんね。

■日曜の夜はHey! Say! JUMPの2人に癒されて

日曜日はHey! Say! JUMPの2人が出演するドラマ2作品が放送中!
■HOPEで泣く裕翔くん、そし誰で不敵に笑う伊野尾くん

『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』(フジ/日曜21:00)は中島裕翔くんにとって初のゴールデン連続ドラマ単独主演作。1話では夢に挫折してバイト生活を送っていた主人公が、インターン生として商社で奮闘する姿が描かれていました。

“コネ入社の最弱ヒーロー”と謳われる主人公ですが、社会の荒波にもまれる姿はなかなか胸が苦しくなります……。おもわず「頑張れ!」と応援したくなる、手に汗握る作品です。

同期役を演じる桐山照史(ジャニーズWEST)くんと裕翔くんのプライベートでの交流も注目したいですね( *`ω´)


そして、同じくHey! Say! JUMPの伊野尾慧くんが出演するドラマ『そして、誰もいなくなった』(日テレ/日曜22:30)も同日スタート。

伊野尾くん演じる日下瑛治は、藤原竜也さん演じる主人公が通うバー“KING”のオーナー。どこかミステリアスな佇まいは、伊野尾革命に拍車をかける予感♪ 先の読めないストーリー展開がまるで映画作品のようで、グイグイ引き込まれます!


日曜日はHey! Say! JUMPの2人に元気をもらって、翌日からの1週間また頑張りましょう☆

■まだまだ間に合う夏のジャニドラマ

みなさんは「初回放送見逃しちゃって…」「3話を録画し忘れちゃって…」と連ドラの視聴を挫折しまうこと、ありませんか? 今期のドラマはまだ2〜3話が放送されたばかりなので、見始めるなら今! 最近は放送後もオンデマンドサービスで見られるので便利ですよね。

ドラマを見たら、感想はぜひMusicHubzへ! 投稿された感想はこちらの「ジャニゴトまとめ」やジャニゴトまとめ公式ツイッターアカウントでご紹介させていただくことも♪ 番組の感想のほかにも、CDの感想、自担への愛など、気軽に投稿してみてくださいね(*^^*)
■「MusicHubz」にノートを投稿してアーティストを応援!

<ついにジャニゴトまとめの公式Twitterアカウントが登場しました!>
現在Twitterでは、コラムの更新情報やMusicHubzに投稿されたジャニゴトノートをご紹介しています。フォロワーが増えたら、アンケートやお茶会企画などの実施も予定しているので、ぜひフォローしてください♪

【関連リンク】

【関連アーティスト】
少年隊, タッキー&翼, NEWS, 関ジャニ∞, Hey! Say! JUMP, Sexy Zone, ジャニーズWEST
【ジャンル】


「ムジカ・ピッコリーノ」のメロトロン号の仲間たちがフジロックに出演
Mon, 25 Jul 2016 19:00:00 +0900
ムジカ・ピッコリーノ (okmusic UP\'s)

Eテレで放送中の子ども向け音楽教育番組「ムジカ・ピッコリーノ」から飛び出したメロトロン号の仲間たちが昨年に引き続き、今年もフジロックのステージに降り立ち、会場に集まった子ども達とそのファミリーを笑顔に包み込んだ。

【その他の画像】鈴木慶一

フジロック初日の7月22日朝。まだうっすらと白い霧に包まれたピラミッド・ガーデンに登場したのは、リヒャルト船長(鈴木慶一,Gu)、アリーナ(齋藤アリーナ,Vo)、エリオット(戸松恵哉,Vo)、ポンジョルノ(ASA-CHANG,Ds)、ゴーシュ(徳澤青弦,Vc)、ゴンドリー(ゴンドウトモヒコ,Euph)ら、お馴染みの出演者たち。

番組でも演奏された「メロトロン号でパーティー」や「私のお気に入り(My Favarite things)」に加えて、サディスティック・ミカ・バンドのカバー「タイムマシンにおねがい」を初披露。ステージ中盤で登場したモレッティ連絡官(森啓一朗)は、クイズを出して子ども達と一緒に考えたり、ポンジョルノ(ASA-CHANG,Ds)は「一緒に体操しよう」と、会場に呼びかけ、出演者とオーディエンス全員で体を動かしたりと、最初から最後まで、音楽と笑い、そして子ども達の歓声に溢れたハッピーなステージとなった。

そんな楽しい「ムジカ・ピッコリーノ」の番組音楽を集めたオリジナルCDが、9月21日に発売されることが決まった。今回CD化されるのは、2016年4月から現在までオンエアされているシリーズ。これまで配信限定で発売されていた楽曲に加えて、人気の高かったインド歌謡「Lag Jaa Gale」やBGM、番組内でオンエアされている、Mr.グレープフルーツ(オダギリジョー)のラジオ番組「ブートラジオ」や、出演者のセリフなどを収録したストーリー仕立てのドラマCDになる予定とのこと。詳細は日本コロムビアのホームページでチェックしてほしい。

Photo by Tsutomu Ono

■【セットリスト】

1:村祭
2:メロトロン号でパーティー
3 :待ちぼうけ
4:Gauche\'s Waltz
5:私のお気に入り(My Favarite things)
6:タイムマシンにおねがい
7:EIGHT MELODIES
En:メロトロン号でパーティー

■アルバム『ムジカ・ピッコリーノ Mr.グレープフルーツのブートラジオ』

2016年9月21日発売
COCP-39619/¥2,000+税

【関連リンク】
日本コロムビア内「ムジカ・ピッコリーノ」音楽サイト
星野源、約1年4カ月ぶりのニューシングルを10月5日にリリース
ゆず、新曲「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」のレコーディング映像を初公開
家入レオ、初出演の宮崎Jamで約7,500人を魅了

【関連アーティスト】
鈴木慶一, 徳澤青弦, ASA-CHANG
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM), フェス

「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016」出演者第一弾にX JAPAN、LUNA SEA、GLAY発表!
Mon, 25 Jul 2016 18:00:00 +0900
「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」ロゴ (okmusic UP\'s)

10月14日(金)、15日(土)、16日(日)の3日間にわたり、幕張メッセにてヴィジュアル系ロックの一大イベント「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」が開催される事が決定した。

【その他の画像】GLAY

出演アーティストの第一弾発表として、X JAPAN、LUNA SEA、GLAYの夢の競演が実現。今後も、その他数十バンドの出演が順次発表されるとのことだ。

ヴィジュアル系が日本に生まれ約30年。世界で活躍するヴィジュアル系バンドが一堂に会す10万人規模・日本最大のヴィジュアル系音楽フェスとなる。本フェスではギタリストのPATAが緊急入院して以来、活動を一時休止していたX JAPANが完全復活。更に、フェスの中では1988年に初めて行なわれ、1992年の大阪城ホールと日本武道館を最後に開催されていなかった伝説のイベント「エクスタシー・サミット」も24年ぶりに復活しする。なお、国内外でのライブビューイングも計画中とのことなので、続報を楽しみに待とう。

■「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」

10月14日(金) 幕張メッセホール 9-11ホール
10月15日(土) 幕張メッセホール 9-11ホール
10月16日(日) 幕張メッセホール 9-11ホール
開場8:00AM/開演9:00AM/終演10:00PM(予定)    
※10月16日(日)は終演9:00PM(予定)

■第一弾発表出演アーティスト
X JAPAN (10月14日,15日,16日)
LUNA SEA (10月14日,16日)
GLAY (10月14日,15日)
※出演アーティストは今後随時発表していきます

■主催・企画
VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 実行委員会
Rakuten VISUAL JAPAN 合同会社
■運営・制作
ウドー音楽事務所
■制作協力
楽天マネジメント

<チケット>
■発売スケジュール
FC先行予約:2016年7月25日(月)18:00
楽天チケット先行予約:2016年8月8日(月)12:00
一般前売発売:2016年9月3日(土)10:00
■料金
1日券(オールスタンディング):¥14,000(税込)
3日通し券(オールスタンディング):¥39,000(税込)
VIP券(1日券/全席指定/特製ディレクターズチェアお持ち帰り付き):¥60,000(税込)

【関連リンク】
「VISUAL JAPAN SUMMIT 2016 Powered by Rakuten」オフィシャルHP
GLAY、「AbemaTV」に24時間限定の「GLAYチャンネル」登場&一部独占生中継ライブも決定
GLAY、54thシングル「[DEATHTOPIA]」フルMVをGYAO!にて独占先行解禁
Muddy Apes、ツアーファイナル公演の模様をニコ生で独占生中継

【関連アーティスト】
GLAY, LUNA SEA, X JAPAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

夏をリードする「エクストリーム」な5曲
Mon, 25 Jul 2016 18:00:00 +0900
SABATON「Heroes」のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

夏真っ盛りということで、海だ、恋だ、音楽フェスだ、ポケモンGOだ、と身も心もアクティブになり、ついテンションがグイグイ上がってしまう季節です。仕事柄、ライヴに行く機会が多いですが、フリーのライターゆえに普段は自宅作業がほとんどです。つまり、家にこもっていることが多いということ。外に出るのもいいですが、家の中でもアドレナリンがあふれ出るような楽曲を聴きたくなるものです。まぁ、個人的には年中メタルばかり聴いている人間なのですが(寝る時も…)。ここでは夏らしく、いろんな意味で振り切った楽曲を紹介します!

■1.「エクストリームおっぱいダイナマイト8000」( ‘16)/ヒステリックパニック

“ヒスパニ”の相性で親しまれている名古屋発の5人組。7月20日にメジャー2ndアルバム『ノイジー・マイノリティー』が出たばかりですが、この作品の内容があまりにも素晴らしくて。その中でもぶっ飛びに振り切れた楽曲が収録されているんです。曲名もパンチありまくりですが(笑)、曲調自体もまさにエクストリームなサウンドに仕上がっており、個人的に早くも大好きな一曲になっています。ゴリゴリの音像で攻めながら、中盤にはさわやかな歌メロが飛び出し、それを追いかけるように女性コーラスが入り、ラウドでポップな彼らの魅力が全開です。《ちっぱい!おっぱい!揺れる ばいんばい〜ん》の歌詞もフックがありますけど、何より楽曲として素晴らしく完成度が高い。

■2.「マネー」( ‘16)/OLEDICKFOGGY

ヴォーカル&マンドリン、ギター、ウッドベース、ドラム、バンジョー、キーボード&アコーディオンの大所帯6人編成のオールディックフォギー。10-FEET のTAKUMA(Gu&Vo)が彼らのライヴに衝撃を受け、自らのフェス『京都大作戦2012』に招き、いきなり源氏ノ舞台(メインステージ)に大抜擢した逸話がある。音楽的にはロック、パンク、ハードコア、歌謡曲、トラッド音楽などさまざまなジャンル横断のごった煮サウンドは、類型が見当たらないミクスチャーっぷり。今年出た新作『グッド・バイ』はバンド史上最高傑作! 特に冒頭を飾るこの曲は中国語や西部劇風のパート、加えてディスコチックな電子音も放り込み、いい意味で悪ふざけ感が頂点に達した刺激的なナンバー。ぜひ!

■3.「Tales of Destinies」( ‘16)/BABYMETAL

まさかこんな日が来るとは本人たちも想像していなかっただろう。ジューダス・プリーストの“メタル・ゴッド”ロブ・ハルフォード(Vo)とBABYMETALが、7月18日にオハイオ州で開催されたAlternative Press主催の『APミュージック・アワーズ』にてスペシャル・コラボを披露。プリーストの名曲「Painkiller」「Breaking The Law」の2曲を共演した。映像で観たが、もう信じられない光景だった。これを機に両アーティストを音楽を聴いてもらいたい。なかでも今年出た2ndアルバム『METAL RESISTANCE』収録のこの曲はドリーム・シアターばりの超絶テクニカルなプログレ・メタルで、多くの人が“狂ってる!!”と爆笑しながら絶賛するすさまじい曲調。ライヴではまだプレイされていないものの、9月に行なわれる東京ドーム・2デイズ公演で聴けるのを密かに期待している。

■4.「Cowboys From Hell」(’90)/PANTERA

グルーブ・メタルの始祖的存在で、今なお彼らに影響を受けたバンドは後を絶たない。バンド自体は03年に解散し、その翌年にダイムバック・ダレル(Gu)はダメージ・プランのライヴ中に観客に射殺されてしまい、パンテラ復活は永遠に叶わなくなった。硬質なメタルと怒濤のハードコアのヴァイブを封じ込めたパンテラのサウンドは、90年代のメタルに革命を起こすほどのインパクトを与えた。血湧き肉踊る男臭いヴォーカルと演奏は、灼熱の太陽のごときエネルギーを放出している。真夏に聴くにはぴったりと言えるだろう。暑さには燃えるような熱さで対処し、さらに汗だくになって忘れるがいい。

■5.「Night Witches」(’14)/SABATON

歌詞は古今東西の戦争を題材にし、ライヴではステージに戦車を置くド派手なパフォーマンスがうけて、ヨーロッパを中心に絶大なる人気を獲得しているスウェーダン発のサバトン。昨年は『ラウドパーク 2015』で初来日を果たし、ベストアクトに名を上げた人も多く、会場を大いに盛り上げてくれた。とにかく、勇壮なヴォーカル、メロディー、サウンドは一度耳にしたら、体の奥底からパワーが沸き上がってくる楽曲ばかり。怖そうなイメージを持つ人もいるかもしれないが、どれもキャッチーな輝きを放つメタルサウンドなので、初心者でもすんなり入れるだろう。音楽性、ステージングにおいて、見事なまでに戦争ネタに振り切ったエンターテイメント性に優れたメタルははまれば抜け出せなくなる。この夏はサバトンで乗り切れ!

【関連アーティスト】
BABYMETAL, Pantera, OLEDICKFOGGY, ヒステリックパニック
【ジャンル】


クミコ、9月7日にリリースする両A面シングルにハナレグミ・永積崇が参加
Mon, 25 Jul 2016 17:00:00 +0900
松本隆×秦 基博×クミコ×冨田恵一 (okmusic UP\'s)

松本隆×秦 基博×クミコの初タッグで挑むシングル「さみしいときは恋歌を歌って」が、9月7日に両A面シングルとしてリリースされることが決定。2曲目に収録される「恋に落ちる」の作曲を、ハナレグミ・永積崇が手がけていることがわかった。

【その他の画像】秦 基博

2015年に作詞家活動45周年を迎えた松本隆の、46年目の第1作となる「さみしいときは恋歌を歌って」は、作曲に秦 基博、編曲に冨田恵一を迎えている。ハナレグミ・永積が作曲を担当した「恋に落ちる」は、秦の作曲を先行して進められた「さみしいときは〜」とは異なり、松本が作詞を先に手掛け、永積が曲をつけていくという“詞先行"で制作。秦、そして永積という作曲家それぞれの個性を際立たせる楽曲作りとなっており、詞の味わい方も両曲を通して違った楽しみ方ができるだろう。

また、「さみしいときは恋歌を歌って」のMVが先日都内で撮影され、レコーディング風景からなるドキュメンタリー風の映像には、松本隆、秦 基博、冨田恵一も登場することもわかった。松本はもちろん、秦が自身の名義ではない作品のMVに出演することは今回が初めてとのことで、そういった意味でも必見の仕上がりになっている。

クミコは、この「さみしいときは恋歌を歌って / 恋に落ちる」のリリースを皮切りに、2017年春には松本隆の全作詞によるニューアルバムのリリースを発表。"クミコwith 風街レビュー"と命名されたこのプロジェクトは、松本が参加したバンド・はっぴいえんどの名盤『風街ろまん』のDNAを受け継ぐトップミュージシャン、クリエイターを巻き込み制作される予定だ。

なお「さみしいときは恋歌を歌って」は、7月29日(木)にレコチョク・iTunes他主要サイトで先行配信リリース。9月24日(土)にはEXシアター六本木にて新曲発売を記念したコンサートが開催される。こちらも合わせてチェックしよう。

■【各関係者よりコメント】

■松本 隆
このメンバーでやることになった時、“失敗のしようが無いんじゃないか"という安心できる才能が集まったと思いました。
秦君の曲が先にあがってきて、竹を割ったようなシンプルでいいメロディーだった。
このサビに気持ち良く詞をのせようと思いました。
詞のテーマは、大人の恋歌(ラブソング)。
今まで難しい曲ばかり歌ってきたクミコさんに、ピュアなラブソングでPOPSの王道を歩んでほしい、そんなことを思いながら16年ぶりに詞を贈りました。

■秦 基博
クミコさんの歌声をイメージした時に、穏やかで優しい中にも力強いメロディーを意識しました。
楽曲は、歌と詞とメロディーが1つになってどんな世界が描けるか、ということに尽きますが、今回僕が伝えたいことは全てメロディーに託しました。
そして、あとはクミコさんの歌と松本さんの詞が一緒になった時にきっと素晴らしい世界が広がるのだろうとも思っていました。
自分の曲に松本さんが詞をのせてくださり、クミコさんに歌っていただける。
こんな機会を与えて貰えて凄く嬉しいです。

■クミコ
曲が出来上がって、皆さんにひたすら感謝でした。
この曲で少し自分の中の音楽の可能性が広がったと思います。
簡単なのに奥深さを感じる松本さんの詞、そして、私が今まで歌ってきたものとは全く違うメロディーを秦さんからいただいて新しいチャレンジができました。
私は、なんて幸せなんだろうと思います。
この歌は、何回も聴きたくなる曲で、ずっとずっと歌っていこうと思います。

■冨田恵一
今回の作品作りは、シャンソンスタイルのクミコさんがPOPSを歌う、ということがテーマになっています。
この曲の言葉とメロディー、クミコさんの歌唱はもとからマッチングが良く、間違いの無いものでしたが、やり方によってはポップスとは違うジャンルにもなってしまいます。
クミコさんのチャーミングな一面をフィーチャーできたら良いな、と常に考えて作業を進めました。
作業中もクミコさんの歌唱の柔軟さ、歌手としての力量には、当然ながら感心させられっぱなしでした。

■シングル「さみしいときは恋歌を歌って」

2016年9月7日(水)発売
COCA-17221/¥1,204+税
<収録曲>
「さみしいときは恋歌を歌って」
作詞:松本隆 作曲:秦基博 編曲:冨田恵一
「恋に落ちる」
作詞:松本隆 作曲:永積崇(ハナレグミ) 編曲:冨田恵一

■『クミコスペシャルコンサート2016』

9月24日(土)  EXシアター六本木
開場 / 開演 15:30 / 16:00
※未就学児童のご入場はお断りいたします。

【関連リンク】
クミコ オフィシャルHP
松本隆×秦 基博×クミコ、シングル「さみしいときは恋歌を歌って」を9月7日にリリース
秦 基博、『10th Anniversaryアリーナツアー』の日程を発表
レキシ、アルバム試聴スタート&日本武道館公演のゲスト第1弾も!

【関連アーティスト】
秦 基博, ハナレグミ, クミコ, 松本隆
【ジャンル】
J-POP

RADWIMPS、映画『君の名は。』主題歌の配信に伴いトレーラーを公開
Mon, 25 Jul 2016 16:00:00 +0900
配信楽曲「前前前世(movie ver.)」 (okmusic UP\'s)

RADWIMPSの新曲「前前前世 (movie ver.)」が7月25日(月)よりiTunesほか全サイトで先行配信がスタートした。その配信に併せて、オフィシャルYouTubeチャンネルでは「前前前世(movie ver.)」のトレーラーが公開となった。

【その他の画像】RADWIMPS

メンバーの演奏シーンのみで構成された映像は、真っ直ぐで繊細なこの楽曲のメロディーと歌詞が、ストレートに伝わってくるシンプルな映像に仕上がっている。また、配信ジャケットには、映画『君の名は。』のメインビジュアルを使用。主題歌「前前前世(movie ver.)」をイチ早くゲットして、8月24日(水)にリリースされるニューアルバム『君の名は。』をぜひ楽しみに待っていてほしい。

■「前前前世 (movie ver.)」配信ページ
・iTunes
http://po.st/itzenzenzense
・レコチョク
http://po.st/rekozenzenzense
■映画『君の名は。』公式サイト
http://www.kiminona.com/

■「前前前世 (movie ver.)」Trailer
https://youtu.be/VOkTcw5sVG0

■アルバム『君の名は。』

2016年8月24日発売
【初回限定盤】(CD+DVD+BOOK)
UPCH-29222 /¥6,400+税
※LPサイズ(32cm×32cm)
※BOOK内容
・RADWIMPS ×「君の名は。」スペシャルブックレット
 映画の場面カット、RADWIMPSメンバーフォト他
・「三葉のテーマ」「秋祭り」ピアノ譜(ピアノアレンジ:野田洋次郎)
・RADWIMPS in 『君の名は。』スペシャルイラスト (田中将賀氏によるRADWIMPSメンバー描き下ろし)
【通常盤】(CDのみ)
UPCH-20423/¥2,700+税
<収録曲>
■CD
・主題歌4曲「前前前世」「スパークル」「夢灯籠」「なんでもないや」
・劇伴22曲
《トラックリスト》
1. 夢灯籠
2. 三葉の通学
3. 糸守高校
4. はじめての、東京
5. 憧れカフェ
6. 奥寺先輩のテーマ
7. ふたりの異変
8. 前前前世 (movie ver.)
9. 御神体
10. デート
11. 秋祭り
12. 記憶を呼び起こす瀧
13. 飛騨探訪
14. 消えた町
15. 図書館
16. 旅館の夜
17. 御神体へ再び
18. 口噛み酒トリップ
19. 作戦会議
20. 町長説得
21. 三葉のテーマ
22. 見えないふたり
23. かたわれ時
24. スパークル (movie ver.)
25. デート2
26. なんでもないや (movie edit.)
27. なんでもないや (movie ver.)
■DVD ※初回限定盤のみ
・レコーディング風景
・ピアノソロスタジオライブ(演奏:野田洋次郎)
「三葉のテーマ」「秋祭り」
・RADWIMPS、アニメーション制作スタジオ訪問の模様
・新海誠監督 × RADWIMPS 対談
・新海誠監督インタビュー

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、ニューアルバム収録曲「前前前世」の歌詞をUta-Netにて先行公開
illion、3年ぶりとなるニューアルバムが10月12日に発売決定
illion、新曲「Water lily」が全世界先行配信スタート&新感覚ウェブサイト公開

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画

星野源、約1年4カ月ぶりのニューシングルを10月5日にリリース
Mon, 25 Jul 2016 15:00:00 +0900
星野源 (okmusic UP\'s)

星野源が1年4カ月ぶりとなる待望のニューシングルを10月5日(水)にリリースすることを発表した。

【その他の画像】星野源

収録楽曲等の詳細には触れられておらず、リリースの日付のみが発表となっている。今月に入り、ACジャパンのCMソング「Hello Song」と『ウコンの力』のTV CMソング「Drinking Dance」の新曲2曲が立て続けにオンエアがスタートしており、すでに大きな話題となっているが、どの楽曲が収録されるかは現時点ではまったく未定とのことで、その内容に大きな期待が高まる。

昨年5月にリリースしたシングル「SUN」から約1年4か月、オリコンウィークリーチャート1位を獲得し、大ヒットを記録したアルバム『YELLOW DANCER』、紅白出演、さらに今年リリースした映像作品『Live Tour “YELLOW VOYAGE"』でも総合チャート1位を獲得するなど、ますます大きなステージに昇り続ける星野源の待望のシングルということで、今後発表されるであろう星野源の活動から目が離せない。次なる情報を楽しみに待とう。

■シングル「タイトル未定」

2016年10月5日発売
※商品詳細については後日発表となります。

【関連リンク】
星野源 オフィシャルHP
「ビクターロック祭り」初の大阪開催決定! 星野 源、藤原さくら、レキシら出演者第一弾も発表!
星野源、2020年に向けたACジャパンのCMで憧れの植木等と共演!
星野源、新曲「Drinking Dance」が『ウコンの力』CMソングに決定

【関連アーティスト】
星野源
【ジャンル】
J-POP

新木場・ageHaにて開催の『THE BIG PARTY』にDJ Sodaが出演決定
Mon, 25 Jul 2016 14:00:00 +0900
『THE BIG PARTY #016 SUMMER SPECIAL』 (okmusic UP\'s)

2014年より、新木場・ageHaでスタートした、DJ KAORI初のレジデントパーティー『THE BIG PARTY』。8月12日(金)新木場・ageHaで開催される『THE BIG PARTY #016 SUMMER SPECIAL』にDJ Sodaが出演することがわかった。

【その他の画像】DJ KAORI

今回が東京初上陸となるDJ Sodaは、キュートでセクシーなルックスとは裏腹に確固たるプレイスタイルと実績を持ち、世界中の注目を浴びている。今回のイベントでは、韓国で2015年に開催されたLife in Colorに出演、2016年にはタイで開催された『S2O Songkran Music Festival 2016』にNicky Romero、AFROJACKに並び出演を果たすなど輝かしい実績を誇り、MIX CDセールスのギネス記録を持つDJ KAORIとDJ Sodaが夢の共演を果たすことになる。

Facebookでは300万人以上、Instagramでは90万人以上のファンを抱えるDJ Soda。初来日となった福岡公演はチケットが瞬く間にソールドアウトし、先日行われた『ULTRA KOREA』にも出演した。DRAKEのRemixを手掛けるなどEDM〜TRAP〜HIP HOPまで幅広い彼女のプレイスタイルを見逃さないようにしよう。

また、ISLANDではDJ MASTERKEYによる伝説のパーティー『DADDY’S HOUSE』が今年も復活! 往年のレギュラー陣によるHIP HOPパーティーに期待しよう。そしてageHa夏の風物詩・WATERではINFINITY 16による新感覚レゲエパーティーが繰り広げられる。ageHaデビューを飾る20歳の来場者は2,000円のディスカウントプライス、そして遠方からの遠征組もディスカウントを手に出来るチャンスが。毎年数々の伝説を残す、『THE BIG PARTY SUMMER SPECIAL』が今年もド派手に開催される!

■『THE BIG PARTY #016 SUMMER SPECIAL』

8月12日(金) 新木場・ageHa
OPEN 23:00

【関連リンク】
『ageHa Summer 2016』のオープニングパーティーにDJ KAORI・中田ヤスタカが登場!
DJ KAORI、NAOTO、ピエール中野らが出演する『LightningDASH! 2』開催決定
ageHa恒例のカウントダウンイベント「ageHa COUNTDOWN 2016」のヘッドライナーはW&W!
ageHaの13周年を記念したイベントにMay J.、DOBERMAN INFINITYら出演決定

【関連アーティスト】
DJ KAORI, DJ Soda
【ジャンル】
イベント

BUCK-TICK、ニューアルバム発売&全国ツアー開催を発表
Mon, 25 Jul 2016 13:00:00 +0900
BUCK-TICK (okmusic UP\'s)

BUCK-TICKがキャリア通算20作目となるビクター復帰第1弾オリジナル・アルバムを9月28日(水)にリリースすることを発表した。

【その他の画像】BUCK-TICK

30年にも渡りオリジナルメンバーで第一線を走り続ける唯一無二のロックバンド・BUCK-TICKが放つ新たなる意欲作。タイトルは『アトム 未来派 No.9』。収録曲はシングル曲「New World」を含む全13曲を予定している。

先日BUCK-TICKの始動を告げるべくデビュー時のレコード会社ビクターへ20年ぶりに復帰し、その第1弾リリースとなるニューシングル「New World」を2016年9月21日(水)にリリースすることが発表された。また、9月21日は29年目のデビュー日にあたり来年のデビュー30周年にむけてのキックオフともいえるメモリアル・リリースとなる。

更にアルバムをひっさげての全国ツアー「TOUR アトム 未来派 No.9」開催も発表された。10月8日(土)の神奈川県よこすか芸術劇場を皮切りに全27公演を実施。ツアーファイナルは17年連続となる12月29日(木)の日本武道館公演となる。9月11日に横浜アリーナで開催される「CLIMAX TOGETHER 3rd」も指定席ソールドアウトし、全国ツアーとともに“BUCK-TICK現象"が加速する。

THE MORTAL(櫻井敦司)、SCHAFT(今井 寿)の各活動を経て、さらなるスケールアップを遂げるBUCK-TICK。2017年のデビュー30周年を前に、特大モンスターバンドの覚醒が始まった!

■アルバム『アトム 未来派 No.9』

2016年9月28日(水)発売
【初回限定盤A】(SHM-CD+特典映像Blu-ray)
VIZL-1041/¥5,980+税
【初回限定盤B】(SHM-CD+特典映像DVD)
VIZL-1042/¥5,480+税
【通常盤】(CD)
VICL-64629/¥3,000+税
<収録曲>
シングル「New World」(9/21発売予定)を含む全13 曲収録予定
※収録曲名は後日発表

◎初回限定盤特典 ※初回限定盤A/B共通
(1)豪華スペシャルパッケージ仕様
(2)全48ページ豪華ブックレット
(3)Blu-ray/DVD:先行シングル「New World」MUSIC VIDEO収録
(4)オーディオディスクにはSHM-CDを採用(すべてのCDプレーヤーで再生できる高品質CD)
(5)先行シングル「New World」(9/21発売予定)とのW購入者抽選プレゼント応募ハガキ封入
(6)「New World」 ハイレゾ音源無料ダウンロード・クーポン封入
※SHM-CD/DVD/Blu-rayの収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応(初回限定盤A/B共通)

■シングル「New World」

2016年9月21日発売
【初回限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)
VIZL-1028/¥2,480+税
※スペシャルパッケージ仕様
※SHM-CD、Blu-ray、DVDの収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
※ニューアルバム『アトム 未来派 No.9』(9/28発売予定)とのW購入者抽選プレゼント応募券封入
【初回限定盤B】(SHM-CD+DVD)
VIZL-1029/¥1,980+税
※スペシャルパッケージ仕様
※SHM-CD、Blu-ray、DVDの収録内容をスマホで簡単再生できる「プレイパス」サービス対応
※ニューアルバム『アトム 未来派 No.9』(9/28発売予定)とのW購入者抽選プレゼント応募券封入
【通常盤】(CDのみ)
VICL-37210/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
01.New World
02.Devil\'s Wings ?type2-
■Blu-ray/DVD ※初回限定盤のみ
2015年12月29日「THE DAY IN QUESTION」日本武道館公演から選りすぐりの楽曲を収録
「ANGELIC CONVERSATION」
「惡の華」
「Brain,Whisper,Head,Hate is noise」
「密室」
「ICONOCLASM」
「太陽ニ殺サレタ」

■【ライブ情報】

「CLIMAX TOGETHER 3rd」
9月11日(日) 神奈川:横浜アリーナ

「TOUR アトム 未来派 No.9」
10月08日(土) 神奈川:よこすか芸術劇場
10月10日(月・祝)  千葉:市川市文化会館
10月15日(土) 奈良:なら100年会館 大ホール
10月16日(日) 兵庫:神戸国際会館こくさいホール
10月19日(水) 埼玉:川口総合文化センター リリアメインホール
10月23日(日) 新潟:新潟県民会館 大ホール
10月27日(木) 埼玉:大宮ソニックシティ 大ホール
10月29日(土) 長野:ホクト文化ホール(長野県県民文化会館) 中ホール
10月30日(日) 群馬:群馬音楽センター
11月04日(金) 福島:郡山市民文化センター 中ホール
11月06日(日) 宮城:東京エレクトロンホール宮城(宮城県民会館) 大ホール
11月09日(水) 東京:中野サンプラザホール
11月10日(木) 東京:中野サンプラザホール
11月13日(日) 東京:オリンパスホール八王子
11月19日(土) 栃木:栃木県総合文化センター メインホール
11月23日(水・祝) 福岡:福岡市民会館
11月26日(土) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
11月27日(日) 大阪:オリックス劇場(旧:大阪厚生年金会館)
12月01日(木) 神奈川:神奈川県民ホール 大ホール
12月03日(土) 広島:広島 JMS アステールプラザ 大ホール
12月04日(日) 香川:サンポートホール高松 大ホール
12月08日(木) 京都:ロームシアター京都(京都会館) メインホール
12月10日(土) 石川:金沢市文化ホール
12月17日(土) 北海道:札幌市教育文化会館 大ホール
12月22日(木) 静岡:静岡市民文化会館 中ホール
12月23日(金・祝) 愛知:日本特殊陶業市民会館フォレストホール(旧:名古屋市民会館)
12月29日(木) 東京:日本武道館

【関連リンク】
BUCK-TICK オフィシャルHP
BUCK-TICK、29年目のデビュー日にニューシングルをリリース
BUCK-TICKのヤガミ・トールのバースデーライブに樋口豊、高橋まこと、SHIMEが出演決定
BUCK-TICK、日本初の楽曲聴き放題サービス『B-T THE FILE』を開始

【関連アーティスト】
BUCK-TICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

ゆず、新曲「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」のレコーディング映像を初公開
Mon, 25 Jul 2016 12:30:00 +0900
配信シングル「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」配信ジャケット写真 (写真左上から時計回りに、ゆず・北川悠仁、ゆず・岩沢厚治、永六輔さん、坂本九さん、いずみたくさん) (okmusic UP\'s)

ゆずが坂本九の名曲を“新録"した新曲「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらの うた〜」が、配信限定シングルとして7月25 日(月)より iTunes Store、レコチョクほか主要音楽配信サイトにてリリース。それに伴い、ゆず YouTube Official Channel にて、同曲のレコーディング映像が初公開された。

【その他の画像】ゆず

同曲は、歌手・坂本九が1963年に発売したJ-POPのスタンダードナンバー「見上げてごらん夜の 星を」を新たにレコーディング。坂本はじめ、作詞を務めた永六輔、作曲を務めたいずみたくの関係スタッフに快諾をもらい、北川悠仁が詩とメロディを加筆。サブタイトルも付加させ、数多のカバー楽曲とは一線を画した「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」が完成した。

この楽曲とゆずの繋がりは10年前にさかのぼる。2006年に行なわれたゆずのコンサート「にほんのうた」にて初めて演奏し、以降、公に音源化はされないままだったが、デビュー20周年を来年に控えた今年、改めて“音楽 (J-POP)の素晴らしさを未来に伝えたい"という想いに立ち返り、同楽曲のオリジナルの素晴らしさを残 ながら「先人の偉大な方々の想いを受け継いで、なにかチャレンジできないか」と考え、今回の“新録" に臨むことを決意した。

J-POPを代表する名曲であることや、数々の稀有や作品を生み出した坂本九、永六輔、いずみたくに敬意を表し、レコーディングではゆず、スタッフ、スタジオミュージシャン全員が自前の“正装" で参加。蔦谷好位置氏によるアレンジのもと、当時のライブ演奏とはアレンジを一新し、チェロ六重奏による壮大な楽曲に変化を遂げた。

今回公開されたレコーディング映像では、北川悠仁、岩沢厚治がブース内でボーカル録りをしているさまやギター演奏の模様、スタジオ内で談笑やサウンドに耳を傾けている様子が収められている。なお同曲は現在、日本生命CMソングとして全国オンエア中だ。

■「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」Recording Movie
https://youtu.be/s3f6FIRQVWA

■配信シングル「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」

2016年7月25日(月)より配信開始
<配信サイト>
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album//id1132500273?app=itunes&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.com/t0/1003381443/
・mora
http://mora.jp/package/43000034/SNDS-98095/
・music.jp
http://goo.gl/wKYQrF
・dwango
http://r.dwango.jp/8G01KMa5

■「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」特設サイト http://www.senha-yuzu.jp//release/miagetegoran_yorunohoshiwo/

【関連リンク】
ゆず オフィシャルHP
ゆず、台湾で初となる“海外路上ライブ"に約2000人が殺到
ゆず、「見上げてごらん夜の星を」配信リリース&永六輔追悼コメントも
ゆず、新曲「見上げてごらん夜の星を」の15秒“予告映像"を公開

【関連アーティスト】
ゆず, 坂本九
【ジャンル】
J-POP

Cana、ドラマ『はぴまり〜Happy Marriage!? 〜』挿入歌「あなたと ずっと」を7月29日にリリース!
Mon, 25 Jul 2016 12:00:00 +0900
シングル「あなたと ずっと」 (okmusic UP\'s)

Amazonプライム・ビデオで配信中のドラマ『はぴまり〜Happy Marriage!? 〜』の挿入歌を歌うアーティストの正体が明らかになった。

【その他の画像】Cana

ドラマ『はぴまり〜Happy Marriage!? 〜』は、円城寺マキによる人気漫画が原作のAmazonプライム・ビデオオリジナルドラマ作品。俳優のディーン・フジオカ、女優の清野菜名が出演しており、6月22日から配信され、話題になっている。

そんな中、ドラマのクライマックスシーンで毎回流れる、謎の女性シンガーが歌うラブソングがSNS等のカキコミで盛り上がっており、今回その謎のシンガーがついにヴェールを脱いだ。シンガーの名前はCana(カナ)。ニュージーランド生まれの22歳、ドラマの挿入歌として流れているのは「あなたと ずっと」というタイトルのバラードで、同楽曲は7月29日にAmazon Recordsから発売される。

「あなたと ずっと」ではCana自身も作詞に挑戦しており、「ドラマの中でつい見落としがちになる、大切な部分を封じ込めるように詞を書きました。」と語るように、ドラマの原作に沿って制作された楽曲となっている。彼女の日本人離れしたハスキー・ヴォイスで歌われる、洋楽の香りのするバラードは必聴。また、「〜誰も知らないあなただけを もっともっと抱きしめたい〜というフレーズが2回出てきますが、特にこの部分にこだわりました。」と語っており、こちらのフレーズにも注目してほしい。

アヴリル・ラヴィーンに憧れて、スケボーやサッカーに夢中だった活発な少女が最初に心を奪われたアーティストは、テレビのMTVから流れてきた、ブラック・アイド・ピーズだったという。その後、聴く音楽はラップ一辺倒になった彼女は9歳から本格的に日本で暮らすようになるが、いまだ夢は英語で見るという。

日本語と英語を自由に操る彼女の父親は、日本を代表する俳優、時任三郎だ。時任自身もシングルを23枚リリースしているシンガーだが、彼女は「今回歌うことが決まってから、父親としてではなく、とても的確に、客観的にアドバイスをしてくれました。父は、もちろん歌うことを喜んでくれていますし、応援してくれていると思います。」と、家族についても語ってくれた。

また、「まだ正直、何の実感もないというのが本音なんですが(笑)とてもいい作品に恵まれたと思います。まだまだ未熟な部分もありますが、そういう部分も含めて温かく見守って下さるとうれしいです。」と、デビューへの意気込みも語った。?

ついに謎のヴェールを脱いだシンガー・Cana。今後も彼女の活躍から目が離せない。

■シングル「あなたと ずっと」

2016年7月29日(金)発売
AZRZ-1001/¥1,000(税込)
※こちらのシングルは、Amazon.co.jp限定商品となります。
URL:https://www.amazon.co.jp/dp/B01IR5BB5M
<収録曲>
「あなたと ずっと」「Stay with me」他
上記2曲のインストゥルメンタル楽曲を収録予定。

■アルバム『はぴまり〜Happy Marriage!?〜 オリジナルサウンドトラック』

2016年8月05日(金)発売
AZRC-1031/¥2,000(税込) 
※こちらのアルバムは、Amazon.co.jp限定商品となります。
<収録曲>
挿入歌であるCanaの「あなたと ずっと」も収録。

【関連リンク】
Amazonプライム・ビデオ『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』視聴サイト(本編)
Amazonプライム・ビデオ『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』視聴サイト(ドラマメイキング)
コレサワ、プロデューサーに元"ふぇのたす"のヤマモトショウを迎えた新曲「バックアップ」を発表
Chara、11月に初のオールタイムベスト『Naked & Sweet』をリリース

【関連アーティスト】
Cana
【ジャンル】
J-POP

エクストリーム、名盤『ポルノグラフィティ』完全再現ライヴがパッケージ化
Mon, 25 Jul 2016 11:00:00 +0900
エクストリーム (okmusic UP\'s)

数々のヒット曲を持つアメリカン・ハードロック・バンドのエクストリームが、6年振りのアルバム『ポルノグラフィティ・ライヴ25』を9月にリリースすることが決定した。

【その他の画像】Extreme

この作品は米国はラスヴェガスにある「ハード・ロック・ホテル&カジノ」内の会場「ザ・ジョイント」にて2015年5月30日に実施した、1990年発表のアルバム『ポルノグラフィティ』の25周年を祝う完全再現ライヴの模様を捉えたもので、日本ではCD、DVD、Blu-rayの3形態で発売される。

『ポルノグラフィティ』は全米No.1を獲得した名アコースティック・バラード「モア・ザン・ワーズ」の他、「デカダンス・ダンス」、「ゲット・ザ・ファンク・アウト」など、5枚のシングルを輩出した、エクストリームの2ndアルバムにして、ロック史に残る名盤中の名盤。2012年には日本で同作の完全再現ツアーが行なわれ、多くのファンから商品化の声があがったが、今回めでたく日本のファンの願いが成就する形だ。

CD版は日本盤とアジア盤のみ、当日アンコールで披露された、デビュー・アルバム『エクストリーム』からの「プレイ・ウィズ・ミー」と、3rdアルバム『スリー・サイズ・トゥ・エヴリ・ストーリー』からの「キューピッズ・デッド」も収録した2枚組の完全版。さらに、日本盤のみ特別なアートワークでのリリースとなる。ミックスとマスタリングは、『ポルノグラフィティ』でもエンジニアを務めたボブ・セント・ジョンが担当。

DVD版とBlu-ray版には、当日のライヴがフルで収められている上、約100分の長編ドキュメンタリー映像も日本語字幕付きで収録。現メンバーであるヌーノ・ベッテンコート(ギター/ヴォーカル)、ゲイリー・シェローン(ヴォーカル)、パット・バッジャー(ベース/ヴォーカル)、ケヴィン・フィグェリド(ドラムス)はもちろんのこと、『ポルノグラフィティ』でプレイしていたオリジナル・ドラマーのポール・ギアリを始め、クイーンのブライアン・メイ、エアロスミスのスティーヴン・タイラー、レイジ・アゲインスト・ザ・マシーンのトム・モレロなどのインタビューも観ることができる。また、当時の貴重な映像も織り交ぜつつ、『ポルノグラフィティ』のレコーディングで使用したスタジオを、久しぶりにメンバーが訪れる場面など、興味深い映像が満載だ。なお、本作の発売直後より、エクストリームは日本公演を行なう。ライヴ作品同様、こちらも必見だ。

■『ポルノグラフィティ・ライヴ25』トレーラー
https://youtu.be/8Libj2BkiFU

■【リリース情報】

アルバム『PORNOGRAFFITTI LIVE 25/ポルノグラフィティ・ライヴ25』
2016年9月21日発売
VICP-65409〜11/¥3,200+税
<収録曲>
■CD1
01.Decadence Dance / デカダンス・ダンス
02.L\'il Jack Horny / リル・ジャック・ホーニー
03.When I\'m President / ホエン・アイム・プレジデント
04.Get the Funk Out / ゲット・ザ・ファンク・アウト
05.More Than Words / モア・ザン・ワーズ
06.Money (in God We Trust) / マネー(イン・ゴッド・ウィ・トラスト)
07.It (\'s a Monster) / イッツ(ア・モンスター)
08.Pornograffitti / ポルノグラフィティ
09.When I First Kissed You / ホエン・アイ・ファースト・キスト・ユー
10.Suzi (Wants Her All Day What?) / スージー(ウォンツ・ハー・オール・デイ・ホワット?)
11.Flight of the Wounded Bumble Bee / フライト・オブ・ザ・ウーンデッド・バンブル・ビー
12.He-Man Woman Hater / ヒー・マン・ウーマン・ヘイター
13.Song For Love / ソング・フォー・ラヴ
14.Hole Hearted / ホール・ハーテッド
■CD2
1.Play With Me / プレイ・ウィズ・ミー
2.Cupid\'s Dead / キューピッズ・デッド
(※CD2が同梱されるのは、日本を含むアジアのみ)

DVD/Blu-ray『PORNOGRAFFITTI LIVE 25/METAL MELTDOWN/ポルノグラフィティ・ライヴ25』
2016年9月21日発売
【DVD】
VIBP-130/¥4,200+税
【Blu-ray】
VIXP-102/¥5,200+税

【関連リンク】
エクストリーム オフィシャルHP
ももいろクローバーZ、ライブ・ビューイング『桃神祭 2016 〜鬼ヶ島〜』 大後夜祭が開催決定
焚吐、初ワンマンライブにて早くも次なる展開を発表
コレサワ、プロデューサーに元"ふぇのたす"のヤマモトショウを迎えた新曲「バックアップ」を発表

【関連アーティスト】
Extreme
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1