歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年07月11日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/07/20
2016/07/19
2016/07/18
2016/07/17
2016/07/16
2016/07/15
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
Coccoの新作『アダンバレエ』は“生存者(サバイバー)による生存者(サバイバー)のためのアルバム”
Mon, 11 Jul 2016 21:00:00 +0900
Cocco (okmusic UP\'s)

Coccoが8月24日にリリースするニューアルバム『アダンバレエ』の詳細が発表された。

【その他の画像】Cocco

収録曲は全13曲。結ばれぬ恋の散り際を歌った「有終の美」、沖縄への想いを綴った「楽園」、5〜6月の憂鬱な季節に想う人生感を描いた「卯の花腐し」、そして“生存者(サバイバー)による生存者(サバイバー)のためのアルバム”であるという今作『アダンバレエ』を象徴する曲「ひばり」など、今のCoccoのすべてを詰め込んだ内容となった。

初回盤に付くフォトブックは、最新のアーティスト写真とともにCoccoの地元・沖縄で撮り下ろされた写真と、膨大なカットからセレクトしたレコーディング風景で構成された全56ページとなっている。沖縄での出身小学校や幼稚園での撮影、かつて撮影を行なった思い出の場所のほか、多くのゆかりの地でのCoccoの表情が見られる貴重な写真が満載だ。また、都内スタジオでのレコーディング風景には、レコーディングメンバーと楽しみながら作業を進める姿、合間のリラックスした表情など、完全密着した充実の現場とその裏側が収められている。

今作の初回盤フォトブックの歌詞は、レコーディング時の臨場感が伝わる本人手書きの歌詞で全曲掲載されており、CDジャケットに独特な筆跡で書かれたタイトルもCocco本人が書いたもの。

【Cocco コメント】
戦時中、鋭い棘を持つアダンの茂みに身を寄せて生き抜いた者たちの話を聞いてから、沖縄人の私の心に“アダン”はサバイバルの象徴として刻まれました。
いつの間にか私はとうに大人になっていて、そして図らずも生き残った者になっていたから。
生存者(サバイバー)による生存者(サバイバー)のためのアルバム「アダンバレエ」を作りました。
今を生きるすべての生存者(サバイバー)に捧げます。

■アルバム『アダンバレエ』

2016年8月24日発売
【初回限定盤】(CD+フォトブック)
VIZL-1019/¥3,700+税
【通常盤】(CDのみ)
VICL-64616/¥3,000+税
<収録曲>
01.愛しい人
02.楽園
03.Sleeping Beauty
04.フレア
05.すみれ色
06.影踏み
07.花も咲いたよな
08.椿姫
09.Rosheen
10.卯の花腐し
11.常情嬢
12.有終の美
13.ひばり

◎チェーン先着特典
TOWER RECORDS全国各店 / タワーオンライン:「アダンバレエ」特製ポストカード3枚セット(Aパターン、Bパターンのどちらかランダム)

【関連リンク】
Cocco オフィシャルHP
Coccoの天賦の才を如何なく魅せつけた初期の傑作『クムイウタ』
Cocco、ニューアルバム発売&5年ぶりの全国ツアー開催決定
Cocco、東日本大震災復興支援チャリティ・シングル第2弾を11月26日に発売

【関連アーティスト】
Cocco
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GOING UNDER GROUND、ニューアルバム詳細&新アーティスト写真を公開
Mon, 11 Jul 2016 20:30:00 +0900
GOING UNDER GROUND (okmusic UP\'s)

今年15周年を迎え、ビクターからオリジナルアルバム『Out Of Blue』を8月24日に発売するGOING UNDER GROUND。その新しいアーティスト写真とアルバムのジャケット写真が公開となった。

【その他の画像】GOING UNDER GROUND

3人となったバンドメンバーが朝焼けの新宿の路上で佇む姿は、これまで“青春性”という言葉で語られることが多かった彼らの、長かった青い春の終焉と、第2章のスタートラインに立った彼らの意思を感じさせる。

また、合わせてアルバムの収録曲が明らかになった。5月11日に発売したインディーズシングル「the band」をはじめ、今の彼らを表現した自信作となる計10曲だ。

そして、ツアー会場とオフィシャルサイトでのみ販売されるドキュメント映像DVDの詳細も発表となったので、こちらも含め、詳しくはオフィシャルHPをチェックしてみてほしい。

■アルバム『Out Of Blue』

2016年8月24日発売
VICL-64610/¥3,000+税
<収録曲>
01.Teenage Last
02.天使たち
03.Driffting Drive
04.Anti Hero
05.45rpm
06.スパイス(Alternative Ver.)
07.out of blue
08.Soul Train
09.天国の口、終わりの楽園
10.the band
※タワーレコードオリジナル先着予約購入特典(タワーレコード全国各店/タワーオンライン):「ジャケットステッカー」

【関連リンク】
GOING UNDER GROUND オフィシャルHP
Salley、1年ぶりのワンマンで配信シングル3ヶ月連続リリースを発表
GOING UNDER GROUND、8月にビクターからオリジナルアルバムを発売
松本素生(GOING UNDER GROUND)が選ぶプレイリスト。「GOING UNDER GROUND を作った洋楽」

【関連アーティスト】
GOING UNDER GROUND
【ジャンル】
ジャパニーズロック

flumpool、中国語歌唱とMCで4年連続の台湾単独公演は大盛況に!
Mon, 11 Jul 2016 20:00:00 +0900
7月9日@台北国際会議中心 (okmusic UP\'s)

flumpoolが7月9日(土)に台北国際会議中心(Taipei International Convention Center)でワンマンライヴ「flumpool tour 2016『WHAT ABOUT EGGS?』〜Taiwan Special〜」を開催した。

【その他の画像】flumpool

今回の公演は、ニューアルバム『EGG』を携えて日本全国14都市22公演で行なわれたツアー「WHAT ABOUT EGGS?」の台湾スペシャル版。昨年の「凡人譜 2015 台北演唱會 flumpool Taiwan Special Live@TICC」以来1年ぶり、4年連続4度目の台湾単独公演となった。

メンバーが台湾へ向かう予定時刻と台湾台風1号の進路が重なり、入国が間に合わない危険性もあったが、予定の便を変更してなんとか無事入国。そんな逆境を跳ね除け、「孤独」「証明」「OAOA」に加え、「小幸運」「癡情?瑰花」など台湾で現在大ヒット中の楽曲なども含めた中国語歌唱曲を多数ちりばめ、さらにはすべてのMCを中国語で行なうライヴで、台湾のファンを熱狂の渦に巻き込んだ。

台湾時刻19:40。flumpoolを待ちわびたファンの大声援で迎えられたメンバーは、1曲目「解放区」を皮切りに、アルバム『EGG』収録の最新曲を中心に披露していく。これまで過去3度の台湾公演では代表曲中心のセットリストだったが、こうして最新アルバム曲中心のセットリストで臨むライヴは今回が初。しかし先日大盛況で終えた日本でのロングツアーの勢いそのままに、バンドは現地のファンを一瞬で巻き込む。

そして、山村隆太(Vo)はMCを全編中国語で敢行。前日の7月8日(金)に台湾に上陸して猛威を振るっていた台風1号の影響を心配し、中国語で“みんな台風は大丈夫だった?”と投げかけると、現地のファンの言葉に耳を傾け、気遣いを見せる場面も。恒例となっている山村と阪井一生(Gu)との台湾の人気曲の中国語歌唱カバー対決もMC中に行なった。また、「強く儚く」や「証」の中国語バージョンや、親交が深く日本での活動も本格化しているアジアのスーパーバンド、Maydayのヒット曲「OAOA」のカバーを中国語で披露するなど、新曲のみならず現地ファンの心を掴むさまざまな演出で会場を一つにしていく。

そして本編、アンコールを終えてもなお興奮冷めやらない台湾のファンの声援に応えるように、まさかのバンド史上初となるトリプルアンコールまでを巻き起こす圧倒的な盛り上がりを見せた。台湾のファンに必ず帰ってくると約束し、4度目の台湾ワンマン公演は大盛況で終了。

7月23日(土)にはシンガポールでの公演も控えており、日本での活躍のみならず、言葉の壁を破りながら海外においても新たなステージへと進むflumpoolの今後の活動に、国内外から大きな注目が集まっている。

【セットリスト】
01.解放区
02.覚醒アイデンティティ
03.夏よ止めないで〜You\'re Romantic〜
04.DILEMMA
05.Dear my friend
06.輪廻
07.絶体絶命!!!
08.孤獨
-「小幸運」「癡情?瑰花」-
09.今日の誓い
10.産声
11.明日キミが泣かないように
12.夜は眠れるかい?
13.Blue Apple & Red Banana
14.reboot〜あきらめない詩〜
15.OAOA
16.Touch
17.World Beats
En1.証明
En2.大切なものは君以外に見当たらなくて
En3.星に願いを
En4.labo

【関連リンク】
flumpoolの山村隆太(Vo)がツアーファイナルにて入籍をファンに報告!
恒例の「MEET THE WORLD BEAT」、今年はコブクロ、flumpool、高橋優ら10組が出演!
flumpool、約2年ぶりとなる全国ツアーがついに開幕
flumpool、スクランブルエッグBOX&“ぐでたま"コラボグッズを全国ツアー会場&A!SMARTで発売

【関連アーティスト】
flumpool
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

AbemaTVにて、『ANIMAX MUSIX』過去ライブ映像をネット初の独占放送!
Mon, 11 Jul 2016 19:00:00 +0900
「『ANIMAX MUSIX 2015&2016』アニメミュージックの祭典5時間SP」 (okmusic UP\'s)

AbemaTVが、アニメ専門チャンネル・アニマックスが主催する『ANIMAX MUSIX 2016-2017』の開催を記念して、「『ANIMAX MUSIX 2015&2016』アニメミュージックの祭典5時間SP」と題し、過去ライブ映像をネット初の独占放送することが決定した。

【その他の画像】KOTOKO

『ANIMAX MUSIX』はアニマックスが主催するアニメミュージックのライブイベントで、2009年より毎年開催されている。

今回の放送では、2015年11月21日に横浜アリーナで約7時間にわたって開催されたアニメミュージックの祭典『ANIMAX MUSIX 2015 YOKOHAMA』、2016年2月13日にグランキューブ大阪で開催された『ANIMAX MUSIX 2016 OSAKA』それぞれのライブの模様やステージ裏でのアーティストのコメントを交えて放送される。

そのほか、AbemaTVのアニメチャンネルでも人気のシリーズ「とある魔術の禁書目録」、「とある魔術の超電磁砲」、「アクセル・ワールド」、「灼眼のシャナ」等人気アニメのカバーをはじめ、アニメソングアーティスト同士のコラボレーションも楽しむことができる。

なお、『ANIMAX MUSIX 2016-2017』の開催に関する最新情報は、7月15日(金)19:00より配信される特別番組内で発表予定。詳しくは『ANIMAX MUSIX 2016-2017』オフィシャルHPをご覧いただきたい。

■【放送概要】

「『ANIMAX MUSIX 2015&2016』アニメミュージックの祭典5時間SP」
放送日時:7月18日(月・祝)12:00〜/20:00〜(※リピート放送)
番組視聴URL:https://abema.tv/channels/anime24/slots/Ph8Zd15TPmK

■『ANIMAX MUSIX 2015 YOKOHAMA』出演アーティスト
i☆Ris、AKINO with bless4、ALTIMA、上坂すみれ、内田真礼、大橋彩香、OxT、小野賢章、川田まみ、岸田教団&THE明星ロケッツ、Gero、茅原実里、南條愛乃、西沢幸奏、marina、May\'n、KOTOKO(シークレット)
■『ANIMAX MUSIX 2016 OSAKA』出演アーティスト
every◆ing!、黒崎真音、鈴木このみ、Daisy×Daisy、fripSide、みみめめMIMI、Ray、分島花音、Minami(シークレット)

※文字化け防止のため、ハートマークを◆へ変換しています。
※詳細放送プログラムは、後日発表いたします。

【関連リンク】
『ANIMAX MUSIX 2016-2017』オフィシャルHP
AbemaTV オフィシャルHP
上坂すみれ、「この美」EDテーマには図形と美術用語満載
「南條愛乃、ニコ生する!」自身の誕生日に特番配信、特典CDではスキマ、サンボ、ELTなどカバー

【関連アーティスト】
KOTOKO, fripSide, 川田まみ, May\'n, Ray, 茅原実里, 南條愛乃, 分島花音, 岸田教団 & THE 明星ロケッツ, 黒崎真音, Daisy×Daisy, ALTIMA, 上坂すみれ, 鈴木このみ, 小野賢章, i☆Ris, Gero, みみめめMIMI, 内田真礼, 大橋彩香, every?ing! , 西沢幸奏, oxT
【ジャンル】
アニメ, イベント, 声優

杏窪彌がリミックス企画をスタート! 第1弾はLUCKY TAPESのKai Takahashi
Mon, 11 Jul 2016 19:00:00 +0900
杏窪彌 (okmusic UP\'s)

6月15日に2ndミニアルバム『ジャイアントパンダにのってみたい』を発売した、エキゾチックポップバンドの杏窪彌(アンアミン)が、表題曲のリミックス企画を開始。その第1弾として、LUCKY TAPESのKai Takahashiが手がけたリミックス音源が公開された。

【その他の画像】Cicada

これは杏窪彌のライヴをKai Takahashiが観賞したところから親交が始まり、今回のリミックスに至ったもので、原曲の中華テイストを残しつつも、MINのヴォーカルが引き立つ瑞々しいリミックスに仕上がっている。

また、杏窪彌は今後もさまざまなアーティストによる同曲のリミックス音源を公開していくとのことで、すでにリミックス第2弾は今冬メジャーデビューを控えるCICADAの及川創介が手がけることも決定している。

杏窪彌はミニアルバムのリリース記念ワンマンライヴを、8月5日(金)に東京キネマ倶楽部で開催する。こちらのチケット一般発売もスタートしているので、気になる人はチェックしてみよう!

■「ジャイアントパンダにのってみたい(Kai Takahashi Remix)」
https://youtu.be/1U8avxyacV8

■「全員集合!キネマ倶楽部でジャイアントパンダにのってみたい〜リリース記念ワンマンライブ〜」

8月05日 (金) 東京キネマ倶楽部
OPEN / START:18:30 / 19:30
チケット:前売 ?3300 (税込)※ドリンク別
一般発売中!

【関連リンク】
杏窪彌(アンアミン) オフィシャルHP
杏窪彌の台湾人ヴォーカル・MINが『HOT WAVE熱波』にてレギュラーコーナーを担当
杏窪彌、最新作からキャリア初となるアナログ盤リリースを発表
6月29日のOKMusic×新宿SAMURAI 『OKMusicNight』にコレサワの出演が決定!

【関連アーティスト】
Cicada, 杏窪彌
【ジャンル】
J-POP

怒髪天50歳イヤーを彩る“長い夜”に家族や友人、そしてあの方もご光臨!
Mon, 11 Jul 2016 18:00:00 +0900
7月10日@札幌ファクトリーホール (okmusic UP\'s)

怒髪天主催の北海道限定イベント『カムバック・サーモン2016“もっと愛されたくて半世紀”』が、7月10日(日)に札幌ファクトリーホールで開催された。本イベントは、4月の札幌BESSIE HALLを皮切りにスタートした全国ツアー『怒髪天TOUR 2016 ジャパニーズ中年隊〜YOU、50プラス1本やっちゃいなよ』において、プラス1本に位置づけされるもの。驚異のロングツアーもいよいよ終盤戦にさしかかる最中、ここ札幌に再び怒髪天が戻ってきた。

【その他の画像】怒髪天

フロアには、“マトンステージ(メインステージ)”・“ラムステージ(サブステージ)”、そして室内なのに、まさかの盆踊り用やぐら“やん衆どすこほいステージ”を設置。壁には紅白幕が垂れ下がり、屋外のフード・ドリンクエリア<増子家のジンギスカン>や<坂詰家の塩ラーメン>といったメニューが用意されるなど、すっかりお祭りムード。

早くも賑わいをみせる場内に、北島三郎の「まつり」のSEと共に、やぐら上にメンバーの増子直純(Vo)、上原子友康(G)、清水泰次(B)、坂詰克彦(Dr)が法被姿で登場。「今回は親族が出てきたりと、見所がいろいろあるからね。カムバックサーモン2016、はじまるよ!」との合図と共にイベントがスタートした。

まずは、ラムステージで行われる本イベントの最初の見所、各メンバーの友人と親族によるユニットライブから。チューニングがずれるハプニングで爆笑を生んだ、坂詰と親友による“ウディとジョー/国道5号線”をスタートに、緊張する甥っ子、姪っ子を「かわいいだろう!」と、自慢をしながらの清水一族と友人による“超魂(なまらマブイ)”、「80歳になる父が兄弟で何かやるのが見たい!」という言葉に人肌脱いだ、増子と実弟の増子真二(DMBQ、BOREDOMS)による兄弟ユニットと、立て続けに登場するメンバーの親族や友人たちとの貴重な共演に、場内からは笑いと温かい拍手が沸き起こる。ファミリーユニットのラストを飾るのは、「似てる!」とどよめきに近い歓声が上がった、上原子の双子ユニット“上原子もいる・もえる”。森田公一とトップギャランの「青春時代」で、盛大な手拍子と共に本イベントの親族の部を締めくくった。

そして舞台はメインのマトンステージへ。登場SEと共に怒髪天がステージ上に立つと、フロアの歓声が大きく膨れ上がった。「サスパズレ」のシンガロングからの、ライブアンセム「酒燃料爆進曲」で勢いづくと、「無敗伝説」、「オトナノススメ」とあっという間にフロアのテンションをマックスへと引き込んでゆく。

増子の軽快な時事ネタMCで爆笑をとりながら、アップテンポの「明日への扉」、「鰯ヘッドBOP」、「ドリーム・バイキング・ロック」、「プレイヤー1」を連打。怒濤のツアーを疾走する中で、またもや強度を増した怒髪天の男のサウンドに、フロアの熱も高まる中、さらに「天誅コア」、「NINKYO-BEAT」、「69893」と痺れるハードナンバーを矢継ぎ早に投下するという、フルスロットル体制。熱気に包まれた場内をぐるりと見渡し、「屋内にやぐらを組むなんてさ、すごいイベントだよなぁ」とステージから見た光景を改めて確認して笑う増子に、場内からも大きな頷きと共に拍手と笑いが返ってくる。

そして、ライブは驚愕の展開へと向かって、加速してゆく――。「せかいをてきに」、「歩きつづけるかぎり」、「ひともしごろ」と、前を向いてひたすらに生き、そして進んでゆくというメッセージを解き放ち、突き上げた拳がフロアに広がる絶景を生ませた後、「故郷はやっぱり力が入るよね。同じような飯を食って、同じような水を飲んで育ったんだからさ、説明しなくても伝わるものがあるよね」と増子。

万雷の拍手の中、「せっかくだから、故郷っぽい曲をやりたいと思って。カバーなんだけどさ」との言葉と共に、披露したのは松山千春の「長い夜」。

ここでついに、本日の最大の見所、とんでもサプライズが発動された! 増子が熱く歌い上げていると、なんと舞台袖からご本人・松山千春が登場! 本人による伸びやかな歌声が深く響く中、このまさかの展開に、どよめき、悲鳴、そして大歓声が沸き起こる。「感動」という言葉だけではくくれない、幾重にも重なる分厚い感情に、フロアが当然のごとく激しく揺れた。

「怒髪天っていう名前はさ、嫌な名前だよな! オレ、怒髪ないんだからさ!」とジョークを交えながらも、メンバー全員と握手を交わし、松山千春は「日本だけではなく、世界に羽ばたけ!」と怒髪天に熱いエールを残し、颯爽と舞台を去って行った。

「いやぁ、現実味がない」。再びメンバーだけになったステージ上で増子がしみじみ言うと、「小6の時に留萌で見た松山千春さんのコンサートがきっかけで、ギターを始めたんです」と上原子も感慨深げ。カラオケでよく歌うという坂詰は、アカペラで松山千春の「ひとりじめ」を歌うも、途中で感極まってリタイア。爆笑するメンバーに、目をうるませながら「いやぁ、感激しちゃって」と照れ笑い。それぞれが松山千春の光臨の余韻に浸りつつ、「サスパズレ」で一度本編を締めくくった。

アンコール曲は、生きるほうが辛い現代において、それでも生きてゆくことをストレートに力強く宣言した「セイノワ」。ピースサインがフロア全体を埋め尽くし、最高潮の盛り上がりの中、メインステージの怒髪天ライブは終了した。

夏フェスではおなじみの、祭太郎による口上の後、再びやぐらに上がった怒髪天。「ニッポン・ワッショイ」と共に行ったのは、本日最後のイベント、盆踊り。

少年時代の顔になったり、叔父の顔になったり、兄の顔になったり、弟の顔になったり。いくつも表情を変えた『カムバック・サーモン2016“もっと愛されたくて半世紀”』は、フロア内を観客が盆踊りをしながらサークルを描くという、これまた愉快な光景の中、「こんなカオスな日がくるとは思わなかったよ。北海道だからこそできたイベントだよ。また、絶対にやろう!」と増子が声を上げ、大団円。積み重ねてきた30年を超えるバンド人生と、そんな彼らを愛してやまない道産子たちの熱量がクロスする長い夜は、祝祭感たっぷりの中幕を閉じた。

Text by 悦永弘美


【セットリスト】
01.サスパズレ
02.酒燃料爆進曲
03.無敗伝説
04.オトナノススメ
05.明日への扉
06.鰯ヘッドBOP
07.ドリーム・バイキング・ロック
08.プレイヤーI
09.天誅コア
10.NINKYO-BEAT
11.69893
12.せかいをてきに
13.歩きつづけるかぎり
14.ひともしごろ
15.長い夜
16.サスパズレ
EN.セイノワ

【関連リンク】
ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル、トリビュート盤の詳細がついに解禁
松山千春、デビュー40周年記念ツアー終演&「RISING SUN ROCK FESTIVAL」初出演決定
THE COLLECTORS、豪華ミュージシャン集結が集結した『愛ある世界』リリース決定
松山千春、デビュー40周年ツアー東京公演で10,000人のファンを魅了

【関連アーティスト】
怒髪天, BOREDOMS(V∞REDOMS), DMBQ, 松山千春
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

夏を潤す生ビール! 暑い夏の夜、一杯やりながら聴きたいビールソング5選
Mon, 11 Jul 2016 18:00:00 +0900
ケツメイシ『ケツの嵐~夏BEST~』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

梅雨明け間近。寝苦しい暑い夜も続く中、暑い夜のお供と言えば、やっぱりビール! “昭和最後のビール党”を自負し、お酒はビールさえあれば問題ナシ!と断言する僕には、たまらない季節がやって来ました。20歳未満の読者にはあまりオススメできませんが、ビールの美味さや素晴らしさを歌った“ビールソング”は、ビールのつまみにぴったり! 今回は僕同様、ビールを愛するミュージシャンたちによる、ビールソング5曲をセレクト。今日あった嫌なことや、明日の不安もビールで一気に流し込め! 内緒だけど、この原稿もビール呑みながら書いてます(笑)。

■1.「ビール・オア・ダイ」(’15)/怒髪天

仕事終わり、1杯目のビールを一気にいって。「プッハァ〜〜〜!」となった時に頭に浮かぶのが、この曲の《この一杯のビールの為に生きていると思える程さ》の歌詞か、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』でミサトさんがビールを飲んで、「プッハァ〜〜〜!」となった後に流れる♪チャ〜チャラッチャッチャ、チャッチャッチャッチャのBGM(『NEON GENESIS EVANGELION』収録「MISATO」)。『酒唄傑作選 〜オヤジだョ!全員酒豪〜』というアルバムを出すほど、“酒”をテーマにした曲が多い怒髪天。たくさん嫌なことがあって、「今日は呑むぞ!」と気合いの入った日には、「酒燃料爆進曲」もオススメ。あソレ! グッといけ!!

■2.「ビールボーイ」(’00)/ケツメイシ

ギラギラと太陽が射す真夏のビーチで、バドワイザーやコロナをグッといくときのBGMに欲しいのは、やっぱり湘南乃風やRIP SLYME、そしてケツメイシといったアーティストの夏ど真ん中チューン。俺も美少年でなくビールボーイ! 《乾杯から何杯足んない 飲まれても足りない》っつうくらいで、夏のビーチで呑むビールって汗で流れちゃうからいくら飲んでも酔わないんですよね。《たるみきった腹だから 荒れまくった肌・身体》と分かっちゃいるけど、きっと一生、ずっと一緒居たい! 病気になってもビール飲み続けてやる!!

■3.「オジー自慢のオリオンビール」(’03)/BEGIN

沖縄に行った時のオリオンビールが本っっ当に美味しくて! ビーチでこの曲聴きながら飲んだオリオンの生ビールの味を求めて、東京でオリオンビールを買って飲むんだけど、東京で呑むオリオンビールってやっぱり味が違うんだよね。食べ物もそうだけど、やっぱりビールも気候や風土に合った物がその土地で受け継がれているわけで。オリオンビールや泡盛、沖縄そばやゴーヤチャンプルは沖縄で食すのが一番! BEGINも東京で聴いても最高だけど、沖縄や石垣島で生で見たら100倍良いはず。体感したい!!

■4.「Ki・mi・ni・mu・chu」(’15)/EXILE

『サントリー・ザ・モルツ』のCMソングであり、今夏、呑みの席で一番歌われるであろう、EXILEの乾杯ソング。ビールもだが、EXILEと言えば“公式ドリンク”と言われているお酒がレモンサワー。EXILE結成前からHIROが大好きで、MAKIDAIやUSAを居酒屋で口説いて、EXILEの原点となるダンスチームを結成した夜など、節目節目で飲んできたドリンクがレモンサワーなのだそうだが。焼酎やリキュールを炭酸で割り、レモン果汁をしぼったこの飲み物は、他のドリンクと比べた時にカロリーや糖質も少なく、疲れや老化の原因となる活性酸素を削ぐ抗酸化作用を持つクエン酸を含むため肉体疲労にも効果的で、ミュージシャンやダンサーが打ち上げで呑むには最適!ということで、彼らの思い出の飲み物であることに加えて、実に理に適った飲み物なのでした。ま、曲には全然関係ないけど(笑)。

■5.「you」(’98)/福山雅治

今回、ビールで5曲選ぼうと、ビールのCMソングについて調べていたところ。今の若い子たちの「ビールのCMソングといえば?」というイメージ調査の1位が福山雅治なのだそう。確かに2010年に『アサヒスーパードライ』のCMに起用されてから、CM用の書き下ろし楽曲やCMから生まれたヒット曲で“ビール=福山雅治”のイメージを付けてきた。その中でも代表曲と言える、CM発信の楽曲が「you」だろう。俺なんかはビールのCMソングと言えば福山雅治よりも、みんなで楽しくお酒を呑んでる時に♪飲もう〜!と思わず口ずさみたくなる、森高千里の大名曲「気分爽快」や、♪ビールをまわせ、底まで飲もう!の歌詞に男気感じる、三好鉄生の「すごい男の唄」。たまらず愚痴を吐いた後に♪生ビールがあるじゃないか〜!と口ずさみたくなる、細川たかしの「応援歌、いきます」 を思い出してしまうのだが、それはオッサンだからっつうことで仕方なし!

【関連アーティスト】
怒髪天, EXILE, BEGIN, 福山雅治, ケツメイシ
【ジャンル】


岡村孝子、ソロデビュー30周年を記念したオールタイム・ベストの発売が決定
Mon, 11 Jul 2016 17:30:00 +0900
アルバム『DO MY BEST II』 (okmusic UP\'s)

2015年にソロデビュー30周年を迎えた岡村孝子が、14年前に発売された『DO MY BEST』に続くオールタイム・ベスト『DO MY BESTII』をリリースする。

【その他の画像】岡村孝子

本作は岡村孝子本人による選曲で、デビュー初期の作品から『DO MY BEST』以降に発表された近年の楽曲まで網羅した全28曲を収録。収録曲には「夢をあきらめないで2011」はもちろん、「未知標」「今日も眠れない」「Heaven knows」など最近のコンサートでも披露している懐かしい曲や、リスナーからの人気の高い名曲「Believe」「forever」なども収録した、活動30年の歩みを感じられる内容に仕上がっている。

これらに加えて、"今なら書き下ろした当初の力強いボーカルイメージに近づける"と新録音した「暁の空」、さらに『DO MY BESTII』のために書き下ろした新曲「Hello」も収録。デビュー時から変わらない現在の岡村孝子の美しい歌声に触れることができる。

さらに、今回のCDジャケットには彼女の透き通る瞳が印象的なソロデビュー当時の秘蔵写真を本作のために初採用。ブックレットは30周年を振り返ったインタビューや、これまでの活動の中で撮影された貴重な写真を集めた写真集仕様となっている。

また、初回限定盤に封入の特典DVDには、新曲のMVや、今では観ることのできない幻の映像、様々なオフショット映像等を収録予定。まさにオールタイム・ベストに相応しい、岡村孝子の30年に及ぶ歩みが詰まったメモリアルな作品をぜひ手にしてみてはいかがだろうか。

■アルバム『DO MY BEST II』

2016年9月7日発売
【初回限定盤】(2CD+DVD)
YCCW-10278〜9/B/¥4,300+税
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B01H6Z4QVK
【通常盤】(2CD)
YCCW-10280〜1/¥3,500+税
Amazon:http://www.amazon.co.jp/dp/B01H6Z4QVU
<収録内容>
■Disc-1
01. 未知標(あみん)
02. あの日の風景(あみん)
03. 微風
04. 美辞麗句
05. 今日も眠れない
06. リベルテ
07. 秋の日の夕暮れ
08. Believe
09. ジュ・テ−ム
10. 明日の風
11. 心のユートピア
12. Heaven knows
13. 祈り
14. 四つ葉のクローバー
■Disc-2
01. 銀色の少女
02. forever
03. IDENTITY
04. 春色のメロディー(四季の祈り/「春」編 Remix)
05. 星空はいつも(四季の祈り/「秋」編 Remix)
06. 夢をあきらめないで2011
07. 勇気〜courage〜
08. ずっと
09. あなたにめぐりあう旅
10. NO RAIN, NO RAINBOW
11. ありがとう
12. 大切な人
13. 暁の空(DO MY BEST II ver.)
14. Hello(新曲)
・Disc-3(DVD)
■DVD(曲順未定) ※初回限定盤のみ
明日の幸せ(MV Short ver.)/ Time and again(Music Video)/ BRAND-NEW(Album Trailer)/ 勇気 〜courage〜(Album Trailer)/NO RAIN, NO RAINBOW(Music Video)/大切な人(Music Video)/ After Tone VI(Album Trailer ~DO MY BEST II ver.)/ENCORE VIII(Blu-ray Trailer)/ Hello(Music Video)/ 他、オフショット映像等収録予定

◎商品紹介ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=860&artist_id=217

■【コンサート情報】

『岡村孝子&あみん "宝くじまちの音楽会" 2016』
8月28日(日) 飯能市市民会館
開場17:00 / 開演17:30

『岡村孝子コンサート 2016 "T\'s GARDEN"』
9月11日(日) 東京・きゅりあん大ホール
開場16:30 / 開演17:00
10月01日(土) 愛知県・豊川市文化会館 大ホール
開場17:00 / 開演17:30
10月08日(土) 長崎県・南島原市ありえコレジヨホール
開場18:00 / 開演18:30

『岡村孝子スペシャルライブ 2016 "Christmas Picnic"』
12月18日(日) 大阪・サンケイホールブリーゼ
開場17:30 / 開演18:00
12月20日(火) 愛知・名古屋市芸術創造センター
開場18:00 / 開演18:30
12月22日(木) 東京・江戸川区総合文化センター
開場18:00 / 開演18:30

【関連リンク】
岡村孝子 オフィシャルHP
岡村孝子、閉館前最後の渋谷公会堂公演「T’s GARDEN〜渋谷公会堂 FINAL〜」がBlu-ray化へ
岡村孝子 ニュー・アルバム&ライブDVDを3月27日同時発売
岡村孝子、ソロ25周年セルフカバーアルバム4作が配信解禁に

【関連アーティスト】
岡村孝子
【ジャンル】
J-POP

androp、未発表曲「Hana」のLive stream MVを生中継で24時間限定公開
Mon, 11 Jul 2016 17:00:00 +0900
「Hana」MV (okmusic UP\'s)

7月27日にリリースされるandrop初のベスト盤『best[and/drop]』より、未発表曲「Hana」のLive stream MVが完成した。今回のMVは実際の生花に「Hana」のパフォーマンス映像やグラフィックをプロジェクションマッピングし、都内のスタジオより24時間生中継される。

【その他の画像】androp

刻々と移りゆく4輪の花の形に合わせてプロジェクションが自動制御され、MVも時間とともにその姿を変えていく。決して巻き戻ることのない一期一会のMV。花が枯れるまでの期間限定公開なので、ぜひ公開中に何度もアクセスしてみてほしい。

【Dir.川村真司(PARTY NY) コメント】
「Hana」のミュージックビデオを企画するにあたって、内澤さんから以下のコメントをいただきました。
『「Hana」はandrop初期の楽曲で、調べたところ9年前に制作した楽曲でした。andropというバンドを始めて、7年。時代も環境も様変わりしていく中で、
僕らも、僕らの音楽も、変わらないことはなく、変わっていきます。同じように、僕らの音楽を聴いてくれる人も、時代と環境に合わせて変わっていっています。
そんな中で今回我々のベスト盤をリリースするにあたり、今までのリスナーに対してもう一度andropの音楽を再発見してもらいたい、
そして、今までのandropを知らない人に対しては、我々らしい音楽を提供したいと強く思っています。
この楽曲で伝えたかった「まわりに何を言われようと自分の信じたものを突き進んで欲しい」というような想いは、楽曲を制作した当時と全く変わっておらず、
むしろ今この歳になったからこそ強く伝えられる部分も増えたと感じています。当時の自分たちと、当時の自分たちの音楽と、
当時のリスナー、今のリスナー、今の我々の音楽、全てが繋がっているような、そんなイメージを伝えられる楽曲が「Hana」なのではないかと思っています。(androp内澤崇仁)』

だからこそ、光、心、花、水、といった歌詞の世界に加えて「時の移ろい」ということもこの楽曲の大事なコンセプトなのではないかと感じました。
そこで、タイトルである「花」をそのまま活かし、時の流れとともに刻一刻と変化していく本物の花にリアルタイムで映像をプロジェクションし、
それをライブ・ストリーミングすることで、常に変化し続けるミュージックビデオを作れないかと考えました。何でもコピーしたりブックマークできるような時代に逆行して、
この体験は花が枯れてしまうまでの間しか視聴することはできません。限られた時間の中で精一杯咲き誇る花の美しさ、力強さ、儚さを通して
andropからのメッセージを感じてもらえたらと思います。

■「Hana」Live stream MV
http://www.androp.jp/hana/

【関連リンク】
androp オフィシャルHP
androp、ベスト盤のティザー映像&新アーティスト写真を公開
androp、ワンマンツアー初日公演にて新曲「Astra Nova」を披露
unBORDE all starsの新曲「Feel」が『コカ・コーラ』新CMソングに決定

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Salley、1年ぶりのワンマンで配信シングル3ヶ月連続リリースを発表
Mon, 11 Jul 2016 16:00:00 +0900
7月10日@渋谷WWW (okmusic UP\'s)

Salleyが7月10日(日)、1年ぶりとなるワンマンライヴを渋谷WWWで行なった。

【その他の画像】GOING UNDER GROUND

会場には、開演前からライヴを楽しみにするファンであふれかえっていた。1曲目は「カラフル」。Salleyらしい爽やかな雰囲気の中、ライヴがスタートした。うらら(Vo)が“今日はみんな来てくれてありがとう! 最後まで楽しんでってくださいね!”とMCし、「green」「愛の言葉」などファンの間でも人気の高い楽曲を前半は披露していく。

後半では、なんとSalleyの二人から重大発表が! “今日はみなさんに重大なお知らせを二つ用意してきました! まず一つめ、Salleyの企画ライブ「Salley Gardens〜柳の庭の音楽会 Vol.4〜」の開催が決定しました!”とうららが話すと、会場からはどよめきが! 毎回ゲストを招いて行なわれる人気イベントの第4弾は、ゲストに松本素生(GOING UNDER GROUND)を招いての開催となる。

“私の大好きな先輩アーティスト、松本さんをゲストでお迎えできるなんて、本当に嬉しいです! みなさん楽しみにしていてくださいね!・・・それでは二つ目のお知らせです。なんと、9月から配信シングルを3か月連続でリリースします! 第一弾は9月28日リリース「kodama」です。この曲は上口君からデモ音源をもらったときに、すごく曲の力を感じたんです。こちらもお楽しみに!”と話すと、会場からは割れんばかりの大きな拍手が沸き起こった。そして、その新曲「kodama」を披露! アップテンポの曲に合わせ、会場全体が体を揺らしながら新曲を楽しんだ。

大きな発表で盛り上がったあとは、デビュー曲の「赤い靴」や、「あたしをみつけて」などヒットナンバーでヒートアップ! 1年ぶりのワンマンライヴは大歓声の中、終演した。

配信情報とライヴ情報は随時オフィシャルHPで詳細が公開される予定だ。また、Twitterを利用した動画配信サービス、ツイキャスも定期的に配信しているSalley。毎回二人のトークに、たくさんのコメントが寄せられている。こちらもお楽しみに!

【セットリスト】
01.カラフル
02.green
03.君のヒーロー
04.愛の言葉
05.夏はゆく
06.#581
07.リセットの呪文
08.籠の中
09.あたしをみつけて
10.kodama(新曲)
11.キスしてbaby
12.冬が来る
13.Key
14.赤い靴
15.プレゼント
16.Boys&Girls
〈ENCORE〉
17.Agreed Greed
18.青い鳥

■ツイキャス配信情報
http://twitcasting.tv/salley_official

■「Salley Gardens〜柳の庭の音楽会 Vol.4〜」

9月17日(土) 代官山LOOP
17:00 OPEN / 17:30 START
前売り:3500円(税込)※ドリンク代別途必要
出演:Salley
ゲスト:松本素生(GOING UNDER GROUND)

【関連リンク】
Salley オフィシャルHP
GOING UNDER GROUND、8月にビクターからオリジナルアルバムを発売
松本素生(GOING UNDER GROUND)が選ぶプレイリスト。「GOING UNDER GROUND を作った洋楽」
Salley、1年ぶりとなるワンマンライブの開催が決定

【関連アーティスト】
GOING UNDER GROUND, 松本素生, Salley
【ジャンル】
J-POP, ライブ

浜崎あゆみ、アリーナツアー東京公演でトレンディエンジェル&Gacktと“牛丼は吉野家ー!!!”
Mon, 11 Jul 2016 15:00:00 +0900
7月10日@代々木競技場第一体育館 (okmusic UP\'s)

浜崎あゆみがアリーナツアーの東京編となる代々木競技場第一体育館3days公演を開催! その最終日に当たる7月10日(日)には、プライベートで親交のあるGackt、トレンディエンジェルがサプライズゲストとして登場し、オーディエンスの大歓声を浴びた。

【その他の画像】GACKT

5月14日(土)の名古屋公演を皮切りにスタートした「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A〜M(A)DE IN JAPAN〜」は、この7月10日(日)の東京公演までに全国8ヶ所13公演を終了し、残すは7月16日(土)、17日(日)、18日(月)に開催される大阪城ホール公演のみ。しかもデビュー以来、浜崎やファンが“聖地”と呼び、思い入れの強い会場でのライヴということもあり、この日も冒頭から大きな盛り上がりを見せた。

今回のライヴは、ツアータイトルやアルバムタイトルでもある“M(A)DE IN JAPAN”をテーマに、日本特有の四季折々と、7つの章と共に進んでいくストーリー展開で構成され、花神輿や獅子舞を使った和を感じさせる演出をはじめ、楽曲にも和楽器を用いたアレンジが採用されるなど、新機軸と言えるライヴとなっている。

また今回、国内大型アーティストとしては史上初の試みとなる、ライヴ中の写真撮影を可能としていることによって、冒頭を飾る「GREEN」、続くニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』のリード曲「FLOWER」では、着物ドレス姿の浜崎に、オーディエンスのスマートフォンが一斉に向けられるなど、今までにないライヴの楽しみ方も浸透している。

その後も、「INSPIRE」「glitter」「Endress sorrow」「vogue」といったひさびさに披露される大ヒット曲や、『M(A)DE IN JAPAN』からの新曲を織り交ぜ、季節ごとのテーマに沿った楽曲と演出でライヴは進行していく。

アンコールでは、浜崎とダンサーによる振り付け指導から、ニューアルバム中で唯一のアッパーチューン「Summer Love」。さらに、定番のアンセム「Boys & Girls」ではオーディエンスとの大合唱を経て、オーディエンス1人1人に優しく語りかけるようなメッセージを歌う「TODAY」。そしてダブルアンコールの「MY ALL」で、すべてのパフォーマンスが終了したかと思いきや…!?

唐突に、浜崎とトレンディエンジェルが共演した番組映像が流れ、“私のステージで歌って欲しい”と約束したシーンに続き、Gacktの大ヒット曲「ANOTHER WORLD」のイントロへ! ステージにはポップアップでトレンディエンジェルが登場し、「ANOTHER WORLD」を熱唱! これにはオーディエンスも大喝采を贈る。

さらに、曲中でいきなり楽曲が止まると、今度はなんとGackt本人がWサプライズで登場! この日のためだけに海外から帰国したというGacktは、トレンディエンジェルの替え歌フレーズ《うどんに野沢菜》にご立腹の様子で、トレンディエンジェルを問い詰める姿には浜崎、オーディエンスともに大爆笑していた。

楽曲が再開されると、今度はGacktが「ANOTHER WORLD」を熱唱! 最後はキメのフレーズを《牛丼は吉野家ー!!》と自ら歌い上げ、楽曲を締めて見せた。いたずら好きの浜崎らしいこのサプライズに、会場は笑顔であふれ、東京公演は無事に幕を閉じた。

また、昨年12年ぶりに行なわれたライヴハウスをメインとしたファンクラブツアーの2年連続開催も発表に。今年も浜崎はライヴに精力的な1年となる。

■「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A〜MADE IN JAPAN〜」

7月16日(土) 大阪 大阪城ホール
7月17日(日) 大阪 大阪城ホール
7月18日(月) 大阪 大阪城ホール

■「ファンクラブツアー“TA LIMITED LIVE TOUR 2016”」

9月30日(金) 北海道 Zepp Sapporo
10月05日(水) 福岡 福岡サンパレスホール
10月06日(木) 福岡 福岡サンパレスホール
10月11日(火) 大阪 Zepp Namba
10月12日(水) 大阪 Zepp Namba
10月13日(木) 大阪 Zepp Namba
10月18日(火) 東京 Zepp DiverCity
10月19日(水) 東京 Zepp DiverCity
10月20日(木) 東京 Zepp DiverCity
10月24日(月) 愛知 名古屋 Zepp Nagoya
10月25日(火) 愛知 名古屋 Zepp Nagoya
10月26日(水) 愛知 名古屋 Zepp Nagoya
10月31日(月) 愛媛 松山市民会館 大ホール
11月01日(火) 広島 広島文化学園HBGホール
11月05日(土) 宮城 仙台イズミティ21 大ホール
11月06日(日) 宮城 仙台イズミティ21 大ホール
11月09日(水) 福井 フェニックスプラザ
11月16日(水) 東京 Zepp DiverCity
11月17日(木) 東京 Zepp DiverCity

【関連リンク】
浜崎あゆみ オフィシャルHP
GACKT、延べ12万人を動員したツアーがついにフィナーレ
GACKTからツアーファイナルに向けた最新メッセージが到着
浜崎あゆみ、ニューアルバムから新曲MVを2曲同時公開

【関連アーティスト】
GACKT, 浜崎あゆみ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

WHITE ASH、赤坂BLITZ公演で秋のツアーを発表
Mon, 11 Jul 2016 15:00:00 +0900
7月10日@東京・赤坂BLITZ (okmusic UP\'s)

今年3月に発売したフルアルバム『SPADE 3』のリリースツアーを行なっていたWHITE ASHが、7月10日(日)に東京・赤坂BLITZでそのファイナル公演を迎えた。

【その他の画像】WHITE ASH

この日の赤坂BLITZは、ソールドアウトした超満員の中での公演。アルバム『SPADE 3』を織りなす楽曲陣と、フェスやイベントで定番の楽曲、WHITE ASH独特のグルーヴ感が際立つ楽曲など、ダブルアンコール含めて全25曲の演奏をやり遂げ、ファンも大満足の内容となった。

ダブルアンコールでは、8月17日に発売が決定しているミニアルバム『Quest』より、「モンストグランプリ2016チャンピオンシップ」大会イメージソングの「Monster」と、アニメ版『モンスターストライク』のエンディングテーマ「Strike」が演奏された。また、スマホアプリ「モンスターストライク」より、アイコンであるキャラクターの“レッドリドラ”の着ぐるみがサプライズで登場するなど、次回作『Quest』への期待が高まるシーンとなった。

そして、のび太(Vo&Gu)のMCでミニアルバム『Quest』のリリースツアーが行なわれることも発表された。11月4日(金)の東京・TSUTAYA O-EAST公演を皮切りにした、全6ヶ所での公演となる。7月11日(月)12:00からチケットぴあで先行受付がスタートするので、ぜひチェックしてみよう!

8月17日に発売になる『Quest』は、バンドにとって通算3枚目のミニアルバム。初回盤(通称:モンスト盤)と通常盤、初回盤にモンストアニメビジュアルのオリジナルTシャツが付いたアマゾン限定盤の3形態で発売となる。受付は7月14日(木)23:59まで。

■「WHITE ASH “Sympathy For The Monster”」

11月04日(金) 東京 TSUTAYA O-EAST
11月13日(日) 名古屋 CLUB QUATTRO
11月26日(土) 広島 CAVE-BE
11月27日(日) 宮城 仙台MACANA
12月09日(金) 大阪 梅田シャングリラ
12月11日(日) 福岡 DRUM Be-1

※オフィシャルHP一次先行
受付期間:7月11日(月)12:00〜7月14日(木)23:59
http://w.pia.jp/t/whiteash/

【関連リンク】
WHITE ASH オフィシャルHP
WHITE ASH、モンスト人気キャラが描かれたミニアルバム『Quest』のアートワークを公開
WHITE ASHが「Red Bull Summer Edition Music Playlist」に楽曲を提供
WHITE ASH、ミニアルバム『Quest』リリース決定をスカイダイビングで告知!?

【関連アーティスト】
WHITE ASH
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

ALL OFF、10月から全国ツアーを開催!
Mon, 11 Jul 2016 14:00:00 +0900
ALL OFF (okmusic UP\'s)

7月11日(月)より放送開始のTVアニメ『モブサイコ100』のエンディングテーマ「リフレインボーイ」を8月31日にリリースするALL OFFが、同作リリース後に「ALL OFF presents NEW HORIZON TOUR」を開催することをアナウンスした。

【その他の画像】ALL OFF

なお、各公演の対バンは後日発表予定。バンドのオフィシャルHPでは、チケットの先行抽選予約のエントリーを受付中だ。申し込み締め切りは8月1日(月)23:59となっている。

■「ALL OFF presents NEW HORIZON TOUR」

10月01日(土) 広島 SECOND CRUTCH
10月02日(日) 福岡 graf
10月22日(土) 茨城 水戸LIGHT HOUSE
10月23日(日) 宮城 仙台Hook
11月19日(土) 長野 GRAMHOUSE
11月20日(日) 千葉 LOOK
11月26日(土) 兵庫 神戸太陽と虎
11月27日(日) 山口 LIVE rise SHUNAN
12月01日(木) 愛知 名古屋3STAR IMAIKE
12月02日(金) 大阪 心斎橋VARON
12月07日(水) 東京 club asia

【関連リンク】
ALL OFF オフィシャルHP
ALL OFFがTVアニメ「モブサイコ100」のエンディングテーマを担当
ALL OFF、ツアーファイナルは最強のバンド×アニメライヴ
ALL OFF、話題のアニメOPテーマ「Never Gave Up」の全貌が明らかに!

【関連アーティスト】
ALL OFF
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GLIM SPANKY、映画『ONE PIECE FILM GOLD』とのコラボMVを公開
Mon, 11 Jul 2016 13:00:00 +0900
アルバム『劇場版「ONE PIECE FILM GOLD」オリジナル・サウンドトラック』 (c)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会(okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYが担当した主題歌「怒りをくれよ」も1コーラス収録される、劇場版『ONE PIECE FILM GOLD』のオリジナルサウンドトラックが7月27日にリリースされる。このたび、新たに映画内で流れる音楽59曲の全収録曲とジャケット写真が公開となった。

【その他の画像】GLIM SPANKY

このオリジナルサウンドトラックには、映画『ONE PIECE FILM GOLD』に歌姫カリーナ役として声優参加している女優の満島ひかりと、ギルド・テゾーロ役として声優参加している山路和弘が歌唱する劇中曲「GOLD & JIVE〜SILVER OCEAN」の収録も決定している。「GOLD & JIVE〜SILVER OCEAN」は小島麻由美が作詞・作曲を手がけた、12分弱のビックバンドアレンジとなった。

7月20日にはその「GOLD & JIVE〜SILVER OCEAN」がiTunesで先行配信され、オリジナルサウンドトラック バンドル盤のプレオーダーもスタートする。またサウンドトラック内には、映画の主題歌となっているGLIM SPANKYの新曲「怒りをくれよ」も1コーラス収録。『ワンピース』ファン必携の一枚となること間違いなしだ。

さらに、映画『ONE PIECE FILM GOLD』と主題歌「怒りをくれよ」がコラボしたMVも公開された。『ワンピース』ファンにとってたまらない仕上がりとなっているので、映画を観る前にぜひチェックしてみてほしい。『ONE PIECE FILM GOLD』は7月23日(土)に公開。

■映画『ONE PIECE FILM GOLD』 オフィシャルHP
http://www.onepiece-film2016.com/

(c)尾田栄一郎/2016「ワンピース」製作委員会

■「怒りをくれよ」 ONE PIECE FILM GOLD ver.MV(Short ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=bZAhpI01dKU

■アルバム『劇場版「ONE PIECE FILM GOLD」オリジナル・サウンドトラック』

2016年7月27日発売
TYCT-60090〜1(2枚組)/¥3,200+税
<収録曲>
■DISC 1
01.GOLD & JIVE〜SILVER OCEAN/テゾーロ (CV:山路和弘)、カリーナ(CV:満島ひかり)
02.乗船
03.バカラ登場
04.ようこそグラン・テゾーロへ!
05.ファンキー白スーツ
06.金の奴隷
07.黄金帝
08.GOGO カジノ
09.HOT CHELL
10.勝ちまくり
11.VIPルーム
12.エキサイティング丁半
13.テゾーロと一味
14.ハメられた!?
15.究極のギャンブル
16.泥棒猫と女狐
17.WILD COW
18.テゾーロマネー
19.奴隷の閉塞感
20.交錯する思惑
21.作戦準備中
22.二人の過去
23.作戦会議
■DISC 2
01.ドキドキスパイアイテム
02.天然トラップ
03.ゴムゴムの潜入
04.侵入者発見!!!
05.テゾーロの力
06.迫る危機
07.天竜人
08.ゴールドプリズン
09.囚人のブルース
10.伝説のギャンブラー
11.かすかな可能性
12.逆転の秘策
13.ニセ天竜人
14.脱出への道
15.マックスの決意
16.自由を求めて
17.裏切り
18.絶体絶命
19.まさかの事態
20.究極のエンターテインメント
21.テゾーロの過去
22.テゾーロの狂気
23.神の力
24.3幹部登場
25.立ち上がる力
26.押される一味
27.ラッキーの恐ろしさ
28.続くバトル
29.最強の兄登場
30.仲間を信じて
31.大逆転
32.狂った神
33.ラストバトル
34.自由の勝利
35.最後の仕掛け
36.怒りをくれよ(Short ver.)/GLIM SPANKY

【関連リンク】
GLIM SPANKY オフィシャルHP
GLIM SPANKY、“GLIM”なコンセプトライブを開催
GLIM SPANKY、新曲「闇に目を凝らせば」が映画『少女』の主題歌に決定
GLIM SPANKY、映画『ONE PIECE FLIM GOLD』主題歌の新曲「怒りをくれよ」MV公開

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, 映画

ビッケブランカ、CMで話題の楽曲「Natural Woman」が8月5日から配信開始
Mon, 11 Jul 2016 12:00:00 +0900
ビッケブランカ (okmusic UP\'s)

ビッケブランカの新曲「Natural Woman」が8月5日からiTunesで独占先行配信されることが発表された。

【その他の画像】ビッケブランカ

この曲は人気モデルの高垣麗子が出演している“en Natural グリーンスムージー”のCM用に書き下ろされた楽曲で、視聴者からの問い合わせが非常に多く、リリースが待ち望まれていた。今回は、男性目線の日本語ver.と女性目線の英語ver.の2パターン制作されており、iTunesで購入すると、英語ver. が無料でダウンロードされるというスペシャルな特典が付いている。さらに、配信初日の8月5日限定で150円のスペシャルプライスでダウンロードできる。(翌日からは250円)

ビッケブランカは、この楽曲から新しいチームでの制作がはじまり、これまで以上にバラエティに富んだ楽曲制作やLIVE活動が予定されている。今後随時発表される彼の活動から目が離せない!

■en Naturalグリーンスムージー CM動画
https://www.youtube.com/watch?v=ueXIpUkWWgY

■【ライブ情報】

7月26日(火) YUMEBANCHI&TOWER RECORDS広島 Presents「ユメレコメン」
7月27日(水) InterFM897 presents Live DISCOVERY Ver.1
7月30日(土) TBC夏まつり2016 絆みやぎ〜GO FORWARD〜
8月20日(土) そうだ!佐渡へ行こう!!〜旅行編〜
9月24日(土) 夢チカLIVE VOL.113

『Natural Woman TOUR』
9月01日(木) 名古屋SAPDE BOX
w/Shiggy Jr.
9月02日(金) 梅田Zeela
w/後日発表
9月11日(日) TSUTAYA O-nest
w/後日発表

【関連リンク】
ビッケブランカ オフィシャルHP
ビッケブランカ、ツアー初日公演にShiggy Jr.が出演&話題のCM曲「Natural Woman」Short Ver.公開
ビッケブランカ、新曲「Natural Woman」が自然派スムージーCMソングに!
ビッケブランカ、ミニアルバム『GOOD LUCK』より「ファビュラス」MVを公開

【関連アーティスト】
ビッケブランカ
【ジャンル】
J-POP

FlowBack、自主企画イベント『SHOUT IT!!!〜Summer Edition〜』でメジャーデビューを発表
Mon, 11 Jul 2016 11:30:00 +0900
FlowBack (okmusic UP\'s)

7月10日、FlowBackが渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて行った自主企画イベント『SHOUT IT!!!〜Summer Edition〜』にて、9月7日にシングル「Come A Long Way」でソニー・ミュージックレーベルズ/キューンミュージックからメジャーデビューすることを発表した。

【その他の画像】FlowBack

FlowBackは2014年に開催されたLINEオーディション応募総数125,094組から最終選考8組に選出されたことを機に注目を集め、着実にライヴ活動を重ねてきた。今年に入りインディーズミニアルバム『SHAKE THE WORLD』、シングル「AfterRain」をリリースし、いずれもオリコンチャート上位にランクインするなど、注目度をあげてきている。

この日3回目の開催となった主催イベントは、メンバー自身も観たい、そしてファンに観てもらいたいアーティストとしてVALS、FAKY、龍雅-Ryoga-、天才凡人といった4組のゲストアーティストを招き、多彩なステージを展開。FlowBackはファンを前にメジャーデビュー宣言すると共に、デビュー曲「Come A Long Way」を初披露した。

なお、発売に伴うリリースイベントも決定。パフォーマンス観覧はフリーとなっているので、この機会にぜひチェックしてほしい。

■シングル「Come A Long Way」

2016年9月7日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2766〜2767/¥1,481+税
<収録曲>
■CD
1. Come A Long Way
2. Be Mine
■DVD
1.Wake Me Up(Music Video)
2.AfterRain(Music Video)
3.FlowBack Behind The Scenes Vol.1

【通常盤】(CDのみ)
KSCL-2768/¥1,018+税
<収録曲>
1. Come A Long Way
2. Be Mine
3. Come A Long Way -Instrumental-

■メジャーデビューシングル『Come A Long Way』の発売記念イベント

7月16日(土) (1)13:00〜/(2)16:00〜
神奈川県:川崎 ラ チッタ デッラ中央噴水広場
7月17日(日) (1)12:00〜/(2)14:00〜
神奈川県:タワーレコード横浜ビブレ店
7月24日(日) (1)13:00〜/(2)15:00〜
神奈川県:ららぽーと横浜
7月30日(土) (1)17:00〜
愛知県:アスナル金山
7月31日(日) (1)13:00〜/(2)16:00〜
愛知県:イオンモール大高
8月06日(土) (1)13:00〜/(2)16:00〜
東京都:ヨドバシ吉祥寺
8月07日(日) (1)13:00〜/(2)16:00〜
埼玉県:HMV大宮アルシェ
8月12日(金) (1)19:00〜
大阪府:タワーレコード難波店
8月20日(土) (1)13:00〜
兵庫県:HMV三宮VIVRE
8月20日(土) (1)17:00〜
兵庫県:タワーレコード神戸店
8月21日(日) (1)13:00〜
大阪府:タワーレコード梅田NU茶屋町店
8月21日(日) (1)17:00〜
大阪府:イオンモール鶴見緑地

【イベント参加方法】
9月7日発売(9月6日入荷)『Come A Long Way』(2形態のうちいずれか)をイベント当日の会場にてご予約頂いた方に、先着で「整理番号付き特典券」を差し上げます。「整理番号付き特典券」をお持ちの方はミニライブ終了後、「整理番号付き特典券」1枚で<握手会>、「整理番号付き特典券」2枚で<ポストカードサイン会>にご参加いただけます。

※<ポストカードサイン会>で使用するポストカードは3種類あり、会場ごとにランダムで当日お渡しするポストカード絵柄が決定致します。
※使用するポストカードの変更などは受付けておりません。
※<ポストカードサイン会>では指定のポストカード以外へのサインはご遠慮いただいております。
※「整理番号付き特典券」は数に限りがございます。無くなり次第配布終了となりますので、ご了承ください。
※「整理番号付き特典券」は年齢に関係なく、お一人様に付き1枚必要となります。
※1日2回実施する会場の「整理番号付き特典券」は、第1部と第2部の2種類ございます。
※入場の際は対象の「整理番号付き特典券」のみ使用可能ですが、特典会では第1部・第2部関係なく、どちらの部でもご使用いただけます。
※イベントスペースへの入場は整理番号順になります。「整理番号付き特典券」の番号はランダムでの配布とさせていただきます。
※観覧エリアが定員で埋まってしまった場合、「整理番号付き特典券」をお持ちでもご入場いただけない場合がございます。その場合、整理番号は無効となりますので、予めご了承ください。
※ご予約いただいた「整理番号付き特典券」付商品は、その他の店頭購入特典は特典対象外となります。ご了承ください。

【CDのご予約に関して】
ご予約時に、枚数分の金額を、前金にて全額お支払いただきます。各会場によって、配送料・引取可能店舗等異なりますので、イベント当日に予約用紙をご確認ください。
※ご予約頂きました商品は、いかなる理由でも返品は一切お受けできません。商品不備等の場合は、確認後良品と交換させていただきます。
※当日の状況によって、一度にご予約頂ける枚数に上限を設けさせていただく場合がございます。
※精算・参加券引き換え後に予約数の数量変更はできません。追加をご希望の方は改めて別紙にてお申し込みください。
※「整理番号付き特典券」に関しては、イベント当日に上記会場にてご予約購入いただいた方限定となります。他の店舗での予約は対象外となります。
※各店舗ごとの商品のお取り置き期間終了を持って予約はキャンセルとみなし、商品のお渡しはできなくなります。

【対象商品】
9月7日発売 『Come A Long Way』
・【初回生産限定盤】KSCL-2766〜2767/¥1,481+税
・【通常盤】KSCL-2768/¥1,018+税

【関連リンク】
FlowBack オフィシャルHP
家入レオ、ニューアルバム発売記念フリーライブを開催
MACO、2ndフルアルバムのタイトルが『love letter』に決定
超特急、「CanCam」とタッグを組んだファッションブックを9月に発売

【関連アーティスト】
FlowBack
【ジャンル】
ジャパニーズロック

赤色のグリッター×Shout it Out、レコ発2マンツアーを開催
Mon, 11 Jul 2016 11:00:00 +0900
赤色のグリッター (okmusic UP\'s)

赤色のグリッターとShout it Outがレコ発2マンツアー「うたごころ、結髪」を全国5ヶ所で開催することを発表した。

【その他の画像】赤色のグリッター

赤色のグリッターが昨春に開催したリリースツアーの東京公演へ、当時高校生だったShout it Outに声を掛けて共演を果たして以来、同世代バンドとして鼓舞し合い、親交を深めてきた両バンド。最新作のリリース日が偶然にも同日であったことから意気投合し、初の2マンツアーが実現した。「次世代」と称されることへの希望もプレッシャーも共有する二組の競演に、期待が集まるのは必至だ。チケット先行は7月18日(月) 23:59まで受付中。

■赤色のグリッター オフィシャルHP
http://akaironoglitter.com/
■Shout it Out オフィシャルHP
http://shoutitout.jp/

■『赤色のグリッター×Shout it Out レコ発2マンツアー』

9月10日(土) 名古屋・池下 CLUB UPSET
開場 17:00/開演 17:30
9月11日(日) 大阪・LIVE SQUARE 2nd LINE
開場 17:00/開演 17:30
9月24日(土) 広島・HIROSHIMA BACK BEAT 
開場 17:00/開演 17:30
※ゲストアクト後日発表
9月25日(日) 福岡・graf
開場 17:00/開演 17:30
※ゲストアクト後日発表
10月5日(水) 東京・TSUTAYA O-WEST
開場 18:00/開演 19:00

【関連リンク】
Shout it Out、メジャーデビュー前夜に地元・堺で初ワンマンを開催
Shout it Out、リリックMVに使用する写真を募集
Shout it Out、2マンツアーの大阪公演にSHE\'S が参戦
Shout it Out、メジャーデビューシングル「青春のすべて」の独占先行配信スタート

【関連アーティスト】
赤色のグリッター, Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1