歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年07月05日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/07/14
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
布袋寅泰、ベスト選曲の野外フリーライヴを故郷・高崎で開催
Tue, 05 Jul 2016 19:30:00 +0900
7月3日@群馬・高崎市もてなし広場 (okmusic UP\'s)

7月3日、布袋寅泰が初のフリーライヴを故郷・高崎市で開催した。タイトルは『【BEAT 3】〜Power of Music〜 FREE LIVE! 自由の音を聴け』。35周年アニバーサリー・プロジェクトの第3弾となるアクションだ。

【その他の画像】布袋寅泰

高崎駅から徒歩10分、34度をこえる真夏日の晴れた空の下。会場の高崎市もてなし広場にはイベント全体で2万5千人を超えるオーディエンスが集まった。布袋は、様々な伝説を積み重ねながら、ギタリストとしての夢をスタートした原点の地に帰ってきたのだ。思えば、6年間の活動だったBO?WY時代、高崎出身とはゆえ、活動の場を東京へ移していたこともあり、ライヴを直に観れた高崎市民は多くは無かったはず。初のフリーライヴは故郷に錦を飾るべく、恩返しともいえる高崎での開催となった。

なお、このフリーライヴは高崎市営のレコーディングスタジオTAGO STUDIO TAKASAKIが主催する音楽イベント『TAGO STUDIO TAKASAKI MUSIC FESTIVAL 2016』のスペシャル・ライヴとして行われた。同イベントではアマチュア・ミュージシャンのオーディションも開催され、審査員には多胡邦夫、INORAN(LUNA SEA)、香川誠(ROGUE)、中西圭三、ヤガミ・トール(BUCK-TICK)など、高崎に縁のあるアーティストが参加した。

まだまだ太陽がまぶしい午後16時10分、オープニングは、映画『キル・ビル』のメインテーマとしてお馴染みの世界的ヒット曲「Battle Without Honor or Humanity」でスタートした。ホーンセクションも参加するスペシャル・バンドとともに、芳醇でプロフェッショナルなサウンドが風の街に響きわたる。鳥肌が立つスリリングな瞬間だ。

バンド・メンバーには9名の精鋭が集結した。黒田晃年(G)、井上富雄(B)、河村"カースケ"智康(Dr)、奥野真哉(Key)、岸利之(Pro)、LOVE(cho)、村田陽一ホーンズ(3名)という、日本ロックシーンを彩ってきた最強の布陣だ。続く、2曲目のインストゥルメンタル・チューン「TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-」では、軽やかにビートと呼応するギタープレイが昂揚感を煽ってくれる。オーディエンスの熱量の高さが、シーズナリーなロック・サウンドに溶け合うことで、会場が至福な雰囲気へと染まっていく。

間髪開けず、“カラダはあたたまったかい?"と言わんばかりに、3曲目に鳴り響いたリフレインは「BE MY BABY」。1989年、吉川晃司と結成したユニット、COMPLEXのヒット曲だ。日本を代表する伝説的なロックンロール・ナンバーのプレイに沸き起こる熱狂的な大歓声。今回は、会場に高崎市民限定スペースもあるがゆえに、布袋で初ライヴを体験する子供たちも多いことだろう。もしかしたら、今日をきっかけに新たなロックスターの継承が起きていたかもしれない。

幾何学模様のHOTEIモデルにギターを持ち替え、BO?WY時代に1曲だけ布袋がリード・ヴォーカルを担当したダンス・チューン「DANCE CRAZE」をホーン・アレンジで披露。ソロ・デビュー・アルバム『GUITARHYTHM』のルーツともいえるノーウェイヴなビートは、音楽は絶対的に自由な存在であることを主張しているように感じた。ファンキーで印象的なギターリフは、どことなくベースラインのようなセンスも感じる。様々なバックボーンを血と肉としながらも、オリジナリティーが際立つ布袋らしいユニークなアプローチだ。後半、LOVEによる妖しく派手めなコーラスワークも絶品だったことも付け加えておこう。

ここで一瞬、布袋はクールダウン。地元高崎での思い出を、優しい口調で話しはじめた。

「この街で14歳の時にギターと出会って、いつかデヴィッド・ボウイの隣でギターを弾きたいなと夢見てました。それこそ、この辺に医療センターというホールがあって、アマチュア時代によくライヴをやっていました。そして素晴らしい仲間と出会って、BO?WYというバンドを結成して日本一のバンドになりました。そして、ソロになってからも長い長い年月が経ちました。なかなか自分の人生、振り返ってばかりだと前に進めないし、時には、ほろ苦い思い出ばかり見つけてしまいそうで記憶の扉に鍵をかけてしまうこともありましたけど、30年〜35年も経つと、ちょっと苦かった思い出もワインのように甘くなってくるものですね。次にお送りするのは最新のシングル『8 BEATのシルエット』です。この曲は、自分の人生を故郷の景色とともに歌った曲です」。

前夜、会場隣の高崎市庁舎に向けて、布袋マークをデザインしたダイナミックなプロジェクション・マッピングがおこなわれた。巨大なビルへ向けて投影された最新曲『8 BEATのシルエット』への布袋の思い入れは深い。どこを切っても布袋サウンドというエネルギーの強さはもちろん、注目は35周年という節目で今までを振り返った歌詞だ。歌い出しの“One Day 風の街 夢を見つけた少年は"の“風の街"とは、空っ風が吹く街、高崎からはじまったHOTEIヒストリーをあらわしている。『8 BEATのシルエット』は、ライヴで演奏を耳にするたびに進化を感じたナンバーだ。数年後には、布袋を代表する楽曲になっているかもしれない。そんな、抜きん出たポップセンスを再認識させてくれた楽曲だ。

6月22日に発売されたばかりの、未来を見据えたベスト・アルバム『51 Emotions -the best for the future-』。その1曲目に収録された、ラップとロカビリーの融合によって生み出された「バンビーナ」のイントロが鳴り響くとオーディエンスがざわめいた。一筋縄ではいかないギミッカブルなリリックと楽曲展開、なのにとことんポップ。ホーン隊がバンドサウンドに絡み合うことで生まれるエモーショナルな音の厚み。まさに布袋らしさ溢れる斬新な踊れるロックンロールに酔いしれる。

続けて響き渡る、河村"カースケ"智康のカウントから解き放たれる8ビート。聞き覚えのある派手めなシンセ・フレーズとともに国民的ヒット曲「スリル」が炸裂する。黒田晃年とのツインリードによるギターソロ、LOVEとのハーモニー、聴きどころ満載のヒットチューンだ。歌詞の一部を改変して、眼前で跳ねるオーディエンスをさらに煽ることも忘れない。どこまでも、どこまでも走り続けていく、そんな思いの強さを感じられたナンバーだ。

本編ラストは、ザ・ルースターズの井上富雄が引っ張るベースラインが痛快な、パンキッシュなモータウン・ビートが切ないリリックに絡み合う「POISON」。HOTEIヒストリーを凝縮したステージを締めくくるにふさわしい、グラマラスなヒット・チューンだ。オーディエンスによる熱狂が、至福な空気感を会場いっぱいに満たしていく。歌詞にもあるように、このまま時が止まればいいのに、そんなことを思ったワンシーンだ。

フリーライヴであることによって、普段のライヴとは違い、様々な世代の老若男女が集まったフェス会場。多様性ある人々がひとつの音楽で熱狂をする。こんなに胸が高鳴ることはないだろう。音楽にチカラを感じる瞬間だ。布袋は、野外フェスティバルが似合う。改めて確信したライヴだった。

鳴り止まないアンコールに答えて、再びステージに登場する布袋。ここでまさかの「NO.NEW YORK」をプレイ。屋外で聴くとさらに喜びが120%増すBO?WYの人気チューンだ。ギターが2本、キーボード、ホーン隊の参加といえば初期アレンジを彷彿とさせながらも、強力な進化を感じさせてくれる最新型の「NO.NEW YORK」。間奏で、大きく右腕を振り回す布袋のシルエットが目に焼き付いてはなれない。こんなに絵になる、弾きながら歌うギタリストは他にはいないだろう。

ラストは「Dreamin\'」。BO?WY時代のナンバーながら、実は作詞曲ともに布袋が手がけた楽曲だ。現在進行形である夢への挑戦。BO?WY時代、シングル・カットされた曲ではなかったが、ライヴ定番曲であり、今もなお日本を代表するロックチューンとして継承されているビート・アンセム。ホーン隊が加わり、鉄壁のメンバーがサウンドを固めることで、あらためて浮き彫りとなるアヴァンギャルドなポップセンスがたまらない。そして、ステップし続ける布袋の華麗な足さばきが、音楽の旅に終わりがないことを教えてくれるのだ。

35周年を迎え躍進する、布袋の2016年はまだまだ熱い。引き続き『8 BEATのシルエット』シリーズとして、いわき・仙台・釜石をめぐる東北ツアー、アメリカ・ロサンゼルスとニューヨークでのライヴ、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZOへ出演、全国24箇所26公演のホールツアーが続いていく。これ以上ないほどに、全力で駆け抜けていく35周年アニバーサリー・プロジェクトに注目していきたい。

text:ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)
Photo:山本倫子(Michiko Yamamoto)

■【セットリスト】

1. Battle Without Honor or Humanity
2. TRICK ATTACK -Theme of Lupin The Third-
3. BE MY BABY
4. DANCE CRAZE
5. 8 BEATのシルエット
6. バンビーナ
7. スリル
8. POISON
【アンコール】
9. NO.NEW YORK
10. Dreamin\'

【関連リンク】
布袋寅泰 オフィシャルHP
『GUITARHYTHM』はスーパーギタリスト“HOTEI”の原点
布袋寅泰、4月の代々木第一体育館公演から熱狂の「Dreamin\'」を公開!
布袋寅泰、地元・高崎に35周年アニバーサリー仕様のローソンが登場!?

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

人気急上昇中!ジャマイカのTarrus Rileyが『Island Reggae Music Fes 2016』に初登場!
Tue, 05 Jul 2016 18:00:00 +0900


Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています〜。

今はホノルルです。今月末に行なわれる『Mayjah RayjahMusic Fes』の情報収集で来ています。これを書いている今日は7月4日、建国記念日なので島中はアメリカの国旗だらけ。みんな早朝からアメリカの旗をモチーフにした面白い眼鏡や帽子、Tシャツ、ビキニを着ています。既に島中がお祭り気分。今夜は大きな花火があちらこちらで打ち上げられるみたいです。

【その他の画像】Tarrus Riley

さて、今回は最近ハワイで人気上昇中のジャマイカのTarrus Riley(タルス・ライリー)のご紹介です。

ハワイのレゲエはポジティブVibe! Tarrus Rileyの音楽はとってもポジティブで大好き! 彼のビデオはなんとなくキュートで、見ていると楽しくなってくるの。ポジティブVibeだからかな? 最近ハワイのIsland Reggaeチャートにランクイン!

Tarrusのお父さんは有名なレゲエシンガーのJimmy Riley。ニューヨーク・ブロンクス生まれ、ジャマイカで育ち。もともとIsland reggae っぽい音楽性で、ハワイのAnuheaやJ Boogともコラボしているの。

Island Reggaeのプロデューサーともたくさん歌を作っていて、ジャマイカのアーティストだけど、やっぱり他のジャマイカレゲエとは違うなぁ〜。TarrusはLiveのオープニングでもJah Maoli、Kimie,Micah G、Common Kingsなど、ほとんどIsland Reggae Artistと行なっていて、ハワイで作った彼の曲は次々とハワイのIsland Reggaeチャートに入っているの。

Tarrusの声はとってもユニークでモダンなレゲエ。それぞれの歌が、バラエティーに富んでいて、時々ジャマイカの寂しい事件の歌をみんなにプロテクトしようよ、ポジティブに行こうよ、と語りかけているの。

ヨーロッパやアフリカでも今ではすっかり人気のTarrus Riley。今週カリフォルニアで行われる『Island Reggae Music Fes』で歌うので、とっても楽しみ! 是非ジャマイカ産、Island Reggae のTarrusの歌声聴いてみてね。

Mahalo

【関連アーティスト】
Tarrus Riley
【ジャンル】


家入レオ、アルバム収録曲が福岡ラジオ・キャンペーンソング&JVCヘッドホン・イメージソングに
Tue, 05 Jul 2016 18:00:00 +0900
家入レオ (okmusic UP\'s)

7月6日にリリースされる家入レオのニューアルバム『WE』収録曲「そばにいて、ラジオ」が、地元福岡のNHK・民放連共同ラジオキャンペーンin福岡「#フクラジ」キャンペーンソングとして起用されることがわかった。

【その他の画像】家入レオ

また、最新シングル「僕たちの未来」がJVCヘッドホン・イメージソングとして起用されることも決定。

『WE』収録楽曲のタイアップは、フジテレビ系月9ドラマ『恋仲』主題歌「君がくれた夏」、TBSテレビ系『CDTV』2・3月度OPテーマ曲「Hello To The World」、NHKみんなのうた2-3月「オバケのなみだ」、日本テレビ系土曜ドラマ『お迎えデス。』主題歌「僕たちの未来」、映画『ペット』イメージソング「Brand New Tomorrow」に続き、これで7つ目となった。

NHK・民放連共同ラジオキャンペーンin福岡「#フクラジ」キャンペーンとは、2011年度からNHKと民放連が共同で取り組んでいるラジオキャンペーンで、東京・大阪・名古屋・東北・北海道と各地を回り、今年度は福岡が舞台に。福岡にある6つのラジオ放送局(NHK/RKBラジオ/KBCラジオ/FM福岡/cross fm/LOVE FM)が、"ラジオを聴くきっかけと魅力あふれる番組づくりを一層めざしていこう“とキャンペーンに取り組み、今回そのキャンペーンソングを福岡出身の家入が担当することになった。

「そばにいて、ラジオ」は、人生の時々に自分を励まし、思い出の一コマにいつも流れていたラジオの存在を愛おしく思う気持ちを詰め込んで、家入が地元福岡の情景と重ねあわせて書き下ろした楽曲。なお、楽曲の試聴は家入オフィシャルHPでスタートしているので、気になる方はぜひチェックしてみよう。

また、家入がJVCヘッドホン・イメージソングを担当するのは「太陽の女神」「君がくれた夏」に続いて今回で3回目。本人が出演するJVCハイクラスヘッドホンシリ−ズ「CLASS-S」第3弾となる新CMは「僕たちの未来」のMVとリンクした特別映像となっており、家入のメッセージビデオなどと合わせてJVCサイトにて公開。CMは11日からは渋谷シブハチヒットビジョンなどでもOAされていく予定なので、お見逃しなく。

そんな家入は、7月6日(水)にアルバム発売記念LINE LIVEを生配信するほか、7月8日(金)にはテレビ朝日系『ミュージックステーション』などのテレビ番組にも多数出演が決定。7月9日(土)にはラゾーナ川崎プラザにて『WE』発売記念フリーイベントを開催することも決定しているので、詳しくはオフィシャルHPをチェックしてほしい。

■JVCヘッドフォンCLASS-Sシリーズ オフィシャルHP
http://www3.jvckenwood.com/accessory/class-s/leo/?ad=ve0705

■アルバム『WE』

2016年7月6日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-986/¥3,400+税
【通常盤】(CD)
VICL-64588/¥2,900+税
<収録曲>
■CD
01. 僕たちの未来
02. Brand New Tomorrow 
03. 君がくれた夏
04. 恍惚
05. Party Girl
06. I Wish
07. we
08. Hello To The World
09. シティボーイなアイツ
10. さよなら Summer Breeze
11. そばにいて、ラジオ
12. Every Single Day
bonus track
13. オバケのなみだ
■DVD ※初回限定盤のみ
・Live at Zepp DiverCity 2016.2.2 〜two colours〜 (「サブリナ(Acoustic)」「miss you」「Still」「Lady Mary」「Last Stage」「Silly」「君がくれた夏」「希望の地球」「Hello To The World」「サブリナ」全10曲収録)
・「僕たちの未来」 Music Video -Another version-
・「Hello To The World」 Music Video -Another version-

■【配信情報】

『家入レオがビクターオフィスからお届け!“生"トークライブ♪』
配信日時:2016年7月6日(水)19:30〜
視聴URL:https://live.line.me/r/channels/73/upcoming/6997
※視聴URLにアクセスしてください。LIVEアプリから視聴予約が出来ます

■【イベント情報】

「家入レオ4thアルバム「WE」リリース記念スペシャルイベント」
7月9日(土) ラゾーナ川崎プラザ2Fルーファ広場グランドステージ
1回目 13:30〜 / 2回目 17:00〜
※観覧等の詳細に関しましてはオフィシャルホームページをチェックください。
http://www.jvcmusic.co.jp/leo-ieiri/news/

■「5th Live Tour 2016 〜WE | ME〜」

9月17日(土) 埼玉・三郷市文化会館 大ホール
9月21日(水) 新潟・りゅーとぴあ・劇場
9月24日(土) 兵庫・たつの市総合文化会館 赤とんぼ文化ホール
9月25日(日) 広島・JMSアステールプラザ大ホール
9月30日(金) 北海道・幕別町百年記念ホール
10月01日(土) 北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
10月08日(土) 宮城・イズミティ21 大ホール
10月10日 (月・祝) 神奈川・秦野市文化会館 大ホール
10月16日(日) 千葉・君津市民文化ホール
10月18日(火) 長野・駒ヶ根市文化会館
10月22日(土) 島根・出雲市民会館
10月29日(土) 愛知・日本特殊陶業市民会館 フォレストホール
10月30日(日) 静岡・焼津文化会館 大ホール
11月03日(木・祝) 和歌山・紀南文化会館
11月04日(金) 滋賀・守山市民ホール
11月06日(日) 大阪・大阪国際会議場 メインホール
11月12日(土) 岡山・倉敷市芸文館
11月13日(日) 山口・周南市文化会館
11月19日(土) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
12月10日(土) 東京・東京国際フォーラム ホールA

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
家入レオ、映画『ペット』特別試写会にてイメージ曲「Brand New Tomorrow」を初披露
高橋 優、アニメOP曲「光の破片」発売&自身主催野外音楽フェス第二弾出演者発表
家入レオ、ニューアルバム発売に向けて初LINE LIVE生配信決定

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP

the HIATUS、アルバム収録楽曲「Bonfire」の MVを公開
Tue, 05 Jul 2016 17:00:00 +0900
the HIATUS (okmusic UP\'s)

the HIATUSの5枚目となる最新アルバム『Hands Of Gravity』がいよいよ7月6日に発売される。

【その他の画像】the HIATUS

リリースに合わせてアルバム収録楽曲「Bonfire」の MVが完成。the HIATUSオフィシャルYouTubeチャンネルで公開されているので、ぜひチェックしてほしい。

そしていよいよ7月15日(金)東京・Zepp DiverCityより、全国ツアー『Hands Of Gravity Tour 2016』がスタートする。リリースやライヴ日程の詳細は、the HIATUSオフィシャルHPもしくはオフィシャルSNSをチェックしよう!

■「Bonfire」 MV
https://youtu.be/6Ltxi-8twLk

■アルバム『Hands Of Gravity』

2016年7月6日発売
UPCH-20422/¥2,400+税
<収録曲>
01.Geranium
02.Clone
03.Drifting Story
04.Bonfire
05.Let Me Fall
06.Radio
07.Catch You Later
08.Secret
09.Tree Rings
10.Sunburn

■【the HIATUS Hands Of Gravity Tour 2016】

7月15日 (金) Zepp DiverCity
7月20日 (水) Zepp Nagoya
7月21日 (木) Zepp Nagoya
7月26日 (火) 新潟LOTS
7月28日 (木) 金沢EIGHT HALL
8月02日 (火) 帯広MEGA STONE
8月04日 (木) Zepp Sapporo
8月30日 (火) 川崎CLUB CITTA\'
9月01日 (木) 高松festhalle
9月02日 (金) BLUE LIVE 広島
9月04日 (日) 大分T.O.P.S Bitts HALL
9月07日 (水) 福岡BEAT STATION
9月09日 (金) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
9月13日 (火) 新木場STUDIO COAST
9月15日 (木) いわきclub SONIC
9月22日 (木) 仙台PIT
9月23日 (金) 石巻BLUE RESISTANCE
9月25日 (日) KLUB COUNTER ACTION宮古
9月29日 (木) Zepp Namba
9月30日 (金) Zepp Namba

【関連リンク】
the HIATUS オフィシャルHP
THE COLLECTORS、豪華ミュージシャン集結が集結した『愛ある世界』リリース決定
the HIATUS、5thアルバムのタイトル&収録内容の詳細決定
吉澤嘉代子の初コラボミニアルバムにサンボマスター、岡崎体育らが参加

【関連アーティスト】
the HIATUS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

AWA、Facebookの新機能「ミュージックストーリー」対応開始でシェア投稿が可能に
Tue, 05 Jul 2016 16:41:38 +0900
AWA (okmusic UP\'s)

音楽配信サービスAWAが、Facebook, Incが日本にて提供を開始したFacebookの新機能「ミュージックストーリー(Music Stories)」に対応した。

【その他の画像】

「ミュージックストーリー」は、Facebookが2015年11月に発表し、米国などで提供されていたFacebookの新機能。7月5日(火)より日本でも利用可能となり、日本での提供開始と同時にAWA及びdヒッツが対応を開始した。

「ミュージックストーリー」では、ユーザーがAWA上の楽曲やアルバム、プレイリストをFacebookにシェア投稿すると、投稿を見た友達はAWAをダウンロードすることなく、ニュースフィード上で試聴音源を聴くことができる。さらに、AWAをダウンロードしているユーザーであれば、試聴をした後にシームレスにAWAに遷移し、そのままAWA上で楽曲をフルで聴くことが可能となる。今回の対応により、ユーザー自身がAWAで作成したプレイリストや楽曲をより多くの人に共有できるようになった。

さらに、Facebookのニュースフィード上で友達がシェア投稿した楽曲を試聴しながら、その場で楽曲に対するコメントやリアクションをすることも可能で、聴いたことのない楽曲や今まで知らなかったアーティストを友達の口コミを通して発見するという、新たな音楽の楽しみ方が誕生した。気になる方は、ぜひこの機会にチェックしてみてはいかがだろうか。

【関連リンク】
AWA オフィシャルHP
BEGIN、AWAで楽曲独占配信スタート! 「島人ぬ宝」「海の声」など全16曲
AWAが公開生放送『Ayu fan meeting』実施。 ゆしん、ざわちんら浜崎あゆみファンのタレント&モデルが集結!
「AWA」が5月の月間楽曲再生回数&アーティスト別再生回数ランキングを発表!

【関連アーティスト】

【ジャンル】
音楽配信

LILI LIMIT、デビューEPのプリオーダー&収録曲OAスタート
Tue, 05 Jul 2016 16:00:00 +0900
LILI LIMIT (okmusic UP\'s)

iTune Storeにて、LILI LIMITのデビューEP「LIVING ROOM EP」のプリオーダーがスタートした。

【その他の画像】LILI LIMIT

予約するとリードトラック「Living Room」の先行ダウンロードが可能となるほか、more、レコチョク等配信サイトでも「Living Room」の先行配信がスタートしている。

リードトラック「Living Room」は、スペースシャワーTVのミドルローテーション『it!』、MUSIC-ON TV!『M-ON! Recommend』に選出されているほか、全国20局以上のラジオ局のパワープレイに選出されている。また、7月5日のNHK-FM『Music Line』(21:10〜22:45)では、牧野純平(Vo)、黒瀬莉世(B)がゲスト出演。EP収録曲である「Kitchen」が全国ネットでもOAスタートとなるので、是非チェックしよう。

LILI LIMITは、現在オリジナルデザインの“あいあい傘"を全国拠点にて無料配布する企画を実施中。企画開催に伴い、オフィシャルInstagramも開設された。雨の日限定で配布されるこの企画は、“大切な人と共に歩んで行く"という決意を歌う「Living Room」にちなみ、大切な人と一緒にさしてほしいという思いから実施されている。さらに、その傘を使った写真や、傘をとり入れたファッションコーディネイトスナップなどを投稿する『「この空はきっと星が降る」フォトコンテスト』も開催されており、メンバーのお気に入り写真に選ばれると、抽選で5名様に「LILI LIMITオリジナルペアマグカップ」がプレゼントされる。大切な人と一緒でも、ひとりでも参加できるので、そちらもぜひチェックしよう。詳しいイベントの詳細はオフィシャルサイトにて。

■オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/lili_limit/

■「Living Room」 MV
https://youtu.be/EAG3eZoRb14

■EP「LIVING ROOM EP」

2016年7月13日発売
【初回生産限定盤】
KSCL2739-2740/¥1,759+税
※「LILI LIMIT×伊丹豪 コラボレーションフォトブック」(100ページ)封入
【通常盤】
KSCL2741/¥1,204+税
1. Living Room
2. Kitchen
3. Unit Bath
4. Bed Room

■【「Living Room」全国パワープレイ選出放送局】

CS局-
SPACE SHOWER TV ミドルローテーション『it』
7月16日〜7月30日
(http://www.spaceshowertv.com/powerpush/it/)
MUSIC-ON TV!『M-ON! Recommend』
7月01日〜7月31日(http://www.m-on.jp/recommend/)
-Radio局-
FM-FUJI 6月パワープレイ SOUND FOREST
AIR-G\'7月度POWER PLAY
Date fm(FM仙台)7月度パワープレイ MEGA PLAY
FM岩手7月度Reputation Cuts! 
FM山形7月度パワープレイ MONTHLY HYPER PLAY
FM岐阜7月度 G-POWER PLAY
FM三重7月度 POWER PLAY
FM福井7月度 HEAVY ROTATION
FM石川7月度 MUSIC PICK UP
FMとやま7月度 MUSIC POWER PLAY
Kiss FM KOBE 7月度Kiss HOTRAXX
FM岡山 7月度 Slap Shot
FM山陰 7月度パワープレイ
広島FM 7月度「9時ラジ」EDテーマ
FN徳島 7月度 EVENINGパワープレー
FM山口 7月度パワープレイ
cross fm 7月度heavy rotation 
FM長崎7月度パワープレイ SMILE CUTS
FM熊本 7月度POWER WAVE
エフエム佐賀 7月度 MONTHLY LOOP
FM大分7月度パワープレイ 
JOY FM(FM宮崎) 7月度POWER PLAY
FM鹿児島7月度Bran\'μSONG

■【LILI LIMIT “あいあい傘"配布場所】

タワーレコード 新宿店(東京都新宿区新宿3-37-1 フラッグス 7F-10F)
タワーレコード 渋谷店(東京都渋谷区神南1-22-14)
タワーレコード 名古屋近鉄パッセ店(愛知県名古屋市中村区名駅1-2-2 近鉄名古屋店9F)
タワーレコード 名古屋パルコ店(愛知県名古屋市中区栄3-29-1 PARCO東館6F)
タワーレコード 梅田NU茶屋町店(大阪府大阪市北区茶屋町10-12 NU Chayamachi 6F)
タワーレコード 梅田大阪マルビル店(大阪府大阪市北区梅田1-9-20 大阪マルビルB1F)
タワーレコード 難波店(大阪府大阪市中央区難波千日前12-22 難波センタービル6F)
タワーレコード アミュプラザ博多店(福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1 JR博多シティー7F)
タワーレコード 福岡パルコ店(福岡県福岡市中央区天神2-11-1 福岡パルコ本館6F)
タワーレコード札幌ピヴォ店(北海道札幌市中央区南2条西4-10-20 PIVOT4F)
HMV札幌ステラプレイス(北海道札幌市中央区北5条西2-5 JRタワー札幌ステラプレイス4F)
HMV & BOOKS TOKYO(東京都渋谷区神南1-21-3 渋谷modi 5F-7F)
HMV エソラ池袋(東京都豊島区西池袋1-12-1 エソラ池袋3F)
HMV グランフロント大阪(大阪府大阪市北区大深町3-1 グランフロント大阪ショップ&レストラン北5F B-503)
HMV & BOOKS HAKATA(福岡県福岡市博多区博多駅中央街9-1 博多マルイ6F)
SHIBUYA TSUTAYA(東京都渋谷区宇田川町21-6)
TSUTAYA EBISUBASHI(大阪府大阪市中央区道頓堀1-8-19)
SUZU CAFE GEMS 渋谷(東京都渋谷区渋谷3-27-11 GEMS渋谷 3F)
Toach caf? (東京都渋谷区恵比寿南2-1-12 サトウビル 2F)
蔵前4247 (東京都台東区蔵前4-27-3)
ブルーガーデン(東京都渋谷区神宮前1-15-4)
オリジナルパンケーキハウス原宿店(東京都渋谷区神宮前6-28-6 キュープラザ原宿 8F)
恵比寿 bar モーテル(東京都渋谷区恵比寿南1丁目14-15)
ヴィレッジヴァンガード下北沢店(東京都世田谷区北沢2-10-15マルシェ下北沢1F)
ヴィレッジヴァンガード川越ルミネ店(埼玉県川越市脇田本町39-19川越ルミネ3F)
ヴィレッジヴァンガードイオンタウン千種(愛知県名古屋市千種区千種2-16-13 イオンタウン千種2F)
【配布期間】
雨の日限定
※傘は無くなり次第、終了となります。
※店舗により、配布タイミングは事なりますので予めご了承ください。
※コンテストや傘の残数に関する配布店舗へのお問合せはご遠慮ください。
【フォトコンテスト参加方法】
InstagramやTwitterで、ハッシュタグ「#lll_kasa 」を付けて、投稿シェアするだけ!
【プレゼント】
メンバーのお気に入り写真に選ばれた方には、抽選で5名様に「LILI LIMITオリジナルペアマグカップ」をプレゼント!
【参加締め切り】
7月17日(日)

【関連リンク】
LILI LIMIT オフィシャルHP
yonigeの全国ツアーにircle、スサシ、LILI LIMIT、マイヘア等が参戦決定
LILI LIMIT、新曲「Living Room」MV解禁&全国主要箇所で“あいあい傘"を無料配布!?
LILI LIMIT、初ワンマンライヴより2曲の映像をYouTubeにて公開

【関連アーティスト】
LILI LIMIT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

CUBERS、初のテレビタイアップをマネージャーからサプライズ発表!
Tue, 05 Jul 2016 15:00:00 +0900
7月2日@ミクシィ本社 (okmusic UP\'s)

CUBERSが、7月2日 ミクシィ本社にて開催した『CUBERSミニライブ&トークショー2016July』にて、3rdシングル「STAND BY YOU」がテレビ朝日系全国放送『Break Out』7月度EDトラックに決定したことが発表された。

【その他の画像】CUBERS

これはメンバーも知らない情報で、ファンと同じタイミングで知らせたかったという堀切マネージャーの意図でサプライズ発表となった。

サプライズ発表は、メンバーから7月23日発売号の『JUNON』にて3ページに渡るCUBERS特集の掲載決定と、「STAN BY YOU」(DVD盤)のダイジェスト映像公開の発表をした直後だった。すでに祝福ムードの中、トークショーの司会を担当していた根本が「まだメンバーも知らないお知らせが、マネージャーの堀切さんからもあるみたいよ」と言い、マネージャーが前に出てマイクを受け取ると「発表します。3rd シングル「STAND BY YOU」ですが……なんと! 初のテレビタイアップとしてテレビ朝日『Break Out』7月度のEDテーマに決定しました!」とサプライズで発表し、会場はメンバーとファンとで大いに盛り上がった。楽曲は7月7日深夜OAの放送回より、EDテーマとして起用される。

DVD盤には、MVを含む特典映像が60分以上収録。そして今回、DVD盤の一部が楽しめるダイジェスト映像とジャケット写真が公開となった。

また、CUBERSは7月24日に結成1周年を迎える。記念日の7月24日にはミクシィ本社にて『"CUBERS結成1周年記念日"「3rd SG DVD盤発売&JUNON CUBERS 3P特集記念!SPECIAL EVENT」』を入場無料で開催。ぜひこちらもチェックしてみてはいかがだろうか。

■【CUBERS コメント】

「本当にびっくりしました。ドッキリかと思いました笑。リアルタイムで見れる時間帯です。」(春斗)

「今まで僕等がファンの皆さんにサプライズで衣装を発表したり、新曲を発表したりしたことはあったけど、まさか僕等もサプライズ発表されるとは(笑)。でも本当に嬉しいです。」(TAKA)

「本当に予想してなくて、会場も凄く盛り上がって、その後に何をしゃべればいいかわからなかったです(笑)。いつも見ている番組なので一層嬉しいです。」(優)

「また1つ夢が叶いました。家族にも言わないと!!」(綾介)

「発表される前、本当にずっと鳥肌が立っていて何かと思ったら! 本当に感動! 応援してくださるファンの皆様と一生懸命働いてくださっているスタッフさんのお陰です。本当に感謝しています。」(9太郎)

■【堀切マネージャー コメント】

「こういった良いニュースは、基本的にはメンバーから発表というのをセオリーだと考えているのですが、ファンの皆さんの支えが合っての結果だと思うので、今回はメンバーとファンの皆さんが同じタイミングで知るという発表の形を取らせていただきました。 タイアップが決定のお知らせを電話でいただいた際に、実はメンバーが傍にいたのですが、グッと堪えて、僕もイベントまで大変でした(笑)。」

■CUBERS「STAND BY YOU」DVD盤ダイジェスト映像
https://www.youtube.com/watch?v=ZhKnEXfiffE

■シングル「STAND BY YOU」

2016年7月20日発売
【通常盤Type-A】
BMEJ-0029/¥1,000(税込)
<収録曲>
1.STAND BY YOU
2.Shall we
3.特典ラジオType-A
【通常盤Type-B】
BMEJ-0030/?1,000(税込)
<収録曲>
1.STAND BY YOU
2.Shall we
3.特典ラジオType-B
【DVD盤】
BMEJ-0031/¥3,500(税込)
※2016年7月24日発売
<収録内容>
STAND BY YOU ミュージックビデオやメイキング映像、特典映像など含む豪華60分収録!
※Amazon,Bermuda SHOP,会場限定販売

■“CUBERS結成1周年記念日"「3rd SG DVD盤発売&JUNON CUBERS 3P特集記念 SPECIAL EVENT」

7月24日(日)  東京 ミクシィ本社
時間: 整列開始14:30/開場15:00/開演15:30
チケット:入場無料
(※14:45迄にお並びいただいた方に整理番号抽選くじをランダムにてお配りいたします)
<公演内容>
・結成1周年記念トークショー
・STAND BY YOU DVD盤発売記念 特典会
・JUNON CUBERS 3P特集記念 特典会

【関連リンク】
CUBERS オフィシャルHP
CUBERS、人力舎とのコラボ企画でお笑いに初挑戦!?
CUBERS、東京タワー club333にて"3"rdシングルのリリースを発表
家入レオ、映画『ペット』特別試写会にてイメージ曲「Brand New Tomorrow」を初披露

【関連アーティスト】
CUBERS
【ジャンル】
テレビ(番組/CM), イベント, 男性アイドル

Brian the Sun、アニメ『甘々と稲妻』 EDを9月リリース
Tue, 05 Jul 2016 14:00:00 +0900
Brian the Sun (okmusic UP\'s)

Brian the Sunの2ndシングル「Maybe」が、9月7日にリリースされることが決定した。

【その他の画像】Brian the Sun

「Maybe」は、7月4日にスタートした、『good!アフタヌーン』で連載中の大人気コミックが原作のTVアニメ『甘々と稲妻』のEDテーマに起用されており、「Maybe(アニメver.)」がひと足早く7月19日から配信されることも決定している。アニメと共に注目が集まることは間違いない。

(C)雨隠ギド・講談社/「甘々と稲妻」製作委員会

■【森良太(Vo,G) コメント】

美味しいご飯と愛する人の笑顔が揃えば幸せを感じるのにそれ以上必要なことってないのかもしれないですね。曖昧にすればどこまでも曖昧にできてしまう日常。ご飯を作るということはそれを一生懸命にすることだけで少し日常を大事にできる気がしますよね。お父さんの手料理に喜ぶつむぎちゃんの笑顔をもっとたくさんみたいです!

■シングル「Maybe」

2016年9月7日発売
【DVD付初回生産限定盤】
ESCL-4681~2/¥1,667+税
【期間生産限定アニメ盤】
ESCL-4684/¥1,204+税
【通常盤】
ESCL-4683/¥1,000+税
<CD収録曲>
(初回生産限定盤/通常盤)
1.Maybe
2.しゅがーでいず
3.Maybe(Instrumental)
(期間生産限定アニメ盤)
1.Maybe
2.しゅがーでいず
3.Maybe(アニメVer.)
3.Maybe(Instrumental)

【関連リンク】
Brian the Sun オフィシャルHP
Brian the Sun、TVアニメ『甘々と稲妻』EDテーマを担当
Brian the Sun、自身最大規模の全国ツアーが神戸よりスタート
Brian the Sun、メジャーデビュー曲が全国30局のパワープレイに! MVフルバージョンも公開!

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

Bentham、人気青文字系モデル・村田倫子が出演する「僕から君へ」MV公開
Tue, 05 Jul 2016 13:00:00 +0900
Bentham (okmusic UP\'s)

Benthamが7月6日にリリースする4枚目のEP『ExP』から「僕から君へ」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】Bentham

「僕から君へ」のミュージックビデオには主演に人気青文字系モデルの村田倫子が出演しており、ストップモーションを用いて、ある男女が出会い、愛し合って、別れていくまでの様々な瞬間を描くエモーショナルな仕上がりとなっている。

村田倫子にとってBenthamは以前からライブに足を運ぶほどお気に入りのバンドで、バンド側も「僕から君へ」のミュージックビデオには絶対に村田倫子に出てもらいたいと熱望しており、今回の出演が実現した。

■「僕から君へ」MV
https://youtu.be/Yo4cjV8W3gI

■Bentham全国ワンマンツアー「Get the ExP 〜ベンサムがあらわれた!ライブにきてほしそうにこっちをみている〜」

9月02日(金) 下北沢SHELTER
9月08日(木) 福岡Queblick
9月10日(土) 広島BACK BEAT
9月11日(日) 岡山ペパーランド
9月13日(火) 高松DIME
9月21日(水) 新潟CLUB RIVERST
9月27日(火) 仙台LIVE HOUSE enn 2nd
10月20日(木) 名古屋APOLLO BASE
10月22日(土) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
10月27日(木) 恵比寿LIQUIDROOM

【関連リンク】
Bentham オフィシャルHP
Bentham、新曲「サテライト」MV公開
Shout it Out、先輩バンドに挑む2マンツアーを東名阪で開催
Bentham、初ワンマンライブを初映像商品化

【関連アーティスト】
Bentham
【ジャンル】
ジャパニーズロック

楽天、インターネットラジオ配信プラットフォーム 「Rakuten.FM」の提供スタート
Tue, 05 Jul 2016 12:30:00 +0900
 「Rakuten.FM(ラクテンドットエフエム)」 (okmusic UP\'s)

楽天株式会社のインターネットラジオ配信プラットフォーム「Rakuten.FM」の提供がスタートした。

【その他の画像】

これに合わせ、TOKYO FMグループ企業などとの協業によるフラッグシップのステーション「Crimson FM(クリムゾンエフエム)」の放送をデジタル放送「i-dio(アイディオ)」内で開始し、同時に「Rakuten.FM」内での運用も開始した。

「Rakuten.FM」は、iOS版とAndroid版アプリ、ブラウザのウェブサイトから、様々なジャンルの音楽やトーク番組をインターネットを通じて無料で聴くことができるインターネットラジオ配信プラットフォーム。リスナーは、参画コンテンツ・プロバイダーが編成・配信するクラシックやジャズ、インディーロックやクラブミュージック、アニメソングなどの音楽ジャンルの専門ステーションや、「楽天イーグルス」や「楽天トラベル」が運営する楽天独自のコンテンツ、またスポーツ、ライフスタイル、カルチャーなどの情報を発信するステーションなど、サービス開始時は計20ステーションで様々な音声コンテンツを楽しむことができる。ステーションは今後、順次拡充していく予定とのこと。

参画コンテンツ・プロバイダーは、「Rakuten.FM」を通じて自らが制作した音声コンテンツを配信することが可能。プレイリストの管理や番組の時間指定配信などが可能なウェブ配信機能が無料で利用できるだけでなく、楽天が提供するラジオ番組の運用ノウハウも活用することもできる。

また「Crimson FM」は、「HUMAN CENTRIC × DATA DRIVEN」をコンセプトに編成される「Rakuten.FM」のフラッグシップステーション。音楽・ラジオ番組制作の経験豊かなキュレーターが、リスナーの聴取データに基づき番組を編成し、ジャンルに縛られない幅広い楽曲や、国内外の音楽フェスティバル情報、俳優・女優やお笑いタレントなどがパーソナリティを務めるトーク番組など、様々な独自のエンターテイメント・コンテンツを提供する。

具体的には、最新のテクノロジー情報やスタートアップ、人気の読者モデルを取りあげる『Rakutenクラブ』、毎回1アーティストをテーマに特集する『Sunday Special』、『Crimson FM』ならではの演歌番組『Soul of Japan』などユニークで斬新な番組を揃える。さらに、世界最大規模の野外ダンスミュージックフェスティバル『Tomorrowland(トゥモローランド)』や日本最大級の音楽フェスティバルなど国内外の音楽フェスティバルとコラボレーションし、リスナーがライブ音楽も楽しめる番組を提供していく予定だ。

■【「Rakuten.FM」概要】

プラットフォーム名: 「Rakuten.FM」
提供開始日: 2016年7月1日
URL:http://rakuten.fm/
アプリダウンロードページ:http://rakuten.fm/intro/

【関連リンク】
TSUTAYA O-EASTや六本木KENTO\'Sなど、急増する外国人観光客に大手ライブハウスグループが対応開始。
定額制のクラブ行き放題サービス「LIVE3S」がリリース
イベント主催者とスポンサー企業のマッチングサイト「PRO Match」がサービス開始
新山詩織、中嶋イッキュウ(tricot)等がビジュアルブログ「g.o.a.t」のコンセプトムービーに出演

【関連アーティスト】

【ジャンル】
その他

PUSHIM、ツアー東京公演で人生の喜怒哀楽を体現した圧巻のライブを披露
Tue, 05 Jul 2016 12:00:00 +0900
7月1日@Zepp Diver City TOKYO (okmusic UP\'s)

PUSHIMが4月16日の埼玉公演よりスタートさせた、全国12か所を巡る『PUSHIM LIVE TOUR 2016“F"』が7月1日、12公演目となる東京の地、Zepp Diver City TOKYOに到着した。

【その他の画像】PUSHIM

幅広い年代の女性と親子連れが目立つ、アットホームな椅子席のフロア。ステージ後方に大きく掲げられた“F"の文字以外には何もない、シンプルなセット。1曲目から全員総立ちになるが、誰も無理していない。踊る人、揺れる人、聴く人、歌う人。2階席では小さな子供がチョコマカ走っている。みなが自由に、この空間を楽しんでいる。

PUSHIMはいきなり絶好調だ。完璧なスキル、表現力、パワーで、「A Little Love」のような初々しいラブソングも、「ねむれない夜」のような、せつない恋心に打ち震える曲も、包容力いっぱいに歌いかける。バックを支えるのは、言わずと知れた日本のNo.1レゲエ・バンド、Home Grown。とてつもなくタイトで緻密、それでいて伸びやかなグルーヴに乗せ、PUSHIMが軽やかに踊る。腰をぐっと落とし、生命力みなぎる豊穣のダンス。

中盤のハイライトは、ゲストにAFRAを迎えた「Welcome To My Village」だ。驚異的なスキルのビートボックスに、客席が大いに沸く。その後はシリアスで古典的な、クラシック・レゲエの世界を表現したり、Home Grownの力強いグルーヴを軸に、レゲエ・ミュージックの幅広さと凄みをアドリブたっぷりに聴かせたり。どの曲も、お楽しみが盛りだくさんだ。中でもアルバム『F』のリード曲「Feel It」で、輝くミラーボールの下でZepp Diver Cityがディスコと化した瞬間は、間違いなくこの日のベスト・ショット。メンバーとお揃いの振りつけで、お茶目なダンスを決めるPUSHIM。笑顔で踊るオーディエンス。そして韻シストのベーシスト、Shyoudogをゲストに迎えた「MATTAKU」は、アルバム『F』の中でも屈指のドラマチックなラブソング。Shyoudogのアダルトな低音と、PUSHIMの艶っぽい声との相性は抜群だ。

平和を願う気持ちをストレートに綴るバラード「Keep Peace Alive」を歌う前に、PUSHIMが長いMCをした。天災や人災が相次ぐ日本のこと。内戦や難民が増え続ける世界のこと。人生には予期できないことが降りかかること。この場で音楽を楽しめる幸せ。思いきり生きること。これからも前に進むこと――。魂こめて歌い上げる「Keep Peace Alive」には、神々しいという言葉がふさわしい。

終わってみれば、アンコールを含めて2時間20分の豊かな時間。レゲエという音楽に、人生の喜怒哀楽のすべてを託して歌うPUSHIMにとって、それを受け止めるファンにとって、ライブは非日常の場ではない。やあ、久しぶり、元気やった? 最近、こんなことがあったんやけど。そんな会話を交わしたような、ゆったりとした満足感。親から子へ、恋人から恋人へ。友から友へ。それは確実に伝えられ、その価値は年々増している。この幸せがいつまでも続きますように。FOREVER。

ツアーは、追加公演を7月10日に沖縄で開催する事も決定。その他も多数のイベント出演も決定している。

text by 宮本英夫
photo by cherry chill will

■【ライブ情報】

『PUSHIM LIVE TOUR 2016 “F" in OKINAWA』
7月10日(日)  沖縄・ミュージックタウン音市場(3Fホール)
開場 16:30 / 開演 17:00

『夏びらきMUSIC FESTIVAL\'16 〜10th Anniversary〜所沢』
7月18日(月・祝)  埼玉県所沢航空記念公園野外ステージ
開場 11:00 / 出演:15:25

『MY SOUL TOWN 〜PUSHIM×韻シスト @Sapporo City Jazz』
7月21日(木)  Sapporo Music Tent Live ? Sapporo City Jazz
開場 18:00 / 開演 19:30

『MY SOUL TOWN 〜PUSHIM×韻シスト @ASAHIKAWA SPECIAL』
7月22日(金)  旭川 CASINO★DRIVE
開場 19:00 / 開演 19:30

『Mighty Crown 25th Anniversary 横浜レゲエ祭2016 -20周年-』
8月11日(木・祝)  パシフィコ横浜 国立大ホール
開場・開演 13:00

『東北レゲエ祭2016 RHYTHM NATURE』
8月13日(土)  岩手高原スノーパーク
開場・開演 12:00

『MIGHTY JAM ROCK presents 「Highest MOUNTAIN 2016 大阪城」』
9月04日(日)  大阪城野外音楽堂
開場13:00 / 開演14:00

『ホットフィールド2016 』
9月17日(土)  富山・黒部市宮野運動公園
9月18日(日)  富山・黒部市宮野運動公園
※出演日未定

『りんご音楽祭2016』
9月24日(土)  長野・松本市アルプス公園
9月15日(日)  長野・松本市アルプス公園
開場 9:30 / 終演21:00 ※ 9/24 (土)
開場 8:30 / 終演20:00 ※ 9/25 (日)
※出演日未定

【関連リンク】
PUSHIM オフィシャルHP
FLOW、AFRAや疾風とのコラボで魅せたツアーファイナルが大盛況
スチャ&AFRA&DJ HELLO KITTYら出演のキッズフェス、サンリオキャラがDJ初挑戦
FLOW、ニューアルバムの全曲ダイジェストを公開

【関連アーティスト】
PUSHIM, AFRA
【ジャンル】
J-POP, レゲエ/スカ, ライブ

凛として時雨、ツアーセミファイナルに“PERFECT DJ ピエール中野”が出演!?
Tue, 05 Jul 2016 11:30:00 +0900
PERFECT DJ ピエール中野 (okmusic UP\'s)

凛として時雨の自主企画イベント「凛として時雨 Presents “トキニ雨#15"〜Hybrid Tornado Edition〜」追加公演に急遽“PERFECT DJ ピエール中野"の出演が発表された。

【その他の画像】凛として時雨

セミファイナルである7月6日の新木場STUDIO COAST公演はRADIO FISHを迎えてのツーマンライブだったが、急遽参戦が決定した“PERFECT DJ ピエール中野"はどんなパフォーマンスで楽しませてくれるのか? 今から期待は高まるばかりだ。なお、チケットは現在発売中なので気になる方は是非ゲットして会場に足を運ぼう。

■「凛として時雨Presents “トキニ雨#15"〜Hybrid Tornado Edition〜 追加公演」

7月06日(水)  東京 新木場 STUDIO COAST
Open 18:30/Start 19:15
出演:凛として時雨、RADIO FISH、PERFECT DJ ピエール中野
※19:15〜DJ START
<チケット>
発売中
立見:¥4,860 (税込・D代別)
※整理番号順入場
当日券:7月6日(水)17:30〜
※立見:¥5,400 (税込・D代別)

■「凛として時雨Presents “トキニ雨#15”〜Hybrid Tornado Edition〜」

7月07日(木) 東京 新木場 STUDIO COAST(ONEMAN)
※終了分は割愛

【関連リンク】
凛として時雨 オフィシャルHP
凛として時雨、ツアー追加公演にて話題沸騰中のRADIO FISHとのツーマンが決定
凛として時雨、自主企画ツアー『トキニ雨』東京追加公演が決定
凛として時雨、自主企画イベントでclammbonとツーマン!

【関連アーティスト】
凛として時雨, ピエール中野
【ジャンル】
ジャパニーズロック

テスラは泣かない。、9月28日に初の会場限定E.Pをリリース
Tue, 05 Jul 2016 11:00:00 +0900
7月3日@「High noble MATCH! in TOKYO #5」 (okmusic UP\'s)

テスラは泣かない。が、9月28日(水)に初の会場限定E.P『march our cell e.p』をリリースする。

【その他の画像】テスラは泣かない。

これは7月3日に開催された自主企画「High noble MATCH!in TOKYO #5」にて発表されたもので、今年4月より学業専念のため、約一年間限定で活動休止中の吉牟田直和(Ba)が、休止直前にレコーディングした楽曲が収録される。

吉牟田が休止の間、数々のGUESTベーシストを迎え活動を展開している彼らであるが、7月3日のイベントではHisayo (a flood of circle)とアベ マコト (挫・人間)をメンバーに迎え、収録予定の新曲をいち早く披露し、会場に集まった満員のオーディエンスを喜ばせた。

村上(Vo)はライブMCで、今回はあえて会場限定でのCDリリースを選択した経緯を説明し、「吉牟田が帰ってきたら、更に多くの人達、全国のみんなに聴いてもらえるようにする」と熱い約束した。また、発売日当日の9月28日には地元鹿児島のSR HALLで、10月28日には下北沢MOSAiCにてリリースイベントを開催。チケットは現在イープラスにて先行販売を受付中となっている。

今回の発表にあたり村上よりコメントも寄せられているので、そちらも是非チェックして欲しい。

photo by 渡部友貴 (KENWAN)

■【村上学(Vo&Gt)よりコメント】

本当は吉牟田が帰ってきてから次の作品はリリースしようと思っていたのですが、現在たくさんのGUESTベーシストを迎えライブをすることができ、テスラが常に前に進もうしているなかで、この新曲たちを引き出しにしまったままにしておくのは間違っていると思うようになりました。

かつて10代の頃に憧れていた、CDの全国流通というものができる環境にやっと立てたのに、あえての会場限定E.Pのリリース。

驚いた人も多いかもしれないけど、来年の春までは自らの手で、お客さんに届けるという手法を選択しました。ここからテスラの物語はきっと面白くなってくると思います。

作品については、なんとも一言では表現しにくいのですが、とりあえず、「最高傑作」です。
聴いたらきっとドキドキすると思う。
ライブハウスで待ってます。

■E.P『march our cell e.p』

2016年9月28日(水)発売
※ライブ会場限定販売
※収録曲及び詳細は後日発表

■【リリースイベント情報】

『March our cell in KAGOSHIMA - 会場限定e.p「march our cell」release party -』
9月28日(水) 鹿児島・SR HALL
出演:テスラは泣かない。 / GUSETあり
OPEN19:00 / START19:30
前売:¥2,500 / 当日:¥3,000 (D代別)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002196385P0050001P006001P0030001

『High noble MATCH! in TOKYO #6 - 会場限定e.p 「march our cell」 release party -』
10月28日(金) 東京・下北沢MOSAiC
出演:テスラは泣かない。 / GUSETあり
OPEN18:30 / START19:00
前売:¥2,500 / 当日:¥3,000 (D代別)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002196334P0050001P006001P0030001

【関連リンク】
テスラは泣かない。 オフィシャルHP
テスラは泣かない。 、7月に開催する初の2部構成ライブに小高芳太朗 (LUNKHEAD)が出演
テスラは泣かない。が初の2部構成ライヴを開催! ゲストべーシストはHisayo(a flood of circle)!
テスラは泣かない、恒例の自主企画イベント「High noble MATCH!」名古屋での初開催が決定

【関連アーティスト】
テスラは泣かない。
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

ふくろうず、ニューアルバムよりリード曲「うららのLa」MV解禁
Tue, 05 Jul 2016 10:00:00 +0900
ふくろうず (okmusic UP\'s)

7月13日に発売されるふくろうずのニューアルバム『だって、あたしたちエバーグリーン』からリード曲「うららのLa」のミュージックビデオが解禁となった。

【その他の画像】ふくろうず

MVは内田万里(Vo.)が海の中へ入り進むシーンが印象的な映像になっているのだが、内田曰く「溺れる寸前まで海に浸かりました。果たして内田は助かったのか? 助からなかったのか!?  見てのお楽しみ。」ということなので是非チェックして欲しい。

そして、アルバムを引っ提げた東名阪ツアー『だって、あなたたちエバーグリーンツアー』も発表された。日程は、11月17日(木)名古屋 池下UP SET、11月18日(金)大阪MUSE 、11月23日(水・祝)東京渋谷CLUB QUATTRO。“夜の遊園地"をテーマに制作されたニューアルバムをふくろうずがどう表現するのか期待が高まる。まずは東名阪でインストアライブもあるので生のふくろうずに触れてみてほしい。その他、内田万里のネーミングセンスが際立つショップ別特典等も要チェックだ。

■「うららのLa」MV
https://youtu.be/RURsc8J5LyA

■【インストアライブ】

<大阪>
7月15日(金) タワーレコード梅田NU茶屋町店6F イベントスペース
19:30〜  ※出演:内田万里
<東京>
7月17日(日) タワーレコード新宿7F イベントスペース
15:00〜  ※出演:ふくろうず
<名古屋>
7月18日(月・祝) 名古屋パルコ西館1F イベントスペース
15:00〜 ※出演:内田万里

■「だって、わたしたちエバーグリーンワンマン」

8月12日(金) 東京都 Mt.RAINIER HALL PLEASURE PLEASURE

【関連リンク】
ふくろうず オフィシャルHP
ふくろうず、新作ジャケット&アルバム詳細解禁&東名阪でインストアライブも決定
ふくろうず、約2年ぶりのフルアルバムをリリース&内田万里(Vo)が初の弾き語りツアーを開催
オワリカラのリリースツアーにふくろうず、黒猫チェルシー、Dr.DOWNERの参戦が決定

【関連アーティスト】
ふくろうず
【ジャンル】
ジャパニーズロック

AOA、会場を“ANGELS WORLD”に染めたサマーコンサートが大盛況!
Tue, 05 Jul 2016 00:00:00 +0900
7月1日@TOKYO DOME CITY HALL (okmusic UP\'s)

7月1日にTOKYO DOME CITY HALLにてAOAの「AOA Summer Concert in Japan ANGELS WORLD 2016」が開催された。

【その他の画像】AOA

会場を埋め尽くしたファンが揺らすハートをあしらった赤いペンライト。黒白のチェッカーフラッグを中央に配したキービジュアル。キュートとクールの両方を体現させた世界観がAOAらしさを感じさせるステージ。観客の熱気がじょじょに高まる中、客電が落ちると、部屋で退屈しているELVIS(AOAのファンの呼称)に“ANGELS WORLD"への招待状が届くというVCRが流れる。AOAからの「楽しむ準備はいい?」という問いかけに「はーい!」との大きな声が会場中に響き渡ると、イントロと共に7人が登場。1曲目は4月にリリースした「愛をちょうだい」で、MVのテーマになっているカーレースをモチーフにした赤と白黒チェックを基調とした衣装を着た彼女たちがセクシー&かっこいいダンスを魅せる。続いて猫を思わせる振りつけがユニークな「Like a Cat」は、冒頭での「A!O!A!」の掛け声もバッチリで、早くも会場は一体感と高揚感が生まれる。

MCではリーダーのジミンが先陣を切って挨拶。「お久しぶりですねー!」(ジミン)、「最高ですね!」(チャンミ)、「(東京は)大切な思い出の場所です」(へジョン)などと、全員が慣れない日本語で一生懸命コメントする姿がかわいい。「ひとつ、恐ろしいことを言います。実はここは東京じゃないです。ここはAOAが住んでいる街ANGELS WORLDです!」とソリョンが、コンサートのコンセプトを説明すると、「(私たちを)信じてついて来てくださーい!」とチャンミもニッコリ。

爽やかなミドルテンポの「Lemon Slush」、《キュンキュンって》の合唱が起きたアッパーチューン「胸キュン」と続けた後は、ユニット&ソロステージに。ユナ、チャンミ、へジョンで結成したAOA Creamの「I\'m Jelly Baby」、ジミン&ソリョンの「Call You Bae」で楽しく盛り上げた後は、TEEの「Baby, I Love You」を時にしっとりと、時に力強く歌い上げたチョア、大原櫻子の「キミを忘れないよ」を伸びやかな歌声でカバーしたユナと、ふたりのメインヴォーカルがさすがの歌唱力で会場をうっとりとさせる。一方、ガラリと雰囲気を変えて、E-Girlsの「DANCE WITH ME NOW!」を、スカジャン&ダメージショートデニムというボーイッシュかつセクシーな衣装で元気よく歌ったへジョン、マイケル・ジャクソンを思わせるクールなダンスを披露したチャンミ、ももいろクローバーZの「さらば、愛しき悲しみたちよ」をかわいい声とのマッチングで魅せたミナと、バラエティ豊かでメリハリのあるパフォーマンスに、改めて彼女たちの引き出しの多さに感心してしまう。

中盤のユニット&ソロコーナーが終わると、衣装チェンジを済ませたメンバーからステージに再登場。へジョン、ソリョン、ジミンの3人が「チョアさんのステージ、良かったです!」と話を向けると、チョアも嬉しそうにはにかみ、また「ユナさんの歌、ハマってました!」とジミンが言うと、ユナも「皆さんが耳を澄ませて聴いてくれるようで嬉しかったです」と答えるなど、それぞれ用意したステージに彼女たち自身も感想を言い合う姿が初々しくチャーミング。

幻想的な照明と楽曲に合わせて雨を降らせるというシンプルな演出で、歌声とハーモニーの美しさを際立たせたバラード「Still Falls the Rain」の後は、ソファを使った「10 Seconds」「ゆれる」、ネクタイを引っ張るダンスが印象的な「Oh BOY」、美脚を強調したセクシーなダンスが話題の「ミニスカート」「ショートヘア」と、ヒットナンバーを連続投下して会場のボルテージは最高潮に。ブラックのショートパンツに、カーヴィーラインを目立たせるぴったりとした白シャツという衣装は、彼女たちの健康的な色香を引き立たせている。メンバーたちも、余裕が出てきたのか、手を振ったり、ハートマークを作ったり、投げキスしたりとリラックスして客席とのコミュニケーションを楽しんでおり、そのたびに赤いペンライトも大きく揺れ、熱狂が伝わってくる。

本編ラストは韓国デビュー曲「ELVIS」。サビでのオーディエンスからの「エルビス!」の大きな声が響く中、ビシッと最後のポーズを決めて、客電が落ちると、間髪入れずに「AOA!AOA!」とアンコールを求める大合唱に。再び登場したメンバーはダメージデニムにショート丈の赤いタンクトップ&ブルゾンという鮮やかな衣装で、5月に韓国でリリースしたばかりの「Good Luck」の日本語バージョンを初お披露目。この日本語バージョンは8月3日に発売されるということで、オーディエンスへの一足早いプレゼントとなった。一列に並ぶダンスが楽しげな『Luv Me』の後は、日本ファンクラブELVIS設立1周年を祝って、デビュー曲「ELVIS」のサビの《ELVIS》を《ANGELS(AOAを意味する)》に変えてファンが大合唱するというサプライズイベントと共に、“1"のロウソクを立てたケーキが運ばれてきて、これにはメンバーもびっくり&嬉しそう。「(皆さんにとって)楽しい時間になっていてほしいです」(ミナ)、「こんなにたくさんの方が来てくれて感動しました。これからももっとかっこいいステージを見せていきたいです」(チョア)、「もっとかっこいいAOAになれるように努力します」(へジョン)、「2回目の単独コンサート、幸せで楽しかったです」(ユナ)と口々に感謝の言葉を述べ、ELVISのみんなと記念写真をパチリ。

そして本当に最後の曲「チョアヨ!」では、メンバーそれぞれが自由にステージを歩き回ってファンサービス。グッズのタオルを投げたり、2階、3階のお客さんへ大きく手を振ったり、ピースマークをしたり。特に、タオルを投げる場面では、ぐるぐると腕を振り回して大きく投げるソリョン、最後に一緒に放り投げるジミンとチャンミ、きちんとタオルをたたんでから投げるミナと、それぞれの性格が出ているようで微笑ましかった。

今回のコンサートでは凝った内容のVCRが印象的。AOA自らが、コンセプトとなっている“ANGELS WORLD"の説明をしてくれるのだが、ビーチやシアターなどAOAと観客が一緒に遊べる場所という演出がされているのだ。AOAのコンサートに行ったELVISが、恋人から焼きもちメッセージが来て、ドギマギしながら返答するといったコミカルな場面もあり、笑いを誘う。全てを日本語でこなしたVCRとMCで、親しみを感じさせてくれたAOA。“ANGELS WORLD"というファンタジックで楽しい空間をたっぷり堪能できたコンサートだった。

Photo by kamiiisaka Hajime

【関連リンク】
AOA オフィシャルHP
AOA、 待望のニューシングル「Good Luck」(Japanese ver.)のMVを公開
FNC所属アーティスト総出演!『2015 FNC KINGDOM IN JAPAN』で2万4千人が熱狂!
FTISLAND、CNBLUEらが所属する事務所主催イベントが今年は東京・大阪にて開催決定!

【関連アーティスト】
AOA
【ジャンル】
K-POP, ライブ

THE MODS、フィルムコンサートツアーにメンバーが駆けつけファンにメッセージ
Tue, 05 Jul 2016 00:00:00 +0900
THE MODS (okmusic UP\'s)

THE MODSのフィルムコンサートツアーが7月1日(金)よりスタートした。初日は新横浜NEW SIDE BEACH!!、7月3日(日)は名古屋DIAMOND HALL にて開催され、横浜には苣木寛之、名古屋には北里晃一が急遽駆けつけ、来場したファンにメッセージを送った。

【その他の画像】THE MODS

デビュー35年目を迎えたTHE MODS。3月にオリジナルアルバム『HAIL MARY』をリリースし、4月よりツアー「"HAIL MARY" Round 1」がスタートしたが、森山達也(Vo)がツアー2か所目の名古屋にて半月板を負傷し4公演目の仙台公演以降の延期を発表、7月1日(金)からスタートする「"HAIL MARY" Round 2」での復帰を目指すも叶わず、ツアー同日程同会場にて2011年〜15年の未発表映像を中心としたフィルムコンサートが開催される運びとなった。

「4人で必ず帰ってきます。みんなで野音を目指そう!(苣木)」、「森やんのハートは折れていない。信じて待っていて欲しい。(北里)」 というメンバーのメッセージと貴重な未発表映像に応えてファンは「ツアーの延期、中止は残念だが森山さんには治療に専念して10月の日比谷の野音で元気な姿を見せて欲しい」と10月15日(土)に日比谷野外音楽堂で予定されている「THE MODS TOUR 2016 "HAIL MARY" Final」に期待する声を聞かせた。フィルムコンサートは、今後8月28日まで全国計13箇所で行なわれる。

また7月から9月まで記念商品を3カ月連続リリースし、3作品連動の『THE MODS 35th Anniversary Special Campaign!』がスタートする。3作品購入者の中から35周年記念グッズ(THE MODS 35th Anniversary オリジナルパーカー)が当たるキャンペーンとなっている(詳しくは、各作品内封入のキャンペーンチラシを参照)。その第一弾として、アンティノスレコード所属時代の作品を収蔵したBOX『RATTLESNAKE BOX THE MODS Tracks in Antinos Years(MHCL30382〜390)』を7月27日に発売! オリジナルアルバム7枚にアルバム未収録曲盤「RATTLESNAKE CD - Collection of album non-collecting music of Antinos position times ?(14曲収録)」(全て紙ジャケット、高品質CD規格Blu-spec CD2仕様)、初DVD化となる映像作品「ZA MOZZ La VIDEO」「IL GARAGE FESTA」に「HIGH FIVE」を加えたDVD「RATTLESNAKE DVD - Collection of videos of Antinos position times ?」を収めた全9枚組となり、付属するブックレットには、THE MODSをデビュー前から知る丸山茂雄氏(元Epic Sony Records、Antinos Records代表)と森山達也の10,000文字を越える35年目にして初となる対談や、森山達也がアンティノス時代を語る単独インタビュー、更にデビュー以降、森山が発信してきた数々の「森山語録」が収蔵されている。商品詳細はTHE MODSスペシャルサイトをご確認いただきたい。

また続く8月24日には、SCARFACE時代のライブ映像作品を収めたDVD BOX『THE MODS Triple Footage in SCARFACE Years (TKBA-1239)』(発売元:徳間ジャパンコミュニケーションズ)、9月21日にはベストアルバム『CAUTION FILE -THE MODS ROCKAHOLIC BEST2- (RCHA-28)』発売元:(ROCKAHOLIC Inc.)がリリースされることも決定したので、今後各発売元からの詳細情報も見逃せないだろう。

■THE MODS スペシャルサイト
http://www.110107.com/mods

■『RATTLESNAKE BOX THE MODS Tracks in Antinos Years』

2016年7月27日(水)発売
MHCL-30382〜390/¥20,000+税
※紙ジャケット、Blu-spec CD2仕様CD 8枚、DVD 1枚
<収録内容>
■CD
・KILBURN BRATS
・ZA MOZZ
・easy listening
・CLOUD 9
・KOWLOON JUNK
・Paradice
・RISING SUN
■アルバム未収録曲盤
「RATTLESNAKE CD - Collection of album non-collecting music of Antinos position times ?」
《収録曲》
「今夜決めよう(Single ver.)」
「It\'s Alright〜Kissでも決め恋をしよう」
「不良少年の詩〜BAD AS I WANNA BE」
「GARAGELAND」
「ロメオとジュリエット(Original backing track)」
「Gimme a Break(ちょっと待ってくれ)」
「that\'s entertainment」
「IL GARAGE」
「I CAN TELL」
「BOOZY MUZZY TIZZY」
「Watch out Rudie」
「SPICY SPUNKY PUNK」
「Hurricane Girl」
「MY GENERATION」
■DVD
「RATTLESNAKE DVD - Collection of videos of Antinos position times ?」
《収録作品》
「ZA MOZZ La VIDEO」
「IL GARAGE FESTA」
「HIGH FIVE」

■『THE MODS Triple Footage in SCARFACE Years』

2016年8月24日(水)発売
TKBA-1239/¥5,000+税
※DVD3枚組
<収録内容>
■DISC1
「REVENGE」
■DISC2
「SCARFACES DRIVE〜ギャング達の行進」
■DISC3
特典ボーナス映像「SHADOW〜SCARFACE NITE 1993 HIBIYA LIVE」 / 「SWITCH SPECIAL LIVE 1992.12.16 川崎クラブチッタ」(全5曲) / MUSIC VIDEO「UNDER THE GUN」 / MUSIC VIDEO「Baby Don\'t Cry」
※DISC3はオリジナルビデオをマスター素材にしているため、映像の劣化が生じております。予めご了承ください。

■アルバム『CAUTION FILE -THE MODS ROCKAHOLIC BEST2-』

2016年9月21日(水)発売
RHCA-28/¥3,000+税
※35周年スペシャルキャンペーン応募券封入

【関連リンク】
THE MODS オフィシャルHP
THE MODSがROCKAHOLICレーベルのベストアルバム第2弾を高音質CDで9月にリリース
THE MODS、公演中止の各会場でフィルムコンサートを開催 
THE MODS、ツアー『"HAIL MARY" Round 2』全13公演の中止を発表

【関連アーティスト】
THE MODS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

KEYTALK、アルバム発売を記念してKOGA RECORDS代表・古閑裕が突撃インタビューを敢行
Tue, 05 Jul 2016 00:00:00 +0900
KEYTALK (okmusic UP\'s)

インディー時代から続いているKEYTALKの人気YOUTUBE番組「KEYTALK TV」の最新版が公開された。

【その他の画像】KEYTALK

「KEYTALK TV」の最新版は『KTEP COMPLETE』発売を記念して、KOGA RECORDS代表・古閑が、先日行なわれた福岡DRUM LOGOSワンマン公演出演直前のKEYTALKの楽屋に突撃インタビューを敢行。『KTEP COMPLETE』にまつわるインディー時代のKEYTALKを当時の雰囲気そのままに語り尽くす約15分の長編番組となっている。一般メディアではなかなか見られないコアな内容満載で当時からのファンはもとより新たなファンにも濃密な内容となっているので、すぐそこまで迫った発売を心待ちに楽しんでいただきたい。

また、映像本編の最後には今作の発売を記念してインディーズ時代(2010年〜)から2015年夏までに発表されたミュージックビデオの単曲ダウンロード販売する旨が告知されている。今作にも収録されている「太陽系リフレイン」「MABOROSHI SUMMER」を含むインディー時代のMV6曲と、2013年「コースター」以降ビクター/Getting Betterからリリースされた7曲の計13曲がiTuneほか主要配信サイトにて7月6日より単曲ダウンロード販売スタートとなる。2015年にリリースされたMV集『MUSIC VIDEO COLLECTION』の内容に準じたものになっているので、ファンは是非ともチェックしていただきたい。

■【KEYTALK TV】KTEP COMPLETE発売記念!CEO KOGAの楽屋突撃インタビュー
https://www.youtube.com/watch?v=QC1QfgQ7ib4

■【MV配信楽曲一覧】

トラベリング
sympathy
太陽系リフレイン
fiction escape
S.H.S.S.
コースター
パラレル
MURASAKI
MONSTER DANCE
FLAVOR FLAVOR
桜花爛漫
YURAMEKI SUMMER

■KEYTALK「KTEP COMPLETE」発売記念ワンマンライブ

7月27日(水) Zepp Divercity Tokyo
OPEN 18:00 / START 19:00

【関連リンク】
KEYTALK オフィシャルHP
Fear, and Loathing in Las Vegas主催企画にKEYTALK、ROTTENGRAFFTY
KEYTALK、エネルギッシュな“夏・盆DANCE(ボンダンス)”を披露した新作MV公開
KEYTALK、2か月連続シングルW購入者特典はライブSEの新バージョンに決定

【関連アーティスト】
KEYTALK
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1