歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年07月04日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/07/13
2016/07/12
2016/07/11
2016/07/10
2016/07/09
2016/07/08
2016/07/07
2016/07/06
2016/07/05
2016/07/04
2016/07/03
2016/07/02
2016/07/01
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
くるり、最新EP収録の2曲をアナログ7inchでシングルカット
Mon, 04 Jul 2016 20:00:00 +0900
EP『琥珀色の街、上海蟹の朝』 (okmusic UP\'s)

くるりがHMV record shop渋谷のオープン2周年を記念して、最新EP『琥珀色の街、上海蟹の朝』のアナログ7inchを発売する事を発表した。

【その他の画像】くるり

「琥珀色の街、上海蟹の朝」「Hello Radio(QURULI ver.)」の2曲を7inchでシングルカット。また、ジャケットはアナログ盤限定の“銀ラメ"仕様となっている。8月17日の一般発売に先がけて、HMV record shop渋谷では8月10日より先行発売されるとのことなので、このニューアンセムを是非アナログ7inchで堪能して欲しい。

■アナログ盤『琥珀色の街、上海蟹の朝』

2016年8月17日(水)発売
※HMV record shopのみ8月10日より先行販売
HR7S028/¥1,600+税
<収録曲>
SIDE1/琥珀色の街、上海蟹の朝
SIDE2/Hello Radio(QURULI ver.)

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル、トリビュート盤の詳細がついに解禁
くるり主催の野外イベントに矢野顕子、Mr.Children等の5組が参加決定
くるり、9月に“ウィーンアンバサーデオーケストラ”とのライブを開催

【関連アーティスト】
くるり
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ホタルライトヒルズバンド、渡辺哲出演「何千回でも 何万回でも」MVを公開!
Mon, 04 Jul 2016 19:00:00 +0900
ホタルライトヒルズバンド (okmusic UP\'s)

ホタルライトヒルズバンドが、「何千回でも 何万回でも」のMVと新ビジュアルを公開した。

【その他の画像】ホタルライトヒルズバンド

「何千回でも 何万回でも」は藤田竜史(Vo,Piano)自身のサッカー部時代の体験を基にし、"何度もチャレンジするネバーギブアップの精神"を歌った曲だ。そしてMVでは、不器用な夫が亡き妻のために捧げるはじめての料理を通じて、歌詞と共通する"何事も諦めずに挑戦する"というテーマが描かれており、名優・渡辺哲が主演を務めている。

MVについて藤田は、『より多くの人に共感を届けられるMVを作りたくて、今回はドラマ仕立ての企画にしました。主演の方がすべての肝になると思っていたんですが、まさか渡辺哲さんのような超一流の役者さんにお願いできるとは、チームの誰もが予想だにしていなかったうれしいサプライズ。素晴らしい演技のおかげで、バンドにとって渾身の作品に仕上がりました』と語っている。じんわりと胸が温まるストーリー、そしてラストシーンに待ち受ける奇跡にも注目だ。

新曲「何千回でも 何万回でも」は、7月27日リリースのミニアルバム『センスオブワンダー』にリードトラックとして収録されている。なお、ホタルライトヒルズバンドは8月末から年内にかけて、全国各地を巡るリリースツアーを開催。詳細はオフィシャルHPで近日発表予定とのことなので、欠かさずチェックしよう。

■【藤田竜史 コメント】

ミュージックビデオのとあるカット。
哲さんの背中を見ながらメンバー全員横並びで歩いた時、温かな気持ちと共に決してこの道を諦めてはいけないという決意にも似た感情が湧きあがってきました。
渡辺哲さんとホタバン。
誰もが予想しなかったこの組み合わせから生まれた人情味溢れるこの物語は、
心に確かな温もりを与えてくれます。
何千回でも 何万回でも、
人は繋がっていける。
届け、消えない光よ!

■「何千回でも 何万回でも」MV
https://youtu.be/PH4FailbHmc

■ミニアルバム『センスオブワンダー』

2016年7月27日発売
AMHL-0002/¥1,500+税
<収録曲>
1. 何千回でも 何万回でも
2. ping-pong-pang
3. ボーイズビーアンビシャス!
4. 最後のチョコレート
5. ひゅるりら
6. LIFE IS

【関連リンク】
ホタルライトヒルズバンド オフィシャルHP
yonigeの全国ツアーにircle、スサシ、LILI LIMIT、マイヘア等が参戦決定
タワレコ主催イベント『Bowline』、今回のキュレーターはキュウソネコカミに決定
ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル、トリビュート盤の詳細がついに解禁

【関連アーティスト】
ホタルライトヒルズバンド
【ジャンル】
ジャパニーズロック

家入レオ、映画『ペット』特別試写会にてイメージ曲「Brand New Tomorrow」を初披露
Mon, 04 Jul 2016 18:30:00 +0900
7月4日@六本木EXシアター (okmusic UP\'s)

7月6日(水)に4枚目となるアルバム『WE』をリリースする家入レオが、7月4日に六本木EXシアターにて開催された「映画『ペット』PVお披露目記念 家入レオミニライブイベント&特別試写会」に出演し、ニューアルバムにも収録されている映画『ペット』イメージソング「Brand New Tomorrow」をパフォーマンス初披露した。

【その他の画像】家入レオ

また、映画『ペット』イメージソングということで映画の映像もふんだんに盛り込んだ話題のプロモーションビデオもこのイベント会場にて初公開。当日のイベントの模様はLINE LIVEでも生配信された。

今回のイメージソングの起用は、映画配給元の東宝東和が作品のイメージソングにふさわしい、かつ、“ペットを飼っている"アーティストとして家入を指名、その家入がニューアルバム用に書き下ろした楽曲の中で"聴いた誰もが前向きな気持ちになれて、明日への希望を与えてくれる曲"として「Brand New Tomorrow」が作品のイメージにピタリとはまり、本国ユニバーサル・スタジオ/イルミネーションの製作者からも"素晴らしい楽曲"との声があがって実現したもの。

当日は月曜の昼間にも関わらず、応募抽選に選ばれた限定500人が会場となったEXシアターに来場。イベントは、映画『ペット』の主役ペット"マックス"と"デューク"の進行でスタート(マックスを演じるはバナナマン設楽氏/デュークを演じるはバナナマン日村氏)。そんな2匹から紹介された家入がステージに登場すると、日本テレビ系土曜ドラマ『お迎えデス。』主題歌としても話題となった「僕たちの未来」でライブはスタート。「こんにちは、家入レオです! 少しの間ですが、楽しい時間を過ごして下さい!!」と挨拶し、続けてニューアルバムにも収録される、フジテレビ系月9ドラマ『恋仲』主題歌「君がくれた夏」を歌い終わると、今回PVでも共演した、インスタグラムで国内トップクラスの250万人のフォロワーを誇り、“日本を紹介する犬"として海外でも人気を博し、現在そのフォロワーは100カ国を超えるという大人気の柴犬・まるちゃんがステージに駆け付け、そんなまるちゃん、そして会場のオーディエンスはもちろんLINE LIVE視聴者一人ひとりに届けるかのように時に優しく時に力強く、“絆"をテーマにした「Brand New Tomorrow」を初披露した。

その後は、映画の見どころや登場するお気に入りのキャラクターの話から、家入が実家で飼うペットの話やイメージソングについてまでを語ったトークショーを挟んで、まるちゃんとの共演で撮影されたプロモーションビデオを初公開すると、再度登場となったまるちゃんから花束のプレゼントが渡されるといったサプライズ演出も。「Brand New Tomorrow」のプロモーションビデオはイベント終了後からオフィシャルYouTubeチャンネルでも公開がスタートしているのでぜひチェックしてみよう。

■「Brand New Tomorrow」(映画『ペット』イメージソング)
https://youtu.be/2VYviQJoCnQ

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
高橋 優、アニメOP曲「光の破片」発売&自身主催野外音楽フェス第二弾出演者発表
家入レオ、ニューアルバム発売に向けて初LINE LIVE生配信決定
家入レオ、映画『ペット』イメージソング抜擢で初となる映画楽曲を担当

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, 映画, イベント

さかいゆう、全国ツアーファイナルにて年末のSPライブ開催を発表
Mon, 04 Jul 2016 18:00:00 +0900
7月3日@昭和女子大学・人見記念講堂 (okmusic UP\'s)

さかいゆうの最新アルバム『4YU』を引っ提げた全国ツアー「さかいゆうTOUR2016 “4YU"」が7月3日(日)、東京・昭和女子大学人見記念講堂にてファイナルを迎えた。

【その他の画像】さかいゆう

厳かな雰囲気の人見記念講堂に、このツアーのために作られたオープニングSEが鳴り響く中、バンドメンバーとさかいが颯爽と登場。バンドメンバーは、Bass種子田健、Guitar 柴山哲郎、Drums 望月敬史、Keyboard Pochi、Chorus 吉岡悠歩、高宮マキという盤石な面子だ。SEに合わせたジャムセッションと繋がる形で、『4YU』のオープニングトラックでもある「SO RUN」のイントロが爆発する形でライブはスタート。ハイとローの歌声を自在に操るさかいのヴォーカルと、バンド全体から生まれるビートが、会場のボルテージに一気に火を点け、さかいゆうにしか出来ないライブがこれから始まるという事を、1曲目から高々に宣言するオープニングとなった。間髪いれず、森雪之丞が作詞した「トウキョーSOUL」でムーディーな大人の雰囲気を作り出した後、「ツアーファイナル! どいつもこいつも叫べー!!」という雄たけびと共に、J-WAVE 冬のキャンペーンソング「Doki Doki」へ。昨年冬にJ-WAVEにて大量OAされた人気曲だが、このツアーがライブ初披露となった事もあり、抜群の盛り上がりを見せた。

続けて、EPとしても発売された「サマーアゲイン」へ。この日の東京都心は35度を記録した今年最初の猛暑日だったが、柴山のカッティングギターで暑さを吹き飛ばすような演奏をみせつけた。間奏途中でマイケル・ジャクソン「ROCK WITH YOU」がインサートされた事も、会場からは驚きの声があがっていた。そして、この日最初のMCへ。「ここ三軒茶屋には昔から行きつけのカレー屋があります。店主に、今日は20人もライブに来てくれたよ!というような会話をしていたんですが、今日の人見記念講堂は2000人…完売御礼です!」と昔のエピソードを交えながら、嬉しさを爆発させた。MCの後は、「愛は急がず-Oh Girl-」へ。独特の突き抜けたこの楽曲の楽しさは、西寺郷太の作詞によるものだ。

「下剋情緒」、「あるギタリストの恋」といったアルバム収録曲をしっかり聞かせた後は、アコースティックコーナーへ。さかいが以前からファンであり、今ツアーが初参加となったコーラス高宮マキを迎え、人気曲「Life is」を披露。ごまかしの利かない最小限なサウンドの中、芯が強く深く、それでいて優しく繊細な二人の声が、身体の奥深くまで沁み渡った。続けて、「薔薇とローズ」へ。タイトルの“ローズ"が、ピアノの名機Fender Rhodesからもじられた、さかいの代表曲だ。これまでバンドで演奏される事の多かった曲だが、この日はRhodesの音色のみで演奏される事によって、新鮮な響きをみせていた。

「さかい、自分の曲ばかり歌うんじゃないよ!と思ってる方もいると思うので…」という自嘲的なMCで笑いをとった後は、カバーコーナーへ。「今夜はブギーバック (NICE VOCAL)」のイントロが鳴らされると、客席は自然と総立ちに。インディーズ時代からカバーしている名カバーなだけに、会場のボルテージも一気にあがる。続けて高知民謡カバー「よさこい鳴子踊り」が演奏された。今年元日放送のNHKの特番で披露された曲だが、民謡をここまでビートに乗せ、ブラックに、そしてダンサブルに仕上げてしまう所に、さかいのミュージシャン魂と力量が垣間見える仕上がりだ。このパートで披露されたカバー全曲は、『4YU』の初回限定盤のカバーCD「さかいゆうCOVER COLLECTION」にも収録されているので、チェックしてほしい。

その後、アルバム収録曲「SELFISH JUSTICE」のあと「愛は微熱」へ。不思議な色気と哀愁に溢れるアコギと、キャッチーで男女の核心をついた歌詞が混ざり合った『4YU』の隠れた名曲だ。本編最後を飾ったのは新曲「再燃SHOW」。さかいにしては珍しい4つ打ちのリズムに、“Start Again Start Again"と歌うサビが高揚感を生み出し、新たなさかいゆうを見せてくれる曲だ。

アンコールに応えて再登場した後は、幻想的な雰囲気の中、Prince「Purple Rain」のカバーへ。さかいと、コーラスの2人が交互に力強く感情的に歌いあげる。圧倒的なヴォーカルとハーモニー、柴山の超絶ギターソロ。そのどれもが “1級品"と言えるのは誰の目にも明らかで、曲中何度も拍手と歓声が沸き起こった事が実に印象深かった。

その後さかいの口より「今年12月に東京と大阪でスペシャルライブを開催します!」と嬉しいお知らせが。『“POP TO WORLD “ SPECIAL』と銘打ったスペシャルライブは、12月21日(水)にNHK大阪ホール、12月25日(日)に東京中野サンプラザで行なわれる。続けて、7月10日(日)から放送スタートとなるNHK プレミアムドラマ『受験のシンデレラ』(出演:小泉孝太郎、川口春奈)主題歌の「But It\'s OK !」を初披露。電子ピアノの音色が冴えわたるアップテンポなリズムに、背中を押してくれるような歌詞が映える応援歌で、7月10日(日)より各種音楽サイトにてフル配信される。

アンコールラストに、『4YU』でもラストを飾るバラード「ジャスミン」へ。イントロの印象的なピアノのフレーズと、後半にかけて抜けるような広がりを見せるコーラスなど、さかいのポップネスがふんだんに詰まった感動的な名曲で、全国ツアー『さかいゆうTOUR2016 “4YU"』は幕を閉じた。

なお、さかいは今秋、自身がリスペクトする洋・邦2アーティストをカバーするライブ企画「RESPECT Vol.2(RESPECT スティービー・ワンダー、美空ひばり)」を開催する。『4YU』ツアー同様、こちらも圧巻のライブになる事は間違いないので、是非目撃してほしい。

■【セットリスト】

1.SO RUN
2.トウキョーSOUL
3.Doki Doki
4.サマーアゲイン
5.愛は急がず-Oh Girl-
6.下剋情緒
7.あるギタリストの恋
8.Life is
9.薔薇とローズ
10.今夜はブギーバック(NICE VOCAL)
※小沢健二 featuring スチャダラパー カバー
11.よさこい鳴子踊り
12.つつみ込むように・・・
※MISIAカバー
13.SELFISH JUSTICE
14.愛は微熱
15.再燃SHOW(新曲)
-Encore-
1. Purple Rain ※Princeカバー
2. But It\'s OK ! (NHK プレミアムドラマ『受験のシンデレラ』)
3. ジャスミン

■【ライブ情報】

さかいゆう RESPECT Vol.2(RESPECT スティービー・ワンダー、美空ひばり)「Billboard LIVE OSAKA 音力-ONCHIKA スペシャルライブ vol.7 さかいゆう〜RESPECT〜」
9月27日(火) Billboard LIVE OSAKA 
1st:開場17:30/開演18:30
2nd:開場20:30/開演21:30

American Express Presents InterFM897×COTTON CLUB
「THE ROOTS OF MUSIC vol.4 「さかいゆう」(“RESPECT Vol.2")」
9月30日(金) COTTON CLUB1st
1st:OPEN 17:00 START 18:30 
2nd:OPEN 20:00 START 21:00 
※American Express 会員公演
10月1日(土) COTTON CLUB
1st:OPEN 16:00 START 17:00 
2nd:OPEN 18:30 START 20:00 

「さかいゆうLIVE "POP TO THE WORLD" SPECIAL」
12月21日(水) NHK大阪ホール 
12月25日(日) 中野サンプラザ
一般発売日:10月1日(土)
■ホームページ先行受付
※7月3日21:00-7月31日 23:59 e+にて抽選受付(各公演4枚制限)
http://eplus.jp/sakaiyu2016w/

【関連リンク】
さかいゆう オフィシャルHP
さかいゆうの新曲がNHKプレミアムドラマ『受験のシンデレラ』主題歌に決定
さかいゆう、ヴィーナスフォート教会広場にてニューアルバム発売記念イベントを開催
さかいゆう、新曲「SO RUN」MVにて百獣の王・武井壮が走りまくる!?

【関連アーティスト】
さかいゆう
【ジャンル】
J-POP, ライブ

封切り間近!映画×音楽の祭典『MOOSIC LAB』を振り返る
Mon, 04 Jul 2016 18:00:00 +0900
アカシック『DANGEROUS くノ一』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

今年も『MOOSIC LAB』の季節がやってきました。このイベントは2012年にスタートしたもので、毎年夏になりますと、数組のアーティストと映像・映画監督とのコラボムービーが公開されます。“インディーズミュージシャンの登竜門”と言ってしまうとちょっと大げさかもしれませんが、まだ歴史は浅いものの、その後メジャーデビューを果たしたアーティストも多数います。ざんざんと暴力的に降り注ぐ日差しを避けるように逃れ着いた映画館でひっそりと繰り広げられる、素朴な演技と音楽と映像のつばぜり合い、スクリーンの中で射出される萌芽寸前の才能と葛藤のノイズが、夏の風物詩となりますように。

■1.「Over the Party」(’13)/大森靖子

代表曲のひとつ「ミッドナイト清純異性交遊」の《アンダーグラウンドから君の指まで遠くはないのさ》という歌詞をものの見事に体現してしまった彼女ですが、その華奢な体ひとつでメインストリームのど真ん中に痛々しいほどに無垢なピンク色の旗を打ち立ててしまうまでに、どれほどの時間と体と心を音楽に捧げたのか。2013年に公開された『サマーセール』には、そんな畏怖にも近い疑問を解くピースが隠されているように思えます。今回は憤怒も悲哀も承認欲求も情念も包み隠さず、荒れ狂う生々しいギターとともにぶつけてくる彼女に敬意を込めてこの曲を。

■2.「さめざめ」(’15)/アカシック

2014年に公開された『これは僕がアカシックというバンドを撮ったドキュメンタリーである。』はタイトルが表す通り、横山真哉監督とアカシックのメンバーによる、セルフドキュメンタリーともモキュメンタリーともつかない境界の狭間を行き交う映画です。賛否両論を巻き起こした同作ですが、理姫の果物のように甘くヒリヒリした舌足らずのヴォーカル、出入口を探し当てられないまま蠢めく無機質な鬱屈を孕んだギターのディストーション、ダイナミックに絡むピアノとドラムの音色が織りなす美しくもグロテスクなこの曲が終幕を飾ることで落とし前が付けられる気もするのです。

■3.「もぐらたたきのような人」(’15)/町あかり

デジタルネイティヴ・SNS世代以降の情報量の多さやクレバーさには日々焦燥感と危機感を覚えるばかりですが、こんなノスタルジーあふれるテクノポップ繰り出されたら最早土下座する他ありません。歌謡曲の理念に則ったくどいまでの歌唱法や、「やたらホイッスル鳴らしたがるよね」といったコミックソングの様式美に則ったこの曲も入門編として最適なのですが、『あんこまん』の劇中に流れる挿入曲の数々は、「道化を演じるには賢者であらねばならない」としみじみ実感せざるを得ないほど彼女の才能の底知れなさや引き出しの多さに肌が粟立ちます。

■4.「暗号 Theme from another place」(’14)/MANNERS

2012年公開『労働者階級の悪役』の音楽を担当した見汐麻衣というシンガーソングライターを紹介するには何が最適か悩みに悩んだ挙句に選んだこの曲は、彼女のソロプロジェクトMANNER名義で発表された、高架下の夜を彷徨う大人のためのシティポップです。坂口光央のメロウなエレビ、あだち麗三郎の懐の深いファンクネス、物言わぬ亀川千代の多弁でメロディアスなベースを従えて殺傷力の強いファズを鳴らす姿は鬼軍曹めいた気迫もあって非常に頼もしかったのですが、残念ながらメンバーチェンジにつき現在活動休止中。ライヴで披露されていたあの曲やあの曲やあの曲が音源化される日を待ち望んでいます。

■5.「バンドマンの女」(’15)/クリトリック・リス

「下ネタのナポレオン」「平成のGGアリン」、見事なまでにハゲ散らかした頭と股間に仕込んだテルミン、すっかすかでチープなトラックとレッドブルをしこたま投入した汗だくの体で展開される命がけのパフォーマンス。今年47歳のスギムさんがまさか映画の主演を務めるだなんて、初めてステージを観た7年前は思いもよらなかったです。やってることまったく変わってないのに。2016年の芸能界を象徴するような「バンドマンの女」がとりわけプッシュされていますが、「桐島、バンドやめるってよ」「柳瀬次長」等まだまだ名曲がたくさんありますので、みなさんぜひライヴに足を運んでください。ちなみに、間もなく公開予定の作品のタイトルは、そのまんま『光と禿』です。

【関連アーティスト】
大森靖子, アカシック, 町あかり
【ジャンル】


冨田勲の追悼プログラムとして過去の「DOMMUNE」出演回すべてを再放送
Mon, 04 Jul 2016 17:30:00 +0900


5月5日に他界した作曲家・シンセサイザーアーティストの冨田勲が人気ストリーミングチャンネル「DOMMUNE」に出演した過去の放送が、7月4日から6日間に分けて全編再放送されることが発表された。

【その他の画像】冨田 勲

「DOMMUNE」への冨田勲の最初の出演は2011年。1977年の代表作「惑星」が、ULTIMATE EDITIONとしてリリースされたタイミングで、DOMMUNEをプラットフォームに、スペシャル・バイノーラル・ストリーミングが行なわれ、松山晋也氏を聞き手に、長年にわたる冨田の功績を俯瞰しつつ、砂原良徳氏、TOWA TEI氏といった現在の電子音楽シーンを牽引するアーティストとの対話を通じて、冨田ワールドの本質に迫った。その後は、YMO第4のメンバーである松武秀樹との出演や、2013 年に幕張メッセで開催された「FREEDOMMUNE 0 <ZERO> ONE THOUSAND」での夜明けの大トリでの出演、さらには小室哲哉との邂逅・対話など、「DOMMUNE」はまさに冨田勲ルネッサンスのけん引役として寄与してきた。「DOMMUNE」と冨田勲のコラボレーション・アーカイヴは実に20時間以上にも及ぶ。

「DOMMUNE」主宰の宇川直宏は「これらプログラムは、電子音楽の本質と、人間の音楽感受の能力を次元上昇させる、エレクトロニック・アセンションだと捉えることができるでしょう。どうか先生の御霊の安らかならんことを…..」と語る。他界する1時間前まで新作「ドクター・コッペリウス」の制作に励んでいた稀代のクリエイター冨田の、音楽への熱い思いと、それを受け継ぐ若きクリエイターたちの冨田へのリスペクトが詰まった「DOMMUNE」の放送を丸ごと振り返ることができる貴重な機会だ。全6夜に分けて放送されるが、最終日の13日は生放送&スタジオでの追悼生ライヴを行なうことが予定されている。

■「DOMMUNE」
http://www.dommune.com/
■新作「ドクター・コッペリウス」ウェブサイト
http://www.dr-coppelius.com

■DOMMUNE冨田勲追悼24時間プログラム 「SYMPHONY for ISAO TOMITA 24HOURS」

DOMMUNE「SYMPHONY for ISAO TOMITA 24HOURS」第1章
7月4日(月)
■19:00−24:00
「ISAO TOMITA / ANCESTOR OF JAPANESE TECHNO!!! 〜日本エレクトロニック・ミュージックの始祖・冨田勲」
収録日:2011年 6月8日(水)
会場:DOMMUNE
■19:00−21:30<第1部>
第1章「HISTORY of ISAO TOMITA / 冨田勲の歴史を振り返る」出演:冨田勲 司会:松山晋也
第2章「プラネタリウム・ミーティング」対談:冨田勲 × 川口淳一郎(JAXA)<5.31@羽田空港ターミナル「PLANETARIUM Starry Cafe」>
第3章「冨田勲との対話」出演:冨田勲 ゲスト:砂原良徳、TOWA TEI 司会:松山晋也
第4章「増殖し続ける『惑星』の全貌」〜「惑星 ULTIMATE EDITION」DOMMUNEスペシャル・バイノーラル・ストリーミング(全曲オンエア)
■21:30〜24:00<第2部>
「DEDICATED to ISAO TOMITA♯1」LIVE ELECTRONICS MUSIC BY パードン木村

DOMMUNE「SYMPHONY for ISAO TOMITA 24HOURS」第2章
7月5日(火)
■20:00−24:00
「FREEDOMMUNE 0<ZERO>外伝2 冨田勲×松武秀樹」〜冨田勲:幻の「PLANET ZERO」をフルストリーミング
収録日:2011年11月29日(火) 会場:DOMMUNE
第1部「エレクトロニクスGOD師弟対決」出演:冨田勲×松武秀樹 司会:松山晋也
第2部「FREEDOMMUNE 0<ZERO>外伝〜冨田勲とFREEDOMMUNE 0<ZERO>」出演:富田勲 × 松武秀樹 × 宇川直宏 司会:松山晋也
第3部「更に増殖し続ける『惑星』の全貌〜 最新作「PLANET ZERO」を全曲ストリーミング!」
第4部「DEDICATED to ISAO TOMITA ♯2 / テクノスクール in DOMMUNE BY 松武秀樹」MOOG - 3 LIVE:松武秀樹

DOMMUNE「SYMPHONY for ISAO TOMITA 24HOURS」第3章
7月6日(水)
「HARAJUKU PERFORMANCE+DOMMUNE」
収録日:2011年12月23日(火) 会場:ラフォーレミュージアム原宿
■21:00−22:30
「冨田勲 / PLANET ZERO 〜更新される音像太陽系」
出演:冨田勲、小室哲哉 司会:松山晋也
■22:30−24:00
「HARAJUKU PERFORMANCE+DOMMUNE LIVE PLUS !!!!! #3」
「DEDICATED to ISAO TOMITA♯3」LIVE:小室哲哉

DOMMUNE「SYMPHONY for ISAO TOMITA 24HOURS」第4章
7月11日(月)※予定
■21:00-22:30
「イーハトーヴ交響曲」の全貌〜冨田勲×宮沢賢治×初音ミク
収録日:2012年11月23日(金) 会場:TOWERECORD渋谷店 / 地下1F
冨田勲、伊藤博之、篠田元一、四本淑三 司会:松山晋也
■22:30-24:00
「彼方の理想郷・イーハトーヴへ!冨田勲×初音ミク×宮沢賢治」
収録日:2013年01月28日(月) 会場:TOWERECORD渋谷店 / 地下1F
出演:冨田勲、吉松隆、ミト(クラムボン)、福岡俊弘、四本淑三 司会:松山晋也

DOMMUNE「SYMPHONY for ISAO TOMITA 24HOURS」第5章
7月12日(火)※予定
収録日:2014年4月2日(水) 会場:DOMMUNE
■20:00-23:00
「爆クラ(爆音クラシック)第31回 x DOMMUNE!!」
『冨田勲ダイヴ 〜スケールと官能の音楽』出演:冨田勲 司会:湯山玲子
収録日:2014年10月12水 会場:3331 Arts Chiyoda
■23:00-24:00
AZDEN Presents「DOMMUNE/SILENT MODULAR WARS!!!」supported by PROMISE
TALK&LIVE:冨田勲、松武秀樹/Logic System、齋藤久師、宇川直宏(DOMMUNE)

DOMMUNE「SYMPHONY for ISAO TOMITA 24HOURS」第6章
7月13日(水)※予定
■20:00-23:00
「SYMPHONY for ISAO TOMITA - Finale -」DOMMUNEより生配信!
〜幻のFREEDOMMUNE 0 <ZERO>2013冨田勲「PLANET ZERO」ライヴ鑑賞会!!!!!!!
TALK&LIVE:現在交渉中!!!!!!!
■23:00-24:00
東日本大震災被災地支援イベント「FREEDOMMUNE 0 <ZERO> ONE THOUSAND 2013」
収録日:2013年07月13土 会場:幕張メッセ
LIVE:冨田勲「PLANET ZERO」ensenble with Dawn Chorus feat. STEVE HILLAGE

【関連リンク】
冨田勲 オフィシャルFACEBOOK
作曲家・シンセサイザーアーティストの冨田勲が慢性心不全で死去
冨田勲が創った伝説の音源、ついに初CD化!
「FREEDOMMUNE 0 <ZERO> ONE THOUSAND 2013」大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
冨田 勲
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

新山詩織、映画『古都』のエンディング曲として中島みゆきの「糸」をカバー
Mon, 04 Jul 2016 17:00:00 +0900
新山詩織 (okmusic UP\'s)

新山詩織が松雪泰子主演、橋本愛、成海璃子共演の映画『古都』のエンディング曲を担当する事を発表した。

【その他の画像】中島みゆき

映画『古都』は原作が川端康成で、今作は現代版になっている。これまで多くの映像作品となってきた『古都』を、原作で描かれなかった大人になった主人公たちの物語として映像化されることでも話題の作品だ。

エンディング曲はBANK BANDや福山雅治、森山直太朗、JUJUにクリス・ハートなど数々のアーティストにカバーされ世代を超えて人々を魅了し続けてきた名曲「糸」(作詞作曲:中島みゆき)を新山詩織がカバー。また映画『古都』の特報が解禁され、その特報映像で新山詩織の「糸」が使用されている。映画は11月26日に京都先行公開、12月3日(土)には全国公開となっており、エンディング曲の「糸」に関してはリリース日未定となっている。

先週ドラマ劇中歌の収録したシングルをリリースしたばかりの新山詩織。この夏は各地の夏フェスにも出演が発表されているなど、精力的な活動が見える。その中でまた1つ新たな情報が発表された。今年の彼女の活躍は見逃せない!

■【各関係者よりコメント】

■新山詩織
今回、映画「古都」のエンディング曲を歌わせて頂くことになり本当に光栄です。
今を精一杯紡ぎながら生きる人たちに、この「糸」という楽曲が寄り添ってくれるのではないかと思っています。
映画「古都」と共に「糸」も楽しみにしてください

■監督 Yuki Saito
「古都」の脚本執筆中に中島みゆきさんの「糸」を聞いた時に、歌詞が一字一句違いなく本作のテーマとシンクロして鳥肌が立ち、エンディング曲にしたいと思いました。次世代へ伝統をどう継承していくか?がテーマなので、若いシンガーに歌って頂きたいと思い、新山詩織さんの繊細で切なくも、未来に希望を感じる優しい声に一耳惚れして、現代版「糸」を歌って欲しいとお願いしました。

■今回エンディング曲を新山詩織の「糸」カバーに選んだ経緯(制作サイドからのコメント)
原作の「古都」の千重子・苗子のように、いつか会う誰かを想い続け、何かに導かれたかのように運命の出会いを果たす物語、また本作品のキーアイテムとなる帯を織り成すイメージを受け、エンディング曲を中島みゆきさんの「糸」に決定しました。本作の中でも表現されている“世代継承"というテーマの中で、この名曲を若い世代のアーティストに歌ってほしいという想いから20歳の揺れ動く気持ちを声で表現できるの、新山詩織さんにオファーいたしました。

【関連リンク】
新山詩織 オフィシャルHP
新山詩織、シングルリリース記念LIVE CAST配信&東名阪でフリーライブを実施
新山詩織、「あたしはあたしのままで」ミュージックビデオ公開
『ESP学園presents COLORS2016』全出演者が明らかに&高校生限定のバックステージツアー開催

【関連アーティスト】
中島みゆき, 新山詩織
【ジャンル】
J-POP, 映画

yonigeの全国ツアーにircle、スサシ、LILI LIMIT、マイヘア等が参戦決定
Mon, 04 Jul 2016 16:00:00 +0900
yonige (okmusic UP\'s)

yonigeのミニアルバム『かたつむりになりたい』のリリースに伴う全国ツアー「かたつむりは投げつけない」の第3弾ゲストとしてさよならポエジー、ircle、SPARK!!SOUND!!SHOW!!、LILI LIMIT、My Hair is Bad、UHNELLYSが追加で発表となった。

【その他の画像】ircle

神戸にはircleとさよならポエジー、仙台にはircleが追加、横浜にはSPARK!!SOUND!!SHOW!!、松本公演にLILI LIMITとMy Hair is Bad。広島・高松・高知にはUHNELLYSが決定している。チケットは各プレイガイドにて一般発売中。ぜひ早めにゲットして欲しい。また新曲「あのこのゆくえ」と「センチメンタルシスター」のトレーラー映像も公開中なので、気になる方はこちらもチェックしよう。

■「かたつむりは投げつけないツアー」

7月15日(金) 心斎橋BRONZE
w/ DREADNOTE、ハルカミライ、HumpBack
7月19日(火) 京都MUSE 
w/ THE BOYS&GIRLS and more
7月21日(木) TSUTAYA O-Crest 
w/ THE BOYS&GIRLS、ハルカミライ 
7月22日(金) 八王子RIPS 
w/ DREADNOTE、Danablu、39degrees
7月23日(土) 千葉LOOK 
w/ 突然少年、LUCCI、古舘祐太郎 
7月27日(水) 神戸太陽と虎 
w/ ircle、さよならポエジー(※new)and more
7月28日(木) 名古屋APOLLOBASE 
w/ さよならポエジー、古舘祐太郎
8月22日(月) 仙台enn2nd 
w/ Sentimental boys、Age Factory、ircle(※new)
8月23日(火) 新潟GOLDEN PIGS BLACK 
w/ 突然少年、Age Factory、Sentimental boys
8月31日(水) 札幌COLONY 
w/ The Floor、突然少年、THE BOYS&GIRLS
9月05日(月) 横浜F.A.D. 
w/ KOTORI、SPARK!!SOUND!!SHOW!!(※new)and more
9月09日(金) 松本ALECX 
w/ 突然少年、LILI LIMIT、My Hair is Bad(※new)
9月13日(火) 福岡Queblick 
w/ SIX LOUNGE、HERO COMPLEX
9月14日(水) 長崎STUDIO DO! 
w/ ハルカミライ、SIX LOUNGE、AND SUN BULLS and more
9月15日(木) 大分SPOT 
w/ ハルカミライ、SIX LOUNGE  
9月17日(土) 広島4.14 
w/ ハルカミライ、UHNELLYS(※new)
10月03日(月) 高松RIZIN\' 
w/ UHNELLYS(※new)and more
10月04日(火) 高知X-pt. 
w/ UHNELLYS(※new)and more

■「あのこのゆくえ」トレーラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=OXihoaWHWk8

■「センチメンタルシスター」トレーラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=I_A5MUT2I7k

【関連リンク】
yonige オフィシャルHP
LILI LIMIT、新曲「Living Room」MV解禁&全国主要箇所で“あいあい傘"を無料配布!?
yonige、「かたつむりは投げつけないツ」ツアーの第2弾ゲストは古舘祐太郎
yonige、新曲「センチメンタルシスター」トレーラー解禁

【関連アーティスト】
ircle, uhnellys, SPARK!!SOUND!!SHOW!! , yonige, LILI LIMIT, My Hair is Bad, さよならポエジー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

タワレコ主催イベント『Bowline』、今回のキュレーターはキュウソネコカミに決定
Mon, 04 Jul 2016 15:00:00 +0900
『TOWER RECORDS presents Bowline 2016 curated by キュウソネコカミ & TOWER RECORDS』 (okmusic UP\'s)

タワーレコードが毎回1組のアーティストをキュレーターとし、タワーレコードと共同で出演アーティストの 選定などの企画を行なうライブイベント『Bowline』。「BITE YOU!!!」をテーマに全国4都市で開催する今回のキュレーターがキュウソネコカミに決定した。

【その他の画像】キュウソネコカミ

あわせて、これまでクイズ「キュレーターは誰でしょう!?」に伴い出演が発表されていたアーティストの日割りなど公演詳細も公開となった。また、7月6日(水)発売のキュウソネコカミのDVD/Blu-ray『DMCC REAL ONEMAN TOUR -EXTRA!!!-』をタワーレコード(オンライン含む)でご購入いただいた方を対象としたチケット先行受付が、7月5日(火)よりスタートするので、こちらも是非チェックしてほしい。

■キュウソネコカミ オフィシャルHP
http://02.mbsp.jp/kyuuso/

■「TOWER RECORDS presents Bowline 2016 curated by キュウソネコカミ & TOWER RECORDS」

10月15日(土) 名古屋・ダイアモンドホール
出演:キュウソネコカミ / フレデリック / Mrs. GREEN APPLE / LILI LIMIT
10月17日(月) 大阪・なんば Hatch
出演:キュウソネコカミ / 女王蜂 / 夜の本気ダンス
10月28日(金) 仙台・仙台 PIT
※諸般の事情により会場が変更となりました。
出演:キュウソネコカミ / KANA-BOON / BLUE ENCOUNT
11月5日(土) 東京・STUDIO COAST
出演:キュウソネコカミ / 赤い公園 / 岡崎体育 / THE ORAL CIGARETTES / Creepy Nuts / ゲスの極み乙女。 04 Limited Sazabys / 忘れらんねえよ

■【キュウソネコカミ『DMCC REAL ONEMAN TOUR -EXTRA!!!-2016』購入者対象先行受付】

7月6日(水)発売『DMCC REAL ONEMAN TOUR -EXTRA!!!-2016』をご購入いただいたお客様限定でBowline最速先行の受付を行ないます。 詳しいチケットのお申し込み方法は、期間中、商品購入時にお渡しする特典カードをご覧ください。
■受付期間
7月5日(火)正午〜24日(日)23時59分
※受付時に、タワーレコードで対象アイテムをご購入いただいた際のレシート番号(店舗)、注文番号(オンライン)の入力が必要となりま す。
■オフィシャル1次先行
受付期間:7月27日(水)12時〜8月8日(月)23時59分
※受付URLは、BowlineオフィシャルHPにて後日発表します。

【関連リンク】
『Bowline』オフィシャルHP
キュウソネコカミが超絶イケメンに!? シングル「サギグラファー」ジャケット公開!
キュウソネコカミ、最新ライブ映像作品の約7時間に及ぶ収録詳細を公開
レキシ、アルバム試聴スタート&日本武道館公演のゲスト第1弾も!

【関連アーティスト】
キュウソネコカミ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル、トリビュート盤の詳細がついに解禁
Mon, 04 Jul 2016 14:00:00 +0900
アルバム『ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル 2016 トリビュート』 (okmusic UP\'s)

ソウル・フラワー・ユニオンの前身バンドであるニューエスト・モデルの30周年を記念したトリビュート・アルバムが8月3日にリリースされるというニュースが5月末に報じられていたが、その詳細がついに明らかとなった。

【その他の画像】BRAHMAN

気になる選曲だが、ニューエスト・モデルの楽曲を取り上げたのはthe 原爆オナニーズ、BRAHMAN、大森靖子、怒髪天、スピッツ、曽我部恵一の6組。ソウル・フラワー・ユニオンの楽曲を選んだのはMONGOL800、フラワーカンパニーズ、二階堂和美、岸田繁(くるり)、チャラン・ポ・ランタン、中田裕二、仲井戸麗市、七尾旅人の8組。

1986年にニューエスト・モデルがカセット・テープでリリースしたパンキッシュなナンバー「爆弾じかけ」から、聴く者の心の琴線を揺さぶるソウル・フラワー・ユニオンの代表曲「満月の夕(ゆうべ)」まで、時代や曲調は多岐に渡っているが、いずれも原曲の持つメッセージやメロディーを最大限に生かしながら、それぞれの解釈で新たなる魂を楽曲に吹き込んだ好カヴァー揃いとなっている。今週から順次その音源も解禁され、オフィシャルHPでの試聴も予定されているとのことなので、HP等をマメにチェックして欲しい。

また、日本屈指のクリエイターであるCentral67 木村豊氏がアートワークを手掛けるアルバム・ジャケットも同時に公開となった。これまでも数多くのパロディ・ジャケットを発表してきたニューエスト・モデルのコンセプトを継承したものとなっており、一見しただけで思わずニヤリとしてしまう作品に仕上がっている。ダブル紙ジャケ仕様のバックカバーや中面も凝りに凝ったものとなっているとのことだけに、現物を手に取れるリリース日が待ち遠しいところだ。

先月行なわれたソウル・フラワー・ユニオンの『ニューエスト・モデル結成30周年ツアー』は各地でチケット・ソールド・アウトの大盛況となったが、9月にはトリビュート参加アーティストをゲストに招いた『続・ニューエスト・モデル結成30周年ツアー』 と題したツアーが行なわれるほか、中川敬の弾き語りツアーも行なわれるので、こちらも是非チェックして欲しい。

■アルバム『ソウル・フラワー・ユニオン&ニューエスト・モデル 2016 トリビュート』

2016年8月3日(水)発売
CRCP-40473/¥3,000+税
※ダブル紙ジャケット仕様
<収録曲>
01. the 原爆オナニーズ / オモチャの兵隊 (1986年ソノシート『オモチャの兵隊』Newest Model )
02. BRAHMAN / ソーシャル・サーヴィス (1988年アルバム『Pretty Radiation』Newest Model)
03. 大森靖子 / ソウル・サバイバーの逆襲 (1989年シングル『ソウル・サバイバーの逆襲』Newest Model)
04. MONGOL800 / 海行かば 山行かば 踊るかばね (1996年アルバム『Electro Asyl-Bop』Soul Flower Union)
05. フラワーカンパニーズ / そら〜この空はあの空につながっている (2003年アルバム『Shalom! Salaam!』Soul Flower Union)
06. 二階堂和美 / 満月の夕(ゆうべ)(1995年シングル『満月の夕(ゆうべ)』Soul Flower Union)
07. 岸田繁(くるり) / 潮の路 (1998年アルバム『Lost Homeland』Soulcialist Escape)
08. チャラン・ポ・ランタン / 風の市 (1998年シングル『Each Little Thing』Soul Flower Union)
09. 怒髪天 / エンプティ・ノーション (1988年アルバム『Pretty Radiation』Newest Model)
10. スピッツ / 爆弾じかけ (1986年カセット・テープ『爆弾じかけ』Newest Model』)
11. 曽我部恵一 / 秋の夜長 (1990年シングル『雑種天国』Newest Model)
12. 中田裕二 / 青天井のクラウン (1999年シングル『青天井のクラウン』Soul Flower Union)
13. 仲井戸麗市 / 最前線ララバイ (2005年アルバム『Lorosae Mon Amour』Soul Flower Union)
14. 七尾旅人 / 寝顔を見せて (2007年シングル『寝顔を見せて』Soul Flower Union)

■アルバム『ザ・ベスト・オブ・ニューエスト・モデル 1986〜1993』/ニューエスト・モデル

2016年7月6日(水)発売
XBCD-1048〜1049/¥3,241+税
※2枚組36曲収録 / ダブル紙ジャケット / リマスタリング
■特設ページ http://www.breast.co.jp/soulflower/special/newestmodel30thanniversary/
■オフィシャル通信販売
http://www.ads405.jp/products/detail.php?product_id=1163

■『続・ニューエスト・モデル結成30周年ツアー』 

9月18日(日)  福岡 voodoo Lounge
ゲスト:中田裕二 
9月19日(月・祝日)  大阪 Music Club JANUS
ゲスト:チャラン・ポ・ランタン 
9月24日(土) 下北沢 GARDEN 
ゲスト:仲井戸麗市

【関連リンク】
ソウル・フラワー・ユニオン オフィシャルHP
ORANGE RANGE、MONGOL800とのコラボ曲「以心電信」の先行配信がスタート
スピッツ、新曲「コメット」がフジテレビ系連続ドラマ『HOPE〜期待ゼロの新入社員〜』主題歌に決定
THE COLLECTORS、豪華ミュージシャン集結が集結した『愛ある世界』リリース決定

【関連アーティスト】
BRAHMAN, スピッツ, フラワーカンパニーズ, 怒髪天, 中田裕二, くるり, ソウル・フラワー・ユニオン, 七尾旅人, MONGOL800, THE 原爆オナニーズ, NEWEST MODEL, 曽我部恵一, 二階堂和美, 岸田繁, チャラン・ポ・ランタン, 大森靖子
【ジャンル】
ジャパニーズロック

I Don\'t Like Mondays.、新曲「TONIGHT」がLINE MUSICで先行配信開始&新CM曲を公開
Mon, 04 Jul 2016 13:00:00 +0900
I Don’t Like Mondays. (okmusic UP\'s)

TBS系テレビ『CDTV』7月度エンディングテーマとして週末の夜を賑わしているI Don\'t Like Mondays.のニューシングル 「TONIGHT」が、7月4日(月)よりLINE MUSICにて先行配信スタートとなった。

【その他の画像】I Don\'t Like Mondays.

また、Billboard LIVE TOKYO 【LIVE FREELY vol.3】の模様もLINE LIVEにて配信されるということで、梅雨どきの憂鬱な月曜日でさえも持ち前のポジティヴ・ヴァイブスで吹き飛ばしてくれそうだ。

プロフィールBGM設定キャンペーンや、秋に行なわれる初の全国ツアーのLINE抽選先行も実施中で、さらに新曲「TONIGHT」を起用したLINE MUSICのTVCMが7月6日(水)よりオンエアされることも決定した。まだアイドラ未体験のLINEユーザーは是非この機会に彼らの魅力にハマってほしい。

さらに、「TONIGHT」のカップリングに収録される新曲「LIFE」が格安スマホ「スマモバ」CMタイアップに決定。こちらも7月4日よりスマモバのオフィシャルサイトにて公開された。CMは、田舎を離れて都会で暮らす池田エライザ演じる主人公が、久しぶりに帰省。再開した友人たちと豊かな自然のなかゆっくりと過ごす1日が描かれ、"離れていても色々な人とつながっている"というテーマが表現されている。タイトル通り人生の深遠を歌い上げた、これまでのアイドラのイメージを裏切るような壮大なバラードが、日本の景観美をたたえた映像とどう絡み合っていくのか、今後公開予定のCM続編の展開も楽しみに待ちたい。

■「TONIGHT」 LINE MUSIC 先行配信ページ
https://lin.ee/59jDv5z/lnms
■「スマモバ」オフィシャルサイト
https://smamoba.jp/

■「LIVE FREELY SPECIAL vol.3」

7月04日 (月) Billboard LIVE TOKYO
時間: 19:30 START
出演: I Don\'t Like Mondays. / カラテカ・入江慎也
https://live.line.me/r/channels/432/upcoming/6773

■「I Don\'t Like Mondays. 1stワンマンツアー」

10月30日(日)  宮城・HooK SENDAI
11月03日(木・祝)  福岡・DRUM Be-1
11月12日(土)  大阪・Music Club JANUS
11月13日(日)  愛知・名古屋アポロベース
11月19日(土)  東京・Zepp DiverCity (TOKYO)

【関連リンク】
I Don’t Like Mondays. オフィシャルHP
I Don\'t Like Mondays.がBillboard JAPAN LINE公式アカウント友だち限定イベントに出演決定
I Don\'t Like Mondays.、ニューシングル「TONIGHT」MV&初の全国ツアー詳細発表
I Don\'t Like Mondays.、待望の3rdシングルはサマー・アンセム!

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays.
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

GACKT、延べ12万人を動員したツアーがついにフィナーレ
Mon, 04 Jul 2016 12:30:00 +0900
7月3日@さいたまスーパーアリーナ (okmusic UP\'s)

3月19日(土)から始まったGACKTのツアー「GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月-LAST MOON-supported by Nestl?」が7月3日(日)、さいたまスーパーアリーナでフィナーレを迎えた。

【その他の画像】GACKT

7年ぶりに開催したGACKTのコンセプトツアー「VISUALIVE」は「音楽」「映像」「パフォーマンス」を余すことなく表現するライブ。約3 ヶ月に及ぶ30箇所42公演のツアーとなった(総動員12万人)。

ライブは15分押しの16時15分からスタート。スクリーンに映し出された義経演じるGACKT。ライブを見に来ているのにもかかわらず「映画」から始まる演出からして、唯一無二なライブを想像してしまう。物語は源義経と兄頼朝との戦い。幾つもの矢が刺さった義経=GACKTに頼朝の命令により放たれた矢が、まさに刺さろうとした瞬間に「ARROW」が流れ、ライブがスタート。花びらが散りゆく映像の中歌い上げる「花も散ゆ」、切ないバラード「RETURNER〜闇の終焉〜」と続く。熱き思いを「RIDE OR DIE」で歌いあげ、「暁月夜-DAY BREAKERS-」へ。そして場面は二幕目へと続く。

こちらは時代を遡った義経と、兄・頼朝との回想。2人の再会。義経の「義」を受け取ったにもかかわらず、兄頼朝「疑心」が招く悲しい未来への暗示。ライブを見ているにもかかわらず、まさに「自分」も物語の一人になっているように錯覚してしまう。

ステージは「ライブ」に戻り、美しい音色をGACKT本人が奏でる「泡沫の夢」、「斬〜ZAN〜」へと続く。「傀儡が如く」では、キレの良いロボットダンスを披露。まさにタイトルにある「傀儡=あやつり人形」かの如く、不気味さと、重厚さが織りなす濃厚な世界。まさに義経と、兄頼朝の不安な関係を演出しているようだ。そして「揺籃歌-LULLING-」を歌いあげ第三幕目へ。源義経と平教経との友情を表現する映像から一変し、スクリーンにはファンにはおなじみの神威♂楽園「イケメン研究部」のメンバーによるゲーム大会へ! 今までの張り詰めた心を解きほぐすが如く、楽しいゲーム大会の映像では客席から大爆笑のウェーブが巻き起こる。

そしてライブに戻り、弾けたステージが展開された。「ONE MORE KISS」、「MIRROR」の疾走感が気持ち良く、自然と声が出てしまう。(ファン)「GACKT―!」(GACKT)「聞こえませーん」のコール&レスポンスが絡み、会場はさらに一体していく。MC中には7月4日に誕生日を迎えるGACKTへ“サプライズ"でDJ KOO(TRF)、サウンドプロディーサーTAKUMIから誕生日ケーキ&花束のプレゼントが! 会場全体でBirthdayEVEを心から祝った。ライブに戻り「U+K」、「舞哈BABY!! -WooHa- (ウーハーベイビー)」、「恋のFRIDAY!!!」と会場を一体化させる楽曲が続き、梅雨のジメジメを吹き飛ばすような爽快な時間が繰り広げられた。

「キミだけのボクでいるから」はア・カペラからスタート。盛り上がりを浄化するような、爽やかなメロディーに胸が清くなっていく。映像とともに「P.S. I LOVE U」がスタート。深い愛情を表現する言葉に自然と胸が熱くなってくる。

そして、いよいよ四幕。義経のもとに集まる仲間たちとの宴。安らぎを感じながらも夢の中の話から目覚めた義経。最初の一幕の身体中に矢を受けたところに戻る。そして、先に行った仲間たちの元に向かうかの如く…ステージでは椅子にもたれ座り、崩れ堕ちそうなGACKTが「雪月花 -The end of silence-」を披露。仲間たちへのレクイエムのようだ。

メンバー、ダンサー、映像に映し出されたドラマの出演者とともにまるで包まれるように演奏は終了。4時間強にも及ぶライブは、エンドロールが流れ、この長きに渡るツアーが本当に終了したことを告げた。

と、突然新たな啓示が! エンディングロールにこの「VISUALIVE」の「2017年 ワールドツアー始動!」が告げられた。さらに10月からアニメ『TRICKSTER -江戸川乱歩「少年探偵団」より-』のオープニングテーマ「キミだけのボクでいるから」、そして怪人二十面相として声優出演することも決定した。さらにワールドツアーを経て「日本」での凱旋公演も開催することが決定した。情報はオフィシャルHPに随時アップされていくので心待ちにしてほしい。

■【セットリスト】

M01.ARROW
M02.花も散ゆ
M03.RETURNER 〜闇の終焉〜
M04.RIDE OR DIE
M05.暁月夜 -DAY BREAKERS-
M06.泡沫の夢
M07.斬 〜ZAN〜
M08.傀儡が如く
M09.揺籃歌 -LULLING-
SE.U+K UNPLUGGED
M10.ONE MORE KISS
M11.MIRROR
M12.U+K
M13.舞哈BABY!! -WooHa- (ウーハーベイビー)
M14.恋のFRIDAY!!
M15.キミだけのボクでいるから
M16. P.S. I LOVE U
M17. 雪月花 -The end of silence- ※

【関連リンク】
GACKT オフィシャルHP
GACKTからツアーファイナルに向けた最新メッセージが到着
MALICE MIZER、メジャー唯一のアルバム『merveilles』でも魅せた強烈な個性
YOSHIKI、自身の公式チャンネル放送にGACKTと高見沢俊彦が生出演

【関連アーティスト】
GACKT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

『Virgin Rocks 2』、大盛況のうちに終幕
Mon, 04 Jul 2016 12:00:00 +0900
6月30日(木)@『Virgin Rocks 2』(mezcolanza) (okmusic UP\'s)

ユニバーサルミュージック内のレーベル「Virgin Music」が主催するイベント『Virgin Rocks』。「Virgin Music」スタッフがおススメのロックをキュレーションするイベント『Virgin Rocks 2』が6月30日(木)に開催された。

【その他の画像】ベッド・イン

今回、元相対性理論のドラマーであり、現在は進行方向別通行区分をはじめ数々のバンド活動をおこなっている西浦謙助(奈良県出身)が主催する大人気イベント〜NISHIURA NIGHT〜をフィーチャリング、出演者は自身もドラマーとして参加するmezcolanza(メスコランサ)、ベッド・イン、町あかり、トッピングクラブの4アーティスト。

まずは謎のベールに包まれたトッピングクラブ。いきなりの爆音に会場を唸らせる。バンドメンバーには東京ヒップホップのキヨンセ、グラビアアイドルの水樹たま、HEREの武田将幸、三橋隼人、宮野大介、HEREのサポート・ベーシストでもあるユーノの壱、元ミドリのハジメタル、mezcolanzaのベースの岡野いずみ、the telephonesのドラムの松本誠治、そして西浦謙助の10人の構成員になっている顔ぶれ。10人が解き放つ爆音で客を圧倒し、序盤から大いに盛り上げる。

続いてピコピコハンマーの演出でおなじみの町あかりが登場。透き通った歌声がロックの聖地eggmanに潤いを与える。80年代のアイドルを彷彿とさせる雰囲気に懐かしさを感じさせる。客の日頃のストレスを解消させるため「コテンパン」でパンチを促し、「もぐらたたきのような人」では客を幸せにさせるため、伝家の宝刀ピコピコハンマーで客の頭をピコピコさせ、大いに盛り上げる。

そして、先日メジャー・デビューを発表したばかりの地下セクシーアイドル、ベッド・インが登場。場内はバブル時代のジュリアナを彷彿とさせる空間になり、会場のボルテージをさらにヒートアップ。独自のコール&レスポンスとMCで大いに盛り上げ、「GOLDの快感」を含む全4曲を披露し場内の御殿様方を大いに魅了させた。最後に「また、ベッド・インしようね」と言葉を残し舞台を後にしている。

最後に登場したのは、西浦謙助率いるmezcolanza(メスコランサ)。ボーカルの成瀬心美の爽やかな歌声と、バンド演奏が見事に調和され、超満員となった場内を大いに盛り上げた。無事第2回目のホストとしての大役をつとめあげた西浦謙助は「今日が来るまで色々不安で胃が痛かったですが、こんなに沢山のお客様にご来場いただいて、本当にもう心より感謝感謝でございます。」とコメントし、ホットした様子。出演アーティストの奏でる演奏&踊りが、熱いオーディエンスの方々と、つながり、素晴らしい才能を共有するライヴ、そして、さらに「大人の遊び場」としてふさわしい空間となった。“新たな息吹が生まれる場所"の意味合いを持つeggmanでこの日、またひとつ新種なロックムーヴメントが巻き起こった。

次回のイベント開催予定等は下記「Virgin Rocks」オフィシャルサイトにて後日発表の予定だ。

Photo by Yoshifumi Shimizu

【関連リンク】
「Virgin Rocks」オフィシャルHP
バブル系アイドル、ベッド・インがメジャーを発表
2016年はバブル元年!ベッド・インを攻略するためのバブリーな5曲
2016年はバブルの再来!? セクシーアイドル“ベッド・イン”が新年早々エロオモロトーク

【関連アーティスト】
ベッド・イン, 町あかり, mezcolanza, トッピングクラブ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

大原櫻子、フリートークイベントで新曲「サイン」をサプライズ歌唱
Mon, 04 Jul 2016 11:00:00 +0900
7月3日(日) @ラゾーナ川崎プラザ 2Fルーファ広場 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が7月3日(日)にラゾーナ川崎プラザ 2Fルーファ広場で開催したフリートークイベントで、2ndアルバム『V(ビバ)』のリード曲「サイン」、シングル「真夏の太陽」の2曲を約3,000人のファンに感謝を込めて、サプライズ歌唱した。

【その他の画像】大原櫻子

初の紅白歌合戦出場後に20歳を迎え、6月1日にリリースした5枚目のシングル『大好き』がオリコンウィークリーチャート5位を獲得、6月29日に1年3ヶ月ぶりとなる2枚目のアルバム『V(ビバ)』を発売した大原櫻子。今回のイベントは、2ndアルバム『V(ビバ)』の発売を記念して行われたもの。14:00頃、会場に駆け付けた3,000人のファンからの「さくちゃーーん!!」の呼び込みと拍手に応え、『V(ビバ)』をイメージした鮮やかなピンクの衣装を身に纏ってステージに登場した大原。「うわー!すごい人!」と360°を囲むファンの数に驚きを見せつつ、「こんにちはー!大原櫻子です!今日は短い時間ですが、よろしくお願いします!」と挨拶。そして、事前にTwitterでファンから募集していた質問に答えるQ&Aコーナーからイベントがスタート。「夏の思い出で最初に思い浮かぶものは?」「今まで一番の親子または姉妹ゲンカはいつ?その原因は?」「自分では普通だと思っていたけど、周りに指摘されて『あれ?これって私だけ?』と思ったことは何?」「10代のうちにやっておいた方がいいことは?」「一回だけ誰かになれるとしたら、誰になって何をしたい?」「今回のアルバムを一言で表すと?」など、バラエティー豊かな質問の数々にその場で応え、ファンを喜ばせた。

Q&Aのコーナーが終わると、MCからの「もう1つ、さくちゃんからプレゼントがほしいんだけど?」の問いかけに、大原自ら「今日、こんなにたくさんの方が集まってくださってるので…新曲を披露したいと思います!」と発表すると、嬉しいサプライズに会場からは大歓声が沸き起こる。「映画『カノジョは嘘を愛しすぎてる』の撮影が終わってすぐの頃に既に頂いていた曲で、大人っぽい私を見せられる一曲です。初披露なので緊張しますが、今日は私のことをご存知無い方もたくさんいらっしゃると思うので、聞いて頂けたら嬉しいです」とオーディエンスに呼びかけ、今回のアルバムのリード曲の新曲「サイン」を初披露。CD音源とは一味異なったピアノによるアレンジがより一層大原の歌声の魅力を引き出し、真剣に聞き入るファンの姿が多く見られた。そして、「せっかくなのでもう一曲、楽しい曲をやりたいと思います!みなさんのパワーで暑さを吹き飛ばしちゃいたいと思うので、一緒に手拍子で盛り上がってください!」と、「真夏の太陽」をアコースティックバージョンで熱唱。自らタンバリンを演奏し、元気いっぱいのジャンプで盛り上げるステージ上の大原に、観客からも熱い手拍子が贈られる。「ここに来てくれた皆さんに新曲を届けられて本当に良かったです。8月からツアーも始まるので、みなさん、ぜひ遊びに来てください!」とファンに呼びかけ、大原は大盛り上がりのステージを後にした。

今後は月9ドラマ「好きな人がいること」への出演、全会場ソールドアウトとなった8月からの全国ツアー「大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 〜CARVIVAL〜」の開催、そしてミュージカル「わたしは真悟」への出演と、止まることなく活動を続けていく大原。引き続きチェックしてほしい。

photo by 田中聖太郎

■大原櫻子 2nd Album「V(ビバ)」発売記念スペシャルイベント

■名古屋会場
日時:7月10日(日) 13:00 START
場所:ナディアパーク2F アトリウムイベントスペース
CD会場販売開始時間 10:00

■大阪会場
日時:7月10日(日) 17:00 START
場所:あべのキューズモール 3F スカイコート
CD会場販売開始時間 10:05

◎対象商品:
6月29日(水)発売 大原櫻子2nd Album「V(ビバ)」
【初回限定“VIVA盛盤”】VIZL-994/¥5,278+税
【初回限定“ミラクルミラー盤”】VIZL-995/¥3,889+税
【通常“VIVA盤”】VICL-64595/¥3,000+税
※通常“VIVA盤”は初回プレス分のみイベント券が封入されています。

◎特典
・オリジナルグッズ抽選会 特典
オリジナルポスター(B2)
・スタッフによる特典お渡し会 特典
オリジナルステッカーシート
※全会場共通です

◎会場限定対象商品購入者特典
オリジナル缶バッチ
※デザインは全会場共通です。
※対象商品を購入時にスタッフよりプレゼントします。
※イベント当日、指定のCD販売場で対象商品をご購入の方のみ対象となります。

■「大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 〜CARVIVAL〜」

8月05日(金)  厚木市文化会館
8月12日(金)  福岡サンパレス
8月13日(土)  長崎ブリックホール
8月17日(水)  東京エレクトロンホール宮城
8月19日(金)  札幌ニトリ文化ホール
8月26日(金)  米子市公会堂
8月31日(水)  ロームシアター京都 メインホール
9月02日(金)  広島上野学園ホール
9月04日(日)  鹿児島宝山ホール
9月09日(金)  富山県民会館
9月15日(木)  名古屋国際会議場 センチュリーホール
9月16日(金)  神戸国際会館こくさいホール
9月21日(水)  サンポートホール高松・大ホール
9月24日(土)  新潟県民会館
9月29日(木)  大阪オリックス劇場
9月30日(金)  大阪オリックス劇場 ※追加公演
10月04日(火) 東京 日本武道館
10月05日(水) 日本武道館 ※追加公演

【関連リンク】
大原櫻子 オフィシャルHP
大原櫻子、全会場ソールドアウトとなった2nd TOURのトレーラーを公開
大原櫻子、初の武道館公演が2DAYSに!
大原櫻子、2ndアルバムの詳細&ショートムービー「サイン」トレーラー映像公開

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP, イベント

Shout it Out、リリックMVに使用する写真を募集
Mon, 04 Jul 2016 00:00:00 +0900
Shout it Out  (okmusic UP\'s)

7月6日にメジャーデビューシングル「青春のすべて」をリリースするShout it Outが、「青春交換会」と題したイベントを開催する。これはリリック・ミュージックビデオに写真を提供してくれた方に、メンバーから“青いアイスキャンディー”を手渡すというもの。

【その他の画像】Shout it Out

「青春の一枚」をテーマに、思い思いの写真もしくは画像をメンバーに提供してもらい、後日メンバーで選定のうえ、8月中に公開予定の「青春のすべて」のリリック・ミュージックビデオの素材として使用されるとのこと。提供者にはお礼として、「青春のすべて」の歌詞およびミュージックビデオに青春を表すキーワードとして登場する“青いアイスキャンディー”が、メンバーから手渡しされる。

開催日の7月10日はVo&Gt山内彰馬の20歳のバースデー当日であり、東京での初ワンマンライブが渋谷のチェルシーホテルで開催されるが、そのチケットが即ソールドアウトとなったことから、落選したファンにも記念すべき日に何らかのかたちで歌を届けたいというメンバーの意向により、急遽アコースティックミニライブも開催することが決定。会場となるタワーレコード渋谷店でのCD購入者を対象としたサイン会も実施する。メジャーデビューに際し、「遠い存在になるのではなく、これまで以上に近い存在に感じてもらえるように」と話してきた通り、Shout it Outらしく新たなステップを踏み出す。

■「青春のすべて」ミュージックビデオ
https://youtu.be/f6WsVKFcyd0

■イベント「青春交換会」

開催日時:7月10日(日) 12:00〜
会場:タワーレコード渋谷店 4F イベントスペース

【関連リンク】
「青春交換会」イベント詳細ページ
Shout it Out、2マンツアーの大阪公演にSHE\'S が参戦
Shout it Out、メジャーデビューシングル「青春のすべて」の独占先行配信スタート
Shout it Out、7月から地元・大阪で初のラジオレギュラーDJに

【関連アーティスト】
Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1