歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年06月21日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/06/30
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
ましまろ、2ndアルバム発売&ライヴツアー開催決定
Tue, 21 Jun 2016 20:00:00 +0900
ましまろ (okmusic UP\'s)

2ndシングル「遠雷」のリリースを控えるましまろが、2ndアルバム『ましまろに』の発売決定とツアー『ましまろ ほーぼーツアー 2016』の開催を発表した。

【その他の画像】ザ・クロマニヨンズ

ましまろは1980年代の初頭、新宿JAM STUDIOで知り合った、ザ・クロマニヨンズの真島昌利、ヒックスヴィルの真城めぐみ・中森泰弘からなる“HIPでCOOLなFOLK&ROLL" 。2015年に突如現れ、全国各地の夏フェスの出演も決まって精力的に活動している。

ツアーは9月18日の福岡Gate\'s7を皮切りに、10月15日の北海道cube gardenまでの11会場12公演のライヴツアーとなる。また、アルバム『ましまろに』の収録内容は追って発表されていくので、追加の情報を待っていてほしい。

■『ましまろ ほーぼーツアー 2016』

9月18日(日) 福岡 Gate\'s7
9月19日(月・祝) 広島 広島クラブクアトロ
9月21日(水) 香川 高松DIME
9月23日(金) 大阪 梅田クラブクアトロ
9月24日(土) 愛知 ボトムライン
10月01日(土) 岡山 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
10月02日(日) 京都 京都磔磔
10月06日(木) 東京 渋谷クラブクアトロ
10月07日(金) 東京 渋谷クラブクアトロ
10月09日(日) 新潟 NEXS NIIGATA
10月10日(月・祝) 宮城 仙台darwin
10月15日(土) 北海道cube garden

【関連リンク】
ましまろ オフィシャルHP
ましまろ、2ndシングル「遠雷」を6月22日にリリース
くるり主催「京都音楽博覧会2015」、大盛況のうちに終了!
くるり主催の野外イベント「京都音博」出演者ラインナップがついに発表

【関連アーティスト】
ザ・クロマニヨンズ, ヒックスヴィル, ましまろ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

I Don\'t Like Mondays.、ニューシングル「TONIGHT」MV&初の全国ツアー詳細発表
Tue, 21 Jun 2016 19:00:00 +0900
I Don’t Like Mondays. (okmusic UP\'s)

I Don\'t Like Mondays.が7月20日に発売するニューシングル 「TONIGHT」のMV(Short Version)が公開となり、その詳細が明らかにされた。

【その他の画像】I Don\'t Like Mondays.

今作には表題曲「TONIGHT」のほか、カップリングには、「TONIGHT」とは対称的に、ストリングスを配し壮大なバラードとなった新曲「LIFE」、そしてelectronica調のアレンジで生まれ変わった1stアルバム『TOKYO』収録の「SING」がelectric versionとして収録される。シングルではありながらも、アイドラの音楽的多面性を楽しめる充実の内容だ。

公開されたMVは、今回も期待を裏切らないスタイリッシュな映像。ボーカルの悠と彼女役を演じるモデルの佐原モニカのラブラブデート・シーン、ファンクラブ「FRIDAY LOVERs」会員を応募招待して撮影された都内クラブでのライヴ・シーンを中心に今回も女子のハートを剛速球で撃ち抜きそうな仕上がりになっている。メンバーいわく「『TONIGHT』は、昼は海や屋外で友達と遊んで、さぁこれから夜遊び!というときのBGM、夕方から夜のドライブにもピッタリ!」とのこと。2016年夏、ちょっとオトナのサマー・パーティを盛り上げる格好の1曲と言えそうだ。

また、10月30日 宮城・HooK SENDAIを皮切りに全国5箇所で開催される、待望のアイドラ初の全国ツアーの詳細が発表された。東京以外での初のワンマン公演、さらにファイナルの東京公演は11月19日 東京・Zepp DiverCity (TOKYO)と、バンド史上過去最大キャパでの開催となる。これまでのワンマン公演においては演出にもこだわり、ライヴハウスであることを忘れてさせてしまうようなステージを繰り広げてきたアイドラが、初のツアーでどのような仕掛けを見せてくれるか、今から楽しみに待とう。

なお、チケットは一般発売に先駆けて本日6月21日より彼らのファンクラブ「FRIDAY LOVERs」会員最速先行を実施中(抽選制)。その他先行情報に関してもオフィシャルHPで随時チェックしてほしい。

リニューアルされたオフィシャルHP及び日本コロムビア特設サイトでは7月20日発売の「TONIGHT」CD購入特典詳細も発表された。「憂鬱な月曜日に・・・メンバーとの生電話」や「都内某所でのプレミアムリリースパーティ」への招待など興味深い企画が満載なので、こちらも要チェックだ。

■「TONIGHT」MV (Short ver.)
https://youtu.be/CBav9Fb5kFE

■シングル「TONIGHT」

2016年7月20日発売
COCA-17136/¥1,200+税
<収録曲>
1.TONIGHT
2.LIFE
3.SING (electric version)
4.TONIGHT (minus one)
5.LIFE (minus one)

■I Don\'t Like Mondays. 1stワンマンツアー

10月30日(日) 宮城・HooK SENDAI
11月03日(木・祝) 福岡・DRUM Be-1
11月12日(土) 大阪・Music Club JANUS
11月13日(日) 愛知・名古屋アポロベース
11月19日(土) 東京・Zepp DiverCity (TOKYO)

【関連リンク】
I Don\'t Like Mondays. オフィシャルHP
I Don\'t Like Mondays.、待望の3rdシングルはサマー・アンセム!
I Don\'t Like Mondays.のアーティストメシを紹介!
I Don\'t Like Mondays.、2ndワンマンライヴで初の全国ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays.
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Fear, and Loathing in Las Vegas主催企画にKEYTALK、ROTTENGRAFFTY
Tue, 21 Jun 2016 14:00:00 +0900
Fear, and Loathing in Las Vegas (okmusic UP\'s)

Fear, and Loathing in Las Vegasが自身初の主催イベント『MEGA VEGAS』のゲストアーティスト最終発表として、KEYTALK、ROTTENGRAFFTYの出演をアナウンスした。

【その他の画像】KEYTALK

両アーティストともに、ラスベガス自身がシンパシーを感じリスペクトするアーティストであり、既に発表されているでんぱ組.Incと合わせて、3アーティストが発表された。各アーティストの表現を余すところなく存分に楽しむ事が出来る、いわゆるライヴハウスの対バンのような1ステージ制とされるこのイベントは、夏フェスの中でもひと味違うイベントになること間違いないだろう。

なお、チケットの一般発売は今週末の6月25日土曜日からとのこと。早めにチケットを手にいれよう!

■「MEGA VEGAS」

8月19日(金) 大阪 舞洲サマーソニック大阪特設会場 (府民共済SUPERアリーナ内SONIC STAGE)
出演:Fear, and Loathing in Las Vegas/でんぱ組.Inc/KEYTALK /ROTTENGRAFFTY

【関連リンク】
Fear, and Loathing in Las Vegas オフィシャルHP
coldrain、「原点回帰全国ツアー」対バン第一弾豪華出演者を発表
KEYTALK、エネルギッシュな“夏・盆DANCE(ボンダンス)”を披露した新作MV公開
ORANGE RANGE、初の名古屋開催となる対バン企画にROTTENGRAFFTY出演決定

【関連アーティスト】
KEYTALK, Fear, and Loathing in Las Vegas, ROTTENGRAFFTY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

メーガン・トレイナー、ショーン・ポールなどのツアーに同行中のCommon Kings! いよいよIsland Reggaeがメジャーに!
Tue, 21 Jun 2016 18:00:00 +0900


Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からホットなisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています。
今年の夏は7月中頃までサンディエゴの兄のところに滞在して、カリフォルニアの『Island Reggae Fes』に参加! 7月末の『Mayjah Rayjah Music Fes』に合わせてハワイに帰る予定です。


【その他の画像】Common Kings

去年の『Island Reggae fes』でCommon Kings(コモンキングス)がバックステージに入れてくれたので今年も楽しみにしていたのですが、なんと今年の夏はショーン・ポールとヨーロッパツアー、Meghan Trainor(メイガン・トレイナー)と全米ツアーで、今回はは出ないみたい…。残念!
https://m.youtube.com/watch?v=VX3V9niR9cA

しかも、Fifth Harmony(フィフスハーモニー)ともコラボしているらしい...。このFifth Harmonyは2012年のXファクターで優勝したガール・グループで、2013年にデビュー。Billboard Hot 100で最高76位で50万以上のデジタルダウンロード、2014年には最優秀新人アーティスト賞を受賞した、特にアメリカの学生の間で人気大沸騰中のアイドルグループ。

Common Kingsは昨年ジャスティン・ティンバーレイクともオースラリアツアーも果たしたし、アメリカのアイドルからお声がかかるようになったらしい。来月全米ツアーに行くMeghan Trainorもアメリカでは大人気のアーティスト。Common Kingsのジュニアの歌声は抜群だし、Ivanのでっかいアフロを振り回して引くベースはまるでコメディアンで、ポップアーティスト達のお気に入りらしい。

最近ではJ Boog(ジェイ・ブーグ)がSnoop Dog(スヌープ・ドッグ)とコラボしたみたいだし 、アイランドレゲエがアメリカンポップとコラボやツアーに出かけるなんて、いよいよアイランドレゲエブームの到来かな?

今後のCommon Kingsの活躍が楽しみ! アイドル達とのコラボLiveも紹介しているので、是非Common KingsのLiveと新曲のPV観てみてね。

【関連アーティスト】
Common Kings
【ジャンル】


河合奈保子、尾崎紀世彦、堀江美都子ら収録ボサノヴァ・シティ・ポップ・コンピ発売決定
Tue, 21 Jun 2016 18:00:00 +0900
アルバム『TOKYO BOSSA NOVA CAFE』 (okmusic UP\'s)

日本のボサノヴァ・シティ・ポップを集めたコンピレーションCD『TOKYO BOSSA NOVA CAFE』が6月22日に発売される。

【その他の画像】河合奈保子

このジャンルの金字塔とも言えるやまがたすみこの「夏の光に」に始まり、ミッキー吉野アレンジの河合奈保子の自作曲「哀しみをしるまえに」、大野雄二が作・編曲した大人メロウな尾崎紀世彦の「LONELY AGAIN」、林哲司によるこども向けアルバムに収録された鈴木康博(元オフコース)の「でんでん虫のおやこ」、テレビアニメ『花の子ルンルン』からアニソンの女王、堀江美都子が歌う珠玉のメロウ・ボッサ「夢であなたと」など、“あのアーティストがボサノヴァを?"という意外性にあふれた、隠れた名曲 20トラックが収録されている。

【関連リンク】
日本コロムビア『TOKYO BOSSA NOVA CAFE』商品ページ
実は3パターンあった!「セーラームーンCrystal」第3期テーマ曲に堀江美都子、ももクロ、ちびうさ、タキシード仮面
ささきいさお、全36曲4時間にもおよぶパフォーマンスで観客魅了、野島昭生と「ナイトライダー」生アフレコも
「動物戦隊ジュウオウジャー」主題歌に堀江美都子が参加、「秘密戦隊ゴレンジャー」以来41年ぶり

【関連アーティスト】
河合奈保子, 尾崎紀世彦, 堀江美都子, やまがたすみこ
【ジャンル】
J-POP

ガールズグループROZE、サマーライヴで美脚ダンス!
Tue, 21 Jun 2016 17:00:00 +0900
ROZE (okmusic UP\'s)

個性派6人組ガールズグループとしてROZEが、1stシングル「PIPIPAL(ピピパル)」のリリースを記念して、6月19日に初のリリースイベントを池袋サンシャインにて行った。

【その他の画像】ROZE

会場に集まったファンを前に、ミニライヴ形式で「PIPIPAL」、「LINER」、「RAINBOW」の3曲を歌唱し、彼女らの特徴的なタケノコダンスを披露した。MCでは、隣にいるメンバーを初めて見た時の第一印象や、将来リリイベで行きたい地域など、終始笑顔で賑やかなガールズトークを聞かせた。

また、前日深夜に放送されたフジテレビの『ミューサタ』では番組内でメンバーから8月14日にサマーライブの開催決定が発表され、驚くべき高身長6人によるセクシーなステージがこの夏繰り広げられることになる。初地上波出演を果たし、初リリイベでファンを握手を交わし、まさにバラ色に染まるかのようなスタートを切ったROZEにこれからも注目が集まるだろう。

■『ROZE SHOW THE SUMMER』

8月14日(日) 東京 四谷LOTUS
出演:ROZE/opening act青木歌音

【関連リンク】
ROZE オフィシャルHP
ROZE、ファーストライブ目前に新MV公開
Hilcrhyme、新曲「パラレル・ワールド」発売を記念して初LINE LIVE配信決定
MACHINA、白熱のギャラリーイベントにて2nd EPリリースを発表

【関連アーティスト】
ROZE
【ジャンル】
女性アイドル, イベント

Saku、新曲「君色ラブソング」先行配信スタート&リリースイベントツアー開催決定
Tue, 21 Jun 2016 16:00:00 +0900
Saku (okmusic UP\'s)

Sakuの3rdシングル「君色ラブソング」の先行配信がスタートした。

【その他の画像】Saku

同曲は山形さくらんぼテレビの年間キャンペーンソングとして現在、大量オンエア中。配信にあわせ公開されたティザー映像は、江ノ電や七里ガ浜の海をバックに夏らしい爽やかな雰囲気の中、Sakuとデートをしているようなまぶしくてキュンとする内容となっている。

さらに、「君色ラブソング」のリリースイベントの開催が決定。『つながれ!大Saku戦』と題して、スペシャルなプレゼント企画を実施予定。詳細は追って HPで発表されるとのことなので、楽しみに待とう。

■Saku『君色ラブソング』リリースイベントツアー“つながれ!大Saku戦"

6月28日(火)19:30〜
場所:タワーレコード 横浜ビブレ店 店内イベントスペース
イベント参加券配布対象店舗:タワーレコード 横浜ビブレ店
6月29日(水)19:30〜
場所:タワーレコード 池袋店 6Fイベントスペース
イベント参加券配布対象店舗:タワーレコード 池袋店
6月30日(木)21:00〜
場所:タワーレコード 新宿店 7Fイベントスペース
イベント参加券配布対象店舗:タワーレコード 新宿店
7月02日(土)13:00〜/15:00〜
場所:イオン東根店
イベント参加券配布対象店舗:バンダレコード イオン東根店
7月03日(日)17:30〜
場所:ラ チッタデッラ 中央噴水広場
イベント参加券配布対象店舗:タワーレコード 川崎店
7月09日(土)12:00〜
場所:タワーレコード 広島店 店内イベントスペース
イベント参加券配布対象店舗:タワーレコード 広島店
7月09日(土)16:00〜
場所:タワーレコード 梅田NU茶屋町店 イベントスペース
イベント参加券配布対象店舗:タワーレコード 梅田NU茶屋町店
7月09日(土)19:00〜
場所:タワーレコード 難波店 5Fイベントスペース
イベント参加券配布対象店舗:タワーレコード 難波店
7月10日(日)18:00〜
場所:タワーレコード 町田店
イベント参加券配布対象店舗:タワーレコード 町田店

【イベント内容】
ミニライヴ+アナザージャケットサイン会
【イベント参加方法】
対象店舗または当日会場にて、上記対象商品をご購入頂いた方に先着でイベント参加券を差し上げます。
イベント参加券1枚につき1回、ミニライブ終了後のアナザージャケットサイン会にご参加いただけます。
※イベント参加券は無くなり次第終了ですのでお早めにお買い求めください。
※ミニライヴの観覧はフリーとなります。

【関連リンク】
Saku オフィシャルHP
Saku、「君色ラブソング」ジャケット写真公開&アコースティックライブ開催決定
Saku、新曲発売決定&デビュー1周年記念日にはしごライヴ
Saku、さくらんぼテレビの年間キャンペーンソングに「君色ラブソング」を描きおろし

【関連アーティスト】
Saku
【ジャンル】
J-POP

THE COLLECTORS、豪華ミュージシャン集結が集結した『愛ある世界』リリース決定
Tue, 21 Jun 2016 15:30:00 +0900
THE COLLECTORS -30th Anniversary Session- 参加アーティスト (okmusic UP\'s)

THE COLLECTORSのバンド結成30周年を祝福して、豪華ミュージシャンが参加した「愛ある世界」がリリースされることがわかった。

【その他の画像】BRAHMAN

1993年に発表された本楽曲が総勢19名の豪華ミュージシャンによる珠玉のセッションで、鮮やかに蘇った。これまでに例のないセッションは、全音楽ファン必聴の仕上がりとなっている。

ジャケットのカヴァーイラストは、大人気ポッドキャスト「池袋交差点24時」のヘヴィ・リスナーである高校1年生の作品を起用。愛ある世界感に仕上がった。 なお、作品の一部をいち早く確認できるトレーラー像も公開されている。

夏は多くのフェスに出演し、9月には24枚組BOX SETとファン投票BEST盤をリリースするなど、勢いが止まらないTHE COLLECOTRSから目が離せない。

■THE COLLECTORS 30周年特設サイト
http://columbia.jp/collectors30th/
■THE COLLECTORS オフィシャルHP
http://thecollectors.jp/

■THE COLLECTORS -30th Anniversary Session-「愛ある世界」トレーラー
https://www.youtube.com/watch?v=uiUoBPcplok

■シングル「愛ある世界」

2016年7月20日発売
COCA-17201/¥2,000+税
<収録曲>
01.愛ある世界 -30th Anniversary Session-
02.愛ある世界 -30th Anniversary Session- 加藤ひさしVocal Ver.
03.愛ある世界 1993 Original Ver.
04.愛ある世界 -30th Anniversary Session- RADIO EDIT
05愛ある世界 -30th Anniversary Session- instrumental

◎THE COLLECTORS -30th Anniversary Session- 参加アーティスト
■VOCAL
奥田民生
甲本ヒロト(ザ・クロマニヨンズ)
鈴木圭介 (フラワーカンパニーズ)
TOSHI-LOW (BRAHMAN) 
藤井フミヤ
増子直純(怒髪天)
山中さわお(the pillows)
吉井和哉
加藤ひさし(THE COLLECTORS)
■BACKING VOCAL
真城めぐみ (ヒックスヴィル/ましまろ)
畠山美由紀
■GUITARS
會田茂一
真壁陽平
古市コータロー (THE COLLECTORS)
■BASS
ウエノコウジ (the HIATUS)
■DRUMS
クハラカズユキ (The Birthday)
■PIANO
山本健太
■PERCUSSIONS
朝倉真司
■Piano(Intro) / SYNTHESIZER / TAMBOURINE
高野勲
■PRODUCER
高野勲

■『THE COLLECTORS 30th Anniversary Tour “On The Million Crossroads Rock"』

10月01日(土) HEAVEN\'S ROCK 熊谷 VJ-1
10月07日(金) 周南] LIVE rise
10月08日(土) 熊本 B.9 V1
10月10日(月) 岡山 IMAGE
10月15日(土) 柏 ThumbUp
10月22日(土) 大阪 大阪城野外音楽堂
11月03日(木) 福井 CHOP
11月05日(土) 岐阜 ants
11月06日(日) 浜松 FORCE
11月12日(土) 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
11月13日(日) 郡山 CLUB#9
11月20日(日) 水戸 LIGHT HOUSE
11月22日(火) 札幌 cube garden

【関連リンク】
今年も超豪華な松崎しげるプレゼンツ「黒フェス」、第1弾出演アーティスト発表!
the HIATUS、5thアルバムのタイトル&収録内容の詳細決定
八代亜紀、「FUJI ROCK FESTIVAL \'16」への初出演が決定
フラカン主催イベントにサニーデイ・サービス&東京カランコロン出演決定

【関連アーティスト】
BRAHMAN, the pillows, 吉井和哉, 奥田民生, フラワーカンパニーズ, 怒髪天, The Birthday, 藤井フミヤ, THE COLLECTORS, 畠山美由紀, 甲本ヒロト, the HIATUS, ましまろ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

「Musicians Hackathon 2016」の参加ミュージシャンが明らかに
Tue, 21 Jun 2016 15:00:00 +0900
「Musicians Hackathon 2016」 (okmusic UP\'s)

エンターテインメント業界横断型の起業支援コンペティション、START ME UP AWARDSが主宰するハッカソンイベント「Musicians Hackathon 2016」の参加ミュージシャンが発表された。

【その他の画像】浅田祐介

数ある音楽系ハッカソンに対し、第一線で活躍中の音楽家、サウンドプロデューサーがチーム組成に加わるハッカソンは世界でも珍しい試み。プログラマーとアーティストがタッグを組み、化学反応を起こすことにより面白いプロダクト・サービスが作り出される。

第1回 最優秀賞『日本パーティ党』“Music Dance”は、2015年アートインコンテナ国際コンペティション(神戸ビエンナーレ組織委員会事務局主催)入賞。第2回 最優秀賞『SHAKIN\'』は、事業化にむけて準備中だ。

イベントの結果が繋がり始めている「Musicians Hackathon 2016」に、大いに期待しよう。

■日本パーティ党 公式サイト
http://hacklog.jp/works/1760
■SHAKIN\' 公式サイト
http://shakin.live/

■【「Musicians Hackathon 2016」イベント概要】

7月16日(土)〜17日(日)
場所:朝日新聞メディアラボ 渋谷分室
<参加ミュージシャン>
※2016年6月20日現在
浅田祐介*イベントキャプテン / 浅岡雄也 / 伊藤涼 / 小南千明 / 島野聡 / 守尾崇 / NORO / 水島康貴 / 渡部高士

【関連リンク】
「Musicians Hackathon 2016」オフィシャルHP
START ME UP AWARDS オフィシャルHP
浅田祐介プロデュース・楽曲提供オーディション優勝者、かなななが初の楽曲配信
相川七瀬キャリア初のカバーアルバムは、なんともワクワクする内容に!

【関連アーティスト】
浅田祐介, 浅岡雄也, NORO, 伊藤涼, 小南千明, 島野聡, 守尾崇, 水島康貴, 渡部高士
【ジャンル】
イベント

HY+BIGMAMA、新曲「シンクロニシティ」 MV解禁
Tue, 21 Jun 2016 15:00:00 +0900
「シンクロニシティ」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

HY+BIGMAMAのコラボレーション楽曲「シンクロニシティ」のMVが解禁された。

【その他の画像】BIGMAMA

HYとBIGMAMA、2つのバンドのシンクロニシティ=?意味のある偶然の一致“から生まれたコラボレーション。表題曲でリード曲である「シンクロニシティ」は、10人で楽器をシンクロして奏でる共作で、MVには不思議な切っ掛けでルーブ・ゴールドバーグ・マシンが作動しHYとBIGMAMA、2つのバンドの演奏がシンクロする。

BIGMAMAが以前より同世代のバンドとしてリスペクトしていたHYにオファーし、実現したこのコラボ。もともとある偶然の一致として、両バンド編成(5人組、女性1人構成)、同世代などの共通項がそもそもあった中、実際に楽曲制作にする中、作曲・演奏などでお互いの共通項を拡大してシンクロさせ、素晴らしいコラボ楽曲が仕上がった。

撮影監督を担当したのは、掛川康典。MV制作にあたり、スタッフは楽器編成がほぼ被っているバンド編成をどのように魅せていくかに苦労したとのこと。例えば、ドラムを2台並べての撮影や、ベースが2人居ることなどで、実際の撮影には、通常のバンド形態の2倍の撮影行程が掛かった。 また、ルーブ・ゴールドバーグ・マシンの仕掛けを撮影するのはトライアンドエラーの繰り返しとなり、総撮影に17時間を要した。

■「シンクロニシティ」 MV
https://www.youtube.com/watch?v=-NCKa-AJqhE

■【アルバム制作にあたり本人コメント】

■新里英之(HY)
ハイサイHYボーカルの英之です。今回、嬉しい事にHYにとって始めての新しいチャレンジになります。BIGMAMAさんのライブを見た時、僕は、透き通る美しい湖の中に自分が居るような感じになり、そして、心がその力漲る水に癒されました。僕達HYも沖縄の自然を感じながら曲を作る事が多いので、そこにBIGMAMAとHYの繋がりを感じました。また、自分達の素直な気持ちを音楽に表現し、メンバー皆が同じ方向を向いている、そんな彼らのチームワークにも感動を受けました。それも、HYと共通な部分。この偶然の出逢いを大切にし、 素敵な瞬間を届けたいと思います。そしてHY&BIGMAMAのファンの皆様がそこに色を付けていく!どうなるかなぁ〜?是非、楽しみにしていてください!

■金井政人(BIGMAMA)
(お互いのバンドの共通点として)4人のMENSに紅一点の女性メンバー。隣にいるような親近感で、どこまでも果てしなくピースなライブをするところ。時間や、場所、方法は違えど、どこかで繋がっているような不思議な感覚。今回嬉しいご縁があってひとつの作品を一緒に作ることになりまして、とても光栄に思いつつ、誰よりもワクワクしています。HYファン、BIGMAMAファンのみならず、全ての音楽ファンを魅了するようなそんな作品に!という気持ち、野望、適度な下心。お楽しみに。

【関連リンク】
HY+BIGMAMA オフィシャルHP
HY+BIGMAMA、ファンSNS企画スタート&アルバム詳細を解禁
いち早く、夏を先取りしたい5曲
真夏の恒例イベント「UKFC on the Road 2016」、第一弾発表はART-SCHOOLやPOLYSICSら6組

【関連アーティスト】
BIGMAMA, HY, HY+BIGMAMA
【ジャンル】
ジャパニーズロック

家入レオ、映画『ペット』イメージソング抜擢で初となる映画楽曲を担当
Tue, 21 Jun 2016 14:30:00 +0900
家入レオ (okmusic UP\'s)

ユニバーサル・スタジオとイルミネーション・エンタテインメントが再びタッグを組んだ最新作『ペット』のイメージソングとして、家入レオの新曲「Brand New Tomorrow」が起用されることが決定した。

【その他の画像】家入レオ

今回の起用に関して配給の東宝東和は、「本作のイメージソングにふさわしい、かつ、“ペットを飼っている"アーティストを探していたところ、まさに条件にぴったりな家入さんに満場一致でオファーを決定。その後、正式オファーしたところ、幸運にも7月6日に発売されるニューアルバムの中に、聴いた誰もが前向きな気持ちになれて、明日への希望を与えてくれる曲がありました。それは運命的と思えるほどに作品のイメージにぴったりとハマり、本国ユニバーサル・スタジオ/イルミネーションの製作者からも、『非常に素晴らしい楽曲!』とのお墨付きをもらったことから、今回の楽曲タイアップが実現いたしました」と話している。

家入は今回の起用について「実家で自分もミニチュア・ダックスフンドを飼っているので、ペットに対する愛情だったり絆っていうのを歌でも表現したいな、って曲も制作していたりしたので、その曲がこういう形で選んでいただけてうれしかったです!」と運命的なオファーにコメント。また映画への初の楽曲提供ということに「この映画は夏公開ということで、小さいお子さんから幅広い人の心に感動を呼ぶ映画だなって思いますし、そういう作品に携わらせていただいて、本当に幸せだなって思います。『ペット』って本当に世代を選ばない映画だと思うんです。大人の人で「アニメって子供のものだ」って思ってしまう人もいるかもしれないですけど、忘れかけているワクワクした気持ちとか、ドキドキした気持ちを、ストレートに伝えてくれる映画になっているので、たくさんの人に観てもらいたいです!」ともコメントしている。

6月21日より家入レオオフィシャルホームページでは「Brand New Tomorrow」ほかニュー・アルバム『WE』から一部楽曲の先行試聴もスタートしているので、ぜひそちらをチェックしてアルバム発売を楽しみにして欲しい。

【関連リンク】
家入レオ オフィシャルHP
家入レオ、 フジテレビ系『FNSうたの夏まつり』出演が決定
【連載コラム】稚菜、家入レオの「僕たちの未来」をカバー
家入レオ、ニューアルバム『WE』詳細&トレーラー映像を解禁

【関連アーティスト】
家入レオ
【ジャンル】
J-POP, 映画

Plastic Tree、写真家・宮澤正明氏による新曲のアートワークとMVを解禁
Tue, 21 Jun 2016 13:30:00 +0900
Plastic Tree (okmusic UP\'s)

世界的な写真家・宮澤正明が手がけた、Plastic Treeの38枚目となるシングル「サイレントノイズ」のアートワークとMVが公開された。

【その他の画像】Plastic Tree

また、商品の詳細も明らかになった。今作はMV収録の初回限定盤A、前述宮澤正明氏撮り下ろしのフォトブックが付属した初回限定盤Bの他に、ゲームとコラボした「Collar×Malice盤」も同時発売。「Collar×Malice盤」はゲームのキャラクターデザインを手掛ける花邑まいによるスペシャル書き下ろしジャケットとなっている。そして、封入特典にはなんと、花邑まい氏書き下ろしのメンバーイラストトレカが全4種からランダム1枚を封入。花邑氏によるメンバーイラストはまだ公開されてないが、こちらも楽しみに待とう。

さらに、『V-NATION』や3年連続となる『ROCK IN JAPAN FESTIVAL』への出演や、
シングルリリース後の9月からスタートするツアーのタイトルも決定「Plastic Tree秋ツアー2016『Black Silent/White Noise』」と銘打たれた全7公演で、ツアーファイナルの東京公演は10月10日東京国際フォーラムホールA。バンドのキャリア上初となる東京国際フォーラムホールAでの公演だけに、こちらもぜひチェックしてみよう。

(C)2016 IDEA FACTORY/DESIGN FACTORY

■「サイレントノイズ」 MV
https://youtu.be/hiGLrqBxdDc

■シングル「サイレントノイズ」

2016年8月17日発売
【初回限定盤A】 (CD+DVD)
VBZJ-21/¥1,800+税
【初回限定盤B】 (CD+ブックレット)
VBZJ-22/¥1,800+税
豪華フォトブックレット付属
【通常盤】(CD)
VBCJ-30010/¥1,200+税
※初回プレス分のみの封入特典:メンバーフォトトレカ/全4種からランダム1枚封入
<収録曲>
■CD
1.サイレントノイズ
2.静かの海
3.シンクロ
4.サイレントノイズ(Instrumental)
■DVD ※初回限定盤Aのみ
「サイレントノイズ」Music Video

【Collar×Malice盤】(初回限定生産)
※花邑まい氏による書き下ろしジャケット
※封入特典:花邑まい氏書き下ろしのメンバーイラストトレカ/全4種からランダム1枚封入
VBCJ-30009/¥1,200+税
<収録曲>
1.サイレントノイズ(Collar×Malice mix)
2.静かの海(Collar×Malice mix)
3.シンクロ(Collar×Malice mix)
4.サイレントノイズ(game size)

■【Plastic Tree秋ツアー2016「Black Silent/White Noise」】

9月10日(土) 大阪 クラブクアトロ
9月17日(土) 仙台 Rensa
9月22日(木・祝) 新潟 LOTS
9月24日(土) 長崎 DRUM Be-7
9月25日(日) 福岡 DRUM LOGOS
10月01日(土) 名古屋 ボトムライン
10月10日(月・祝) 東京国際フォーラムホールA

【関連リンク】
Plastic Tree オフィシャルHP
Plastic Tree、PS Vita用ゲームOP主題歌の新曲「サイレントノイズ」を7月27日にリリース
A9、2016年第1弾ライヴでPlastic Treeと2マン
Plastic Tree、アルバム『剥製』から自身初となるハイレゾ配信がスタート

【関連アーティスト】
Plastic Tree
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Hilcrhyme、新曲「パラレル・ワールド」発売を記念して初LINE LIVE配信決定
Tue, 21 Jun 2016 13:00:00 +0900
Hilcrhyme (okmusic UP\'s)

Hilcrhymeが初となるLINE LIVE番組『パラレル LINE LIVE』を、6月29日に配信することが決定した。

【その他の画像】Hilcrhyme

都内某所から生放送されるこの番組では、Hilcrhymeがこれまでの10年を振り返ったり、同日リリースする新曲「パラレル・ワールド」や9月3日に全国の劇場で公開される3Dライヴ映画について語り尽くすので、お見逃しなく!

配信日時:6月29日(水)22:00〜22:30
配信URL: https://live.line.me/r/channels/808/upcoming/6570

【関連リンク】
Hilcrhyme オフィシャルHP
TOC、8月31日にシングル「過呼吸」でメジャーデビュー決定
Hilcrhyme、結成10周年スペシャル公演となる新潟 朱鷺メッセ ワンマンを発表
Hilcrhymeの3Dライヴ映画、9月に公開!

【関連アーティスト】
Hilcrhyme
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

Nulbarich、6月22日に1stシングル「Hometown」をリリース!
Tue, 21 Jun 2016 12:30:00 +0900
Nulbarich (okmusic UP\'s)

突如シーンに登場した謎多きバンドNulbarichが、6月22日にシングル「Hometown」を発売する。

【その他の画像】Nulbarich

日本の音楽シーンにおける新たな才能の登場として各方面から大きな注目を集めているNulbarichは、ソウル、アシッド・ジャズなどをベースに唯一無二のグルーヴを奏でるポップ・ロック・バンド。

バンド名と音源、そして謎のキャラクターといったわずかな情報しか出ていないにも関わらず、早くもJ-WAVEではヒットの予感大と記され、ラジオメディアや耳の早いリスナーから“和製Jamiroquai”、”和製Maroon 5”も評されるなど、その実力は明らか。SNS上でも「国産とはおもえない。」「とんでもなくかっこいい音楽に出会った。。」など多数の声が上がっている。

6月22日に発売されるシングル「Hometown」のリリース前に、18日に行われた『YATSUI FESTIVAL! 2016』に出演し、駆け付けた耳早リスナーの前でシングル収録の「Hometown」、「Fallin’」など計6曲を披露し、大盛況のうちに幕を閉じた。

7月には、韻シストBANDとの対バン・イベントが決定する等、各方面からイベントオファーが殺到中のNulbarich。全国各地にその名を轟かせるのも時間の問題であり、2016年最も注目を集める新人といっても過言ではない彼らの動向に、ぜひ注目してもらいたい。

■シングル「Hometown」

2016年6月22日発売
NCS-10118/¥1,000+税
※タワーレコード限定・会場限定シングル
<収録曲>
01. Hometown
02. NEW ERA
03. Fallin’
04. Hometown (Instrumental)

◎先行配信シングル「Hometown」
2016年6月22日配信
iTunes Store、レコチョク等主要配信ストアにて配信

■【イベント・ライブ情報】

韻シストBAND とのツーマンイベント
7月15日(金) 代官山LOOP 

「音霊OTODAMA SEA STUDIO」
8月15日(月) 由比ヶ浜

■「Hometown」ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=OVmJl2uO2RU

【関連リンク】
Nulbarich オフィシャルHP

【関連アーティスト】
Nulbarich
【ジャンル】
ジャパニーズロック, R&B/ソウル

TSUTAYA O-EASTや六本木KENTO\'Sなど、急増する外国人観光客に大手ライブハウスグループが対応開始。
Tue, 21 Jun 2016 12:00:00 +0900
TSUTAYA O-EASTや六本木KENTO\'Sなど、急増する外国人観光客に大手ライブハウスグループが対応開始。 (okmusic UP\'s)

TSUTAYA O-EAST、TSUTAYA O-WEST、TSUTAYA O-nest、TSUTAYA O-Crestや六本木KENTO\'Sを都内に、他にもYokohama O-SITEなど複数のライブハウスを運営する株式会社シブヤテレビジョン(東京都渋谷区)は、電話通訳会社であるブレインプレス株式会社(東京都新宿区)と協業し、外国人利用者向けの取組みとして通訳サービスの提供を開始する。


【その他の画像】

通訳対応言語は、英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語の5カ国語からスタートし、今後拡大していく予定。
 
日本の文化は海外でも盛況しており、JAPAN-EXPOやハイパージャパンなど音楽シーンにも多大な影響を与えている。
そういったことから、文化の中心でもある渋谷や六本木エリアは、訪日観光客が最も訪れるスポットの1つにもなっており、今後さらなる外国人観光客需要の拡大が予想されることから、ライブを観たいと訪れた際などの対応を強化する展開となる。

なお株式会社シブヤテレビジョンは、同社が運営する写真スタジオ「FOTO-JO秋葉原」、「FOTO-JO高田馬場」にも同通訳サービスを導入し、日本文化の発信に取り組んでいく。

2020年のオリンピックを目がけ拡大するであろう外国人需要に対し、エンターテインメント業界が対応していくことによって、シーンが活性化されていくことを期待する。

【関連アーティスト】

【ジャンル】
その他

近藤晃央、地元・名古屋にて約3年振りとなる全国ツアーに幕
Tue, 21 Jun 2016 11:00:00 +0900
6月19日@名古屋ボトムライン (okmusic UP\'s)

近藤晃央の約3年振りとなる全国ツアー「近藤晃央 2nd ONEMAN TOUR〜IRIE LAND〜」のファイナル公演が6月19日(日)、彼の地元である名古屋ボトムラインで行なわれ、大盛況のうちに終了した。

【その他の画像】近藤晃央

優しくも幻想的なSEと照明の中、メンバーが登場。最後に手に小型の拡声器を持った近藤晃央が登場し、アルバムのオープニングを飾るエネルギッシュなナンバー「グラデーションフライ」からライブはスタートした。「IRIE LAND、ツアーファイナル。この日を楽しみにして来ました。ただいま、名古屋!」、「テーマパークをイメージしたツアー、ライブです。楽曲の振り幅を一緒に楽しんでください。まずはかわいい世界をお見せします!」というMCの後スタートしたのは、東建コーポレーション株式会社 ホームメイトテレビCMソング「かわいいひと」。さわやかでキュートな楽曲が終わった後は一転して、SEでステージはダークな世界観に。「あの娘が嫌い」「理婦人ナ社会」と嫉妬心やストレスを歌った楽曲を披露し、MCの通り、振れ幅の大きな、まさにテーマパークのようなダイナミックな展開で客席を圧倒した。

バラードコーナーで、アルバムのリード曲「恋文」、実姉の結婚式のために書き下ろしたウエディングシーズンにぴったりの「六月三日」を歌いあげた後は、会場全体で楽しめるコーナーへ。アルバムの中でも異彩を放つ、擬音語をテーマに姪っ子のために書いた楽曲「なんのおと?」では、会場から歌詞に無い擬音語を募集。即興で歌詞を考えて歌い、会場は大いに盛り上がった。また、続く「わらうた」では客席にシャボン玉が降り注ぐ演出で、会場はキラキラとした幻想的な空間となった。

「まだまだ行ける? ここがMAX盛り上がる場所だからね!」というMCの後、エレキギターを手に、アルバムを代表するアグレッシブでキャッチーなナンバー「ビビリーバー」、そして、シングル曲でもあるグルービーな楽曲「テテ」を披露。Ba.高間有一、Dr.ターキー、Key藤井洋、G.鈴木督和と、名うての、且つ、気心の知れたメンバーによる、迫力ある演奏で、会場はさらに一体となった。

本編最後は「心情呼吸」。この3年間を振り返る、音楽に対しての熱い想いを語ったMCの後、2ndアルバム『アイリー』を作る上で重要な楽曲となった、このシングル曲を、想いを込めて歌い上げ、本編は終了した。

アンコールでは、まずはしっとりとピアノと自身のギターのみで「アイリーズ」を披露。自身で全てのデザインを行なったグッズの紹介コーナーの後、引き籠りだった小学校から中学校、3年間の自分に向けた楽曲「月光鉄道」を歌い上げ、会場は大きな拍手に包まれた。

最後の最後は近藤晃央のみ、1人ステージに。さらにギターを持って客席に降り、フロアーの真ん中に座ると、照明も消し、マイクも通さず、自らマッチで灯したキャンドルの光だけで、生声と生のギターの音だけでアルバムのラストを飾るナンバー「ともしび〜いのちのうた〜」を堂々と歌い上げ、会場はさらに温かく大きな拍手に包まれて、ツアーファイナルはフィナーレを迎えた。

ツアーを終えたばかりの近藤晃央だが、30歳の誕生日となる8月6日(土)には『ACOLOGIA vol.7〜近藤晃央 30 Birthday One Man〜』と題した、バースデーアコースティックライブを東京:ヤマハ銀座スタジオにて開催する。さらにこの日、ステージにて、今回の全国ツアーで行けなった札幌、仙台、岡山、そして東京を回る「ACOLOGIA 〜akissa at kissa〜」と題した、カフェライブツアーを実施する事も発表した。全国ツアーは終了したが、まだまだこの2nd『アルバム』アイリーを持って新たな場所を精力的に回って行くとの事なので、是非、各地ライブに足を運んで頂き、近藤晃央の想いの籠った生の歌声を感じてみて欲しい。

■【ライブ情報】

『ACOLOGIA vol.7〜近藤晃央 30 Birthday One Man〜』
8月06日(土) 東京:ヤマハ銀座スタジオ
開場 16:30 開演 17:00

『近藤晃央 Cafe Live Tour「ACOLOGIA〜akissa at kissa〜」』
「ACOLOGIA vol.8〜akissa at kissa〜」
8月21日(日) 北海道 札幌:musica hall cafe
開場 18:00 開演 18:30 

「ACOLOGIA vol.9〜akissa at kissa〜」
8月28日(日) 宮城 仙台:SENDAI KOFFEE CO.
開場 18:00 開演 18:30

「ACOLOGIA vol.10〜akissa at kissa〜」
9月4日(日) 東京:原宿ストロボカフェ
開場 18:00 開演 18:30

「ACOLOGIA vol.11〜akissa at kissa〜」
9月10日(土) 岡山:城下公会堂
開場 17:00 開演 17:30

【関連リンク】
近藤晃央 オフィシャルHP
近藤晃央、セカンドワンマンツアー初日の福岡公演終了
近藤晃央、儚く無垢なラブソング「恋文」先行配信開始&内田理央出演の人形劇MVも公開
近藤晃央、話題のCM楽曲「かわいいひと」に向けてCMに出演する桐谷美玲からコメントが到着

【関連アーティスト】
近藤晃央
【ジャンル】
J-POP, ライブ

MACHINA、白熱のギャラリーイベントにて2nd EPリリースを発表
Tue, 21 Jun 2016 10:00:00 +0900
『Call Me Machina』@ギャラリーKATA (okmusic UP\'s)

Yeo HeeのソロプロジェクトMACHINAが、初の自主イベント『Call Me Machina』を恵比寿にあるギャラリーKATAで開催した。

【その他の画像】Open Reel Ensemble

この日はMACHINAとエレクトロユニットMother Tereco、VJユニットICHIGAYA ORCHESTRAの3組による初めての競演。ライブスペースとして有名なLIQUIDROOMの2Fにあるハイセンスな空間で、熱いライブが繰り広げられた。

最初にステージに登場したのは、Mother Tereco。元Open Reel Ensembleメンバーの佐藤公俊と難波卓己からなるユニットで、ファッションショーやアートスペースでの音楽などを手掛けてきた二人だ。ステージを占領する電子楽器の数々が異彩を放っていたが、リズムやシンセのアンサンブルで演奏が始まると、ゆっくりと心地よいグルーブが生み出され、ウォーミングなサウンドで会場が包まれていった。

続いてステージには、ableton pushを中心にまとめられたMACHINAのセットが登場。彼女がステージに現れると、シンセやボーカルをリアルタイムで多重録音していくルーピングを駆使して、クールなサウンドを作り上げていく。そこに透明感のある艶やかなボーカルが乗り、オリジナルのMACHINAワールドで会場を魅了した。

ガジェットの扱いも巧みだが、やはり彼女の魅力は透き通ったボーカルにある。曲によって日本語、英語、韓国語を使い分けて歌う知的で美しい姿に、会場のファンはあっという間に引き込まれていった。

また、MCではニューEPを9月7日にリリースすることを発表し、待ち望んでいたファンの熱い声援と拍手の渦に包まれた。ラストにはMACHINAとMother Terecoによるセッションが行われ、ICHIGAYA ORCHESTRAのVJもヒートアップ。会場は熱いグルーブに包まれ、エレクトロニカとアートで繋がった3組による競演は幕を閉じた。

Photo by Munehide Ida

■【リリース情報】

E.P.『タイトル未定』
2016年9月7日発売
YHM-002/価格:未定

【関連リンク】
MACHINA オフィシャルHP
MACHINA、1st E.P.『Hear Me』全世界配信決定
color-code、主催イベントにてデビュー1周年記念パーティー開催を発表
Open Reel Ensemble、『すみだ川アートプロジェクト2014』にて“そばをすする音”でオープンリール演奏

【関連アーティスト】
Open Reel Ensemble, Yeo Hee, MACHINA, Mother Tereco
【ジャンル】
J-POP, ダンス/ハウス/テクノ, ライブ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1