歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年06月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/06/29
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
GACKTからツアーファイナルに向けた最新メッセージが到着
Mon, 20 Jun 2016 22:00:00 +0900
GACKT (okmusic UP\'s)

約10万人を動員した『GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestl?』が7月3日(日)さいたまスーパーアリーナにてファイナルを迎えるにあたり、GACKTから最新メッセージが発信された。

【その他の画像】GACKT

「7月3日のさいたまスーパーアリーナで遂にファイナルを迎えます」……この言葉からメッセージは始まった。3月19日、三郷市文化会館からスタートした『GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestl?』。現在行なわれているライブも含め全30か所、42公演にも及ぶ今ツアー。ツアーの間にも6年ぶりのアルバム『LAST MOON』のリリース、新宿ステーションスクエアーで行なわれたゲリラライブなど、過密スケジュールの中で行なわれたツアーにもかかわらず、各地のファンからは「感動」「最高」「忘れられない」など、このライブに対する讃美の声が後を絶たない。なんと最終日のさいたまスーパーアリーナでは、総数10万人を超える動員が予想される。

「最高のステージを届けられることを楽しみにしています」と語るGACKTの言葉は、約4ヶ月にも及ぶツアーで全国のファンからもらった"力"がさいたまスーパーアリーナで爆発するのでは?と予感せずにはいられない。ぜひこのメッセージを見て、7月3日はさいたまスーパーアリーナに集まり、"最高のファイナル"をその体で感じてほしい。

■Special Message from GACKT
https://www.youtube.com/watch?v=8c8BpebG6C8&feature=youtu.be

■「GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestl? 」

6月25日(土) 沖縄県 沖縄市民会館 大ホール
6月26日(日) 沖縄県 沖縄市民会館 大ホール
7月02日(土) 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
7月03日(日) 埼玉県 さいたまスーパーアリーナ
※終了分は割愛

【関連リンク】
GACKT オフィシャルHP
MALICE MIZER、メジャー唯一のアルバム『merveilles』でも魅せた強烈な個性
YOSHIKI、自身の公式チャンネル放送にGACKTと高見沢俊彦が生出演
YOSHIKI × GACKT、ニコ生で特別番組を放送

【関連アーティスト】
GACKT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

LUNKHEAD、10月より新作『アリアル』をひっさげ全国ツアーを開催
Mon, 20 Jun 2016 21:30:00 +0900
6月18日@LIQUIDROOM ebisu (okmusic UP\'s)

テレビアニメ『うしおととら』EDテーマにも起用されているLUNKHEADの「決戦前夜」。そのリリースツアーが6月18日 LIQUIDROOM ebisuにてファイナルを迎えた。

【その他の画像】LUNKHEAD

ライブ序盤は、LUNKHEAD節炸裂な「闇を暴け」や今ツアーで初披露となった新曲で客席は熱さを増し、バラードのブロックではひさびさの披露となる「ラブ・ソング」などが演奏された。終盤へ向かうとツアータイトルにも掲げられた「決戦前夜」によって会場全体が最高潮を迎えた。

アンコールではこの季節には欠かせない代表曲「夏の匂い」をしっとりと聴かせ、鳴り止まないダブルアンコールでは「アルピニスタ」によって、メンバーとオーディエンスの気持ちがひとつとなり、会場に歌声を響き渡らせ、ツアーは幕を閉じた。

そして今回、すでにアナウンスされているニューアルバム『アリアル』をひっさげての全国ツアーが決定した。全国15か所16公演と、彼らにとってはひさびさのロングツアーとなっており、ファイナルの赤坂BLITZは現メンバーでは初のパフォーマンスとなる。現在ファンクラブ先行を実施中だが、今後のチケットの販売状況はオフィシャルHPにてチェックしてほしい。ライブパフォーマンスに定評のある彼らのさらなる挑戦から目が離せない。

Photo by 鈴木友莉

■LUNKHEAD ONEMAN TOUR 2016「アリアル」

10月01日(土) 千葉LOOK
10月07日(金) 札幌COLONY
10月08日(土) 札幌COLONY
10月10日(月・祝) 仙台MACANA
10月15日(土) 高崎club FLEEZ
10月22日(土) 京都磔磔
10月23日(日) 金沢vanvan V4
10月29日(土) 横浜club Lizard
11月03日(木・祝) 神戸VARIT.
11月05日(土) 高松DIME
11月06日(日) 松山サロンキティ
11月12日(土) HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心 VJ-3
11月23日(水・祝) 名古屋ell. FITS ALL
11月26日(土) 福岡DRUM SON
11月27日(日) 心斎橋JANUS
12月09日(金) 赤坂BLITZ

■FCもぎたて先行
※6月30日(木)23:00まで
※6月23日(木)23:59までに新規入会/更新をされた方も(決済まで含む)エントリー可能です。
http://lunkhead.jp/content2/?no=oEVq3nFtC36uSwsSC7Cg30c

【関連リンク】
LUNKHEAD オフィシャルHP
LUNKHEAD、9月7日に渾身のニューアルバム『アリアル』をリリース
LUNKHEAD 山下 壮が選ぶプレイリスト。「梅雨時に聴きたくなる曲たち」
LUNKHEAD、新曲「決戦前夜」のMVをGYAO!にて公開

【関連アーティスト】
LUNKHEAD
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Acid Black Cherry、80,000人フリーライブがフィルムコンサートで蘇る!
Mon, 20 Jun 2016 21:00:00 +0900
Acid Black Cherry (okmusic UP\'s)

先日、自身4枚目のアルバム『L−エル−』を原作とした実写映画化を発表したばかりのAcid Black Cherry(以降:ABC) が、2015年夏に開催した“80,000人フリーライブ"の模様をFilm Concert tourとして全国各地で開催することを発表した。

【その他の画像】Acid Black Cherry

2015年に活動8周年を迎えたABCは、同年夏に「4年に一度の大感謝!ABC Dream CUP 2015 LOVE」と題したフリーライブを愛知・千葉・大阪で開催。当初は80,000人の無料招待を予定していたが、ライブ当日の各所に設けられたフリーエリアに集まったオーディエンスを含めて合計100,000人を動員。フリーライブとしての国内最多動員を記録していた。

今回は、38℃という猛暑に見舞われた中で行なわれたフリーライブファイナル公演の8月1日 大阪・舞洲ABC特設会場でのライブをFilm Concertとして実施。ABCの熱いライブパフォーマンスを思う存分堪能できるこの機会をお見逃しなく!

なお今回発表されたのは第一次発表。さらに多くの地域で実施できるように調整中とのことなので、続報を楽しみに待とう。

【関連リンク】
Acid Black Cherry オフィシャルHP
Acid Black Cherryの『L−エル−』、広瀬アリス主演で今秋映画化!
Acid Black Cherry、ライブ映像作品の発売を記念してパネル展を実施
ネコ好きすぎる!ネコと戯れる時に聴きたい曲

【関連アーティスト】
Acid Black Cherry
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

LACCO TOWER、アルバムリリースツアーの豪華ゲストバンドを発表
Mon, 20 Jun 2016 20:30:00 +0900
LACCO TOWER (okmusic UP\'s)

6月8日にメジャー2ndアルバム『心臓文庫』をリリースしたLACCO TOWER。7月18日(月)恵比寿LIQUIDROOMワンマンを皮切りに、11月12日(土)品川ステラボールまで展開される全国13公演のアルバムリリースツアー「心造旅行」のうち、ワンマン公演以外11本のライブのゲストバンドが発表された。

【その他の画像】THE BACK HORN

LACCO TOWER主催による地元・群馬でのロックフェス「I ROCKS」にも出演したことのある数々の盟友バンドに加え、THE BACK HORNやcinema staffといった初めてゲストとして迎えるバンドもラインナップ。ますますツアーへの期待が高まる。

■『LACCO TOWER 「心臓文庫」リリースツアー“心造旅行"』

7月18日(月・祝) 恵比寿LIQUIDROOM
※独奏演奏会(ワンマン)
9月09日(金) 神戸 太陽と虎
【GUEST】ircle / ラックライフ
9月10日(土) 岡山CRAZYMAMA 2nd Room
【GUEST】ircle / ラックライフ
9月11日(日) 広島CAVE-BE
【GUEST】Halo at 四畳半 / ラックライフ
9月17日(土) 仙台CLUB JUNK BOX
【GUEST】cinema staff
9月22日(木・祝) 札幌BESSIE HALL
【GUEST】Rhythmic Toy World
9月25日(日) 福岡Queblick
【GUEST】感覚ピエロ
10月08日(土) 名古屋APOLLO BASE
【GUEST】NUBO
10月14日(金) 京都MUSE
【GUEST】アルカラ
10月16日(日) 新潟CLUB RIVERST
【GUEST】GOOD ON THE REEL
10月22日(土) 高崎clubFLEEZ
【GUEST】THE BACK HORN
10月28日(金) 大阪ROCKTOWN
【GUEST】My Hair is Bad
11月12日(土) 品川ステラボール
※ファイナルワンマン

【関連リンク】
LACCO TOWER オフィシャルHP
CrossfaithのジャパンツアーにSiM、ACIDMAN、THE BACK HORN等の16組が参戦
THE BACK HORN、今秋に初ホールツアー開催&シングルリリース
THE BACK HORN、ニコニコ公式生放送にて『運命開歌』ツアーファイナルを生中継

【関連アーティスト】
THE BACK HORN, LACCO TOWER, cinema staff
【ジャンル】
ジャパニーズロック

イトヲカシ主催の夏フェスにGOOD ON THE REEL、黒木渚らが出演決定
Mon, 20 Jun 2016 20:00:00 +0900
『バズフェス』ポスター (okmusic UP\'s)

先日メジャーデビューを発表したばかりの二人組ユニット・イトヲカシが主催するフェス「バズフェス」が7月16日(土)にZepp Tokyoにて開催される。この度、そのフェスにGOOD ON THE REEL、黒木渚、ミソッカス、RADIO FISHが出演する事が決定した。

【その他の画像】ミソッカス

昨年イトヲカシが企画した屋外音楽フェスが天候不良により中止に追い込まれた話を耳にしたInterFM897スタッフの提案により、4月からInterFM897 & Radio NEOにてレギュラーラジオ「イトヲカシのバズルラジヲ」を毎週放送。その番組の中でフェスの開催を目指してユーザーからのリクエスト等を元にラジオにゲストを呼び、フェスへの出演も自ら交渉。2ヶ月の期間を経て、出演アーティストと会場をブッキング、遂に6月19日放送の「イトヲカシのバズルラジヲ」で詳細が発表された形だ。

出演者はユーザーからのリクエストに加えて元々イトヲカシと親交のあるアーティストを含む豪華なラインナップとなり、現在各アーティスト毎のチケット先行販売もスタートしているとの事。詳細は「バズフェス」ページまたは各アーティストのオフィシャルHPをチェックしよう。イトヲカシを含め、2016年、今を時めくアーティストの共演を是非楽しみにしていてほしい。

■「バズフェス」詳細ページ
http://itowokashi.jp/fes2016summer/

■「バズフェス」

7月16日(土) ZEPP TOKYO
開場16:00 / 開演17:00
出演:イトヲカシ / GOOD ON THE REEL / 黒木渚 / ミソッカス / RADIO FISH ※五十音順

<チケット>
1Fスタンディング:¥5,940(税込)
2F全席指定:¥5,940(税込)
※別途ドリンク代500円
※小学生以上有料。未就学児童は入場不可。
■イトヲカシ オフィシャル先行
※受付期間:6月20日(月)0:00〜6月26日(日)23:59
http://r.y-tickets.jp/buzzfes1601_itowokashi

【関連リンク】
イトヲカシ オフィシャルHP
黒木渚、配信シングル「灯台」の予約特典曲と映像を公開
凛として時雨、ツアー追加公演にて話題沸騰中のRADIO FISHとのツーマンが決定
ネット主体の現在だからこそラジオに注目! ラジオな5

【関連アーティスト】
ミソッカス, GOOD ON THE REEL, 黒木渚, イトヲカシ, RADIO FISH
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Shout it Out、メジャーデビュー曲が『JAPAN COUNTDOWN』7月度OPテーマに決定
Mon, 20 Jun 2016 19:30:00 +0900
Shout it Out (okmusic UP\'s)

7月6日(水)に発売されるShout it Outのメジャーデビューシングル「青春のすべて」がテレビ東京系『JAPAN COUNTDOWN』の7月度OPテーマに決定した。

【その他の画像】Shout it Out

SUPER BEAVERの柳沢亮太をプロデューサーに迎え、“生きる"という壮大なテーマに立ち向かったShout it Out。これまで数々のアーティストが歴代テーマソングを務めてきた『JAPAN COUNTDOWN』のテーマソングにデビュー曲が抜擢されるなど、彼らの勢いは留まることなく進み続けている。尚、番組では7月3日(月)の放送回よりこの曲が使用される。

また、メジャーデビューシングル「青春のすべて」のCD購入者を対象にした特典の詳細も同時に発表された。購入者特典はオリジナルロゴステッカー。メジャーデビューを機にShout it Outの新しいバンドロゴが完成し、そのロゴを各チェーン店ごとにイメージしたデザインとなっている。数量限定・先着順のプレゼントとなっているためレアアイテム化は必至! ぜひ早めの購入を。

■シングル「青春のすべて」

2016年7月6日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04392 /¥1,600(税込)
【通常版】(CD only)
PCCA-04393 /¥1,200(税込)
<収録曲>
■CD
1 青春のすべて
2 列車
3 一から
Bonus track ギターと月と缶コーヒー
■DVD ※初回限定盤のみ
2016/4/5@新宿LOFT ライブ映像収録予定

《予約/先着購入特典》
・タワーレコード
Shout it Outオリジナルステッカー<タワーレコード Ver.>
・HMV
Shout it Outオリジナルステッカー
・TSUTAYA
Shout it Outオリジナルステッカー
・全国応援店
Shout it Outオリジナルステッカー<全国応援店 Ver.>
※一部お取り扱いのない店舗/オンラインサイトもございます。店舗へご確認のうえご予約ください。

■【ライブ情報】

『Shout it Out ワンマンライブ〜青春の行方〜』
7月05日(火) 大阪・堺Tick-Tuck
18:00開場/19:00開演

『Shout it Out ワンマンライブ〜大人になること〜』
7月10日(日) 東京・渋谷チェルシーホテル
16:00開場/17:00開演

【関連リンク】
Shout it Out オフィシャルHP
Shout it Out、メジャーデビュー記念ワンマンライブ追加公演・名古屋で開催
Shout it Out、メジャーデビュー曲MVフル解禁が決定
Shout it Out、『ROCK IN JAPAN FES. 2016』出演&ディズニーオフィシャルコンピレーション参加決定

【関連アーティスト】
Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

MUCC、ニューシングル「ハイデ」発売記念握手会が大盛況!
Mon, 20 Jun 2016 19:00:00 +0900
6月18日@ららぽーと豊洲シーサイドデッキメインステージ (okmusic UP\'s)

MUCCが6月15日にシングル「ハイデ」をリリースした。こちらは元々6月8日にリリースされる予定だったのだが、制作上の都合によって1週間リリースを延期。そんな発売延期に対してメンバーからの"お詫び"の気持ちも込め、先日6月18日・19日に東京、大阪にてトーク&握手会が実施された。

【その他の画像】MUCC

初日は6月18日(土)、東京 ららぽーと豊洲シーサイドデッキメインステージにて行なわれた。この日の天気予報は晴れ、そして最高気温も30℃超えと、6月にも関わらず真夏と変わらない気候。今回はシングル「ハイデ」に付属のオビを持参した方を対象に、メンバー全員との握手会を実施。事前購入、そして当日会場購入の両方が参加出来るイベントだったが、10:00からのCD即売には500人を超えるファンが長蛇の列をなした。いよいよイベント開始の13:00を迎え、メンバーがステージに登場すると、猛暑の中にも関わらず1500人を超えるファンで埋め尽くされた会場からは大きな歓声が起こった。最初のトークでは今回のシングル「ハイデ」収録曲や初回盤DVDに収録された映像など、ここでしか聞けないトークが繰り広げられ、会場は大いに盛り上がった。その後の握手会では暑い中集まってくれたファン1人1人としっかりと握手を交わし、握手を終えたファンの多くが喜びを押さえきれずに飛び跳ねながら帰っていく光景も印象的だった。

そして、2日目の6月19日(日)大阪は、くずはモール南館 ヒカリノモール1F SANZEN-HIROBAにて開催された。当日はあいにくの雨模様だったが、そんな天気もものともせず、9:30からのCD即売には東京と変わらない約500人を超えるファンが駆けつけた。イベント開始前にこちらも東京とほぼ同じ約1500人のファンで会場はあふれ、そんな中メンバーがステージに登場。昨日同様シングル「ハイデ」に関するトークが繰り広げられる中、逹瑯(Vo)がレギュラーを務めるラジオ番組「JACK IN THE RADIO」でもおなじみの「JACK IN THE BOX」を“出張版"として開催。事前にイベント参加者の皆さんに書いてもらったメンバーへの質問をBOXから引いて答えていった。

その質問の中にあった『MUCCメンバーと1日だけ遊べると言われたら、何をしますか??』に対して回答者が書いた『3文字しりとり』をメンバーがピックアップ。その回答者を壇上に呼び、回答者とMUCCメンバー全員で“即興3文字しりとり"も行なわれるなどプレミアムな時間が流れていった。握手会でも東京同様にファン1人1人としっかりと握手をし、いつもはなかなか身近で接する事の出来ないファンから逆にパワーを貰っているような印象も見受けられた。ファンだけでなく、MUCCメンバーにとっても、改めて、大きな“繋がり"を感じられたイベントとなった。

そんなMUCCは6月から全国ツアー「MUCC TOUR 2016 GO TO 20TH ANNIVERSARY 孵化 -哀ア痛葬是朽鵬6極志球業シ終T-」を開催。既にSOLD OUTしている会場もあるため、ぜひ早めにチケットをゲットしてほしい。

■「MUCC TOUR 2016 GO TO 20TH ANNIVERSARY 孵化 -哀ア痛葬是朽鵬6極志球業シ終T- 」

6月25日(土) 東京日比谷野外大音楽堂
7月09日(土) 京都FANJ
7月15日(金) 札幌PENNY LANE24
7月17日(日) 仙台Rensa
7月19日(火) 山形ミュージック昭和セッション
7月23日(土) 金沢EIGHT HALL
7月24日(日) 富山MAIRO
7月26日(火) 浜松窓枠
7月28日(木) 岐阜club-G
7月30日(土) 広島クラブクアトロ
8月13日(土) 松山W studio RED
8月14日(日) 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
8月16日(火) 名古屋クラブクアトロ
8月20日(土) 水戸club VOICE
8月26日(金) 福岡BEAT STATION
8月28日(日) 宮崎WEATHER KING
9月03日(土) 大阪城野外音楽堂

【関連リンク】
MUCC オフィシャルHP
MUCC、シングル「ハイデ」リリースに先駆けた11時間半のニコ生を完走!
KenがMUCC、AKi等を引き連れ全国5公演のツアー開催を発表
MUCC、ニューシングのリリース延期によるお詫び握手会の詳細を発表

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, イベント

J☆Dee’Z、新曲が『2016tvk高校野球神奈川大会』の中継テーマソングに大抜擢!
Mon, 20 Jun 2016 18:30:00 +0900
J☆Dee’Z (okmusic UP\'s)

8月3日に発売されるJ☆Dee’Zの新曲「Dream Arch」が、『2016tvk高校野球神奈川大会』の中継テーマソングに決定した。

【その他の画像】J☆Dee’Z

「Dream Arch」は、tvk(株式会社テレビ神奈川)が1972年の開局以来放送している番組『全国高等学校野球選手権神奈川大会』での中継テーマソングとなり、中継は7月10日(日)〜7月30日(土)(雨天等で延期の可能性あり。期間中3日程度休止あり)に渡って開会式・1回戦から決勝までが放送される。

昨年にはGLAYの「HEROES」、一昨年にはキマグレンの「最後の夏」がこのテーマソングを務めており、J☆Dee’Zは歴代高校野球神奈川県大会テーマソング史上、最年少グループとしての大抜擢となった。

新曲「Dream Arch」は、夢を追いかける人・仲間への応援ソング。強豪校がひしめく全国屈指の激戦区である神奈川大会に出場する選手や、応援している家族や友人の方にも、J☆Dee’Zから「Dream Arch」でエールを届けていく。ぜひ中継をチェックしてほしい。

■シングル「Dream Arch」

2016年8月3日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9115〜9116/¥1,500(税込)
<収録曲>
01.Dream Arch
02.Secret Summer
03.Feel Good
04.Dream Arch -instrumental-
02.Secret Summer -instrumental-
03.Feel Good -instrumental-
<DVD>
01.「Dream Arch」Music Video
02.「Dream Arch」Music Videoメイキング

【通常盤】(CDのみ)
SRCL-9117/¥1,200(税込)
<収録曲>
01.Dream Arch
02.Secret Summer
03.Feel Good
04.Dream Arch -instrumental-
02.Secret Summer -instrumental-
03.Feel Good -instrumental-

【関連リンク】
J☆Dee’Z オフィシャルHP
tvk オフィシャルHP

【関連アーティスト】
J☆Dee’Z
【ジャンル】
J-POP

水曜日のカンパネラ、新曲「ツチノコ」MVはコムアイが踊る幻想的な作品に
Mon, 20 Jun 2016 18:00:00 +0900
「ツチノコ」MV キャプチャ (okmusic UP\'s)

水曜日のカンパネラが6月22日に発売 するメジャーデビューEP『UMA』より、「ツチノコ」のMVが公開となった。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

千葉県の奥地にある滝で撮影された幻想的な映像で始まる今回のMVは、過去の水曜日のカンパネラのMVでは「ナポレオン」や「メデューサ」を手がけている山田智和氏が監督。コムアイが霧の漂う森林や、街の路地裏、夜の新宿など様々な場所で踊っているシーンが印象的で、再発見をテーマに都市や自然の幻想的な空間が詰まった作品となっている。なお、このMVにメイキング映像は水曜日のカンパネラのWEBコンテンツ「GARAGE」にて公開されている。

そして、6月20日より水曜日のカンパネラのオフィシャルHPもリニューアルされており、さらにオフィシャルロゴが今までの水滴をモチーフにしたロゴから、漢字の「水」をモチーフにしたロゴへ変更されることも発表された。今後はこちらのロゴが使用されるとのこと。

さらにオフィシャルHPでは話題のshu uemuraとのコラボレーション楽曲「COLORHOLIC」の期間限定無料配信もスタートしている。ぜひ新しくなったオフィシャルHPで確認して欲しい。

■水曜日のカンパネラ×shu uemura「COLORHOLIC」
https://aop-emtg-jp.s3.amazonaws.com/prod/public/wedcamp/music_dl/colorholic/COLORHOLIC.mp3
■GARAGE
http://g.wed-camp.com/

■「ツチノコ」MV
https://www.youtube.com/watch?v=0J_1U0sNOow

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
水曜日のカンパネラ、メジャーデビューEP『UMA』の全生物&ハイパーな作曲陣を確認!
水曜日のカンパネラ、新曲「フェニックス」の存在を確認!?
水曜日のカンパネラ、新アー写公開&新曲「ツチノコ」をラジオで確認!?

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ

元気スイッチを押してくれる5曲
Mon, 20 Jun 2016 18:00:00 +0900
SHIMA『WRAINBOW』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

暑い日が続くと、テンションが自然と上がってきます。アーティストでも音源リリースにあわせ、季節を重んじる人たちも多くて、特に夏はイメージが沸きやすいのかもしれません。やはり夏はガツン!と脳内に響くような、激しい曲を聴きたくなるものです。聴いてるだけで体中のエネルギーが倍増するようなパワフルな曲調に身を委ねて、暑さを乗り越えたい。そんなあたなに贈る5曲です。意図的ではないのですが、なぜかミクスチャー系バンドが多くなりました。

■1.「Goes On」(’07)/10-FEET

もうすぐ約5年振り(!)に10-FEETのニューシングル「アンテナテラス」が出ます。特に表題曲は超絶エモーショナルで、10-FEETファンならば納得の仕上がりと言える素晴しさ。全3曲とも“らしくて”、かつ“今までにない”サウンドになってます。それで、ここでは彼らのライヴでも必須のキラーチューンであり、夏に持って来いの曲を紹介します。07年にリリースされた10枚目のシングルで、ジャケもアンプから波が飛び出し、サーファーがその波に乗っているという、何とも夏らしいアートワークです。曲調は2ビートを用いた激走ナンバーですが、歌詞は10-FEETらしく、《人が海のように大きくなれたら 人が波のように優しくなれたら》の歌詞はライヴで聴いてもグッとくるパートです。

■2.「NO PUNCH,NO LIFE!!」(’16)/SHIMA

北九州発の4人組、SHIMAの1stアルバム『WRAINBOW』がとてもいい。音楽的にはマキシマム ザ ホルモンなどが好きな人には絶対お薦めしたいバンドだ。ヘヴィとポップの両極に振り切れたサウンドは、喜怒哀楽の感情を全て詰め込んだようなバラエティーさ。作品トータルにおいても、これから暑くなってくる季節にぴったりの発汗作用満載の熱い曲調ばかりです。とりわけこの曲は、曲名からも何となく察しがつくかもしれないが、《パンチ出す為にバンジージャンプ》と冒頭からぶっ飛んだファニーな歌詞にツボを突かれる。グルービーでポップでノリがいい曲調で、EGACCHO(Vo)独自の言語センスも炸裂している。他に人名や地名を用いた楽曲もあり、最高です。

■3.「Smells Like Unknown」(’15)/a crowd of rebellion

昨年、『Ozzfest JAPAN 2015』のオープニング・アクトにも抜擢された新潟発の5人組。今月出る1stアルバム『Xanthium』(ザンティウムと読む)が狂いすぎてて(褒め言葉)、聴いてびっくりした次第。間違いなくバンドの最高傑作と言える内容なのだ。鼓膜をつんざくラウド感、絶品のメロディーライン、さらにゲーム音楽、異国風ビート、和的テイストも取り込み、1曲の中でめまぐるしく展開する曲調は、Fear,and Loathing in Las Vegasに匹敵する楽曲密度を誇る。ここで取り上げる曲は前作『Daphne』に入っていたものだが、今作にも収録されている楽曲だ。ヘヴィさの中で抜けるような爽快なキャッチーさを放つ曲調で、夏に合う高揚感を運んでくれる曲だなと解釈している。ぜひ聴いてみてください!

■4.「By The Way」 (’02)/RED HOT CHILI PEPPERS

今年5年振りに『FUJI ROCK FESTIVAL \'16』で来日するレッド・ホット・チリペッパーズ。6月にニューアルバム『The Getaway』も出たタイミングであり、どんなパフォーマンスをしてくれるのか興味深いところだ。本題に入るが、暑い夏にはカラッとしたレッチリの音色がよく似合う。いや、無性に聴きたくなってしまうのだ。最新作を聴き込んでいる人も多いかもしれないが、ここではライヴでも必ずやってくれるだろう、この曲を選んでみた。02年に出たアルバム『BY THE WAY』表題曲で、レッチリ知らなくてもどこかで耳にしたことがある!という人も多いだろう。軽快なリズム、跳ねるグルーブ感といい、体が反応せずにはいられない名曲中の名曲だ。この曲を機に他の作品にも手を伸ばしてください。どれも夏っぽさに浸れる作品ばかりですから。

■5.「Attitude」(’15)/BAD BRAINS

USハードコアの発火点であり、イアン・マッケイ(マイナー・スレット)、ヘンリー・ロリンズ(ブラック・フラッグ)、ビースティー・ボーイズにも多大な刺激を与えたワシントンDC発のバッド・ブレインズ。この度、彼らのドキュメンタリー映画『バンド・イン・DC』が日本でも上映(7月から)されることになった。映画を観ると、破天荒かつ無軌道なバッド・ブレインズのサウンドがいかに革新的であったかがよく分かるし、その一方でH.R.(Vo)の奇行っぷりに爆笑せずにはいられないシーンもあり、ハードコア/パンク・ファンならばぜひ観てほしい。映画の中にも彼らの曲が使用され、特に初期の曲はエネルギーのカタマリであり、凄まじいパワーで聴く者を制圧する。この曲も実にバッド・ブレインズらしいナンバーで、聴くだけでテンションが上がること間違いなし!

【関連アーティスト】
10-FEET, Shima, Red Hot Chili Peppers, Bad Brains, a crowd of rebellion
【ジャンル】


メガマソのインザーギ(Vo.)が新プロジェクト“Vanity Sicks”を始動
Mon, 20 Jun 2016 17:00:00 +0900
Vanity Sicks (okmusic UP\'s)

メガマソのヴォーカルであるインザーギの新プロジェクト「Vanity Sicks」が始動する事が明らかになった。

【その他の画像】HIGH and MIGHTY COLOR

Vanity Sicksは2016年6月17日、INZ(MEGAMASSO)とユウスケ(ex.HIGH and MIGHTY COLOR)、vincent(ex.SUN OF A STARVE)、Ash、takahikoのメンバーで結成。荒々しくも繊細なラウドダンスロックは一度聴けば感情そのものをぶつけられた感覚になり、激しさもキャッチーなメロディをも昇華し、全ての垣根を越えた音楽を展開している。

そんな彼らがVanity Sicks Starting ONEMAN『First Match』と題したライブを7月22日(金)に開催することが決定。ライブ告知第一段としてYouTubeには試聴音源も公開されているので、気になる方は是非チェックしてみよう!

■Vanity Sicks starting one-man告知第一弾「Let It Die」
https://youtu.be/2ufbClyNPGo

【関連リンク】
Vanity Sicks オフィシャルHP
Migimimi sleep tight、ミニアルバムのアートワークとリード曲「puputan」MVを一部解禁
元KAT-TUNの田中聖がヴォーカルを務めるINKT、秋のワンマンツアーが決定
Migimimi sleep tight、ミニアルバム発売に先駆け最新アー写&収録曲のクレジットを公開

【関連アーティスト】
HIGH and MIGHTY COLOR, メガマソ, SUN OF A STARVE, インザーギ from メガマソ, Vanity Sicks
【ジャンル】
ジャパニーズロック

双子ダンスユニット・まこみなが話題の新曲「キミがいてよかった」でメジャーデビュー
Mon, 20 Jun 2016 16:30:00 +0900
6月19日@秋葉原UDX (okmusic UP\'s)

双子ダンスで一大ムーブメントを作った福島県郡山市出身の女性二人組・まこみなが、7月にユニバーサルミュージックからメジャーデビューを果たす事がわかった。

【その他の画像】まこみな

2016年3月に卒アル動画としてまこみなのMix Channelにてアップした、まこみな自身のオリジナルソング「キミがいてよかった」は既に、Mix Channel上で卒アル動画と双子ダンスVer.の2つの再生回数とYouTubeにあがっているShort Ver.を合算すると約300万回の再生回数を誇っている。Mix Channel上ではこの楽曲を使用した動画はなんと2万件をも超え、ティーンの中ではすでに現象と化している。しかもこの曲、まこみな本人が作詞を初めて担当した曲でもあり、まこがみなみのことを想って、みなみがまこのことを想って、綴った18歳のリアルな歌詞が中高生の共感を呼んでいるのであろう。

この話題のオリジナルソングが秋葉原UDXで行なわれた、スマホ向けパズルRPG『エレメンタルストーリー』1周年期年イベント『エレスト1周年超大感謝祭』でスマホ向けバズルRPG「エレスト」TVCMソングに決定したことが発表された。このイベントにて6月下旬から放映される「エレスト」新TVCMソングのメイキングが初お披露目となり、CMに出演する伊藤淳史からはビデオコメントが到着、イベントには1000人に2人目の美女“加村真美”とスマホ向けバズルRPG「エレスト」TVCMソングを歌う“まこみな”が登壇した。まこみなはCMソングに決まった「キミがいてよかった」を歌唱。エレストVer.の双子ダンスの振り付けも初披露し、会場を多いに盛り上げた。

また、このオリジナル曲「キミがいてよかった」がユニバーサルミュージックから7月6日にiTunes他などから配信されることが分かった。ジャケット写真は、まこみな自身が初めて友達になったときの気持ちに戻ってプリクラを撮って、はじめてジャケット写真を作った。この間の3月まで高校生だったまこみなのジャケット写真がプリクラ、というのは新しく、ファンの子たちには親近感があるものと思われる。

まこみなは前述の通り、これをもってメジャーデビュー決定となる。双子ダンスを始めた時には夢にも思わなかったような、歌手デビューという事実、自分達のオリジナルソングが配信されることを受け、まこみなは「2人でまこみなアカウントを作り、MixChannelで動画を上げ始めたのは2年前でした。遊びで動画をあげていた私たちが歌手デビューなんて…今 考えても本当に夢のようです。これからもお互い支え合いながら、変わらず皆さんに楽しんでいただける動画や音楽を通じて最高のハッピーを届けたいと思います! 頑張ります!」と喜びを表現していた。6月下旬からスタートする「エレスト」TVCMにも、今後のまこみなのシンデレラストーリーからも目が離せない。

■『エレメンタルストーリー』公式サイト
http://elementalstory.com/
■「キミがいてよかった」 卒アル動画
https://mixch.tv/m/AWWYQEQe
■「キミがいてよかった」 双子ダンスver.
https://mixch.tv/m/mOpcxJXg

■「キミがいてよかった」Short Ver.
https://youtu.be/Mgos3cYNwMQ

■配信シングル「キミがいてよかった」

2016年7月6日より配信開始
価格:¥250
※スマホ向けバズルRPG「エレスト」TVCMソング

【関連リンク】
まこみな オフィシャルHP
桑田佳祐、話題の新曲「ヨシ子さん」MVがついに解禁!
浜崎あゆみ、ニューアルバムから新曲MVを2曲同時公開
6月29日のOKMusic×新宿SAMURAI 『OKMusicNight』にコレサワの出演が決定!

【関連アーティスト】
まこみな
【ジャンル】
J-POP, イベント

高橋 優が京都・大阪・沖縄の結婚式にて新曲「産まれた理由」をサプライズ披露
Mon, 20 Jun 2016 16:00:00 +0900
結婚式画像 (okmusic UP\'s)

6月22日にシングル「産まれた理由(わけ)」をリリースする高橋優が、父の日に合わせ、両親に感謝の気持ちを届けたいという新郎新婦の後押しをしようと結婚式でのサプライズ企画を行なった。

【その他の画像】高橋優

新曲「産まれた理由」は、高橋がデビュー前から一緒に歩んできたスタッフの結婚がきっかけで書き下ろした楽曲で、この度、ジューンブライドに合せてリリースすることになった。

「門出を迎える二人に花を添えられるような楽曲を作りたいと思いました。なぜ人は出会い、なぜ結ばれ、なぜ新たな命は誕生するのか? そして幸せとは? 今までにないほど壮大なテーマではありましたが、そこにフォーカスを当てて、自分なりの言葉を紡ぎました」と高橋が語る通り、高橋にとってこれまでにない大きなテーマに挑戦した作品。そして、6月19日の“父の日"の週末に合わせ、両親への感謝を伝えたいという新郎新婦の元へ高橋自らが出向き、「産まれた理由」で二人の気持ちの後押しすることとなった。

6月18日(土)、まず1組目は京都、新郎は残念ながら入院中の為欠席のお父さんへ、そのお父さんを献身的に見守るお母さんへ、新婦は地元富山に戻って来て欲しいという願いを叶えてあげられずさみしい想いをさせてきたご両親へのサプライズプレゼントとして高橋優が歌を届けることに。花束贈呈前に高橋優の名前が会場に読み上げられると驚きの歓声が沸き起こり、高橋が「今日は二人のご両親への感謝の気持ちを歌でお手伝いできればと思ってやってきました」と「産まれた理由」を披露、列席者の中では涙する人も。さらにもともと式の中で流す曲として新郎新婦が選んでいた「明日はきっといい日になる」を歌うと一転、手拍子と多くの方が口ずさむとてもウォーミーな空間となった。さらにこの日は大阪に移動し2組目の披露宴へ。新郎新婦ともご両親ととても仲がいいのだけれど、なかなか面と向かって感謝の気持ちを伝える機会がなかったという二人の後押しをということで再び登場した高橋は、「大切な仲間の結婚式前夜に書いた曲で、二人に子供ができてその子供が二人に語りかけるとしたらと想像しながら作った曲を歌います」と「産まれた理由」を届けた。

6月19日(日)には沖縄の披露宴に向かった。この日は大事な家族に見守ってもらいたいと広島から両家族12名だけのアットホームなリゾートウェディング、両親への感謝を面と向かって言えなかったので後押しをして欲しいという新郎からのサプライズで式の締めくくりとして高橋が登場、「二人がご両親をすごく大切にされていると伺い、それでも新郎が上手く感謝の気持ちを伝えることができないんだということをお聞きしたので、今日は僕なりに少しでも力になれればと思いここに来ました」と伝え「産まれた理由」を披露、驚きと感動で涙の新婦、そしてエンディングにもう1曲「明日はきっといい日になる」を熱唱、最後は12名の家族との大合唱で感動的な式のフィナーレを飾った。

3会場でのサプライズ企画を終えた高橋は「やる前はどうなることかと思っていたのですが、実際にあの場に立ち、新郎新婦やご両親たちの顔が見えて、ここまでにみんな色んなことがあって、ここに居るんだなと思いながら歌っていると、いろんな感情が込み上げてきて感動してしました」とコメント。サプライズ企画は大成功で幕を閉じた。

高橋優は、このシングルと同時発売でライブ映像作品『高橋 優5th ANNIVERSARY LIVE TOUR「笑う約束」Live at 神戸ワールド記念ホール〜君が笑えばいいワールド〜2015.12.23』を発売するが、「産まれた理由」期間生産限定盤とこのライブ映像作品初回限定盤封入のシリアル応募のW購入特典として“高橋優手書き年表入り手ぬぐい"が応募者全員に当たる。また、今年の9月3日(土)4日(日)の2日間には、地元秋田県で野外音楽フェス「秋田CARAVAN MUSIC FES」の開催も発表している。

【関連リンク】
高橋 優 オフィシャルHP
高橋 優主催の野外音楽フェスにBEGIN、スガ シカオ等が出演決定
コブクロと高橋優がTVアニメ『orange』の主題歌とOP曲を担当
高橋 優、新曲「産まれた理由」一般募集した “結婚式写真"で作ったMV完成

【関連アーティスト】
高橋優
【ジャンル】
J-POP, イベント

大黒摩季、ビーイングと再タッグを組み6年ぶりにアーティスト活動を再開
Mon, 20 Jun 2016 15:30:00 +0900
大黒 摩季 (okmusic UP\'s)

2010年8月にアーティスト活動無期限休止を発表し、長い間抱え続けていた子宮疾患の治療と不妊治療を続けてきた大黒摩季が、およそ6年ぶりにアーティスト活動を再開することになった。

【その他の画像】大黒摩季

大黒摩季が選んだ再出発の地は、生まれ故郷の北海道。8月11日(木)、自身が初めて(高校生の時)ステージに立ったライブハウス、北海道・札幌ベッシ―ホール(BESSIE HALL)でファンクラブ限定ライブを開催する。続く8月13日には同じ北海道の石狩湾新港樽川ふ頭で開催される「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO」のステージに出演する事もわかった。

これまでにも「ゆうあいピック北海道大会」のテーマソング担当、登別明日中等教育学校や夕張郡長沼中学校への校歌寄贈、またフットサルのエスポラーダ北海道の応援歌提供、北海道内の経済発展・地域振興を目的とした道内ツアー「ドリームライブ」、 財政破綻を来した夕張市への支援イベント「しあわせの桜ともみじ」夕張プロジェクトへの楽曲提供など地元に密着した活動を続けて来ていた大黒摩季。今回、北海道を再スタートの地に決めたのも、そうした故郷への思いと、何より自分の音楽活動の原点となった場所から、純粋に音楽を目指していた頃の気持ちを持って『デビュー前からもう一度』、確かな再スタートを切りたいという決意からだという。病気治療の方も、手術と5年間にわたる投薬治療などを続けてきた結果、持病でもあった子宮腺筋症の根治が見込めたことから、今回の復帰を決意したという。

昨年来、TUBE、La Pom Pon、DISH//や郷ひろみに作品提供するなどのクリエーターとしての活動、またそれらの作品や「d-project with ZARD」でのコーラス参加などミュージシャンとしての活動は段階的に行なってはいたが、自身が歌うことに関しては病気の完治が必須であり、それを行なうことはなかった。しかし昨年11月の手術以後、丁寧なリハビリからボイス・トレーニングや体作りなどの復帰に向けた本格的なトレーニングが出来るようになり、精力的にBuild Upしている。活動休止前には、病に端を発し、それが原因で過度に酷使し心配されていた声帯の方も休業していたことで治癒し、デビュー当時のハイトーン・ボイスが戻り、音楽学校で歌を教える道すがらむしろ音域自体は広がったとのこと。

更に今回の再スタートにあたっては、デビュー時に所属していたビーイングと再びタッグを組むこととなり、音楽活動の原点・北海道、そしてアーティスト活動の原点・ビーイングと共に歩き出すという正に原点回帰、『再び歌える喜びを噛みしめながら一歩一歩、着実に新たな大黒摩季を創って行きたい。』、彼女らしい健美なREBORNとなる。復帰するきっかけについても、彼女自身が『歌うことがきっと、応援して下さった方々への恩返 しだと思うから。』 …そう笑顔で語っていただけに、札幌ベッシ―ホールでのライブ、そして「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO」では眩しいヒット曲達が一層力強く蘇るに違いない。

そのステージで発せられる、6年ぶりの彼女の第一声は? そして1曲目に披露される楽曲は? …今年、そしていよいよ2017年はデビュー25周年を迎える。更なる進化へ邁進し続ける大黒摩季の今後に期待したい。

【関連リンク】
大黒摩季 オフィシャルHP
GIZA studio所属の作家陣の新プロジェクト“d-project"、第一弾はZARDとのコラボ
相川七瀬キャリア初のカバーアルバムは、なんともワクワクする内容に!
大黒摩季の“ロック姐御”っぷりを示すブレイク作『永遠の夢に向かって』

【関連アーティスト】
大黒摩季
【ジャンル】
J-POP

いきものがかり、デビュー10周年記念公演が即完につきライブ・ビューイングを実施
Mon, 20 Jun 2016 15:00:00 +0900
いきものがかり (okmusic UP\'s)

2016年3月15日にメジャーデビュー10周年を迎えたいきものがかりが8月・9月に行なう大型野外ライブイベント「超いきものまつり2016 地元でSHOW!! 〜海老名でしょー!!!〜 / 〜厚木でしょー!!!〜」のチケットが即完売。これを受け、日本全国そして台湾・香港の映画館でのライブ・ビューイングが決定した。

【その他の画像】いきものがかり

生中継されるのは8月28日(日)の海老名公演と9月11日(日)の厚木公演。生中継される映画館などの詳細は『超いきものまつり2016 地元でSHOW!! ライブ・ビューイング 情報サイト』をチェックしてほしい。

さらに、WOWOWでの2週連続放送も決定。放送日は9月24日(土)と10月1日(土)を予定しているとの事。こちらも放送詳細などは番組特設サイト をチェックしよう。

■『超いきものまつり2016 地元でSHOW!! ライブ・ビューイング 情報サイト』
http://liveviewing.jp/ikimonomatsuri/
■WOWOW 番組特設サイト
http://www.wowow.co.jp/music/ikimonogakari/

【関連リンク】
いきものがかり オフィシャルHP
いきものがかり、フジテレビ系列にて1時間のスペシャル番組放送決定
日テレ・スッキリ!! が発信する初の音楽イベント開催
いきものがかりの新曲「ラストシーン」が映画『四月は君の嘘』主題歌に決定

【関連アーティスト】
いきものがかり
【ジャンル】
J-POP

SEKAI NO OWARI、アリーナツアー最終日に初のドーム・スタジアムツアー開催を発表
Mon, 20 Jun 2016 14:30:00 +0900
SEKAI NO OWARI   (okmusic UP\'s)

SEKAI NO OWARIの全国アリーナツアー「The Dinner」が全国11カ所25公演で25万人を動員し、大成功を収めた。

【その他の画像】SEKAI NO OWARI

また最終日のアンコールでは 2017年1月〜2月にかけて3都市5公演のドーム・スタジアムツアーを実施する事を発表。「SEKAI NO OWARI ドーム・スタジアムツアー2017」は1月22日・23日のさいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)2DAYSを皮切りに2月12日(日)の京セラドーム大阪公演まで全5公演を開催する。

■【SEKAI NO OWARI 全国アリーナツアー「The Dinner」 セットリスト】

01.ANTI-HERO
02.スターライトパレード
03.Love the warz ?rearranged-
04.Never Ending World
05.ピエロ
06.(日替わり)眠り姫 or スノーマジックファンタジー
07.生物学的幻想曲
08.Death Disco
09.Monsoon Night(新曲)
10.Mr.Heartache(新曲)
11.SOS
12.深い森
13.幻の命
14.MAGIC
15.RPG
16.Dragon Night
-Encore-
En1.炎と森のカーニバル
En2.Fight Music
En3.インスタントラジオ

■「SEKAI NO OWARI ドーム・スタジアムツアー2017」

1月22日(日)  埼玉県・さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)
1月23日(月)  埼玉県・さいたまスーパーアリーナ(スタジアムモード)
2月04日(土)  愛知県・ナゴヤドーム
2月11日(土)  大阪府・京セラドーム大阪
2月12日(日)  大阪府・京セラドーム大阪

<チケット>
全席指定:¥8,100(税込)
親子席:¥8,100(税込)

■オフィシャルモバイルファンクラブ「S.N.O.W.S」会員チケット先行受付
※受付期間:2016年6月20日(月)13:00〜7月17日(日)23:59 まで
http://sp.sekainoowari.jp/
■オフィシャルペーパーファンクラブ「R.A.I.N.S」会員チケット先行受付
※受付期間:2016年6月20日(月)13:00〜7月17日(日)23:59 まで
http://sekainoowari.jp/rains

【関連リンク】
SEKAI NO OWARI オフィシャルHP
SEKAI NO OWARI、チケット転売防止策の一環として「チケット マッチングシステム」を導入
SEKAI NO OWARI、clubEARTH 10周年記念ライブの開催を発表
SEKAI NO OWARI、『Twilight City at NISSAN STADIUM』ダイジェスト映像を解禁

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

くるり主催の野外イベントに矢野顕子、Mr.Children等の5組が参加決定
Mon, 20 Jun 2016 14:00:00 +0900
くるり (okmusic UP\'s)

くるりが主催する野外イベント「京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園」の出演者がついに発表となった。

【その他の画像】Mr.Children

出演アーティストはくるりをはじめ、カリブ海と西アフリカにルーツを持ちフランスで育ったシンガーソングライター・T?t?(テテ)、同イベントへの出演はこれで2度目となり、今年デビュー40周年を迎える矢野顕子、昨年対バンツアーでくるりと共演したMr.Children、さらにウィーンアンバサーデオーケストラとくるりのコラボ企画“QURULI featuring Flip Phillip and Ambassade Orchester"という、このイベントでしか味わうことの出来ないラインナップとなった。

地元・京都から2007年の初開催より新しい音楽文化を発信し続け、しかも京都駅から徒歩15分圏内の公園で行なわれるというアクセスの良さにも定評があるこのイベントもついに10年目。これまで、国内のトップアーティストをはじめ大物海外勢にいたるまで、まさに“音楽の博覧会"という名にふさわしいラインナップとさまざまな企画が大きな魅力となっており、京都の秋の一大イベントとして恒例となっている。

また、くるりのオフィシャルHPではこのチケットの先行予約を開始。期間は6月20日(月)12:00から6月26日(日)23:59まで。完売必至の公演になる事は間違いないので、気になる方は早めにチェックしよう。

■「京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園」

9月18日(日)  京都・梅小路公園 芝生広場
出演:くるり/T?t?/矢野顕子/Mr.Children/QURULI featuring Flip Phillip and Ambassade Orchester
http://kyotoonpaku.net/

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
くるり、9月に“ウィーンアンバサーデオーケストラ”とのライブを開催
矢野顕子×上原ひろみ、9月に5年ぶりとなるレコーディング・ライブを開催
くるり・岸田繁が京都市交響楽団へ30分を越える交響曲を書き下ろし

【関連アーティスト】
Mr.Children, くるり, 矢野顕子, Tete
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Rhythmic Toy World、ニューアルバム『HEY!』より「Team B」MV公開!
Mon, 20 Jun 2016 13:00:00 +0900
Rhythmic Toy World (okmusic UP\'s)

Rhythmic Toy Worldが7月6日リリースのアルバム『HEY!』の中から「Team B」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】Rhythmic Toy World

本作は初のファンを交えての作品となっており、Rhythmic Toy Worldらしさとライブの熱量が込められた作品となっている。

アルバム『HEY!』は各店舗にて予約受付中!

■アルバム『HEY!』特設サイト
http://www.lifull-livematch.com/specials/rhythmictoyworld/hey/

■「Team B」ミュージックビデオ
https://youtu.be/0RgfrYhlnkM

■『「HEY!」の「HEY!」による「HEY!」の為のツアー』

■対バン公演
7月15日(金)【千葉】千葉LOOK
w)BARICANG
7月22日(金)【長崎】長崎STUDIO Do!
w)MAGIC OF LiFE and more.
7月23日(土)【熊本】熊本Django
w)MAGIC OF LiFE  and more.
7月24日(日)【大分】大分club SPOT
w)MAGIC OF LiFE and more.
7月26日(火)【福岡】小倉FUSE
w)BUZZ THE BEARS and more.
7月30日(土)【福島】郡山 CLUB #9
w)Wienners
8月02日(火)【秋田】秋田LIVESPOT2000
w)KNOCK OUT MONKEY
8月03日(水)【岩手】岩手the five morioka
w)KNOCK OUT MONKEY
8月10日(水)【兵庫】MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
8月11日(木・祝) 【京都】京都GROWLY
8月19日(金) 【神奈川】LIVE HOUSE 小田原姿麗人
8月23日(火) 【群馬】前橋DYVER
8月25日(木) 【石川】金沢LIVE HOUSE vanvanV4
8月26日(金) 【富山】富山SOULPOWER
9月10日(土) 【静岡】静岡UMBER
9月11日(日) 【三重】松阪M\'AXA
9月13日(火) 【岡山】岡山CRAZYMAMA 2ndRoom
9月14日(水) 【香川】高松DIME
9月18日(日) 【栃木】HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
9月22日(木・祝) 【北海道】札幌BESSIE HALL
9月24日(土) 【茨城】水戸LIGHT HOUSE

■ワンマン
9月30日(金) 【広島】広島4.14
10月02日(日) 【福岡】福岡Queblick
10月06日(木) 【宮城】仙台MACANA
10月12日(水) 【愛知】名古屋CLUB QUATTRO
10月14日(金) 【大阪】心斎橋Music Club JANUS

■ツアーファイナル
10月21日(金) 【東京】赤坂BLITZ

【関連リンク】
Rhythmic Toy World オフィシャルHP
Rhythmic Toy World、全国ツアー第一弾ゲストアーティスト発表
Rhythmic Toy World、7月6日に待望の2ndフルアルバムをリリース&全国ツアー開催決定
04 Limited Sazabysの主催フェス『YON FES 2016』が大盛況!

【関連アーティスト】
Rhythmic Toy World
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Mrs. GREEN APPLE、日本工学院にて開催されたプレミアムライブで白熱のステージを披露!
Mon, 20 Jun 2016 12:52:15 +0900
6月19日@日本工学院専門学校蒲田キャンパス (okmusic UP\'s)

6月19日、Mrs. GREEN APPLEのイベント「『サママ・フェスティバル!』発売記念100名限定スペシャルライブsupported by 日本工学院」が日本工学院専門学校蒲田キャンパスにて開催された。

【その他の画像】Mrs. GREEN APPLE

オープニングの「愛情と矛先」からファンとメンバーのボルテージは最高潮に達し、高倍率を勝ち抜いたファンは大森元貴(Vo,G)の「100人!」という掛け声でさらなる盛り上がりを生み出していく。

2曲目の「VIP」から「サママ・フェスティバル!」へと続き、6月15日にリリースしたばかりの新曲にもかかわらず、メンバーとファンが一体となって白熱のステージを繰り広げた。

ライブは全8曲。キラーチューンの連続によって100人のファンの歓声とクラップが最後まで止むことはなかった。なお、このライブの模様は動画配信サービス「GYAO!」で生配信され、残念ながら会場に駆けつけられなかったファンもプレミアムな時間を共有できたことだろう。

ライブ本編が終わると、最後は360度カメラによる「サママ・フェスティバル!」のライブ撮影を敢行。収録された360度カメラ映像は後日公開される予定とのことなので、詳細を待とう。撮影前に振り付けの指導を受け、ファンも万全の体制で挑んだスペシャルな撮影は一体どんな映像になるのか、完成が楽しみだ。

100名限定というプレミアムな空間で行われたライブは、 Mrs. GREEN APPLEの現在と未来を感じさせる特別なライブとなった。彼らの今後の活躍にも大いに期待しよう。

Text:日本工学院専門学校 蒲田キャンパス コンサート・イベント科 上野智華
Photo:Taichi Ishihara

【関連リンク】
Mrs. GREEN APPLE、新曲リリース記念イベントの無料生配信が決定!
Mrs. GREEN APPLE、2ndシングル「サママ・フェスティバル!」MV公開
Mrs. GREEN APPLE、全国ツアーファイナルにて6月リリースの新曲を初披露
Mrs. GREEN APPLE、初の全国ワンマンツアーがスタート

【関連アーティスト】
Mrs. GREEN APPLE
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

LUNA SEA、満月の夜に新曲「Limit」MVを期間限定フル公開
Mon, 20 Jun 2016 12:30:00 +0900
LUNA SEA (okmusic UP\'s)

約2年半振りとなるニューシングル「Limit」を6月22日(水)にリリースするLUNA SEAが、満月を迎える6月20日(月)の20:00から日付が変わる24:00になる瞬間まで、その最新作「Limit」のMVをフルバージョンで限定公開する。

【その他の画像】LUNA SEA

現在オフィシャルYouTubeでは30秒SPOTのみ公開されているが、シングル発売を直前に控えた満月の夜にフルバージョン解禁という、まさにLUNA SEAらしいファンへのアクションだ。なおMVは初回限定盤AにBlu-rayで、初回限定盤BにはDVDで収録されているので、この幻想的な美しい映像と激しい演奏のコントラストを隅々までじっくり楽しみたい方は、是非そちらもチェックしてみよう。

またシングル「Limit」には12月23日・24日に行なわれる「The Holy Night -Beyond the Limit-」さいたまスーパーアリーナ2days公演のチケット特別先行先着受付の案内も封入されているので、このチャンスもお見逃しなく! さらに、9月に大阪(Zepp Namba)、名古屋(Zepp Nagoya)でのファンクラブ限定ライブの開催も発表されている。

先日、久々のテレビ出演が発表された7月2日(土)生放送のNTV「THE MUSIC DAY 夏の始まり」では、新曲「Limit」が史上初パフォーマンスされるのかも是非注目しておこう。

■「Limit」MV(フルバージョン)※限定公開
https://www.youtube.com/watch?v=3BG21bzBIos

■シングル「Limit」

2016年6月22日発売
【通常盤】(CD)
UPCH-5877/¥1,260(税込)
<収録曲>
1. Limit
※日本テレビアニメ「エンドライド」主題歌
2. I\'ll Stay With You

【初回限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)
UPCH-7146/¥2,480(税込)
※完全限定生産盤PREMIUM PACKAGE
<収録曲>
■SHM-CD
1. Limit
※日本テレビアニメ「エンドライド」主題歌
2. I\'ll Stay With You
■Blu-ray
Limit ?Music Video-

【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCH-7147/¥1,890(税込)
<収録曲>
■CD
1. Limit
※日本テレビアニメ「エンドライド」主題歌
2. I\'ll Stay With You
■DVD収録内容
Limit ?Music Video-

【「エンドライド」盤】(CD)
UPCH-7148/¥800(税込)
※ジャケットは「エンドライド」ビジュアル絵柄
<収録曲>
1. Limit
※日本テレビアニメ「エンドライド」主題歌

■【ライブ情報】

『The Holy Night -Beyond the Limit-』
12月23日(金・祝)  さいたまスーパーアリーナ
12月24日(土)  さいたまスーパーアリーナ
<チケット>
前売:¥9,500(税込)/全席指定
※3歳以上有料
■シングル「Limit」購入者対象 チケット特別先行先着受付
※詳しくはシングルに封入されている別紙をご参照ください。
■チケット一般発売日
2016年10月29日(土)〜

「SLAVE限定GIG 2016 大阪・名古屋公演」
9月22日(木・祝) Zepp Namba
9月24日(土) Zepp Nagoya
※7月18日(月・祝)までに新規ご入会の方はお申込み可能です。
http://www.lunasea-slave.jp

【関連リンク】
LUNA SEA オフィシャルHP
ロックの日にSUGIZOとINORANがバトル!
Muddy Apes、ツアー全会場のオープニング・アクトに各地の若手バンドを起用
LUNA SEA、2年半振りとなるシングル「Limit」のジャケ写を公開

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

桑田佳祐、話題の新曲「ヨシ子さん」MVがついに解禁!
Mon, 20 Jun 2016 12:00:00 +0900
桑田佳祐 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐が6月29日(水)に発売 するニューシングル「ヨシ子さん」のミュージックビデオがついに公開となった。

【その他の画像】サザンオールスターズ

どんな曲なのかがなかなか発表にならず、インパクトのある謎のタイトルとも相俟って、話題が話題を呼ぶ形となっていた「ヨシ子さん」。ついに先週末、桑田のテレビ出演をきっかけに、一斉にラジオオンエアおよび、タイアップCM(WOWOW開局25周年CM)のオンエアが始まり、一気に世の中は「ヨシ子さん」旋風が吹き荒れる状況になっている。

そんな話題の同曲のミュージックビデオが完成し公開となったが、このビデオがまた空前絶後の映像作品となっている。「ヨシ子さん」のリリースが発表になった当初、桑田は「インドとラテンとペルシャと東南アジアが混ざった、無国籍な匂いがする、平成のロバート・ジョンソンともいうべき曲になりそうだ」などと冗談を言っていたが、出来上がったビデオはある意味で、そんな冗談を実際に映像化したような、われわれの想像を超える世界が展開されている。

桑田が歌っている空間は極彩色の世界。ある場面ではそれが銭湯のようでもあり、ある場面では夏のお祭りのようでもあり、また別の場面では背景が現代版浮世絵であったりするというめくるめく世界。そして桑田以外に登場する人物たちは、世界中のさまざまな場所から集まって来たような人々。北欧から来たのか、中南米から来たのか、はたまた東南アジアや中央アジアから来たのか、というような世界各地から集まってきたと思しき登場人物たちが、民族衣装やセーラー服をまとって登場するという、キッチュな世界が描かれる。そしてハイライトは、そういった人物全員が、桑田のバックで踊る後半のシーン。後方には派手な山車までもが現れ繰り広げられる、奇想天外でカオスな世界はまさに圧巻。

桑田佳祐による地球規模のミラクルワールド。この映像を見る者の誰しもが、五感を大きく揺さぶられることだろう。そして「ヨシ子さん」という曲がいかにスケールの大きい世界観を持った曲だったのかを思い知らされる驚愕の映像がここに完成したのである。ぜひこの映像世界をあなたも体感していただき、より深く「ヨシ子さん」を感じていただきたい!

■シングル「ヨシ子さん」スペシャルサイト
※「ヨシ子さん」MV(フルバージョン)公開中
http://special.sas-fan.net/special/yoshikosan/

■「ヨシ子さん」MV(ショートバージョン)
https://youtu.be/5Gs9ssZLres

■シングル「ヨシ子さん」

2016年6月29日(水)発売
【初回限定盤】
VICL-37900/¥1,574+税
※「ヨシ子デラックス!Tシャツ」が当たる!プレゼント企画 応募券封入
<収録曲>
1 ヨシ子さん
(WOWOW開局25周年CMソング)
2 大河の一滴
(UCC BLACK無糖TVCMソング)
3 愛のプレリュード
(JTB TVCMソング)
4 百万本の赤い薔薇
(フジテレビ系列 全国26局ネット「ユアタイム〜あなたの時間〜」テーマソング)
5 大河の一滴 (TV Edit)
-Bonus Tracks-
6 東京 (TOKYO Big Band Session) 
7 風の詩を聴かせて (Live at Onagawa Station -2016.03.26-)
8 明日へのマーチ (Live at Onagawa Station -2016.03.26-)
9 明日晴れるかな (Live at Onagawa Station -2016.03.26-)
※初回限定盤については、作品から得られる収益の一部を東日本大震災及び平成28年熊本地震における復興支援活動等の資金として、寄付いたします。

【通常盤】
VICL-37901/¥1,296+税
<収録曲>
1 ヨシ子さん
(WOWOW開局25周年CMソング)
2 大河の一滴
(UCC BLACK無糖TVCMソング)
3 愛のプレリュード
(JTB TVCMソング)
4 百万本の赤い薔薇
(フジテレビ系列 全国26局ネット「ユアタイム〜あなたの時間〜」テーマソング)
5. 大河の一滴 (TV Edit)

■シングル「ヨシ子さん」【アナログ盤】

2016年7月27日(水)発売
※スペシャルポストカードセット封入
※CDとジャケットが異なります
VIJL-61600/¥2,037+税
<収録曲>
1. ヨシ子さん (WOWOW開局25周年CMソング)
2. 大河の一滴 (UCC BLACK無糖 TVCMソング)
3. 愛のプレリュード (JTB TVCMソング)
4. 百万本の赤い薔薇 (フジテレビ系列 全国26局ネット「ユアタイム〜あなたの時間〜」テーマソング)
5. 大河の一滴 (TV Edit)

【関連リンク】
サザンオールスターズ オフィシャルHP
桑田佳祐、シングル「ヨシ子さん」アナザージャケットでアナログ盤の発売決定
桑田佳祐、『MUSIC STATION』2時間SPにて新曲「ヨシ子さん」を初披露
桑田佳祐、新曲がフジテレビ報道番組のテーマソングに決定

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ, 桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP

Drop\'s、映画「月光」とのコラボレーションMV公開
Mon, 20 Jun 2016 11:00:00 +0900
Drop\'s (okmusic UP\'s)

5月に4thアルバム『DONUT』をリリースし、6月25日よりツアーがスタートするDrop\'sが「月光」のMVを公開した。

【その他の画像】Drop\'s

『DONUT』に収録されている「月光」は、先週劇場公開された映画「月光」の主題歌のためにDrop\'sが書き下ろした楽曲。映画の劇場公開を記念して、同曲のMVが制作された。

本MVは全編、新たに小澤監督が撮り下ろしたもの。映画主演の佐藤乃莉と石橋宇輪も登場し映画の希望を描く世界観はそのままに、Drop\'sの曲・歌詞が素直に伝わる映像となっている。

■映画「月光」公式サイト
http://gekko-movie.com/

■「月光」MV
https://youtu.be/1rQ_C2qFwDM

【関連リンク】
Drop\'s オフィシャルHP
Drop\'s、史上最も“やさしい”MV「ドーナツ」を公開
Drop\'s、映画『無伴奏』の主題歌「どこかへ」のコラボMVを公開
Drop\'s、ツアー初日に4thフルアルバム発売と全国ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
Drop\'s
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 映画













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1