歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年06月19日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/06/28
2016/06/27
2016/06/26
2016/06/25
2016/06/24
2016/06/23
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
浜崎あゆみ、ニューアルバムから新曲MVを2曲同時公開
Sun, 19 Jun 2016 19:00:00 +0900
浜崎あゆみ (okmusic UP\'s)

浜崎あゆみが6月29日に発売するニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』から、「FLOWER」「Mad World」の新曲2曲のミュージックビデオをオフィシャルYouTubeチャンネルにて公開した。

【その他の画像】浜崎あゆみ

発売の1ヶ月半前に、定額制音楽配信サービス“AWA”にてアルバム全曲を先行配信し、配信5日で史上最速の100万再生を達成する等、話題となっているニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』。その収録曲である「FLOWER」のMVは、2012年の作品「Sweet scar」以来となる1カットで撮影された作品で、1発撮りの緊張した空気感が、切迫した感情が伝わる作品となっており、髪を切るシーンやシャワーシーンなどは、失敗が許されない為、本番前に入念なリハーサルとチェックの末に完成した。

また、「Mad World」のMVはメッセージ性の高い歌詞の世界観を表現するモノクロの映像で、浜崎が涙を流しながら訴えるシーンや、100リットルに及ぶ黒い液体を使用し、現代社会・時代に向き合い、聴く人それぞれに訴えかける(問いかける)内容となっている。

浜崎あゆみは現在、5月より全国アリーナツアー『ayumi hamsaki ARENA TOUR 2016 A 〜MADE IN JAPAN〜』を開催中で、観客によるライヴ写真撮影を解禁するなど、全曲先行配信に続き、こちらも日本人大型アーティストしては史上初の試みとして話題を呼んでいる。

■「FLOWER」ミュージックビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=kBqGn91uRY4

■「Mad World」ミュージックビデオ
https://www.youtube.com/watch?v=ePxIJOec1CI

■『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A 〜MADE IN JAPAN〜』

6月19日(日) 福岡 マリンメッセ福岡
7月02日(土) 福井 サンドーム福井
7月08日(金) 東京 国立代々木競技場第一体育館
7月09日(土) 東京 国立代々木競技場第一体育館
7月10日(日) 東京 国立代々木競技場第一体育館
7月16日(土) 大阪 大阪城ホール
7月17日(日) 大阪 大阪城ホール
7月18日(月) 大阪 大阪城ホール

【関連リンク】
浜崎あゆみが描く、豪華絢爛なライヴステージ 全国アリーナ―ツアーの神戸公演をレポート!
AWAが公開生放送『Ayu fan meeting』実施。 ゆしん、ざわちんら浜崎あゆみファンのタレント&モデルが集結!
「AWA」が5月の月間楽曲再生回数&アーティスト別再生回数ランキングを発表!
浜崎あゆみ、話題のニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』アートワーク解禁

【関連アーティスト】
浜崎あゆみ
【ジャンル】
J-POP

HOWL BE QUIET、恵比寿リキッドルームでワンマンライブ開催決定
Sun, 19 Jun 2016 18:00:00 +0900
HOWL BE QUIET (okmusic UP\'s)

待望の2ndシングル「Wake We Up」を8月3日にリリースするHOWL BE QUIETが、「Wake We Up! Special One Man Live!!」と題したワンマンライブを9月11日(日)恵比寿リキッドルームで開催する事が決定した。

【その他の画像】HOWL BE QUIET

今回のシングル「Wake We Up」は、7月からスタートするTVアニメ『DAYS』のオープニング主題歌に決定。TVアニメ『DAYS』は2013年から週刊少年マガジンに連載中の、本格派高校サッカー漫画。コミックスは現在1巻〜17巻まで発売中で、累計300万部を突破した大人気漫画の待望のTVアニメ化となる。

■『Wake We Up! Special One Man Live!!』

9月11日(日) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
Open 16:00 / Start 17:00

【関連リンク】
HOWL BE QUIET、TVアニメ『DAYS』OP主題歌「Wake We Up」リリース決定
HOWL BE QUIET、6月17日配信のレギュラー番組にて重大発表!?
HOWL BE QUIET、デビューシングルから「Daily Darling」MVを公開
LAMP IN TERREN、約1年ぶりの3マンツアー初日公演にて新曲を初披露

【関連アーティスト】
HOWL BE QUIET
【ジャンル】
ジャパニーズロック

CUBERS、人力舎とのコラボ企画でお笑いに初挑戦!?
Sun, 19 Jun 2016 17:00:00 +0900
6月16日@JOL原宿 (okmusic UP\'s)

CUBERSが6月16日(木)にJOL原宿にて、「CUBERS×人力舎若手芸人コラボ企画」を行い、初の"お笑い"に挑戦! シャッフルでコンビを決め、漫才やコントを披露し、末っ子の優TEAMが優勝を飾った。

【その他の画像】CUBERS

イベンでトはCUBERSがジャンルを飛び越え、人力舎の若手芸人3組(アジラッピィ/ボスマジック/モダンボーイズ)と3週連続でコラボ企画に挑戦。1週目にCUBERSのメンバーをシャッフルして各芸人とコンビを組み、2週間のネタ合わせを経て、16日のFINALで漫才やコントを披露。優勝は徹子の部屋のコントを展開した優、アジラッピィ黒田、モダンボーイズ類家のチームだった。

CUBERSの末っ子となる優は、ライブのMCでもほとんど口を開くことはない。だがコントでは、モノマネやラップに挑戦し、会場は大爆笑の渦。ファンにとっても大変貴重なイベントとなった。

その後、行われたライブではシングル曲「Bi\'Bi\'Bi\'」や「STAND BY YOU」等4曲を披露。MCでは7月20日発売の3rdシングル「STAND BY YOU」MVを公開することを明かしたほか、新アーティスト写真、通常盤のジャケット写真も合わせて解禁となった。

今作のMVは前作「Bi\'Bi\'Bi\'」に続き、ロキノン系アーティストを多く手掛ける加藤マニ監督が制作。広大な食卓&オフィスの上で繰り広げられる、小さなCUBERSの大冒険。CUBERSが小さくなり、レトロな人形劇を思わせるMVに仕上がっている。

なお、「STAND BY YOU」のリリースイベントツアーが6月4日(土)からスタートしており、7月31日(日)迄、全18会場回る。

【コメント】
■加藤マニ監督
「カメラに向かっての擬似デートというお芝居をしていただいた前作から、今度は背景すらないグリーンの世界で想像しながら演じて頂きました。いずれも「実際はそこにないものを見るような」想像力が必要になることですが、そうした「そこにないもの」というのは正しくファンタジーで、それを見ることができる人たちが、逆に皆さんをファンタジーの世界に連れて行けるのかもしれません、と改めて思ったりしました」

■CUBERS
・春斗
「今作のMVですが、小さくなっちゃいました(笑)!」
・優
「グリーバックで完成を想像しながらの撮影だったので、難しかったですが、撮影は本当に楽しかったです」
・末吉9太郎
「落ちサビの春斗君の命乞いをしているシーンいいよね〜。あれ何回見ても泣けてきちゃう!」
・TAKA
「MVの中で所々CUBERSを好きな人ならはっ!と気づく隠れCUBERS的な要素も入っているので、1度だけでなく何度も見ていただけると嬉しいです」
・綾介
「間奏のダンスセクションは1発撮りでした!サビの振りが簡単なので、是非皆さん覚えて、ライブで一緒に楽しみましょう」

■「STAND BY YOU」MV
https://www.youtube.com/watch?v=qXNkKh3gCK8

【関連リンク】
CUBERS オフィシャルHP
CUBERS、東京タワー club333にて"3"rdシングルのリリースを発表
ゆず、坂本九の名曲を新録した「見上げてごらん夜の星を 〜ぼくらのうた〜」が「日本生命」新CM曲に決定
浜崎あゆみが描く、豪華絢爛なライヴステージ 全国アリーナ―ツアーの神戸公演をレポート!

【関連アーティスト】
CUBERS
【ジャンル】
J-POP, イベント

Superfly、約10万人を動員したアリーナツアーの映像作品リリース決定
Sun, 19 Jun 2016 16:00:00 +0900
Superfly (okmusic UP\'s)

Superfly史上過去最大規模のアリーナツアー『Superfly Arena Tour 2016“Into The Circle!』のDVD&Blu-rayが、8月24日にリリースされることが決定した。



【その他の画像】Superfly

2016年1月30日に幕張メッセからスタートし、全7箇所11公演の開催で、約10万人を動員させたアリーナツアー『Superfly Arena Tour 2016“Into The Circle!』。そのツアータイトルには「Superflyが作る音楽の輪の中に飛び込んで来て欲しい」という志帆の想いが込められており、4つに分けられたステージ毎に、どんどんメンバーが増えて行く見どころ満載のライブとなった。

また、アコースティックセットや初となるアカペラでのパフォーマンスは、志帆のボーカル力を最大限に楽しめるステージとなっており、今回のアリーナツアーはファンからの映像化を待つ声が非常に多く、待望の映像作品化となる。

MC含め、21曲を全曲収録する本作。さらに、初回生産限定盤にはCD付という何とも豪華な特典を用意! 現在、フジテレビ系全国ネット「バイキング」テーマソングとしてOA中の新曲『ゴチャゴチャ』に加え、Superfly初のアカペラをスタジオレコーディングした音源など、全4曲が収録されている。

アリーナツアーに参戦した方はもちろん、参加できなかった方も充分に楽しめる、超豪華映像作品だと言えるだろう。

■DVD&Blu-ray『Superfly Arena Tour 2016 “Into The Circle!”』

2016年8月24日(水)発売
【初回生産限定盤】
■DVD+CD
WPZL-90117/8/¥5,100+税
■BD+CD
WPZL-90120/1/¥6,100+税
【通常盤】
■DVD
WPBL-90396/¥4,500+税
■BD
WPXL-90130/¥5,500+税
<収録曲>
■Disc1(DVD / Blu-ray)
01. Rollin’ Days
02. How Do I Survive?
03. Beep!!
04. 誕生
05. 愛をこめて花束を
06. 愛と感謝
07. マニフェスト
08. プリマドンナ
09. 輝く月のように
10. スタンディングオベーション
11. Beautiful
12. 新世界へ
13. A・HA・HA
14. 愛をからだに吹き込んで
15. Alright!!
16. タマシイレボリューション
17. 919
18. 黒い雫
(Encore)
19. On Your Side
20. 凛
21. Wildflower
■Disc2(CD)※初回生産限定盤のみ
01.ゴチャゴチャ(新曲:フジテレビ系全国ネット「バイキング」テーマソング)
02.プリマドンナ(A Cappella ver.)
03.輝く月のように(A Cappella ver.)
04.スタンディングオベーション(A Cappella ver.)

【関連リンク】
Superfly オフィシャルHP
Superfly、初の全国ネットFMレギュラー番組が4月よりスタート
Superfly、約10万人動員のアリーナツアーが終幕
「オールナイトニッポン ALIVE 〜ヒットこそすべて〜」のステージで豪華アーティストが競演!

【関連アーティスト】
Superfly
【ジャンル】
ジャパニーズロック

水槽のクジラ、初の全国流通盤より「いずれまた春に」MVを公開
Sun, 19 Jun 2016 15:00:00 +0900
水槽のクジラ (okmusic UP\'s)

水槽のクジラが7月6日リリースの初の全国流通盤となる1stミニアルバム『かたちのおわり/かたちをかえて』より、「いずれまた春に」のMVを公開した。


【その他の画像】水槽のクジラ

水槽のクジラは、2012年結成。西田諒平(Vo,Gt)、原田貴彰(Gt)、大橋輪希(Ba)、小川裕樹(Dr)からなる4人組バンド。感傷と焦燥、ノスタルジアとイノセンスを詰め込んだ日本語詞。繊細な美しさを帯びた“歌" を届けるバンドとしてライブハウスシーンに於いて注目を集めている。

また「かたちのおわり/かたちをかえて」の発売にあわせて、リリースツアーの開催も決定。7月18日(月・祝)の渋谷 club乙-kinoto-を皮切りに、全5公演を行う。

■「いずれまた春に」MV
https://youtu.be/t0zAUAaTBfw

■水槽のクジラ 1st mini album「かたちのおわり / かたちをかえて」リリースツアー

7月18日(月・祝) 渋谷 club乙-kinoto-
w/chouchou merged syrups. /asayake no ato
7月29日(金) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
8月19日(金) 名古屋 CLUB ROCK\'N\'ROLL
8月20日(土) 大阪 「VOY SONIC!! 2016」

【関連リンク】
水槽のクジラ オフィシャルHP
VAMPS、ZEPP TOKYO公演にIN THIS MOMENTとAPOCALYPTICAが参加
ASIAN KUNG-FU GENERATION、新曲「ブラッドサーキュレーター」MV(Short Ver.)解禁
THE MODS、公演中止の各会場でフィルムコンサートを開催 

【関連アーティスト】
水槽のクジラ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

赤い公園、自身最大規模のワンマンツアーが大団円! モバイルFC「赤ちゃんねる」の発足も!
Sun, 19 Jun 2016 14:00:00 +0900
6月16日@東京 ZEPP DIVER CITY (okmusic UP\'s)

赤い公園が6月16日(木)、自身最大規模のワンマンツアー「赤い公園マンマンツアー2016〜咲き乱れNight?〜」の最終公演を東京 ZEPP DIVER CITYにて行なった。

【その他の画像】赤い公園

3月23日に約1年半ぶりとなる3rdアルバム『純情ランドセル』をリリースし、その翌月より全国16箇所のライブハウスを巡っていくツアーとして開催されてきた「赤い公園マンマンツアー2016〜咲き乱れNight?〜」。各地で大盛況となったが、この日も会場にはたくさんの来場者が訪れ、あいにくの天候ながら客席はファンで埋まった。

お馴染みの白装束を身にまとい、「タヒチの夕焼け」と題したSEを背に登場した4人。ギターを手にした佐藤千明(vo,g)の弾き語りから始まったオープニングナンバー「東京」は、かつて海だった場所を埋め立て開発された都内有数の臨海スポット お台場に立地するZEPP DIVER CITYというロケーションにピッタリの選曲といえるだろう。

そこから新旧取り揃えたアッパーチューンが続いていく序盤。「今更」のリズミカルなAメロでベースアンプの後ろに隠れ、上からひょっこり顔を覗かせる藤本ひかり(b)のキュートな仕草に目を奪われていると、津野米咲(g)が突然、エッジの効いたカッティングをかき鳴らした。折り重なるサウンドレイヤーや複雑に入り組んだ構成を、3分前後で潔くまとめるアレンジ力は彼女たちの特徴のひとつだが、続いて披露された最新作『純情ランドセル』唯一のセルフプロデュース曲「14」でも、より洗練されたアンサンブルを巧みに響かせていくのだから驚きだ。

さらに、ここからは10曲連続で演奏すると宣言。地下鉄から始まる「ショートホープ」、タイトル通りのおしゃれなビートが小気味よい「TOKYO HARBOR」とこれまたご当地的なセレクトから、オルゴールの音色が耳に残る「ボール」、変幻自在な歌川菜穂(dr)のリズムに重奏なコーラスが絡み合う「ひつじ屋さん」と次々に披露していく。そこにかつてフジテレビ土ドラ『ロストデイズ』主題歌に起用された人気曲「絶対的な関係」を投入し、観衆との息ピッタリなコール&レスポンスで会場の一体感を高めていく選曲も実に見事である。

その後、一際アグレッシブなサウンドが印象的な「喧嘩」では、間奏に「猫踏んじゃった」の一節をカットインさせるかわいらしいアレンジで魅了。今の時期にぴったりな梅雨の歌「ナンバーシックス」、この日の会場にも訪れていたという母へ向けた「ハンバーグ!」、“好きな人が好きな人"に対する後ろ暗い感情をあえてポップに紡いだ「あなたのあのこ、いけないわたし」などなど……。フェミニンな世界観とインテリジェントな音楽性が融合した、彩り豊かな楽曲を畳みかけて会場を盛り上げていった。

かつおぶしは鰹ではなく木、フライドチキンは鶏ではなく北京ダック、という佐藤の相変わらずの天然っぷりを暴露して笑いを誘い、「せーの」という掛け声から壁のような轟音で会場を埋め尽くす「Canvas」より始まった終盤戦。『純情ランドセル』収録曲を続けた一幕は、この日一番のハイライトと言っても過言ではないだろう。

過眠症を意味するタイトルが冠された「ナルコレプシー」から、より深みへと誘っていく「おやすみ」では、メトロノームが刻む規則的なリズムに、津野が奏でるキーボードの揺らめいた音色が寄り添うように響いていく。そんなまどろんだ雰囲気の中、佐藤が大仰に歌い上げていく幻想的なメロディのリフレインが胸を打つ珠玉のミドルバラード「デイドリーム」で、神々しいライティングと相まって繊細かつ壮大な芸術品を彷彿とさせる瞬間を作り上げたのだ。

そして赤い公園のライブでは定番となっている「ふやける」で、静寂と轟音が入り交じる音像の間を突き破って心まで刺さる佐藤の悲痛な叫びが、真っ赤に染まった会場に何度もこだまする圧倒的な一撃を披露。嵐を思わせる残響に包まれ、なかば放心したように立ち尽くしている観衆に向け、スケール感のあるキャッチーな疾走感が心地よい「KOIKI」や、軽妙なアップテンポを華やかなストリングスが彩る「黄色い花」を畳みかけ、会場中に笑顔が咲き乱れるハートフルな大団円を迎えたのだった。

最後は満場のアンコールにも応え、東京は立川出身の彼女たちならではのコミカルな歌詞が楽しい「西東京」で気合の入ったサウンドを轟かせ、『純情ランドセル』収録曲を全曲演奏し切る形で幕を閉じた「赤い公園マンマンツアー2016〜咲き乱れNight?〜」。20代なかばの女の子とは思えない豊潤な音楽性と卓越した演奏力、津野が紡いだ絶妙な距離感の詞世界を水彩画のように彩っていく佐藤の歌声と、かねてより絶賛されていた抜群の表現力は、ツアーを通して凄みが増したと確信させられる圧巻のアクトだった。

赤い公園は7月より「ロックロックこんにちは!20th Anniversary Special 〜R2 need U, I need U〜」をはじめ「Reborn-Art Festival × ap bank fes 2016」や「ROCK IN JAPAN FES.2016」など日本を代表する夏のイベントへの出演も決定している。他の追随を許さぬ速度で成長する4人は、この夏各地の観衆をどのように驚かせてくれるのだろうか。

また赤い公園のモバイルファンクラブ、その名も「赤ちゃんねる」が7月4日(月)よりスタートすることがわかった。藤本ひかり&歌川菜穂によるチャレンジ企画動画や、新感覚ショートムービー、ひとりぼっちラジオ、ライブ写真を使用した壁紙など、様々な独自のコンテンツを展開し、さらにはオープン記念特別企画も実施されるとのこと。こちらの続報も期待して待とう。

■【セットリスト】

1:東京
2:サイダー
3:今更
4:14
5:ショートホープ
6:TOKYO HARBOR
7:ボール
8:ひつじ屋さん
9:のぞき穴
10:絶対的な関係
11:喧嘩
12:ナンバーシックス
13:ハンバーグ!
14:あなたのあのこ、いけないわたし
15:Canvas
16:ナルコレプシー
17:おやすみ
18:デイドリーム
19:ふやける
20:KOIKI
21:NOW ON AIR
22:黄色い花
EN:西東京

【関連リンク】
赤い公園 オフィシャルHP
KREVA主催「908 FESTIVAL 2016」に三浦大知、赤い公園らが参戦決定
赤い公園の歌川菜穂(Dr)がデジタルアーティスト・watabokuとのイラストコラボを発表
ベタな桜ソングが苦手な人に贈る! 2016年の春うた5選

【関連アーティスト】
赤い公園
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

2PM、アリーナツアーファイナルで東京ドーム公演の開催を発表
Sun, 19 Jun 2016 13:00:00 +0900
6月18日@大阪城ホール (okmusic UP\'s)

アジアNo.1野獣アイドル2PMが日本デビュー以来5度目となるアリーナツアー「GALAXY OF 2PM」が大阪城ホールでファイナルを迎えた。その公演内で3年6ヶ月ぶりの東京ドーム公演の開催が発表された。

【その他の画像】2PM

客電が消えると、超満員の会場から悲鳴と、メンバーカラーに彩られたペンライトが点けられ、まさに会場全体がGALAXYと化した。LEDビジョンと照明によるドラマティックなオープニングが終了するとLEDが大きく反転し、まさに銀河の一片のようなセットが登場、会場の感嘆の声とともに1曲目の「想像してみて」からスタート。メンバーそれぞれのボーカルパートでステージセット内の様々な場所からメンバーが歌いながら登場すると、会場の歓声は最大級に。その後も「HIGHER」「ミダレテミナ(BOYTOY crazy mix)」とアッパーチューンでたたみかけ、会場をヒートアップさせた。オープニングの演出及び、このツアーの衣装のプロデュースをしたウヨンが最初のMCで「このツアーはいつもより、意味深いツアーです。最後まで後悔のないように楽しみましょう!」と話すと、観客は満天のペンライトをかざして応えた。

このツアーは、オリコンウィークリーランキング1位(5月9日付け)を記録した彼らの5枚目のアルバム『GALAXY OF 2PM』からの楽曲を中心に、日本デビュー曲「Take off」や韓国のデビュータイトル曲「10 out of 10 (10/10)」など大ヒット曲を散りばめた、現在の2PMを感じられる充実の内容となった。

中盤の、テギョンがプロデュースした楽曲「忘れないで」ではセンターステージがそのまま上昇し、会場後方までスライディングするという演出で、観客は大興奮。会場全体が早くも一体化となった。今回のソロステージは、メンバー内でのユニット楽曲を披露。まずは、ニックンとウヨン、そしてジュノとチャンソン、最後はJun. Kとテギョンがそれぞれ個性的なパフォーマンスを繰り広げたのも、このツアーの大きな見せ場となった。

アンコールでは、JUNHOがプロデュースしたバラード「一緒に過ごした時間」を情感たっぷりに歌唱、このアリーナツアーで6人での全国ツアーは一旦最後となるため、メンバーそれぞれが万感の思いで最後のMCを話すと会場は涙に包まれ、それに応えるように涙するメンバーも。ツアー最終日は特別に、ウヨンがプロデュースした新曲「天の川〜GALAXY〜」を壮大に歌唱、会場は感動の渦につつまれた。すべてのパフォーマンスが終わり、メンバーの口から「最後にみなさんとお会いできる機会を作りました。僕たち2PMは東京ドーム公演を行います!」と発表すると、会場は笑顔と涙で満たされ、興奮冷めやらぬまま大団円を迎えた。ライブの模様は全国の映画館でライブビューイングで生中継され、二日間で134劇場でおよそ35000人を動員した。

【セットリスト】
Opening〜
M-01. 想像してみて
M-02. HIGHER
M-03. ミダレテミナ (BOYTOY crazy mix)
M-04. TEASER
M-05. SET ME FREE
M-06. Everybody
M-07. 彼女 (NICHKHUN×WOOYOUNG)
M-08. 忘れないで
M-09. So Wonderful
M-10. Talk about your love
M-11. My House ?Japanese ver.-
M-12. Merry-go-round
M-13. I\'m you man
M-14. Slender Man
M-15. VERSUS (JUNHO×CHANSUNG)
M-16. EVEREST
M-17. THE BLUE LIGHT
M-18. Miss Wonderful
M-19. SO GOOD
M-20. Oh
M-21. I LOVE U, U LOVE ME
M-22. 10 out of 10 (10/10)
M-23. Hands up
M-24. Take off
M-25. 50 50 (JUN. K×TAECYEON)
EN-1. 一緒に過ごした時間
EN-2. Shining Star
EN-3. NEXT Generation
EN-4. 天の川〜GALAXY〜

■【2PM 東京ドーム公演詳細】

2PM、3年6ヶ月ぶりの東京ドーム公演が決定いたしました。日本デビューから5年、第1章の最後のページをめくる、様々な想いを込めた2日間。第2章へとむかう、6人の究極のパフォーマンスを、お見逃しなく。

『タイトル未定』
10月26日(水)・27日(木) 東京ドーム
開場時間:15:30 / 開演時間:17:30 (両日ともに)
全席指定:10,500円(税込・応援グッズ付き)
2 DAYS TICKETS:20,000円 (税込・応援グッズつき、2PMオフィシャルファンクラブHottest Japanのみの受付)
2 DAYS TICKETSはファミリーマート入金ですが、入場発券は電子チケットになります
※4歳未満のお子様のご入場は出来ません、4歳からチケットが別途必要になります
※客席を含む会場内の映像、写真が公開されることがございますので、予めご了承ください
コンサートのお問い合わせ:SOGO TOKYO 03-3405-9999 (月-土 12:00〜13:00/16:00〜19:00 ※日曜・祝日を除く)

【関連リンク】
2PM オフィシャルHP
2PM、ニューアルバム『GALAXY OF 2PM』を4月27日にリリース
ジュノ(2PM)初主演映画『二十歳』の撮影秘話を語ったインタビューが到着
2PM、華麗なソロステージで魅せた今年2度目のツアーが名古屋で終宴

【関連アーティスト】
2PM
【ジャンル】
K-POP, ライブ

ビッケブランカ、ツアー初日公演にShiggy Jr.が出演&話題のCM曲「Natural Woman」Short Ver.公開
Sun, 19 Jun 2016 12:00:00 +0900
ビッケブランカ (okmusic UP\'s)

ファルセットと地声を縦横無尽に操り、日本人離れしたポップセンスでジワジワと話題になっている魅惑のピアノマン・ビッケブランカが『Natural Woman TOUR』と題した2マンツアーを東名阪で開催する事が発表された。

【その他の画像】ビッケブランカ

ツアーの解禁に合わせ、名古屋公演の出演者がShiggy Jr. であることも発表された。東京公演と大阪公演の出演者は後日発表となるので楽しみにしておこう。

そして、ツアータイトルにも掲げている「en Natural」のCMソング「Natural Woman」のショートバージョンが SoundCloudとiConnectに装い新たに公開されたので、CMで気になった方は是非チェックして欲しい。

■「Natural Woman」Short Ver.
・SoundCloud
https://soundcloud.com/vickeblanka/natural-woman-short-ver
・iConnect
https://itunes.apple.com/jp/post/idsa.e61a715e-3441-11e6-8a14-c6adb62fe8ae

■「en Natural」CM動画
https://www.youtube.com/watch?v=ueXIpUkWWgY

■「Natural Woman TOUR」

9月01日(木)  愛知 名古屋 SPADE BOX
出演者:Shiggy Jr.
9月02日(金)  大阪 梅田 Zeela
出演者:後日発表
9月11日(日)  東京 渋谷 TSUTAYA O-nest
出演者:後日発表

■オフィシャルHP先行
※2016年6月26日(日) 23:59 まで
http://www.getticket.jp/g?t=inodmqy

【関連リンク】
ビッケブランカ オフィシャルHP
ビッケブランカ、新曲「Natural Woman」が自然派スムージーCMソングに!
恒例の「MEET THE WORLD BEAT」、今年はコブクロ、flumpool、高橋優ら10組が出演!
Czecho No Republic、初の映像作品リリース決定&ファン感謝企画スタート

【関連アーティスト】
ビッケブランカ, Shiggy Jr.
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

CrossfaithのジャパンツアーにSiM、ACIDMAN、THE BACK HORN等の16組が参戦
Sun, 19 Jun 2016 11:00:00 +0900
「New Age Warriors Tour 2016」 (okmusic UP\'s)

Crossfaithより国内ツアー「New Age Warriors Tour 2016」のゲスト・アーティストが発表された。

【その他の画像】ACIDMAN

ニューシングル「New Age Warriors」を引っさげ9月14日より全国27公演に及ぶ過去最大公演数となる今回のツアーにはSiMやHEY-SMITH、The BONEZ、WANIMAなどお馴染のメンツに加え、ACIDMAN、THE BACK HORN、SUPER BEAVER、THE ORAL CIGARETTES、tricotなどCrossfaithの対バンとしては新しい顔ぶれを含む計16組のゲストが出演することとなった。

■「New Age Warriors Tour 2016」

9月14日 (水) 柏PALOOZA
w/ Crystal Lake
9月15日 (木) 水戸ライトハウス
w/ Crystal Lake
9月17日 (土) 盛岡CHANGE WAVE
w/ NAMBA69, SHANK
9月18日 (日) 郡山CLUB #9
w/ NAMBA69, SHANK
9月19日 (月・祝) 仙台RENSA
w/ ACIDMAN
9月22日 (木・祝) 旭川CASINO DRIVE
w/ THE BACK HORN
9月24日 (土) 帯広MEGA STONE
w/ THE BACK HORN
9月25日 (日) 札幌PENNY LANE24
w/ THE BACK HORN
9月28日 (水) 新潟LOTS
w/ THE ORAL CIGARETTES
9月29日 (木) 長野JUNKBOX
w/ THE ORAL CIGARETTES
10月01日 (土) 金沢EIGHT HALL
w/ tricot
10月02日 (日) 京都MUSE
w/ tricot
10月04日 (火) 松山W Studio RED
w/ WANIMA
10月06日 (木) 熊本DRUM B.9 V1
w/ The BONEZ
10月07日 (金) 福岡DRUM LOGOS
w/ The BONEZ
10月09日 (日) 長崎DRUM Be-7
w/ The BONEZ
10月10日 (月・祝) 広島CLUB QUATTRO
w/ ROTTENGRAFFTY
10月12日 (水) 米子laughs
w/ ROTTENGRAFFTY
10月13日 (木) 岡山YEBISU YA PRO
w/ Joy Opposites
10月15日 (土) 神戸太陽と虎
w/ Joy Opposites
10月16日 (日) 静岡 SOUND SHOWER ark
w/ TOTALFAT
10月18日 (火) さいたま新都心 HEAVEN\'S ROCK VJ-3
w/ HEY-SMITH
10月19日 (水) 横浜F.A.D YOKOHAMA
w/ SUPER BEAVER
10月22日 (土) 高知X-pt
w/ POLYSICS
10月23日 (日) 高松OLIVE HALL
w/ POLYSICS
10月25日 (火) 堺東GOITH ※ワンマン公演
10月29日 (土) 沖縄桜坂セントラル
w/ SiM

■オフィシャル3次先行
※受付期間:6月18日(土)12:00 〜 6月26日(日)21:00
http://w.pia.jp/s/crossfaith16of3/

【関連リンク】
Crossfaith オフィシャルHP
THE BACK HORN、今秋に初ホールツアー開催&シングルリリース
Crossfaith、シングル「New Age Warriors」ジャケットビジュアル&SPサイトを公開
THE ORAL CIGARETTES、ニューシングル発売記念番組をLINE LIVEで配信

【関連アーティスト】
ACIDMAN, THE BACK HORN, SUPER BEAVER, WANIMA, Crossfaith, HEY-SMITH, tricot, SiM, THE ORAL CIGARETTES, The BONEZ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

テスラは泣かない。 、7月に開催する初の2部構成ライブに小高芳太朗 (LUNKHEAD)が出演
Sun, 19 Jun 2016 10:00:00 +0900
『High noble MATCH in TOKYO #5 - Past × Future - テスラは泣かない VS テスラは泣かない。』 (okmusic UP\'s)

テスラは泣かない。が7月3日(日)に下北沢Basement Barで開催する、初の2部構成ライブ『High noble MATCH! in TOKYO #5 - Past × Future - テスラは泣かない VS テスラは泣かない。』に、小高芳太朗 (LUNKHEAD)が出演することが明らかになった。

【その他の画像】テスラは泣かない。

このイベントは、テスラは泣かない。が2012年に開催した初の全国流通盤「High noble march」のレコ発イベント。その当日のセットリストの再現となる第一部(過去)と、未発表の新曲のみで構成でされた第二部(未来)、過去と未来を再現した2部構成のライブとなる。小高は一部と二部の間にソロで出演する。

そして、今回の発表で、同イベントの第一部には「挫・人間」のアベマコトが、第二部には「 a flood of circle」のHisayo が、テスラのライブにゲストベースとして参加する事がアナウンスされた。

また、テスラは泣かない。が出演する、7月9日(土)のZEPP TOKYOにて開催されるライブイベント『LIVE FACTORY 2016』でのゲストベースに「東京カランコロン」の佐藤全部の参加が決定。各イベントのチケットは現在発売中だ。

■【ライブ情報】

『High noble MATCH in TOKYO #5 - Past × Future - テスラは泣かない VS テスラは泣かない。』
7月03日(日) 下北沢Basement Bar
出演:テスラは泣かない / テスラは泣かない。 / 小高芳太朗 (LUNKHEAD)
※第一部GUEST BASS : アベマコト(挫・人間)
※第二部GUEST BASS : Hisayo (tokyo pinsalocks / GHEEE / a flood of circle)

『LIVE FACTORY 2016』
7月09日(土) ZEPP TOKYO
出演:テスラは泣かない。/ねごと / 神聖かまってちゃん / fh?na / WHITE ASH
MC : 玉井詩織(ももいろクローバーZ)
アシスタント:咲良菜緒(チームしゃちほこ)
※テスラは泣かない。GUEST BASS : 佐藤全部 (東京カランコロン)

【関連リンク】
テスラは泣かない。オフィシャルHP
テスラは泣かない。が初の2部構成ライヴを開催! ゲストべーシストはHisayo(a flood of circle)!
テスラは泣かない、恒例の自主企画イベント「High noble MATCH!」名古屋での初開催が決定
テスラは泣かない。の村上学の呼びかけにより鹿児島にて無料チャリティーイベント開催決定

【関連アーティスト】
テスラは泣かない。
【ジャンル】
ジャパニーズロック

布袋寅泰、地元・高崎に35周年アニバーサリー仕様のローソンが登場!?
Sun, 19 Jun 2016 00:00:00 +0900
ローソン高崎駅西口店 (okmusic UP\'s)

コンビニエンスストア・ローソン高崎駅西口店が、布袋寅泰35周年アニバーサリー仕様に大変身した!


【その他の画像】布袋寅泰

これは、高崎市出身である布袋寅泰のアーティスト活動35年を網羅したオールキャリア・ベストアルバム『51 Emotions -the best for the future-』の発売を記念したもので、歴代のアルバムジャケットやアーティストフォト、35周年アニバーサリーロゴ、GUITARHYTHMテクスチャーなどをモチーフに、店舗を丸ごと「布袋寅泰でラッピング」する異色の企画。期間中は布袋寅泰のオリジナルグッズも販売される。

さらに、7月3日(日)には高崎もてなし広場で布袋寅泰フリーライブ「【BEAT 3】〜Power of Music〜 FREE LIVE! 自由の音を聴け」が予定されており、HOTEIが高崎の夏をさらに熱くする。

【関連リンク】
布袋寅泰、ここでしか聞けない「布袋語録」を51日間連続配信!
布袋寅泰の35周年ベスト初回盤は名言満載「スペシャル・セルフライナーノーツ」付き!
布袋寅泰、ヨーロッパで絶大な人気を誇るズッケロとコラボレーションライヴ
コブクロ×布袋寅泰、豪華コラボの遠距離制作模様が明らかに

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MADBEAVERSが『TOUR 2016 “その衝動の先へ”』“咆哮”トレーラー映像を公開
Sat, 18 Jun 2016 15:00:00 +0900
MADBEAVERS  (okmusic UP\'s)

現在、ツアー『TOUR 2016 “その衝動の先へ”』を行なっているMADBEAVERSが、同ツアーのトレーラー映像を公開した。

【その他の画像】UNICORN

ミニアルバム『その衝動の先へ』を引っ提げ、全国を回っているMADBEAVERS。ツアーも後半戦に入り、バンドグルーブもますます熱量を帯びる中、今回公開されたトレーラー映像では、同ミニアルバムの収録曲「咆哮」のツアー初日のライヴ映像が使用されている。

当日の渦巻くエモーショナルを感じるサウンド、Kiyoshiの叫ぶようなのヴォーカル…それは臨場感にあふれ、観ているだけでヒリヒリとしてくるほど。是非ともこの震える刺激を生のライヴで体感してほしい!

■『TOUR 2016 “その衝動の先へ”』トレーラー
https://www.youtube.com/watch?v=dSSD1dSip9o

■『MADBEAVERS TOUR 2016 “その衝動の先へ”』

6月18日(土) 福岡 LIVEHOUSE CB
6月20日(月) 岡山 PEPPERLAND
6月21日(火) 京都 VOXhall
6月30日(木) 高崎 club FLEEZ
7月01日(金) 新潟 CLUB RIVERST
7月03日(日) 金沢 vanvanV4
7月04日(月) 長野 LIVE HOUSE J

【関連リンク】
MADBEAVERS オフィシャルHP
EBIが選ぶプレイリスト。「ARB入門編」
MADBEAVERS、“衝動”に満ちたミニアルバム『その衝動の先へ』をツアーで先行リリース
CHIROLYN、自身初のライブ映像作品リリース&発売記念ツアー決定

【関連アーティスト】
UNICORN, Madbeavers, 44MAGNUM, hide with Spread Beaver
【ジャンル】
ジャパニーズロック

吉澤嘉代子、8月リリースのコラボミニアルバムからサンボマスター曲が解禁
Sat, 18 Jun 2016 19:00:00 +0900
吉澤嘉代子 (okmusic UP\'s)

8月3日にコラボレーション・ミニアルバム『吉澤嘉代子とうつくしい人たち』をリリースする吉澤嘉代子。そのミニアルバムに収録されている新曲「ものがたりは今日はじまるの feat.サンボマスター」が、J-WAVEで初オンエアされることが決定した。

【その他の画像】サンボマスター

今回、初オンエアが決定したのは、吉澤のアーティストとしての初期衝動であり、念願の初コラボレーション曲となった「ものがたりは今日はじまるの feat.サンボマスター」。

同曲は6月25日(土)放送のJ-WAVE「RADIO DONUTS」(毎週土曜日8:00〜12:00)において、初解禁される。

【関連リンク】
吉澤嘉代子の初コラボミニアルバムにサンボマスター、岡崎体育らが参加
17年の歴史の幕を下ろすZepp Fukuokaにて奥田民生、PUFFYらがSPライブを開催
吉澤嘉代子、満員のホールでアルバムリリースを発表
吉澤嘉代子、大切な者を送り出す「movie」のMVを解禁

【関連アーティスト】
サンボマスター, 吉澤嘉代子
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

6月29日のOKMusic×新宿SAMURAI 『OKMusicNight』にコレサワの出演が決定!
Sat, 18 Jun 2016 18:00:00 +0900
コレサワ (okmusic UP\'s)

OKMusicと新宿SAMURAIによる初の企画イベント「OKMusic×新宿SAMURAI『OKMusicNight』」が、6月29日(水)LIVEHOUSE shinjuku SAMURAIにて開催される。

【その他の画像】杏窪彌

会場となるLIVEHOUSE shinjuku SAMURAIは、新老舗ライヴハウスURGAの跡地に6月11日にオープンした新店だ。今回のイベントはオープニング期間となる6月中の開催ということで、新店の神聖な空気とともに音楽を楽しむことができる。

イベントには、杏窪彌(アンアミン)、白波多カミン、Mayuの登場が発表されていたが、残りの1アーティストとしてコレサワの出演が決定した。今話題の女子シンガーソングライター全4組の共演を見逃す手はない! なお、当日は弾き語りをメインにしたステージを披露予定とのこと。

チケットは現在、LIVEHOUSE shinjuku SAMURAIの店頭、プレイガイドにて発売中。OKMusicと新宿SAMURAIによる企画イベントは、今後も定期的に開催予定。記念すべき初の企画イベントに参加して、彼女たちの音楽に触れてみてはいかがだろうか。

■コレサワ オフィシャルHP
http://koresawa.jp/
■杏窪彌(アンアミン) オフィシャルHP
http://www.un-amin.com/
■白波多カミン オフィシャルHP
http://shirahatakamin.com/
■Mayu オフィシャルHP
http://mayu-web.com/

■「OKMusic×新宿SAMURAI『OKMusicNight』」

6月29日(水) LIVEHOUSE shinjuku SAMURAI
OPEN 18:00 / START 18:30
出演:杏窪彌(アンアミン) / 白波多カミン / Mayu / コレサワ
<チケット>
ADV./DOOR:¥2,500/¥3,000
※入場時1ドリンク¥600別途必要
・各出演者手売チケット
・SAMURAI店頭販売
・各出演者取置き
・SAMURAIメール予約
・e+(6月11日 12:00〜販売)
http://sort.eplus.jp/sys/T1U14P0010163P0108P002193939P0050001P006001P0030001
INFO:SAMURAI 03-5287-3390

【関連リンク】
LIVEHOUSE shinjuku SAMURAI オフィシャルHP
コレサワ、9月に3rd E.P.「ジエイポップ」をリリース
杏窪彌、白波多カミン、Mayuら出演のOKMusic×新宿SAMURAI『OKMusicNight』6月29日に開催!
杏窪彌(アンアミン)、『ジャイアントパンダにのってみたい』『不夜城アンアミン』の配信がスタート

【関連アーティスト】
杏窪彌, 白波多カミン, コレサワ, Mayu
【ジャンル】
J-POP

井上陽水、『UNITED COVER 2』コンサートが大好評につき再びツアーをスタート
Sat, 18 Jun 2016 18:00:00 +0900
井上陽水 (okmusic UP\'s)

昨年7月にカヴァーアルバム『UNITED COVER 2』をリリース以降、今年4月の富山オーバード・ホール公演まで、精力的に全国ツアーを実施した井上陽水が、9月27日の横須賀芸術劇場公演を皮切りに、『井上陽水 コンサート2016秋「UNITED COVER 2」』と題し、再び全国ツアーをスタートさせる。

【その他の画像】井上陽水

2015年に開催された公演では「シルエット・ロマンス」「夢で逢いましょう」など、世代を越えた名曲のカヴァーや、NHKブラタモリのテーマソングとして、お茶の間でお馴染みの「女神」「瞬き」など、『UNITED COVER 2』に収録された楽曲を中心に構成され、その他「リバーサイドホテル」や「夢の中へ」など自身の代表曲が披露されたが、今年に入ってからのコンサートでは新旧オリジナル曲も数多く披露され、代表曲はもちろんレア曲まで聴かせる内容となった。

井上陽水の魅力が存分に堪能できるツアーは各会場、万雷の拍手で締めくくられ、その反響冷めやらぬ中、再びツアーの開始となる。

名曲の数々を井上陽水の声と、日本のトップミュージシャンの演奏で聴かせる、贅沢この上ないコンサートツアー。そして曲と曲の間の箸休めは、独特の語り口で笑いを誘う、井上陽水のトーク。百聞は一見にしかず。ますはコンサート会場に足を運ぶことをお勧めする。

■井上陽水 コンサート2016秋「UNITED COVER 2」

9月27日(火)  神奈川 よこすか芸術劇場
9月28日(水)  神奈川 茅ヶ崎市民文化会館
10月03日(月)  東京 府中の森芸術劇場
10月07日(金)  三重 桑名市民会館
10月08日(土)  岐阜 長良川国際会議場
10月11日(火) 東京 Bunkamura オーチャードホール
10月12日(水) 東京 Bunkamura オーチャードホール
10月18日(火) 岡山 岡山市民会館
10月19日(水) 高知 高知県立県民文化ホール
10月24日(月) 福岡 福岡サンパレス ホテル&ホール
10月26日(水) 福岡 アルモニーサンク 北九州ソレイユホール
10月27日(木) 長崎 アルカスSASEBO
11月03日(木) 群馬 桐生市市民文化会館 シルクホール
11月04日(金) 神奈川 川崎市教育文化会館
11月09日(水) 和歌山 和歌山市民会館 大ホール
11月10日(木) 大阪 フェスティバルホール
11月13日(日) 長野 ホクト文化ホール (長野県県民文化会館)

【関連リンク】
井上陽水 オフィシャルHP
井上陽水、代表曲の数々やカヴァーを披露し、トークも冴えたNHKホール公演
井上陽水、大ヒット曲や名作カヴァー満載の名演が映像化
井上陽水、最新Blu-ray&DVDのダイジェスト映像を公開

【関連アーティスト】
井上陽水
【ジャンル】
J-POP, ライブ

BIGBANG、アニバーサリー公演の模様を全国の映画館でライブ・ビューイング決定
Sat, 18 Jun 2016 17:00:00 +0900
BIGBANG (okmusic UP\'s)

7月30日(土)にBIGBANGが大阪・長居スタジアムで開催する『BIGBANG 10th Anniversary Stadium Live 2016 in Japan』を全国の映画館でライブ・ビューイングすることが決定した。

【その他の画像】BIGBANG

今やアジアのみならず世界で活躍するモンスターグループとなったBIGBANGが、自身初となるスタジアムライブを敢行する。このライブは、彼らのデビュー10周年を記念して開催されるアニバーサリーライブで、7月29日〜31日の3Daysで16万5000人を動員予定だ。

2015年から2016年にかけて行なわれたワールドツアーの日本公演『BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN』では、海外アーティスト史上初となる3年連続でのドームツアーを開催。そしてこのライブツアーにおける動員は、海外アーティストでは史上最多となる91万1千人を記録し、日本全国を熱狂の渦に巻き込んだ。

デビューから10年を経て、今やトップアーティストとしての地位をゆるぎないものとしている彼らが、真夏の野外スタジアムではどんな熱狂を巻き起こすのか? 圧巻のパフォーマンスは必見だ。ぜひお近くの映画館でアニバーサリーライブに参加して、5人そろったBIGBANGの10周年をお祝いしよう!

■「BIGBANG 10th Anniversary Stadium Live 2016 in Japan ライブ・ビューイング」

日時:7月30日(土) 17:00 START
会場:全国47都道府県の映画館  
※実施劇場一覧は特設サイトをご覧下さい。
※開場時間は映画館によって異なります。
※大阪府では16歳未満の方で保護者同伴でない場合は、終映が19:00を過ぎる上映回にはご入場いただけません。予めご了承ください。
料金:¥4,500(全席指定/税込) 
※来場者プレゼント付
※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。

<チケット>
■一般発売
2016年7月13日(水)12:00〜7月29日(金)12:00
※ファミリーマート店内の端末「Famiポート」にて販売
※一般発売は先着順での受付となりますので、予定枚数に達し次第受付終了となります。
・イープラス
http://eplus.jp/bigbang2016-lv/
■先行抽選受付
2016年6月18日(土)12:00〜6月28日(火)23:59
・Yahoo!チケット
※Yahoo!チケットでは、沖縄会場(シネマQ、ミハマ7プレックス、サザンプレックス )のチケットはお取扱いがございません。予めご了承ください。
http://r.y-tickets.jp/bigbang-lv1601
・イープラス
http://eplus.jp/bigbang2016-lv/

■「BIGBANG 10th Anniversary Stadium Live 2016 in Japan ライブ・ビューイング」情報サイト
http://liveviewing.jp/bigbang2016/

【関連リンク】
BIGBANG オフィシャルHP
BIGBANG、ドキュメンタリー映画『BIGBANG MADE』が7月より公開
BIGBANG、『a-nation』への3年連続ヘッドライナー出演が決定
BIGBANG、最新ドームツアーのファイナル公演をパッケージ化

【関連アーティスト】
BIGBANG
【ジャンル】
K-POP

ハルカトミユキ、2ndフルアルバムより「奇跡を祈ることはもうしない」リリックビデオ解禁
Sat, 18 Jun 2016 16:00:00 +0900
配信シングル「奇跡を祈ることはもうしない」 (okmusic UP\'s)

自身2作目となるフルアルバム『LOVELESS/ARTLESS』を8月17日に発売することを発表したハルカトミユキが、そのアルバムからの先行で配信されるリードトラック「奇跡を祈ることはもうしない」のリリックビデオを解禁した。

【その他の画像】ハルカトミユキ

アルバムに先駆け6月22日に先行配信リリースされる新曲は、彼女たちの2年9カ月の進化が現れた、2人の共作(作詞:ハルカ/作曲:ミユキ)による壮大なミドルバラード。先日の音源公開以降、早くも彼女たちの新たなるアンセムとして非常に期待の高い楽曲だけにどの様な映像になるのか非常に興味深い。

ハルカトミユキは常に、本人たちが出演する・しないに関わらず、新曲と共にリリックビデオを発表してきた。今作もその流れに違わずハルカを綴る歌詞をダイレクト且つ、効果的に伝えられるリリックビデオの手法を選択。今作は2年9日ヶ月ぶりの2ndフルアルバムからのリードトラックということもあり、本人たちも出演している映像となる。

また、昨年10月に行なった日比谷野外大音楽堂で、1年かけ47都道府県を回りまた再び野音のステージに帰ることを約束して、その公演がツアーファイナルとなる9月24日(土)日比谷野外大音楽堂で決定している。その直前9月10日(土)大阪・9月11日(日)名古屋も含めた、バンドを背負っての東名阪ツアーのチケット先行が受付開始となった。新曲と共に、こちらも絶対に見逃さないでほしい。

■「奇跡を祈ることはもうしない」Lyric Video
https://youtu.be/Vg7q3Fhw3N8

■【リリース情報】

配信シングル「奇跡を祈ることはもうしない」
2016年6月22日より配信開始

アルバム『LOVELESS/ARTLESS』
2016年8月17日発売
【初回盤】(CD+DVD)
AICL-3133〜4/¥3,990(税込)
【通常盤】(CDのみ)
AICL-3135/¥2,800(税込)

■「LIVE TOUR 2016 ‘LIFE\' 」

「9月バンドワンマンシリーズ 」
9月10日(土) 大阪 umeda AKASO
9月11日(日) 名古屋 SPADE BOX
9月24日(土) 日比谷野外大音楽堂

「初夏の北の大地シリーズ 」
6月03日(金) 福島 OUT LINE
6月04日(土) 山形 蔵オビハチ
6月05日(日) 宮城 SENDAI KOFFEE CO.
6月07日(火) 青森 BAR SPACE 1/3
6月08日(水) 秋田 Cafe Brugge
6月10日(金) 盛岡 the five morioka
6月25日(土) 札幌 KRAPS HALL (イベント)

【関連リンク】
ハルカトミユキ オフィシャルHP
ハルカトミユキ、2年9カ月振りの2nd フルアルバム発売&「奇跡を祈ることはもうしない」先行配信決定
ハルカトミユキ、東名阪バンドツアー初日公演にてニューアルバム発売を発表
ハルカトミユキ、毎月新曲配信ラストとなるSong#13「恋は魔法さ」をリリース

【関連アーティスト】
ハルカトミユキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1