歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年06月13日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/06/22
2016/06/21
2016/06/20
2016/06/19
2016/06/18
2016/06/17
2016/06/16
2016/06/15
2016/06/14
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
Migimimi sleep tight、ミニアルバムのアートワークとリード曲「puputan」MVを一部解禁
Mon, 13 Jun 2016 21:00:00 +0900
Migimimi sleep tight (okmusic UP\'s)

Migimimi sleep tightが7月6日リリースのミニアルバム『The Lovers』のアートワークと、リード曲「puputan」のMV(ショートバージョン)を公開した。

【その他の画像】FUNKIST

ミニアルバム『The Lovers』のアートワークはジャケットのみを見ると地上と海面が映っているような不思議な場面となっているが、実は中のブックレットの絵も全てジャケットの世界とつながっているので、ぜひ手に入れてブックレットも楽しんでほしい作品となっている。

またリード曲「puputan」は、攻撃的なリズムと切ないメロディの組み合わせが至るところで暴発するキラーチューン。まだ曲の魅力の一部分しか語ることはできないがMigimimi sleep tight初のミニアルバムの世界をこちらも一足先に体験してほしい。

さらに、すでにオフィシャルで発表済みではあるが、8月20日に渋谷VUNENOSにて行なわれる1st Oneman Live 【Under the Shibuya Lovers】のチケットが6月18日(土)10:00より発売開始となる。7月、8月の対バンイベント情報も追加されているのでライブスケジュールも合わせてチェックしよう。

■「puputan」MV(ショートバージョン)
https://youtu.be/_z97DhWA5wg

■『1st Oneman Live【Under the Shibuya Lovers】』

8月20日(土) 渋谷VUENOS
<チケット>
6月18日(土)10:00より発売開始
※詳細は各会場またはプレイガイドまでお問い合わせ下さい
http://eplus.jp

【関連リンク】
Migimimi sleep tight オフィシャルHP
Migimimi sleep tight、ミニアルバム発売に先駆け最新アー写&収録曲のクレジットを公開
Migimimi sleep tight、7月6日に初のミニアルバム『The Lovers』をリリース

【関連アーティスト】
FUNKIST, the telephones, メガマソ, Migimimi sleep tight
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MUCC、シングル「ハイデ」リリースに先駆けた11時間半のニコ生を完走!
Mon, 13 Jun 2016 20:00:00 +0900
インタビュー (okmusic UP\'s)

6月15日にニューシングル「ハイデ」をリリースするMUCC。こちらのシングルは元々6月8日にリリースされる予定だったのだが、制作上の都合によって1週間リリースが延期されていた。そのリリース延期発表の際に"お詫び"の気持ちから開催が決定したニューシングル発売延期謝罪ニコ生690分特番「MUCC QUEST VI 〜天空のお兄さん〜」が6月9日(ムックの日)から6月10日にかけて行なわれた。

【その他の画像】MUCC

今回の番組はMUCCのバンド名にかけた"690分(11時間半)"の前代未聞の長時間番組。番組がスタートすると、タイトルの通りメンバーは6つのミッションを課され、それをクリアーしていく過程が放送された。まず1つ目は“メンバー全員集めろ!大きいタワーをめざせ!"。放送は浅草雷門前の逹瑯1人の状態からスタートし、まずはスカイツリーでYUKKE、その後東京タワーでミヤ、そして六本木ヒルズ森タワー近辺でSATOちをピックアップし、まず1つ目のミッションをクリアー。冒険は順調に進む!...かと思いきや、その前に車はある場所で停車。そして会議室に入っていくとなんと所属レーベルSony Music Associated Recordsの後等プロデューサーが待ち受けていた。後等プロデューサーから、今回の延期の件についての説明があり、その後メンバーそれぞれから真摯な(?)謝罪が行なわれた。更にはYUKKEの口から翌日10日の朝6時9分からの早朝LIVEが解禁され、放送を見ていたファンからも大きなどよめきが起こった。

その後、ミッションカードにより、ミッション2“勇者「YUKKE」よ!レジャーランドで6個以上のゲームを制覇しろ!"がスタート。ボーリング、キックターゲットなどメンバー全員がレジャーランドのアトラクションで楽しみながらも制覇する姿が放送され、2つ目のミッションもクリアー。

そして次なるミッション3“早朝LIVEに向けて!りは☆すたムック せよ!"がミッションカードによりスタート。なんとそのリハーサルスタジオに向かう動中にてガラ(MERRY)の姿を見つけ、ガラも合流しリハーサルスタジオに向かう一行。ちなみに、“りは☆すたムック"とは以前ニコニコ生放送の特番で行なった、BOXからMUCCの曲を引き、出てきたものを即時にセッションするという、ムチャブリ企画の1つ。リハーサルスタジオに着くと、ミヤ用にWネックのギターがあったりと面白サプライズもある中、「友達(カレ)が死んだ日」、「廃」や偶然にも2002年のムックの日にゲリラ発売を行った「水槽」などレア曲が連発、更にガラを交えた「アカ」や「ムック体操」も披露した。

そして、4つ目のミッションは「昔のように!お店でインタビューを受けよ!」。ミッションを実行すると思われるお店に到着し、個室を開けるとそこに待っていたのは、メンバーとの付き合いが20年を超える雑誌“79"の伊藤夕子さん。当時のインタビューの懐かしい話もありつつ、以前と同じようにインタビューを行なうメンバー。途中には新曲「ハイデ」の番組オリジナルverも放送されるなどおおいに盛り上がったが、更にはなんとそのインタビュー中に根崎料栄(ex.ラヴィアンローズkyohsuke)が乱入。メンバーの良い所も悪い所も知る彼とのトークの盛り上がり、最後には今回のお店の会計を賭けた「男気じゃんけん!」も行われ、敗者となったSATOちが今回のお会計を全て支払い、4つ目のミッションもクリアーした。

そして、ミッションも残り2つとなり5つ目のミッションは「LIVEに向けて!2つのカードを使い!MCトークスキルを磨け!」。5つ目のミッションをクリアするべく着いたのは新宿LOFT。LOFTは“良く出る"と有名。そんなLOFTにて“良く見る"と言われるLOFT店員からLOFTで起こる怖い話を聞き、メンバーの恐怖心にスイッチが入った所でミッション会場となる楽屋のドアを開けると、そこは真っ暗でろうそくが大量に置かれている。なんとそこに待っていたのはMUCCの楽曲「九日」でもコラボレーションをしている犬神凶子(犬神サアカス團)が待っていた!

今回のミッショントークスキルを磨けという事で、2つのカードのお題からゲスト犬神凶子を怖がらせろ、というもの。メンバー各々の培ったスキルを発揮し、ゲストの恐怖を誘い、ミッション5もクリアー。

そんな中いきなり現れたのは村田智史(ex.真空ホロウ)。同郷で公私ともに親交がある村田は自分が出演しているニコニコ生放送「ロック兄弟」の告知をし、来週のゲストがMUCCという事もあり視聴者プレゼントとなるポスターへのサインを貰うなどしていった。そして最後には6つ目のミッションカードをメンバーに渡した。

最後のミッションは「今までクリアしてきた!数々の想い出をのせて!最高のLIVEをせよ!」

今までの5つのミッションで培った“力"を見せつけるべく、LIVEへの呼吸を整えるMUCCメンバー。そして、6:09に会場となる新宿LOFTがOPENすると前日告知にも関わらず、満員のオーディエンスが会場へと集まった。

そしていよいよ6:40、LIVEがスタート! 「大嫌い」を皮切りに、なんと未発表の新曲「TRIGGER」も披露。更には、先ほどもゲストで登場した犬神凶子がスペシャルゲストとして急きょ参加し、「九日」も披露され、6月15日に発売となるシングル収録曲の「JOKER」「ハイデ」なども合わせて計7曲を披露。会場のオーディエンスは朝7時と思えない程の盛り上がりを見せ、逹瑯も「次回はもっとパワーアップしたムックの日を見せたい」と語る程の、充実した疲労感の中でのLIVEとなった。

LIVE終了後にはシャンパンと、LOFT名物のオムライスも登場し、11時間半の長時間の生放送特番を大団円にて終えた。

MUCCは、今週末には、こちらも発売延期に対してメンバーからの"お詫び"の気持ちも込め行われる東京、大阪の握手会を実施。6月18日(土)東京は、ららぽーと豊洲シーサイドデッキメインステージ、そして6月19日(日)大阪は、くずはモール南館 ヒカリノモール1F SANZEN-HIROBAにて開催され、当日はニューシングル「ハイデ」に付属のオビをご持参頂いた方を対象に、メンバー全員との握手会を実施。事前にご購入頂いた方、そして当日会場でご購入頂いた方もご参加頂けるイベントとなっている。当日会場でご購入頂いた方へは、会場購入限定デザインのステッカーを特典としてプレゼントする。時間や参加方法などの詳細はオフィシャルHPで確認してほしい。

6月からは全国ツアー「MUCC TOUR 2016 GO TO 20TH ANNIVERSARY 孵化 -哀ア痛葬是朽鵬6極志球業シ終T-」も開催されるが、既にSOLD OUTしている会場もあるため、ぜひ早めにチケットをゲットしてほしい。

【関連リンク】
MUCC オフィシャルHP
KenがMUCC、AKi等を引き連れ全国5公演のツアー開催を発表
MUCC、ニューシングのリリース延期によるお詫び握手会の詳細を発表
MUCC、新作のリリースを延期するにあたり11時間半ニコ生&東阪"お詫び"握手会を実施

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

凛として時雨、ツアー追加公演にて話題沸騰中のRADIO FISHとのツーマンが決定
Mon, 13 Jun 2016 19:00:00 +0900
凛として時雨 (okmusic UP\'s)

自主企画イベント「凛として時雨 Presents “トキニ雨#15"〜Hybrid Tornado Edition〜」ツアー真っ最中の凛として時雨が、先日発表された東京追加公演に“PERFECT GUEST"として告知されていたゲストがRADIO FISHだということを発表した。

【その他の画像】凛として時雨

RADIO FISHといえば、2016年3月にテレビ朝日『MUSIC STATION』で凛として時雨のヴォーカル&ギターであるTKのソロプロジェクト・TK from 凛として時雨とも共演しており、話題になった。異色とも言える共演なだけに、両出演者の“パーフェクト"なパフォーマンスに期待が高まる。なおチケットは、オフィシャルサイトにて2次抽選先行がスタートしている。

■「凛として時雨Presents “トキニ雨#15"〜Hybrid Tornado Edition〜 追加公演」

7月06日(水)  東京 新木場 STUDIO COAST
Open 18:30/Start 19:15
w/ RADIO FISH
<チケット>
立見:¥4,860 (税込・D代別)
※整理番号順入場
学割立見:¥3,780 (税込・D代別)※販売終了
2F着席指定席:¥5,400 (税込・D代別)
※公演中は着席にてご覧いただきます。(立見観覧不可)
一般発売:6月18日(土)

■OFFICIAL HP 2次抽選先行
受付席種: 1F立見
受付期間: 2016年6月13日(月) 17:00〜2016年6月14日(火) 23:00
当落確認・チケット引換期間: 2016年6月16日(木) 15:00〜6月17日(金) 23:00
※お一人様1申し込み最大4枚まで
http://l-tike.com/webcoasttokiniame/

■「凛として時雨Presents “トキニ雨#15”〜Hybrid Tornado Edition〜」

6月17日(金) 福岡 福岡DRUM LOGOS 
w/ clammbon
6月24日(金) 広島 広島CLUB QUATTRO 
※ONEMAN
6月29日(水) 大阪 なんばHatch 
w/ MONOEYES
6月30日(木) 愛知 Zepp Nagoya 
w/ MONOEYES
7月03日(日) 宮城 仙台PIT 
w/ キュウソネコカミ
7月07日(木) 東京 新木場 STUDIO COAST 
※ONEMAN

※終了分は割愛

【関連リンク】
凛として時雨 オフィシャルHP
凛として時雨、自主企画ツアー『トキニ雨』東京追加公演が決定
凛として時雨、自主企画イベントでclammbonとツーマン!
凛として時雨・ピエール中野主催のフェス「ピエールフェス2016」開催決定

【関連アーティスト】
凛として時雨, RADIO FISH
【ジャンル】
ジャパニーズロック

大原櫻子、初の武道館公演が2DAYSに!
Mon, 13 Jun 2016 18:30:00 +0900
 大原櫻子 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が8月より開催する全国ツアー「大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 〜CARVIVAL〜」が、一般発売前にも関わらず異例の追加公演を行なう事がわかった。

【その他の画像】大原櫻子

追加が決まったのは9月30日(金)大阪オリックス劇場と10月5日(水)日本武道館の2公演で、初の武道館にして2DAYSで開催することが決定。全18公演4万6千人動員の全国ツアーとなる。同時に、2ndアルバム『V(ビバ)』の封入特典として全国ツアー優先先行予約シリアルコード(追加公演)が3形態全て(通常盤は初回プレス分のみ)に封入されることも決定。シリアルコードの応募期間は、6月28日(火)〜7月6日(水)までとなっているので、お見逃しなく。チケットの発売は、6月25日(土)10:00より、追加公演の一般発売は7月30日(土)10:00より開始となる。詳しくはオフィシャルHPにてチェックしてほしい。

更に2ndアルバム『V(ビバ)』の封入特典にはプレゼント応募シリアルコードも封入されることが決定。アルバム購入者は大原櫻子との2ショット撮影やオリジナルジグソーパズル等のプレゼントへの応募が可能となる。さらに応募者全員にはオリジナル壁紙をプレゼント! 締め切りは、7月4日(月)正午12:00まで。他特典の詳細は後日発表となるので、楽しみにしてほしい。

そして、店舗別特典として予約・購入者には先着で「大原櫻子オリジナルクリアファイル(A5)」がプレゼントされる。絵柄は4パターンで、絵柄AはTSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング(TSUTAYAオンラインショッピングは予約分対象)、絵柄Bはタワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン、絵柄CはHMV 全国各店 / ローチケHMV、絵柄Dは山野楽器CD/DVD取扱店舗 / 山野楽器オンラインショップ 、新星堂全国各店 / WonderGOO全国各店 / 新星堂WonderGOO楽天市場店(一部取扱いの無い店舗もございます。)、楽天ブックス 、セブンネットショッピングおよびその他の特典配布対象CDショップごとに異なるカットとなるので、こちらも楽しみにしてほしい。

■【アルバム『V(ビバ)』特典情報】

<封入特典>
■全国ツアー優先先行予約シリアルコード(追加公演)
応募期間:6月28日(火)12:00〜7月6日(日)23:59〆切
※アルバム3形態全てに封入(通常“VIVA”盤は初回プレス分のみ封入)

■プレゼント応募シリアルコード
A賞)大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 〜CARVIVAL〜会場にて2ショットビバ写真撮影権…10名様
B賞)大原櫻子オリジナルジグソーパズル…20名様
※応募者全員にオリジナル壁紙をプレゼント!
応募締切:7月4日(月)12:00正午〆切
※アルバム3形態全てに封入(通常“VIVA”盤は初回プレス分のみ封入)

<店舗別特典>
対象店にて CDアルバム『V(ビバ)』(VIZL-994/VIZL-995/VICL-64595)をご予約・ご購入の方に、先着で「大原櫻子オリジナルクリアファイル(A5)」をプレゼント。
■絵柄A
TSUTAYA RECORDS 全国各店 / TSUTAYA オンラインショッピング
※TSUTAYAオンラインショッピングはご予約分のみ対象です。
■絵柄B
タワーレコード 全国各店 / タワーレコードオンライン
■絵柄C
HMV 全国各店 / ローチケHMV
■絵柄D
・楽天ブックス
・セブンネットショッピング
・山野楽器全国CD/DVD取扱店舗 / 山野楽器オンラインショップ
・新星堂全国各店/WonderGOO全国各店/新星堂WonderGOO楽天市場店
(一部取扱いの無い店舗もございます。)
※絵柄Dのその他店舗に関しましてはオフィシャルHPをご覧下さい。

■「大原櫻子 CONCERT TOUR 2016 〜CARVIVAL〜」

8月05日(金)  厚木市文化会館
8月12日(金)  福岡サンパレス
8月13日(土)  長崎ブリックホール
8月17日(水)  東京エレクトロンホール宮城
8月19日(金)  札幌ニトリ文化ホール
8月26日(金)  米子市公会堂
8月31日(水)  ロームシアター京都 メインホール
9月02日(金)  広島上野学園ホール
9月04日(日)  鹿児島宝山ホール
9月09日(金)  富山県民会館
9月15日(木)  名古屋国際会議場 センチュリーホール
9月16日(金)  神戸国際会館こくさいホール
9月21日(水)  サンポートホール高松・大ホール
9月24日(土)  新潟県民会館
9月29日(木)  大阪オリックス劇場
9月30日(金)  大阪オリックス劇場 ※追加公演
10月04日(火)  東京 日本武道館
10月05日(水)  日本武道館 ※追加公演

【関連リンク】
大原櫻子 オフィシャルHP
大原櫻子、2ndアルバムの詳細&ショートムービー「サイン」トレーラー映像公開
大原櫻子、 5thシングル「大好き」フラゲ日に初LINE LIVE特番決定
大原櫻子、6月29日に待望の2ndアルバム『V(ビバ)』をリリース

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP

桑田佳祐、シングル「ヨシ子さん」アナザージャケットでアナログ盤の発売決定
Mon, 13 Jun 2016 18:00:00 +0900
シングル 「ヨシ子さん」【アナログ盤】 (okmusic UP\'s)

桑田佳祐のニューシングル「ヨシ子さん」のアナログ盤が7月27日(水)にリリースされることが決定した。

【その他の画像】サザンオールスターズ

自身のラジオで2週にわたり楽曲をオンエアしたことに加えて、楽曲の一部をオフィシャルSNSにて公開したのみで、それ以外には音源に関する情報がほとんどないにも関わらず、異様なまでの盛り上がりをみせている「ヨシ子さん」。特に話題になっているのがすでに公式HPにて公開されている、ナンセンスの極致にもかかわらず、そこはかとなく桑田の哲学を感じさせる歌詞である。そんな歌詞の中でも特に印象的な『“サブスクリプション"まるで分かんねぇ “ナガオカ針"しか記憶にねぇよ』という現代の音楽事情に触れた一節があるが、「ナガオカ針」とはもちろんアナログプレイヤーには欠かせない、あの老舗のレコード針のこと。そんなナガオカ針を使ってぜひとも聴いて欲しい「ヨシ子さん」のアナログ盤の発売が決定した!

アナログ盤のジャケットは、大好評を博しているCDシングルのジャケットとは別のデザインとなることも同時に発表、公開された。アナログ盤のジャケットは前衛的なデザインと「ヨシ子さん」という文字がナンセンスに交じり合い、シングルに続いて楽曲の世界観を感じさせる芸術性の高い仕上がりになっている。

シングル、アルバムを問わず、毎回新作リリースのたびにアナログ盤も発売してきている桑田佳祐だが、今回のアナログ盤もスペシャルポストカードセット付きということもあってファンならずとも必携のアイテムになりそうだ。ただし、発売日がCDリリースの約一ヶ月後の7月27日(水)になるのでお間違いなく。

全貌がほぼ露わになった「ヨシ子さん」。今週金曜のテレビ朝日『MUSIC STATION2時間SP』への出演を皮切りにラジオなどでのオンエアもいよいよ本解禁となる。さらなる「ヨシ子さん」の情報に今後も注目だ!

■シングル「ヨシ子さん」【アナログ盤】

2016年7月27日(水)発売
※スペシャルポストカードセット封入
※CDとジャケットが異なります
VIJL-61600/¥2,037+税
<収録曲>
1. ヨシ子さん (WOWOW開局25周年CMソング)
2. 大河の一滴 (UCC BLACK無糖 TVCMソング)
3. 愛のプレリュード (JTB TVCMソング)
4. 百万本の赤い薔薇 (フジテレビ系列 全国26局ネット「ユアタイム〜あなたの時間〜」テーマソング)
5. 大河の一滴 (TV Edit)

【関連リンク】
桑田佳祐 オフィシャルHP
桑田佳祐、『MUSIC STATION』2時間SPにて新曲「ヨシ子さん」を初披露
桑田佳祐、新曲がフジテレビ報道番組のテーマソングに決定
桑田佳祐、宮城県からレギュラーラジオ番組を公開生放送

【関連アーティスト】
サザンオールスターズ, 桑田佳祐
【ジャンル】
J-POP

ネット主体の現在だからこそラジオに注目! ラジオな5
Mon, 13 Jun 2016 18:00:00 +0900


近年、ラジオに再び注目が集まってる。ネットの普及でラジオなんて時代遅れかと思いきや、AMをFMで聴けるワイドFM(FM補完放送)のスタートや、全国のラジオがスマホで聴けるアプリ『Radiko』の普及でラジオ人口が増加。もともとラジオっ子だった僕も『Radiko』のおかげでラジオを聴く機会が増えたり、地元・長野県諏訪市のコミュニティーFMで音楽番組のDJをやらせてもらったり(宣伝)と、ラジオに関わる機会がまた増えてます。つうことで、今回はラジオにまつわる5曲をセレクト。やっぱりラジオって特別なんですよね。だって、動画サイトを歌った名曲なんてないでしょ?

■1.「Bittersweet Samba」(’65) /Herb Alpert & The Tijuana Brass

曲名を聞いただけではピンとこない人もいるかも知れませんが、イントロを聴けば一発で分かる『オールナイトニッポン』(以下、ANN)のテーマソング。そもそも僕がラジオっ子になったきっかけが『とんねるずのANN』で、中高時代はほぼ毎晩、ANN漬けの日々。2部が終わる朝5時までANNを聞いて、授業中は熟睡し続けてるなんてこともよくありました。中でも一番影響を受けたのが『電気グルーヴのANN』。トークはもちろん、毎週衝撃を受けていた、石野卓球のオススメ曲(HARD FLOORやUNDER WORLDなど)は、音楽好きの地盤を作ってくれました。今は17日に放送される『くりぃむしちゅーのANN』が楽しみ!

■2.「Video Killed The Radio Star」(’79)/ The Buggles

79年リリース。「ラジオスターの悲劇」の邦題で知ってる人も多いはず。テレビの登場で仕事を奪われた歌手の話から、ラジオの黄金期を歌ったこの曲。ラジオからテレビへ、テレビからインターネットへ。仕方がないとは言え、時代の移り変わりに感じる一抹の寂しさというのは今もあの時も一緒なんだろうなと、こんな時代だからこそ余計に感じます。その後、The Presidents Of The United States Of America、Ben Folds Fiveなど、多くのミュージシャンがカバーし、愛され続けたこの曲。余談ですが、81年のMTV立ち上げ時、初めて流れたMVがこの曲だったという皮肉な話もある。

■3.「I won\'t turn my radio」(’15)/KEN YOKOYAMA

15年リリース。世間が再びパンクロックスター、KEN YOKOYAMAに注目を集めるきっかけとなったシングル曲。《We know it\'s so hard to still be needed today(俺たちは知ってんだ、いま共感されるのがどんなに大変か)》と歌いながら決して諦めることなく、《I won\'t turn my radio(俺はラジオを切らない)》と力強く断言するこの曲にすごい勇気をもらったし、この曲をもってさまざまなメディアに挑む勇ましい姿に心震わされました。最近、スマホでラジオを聴くようになった高校生あたりが、前知識もなしにラジオでこの曲を聴いて、人生変わった! …なんて話が全国に1件でもあれば良いなと思うし、僕もラジオやロックの力を信じたい。

■4.「Oh,Radio」(’09)/忌野清志郎

09年6月リリース。忌野清志郎の遺作となってしまったこの曲は、もともと大阪のFM802開局20周年に当たって、岸田繁(くるり)、スガ シカオ、阿部真央らで構成されたユニット・RADIO SOUL 20への提供曲として作られた曲だったが、この曲を作り終えた3カ月後に清志郎が死去。生前に全ての楽器を清志郎が務めるデモバージョンが遺されていることが分かり、「激しい雨」とともに遺作としてシングルリリース。アコギにブルースハープが鳴り、《Ohラジオ 聴かせておくれ》と願うように歌う切ない歌声がたまらない! 大丈夫、あなたが願うようにラジオから清志郎の声が聴こえるだけで、みんなの頭の中にはあの頃がまんま蘇りますから! ラジオを歌った清志郎の曲と言えば、RCサクセションの大名曲「トランジスタラジオ」も忘れちゃあいけない。

■5.「PERFECT HUMAN」(’15)/RADIO FISH

そして、今、“RADIO”を冠したもっとも有名なのはこの曲。タイトルじゃなくて、ユニット名だけど(笑)。ユニット名は言わずもがな、オリエンタルラジオと中田の実弟であるFISHBOYの名前を掛け合わせて命名。ちなみにオリエンタルラジオの名前は、中田の持ってきた“オリエンタル”と、藤森の持ってきた“ラジオ”を掛け合わせた名前で、この名前でネット検索をしたら1件も引っかからなかったため、「ヒット数が人気のバロメーターになる」と思ったそう。昨年末、『芸人ちゃんネタ祭り』で初披露したこのネタ、初めて見た時は新しすぎる笑いのかたちに動揺してしまったのを覚えてる。オリエンタルラジオのラジオに関するエピソードとしては、芸歴1年目で大抜擢されたANNで、生放送中に掴み合いのマジ喧嘩をしたなんて話もあるが。常にそれだけ芸や仕事に真剣に取り組んでいるからこそ、こんな特大ホームランを放つこともあるのだなと、無理やり着地しておく(笑)。

【関連アーティスト】
Ken Yokoyama, Herb Alpert, The Buggles, 忌野清志郎, RADIO FISH
【ジャンル】


ザ・ビートルズのカヴァー盤に抜擢されたナゾの新人・マッシュルームズの正体とは!?
Mon, 13 Jun 2016 17:30:00 +0900
マッシュルームズ (okmusic UP\'s)

マッシュルームズが参加したザ・ビートルズ のカヴァー・アルバム『Hello Goodbye』が6月29日にリリースされる。

【その他の画像】The Beatles

ザ・ビートルズ来日50周年の記念すべき年に、日本のダンスボーカル・シーンで圧倒的な存在感を示しているPrizmaXから細胞分裂したザ・ビートルズをこよなく愛するナゾの4人組、それが、マッシュルームカットのマッシュルームズである。ボーカル担当ティムはサイパン生まれのハーフで、顔や表情、声質も若き日のポールにそっくりだ。

ザ・ビートルズ カヴァー・アルバム『Hello Goodbye』では多数の邦楽アーティストが参加する中、マッシュルームズは「MAGICAL MYSTERY TOUR」をカヴァー収録。発売日当日には、ミュージックビデオも大公開される。最近何かと話題のPrizmaXとマッシュルームズの更なる活躍を楽しみに、今後も期待したい。

【関連リンク】
PrizmaX オフィシャルHP
甥っ子、姪っ子と一緒に聴きたい曲
春から夏へ。この季節に聴きたい、爽快な気分になれるピアノロック
花粉症じゃないと信じたい!けど・・・鼻水が止まらない時に聴きたい曲

【関連アーティスト】
The Beatles, PrizmaX, マッシュルームズ
【ジャンル】
J-POP, ポップス(洋楽)

田渕ひさ子の率いるバンド・toddleが7月27日に4枚目のアルバムをリリース
Mon, 13 Jun 2016 17:00:00 +0900
toddle (okmusic UP\'s)

NUMBER GIRL、bloodthirsty butchersを始め、様々なバンドを経験した日本を代表する女性ギタリストの田渕ひさ子。彼女が自身の追及する音楽を表現すべく結成したバンド・toddleが7月27日(水)に4枚目のニューアルバムをリリースする事が決定し、そのジャケット写真やワンマンライブなどを含む詳細が一挙に解禁された。

【その他の画像】toddle

アルバムタイトルは『Vacantly』に。toddleとしては4作目のアルバムとなるが、今作はファン待望である初の完全セルフプロデュース作品となる。

また、このアルバムの発売記念ワンマンライブが8月7日(日)に決定した。9月10日(土)にはタワーレコード新宿店でミニライヴ&サイン会の開催も決定しているので、是非とも身近でtoddleサウンドを体感してほしい。

■アルバム『Vacantly』

2016年7月27日発売
KICS-3397/¥2,600+税
<収録曲>
1.Disillusion
2.Beat Rotates
3.Branch in the Road
4.Parallel Lanes
5.Bitter Hours
6.Cloud Eater
7.Stirrer
8.Right−Hand Drive
9.Where the Alley Ends
10.Round Arrow
11.Vacantly
12.Illuminate

■toddle presents 「world wide waddle」 〜アルバムVacantly 発売記念ワンマン〜

8月7日(日) 渋谷 TSUTAYA O-nest

■toddle『Vacantly』発売記念 ミニ・ライヴ&CDサイン会

9月10日(土) タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース
18:00 START
■参加方法
ご予約者優先でタワーレコード新宿店・渋谷店・秋葉原店・池袋店・横浜ビブレ店にて、7月27日発売 toddle『Vacantly』(KICS-3397)をご購入いただいたお客様に、先着でサイン会参加券を配布いたします。イベント当日、サイン会参加券とお買い上げのCDをお持ちいただいた方は、ミニ・ライヴ終了後に開催されるCDサイン会にご参加いただけます。
※サインはお買い上げのCDにいたしますので、忘れずにお持ちください。
※ミニ・ライヴは観覧自由となります。

【関連リンク】
toddle オフィシャルHP
黒木渚、豪華ミュージシャンが参加する新作は全曲ラブソング!?
吉澤嘉代子、POLYSICSや田渕ひさ子など新曲RECメンバーからコメント到着
ナカコー、初のソロフルアルバムにジャンルレスな作詞陣参加

【関連アーティスト】
toddle, 田渕ひさ子
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Mardelas、メジャー2ndアルバムより「神風」のMVを公開
Mon, 13 Jun 2016 16:00:00 +0900
Mardelas (okmusic UP\'s)

蛇石マリナの率いるバンド“Mardelas”が、6月15日(水)発売の2ndアルバム『Mardelas II』よりリード楽曲「神風」のMVを公開した。

【その他の画像】Mardelas

「神風」はその名の通り疾走感あふれるナンバーとなっており、蛇石マリナの圧倒的な存在感を魅せつけるヴォーカル力にも是非注目してみよう。

バンドはこのアルバムを引っ提げて「Mardelas Live Tour 2016 -月に神風 蛇に牡丹-」を開催。6月25日の仙台JUNKBOXを皮切りに、ツアー・ファイナルは7月17日の新宿LOFTとなっている。今回のツアーでは他に、新潟・大阪・広島・博多・名古屋と、勢力的に各地方でのライヴを行なうので、この機会に是非足を運んで欲しい。

■「神風」MV(full version)
https://www.youtube.com/watch?v=5I1kX6hJw64

■「Mardelas Live Tour2016 -月に神風 蛇に牡丹-」

6月25日(土) 仙台 JUNKBOX
6月26日(日) 新潟 CLUB RIVERST
7月03日(日) 心斎橋 club DROP 
7月05日(火) 広島 Cave-be 
7月07日(木) 博多 Drum son 
7月10日(日) 名古屋 UP SET 
7月17日(日) 新宿 LOFT ※ワンマン

【関連リンク】
Mardelas オフィシャルHP
Mardelas、待望のメジャー2ndアルバムの詳細を一挙解禁
Mary\'s Blood、SEX MACHINEGUNSら参加の『PURE ROCK JAPAN LIVE』が5・6月に開催
Mardelas、メジャーデビューアルバム発売決定&リード曲MV公開

【関連アーティスト】
Mardelas
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

くるり、9月に“ウィーンアンバサーデオーケストラ”とのライブを開催
Mon, 13 Jun 2016 15:00:00 +0900
くるり (okmusic UP\'s)

7月6日にブランニューダンストラックとも言えるEP『琥珀色の街、上海蟹の朝』という意欲作をリリースする“くるり”が、新たなタイトルのライブを発表した。

【その他の画像】くるり

タイトルは「NOW AND 弦」。9月20日(火)と21日(水)の二日間、東京・オーチャードホールで開催される。内容について詳細はまだ明かされてないが、7枚目のオリジナルアルバム『ワルツを踊れ Tanz Walzer』でレコーディングに参加した“ウィーンアンバサーデオーケストラ"との共演が予定されている。チケットについては、6月13日12:00(正午)より6月19日の23:59までくるりファンクラブ先行予約が開始される。また、9月18日に今年で10回目の開催となる、くるり主催の野外イベント「京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園」のチケットについても同様にファンクラブ先行予約が行なわれる。

また、くるりのオフィシャルHPにて『琥珀色の街、上海蟹の朝』リリースを記念したスペシャルサイトがオープンした。こちらはユーザー参加型で、ミュージックビデオを作ろうというプロジェクトなので、是非チェックしてほしい。

■「NOW AND 弦」

9月20日(火) 東京・オーチャードホール
9月21日(水) 東京・オーチャードホール
出演:QURULI featuring Flip Phillip and Ambassade Orchester
<くるりファンクラブ先行受付>
6月13日(月)12:00〜6月19日(日)23:59

■「京都音楽博覧会2016 IN 梅小路公園」

9月18日(日)  京都・梅小路公園 芝生広場
<くるりファンクラブ先行受付>
6月13日(月)12:00〜6月19日(日)23:59
http://kyotoonpaku.net/

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
くるり・岸田繁が京都市交響楽団へ30分を越える交響曲を書き下ろし
甥っ子、姪っ子と一緒に聴きたい曲
くるり、新曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」を含むEP盤を7月6日にリリース

【関連アーティスト】
くるり
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Gacharic Spin、「NAONのYAON」で会場を熱狂の渦に!
Mon, 13 Jun 2016 14:00:00 +0900
6月12日@「NAONのYAON 2016」 (okmusic UP\'s)

Gacharic Spinが2015年に引き続き、日比谷野外音楽堂で開催された「NAONのYAON 2016」のステージに登場した。

【その他の画像】Gacharic Spin

トップバッターでステージに登場したGacharic Spin。
「今日はみなさん盛り上がっていきましょー!」というF チョッパーKOGA(Ba.)のMCに合わせてパフォーマー2人が勢いよくステージに走って飛び出しはじまったのは、一度聴いたら忘れられない「アルブスの少女」! オレオレオナ(Vo.&Key.)がステージ中央で観客を盛り上げ、サビではタオルをまわす人が続出!

「みんなありがとー! 今年も呼んでもらえてとっても嬉しいです! 次の曲は、今月からCMもオンエアになっているので聴いてくれた人もいるかもしれません。聴いて楽しんでもらえたら嬉しいです! 今日は最後まで盛り上がっていきましょー!」とF チョッパーKOGAがMCをすると、激しいベースのフレーズが響き渡り、新曲「シャキシャキして!!」がスタート。キャッチーなサビに合わせ会場中が体を揺らして盛り上がっていた。また自身のステージだけではなく、先輩の杏子とのコラボコーナーでは「星のかけらを探しに行こう」「イジメテミタイ」などのヒット曲を同じステージで演奏し、先輩ミュージシャンに囲まれながらも迫力のあるプレイを披露しファンを魅了した。

また、名古屋E.L.L 3会場を貸し切ったライブイベント「Electric Lady Loud」 が今年も開催されることが決定! 様々なジャンルのアーティストが出演するこのイベントは、なんと今年で5回目を迎える。ファンならずともぜひ足を運んでほしい。

また史上初 『画面がタテ・ヨコ回転するミュージックビデオ』で話題の「シャキシャキして!!」ミュージックビデオは早くも2万回以上再生されている。まだ見ていない方はコチラも要チェック。『メガシャキ ENERGY SHOCK』のCMにも出演しブレイク必至のGacharic Spinから目が離せない!

■「NAONのYAON」オフィシャルサイト
http://naonnoyaon.net/

■【セットリスト】

1:アルブスの少女
2:シャキシャキして!!

■「Electric Lady Loud」

9月18日(日) 名古屋ElectricLadyLand&ell.FITSALL&ell.SIZE
open:15:15 start:16:00
<出演アーティスト>
Gacharic Spin/G∀LMET/HERe:NE/SORAMIMI/Mary\'s Blood/
exist†trace/ナデシコドール/Caramel/ 他 (順不同)

■『Gacharic Spin ワンマンツアー「な・な・なんと7周年!!!!!!!」』

10月08日(土)  埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3
10月10日(月・祝)  静岡・SUNASH
10月15日(土)  福岡・BEAT STATION
10月16日(日)  広島・SECOND CRUTCH
10月23日(日)  新潟・GOLDEN PIGS RED STAGE
10月29日(土)  大阪・umeda AKASO
10月30日(日)  愛知・名古屋Electric Lady Land
11月03日(木・祝)  北海道・札幌 cube garden
11月05日(土)  宮城・仙台CLUB JUNK BOX
11月12日(土)  東京・TOKYO DOME CITY HALL

【関連リンク】
Gacharic Spin オフィシャルHP
Gacharic Spin、史上初『画面がタテ・ヨコ回転するミュージックビデオ』公開
Gacharic Spin、話題のCM曲が収録されたシングル発売記念イベント&CDショップ別特典を発表
Gacharic Spin、新曲「シャキシャキして!!」を春のワンマンツアーファイナルで初披露

【関連アーティスト】
Gacharic Spin
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

超特急が『第36回全国高等学校クイズ選手権』の応援アーティストに決定!
Mon, 13 Jun 2016 13:30:00 +0900
超特急:左より カイ(2号車)、タカシ(7号車)、ユーキ(5号車)、ユースケ(6号車)、 タクヤ(4号車)、コーイチ(1号車)、リョウガ(3号車) (okmusic UP\'s)

超特急が2016年の日本テレビ系『第36回全国高等学校クイズ選手権』の応援アーティストに決定した。

【その他の画像】超特急

超特急は7月27日(水)に全国11か所で同時開催されるイベントに参加。既にイベント参加が決まっている「番組サポーター」の乃木坂46に加えて、歌とダンスのパフォーマンスで参加する高校生達にエールをおくる。クイズイベントにも参加し、体を張ったチャレンジをするかも?との情報も入っているので、高校生の方はぜひ参加して超特急のエンターテイメントを目撃しよう!

■『第36回全国高等学校クイズ選手権』公式HP
http://www.ntv.co.jp/quiz

■【超特急よりコメント】

<質問>
(1)「高校生クイズ」に応援アーティストとして参加する意気込み
(2)あなたの高校時代の(夏の)思い出は?
(3)参加する高校生に向けてメッセージ

■1号車 コーイチ
(1)全国の高校生クイズ王かけた戦いを応援できるのはすごく光栄です。
超特急にはユーキ、ユースケ、タカシという3バカがいるので、ぜひ番外編で3バカにも挑戦していただきたいです。 少しでも力になれるようがんばります!

(2)夏の思い出といえば、学校の中庭で折り紙風船に水を入れて投げ合って服も中庭もビッシャビジャ。先生にみつかって、ひどく怒られました。つくった紙風船は総数200個。青春だったなと思います(笑)
あっ、これは小学校の頃の話でした(笑)

(3)高校生たちの夏を、僕達のパフォーマンスで応援するので、全力で戦ってください!!

■2号車 カイ
(1)「僕も学生の皆さんと一緒に高校時代に戻ったような気持ちで、2016年の夏にしかない青春を楽しみたいと思います。

(2)4号車タクヤと同じ高校だったのですが、文化祭でタクヤ含め4人で
ダンスを踊ったことが思い出です。他のメンバーも観にきてくれました。体育館に人が入りきらないくらい集まってくれて嬉しかったです。

(3)いつ思い返しても素敵な思い出になると思うので、最高の仲間たちと挑戦した2016年の夏を忘れないよう全力で楽しんでください!

■3号車 リョウガ
(1)メンバーにクイズが得意な人はいないですが、超特急は「何にでも化ける」というのを掲げております。今回は「応援アーティスト」に化け、「高校生クイズ」を盛大に盛り上げていきます!!

(2)本当に地味な高校生活を送っていたのですが3年生になり何かしらしておこう(使命感)と思い、後輩の男の子に髪の毛をセットしてもらい文化祭で一人で踊りました。その時は緊張や恥ずかしさはなく、とても気持ちよく爽快感と達成感に満ち溢れていた気がします。

(3)まだ高校生は「子ども」と呼ばれるでしょう!
しかし「子ども」は大人達の人智を遥かに超えた能力を持っています!
今回、知力、体力、運、どれが重視されるかで命運が大きく左右されると思いますが、どんな時もそのシワだらけの脳みそをフル回転させてベストを尽くしてください!! 僕たちにとって勉強になるかわからないほどのハイレベルな問題の数々を見ることになると思いますが、とても楽しみです!!

■4号車 タクヤ
(1)率直に嬉しいです。昔から知っている「高校生クイズ」に携わることができて幸せです。僕たち超特急は"3バカ"というユーキ、ユースケ、タカシの3人がいたりと、もし僕たちが出場したら始めで敗退しそうですが(笑) ただ高校生クイズにでる高校生たちを応援することは全力でできます。みなさんの力に少しでもなれるように頑張ります。

(2)日本が夏の季節だったかは忘れましたが、修学旅行でハワイに行きました。初めての海外でワクワクしてたし、高校の友達と海外で思い出を作るなんてとにかく最高でした。先生を海にみんなで投げたりして遊んでいました

(3)大丈夫。
僕たちの音楽、パフォーマンスで皆さんの力になってみせます。

■5号車 ユーキ
(1)高校生の時は人生の中で今1番思い出に残っている、それくらい自分にとっても大切だった高校生生活。なので「応援アーティスト」として,クイズに参加している高校生のみんなの力と最高の夏の思い出になるように全力でサポートさせていただきます!

(2)僕はダンス部の部長でした。文化祭の時にクラスリーダーとして1から振り付けや曲の構成などを決めて、みんなで一つのものを作り上げる、という熱い青春を送りました。

(3)きっと緊張感だったり、緊迫感溢れるような戦いになると思いますが、まずこの素晴らしい舞台に立てていることに誇りを持って、全力で楽しんでください!

■6号車 ユースケ
(1)僕は正直クイズ苦手ですが、考えたりするのはすごく好きです。高校生の力になれるような応援ができたらいいなと思っています!! 皆さんが全力で答えられるように僕たちも全力で応援します!!

(2)夏に友達と海にいって、砂浜で相撲やバレーなど飽きるくらいまでひたすらやって、みんな肌が真っ黒に焼けるくらいまで遊んでいました!!! 帰りは電車で寝過ごしてしまいました。

(3)間違えることなど恐れずにむしろそれを誇りに持って正々堂々と前向いて答えていきましょう!!! 応援しています!!

■7号車 タカシ
(1)「高校生クイズ」は昔から観ていて、沢山のドラマだったり
感動を与えてくれてました。その「高校生クイズ」に、まさか超特急を応援アーティストに就任して頂けるとは思ってもいなかったです。とても嬉しいです全国の高校生の皆さんに「高校生クイズ」を通して素敵な思い出を作って頂ける様、皆さんのアツイ気持ちを胸に全速力で応援させて頂きます!!!!!!!!

(2)中学のバレンタインの話
2月14日バレンタインの昼休み、
同じ学年の女の子に「タカシくん、ちょっといい?」と声をかけられました。日にち的にも絶対チョコだなと思った僕は外見は「ええよ。」ってクールな感じでいっていたけど内心「おおおぅっ! これってチョコレートじゃん! 嬉しい! 嬉しすぎる」と表に出すのが恥ずかしいくらい荒ぶっていました
そして人気の少ない場所で、女の子が
「あの〜...このチョコ、田中くんに渡してくんない?」
「へ?」
あまりにも渡すのが緊張しちゃうみたいだから、僕が渡す役に任命されただけでした。
僕は渋々チョコを受け取りました。
さっきまでのドキドキ3000回分くらい返して欲しいです!(笑)
甘酸っぱい?お話でした。冬、それも中学の思い出でスイマセン(笑)

(3)会場にまた新たな高校生クイズ旋風を起こしてくれること、楽しみにしています!  僕達も全力で応援させて頂きます! チーム一致団結して頑張ってください!!

■【高校生クイズの参加資格】

・現役の高校生・高等専門学校生(5年生まで)・定時制高校(年齢不問)なら2人1組で誰でも出場できます!
・チームの組合せは男子のみ、女子のみ、男女混合、学年混合…。「同じ学校」なら自由です。 同じ学校から何チームでも参加できます。
・出場料は無料。地区会場までの往復交通費、宿泊費等の諸経費は基本的にはすべて自己負担となります。
・参加登録の作業は、チームメンバー2人とも登録をお願いします。
参加登録されていれば、チームメイトは大会当日まで変更可能です。

<参加方法>
番組公式ホームページにアクセス! 
スマホ/PCから応募可能です。
7月27日(水)のイベントでは、「番組サポーター」の乃木坂46が登場し、ライブにクイズに「高校生クイズ」を盛り上げてくれる予定です。今回、「応援アーティスト」として超特急もイベントに加わることで、
さらに盛り上げてくれるに違いありません!

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急がツアーファイナルにてアリーナライブ、アルバムリリース等を大発表!
超特急、初の冠バラエティ『超特急の撮れ高足りてますか?』収録スタート!
超特急のユースケが『次ナルTV-G』の新MCに決定

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

九州最大級の野外音楽フェスでAAA、ソナポケ、欅坂46らが熱演
Mon, 13 Jun 2016 12:00:00 +0900
6月11日@「がんばろう!九州 ハウステンボス MUSIC FES.2」(AAA) (okmusic UP\'s)

6月11日にハウステンボスにて九州最大級の野外音楽フェス「がんばろう!九州 ハウステンボス MUSIC FES.2016」が開催された。

【その他の画像】ハジ→

晴天にも恵まれた野外音楽フェス会場に集まった音楽ファンは8,000人。オープニングアクトには「FREAK」、「宮脇詩音」、「JamFlavor」、「Thinking Dogs」と、今業界最注目アーティストが集結し、フェスのスタートを切った。メインアクトの公演に入る前には元AKB48の高橋みなみが登場。「みなさんこんにちは!高橋みなみです!暑いですね!本日私2回目のハウステンボスになります。私、今回ですね、『がんばろう!九州』のサポーターとして出演させていただいております。お昼時、ハウステンボス内を歩いてですね、佐世保バーガーを食べさせていただきました!こんな暑い中ですけども皆さんと楽しんでいきたいと思っております!せっかくこんな素敵なステージに立たせていただいているので、1曲歌わせていただいても宜しいでしょうか!今から歌わせていただく曲はNHKの番組内で私が作詞を担当して作らせて頂いた曲なのですが、たくさんの方に合唱ソングとして歌ってもらえる曲になればいいなと思っています。」と会場を盛り上げた。長崎県諫早市の私立鎮西学院高等学校コーラス部24名、長崎県長崎市 私立活水高等学校コーラス部 樟TwinkleStars8名、合計32名のコーラスと共に秋元康がプロデュースし、自身が作詞した「あの空」を歌唱した。メインアクトには音楽フェス初参戦となる「欅坂46」が登場。4月にリリースされ、オリコンランキングで1位を獲得し、デビューシングルとして様々な記録を打ち立てている「サイレントマジョリティー」を含む3曲を歌唱。

LIVE終了後は高橋みなみとトークセッションにも登場。トークパートに登壇した長崎県出身のメンバー長濱ねるは「長崎にこうやって欅坂として返ってくるのがすごく不思議で、すごく嬉しい。ハウステンボスは小さい時から来ています。」と嬉しそうにコメント。石森虹花は「私が一番、今泉佑唯ちゃんと目をつけていたのは、世界初の炭酸氷っていうものがあって、何だろうって気になってました。」と飲食ブースに目を向けた。LIVEには「SOLIDEMO」、「BOYS AND MEN」、「MACO」、「Da-iCE」、「ハジ→」、「MINMI」、「ソナーポケット」(出演順)と登場し、長崎ハウステンボスを盛り上げた。

大トリには「AAA」が出演。リーダー浦田直也が「佐世保の皆さん!楽しんでますか!全部の力使って楽しんでってください!」とファンを煽り紅白歌合戦でも歌唱され、動画再生数約5,000万回という驚異的な数字を叩き出している『恋音と雨空』や6月8日にリリースされたばかりの新曲『NEW』も披露した。曲間のMCで長崎出身の末吉秀太が「今日は凱旋LIVEだと思ってます!ただいまー!!!やっぱり佐世保のみんなは温かいですね!」と帰郷を喜んだ。また日高光啓は「今歌った『さよならの前に』なんですけど、昨日メンバーの與君と、ハウステンボス内にあるホログラムシアターで自分の映像を見てきたんですよ。夜のハウステンボスでデートです。ハートのイルミネーションの下で男性二人です。」と会場を笑わせた。AAAは見事大トリを務め、全7曲を歌唱し、野外音楽フェス「がんばろう!九州 ハウステンボス MUSIC FES.2016」を締めくくった。

【関連リンク】
退屈な授業時間、こっそりイヤホンを耳に差して流してみたい曲
AAA、グループ初となるドームでのライブが決定
MACO、YouTube「好きなことで、生きていく」キャンペーンに出演決定
MACO、異例の1年に2回目の全国ツアー開催決定

【関連アーティスト】
ハジ→, ソナーポケット, MINMI, AAA, 宮脇詩音, Da-iCE, 高橋みなみ, MACO, Thinking Dogs, SOLIDEMO, BOYS AND MEN, 欅坂46, FREAK, JamFlavor
【ジャンル】
J-POP, フェス

THE BACK HORN、今秋に初ホールツアー開催&シングルリリース
Mon, 13 Jun 2016 11:00:00 +0900
THE BACK HORN (okmusic UP\'s)

THE BACK HORNが初となるホールツアー『「KYO-MEIホールツアー」〜月影のシンフォニー〜』の開催と、秋に24作目となるシングルをリリースすることを発表した。

【その他の画像】THE BACK HORN

昨年4月に東京・渋谷公会堂にてストリングスを交えた特別編成でのライブを1夜限りで披露したが、今回はツアーとして、11月11日(金)に大阪・NHK大阪ホール、11月18日(金)福岡・福岡国際会議場、11月24日(木)愛知・名古屋特殊陶業市民会館ビレッジホール、11月27日(日)宮城・電力ホール、12月8日(木)東京・中野サンプラザホールの5公演。ツアー、およびシングルの詳細は後日発表となる。

■『「KYO-MEIホールツアー」〜月影のシンフォニー〜』

11月11日(金) 大阪・NHK大阪ホール
11月18日(金) 福岡・福岡国際会議場
11月24日(木) 愛知・名古屋特殊陶業市民会館ビレッジホール
11月27日(日) 宮城・電力ホール
12月08日(木) 東京・中野サンプラザホール

【関連リンク】
THE BACK HORN オフィシャルHP
THE BACK HORN、ニコニコ公式生放送にて『運命開歌』ツアーファイナルを生中継
ORANGE RANGE、ニューアルバム6曲目は岡峰光舟×有松益男×秋田郷土芸能との「GOD69」
THE BACK HORN、ニコ生にて3ヵ月連続特番&7夜連続のスペシャルウィークを放送

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Shout it Out、メジャーデビュー曲MVフル解禁が決定
Mon, 13 Jun 2016 00:00:00 +0900
Shout it Out  (okmusic UP\'s)

7月6日(水)に発売するShout it Outのメジャーデビューシングル「青春のすべて」のミュージックビデオが、6月13日にオンエアのスペースシャワーTV「NEW CUTS!」で初解禁! また、Shout it Out 公式YouTubeチャンネルでも、同日正午よりフルバージョンが公開される。

【その他の画像】Shout it Out

今作ではShout it Outと同じ大阪出身で同世代であり、「動物戦隊ジュウオウジャー」のヒロイン・アム役で注目を集めている女優・立石晴香が、歌詞に準えた青春時代と未来を繋ぐストーリーを好演。作詞・作曲を手がけた山内彰馬(Vo&Gt)は「(立石さんが)楽曲の世界観を完璧に理解し、共感してくださったおかげで、僕らが『青春のすべて』で表現したかったことを、映像としても伝えられることが嬉しい」と話す。

さらに、ジャケットは初回限定盤・通常盤ともに、ミュージックビデオでキーポイントとなるシーンを切り取ったデザインとなっている。そして、6月13日(月) 正午よりShout it Outのオフィシャルサイトもリニューアルされ、そちらからも「青春のすべて」のミュージックビデオがチェックできる。

■オンエア情報
6月13日(月) 7:30〜7:45
スペースシャワーTV「NEW CUTS」
http://www.spaceshowertv.com/program/regular/new_cuts.html

■シングル「青春のすべて」

2016年7月6日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
PCCA-04392/¥1,600(税込)
【通常版】(CDのみ)
PCCA-04393/¥1,200(税込)
<収録曲>
■CD
01.青春のすべて
02.列車
03.一から
Bonus track ギターと月と缶コーヒー
■DVD※ 初回限定盤のみ
2016/4/5@新宿LOFT ライブ映像収録予定

■メジャーデビュー記念 2マンツアー 『Shout it Out presents “虎の威を借り、狩られる狐”』

■東京編
『〜supported by SHINJUKU LOFT 40TH ANNIVERSARY MUSIC FES “DREAM MATCH 2016”〜』
8月03日(水) 新宿LOFT
w)Bentham
■名古屋編
8月30日(火) 池下 CLUB UPSET
w)後日発表
■大阪編
8月31日(水) OSAKA MUSE
w)後日発表

【関連リンク】
Shout it Out オフィシャルHP
Shout it Out、『ROCK IN JAPAN FES. 2016』出演&ディズニーオフィシャルコンピレーション参加決定
Shout it Out、『スペシャ列伝』への出演が決定
Shout it Out、先輩バンドに挑む2マンツアーを東名阪で開催

【関連アーティスト】
Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1