歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年06月04日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/06/13
2016/06/12
2016/06/11
2016/06/10
2016/06/09
2016/06/08
2016/06/07
2016/06/06
2016/06/05
2016/06/04
2016/06/03
2016/06/02
2016/06/01
2016/05/31
2016/05/30
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
ピョーク、6月29日開催「Bj?rk Digital」にてオープニングDJとして出演
Sat, 04 Jun 2016 18:00:00 +0900
ビョ―ク (c)2015 Inez and Vinoodh. Image courtesy of Wellhart/One Little Indian(okmusic UP\'s)

ビョークの最新アルバム『ヴァルニキュラ』収録曲のVR映像作品などを5つのエリアで体で体験できる展示プロジェクト「Bj?rk Digital ? 音楽のVR・18日間の実験」が、6月29日(水)〜7月18(月・祝)に日本科学未来館にて開催することが決定した。また、6月29日(水)に同会場で開催されるオープニングDJイベントに出演するために、ビョーク本人が緊急来日することも正式発表された。

【その他の画像】Bjork

2015年にリリースした衝撃作『ヴァルニキュラ』が全世界24カ国のiTunesで1位を獲得し、グラミー賞にもノミネートされ、UK最大の音楽の祭典『BRIT AWARDS 2016』で"インターナショナル女性ソロ・アーティスト賞"を受賞したビョーク。20年以上のキャリアを持ちながら、音楽のみならず映像や最新科学技術などを駆使し、常に革新的な世界観を追及し続けている唯一無二のマルチ・アーティストとして圧倒的な支持を誇る彼女が、6月29日(水)~7月18日(月・祝)に最新VR(ヴァーチャル・リアリティ)展示会プロジェクト「Bj?rk Digital―音楽のVR・18日間の実験」を日本科学未来館にて開催することが決定した。

本展示会は、世界の映像クリエーターやプログラマーとのコラボレーションにより実現した、最新アルバム『ヴァルニキュラ』収録曲のVR映像作品などを5つのエリアで体験できるという内容。既に公開済みの「ストーンミルカー」360度映像に加え、新たなVR映像作品も展示される予定となっている。この展示会が開催されるのは、オーストラリア、シドニーに続き、東京が2都市目となる。

更に、6月29日(水)にはビョーク本人がDJ出演するオープニングDJイベントの開催も決定。来日は、フジロック・フェスティバルへのヘッドライナー出演と、即ソールドアウトとなった日本科学未来館での3日間の単独公演のために来日した、2013年夏以来3 年振り、DJとしての来日は今回が初となる。

ビョークの音楽と最先端のテクノロジーの融合により完成した『ヴァルニキュラ』の世界観を体感でき、更には貴重なビョークのDJセットが見られるチャンスをお見逃しなく!

(C)2015 Inez and Vinoodh. Image courtesy of Wellhart/One Little Indian

■「Bj?rk Digital ― 音楽のVR・18日間の実験」

期間:6月29日(水)〜7月18日(月・祝) 
場所:日本科学未来館 7階 イノベーションホールほか(東京都江東区青海2-3-6)
休館日:7月5日(火)、12日(火)
料金: 2,500円(税込)
※入場時間指定制、整理番号付
※小学生以上は入場券が必要となります
※企画展、常設展、ドームシアター(いずれも午後5時まで)の鑑賞には別途料金がかかります
主催: スマッシュコーポレーション
共催: 日本科学未来館

◎オープニングDJイベント概要
6月29日(水)  日本科学未来館
出演: ビョーク ※DJのみの出演
※入場券詳細は、スマッシュコーポレーションウェブサイトで後日公開
http://www.smash-jpn.com/

【関連リンク】
Bjork ソニー・ミュージックオフィシャルHP
ネコ好きすぎる!ネコと戯れる時に聴きたい曲
ビョーク、新曲「マウス・マントラ」MVは自身の口内から撮影!?
ビョークの『Greatest Hits』を通じ、彼女の唯一無比な世界を俯瞰する

【関連アーティスト】
Bjork
【ジャンル】
ポップス(洋楽), イベント

Shout it Out、『スペシャ列伝』への出演が決定
Sat, 04 Jun 2016 17:00:00 +0900
Shout it Out (okmusic UP\'s)

SUPER BEAVERの柳沢亮太氏をプロデューサーに迎え、7月6日(水)にシングル「青春のすべて」でメジャーデビューするShout it Outが、メジャーデビュー当日にスペースシャワーTVが主催するライブイベント『スペシャ列伝第131巻〜朔弦望(さくげんぼう)の宴〜』に出演することが発表された。

【その他の画像】Shout it Out

今回で131回目となるこのライブ、他の出演アーティストは、Ivy to Fraudulent Game、Halo at 四畳半、yonigeと、これもネクストブレイクが期待される注目のラインナップになっている。

若手注目バンドが揃う中でも、最年少のShout it Out。メジャーデビューとなる当日にどんな想いで、どんなパフォーマンスを見せてくれるのか注目だ。

■『スペースシャワー列伝 第131巻 〜朔弦望(さくげんぼう)の宴〜』

七夕前夜に、それぞれが放つ光で聴く人の心を照らす深さと強さを持ったアーティストが集結!  心に音楽が満ちていく一夜をお届けします。

7月06日(水)  Shibuya WWW
出演:Ivy to Fraudulent Game / Halo at 四畳半 / yonige

【関連リンク】
Shout it Out オフィシャルHP
Shout it Out、先輩バンドに挑む2マンツアーを東名阪で開催
Shout it Out、SUPER BEAVERの柳沢亮太(Gt)プロデュース楽曲でメジャーデビュー!
Shout it Out、「逆光」がFM OSAKAと@FMの4月度パワープレイに決定

【関連アーティスト】
Shout it Out
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LACCO TOWER、アルバム『心臓文庫』トレーラー&リリースツアー日程を公開
Sat, 04 Jun 2016 16:00:00 +0900
LACCO TOWER (okmusic UP\'s)

6月8日にメジャー2ndアルバム『心臓文庫』をリリースするLACCO TOWERのアルバムトレーラー映像が完成した。

【その他の画像】LACCO TOWER

このトレーラーは、松川ケイスケが自身の書いた10曲の詞の元となった短編小説の世界を映像化したもので、「耳に読んでもらう、そして見てもらいたかった」と松川はコメントしている。

また、アルバムリリースツアーのスケジュールも同時に発表された。今回は「心造旅行」というタイトルで、既に発表されている7月18日 恵比寿LIQUIDROOMワンマンを皮切りに、11月12日 品川ステラボールまで、全国13公演のツアーとなる。ワンマンとなる東京公演2本以外のライブの対バンについては後日発表されるので、こちらの方も楽しみに待ってもらいたい。

■【LACCO TOWER 松川ケイスケ(Vo.)よりコメント】

今回も前回のメジャー1stアルバム発売時と同様、トレーラーを作らせていただきました。そもそも今回のトレーラーは、僕自身の「耳に読んでもらう、そして見てもらいたかった」の想いに尽きると思います。今回のアルバム「心臓文庫」は、全10曲すべて僕の「妄想」から出来上がったと言っても過言ではありません。今作の作詞においては、実際に歌詞を書く前に曲の同タイトルで短編小説を書き上げました。一つ一つに長いストーリーがあり、そこから切り取った作品が今作となります。つまり書いてある時からすでに頭の中はイメージ(妄想)だらけだったということで。これを映像にしない手はないと、我らが故郷の仲間とともに作り上げました。撮影者・出演者はすべて地元群馬にゆかりのある人たち。驚くほど自己満足な制作意欲の中出来上がった、耳に読んでほしい、そして見てほしいトレーラーに仕上がりました。是非ご覧ください。

■アルバム『心臓文庫』トレーラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=83ym9bQZ4zo

■『LACCO TOWER 「心臓文庫」リリースツアー“心造旅行"』

7月18日(月・祝)  恵比寿LIQUIDROOM ※ワンマン
9月09日(金)  神戸 太陽と虎
9月10日(土)  岡山CRAZYMAMA 2nd Room
9月11日(日)  広島CAVE-BE
9月17日(土)  仙台CLUB JUNK BOX
9月22日(木・祝)  札幌BESSIE HALL
9月25日(日)  福岡Queblick
10月08日(土)  名古屋APOLLO BASE
10月14日(金)  京都MUSE
10月16日(日)  新潟CLUB RIVERST
10月22日(土)  高崎clubFLEEZ
10月28日(金)  大阪ROCKTOWN
11月12日(土)  品川ステラボール ※ファイナルワンマン

<FC先行受付(抽選)>
6月08日(水)12:00〜6月19日(日)23:59
※7月18日(月・祝)恵比寿LIQUIDROOM以外の全ての公演が対象となります。

【関連リンク】
LACCO TOWER オフィシャルHP
LACCO TOWER、ニューアルバムのリード曲「未来前夜」MV公開
LACCO TOWER、新ビジュアル解禁&新曲「未来前夜」先行配信スタート
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2016』に3500人集結

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ORANGE RANGE、15周年記念コラボベスト11曲目は同郷の後輩ドラマーとの「鬼ゴロシ」
Sat, 04 Jun 2016 15:00:00 +0900
ORANGE RANGE (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEが7月20日(水)にリリースする、15周年記念コラボベストアルバム『縁盤』に収録される11曲目が発表された。沖縄出身の後輩ドラマー、SASSY(INKT)との「鬼ゴロシ」である。

【その他の画像】ORANGE RANGE

2009年発表のアルバム『world world world』に収録された「鬼ゴロシ」は、語感重視でのせられたユニークな歌詞が曲のスピードをさらに加速させるハードロックチューン。音源発表後、数々のライブを通じてアレンジも変化してきたこの楽曲を、ツアーやレコーディング、テレビ収録や撮影など数々のプロジェクトでサポートドラムとして参加したSASSYと共に新たに録り直した。

【関連リンク】
ORANGE RANGE オフィシャルHP
ORANGE RANGE、15周年記念コラボベスト盤10曲目は琉球國祭り太鼓との「Silent Night」!
ORANGE RANGE、15周年記念コラボベストアルバム9曲目は 母校の大先輩と「Walk on」
ORANGE RANGE、母校の吹奏楽部と共に「チャンピオーネ」を再レコーディング!

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE, INKT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

日本工学院が赤坂BLITZで恒例のサマーライブを開催
Sat, 04 Jun 2016 15:00:00 +0900
モノブライト (okmusic UP\'s)

日本工学院がこの夏赤坂BLITZにて、SPACE SHOWER MUSICとコラボした無料イベント『HEY,GUYS!! 〜Silence or Shout? 〜』、さらに『Summer tunes 2016』『Summer Rise 2016』といったサマーライブを開催する。

【その他の画像】Charisma.com

毎年赤坂BLITZにて日本工学院の学生が音響、照明、舞台、制作、運営の全てを1から考え、学生が主体となって作り上げるサマーライブ。まず、今年の『HEY,GUYS!! 〜Silence or Shout? 〜』の出演者は、ダイナミックでエモーショナルなダンスミュージックが魅力のuchuu,、変則的かつキャッチーな楽曲が人気を呼んでいるAge Factory、破壊的なライブパフォーマンスが印象深い最終少女ひかさの3組。日本のロックシーンで今大注目のこの3組が、同日に見られるのはこのライブだけ。しかも無料ライブである。同ライブ申込みの詳細はイベントのHPまで!

そして、『Summer tunes 2016』は、今話題現役OLのエレクトロラップユニットCharisma.com、空前の前髪ブームを巻き起こした三戸なつめ、今までのひねくれポップを一新?!モノブライトの3組と日本工学院の学生がタッグを組み、『Summer Rise 2016』には「まじ娘」と「REOL」が出演する。

■『Summer tunes 2016』『Summer Rise 2016』 HP
http://www.neec.ac.jp/event/music/summerlive/

■『HEY,GUYS!! 〜Silence or Shout? 〜』

7月06日(水) 赤坂BLITZ
開場17:30 / 開演18:00
出演:uchuu,、Age Factory、最終少女ひかさ
■『HEY,GUYS!! 〜Silence or Shout? 〜』HP
http://heyguys0706.wix.com/silenceorshout
■チケット申し込みメールアドレス
heyguys0706@gmail.com

■『日本工学院ミュージックカレッジ presents Summer tunes 2016」』

7月09日 (土) 赤坂BLITZ
開場16:15 / 開演17:00
出演:Charisma.com、三戸なつめ、モノブライト
入場料:1F立見 ¥2,000(税込)
※チケット発売は6月11日(土)発売

■『日本工学院ミュージックカレッジ presents Summer Rise 2016』

7月02日(土) 赤坂BLITZ
開場 16:30 / 開演 17:00
出演:まじ娘、REOL
入場料:1F立見 ¥2,000(税込)
※チケット発売は発売中

【関連リンク】
DJやついいちろう、いとうせいこう×いつか(Charisma.com)とのコラボで初のヒップホップチューンに挑戦
ダイエットする!と心に固く誓う時に聴きたい曲
レジェンド復活!『いとうせいこうフェス』開催決定!
モノブライト、アニメ「ぼのぼの」の主題歌「bonobonoする」をツアー会場にて限定販売

【関連アーティスト】
Charisma.com, uchuu, Age Factory, モノブライト, 三戸なつめ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

水曜日のカンパネラ、新曲「フェニックス」の存在を確認!?
Sat, 04 Jun 2016 14:00:00 +0900
水曜日のカンパネラ (okmusic UP\'s)

水曜日のカンパネラのメジャーデビューEP『UMA』に収録される新曲「フェニックス」の存在が確認された。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

「フェニックス」は、フランス・パリを拠点にエレクトロ・ミュージックの新時代を追求する4人組の音楽家集団 CLUB CHEVAL(クラブ・シェヴァル)のメンバーであるMydが作曲した楽曲で、作詞をコムアイとケンモチヒデフミが担当し、不死鳥とサンバをモチーフにした一曲となっている。実は、3月にMydが来日した際にコムアイとも打合せをしコンセプトを話し合っていたとの事で、コムアイのInstagramにもツーショット写真が公開されている。この楽曲の音源は、コムアイがゲスト出演するJ-WAVE 81.3FM「RADIO DONUTS」(8:00〜12:00 ON AIR)にてどこよりも早くOAされることが明らかとなったので、ぜひその耳で存在を確認して欲しい。

また、6月22日にリリースされるEP『UMA』が全世界110の国と地域で配信されることも決定した。リリースに先駆け、先行シングル「チュパカブラ」の配信もスタートし、iTunes StoreではEP『UMA』の予約注文(プレオーダー)も同時にスタート。今予約をすると、「チュパカブラ」に加え、iTunes限定で「ツチノコ」の2曲をダウンロードすることができる。

またApple Musicでも「チュパカブラ」と「ツチノコ」の2曲が先行配信されている。そして、6月25日よりスタートするアルバムを引っ提げたツアー「未確認ツアー」のチケットが7月2日 福岡 嘉穂劇場、7月10日 広島CLUB QUATTROを除くすべての会場でソールドアウトとなっており、確認が難しくなってきている。

7月末にはアメリカ・サンフランシスコで行なわれる「J-POP SUMMIT2016」、台湾で行なわれる「SUPER SLIPPA 2016 TAIPEI SUPER SUMMER MUSIC FESTIVAL」への出演も決定しており、今作が世界進出する水曜日のカンパネラの名刺代わりのEPとなる。

そのほか、どのような楽曲が収録されるか、どのようなツアーになるのか、詳細は未確認とされており、今後の続報を期待して待ちたい。

■「チュパカブラ」先行配信ページ
・iTunes Store
https://itunes.apple.com/jp/album/uma/id1114924129?app=itunes&at=10l6Y8
・レコチョク
http://recochoku.com/w0/wedcamp_chupacabra/

■『未確認ツアー』

6月25日(土)  新木場STUDIO COAST ※SOLD OUT
7月02日(土)  福岡 嘉穂劇場
7月06日(水)  札幌 PENNY LANE24 ※SOLD OUT
7月09日(土)  岡山YEBISU YA PRO ※SOLD OUT
7月10日(日)  広島CLUB QUATTRO
7月16日(土)  名古屋 DIAMOND HALL ※SOLD OUT
7月18日(月・祝)  京都 萬福寺 ※SOLD OUT

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
水曜日のカンパネラ、新アー写公開&新曲「ツチノコ」をラジオで確認!?
水曜日のカンパネラ、ニューアルバム『UMA』ジャケ写がついに解禁
水曜日のカンパネラ、メジャー初アルバムは「チュパカブラ」を含む未確認盤!?

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP

Brian the Sun、自身最大規模の全国ツアーが神戸よりスタート
Sat, 04 Jun 2016 13:00:00 +0900
6月2日@神戸VARIT. (okmusic UP\'s)

Brian the Sunの全国ツアーが6月2日の神戸VARIT.公演よりスタートした。

【その他の画像】Brian the Sun

ライブではiTunesロックチャートで1位を記録しているメジャーデビューシングル「HEROES」も披露。「メジャーデビューして一発目に、メジャーっぽい曲を作りたいと思ったんです。変化は怖いですけど変化することでしか僕らは先に進めません。そういう決意を込めて作った曲でもあります。」と楽曲に込めた想いも語り、アンコールを含め全21曲を披露した。

この日スタートした全国ツアー「Brian the Sun TOUR 2016「HEROES」」は、この日を皮切りに18か所でのライブを開催、チケットが残り僅かとなっている公演もあるので、是非チェックして欲しい。

■Brian the Sun TOUR 2016「HEROES」

6月05日(日) KYOTO MUSE [ワンマン]
6月08日(水) 札幌COLONY [ワンマン]
6月11日(土) 長野ライブハウスJ [ワンマン]
6月12日(日) 新潟CLUB RIVERST [ワンマン]
6月14日(火) 秋田 LIVE SPOT2000
6月16日(木) 仙台 enn 2nd [ワンマン]
6月18日(土) 渋谷クラブクアトロ [ワンマン]
6月23日(木) 横浜BAYSIS
6月25日(土) 富山soul power
6月26日(日) 名古屋 ell.FITS ALL [ワンマン]
6月30日(木) 岡山CRAZY MAMA 2nd Room [ワンマン]
7月02日(土) 松山サロンキティ
7月03日(日) 高松DIME
7月06日(水) 宮崎 SR BOX
7月07日(木) 鹿児島 SR HALL
7月09日(土) 福岡Queblick [ワンマン]
7月10日(日) 梅田クラブクアトロ [ワンマン]
※終了分は割愛

【関連リンク】
Brian the Sun オフィシャルHP
Brian the Sun、メジャーデビュー曲が全国30局のパワープレイに! MVフルバージョンも公開!
Brian the Sunが選ぶプレイリスト。「2016年、今年の夏フェスで聴きたい曲!」
Brian the Sun、野外イベントにてメジャーデビューシングル「HEROES」を初披露

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

WEAVER、ライブハウスツアー直前に恒例の「WEAVER TV」生配信が決定
Sat, 04 Jun 2016 12:00:00 +0900
WEAVER (okmusic UP\'s)

6月11日(土)より全国ライブハウスツアー『WEAVER 11th Additional TOUR 2016 「Walk on the Night Rainbow」』をスタートするWEAVERが、毎回恒例となっている「WEAVER TVツアー直前SP〜リハスタ出張編〜」をニコニコ生放送で6月6日(月)22時より生配信することが決定した。

【その他の画像】WEAVER

ツアー直前SPという事で、河邉(Dr)による人気コーナーで毎ツアーグッズ紹介をしている「Bebe town」をはじめ、ライブハウスツアーの情報を先取りできる実にレアな放送になりそうだ。

このライブハウスツアーでは、ホールツアーでは回ることができなかった場所にも訪れることとなり、地方のファンにとっては朗報。全国14都市14公演の開催予定となり、アルバム『Night Rainbow』の楽曲がライブハウスツアーでどう違った表情を見せるかが注目される。「WEAVER TV」でもしっかりと予習をして、ライブハウスツアーに臨んでいこう!

■ニコニコ生放送「WEAVER TVツアー直前SP〜リハスタ出張編〜」
※6月6日(月) 22:00〜(メンバー出演)
http://live.nicovideo.jp/watch/lv265198794

■WEAVER 11th Additional TOUR 2016「Walk on the Night Rainbow」

6月11日(土)  鹿児島 SR HALL
※熊本地震の余震や交通機関の状況によっては変更の可能性がございます。
6月12日(日)  熊本 熊本B.9V2 
※熊本地震の余震や交通機関の状況によっては変更の可能性がございます。】
6月14日(火)  山口 周南rise 
6月16日(木)  島根 松江canova 
6月18日(土)  岡山 YEBISU YA PRO 
6月26日(日)  千葉 柏PALOOZA 
7月02日(土)  岩手 盛岡ChangeWAVE 
7月03日(日)  青森 青森Quarter 
7月05日(火)  福島 郡山CLUB #9 
7月09日(土)  岐阜 岐阜 柳ヶ瀬 ants 
7月10日(日)  石川 金沢EIGHT HALL 
7月24日(日)  奈良 NEVERLAND 
7月26日(火)  京都 KYOTO MUSE 
7月30日(土)  愛媛 W STUDIO RED 

【関連リンク】
WEAVER オフィシャルHP
WEAVER、全国ホールツアーが大盛況のNHKホール公演をもって終了
WEAVERがAbemaTVの新CMソングを担当
WEAVER、約2年ぶりとなる全国ホールツアーがついにスタート

【関連アーティスト】
WEAVER
【ジャンル】
ジャパニーズロック

黒木渚、7月1日に映画『全員、片想い』の主題歌を配信リリース
Sat, 04 Jun 2016 11:00:00 +0900
黒木渚 (okmusic UP\'s)

6月3日、東京国際フォーラムホールCで「ONEMAN TOUR『ふざけんな世界、ふざけろよ』TOUR FINAL」を大成功で終えた黒木渚が、ライブ中のMCで7月1日に配信シングル「灯台」をリリースすることを発表した。

【その他の画像】黒木渚

この作品は7月2日から全国ロードショーで公開される映画『全員、片想い』の主題歌となっている。またiTunesでは事前に予約をすると、6月3日に開催された「ONEMAN TOUR『ふざけんな世界、ふざけろよ』TOUR FINAL」の音源が2曲特典として付属するとのこと。予約開始日ならびに特典音源は後日オフィシャルHPにて発表される。

また合わせて、8月27日(土)にビルボードライブ東京でのワンマンライブを行なうことも発表された。すでに発表されている8月21日(日)ビルボードライブ大阪を含め、本人曰く「普段見ることのできないこの日限りの特別な夜をご用意しておきます」とのこと。

黒木渚がビルボードライブに登場するのはこれが初めて。チケットは6月15日〜ClubBBL会員先行、6月18日〜黒木渚オフィシャルサイト先行、6月22日〜一般予約受付開始となっている。詳細は黒木渚のオフィシャルHPをチェックしよう。

■配信シングル「灯台」

2016年7月1日より配信開始
LACH-0002/¥250
<収録曲>
1. 灯台
2. 2016.6.3 東京国際フォーラムホールCライブ音源(iTunes予約特典/収録曲未定)
3. 2016.6.3 東京国際フォーラムホールCライブ音源(iTunes予約特典/収録曲未定)

■「黒木渚 SPECIAL ONEMAN LIVE(仮)」

8月21日(日) ビルボードライブ大阪
8月27日(土) ビルボードライブ東京

【関連リンク】
黒木渚 オフィシャルHP
黒木渚が選ぶプレイリスト。「素敵な歌声の男性シンガー」
黒木渚、ニューシングル発売を記念した特別番組をLINE LIVEで配信決定
黒木渚、新曲「ふざけんな世界、ふざけろよ」MV公開

【関連アーティスト】
黒木渚
【ジャンル】
J-POP

BABYMETAL、東京ドーム追加公演決定! 史上最大11万人のメタルの祭典に!
Sat, 04 Jun 2016 00:00:00 +0900
「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE - RED NIGHT & BLACK NIGHT」 (okmusic UP\'s)

9月19日(月・祝)に自身初となる東京ドーム公演を行なうBABYMETALが翌20日(火)にも追加公演を行なうことを発表し、東京ドーム2DAYSとなることが明らかになった。

【その他の画像】BABYMETAL

公演タイトルも「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE - RED NIGHT & BLACK NIGHT」となり、両日合わせて11万人を動員する BABYMETAL史上最大のワンマンライブとなる。

現在、3度目となるワールドツアー『BABYMETAL WORLD TOUR 2016』のヨーロッパツアー中のBABYMETAL。世界同時発売となったニューアルバム『METAL RESISTANCE』は日本のみならず、イギリスのオフィシャルチャートでは日本人アーティスト史上最高の15位、アメリカ・ビルボードチャートでは日本人アーティストとして坂本九以来53年ぶりにTop40入りを果たすなど、今や世界中から注目される存在となった。

そんなBABYMETALがワールドツアーファイナルとして東京ドーム公演を発表したが、チケット先行予約の段階で予定数を大幅に超える申し込みがあったことを受け、急遽追加公演が決定した。 2014年に行なった日本武道館「赤い夜」「黒い夜」2DAYS公演の再来となる、国内そしてワールドツアー最終公演の東京ドーム2DAYSワンマンライブに注目しよう。尚、追加公演のチケットは6月3日(金)18時よりオフィシャルメンバーズサイト・THE ONE 会員先行にて受付スタート、一般発売は8月27日となる。

■「BABYMETAL WORLD TOUR 2016 LEGEND - METAL RESISTANCE - RED NIGHT & BLACK NIGHT」

-RED NIGHT-
9月19日(月・祝) 東京ドーム
OPEN 16:00 / START 18:00
-BLACK NIGHT-
9月20日(火)  東京ドーム
OPEN 17:00 / START 19:00

<THE ONE 会員チケット先行>
期間:2016年6月3日(金)18:00〜6月7日(火)23:59
券種:
・THE ONE SEAT(全席指定・当日発券)
¥12,800(税込)
・MOSH\'SH SEAT(全席指定・当日発券)
¥8,800(税込)
https://theone.babymetal.jp/
<一般発売>
2016年8月27日(土)

【関連リンク】
BABYMETAL オフィシャルHP
BABYMETAL、JUDAS PRIESTのロブ・ハルフォードとの共演を発表
BABYMETALの「KARATE」がアメリカ・WWEのイベントテーマ曲に決定
ミラーボールの光を浴びながら踊るための5曲

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
女性アイドル, メタル

OBLIVION DUST、待望の新作『DIRT』ジャケ写&収録楽曲を解禁
Fri, 03 Jun 2016 21:00:00 +0900
ミニアルバム『DIRT』 (okmusic UP\'s)

7月20日にミニアルバム『DIRT』をリリースするOBLIVION DUSTが、同作のジャケット写真と収録楽曲を発表した。

【その他の画像】OBLIVION DUST

OBLIVION DUSTにとって約4年ぶりのリリースとなる今作のジャケットは、彼らの音楽とリンクするような攻撃的なジャケットに。また収録楽曲はその楽曲名を見ただけで、今も変わらず音楽や世の中に対して挑戦を続けるOBLIVION DUSTの姿勢が伺える。

更にファンを喜ばせる嬉しい情報が。予約・購入特典としてクリアファイルがプレゼントされる事が決定したのだ。絵柄は2種類あり、全国のCDショップ(一部店舗除く)および、UNIVERSAL MUSIC STOREでご購入した方に先着特典としてプレゼントされる。またFC会員限定特典は「予約特典」として指定の予約期間中に購入した方すべてにプレゼントされる。特典を希望する方はこの機会に是非予約しよう。

■「Dirty Heat Tour 2016」

8月03日(水)  福岡BEAT STATION
8月05日(金)  大阪UMEDA QUATTRO
8月06日(土)  名古屋SPADE BOX
8月09日(火)  仙台darwin
8月11日(木)  渋谷TSUTAYA O-EAST

【関連リンク】
OBLIVION DUST オフィシャルHP
OBLIVION DUST、7月20日にミニアルバム『DIRT』をリリース
VAMPS、「VAMPS LIVE 2016」&「VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY」開催決定
『MTV Unplugged: VAMPS』が映像作品となって6月29日にリリース決定

【関連アーティスト】
OBLIVION DUST
【ジャンル】
ジャパニーズロック

八代亜紀、「FUJI ROCK FESTIVAL \'16」への初出演が決定
Fri, 03 Jun 2016 20:00:00 +0900
八代亜紀 (okmusic UP\'s)

八代亜紀が7月22日〜24日の3日間、新潟・湯沢町 苗場スキー場にて行なわれる日本最大級の野外ロックフェス『FUJI ROCK FESTIVAL \'16』に初出演を果たす。

【その他の画像】奥田民生

八代亜紀は初日となる7月22日に「GREEN STAGE」に登場。日本屈指の剛腕ドラマー・池畑潤二率いる"苗場音楽突撃隊"を中心に、フジロックに馴染みのトップ・ミュージシャン15名が結集したスペシャルバンド「ROUTE 17 Rock\'n\'Roll ORCHESTRA」のゲストボーカリストとして参加する。なお、同バンドは八代のほか、仲井戸"CHABO"麗市、奥田民生、トータス松本をゲストに迎える。

2015年10月に寺岡呼人プロデュースによる初のブルースアルバム『哀歌-aiuta-』をリリースした八代亜紀は、同アルバムを引っさげ八代と同じ熊本出身の伊東ミキオ(Key)率いるミュージシャンとツアーバンドを結成。藤井一彦(G / THE GROOVERS)、中條卓(B / シアターブルック)、藤井一彦(G / THE GROOVERS)、サンコンJr.(Dr / ウルフルズ)、梅津和時(Sax)と名うてのミュージシャンと共に、『RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016 in EZO』、『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016』への出演も発表している。この夏は八代亜紀から目が離せそうにない。

■【ROUTE 17 Rock\'n\'Roll ORCHESTRA(feat.八代亜紀、仲井戸"CHABO"麗市、奥田民生、トータス松本)メンバー】

池畑潤二(Dr)、松田文(Gt)、井上富雄(Ba)、花田裕之(Gt)、ヤマジカズヒデ(Gt)、梅津和時(A.Sax)、田中邦和(T.Sax)、タブゾンビ(Tp)、青木ケイタ(B.Sax)、細海魚(Key)、丈青(Pf,Key)、スティーヴ エトウ(Per)
コーラス: MIKUNI?DOLLS(Keicot,角島美緒,Asami)
MC : クリス・ペプラー

■『FUJI ROCK FESTIVAL ′16』

日程:7月22日(金)23日(土)24日(日)
※八代亜紀は7月22日(金)「GREEN STAGE」に出演
会場:新潟・湯沢町 苗場スキー場
http://www.fujirockfestival.com

【関連リンク】
八代亜紀 オフィシャルHP
「奥田民生 生誕50周年伝説 “となりのベートーベン”」がパッケージ化!
八代亜紀、『中津川 THE SOLAR BUDOKAN 2016』出演決定
オワリカラ、メジャーデビューアルバム記念のお祝いコメントが到着

【関連アーティスト】
奥田民生, トータス松本, 仲井戸“CHABO”麗市, 八代亜紀
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 演歌/歌謡曲

TRUSTRICK、舞台『ダンガンロンパ THE STAGE 2016』テーマソングを公開
Fri, 03 Jun 2016 19:00:00 +0900
TRUSTRICK (okmusic UP\'s)

TRUSTRICKが手掛ける、舞台『ダンガンロンパ THE STAGE 2016』のテーマソング「REBORN AT CAUTION AREA ?theme of DANGANRONPA THE STAGE 2016-」が『ダンガンロンパ THE STAGE2016』の公式サイトにて公開された。

【その他の画像】TRUSTRICK

『ダンガンロンパ THE STAGE 2016』は2014年の初演に続き今回が再演となる人気公演。かねてより原作ゲーム・シリーズの大ファンを公言する神田自らも「江ノ島盾子」役として出演し、TRUSTRICKとしても同舞台シリーズ3作連続でテーマ曲を担当するということで、すでに互いのファンにとってもおなじみの組み合わせだが、今回再演舞台に向けて新たに書き下ろしの新曲が提供されたことが注目される。

7月よりTOKYO MXで放送開始されることが発表されたTVアニメ『ダンガンロンパ3−The End of希望ヶ峰学園−未来編』のOPテーマ「DEAD OR LIE」を黒崎真音とのコラボレーション(黒崎真音 feat. TRUSTRICK)で、同EDテーマ「Recall THE END」もTRUSTRICKとして担当することが決定しており、このタイミングでダンガンロンパ×TRUSTRICKのコラボレーションが一気に加熱することになる。

「REBORN AT CAUTION AREA ?theme of DANGANRONPA THE STAGE 2016-」は8月10日にリリースされるTRUSTRICK4作目のE.P.『Recall THE END』に収録されることが決定し、そのE.P.収録内容についてもオフィシャルHPにて明らかになった。

TVアニメ『ダンガンロンパ3−The End of希望ヶ峰学園−未来編』EDテーマ「Recall THE END」、「REBORN AT CAUTION AREA ?theme of DANGANRONPA THE STAGE 2016-」のほか、過去に『ダンガンロンパ THE STAGE』シリーズのテーマソングとなった「World\'s End Curtain Call ?theme of DANGANRONPA THE STAGE-」「Good Bye School Dayz ?theme of SUPER DANGANRONPA 2 THE STAGE-」がそれぞれ(3,868枚限定シングル)(配信限定シングル)といった形でリリースされていたオリジナル・バージョンで収録される。また、彼らの2nd アルバム『TRUST』の収録曲「永遠」がリミックス・バージョンで収録されるが、実はこの楽曲は元々「World\'s End Curtain Call ?theme of DANGANRONPA THE STAGE-」と共に、2014年初演時の『ダンガンロンパ THE STAGE』のテーマソング候補として制作された楽曲。今回改めて「ダンロンづくし」と呼べる本作E.P.に収録されることで、また新たな聴き方が楽しめるのではないだろうか。

舞台『ダンガンロンパ THE STAGE 2016』は6月16日(木)からの東京公演(Zeppブルーシアター六本木)を皮切りに、7月1日(金)〜名古屋(東海市芸術劇場 大ホール)、7月7日(木)〜大阪(サンケイホールブリーゼ)、7月14日(木)〜神奈川(横浜・関内ホール 大ホール)と4都市・計33公演が予定されている。そして各公演会場にて8月10日発売のTRUSTRICK 4th E.P.『Recall THE END』を予約すると「会場限定特典」が予定されているとのことなので、発表を楽しみにしてほしい。

また次回のワンマン公演「TRUSTRICK PREMIUM LIVE UNION 2016」
(9月22日(木・祝)大阪・梅田クラブクアトロ、9月25日(日)東京・赤坂BLITZ)は現在「ぴあプレリザーブ」で6月8日(水)11:00まで先行受付中。こちらの2公演はTRUSTRICKにとって初の試みとなる、リクエスト投票により当日のセットリストを決定するオーディエンス参加型ライブとなる。リクエストはオフィシャルHP内応募フォームにて7月20日(水)23:59まで投票可能。お気に入りの曲をリクエストして是非本番のライブで体感してみよう!

■「TRUSTRICK PREMIUM LIVE UNION 2016」セットリストリクエスト投票企画 応募フォーム
http://trustrick.jp/request.html
■『ダンガンロンパ THE STAGE2016』公式サイト
http://www.cornflakes.jp/dangan/2016/

■『ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜2016』

■東京公演
Zeppブルーシアター六本木:6月16日(木)〜6月26日(日)
■名古屋公演
東海市芸術劇場 大ホール:7月01日(金)〜7月02日(土)
■大阪公演
サンケイホールブリーゼ:7月07日(木)〜7月10日(日)
■神奈川公演
横浜・関内ホール 大ホール:7月14日(木)〜7月16日(土)

■E.P.『Recacll THE END』

2016年8月10日発売
【Type-A】(CD+DVD)
COZP-1222〜3/¥1,944+税  
【Type-B】(CD)
COCP-39655/ ¥1,389+税
<収録予定内容> 
■CD(Type-A/B 共通)
1. Recall THE END 
※TVアニメ「ダンガンロンパ3−The End of希望ヶ峰学園−未来編」EDテーマ
2. REBORN AT CAUTION AREA ?theme of DANGANRONPA THE STAGE 2016-
※「ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜2016」テーマソング
3. 永遠 (REMIX/仮)
※2nd Album『TRUST』収録曲
4. World\'s End Curtain Call ?theme of DANGANRONPA THE STAGE-
※「ダンガンロンパ THE STAGE〜希望の学園と絶望の高校生〜」[2014] テーマソング
5. Good Bye School Dayz ?theme of SUPER DANGANRONPA 2 THE STAGE-
※「スーパーダンガンロンパ 2 THE STAGE〜さよなら絶望学園〜」[2015] テーマソング
6. Recall THE END (Instrumental)
7. REBORN AT CAUTION AREA ?theme of DANGANRONPA THE STAGE 2016- (Instrumental)
8. Recall THE END (Anime ED Version)
■DVD (Type-A)
1. Recall THE END (Music Video)
2. Recall THE END (Making Clip)
【TRUSTRICK Premium Live Promise 2016@SHINJUKU ReNY 2016.5.11】
3〜6. 上記LIVE映像4曲収録予定
※収録内容は変更になることがございます。

■シングル「DEAD OR LIE」 /黒崎真音feat.TRUSTRICK

2016年7月27日発売 
【初回限定盤】(CD+Blu-ray)
GNCA-0433/¥2,700+税
【初回限定アニメ盤】(CD+DVD)
GNCA-0434/¥1,800+税
【通常盤】(CD)
GNCA-0435/¥1,200+税
<特典Blu-ray収録内容>
黒崎真音 5周年記念ワンマンライブ@舞浜アンフィシアター(2015/9/12)
黒崎真音とTRUSTRICKが出演するMV
<特典DVD収録内容>
TVアニメ「ダンガンロンパ3 −The End of希望ヶ峰学園− 未来編」 ノンクレジットオープニング映像(予定)
黒崎真音とTRUSTRICKが出演するMV

■『TRUSTRICK PREMIUM LIVE UNION 2016』

9月22日(木・祝) 大阪 梅田クラブクアトロ
9月25日(日) 東京 赤坂BLITZ

【関連リンク】
TRUSTRICK オフィシャルHP
TRUSTRICK、新曲はNARASAKIプロデュースのハード&ヘヴィナンバー
TRUSTRICK、『ダンガンロンパ3−The End of希望ヶ峰学園−未来編』OPで黒崎真音とコラボ
TRUSTRICK、新作リリース・パーティで初のリクエストLIVE開催を発表

【関連アーティスト】
TRUSTRICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

ボカロPのn-bunaが自身初となるワンマンライブを8月14日に開催
Fri, 03 Jun 2016 18:30:00 +0900


ボカロPの"n-buna(ナブナ)"が、ニコニコ生放送「2ndアルバム『月を歩いている』情報解禁生放送」にて、自身初となるワンマンライブを8月14日に東京都内で開催することを発表した。

【その他の画像】n-buna

このライブは、7月9日に発売される2ndアルバム『月を歩いている』を購入した方を対象としており、抽選で招待して開催される。また、アルバム発売前日の7月5日より池袋サンシャインアルタ内にて、期間限定でアルバム発売記念展示会の開催が決定しているので、こちらもお見逃しなく。

■n-buna 1st Live「月を歩いている」

8月14日(日)  東京都内ライブハウス(当選者のみに発表)
開場/開演:17:30 / 18:00
※アルバム『月を歩いている』購入者対象による応募抽選招待制ライブとなります。

■【n-buna 2nd AL「月を歩いている」発売記念展示会】

日時:2016年7月5日(火)〜7月10日(日)
11:00〜20:00
開催場所:池袋サンシャインシティアルタ内1F プルミエアベニュー

【関連リンク】
n-buna オフィシャルHP
ボカロPのn-buna、“童話”がテーマの2ndアルバムを7月にリリース!
“歌ってみた”約10年の歴史が詰まった決定版CDの全収録曲公開
人気若手ボカロP、ナブナが初のフルアルバムをリリース

【関連アーティスト】
n-buna
【ジャンル】
ネットカルチャー, ボーカロイド

テイラー・スイフトの『1989』は一段階上の新たなステージに到達した傑作
Fri, 03 Jun 2016 18:00:00 +0900
Taylor Swift『1989』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

90年代以降、なぜか日本ではカントリー歌手やグループは冷遇されてきた。これは“カントリー音楽”に対するイメージが良くないことが原因だと思う。未だにカントリー歌手は派手なウエスタンシャツを着て、馬に乗って登場する…みたいな。そんなカントリーに対するマイナスイメージを払拭したのがテイラー・スイフトだ。彼女はカントリーからポップスに転身したとよく言われるが、ヴォーカルスタイルやライヴでのステージングを見れば、カントリー界の王道を進んでいることは確かで、だからこそ、彼女の存在は重要だと僕は考えている。今回はグラミー最優秀アルバム賞にも輝いた最新作『1989』を紹介する。

■世界におけるカントリー音楽の人気

カントリー音楽は、アイルランドやスコットランドの伝承音楽と黒人ブルースなどを混ぜ合わせたアメリカ独自のポピュラー音楽だ。昔から日本では演歌と似ていると言われることが多いが、実際にはJ-POPに代表されるポピュラー系歌謡曲のほうが近い存在かもしれない。そういう意味では、ロックという音楽もカントリー、ブルース、R&Bなどとの合体によって生まれたポピュラー音楽だってことを忘れてはいけない。

なぜか日本では人気がないが、世界中でカントリー音楽の人気は高く、ビルボードがまとめた2015年のミュージシャンの高額所得者の上位を見ると、1位はぶっちぎりでテイラー・スイフト、2位もこれまたカントリーシンガーのケニー・チェズニーだ。3位にご存知ローリング・ストーンズが入っているが、日本でケニー・チェズニーと言っても知っている人のほうが少ないかもしれない。チェズニーもスイフトと並んでアメリカではスーパースターで、ギャラが高すぎて日本に呼べないと噂されるほどのミュージシャンなのである。

世界で言えばイギリス、オーストラリア、フランス、オランダ、ドイツ、チェコなどでもカントリー音楽の人気が高く、アメリカのカントリー系ミュージシャンが多数訪問し、多くのライヴレコーディングを残している。中でもオーストラリア出身のキース・アーバンはアメリカに渡り大成功を収めたカントリーシンガーで、数年前には女優のニコール・キッドマンと結婚し話題となった。アーバンはエリック・クラプトンが主催する『クロスロード・ギター・フェスティバル』でその超絶テクニックのギターを披露(本職はシンガー)し、ギターフリークたちを唖然とさせたことがある。

■ロック界とカントリー界のつながり

アメリカではロック界とカントリー界のジャンルの壁はあまりなく、ヒットチャートの行方なども見ながら双方のミュージシャンたちが行き来している。例えば、現在のディープ・パープルでギタリストを務めているスティーブ・モースはもともとカントリー系のギタリストだし、イーグルスやリンダ・ロンスタットといった70年代のスーパースターも、音楽活動の出発点はカントリーである。エリック・クラプトンの大ヒット曲「チェンジ・ザ・ワールド」は、カントリーシンガーのワイノナのヒット曲をカバーしたものだ。

また、ダニー・ハサウェイやドゥービー・ブラザーズの黒人ベーシストとして知られるウィリー・ウィークスは、現在ナッシュビルでカントリー系のセッションミュージシャンとして活躍、同じくドゥービー・ブラザーズの超絶ギタリスト、ジョン・マクフィーやドラマーのキース・ヌードスンは元CCRのスチュ・クックとカントリーのグループ、サザン・パシフィックを結成し、80年代にヒット曲を連発していたこともある。

他にもボン・ジョヴィは2006年にカントリー作品『Who Says You Can\'t Go Home』を発表し、ビルボードのカントリーチャートで1位を獲得、さらに2007年にはカントリーロック・アルバムの『Lost Highway』をリリースしている。フー・ファイターズやベックらもカントリー音楽へのリスペクトを表明するなど、海外ではロック界とカントリー界のコラボが当たり前になっているのに、日本だけがカントリーの魅力から置いてきぼりをくらっている感じがするのは僕だけだろうか…。

■テイラー・スイフトの活躍

さて、テイラー・スイフトだ。彼女のようなスターはこれまでにも存在したのかというと、70年代に登場したオリヴィア・ニュートン=ジョンと、90年代にヒット曲を連発したシャナイア・トゥエインに少し似ているかもしれない。どちらもメガヒットを連発しているし、美しい容姿という意味でも確かに似ていると思うのだ。

しかし、スイフトが彼女たちと決定的に違うのは、歌手であると同時にソングライターであるということ、大手レコード会社ではなく新興レーベルから登場していること、ギターが上手いということ、SNSで自分の情報を発信し続けていること、自分のセンスでファッションを決めるということの5点である。これがスイフトの大きな強みであり、特に日本で人気を集めたきっかけとなったのは、彼女のファッションセンスであったと思う。日本の若い女性ファンはカントリー音楽に興味があるわけでなく、彼女の可愛さやそのファッションからファンになったのである。そして、音楽を聴いてみるとテレビやラジオではあまりオンエアされない、カントリーの新鮮な魅力にも惹かれていったのだろう。

彼女のデビューアルバム『Taylor Swift』(’06)は、400万枚以上を売上げたが、新興レーベルからリリースされた新人のアルバムとしては異例中の異例であった。これはプロモーションのために全米各地を自分で回り、服装選びも自分、それらのアーティスト情報をSNSを使って自分で発信するという新しいスタイル(零細企業スタイルとも言える)が功を奏したことは間違いない。彼女がまだ16歳であったからこそできたのもかもしれないが、優れたソングライティングと人並み外れた歌唱力の才能を持っていたことが、やはり成功の最も大きな理由であろう。

次作の『Fearless』(’08)は前作よりもヒット、史上最年少(20歳)でグラミーの年間最優秀アルバム賞を受賞している。それからは日本でも彼女の動向はよく知られるようになり、世界中でファンが増え続けていく。その後にリリースした『Speak Now』(’10)と『Red』(’12)の2枚も爆発的なセールスを記録している。

■本作『1989』について

5作目となる本作は、彼女にとって2度目のグラミー年間最優秀アルバム賞を受賞した記念すべき作品だ。2度目の受賞は女性ではグラミー史上初めての快挙であり、未だに彼女の才能が枯れていないことを証明していると思う。

収録曲は全部で13曲(デラックス・バージョンは19曲)。シングルカットされたのは7曲で、うち3曲がチャート1位を獲得しているという恐るべき内容である。アルバムタイトルの“1989”は、言うまでもなく彼女の生年を表しているのだが、ここに彼女の本作に対する思い入れというか執着というか、これまでの殻を脱ぎ捨てて新しいスタートを意識していることがしっかり伝わってくる。

アルバム全体の印象はシンセや打ち込みを多用した、ダンサブルな曲が多いこと。ヴォーカルの録音にはかなりのこだわりがあるようで、さまざまな電気処理を施した彼女の声を多重に録音し、かなり複雑に絡ませている。おそらくヴォーカルだけを取り出して聴いてみるだけで、かなりのグルーブ感が味わえると思う。このあたり、これまでの4枚のアルバムにはなかった感覚で、時代に即した新しいサウンドを狙っているようだ。似たようなスタイルの曲が多いのは、アルバムをじっくり聴かせるというよりも、明らかにインターネットのダウンロード数を増加させるための方策なのだろう。

ただ、新しいことにチャレンジするということは、過去の良かった点を犠牲にすることでもある。僕はアルバムとしての仕上がりは間違いなく前作『Red』(’12)のほうが優れていると思うが、本作ではアルバムという概念を壊そうとしているような気もするし、次作のリリースによって初めて、『1989』の真の意図が明確になるのかもしれないと考えている。

【関連アーティスト】
テイラー・スウィフト
【ジャンル】


フォーリミ、ブルエン、オーラルが8月25日に合同主催イベントを開催
Fri, 03 Jun 2016 18:00:00 +0900
「ONAKAMA 2016」集合写真 (okmusic UP\'s)

04 Limited Sazabys、BLUE ENCOUNT、THE ORAL CIGARETTESが8月25日(木)に新木場STUDIO COASTにて合同企画イベント「ONAKAMA 2016」を開催することを発表した。

【その他の画像】THE ORAL CIGARETTES

数年前からそれぞれ交流があり、小さなライブハウスでの対バンイベントなどでもしのぎを削って切磋琢磨してきたこの3バンドが、それぞれのフィールドで頭角を表しはじめた2016年、ついに合同主催の対バンイベントを実施する。3バンドからのビデオコメントでも見られる仲の良さと共に、それぞれがライバルとして意識している点も要注目だ。

「ONAKAMA」というイベント名もただの「仲間」ではなさそうな事を匂わしており、その真意も気になるところ。もちろんこの3バンドのライブが行なわれるイベントになることは間違いないが、ライブ以外の内容に関しても3バンドのメンバーが話し合い、企画中とのこと。争奪戦が予想されるチケットについては6月3日 18時より「ONAKAMA」オフィシャルHPにて先行受付を開始、一般発売は7月2日スタートとなっている。この特別なイベントを逃したくない方は忘れずに申し込もう。

またイベント特設HPやツイッターアカウントも開設されており、今後のイベント情報が更新される模様。こちらも是非チェック&フォローをしておこう。

■「ONAKAMA 2016」オフィシャルHP
http://onakama-live.com
■04 Limited Sazabys オフィシャルHP
http://www.04limitedsazabys.com/
■BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
http://blueencount.jp/
■THE ORAL CIGARETTES オフィシャルHP
http://theoralcigarettes.com/

■「コメントビデオ」
https://youtu.be/vHXh5v5yPr0

■「ONAKAMA 2016」

8月25日(木) 新木場STUDIO COAST
開場14:00 / 開演15:00(終演予定19:00)
出演:04 Limited Sazabys / BLUE ENCOUNT / THE ORAL CIGARETTES

<チケット>
料金:オールスタンディング ¥3,500(税込・ドリンク代別途必要)
オフィシャル先行:イベントオフィシャルHPにて受付中
オフィシャル先行期間:6月3日(金)18:00〜6月19日(日)23:59
チケット一般発売日:7月2日(土)

【関連リンク】
coldrain、「原点回帰全国ツアー」対バン第一弾豪華出演者を発表
BLUE ENCOUNTの新曲「だいじょうぶ」が『CDTV』6・7月度OPテーマに決定
04 Limited Sazabys、新作「AIM」の全曲トレーラー解禁
04 Limited Sazabys、新作「AIM」よりリード曲「climb」のMV解禁

【関連アーティスト】
THE ORAL CIGARETTES, BLUE ENCOUNT, 04 Limited Sazabys
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

【連載コラム】稚菜、小田和正の「風は止んだ」をカバー
Fri, 03 Jun 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

さて今日も恒例の一曲。
映画「64-ロクヨン-」の主題歌、小田和正さんの「風は止んだ」


またか…!とは言わないで下さい!笑
小田さんについては語りだすときっと止まらないでしょう。
このコラムの中では収まりきらないです。長い!と怒られるやつです。
なので辞めておきます。笑
新しい楽曲、今も素敵な曲を書き続ける小田さんはやっぱり私の中では大尊敬。
今回、小田さんの様にコーラスも入れてみました。
是非、歌詞に注目して聴いて頂けたら、と思います。
https://www.youtube.com/watch?v=Ev62zK-FCyM&feature=youtu.be

最近、川崎駅前でストリートライブを始めた。
4月から始める予定だったのに、歌いに行こうとする日に限って全て雨…
先に言っておきます、私は晴れ女ですよ?!笑
強烈な雨男、雨女がいると私は譲るタイプなんです、きっと。笑
そんなこんなで始めたストリート。
私のBlogとかではいきさつを話しましたが。
路上で歌い始めた理由はただ一つ。
熊本への義援金を集めたかったから。
2011年の時、私はまだこうやって歌っていなくて、
ただ怖くて何も出来ない自分が歯がゆくて悔しい思いでいっぱいだった。
今、私には大好きな歌があって、というより歌しかない訳で。
そんな自分に出来る事をしたい!って思った。
昨年初めてツアーに行って、九州地方にも自分にとって大切な人が出来た、というのも大きな気持ちかもしれません。
偽善だとか言われる事もきっとあるだろう。
じゃあ、このままでいいのかなって思う。動かなかったら結局何も変わらないまま。
手探りでもやってみないと分からない事って沢山ある。
少しでも力になれる事があるのなら、それが偽善と呼ばれても私は一向に構わないと思っています。

今の私に出来る事、今の私だからこそ出来る事が必ずある。
私一人の力では小さなものかもしれないけれど、
それが集まれば揺るがない大きな力となるはずです。
でもそれは決して無理をする事ではなくて、
あくまで自分の生活を中心にして、そこから出来る範囲の事をやればいい。
例えば私だったら、体調が悪かったりしたらその日はお休みをする。
例えば見てくれるお客さんだったら、支払いをしなければならないものがあってお金に余裕がない時は歌を聴いて帰るだけでいい。
そう思っています。
それが私の考え方。

なるべく毎週歌いたいなって思います。
その時たまたま川崎にいらっしゃれば、良かったら気軽に聴きに来て下さい。
私の事を知っているあなた、そしてまだ私と出逢った事のないあなたにも逢えます様に。

【関連アーティスト】
小田和正, 稚菜
【ジャンル】


杏窪彌、8月に東京キネマ倶楽部にてリリース記念ワンマンを開催
Fri, 03 Jun 2016 17:30:00 +0900
杏窪彌 (okmusic UP\'s)

杏窪彌(アンアミン)が、8月5日(金)に東京キネマ倶楽部にてワンマンライブ『全員集合!キネマ倶楽部でジャイアントパンダにのってみたい〜リリース記念ワンマンライブ〜』を開催することが決定した。

【その他の画像】杏窪彌

同公演はミニアルバム『ジャイアントパンダにのってみたい』のリリースを記念して開催されるもので、6月4日(土)正午12時からは、台湾人ボーカル・MINの台湾みやげ付の最速オフィシャル先行も開始されるので、ぜひ早めにチェックしよう。

ミニアルバムの表題曲「ジャイアントパンダにのってみたい」はフジテレビ系『魁!ミュージック』6月度エンディングテーマに決定しており、現在バンドと親交のある様々なアーティスト、クリエーターとの"おどってみた動画企画"も展開されている。現在公開されている"おどってみた動画"は、藤岡みなみ、二胡奏者のKiRiKo、SAKANAMONとMINがともに「ジャイアントパンダにのってみたい」をおどっているもので、それぞれの個性が楽しめる内容となっている。こちらは今後もどんどん追加されるとのことなので、そちらにもぜひ期待していただきたい。

ワンマンライブの開催にあたり杏窪彌(アンアミン)は「「懐かしい未来」へ、タイムスリップ。皆で一緒に、ジャイアントパンダに乗ってみたい。」とコメントしており、彼女らが一体どのようなライブを披露してくれるのか今から楽しみだ。

■【杏窪彌(アンアミン)よりコメント】

我們要舉?個唱! 地點在東京・鶯谷的キネマ倶楽部、是以前的有名大歌舞廳。重現出大正時代大舞廳的氣氛。讓我們回到「令人懷念的未来」時光。請大家跟我們?起想坐?熊。

(訳: ワンマンライブします。元グランドキャバレーである、東京・鶯谷のキネマ倶楽部です。大正時代のダンスホールを意識してつくられたそうです。「懐かしい未来」へ、タイムスリップ。皆で一緒に、ジャイアントパンダに乗ってみたい。)

■『全員集合!キネマ倶楽部でジャイアントパンダにのってみたい〜リリース記念ワンマンライブ〜』

8月05日 (金) 東京キネマ倶楽部
OPEN / START:18:30/19:30
<チケット>
前売:¥3,300 (税込)+ドリンク別
■最速オフィシャル先行
※受付期間:6月4日(土)12:00〜6月19日(日)23:59
※オフィシャル先行特典:MINの台湾みやげ付(当日渡し)
http://w.pia.jp/t/un-amin/

【関連リンク】
杏窪彌 オフィシャルHP
杏窪彌(アンアミン)、新曲「ジャイアントパンダにのってみたい」MV公開
次世代ガールズショーケースイベント「ガールズトーク」SP企画開催決定
台湾美少女・MINを擁する謎のエキゾチックバンド、杏窪彌(アンアミン)がデビュー

【関連アーティスト】
杏窪彌
【ジャンル】
J-POP

フジファブリック、対バンライブに先駆けレギュラー番組にSuchmosが登場
Fri, 03 Jun 2016 17:00:00 +0900
フジファブリック×Suchmos (okmusic UP\'s)

フジファブリックが毎年恒例としている自主企画2マンライブ「フジフレンドパーク」。その開催に先駆け、ネットラジオ「フジファブリックのゆるゆるいかせて」に、今最も注目されているロックバンド・SuchmosからボーカルのYONCEとDJ KCEEがスペシャルゲストとして6月3日(金)正午更新の回に登場する事が決定した。

【その他の画像】フジファブリック

最初は緊張気味にスタートしたが、フジファブリックが今とても気になっているバンドという事で、YONCEとKCEEに音楽の話はもちろん地元や学生時代の話などにプライベートな事も質問しまくると、意外な事実に驚いたり爆笑したり、一気に盛りあがって距離が縮まった5人。そして、対バンするライブの話に。何かコラボしたいと話すフジファブリックにKCEEからの提案で、YONCEとKCEEの高校生の頃のアンセムだったというフジファブリックのある曲をコラボレーションする事になった。ライブでどの曲が披露されるのか今から楽しみでならない。45分にも及ぶスペシャルな番組の試聴は2週間限定となっているのでお聴き逃しなく。

フジファブリックは、絶賛放送中のTVアニメ『マギ シンドバッドの冒険』のエンディングテーマとなっているシングル「ポラリス」を先月発売。現在全国ツアー「フジファブリック LIVE TOUR 2016 "三日月ADVENTURE"」を開催しており、11月には初のアコースティックライブとなる"FABRIC THEATER"を赤坂BLITZで2日間行なう。フジファブリックのさらなる活動に目が離せない。

■「フジファブリック with Suchmos フジフレンドパーク2016スペシャル」
※6月3日(金)12:00〜6月17日(金)11:59 http://www.fujifabric.com/netradio/

【関連リンク】
フジファブリック オフィシャルHP
フジファブリック、キャリア初のアコースティックワンマン「FABRIC THEATER」を11月に開催
オワリカラ、メジャーデビューアルバム記念のお祝いコメントが到着
フジファブリックの山内総一郎がフェンダー社とエンドースメント契約を締結

【関連アーティスト】
フジファブリック, Suchmos
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1