歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年05月20日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/05/29
2016/05/28
2016/05/27
2016/05/26
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
キャプテン・ビーフハートの『トラウト・マスク・レプリカ』はパンク以前に存在した驚愕の超パンク作品
Fri, 20 May 2016 18:00:00 +0900
Captain Beefheart & His Magic Band『Trout Mask Replica』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

商業音楽としてのポピュラー音楽は「売れる」ことではじめて、その存在価値があるという性質を持っている。一方、芸術音楽(現代音楽や一部のジャズ)は商業性とは相反する存在で、両者は言わば水と油に近い関係だと言える。今回紹介するキャプテン・ビーフハートは、ロックサイドから登場してきたにもかかわらず商業性とは無縁の異端のアーティスト。1969年にリリースされた『トラウト・マスク・レプリカ』は、ビーフハートが創造したロック史に燦然と輝く奇跡の傑作であり、その評価は千年経とうが変わることはない。

■近所に住んでいたふたりの天才ミュージシャン

フランク・ザッパ(1)は、1993年12月にこの世を去った唯一無二の天才アーティストだ。ザッパは高度な音楽的素養と技術力をもとに、現代音楽からヘヴィメタルに至るまでのさまざまな音楽スタイルを自由自在に操りながら、自身の多彩な音楽表現を行なってきた。あえて流行には背を向け、最高の音楽を追究するためだけに活動してきた孤高のミュージシャンである。彼の音楽の底部にあるのは、本物のロック(パンク)スピリット。66年にデビューしてから逝去するまでに発表したアルバムは60枚以上にものぼり、通常のロックミュージシャンと比べるとその多さは桁違いだと言える。

キャプテン・ビーフハートことドン・ヴァン・ブリートは、幼少の頃から芸術家を目指していて、高校生の頃に近所に住むザッパと知り合う。彼らはふたりともブルースやR&Bが好きで、しょっちゅうお互いの家を行き来しレコードを聴きまくり、一緒に音楽活動をスタートさせたのもこの時期である。おそらく、この時期のふたりの密度の濃い結び付きが後の音楽的素養を決定付けたのだと思われるが、天才的な才能を持ったふたりが近所にいて、お互いを高め合うことができたことは奇跡だと言える。ちなみに、キャプテン・ビーフハートという名前は、この頃にザッパが付けたものである。

ふたりとも間違いなく天才であるが、ザッパが高度な音楽的素養を身に付けているのに対し、ビーフハートは感性と直感で勝負するタイプ。ちょっと古いが、野球選手で言えば、王貞治と長嶋茂雄のような存在なのだ。それだけに、このふたりがお互いをリスペクトしつつ共同作業をすれば、完璧な作品が生み出される可能性は極めて高くなるはずだ。そして、本当にふたりが団結して生み出した『トラウト・マスク・レプリカ』は、ロック史上稀に見るほどの傑作となったのである。

■マジック・バンドの活動

自身のグループ、マジック・バンドを結成したビーフハートは、ハウリン・ウルフ(2)を思わせるダミ声で評判を呼び、大手レコード会社と契約することになった。『セイフ・アズ・ア・ミルク』と題されたデビューアルバムは65年にリリース、すでに既成のロックの枠には収まらない、パンクスピリットに満ちた独創的な音楽で勝負している。ここでは敬愛するブルースやフォークの本質を濃縮してから解体、新たに再構築するというビーフハート独自の方法論が確立していて、今後この手法をより大胆に深化させていく。

2ndアルバムの『ストリクトリー・パーソナル』は68年にリリースされた。ただ、この作品においては、あろうことか彼がツアーに出ているさなか、プロデューサーが勝手にエフェクト処理等(当時流行したサイケデリックロックっぽく加工)を加えるなど、ビーフハートの意向を無視しただけにビーフハートは激怒、このプロデューサーとは絶縁している。こういう制作方法って今では当たり前だが、当時はミュージシャンの意向が尊重されていた良き時代だったのだ。ちなみにこのプロデューサーはボブ・クラスノウで、彼はロックやソウルで大きな業績を残した名プロデューサーである。彼ほどのプロデューサーであっても、ビーフハートの天才には及ばなかったのかもしれない。

■『トラウト・マスク・レプリカ』について

さて、前作の《勝手にリリース》問題で、レコード会社やプロデューサーとの確執が発生し、その作業に追われることになる。ビーフハート隊長とマジック・バンドは時間を見つけてはリハに専念していた。ビーフハートは旧友のザッパにも相談し、次作のアイデアを練っていた。彼はリハを繰り返してグループがまとまることで、音楽の活きの良さが失われると判断、メンバーの入れ替えを行なう。特に新メンバーのベーシスト、ロケット・モートンはベースを始めたばかりの素人に近いミュージシャンであった。

最終的にプロデュースはザッパが引き受けることになり、発売もザッパの設立したストレイト・レコードに決まった。収録曲は全28曲、発売当時はLP2枚組の大作である。本作にはパンクの原型となるもの、プログレ、ジャズロック、ブルースロック、サイケデリック、フリージャズ、現代音楽、実験音楽、前衛音楽、ラップ、ファンク、ノイズ、民族音楽など、ジャンルを超えたロックスピリットのエッセンスが、79分にもわたってぎっしり詰まっている。

アルバム制作前にはグループのメンバーと9カ月近くにも及ぶリハを行ない、完璧な形にまで仕上げていたので、レコーディングはほとんどの曲がワンテイクでオッケーとなり、レコーディングに要した時間(ミキシングも含めて)は丸一日ほどだったという。

ザッパは、マジック・バンドの面々が、リハーサル合宿でビーフハートの難曲に挑むという、ストイックかつ人並み外れた集中力に感動し、自身の音楽制作の見直しを図ったと言うぐらいリハーサルは過酷であったが、ふたりの天才が生みだした『トラウト・マスク・レプリカ』は紛れもない傑作であり、この先も永遠に語り継がれ、後進に影響を与え続けていくだろう。

■本作と似たサウンド

それにしても、これほど独創的なサウンドが他にあるだろうか。僕は個人的にパンクロックの最高傑作として、コンピレーションの『ノー・ニューヨーク』(‘79)を挙げるが、サウンド的には本作とかなり類似性があると思う。もちろん『ノー・ニューヨーク』が本作の影響を受けているのだが、類似した音作りができたというだけでも尊敬に値すると僕は考える。

アルバムの随所に登場するビーフハートのフリーキーなサックスの音色は、フリージャズのアルバート・アイラーや一時期のエリック・ドルフィーに似ていて、彼がそういった前衛ジャズに惹かれていたことは想像できる。また、ヘンリー・カイザー、フレッド・フリス(3)、ユージーン・チャドボーンといったジャンルにとらわれない優れたミュージシャンたちは、間違いなく本作に多大な影響を受けている。彼らとビーフハートの最も大きい類似点は、みんな最高のミュージシャンであるにもかかわらず売れないってことかもしれない…。

(1) フランク・ザッパ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%82%AF%E3%83%BB%E3%82%B6%E3%83%83%E3%83%91

(2) ハウリン・ウルフ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%8F%E3%82%A6%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%82%A6%E3%83%AB%E3%83%95

(3) フレッド・フリス
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AC%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%95%E3%83%AA%E3%82%B9

【関連アーティスト】
Captain Beefheart And The Magic Band
【ジャンル】


BLUE ENCOUNTの新曲「だいじょうぶ」が『CDTV』6・7月度OPテーマに決定
Fri, 20 May 2016 20:00:00 +0900
BLUE ENCOUNT (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが6月29日にリリースする新曲「だいじょうぶ」がTBS系『CDTV』6・7月度オープニングテーマに使用されることが決定した。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

「だいじょうぶ」は、ブルエンがリスナーの背中を全力で押す思いを歌い上げる、彼らならではのシンプルで力強いメッセージソング。現在行なわれている対バンツアー『TOUR2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと〜』でも披露され、すでに大変な盛り上がりを見せているだけにファンにとっては非常に嬉しいニュースだ。10月9日に行なわれる初の武道館ワンマン公演『LIVER\'S 武道館』へ向けて、是非チェックしよう。

■TBS系『CDTV』公式サイト
http://www.tbs.co.jp/cdtv/

■【ライブ情報】

『TOUR2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと〜』
5月25日 (水) 千葉 LOOK
対バン→ キュウソネコカミ
5月26日 (木) 神奈川 横浜 BAY JUNGLE
対バン→ キュウソネコカミ
5月31日 (火) 茨城 水戸 LIGHT HOUSE
対バン→ 9mm Parabellum Bullet
6月04日 (土) 北海道 帯広 STUDIO REST
対バン→ THE ORAL CIGARETTES
6月05日 (日) 北海道 旭川 CASINO DRIVE
対バン→ THE ORAL CIGARETTES
6月07日 (火) 北海道 札幌 cube garden
対バン→ THE ORAL CIGARETTES
6月11日 (土) 宮城 仙台 HooK
対バン→ TOTALFAT
6月12日 (日) 岩手 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
対バン→ TOTALFAT
6月14日 (火) 新潟 CLUB RIVERST
対バン→ グッドモーニングアメリカ
6月15日 (水) 長野 LIVE HOUSE J
対バン→ グッドモーニングアメリカ
6月17日 (金) 富山 SOUL POWER
対バン→ Northern19 / go!go!vanillas
6月18日 (土) 石川 金沢 vanvan V4
対バン→ go!go!vanillas
6月21日 (火) 岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
対バン→ Fear, and Loathing in Las Vegas
6月22日 (水) 広島 CAVE-BE
対バン→ Fear, and Loathing in Las Vegas

『TOUR2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと。熊本ワンマンてや?そりゃよかばい!〜』
6月30日 (土) 東京 新木場STUDIO COAST
7月06日 (土) 名古屋 ElectricLadyLand
7月07日 (土) 大阪 BIGCAT
7月10日 (土) 熊本 熊本B.9 V1

『BLUE ENCOUNT LIVE<LIVER\'S 武道館>』
10月09日(日) 東京 日本武道館

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
BLUE ENCOUNT、新アー写&武田双雲が題字を手がけた新曲ジャケ公開
BLUE ENCOUNT、新曲「だいじょうぶ」がTOKYO FMにて最速オンエア決定
恒例の「MEET THE WORLD BEAT」、今年はコブクロ、flumpool、高橋優ら10組が出演!

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

福岡のアイドルグループ・HRがメジャー3rdシングル詳細を一挙解禁
Fri, 20 May 2016 19:30:00 +0900
HR (okmusic UP\'s)

博多発のアイドルグループ・HR(エイチアール)が6月22日(水)にリリースする3rdシングル「待っとうよ!」のキービジュアル、ジャケット写真を解禁した。

【その他の画像】HR

今作は「夏・博多・お祭り」をテーマにしたアップテンポナンバー。メンバーの衣装も「お祭り」をキーワードにこれまでとは趣を変え、ハッピを取り入れた。ハッピの胸元には、地元福岡の球団をイメージさせる、鷹と蜂がプリントされているのも注目だ。またTYPE-AのCDジャケットは「飛び出す山笠盤」と呼ばれる世界最高(?)の特殊仕様。こちらは開封するまでのお楽しみ!

そして、同時にMVも公開された。こちらは、全編博多ロケで歌詞に出てくる博多の名所での撮影となった。博多の街で神輿を担いだり、ダンスをしたり、元気に躍動するメンバーも必見のMVに仕上がっている。

今作の発売を記念し、リリースイベントの開催も決定。今週末は関東で、その後もリリースに向けて各地で多数開催される。メンバーに会える貴重なチャンスだ。情報は日本コロムビアのHR特設サイトで随時更新されるので、ぜひチェックしよう。

■日本コロムビア HR特設サイト
http://columbia.jp/HR/index.html

■「待っとうよ!」MV
https://www.youtube.com/watch?v=5OieC0B5AbU

■シングル「待っとうよ!」

2016年6月22日発売
【TYPE-A(飛び出す山笠盤)】(CD+DVD)
COZA-1080/1081/¥2,315+税
<収録内容>
■CD
1.待っとうよ!
2.星屑ミュール
3.ヒカリの先へ
4.ギュッとなる
5.待っとうよ!(Instrumental)
6.星屑ミュール(Instrumental)
7.ヒカリの先へ(Instrumental)
8.ギュッとなる(Instrumental)
■DVD
1.待っとうよ! Music Video
2.待っとうよ! Music Video Making

【TYPE-B】(CD)
COCA-17128/¥1,111+税
<収録内容>
1.待っとうよ!
2.星屑ミュール
3.待っとうよ!(Instrumental)
4.星屑ミュール(Instrumental)

【TYPE-C】(CD)
COCA-17129/¥1,111+税
<収録内容>
1.待っとうよ!
2.ヒカリの先へ
3.待っとうよ!(Instrumental)
4.ヒカリの先へ(Instrumental)

【TYPE-D】(CD)
COCA -17130/¥1,111+税
<収録内容>
1.待っとうよ!
2.ギュッとなる
3.待っとうよ!(Instrumental)
4.ギュッとなる(Instrumental)

■【イベント情報】

5月21日(土) タワーレコード TOWERmini汐留店
時間:13:00 / 15:00
5月21日(土) タワーレコード池袋店 6F特設イベントスペース
時間:19:30
5月22日(日) ららぽーと柏の葉 2Fセンタープラザ
時間:13:00 / 15:00 / 17:00

【関連リンク】
HR オフィシャルHP
HRが2ndシングル「トイ・ソルジャー」のジャケット&MVを公開
HR、11月4日(水)にメジャー2ndシングル「トイ・ソルジャー」発売決定
バンドじゃないもん!、再メジャーデビュー当日に赤坂BLITZにてワンマンライブを開催

【関連アーティスト】
HR
【ジャンル】
女性アイドル

MUCC、新作のリリースを延期するにあたり11時間半ニコ生&東阪"お詫び"握手会を実施
Fri, 20 May 2016 19:00:00 +0900
MUCC (okmusic UP\'s)

先日、MUCCが6月8日にニューシングルをリリースする事が伝えられたが、そのリリースが急遽6月15日へ1週延期となる事が発表された。

【その他の画像】MUCC

リリースの延期に対して、ムックの日(6月9日)にニューシングル発売延期謝罪ニコ生690分特番「MUCC QUEST VI 〜天空のお兄さん〜」を放送することが決定。MUCCのバンド名にかけた"690分(11時間半)"の長時間番組となる予定だ。こちらのニコニコ生放送の中で、メンバーの口から今回のリリース延期の真相も語られるとの事。詳細は後日発表されるとの事で、ぜひ期待して待っていてほしい。

また、ニューシングルの商品概要も解禁された。気になるシングルのタイトルは「ハイデ」。"エリカ"という「荒野」の意味を持つ花をドイツ語で表したもの(イギリスではヒース“Heath"と呼ばれる)で、風の吹きすさぶ荒野に自生する姿から「孤独」という花言葉がつけられている。

サウンド面に関して、今回はプロデュースにKen(L\'Arc-en-Ciel)、アレンジに田中義人(M1のみ)を迎え、制作された。表題曲の「ハイデ」はLIVEでの一体感が想像出来、なおかつポップなメロディに儚さを感じさせる歌詞がMUCCらしい1曲となっている。CDは新録曲を4曲、うち1曲は先日AKi(シドのベーシスト・明希のソロ名義)とのDOUBLE HEADLINE TOUR 2016「M.A.D」でも披露されていた「JOKER」を収録。初回生産限定盤DVDにはDOUBLE HEADLINE TOUR 2016「M.A.D」での「JOKER」の模様が収録されており、各メンバーに焦点を絞った映像と音で編集した作品も収録されているので色々な楽しみ方が出来る内容になっている。

そして今回のビジュアルワークも解禁。アートディレクターを務めたのはBUCK-TICKやLUNA SEA、THE MAD CAPSULE MARKETSなどのビジュアルワークやジャケットのデザインを数多く手掛けるサカグチケン。ジャケットは"蜂"をモチーフに、時には人を殺してしまう凶暴さを表すものとして提示される反面、ミツバチなどの可愛さの表現としても使われる蜂の表裏一体感を描いている。

このニューシングル「ハイデ」の購入者を対象に発売延期に対してメンバーからの"お詫び"の気持ちも込められた、東京、大阪での握手会の開催も決定。東京は6月18日(土)、大阪は6月19日(日)に開催される。シンプルな握手会はMUCCとしては初めての開催となる。

6月からは全国ツアー「MUCC TOUR 2016 GO TO 20TH ANNIVERSARY 孵化 -哀ア痛葬是朽鵬6極志球業シ終T-」を開催するMUCC。既にSOLD OUTしている会場もあるため、ぜひ早めにチケットをゲットしてほしい。

■ニューシングル発売延期謝罪ニコ生690分特番!「MUCC QUEST VI 〜天空のお兄さん〜」

実施時間:6月9日(木)20:00〜6月10日(金)7:30
※計690分(11時間半)予定
※内容に関しまして、一部変更の可能性もございます。あらかじめご了承ください
※視聴URLなど詳細は後日発表

■『MUCC:リリース延期トーク&お詫び握手会』

6月18日(土) 東京
6月19日(日) 大阪
※CD購入者を対象に実施
※会場、参加方法や詳細時間などは後日発表

【関連リンク】
MUCC オフィシャルHP
MUCC、6月にニューシングルを発表
MUCCとAKi、ツアー『M.A.D』ファイナル公演にKenの出演が決定
MUCC×AKiの全国ツアーファイナル公演がLIQUIDROOMにて開催決定

【関連アーティスト】
MUCC
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

MERRY、テツ(B)完全復帰ライブを収録した映像作品のアートワークを解禁
Fri, 20 May 2016 18:45:00 +0900
DVD『NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階- 2016.2.7 EX THEATER ROPPONGI』【初回生産限定盤】(2DISC) (okmusic UP\'s)

今年2月に開催されたEX THEATER ROPPONGIでの単独公演の模様をくまなく収録した映像作品『NOnsenSe MARkeT FINAL -最終階- 2016.2.7 EX THEATER ROPPONGI』を6月22日(水)に発表するMERRY。そのカヴァー・アートワークが解禁された。

【その他の画像】MERRY

アルバム表題曲「NOnsenSe MARkeT」のミュージックビデオの中で強烈なインパクトのあるビジュアルとファイナル公演のメンバーの1シーンとを融合したカヴァーは“MERRYの生き様”を示す力強く、どこか哀愁感漂う仕上がりになっている。また、カヴァーの中では、ガラ(Vo)が放つ勢いとオーラもさることながら、このライブで完全復帰を果たしたテツ(B)の姿が印象的だ。

何かと世間を賑わせる“不倫”に溺れる女心を唄い上げた最新シングル『平日の女』、「目の前の人達を幸せにしたいだけ」とストレートな想いをぶつける『Happy life』から、活動初期の人気楽曲まで全25曲を収録する今作は、15周年を迎えるMERRYの姿をしっかりとパッケージした永久保存版作品になること間違いなし! ツアーダイジェスト映像やメイキング、また臨場感のあるマルチ・アングルを収録した特典ディスク付の初回生産限定盤は数量限定アイテム。気になる人は早めに予約しよう。

MERRYは現在、「平日のMERRY」と題した特別なライブを渋谷duo MUSIC EXCHANGEにて開催中。各メンバーが完全プロデュースするこのライブは、ゾンビメイクで臨んだガラ(Vo)DAY、ライブ中に動画・写真撮影可能タイムを設けた結生(G)DAY、2009年の“〜TOUR09 under-world [BURST]〜”を彷彿とさせた健一(G)DAYを終え、5月24日(火)にはテツプロデュースの完全着席型ライブ、5月31日(火)はネロによる"ライブハウスは法廷だ!セットリスト裁判!"と題された謎めいたライブを控えている。普段とはまた異なるMERRYを体験したいそこのアナタ。是非とも、会場に足を運んでいただきたい。

■「平日のMERRY」

「平日のテツ 〜漆黒仮面密会〜」
5月24日(火) 東京 渋谷duo MUSIC EXCHANGE
※ドレスコード有り

「平日のネロ 〜ライブハウスは法廷だ!セットリスト裁判!〜 」
5月31日(火) 東京 渋谷duo MUSIC EXCHANGE

※終了分は割愛

【関連リンク】
MERRY オフィシャルHP
MERRY、テツ(Ba)復帰公演を収録したDVDを6月22日にリリース
MERRY、メンバーが提案する異色プロデュースライヴを5月に開催
lynch.、MERRYも出演した「原田祭」に鬼龍院 翔がシークレットゲストで登場

【関連アーティスト】
MERRY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

アンダーグラフ出演のLIVEHOUSE shinjuku SAMURAIこけら落としイベントのOAがTake my umbrellaに決定!
Fri, 20 May 2016 18:00:00 +0900
Take my umbrella (okmusic UP\'s)

6月11日(土)にオープンするLIVEHOUSE shinjuku SAMURAIでは、アンダーグラフによるこけらおとしイベントを開催。それに伴い当イベントのオープニングアクトを公募。一般投票とライヴハウススタッフによる審査の結果、Take my umbrellaに決定した。

【その他の画像】アンダーグラフ

本企画は、「若く勢いがあるアーティスト」の出演を希望する店舗の要望から実現したもので、アーティストによるエントリーを募っていたもの。Take my umbrellaは、都内を中心に活動中の4人組ギターロックバンドで、今回の一般投票では全体の約33パーセントの得票率と断トツ。また、あわせて行なわれたライヴハウススタッフによる審査によりオープニングアクト出演が決定した。

LIVEHOUSE shinjuku SAMURAIは6月11日(土)にオープン予定。アンダーグラフによる当公演はすでにソールドアウトしているが、オープニングアクトの決定により、さらなる盛り上がりを見せそうだ。

■アンダーグラフ オープニングアクト募集特設ページ
http://okmusic.jp/events/samurai

■『新宿SAMURAI GRAND OPENING LIVE featuring アンダーグラフ』

6月11日(土) 東京・新宿SAMURAI
open 17:30 / start 18:00
出演者:アンダーグラフ
OA:Take my umbrella

【関連リンク】
アンダーグラフ出演ライヴのOAを決める投票がスタート! 投票者の中から抽選でライヴの招待も!
本日エントリー最終日! アンダーグラフ出演ライヴのオープニングアクト募集!
アンダーグラフ出演ライヴのオープニングアクト募集企画、エントリー終了まで残り2日!
チケットソールドアウト! アンダーグラフが出演するライヴのオープニングアクトを募集中

【関連アーティスト】
アンダーグラフ, Take my umbrella
【ジャンル】
J-POP

SION、未発表音源・映像を収録したデビュー30周年記念オールタイム・ベストの全貌を発表
Fri, 20 May 2016 18:00:00 +0900
アルバム『30th milestone』 (okmusic UP\'s)

1986年のメジャーデビューから30周年を迎えたSIONが6月22日に発売するオールタイム・ベスト『30th milestone』の全貌を公開した。

【その他の画像】SION

既に30周年記念限定盤・通常盤共通となるDISC-1&2の収録曲全35曲は先行して公開されているが、LPサイズのBOX仕様となる30周年記念限定盤の外装写真と、限定盤のみ付くことになる特典DISC-3とDISC-4(DVD)の収録内容も一挙に発表となり、更にDISC-4の特典DVDより、トレーラー映像も併せて公開となった。

まず、DISC-3にはメジャーデビュー4日前となる1986年6月17日渋谷ライブ・インで行なわれた貴重なライブ音源をほぼ完全収録。全15曲中2曲を除いては未発表音源となる。「みんな50cmずつ下がってください。このままじゃ演奏が続けられません」という鬼気迫る主催者の生々しいアナウンスまで収録。

またDISC-4に収録される映像は1986年2月28日渋谷ライブ・イン(1986年2月)・汐留PIT(1988年5月)・NISSIN POWER STATION(1989年3月2日)といった初期のライブ映像の数々、恒例となった日比谷野外音楽堂での2010〜2015年のライブから厳選されたライブ映像、そしてミュージックビデオなどトータルタイム約100分に及び、こちらも多数の未発表映像が収録される。

SIONのベストアルバムでレコード会社の枠を超えて編成されたのは2001年に東芝EMI(当時)よりリリースされた『俺の声』(2枚組)以来となり、今作は、その後BMG(当時)時代、自主制作時代を経て、2010年再びテイチクに戻ってからリリースされたアルバム『燦燦と』(2010年)から『俺の空は此処にある』(2015年)までの全ての時代をまとめたオール・タイムベストとなり、CDは全曲リマスタリングされたSHM−CD。ジャケット写真(限定盤・通常盤共通)はデビュー当時の写真となる。

また限定盤に入るLPサイズの20ページのブックレットには、“初だし“の貴重な写真も含む各時代の写真が満載、本人のコメントも寄せられている。尚、30周年記念限定盤を予約するともれなくSION特製バンダナをプレゼント。期間は5月末日までとなる。

■アルバム『30th milestone』特典DVDトレーラー映像
https://youtu.be/efo3K58FVfs

■アルバム『30th milestone』

2016年6月22日(水) 発売
【30周年記念限定盤】(3CD+DVD)
TECI-1500/¥10,000+税
※35曲のスタジオ音源(Disc-1、Disc-2)とデビュー前の貴重なライブ音源15曲(Disc-3)、そして未発表映像を含むライブ映像とビデオクリップを合わせて20曲収録した特典DVD(Disc-4)、 音源、映像合わせて全70曲収録。
※全曲リマスタリング
※LPサイズ・スペシャルケース入り(シリアルナンバー入り)永久保存版
※LPサイズ歌詞&フォトブック(20P)封入
【通常盤】(2CD)
TECI-1503/¥3,000+税
※35曲のスタジオ音源(Disc-1、Disc-2)収録
※全曲リマスタリング
※歌詞ブック封入

<収録曲目>
■Disc-1 
01. 新宿の片隅から(「SION」/1986年) 
02. 俺の声(「新宿の片隅で」/1985年)
03. SORRY BABY(「SION」/1986年)
04. 風来坊(「風来坊」/1987年)
05. 12月(「春夏秋冬」/1987年)
06. このままが(「春夏秋冬」/1987年)
07. サイレン(「SIREN」/1988年)
08. カーテン(「Strange But True-Strange side」/1989年)
09. 記憶の島(「Strange But True-True side」/1989年)
10. 夜しか泳げない(「夜しか泳げない」/1990年)
11. 12号室(「夜しか泳げない」/1990年)
12. 夢を見るには(「かわいい女」/1991年)
13. 蛍(「蛍」/1992年)
14. 月が一番近づいた夜(「I DON\'T LIKE MYSELF」/1993年)
15. ありがてぇ(「I DON\'T LIKE MYSELF」/1993年)
16. 彼女少々疲れ気味(「SION 10+1」/1994年)
17. 金魚(「抱きしめて」/1995年) 
■Disc-2 
01. がんばれがんばれ(「フラフラ」/1997年)
02. 通報されるくらいに(「SION comes」/1998年)
03. お前がいる(「SION comes」/1998年)
04. 薄紫(「DISCHARGE」/1999年)
05. 砂の城(「好きな時に跳べ!」/2001年)
06. 雪かもな(「UNIMELTY FLOWERING」/2002年)
07. キャスト(「ALIVE ON ARRIVAL」/2003年)
08. ガラクタ(「ALIVE ON ARRIVAL」/2003年)
09. たまには自分を褒めてやろう(「東京ノクターン」/2005年)
10. 夏の終わり(「東京ノクターン」/2005年)
11. マイナスを脱ぎ捨てる(「20th milestone」/2007年)
12. Hallelujah(「住人〜jyunin〜」/2008年)
13. 鏡雨(「鏡雨〜kagamiame〜」/2009年)
14. お前の空まで曇らせてたまるか(「鏡雨〜kagamiame〜」/2009年)
15. 燦燦と(「燦燦と」/2010年)
16. 気力をぶっかけろ(「Kind of Mind」/2012年)
17. 後ろに歩くように俺はできていない(「不揃いのステップ」/2014年)
18. ONBORO(「俺の空は此処にある」/2015年)
■Disc-3
SION LIVE 1986 at SHIBUYA LIVE INN
(収録:1986年6月17日 渋谷ライブ・イン)  
1. 風向きが変わっちまいそうだ
2. やるせない夜
3 . コンクリート・リバー
4. 春夏秋冬
5. ハード・レイン
6. ダーリン
7. SORRY BABY
8. TONIGHT
9. 俺の声
10. レストレス・ナイト
11. はやく慣れることさ
12. ハングリー・ナイト
13 . 街は今日も雨さ
14. KNOCK ON THE HEART
15. クロージング・タイム
※M-8,M-10以外は未発表音源
■Disc-4
SION LIVE & CLIPS (DVD)
RARE LIVES
1986年2月28日 渋谷ライブ・イン
M1.風向きが変わっちまいそうだ★
M2.俺の声
M3.12月
1988年5月29日 汐留PIT
M4. バラ色の千鳥足★
M5. パニック
M6. ノスタルジア★
1989年3月2日 NISSIN POWER STATION*音声はモノラルです
M7.もの悲しい風★
M8.こんな大事な夜に★
M9.カーテン★
-STRANGE CLIPS-
M10.春夏秋冬
M11.サイレン
M12.元気か?
M13.水の中にいるようだ
-SION-YAON with THE MOGAMI 2010>2015-
M14.住人(SION-YAON 2010)
M15.遊ぼうよ(SION-YAON 2010)
M16.どけ、終わりの足音なら(SION-YAON 2011)
M17.コンクリート・リバー(SION-YAON 2013)
M18.月が一番近づいた夜(SION-YAON 2014)
M19.お前の空まで曇らせてたまるか(SION-YAON 2015)
M20.このままが(SION-YAON 2015)
※★は未発表映像

■「SION-YAON 2016 with THE MOGAMI 〜Major Debut 30th Anniversary〜」

8月11日(木・祝)  日比谷野外大音楽堂
開場 17:00 / 開演 18:00
出演:SION with THE MOGAMI(池畑 潤二 / 細海 魚 / 藤井 一彦 / 清水 義将)
※雨天決行

【関連リンク】
SION オフィシャルHP
デビュー30周年を迎えるSIONの衝撃のデビューアルバム『SION』
SION、約2年振りの3ピース編成でのツアーが終幕&オールタイム・ベストの発売が決定
SION、宅録盤シリーズ第8弾を6月リリース

【関連アーティスト】
SION
【ジャンル】
ジャパニーズロック

【連載コラム】稚菜、オフコースの「愛を止めないで」をカバー
Fri, 20 May 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。
第54回目のコラムになります。


今日の一曲はオフコースの「愛を止めないで」
ドラマ「OUR HOUSE」の主題歌。
私の大好きな大尊敬する小田和正さんの曲です。
この曲も小さい頃からずっと知って聴いていたけれど、
今こうして少し大人になって聴くとまた更に言葉が心に刺さってくる。
是非聴いて頂けたらと思います。
https://www.youtube.com/watch?v=iL7uaKkLzpQ&feature=youtu.be

友達、恋人、家族。
最近人との距離の取り方ってたまに凄く難しいと思う事がある。
自分の思い通りにいくものなんて何一つない。
育った環境が全く同じ人なんていないのだから、考え方も性格も違うのは当たり前の事だ。
それは分かっているのに、自分は本当はこうじゃないのに…とか分かって欲しい…とかそんな事を思う時もある。
きっと逆もまた然り。
私もきっと思われている時もあると思う。
色々考え過ぎもよくないのかもしれないけれど、
対人だからちゃんと相手の事も考えなきゃいけない様な気もする。

やっぱり非常に難しい。

人に対して初対面からフレンドリーに接する事が出来る人もいれば、
自分からはあまり近づけない人もいる。
私は人と話すのが好きだから相手からも気軽に接して欲しいタイプではあるけれど、
いきなり人の心に土足で入り込んでくる様なタイプは少し苦手だ。笑
あとは、一人でいたい時、そっとしておいて欲しい時に限って「どうしたの?何かあったの?」とか、聞かれる時。
もちろん心配して言ってくれているのは十分分かるのだけれど放っておいてくれ、となってしまう。
私は自分の悩みを人に相談するのが苦手であまりしたくないタイプ。
弱音を吐いたら何だか自分の力で立てなくなってしまいそうで怖いから。
ギリギリまで自分でやれるとこまでやってみよう、と思うのだ。
だから、本当に苦しくて耐えられなくなった時にやっと初めて自分から人に話す。
…完全に私の我が儘です。笑
でも昔からの周りの友達はそんな私の我が儘な性格が分かっているからか、
私が何も言わない時は黙って待っていてくれるし、話したらじっくり聞いてくれる。
本当にこんな性格を分かってくれるとはね、ありがたい限りですよ。笑
何が言いたいかって、自分が思う人との付き合い方を相手に押し付けるだけじゃなく、
対人としてちゃんと相手の事を考えるべきなんだなって。
人それぞれだからこそ、全員同じ付き合い方じゃダメですよね。
それで結局、自分と合わない人もいると思う。
それはもちろん仕方がない事だけれど、まずはちゃんと人を観る事をしたいなって思います。
ここ最近人との付き合い方を考えながら、
ふと改めて自分の周りの友達に感謝をした瞬間なのでした。

【関連アーティスト】
小田和正, オフコース, 稚菜
【ジャンル】


大原櫻子、6月29日に待望の2ndアルバム『V(ビバ)』をリリース
Fri, 20 May 2016 17:00:00 +0900
大原櫻子 (okmusic UP\'s)

大原櫻子が待望の2ndアルバム『V(ビバ)』を6月29日(水)にリリースすることを発表した。

【その他の画像】大原櫻子

2枚目のアルバムとなる今作は、2015年7月リリース「真夏の太陽」、『映画ちびまる子ちゃん』挿入歌となった11月リリース「キミを忘れないよ」、そしてコロプラ『白猫プロジェクト』CMソングの2016年6月1日リリース「大好き」を含む、計13曲を収録。初回限定“VIVA盛盤"、初回限定“ミラクルミラー盤"、通常“VIVA盤"の3形態のリリースとなり、初回限定“VIVA盛盤"、初回限定“ミラクルミラー盤"にはそれぞれ内容が異なるDVDが付属する。初回限定“VIVA盛盤"のDVDには昨年11月12日に開催された「大原櫻子 2nd TOUR 2015 AUTUMN〜秋櫻タルトを召し上がれっ☆〜」@Zepp DiverCity (TOKYO)のツアーFINAL公演を完全収録し、更にはブックレットが付属するといった正に“ビバ盛り"の豪華内容となる。初回限定“ミラクルミラー盤"DVDの内容は後日発表となる。5月20日より各オンラインや販売店での予約がスタートし、収録曲等の詳細も後日発表となるので、お楽しみに。

そして、6月1日発売のシングル「大好き」には、発売を記念した購入者抽選トークイベント(東京・名古屋・大阪)への参加応募シリアルコードも封入されるが、そのイベント詳細が発表となった。内容はトーク&2ndアルバム先行試聴となり、応募者全員にオリジナル壁紙がプレゼントされる。いち早く2ndアルバムを聴くことができる貴重な機会なので、是非5thシングル「大好き」を購入して、奮って応募してほしい。

■アルバム『V(ビバ)』

2016年6月29日(水)発売
【初回限定“VIVA盛盤"】(CD+DVD+ブックレット)
VIZL-994/¥5,278+税
【初回限定“ミラクルミラー盤"】(CD+DVD)
VIZL-995/¥3,889+税
【通常“VIVA盤"】(CD)
VICL-64595/¥3,000+税
<収録曲>
■CD
2015年7月リリース「真夏の太陽」
2015年11月リリース「キミを忘れないよ」
2016年6月1日リリース「大好き」を含む計13曲を収録
■初回限定“VIVA盛盤"DVD
大原櫻子 2nd TOUR 2015 AUTUMN〜秋櫻タルトを召し上がれっ☆〜@Zepp DiverCity(TOKYO)初の完全収録!
真夏の太陽
My Way
オレンジのハッピ−ハ口ウィン
Glorious morning
ちっぽけな愛のうた
Dear My Dream

Special day
のり巻きおにぎり
キミを忘れないよ
明日も
READY GO!
Happy Days
-アンコール-
おどるポンポコリン
サンキュー。
■初回限定“ミラクルミラー盤"DVD
内容未定
※詳細後日発表

【関連リンク】
大原櫻子 オフィシャルHP
大原櫻子、色彩豊かで壮大な「大好き」MV公開
大原櫻子、「トレモロレイン」MV&特典内容を解禁!
大原櫻子、武道館を含む自身最大規模の全国ツアーを開催&ちょっぴり大人な新ビジュアル公開

【関連アーティスト】
大原櫻子
【ジャンル】
J-POP

Bentham、4枚目となるEPのアートワーク公開&初の全国ワンマンツアー開催を発表
Fri, 20 May 2016 16:00:00 +0900
EP「ExP」 (okmusic UP\'s)

Benthamが7月6日にリリースするEP『ExP』のジャケットとアーティスト写真を公開した。

【その他の画像】Bentham

今回のEPのテーマでもある「経験値」を軸に、ジャケットは7曲それぞれのイメージを重ねて「経験値」の結晶を描いた物に。アーティスト写真は、「経験値」を手に入れたメンバーがレベルアップして、大きなステージに挑む第一歩を踏み出す瞬間を切り取っている。

また、この『ExP』を提げてのバンド史上初の全国ワンマンツアーの詳細も発表された。4月30日(土)に東京・UNITで行なわれたBentham初のワンマンライブは、500キャパに対して応募が5000枚あったので、今回のツアーもチケットの争奪戦が予想される。チケットをいち早くゲットしたい方は、5月22日(日)12:00より開始されるオフィシャルHP先行受付を要チェックだ!

■Bentham全国ワンマンツアー「Get the ExP 〜ベンサムがあらわれた!ライブにきてほしそうにこっちをみている〜」

9月02日(金)  下北沢SHELTER
9月08日(木)  福岡Queblick
9月10日(土)  広島BACK BEAT
9月11日(日)  岡山ペパーランド
9月13日(火)  高松DIME
9月21日(水)  新潟CLUB RIVERST
9月27日(火)  仙台LIVE HOUSE enn 2nd
10月20日(木)  名古屋APOLLO BASE
10月22日 (土) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
10月27日(木)  恵比寿LIQUIDROOM

<チケット>
前売:オールスタンディング ¥3,000(ドリンク代別途必要)
一般発売日:7月16日(土)
オフィシャルHP先行受付:5月22日(日) 12:00〜5月29日(日) 23:00
http://eplus.jp/bentham-hp/

【関連リンク】
Bentham オフィシャルHP
アカシック、Benthamを対バンに迎えて全国ツアー初日が終了
Bentham、初のワンマン公演が大盛況
Bentham、頑張る人に届ける応援歌「ExP」を今夏リリース

【関連アーティスト】
Bentham
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BUMP OF CHICKEN、結成20周年記念SPライブの模様を映像作品化決定
Fri, 20 May 2016 15:00:00 +0900
BUMP OF CHICKEN (okmusic UP\'s)

BUMP OF CHICKENがバンド結成20周年記念日である2016年2月11日に開催したスペシャルライブの模様をパッケージ化。『BUMP OF CHICKEN結成20周年記念Special Live「 20 」』として、7月13日にリリースすることが決定した。

【その他の画像】BUMP OF CHICKEN

現在、総動員数が30万人に迫る全国ツアー「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 “BFLY"」を実施中のBUMP OF CHICKEN。2月10日にリリースしたアルバム『Butterflies』は、2月22日付けのオリコンウィークリーランキングで初登場1位を記録し、現在もセールスを伸ばしている。結成20年を経てなおファン層を拡大し続けている彼らが、応募総数30万の激戦を勝ち抜いて会場に集まった2万5000人の観客と一緒にバンドの成人式をお祝いした様子が早くも映像作品として楽しめる。

この日のライブでは、2001年リリースの代表曲「天体観測」から始まり、ライブ初披露となった名曲「ベル」、久しぶりにライブで披露された「ナイフ」「ロストマン」、最新アルバム『Butterflies』のリード曲「Butterfly」、バンド結成期に制作された楽曲「BUMP OF CHICKEN のテーマ」といった彼らの軌跡を振り返るようなセットリストを展開。本作には、この日演奏されたナンバーをダブルアンコールの「DANNY」を除いて全編収録する。また、初回限定盤には、当日の模様を音で楽しめるライブCDを同梱するほか、豪華仕様のケースとフォトブックレットも付属する。まさにライブ当日の熱気を肌で感じられるパッケージだと言えよう。

本作の予約特典としては、店舗別絵柄のB2サイズオリジナルポスターを用意。絵柄はTOWER RECORDS、 HMV、TSUTAYA RECORDS、Amazon.co.jp、全国CDショップ&オンラインショップ(一部店舗を除く)の 5パターンが準備される。絵柄詳細は後日発表とのことだ。

■Blu-ray&DVD『BUMP OF CHICKEN結成20周年記念Special Live「 20 」』

2016年7月13日(水)発売
【初回限定盤】
■Blu-ray Disc+LIVE CD
TFXQ-78144/¥7,000+税
■DVD+LIVE CD
TFBQ-18188/¥6,000+税
【通常盤】
■Blu-ray Disc
TFXQ-78145/¥6,000+税
■DVD
TFBQ-18189/¥5,000+税
<収録内容>
01. 天体観測
02. R.I.P.
03. バトルクライ
04. ランプ
05. 車輪の唄
06. ひとりごと
07. ナイフ
08. Butter?y
09. ロストマン
10. ベル
11. 66号線
12. K
13. ダイヤモンド
14. ray
15. ガラスのブルース
EN01. Hello,world!
EN02. BUMP OF CHICKENのテーマ

《各仕様初回限定盤付属LIVE CD収録内容》
01. 天体観測
02. R.I.P.
03. バトルクライ
04. ランプ
05. ひとりごと
06. ナイフ
07. ロストマン
08. ベル
09. ダイヤモンド
10. ray
11. ガラスのブルース
12. BUMP OF CHICKENのテーマ

■『BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 "BFLY』

5月22日(日) 福岡県 ヤフオク!ドーム
7月16日(土) 神奈川県 日産スタジアム
7月17日(日) 神奈川県 日産スタジアム
※終了分は割愛

【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN オフィシャルHP
BUMP OF CHICKENの全国ツアーが京セラドーム大阪2DAYSより開幕
BUMP OF CHICKEN、全国ツアー開催に伴い特設サイトを公開
BUMP OF CHICKENの「宝石になった日」が『カルピスウォーター』新CMソングに起用

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ジェフ・ベック、6年振りのオリジナル・スタジオ・アルバムが完成
Fri, 20 May 2016 14:00:00 +0900
アルバム『ラウド・ヘイラー』 (okmusic UP\'s)

全世界が認める、まさに伝説のギタリスト、ジェフ・ベックが6年振りにオリジナル・スタジオ・アルバムをリリースする事が決定!  『ラウド・ヘイラー』と題された最新アルバムは、全編に展開するジェフ・ベックの比類なきギター・ワークと、全ては愛の力(パワー・オブ・ラヴ)から導きだされる、という強力な声明をコンセプトとするリアルな歌詞が合体した作品となり、7月15日にCD、LPそして、デジタル・ダウンロード作品が発売となる。

【その他の画像】Jeff Beck

「ラウド・ヘイラー」とは、大声で呼びかけるという意味で、メガホン、とも言い換える事の出来るタイトルで、シャイにならずに表現をする、という内容を表すネーミングとなっている。2度にわたってロックの殿堂入りを果たしている、ジェフ・ベックは「今、世界で起こっている、不快な事を目にした時に声明を発表したいと思ったんだ。そして集会で使うメガホンが、大声で伝えたい自分の考えを表現するのに、フィットすると思ったのさ」と語っている。そのジェフの現在の心境を表すアルバムの第1弾のシングルは「リヴ・イン・ザ・ダーク」という激しいロック曲となっている。

11曲のアルバムを完成させるのに、ジェフ・ベックはロンドンからシンガーのロージー・ボーンズとギタリストのカーメン・ヴァンデンバーグという2人の尖った女性アーティストをメンバーに引き入れた。カーメン・ヴァンデンバーグとは、たまたまクイーンのドラマー、ロジャー・テイラーの昨年開催されたバースデイ・パーティで出会って、それが最終的にこの3人に発展するきっかけになっている。ジェフ・ベックは、「彼女のライヴに招待されて、ぶっ飛んだんだよ。それから1月に集まって自分の頭の中にある考えを、暖炉のそばに座って彼女たちに説明したんだ。いっしょになって曲が一気にできあがったんだ。3日で5曲ぐらいかな。」と回想している。

ジェフ・ベック自身がプロデュースし、ロージー・ボーンズや、カーメン・ヴァンデンバーグなどと仕事をしている、フィリッポ・シマッティとアルバムを造り上げた。メンバーには、中心になった3 人に加えて、フィリッポが参加を要請した、ドラマーのダヴィデ・ソラッツィとベーシストのジョヴァンニ・パロッティが加わった。

ロージー・ボーンズは『ラウド・ヘイラー』11曲の内9曲で、そのパワフルな歌声を披露し、それは強烈なオープニング・ナンバー「レヴォリューション・ウィル・ビー・テレヴァイズド」、そしてそれと対をなす様なバラード「スケアード・フォー・ザ・チルドレン」、ファンク・ナンバー「O.I.L.」、アルバムの最後を飾る、静けさに満ちた「シュライン」などのナンバーとなっており、ジェフ・ベックによる2曲のインストゥル・メンタル・ナンバー、「プル・イット」「エドナ」がさらに彩を添えている。

アルバム発売後には、伝説のブルース・マン、バディ・ガイとのUSツアーをスタートさせる。

■アルバム『ラウド・ヘイラー(LOUD HAILER) 』

2016年7月15日発売
<収録曲>
1.“The Revolution Will Be Televised" 「レヴォリューション・ウィル・ビー・テレヴァイズド」
2.“Live In The Dark" 「リヴ・イン・ザ・ダーク」
3.“Pull It" 「プル・イット」
4.“Thugs Club" 「サグ・クラブ」
5.“Scared For The Children" 「スケアード・フォー・ザ・チルドレン」
6.“Right Now" 「ライト・ナウ」
7.“Shame" 「シェイム」
8.“Edna" 「エドナ」
9.“The Ballad Of The Jersey Wives" 「ジャージーの妻たちのバラード」
10.“O.I.L." 「O.I.L.」
11.“Shrine" 「シュライン」

【関連リンク】
いつかみんなの前でギターを弾いてみたかったあの曲
ギターを弾くために生まれてきた男、ジェフ・ベック!
ジェフ・ベックを聴くなら、この5曲
ジェフ・ベック、日本のファンのために“予想外”なスペシャル企画盤を発売!

【関連アーティスト】
Jeff Beck
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

EXILE TRIBE、1年10ヶ月ぶりの新曲で世界No.1 DJと初コラボ
Fri, 20 May 2016 13:30:00 +0900
EXILE TRIBE (okmusic UP\'s)

EXILE TRIBEの1年10か月ぶりとなる新曲「HIGHER GROUND feat. Dimitri Vegas & Like Mike」が6月15日発売のアルバム『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』に収録されることが発表され、MVも同時に公開された。

【その他の画像】GENERATIONS

さらに、本アルバムにGENERATIONS VS THE RAMPAGE from EXILE TRIBEの新曲 「Unbreakable」、THE RAMPAGE from EXILE TRIBE の新曲「FIND A WAY」が収録されることも発表された。

EXILE TRIBEの新曲「HIGHER GROUND feat. Dimitri Vegas & Like Mike」は世界的有名DJユニットDimitri Vegas & Like Mikeとコラボした楽曲となっており、スピード感が溢れるダンスナンバー。また、7月16日公開の映画『HiGH&LOW』の主題歌にも起用される。

ヴォーカルのTAKAHIROは「本作はベルギー出身の兄弟デュオで、2015年イギリスのDJ Magの世界DJランキング1位を獲得したり、世界最大規模のEDM野外フェス『Tomorrowland』でのアンバサダーも務める世界的DJ Dimitri Vegas & Like Mikeのプロデュースです。映画『HiGH&LOW THE MOVIE』の主題歌でもあり、映画とこのオリジナルベストアルバムを総括する曲でもあるので、レコーディング前からヴォーカル全員めちゃくちゃ気合いが入っていました。さらに、久しぶりのEXILE TRIBE曲でもあり、各々が「ぜってぇ、負けねえ」という気持ちで挑み、現場ではいい緊張感が漂っていたのが印象的でした。こんなにスピード感満載でヴォーカルが入れ変わる曲は初めてですし、かつ統一感も持たせなければいけなかったので、ヴォーカリストとしてはすごく大きな学びにつながった曲ですね。」と楽曲に自信をのぞかせた。

Dimitri Vegas & Like Mikeは今回のコラボに対して「日本のみんな! ディミトリ・ヴェガス&ライク・マイクです! 今回、EXILE TRIBEの映画「HiGH&LOW THE MOVIE」主題歌である" HIGHER GROUND feat. Dimitri Vegas & Like Mike"をプロデュース出来た事を光栄に思っているよ!この曲を僕たちは気に入っているし、みんなも同じように思ってくれたらうれしいな。エイベックスから初めてこのプロジェクトの依頼が来た時は興奮したし、ノーとは言えなかったね! 本当にエイベックスには感謝しているし、もちろんこのきっかけを作ってくれたEXILE TRIBEにも感謝しているよ! もうすぐで日本のみんなとパーティーできる事が本当に待ちきれないね!」と喜びをコメント。

同時に公開されたMVは『HiGH & LOW』の世界観を全面に出した表ではEXILE TRIBEらしい煌びやかな世界観を、裏ではドラマ、映画『HiGH & LOW』とリンクするようなストリートな世界観を表現して2つの世界観を行き来する事により表裏一体をMVで再現しておりEXILE TRIBE総出演の豪華な内容となっている。

パフォーマーのAKIRAは「久々にみんな(EXILE TRIBE)と一緒に作品を作れて楽しかったです。今GENERATIONS、三代目 J Soul Brothersがすごく力をつけてるので、そういう中で刺激しあいながら、良い意味でメリハリをつけて、集中する所は集中して作品を作れたんじゃないかなと思います。オリジナルメンバーの中ではパフォーマーが僕だけなんですが、お三方(松本利夫、EXILE USA、EXILE MAKIDAI)の思いを全員のパフォーマー、全員のヴォーカリストが本当に先輩方から教わった大切なこと、EXILE魂を持ちながらまた新たなチャレンジ、新たなEXILE TRIBEの一面を開拓していこうという、常に挑戦、進化が日々見えます。パフォーマーとして踊ってない三人の本当に心は現場にあったと思います。そういう全員でEXILE TRIBEが、映像から伝われば良いなって思います。」とコメント。

遂に全容が解明された6月15日発売の超豪華アルバム『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』。さらに本作を引っ提げたドームツアー「HiGH&LOW THE LIVE」も7月よりスタートする。詳細はオフィシャルHPから是非チェックしてほしい。

■『HiGH & LOW』オフィシャルHP
http://high-low.jp/sp/music.php

【関連リンク】
EXILE オフィシャルHP
GENERATIONS、6月に最新シングル「涙」発売決定
EXILE NAOTO、VERBALらとHONEST BOYZ(R)を結成
EXILEが「AMAZING WORLD」ツアーのドキュメンタリー映像を公開

【関連アーティスト】
GENERATIONS, EXILE, 三代目J Soul Brothers, EXILE TRIBE, Dimitri Vegas
【ジャンル】
J-POP

フレデリック、 1stシングル発売記念ニコ生特番でTwitter質問企画 &メンバー描き下ろしの特典決定
Fri, 20 May 2016 13:00:00 +0900
フレデリック (okmusic UP\'s)

フレデリックが6月15日(水)に1stシングル「オンリーワンダー」のリリースを記念して、「フレデリック『オンリーワンダー』リリース記念 ニコ生SPECIAL!!〜みんな違ってみんな優勝〜」と題した特別番組を、5月25日(水)にニコニコ生放送で生配信することが発表された。


【その他の画像】フレデリック

リリースの度に恒例となっている生配信では1stシングル「オンリーワンダー」に込められたメッセージや6月18日から始まる東阪名ツアー「フレデリズムツアー2016」への意気込み、そして番組内での初回盤DVDに収録される映像の一部が初公開される。

今回は初回盤DVDに収録されているスペースシャワー列伝2016の映像を視聴者とともにクイズ形式で振り返る「列伝クイズ2016〜みんな違ってみんな優勝〜」や今回の楽曲「オンリーワンダー」にちなんで「あなただけのオンリーワンなエピソード」をTwitterとメールフォームで募集。募集期間は配信前日の5月24日(火)23:59までとなっている。

また、「オンリーワンダー」の購入者特典としてベース・三原康司による描き下ろしステッカーが配布されることが決定。タワーレコードは「NO1ステッカー」ver.、その他CDショップは「ON1」ver.が付いてくる。なお、今作をTOWER RECORDS ONLINEにて5月25日(水)23:59までに予約するとメンバーの直筆サインが付いてくるので、ぜひ番組をチェックしてみよう。

■ニコニコ生放送『フレデリック 1stシングル「オンリーワンダー」リリース記念SPECIAL!! 』

番組内容:「フレデリック『オンリーワンダー』リリース記念 ニコ生SPECIAL!!〜みんな違ってみんな優勝〜」をニコニコ生放送で生配信!楽曲の話や初となるDVDに収録された映像とともにトークを展開。メンバーの素顔を垣間見ることが出来る企画も用意されている。さらにタイトル「オンリーワンダー」にちなんでTwitter&メールフォームでフレデリックに聞いてみたいこと、今頑張っていて応援してほしいエピソード、オンリーワンなエピソードを募集。自身のTwitterからハッシュタグ「♯フレデリック みんな優勝」を付けて投稿してください! メールの場合は、番組URLのページ内にあるメールフォームより投稿をお願いします!

Twitterハッシュタグ:♯フレデリック みんな優勝 
募集期間:〜5月24日(火)23:59
日時:5月25日(水) 20:30〜 
番組URL: http://live.nicovideo.jp/watch/lv263505248

【関連リンク】
フレデリック オフィシャルHP
夜ダン、ドラマチックアラスカ、フレデリックが大阪で『ALA-UMI-DOSS 2016』開催
フレデリック、36人のダンサーと作り上げた 「オンリーワンダー」MV公開
フレデリック、“ONLY1”がキーワードの1stシングルジャケ公開

【関連アーティスト】
フレデリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック

レキシ、恒例の手書きジャケットを書いている模様をLINE LIVE生中継決定
Fri, 20 May 2016 12:00:00 +0900
レキシ (okmusic UP\'s)

6月22日に2年ぶりとなる待望の5thアルバム『Vキシ』をリリースするレキシが、恒例の手書きジャケットを書いている模様をLINE LIVEにて生配信することを発表した。

【その他の画像】レキシ

今回リリースされるアルバム『Vキシ』は、飛鳥、平安、室町時代など、日本の西側に幕府があった時代を主なテーマとしてピックアップされており、アーティスト写真では室町時代の僧である“一休"に扮しており、今回の手書きジャケット付きの完全生産限定盤は一休さんにかけて11,930枚の限定となっている。

配信スケジュールは、5月20日(金)、24日(火)、26日(木)、27日(金)の4日間、いずれも配信開始時間は21:00だ。絶妙なトークを織り交ぜ筆を走らせるその1時間を楽しもう。

■【LINE LIVE配信スケジュール・アドレス】

■「あわててーあわててーいちまんまいいちまんまいvol.1」
5月20日(金) 21:00〜22:00  https://live.line.me/r/channels/520/upcoming/5378
■「あわててーあわててーいちまんまいいちまんまいvol.2」
5月24日(火) 21:0〜22:00   https://live.line.me/r/channels/520/upcoming/5431
■「あわててーあわててーいちまんまいいちまんまいvol.3」
5月26日(木) 21:00〜22:00  https://live.line.me/r/channels/520/upcoming/5432
■「あわててーあわててーいちまんまいいちまんまいvol.4」
5月27日(金) 21:00〜22:00  https://live.line.me/r/channels/520/upcoming/5433

【関連リンク】
レキシ オフィシャルHP
レキシ、 “一休さん"に扮した最新ビジュアルを公開
「ビクターロック祭り〜2016〜」、約10時間に及ぶ圧巻のライブに15,000人が大熱狂
レキシ、大盛況の映画的ツアー『IKEMAX THEATER』が終幕

【関連アーティスト】
レキシ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

XIA(ジュンス)、『2016 XIA 5th ASIA TOUR CONCERT IN JAPAN‘XIGNATURE’』チケット一般発売がいよいよスタート!
Fri, 20 May 2016 12:00:00 +0900
XIA(ジュンス) (okmusic UP\'s)

XIA(ジュンス)のコンサートツアー『2016 XIA 5th ASIA TOUR CONCERT IN JAPAN‘XIGNATURE’』のチケット一般発売が、いよいよ5月22日(日)より開始する。

【その他の画像】XIA

5月末にはアルバム『XIGNATURE』の発売を控え、先行楽曲公開などが話題を呼んでいるXIA(ジュンス)。6月にはソウルでカムバック公演を行い、日本でも6月18日(土)より3都市7公演のツアーを開催する予定だ。

チケットの一般発売は5月22日(日)10:00AMより各プレイガイドにて行われる。気になる方はお早めの購入をおすすめしたい。

■『2016 XIA 5th ASIA TOUR CONCERT IN JAPAN‘XIGNATURE’』

■名古屋公演
6月18日(土) 愛知県・日本ガイシホール
開場 16:00 / 開演 17:00
6月19日(日) 愛知県・日本ガイシホール
開場 14:30 / 開演 15:30
■神戸公演
6月30日(木) 兵庫県・ワールド記念ホール
開場 17:30 / 開演 18:30
7月01日(金) 兵庫県・ワールド記念ホール
開場 17:30 / 開演 18:30
7月02日(土) 兵庫県・ワールド記念ホール
開場 16:00 / 開演 17:00
■横浜公演
7月05日(火) 神奈川県・横浜アリーナ
開場 17:30 / 開演 18:30
7月06日(水) 神奈川県・横浜アリーナ
開場 17:30 / 開演 18:30

<チケット>
SS席 ¥16,200(税込)
S席 ¥10,800(税込)
一般発売:5月22日(日)10:00AMより発売開始!!
※SS席は、ステージ若しくは花道付近の希少なお席です。
S席は、SS席以外の全てのお席で、会場によってステージの横や後方になる場合もございます。
※お1人様4枚まで
※3歳未満のお子様はご入場出来ません。3歳以上のお子様はご入場出来ますが、チケットが必要です。

【公演に関するお問い合わせ】
名古屋公演:名古屋公演運営事務局 052-290-0909(平日11:00〜19:00)
神戸公演:神戸公演運営事務局 06-6882-1438 (平日12:00〜17:00)
横浜公演:横浜公演運営事務局 0570-000-556 (平日13:00〜17:00)

【関連リンク】
『2016 XIA 5th ASIA TOUR CONCERT IN JAPAN』 オフィシャルHP
JYJのXIA(ジュンス)、名古屋公演決定&ファン招待の公開リハーサル開催
FTISLAND、武道館でのツアーファイナル公演の実施を発表
BIGBANG、最新ドームツアーのファイナル公演をパッケージ化

【関連アーティスト】
XIA
【ジャンル】
K-POP

空想委員会、対バン形式ツアー『大歌の改新〜新世代登用編〜』の共謀者を発表
Fri, 20 May 2016 11:00:00 +0900
空想委員会 (okmusic UP\'s)

空想委員会が対バン形式のツアー『大歌の改新〜新世代登用編〜』の共謀者を発表した。出演が発表されたアーティストは、 the quiet room、ココロオークション、サイダーガール、LILI LIMIT、Halo at 四畳半、ドラマストア、Rick Rack、Amelie、CRAZY VODKA TONIC、the irony、セプテンバーミーの11組。

【その他の画像】空想委員会

『大歌の改新〜新世代登用編〜』は、空想委員会が定期的に開催している対バンツアーシリーズ『大歌の改新』の番外編となり、勢いのある新世代バンドを共謀者として招き開催するという企画。

初対バンとなるバンドが多く貴重な機会となっているが、CRAZY VODKA TONIC、the quiet room、ココロオークションの3組は、2014年に開催された『大歌の改新〜第二期〜』の際には、一般公募も受け付けた下克上(O.A)として出演しており、『大歌の改新』というツアーの歴史も感じるラインナップになっている。

尚、このツアーは6月23日、24日の福岡 DRUM SONを皮切りに、東京、大阪、名古屋、仙台の5都市で開催される 2daysツアーとなっており、各会場の初日が対バン公演『大歌の改新〜新世代登用編〜』、2日目がワンマン公演『みんなで作るリクエストワンマン vol.1』となる。

5月19日から、オフィシャル先行チケットの受付がスタートしている。 詳しくは『大歌の改新〜新世代登用編〜』『みんなで作るリクエストワンマン vol.1』特設サイトを見てみよう。

■『大歌の改新〜新世代登用編〜』『みんなで作るリクエストワンマン vol.1』特設サイト
http://kusoiinkai.com/tokusetsu/taika&request/

■『大歌の改新〜新世代登用編〜』

6月23日(木)  福岡 DRUM SON
共謀者:the irony / セプテンバーミー
6月28日(火)  新代田 FEVER
共謀者:ココロオークション / サイダーガール / the quiet room
7月05日(火)  仙台 LIVEHOUSE enn 2nd
共謀者:サイダーガール / LILI LIMIT
7月12日(火)  名古屋 CLUB UPSET
共謀者:Amelie / CRAZY VODKA TONIC / ココロオークション
7月19日(火)  梅田シャングリラ
共謀者:ドラマストア / Halo at 四畳半 / Rick Rack

【関連リンク】
空想委員会 オフィシャルHP
空想委員会、Zeppワンマン公演にて花嫁から特大ビンタ!?
空想委員会、9月22日に日比谷野音にてワンマンライブを開催
空想委員会、4月22日に行うLINE LIVE生放送で重大発表を予告

【関連アーティスト】
空想委員会
【ジャンル】
ジャパニーズロック

寺岡呼人主宰『Golden Circle』に桜井和寿参加&キービジュアルは浦沢直樹
Fri, 20 May 2016 10:00:00 +0900
「Golden Circle Vol.20」キービジュアル (okmusic UP\'s)

7月に東京、8月に大阪で開催される、寺岡呼人主宰の『Golden Circle』。1年5ヶ月ぶりとなる今回は20回目記念という事もあり、寺岡の盟友・桜井和寿が東京大阪両会場に出演する。


【その他の画像】寺岡呼人

サブタイトルに「〜僕と桜井和寿のメロディー〜」とあるように「妄想満月」「星になれたら」等のMr.Childrenナンバー、Golden Circle of friends名義でリリースした「ミュージック」「フォーエバーヤング」等の寺岡と桜井の共作楽曲に加え、互いの楽曲も演奏するというGolden Circleの20回を記念する豪華な饗宴となりそう。

さらに、寺岡と親交のある漫画家の浦沢直樹がこのスペシャルなイベントに向けたキービジュアルの書き下ろしを担当した。この二人は、一緒にボブ・ディランのコンサートに行くほどの音楽仲間で、浦沢は寺岡のオファーに快諾したという。

また、8月3日には約2年振りとなる寺岡のソロアルバム『COLOR』がリリースされる。色=COLORをテーマに様々なスタイルの楽曲を収めたコンセプト・アルバム。ボーナス・トラックとして桜井との共作曲「バトン」の寺岡とのデュアルボーカルバージョンを収録!

『Golden Circle Vol.20』の東京大阪公演のチケットは一般発売に先駆け、5月20日(金)あさ10:00より先行抽選の受付がスタートする。詳細は公式サイトを参照。

■【寺岡呼人コメント】

ゴールデンサークルがついに20回目を迎えることができました。今回は盟友、桜井和寿と共に「Golden Circle 第20回記念スペシャル 〜僕と桜井和寿のメロディー〜」と題して開催します。
彼と出会ったのが1991年。その年に『星になれたら』が生まれました。
そこから25年の間、Mr.Childrenでは『妄想満月』、僕のソロでも『バトン』『これが僕の愉快なヒューマンライフ』『競争る為にだけ生まれた訳じゃねぇ』、ユーミン、ゆずとの共作曲『ミュージック』など、何曲もの共作曲を作ってきました。
僕と彼の作った共作曲、そしてお互いの代表曲を2時間たっぷりとお送りしたいと思います。ゴールデンサークル20回目のお祭りでもあります。是非、お越し下さい!

■『寺岡呼人presents Golden Circle 第20回記念スペシャル 〜僕と桜井和寿のメロディー〜』

7月05日(火) 日本武道館
8月02日(火) 大阪城ホール

出演:寺岡呼人 / 桜井和寿
GC Band;Dr:林久悦 / Ba:林由恭 / Gt:佐藤健治 / Key:松本圭司 / Guest Key:K

チケット価格(東京・大阪):¥7500(税込/全席指定)
チケット一般発売日;
・東京:6月19日(日)あさ10:00〜
・大阪:7月10日(日)あさ10:00〜

【関連リンク】
『Golden Circle』 オフィシャルHP
やくしまるえつこ、ももクロ「Z女戦争」セルフカバー収録の両A面シングル発売決定
バンドじゃないもん!、再メジャーデビュー当日に赤坂BLITZにてワンマンライブを開催
植田真梨恵、セルフディレクションによるニューシングルのジャケットを初公開

【関連アーティスト】
寺岡呼人, 桜井和寿
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

高橋 優、「MTV Unplugged:Yu Takahashi」開催決定
Fri, 20 May 2016 00:00:00 +0900
『MTV Unplugged: Yu Takahashi』 (okmusic UP\'s)

高橋優が7月20日に都内某所で「MTV Unplugged:Yu Takahashi」を開催する事を発表した。

【その他の画像】高橋優

MTV Unplggedとは世界中のトップアーティストが出演し、独創的で個性あふれるアコースティックライブの源流としてその歴史を刻んできた人気企画。日本制作としては宇多田ヒカル、平井堅、加藤ミリヤ、VAMPSなど、総勢28組のアーティストが登場し、いつものライブとは一味違うパフォーマンスを披露してきた。

その29組目が高橋優となる。また、2010年7月21日にデビューした高橋優にとって、デビュー6年目の最終日である7月20日開催日とあって、7年目を迎える目前に、これまでのキャリアの集大成となるアコースティックライブを、この日限りのセットリストで披露する予定だ。 この貴重な「MTV Unplugged:Yu Takahashi」のへの参加方法はシングル「産まれた理由」の期間生産限定盤封入シリアルで応募、抽選で60組120名が招待される。

高橋優は『MTV Unplugged: Yu Takahashi』開催に向けて、「このたび、伝統のMTV Unpluggedに挑戦させていただく事になりました。デビュー以来、ずっとライブを中心に活動してきたので、当日は楽しく、そして音楽を堪能できるようなステージにしたいと思っています。ぜひ楽しみにしていてください!」とコメントを寄せている。

また、シングル「産まれた理由」の3曲目に収録される作品のタイトルが発表された。タイトルは「ヘベレケ行進曲」。ここ数年、社交的でありたいキャンペーンを自信で展開し、お酒を楽しむようになり、お酒の席でのあるあるエピソードを高橋ならではの視点で書いた作品となっており、サウンド的にも異色のレゲエサウンドを取り入れての制作された。

さらに「産まれた理由」のフォト・リリックMVが期間限定で公開スタート! 高橋優の幼少時代や高校時代の写真も織り交ざっているとのことだ。

■『MTV Unplugged: Yu Takahashi』

7月20日(水) 都内某所
開演時間:19時(予定)
放送:2016年9月にMTVで放送予定

■応募方法1:14thシングル「産まれた理由」(60組120名ご招待)
・6/22リリース 14tnシングル「産まれた理由」期間生産限定盤に封入されたチラシよりご応募下さい
・応募受付期間:2016/6/21(火)10:00〜6/27(月)12:00
■応募方法2:MTVJAPAN.COM(20組40名ご招待)
・応募URL:http://www.mtvjapan.com/unplugged-yutakahashi
・応募締切:2016年7月1日(金)23:59

■シングル「産まれた理由」

2016年6月22日発売
【通常盤】(CD)
WPCL-12386/¥1200+税
【期間生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31193/¥2000+税
<収録曲>
■CD
1. 産まれた理由
2. WEEKEND JOURNEY
(テレビ東京系ドラマ「昼のセント酒」主題歌)
3. ヘベレケ行進曲
4. サングラス/メガネツインズ
(高橋優&亀田誠治)
■DVD ※期間生産限定盤のみ
1 母校卒業式サプライズ・ライブ密着ドキュメント
2 実録「高橋優が産まれた理由」in 秋田
・高橋の初体験〜秋田CARAVAN MUSIC FES記者会見密着
・高橋優の優遊散歩〜横手ぶらり編
・高橋激白!笑撃の悲しい過去を初告白
・ 謎のシンガー“林 卓"路上ライブat 秋田駅前

◎期間生産限定盤封入特典
1. MTV Unpluggedスペシャルライブ60組120名招待応募用シリアル(7月20日都内某所開催)
2.同時発売のシングル&映像作品W購入者特典応募用シリアル

◎同時発売のシングル&映像作品W購入者特典
「産まれた理由」期間生産限定盤封入シリアル(1)と同時発売「高橋 優5th ANNIVERSARY LIVE TOUR「笑う約束」Live at 神戸ワールド記念ホール〜君が笑えばいいワールド〜2015.12.23」の初回限定¬盤DVDもしくはBlu-ray封入のシリアル(2)を使用してご応募頂くともれなく高橋¬優オリジナルグッズをプレゼント。詳細は後日発表致します。
■応募受付期間(2016年6月21日(火)10:00〜2016年7月19日(火)¬12:00まで)

■「産まれた理由」フォト・リリックMV
https://youtu.be/LPrBc0WVPCc

【関連リンク】
高橋優 オフィシャルHP
高橋優、6月22日にウェディングソング「産まれた理由(わけ)」&ライブ映像作品を同時発売
恒例の「MEET THE WORLD BEAT」、今年はコブクロ、flumpool、高橋優ら10組が出演!
高橋優、地元・秋田で野外音楽フェスの開催を発表

【関連アーティスト】
高橋優
【ジャンル】
J-POP

坂本美雨、コーラスアルバム『Sing with me』全容公開
Fri, 20 May 2016 00:00:00 +0900
坂本美雨 with CANTUS (okmusic UP\'s)

坂本美雨がパーソナリティーを務めるTOKYO FMをキー局とする全国38局のラジオ番組「ディア・フレンズ」にて、自身の新曲「星めぐりの歌」がオンエアとなった。この「星めぐりの歌」は6月22日(水)に坂本美雨 with CANTUS(カントゥス)の初パッケージ作品としてリリースとなるコーラスアルバム『Sing with me』のリード曲として収録される。

【その他の画像】坂本美雨

同曲は今年生誕120年をむかえた宮沢賢治が著した『双子の星』に登場する歌。生前に賢治が歌っていた旋律を、後に周囲の人が採譜したとされている。坂本の語りかけるような歌声が静かにめぐる夜空を想起させる楽曲となった。楽曲アレンジはharuka nakamuraが担当している。

そんな「星めぐりの歌」のMusic Videoも公開となった。内容はフォトグラファー木村和平による坂本美雨とCANTUSのフォトスライドショーとなっていて、彼女たちのやさしい雰囲気が伝わってくる内容に仕上がっている。

併せて、アルバム全楽曲がダイジェストで聴くことができるクロスフェード動画も公開となった。「星めぐりの歌」のほか、坂本美雨が音源化を切望した楽曲「ノスタルジア」、2014年にCANTUSと共演した際に歌唱し今制作のきっかけになった楽曲の「When You Wish Upon A Star 〜星に願いを〜」、そして先に配信限定でリリースしたアンドリュー・ロイド・ウェバーの楽曲として知られるレクイエム曲「pie jesu(ピエ・イェズ)」をまとめて聞くことができ、アルバムへの期待が高まる。

同時公開されたCDジャケットは木村和平による写真に、坂本作品には欠かせない存在となったアートディレクターの森本千絵がタイトル文字を担当している。

そして、今回の「星めぐりの歌」MV、アルバムクロスフェード動画の公開に合わせて『Sing with me』特設ページもオープンした。ここでは商品情報のほかに、先月公開された『Sing with me』メイキング動画やイベント情報などが掲載されている。また、今回の新作アルバム『Sing with me』の公式Instagramとtwitterアカウントも新たに開設されており、今後の最新情報はここからもチェックできるとのこと。

なお、7月3日にはタワーレコード新宿店にて『Sing with me』の発売を記念したインストアイベントが開催される。イベントの内容はミニライブと特典会で、詳細や参加方法は『Sing with me』特設ページに記載されている。

心穏やかにする坂本の歌声を中心に、重なり合う歌声が静かにかつ清らかに響く全4曲が収録されているコーラスアルバム『Sing with me』。この作品を通して大切な人と大切な時間をわかち合って欲しい。

■『Sing with me』特設ページ
http://www.yamahamusic.co.jp/sing-with-me
■『Sing with me』公式 Instagram
singwithme_miu
■『Sing with me』公式 Twitter
https://twitter.com/Singwithme_miu

■「星めぐりの歌」MV
https://youtu.be/FWvTXc34-ZU

■アルバム『Sing with me』クロスフェード動画
https://youtu.be/PkUMAt4OWyg

■コーラスアルバム『Sing with me』/坂本美雨 with CANTUS

2016年6月22日(水)
YCCW-10277/¥1,200+税
<収録曲>
01. 星めぐりの歌
02. ノスタルジア
03. When You Wish Upon A Star 〜星に願いを〜
04. pie jesu

■Amazon ページ
http://www.amazon.co.jp/dp/B01E3A4HAG/
■商品紹介ページ:
http://www.yamahamusic.co.jp/artist/detail.php?product_id=849&artist_id=57

■【リリースイベント情報】

日時:7月3日(日)12:00
場所:東京 タワーレコード 新宿店 7F 特設イベントスペース
イベント内容:ミニライブ+特典会
イベント参加券配布対象店舗: タワーレコード 新宿店 / タワーレコード 渋谷店
問い合わせ先:タワーレコード 新宿店(03-5360-7811)
ミニライブの観覧は無料となっております。

<イベント特典>
・直筆サイン色紙お渡し会
<対象商品>
ミニアルバム『Sing with me』(YCCW-10277)

■参加方法等詳細は特設ページでチェック
http://www.yamahamusic.co.jp/sing-with-me/index.html#EVENT

【関連リンク】
坂本美雨 オフィシャルHP
CANTUS オフィシャルHP
haruka nakamura オフィシャルHP
坂本美雨 with CANTUS、初作品「pie jesu」を配信限定リリース

【関連アーティスト】
坂本美雨, CANTUS
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1