歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年05月16日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/05/25
2016/05/24
2016/05/23
2016/05/22
2016/05/21
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
チリヌルヲワカ、3人体制となって初の新作リリース
Mon, 16 May 2016 10:00:00 +0900
チリヌルヲワカ (okmusic UP\'s)

チリヌルヲワカの通算7枚目となるニューアルバム『ShowTime』が5月13日(金)にリリースされた。本作はギタリスト・坂本夏樹の脱退を経て3人体制となって初めて制作されたもので、三者三様の個性や輪郭がより際立ち、バンドとして新たなオリジナリティを獲得し提示した傑作となった。

【その他の画像】チリヌルヲワカ

ギュッと凝縮されたプログレッシブ感と、ストレートでポップなテイストが巧みに絡み合い、一筋縄ではいかないチリヌルヲワカらしさがより高みに上ったロックなアルバムとなった今作。全10曲が収録された本作よりリード・トラック「みずいろの恋」のMVが公開中だ。

なお本作は通常盤のほか、チリヌルヲワカ初となるプレミアムな限定盤が発売される。デザイナー岡崎直哉のハンドメイドによる特別仕様のジャケットやブックレット、他では手に入らないグッズ、メンバーのサイン入りブロマイドが入った豪華セットとなっている。

購入方法はリリース・ツアー『チリヌルヲワカLiveTour2016 -ShowTime-』の各会場で受付し、ライブ中にメンバーが抽選を行い購入者を決定するという遊び心に溢れたシステムで、詳しくは公式サイトをチェックしよう。

本ツアーは6月4日(土)千葉公演を皮切りに全国10カ所で開催され、ツアー・ファイナルは7月26日(火)渋谷CLUB QUATTROで行われる。

■「みずいろの恋」MV
https://youtu.be/_f6nv1eCSvc

■アルバム『ShowTime』

発売中
YAMA-0009/¥2,500+税
<収録曲>
1.ショウタイム
2.秘密の部屋
3.咲かぬなら
4.夏の亡霊
5.ヤミとクモ
6.=0
7.未知への洞窟
8.みずいろの恋
9.ブラックホール
10.鬼ヶ島

【特別仕様限定盤】 
¥4,800(税込)
■商品紹介サイト
http://www.color-travel-guide.com/page/c1page2.html
■購入方法
http://chirinuruwowaka.com/top2/2016/04/28/%e3%80%8cshowtime

■『チリヌルヲワカLiveTour2016 -ShowTime-』

6月04日(土) 千葉LOOK
6月11日(土) 福岡DRUM SON
6月12日(日) 広島セカンド・クラッチ
6月17日(金) 札幌COLONY
6月25日(土) 大阪Shangri-La
7月09日(土) 仙台PARK SQUARE
7月15日(金) 金沢vanvan V4
7月17日(日) 京都磔磔
7月18日(月・祝) 名古屋CLUB QUATTRO
7月26日(火) 渋谷CLUB QUATTRO

【関連リンク】
チリヌルヲワカ オフィシャルHP
チリヌルヲワカ、3人体制でのアルバム・リリースツアーが決定
チリヌルヲワカ、初ライヴDVDは結成10周年のメモリアル的な作品に!
チリヌルヲワカ、ニューアルバム発売&先行試聴ライブ開催決定

【関連アーティスト】
チリヌルヲワカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

杏窪彌(アンアミン)、新曲「ジャイアントパンダにのってみたい」MV公開
Mon, 16 May 2016 21:00:00 +0900
杏窪彌(アンアミン) (okmusic UP\'s)

6月15日に2ndミニアルバム『ジャイアントパンダにのってみたい』をリリースするエキゾチックポップバンド・杏窪彌(アンアミン)が、表題曲「ジャイアントパンダにのってみたい」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】杏窪彌

MVの監督をつとめたのは杏窪彌とも古くから親交のある映像作家・加藤マニ。台湾出身のボーカルMINと謎のパンダによって繰り広げられるファニーなラブストーリーと、ライブでも定番となっているダンスを数十人のエキストラとともに披露するシーンが印象的な内容となっている。聴くと口ずさんでしまう楽曲に、観ると踊りたくなってしまうMVが絶妙なバランスで成立しており、観た人をワクワクさせること必定。懐かしくて新しい、不思議な世界観をぜひ味わってほしい。なお、既にYouTubeに公開されている同曲のデモVer.のMVの撮影も加藤が手がけており、今作でもそのデモVer.のMVとのリンクを垣間見ることができる。

合わせて、杏窪彌の新しいアーティストビジュアルも解禁された。杏窪彌というバンドの真骨頂である“エキゾチックでポップ”がここでも象徴的に撮られており、彼らのテーマである『懐かしい未来がやってきた』を見事に体現している。

■加藤マニ、杏窪彌(アンアミン)コメント

■加藤マニ
今回のビデオでは初めてパンダさんに出演いただきました。この曲の歌詞に垣間見られる"人間以外の何かと一緒にあそべたらいいのにな"といった願望からレイモンド・ブリッグズの「スノーマン」のようなイメージが想起されて今回のような内容になりました。パンダさんはありとあらゆる場所で往来の方々より、あっ! パンダだパンダだ!とおなかを触れたり握手や写真を求めらていて、改めてパンダのすごさを感じた撮影でした。振付とダンスのご指導を頂いたホナガヨウコさんをはじめ、ダンスシーンにご協力頂いた皆さんに御礼申し上げます。ありがとうございました。

■杏窪彌(アンアミン)
越多人越好、想跟大家一起ジャイアントパンダにのってみたい。
訳:なるべくたくさんの人と、みんなで一緒にジャイアントパンダにのってみたい。

■「ジャイアントパンダにのってみたい」MV
https://youtu.be/kjINTc4ImCQ

【関連リンク】
杏窪彌(アンアミン) オフィシャルHP
次世代ガールズショーケースイベント「ガールズトーク」SP企画開催決定
台湾美少女・MINを擁する謎のエキゾチックバンド、杏窪彌(アンアミン)がデビュー
浜崎あゆみ、全国アリーナツアーが日本ガイシホール公演にて開幕

【関連アーティスト】
杏窪彌
【ジャンル】
J-POP

阿部真央、新曲「Don\'t let me down」MVフル解禁&4年ぶりの夏フェス参戦を発表
Mon, 16 May 2016 20:00:00 +0900
阿部真央 (okmusic UP\'s)

産休に入っていた阿部真央の本格始動となる5月25日発売のシングル「Don\'t let me down」のミュージックビデオが、無料動画GYAO!にて独占先行フル解禁となった。

【その他の画像】阿部真央

今作のミュージックビデオの監督は大久保拓朗が手がけ、カメラに向かってギターをかき鳴らす阿部真央とライティングのみというシンプルな内容ながら、楽曲が示す力強さやが見事に表現されたミュージックビデオに。感情を露わに鬼気迫る阿部真央のパフォーマンスは必見である。

そして実に4年ぶりとなる夏フェスへの参戦も発表。8月20日 WILD BUNCH FEST.2016に初出演、8月21日 SUMMER SONIC 2016に4年ぶりの出演を果たす。産後本格始動がスタートした阿部真央から目が離せない!

■GYAO!「Don\'t let me down」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00025/v08789/v1000000000000003770/

■【夏フェス出演情報】

「WILD BUNCH FEST.2016」
8月20日(土) 山口きらら博記念公園
OPEN 10:00am/START 11:00am
※開催日は8月20日(土)8月21日(日)です。
http://www.wildbunchfest.jp/

「SUMMER SONIC 2016」
8月21日(日) 東京 QVCマリンフィールド&幕張メッセ
OPEN 9:00am/START 11:00am
※開催日は東京・大阪両会場とも8月20日(土)8月21日(日)です。
http://www.summersonic.com/2016/

【関連リンク】
阿部真央 オフィシャルHP
阿部真央、ニューシングル&ライヴ映像作品リリース決定
阿部真央、新曲「You changed my life」フルMVをGYAO!にて期間限定公開
阿部真央、ニューシングル特設サイトでスペシャルインタビュー公開

【関連アーティスト】
阿部真央
【ジャンル】
J-POP

新山詩織、話題のドラマ劇中歌を含むダブルAサイドシングルを6月29日にリリース
Mon, 16 May 2016 19:00:00 +0900
新山詩織 (okmusic UP\'s)

現在放送中のフジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』に宍戸春乃役として出演している新山詩織が、ダブルAサイドシングル「あたしはあたしのままで/恋の中」を6月29日にリリースする。

【その他の画像】新山詩織

「あたしはあたしのままで」は新山詩織本人が作詞をし、日常の一コマを描写しながら、彼女の秘めたる想いと未来への希望を描き出した印象的なナンバー。その強い想いを表すかのようにアップテンポなサウンドにのせて力強く歌い上げられ、新山詩織の真骨頂ともいえるロックな匂いが漂ってくる。この夏の数々のイベント、音楽フェスへの新山詩織の出演も発表されているが、まさにイベントでも盛り上がること間違いなしの1曲となるであろう。

M-2には初のドラマ出演作であるフジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』の劇中歌「恋の中」を収録。主演の福山雅治が作詞作曲を行ない、新山詩織演じる宍戸春乃が作中で歌唱していることで注目をされている楽曲だ。「恋の中」は既に各デジタル配信サイトで配信スタートしており、レコチョクデイリーシングルランキング2位(4/27付)、レコチョク週間シングルランキング6位を記録。ドラマの視聴者を中心に、大きな話題を呼んでいる。

なお、パッケージは初回限定盤と通常盤の2仕様をリリース。初回限定盤の特典DVDには「あたしはあたしのままで」のMusic Videoが収録されている。ドラマ出演、夏フェスと今後の展開が気になる新山詩織。今年も彼女の活動から目が離せない。

■ドラマ『ラヴソング』公式サイト
http://www.fujitv.co.jp/lovesong/

■シングル「あたしはあたしのままで/恋の中」

2016年6月29日発売
【初回限定盤】(CD+特典DVD)
JBCZ-6047/¥1,300+税
【通常盤】(CD)
JBCZ-6048/¥1,000+税
<収録楽曲>
■CD
M-1 あたしはあたしのままで
M-2 恋の中
※フジテレビ系月9ドラマ『ラヴソング』劇中歌
M-3 あたしはあたしのままで ?instrumental-
M-4 恋の中 ?instrumental-
■特典DVD(初回限定盤のみ)
「あたしはあたしのままで」Music Video収録

【関連リンク】
新山詩織 オフィシャルHP
『ESP学園presents COLORS2016』、でんぱ組.inc、POLYSICSらを迎え7月に開催!
新山詩織、中嶋イッキュウ(tricot)等がビジュアルブログ「g.o.a.t」のコンセプトムービーに出演
新山詩織、デビュー3周年記念ライブツアー『19』が大盛況のうちに終了

【関連アーティスト】
新山詩織
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

浜崎あゆみ、全国アリーナツアーが日本ガイシホール公演にて開幕
Mon, 16 May 2016 18:00:00 +0900
5月14日・5月15日@日本ガイシホール (okmusic UP\'s)

浜崎あゆみの全国アリーナツアー『ayumi hamsaki ARENA TOUR 2016 A 〜MADE IN JAPAN〜』が5月14日(土)と15日(日)、日本ガイシホール公演にて開幕した。

【その他の画像】浜崎あゆみ

オープニングから和装で登場した浜崎あゆみに、超満員の会場は大興奮。今回で通算17回目となるアリーナツアーだが、デビュー以来初めて観客によるライヴ写真撮影を解禁。来場者は、オープニングから3曲目まで写真撮影が可能となり、開演と同時に会場内はスマートフォンを握りしめた観客でいっぱいになった。

また、定額制音楽配信サービス“AWA"にてアルバム全曲を先行配信するという、日本人アーティストとして初の試みを行ったことで話題となっているアルバム『M(A)DE IN JAPAN』から新曲「FLOWER」など7曲を歌唱。さらに、定番のヒット曲「evolution」も和太鼓を用いたリアレンジヴァージョンでパフォーマンスするなど、終始、和の要素をふんだんに取り入れたステージで観客を魅了した。

さらに、ダンサー、パフォーマー総勢16名がフライングやアクロバットなどのパフォーマンスを繰り広げ、ショウの本場、ラスベガスに引けを取らない、エンタテインメントを見せつけた。

これまでも浜崎あゆみのライヴはコンサートというよりエンタテインメントショウとしての完成度の評価が高かったが、今回はさらにスケールアップしているので、是非生で体験し、その目に焼き付けて欲しい。

なお、2日間で17,000人を動員したこの名古屋公演を皮切りに、7月18日の大阪での最終公演まで、全国9都市17公演で約12万人を動員する。

■『ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 A 〜MADE IN JAPAN〜』

5月21日(土) 宮城 ゼビオアリーナ
5月22日(日) 宮城 ゼビオアリーナ
5月28日(土) 静岡 エコパアリーナ
6月03日(金) 広島 グリーンアリーナ
6月11日(土) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
6月12日(日) 兵庫 神戸ワールド記念ホール
6月18日(土) 福岡 マリンメッセ福岡
6月19日(日) 福岡 マリンメッセ福岡
7月02日(土) 福井 サンドーム福井
7月08日(金) 東京 国立代々木競技場第一体育館
7月09日(土) 東京 国立代々木競技場第一体育館
7月10日(日) 東京 国立代々木競技場第一体育館
7月16日(土) 大阪 大阪城ホール
7月17日(日) 大阪 大阪城ホール
7月18日(月) 大阪 大阪城ホール
※終了分は割愛

■全国ツアー特設サイト
http://www.madeinjapan-ayu.jp

【関連リンク】
浜崎あゆみ オフィシャルHP
浜崎あゆみ、全国ツアーで写真撮影OK!
浜崎あゆみ、ニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』全楽曲をAWAにて独占先行配信!
浜崎あゆみの『A BEST』15周年記念盤に、浅田真央、仲里依紗、古市憲寿らが寄稿

【関連アーティスト】
浜崎あゆみ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

祝・パンク40周年! 僕を夢中にさせた日本のパンク5曲
Mon, 16 May 2016 18:00:00 +0900
Hi-STANDARD『Angry Fist』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

「パンク40周年」とコピーを打たれ、セックス・ピストルズが表紙の『rockin’on』誌を書店で見かけた。アメリカでラモーンズのデビューアルバム『ラモーンズの激情』がリリースされ、イギリスでセックス・ピストルズのデビュー・シングル「アナーキー・イン・ザ・UK」が発売されたのが76年。それから40年という意味なのだが、日本でも77年にTHE STAR CLUB、78年にアナーキーが結成され、80年代初頭には“パンク”という言葉やパンクの反体制なイメージが少しずつ浸透。その後も進化や変化を遂げ、パンクは日本独自の熟成を遂げていった。ここでは75年生まれ、現在41歳とパンクとほぼ同世代の僕が、自分の体験に重ねながら日本のパンクバンドを紹介。おじさんの思い出話に付き合って!

■1.「パンク・ロック」(’87)/THE BLUE HEARTS

僕が“パンク”という言葉を知ったのはこの曲。87年リリース、アルバム『THE BLUE HEARTS』に収録された「パンク・ロック」。そのままずばりのタイトルで、《僕 パンク・ロックが好きだ 中途ハンパな気持ちじゃなくて》と甲本ヒロトがメロウに歌うこの曲で、初めて“パンク・ロック”という言葉を知った。その後、「ブルーハーツが好きだということは、パンク・ロックというものが好きなんだろう」と思った僕は、インターネットなどない時代だったので『宝島』や『DOLL』を書店で購入し、“パンク”というキーワードだけを頼りに、必死に情報を掘り下げていく。僕がまだ14歳、中2の頃の話だ。

■2.「ロマンチスト」(’82)/THE STALIN

“パンク”というワードを掘り下げた時、出会ったのがTHE STALINというバンド。僕が知った時にTHE STALINはすでに解散し、VIDEO STALINとして活動しており、初めて手に取った作品は解散後の86年にリリースされた、アルバム『STOP JAP』+『虫』が収録されたベスト盤『Best sellection』だった。ゲロ吐きそうなほど攻撃的なパンクサウンドに乗せて、《吐き気がするほどロマンチックだぜ》と叫ぶ、遠藤ミチロウの迫力とどこか色気を感じるヴォーカルに一発で惚れ込んだ僕。さらに文献(『宝島』など)を読み進めていくにつれ、全裸で豚の臓物や爆竹を投げつけるといった過激なパフォーマンスへの想像も膨らみ、“パンク”というルール無用な音楽への興味をさらに掻き立てられた。

■3.「I CAN\'T TRUST A WOMAN」(’84)/LAUGHIN\' NOSE

次に夢中になったのが89年に再結成されたCOBRA。そこからメンバーであるPONやNAOKIが在籍していたLAUGHIN\' NOSEを知り、さらに掘り下げていた時に出会った91年再発のVA『ハードコア不法集会』を聴いてブッ飛んだ。84年にAAレコードよりリリースされたこの作品、ラフィンやCOBRAとともに収録されていたのは、MOBS、LIP CREAM、GISM、OUTO、BAWS、ZOUOといった、本で名前は見たことのある伝説のバンドたち。今みたいにYouTubeやAmazonもなく、インディーズレコードを扱うお店が近くにあるわけでもなくて。文章と写真と想像でしか知ることの無かったバンドたちの貴重な音源を、僕は本当に擦り切れるほど何度も聴いていた。で、中でも一番お気に入りだったのが、やっぱりLAUGHIN\' NOSE。ラフィンは激しさの中にもPOPさを含み、楽しいという感覚や親しみやすさといった、またそれまで気付かなかったパンクの側面を見せてくれた気がした。

■4.「fighting fists,angry soul」(’97)/Hi-STANDARD

上京した僕は水を得た魚のようにライヴハウスやレコード屋に通い、一時期はパンクを離れてアンダーグラウンドな方へと趣味を進めていくのですが。再びパンクへと回帰したきっかけは97年、5月にアルバム『ANGRY FIST』をリリース、8月に『AIR JAM \'97』を開催したHi-STANDARDとの出会いだった。Tシャツ&短パン姿の3人が鳴らす圧倒的にPOPなパンクはそれまでより激しいもの、コアな物を求めていた僕には最初こそ抵抗があったが、『ANGRY FIST』を聴いた時、『AIR JAM』での強烈なステージを見た時に感じた彼らのパンクスピリットは、僕のしょうもない価値基準をぶち壊すのに十分すぎるものだった。あれから19年。九州の震災を受けたHi-STANDARDは、今年12月に4年振りとなる『AIR JAM』を開催することを発表。意志と信念を貫き続ける変わらぬ姿勢、本当に尊敬します。

■5.「その向こうへ」(’11)/10-FEET

そして現在、“パンク”という言葉は今も大きな影響力を持ち続け、たくさんのバンドが“パンク”に誇りを持って活動を続けているが。現代の若い子が頭に描き、憧れる“パンク”を体現しているのが10-FEETなんじゃないか?と思ってる。ライヴバンドとして熱く真っ直ぐなメッセージを届け続ける活動スタイルにも意志と信念を感じるが。NO FUTUREと叫ぶのも虚しい今の時代、現実や自分自身としっかり向き合った上で真っ当なことを叫び続け、諦めずに“その向こうへ”と歩み続ける姿勢こそがパンクだと思う。自身主催の『京都大作戦』は同じ意志を持つバンドたちが集い、いまや日本を代表するロックフェスに成長。『京都大作戦』で圧倒的エネルギーを放つステージを見ながら感じる、「ここから何か、大きく世界が変わるかもしれない」という希望と興奮。これこそ、僕がパンクに惹かれ続ける理由のような気がする。

【関連アーティスト】
10-FEET, Hi-STANDARD, THE BLUE HEARTS
【ジャンル】


水曜日のカンパネラ、ニューアルバム『UMA』ジャケ写がついに解禁
Mon, 16 May 2016 17:00:00 +0900
アルバム『UMA』 (okmusic UP\'s)

リリース発表時に未確認とされていた水曜日のカンパネラのニューアルバム『UMA』のジャケット写真が明らかになった。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

本作は、ワーナーミュージック・ジャパン(Atlantic Japan)からのリリース第一弾となるアルバム。"UMA"とは、謎の未確認動物を意味する Unidentified Mysterious Animalの頭文字から取られたもので、目撃例や噂はあるが、実在が確認されていない生物の総称である。今回明かされたジャケット写真は、植物が生い茂る荒廃した遊園地がテーマ、全体が水彩画で描かれたミステリアスな雰囲気を醸し出すものとなっている。ところどころには、UMAと思しきキャラクターの存在も確認されており、これが現在明かされていない楽曲にどう関わってくるのか気になるところだ。

前作の『ジパング』同様、今回もデザインはOTAMIRAMSが担当。キャラクターの絵をコムアイの友達である野崎くんが担当している。アルバムに関してコムアイからもコメントが届いているので、こちらも是非チェックを。

さらに、このアルバムを引っ提げたツアー「未確認ツアー」が6月25日(土)より全国7都市の会場で開催されることも同時に発表された。タイトルは未確認だが、是非中身は確認してほしいとのこと。5月28日(土)よりチケットの一般発売もスタートする。

そのほか、どのような楽曲が収録されるか、どのようなツアーになるのか、詳細は未確認のため、今後の続報に期待して待ちたい。

■【コムアイよりコメント】

好奇心の強いEPが出来ました。
三途の川まで行って戻ってきた、という例えがありますが、そういう音源ができたと思います。
曲が始まって滑走していくと、気づいたら異界にトリップしていて、普通はもうそれで命綱が切れれば無重力の世界に放り出されてしまうのですが、ふっと我に返るタイミングがある。
すでに公開しているチュパカブラのMVでは、デコトラの荷台にさらわれ、異界に導かれます。
異界との境界にはシンボルとなるきっかけがあります。橋だったりトンネルだったり飛行機だったり。そして戻ってくるために必要なきっかけもある。
ショート(バッド)トリップ=ちょっと行ってちゃんと戻ってこれる悪夢をお楽しみいただけるかと思います。

■アルバム『UMA』

2016年6月22日(水)発売
【初回限定盤】(CD+Tシャツ)
WPCL-12387/¥3,611+税
【通常盤】(CD)
WPCL-12388/¥2,315+税

■『未確認ツアー』

6月25日(土)  新木場STUDIO COAST
7月02日(土)  福岡 嘉穂劇場
7月06日(水)  札幌 PENNY LANE24
7月09日(土)  岡山YEBISU YA PRO
7月10日(日)  広島CLUB QUATTRO
7月16日(土)  名古屋 DIAMOND HALL
7月18日(月・祝)  京都 萬福寺

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
水曜日のカンパネラ、メジャー初アルバムは「チュパカブラ」を含む未確認盤!?
水曜日のカンパネラ、「SXSW2016」の模様を2つの映像で公開
水曜日のカンパネラが「SXSW」でメジャーデビューを発表

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
J-POP

LOUDNESS、ファン選曲ベスト投票中間結果を発表! 気になる1位はあの名曲!
Mon, 16 May 2016 16:00:00 +0900
LOUDNESS (okmusic UP\'s)

7月6日に発売されるLOUDNESSの35周年記念アルバム初回盤の2枚目に収録されるファン投票ベストアルバム。その収録曲決定に向けた、ファンからの人気楽曲リクエスト投票企画の中間発表が行なわれた。

【その他の画像】LOUDNESS

4月27日からスタートしたこの企画では、オフィシャルHPに開設された投票ページにて、LOUDNESSのレーベルの垣根を超えた約300曲を対象としたファン投票を募集。写真をつけて楽曲投票すると、投票者全員がフォトモザイクという技術でアルバムのブックレットに掲載されるという、ファンによる究極のベストアルバムとなる。

今回の中間発表では、現時点での上位50曲が明らかにされた。現時点で1位に輝いたのは、1984年にリリースされて以降、常にライヴで演奏されてきた定番曲としてもおなじみの名曲「CRAZY DOCTOR」。2位には、LOUDNESSが大きく成長するきっかけとなった3rdアルバム収録の「IN THE MIRROR」、3位には、バンドが世界的ブレイクを果たしたアルバム『THUNDER IN THE EAST』のリードトラック「CRAZY NIGHTS」がランクインした。その他、上位楽曲には人気曲が目白押しとなっている。

投票は5月24日まで行なわれ、上位10数曲が7月6日に発売されるLOUDNESSの最新アルバム『SAMSARA FLIGHT〜輪廻飛翔〜』初回限定盤に収録されることになる。最終発表までに順位が変動する可能性は充分にあるので、まだ投票を済ませていないファンは、自分の一押しの楽曲を忘れずに投票しておこう。

さらに、投票締め切り直前の22日(日)には、LOUDNESSのメンバー・二井原実と山下昌良が生出演するニコニコ生放送緊急特番が行なわれることが決定した。その番組では、35年の全楽曲からメンバー自身が選ぶ「この3曲」の発表や、『SAMSARA FLIGHT〜輪廻飛翔〜』のセルフリメイク作品の収録曲やジャケット写真の発表など、盛り沢山の内容が予定されているのでチェックしてみよう。

■LOUDNESS「35周年記念ファン選曲ベストアルバム」投票企画キャンペーンページ
http://columbia.jp/loudness35th/

■【LOUDNESS ファン選曲ベストアルバム 中間発表(5/15付)】

1位 Crazy Doctor
2位 In The Mirror
3位 Crazy Night
4位 S.D.I
5位 Loudness
6位 SOLDIER OF FORTUNE
7位 Dream Fantasy(夢・Fantasy)
8位 Like Hell
9位 Gotta Fight
10位 Let It Go
11位 Speed
12位 Milky Way
13位 Rock \'N Roll Gypsy
14位 Road Racer
15位 Ares\' Lament(アレスの嘆き)
16位 Lonely Player
17位 Esper
18位 The Sun Will Rise Again
19位 Mr.Yesman
20位 The Night Beast
21位 Burning Love
22位 METAL MAD
23位 FIRESTORM
24位 Sexy Woman
25位 Shadows Of War
26位 SLAUGHTER HOUSE
27位 Black Star Oblivion
28位 Heavy Chains
29位 Long Distance Love
30位 So Lonely
31位 Angel Dust
32位 Get Away
33位 The Law Of Devil\'s Land
34位 This Lonely Heart
35位 Die Of Hunger
36位 Exploder
37位 Rock Shock(More And More)
38位 Survivor
39位 The Lines Are Down
40位 Jealousy
41位 PRAY FOR THE DEAD
42位 Run For Your Life
43位 蜃気楼
44位 Clockwork Toy
45位 Risky Woman
46位 Sleepless Night
47位 Take Me Home
48位 Who Knows(Time To Take A Stand)
49位 Black Wall
50位 Devil Soldier

■ニコニコ生放送 「LOUDNESS メンバー生出演〜LOUDNESS 35周年投票企画緊急特番〜」

放送スケジュール:5月22日(日)16:00-20:00
出演:二井原実、山下昌良(LOUDNESS)
<内容>
・映像パート(前半)
・この番組だけの秘話満載! メンバーに聞くLOUDNESS 35年の歩み。
・投票締め切り直前! 他メンバーも参加!? メンバーが選ぶ「この3曲!」。
・アルバム『SAMSARA FLIGHT〜輪廻飛翔〜』収録楽曲発表!!
・ジャケット・アートワークも初公開!
・初回盤DVD収録「THUNDER〜」完全再現ライブ映像一部初公開!
http://live.nicovideo.jp/watch/lv263208024

■アルバム『SAMSARA FLIGHT〜輪廻飛翔〜』

2016年7月6日発売
【初回盤】(2CD+DVD)
COZP-1186〜8/¥7,000+税
<収録内容>
■DISC1
1st〜3rdアルバム最新セルフリメイクアルバム(全12曲)
■DISC2
ファン選曲によるLOUDNESS全キャリアオールタイムベストアルバム(収録曲数未定)
■DISC3(DVD)
THUNDER IN THE EAST完全再現ライブ@渋谷公会堂(収録曲数未定)

【通常盤】(CD)
COCP-39624/¥2,800+税
<収録内容>
1st〜3rdアルバム最新セルフリメイクアルバム(全12曲+ボーナストラック1曲)

【関連リンク】
LOUDNESS オフィシャルHP
LOUDNESS、ファン選曲ベスト投票企画の中間結果をニコ生10時間特番で発表
LOUDNESS、35周年を記念したファン選曲ベスト投票企画がスタート
LOUDNESS、35周年を記念した最強パッケージ「SAMSARA FLIGHT〜輪廻飛翔〜」が7月にリリース決定

【関連アーティスト】
LOUDNESS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

赤色のグリッター、7月にニューシングル「ラン・ロン・ロン」をリリース
Mon, 16 May 2016 15:00:00 +0900
赤色のグリッター (okmusic UP\'s)

赤色のグリッターがニューシングル「ラン・ロン・ロン」の発売を発表した。

【その他の画像】赤色のグリッター

TOKYO FM の人気番組『SCHOOL OF LOCK!』のリスナーに向けて書き下ろし、昨年の生放送で初披露した楽曲「ラン・ロン・ロン」。タイトルは“おまじないの呪文"であり、同世代のファンを勇気づける意味合いが込められている。

カップリングはソングライター佐藤リョウスケの新たな一面を感じる楽曲を収録。“ほんね"を詰め込んだ歌詞にも注目してほしい。また今作もHY、高橋優、クリープハイプなどを手がけた浅田信一氏とタッグを組み、よりパワフルに、さらにポップなバンドサウンドを鳴らしている。

併せて、7月10日(日)に自主企画『赤色祭〜あかいろまつり〜』の開催を発表! この赤色祭は昨年に続き2回目の開催で、赤色のグリッターが同世代アーティストシー ンを盛り上げて発信していこうという意思のもと開催。 夏にふさわしく、出店なども登場する予定だ。さらに、本イベントは新宿ロフト40周記念公演でもあるとのことで、見逃せない。5月16日よりチケット先行予約がスタートしたので、気になる方はチェックしてみよう。

■シングル「ラン・ロン・ロン」

2016年7月6日(水)発売
PECF-3166/¥926+税
<収録曲>
1.ラン・ロン・ロン
2.わたしのほんね
3.絵具のパレット

■SHINJUKU LOFT 40TH ANIVERSARY×赤色のグリッターpresents『赤色祭〜あかいろまつり〜』

7月10日(日) 新宿ロフト
時間:開場 17:00/開演 17:30
出演:赤色のグリッター and more!!
<チケット>
『Live Pocket』にて受付中
料金:前売 ¥2,500 / 当日 ¥3,000
期間:5月16日 12:00〜5月26日 21:00まで
※お一人様2枚まで
https://t.livepocket.jp/e/ov3dp

【関連リンク】
赤色のグリッター オフィシャルHP
『NIIGATA RAINBOW ROCK 2016』出演アーティスト第2弾が明らかに!
赤色のグリッター、思い出の地・渋谷WWWで初ワンマン開催決定
Brian the SunのリリースツアーにLAMP IN TERREN、赤色のグリッター等が参戦決定

【関連アーティスト】
赤色のグリッター
【ジャンル】
ジャパニーズロック

くるり・岸田繁が京都市交響楽団へ30分を越える交響曲を書き下ろし
Mon, 16 May 2016 14:00:00 +0900
くるり (okmusic UP\'s)

くるりのヴォーカル・ギターをつとめる岸田繁が、「京都市交響楽団」へ30分を越える交響曲を書き下ろすことが明らかとなった。

【その他の画像】くるり

「京都市交響楽団」は、今年60周年を迎える日本の大編成を有する歴史あるオーケストラで、2015年に「第27回ミュージック・ペンクラブ賞」、栄誉ある「第46回サントリー音楽賞」を常任指揮者の広上淳一とともに受賞する等、近年の活躍も著しい交響楽団である。

今回はその「京都市交響楽団」より依頼をうけ、『京響プレミアム』という京都市交響楽団が他ジャンルの音楽家等と向き合い、オーケストラの新しい可能性を提供する企画にて、岸田が30分を越える交響曲を書き下ろす。その初演は京都にて12月4日に開催されることも決定。先チケットは5月16日よりくるりのファンクラブにて先行予約がスタート。そして、5月16日開催の「NOW AND THEN vol.3」大阪オリックスホール、5月17日開催の京都ロームシアター公演にて来場者先行受付も実施されるとのこと。

■京都市交響楽団 オフィシャルHP
http://www.kyoto-symphony.jp/

■【各関係者よりコメント】

■岸田繁
昨年3月より、いくつかの交響的作品の作曲に取り組んでおります。まだ作業半ばではありますが、今年9月の完成に向けて試行錯誤を繰り返しながら、音を紡いでいます。

およそ1年半ほど前に、京都市交響楽団のマネージャー柴田氏から、同交響楽団のコンサートのためのオーケストラ作品を書き下ろしてほしい、というご提案をいただきました。

幼少の頃から親しんだオーケストラのために作品を書くなんて、夢のような話ですが、子供の頃の自分に教えてあげたいです。本格的なオーケストラ作品を書く、ということは、昔からの夢のひとつでありました。

ジャンルの垣根を超える、という言葉はある種使い古された表現になりつつありますが、私が大好きなベートーヴェンやバルトーク、ショスタコーヴィチなどの作品を聴いていると、あらゆる音楽的なトライアルを通して、ジャンルの垣根を超えながら新しいものを作ってきたのだなぁと感銘を受けました。

強い意思とアイデア、「当たり前でないもの」を追求することで、美しい音楽に昇華すべく、あくまでも大好きな「交響的作品」であることをコンセプトに、多くの皆様に感動を与える作品に仕上げようと思っております。乞うご期待ください。


■京都市交響楽団 チーフマネージャー 柴田 智靖
岸田さんとお話をした至福の時、岸田さんが熱く語ってくださったのは、今「くるり」というバンドが作り出す音楽の話ではなく「クラシック音楽」「オーケストラ音楽」への「想い」と「未来」でした。

京都市交響楽団は創立60周年を迎えます。また、京都で誕生し今や日本を代表するバンドの一つとなり、京都の音楽プライドにまでなったロックバンド「くるり」が奇しくも鮮烈デビューから20年を迎える記念すべき節目の年に両者がタッグを組み、アーティスト「岸田繁」の「もう一つの扉」を開けたいと願いました。それは、既存の楽曲をオーケストラアレンジするのではなく、作曲家として30分を越えるような大曲を作曲してもらいたいと。

京都生まれの岸田さんが初めて書き下ろした交響曲を、幼少の頃から慣れ親しんでいた「京都市交響楽団」が披露することは必然であり、これが叶えばこの「京都生まれの音楽」は世界に誇れるブランドとなる。岸田さんの音楽に対する情熱と緻密さは必ずやこの壮大なミッションをクリアいただけるエネルギーがあると感じておりました。

そして、このミッションには「クラシック・オーケストラ音楽の未来」への扉を開けるもう一つの使命を持ち合わせています。その扉をノックできるのは他ならぬ作曲家「岸田繁」なのだと確信しています。これが「クラシック・ライブ」の第一章の開演と信じて。

■『京響プレミアム -岸田繁「交響曲第一番」初演 京都公演-』

12月04日(日) ロームシアター京都メインホール
開演 16:00
出演:岸田繁/広上淳一/京都市交響楽団
料金:¥6,500(税込)
※未就学児入場不可
主催:公益財団法人京都市音楽芸術文化振興財団
<くるりファンクラブ先行&来場者先行受付期間>
5月16日(月)18:30〜5月28日(土)23:59

【関連リンク】
くるり オフィシャルHP
甥っ子、姪っ子と一緒に聴きたい曲
くるり、新曲「琥珀色の街、上海蟹の朝」を含むEP盤を7月6日にリリース
くるり、10回目の「京都音楽博覧会2016」を9月に開催!

【関連アーティスト】
くるり, 岸田繁
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MICHI、5月18日発売のシングル「リアリ・スティック」発売記念イベントがスタート!
Mon, 16 May 2016 13:00:00 +0900
MICHI (okmusic UP\'s)

MICHIがTVアニメ「クロムクロ」のEDテーマにして自身三枚目のシングル「リアリ・スティック」の発売を記念した、全国13箇所を回るイベントをスタートさせた。

【その他の画像】Michi

国内外での活躍が注目を集めている彼女だが、現在世界中からの出演のオファーが急増中! 6月にバンコク(タイ)で開催される『東京ドラマフェスティバル』の他、7月24日(日)に上海(中国)で行われる『BiliBili Macro Link2016』への出演、さらに北米での二大アニメコンベンション『Anime Japan』(7月1日〜4日@ロサンゼルス)、『OTAKON』(8月12日〜14日@ボルチモア)への出演が発表となっている。

なお、発売記念イベントは6月12日(日)まで各地開催を予定。「リアリ・スティック」に関してのコメントも到着したので、ぜひ合わせてチェックしてみてはいかがだろうか。

(C)クロムクロ製作委員会

■【MICHI コメント】

「特に好きなのはDメロの”愛”について歌っているところです。恋愛・家族愛・友情と人間には色々な愛の形がありますが、ヒロインの由希奈ちゃんの心の葛藤を通して書かれたこの詞は、アニメのストーリーをより魅力的に見せてくれるのは間違いないですし、三次元の実生活の中においても、皆さんに共感してもらえる曲だと思います。」

「日本はもちろん海外でも、皆さんの前で歌う機会が増えてすごく嬉しいです。アメリカ(合衆国)でライヴをするというのはデビューからの夢だったので、こんなに早くに実現するとは夢にも思いませんでした。食べ過ぎてまた太っちゃいそうです(笑)。「クロムクロ」は主人公がサムライなので、これからスタートする日本でのリリースイベントや世界でのライヴ一つ一つが“武者修行"だと思って全力で歌いたいと思います。」

■【MICHI 3rd Single「リアリ・スティック」リリース記念イベント】

5月17日(火)19:30〜 【東京・秋葉原】とらのあな秋葉原店C 4F
5月18日(水)19:00〜 【東京・秋葉原】アニメイト秋葉原6F
5月20日(金)19:00〜 【大阪】アニメイト天王寺
5月21日(土)13:00〜 【大阪】ゲーマーズなんば店
5月21日(土)17:00〜 【京都】ゲーマーズ京都店
5月22日(日)12:30〜 【埼玉】アニメイト大宮
5月22日(日)17:30〜 【神奈川】TSUTAYA 横浜みなとみらい店
5月26日(木)19:00〜 【東京・新宿】アニメイト新宿B2F animate hall SHINJUKU
5月29日(日)12:30〜 【名古屋】第1アメ横ビル(ゲーマーズ名古屋店)
5月29日(日)16:30〜 【名古屋】第3太閤ビル3F(アニメイト名古屋)
6月11日(土)16:30〜 【沖縄】近日発表
6月12日(日)14:00〜 【東京】「MICHIんちゅ祭Vol.1」@都内某所 ※事前応募制

■詳しい参加方法はオフィシャルHP:
http://michi-stbe.com/news908-20160414

【関連リンク】
MICHI オフィシャルHP
MICHI オフィシャルTwitter
Brian the Sun、野外イベントにてメジャーデビューシングル「HEROES」を初披露
藍井エイル「初めての経験」、最先端技術“KAGURA”を駆使したパフォーマンス披露

【関連アーティスト】
Michi
【ジャンル】
J-POP, イベント

RHYMESTER、自身主催による野外音楽フェスティバル『人間交差点 2016』第2回が大盛況で終了
Mon, 16 May 2016 13:00:00 +0900
5月15日@RHYMESTER presents 野外音楽フェスティバル『人間交差点 2016』 (okmusic UP\'s)

RHYMESTERが主催する野外音楽フェスティバル『人間交差点 2016』の第二回が5月15日、お台場の野外特設会場で開催! 大盛況の中、幕を閉じた。

【その他の画像】RHYMESTER

好天に恵まれた日曜日、朝9時半からSEX山口のDJプレイで開場。豪華オープニングアクトのライブを経て、Mummy-D・宇多丸・DJ JINの3人が壇上で開会を宣言。

スタイルもジャンルも異なるライブ巧者が次々とステージに登場して会場を盛り上げ、全国各地から集まった幅広い年齢層の観客達はキッズエリアも完備・場内は出入り自由という事もあり、それぞれ思い思いの過ごし方で音楽を楽しんでいる姿が印象的だった

昨年同様RHYMESTERの3人は昨年同様、フューチャリング曲での客演パフォーマンス・ゲストアーティストの呼び込み・オリジナルフード&ドリンクメニューのプロデュースなど、終日様々な形でイベントのホスト役として会場を盛り上げた。

大トリで登場したRHYMESTERは堂々たる主役っぷりでのパフォーマンス。シークレットゲスト、PUNPEEも登場し満員の観客は大いに沸いた。

アンコールでは現在制作中だという次回作から新曲も初披露。フィナーレは第一回に引き続き「プロの一本締め師」ことDJ JINによる一本締めで会場が一つになった。

■RHYMESTER presents 野外音楽フェスティバル『人間交差点 2016』

5月15日(日) お台場野外特設会場
<出演(五十音順)>
RHYMESTER、OZROSAURUS、Creepy Nuts (R-指定 & DJ松永)、KOHH、ゴスペラーズ、サイプレス上野とロベルト吉野、さかいゆう、SUPER SONICS、SEX山口、三浦大知、MONGOL800、RIP SLYME、lecca 

■「人間交差点」特設サイト:http://www.nkfes.com/
ハッシュタグ #nkfes

【関連リンク】
RHYMESTER オフィシャルHP
レジェンド復活!『いとうせいこうフェス』開催決定!
ビクター新レーベル、CONNECTONE初の主催イベントにRHYMESTERが出演決定
RHYMESTER主催『人間交差点 2016』出演アーティスト第2弾は三浦大知やモンパチら4組

【関連アーティスト】
RHYMESTER
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ, フェス

T.M.Revolution、デビュー20周年記念日の5月13日より全国ツアーをスタート
Mon, 16 May 2016 12:30:00 +0900
5月13日@よこすか芸術劇場 (okmusic UP\'s)

T.M.Revolutionが自身のデビュー20周年記念日である2016年5月13日から全国ツアー「T.M.R. LIVE REVOLUTION\'16 -Route 20-」をスタートさせた。

【その他の画像】T.M.Revolution

18年前に初めて47都道府県を回った全国ツアー「T.M.R. LIVE REVOLUTION \'98 -Joker Type 2-」で訪れたよこすか芸術劇場でツアー初日を迎え、大ヒットを記録している『2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST-』に収録された代表曲を中心に全20曲を熱唱。まさに「ベスト・オブ・ベスト」とも言えるセットリストに、集まった超満員の観客が熱狂した。

なお「T.M.R. LIVE REVOLUTION\'16 -Route 20-」は、12月24日まで8ヵ月かけて全国47都道府県50公演を予定している。

【関連リンク】
T.M.Revolution オフィシャルHP
T.M.Revolution、ベスト盤のブックレットも突風攻め!
T.M.Revolution × “Hi-Res Tasting Spot"、ハイレゾ音源3曲を含む計6曲を店頭展開開始
T.M.Revolution、オールタイム・ベストアルバム発売日に生放送番組へゲリラ出演!

【関連アーティスト】
T.M.Revolution
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Brian the Sun、野外イベントにてメジャーデビューシングル「HEROES」を初披露
Mon, 16 May 2016 12:00:00 +0900
5月15日(日)@「Eggs presents FM802「Rockin’ Radio!」」 (okmusic UP\'s)

Brian the Sunが5月15日(日)、大阪城野外音楽堂で行われた音楽イベント「Eggs presents FM802「Rockin\' Radio!」」に出演。メジャーデビューシングルとなる『HEROES』をLIVEで初披露した。

【その他の画像】Brian the Sun

同曲はイベントの主催でもあるFM802の5月のヘビーローテーション楽曲に選定されており、演奏が始まると集まった観衆からは大歓声があがった。

「HEROES」はメジャーデビューシングルとして6月1日にリリースされ、翌日からは全国18都市を巡るツアーがスタートする。

■「HEROES」MV Short ver.
https://youtu.be/uG_Yui6ZQD8

【関連リンク】
Brian the SunオフィシャルHP
Brian the Sun、メジャーデビューシングルがFM802の5月ヘビーローテーションに
Brian the Sun、メジャーデビューシングル「HEROES」のCDジャケット公開
Brian the Sun、6月スタートの全国ツアータイトルと詳細を発表

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

塩ノ谷早耶香、シングル発売を記念して全国でミニライブ&握手会を開催
Mon, 16 May 2016 12:00:00 +0900
塩ノ谷早耶香 (okmusic UP\'s)

塩ノ谷 早耶香がニューシングル「SMILEY DAYS」の6月22日発売を記念して、ミニライブ&握手会を開催することが決定した。

【その他の画像】塩ノ谷早耶香

握手会は当日、対象の店舗にてニューシングルを購入した方が参加出来る。

また、発売ウィークのイベント限定スペシャル特典として、オリジナルコラージュステッカーもプレゼント。塩ノ谷本人がSNSにUPしそうな写真をデザインした、かわいいステッカーとなっている。

■シングル「SMILEY DAYS」発売記念ミニライブ&握手会

6月21日(火) ららぽーと豊洲(東京都)
(1)17:30〜/(2)19:30〜 
6月22日(水) タワーレコード横浜ビブレ(神奈川県)
(1)18:00〜/(2)20:00〜 
6月23日(木) プレ葉ウォーク浜北(静岡県)
(1)18:00〜/(2)20:00〜 
6月24日(金) アスナル金山(愛知県)
(1)16:30〜/(2)18:00〜 
6月25日(土) チャチャタウン小倉(福岡県)
(1)12:00〜/(2)15:00〜 
6月26日(日) もりのみやキューズモール(大阪府)
(1)13:00〜/(2)16:00〜 

※各会場のご参加方法、注意事項は下記URLページで必ずご確認ください。
http://www.kingrecords.co.jp/cs/t/t8136/

【関連リンク】
塩ノ谷 早耶香 オフィシャルHP
塩ノ谷 早耶香、待望のニューシングル発売&リリースイベント開催を発表
塩ノ谷早耶香がCREAMとイベントで共演し、コラボ曲を披露
塩ノ谷 早耶香、自らの上京物語を描いた「流れ星」MVで演技初披露

【関連アーティスト】
塩ノ谷早耶香
【ジャンル】
J-POP

忘れらんねえよ、対バンツアーの続編「ツレ伝サマー」開催決定
Mon, 16 May 2016 11:00:00 +0900
「ツレ伝サマー」ロゴ (okmusic UP\'s)

忘れらんねえよが主催ライブ「ツレ伝」の続編となる「ツレ伝サマー」の開催を発表した。

【その他の画像】忘れらんねえよ

ツレ伝とは、忘れらんねえよが尊敬する先輩、同期、後輩バンドやアーティストを集い行う2マンツアー。今回は、7月19日東京恵比寿リキッドルーム、7月28日に大阪梅田AKASOにて開催される、対バン相手はまだ未発表のままである。

今年3月まで行われていた「ツレ伝 2016」では、SUPER BEAVER、BLUE ENCOUNT、夜の本気ダンスなど、そうそうたるメンツにて行われただけに、今回も「ツレ」の発表に期待したい。

■忘れらんねえよ主催「ツレ伝サマー」

7月19日(火) 東京 LIQUIDROOM
7月28日(木) 大阪umeda AKASO
■オフィシャル先行
http://w.pia.jp/t/wasureranneyo/
受付期間: 5/14(土)21:00〜5/22(日)23:59

【関連リンク】
忘れらんねえよ オフィシャルHP
忘れらんねえよ、10月にZepp DiverCityでのワンマン開催を発表
忘れらんねえよ、ツレ伝ツアーファイナルをニコ生独占中継&重大発表も
忘れらんねえよ、青春ガングロギャルムービー『黒い暴動』の主題歌を担当

【関連アーティスト】
忘れらんねえよ
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1