歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年05月11日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/05/20
2016/05/19
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
プラスチックスの『WELCOME PLASTICS』が示したものは、それまで世界になかったバンドグルーブ
Wed, 11 May 2016 18:00:00 +0900
PLASTICS『WELCOME PLASTICS』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

オリジナルアルバム『WELCOME PLASTICS』『ORIGATO PLASTICO』『WELCOME BACK』のデラックスエディションが今年3月にリリースされたプラスチックス。5月10日にはブルーノート東京において再結成ライヴを開催する予定で、本コラムが配信される頃には大盛況のうちに幕を閉じているに違いない。今回はテクノポップ黎明期の1980年代初頭に活躍し、P-MODEL、ヒカシューとともに“テクノ御三家”とも言われたレジェンダリー・バンドの音楽性を再検証してみたいと思う。

■デビュー直後に世界進出を果たす

Perfume、きゃりーぱみゅぱみゅ、最近では何と言ってもBABYMETALの快進撃の話題が熱いが、昨今、日本人アーティストの海外進出は不思議ではない程度に活発になっている。彼女らの他にも、DIR EN GREYやONE OK ROCK、あるいはMIYAVIらが欧米でも精力的に活動を展開している。しかし、70年代後半までは、少なくともポピュラーミュージックにおいて日本人の奏でる音楽が海外で評価されると考えた人は、当の音楽関係者の中にはそれほど多くなかったに違いない。そんな中、1979年のデビュー直後、インディーズレーベルとはいえ、英国の“ラフ・トレード・レコード”から音源をリリースしたり、B-52\'sやラモーンズ、トーキング・ヘッズらとのワールドツアーを実現させたりしたプラスチックスは、歴史的に見て稀有なアーティストと言える。その活動形態において彼らと並び称されるのはサディスティック・ミカ・バンドとイエロー・マジック・オーケストラ(以下YMO)くらいだろうか(それを思うと、両バンドに参加した高橋幸宏というアーティストが邦楽史においてもっとも傑出した人物であることが分かるが、それはまた別の機会にでも…)。

■テクノポップとは一線を画した思想

プラスチックスの結成は76年。当初は中西俊夫(Gu&Vo)、佐藤チカ(Vo)、立花ハジメ(Gu)の他にベース、ドラム、キーボードとコーラスがいたというが、上記3名以外が辞めたところへ、佐久間正英(Key)が参加。さらに作詞家の島武実がリズムボックス担当として加わって今も知れ渡るメンバーが揃った。そんなプラスチックスの1stアルバム『WELCOME PLASTICS』。まず、恐縮ながら個人的な感想から述べさせてもらうと、リアルタイムで聴いた時、正直、ピンと来なかったことを覚えている。当時のテクノと言えば代表はYMO。その流れからプラスチックスを手にしたのだが、YMOは歌がないとはいえ、所謂ポップミュージックの公式に当てはまる展開を有している。P-MODELの平沢進がYMOを指して「あれはフュージョンだと思っていた」と言ったという逸話の通りで、あのポップさは音楽的な素養も何もない田舎の中学生にも分かりやすいものであった。一方、プラスチックスの音楽性は、テクノはテクノでもYMOとは別物だった。決して難解な音楽ではないが、バンドが求めている気持ち良さが異なるのである。そこが、電子音という共通点でYMO的なものを期待した田舎の中学生には分からなかったし、『WELCOME PLASTICS』はヘヴィローテーションには至らなかった。その後、YMOの『BGM』と『テクノデリック』でポップではないテクノも聴くようになったが、残念なことにその2枚のアルバムが発表された81年にプラスチックスは解散した。

しかしながら、本稿作成にあたって『WELCOME PLASTICS』を聴き直して、今さらながらに本作のすごさが分かった。極端なことを言えば、プラスチックスの音楽は、主旋律のポップさ、キャッチーさを味わう音楽ではなく、アンサンブル、グルーブの妙味を楽しむ音楽だったのである。これこそがテクノポップとテクノとの違いと言ってもいいかもしれない。『WELCOME PLASTICS』もまったくメロディーラインがないわけではなく、M1「TOP SECRET MAN」の歌謡曲感は当時においてもノスタルジックを湛えたメロディーだし、M12「LAST TRAIN TO CLARKSVILLE」はモンキーズのカバーだ。また、M8「WELCOME PLASTICS」は知る人ぞ知る「ウェルカム・ビートルズ」が元ネタだし、M6「CAN I HELP ME?」やM10「ROBOT」でもビートルズ・オマージュを聴くことができる。そこからも決してメロディーを疎かにはしていないことが分かるが、『WELCOME PLASTICS』は──本当に今さらながらであったことを恥じるが、そこだけに重きを置いた作品ではないのだ。初期YMOは歌をヴォーカルではなく電子楽器に委ねたが、プラスチックスはヴォーカルに歌ではなく楽器的なポジションを与え(M9「I LOVE YOU OH NO!」辺りのヴォーカルで聴かせる過度な抑揚にその意図が垣間見える)、バンド全体でのアンサンブル、グルーブを押し出したのだと思う。

■世界に比類なき独自のアンサンブル

プラスチックスサウンドの特徴と言えば、何と言ってもリズムボックスの使用だろう。ループミュージックと言ってしまえば簡単だが、単調かつ、良くも悪くもブレのないリズムに、概ね一定の音階を繰り返すギターとヴォーカルが乗ったものがプラスチックスの楽曲である。M2「DIGITAL WATCH」、M4「I AM PLASTIC」、M7「TOO MUCH INFORMATION」、M11「DELICIOUS」、M13「DELUXE」、M14「COMPLEX」…それはほとんどの収録曲で確認できる。しかし、単調とは書いたが、それはビートだけで、楽曲そのものの聴き応えは実にグルービーなのがプラスチックスサウンドでもある。一般的にグルーブは、ドラムスの2、4拍目のスネアの打点が微妙にズレることで生まれると言われるが、機械的なビートに対して絶妙にギターとヴォーカルとを重ねることでグルーブを生み出したのがプラスチックスの大発明だったのではなかろうか。しっかりと歴史的な検証を行なったわけではないのでこれはあくまでも私見であることを断っておくが、プラスチックスが拍子は無機質でありながら、音楽特有のノリを出すことに成功したのは、ハウスミュージックの発祥と同時期であり、現在のテクノよりも10年余り早かったことも付加しておきたい。

これまた想像でしかないが、60年代後半から活動しているアーティストの命題は欧米に寄らない独自の音楽性の創造であったように思う。はっぴいえんどしかり、山下達郎しかり、荒井由実しかり、である。ブルースやソウル、あるいはR&Rやファンクから影響を受けて生まれた日本のロック、ポップスは、ある時期からその磁場を逃れようと試行錯誤を繰り返した。YMOは「黄色人種独自の音楽を作り上げる」とシンセサイザーを駆使した音作りをオリジナリティーとしたが、プラスチックスはあえてリズムでのノリを抑えることで独自のうねりを発揮しようと試みたのだろう。それは確実に成功した。さらに彼らはその完成品を引っ提げて自力で渡米し、マネージメントと契約を結んで、ワールドツアーを行なったというのだから、完全に本懐を果たしたとも言える。

【関連アーティスト】
プラスチックス, 立花ハジメ, 佐久間正英
【ジャンル】


LILI LIMIT、7月13日のメジャーデビューをファンへ「郵便はがき」で報告
Wed, 11 May 2016 22:00:00 +0900
LILI LIMIT (okmusic UP\'s)

山口県出身の5人組バンド・LILI LIMITが7月13日にキューンミュージックよりメジャーデビューする事が発表された。

【その他の画像】LILI LIMIT

2016年1月にリリースしたインディーズミニアルバム『#apieceofcake』が、感度の高いリスナーの間で話題となっているLILI LIMIT。そのリリースを受けて新代田FEVERで行なわれたツアーファイナルの初ワンマンは早々とソールドアウト、昨年来日したデンマークの人気バンド“Mew”の前座に大抜擢されるなど、着実に実力と話題性を帯びてきている今年、待望のメジャーデビューが決定した。

今回のメジャーデビューは、事前にライブハウスやSNSでの応募を通じて行なわれたアンケートに答えたファンへ、5月11日の情報解禁前に「郵便はがき」が直接送られる形での発表となった。その「郵便はがき」は、ヴォーカルの牧野純平からの、今までデビュー前から応援してくれたファンへの感謝とメジャーデビューへの想いが綴られた内容となっている。メディアでの告知解禁から先行して、「郵便はがき」でメジャーデビューの事実を知ったファンはSNS上で「メジャーデビュー決定おめでとう!」「文章読んで思わず涙でてきた」など、喜びや驚きの声と共に、LILI LIMITのメジャーデビューを祝福した。

7月13日発売のデビューEPは4曲入りとなっており、既にライブでも披露され話題を呼んでいる「Living Room」をはじめ、LILI LIMITらしい“狂気”と“優しさ”が同居した個性豊かなポップミュージックが揃っている。初回生産限定盤には牧野が敬愛する国内外で活躍中の写真家・伊丹豪とLILI LIMITがコラボレーションした約100ページのフォトブックが同封される。

なお、5月12日 24時より放送のFM802「RADIO∞INFINITY」にて、収録曲「Living Room」が宇宙初O.A.される事が決定。さらにデビューEPのリリースを記念して行なわれるツアーの詳細も発表された。5月12日0時からはチケット先行受付が開始するので、是非チェックして欲しい。

■EP『LIVING ROOM EP』

2016年7月13日発売
【初回生産限定盤】
KSCL2739〜2740/¥1,759+税
※LILI LIMIT×伊丹豪 コラボレーションフォトブック(約100ページ予定)封入
【通常盤】
KSCL2741/¥1,204+税
<収録曲>
1. Living Room
2. Kitchen
3. Unit Bath
4. Bed Room

■『-LIVING ROOM EP Release Tour- LILI LIMIT presents PUNCTUM』

7月12日(火)  東京 青山CAY 
w/Charisma.com
7月15日(金)  大阪 Shangri-La 
w/雨のパレード
7月18日(月・祝)  名古屋 CLUB ROCK\'N\'ROLL 
w/パノラマパナマタウン、DATS

【関連リンク】
LILI LIMIT オフィシャルHP
mol-74、自主ライブイベントのゲストを発表
LINE wanna be Anchorsの自主企画にLILI LIMIT、Ivy to Fraudulent Gameら出演
Gacharic Spin、ヒステリックパニックらが『ビクターロック祭り』番外編で熱演

【関連アーティスト】
LILI LIMIT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

新山詩織、中嶋イッキュウ(tricot)等がビジュアルブログ「g.o.a.t」のコンセプトムービーに出演
Wed, 11 May 2016 21:00:00 +0900
新山詩織 (okmusic UP\'s)

株式会社 KDDI ウェブコミュニケーションズがビジュアルブログ「g.o.a.t(ゴート)」の提供にあたり、新山詩織や中嶋イッキュウ等のアーティストとコラボレートしたコンセプトムービーを公開した。

【その他の画像】tricot

g.o.a.tは、画像や動画などのビジュアルと文章の融合をより高めた新しい表現ができるブログサービス。ワイドやスクエアなどのトリミング、色味を加えるフィルター、複数枚選択した写真をきれいに並べるフォトギャラリーなど、ビジュアルを効果的に見せるための各種編集機能を搭載している。さらに、縦書き文章の背景に画像を組み合わせた雑誌風のレイアウトや、映像と組み合わせた臨場感のあるブログなど、いままでにない多彩な表現が可能になった。なお、雑誌風のレイアウトは本リリース以降での提供となるとのこと。

5月11日にベータ版事前登録サイトにて公開された新山詩織、中嶋イッキュウ、Paulie Rhymeの3名が出演するコンセプトムービーは、表現方法の進化と表現者を映像化することで、g.o.a.tの世界観を表している。新山詩織や中島イッキュウらのアカペラで魅せる力強い歌声とともに、全身から湧き出る、表現することへの思いがありのままに体現されている。

ベータ版は、登録したすべての方に対して、6月から順次提供を開始。すべての機能は無料で利用でき、日本語と英語が同時公開される。今後は提供言語を増やし、日本発、グローバルスタンダードとして利用されるブログサービスを目指すとのことだ。

■「g.o.a.t」ベータ版事前登録サイト
https://www.goat.at

■【各アーティストよりコメント】

■新山詩織
音も何もない、ただ自分の声だけが響き渡る不思議な空間。撮影中ふと、学生の頃学校から帰ってきてはギターをかき鳴らし、何かを吐き出すように歌っていた自分と同じ部屋にいる感覚になりました。アカペラで歌うことは普段あまりなかったので緊張感はありましたが、初心に戻りつつ、皆さんと一緒にひとつの素敵な作品を作れたこと、とても嬉しかったです。

■中嶋イッキュウ
どんな平凡な日常も、とてつもなく悲しい事も、歌にしてしまえば意味を持ち、美しく響きます。共鳴してくれる人がいればもっと心が満たされます。表現は、自分自身を救うためにあるのだと思います。

■Paulie Rhyme
素晴らしいプロジェクトでした。インターネットが広がりを見せる中、新しい流行を作り出す人やカルチャーを見つけることは大切です。カルチャーが人種や宗教、言葉、性別、国境を超えるのは、そこに相違点よりも共通点が多く存在するからで、そうやって私たちは気が合う人とつながっていくことができます。「g.o.a.t」はそんなふうに、人と人をつないでくれるはずです。

【関連リンク】
新山詩織 オフィシャルHP
新山詩織、デビュー3周年記念ライブツアー『19』が大盛況のうちに終了
水曜日のカンパネラ、回転MVで念願の小野妹子と髭ダンス!?
赤い公園の対バンツアーにSAKANAMON、tricot、LEGOが参加決定

【関連アーティスト】
tricot, 新山詩織
【ジャンル】
J-POP, その他

【ジャニゴトまとめ Vol.6】嵐主演ドラマから伊野尾革命まで…注目番組続々スタートの4月まとめ
Wed, 11 May 2016 20:00:00 +0900
ジャニゴトまとめ (okmusic UP\'s)

新しいクラスに初めての出勤、人事異動や転勤……この季節は何かと落ち着かない日々を過ごしている人も多いと思います(/ _ ;)

そんな時は、ジャニーズの出演番組を見てホッと一息つきたいものです。

OKMusicが運営するMusicHubzに投稿された、ジャニーズファンの熱〜いノートを紹介する「ジャニゴトまとめ」。今回は、4月に投稿された新番組にまつわるノートを集めてみました!


《ジャニゴトまとめ Vol.6 ラインナップはこちら》
・体を張ったNEWSの新番組に注目!
・今春二大注目ドラマは嵐の“じいまごコンビ”主演作
・“伊野尾革命”は本当に革命だった!?

【その他の画像】嵐

■体を張ったNEWSの新番組に注目!

4月から続々と新レギュラー番組がスタートしたのは、現在ツアー真っ最中のNEWS!

これまでも単発でレギュラー出演していましたが、新たに冠番組『変ラボ』(毎週木曜 24:59〜)、『ザ少年倶楽部プレミアム』(第3水曜 20:00〜)、『NEWSな2人』(毎週金曜 0:50〜)がスタートしました。
■変ラボ初回おめでとう!

NEWSが珍実験に挑む『変ラボ』初回は、リーダーの小山くんが“食べられる衣装作り”に挑戦! 縮む昆布やかんぴょうなどの食材と格闘して、見事衣装を完成させていました。

“共演の生徒に嫉妬…”という声もありましたが、ロケ先でのメンバーの素の表情が見られるのがこの番組の見どころなのです(*^^*)
■少プレのシゲとJUMPくんとペロ男

KAT-TUNからMCを引き継いだ『ザ少年倶楽部プレミアム』もNEWSの魅力が満載。

初回放送では手越くん&加藤くんの外ロケのほかに、Hey! Say! JUMPをゲストに迎えたコーナーも! レアな共演は両ファンから大反響を呼びました。

KAT-TUNの上田くん考案キャラクター・ペロ男がセットに紛れていたのも番組スタッフの愛を感じましたね(;_;)


ジャニゴトまとめVol.1でも“2016年はNEWSの年”とお伝えしましたが、引き続き彼らの活躍は要チェックです!
■【ジャニゴトまとめ Vol.1】ジャニーズファン大忙し月間! 黒崎くん・NEWS魂など盛りだくさんだった3月

■今春二大注目ドラマは嵐の“じいまごコンビ”主演作

今期は嵐のじいまごコンビでおなじみ、大野くんと松本くんの主演ドラマが放送されています。

大野くんが初めてラブコメに挑戦する主演ドラマ『世界一難しい恋』(毎週水曜 22:00〜)では、ジャニーズWESTの小瀧くんも出演中!

大野くんは有名ホテルチェーンの社長、小瀧くんはそのホテルチェーンの若手社員役をそれぞれ演じています。

大野くん演じる“仕事はできるのに恋に奥手な鮫島零治”、小瀧くん演じる“テキトーがモットーのチャラ男・三浦家康”……みなさんはどっちがタイプですか?

松本くんが主演を務めるのは、ドラマ『99.9−刑事専門弁護士−』(毎週日曜 21:00〜)。刑事専門ルーム弁護士という難しい役柄ですが、癖のあるキャラクターとストーリーの面白さがWで話題を呼んでいます。

同ドラマはなんと、今年の民放ドラマの視聴率1位という人気ぶり! 松本くんのスーツ&リュック姿に心奪われる人が続出しているんだとか♪


ギャップ萌えの大野くんと不思議キャラの松本くんにぜひ心癒されてみては?

■“伊野尾革命”は本当に革命だった!?

今、ものすごい人気ぶりで革命を起こしているのが、Hey! Say! JUMPの伊野尾くん!

この春も、『メレンゲの気持ち』(毎週土曜 12:00〜)と『めざましテレビ』(毎週月〜金 4:00〜 ※伊野尾くんは木曜のみ)のレギュラー出演が決定、『天才!志村どうぶつ園』(毎週土曜19:00〜)にもレギュラーパネラーとして不定期出演するなど、引っぱりだこ!

最近は単発ゲストとしてもいろんな番組で見かけますよね(^o^)

“テキトー王子”の愛称で大人気の彼ですが、数年前まではグループの中でもあまり目立たない存在だったという過去も。

ドラマ出演や先輩ジャニーズとの共演をきっかけに人気が爆発し、いまや時代が最も求める人物になったといっても過言ではないでしょう!

今後の活躍にも期待大ですね♪

■番組の感想を書いちゃいなよ!

テレビで見かけない日はないジャニーズのアイドルたち。

ついつい自分の担当が出演する番組ばかり観てしまいがちですが、きっと他にもたくさん面白い番組があるはず!

MusicHubzでは、ジャニーズ関連の番組の感想や魅力について語られたノートがたくさん投稿されています。

ぜひみなさんも自分の好きな番組にまつわるノートを書いて、その魅力をみんなに知ってもらいませんか\(^o^)/?

【関連アーティスト】
嵐, NEWS, Hey! Say! JUMP
【ジャンル】


高中正義、9月よりデビュー45周年記念ツアーを開催
Wed, 11 May 2016 20:00:00 +0900
高中正義 (okmusic UP\'s)

高校在学中につのだ☆ひろ、成毛滋がいた“フライド・エッグ”のベーシスト(!?)としてミュージシャンのキャリアをスタートさせたギタリストの高中正義がデビュー45周年を迎える。

【その他の画像】高中正義

アニバーサリー・イヤーとなる2016年は、5月22日に新木場スタジオコーストで行なわれる「Sing your song!」に出演し、6月3日と4日にはビルボードライブ東京でソロコンサートを開催。そして、9月23日の北海道を皮切りに国内5ヶ所のデビュー45周年記念ツアーの開催も決定。しかも公演最終日は高中といえばでお馴染みの会場、日比谷野音! 45年のキャリアを総括するコンサートになるようだ。

なお、デビュー45周年記念ツアーのチケットは6月11日の一般発売に先駆け、5月11日から6月5日(日)23:59まで先行予約の受付がスタートする。

■ツアー先行予約受付サイト
http://eplus.jp/takanaka2016hp/

■『デビュー45周年記念 高中正義 SUPER LIVE 2016 "THE BEST"』

9月23日(金)  北海道・わくわくホリデーホール
10月01日(土)  愛知・Zepp Nagoya
10月02日(日)  大阪・森ノ宮ピロティホール
10月10日(月・祝)  神奈川・ハーモニーホール座間 
10月22日(土)  東京・日比谷野外音楽堂
<出演メンバー>
高中正義(Guitar)/斉藤ノヴ(Percussion)/岡沢章(Bass)/宮崎まさひろ(Drums)/小島良喜(Keyboard)/青柳誠(Keyboard&Sax)/稲葉ナルヒ(Guitar)

【関連リンク】
高中正義 オフィシャルHP
高中正義、渋谷公会堂にて「SUPER LIVE 2015」を開催
イギリスから来襲…じゃなくて逆輸入された、サディスティック・ミカ・バンドの『黒船』
ギターの巨匠、高中正義 鉄オタ高じて25万の“鉄道模型ジオラマ・ギター”販売

【関連アーティスト】
高中正義
【ジャンル】
ジャパニーズロック

amazarashi、「世界分岐二〇一六」ツアーファイナルを収録した映像作品をリリース
Wed, 11 May 2016 19:30:00 +0900
『amazarashi  Live Tour 2016「世界分岐二〇一六」』 (okmusic UP\'s)

amazarashiが「世界分岐二〇一六」ツアーファイナル公演を収録したライブDVD&BD『amazarashi Live Tour 2016「世界分岐二〇一六」』を6月22日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】amazarashi

2016年1月より全国8公演に渡り行なわれたライブツアー「世界分岐二〇一六」のファイナルとして開催された中野サンプラザ公演は即日ソールドアウトのなか行なわれ、秋田ひろむがこの日のためだけに作ったストーリーの朗読と共に進行、他の公演にはないプレミアムイベントとなっている。

今作の初回限定盤にはライブ映像に加え「多数決」「エンディングテーマ」のミュージックビデオやSXSWでも話題となったリリックスピーカー開発チームが制作支援した「ライフイズビューティフル」のリリックビデオも収録されるとのこと。

今後のamazarashiは、6月5日(日) に愛知県芸術劇場で開催されるイベント「"HOT SHOT THE LIVE" amazarashi × tacica 」に参加、また10月15日(土)には幕張メッセにて初となる360°ライブを開催予定だ。

■DVD&BD『amazarashi Live Tour 2016「世界分岐二〇一六」』

2016年6月22日発売
【DVD】
■初回生産限定盤
AIBL-9361/¥4,900+税
※スリーブ、デジパック仕様
※ブックレット、ステッカー封入
※Music Video 3曲入り
■通常盤
AIBL-9362/¥4,300+税
※初回仕様:ステッカー封入

【BD】
■初回生産限定盤
AIXL-79/¥5,600+税
※スリーブ、デジパック仕様
※ブックレット、ステッカー封入
※Music Video 3曲入り
■通常盤
AIXL-80/¥5,000+税
※初回仕様 ステッカー封入

■【ライブ情報】

「"HOT SHOT THE LIVE" amazarashi × tacica 」
6月05日(日)  愛知県芸術劇場大ホール
出演:amazarashi、tacica
開場:17:00 / 開演:18:00
主催:ZIP-FM
チケット:前売 ¥5,000 / 当日 ¥6,000 (全席指定)

「amazarashi 360°」
10月15日(土)  幕張メッセ イベントホール
開場:16:00 / 開演:17:00
チケット:前売 ¥6,000 / 当日 ¥7,000 (全席指定)
※ソールドアウトの場合は当日券販売ナシ

【関連リンク】
amazarashi オフィシャルHP
amazarashi、6月のZIP-FM主催イベントでtacicaと対バン
amazarashiが3rdフルアルバムで初のオリコンTOP5入り、バンドの最高売上作に
amazarashi、最新MVで話題の『世界収束エンディングノート』を限定1,000部で発売

【関連アーティスト】
amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ストレイテナー、9thアルバム全曲ダイジェストスタジオ一発撮り【360°全方位動画】を公開
Wed, 11 May 2016 19:00:00 +0900
ストレイテナー (okmusic UP\'s)

ストレイテナーが5月18日(水)に発売する9thアルバム『COLD DISC』の全曲ダイジェストスタジオ一発撮り【360°全方位動画】をYouTubeに公開した。

【その他の画像】ストレイテナー

約6分に纏めた『COLD DISC』ダイジェスト音源に合わせた演奏シーンを360°全方位カメラで“一発撮り"撮影。普段見ることが出来ないメンバー並びで、360°全方位カメラならではの様々なシーンが楽しめる映像が完成した。繰り返し見て、お好みのシーンを探してみよう。

ストレイテナーはアルバム発売後、6月9日(木)恵比寿LIQUIDROOMから全国ツアー「Step Into My World TOUR」をスタート。夏フェス出演も続々決定し、更に躍動する彼らに要注目だ。

■アルバム『COLD DISC』全曲ダイジェストスタジオ一発撮り【360°全方位動画】
https://www.youtube.com/watch?v=qEXGVK9iqz8

【関連リンク】
ストレイテナー オフィシャルHP
ストレイテナー、ニューアルバム『COLD DISC』の収録曲を発表
04 Limited Sazabys、2ndシングル「AIM」を引っさげたツアーは強力な対バンに!
ストレイテナー、サイケデリック感満載の新曲MV「シーグラス」を公開

【関連アーティスト】
ストレイテナー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MY FIRST STORY、ワンマンツアー48本目は初の日本武道館公演に決定!
Wed, 11 May 2016 18:00:00 +0900
MY FIRST STORY (okmusic UP\'s)

MY FIRST STORYが6月末から10月まで開催する自身初の47都道府県ワンマンツアー「We\'re Just Waiting 4 You Tour 2016」の47全会場のチケットが完売。そして、48本目となる公演を11月18日(金)に日本武道館で行なうことを発表した。

【その他の画像】MY FIRST STORY

注目したいのは、こちらも結成以来初となる全席指定での公演ということ。47都道府県ワンマンツアーではオールスタンディング公演のみとなり、未就学児の入場が制限されていたが、未就学児も入場可能になる。

Hiro(Vo)は日本武道館公演特設サイトにて「老若男女問わず楽しんでもらいたい」「デビューから今までライブハウスで支えてくれたファンにMY FIRST STORYとして、今出来る最高のエンターテイメントをあえてライブハウスとは違った特別な形で届けたい」と強い想いを綴っている。

日本武道館公演のチケットは、Official Member\'s Club「STORYTELLER」にて5月11日よりチケット抽選先行がスタート。さらには6月29日発売のニューアルバム『ANTITHESE』の全3形態のCDに先行抽選チラシが封入となる。また、先日発表された「MY FIRST STORY×Tカード」が大きな話題となっているが、オフィシャル一次先行ではTカードを使って入場が可能な「Tチケット」の独占先行販売も実施される。同時にツアーのトレーラー映像も公開されているのでぜひチェックしよう。

■MY FIRST STORY 日本武道館公演特設HP
https://xxxstorytellerxxx.com/pages/budokan
■MY FIRST STORY×Tカード 特設サイト
http://tsite.jp/tticket/mfs/pc/index.html
■Member\'s Club STORYTELLER HP
https://xxxstorytellerxxx.com

■「We\'re Just Waiting 4 You Tour 2016」トレーラー映像
https://www.youtube.com/watch?v=DQ6Q9hrXj-U

■「We\'re Just Waiting 4 You Tour 2016 Final at BUDOKAN」

11月18日(金)  日本武道館
開場 17:30 開演 19:00
<チケット>
料金:¥5,400 (全席指定・税込)
年齢制限:4歳以上チケット必要。但し、お席が必要な場合チケット必要。
《先行情報》
■Member\'s Club『STORYTELLER』
1次:5月11日(水) 18:00〜5月22日(日)23:59
2次:5月26日(木) 10:00〜6月12日(日)23:59
■オフィシャル1次Tチケット抽選先行
6月17日(金)10:00〜6月30日(木)23:59
■アルバム『ANTITHESE』封入チラシ抽選先行
6月29日(水)10:00〜7月6日(水)23:59

■「We\'re Just Waiting 4 You Tour 2016」

6月30日(木)  東京 渋谷 TSUTAYA O-WEST
7月10日(日)  沖縄 桜坂セントラル
7月13日(水)  鹿児島 SR HALL
7月14日(木)  宮崎 SR BOX
7月16日(土)  大分 DRUM Be-0
7月17日(日)  熊本 B.9 V2
7月18日(月・祝)  長崎 DRUM Be-7
7月21日(木)  福岡 DRUM Be-1
7月23日(土)  佐賀 GEILS
7月24日(日)  山口 周南LIVE rise
7月26日(火)  広島 セカンド・クラッチ
7月28日(木)  岡山 CRAZYMAMA 2nd Room
7月30日(土)  鳥取 米子 laughs
7月31日(日)  島根 松江 canova
8月03日(水)  群馬 前橋 DYVER
8月04日(木)  埼玉 HEAVEN\'S ROCK 熊谷VJ-1
8月09日(火)  栃木 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮VJ-2
8月10日(水)  茨城 水戸ライトハウス
8月17日(水)  千葉 千葉LOOK
8月18日(木)  神奈川 横浜 F.A.D
8月26日(金)  滋賀 U☆STONE
8月27日(土)  奈良 NEVERLAND
8月28日(日)  和歌山 CLUB GATE
8月30日(火)  神戸 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
9月02日(金)  福井 CHOP
9月03日(土)  石川 金沢 vanvan V4
9月04日(日)  富山 MAIRO
9月06日(火)  新潟 GOLDENPIGS RED STAGE
9月08日(木)  長野 松本 ALECX
9月09日(金)  山梨 甲府 KAZOO HALL
9月18日(日)  青森 Quarter
9月19日(月・祝)  秋田 Club SWINDLE
9月21日(水)  宮城 仙台 MACANA
9月22日(木・祝)  山形 ミュージック昭和Session
9月24日(土)  岩手 盛岡 CLUB CHANGE WAVE
9月25日(日)  福島 郡山 CLUB#9
9月30日(金)  静岡 浜松 窓枠
10月01日(土)  岐阜 CLUB ROOTS
10月02日(日)  三重 松阪 M\'AXA
10月04日(火)  京都 KYOTO MUSE
10月06日(木)  香川 高松 DIME
10月08日(土)  高知 X-pt.
10月09日(日)  愛媛 松山サロンキティ
10月10日(月・祝)  徳島 GRIND HOUSE
10月14日(金)  大阪 BIGCAT
10月16日(日)  愛知 名古屋 CLUB QUATTRO
10月22日(土)  北海道 札幌 PENNY LANE24
※全公演SOLD OUT

【関連リンク】
MY FIRST STORY オフィシャルHP
MY FIRST STORY、ニューアルバム予約購入特典はライブDVDに決定
MY FIRST STORY、約1年半ぶりの4thアルバム発売決定
MY FIRST STORY、新メンバー加入後初となる47都道府県ツアーの開催を発表

【関連アーティスト】
MY FIRST STORY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SpecialThanks、新作『heavenly』より「SWEET」のMVを公開
Wed, 11 May 2016 17:30:00 +0900
SpecialThanks (okmusic UP\'s)

SpecialThanksが5月11日にリリースとなったミニアルバム『heavenly』より2作目となるミュージックビデオ「SWEET」を公開した。

【その他の画像】SpecialThanks

「SWEET」は彼らの真骨頂であるメロディックパンクと、哀愁漂うアコースティックなアレンジを大胆に融合したサウンドに、紅一点のボーカル・ミサキの唯一無二の歌声と独特の歌詞世界を表現した楽曲。MVではそのバンドの空気感を映像で見事に表現している。

■「SWEET」MV
https://youtu.be/_LyLLwAxkAo

【関連リンク】
SpecialThanks オフィシャルHP
04 Limited Sazabysの主催フェス『YON FES 2016』が大盛況!
SpecialThanks、最新ミニアルバム『heavenly』からリード曲 「DOUNARUNO!?」MV公開
SpecialThanks、「heavenly」ツアー全日程をThe Winking Owlがサポート

【関連アーティスト】
SpecialThanks
【ジャンル】
ジャパニーズロック

The Winking Owl、新曲「This is How We Riot」フルMVを解禁
Wed, 11 May 2016 17:00:00 +0900
The Winking Owl (okmusic UP\'s)

The Winking Owlが5月11日発売 の1stフルアルバム『BLOOMING』より、新曲「This is How We Riot」のMVフルサイズを公開した。

【その他の画像】The Winking Owl

「This is How We Riot」は全国複数のラジオでパワープレイを獲得しており話題となっている楽曲。「可愛い暴動」をテーマとしたMVのディレクションはONE OK ROCK「完全感覚Dreamer」や、ももいろクローバー「行くぜっ!怪盗少女」など幅広いジャンルの映像作品を手掛けてきた福居英晃が担当。今作はLuizaの表情を複数のシチュエーションで切り取り、幼少期の彼女を彷彿とさせる少女やエキストラたちも絡んで弾けて混ざるPOPな暴動感が演出されており、The Winking Owlの新たな魅力が引き出された内容となっている。ルーマニアと日本にルーツを持つLuizaが紡ぎだす伸びやかで妖艶なボーカルと、思わず口ずさんで踊り出したくなるキャッチ―なバンドサウンドは爽快! 映像と楽曲、どちらも楽しんでいただきたい。

また、先日MVのフルサイズが公開されたアルバム収録曲「Bloom」は、スペースシャワーTVにて5月度のミドルローテーション「it!」への選出が決定しており、5月8日(日)〜5月22日(日)の期間中大量オンエア中。続々と各地のラジオパワープレイも決定しているとのことなので、早耳リスナーはマストチェックを。

さらに1stフルアルバムの先着購入者特典として、インパクトのあるジャケットデザインのオリジナル・クリアファイルがプレゼントされることも発表された。数量限定とのことで、こちらもお早めにショップへ問い合わせいただきたい。

■「This is How We Riot」Official Video
https://youtu.be/unhAer09Xkk

【関連リンク】
The Winking Owl オフィシャルHP
The Winking Owl、話題の新曲「Bloom」フルMVがついに公開
The Winking Owl、ムラサキスポーツ BIKINI collection 2016 CMソングを担当
The Winking Owl、1st アルバムより筧美和子出演の「Bloom」ティザー映像を公開

【関連アーティスト】
The Winking Owl
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Vipera、ニューシングル「ACID BERRY」を3タイプ同時リリース
Wed, 11 May 2016 16:00:00 +0900
Vipera (okmusic UP\'s)

Viperaが5月17日(火)にニューシングル「ACID BERRY」を異なる仕様で3タイプ同時リリースすることがわかった。

【その他の画像】Vipera

今作「ACID BERRY」は、重低感のある力強さと男装のもつ中性的な色気が伝わる作品。[TypeC]に収録されているMVには思わずドキッとしてしまうようなシーンもあるとのことで、必見の内容となっている。

また、カップリング曲として[TypeA]と[TypeC]に収録されている「boogie in the sunshine」は、しっとりとした初のラブソング。表題曲「ACID BERRY」とは異なり、透き通るような高音の切ない歌声は男装ならでは。男女どちらの心にも響く恋愛ソングになっている。作詞作曲は、メジャーオリコンチャート1位にも名をあげ、2015年レコード大賞・新人賞の楽曲も手掛けた石原理酉氏が担当している。

今作は[TypeA]、[TypeB]、[TypeC]全タイプジャケット違いでのリリース。[TypeB]には爽やかな青春を感じる楽曲「オレンジ」が収録される他、[TypeC]には表題曲のMV・撮影時オフショットシーンを収録したDVDが付属される。

さらに、渋谷MEN\'S109街頭ビジョンでは5月2日(月)〜29日(日)まで「ACID BERRY」を放送中。渋谷に出かける際はぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

■シングル「ACID BERRY」

2016年5月17日発売
【A-type】(CD only)
¥1,000(税込)
<収録曲>
・ACID BERRY
・boogie in the sunshine
・ACID BERRY instrumental

【B-type】(CD only)
¥1,000(税込)
<収録曲>
・ACID BERRY
・オレンジ
・ACID BERRY instrumental

【C-type】(CD+DVD)
¥1,500(税込)
<収録曲>
■CD
・ACID BERRY
・boogie in the sunshine
・ACID BERRY instrumental
■DVD
・ACID BERRY MV+offshot

■「ACID BERRY」MV
https://youtu.be/gdkuUJ_9njo

【関連リンク】
Vipera オフィシャルHP
Vipera オフィシャルtwitter
Vipera、全曲MVも収録の1stアルバム『TARGET』をリリース
在日ファンク、入浴シーン&半裸撮影「ぬるまゆファンク」のMV解禁

【関連アーティスト】
Vipera
【ジャンル】
J-POP

3doors、スマホでメンバーとの恋愛体験が出来る斬新なMV3種を公開
Wed, 11 May 2016 00:00:00 +0900
ケビン(同級生編)  (okmusic UP\'s)

スターダストレコーズが開催する第一回SDRオーディションからデビューする3人組ユニット「3doors」が、オンライン配信のデビュー曲「小さな希望が」のミュージックビデオをYouTubeで公開した。

【その他の画像】3doors

このミュージックビデオはスマートフォンから視聴する事を前提に、タテ型動画として制作されている。スマホを縦持ちにしたまま全画面で動画を視聴すると、視聴者が「3doorsのメンバーから告白される」体験ができる新発想の動画になっている。

動画は3種類用意されており、メンバーが個別に登場。ボーカルのケビンは同級生、ギターの永野孝はバイト先の先輩、キーボードの上野紘史は家庭教師の先生という設定が用意されている。ストーリーは、18歳の主人公(=視聴者)はメッセージアプリ(Snapchat)上で3人それぞれと「小さな希望が」の歌詞に沿ったやりとりを行ない、最後に告白されるという流れだ。メンバーによって受け答えの内容が少しずつ異なっている点にも注目したい。

タテ型動画の没入感と、リアルなスピード感で進む文字のやり取りが、いかにも3人と本当にやり取りしている雰囲気を感じさせてくれる。イケメン3人とのキュン体験ができる“恋愛シミュレーション”のような斬新なミュージックビデオは必見だ。

■ボーカル:ケビン(同級生編)
https://www.youtube.com/watch?v=J5W0Ckfc_gU

■ギター:永野孝(バイトの先輩編)
https://www.youtube.com/watch?v=hHkmJdLG70c

■キーボード:上野紘史(家庭教師の先生編)
https://www.youtube.com/watch?v=9vhDGSObtNA

【関連リンク】
ケビン Twitterアカウント
上野紘史 Twitterアカウント
藍井エイル、ツアー最終公演が自身初の生中継「“サプライズ”を与えられるように頑張りたい」
アンダーグラフ出演ライヴのOAを決める投票がスタート! 投票者の中から抽選でライヴに招待も!

【関連アーティスト】
3doors
【ジャンル】
J-POP

きゃりーぱみゅぱみゅ、3度目のワールドツアー開催に先駆けPRムービーを公開
Wed, 11 May 2016 15:00:00 +0900
「KPP 5iVE YEARS MONSTER WORLD TOUR  2016」 (okmusic UP\'s)

5月25日にベストアルバムを発売、そして5月13日よりワールドツアーをスタートするきゃりーぱみゅぱみゅが、そのツアーPRムービーとして、今ツアーのタイトルとなる新曲「5iVE YEARS MONSTER」に合わせて自由に可愛らしく踊る新ビジュアルを解禁した。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

今回のツアーテーマは「花」。そのテーマをコンセプトに作られた新衣装や英語でのナレーションにも注目だ。また、「5iVE YEARS MONSTER」は、5月25日に発売される初のベストアルバム『KPP BEST』に初めて収録される新曲となり、この曲をテーマソングにワールドツアーを駆け巡り、ツアーファイナルは8月19日・20日に日本武道館で開催される。

■きゃりーぱみゅぱみゅ 5周年スペシャルサイト
http://kpp5.jp
■ワールドツアー詳細ページ
http://kpp5.jp/tour/
■ベストアルバム『KPP BEST』詳細ページ
http://kpp5.jp/album/

■『KPP 5iVE YEARS MONSTER WORLD TOUR 2016』PRムービー
https://youtu.be/KJEjpdeqRTI

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
きゃりーぱみゅぱみゅ、デビュー5周年を記念しmu-moショップにて豪華キャンペーンを実施
きゃりーぱみゅぱみゅ、ベスト盤「超限定リアルお顔パッケージ」の全貌をついに公開
きゃりーぱみゅぱみゅ、お買い得ベスト通常盤の収録内容を解禁! 全国でミニライヴ&握手会も

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP

ポルノグラフィティ、ニューシングル「THE DAY」MVを一部解禁
Wed, 11 May 2016 14:30:00 +0900
ポルノグラフィティ (okmusic UP\'s)

4月からスタートしたTVアニメ『僕のヒーローアカデミア』のオープニングテーマとしても話題となっている、ポルノグラフィティの新曲「THE DAY」のビデオクリップがついに解禁となった。

【その他の画像】ポルノグラフィティ

「THE DAY」は、そのオープニングテーマに相応しい疾走感溢れるロックナンバー。5月15日(日)より先行フル配信もスタートしている。

ビデオクリップは厳しい現実を生きる中で、それでも進んでいくという力強さを、CGを用いて表現。小さな鉄の塊が細胞分裂のように変形を続け、巨大化をしていく。その世界観の中での、躍動感のあるメンバーの演奏は必見である。このMVのショートバージョンは現在Youtubeにて公開中。フルバージョンは5月25日(水)1日限定で同じくYoutubeにて公開されるとのことだ。

■【「THE DAY」 MV監督 荒船泰廣よりコメント】

「厳しい現実」や「宿命」
そういった「THE DAY」の楽曲の世界観を映像化するにあたり辿り着いたのが、「自分自身ですら進化を止めることが出来ない機械生命体」というアイデアでした。
本人の望むと望まざるとにかかわらず、日々変化が押し寄せてくるのが人生というものではないでしょうか。
夜明け前を彷徨う一人の少女。何か大きな変化が起こりそうな予感の中、容赦なくこの世界に誕生してしまうメカの姿を描いています。
それでも前に進んで行く、という決意と希望を映像に込めました。
とまあ真面目なことも考えつつ、とは言えシンプルに「THE DAY」はめちゃめちゃかっこいい楽曲なので、MVもメカがどんどんパワーアップしていくめちゃめちゃかっこいい映像を目指しました!
大風呂敷を広げました。
驚きの詰まった映像になったかと思いますので、ワクワクしながら楽しんで頂けたら幸いです。

■「THE DAY」MV(Short Ver.)
https://youtu.be/uQrK8c2LW_A

【関連リンク】
ポルノグラフィティ オフィシャルHP
ポルノグラフィティ、『REQUESTAGE 14』で新曲初披露
ポルノグラフィティ、2年振りとなる野外ワンマンが横浜スタジアムにて開催決定
ポルノグラフィティ、ニューシングル「THE DAY」のジャケット解禁! カップリングは話題のあの曲!?

【関連アーティスト】
ポルノグラフィティ
【ジャンル】
J-POP, アニメ

THE YELLOW MONKEY、8月に福島にて全国ツアー特別公演が開催決定
Wed, 11 May 2016 14:00:00 +0900
THE YELLOW MONKEY (okmusic UP\'s)

5月11日より全国ツアー「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016」を行なうTHE YELLOW MONKEYが、ツアー中、8月27日(土)と28日(日)に福島・あづま総合体育館にて「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 SPECIAL -ARE YOU A BELIEVER?-」と題した特別公演を行なうことが決定した。

【その他の画像】THE YELLOW MONKEY

バンドの活動休止中にも国内では大きな災害が起きており、5月11日から始まる全国ツアーのタイトルにある“SUPER JAPAN"には、そういった状況の中でも“日本を盛り上げたい"という想いも込められている。そんな想いを形にしたく福島公演を特別な公演として開催する運びとなった。当日のライヴ会場横には「チャリティーフリーマーケット」会場を設け、バンド関連のレアアイテムやメンバーの私物などを特別販売する。

また、全国の災害により被害を受けられた方々への支援を目的として、ツアー各会場に「バラ色募金」と名付けた募金箱が設置される。これは2013年のファン投票で1番人気のあった曲「バラ色の日々」からつけた名前で、100円以上の募金にご協力いただいた方には、“特製ピック"が用意されている。今回の「バラ色募金」で集まった金額と福島公演時に開催する「チャリティーフリーマーケット」の収益金全額は、「東日本大震災」、4月に起こった「熊本地震」の復興関連への寄付が検討されており、具体的な寄付先については決定次第オフィシャルHPにて発表される。

また8月の横浜、福島公演を含めて全国12会場24公演となった全国ツアーをより盛り上げていく新しい企画として、ドキュメント「わたしの初日!」と題した動画投稿企画がスタートした。全国のファンの方はそれぞれの初日をテーマとしたドキドキやワクワク、喜びの気持ちを動画に撮って、一緒にこのツアーを楽しんでもらいたい。

■動画投稿企画 ドキュメント「わたしの初日!」
http://theyellowmonkey-movie.jp 

■「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 SPECIAL -ARE YOU A BELIEVER?-」

8月27日(土) 福島・あづま総合体育館
8月28日(日) 福島・あづま総合体育館
<チケット>
指定席:¥8,640(税込)
発売日:
・ファンクラブ先行受付
5月16日(月)12:00〜5月29日(日)23:59
・一般発売
6月25日(土)

■「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016」

5月11日(水)  東京・国立代々木競技場 第一体育館
5月12日(木)  東京・国立代々木競技場 第一体育館
5月28日(土)  長野・ビッグハット
5月29日(日)  長野・ビッグハット
6月11日(土)  広島・広島グリーンアリーナ
6月12日(日)  広島・広島グリーンアリーナ
6月18日(土)  宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
6月19日(日)  宮城・宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
6月28日(火)  愛知・日本ガイシホール
6月29日(水)  愛知・日本ガイシホール
7月05日(火)  大阪・大阪城ホール
7月06日(水)  大阪・大阪城ホール
7月09日(土)  埼玉・さいたまスーパーアリーナ
7月10日(日)  埼玉・さいたまスーパーアリーナ
7月16日(土)  福岡・マリンメッセ福岡
7月17日(日)  福岡・マリンメッセ福岡
7月26日(火)  兵庫・神戸ワールド記念ホール
7月27日(水)  兵庫・神戸ワールド記念ホール
9月10日(土)  北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
9月11日(日)  北海道・真駒内セキスイハイムアイスアリーナ

■「THE YELLOW MONKEY SUPER JAPAN TOUR 2016 -YOKOHAMA SPECIAL-」

8月02日(火)  神奈川・横浜アリーナ
8月03日(水)  神奈川・横浜アリーナ

【関連リンク】
THE YELLOW MONKEY オフィシャルHP
THE YELLOW MONKEY、ツアー1曲目をテレビ、ラジオ、WEB、街頭ビジョンなどでハイパー生中継!
THE YELLOW MONKEY、ツアー追加公演として8月に横浜アリーナ2DAYS!
THE YELLOW MONKEY、ツアー1曲目予想企画がスタート

【関連アーティスト】
THE YELLOW MONKEY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DIR EN GREY、最新シングルのカップリング曲「空谷の跫音」にSUGIZOが参加決定
Wed, 11 May 2016 13:00:00 +0900
SUGIZO(LUNA SEA / X JAPAN) (okmusic UP\'s)

7月27日にリリースされるDIR EN GREY通算28作目のシングル「詩踏み」。同作のカップリング曲として収録される「空谷の跫音」のコラボレーション・ヴァージョンに、SUGIZO(LUNA SEA / X JAPAN)を迎えることが明らかになった。

【その他の画像】DIR EN GREY

DIR EN GREYとSUGIZOは2015年6月に幕張メッセで開催されたLUNA SEA主催イベント「LUNATIC FEST.」でも共演経験があり、その際にSUGIZOがヴァイオリンで「空谷の跫音」に参加して好評を博したのも記憶に新しい。このたび改めて同曲での再コラボレーションが実現し、正式音源化されることになる。バンドとして新たな一歩を刻む新曲「詩踏み」、そして「Revelation of mankind」のリミックス・ヴァージョンとともに、その仕上がりに注目が集まる。

6月3日からは、新たな全国ツアー『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]』もスタート。4月末から一般発売開始となった同ツアーのチケットは、早くも全会場ソールドアウトとなっている。また9月16日からは、『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]』に続く新規ツアー『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]』も開始となる。現在、5月20日までにオフィシャルファンクラブ「a knot」に入会・更新した人を対象としたチケット先行予約も予定されている。こちらの予約受付期間は6月1日(水)12:00〜6月12日(日)23:59。

さらに6月29日にリリースされるライブBlu-ray&DVD『ARCHE AT NIPPON BUDOKAN』初回生産限定盤と、7月27日発売のニューシングル「詩踏み」完全生産限定盤を購入した人を対象とした連動特典企画も実施決定。こちらの企画詳細は追ってアナウンスされるので、続報をお楽しみに。なお「詩踏み」完全生産限定盤および初回生産限定盤は生産数量限定商品となるため、確実に手に入れたい人は6月1日(水)までに取扱店舗での予約が必要だ。

【関連リンク】
DIR EN GREY オフィシャルHP
YOSHIKI、THE ALFEEの高見沢俊彦と約20年ぶりのメディア共演が決定
Muddy Apes、ニューアルバム『Faraway So Close』の詳細を解禁
DIR EN GREY・Toshiyaのブランドより“グレムリン”コラボアイテム第2弾が登場

【関連アーティスト】
DIR EN GREY, LUNA SEA, X JAPAN, SUGIZO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Awesome City Club、ニューアルバムの収録曲詳細&ジャケ写公開
Wed, 11 May 2016 13:00:00 +0900
Awesome City Club (okmusic UP\'s)

Awesome City Clubが6月22日にリリースする3rdアルバム『Awesome City Tracks 3』および、クラウドファンディング限定シングル「Don\'t Think, Feel」のジャケット写真を公開した。

【その他の画像】Awesome City Club

今回アートワークを手掛けたのは気鋭のアートディレクター、YOSHIROTTEN 。前作に引き続きバンドがテーマとする「架空の街Awesome City」が表現されている。

また、収録曲の詳細も発表された。既に発表されているmabanua、Shingo Suzuki、高橋久美子、いしわたり淳治らクリエイターに加え、LEO今井(METAFIVE / KIMONOS)も作詞で参加していることが判明。今回初のメンバーによるセルフプロデュース曲も多数収録されるとのことで非常に多彩な内容となっている。

さらに、クラウドファンディング限定シングルの最終追加リターンも発表された。 このシングル「Don\'t Think, Feel」は、3rdアルバム『Awesome City Tracks 3』の先行シングルで、CDだけでなくカセットテープやDVD、非売品のデモCD-Rなどがラインナップされている他、初夏に開催されるワンマンライブ後のアフターパーティー企画など20種類ものさまざまな豪華特典が用意されており、目標金額の200万円は募集開始から僅か2日足らずでプロジェクトサクセスした。

今回追加されたリターンは、「1日限定Awesome City Club加入」企画と「ニューアルバム先行試聴会&懇親会にご招待」企画の2つ。1日限定でACCに加入できる企画では、なんとメンバーと一緒にアーティスト写真の撮影や次作アルバムのレコーディングに参加でき、CDのクレジットにも名前が記載される1名様限定のプレミアムリターン。

そして、ニューアルバム先行試聴会&懇親会では、3rdアルバム『Awesome City Tracks 3』がいち早くハイレゾ音源で試聴できる他、メンバーとの懇親会が予定されており、ニューアルバムの制作秘話をメンバーから直接聞くことや、感想を直接その場でメンバーに伝えることができる。この先行試聴会企画は、プロジェクトの目標達成の御礼として用意されたもので、他のリターンにお申込みいただいている方を対象に先着20名様限定で参加可能となっている。

募集は5月16日まで。詳細はクラウドファンディングサイト・CAMPFIREをチェックしてほしい。

■CAMPFIRE内 Awesome City Clubページ
https://camp-fire.jp/projects/view/5934

■アルバム『Awesome City Tracks 3』

2016年6月22日発売
VICL-64572/¥2,000+税
<収録曲>
1. Into The Sound
作詞/作曲:atagi Sound Produced by Awesome City Club
2. Don\'t Think, Feel
作詞:いしわたり淳治/マツザカタクミ 作曲:atagi Sound Produced by Shingo Suzuki
3. Vampire
作詞:PORIN/高橋久美子 作曲:atagi Sound Produced by mabanua
4. Moonlight
作詞/作曲:atagi Sound Produced by Awesome City Club
5. ネオンチェイサー
作詞:Leo Imai 作曲:atagi Sound Produced by Awesome City Club
6. エンドロール
作詞:PORIN/高橋久美子 作曲:atagi Sound Produced by Awesome City Club
7. Around The World
作詞:atagi 作曲:atagi/モリシー Sound Produced by Awesome City Club

【関連リンク】
Awesome City ClubオフィシャルHP
Awesome City Club、ニューアルバム『Awesome City Tracks 3』リリース決定
Awesome City Club、ライヴで初披露したばかりの新曲を即日リリース
「ビクターロック祭り〜2016〜」、約10時間に及ぶ圧巻のライブに15,000人が大熱狂

【関連アーティスト】
Awesome City Club
【ジャンル】
ジャパニーズロック

浜崎あゆみ、ニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』全楽曲をAWAにて独占先行配信!
Wed, 11 May 2016 12:15:00 +0900
AWA (okmusic UP\'s)

AWAにて、浜崎あゆみが6月29日に発売するニューアルバム『M(A)DE IN JAPAN』収録の全楽曲を5月11日(水)より独占先行配信することが決定した。

【その他の画像】浜崎あゆみ

配信されるのは、浜崎あゆみの新曲9曲に加え、ボーナストラックとして収録されるglobeのカバー曲「Many Classic Moments」を含む全10曲。アルバムの発売予定日より1か月半も前に、全曲を定額制音楽配信サービスにて独占先行配信するのは、同アーティストが日本人アーティストとして史上初の試みとなる。

今回の取り組みは、5月14日(土)から開催される浜崎あゆみの全国ツアー「ayumi hamasaki ARENA TOUR 2016 M(A)DE IN JAPAN」の開催前に、浜崎あゆみの楽曲を多くの方に楽しんでもらいたいというアーティスト本人とAWAの双方の思いから実現。

また、AWAではこの度の独占先行配信を記念して、5月11日(水)〜5月18日(水)まで、AWAのTwitter公式アカウントにてフォロー&リツイートキャンペーンを実施。参加者の中から抽選で5名様に浜崎あゆみのサイン入りグッズがプレゼントされる。この機会にぜひチェックしてみてはいかがだろうか。

■【『M(A)DE IN JAPAN』配信楽曲一覧】

・tasky
・FLOWER
・Mad World
・Breakdown
・Survivor
・You are the only one
・TODAY
・Mr. Darling
・Summer Love
・Many Classic Moments (bonus track)

【関連リンク】
浜崎あゆみ オフィシャルHP
AWA オフィシャルHP
浜崎あゆみの『A BEST』15周年記念盤に、浅田真央、仲里依紗、古市憲寿らが寄稿
浜崎あゆみ、新曲「Winter diary」MV公開

【関連アーティスト】
浜崎あゆみ
【ジャンル】
J-POP, 音楽配信

indigo la End、2ndフルアルバム『藍色ミュージック』より「藍色好きさ」MV解禁
Wed, 11 May 2016 12:00:00 +0900
indigo la End  (okmusic UP\'s)

川谷絵音がフロントマンを務めるロックバンド、indigo la Endが6月8日(水)発売の2ndフルアルバム『藍色ミュージック』の1stリードトラックとなる「藍色好きさ」のMUSIC VIDEOを公開した。

【その他の画像】indigo la End

ジャケット写真でも登場しているモデルの「あめ」がMVでも出演し“曖昧な男女の接点"が川谷絵音の演技と、バンドのクールな演奏シーンと共に描かれている。日常生活の中で、直接関わりはなくとも、存在を感じる人が誰にでも居る。その人がもしかしたら運命の人かもしれない・・・。

2つの駅のホームと部屋の舞台的なセットの中で、切なさとエモーショルさが絶妙なバランスで描かれており、少し聞こえる隣人の生活音などのSEで独特な臨場感を感じさせてくれる。

是非、自身の日常生活に置き換えながらご覧いただきたい。

■「藍色好きさ」MV
https://youtu.be/6kKAsZG3J1U

■【コメント】

■川谷絵音(Vo/Gt)
隣人との何ともいえない関係をロケではなくスタジオでセットを組んで完結させるという荒技でしたが、逆にこれまでにないMVが完成したなという手ごたえを感じています。曲の中に入り込む生活音や電車の音も含めて作品になっています。
インディゴの新しい世界をとくとご覧ください。

■MV出演モデル:あめ
演技初心者でしたが、監督、スタッフさん、メンバーの皆さんの優しさ、温かさのお陰で、素敵な作品となりました。
普通の日常の中に、運命の人が近くにいるかもしれない。すれ違う誰かに勇気付けられているかもしれない。
普段を大切にしたくなるような、素敵な歌です。この作品に関わることが出来たことに、心から感謝しています。
たくさんの方に見ていただけますように。

■MV監督:三石直和
楽曲を聴いて、何でもない夜が、何気なくそばにいてくれる優しさを感じました。そんな、夜の色は藍色で、その佇みがindigo la Endそのものだと感じました。今回、曲の流れに合わせて川谷さんに何度も同じ演技をしてもらったんですが、テイクを重ねても、同じタイミングで演じられるのが、素晴らしかったです。

【関連リンク】
indigo la EndオフィシャルHP
indigo la End、2ndフルアルバムのジャケ写&最新アー写を公開
unBORDE all starsの新曲「Feel」が『コカ・コーラ』新CMソングに決定
indigo la End、2ndフルアルバムを6月にリリース&全国ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
indigo la End
【ジャンル】
ジャパニーズロック

T.M.Revolution × “Hi-Res Tasting Spot"、ハイレゾ音源3曲を含む計6曲を店頭展開開始
Wed, 11 May 2016 12:00:00 +0900
T.M.Revolution (okmusic UP\'s)

ソニー ハイレゾPR事務局は今年でデビュー20周年を迎えるT.M.Revolutionとの企画「T.M.Revolution × “Hi-Res Tasting Spot"」を、5月21日(土)より全国家電店(一部の店舗では実施していない場合も有)、ソニービル/ソニーストアの“Hi-Res Tasting Spot"にて順次展開する。この企画では、初のハイレゾ化となるライヴ音源を含む計6曲のハイレゾ楽曲を体験できる。


【その他の画像】T.M.Revolution

T.M.Revolutionの20周年イヤーをさらに盛り上げるべく、「T.M.Revolution × “Hi-Res Tasting Spot"」では、ベストアルバム『2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST- 』の中から「HOT LIMIT」など3曲を公開するほか、昨年開催された男子限定ライヴ「T.M.R. LIVE REVOLUTION\'15 -Strikes Back ?- 」のライヴ音源3曲をハイレゾで初公開。T.M.Revolutionのライヴ音源ハイレゾ化は、今回が初。さらに、ここでしか聴けない限定試聴となる。

T.M.Revolutionといえば、歌番組やバラエティで魅せる明るいキャラクターと軽快なトークのイメージが先行する人も多いはず。しかし、T.M.Revolutionの真骨頂は「ライヴ」といわれるほどで、毎回圧巻のライヴパフォーマンスを誇っている。

今回の「T.M.Revolution × “Hi-Res Tasting Spot"」では、そんなT.M.Revolutionのいつも以上にパワフ ルな歌声とパフォーマンスはもちろん、男性ファンを煽るシャウト、そして拳を突き上げ呼応するオーディエンスの熱気と興奮までをも、余すことなくハイレゾでご堪能いただけます。是非、あなたの知らない新しいT.M.Revolutionに出会ってみてほしい。

■【T.M.Revolution 西川貴教 メッセージ】

昨年の男子限定ライヴ『T.M.R. LIVE REVOLUTION\'15 -Strikes Back ?- 』は、 オーディエンスの熱気もしっかり感じてもらえると思います。
Hi-Res Tasting Spotで、ハイレゾだからこそ味わえるリアルなサウンドを楽しんで みてください。

■「 T.M.Revolution × “Hi-Res Tasting Spot"」楽曲ラインナップ

デビュー20周年を迎え、なお進化し続けるT.M.Revolutionの圧倒的歌唱力、ライヴパフォーマンスを 存分にご堪能いただけます。

■ベストアルバム『2020 -T.M.Revolution ALL TIME BEST-』より3曲を公開
・「HOT LIMIT」…ハイレゾ|FLAC|96kHz/24bit
・「INVOKE -インヴォーク- 」…ハイレゾ|FLAC|96kHz/24bit
・「Committed RED」…ハイレゾ|FLAC|96kHz/24bit

■初のライヴ音源ハイレゾ化!男子限定ライヴ『T.M.R. LIVE REVOLUTION\'15 -Strikes Back ?- 』よりライヴ音源3曲を公開
・「AMAKAZE -天風- 」 …ハイレゾ|FLAC|96kHz/24bit ※初ハイレゾ化
・「突キ破レル -Time to SMASH」 …ハイレゾ|FLAC|96kHz/24bit ※初ハイレゾ化
・「Count ZERO」 …ハイレゾ|FLAC|96kHz/24bit※初ハイレゾ化

■「Hi-Res Tasting Spot」概要

開催日程:2016年5月21日(土)〜
開催場所:
・全国の『Hi-Res Tasting Spot』を設置している家電店(一部除く)
・銀座 ソニーショールーム
・ソニーストア 名古屋 / ソニーストア大阪 / ソニーストア福岡天神

■特設サイト
http://www.sony.jp/high-resolution/high-res-tastingspot/#tmr

【関連リンク】
『イナズマロック フェス 2016』にファンキー加藤、ゲス乙女。、マンウィズの参戦が決定
T.M.Revolution、「HOT LIMIT」“みんなで踊ってみた"MVに永野やメイプル超合金など豪華著名人が集結
T.M.Revolution、Mステ出演は“HOT LIMITスーツ”幻のオレンジバージョンで!
T.M.Revolution、レイザーラモンRGによる「T.M.R.あるある」映像公開

【関連アーティスト】
T.M.Revolution
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ハイレゾ

在日ファンク、入浴シーン&半裸撮影「ぬるまゆファンク」のMV解禁
Wed, 11 May 2016 11:00:00 +0900
「ぬるまゆファンク」MV (okmusic UP\'s)

在日ファンクが5月11日(水)に発売するメジャー2ndアルバム『レインボー』より、サブ・リード曲「ぬるまゆファンク」のミュージック・ビデオを公開した。

【その他の画像】在日ファンク

リード曲「それぞれのうた」同様に、山梨の映像プロダクション"スタジオ石"が手がけた今作は、山梨県が誇る秘境、増富温泉郷で撮影されたもの。入浴シーンに半裸撮影と、ミュージシャンの枠を完全に逸脱した演技を披露したメンバー、それを一切の説得を無しに実現した向山正洋監督。双方の人間力が結実し、シニカルとユーモラスが共存するハマケン節炸裂の同楽曲の世界観を、見事に体現した作品となっている。

先に公開されている、「レインボー」のリード楽曲「それぞれのうた」ミュージック・ビデオと共に、是非チェックしていただきたい。

■「ぬるまゆファンク」MV
https://www.youtube.com/watch?v=WpfB5ft_z_8

■「それぞれのうた」MV
https://www.youtube.com/watch?v=s_WMpfDyrsw

【関連リンク】
在日ファンクオフィシャルHP
在日ファンク、全国9都市に及ぶツアー&インストア・イベント情報を解禁
在日ファンク、メジャー2ndアルバム『レインボー』のLP盤が発売決定
在日ファンクがサップなソウルナンバー「それぞれのうた」のMVを公開

【関連アーティスト】
在日ファンク
【ジャンル】
J-POP

レキシ、 “一休さん"に扮した最新ビジュアルを公開
Wed, 11 May 2016 10:00:00 +0900
レキシ (okmusic UP\'s)

6月22日に2年ぶりとなる待望の5thアルバム『Vキシ』をリリースするレキシが、その最新ビジュアルと、アルバムリリースでは恒例の直筆手書きジャケットの詳細、さらにアルバムに参加する客演アーティストを発表した。


【その他の画像】レキシ

2004年にリリースした4thアルバム『レシキ』では、日本の東側、主に江戸時代をテーマとした作品となっていたが、今回リリースする『Vキシ』は、飛鳥、平安、室町時代など、日本の西側に幕府があった時代を主なテーマとしてピックアップ。昨年11月にリリースしたシングル「SHIKIBU」では艶やかな十二単に麻呂メイクで平安時代の女流作家・紫式部に扮したが、今回公開されたアーティスト写真では、室町時代の僧である“一休"に扮し、十二単から一転シンプルな“一休さん"スタイルを披露。アフロヘアのため特注となった丸坊主かつらを被り、小僧ルックで箒を携えたその朗らかな笑顔は、まるで室町時代からタイムスリップしてきたかのようなキュートさとなった。

無事撮影を終えたレキシは「あわてない、ワンバケーション」と、アルバムに対する意気込みを語った。

続いて、レキシのアルバムリリースでは恒例となっている直筆手書きジャケットの枚数が、ビジュアルの一休さんにかけて“11930枚"限定となることも発表され、レキシ本人が実際に発売される手書きジャケットを書いている様子を生中継する恒例の番組を今回はLINE LIVEにて放映することも決定! 放映日の詳細は後日オフィシャルサイトほかにて公開予定なので是非チェックしてみよう。

アルバム『Vキシ』は、レコーディングドキュメンタリーとオリジナルドキュメンタリー映像が付いた[CD+DVD]盤とCDのみの通常盤のほか、この11930枚の手書きジャケットが付いたDVD付き初回完全生産限定盤の3形態で発売され、本日から予約がスタート。予約/購入特典として、amazon.co.jpでは“レキシ「Vキシ」特製卓上カレンダー(2016.7月〜12月)"、TOWER RECORDS、TSUTAYA、HMVでは、定番の“ほぼ本人1/10 特製一休さんステッカー"をそれぞれ絵柄違いでプレゼント。各画像は後日オフィシャルサイトで公開予定となっている。

さらに、これまでのアルバムでも椎名林檎、斉藤和義、秦基博など、絢爛豪華な客演アーティストが注目を集めたが、新作『Vキシ』では、松たか子、後藤正文(from ASIAN KUNG-FU GENERATION)、キュウソネコカミの3アーティストの参加が決定。昨年のシングル「SHIKIBU」で参加したチャットモンチー含め、5thアルバムも多彩な豪華客演アーティストとのコラボが実現された。楽曲の詳細はまだこれからながらも、松たか子とは“泣ける曲"、後藤正文(from ASIAN KUNG-FU GENERATION)とは“爽やかなロックナンバー"、初のバンド丸ごとフィーチャリングとなるキュウソネコカミとは“踊れる曲"になりそうとのこと。

さらには、これも大注目の各レキシネームも発表された。松たか子は“森の石松さん"、後藤正文(from ASIAN KUNG-FU GENERATION)は“ハッピー八兵衛"、キュウソネコカミは“ネコカミノカマタリ"に決定。また、ハナレグミ(シャカッチ)、いとうせいこう(足軽先生)のレギュラーゲスト陣の参加も決定している。濃そうな楽曲群に是非期待してみよう。

【関連リンク】
レキシ オフィシャルHP
「ビクターロック祭り〜2016〜」、約10時間に及ぶ圧巻のライブに15,000人が大熱狂
レキシ、大盛況の映画的ツアー『IKEMAX THEATER』が終幕
レキシ、東京・両国国技館公演が大盛況で終幕

【関連アーティスト】
レキシ
【ジャンル】
J-POP

弘田三枝子、55周年記念イベントで初の新宿二丁目に降臨
Wed, 11 May 2016 09:00:00 +0900
弘田三枝子 (okmusic UP\'s)

弘田三枝子の55周年を記念したイベント『弘田三枝子ナイト』が、6月19日に新宿二丁目のエンタテインメント・バー「AiSOTOPE LOUNGE」にて開催される。

【その他の画像】弘田三枝子

「人形の家」や「ヴァケーション」「砂に消えた涙」「レオのうた」など多くのヒット曲を持つ弘田三枝子が、新宿二丁目でのイベントに出演するのは初めて。昭和歌謡が全盛の頃から二丁目では根強い人気を持っており、長年のラブコールに応える形で実現に至った。

イベントでは弘田三枝子によるミニライブのほか、MCのマーガレットとのトークコーナーでは、某トーク番組で35秒間無音が続き話題となったヨガ呼吸法も披露予定。またダイアナ・エクストラバガンザ、肉乃小路ニクヨなど、弘田をリスペクトする多くのドラァグ・クイーンによるパフォーマンスも披露される。

弘田三枝子は1961年に「子供ぢゃないの」でデビュー。今年はレコード・デビュー55周年の節目で“ゴーゴーミコ"を合言葉として、精力的に新たなチャレンジに取り組んでいる。

【コメント】
■弘田三枝子
このたびのミコナイトの開催楽しみにしております。
新宿二丁目にはよく遊びに行きました。
楽しい夜を過ごしていた頃が懐かしいです。
今は自分が一番ドラァグ・クイーンらしいと自負しております(笑)。

■イベントMC担当 マーガレット
「今は自分が一番のドラァグ・クイーンらしいと自負しております」なんて、ミコちゃんに言われたら、アタシ、なんにも言えないわ(笑)。
ミコちゃん、2丁目に降臨。名だたる女装と同じステージに並ぶ!
このスペクタクルを見逃したら、死んでも死にきれないわよ。

■『弘田三枝子ナイト』

6月19日(日)  東京 AiSOTOPE LOUNGE
Special Guest:弘田三枝子
Performance:マーガレット、ダイアナ・エクストラバガンザ、肉乃小路ニクヨ、釈麗子、ドリアン・ロロブリジーダ
MUSIC:リキティ

【関連リンク】
弘田三枝子 オフィシャルHP
アニソン50周年記念コンサートに“四天王”ら大集結、渡辺宙明、松橋繁、田中公平もビデオで登場
コロムビアがアニソン50周年記念コンサート開催&CDリリース、“四天王”ほかレジェンドたちが集結
MACO 、「母の日」ファンイベントで全国のママたちが感動の涙

【関連アーティスト】
弘田三枝子
【ジャンル】
演歌/歌謡曲

Matt Cab、ユニバーサル ミュージックへ移籍&英語カバーアルバム『ONGAKU2』発売決定
Wed, 11 May 2016 08:00:00 +0900
Matt Cab (okmusic UP\'s)

YouTubeの総再生回数2,000万回を誇る、サンフランシスコ生まれ、透き通るような歌声が人気の日本在住R&Bシンガー=マット・キャブがユニバーサル ミュージックに移籍し、ニューアルバム『ONGAKU2』を2016年7月27日(水)にリリースすることが決定した。同アルバムは、J-POPの名曲を英語でカバーした人気企画『ONGAKU』の待望の第2弾となる。


【その他の画像】MATT CAB

「自分のキャリアにおいて新しいチャプターをユニバーサルミュージックと一緒に始められることにエキサイトしています。いろいろな音楽に触発されてたくさんの新たな音楽制作に取り組んでいます。はやくファンのみんなに聴いてもらうのが楽しみです」とマット・キャブはコメントしている。

マット・キャブは、インディーズ時代のアルバムも含め3作全てがiTunes R&Bアルバム・チャートで1位を獲得。これまでにフィーチャリングで共演したアーティストはm-flo、シェネル、MACO、安田レイ、セレイナ・アン等多数。また、ソングライター/プロデューサーとしても積極的に活動しており、w-inds.やCrystal Kay×安室奈美恵コラボ曲「REVOLUTION」、和田アキ子『WADASOUL』、防弾少年団『Good Day』等、数多くのアーティストに作品を提供している。

移籍後初となるニューアルバム『ONGAKU2』は、福山雅治の「家族になろうよ」やBIGBANGの初オフィシャルカバー「BAD BOY」などが収録され大きな話題を呼んだ2013年リリースのカバーアルバム『ONGAKU』の続編。

『ONGAKU2』に収録が決定している楽曲は、auのCMでもおなじみ浦島太郎(桐谷健太)の大ヒット曲「海の声」の他、絢香「にじいろ」、chay「あなたに恋をしてみました」、Crystal Kay「何度でも」、秦基博「ひまわりの約束」など、最新のJ-POPヒットの英語カバーがラインナップされている。

■アルバム 『ONGAKU2』

2016年7月27日発売
UICV-1067/¥2,200+税
全12曲収録予定

【関連リンク】
Matt Cab オフィシャルHP
MACO x Matt Cab、グラミー4冠サム・スミスをカバー!
Jolly-TIPが12月10日(水)にセカンドシングルをiTunes限定配信!
m-flo、ニューアルバムを引っさげたツアーに豪華アーティストがゲスト出演!

【関連アーティスト】
MATT CAB
【ジャンル】
R&B/ソウル

BLUE ENCOUNT、新曲「だいじょうぶ」がTOKYO FMにて最速オンエア決定
Wed, 11 May 2016 00:00:00 +0900
BLUE ENCOUNT (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTが6月29日にリリースする新曲「だいじょうぶ」が、5月17日にTOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」にて最速オンエアされることが決定した。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

ゴールデンウィークに行われたフェス『JAPAN JAM BEACH 2016』や現在行われている対バンツアー『TOUR2016 THANKS〜チケットとっとってっていっとったのになんでとっとらんかったとっていっとっと〜』でも披露され、ファンの間ではアンセムになりつつある「だいじょうぶ」。すでにかなりの盛り上がりを見せているだけに、このオンエア解禁をお聴き逃し無く!

【TOKYO FM「SCHOOL OF LOCK!」】
番組名:「SCHOOL OF LOCK!」
放送日: 2016年5月17日(火)22:00〜23:55
放送局: TOKYO FMをはじめとするJFN38局ネット(一部、東京ローカル)
■http://www.tfm.co.jp/lock

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
恒例の「MEET THE WORLD BEAT」、今年はコブクロ、flumpool、高橋優ら10組が出演!
BLUE ENCOUNT、ニューシングル発売&武道館公演タイトル決定
04 Limited Sazabysの主催フェス『YON FES 2016』が大盛況!

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1