歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年05月09日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/05/18
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
バンドじゃないもん!、新曲「キメマスター!」MVフル公開&『バズリズム』出演決定
Mon, 09 May 2016 20:30:00 +0900
「キメマスター!」MV (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!が5月18日にリリースする再メジャーデビュー第一弾シングル「キメマスター!/気持ちだけ参加します。」。このダブルAサイドシングルのうち「キメマスター!」のフルMVが公開された。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

「キメマスター!」は、畑 亜貴、田代智一、黒須克彦、田淵智也(UNISON SQUARE GARDEN)からなるプロデュース・チーム、Q-MHzが制作を手掛けたことでも話題の楽曲。『魁!ミュージック』5月度エンディングテーマとしてそのMVの一部がオンエアされていたが、フルが公開されるのは今回が初めてだ。

ラッキィ池田によるキャッチーな振り付けのダンスシーンに、イラストレーター・師岡とおるが描き下ろしたメンバー6名に扮したキャラクターがアニメーションとなり、そのキャラクターが日本や世界を走り回り、地球や月を次々に投げ飛ばしていくサイドストーリーがユニークなMVに。またメンバーがやってみたいアニメにありそうな1シーンなども盛り込まれており、バンもん!らしく実写、アニメ、CGがごちゃ混ぜなポップでカラフルな映像に仕上がった。

またバンドじゃないもん!は、5月13日(金)深夜24:30からオンエアされる日本テレビ系『バズリズム』にも出演。お笑いコンビ・ヴィンテージの武井俊祐がアーティストに密着し、その魅力を探るコーナー「緊急指令!今すぐ探リズム!!」に登場する。コーナーでは4月に開催された全国ツアーの柏公演に武井が密着し、バンドじゃないもん!の魅力に迫る。

再メジャーデビューシングル発売前日と発売当日=インディーズ最後の夜とメジャー最初の夜に当たる5月17日(火)・18日(水)には、全国ツアーの折り返し地点となる赤坂BLITZでの2DAYSも開催。MVや『バズリズム』をチェックして、是非ライヴにも足を運んでみよう。

■「キメマスター!」MV
https://youtu.be/6wMee4bYUYI

■シングル「キメマスター!/気持ちだけ参加します。」

2016年5月18日(水)発売
【通常盤】(CD+特典映像データ)
PCCA-70470/¥1,200+税
※初回プレス分のみ特典映像データコード付きトレカ封入
<収録曲>
■CD
1. キメマスター! 
※フジテレビ系「魁!ミュージック」5月度エンディングテーマ
2. 気持ちだけ参加します。
3. キメマスター!〜instrumental〜
4. 気持ちだけ参加します。〜instrumental〜
■特典映像データ ※初回プレス分のみ
・「キメマスター!」 Music Video
・「キメマスター!」(ダンスVer.) Music Video
・メンバー盗撮映像「もん!撮」 (バンドじゃないもん!Ver.)

【メンバー盤】(CD+特典映像データ)
※イベント会場及びPCSC限定販売
※初回プレス分のみ特典映像データコード付きトレカ封入
■鈴姫みさこ盤
BRCA-70014/¥1,000+税
■恋汐りんご盤
BRCA-70015/¥1,000+税
■七星ぐみ盤
BRCA-70016/¥1,000+税
■望月みゆ盤
BRCA-70017/¥1,000+税
■甘夏ゆず盤
BRCA-70018/¥1,000+税
■天照大桃子盤
BRCA-70019/¥1,000+税
<収録曲>
■CD
1. キメマスター!
2. 気持ちだけ参加します。
■特典映像データ ※初回プレス分のみ
各メンバー盤にそれぞれのメンバーVer.特典映像
・メンバー盗撮映像「もん!撮」(鈴姫みさこVer.)
・メンバー盗撮映像「もん!撮」(恋汐りんごVer.)
・メンバー盗撮映像「もん!撮」(七星ぐみVer.)
・メンバー盗撮映像「もん!撮」(望月みゆVer.)
・メンバー盗撮映像「もん!撮」(甘夏ゆずVer.)
・メンバー盗撮映像「もん!撮」(天照大桃子Ver.)

◎バンドじゃないもん!Shop限定特典
「メンバー直筆生サイン入り!7形態収納BOX」付きセット
3次予約受付期間:5月13日(金) AM10:00まで

■『バンドじゃないもん!全国ツアー2016 〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編〜』

5月17日(火) 赤坂BLITZ(東京) 
5月18日(水) 赤坂BLITZ(東京) 
6月03日(金) OSAKA MUSE(大阪) 
6月04日(土) OSAKA MUSE(大阪) 
6月12日(日) 松山サロンキティ(愛媛) 
w:ひめキュンフルーツ缶
6月18日(土) 大須MID(愛知) 
6月19日(日) 大須MID(愛知) 
7月16日(土) 仙台 Club Junk Box(宮城) 
7月31日(日) TOYOSU PIT(東京) ※ツアーファイナル
※終了分は割愛

【関連リンク】
バンドじゃないもん! オフィシャルHP
バンドじゃないもん!、6月14日に天照大桃子生誕祭開催
バンドじゃないもん!、「魁!ミュージック」5月度エンディングテーマを担当
バンドじゃないもん!がゲリラライブにて5月18日に再メジャーデビューを発表

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
女性アイドル

17年の歴史の幕を下ろすZepp Fukuokaにて奥田民生、PUFFYらがSPライブを開催
Mon, 09 May 2016 20:00:00 +0900
5月8日@福岡・Zepp Fukuoka (okmusic UP\'s)

5月8日(日)、17年の歴史の幕を下ろす福岡・Zepp Fukuokaにてソニー・ミュージックアーティスツ(以下、SMA)主催イベント「Zepp福岡Bye Bye バイ」が開催された。

【その他の画像】サンボマスター

SMA所属の奥田民生、PUFFY、SPARKS GO GO、真心ブラザーズ、フジファブリック、OKAMOTO\'S、山口隆(サンボマスター)、土岐麻子、斎藤有太、上中丈弥(THEイナズマ戦隊)、 依布サラサという総勢11組20名のアーティストが出演。出演者がそれぞれの代表曲を歌い、次のアーティストの曲をカバーするリレー方式で進行。また、この日一夜限りの、山口隆(サンボマスター)×SPARKS GO GO、真心ブラザーズ×フジファブリック、フジファブリック×OKAMOTO\'Sのスペシャルバンドでのコラボも繰り広げられた。アンコールラストでは、1999年にZepp FUKUOKAのこけら落としを飾ったPUFFYのデビュー曲「アジアの純真」を出演者全員で歌い、2000人の観客を沸かせZepp FUKUOKAのフィナーレを華やかに飾った。

また「Zepp福岡ByeByeバイ」の会場では、先日の熊本地震で被災された方々及び復興支援のための樽募金を実施。5月8日(日)のイベント収益の一部を九州の震災復興のために寄付するとのこと。さらに、5月9日(月)も同じくZepp FUKUOKAにて、奥田民生が発起人となり「Zepp福岡ByeByeバイ」の出演者による「いのこり股旅」公演を開催する。「いのこり股旅」の会場でも、熊本地震で被災された方々及び復興に関する支援のための樽募金を実施し、集まった寄付金と当日のライブ収益は、熊本市に近日設立予定の音楽・文化復興支援のために全額寄付するとのことだ。

photo by 山本倫子

■「いのこり股旅」チケット情報
http://www.sma-ticket.jp/events/view/184

■【セットリスト】

1 渚にまつわるエトセトラ/PUFFY
2 ルーシーはムーンフェイス/PUFFY
3 Sandy\'s Sunday/SPARKS GO GO
4 孤独とランデブー/SPARKS GO GO
5 世界はそれを愛と呼ぶんだぜ/山口隆
6 スピード/山口隆
7 どかーん & ENDLESS SUMMER NUDE/真心ブラザーズ
8 Gift〜あなたはマドンナ〜/真心ブラザーズ
9 Beautiful Day/土岐麻子
10 Green Bird/土岐麻子
11 夜明けのBEAT/フジファブリック
12 Beek/フジファブリック
13 まじないの唄/OKAMOTO\'S
14 ズッコケ男道/OKAMOTO\'S
15 合言葉〜シャララ〜/上中丈弥
16 風は西から/上中丈弥
17 イージュ―★ライダー/奥田民生
18 オリエンタル・ダイヤモンド/奥田民生
19 これが私の生きる道/奥田民生&PUFFY
EN.1 愛のしるし/PUFFY×YO-KINGTONES
EN.2 アジアの純真/ALL CAST

【関連リンク】
弓木英梨乃(KIRINJI)、8月にソロライヴ『弓木流 vol.1』を開催&豪華共演者も発表へ
フジファブリック、ニコ生にてニューシングル発売記念番組を配信決定
真心ブラザーズ、YO-KINGと桜井秀俊が弾き語りで対決する対マンツアーがスタート
PUFFY、デビュー20周年記念ライヴに奥田民生が出演決定!

【関連アーティスト】
サンボマスター, フジファブリック, 奥田民生, THEイナズマ戦隊, OKAMOTO\'S, 真心ブラザーズ, SPARKS GO GO, PUFFY, 依布サラサ, 土岐麻子
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

【ジャニゴトまとめ Vol.5】英国紳士から人類のキセキまで!? 4月生まれのジャニーズは個性が豊か!
Mon, 09 May 2016 20:00:00 +0900
ジャニゴトまとめ (okmusic UP\'s)

突然ですが、皆さんはジャニーズアイドルの誕生日って、どんなふうにお祝いしていますか?

ジャニーズファンが集まるSNSでは、自担の誕生日、応援しているグループのメンバーの誕生日、自担が尊敬する先輩ジャニーズの誕生日……など、日々誰かの誕生日で賑わっていますよね(*^^*)

OKMusicが運営するMusicHubzに投稿された、ジャニーズファンの熱〜いノートを紹介する「ジャニゴトまとめ」第5弾は、そんなジャニーズアイドルの誕生日にスポットを当てて、“4月生まれのジャニーズ”にまつわるノートをご紹介したいと思います!

《ジャニゴトまとめ Vol.5 ラインナップはこちら》
・共通点なし!? 個性豊かな4月生まれのジャニーズたち
・JUMPの英国紳士
・人類のキセキといえば?
・FUNKから大喜利まで多彩にこなす芸術家肌
・女子力高めの元気印!

【その他の画像】KinKi Kids

■共通点なし!? 個性豊かな4月生まれのジャニーズアイドルたち

4月に生まれたジャニーズアイドルは……

・岡本圭人(1日 / Hey! Say! JUMP)
・山下智久(9日)
・堂本剛(10日 / KinKi Kids)
・有岡大貴(15日 / Hey! Say! JUMP)
※デビュー組のみ

といった、見事キャラクターがバラバラな(?)4人!

Hey! Say! JUMPからは岡本くん、有岡くんの2名が登場しましたが、この2人の組み合わせってあまり見たことないかも……?

■JUMPの英国紳士
■生まれてきたのは嘘じゃない!〜圭人くんおめでとう〜

Hey! Say! JUMP一のジェントルマンといえば、岡本圭人くん! イギリスへの留学経験もあり、優しい性格から“英国紳士”と呼ばれることも。

エイプリルフール生まれの岡本くんですが、『少年倶楽部プレミアム』の番組内で放送されたKAT-TUNとの合コン企画では、「生まれたのは嘘じゃない。岡本圭人です」と自己紹介! インパクト大のフレーズは、ファンの間でも公式のように定着しています♪

また、岡本くんは男闘呼組の岡本健一さんを父に持ち、初の“親子でジャニーズ事務所所属”ということでも知られています。nimoさんのノートにもありましたが、いつか親子共演が見られる日がくるといいですね!

■人類のキセキといえば?
■山Pは人類のキセキ

人類のキセキといえば、山Pですよね!

知らない方のために説明すると、2014年のカウコン放送時に映った“山Pは人類のキセキ”と書かれたうちわがファンの間で大きな話題に→“山Pは人類のキセキ”がジャニーズファンの間で流行語となったわけです。

山Pは出演ドラマ『野ブタをプロデュース』が大ブレイクするなど、高校生役のイメージが強いので、昨年30代に突入したことに驚いた方も多いのではないでしょうか? 大人の魅力が増し、さらにかっこよくなった山Pの活躍に注目です!

■FUNKから大喜利まで多彩にこなす芸術家肌
■剛くんの生まれた日

KinKi Kidsのコンサートでは、優しい歌声とゆる〜いトークでみんなを癒してくれる堂本剛くん。

昨年はファンクを主体としたアルバムのリリースやライブ活動をはじめ、単独の大喜利イベントを開催するなど、ジャンルの振り幅はジャニーズ一! そのインパクトの強さは、水曜日のカンパネラのコムアイさんも“一番衝撃を受けたライヴ”に剛くんのライヴを挙げるほど。

ぶっ飛んだ色や組み合わせの服など、剛くんの独特なファッションセンスに憧れる後輩も多いんだとか。詩も繊細で、芸術家気質なところがある人です。

■女子力高めの元気印!
■大ちゃんハッピーバースデー!

Hey! Say! JUMPの元気印といえば、有岡大貴くん!

もともとの明るいキャラクターに加え、最近ではレギュラー番組の『ヒルナンデス!』で鍛え上げたバラエティー力も発揮しています。山田くん曰く“化粧水と乳液をいつも持ち歩いている”らしく、女子力の高いメンバーとしても有名です。

同じく3月生まれの剛くんとは以前、キンキのラジオ番組『KinKi Kids どんなもんヤ!』で中島裕翔くんとともに共演。あまり見られない組み合わせに、SNSでは「新鮮!」「もっと共演が増えればいいのに」という声がたくさん上がっていました! 今後KinKi KidsとHey! Say! JUMPの共演が増えることを祈るばかりです!

■特製ケーキ・DVD鑑賞会…なにでお祝いする?

ここ数年、実際にファン同士が集まって誕生日のメンバーの顔がプリントされた特注ケーキや愛情溢れる手作りケーキなどを食べたり、メンバーの出演するDVDをみんなで鑑賞するなど、お祝い文化が進化してきています。

お祝いを理由に、普段なかなか集まれない仲間と集まれるのも嬉しいですよね(*^^*)

ジャニゴトまとめでは、今後もそんなジャニーズファンのお祝い事情について紹介していく予定なので、みなさんもぜひMusicHubzに「こんなお祝いをしたよ!」というノートを投稿してみてください♪

【関連リンク】

【関連アーティスト】
KinKi Kids, 山下智久, Hey! Say! JUMP
【ジャンル】


YOSHIKI、THE ALFEEの高見沢俊彦と約20年ぶりのメディア共演が決定
Mon, 09 May 2016 19:00:00 +0900
YOSHIKI CHANNEL 伝説対談SP 〜THE ALFEE 高見沢俊彦・YOSHIKI 約20年ぶりのメディア共演〜 (okmusic UP\'s)

ニコニコチャンネル内「YOSHIKI CHANNEL」の5月24日(火)のスペシャルゲストが、5月25日にニューシングル「今日のつづきが未来になる」をリリースするTHE ALFEEのリーダー・高見沢俊彦が決定した。

【その他の画像】THE ALFEE

日本の音楽シーンを牽引し続けてきた両雄、YOSHIKIと高見沢俊彦の2人がどんなトークを繰り広げるのか、そして約20年ぶりにメディアでの共演が実現。ファンのみならず、注目が集まることは間違いない。注目のニコニコ生放送は5月24日(火)20:45より放送予定だ。

■YOSHIKI CHANNEL
http://ch.nicovideo.jp/yoshikiofficial
■YOSHIKI オフィシャルHP
http://www.yoshiki.net
■THE ALFEE オフィシャルHP
http://www.alfee.com/

■ニコニコ生放送『YOSHIKI CHANNEL 伝説対談SP 〜THE ALFEE 高見沢俊彦・ YOSHIKI 約20年ぶりのメディア共演〜』

放送日時:5月24日(火) 20:45〜22:00(予定)
※本番組の後半はYOSHIKI CHANNEL会員限定視聴となります。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv261008843

【関連リンク】
YOSHIKI × GACKT、ニコ生で特別番組を放送
『ALFEE\'S LAW』はTHE ALFEEの本質を浮き彫りに!【ハイレゾ聴き比べ vol.7】
THE ALFEE、全国春ツアー『Best Hit Alfee 2016 春フェス』が開幕
「新経済サミット2016」にてYOSHIKIがエンターテインメントの未来を語る

【関連アーティスト】
THE ALFEE, X JAPAN, YOSHIKI, 高見沢俊彦
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

『イナズマロック フェス 2016』にファンキー加藤、ゲス乙女。、マンウィズの参戦が決定
Mon, 09 May 2016 18:00:00 +0900
『イナズマロック フェス 2016』 (okmusic UP\'s)

9月17日(土)18日(日)の2日間、滋賀県草津市烏丸半島芝生広場で開催される「イナズマロック フェス 2016」。この度同イベントの雷神ステージ第3弾出演アーティストが発表となった。

【その他の画像】T.M.Revolution

第3弾出演アーティストとして発表されたのはファンキー加藤、ゲスの極み乙女。、MAN WITH A MISSIONの3組。ファンキー加藤は9月17日(土)に、ゲスの極み乙女。、MAN WITH A MISSIONの2組は9月18日(日)に出演する。なお他の出演者は後日発表とのことなので、今後も続報を楽しみに待とう!

■『イナズマロック フェス 2016』

日程:9月17日(土)/9月18日(日)
会場:滋賀 草津市 烏丸半島芝生広場 (滋賀県琵琶湖博物館西隣 多目的広場)
開場/開演/終演:12:00/14:00/20:00 (各日とも予定)
※雨天決行(荒天の場合は中止)
出演アーティスト:
<LIVE AREA・雷神STAGE>
9月17日(土) GRANRODEO/SPYAIR/T.M.Revolution/ファンキー加藤/ももいろクローバーZ
9月18日(日) UVERworld/ゲスの極み乙女。/THE ORAL CIGARETTES/T.M.Revolution/MAN WITH A MISSION
and more!!

【関連リンク】
『イナズマロック フェス 2016』オフィシャルHP
T.M.Revolution、「HOT LIMIT」“みんなで踊ってみた"MVに永野やメイプル超合金など豪華著名人が集結
T.M.Revolution、Mステ出演は“HOT LIMITスーツ”幻のオレンジバージョンで!
T.M.Revolution、レイザーラモンRGによる「T.M.R.あるある」映像公開

【関連アーティスト】
T.M.Revolution, MAN WITH A MISSION, ゲスの極み乙女。, ファンキー加藤
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス

androp、ワンマンツアー初日公演にて新曲「Astra Nova」を披露
Mon, 09 May 2016 18:00:00 +0900
5月8日@愛知 Zepp Nagoya (okmusic UP\'s)

andropが5月8日に愛知 Zepp Nagoyaにてワンマンツアー「one-man live tour "Image World"」の初日公演を行なった。

【その他の画像】androp

本ツアーでは、最新作であるスクウェア・エニックス『スターオーシャン5- Integrity and Faithlessness -』のテーマソング「Astra Nova」も披露し、会場を多いに沸かせた。さらに、2016年10月1日(土)より5大都市を廻る全国ワンマンツアーの開催も発表。気になる方は下記のスケジュールをチェックして、会場に足を運んでみよう。

写真提供:image world

■「Astra Nova」配信ページ
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/astra-nova-single/id1092151657?app=itunes&at=10l6Y8&ls=1
・レコチョク
http://recochoku.com/w0/andropastranova/

■「androp one-man live tour 2016秋」

10月01日(土)  福岡 DRUM LOGOS
10月07日(金)  宮城 仙台 Rensa
10月10日(月・祝)  愛知 Zepp Nagoya
10月12日(水)  大阪 Namba Hatch
10月16日(日)  東京 Zepp DiverCity

■androp member page会員限定 会員最速チケット先行
※受付期間:5月08日(日)21:00-5月23日(月)23:00
http://emtg.jp

■「one-man live tour 2016 "Image World"」

5月11日(水)  福岡 DRUM LOGOS
5月13日(金)  大阪 Namba Hatch
5月15日(日)  東京 Zepp Tokyo
5月22日(日)  宮城 仙台 PIT
※チケット一般発売中
http://eplus.jp/androp/

【関連リンク】
androp オフィシャルHP
unBORDE all starsの新曲「Feel」が『コカ・コーラ』新CMソングに決定
レーベル設立5周年を記念して結成されたunBORDE all starsの新曲MVがついに公開
unBORDE設立5周年を記念してunBORDE all stars緊急結成&新曲制作を発表

【関連アーティスト】
androp
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

ミラーボールの光を浴びながら踊るための5曲
Mon, 09 May 2016 18:00:00 +0900
BABYMETAL『BABYMETAL』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

5月です。新しい職場や学校生活に忙殺されている方々は、そろそろ「この人こういう性格なんだな」となんとなく把握できたり、逆に徐々に暴かれ始めている時期ではないでしょうか。ここで「実はブレイクコアが好きなんです」とか「フリースタイルダンジョン最高ですね」等と素直に明かせるかどうかで、その後の人間関係が円滑になるかどうかが決まります。主観や私情を挟むのはあまり好きじゃないので本当は避けたかったのですが、こう切り出さないと主題に辿り着けないのでどうでもいいことを白状しますと、私の趣味はライヴハウスに行くことです。この仕事を始める前からライヴを観ることも、ライヴハウスという場所自体も大好きで、最近は各店舗のフロアを煌煌と照らすミラーボールの写真を撮りためています。というわけで、今回はこのテーマになりました。よし!

■1.「ミラーボール」(’07)/東京事変

もともとは浮雲こと長岡亮介がペトロールズにて発表した楽曲をカバーしたもの。内省的ながら挑発するかのように駆け引きに身を投じる官能的な歌詞、ドーリーで蠱惑的な椎名林檎のヴォーカルに絡む伊澤一葉と浮雲の低音と高音のクールなコーラスワーク、ファンクネスなリズム隊のグルーブと、熟し切った果実のような贅沢さが鼻先をくすぐります。アルバム『娯楽』収録版もさることながら、ライヴDVD『Just can\'t help it.』に収められているバージョンもアンニュイで素晴らしいのでぜひ。

■2.「MIRROR BALLS」(’02)/DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN

昨今はジャズとヒップホップの連続性を紐解きつつ実践するべく、N/K名義でラッパーとしても活動する菊地成孔が率いるdCprG。クラブ以降の時代を生きる世代にとってのダンスミュージックと言えばEDMだったり、ジューク/フットワークだったり4つ打ちのダンスロックだったりするのですが、これだけ濃密で純度の高いスイートなダウナーさと共倒れすると、パラダイスガレージが束の間の自由な空間で溺れたディスコの理念にほんの一瞬触れられたような心地になります。

■3.「キラーボール」(’13)/ゲスの極み乙女。

年明けから本当に、本当にいろいろあったのですが、これだけの情報量と技術とアクの強さがせめぎあうことなく共生し、かつ「僕たちのやっていることはJ-POPですよ」としらを切り通せるバンドは、彼らを含めて数えきれるほどしかいないと思うのです。この曲を発表した当時は“プログレヒップホップ”と冠されることも多かったようですが、サンバのリズムの上空で冒頭からアウトロまで貫かれる感傷的かつ内省的メロディーと内省的なリリックで胸をかきむしりながら踊らせるその巧みさは、確かに“ダンスロックバンド”と包括してしまうのが憚られるほどの威力があります。

■4.「ミライボウル」(’11)/ももいろクローバー

今や“楽曲派”と呼ばれるアイドルも珍しくないですが、「アイドルというフォーマット/パッケージであればなんでもできる」というロジックによってこれだけ革新的な楽曲が矢継ぎ早に産み落とされるきっかけとなったのは、やはりももクロだと思うのです。ミュージカル調のダイナミックかつキュートなAメロ・Bメロからアップテンポのサビに目まぐるしく変わり、早見あかりの高速ラップが「好・き・な・の」の殺し文句で落とされ、百田夏菜子の気迫のこもったソロが胸を打ち…と、本当に休ませてくれないプログレナンバーです。

■5.「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト」(’12)/BABYMETAL

偶発的な産物がマーケティング的戦略から大きく外れたところで予想外に成功してしまうカタルシスという点において、ベビメタに勝るアーティストはいないかもしれません。楽曲はあくまで一発勝負で様式美を保ちつつ、トラックやビジュアルイメージはメタル、歌とパフォーマンスはアイドルという、どちらにも振り切らないバランスの妙のなせる技でしょうか。いずれにせよ、海外のごついメタルファンが「ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト!」とシャウトする微笑ましさだけでもうどうでもよくなります。ちなみにこの曲に関しては歌詞に“ミラーボール”が登場するというだけです。

【関連アーティスト】
ももいろクローバーZ, 東京事変, BABYMETAL, DATE COURSE PENTAGON ROYAL GARDEN, ゲスの極み乙女。
【ジャンル】


WEAVER、全国ホールツアーが大盛況のNHKホール公演をもって終了
Mon, 09 May 2016 17:00:00 +0900
5月6日@東京・渋谷NHKホール (okmusic UP\'s)

WEAVERの全国ホールツアー『WEAVER 11th TOUR 2016 「Draw a Night Rainbow」』が5月6日、東京・渋谷NHKホールにてファイナルを迎えた。

【その他の画像】WEAVER

3年ぶりとなるアルバム『Night Rainbow』を引っ提げての今回のツアーは全国9都市9公演。昨年のホールツアーも大盛況だったが、音楽性、パフォーマンスとも更なる磨きがかかったものとなり、間違いなく次のフェーズに進んだと言える内容のものだった。

「東京!!」と勢いよくステージに登場した、ピアノ&ヴォーカルの杉本雄治。跳ねたピアノのイントロが印象的な「You」でスタート。そのピアノと同様に、ステージ上を嬉々として駆け回る。「心に焼き付けていくよ! この瞬間!!」と煽り、それに大歓声で応える観客。始まりを演出する。ドラムスの河邉徹はスティックを高々と右手に掲げ、観客を鼓舞する。奥野翔太は淡々としつつも、ファイナルであるという喜びを感じながら、はにかむ笑顔でベースを奏でる。そしてやはり高揚する気持ちをこらえきれずに駆け出す。メンバー皆、ツアーファイナルを迎えた喜びや、かける想いを存分に示した表情が印象的だった。

序盤の「くちづけDiamond」でさらに勢いをつけると、「春色グラフィティ―」や「管制塔」では、WEAVERの真骨頂ともいえる多彩なメロディで、会場をカラフルに染めていく。途中のMCでは、「めちゃめちゃ楽しみにしてきたけど、みんなどう? やばいよ!!」と興奮気味に話す杉本。すると河邉は「ファイナルはいつもと違う緊張感があって…。」とファイナル独特の雰囲気に緊張していることを素直に語り、会場の雰囲気を和ませる。奥野は「楽しい! 東京!! すごく楽しみにしていたよ!」と率直に伝えると、「このツアーでアルバムの楽曲は本当の意味で完成すると思う。各会場の色を加えてくれたから、あとは今日、東京のみんなの色を入れるだけ! 一緒に盛り上がろう!!」と改めて意気込みを述べ、アルバムへの想いや自信ものぞかせる。そして杉本が「僕たちにしか描けない虹を、一緒に描こう!」と力強く発すると、ライブはは次の展開に向かう。

ここから会場の雰囲気は一変。まさしく深海に引き込まれるような神秘的な空間が彩られた「マーメイド」ではゆったりとした美しいレーザーの海に引き込まれていく。「クローン」では逆に激しさを増し、赤と緑の閃光が乱れ飛び、荒々しくも美しい楽曲の世界観を表現していく。カラフルな彩りを添える「さよならと言わないで」は、四つ打ちのリズムに軽快なピアノ、シンセサウンドでつむぐ、ポップな世界を披露。「KOKO」では虹色のレーザーが交差し、NHKホールが、一気に巨大なダンスフロアへと変貌を遂げる。土台にカラフルな照明が施された3つのライザーの上で、メンバー3人がそれぞれ演奏するシルエットは、エッジ―かつスタイリッシュで観客の心に刻み込まれた。熱いメッセージが込められた「Life」では、夢ではなく、リアルを映し出す。情熱的かつ圧倒的な歌唱で、ライブは一気に最高潮へ。

「ティンカーベル(ver.EDM)」では、3人が光るスティックを持ち、それぞれ打楽器を演奏。ステージ前際に並ぶと、上手下手へとメンバーの行進が始まり、つい顔がほころぶシーンも。「Boys & Girls」では、冒頭の杉本の掛け声で、みんなで1,2,3で合わせてジャンプすると、さらに観客との一体感が増し、ピアノとストリングスが織りなす美しいメロディで歓喜の渦が広がっていった。「トキドキセカイ」「Free will」と定番の名曲でさらに観客の盛り上がりはクライマックスに。本編の最後では杉本が初めて作詞をした「Hello Goodbye」。ステージのスクリーンには、公募した、前へ歩く足元を撮影した動画を投影。みんなで、一緒に歩いて行こう、そしてその前に進む道標の光となればいいと、希望を込めた楽曲で幕を閉じた。

アンコールでは、お茶目な演出、MCでメンバーが登場すると、3人の連弾とアカペラハーモニーが見事にハマる「キミノトモダチ」で観客を沸かせ、最後のMCパートでは、本当にあっという間に感じるほど、メンバーもパフォーマンスにのめり込んだ2時間余りの時間を噛みしめた。「終わってしまうね…。」と感慨深げに語る杉本。「3年は思ったよりも長い時間。なかなかちゃんと自分を見る機会が無かったけど、ようやく自分と向き合うことができた。今を全力で生きたら、もっといい未来が待っているということに気付いた。」と、アルバム制作に向き合った期間を振り返り、力強いメッセージを送った。「この春で東京に来て6年、これからも3人で力を合わせていい作品を作っていきます。」と新たな決意を、ツアーで確かな手ごたえを得たことをにじませながら、笑顔で語っていた河邉。奥野は「いいツアーだった。皆次第で、楽曲を育てていこうと始まったツアー。おかげで楽曲たちが色とりどりに輝いてくれた、本当にありがとう。」と感謝を伝え、「またどこかで、楽しい時間を過ごしましょう!」と感無量に語った。その後、スケール感溢れる「Beloved」でラスト。鳴り止まない拍手が会場を包み込み、大団円を迎えた。

これからWEAVERは、6月から全国ライブハウスツアー“WEAVER 11th Additional TOUR 2016 「Walk on the Night Rainbow」"を開催することを発表しており、引き続き、全国を駆け抜けていく。このライブハウスツアーでは、ホールツアーでは周ることができなかった場所にも訪れることとなり、地方のファンにとっては朗報となる。全国14都市14公演の開催予定となる。アルバム『Night Rainbow』は、ライブツアーでも、さらに進化を遂げていくことだろう。

Photo by 高田 梓

■【セットリスト】

M1.You
M2.Shall we dance
M3.くちづけDiamond
M4.春色グラフィティー
M5.管制塔
M7.レイス
M8.マーメイド
M9. クローン
M10.さよならと言わないで
M11. KOKO
M12. Life
M13. 僕らの永遠 〜何度生まれ変わっても手を繋ぎたいだけの愛だから〜
M14.ティンカーベル(ver.EDM)
M15.Boys & Girls
M16.トキドキセカイ
M17.Free will
M18.Hello Goodbye
-ENCORE-
EN1.キミノトモダチ
EN2.Beloved

【関連リンク】
WEAVER オフィシャルHP
WEAVERがAbemaTVの新CMソングを担当
WEAVER、約2年ぶりとなる全国ホールツアーがついにスタート
WEAVER、「KOKO」ミュージックビデオのバズリズムverを公開

【関連アーティスト】
WEAVER
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

RADWIMPS、ファンクラブの設立を発表&企画アイデアをTwitter上で募集
Mon, 09 May 2016 16:30:00 +0900
RADWIMPS (okmusic UP\'s)

RADWIMPSがファンクラブの立ち上げをオフィシャルTwitterで発表した。

【その他の画像】RADWIMPS

ファンクラブは今夏のスタートに向けて準備を進めているとのこと。昨年でデビューから10年を迎え、様々なアーティストとの対バンライブ、ドキュメンタリー映画の公開、さらに最近では映画の楽曲制作なども発表しており、活動の幅を広げているRADWIMPS。今回のファンクラブ立ち上げにより、さらなる新しい展開を見せることとなるだろう。

詳しい内容は後日発表となるが、今回の発表と同時にファンクラブに期待する事、及びファンクラブが発行する会報誌上での企画アイデアをTwitter上で募集している。ファンの方は是非自分のアイデアをTwitterで投げかけてみよう。

■RADWIMPS オフィシャルTwitter
http://www.twitter.com/RADWIMPS

【関連リンク】
RADWIMPS オフィシャルHP
RADWIMPS、震災支援としてONE OK ROCKのTakaと共に楽曲を配信
野田洋次郎のソロプロジェクト・illionが3年ぶりとなる新作を7月にリリース
RADWIMPS、新海誠監督の長編大作アニメーション『君の名は。』で映画音楽を担当

【関連アーティスト】
RADWIMPS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

lynch.、全国ツアーファイナルにてアルバム発売&秋ツアー開催を発表
Mon, 09 May 2016 16:00:00 +0900
5月8日@新木場 STUDIO COAST (okmusic UP\'s)

lynch.が5月8日、全国ツアー『TOUR\'16「DARK DARKER DARKNESS」#2 -My name is evil-』ファイナルを新木場 STUDIO COASTにて開催! 同公演にてこの秋にアルバムを発売することと、全国ツアーの開催が発表された。また、6月15日発売のlynch.初のBlu-ray作品『IMMORTALITY』のジャケット写真が公開された。

【その他の画像】lynch.

“lynch.です。よろしくお願いします!"。そうして始まった「MOON」。続く「ANTARES」で葉月(Vo.)が“新木場?! でっかいピット見せてくれー!"と煽ると、真っ赤な照明に変わり会場は熱気に満ち溢れ、フロアではモッシュピットが起こった。“ゴールデンウィーク最終日という絶望の日に、さらなる闇夜へようこそ!"と葉月は笑いを含めながらファンへ感謝を述べた。“オンベース、明徳!"の合図で「INVADER」のベースソロを明徳(Ba.)がぶちかます。ラストの「EVOKE」まで休む間も無く走り抜けて本編が終了。アンコール冒頭のMCでは、終演後に配布するチラシを葉月がステージで見せながら、この秋にアルバムの発売することと全国ツアーを開催することを発表。 その後“lynch."の文字が光ったバックライトを背にアンコール曲を披露し、長きに渡るツアーの幕が閉じた。

また、3月8日から5月8日の2か月間に15都市21公演で行なわれた今回のTOUR\'16「DARK DARKER DARKNESS」#2 -My name is evil-の模様を収めた写真展『TOUR\'16「DARK DARKER DARKNESS」#2 -My name is evil- PHOTO EXHIBITION』を、6月9日〜6月12日の4日間限定で開催することが決定した。lynch.にとって初となる今回の写真展では、ライブ終演後にlynch.公式SNS上にアップされていたライブ写真やファンクラブ「SHADOWS」会員限定で配信された写真など、ツアー全会場での写真全数百点が展示される。また、展示写真の受注販売や、6月15日発売のBlu-ray「IMMORTALITY」を会場内で上映予定。

「IMMORTALITY」には、2015年11月22日にTOKYO DOME CITY HALLにてlynch.史上最大規模のキャパシティーで行なわれた『TOUR\'15「DARK DARKER DARKNESS」』FINALの本編からアンコールまで全曲分の映像と、メジャー突入後に制作された全てのMUSIC VIDEO(全12曲)が収録(Blu-ray、DVD共通)され、6月には発売記念イベントの開催も控えている。今後のlynch.の活躍にも期待が高まる。

Text by 羽村萌
Photo by 土屋良太

■【セットリスト】

1. MOON
2. ANTARES
3. GREED
4. INVINCIBLE
5. MIRRORS
6. THE FATAL HOUR HAS COME
7. GHOST
8. ILLUMINATI
9. melt
10. ENVY
11. MELANCHOLIC
12. D.A.R.K.
13. GALLOWS
14. BEAST
15. INVADER
16. COSMOS
17. 59.
18. I BELIEVE IN ME
19. ALL THIS I\'LL GIVE YOU
20. pulse_
21. EVOKE
En1-1.JUDGEMENT
En1-2.EVILLY
En1-3.DAZZLE
En1-4.LIGHTNING
En2-1.TIAMAT

■【2016年秋ツアー 詳細情報】

10月16日(日) 新潟LOTS
10月20日(木) 梅田CLUB QUATTRO
10月22日(土) 鹿児島CAPARVO HALL
10月23日(日) 福岡DRUM LOGOS
10月26日(水) 京都MUSE
10月29日(土) 高松MONSTER
10月30日(日) 広島CLUB QUATTRO
11月03日(木) 浜松窓枠
11月04日(金) 横浜Bay HALL
11月08日(火) 札幌PENNY LANE24
11月09日(水) 札幌PENNY LANE24
11月12日(土) 仙台Rensa
11月15日(火) 渋谷CLUB QUATTRO
11月17日(木) 名古屋CLUB QUATTRO

<チケット>
スタンディング:¥4,320(税込)
※入場時別途ドリンク代必要・未就学児童入場不可
SHADOWS(FC)先行エントリー期間:
5月25日(水)12:00〜6月1日(水)18:00
オフィシャル先行エントリー期間:
6月6日(月)12:00〜6月15日(水)18:00

■TOUR\'16「DARK DARKER DARKNESS」#2 -My name is evil- PHOTO EXHIBITION

開催日時:6月9日(木)〜6月12日(日)
11:00〜19:00(最終日は18:00まで)
場所:恵比寿ギャラリーコウゲツ(渋谷区恵比寿1-5-2)
入場料:¥1,000(ピクチャーチケット/入場記念フォトカード付き)
※当日券のみ
<内容>
3月8日から5月8日の2か月間に15都市21公演でおこなわれた、TOUR\'16「DARK DARKER DARKNESS」#2 -My name is evil-の模様を収めた写真展を期間限定で開催。展示写真の受注販売や、6月15日発売のBlu-ray「IMMORTALITY」を会場内で上映!

【関連リンク】
lynch. オフィシャルHP
lynch.、ライブ映像を劇場で公開する上映会の開催が決定
lynch.、SuGとvistlipと共に初の3マンツアー『LSV』開催を発表
The BONEZ、ニューアルバム『To a person that may save someone』へ各界著名人によるコメントが到着!

【関連アーティスト】
lynch.
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

NICO Touches the Walls、初の大阪城ホールワンマンで7500人を“熱狂の渦"に!
Mon, 09 May 2016 15:30:00 +0900
5月6日@大阪・大阪城ホール (okmusic UP\'s)

NICO Touches the Wallsが5月6日に初の大阪・大阪城ホール単独公演「NICO Touches the Walls LIVE SPECIAL 2015“渦と渦〜西の渦〜"」を開催。7500人のオーディエンスを前に、2時間半にわたって熱演を繰り広げた。

【その他の画像】NICO Touches the Walls

この公演は昨年12月に行なわれる予定だったが、古村大介(G)が右手を骨折したことにより半年延期に。古村の復帰後、バンドは年初に3度目となる東京・日本武道館公演「渦と渦〜東の渦〜」を行ない、6枚目となるアルバム『勇気も愛もないなんて』をリリース。さらにアルバムのレコ発ツアーと対バンツアー「ニコ タッチズ ザ ウォールズ ノ フェスト \'16」を並行して実施し、アンサンブルやコーラスに磨きをかけ、満を持して大阪城ホールの大舞台に臨んだ。

待ち焦がれたファンの歓声が響く中、アニメーターの加藤隆による「渦と渦」をモチーフにしたファンタスティックなアニメが上映され、観客を「渦」の世界へ誘う形でライブがスタート。ステージを覆っていたフリンジ状の幕が上がるとメンバーが姿を見せ、勢いを付けるように「渦と渦」のイントロを豪快に鳴らす。そして光村龍哉(Vo, G)が「待たせたな大阪! 最高の1日にしようぜ!」と叫んだことを口火に、4人はオープニングナンバーの「天地ガエシ」を高らかに奏でた。

ライブの本編は「渦と渦〜東の渦〜」でも披露された楽曲や、「エーキューライセンス」「ブギウギルティ」「TOKYO Dreamer」などアルバム「勇気も愛もないなんて」の収録曲を織り交ぜたセットリストで展開。完全復活を感じさせる古村の気合いの入ったギタープレイや堂に入ったコーラスはもちろん、個々のプレイも目立ち半年間での進化を観客に印象付けた。例えば「有言不実行成仏」では坂倉心悟(B)が太くうねるようなグルーヴを作り出し、「まっすぐなうた」や「ローハイド」では対馬祥太郎(Dr)が野性的なドラミングで会場を圧倒する。光村の歌声は楽曲ごとに変化し、NICO史上もっともストレートなラブバラード「ウソツキ」で切なく狂おしい感情をにじませたかと思えば、「ローハイド」や「夜の果て」といったロックチューンでは激情をほとばしらせる。4人はときに火花を散らすようにせめぎ合い、ときに息を合わせながら丁寧に音を重ね、この日のために選び抜いた曲たちを心を込めながらオーディエンスに届けた。「ここにいる全員の力を合わせて最高にデカイ渦を作りましょう!」という光村の言葉から導かれるように始まった「渦と渦」では、広い会場に熱狂の渦が生み出され、メンバーが去ったあとも激しい余韻が残り続けた。

なおMCでは、大阪城ホールへの憧れ、大阪への熱い思いを何度も口にしたメンバーたち。アンコールのMCでは古村が公演を延期した際に不安を抱えていたこと、一方でファンの支えによってこの日を迎えられたことを明かし、「今日がきっかけになったらいいなと思って。これからもっと仲よくなっていこうね。みんなのことが大好きです」と素直な思いを口にしていた。

アンコールを彩ったのは、NICO Touches the Wallsというバンドの不器用で愚直な性格とリンクする新曲「ストラト」、4人の絶妙な掛け合いが光る「お嬢さんとこいさん」のNICO流カバー、強烈な一体感を作り出すライブの定番曲「手をたたけ」。最後に光村の「何度でも帰ってきてやるぞ! また会いましょう!」という宣言が会場に大きく響き、半年越しで実現したNICO Touches the Walls初の大阪城ホール公演は幕を閉じた。

Photo by 岡田貴之

■【セットリスト】

01. 天地ガエシ
02. エーキューライセンス
03. image training
04. 僕は30になるけれど
05. ブギウギルティ
06. 有言不実行成仏
07. THE BUNGY
08. ウソツキ
09. ローハイド
10. 行方
11. 夜の果て
12. TOKYO Dreamer
13. ニワカ雨ニモ負ケズ
14. まっすぐなうた
15. ホログラム
16. 渦と渦
-アンコール-
17. ストラト
18. お嬢さんとこいさん
19. 手をたたけ

【関連リンク】
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls、シングル「ストラト」の大阪城ホールライヴ会場購入者限定特典を発表
NICO Touches the Walls、5月1日にLINE LIVE番組を放送
NICO Touches the Walls、新曲「ストラト」MVで人生初のダンスに挑戦!?

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

AKi、故郷・厚木より待望の初ワンマンツアーがスタート
Mon, 09 May 2016 15:00:00 +0900
5月3日@町田プレイハウス (okmusic UP\'s)

シドのベーシストである明希が、昨年に始動させたソロプロジェクト“AKi"。年明けからムックとのダブルヘッドライナーツアーで全国を回り、5月1日には全21公演に上る初ワンマンツアー“HEADZ UP&DO IT!"が遂にスタートした。

【その他の画像】シド

故郷である厚木での初日公演に続き、5月3日には町田プレイハウスに登場して、「昔、よく近くのスタジオで練習してた」という思い出の街ならではの熱い初期衝動を爆発させた。

ライブハウスを中心に組まれた本ツアーで彼が訴えたのは、丸裸になって声を、想いをオーディエンスと間近でぶつけ合う、ロックバンドならではの魂の交感。ギターに佑聖(ex THE KIDDIE、GUTS AND DEATH)、加藤貴之(兎-usagi-)、ドラムに宮上元克(THE MAD CAPSULE MARKETS)と、昨年2月の1stライブから共にグルーヴを成してきた面々とスリリングに渡り合い、あくまでバンドとしての一体感を追求する様は、手に汗握るアグレッションに満ちていた。結果、パワーコーラスが轟く「HEADZ UP」や、衝動の緩急が得も言われぬ美を誘う「libido」といった本ツアーから初披露の新曲でも、オーディエンスの拳や声の勢いは満点。その様子に「すごい熱気だね。ヤバいわ」とAKiも思わず破顔するが、いわく、ツアータイトルに籠めた意味は「“やるしかねぇ!"みたいな感じ」とのこと。つまり全ては彼の目論見通りで、その熱さのぶんだけリリカルな「Wait for You」やファルセットが甘く響く「LOOP」等、静謐で幻想的な持ち味までも際立たせるのだからズルい。「何かを好きと思う気持ち、それを貫く想いは何より強いと思っています」という言葉を証明するが如く、ひたむきな歌声と重厚なベース音に乗せてありったけのパッションを放てば、ソールドアウトのフロアは狂騒の宴へ。「ロックンロールしてるね! ライブでしか味わえないこの感じに憑りつかれて、ずっと音楽やってます。ロックは好きかい!? ロックンロールは好きかい!?」とパワフルに突き抜けて、オーディエンスの大合唱のうちにライブの幕は閉じた。

この後、ツアーは札幌から鹿児島まで全国を回り、7月18日のZepp DiverCity Tokyoでファイナルを迎える。AKi純度100%のワイルドなロック魂を堪能できるチャンスを、ぜひとも逃してはならない。

photo by 西槙太一
text by 清水素子

■新曲「HEADZ UP / Fx252 the WORLD!」

ツアーグッズ“HEADZ UP & T-SHIRT!【CD付きTシャツ】"のCDに収録

■AKi Tour 2016 『HEADZ UP & DO IT!』

5月12日(木) 梅田クラブクアトロ
5月14日(土) 神戸VARIT. ※SOLD OUT
5月15日(日) 京都MUSE ※SOLD OUT
5月19日(木) Live House 浜松窓枠 
5月20日(金) 名古屋ボトムライン
5月25日(水) HEAVEN\'S ROCK宇都宮VJ-2
5月29日(日) 広島クラブクアトロ 
5月31日(火) HEAVEN\'S ROCKさいたま新都心VJ-3 ※SOLD OUT
6月10日(金) 福岡DRUM LOGOS
6月12日(日) 鹿児島CAPARVO HALL
6月18日(土) 高松DIME
6月19日(日) 松山サロンキティ
6月22日(水) 郡山CLUB #9 
6月24日(金) 仙台Rensa
6月26日(日) 札幌PENNY LANE24
-FINAL-
7月18日(月・祝) Zepp DiverCity Tokyo

【関連リンク】
AKi オフィシャルHP
「イケVプロジェクト」第1弾アーティスト、バンド名&初お披露目ライブ発表
シドのマオが“マオ from SID”として6月にソロデビューを発表
MUCCとAKi、ツアー『M.A.D』ファイナル公演にKenの出演が決定

【関連アーティスト】
シド, AKi
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

弓木英梨乃(KIRINJI)、8月にソロライヴ『弓木流 vol.1』を開催&豪華共演者も発表へ
Mon, 09 May 2016 14:30:00 +0900
弓木英梨乃 (okmusic UP\'s)

KIRINJIのギタリストである弓木英梨乃が、8月7日(日)に東京・関交協ハーモニックホールにて6年ぶりとなるソロライヴ『弓木流 vol.1』を開催する。

【その他の画像】つじあやの

オリジナル楽曲やインストゥルメンタルの演奏はもちろん、当日はつじあやの、土岐麻子をゲストとして招き、弓木プロデュースによるアレンジによって2人の楽曲とパーソナリティにさらなる彩りを加えたコーナーも準備されている。

そしてこの日、弓木と共に音楽を奏でるメンバーとして楠 均(KIRINJI/Dr)、渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz/Key)、御供信弘(B)の出演も発表されている。錚々たるミュージシャンとの共演は絶対に見逃せない。

当公演の一般チケットは購入手数料無料のオンラインチケット「Peatix」にて発売が開始。当日は弓木英梨乃の第2弾となる教則本の先行発売も予定されているとのことなので、気になる方はチェックしてみよう。

■Peatix
http://yumikiryu0807.peatix.com

■【弓木英梨乃 コメント】

「大好きなゲストやミュージシャンの皆さんと一緒にステージを作り上げることができるのが本当に楽しみです。弓木流に参加してくれるみんなが笑顔になれるような、楽しい一日にできたらいいなと思います。ぜひ遊びに来てください!」

■『弓木流 vol.1』

8月07日(日) 関交協ハーモニックホール(西新宿)
1st stage:開場14:00 / 開演14:30(ゲスト:つじあやの)
2nd stage:開場17:30 / 開演18:00(ゲスト:土岐麻子)
*完全入替制
<チケット>
料金:全席自由 ¥3,800(税込・整理番号付き)

◎参加ミュージシャン
Dr.楠 均(KIRINJI)
Key.渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)
Ba.御供信弘

【関連リンク】
ヤマハミュージックアーティスト
弓木英梨乃 オフィシャルTwitter
弓木英梨乃 オフィシャルFacebook
PUFFY、対バン企画『愛の説教小屋』で亜美と由美が対決

【関連アーティスト】
つじあやの, 土岐麻子, 弓木英梨乃, Schroeder-Headz, KIRINJI, 御供信弘
【ジャンル】
J-POP, ライブ

スピッツ、約3年ぶりのニューアルバム『醒めない』を7月27日にリリース
Mon, 09 May 2016 14:00:00 +0900
スピッツ (okmusic UP\'s)

スピッツが通算15枚目となるニューアルバム『醒めない』を7月27日に発売する事が決定した。

【その他の画像】スピッツ

最新シングル「みなと」に加えて、昨年のダウンロード限定シングル「雪風」も収録のフルアルバムは、アナログ盤も含めて全6形態での発売となる。初回限定盤には、「みなと」のミュージックビデオに加え、今作品に収録される新曲2曲のミュージックビデオ、更に撮影オフショットも収録した映像DISCを付属。更に、スピッツのオフィシャルファンクラブ「Spitzbergen」会員のみ購入が可能な、UNIVERSAL MUSIC STORE限定の『デラックスエディション Spitzbergen会員限定盤』も同時発売されるとのこと。

また、そのアルバムに収録される新曲が5月11日から「フォレスター」のTVCMとしてオンエアされる事も決定しているので、こちらもお楽しみに!

■アルバム『醒めない』特設サイト
http://spitz.r-s.co.jp/new_release/samenai/

■アルバム『醒めない』

2016年7月27日(水)発売
【初回限定盤】(2DISCS)
■SHM-CD+Blu-ray
UPCH-7166/¥5,980(税込)
■SHM-CD+DVD
UPCH-7167/¥4,980(税込)
<初回限定盤2大特典>
・「みなと」ミュージックビデオ+今作収録新曲2曲のミュージックビデオ+撮影オフショットの映像DISC
・初回限定盤 オリジナルスリーブケースパッケージ仕様

【通常盤】(CD)
UPCH-2086/¥3,240(税込)

【アナログ盤】(2枚組LP)
UPJH-9017/8/¥3,980(税込)
※完全受注限定生産盤
※店頭・WEB予約締切:2016年5月26日(木)
※取扱いに関しましては店舗・オンラインショップによって異なります。各店でご確認ください。

【デラックスエディション Spitzbergen会員限定盤】(3DISCS)
■2SHM-CD+1Blu-ray
PDCJ-1078/¥8,480(税込)
■2SHM-CD + 1DVD
PDCJ-1079/¥7,480(税込)
※完全受注限定生産盤
※UNIVERSAL MUSIC STORE限定販売
<5大特典>
・ボーナスCD「*GO!GO!SCANDINAVIA VOL.6」のライヴ・アルバム
※2015年5月20日の赤坂BLITZ公演から、新曲「ブチ(GO!スカ Version)」、「魚」を含む全10曲収録予定。
※GO!GO!SCANDINAVIA : Spitzbergenが開催するファンクラブツアー
・スピッツ・オリジナルポスター(プリントサイン入り)
・メンバーメッセージ映像+ミュージックビデオ撮影メイキング映像のWEB視聴
・Spitzbergen会員番号をジャケットに印刷
・デラックスエディション オリジナルスペシャルパッケージ仕様
※その他の音源・映像は【初回限定盤】と同様となります。
※「デラックスエディション Spitzbergen会員限定盤」はスピッツオフィシャルファンクラブ“Spitzbergen"会員のみが購入可能。
※新規のご入会を5月13日(金)23:59までにご入金を完了いただいた方が会員限定盤の購入対象者となります。

■UNIVERSAL MUSIC STORE 『醒めない』特別サイト
http://po.st/spb2016

【関連リンク】
スピッツ オフィシャルHP
スピッツ、『ロックのほそ道』&『新木場サンセット2016』の開催が決定
スピッツ、CMソングとして話題の新曲「みなと」MV公開
スピッツ、夏の恒例イベント20周年記念SPの豪華出演者を発表

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

かりゆし58、名曲「アンマー」から着想を得た長編小説『アンマーとぼくら』の発売を発表
Mon, 09 May 2016 13:00:00 +0900
5月8日(日)@日比谷野外大音楽堂 (okmusic UP\'s)

かりゆし58が、母の日である5月8日(日)日比谷野外大音楽堂にてデビュー10周年記念全国ツアーファイナル公演を行なった。

【その他の画像】かりゆし58

「5/8」というは日は"かりゆし58"というバンド名にちなんで"かりゆし58の日"として、過去にも日比谷野音でのイベント開催、新曲発売、ネット生番組で母親への感謝を綴った代表曲「アンマー」の生演奏などを行なってきた。そんな記念すべき日が、10周年を迎える今年は"母の日"にあたるという奇跡! さらに、休養中の中村洋貴(Dr.)が本編終盤の「ウクイウタ」で特別出演というサプライズも。その後アンコール曲「オワリはじまり」含めて3曲をパーカッションで参加した。

そして、この記念日にさらなるサプライズな発表があった。なんと、かりゆし58の名曲「アンマー」に着想を得た、書下し感動長編小説の発売が決定したのだ。タイトルは『アンマーとぼくら』。著者は『図書館戦争』など数多くのヒット作を生み出している有川浩氏だ。

有川浩氏からは「真悟さんの歌声からは、物語が感じられます。その心地よい歌声に乗って快調に書き進め、物語が完成しました。本ができるのを楽しみに待っていてください。10周年おめでとうございます。」というコメントが寄せられている。

今後のかりゆし58は、ONE OK ROCKなどが出演する「MIYAKO ISLAND ROCK FESTIVAL 2016」、BEGIN主催イベント「うたの日コンサート2016 」など多数の夏フェスイベントへの出演も決定しており、これからもその動向から目が離せそうにない。

■小説『アンマーとぼくら』

2016年7月19日(火)発売
著者:有川浩 講談社刊
<内容>
"母と過ごす3日間。恩返しは、今からでも遅くない。"

休暇で沖縄に帰ってきたリョウは、親孝行のため「おかあさん」と島内を観光する。一人目の「お母さん」はリョウが子どもの頃に亡くなり、再婚した父も逝ってしまった。観光を続けるうち、リョウは何かがおかしいことに気がつく。かりゆし58の名曲「アンマー」に着想を得た、書下し感動長編!

【関連リンク】
かりゆし58 オフィシャルHP
『TOKYO CALLING』、全てのインディーズアーティストに出演チャンスがあるWEBエントリー開始
かりゆし58、沖縄国際映画祭にて豪華ゲストを引き連れライブを敢行
かりゆし58、2月27日の渋谷チェルシーホテル公演をLINE LIVEにて生配信

【関連アーティスト】
かりゆし58
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

高橋優、6月22日にウェディングソング「産まれた理由(わけ)」&ライブ映像作品を同時発売
Mon, 09 May 2016 12:00:00 +0900
 (okmusic UP\'s)

高橋優が5月7日放送のレギュラー番組ニッポン放送「オールナイトニッポンサタデースペシャル 大倉くんと高橋くん」の中で、シングル「産まれた理由(わけ)」のリリースを発表した。さらに昨年全国15か所で行われた全国ツアーのファイナルの模様を完全収録したDVDとBlu-rayの発売も発表された。

【その他の画像】高橋優

今年、デビュー前から一緒に歩んできたスタッフの結婚がきっかけで、高橋が書き下ろした楽曲を、この度ジューンブライドに合せてリリースすることとなった。高橋は「門出を迎える二人に花を添えられるような楽曲を作りたいと思いました。なぜ人は出会い、なぜ結ばれ、なぜ新たな命は誕生するのか?そして幸せとは?今までにないほど壮大なテーマではありましたが、そこにフォーカスを当てて、自分なりの言葉を紡ぎました」とコメント。今回、サウンドプロデューサーにaikoやいきものがかりを手がける音楽プロデューサー島田昌典氏を迎えて制作されており、サウンド面でも注目の作品となる。

このシングルには、テレビ東京系ドラマ『昼のセント酒』の主題歌「WEEKEND JOURNEY」や亀田誠治氏とのユニット、メガネツインズ第二弾作品として「サングラス」など全4曲を収録、期間生産限定盤にはDVDが付属、今年3月に母校の中学校卒業式でサプライズライブを行い、めざましテレビなどで放送され感動を呼んでいた模様のドキュメントを収録、さらに『実録“高橋優が産まれた理由”in 秋田』と題した、地元秋田ロケで高橋のルーツに迫った作品が収められ、先週行われた地元秋田県横手市開催の野外音楽フェス「秋田CARAVAN MUSIC FES」記者会見密着やフェスへの想いなどの他、高橋自らがおすすめの地元グルメを紹介する企画や高橋が変装して謎のシンガー林卓(はやしたく)として敢行した秋田駅前の路上ライブの模様など約60分に及ぶファン必見のDVDとなっている。また、ジャケットやアーティスト写真も公開され、両方とも地元秋田県横手市で撮影、ジャケットは高校時代の16才の高橋と現在の高橋の同じシチュエーションで撮影され、期間限定盤には“32才の高橋ジャケット”が、通常盤の初回プレス仕様分には、貴重な“16才の高橋ジャケット”となっている。

さらに同日発売で3作目のライブ作品「高橋 優5th ANNIVERSARY LIVE TOUR「笑う約束」Live at 神戸ワールド記念ホール〜君が笑えばいいワールド〜2015.12.23」のDVDとBlu-rayの発売も発表、昨年全国15か所5万人を動員して行われた全国ツアーファイナルの模様を完全収録、初回盤には耳でもライブを楽しめるようにと神戸でのライブ音源26曲をCD2枚組に収録、さらに初の試みとして副音声に挑戦、高橋優のファンでもあり親交のある直木賞作家朝井リョウ氏と高橋がしゃべり倒したファン必聴の内容となっている。この他、特殊パッケージや豪華フォトブックも付属、そして、同発シングル「産まれた理由」期間生産限定盤封入のシリアルと映像作品初回盤封入のシリアルW購入応募特典としてもれなくオリジナルグッズが当たる特典も決定。先週発表された9月3日(土)、4日(日)の2日間で行われる野外音楽フェス「秋田CARAVAN MUSIC FES」に向けて、ファンは見逃せない作品となる。

■シングル「産まれた理由」

2016年6月22日発売
【期間生産限定盤】(CD+DVD)
WPZL-31193/¥2000+税
※期間(2016年6月22日〜2016年7月21日まで)
【通常盤】(CD)
WPCL-12386/¥1200+税
※通常盤(初回プレス仕様分)=貴重な高橋の高校時代の写真を使った「16才の高橋ジャケット」(初回プレス仕様分が終了次第、期間生産限定盤と同じジャケット「32才の高橋ジャケット」になります)
<収録曲>
■CD
1.産まれた理由
2.WEEKEND JOURNEY(テレビ東京系ドラマ「昼のセント酒」主題歌)
3.未定
4.サングラス/メガネツインズ(高橋優&亀田誠治)
■DVD※期間生産限定盤のみ
・母校卒業式サプライズ・ライブ密着ドキュメント
・実録「高橋優が産まれた理由」in 秋田
1.高橋の初体験〜秋田CARAVAN MUSIC FES記者会見密着
2.高橋優の優遊散歩〜横手ぶらり編
3.高橋激白!笑撃の悲しい過去を初告白
4.謎のシンガー“林 卓”路上ライブat 秋田駅前

◎期間生産限定盤封入特典
1.同時発売のシングル&映像作品W購入者特典(詳細は後記)応募用シリアル
2.スペシャルライブ60組120名招待応募用シリアル(7月都内某所開催、詳細は後日発表となります)

■DVD&Blu-ray『高橋 優5th ANNIVERSARY LIVE TOUR「笑う約束」 Live at 神戸ワールド記念ホール〜君が笑えばいいワールド〜2015.12.23』

2016年6月22日発売
【初回限定盤】
■DVD ¥6,000+税
■Blu-ray ¥7,000+税
※初回限定盤5大特典
(1)特殊パッケージ
(2)24P豪華ブックレット
(3)LIVE音源CD2枚組(神戸ワールド全26曲収録)
(4)副音声(高橋優と朝井リョウのフリートークセッション)
(5)シングル「産まれた理由」とのW購入応募特典シリアル
【通常盤】
■DVD ¥4,000+税
■Blu-ray ¥5,000+税
<収録内容>
LIVE本編26曲全曲+特典映像:「笑う約束」密着ドキュメント〜武道館と神戸

◎同時発売のシングル&映像作品W購入者特典
「産まれた理由」期間生産限定盤封入シリアル(1)と同時発売「高橋 優5th ANNIVERSARY LIVE TOUR「笑う約束」Live at 神戸ワールド記念ホール〜君が笑えばいいワールド〜2015.12.23」の初回限定盤DVDもしくはBlu-ray封入のシリアル(2)を使用してご応募頂くともれなく高橋優オリジナルグッズをプレゼント。詳細は後日発表致します。
※応募受付期間(2016年6月21日(火)10:00〜2016年7月19日(火)12:00まで)

【関連リンク】
高橋優 オフィシャルHP
恒例の「MEET THE WORLD BEAT」、今年はコブクロ、flumpool、高橋優ら10組が出演!
高橋優、地元・秋田で野外音楽フェスの開催を発表
unBORDE all starsの新曲「Feel」が『コカ・コーラ』新CMソングに決定

【関連アーティスト】
高橋優
【ジャンル】
J-POP

フラワーカンパニーズ、アコースティック・ワンマンツアー開催決定
Mon, 09 May 2016 11:00:00 +0900
フラワーカンパニーズ (okmusic UP\'s)

フラワーカンパニーズがアコースティック・ワンマンツアー「夢のおかわり2016〜フォークの爆発編〜座って演奏するスタイルです〜」を開催することが決定した。

【その他の画像】フラワーカンパニーズ

「フォークの爆発」(通称<フォー爆>)とは、普段バンドスタイルで演奏しているフラワーカンパニーズのオリジナル楽曲をアコースティックアレンジで披露、またカヴァー曲も多数演奏するなど、通常のライブとは趣向を変えた“座って演奏するスタイル”のファンの間でも人気の企画ライブ。2002年5月4日&5日に東京・梅島Yukotopiaにて初めて開催、以降定期的に行われている。2年振りとなる今回は富山、東京、福山、札幌、山形での開催が決定。チケット発売は7月31日(日)、お見逃しなく!

■アコースティック・ワンマンツアー「夢のおかわり2016〜フォークの爆発編〜座って演奏するスタイルです〜」

9月17日(土) 富山@フォルツア総曲輪ライブホール
9月28日(水) 東京@渋谷duo MUSIC EXCHANGE
10月02日(日)広島@福山グランドソウルカフェガンズ
10月08日(土)北海道@札幌サンピアザ劇場
10月10日(月・祝)山形@ミュージック昭和セッション

【関連リンク】
フラワーカンパニーズ オフィシャルHP
フラワーカンパニーズ、『月刊フラカン武道館 おかわり編』の生配信が決定
フラワーカンパニーズ、ドラマ『初恋芸人』主題歌を書き下ろし
フラワーカンパニーズ、武道館公演の模様を収めた映像作品のトレーラーを公開

【関連アーティスト】
フラワーカンパニーズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SiM、日本工学院専門学校にてアコースティックライブを開催
Mon, 09 May 2016 00:00:00 +0900
5月5日@日本工学院専門学校蒲田キャンパス (okmusic UP\'s)

SiMが4thアルバム『THE BEAUTiFUL PEOPLE』の発売を記念して、ツタロックとのコラボイベントを5月5日に日本工学院専門学校蒲田キャンパスの片柳記念ホールにて開催した。

【その他の画像】SiM

普段は講堂として使用しているホールが漆黒に装飾され、淡い照明の中に浮かび上がるステージにメンバー4人が登場。大歓声の中、楽器を持ちイスに座るSiMの姿を見るだけでも今日の「アコースティックライブ」というスペシャルな企画に期待感が増した。

「今日は「KiLLiNG ME」とかやりません。」とMAH(Vo)が定番曲を例に出し、会場が緊張と緩和の期待に包まれた中、一曲目に披露されたのは「If I Die」。原曲との違いにファンはうっとり聴き入っていた。「どうでしょうか!」とMAHが照れながらもファンに呼びかけた。

続けて披露されたのは「Paradox」「Same Sky」そして4thアルバムのメイン曲でもある「Life Is Beautiful」。最後にはライブで演奏するのは2回目という「A SONG OF HOPE」に歓声が上がった。

楽曲をただアコースティックでやるのではなく、まるで最初からそうであったかの様にアレンジされた演奏を聴くとSiMの音楽性の幅の広さを感じることができた。

ライブ後はメンバーが再び登場し、ファンとの質問コーナーなどで交流するトークショーもあり、予定時間を大幅に超えたイベント内容にファンはもちろん、メンバーも楽しんでいた。

普段とは違う楽曲アレンジ、ライブの楽しみ方、そしてメンバーのパーソナルな部分と触れ合うことができた今回のイベントは、ファンの大満足の笑顔が全てを物語っていた。

カメラマン:半田安政(Showcase)

【関連リンク】
SiM オフィシャルHP
SiM vs Crossfaith、CMで話題のコラボ曲をシングルリリース
04 Limited Sazabys、2ndシングル「AIM」を引っさげたツアーは強力な対バンに!
SiMがニューアルバムより「LifE is Beautiful」のMVを公開

【関連アーティスト】
SiM
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1