歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年05月08日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/05/17
2016/05/16
2016/05/15
2016/05/14
2016/05/13
2016/05/12
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
VAMPS、「VAMPS LIVE 2016」&「VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY」開催決定
Sun, 08 May 2016 17:00:00 +0900
5月6日@ZEPP FUKUOKA photo by 田中和子 (okmusic UP\'s)

VAMPS LIVE 2016 ZEPP FUKUOKA THE FINAL PARTYが終演をむかえた。今回のライヴは、2016年5月をもって16年間の歴史に幕を閉じることになったZEPP FUKUOKAでのLAST公演である。

【その他の画像】VAMPS

2016年5月6日、VAMPSにとって今年1月24日以来のZEPP FUKUOKAでのライヴは、ZEPP FUKUOKA THE FINAL PARTYと謳うにふさわしく、初日を大盛況のうちに終えた。ステージ上のトラスバトンからHYDE本人が飛びおりてステージに登壇する演出から始まり、「JESUS CHRIST」「COUNTDOWN」「DEVIL SIDE」へと繋がっていく。HYDEは「首洗って待ってたのか? 準備はできてんのか、FUKUOKA!」と会場に訪れたBLOODSUCKERSたちを煽り、開始早々から会場は最高潮の盛り上がりを見せる。一方、ギタリストK.A.Zもさらに拍車をかけるべく、得意とするアクロバティックなプレイパフォーマンスとその安定した音運びでファンを魅了した。

「HUNTING」の冒頭では、K.A.Zがファンへのサプライズ演出として2階席に登場し、ほぼゼロに近い距離でのパフォーマンスを行った。LIVEが進むにつれ、VAMPSの面々もテンションが上がっていく。「1%でいいから。そのみんなの1%を1000%にしようぜ!」とHYDE、その煽りに負けじとついていくBLOODSUCKERSたち。そのコールアンドレスポンスは、まさにZEPP FUKUOKAの最後にふさわしいものだった。アンコールでは、各メンバーがそれぞれのZEPP FUKUOKAでの想い出や感謝を言葉にした。HYDEは「籠城というスタイルでLIVEを行うことで愛着がわくんだよね。夏にした花火も楽しかった。寂しいけど、思い出をたくさん作ってくれたZEPP FUKUOKAに感謝したいと思います。」とコメントし、K.A.Zは「ZEPPがどんどんなくなっていっちゃうのは寂しい。みんな、これからもよろしくね。」とコメントした。

今回はオールナイトの公演もあり、BLOODSUCKERSたちとのグランド・フィナーレといったお祭り的な嗜好をこらしたイベントが1部、2部構成で開催された。オールナイトイベント1部のオープニングを飾るのは、ASH DA HERO。エッジの効いたパフォーマンスでオーディエンスのテンションを一気に最高潮に、大いに会場を盛り上げた。そしてDJタイムが始まり、BLOODSUCKERSにはおなじみのチュパカブラがDJとして登場。VAMPSの「GET AWAY -Clinton Sparks Remix-」を交えたEDM楽曲を繋ぎ、ZEPP FUKUOKAは巨大なクラブへと化した。普段はVAMPSが奏でるヘヴィー・グルーブで揺れるBLOODSUCKERSも、今回ばかりはフロアに鳴り響く音楽に身を委ね体を揺らす。そして、最後にはVAMPARK『上映会』の過去映像を一挙放送し1部は終了となった。

2部はOBLIVION DUSTライヴから始まった。VAMPSのGt.K.A.ZとVo.KEN LLOYD、Ba.RIKIJIの3人の持ち味であるデジタルとアナログ、激しさと物悲しさを巧みに織り交ぜた爆発力満載の楽曲にオーディエンスも熱狂。VAMPSとは違ったOBLIVION DUSTのK.A.Zが見られるのもこのオールナイトイベントの醍醐味だ。そして、2部最後を飾るのは、彼女 in the display。福岡発の彼らは、印象に残るキャッチーなメロディーとフレッシュながらも力強いパフォーマンスで会場のオーディエンスを魅了した。OBLIVION DUSTと彼女 in the displayのライヴを経て、オールナイトイベントは幕を閉じた。

2016年5月7日、VAMPSが何度となく籠城してきたZEPP FUKUOKA公演もこれで最後となる。2016年5月をもって、16年間の歴史に幕を閉じることになったからだ。VAMPS初のZEPP FUKUOKA籠城は2008年の「VAMPS LIVE 2008」。そこから籠城すること7回、全29公演を成功させてきた。今回の公演を含めると、籠城は8回目、総籠城日数は31公演になる。ZEPP FUKUOKAは、多くのBLOODSUCKERSとたくさんの思い出を作ってきた、VAMPSの歴史を語る上で外せない大切な場所なのだ。そんなZEPP FUKUOKAラスト公演は、開演前から異常な熱気に包まれていた。VAMPS、ZEPP FUKUOKA、そしてBLOODSUCKERSが、ライヴが始まる前から一体となっていることを感じさせる。そして、ZEPP FUKUOKA LAST公演が幕を開けた。

ポールダンスをする女性のシルエットがセクシーなオープニング演出からメンバーが登場。まずは、何度となく福岡を盛り上がらせてきた「DEVIL SIDE」「LIPS」でBLOODSUCKERSを煽っていく。昨日よりもさらにハイテンションなVAMPS。HYDEが「最後だから。いつもよりちょっとだけ自分の壁を壊していこうぜ!ここ(ZEPP FUKUOKA)も明後日で終わりだし壊しちゃっていいから!」と会場を煽っていく。その後も「REPLAY」「AHEAD」などをアグレッシブにパフォーマンスし、「BLOODSUCKERS」「MIDNIGHT CELEBRATION」ではダイバーが続出。バンドも観客もすべてを出し切るような溢れんばかりの熱気を以って本編が終了した。

アンコールを待つ会場のモニターには、突如「VAMPS LIVE 2016」の文字が。さらに夏の風物詩「VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY」の開催が発表され、歓喜の声が渦巻く中、再びVAMPSがステージに登場する。HYDEは、ツアーが発表されたことに触れ、「(今回のツアー日程に福岡は入っていないけど)今日から始まってると思ってるから。ここから全国につなげていこうぜ!」と別れの寂しさを吹き飛ばすコメントで会場を沸かせた。K.A.Zも「九州に住んでる人〜?」と問いかけると無数に挙がる手を見て驚き、「ここはなくなっちゃうけど、新しい場所見つけるから、また思い出いっぱい作ろうね」と、別れを惜しむ九州BLOODSUCKERSを元気づけた。VAMPS、そしてBLOODSUCKERSがZEPP FUKUOKAとの別れを惜しむ中で披露された「MEMORIES」では、ステージをまっすぐに見つめながら涙ぐむ観客の姿も見られた。「MEMORIES」が終わると、「腹減ったー!」と叫ぶと「どこに行こうかな」と会場中を見回し、ステージから姿を消したHYDE。昨日のK.A.Z同様に2階席に登場するかと思われたが、なんと登場したのはHYDEのお面を被った喜矢武豊(ゴールデンボンバー)。これにフロアから大歓声があがる。「そっち行っていいですか?」と言って姿を消す喜矢武がステージに登場したかと思うと、今度は喜矢武のお面を被った人物がもう一人。お面を外すと流れてきた曲は、「KSK」。そう、先日結婚披露宴を行ったDAIGOが歌唱したあの曲とともに正体を現したのはもちろんDAIGOだ。このサプライズに会場は歓喜。3人はDAIGOの結婚披露宴の話題で盛り上がり、ミュージックステーションへの出演を理由に披露宴を欠席した喜矢武をいじると、「ゴールデンボンバーの中で地位が低くて僕に決定権ないんですよ〜」と返し、会場の笑いを誘った。続く「ANGEL TRIP」ではDAIGOと息のあったコンビネーションを見せ、フロアでは色とりどりのタオルが宙を舞う。続いてHYDEが「生意気な後輩呼んでいいですか?」と言うと、ASH DA HEROが登場。K.A.Zの切れ味鋭いギターリフから「LOVE ADDICT」を披露した。満を持して迎えたラストは、キラーチューン「SEX BLOOD ROCK N\' ROLL」。ここでKEN LLOYD(OBLIVION DUST)と彼女 in the displayの稲木亮介が全員集合とばかりに登場し、PARTYというタイトルにふさわしい大団円で公演は幕を下ろした。

photo by 田中和子、響(HBK!)

■「VAMPS LIVE 2016」

今回の籠城は、MTV Unpluggedで大好評だったアコースティックLIVEがさらにパワーアップした「ACOUSTIC DAY」、学生限定の「STUDENTS ONLY DAY」、男性が最前線スタンディング、女性がそのまわりを囲む「BEAUTY&THE BEAST」と日毎に新たなテーマが加わりアトラクション性が増したヴァラエティ型籠城だ。

■ZEPP NAGOYA
7月06日(水)※ACOUSTIC DAY
7月07日(木)※ACOUSTIC DAY
7月09日(土)※STUDENTS ONLY DAY
7月10日(日)※BEAUTY & THE BEAST
7月12日(火)
7月13日(水)
■NAMBA HATCH
7月16日(土)※ACOUSTIC DAY
7月17日(日)※ACOUSTIC DAY
7月20日(水)※STUDENTS ONLY DAY
7月21日(木)※BEAUTY & THE BEAST
7月23日(土)
7月24日(日)
■ZEPP SAPPORO
9月3日(土)
9月5日(月)※ACOUSTIC DAY
■ZEPP TOKYO
9月10日(土)
9月11日(日)
9月13日(火)
9月14日(水)
9月16日(金)
9月17日(土)

[開場 / 開演]
平日 OPEN 18:00 START 19:06
土日 OPEN 16:00 START 17:06

■「 VAMPS LIVE 2016 BEAST PARTY」

VAMPS 夏の風物詩BEAST PARTY 2016年は大阪に出現!毎年恒例となっているVAMPS夏の野外イベント「BEAST PARTY (ビーストパーティー)が今年も開催決定!今年は大阪・舞洲での開催、初の関西エリアで繰り広げる真夏のパーティー!太陽の広場でいちばん"熱い夏"になろう!  その他、公演に関する詳細は、後日VAMPS オフィシャルサイトにて発表される。

8月13日(土)、14日(日) 大阪・舞洲 太陽の広場 野外特設ステージ
開場16:00/開演 17:30

【関連リンク】
VAMPS オフィシャルHP
T.M.Revolution、「HOT LIMIT」“みんなで踊ってみた"MVに永野やメイプル超合金など豪華著名人が集結
NHKで新感覚音楽番組「バナナゼロ♪ミュージック」「シブヤノオト」の放送がスタート!
マキタスポーツ、ソロライブで鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)と音楽談義!?

【関連アーティスト】
VAMPS, ゴールデンボンバー, OBLIVION DUST, DAIGO, 彼女 in the display, ASH DA HERO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

高橋みなみの模写にテラフォーマーが「じょうじ(上手)」!
Sun, 08 May 2016 16:00:00 +0900
映画『テラフォーマーズ』上映中告知 (okmusic UP\'s)

現在公開中の劇場映画『テラフォーマーズ』のキャラクターであるテラフォーマー(テラ課長)を、原作コミックの大ファンである高橋みなみが模写するという、一風変わった大ヒット上映中告知が開催された。ベレー帽姿でテラ課長と対峙し「むずかしい!」を連発しながら、黙々とペンを走らせた高橋。完成したイラストは、わずか10分で描いたとは思えない出来映えで、当のテラ課長も思わず「じょ、じょうじ」と鳴き声をもらした。

【その他の画像】高橋みなみ

■物語の根底に流れるテーマは生きること!

高橋は、コミックのジャケ買いが趣味で、『テラフォーマーズ』も表紙のイラストに惹かれて1巻を読んで以来のファン。実際に本編を鑑賞し、原作にない部分も含めて「さすがは三池崇史監督!」と感銘を受けたそう。「原作独特の世界観が、どのようにスクリーンで表現されるのかとても楽しみでした。率直に、よくあそこまで再現されたな! と感動です。展開もスピーディで、一瞬も目が離せませんでした。注射を打って変異するんですけど、そのときの描写や、変異後の特殊メイクが本当にすごくて。ファ〜こうなるんだ〜! って」と、いまだ興奮冷めやらぬ様子。

また、登場人物それぞれが様々なものを背負って戦うという、物語の根底に流れるテーマを“生きること”と捉え、「生きるってすごくかっこいい」と感じたとも話す。「たとえば山下智久さん演じる武藤仁は、戦いの中で生きる意味を見いだします。仲間が次々と命を落としていく中で、生き残った者はそれを踏み越えて行かなければならない。本当に、生きるって大変なことだと思いましたし、すごくかっこいいことだとも思いました。私はこの映画を見てすごく勇気をもらえたので、何か悩み事を抱えている方とか、仕事に行き詰まってる方が見たら、きっと”自分も頑張ろう!”って思ってもらえるんじゃないかな」と、高橋。普段は漫画や映画をあまり見ない大人にもオススメだ。

■小町たち同様、私もいろいろ背負ってます!

登場人物達と自分を重ねて共感する部分があるかという質問には、グループを離れて尚も抱くAKB48への深い愛情を感じるコメントを寄せてくれた。「私はAKB48を卒業したばかりですが、残ったメンバーたちに、背中を見せてあげられる存在になりたいと思っています。グループは離れたけど、グループにちゃんと恩を返せるように頑張っていかないと、と思っていて。振り返ったとき、そこにAKB48があることが、今自分が頑張る意味に繋がっているんです。と言うのも、残ったメンバーから見れば、“10年AKBにいた、たかみなさんが、卒業しても元気にいっぱい仕事をしている”と、思ってもらいたいんです。つまり、みんなの夢を背負ってるんです!」と、たかみな節は健在だ。

自分もバグズ手術のようなものを受けて、生き物の能力を移植するならどんな生き物がいいかという問いには、迷わず「猫です!」と答えた高橋。「きっと変異するときは、爪が伸びてシャッてやって戦うんでしょうね。ただ、猫って1日の大半を寝て過ごすんです。まあ、私も寝るのは好きなので、いいんですけどね(笑)」。映画『テラフォーマーズ』を誰と見に行きたいか?には「(篠田)麻里子様と行きたい」と。「スクリーンと本人を見比べながら楽しめるなんて、すごくぜいたくじゃないですか!」と、笑いながら回答。『テラフォーマーズ』もAKB48も、同じくらい大好きでたまらない高橋みなみだった。

現在GYAO!では、地上波で好評放送中のアニメ『テラフォーマーズ リベンジ』をWEB最速で無料見逃し配信中。映画『テラフォーマーズ』と合わせて楽しみたい。また、定額制プランのプレミアムGYAO!利用者向けに、高橋みなみのAKB48としての最後のステージを収録した『祝 高橋みなみ卒業“148.5cmの見た夢”in横浜スタジアム』を含む『AKB48高橋みなみ卒業コンサート』全3公演を、全編ノーカットで配信中。

■映画「テラフォーマーズ」大ヒット上映中
http://wwws.warnerbros.co.jp/terraformars/
■GYAO! アニメ「テラフォーマーズ リベンジ」特集
http://gyao.yahoo.co.jp/special/terraformars2/
配信スケジュール:毎週木曜正午更新
■「高橋みなみ卒業コンサート」全編配信中
http://gyao.yahoo.co.jp/special/akb4810/
配信スケジュール:配信中〜2016年6月30日(木)

【関連リンク】
T.M.Revolution、「HOT LIMIT」“みんなで踊ってみた"MVに永野やメイプル超合金など豪華著名人が集結
話題沸騰の「株式会社 突風」、事業戦略発表会開催
たかみなAKB卒業後初仕事!? 南キャン山ちゃんと“GirlsAward 2016 SPRING / SUMMER”のMC
たかみなが海外ロケ&MCに挑戦、人身売買された女性に直撃取材し号泣

【関連アーティスト】
高橋みなみ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM), イベント

アカシック、Benthamを対バンに迎えて全国ツアー初日が終了
Sun, 08 May 2016 15:00:00 +0900
5月6日@横浜Club Lizard(アカシック) (okmusic UP\'s)

3月に1st アルバム『凛々フルーツ』を発売したアカシックが、5月6日(土)に横浜Club Lizardにて全国5ヶ所をまわるリリースツアー「日本凛々ツアー」の初日を迎えた。対バンにBenthamを迎えて行われた初日公演は生憎の雨模様の中、多くのファンが詰めかけた。

【その他の画像】アカシック

横浜〜福岡公演までは、対バンライブが続く今回のツアー。初日の横浜公演には、アカシックとは初共演となり、現在着実にシーンでその存在感を増している大注目バンド:Benthamが登場。

メンバー4人中2人が川崎出身ながら、意外にもBenthamとしては初となる横浜でのライブというエピソードなどを交えつつ、演奏力の高さが随所に光るパフォーマンスで、7月6日発売の7曲入りのNEW EP「ExP」からの新曲「サテライト」を含む計8曲を披露した。

続いて、こちらも意外にも初となる横浜での主催ライブとなった、本日の主役でもあるアカシックが登場。新作『凛々フルーツ』の1曲目でもある、厳かな雰囲気漂う「結婚」からスタートしたステージは、理姫による「横浜行けんのかー!」の掛け声とともに、一転してアルバムのリード曲「8ミリフィルム」、「CGギャル」、「ヨコハマカモメ」とアップテンポな楽曲を畳み掛けるように披露し、一気に会場のボルテージを最高潮に持っていく。その後も人気俳優:中村倫也主演のMVでも話題を集めるロックバラード「今日から夜は家にいるよ」を見事に歌いあげたり、アップテンポな「華金」では今度はKey:Hachiによる「横浜行けんのかー!」の掛け声ともに、メンバーもファンも会場一体となってタオルを振りまわしたりと、ツアー初日らしいエネルギッシュな公演は、アンコールのラストに地元:横浜が誇る球団:ベイスターズのユニフォームに身を包んだ理姫が客席の中に単身乗り込み「ツイニーヨコハマ」を歌い上げて終了。アンコール含め計12曲の披露となった。

なお、このアカシック全国ツアー「日本凛々ツアー」はこの後、5月21日(土)名古屋ell.FITS ALL (w/モーモールルギャバン and more) 、5月22日(日) 大阪ROCK TOWN(w/モーモールルギャバン、FABLED NUMBER) 、6月11日(土) 福岡graf(w/PELICAN FANCLUB、CICADA)での公演を経て、6月25日(土)に東京キネマ倶楽部 でのワンマン公演でツアーを締めくくる。チケットは絶賛一般発売中。詳しくはオフィシャルHPまで。

■アカシック「日本凛々ツアー」teaser
https://www.youtube.com/watch?v=HRH9g9amCoU

■全国ツアー「日本凛々ツアー」

5月21日(土) 名古屋ell.FITS ALL 
出演:アカシック・モーモールルギャバン and more
5月22日(日) 大阪ROCK TOWN 
出演:アカシック・モーモールルギャバン、FABLED NUMBER
6月11日(土) 福岡graf 
出演:アカシック・PELICAN FANCLUB、CICADA
6月25日(土) 東京キネマ倶楽部
※ワンマンライブ>

【関連リンク】
アカシック オフィシャルHP
unBORDE all starsの新曲「Feel」が『コカ・コーラ』新CMソングに決定
レーベル設立5周年を記念して結成されたunBORDE all starsの新曲MVがついに公開
unBORDE設立5周年を記念してunBORDE all stars緊急結成&新曲制作を発表

【関連アーティスト】
アカシック, Bentham
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

石崎ひゅーい、短編映画「花瓶に花」上映スペシャル無料招待イベント開催
Sun, 08 May 2016 14:00:00 +0900
石崎ひゅーい (okmusic UP\'s)

5月18日(水)に発売される石崎ひゅーいの2ndフルアルバム『花瓶の花』初回生産限定盤のDVDに収録されている、短編映画「花瓶に花」(脚本・監督:松居大悟 出演:蒼井優・村上虹郎・尾崎世界観)の上映スペシャルイベントが、アルバム発売直前の5月14日(土)に都内某所で開催される。

【その他の画像】石崎ひゅーい

ゲストに短編映画「花瓶に花」・MV「花瓶の花」を手掛けた松居大悟監督を招き、撮影エピソードなどトークを繰り広げる予定。さらに、石崎ひゅーいのアコースティックライブも開催。

イベントは、完全無料招待制となっており、定員に達し次第終了となる。アルバム発売前の一足先の上映に撮影エピソードトーク、さらにアコースティックライブと、スペシャルなイベントとなる。

■短編映画「花瓶に花」予告篇
https://youtu.be/s_noY-pRn0Y

■無料招待イベント『石崎ひゅーい 短編映画「花瓶に花」先行上映試写会スペシャルイベント』

日時:5月14日(土) 18:30開場 19:00開演
会場:都内某所(※ご応募いただいた方へ詳細メールをお送りします。)
出演:石崎ひゅーい・松居大悟監督・MC藤田琢己
内容:短編映画「花瓶に花」上映・石崎ひゅーいアコースティックライブ・トーク
応募期間:〜 5月11日(水)24時まで
※1組2名様もしくはお一人様でのご入場となります。(1組2名様の場合は代表の方がご応募ください。)
※無料招待イベントとなります。ご応募いただいた方へイベントの詳細メールをさせて頂きますので、メールアドレスはお間違いなくご記入ください。
※定員に達し次第受付終了となりますので、お早目にご応募ください。
http://www.sonymusic.co.jp/artist/ishizakihuwie/event/100616?op_date=2016-05-06+00%3A00%3A00

【関連リンク】
石崎ひゅーい オフィシャルHP
石崎ひゅーいの新曲「花瓶の花」MVにクリープハイプ・尾崎世界観が俳優として出演!?
石崎ひゅーい、2ndアルバム『花瓶の花』詳細解禁&全国ツアー開催を発表
石崎ひゅーい、2ndフルアルバム『花瓶の花』リリース決定

【関連アーティスト】
石崎ひゅーい
【ジャンル】
ジャパニーズロック

作曲家・シンセサイザーアーティストの冨田勲が慢性心不全で死去
Sun, 08 May 2016 13:15:00 +0900
冨田勲 photo by Yasuhiro Ohara (okmusic UP\'s)

作曲家・編曲家・シンセサイザーアーティストの冨田勲(享年84歳)が、平成28年5月5日午後2時51分に慢性心不全のため東京都立広尾病院で逝去したことが、所属する日本コロムビアの公式ページ 告知された。

【その他の画像】冨田 勲

同日、昼ごろ自宅で倒れ、搬送先の病院で家族に看取られながら息を引き取ったとのこと。なお、葬儀は5月7日、8日に親族のみで執り行われ、後日、お別れの会が執り行われる予定となっている。

冨田は日本コロムビアで作曲家としてのキャリアをスタートさせ、NHK大河ドラマの第1作や手塚治虫アニメの音楽などを多数手がけてきた。1970年代からはシンセサイザーをいち早く導入し、「月の光」や「惑星」など数々の野心的なアルバムを発表。日本人で初めて米グラミー賞にノミネートされるなど、世界的な評価を得ている。今年11月に上演予定の新作「ドクター・コッペリウス」の創作活動を逝去の直前まで行なっていた。

photo by Yasuhiro Ohara

【関連リンク】
冨田勲 日本コロムビア公式ページ
冨田勲が創った伝説の音源、ついに初CD化!
「FREEDOMMUNE 0 <ZERO> ONE THOUSAND 2013」大盛況のうちに幕
GENERATIONS、6月に最新シングル「涙」発売決定

【関連アーティスト】
冨田 勲
【ジャンル】
ヒーリング/ニューエイジ

J、ソロデビュー20周年に向けたカウントダウン10daysライヴ開催決定
Sun, 08 May 2016 13:00:00 +0900
『10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction-』 (okmusic UP\'s)

二度に渡り開催されたJの全国ツアーが、5月7日(土)にEX THEATER ROPPONGIにてついにファイナルを迎えた。ライヴではソロデビュー20周年に向けた「10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction-」と題した、10日間に渡るライヴが開催されることも発表された。

【その他の画像】J

場内が暗転しSEが鳴り響くと同時にフロアは一気に熱を帯び、Jが登場するとさらにその熱気は最高潮に。最新アルバム『eternal frames』収録曲を中心に次々と楽曲が披露されていく中、その熱はどこまでも上昇し続け、あっという間に本編を駆け抜けていった。

アンコールに応えて再びJが登場すると、「10枚目のアルバムを作って、昨年9月から始まったこのツアーが、本当にいろんな刺激を与えてくれました。そして最終日、こうして今ここに立っている俺は、もう充電MAXで新しい曲を書き始めたり、新しい計画を考えてたり…。そんな暴発しそうな俺ですが、またさらにガンガン突き進んで行こうと思ってるんで、これからもミンナ一緒に、とことんロックしていこうぜ!」とフロアに感謝と決意の言葉を示した。

そんなJが、「そう、発表事があるんだ!」と自らその計画の一つを語った。来る2017年は自身のソロデビュー20周年を迎えるが、今年8月に開催が発表されているバースディライヴ2daysに加え、その記念すべき次の年へのカウントダウン企画として「10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction-」と題し、都内ライヴハウスを中心に、延べ10日間に渡るライヴを開催することを発表。

この10 Daysは、Jならではのセレクトで世代もジャンルも超越した多彩なゲストバンドを毎回1組迎え、対バン形式で行われるとのことで、1本1本どのような化学変化をもたらしていくのか要注目である。

なお、最終日となる12月30日(金)渋谷TSUTAYA O-EAST公演は『放火魔 暴年会』と題して行われ、詳細は後日発表される。

【SET LIST】
1. Go Charge
2. Verity
3. PYROMANIA
4. my answer
5. I Know
6. SIXTEEN
7. go crazy
8. Immortal galaxy
9. dream on
10. with you
11. Jayne
12. −session−
13. BUT YOU SAID I\'M USELESS
14. never gonna die
15. addiction
16. break
<Encore>
1. Believer
2. NOWHERE
3. Feel Your Blaze

■J 2016 LIVE『10 Days of GLORY -10 Counts for Destruction-』

10年01日(土) 東京・新宿BLAZE
Special Guest: ヒトリエ
10月02日(日) 東京・新宿BLAZE
Special Guest:The Cheserasera
10月07日(金) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
Special Guest: Nothing\'s Carved In Stone
10月08日(土) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
Special Guest: lynch.
10月23日(日) 大阪・BIG CAT
Special Guest:KNOCK OUT MONKEY
10月28日(金) 東京・ 渋谷CLUB QUATTRO
Special Guest: GOOD4NOTHING
10月29日(土) 東京・ 渋谷CLUB QUATTRO
Special Guest: BACKLIFT
11月19日(土) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
Special Guest: minus(-)
11月20日(日) 東京・恵比寿LIQUIDROOM
Special Guest: AA=
12月30日(金) 東京・渋谷TSUTAYA O-EAST
Special Guest: 後日発表

【関連リンク】
J OFFICIAL WEBSITE 
The BONEZ、ニューアルバム『To a person that may save someone』へ各界著名人によるコメントが到着!
J、ライヴ&ドキュメント映像作品の発売を記念してニコ生特番の放送が決定
J、最新映像作品の全17曲を期間限定でフル公開!

【関連アーティスト】
J
【ジャンル】
ジャパニーズロック

本日エントリー最終日! アンダーグラフ出演ライヴのオープニングアクト募集!
Sun, 08 May 2016 12:30:00 +0900
アンダーグラフ (okmusic UP\'s)

6月11日(土)にLIVEHOUSE shinjuku SAMURAIにて開催される、アンダーグラフによるこけらおとしイベントのオープニングアクトの募集が本日2016年5月8日(日)23時59分までとなっている。

【その他の画像】アンダーグラフ

本企画は、「若く勢いがあるアーティスト」の出演を希望する店舗の要望から実現したものである。 すでにチケットがソールドアウトしている人気公演のため、多くのアーティストにとって大きなチャンスになることは間違いない。

アーティストは現在募集中。応募締切は本日2016年5月8日(日)23時59分。その後、5月10日(火)00時00分より一般投票を開始。詳細や応募については下記特設ページをチェックしてほしい。

LIVEHOUSE shinjuku SAMURAIは、5月末にて閉店する新宿の老舗ライヴハウスURGAの跡地にオープン。マネジメント事務所が主体となって運営するという稀なケースでの成り立ちであり、出演するアーティストに対し次のステージを用意することが運営方針としての大きなテーマにある。

■アンダーグラフ オープニングアクト募集特設ページ
http://okmusic.jp/events/samurai
※OKMusicへのアーティスト登録が必須となります

■【オープニングアクト募集スケジュール】

・応募締め切り:2016年5月8日(日) 23時59分
・一般投票開始:2016年5月10日(火) 00時00分
・一般投票締め切り:2016年5月17日(火) 23時59分
・選考アーティスト発表:2016年5月20日(金)18時以降
<選考方法>
ユーザーによる投票とLIVEHOUSE shinjuku SAMURAIスタッフによる選考を合わせて1組を選出。
※選考理由はいかなる理由があっても公表致しません。

■『新宿SAMURAI GRAND OPENING LIVE featuring アンダーグラフ』

6月11日(土) 東京・新宿SAMURAI
open 17:30 / start 18:00
出演者:アンダーグラフ ※O.Aあり
チケットソールドアウト

【関連アーティスト】
アンダーグラフ
【ジャンル】
J-POP

BABYMETAL、イギリス・ダウンロードフェスティバルにてメインステージ出演決定
Sun, 08 May 2016 12:30:00 +0900
『DOWNLOAD FESTIVAL UK』 (okmusic UP\'s)

BABYMETALが6月10〜12日、イギリスで開催される『DOWNLOAD FESTIVAL UK』に出演する事が発表された。

【その他の画像】BABYMETAL

BABYMETALは昨年、同フェスにはDragonForceのステージにサプライズゲストとして登場し話題を呼んだが、今年はメインステージとなるThe LEMMY STAGEに出演することとなった。BABYMETALが出演する6月10日はRAMMSTEIN、KORN、ALL TIME LOWらが出演する予定となっている。同フェスのオフィシャルサイトにはメンバーのコメントも掲載されている。

BABYMETALは現在、アメリカツアーをスタートさせており、その後もヨーロッパ、アメリカ・西海岸などでの大型ロックフェス出演を含むワールドツアーを経て、最終公演として9月19日には自身初の東京ドーム公演を行う。

■『DOWNLOAD FESTIVAL UK』公式サイト
http://downloadfestival.co.uk/

■【ライブ情報】

『BABYMETAL WORLD TOUR 2016』
5月08日(日)  CONCORD, NC MONSTER ENERGY CAROLINA REBELLION *Festival
5月10日(火)  SILVER SPRING, MD
5月11日(水)  DETROIT, MI THE FILLMORE
5月13日(金)  CHICAGO, IL HOUSE OF BLUES
5月14日(土)  SOMERSET, WI NORTHERN INVASION 2016
*Festival
6月02日(木)  PRATTELN, SWITZERLAND Z7
6月05日(日)  NIJMEGEN, NETHERLANDS FORTA ROCK
*Festival
6月07日(火)  COLOGNE, GERMANY LIVE MUSIC HALL
6月08日(水)  STUTTGART, GERMANY LONGHORN
6月11日(土)  PARIS, FRANCE DOWNLOAD FESTIVAL PARIS
*Festival
7月12日(火)  SEATTLE, WA SHOWBOX SODO
7月14日(木)  SAN FRANCISCO,CA REGENCY BALLROOM
7月15日(金)  LOS ANGELES,CA THE WILTERN
7月17日(日)  TOYOTA PARK IN BRIDGEVIEW, IL CHICAGO OPEN AIR
*Festival

『BABYMETAL WORLD TOUR 2016 TOUR FINAL AT TOKYO DOME LEGEND −METAL RESISTANCE−』
9月19日(月・祝)  東京ドーム

【関連リンク】
BABYMETAL オフィシャルHP
BABYMETALがスーパーマリオとスペシャルコラボ!アクションに合わせたオリジナルボイスも!!
BABYMETAL、ビルボードチャートにて日本人アーティスト53年ぶりの快挙!
BABYMETAL、アメリカで人気テレビ番組に初出演&UKアルバムチャートで初登場7位

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
女性アイドル, メタル

倉木麻衣、『名探偵コナン』20周年記念コンサートにスペシャルゲストとして出演
Sun, 08 May 2016 12:00:00 +0900
5月6日@東京国際フォーラム ホールA (okmusic UP\'s)

倉木麻衣がTV&MOVIE 20周年記念『名探偵コナン』コンサート2016にスペシャルゲストとして出演した。『名探偵コナン』と倉木麻衣とのコラボレーションはアーティスト最多となる18曲にのぼる。

【その他の画像】倉木麻衣

5月1日の大阪城ホールに続き、5月6日には東京国際フォーラム ホールAで東京公演が行われたプレミアムコンサート。両会場共に世界的大人気アニメ『名探偵コナン』の20周年をお祝いすべくファンが殺到し、超満員となった。老若男女幅広い層のファンが会場を埋め尽くす中、コナンと怪盗キッドとの軽快な掛け合いが始まり、ふたりの「『名探偵コナン』コンサートスタート!」の掛け声でこのスペシャルステージは幕を開ける。

この公演のために集められたスペシャル・オーケストラの演奏がダイナミックに響き渡る。会場中が生演奏の醍醐味を存分に味わう中、『名探偵コナン』を彩った数々の名曲、そしてステージに設置された巨大LEDからは数えきれないほどの名シーンが次々と展開される。テレビシリーズのオープニング曲メドレー、様々な場面を盛り上げた曲達が続々と登場し、第一部最後ではスペシャル・オーケストラの演奏に乗ったZARDの歌声が会場に響く。「少女の頃に戻ったみたいに」など全3曲が披露され、アニメの名シーンと共に蘇ったZARDの歌声に、会場中が大きな感動に包まれていった。

あっと言う間の第一部を終え、第二部も演奏と映像の見事なコラボレーションステージが進んでいく。数々の劇中曲が披露され会場が盛り上がる中、怪盗キッドとコナンの掛け合いが、そして劇場版『名探偵コナン 天空の難破船』の映像が流れる。映画の名シーンに会場中が酔いしれる中、GARNET CROWの「Over Drive」が始まる。スペシャル・オーケストラの演奏でドラマチックに再現されたGARNET CROW名曲の数々。壮大な世界観が心に沁みていく。「涙のイエスタデー」が終わり、蘭と新一の電話の会話が再現され、続く名シーンは劇場版『名探偵コナン 迷宮の十字路』。京都の街並で美しく展開された映画の世界観が会場いっぱいに広がったところで「Time after time 〜花舞う街で〜」の前奏が流れ、倉木麻衣がゆっくりとステージに姿を見せた。

バックの映像の中で舞う桜の花を思わせるような、華やかなピンクのドレスで登場した倉木。この日のためにあつらえたという特注ドレスは、20周年記念のお祝いのステージに見事にマッチし、会場を美しく彩っていく。一曲目の「Time after time 〜花舞う街で〜」が終わり、倉木が挨拶を始める。

「『名探偵コナン』20周年記念ということで本当におめでとうございます。私も『名探偵コナン』は大好きなアニメで、今日はこうやって皆さんと一緒にお祝いできることを本当に楽しみにしてきました。皆さんコナンの思い出を振り返りながら、次の曲も聴いていただけたら嬉しいです」

ベルの美しいイントロから始まったのは続く「白い雪」。TVシリーズエンディングで流れた映像との一体感で当時の感動が蘇る。そして「風のららら」は軽快にスタートし、初夏の風を感じるような爽やかなサウンドはサビで壮大な盛り上がりをみせた。続く「Secret of my heart」は『名探偵コナン』と倉木麻衣を初めて繋いだ倉木の代表作。コナンとの数々の思い出を噛み締めるように歌う倉木が印象的。会場一杯の拍手が鳴り止まない中、なんと「倉木さん、素敵な歌声ありがとうございます!」という工藤新一の声が。

倉木「新一くん、ご一緒できてとても嬉しいです!」
新一「ぼくも光栄です」

二人のやりとりに、会場からはどよめきと歓声が起る。「今までに一番思い出に残っている曲はありますか」との新一からの質問には、「今まで本当に沢山の色々な思い出があるのですが、やはり一番最初に担当させていただいた「Secret of my heart」ですね。当時は学業との両立が大変だったのですが、TVからコナンエンディングでこの曲が流れて本当に勇気づけられて学業も頑張ることができました。そして、コナンとファンの皆さんが繋がったきっかけの一曲になっています。」と答えていき、まさかの倉木からの質問が始まる。

倉木「せっかくなので私からも聞きたいことがあるんですけれど、聞いてもいいですか? 新一君は蘭ちゃんのことをどう思っているの?」

この質問に会場からは大きな拍手と歓声が沸き起こる。

新一「えーっと、えーっと、幼なじみで…そろそろ時間が来てしまいました!最後にもう一曲歌っていただきたいと思います」

会場からは歓声と笑いが起る。あたたかな雰囲気に包まれたまま、倉木は最後の曲、劇場版『名探偵コナン 天国へのカウントダウン』の主題歌でもある「always」を披露する。華のようなドレスを大きく広げながら、ステージの左右にゆっくりと動き、大きく手を振りながら歌う倉木の姿からは、この日にかける意気込みが伝わってくるようだ。また途中サビの歌詞を「名探偵コナン20周年記念。〜ずっとこれからも応援しています」と一部変えて歌ったこの日の特別な「always」に、会場はますます引き込まれていった。

大きな手拍子と「ありがとうございます!」という挨拶の後も鳴り止まない拍手と大歓声。『名探偵コナン』と『名探偵コナン』ファン、スペシャル・オーケストラと倉木の歌声が一体となった、夢のように贅沢なステージとなった。「『名探偵コナン』の歌のお姉さん!と声を掛けられるのが本当に嬉しい」と語っている倉木。これからもその名タッグで、たくさんのファンを楽しませてくれるはず。

【関連リンク】
倉木麻衣 オフィシャルHP
倉木麻衣、「日露文化交流〜日本の春〜10周年記念」スペシャルコンサートに出演
倉木麻衣、「みんなでカンボジアに寺子屋を建てよう!プロジェクト」第三弾がスタート
倉木麻衣、JR大阪駅にてサプライズライブを敢行

【関連アーティスト】
倉木麻衣
【ジャンル】
J-POP, イベント

シナリオアート、初の単独シングル「エポックパレード」を7月6日にリリース
Sun, 08 May 2016 11:00:00 +0900
シナリオアート (okmusic UP\'s)

6月3日より全国10都市ツアーを開催するシナリオアートが、初の単独シングル「エポックパレード」を7月6日にリリースする事を発表した。

【その他の画像】シナリオアート

3月にリリースされたミニアルバム『dumping swimmer』は、日々の中で溜まった真っ黒な感情を解毒できるようにと制作された彼らのダークサイドを表現した作品となっていたが、その時期を経て、今作「エポックパレード」はブラス、ストリングスなどをフィーチャーしたシナリオアート流の幸福なダンスミュージックが表現されているとの事。

同曲は6月からのツアーでも先行して披露される予定。初回生産限定盤には前作『dumping swimmer』で好評だったアコースティックセッションに続き、バンドセットでのセッション映像が収録される。このシングルを皮切りに、セカンドアルバムリリースに向けて新たなモード、サウンドを展開していくというシナリオアート。今後の動向も要チェックだ。

■【シナリオアートよりコメント】

普通に生きていて、何気ない一日を過ごしたとして、それをいちいち褒めてくれる人なんていない。
だけど普通に生きるってとても尊いこと。
当たり前のように今日を生き抜けた君を僕を心から祝福したい。
そんな想いを込めて音楽を作りました。

今この3人で音楽を鳴らせていて、何より僕等の音楽を愛してくれる人がいる。
こんなにも幸せだったって事に、やっとやっと気づけた。

こんな想いを引き連れて、旅に出たくなった。
真新しい冒険の はじまりはじまり。

■シングル「エポックパレード」

2016年7月6日発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
KSCL-2742〜3/¥1,389+税
【通常盤】(CD)
KSCL-2744/¥926+税
<収録曲>
■CD
1. エポックパレード
2. ジンギスカンフー
■DVD(初回生産限定盤 Disc 2)
「Scenario Sessions」
シニカルデトックス
ハロウシンパシー
トワノマチ

■『シナリオアート ワンマンツアー2016 [Scene #2]』

6月03日(金) 仙台CLUB JUNK BOX
6月04日(土) 新潟CLUB RIVERST
6月11日(土) 高松DIME
6月12日(日) 福岡DRUM SON
6月17日(金) 広島CAVE-BE
6月18日(土) 岡山IMAGE
6月24日(金) 札幌COLONY
7月02日(土) 名古屋Electric Lady Land
7月08日(金) 大阪BIGCAT
7月14日(木) 東京EX THEATER ROPPONGI

【関連リンク】
シナリオアート オフィシャルHP
シナリオアート、ミニアルバム初回生産限定盤に収録される映像のトレイラーを解禁
シナリオアート、6月より約1年ぶりの全国ワンマンツアーを開催
シナリオアート、3月9日リリースのミニアルバムのリード曲「シニカルデトックス」のMVを解禁

【関連アーティスト】
シナリオアート
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MACO、母の日特別企画として「24歳の私からママへ(Piano Ver.)」を配信リリース
Sat, 07 May 2016 19:00:00 +0900
配信楽曲「24歳の私からママへ(Piano Ver.)」 (okmusic UP\'s)

MACOが5月8日(日)の母の日にちなんで、昨年11月にリリースされたファースト・フルアルバム『FIRST KISS』に収録の「24歳の私からママへ」を生ピアノと歌のみで再演した「24歳の私からママへ(Piano Ver.)」を配信限定でリリースした。

【その他の画像】MACO

「24歳の私からママへ」はファンの間では人気の曲となっており、SNSで「お母さんに感謝の言葉を伝えました」「プレゼントと一緒にこの曲を渡します」など投稿され話題となっている。

楽曲は5月6日(金)にiTunes先行配信、5月8日(日)にはレコチョク他にて一斉配信となる。

さらに5月25日(水)にリリースされる初のライブBlu-ray & DVD『FIRST KISS TOUR 2016』のティーザー映像第2弾も公開となった。5月7日にはメジャーデビュー2周年を迎えたMACOの今後の活動に注目したいところだ。

■「24歳の私からママへ(Piano Ver.)」iTunes 配信ページ
http://po.st/itmacomamapianover

■【MACOよりコメント】

この曲は、FIRST KISSというアルバムに収録されてる一曲なんですが、アルバムバージョンとは違い、ピアノとMACOの歌のみ、そしてこのバージョンのために再度レコーディング仕直しました。曲に関して、"共感を呼びたい"というよりも、MACOがママとの思い出深い出来事をリアルに書き綴ったり、素直な想いを残した、24歳になって初めて書けたママへの手紙のような一曲です。母の日も近いし、アルバムと一味違った温かみのあるサウンドで配信できたことに、とっても嬉しく思います。ママに唐突に「いつもありがとう」と言うのは少し恥ずかしいけど、この曲を聴いてそのキッカケ作りになれたらな、と思います。ぜひ聴いてみてくださいね。

■Blu-ray&DVD『FIRST KISS TOUR 2016』第2弾ティーザー映像
https://youtu.be/yjnAelEzOig

【関連リンク】
MACO オフィシャルHP
MACO、初のライブ映像作品の全貌解禁&神戸コレクションコラボ映像公開
MACO、BS-TBSで放送されたパフォーマンス映像2曲の配信がスタート
MACO、大人気モデル6名が参加した「恋心」の口パク動画公開

【関連アーティスト】
MACO
【ジャンル】
J-POP

コンテンポラリーな生活、最新アルバムジャケット&収録曲発表
Sat, 07 May 2016 18:00:00 +0900
アルバム『BAKEMONO in the Tennoji Park』 (okmusic UP\'s)

コンテンポラリーな生活が、6月8日(水)にリリースする新作のタイトルと収録楽曲、ジャケット画像などを公開した。

【その他の画像】コンテンポラリーな生活

アルバム・タイトルは、『BAKEMONO in the Tennoji Park』。本作は7曲収録のミニアルバムで、新体制となって初のリリースとなる重要作。

すでに春のツーマンツアーでは披露され、ファンの間で話題のエモーショナルチューン「化け物になれば」や、バンド結成初期に演奏されていた「ステレオサイン」も待望の音源化となった。プロデューサーにはこれまで同様に中尾憲太郎氏(ex.ナンバーガール)を迎えて制作。コンポラ史上最高にシンプル、かつポップでバラエティ豊富な作品に仕上がっている。

また、ジャケットに使用されているイラストは、全てギター・ボーカルの朝日廉が担当。リリース後に行われる東名阪ワンマンツアーも発表され、オフィシャルHPではチケットの先行発売が5月7日(土)12:00から開始される。

【朝日廉(Gt&Vo)コメント】
「二人体制になって最初の音源です。ポップな曲と変な曲の両方が入ってるアルバムです。初めて聴く人も、以前のコンポラを知っている人も、どっちにもガツーンとなるものになってます。聴けばきっとライブの光景が浮かぶので、そのイメージそのままにワンマンを観に来てください。それをちゃんと飛び越えます。楽しみにしててください」

■アルバム 『BAKEMONO in the Tennoji Park』

2016年6月8日発売
XQMB-1007/¥1,728(税込)
<収録内容>
1. 化け物になれば
2. 僕は鳥
3. 何もないサンデイ
4. 居酒屋で出て来るタイプの唐揚げが食べたい
5. かえるくんの冒険
6. ステレオサイン
7. 虹がかかったなら

■【ツアー情報】

7月10日(日) 大阪LIVE SQUARE 2nd LINE
7月16日 (土)名古屋CLUB ROCK\'N\'ROLL
7月18日(月・祝) 東京代官山Unit

【関連リンク】
コンテンポラリーな生活 オフィシャルHP
コンテンポラリーな生活、ニューアルバム発売&東名阪ワンマンツアー開催決定
コンテンポラリーな生活、2名体制での初ツアーが決定
コンテンポラリーな生活から酒井俊介(Dr)が正式に脱退

【関連アーティスト】
コンテンポラリーな生活
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GENERATIONS、6月に最新シングル「涙」発売決定
Sat, 07 May 2016 17:00:00 +0900
GENERATIONS from EXILE TRIBE (okmusic UP\'s)

GENERATIONS from EXILE TRIBEがニューシングル「涙」を6月29日にリリースする事が決定! 最新シングル「AGEHA」に次ぐ、通算12枚目のシングルリリースとなる。

【その他の画像】GENERATIONS

ニューシングル「涙」は、これまで疾走感溢れるダンスナンバーを得意としてきたGENERATIONSにとって、彼らの新たな一面を見せつけるような“極上"バラード。

バラードといえば、3月2日にリリースされたGENERATIONSのニューアルバム『SPEEDSTER』収録楽曲「Rainy room」も、切なさ溢れるラブバラードであり、公開されたMVでは、彼らの大人びた表情や、土砂降りの中での一糸乱れぬパフォーマンスなど、溢れ出す男の色気が一躍話題となった。

そんなGENERATIONSが贈る今回のニューシングル「涙」は、EXILEの「ただ…逢いたくて」などを手掛ける春川仁志作曲による王道バラードナンバー。初の全国アリーナツアー「GENERATIONS LIVE TOUR 2016 “SPEEDSTER"」を経て、さらなる進化を遂げている彼らが魅せる最新作「涙」に期待が高まるばかりだ。

ニューシングルの詳細は、順次モバイルサイト等に更新されていく。

■シングル「涙」

2016年6月29日発売
【CD+DVD】
RZCD-86132/B/¥1,500+税
【CD ONLY】
RZCD-86133/¥800+税
<収録曲>
■CD
1.涙
2.涙 (Instrumental)
Special Bonus Track / AGEHA -English Version-
■DVD
・涙 (Music Video)

◎★全国CDショップ共通特典
B2サイズオリジナルポスター
・【CD+DVD】 【CD ONLY】いずれか1枚お買い上げで1枚プレゼント!
<対象店舗>
全国CDショップ、ECサイト
※一部取扱いのない店舗、ECサイトがございますので、ご購入の際に必ずお確かめください。
※先着特典となります。数には限りがございますのでご注意ください。

【関連リンク】
GENERATIONS from EXILE TRIBE オフィシャルHP
GENERATIONS、切なくも美しい新曲「Rainy Room」MVを公開
GENERATIONS、3月2日にニューアルバム『SPEEDSTER』をリリース
GENERATIONS、新曲「AGEHA」MVが一部公開

【関連アーティスト】
GENERATIONS
【ジャンル】
J-POP

モノブライト、アニメ「ぼのぼの」の主題歌「bonobonoする」をツアー会場にて限定販売
Sat, 07 May 2016 16:00:00 +0900
モノブライト (okmusic UP\'s)

フジテレビ他で放送中のテレビアニメ「ぼのぼの」の主題歌を担当するモノブライトが、6月の「Bright Ground Music 〜B.G.M〜 Tour」にて、「ぼのぼの」の主題歌「bonobonoする」をツアー会場限定シ ングルとして販売することを発表した。

【その他の画像】モノブライト

この楽曲に対し、桃野陽介(Vo)は、「たくさんの人たちに愛される「ぼのぼの」はキャラクターという名詞を通り越して、もはや「ぼのぼのする」とい動詞から、いろいろイメージして作詞・作曲を手掛けた」とコメント。「ぼのぼの」は、今年で漫画連載開始から30周年を迎え老若男女、親しみやすく可愛らしいキャラクターとして高い注目を集めオリジナルグッズなども売り切れ店が続出するほど大人気。

また、今年3月に東京都内で開催された特別試写会では、主題歌「bonobonoする」について原作者・いがらしみきおは「桃野さんのボーカル好きだなぁ〜、この声を聴いて監督も私も一発で気に入りました」、山口監督は「歌詞に「ぼのぼの」という言葉が出てきたのがすごくうれしかった。つい口ずさみたくなる楽曲で、これしかないという思いで主題歌を選びました」と大絶賛。

そして、この楽曲が「Bright Ground Music 〜B.G.M〜 Tour」のツアー会場で限定シングルとして発売されることが決定。当日演奏されるであろう主題歌「bonobonoする」をライブで体感し、ニューアルバム『 Bright Ground Music 』とともに音源でも楽しんでほしいというモノブライトメンバーの願いが実現した。さらに会場で購入した人には特典として「ぼのぼの」のステッカーが付いてくる。

モノブライトのライブチケットは本日、各プレイガイドにて一般発売が開始される。

(C) いがらしみきお/竹書房・フジテレビ・エイケン

■フジテレビ「ぼのぼの」
毎週(土)4:52〜5:00 
公式サイト:http://www.bonoanime.jp/

■ツアー会場限定シングル「bonobonoする」

6月9日(木)「札幌 BESSIE HALL」より会場にて販売
¥500 (税込)
※「ぼのぼの」ステッカー付
http://www.monobright.jp/news/news/05071000/

■「Bright Ground Music 〜B.G.M〜 Tour」

6月09日(木) 札幌 BESSIE HALL
6月15日(水) 梅田 CLUB QUATTRO
6月17日(金) 恵比寿 LIQUIDROOM

【関連リンク】
モノブライト オフィシャルHP
アンダーグラフ出演ライヴのオープニングアクト募集企画、エントリー終了まで残り2日!
T.M.Revolution、Mステ出演は“HOT LIMITスーツ”幻のオレンジバージョンで!
バンドじゃないもん!、6月14日に天照大桃子生誕祭開催

【関連アーティスト】
モノブライト
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

ORANGE RANGE、初の名古屋開催となる対バン企画にROTTENGRAFFTY出演決定
Sat, 07 May 2016 15:00:00 +0900
ORANGE RANGE (okmusic UP\'s)

ORANGE RANGEが6月2日(木)に名古屋CLUB QUATTROで開催する「縁舞 ?vol.13-」のゲストとして、ROTTENGRAFFTYの出演が決まった。

【その他の画像】ORANGE RANGE

2011年を皮切りにスタートした「縁舞」は、ORANGE RANGEが主催する対バン企画。ライブハウスという会場に特化してゲストアーティストと共に新たな"縁"を作り上げていくこのイベントは、これまでに全12回、総勢20組のゲストをむかえ開催してきた。今回の「縁舞」は名古屋での初開催となる。

■「縁舞 ?vol.13-」

6月02日(木) 愛知・名古屋CLUB QUATTRO
出演: ORANGE RANGE / ROTTENGRAFFTY

■ORANGE RANGE LIVE TOUR 016-017 〜おかげさまで15周年!47都道府県DEカーニバル〜」

【ホール公演】
9月10日(土) 埼玉・サンシティ越谷市民ホール
9月17日(土) 熊本・熊本県立劇場 演劇ホール
9月18日(日) 佐賀・佐賀市文化会館 大ホール
9月20日(火) 長崎・諫早文化会館
9月22日(木・祝) 島根・出雲市民会館
9月23日(金) 岡山・倉敷市芸文館
9月25日(日) 和歌山・紀南文化会館
9月30日(金) 神奈川・ハーモニーホール座間
10月02日(日) 山形・天童市市民文化会館
10月07日(金) 長野・ホクト文化ホール 中ホール
10月09日(日) 栃木・真岡市民会館
10月10日(月・祝) 千葉・八千代市市民会館
10月15日(土) 兵庫・赤穂市文化会館ハーモニーホール
10月16日(日) 奈良・なら100年会館
10月22日(土) 茨城・取手市民会館
10月23日(日) 山梨・東京エレクトロン韮崎文化ホール
10月29日(土) 三重・亀山市文化会館
10月30日(日) 静岡・長泉町文化センター ベルフォーレ
11月03日(木・祝) 岩手・矢巾町文化会館 田園ホール
11月05日(土) 秋田・大館市民文化会館
11月11日(金) 青森・三沢市公会堂
11月13日(日) 北海道・札幌市教育文化会館 大ホール
11月19日(土) 徳島・阿南市市民会館
11月20日(日) 高知・須崎市立市民文化会館
11月25日(金) 鹿児島・姶良市文化会館 加音ホール
11月27日(日) 宮崎・延岡総合文化センター
12月02日(金) 新潟・りゅーとぴあ 新潟市民芸術文化会館 劇場
12月03日(土) 群馬・渋川市民会館
【ライブハウス公演】
12月10日(土) 福井・響のホール
12月11日(日) 富山・MAIRO
12月14日(水) 鳥取・米子AZTiC laughs
12月15日(木) 鳥取・米子AZTiC laughs
12月17日(土) 愛媛・松山WStudioRED
12月18日(日) 山口・周南RISING HALL
12月20日(火) 滋賀・U★STONE
12月21日(水) 岐阜・club-G
12月23日(金・祝) 福島・郡山HIP SHOT JAPAN
2017年の公演詳細は後日発表。

【関連リンク】
ORANGE RANGE オフィシャルHP
ORANGE RANGE自主企画イベント「テレビズナイト016」第1弾発表はFLOW!
かりゆし58、沖縄国際映画祭にて豪華ゲストを引き連れライブを敢行
ORANGE RANGEが歌うバヤリース新CM解禁&ツアーチケット最速先行もスタート

【関連アーティスト】
ORANGE RANGE, ROTTENGRAFFTY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

sympathy、初の自主企画ツアー発表&幻のデモCDプレゼントが決定
Sat, 07 May 2016 14:00:00 +0900
sympathy (okmusic UP\'s)

sympathyが初の自主企画ツアー『わたしたちの夏休みツアー〜先生、宿題おわりません〜』を開催することを発表した。

【その他の画像】sympathy

たった一回の東京でのライヴが所属事務所の目に留まり、CONNECTONEに至ってはライヴを観ずに音源を聴いただけで契約してしまったという究極のシンデレラ・ストーリーが話題を集めているsympathy。現在も地元・高知に2名、東京と京都に各1名と別々の大学に進学して絶賛遠距離中のため、なかなかライヴが出来ない彼女たちだが、夏休みを利用して初の全国ツアーを自主企画。各会場のゲストは後日発表される。

オフィシャルHPでは、チケット先行がスタート。今回のオフィシャル先行でチケットをご購入の上、ツアー会場にご来場の方には2013年5月にリリースしたデモCD『女子更生』(現在販売終了)の音源をプレゼントするので、是非この機会にチケットをゲットしてほしい。

■「わたしたちの夏休みツアー〜先生、宿題おわりません〜」

7月03日(日)  大阪 阿倍野ROCKTOWN
7月10日(日)  名古屋CLUB ROCK\'N\'ROLL.
7月24日(日)  高知X-pt.
7月31日(日)  渋谷CHELSEA HOTEL
※各会場のゲストは後日発表

<チケット>
料金:前売 ¥2,500(ドリンク代別)
当日 ¥3,000(ドリンク代別)
一般発売日:6月4日(土)

【関連リンク】
sympathy オフィシャルHP
ビクター新レーベルCONNECTONE、主催イベントの追加アーティスト&オーディション優勝者を発表
あいみょん、初の自主企画ライブ「いざ、尋常に」東京公演が大盛況
高知県発sympathy、今年初ライヴを開催!

【関連アーティスト】
sympathy
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Rhythmic Toy World、7月6日に待望の2ndフルアルバムをリリース&全国ツアー開催決定
Sat, 07 May 2016 13:00:00 +0900
Rhythmic Toy World (okmusic UP\'s)

Rhythmic Toy Worldが5月6日に行なわれた自主イベントにて2ndフルアルバム『HEY!』を7月6日にリリースする事を発表した。

【その他の画像】Rhythmic Toy World

更に全国ツアーの開催も発表。ツアーファイナルは自身最大規模の赤坂BLITZにて行なうとのこと。全国ツアーの対バン公演(札幌公演を除く)は5月7日より先行受付が開始となり、ワンマン公演は同作品の封入特典として先行受付がスタートする。新たなアーティスト写真も公開され、2016年を突き抜ける準備が整ったようだ。

■アルバム『HEY!』特設サイト
http://www.lifull-livematch.com/specials/rhythmictoyworld/hey/

■アルバム『HEY!』

2016年7月6日(水)発売
STR-1040/¥2,500+税
※封入特典:全国ツアーワンマン公演先行受付シリアルコード
<収録内容>
1. あなたに出会えて
2. Dear Mr.FOOL
3. あの日見た青空はきっと今日に続いている
4. ウソカマコトカ
5. 輝きだす
※森永製菓「DARS」CMタイアップ曲
6. MUSHIBA
7. ミーン宣言
8. かごめかごめ
9. W.W
10. カルテット
11. Cheki-Cheki
12. 24時間方程式
13. Team B

■『「HEY!」の「HEY!」による「HEY!」の為のツアー』

■対バン公演
7月15日(金) 【千葉】千葉LOOK
7月22日(金) 【長崎】長崎STUDIO Do!
7月23日(土) 【熊本】熊本Django
7月24日(日) 【大分】大分club SPOT
7月26日(火) 【福岡】小倉FUSE
7月30日(土) 【福島】郡山 CLUB #9
8月02日(火) 【秋田】秋田LIVESPOT2000
8月03日(水) 【岩手】岩手the five morioka
8月10日(水) 【兵庫】MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎
8月11日(木・祝) 【京都】京都GROWLY
8月19日(金) 【神奈川】LIVE HOUSE 小田原姿麗人
8月23日(火) 【群馬】前橋DYVER
8月25日(木) 【石川】金沢LIVE HOUSE vanvanV4
8月26日(金) 【富山】富山SOULPOWER
9月10日(土) 【静岡】静岡UMBER
9月11日(日) 【三重】松阪M\'AXA
9月13日(火) 【岡山】岡山CRAZYMAMA 2ndRoom
9月14日(水) 【香川】高松DIME
9月18日(日) 【栃木】HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
9月22日(木・祝) 【北海道】札幌COLONY
9月24日(土) 【茨城】水戸LIGHT HOUSE

■ワンマン
9月30日(金) 【広島】広島4.14
10月02日(日) 【福岡】福岡Queblick
10月06日(木) 【宮城】仙台MACANA
10月12日(水) 【愛知】名古屋CLUB QUATTRO
10月14日(金) 【大阪】心斎橋Music Club JANUS

■ツアーファイナル
10月21日(金) 【東京】赤坂BLITZ
※7月6日リリース2ndフルアルバム『HEY!』封入特典にて先行受付

【関連リンク】
Rhythmic Toy World オフィシャルHP
04 Limited Sazabysの主催フェス『YON FES 2016』が大盛況!
真空ホロウ、アコースティックツアー東京3公演をLINE LIVEにて生放送
Rhythmic Toy World、“劇団リズミック”を迎えてイベント開催!?

【関連アーティスト】
Rhythmic Toy World
【ジャンル】
ジャパニーズロック

AAA、6月8日リリースのシングル「NEW」ジャケ写&MVを公開
Sat, 07 May 2016 12:00:00 +0900
シングル「NEW」【CD+DVD】 (okmusic UP\'s)

AAAの通算51枚目となるシングル「NEW」のアーティスト写真及びジャケット写真、そして待望のMVが公開された。

【その他の画像】AAA

この曲は本人達も出演する「スプライト」のCMソングに決定しており、MVの中ではスプライトのプロダクションプレイスメントも行なわれている。

MVとジャケット写真はオールL.Aでの撮影で、「10年間走り続けてきたAAAのメンバーが次の新しいステージへ進むため、海外で思い思いのバカンスを楽しんでいる。そんな7人が再集結し、これから11年目の新しいスタートを切る」というコンセプトのMVになっている。また映像の世界観はロケーション含めて映画のような雰囲気に仕上がっており、メンバー1人1人のシーンでは、L.Aのいろんな場所でオフを楽しむ彼らのナチュラルな表情を、そして全員集合のダンスシーンはアメリカの壮大な自然をバックに7人が踊りながら進んでいくという、スケール感は大きいが、メンバーを近くに感じられる作品だ。

今回のMVに関して、メンバーの與は「MVは僕の大好きな街ロサンゼルスで撮りました。ロサンゼルスでしか撮れない絵が撮れたと思います。メンバーそれぞれキャラに合わせたシーンもあったり、みんなで踊ってるシーンもあったり、そこにスプライトを飲んでるシーンがあるんですが、これがまたいい感じなんです!!」とコメントを寄せている。

L.Aの色んな場所でリラックスした表情を見せるバカンスシーン、そしてアメリカの大自然をバックに7人が再集結したパフォーマンスに是非注目してみてほしい。

ツアースタートも来週に迫り、「新しい」AAAに期待が膨らむ!

■「NEW」MV
https://www.youtube.com/watch?v=QYS1V6YaR_M

【関連リンク】
AAA オフィシャルHP
AAA・西島隆弘が「SMAP×SMAP」で長年の想いを大胆告白「目の前に5人が居るなんて震えるんですけど…!」
AAA、10周年イヤーを追いかけたドキュメンタリー映像作品の発売が決定
AAA、元日ライヴでアリーナツアーの開催を発表

【関連アーティスト】
AAA
【ジャンル】
J-POP













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1