歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年05月02日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/05/11
2016/05/10
2016/05/09
2016/05/08
2016/05/07
2016/05/06
2016/05/05
2016/05/04
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
Migimimi sleep tight、7月6日に初のミニアルバム『The Lovers』をリリース
Mon, 02 May 2016 22:00:00 +0900
5月1日@渋谷VUENOS (okmusic UP\'s)

“君の生涯で一番泣けて、一番踊れる音楽”をコンセプトに、3月25日よりバンド始動を告知し話題を呼んでいるMigimimi sleep tightが、「Migimimi sleep tight -Preview Night!!」と題した初ライブを5月1日 渋谷VUENOSにて行なった。

【その他の画像】FUNKIST

すでにオフィシャルHPで試聴音源を公開していた「Akirakeiko」「Migimimi」「Icicle Order」以外、会場に足を運んだオーディエンスは知らない曲ばかりだったにも関わらず、有無をいわさぬステージングと、フロアを巻き込む一体感を生み出していた。

そして、アンコールにて7月6日に初の全国流通作品となるミニアルバム『The Lovers』のリリースを発表。また6月のイベントライブ出演も1本追加された。メンバー4人それぞれのキャリアが織りなすパフォーマンスと楽曲群を、是非彼らのライブや音源で体感して欲しい。

■ミニアルバム『The Lovers』

2016年7月6日(水)発売
DDCB-14044/¥1,800+税
<収録曲>
1. puputan
2. Migimimi
3. Don\'t me cry
4. GOODBYE
5. WonderWave
6. The Lovers
7. Chill out,White out(BonusTrack)

■【ライブ情報】

「PreviewNight!!〜2ndNight!?」
5月26日(木) 北浦和KYARA

「JUNGLE LIFE×CLUB251 presents “Whiteboard Jungle"」
6月02日(木) 下北沢251
w:リムキャット/touch my secret/Suspended 4th

「新宿SAMURAI OPENING LIVE〜SAMURAI pre 戦国時代 vol. 2」
6月16日(木) 新宿SAMURAI
w:ケトル and more...

『aquarifa「SHINE」リリースツアーファイナル』
6月19日(日) 新代田FEVER
w:aquarifa /TRY TRY NIICHE(O.A) +SECRET BAND
6月26日(日) 下北沢251

※詳細は各会場またはプレイガイドまでお問い合わせ下さい

【関連リンク】
Migimimi sleep tight オフィシャルHP
話題のバンド・Migimimi sleep tightが6月に3本のイベントに出演
テスラは泣かない。、新体制で初となる自主企画のゲストベースに長島涼平が参加
メガマソの涼平やthe telephonesの松本誠治が参加する新バンド“Migimimi sleep tight”が始動!

【関連アーティスト】
FUNKIST, the telephones, メガマソ, Migimimi sleep tight
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

Suck a Stew Dryがあなたの家に!? 人気アプリ「コミコミ」コラボ企画を実施!
Mon, 02 May 2016 21:00:00 +0900


5月25日に約1年半ぶりのフルアルバム『N/A』をリリースするSuck a Stew Dryが、漫画やキャラクターのフキダシにセリフを入れて送れる大人気アプリ「コミコミ」とのコラボ企画を実施することを発表した。

【その他の画像】Suck a Stew Dry

この企画は、コミコミにて配信されているSuck a Stew Dryの好きなコマ画像の吹き出しに「メンバーへの熱い思い」を入力し、Twitter上でハッシュタグ「#サックコミコミ」をつけて投稿した方の中から抽選で1名の自宅へCDの入荷日である5月24日、メンバー自らがフルアルバム「N/A」を配達しに行くというもの。

こちらはYouTubeにて公開されているMV「GOEMON」で忍者姿のメンバーがピザを配達しているシーンを元に考案された企画で、当日は実際にMV撮影で使用した忍者服姿でCDを配達するとのこと。他にも抽選で豪華景品がプレゼントされるようなので、詳しくは募集要項を参照し、ぜひ参加してみよう。

また、5月11日(水)よりSuck a Stew Dry旧譜キャンペーンが開催される。こちらは、対象店舗で旧譜CDを購入すると、その店舗限定の「ご当地エミネコ缶バッジ」がプレゼントされるというものなので、この機会にぜひチェックを。

■「サックがあなたのおうちまで!SHINOBI PIZZA CD配達企画」

<内容>
コミコミにて配信されているSuck a Stew Dryの好きなコマを使って、「メンバーへの熱い思い」を入力しTwitterに投稿してください。その際、ハッシュタグ「#サックコミコミ」を必ずつけて投稿してくださいますようよろしくお願いいたします。抽選で豪華景品をプレゼントの他、1名様にメンバーがあなたのご自宅に2ndフルアルバム『N/A』を配達します。
<キャンペーン期間>
5月2日(月)19:00〜5月9日(月)23:59まで
<お題>
Suck a Stew Dryへの熱い思い
<当選者の方への宅配日>
5月24日(火)
<当選者の方への宅配時間>
ご注文から30分以内(できれば)

■「サックがあなたのおうちまで!SHINOBI PIZZA CD配達企画」特設ページ(コミコミアプリのダウンロード)
http://comi2.me/

■【Suck a Stew Dry旧譜キャンペーン 対象店舗一覧】

■タワーレコード
札幌ピヴォ店、仙台パルコ店、渋谷店、新宿店、池袋店、秋葉原店、 錦糸町店、横浜ビブレ店、名古屋パルコ店、名古屋近鉄パッセ店、京都店、難波店、 梅田NU茶屋店、梅田マルビル店、神戸店、広島店、福岡店
■HMV
大宮アルシェ、イオンモール水戸内原
■ヴィレッジヴァンガード
新発田店、川越店、PLUS+店、下北沢店、イオン北谷店

※5月11日よりキャンペーン開始
※キャンペーン期間は店舗によって異なります。

【関連リンク】
Suck a Stew Dry オフィシャルHP
テスラは泣かない。、赤十字献血啓発イベントにゲスト出演決定
Qaijffが6月にミニアルバム発売&レコ発ツアーを開催
テスラは泣かない。が全国ツアーのゲストバンド第一弾を発表

【関連アーティスト】
Suck a Stew Dry
【ジャンル】
ジャパニーズロック

HAKUEI(PENICILLIN)が『ニコニコ超会議』のヴィジュアル系ステージにスペシャルゲストとして登場
Mon, 02 May 2016 20:00:00 +0900
4月30日@幕張メッセ (okmusic UP\'s)

4月29日と30日の2日間、幕張メッセにて「niconico」の超巨大イベント『ニコニコ超会議2016』が開催され、30日の「超ニコびじゅLIVE」のスペシャルゲストとしてPENICILLINのHAKUEIが登場した。

【その他の画像】アンティック-珈琲店-

ヴィジュアル系バンド11組のライヴを行った「超ニコびじゅLIVE」。HAKUEIは、アンティック-珈琲店-の輝喜(Dr)、Anli Pollicinoの琢磨(G),Yo-1(G),将寿(B)を従えスペシャルバンドを結成し、彼の別プロジェクト、ライチ☆光クラブの「メルヘン☆ジャック」をライヴ初披露。激しくダークな表情でヴィジュアル系スタイルの神髄を見せてくれた。

さらに、アンティック-珈琲店-のみくとAnli PollicinoのShindyを招き入れ、3人でPENICILLINの「ロマンス -20thver.-」を熱唱。同曲は1998年にリリースされた「ロマンス」の20周年記念バージョンであり、TBS系アニメ「セクシーコマンドー外伝 すごいよ!!マサルさん」OPテーマ曲でもある。当時オリコン4位、累計は自己最大90万枚の大ヒット作だ。かつての大ヒットアニメテーマ曲ということもあり、HAKUEIが「ロマンス -20th ver.-」を歌いだした途端、幕張メッセに訪れていた多くの漫画・アニメファンが一斉にステージに注目。一目見ようと「超ニコびじゅ」ブースに駆け寄る場面も見られた。大サビはマイクを回して3人で合唱。この日だけのスペシャルな組み合わせのライヴにファンたちも大興奮だった。

この日、ニコニコ動画のマスコットキャラである「ニコニコテレビちゃん」のアンテナの付いたカチューシャを付けて登場したHAKUEIだが、今年はソロデビュー20周年でもあることから様々な企画を準備中とのこと。その内容が明かされる日を楽しみにしていてほしい。

■【ニコニコ生放送概要】

タイトル:「ニコ生V系音楽番組「ニコびじゅ」
放送日時:毎週火曜 16:00〜
http://ch.nicovideo.jp/nico-v

【関連リンク】
PENICILLIN オフィシャルHP
アンティック-珈琲店-、メジャーデビューSG発売時に掲げた公約“スカイダイビング”をついに決行
アンティック-珈琲店-、メジャー2ndシングル「JIBUN」のMVがGYAO!にて独占先行配信開始
PENICILLIN、東京・大阪にて結成24周年ライヴを開催!

【関連アーティスト】
アンティック-珈琲店-, PENICILLIN, Anli Pollicino
【ジャンル】
ビジュアル, イベント

aiko、最新ライブ映像作品より「あたしの向こう」をフルサイズ公開
Mon, 02 May 2016 19:30:00 +0900
aiko (okmusic UP\'s)

5月3日にリリースされるaikoのLIVE Blu-ray/DVD『ROCKとALOHA』から、先日公開となった「キラキラ」のライブ映像に加えて、昨年行なわれたライブハウスツアー『Love Like Rock vol.7』より「あたしの向こう」のライブ映像がフルサイズで公開された。

【その他の画像】aiko

『Love Like Rock vol.7』は、aikoのライブハウスツアーの中では過去最大規模で、初の仙台Rensaでの公演や、約13年ぶりに訪れたという広島クラブクアトロを含む全国7都市25公演行なわれた。今回のライブ映像は8月11日にZepp Tokyoで行なわれた最終公演の模様を収録。ライブ後半戦で披露された「あたしの向こう」の疾走感に乗せた会場の一体感、ライブハウスならではの距離感と興奮を堪能しよう。

LIVE Blu-ray/DVD『ROCKとALOHA』は2枚組の豪華仕様となっており、『Love Like Rock vol.7』の映像に加えて、フリーライブ『Love Like Aloha vol.5』の模様も収録となる。

5月18日(水)には2年ぶりとなる12枚目のオリジナルアルバム『May Dream』のリリースも発表しており、こちらをひっさげての全国ホールツアー『Love Like Pop vol.19』も5月21日(土)より、全国18ヶ所34公演で開催される。ライブに先駆けてLIVE Blu-ray/DVDとアルバムでしっかりと予習しておこう。

■「あたしの向こう」(from Live Blu-ray/DVD『ROCKとALOHA』)
https://youtu.be/EgvoiTIMM3g

■「キラキラ」(from Live Blu-ray/DVD『ROCKとALOHA』)
https://youtu.be/f8rBCB21iSI

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
aiko、ニューアルバム『May Dream』全収録楽曲を発表
aiko、ライブBlu-ray&DVDより「キラキラ」をフルサイズで先行公開
aiko、ニューアルバムの特典CDは超貴重な新録ライブアレンジ音源

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP

ギルガメッシュ、7月10日のライブをもって12年の活動に幕
Mon, 02 May 2016 19:15:00 +0900
ギルガメッシュ (okmusic UP\'s)

ギルガメッシュが7月10日(日)に開催されるZepp DiverCity(Tokyo)のライブをもって解散することを発表した。

【その他の画像】ギルガメッシュ

2016年1月20日にミニアルバム『鵺-chimera-』をリリースし、16本の国内ツアーを終え、5月11日より始まる5度目のヨーロッパツアーを経て、国内のライヴはツアーファイナルを残すのみとなった。

なお、7月10日(日)Zepp DiverCity(Tokyo)に向けてギルガメッシュは新音源を制作中であるとのこと。

■【ギルガメッシュよりコメント】

地元の仲間でゼロからスタートしてきたギルガメッシュ。
12年間という長い時間、全てを捧げてきて
自分達の中でやれるだけの事を出し切った。それが正直な気持ちです。
沢山の出会い、仲間、スタッフ、ファンのみんな。
支えられ、応援してもらえたからこそ歩いてこられた12年間でした。
最後のステージでは自分達に出来る最高のLiveで感謝の気持ちを全力で伝えたいと思います!!

■「girugamesh ONEMAN TOUR 2016 "鵺-period-"」

7月10日(日) Zepp DiverCity(Tokyo)
OPEN 16:00 / START 17:00
<チケット>
通常チケット:前売 ¥4,000/当日¥4,500(税込・1F立見・ドリンク代別)
VIPチケット:¥12,000(税込・1F立見・ドリンク代別)
※未就学児入場不可
※[VIP特典(1)] VIPエリア有り
※[VIP特典(2)] 終演後メンバーより豪華特典の手渡し有り!

【関連リンク】
ギルガメッシュ オフィシャルHP
ギルガメッシュ、5度目となるヨーロッパツアー開催を発表
「BATTLE ARENA in BUDOKAN」、5時間30分の熱狂バトル!
MUCCとAki(シド・ベーシスト明希)による全国ホールツアーの追加出演アーティストが発表に!

【関連アーティスト】
ギルガメッシュ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

フジファブリック、ニコ生にてニューシングル発売記念番組を配信決定
Mon, 02 May 2016 19:00:00 +0900
フジファブリック (okmusic UP\'s)

5月11日にニューシングル「ポラリス」を発売するフジファブリック。その発売日の前夜となる5月10日(火)22時より、フジファブリックのネットラジオ『フジファブリックのゆるゆるいかせて』のスペシャルプログラムがニコニコ生放送にて生配信されることが決定した。

【その他の画像】フジファブリック

タイトルは、『NEWシングル「ポラリス」発売直前生配信!フジファブリックのゆるゆるいかせて!?君は北極星を見たことがあるかい??』。番組では、「ポラリス」、カップリングの「PRAYER」、私立恵比寿中学に楽曲提供した「お願いジーザス」のメンバーによる曲解説や制作秘話が語られる他、「ポラリス」のミュージックビデオをノーカットで放送される。さらには、視聴者が参加できるコーナーや、料理本を出版するほどの腕前のキーボード金澤ダイスケによる料理コーナーと盛りだくさんの内容となっているので、是非お見逃しなく。

そして、カップリングの「PRAYER」がオフィシャルHPの特設サイトと、YouTubeオフィシャルチャンネルにて初公開となった。山内総一郎(Gu&Vo)が作詞・作曲したこの曲は、ペダルスチールギターのアンビエントな音色と暖かなオルガンの音色が主となった柔らかなサウンドに、透明感溢れる歌声が耳に優しくに響くエバーグリーンなミディアムバラードだ。

今後のフジファブリックは、5月17日より全国ツアー『フジファブリック LIVE TOUR 2016"三日月ADVENTURE"』と、今年で3年目の開催となる自主企画の『フジファブリック 2マンライブ フジフレンドパーク2016』の開催を発表しており、フジフレンドパークの対バン相手であるSuchmos、クリープハイプ、KANA-BOONとのセッションにも注目が集まっている。

(C)大高忍・大寺義史/小学館・AOS PROJECT

■『NEWシングル「ポラリス」発売直前生配信!フジファブリックのゆるゆるいかせて!?君は北極星を見たことがあるかい??』
※放送日時:5月10日(火)22:00〜23:00
※終了時間は多少遅くなる場合がございます。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv260916286

■シングル「ポラリス」SPECIAL SITE
http://www.fujifabric.com/special/polaris/

【関連リンク】
フジファブリック オフィシャルHP
フジファブリック、自主企画2マンの対バン相手2組目はKANA-BOONに決定
フジファブリック、待望の全オリジナル・アルバムのアナログ盤化を発表!
フジファブリック、自主企画2マンの対バン相手はクリープハイプ

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック

春から夏へ。この季節に聴きたい、爽快な気分になれるピアノロック
Mon, 02 May 2016 18:00:00 +0900
OverTheDogs『WORLD OF SNEEZER』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

5月ですね。花粉症が終わってマスクを外せば、夏はもう目の前まで来ていて、気温もぽかぽかとなると、自然に調子が上がってくるもの。というわけで、今回はそんな季節におすすめの爽快なピアノロックをお届けします。ピアノの澄んだ音色って、穏やかな風を感じながら聴くのもいいし、雨の日にも合うんじゃないでしょうか(ちなみに、沖縄の梅雨入り予想は5月中頃で、関東は6月前半〜中旬とのこと)。

■1.「Wonderful Life」(\'16)/Qaijff

本当は先月書いた“2016年の春うた”(http://okmusic.jp/#!/news/119005)で推したかったんですけど、発売前だったので今回プッシュします! 名古屋発のプログレッシブピアノポップバンド、Qaijff(クアイフ)が4月にリリースした新作『Life is Wonderful』のリード曲「Wonderful Life」は、まさに春から夏へ向かう季節とマッチする爽快さがあって、センチメンタルな色合いも感じられるナンバー。全編でピアノが冴えわたる凝ったアレンジの一方、歌はキャッチーにメロディアスに伝わってきて、聴けば自ずと背中を押してもらえるはず。カラフルでファニーなMVを観て、この3ピースにハマってください。

■2.「くしゃみ」(\'16)/OverTheDogs

Qaijffともよく対バンしている、オバ犬(ケン)ことOverTheDogs。3月にリリースとなった彼らのミニアルバムが『WORLD OF SNEEZER』で、「くしゃみ」はそのオープニングナンバーです。花粉を思い出してしまうかもしれませんが、歌詞の世界観は夏。変則的なピアノのリズムやギターカッティングをはじめ、冒頭のサビメロを経て飛び込んでくる清々しいアレンジにはやられました。ハッとして、グッときて、バンドの気迫もひしひしと見えて。この絶妙なアンサンブルといい、声質といい、言葉のチョイスといい、オバ犬の個性が鮮やかに凝縮されています!

■3.「Un-science」(\'16)/SHE\'S

次世代のピアノロックバンドとして、熱い注目を集めるSHE\'S。メジャー進出が決まり、6月のデビューシングル「Morning Glow」への期待が高まっているだけに、現時点での代表曲「Un-science」は押さえておきましょう。躍動するリズムに乗せて、どこまでも颯爽と響くピアノと歌! 生ストリングスとの噛み合わせがまたいいんです。4月に行なわれた『One-Two-Three, For!! TOUR 2016』のファイナルでは、LAMP IN TERRENがこの曲をカバーし、松本大(Vo&Gu)に“俺が歌えなかったことを先に歌ってくれました。愛は奇跡の中に生きている(Love lives in wonder)そうです”と称賛される場面も。

■4.「Zak And Sara」(\'01)/Ben Folds

ピアノロックと言えば、ベン・フォールズというリスナーも多いのでは? 中でも、「ザック・アンド・サラ」はライヴで盛り上がる代表曲! 実際には男女(ザックとサラ)のすれ違いを描いた寂しげな詞世界だったりするんですが、気持ち良く空へ解き放たれるようなサビの《La da da〜♪》も、華麗に流れるメロディアスでパーカッシブなピアノも、すこぶるさわやかな印象を残します。シンプルだけど、アクティブ。コーラスやクラップも清涼感抜群ですばらしい。ベン・フォールズ・ファイヴ後のソロアルバム『ロッキン・ザ・サバーブズ』に収録。

■5.「Lady Madonna」(\'68)/The Beatles

こちらも万国共通のピアノロックでしょう。ポール・マッカートニーが今でもレパートリーにし続けているビートルズナンバーで、リードヴォーカルはもちろんポール。「ザック・アンド・サラ」同様、歌詞こそシリアスだけれど、曲調はとても明るく、なんと言っても弾むようなピアノがキャッチーでたまりません。トレードマークの美しいメロディーに加え、サックスによる味付け、愛らしいコーラスを含めて完璧! いつ、何曜日に聴いても胸躍るポップソングですね。ポールのソロ「New」なんかも、この季節に合うピアノ曲だと思います。

【関連アーティスト】
OverTheDogs, The Beatles, Ben Folds, SHE\'S, Qaijff
【ジャンル】


起業支援コンペティション『START ME UP AWARDS』、2016年のエントリー受付がスタート
Mon, 02 May 2016 18:30:00 +0900
『START ME UP AWARDS』ロゴ (okmusic UP\'s)

エンターテインメント業界横断型の起業支援コンペティション『START ME UP AWARDS』が2016年のエントリー受付を開始した。

【その他の画像】

5月11日(水)には、恒例となったキックオフイベントが19時より渋谷にて開催が決定。関係者によるパネルトーク、アワードファイナリストらのプレゼンテーションに加え、出席者同士のネットワーキングといった盛りだくさんの内容となっている。

キックオフイベントは、一般の方の入場も可能。興味のある方はこの機会に参加してみてはいかがだろうか。

■『START ME UP AWARDS』キックオフイベント オフィシャルHP
http://smuakickoff.peatix.com
■『START ME UP AWARDS』 オフィシャルHP
http://www.startmeupawards.com/

■【『START ME UP AWARDS』開催概要】

期間:10月28日(金)〜30日(日)
場所:日本科学未来館
※同期間に開催されるDigital Content Expo内での開催

■【『START ME UP AWARDS』応募資格・審査スケジュール】

応募資格:資本金5000万円以内、設立2年以内の法人、もしくは個人
応募方法:『START ME UP AWARDS』オフィシャルサイトへアクセスし、事前エントリー。
応募期間内にエントリーシートに必要事項を記入し応募。
応募期間:2016年5月2日(月)〜8月10日(水)12:00
審査対象言語:日本語もしくは英語
審査対象:エンターテインメント性と創造性のあるビジネスプラン(既存事業成長プラン、新規ビジネスプラン)
審査スケジュール:
一次審査結果発表=9月5日(月)公式ホームページにて
二次審査=9月22日(木・祝)一次審査通過者へ詳細連絡
二次審査結果発表=9月30日(金)二次審査通過者へ詳細連絡
最終審査・表彰式=10月30日(日)日本科学未来館 未来館ホール

■『START ME UP AWARDS』キックオフイベント

5月11日(水) 朝日新聞メディアラボ 渋谷分室
18:30 OPEN/19:00 START
※ドリンク・フード持込自由、差し入れ大歓迎!
会場でも用意しております。
参加費:100円

【関連リンク】
豪華著名人が登壇した『SXSW』報告会が大盛況
メトロノームアプリケーション「Motion Count」がApple App Storeでリリース開始
アミューズ×ランティス、合弁会社AmuseLantis Europe S.A.S.設立
AWA、The Beatlesの配信を記念した「My Beatles」PROJECTに甲斐よしひろ・小室哲哉・SKY-HI(日高光啓)らが参加

【関連アーティスト】

【ジャンル】
イベント, その他

SCREWが解散とLAST LIVE TOURを発表
Mon, 02 May 2016 18:00:00 +0900
SCREW (okmusic UP\'s)

4月23日にバンド活動10周年を迎え、Anniversary TOUR全10公演を終えたばかりのSCREWが、オフィシャルHPにて解散発表と共にLAST LIVE TOURを発表した。

【その他の画像】SCREW

2006年に結成されたSCREWは、鋲(Vo)、和己(Gu)、マナブ(Gu)、ジン(Dr)による4人組ロックバンド。抜群の容姿と世界観で、着実に動員を増やし、2012年にはヨーロッパ・ツアーを成功させるなど、海外での人気も高い。2012年には『XANADU』でメジャーデビュー。ヘヴィーなサウンドと流麗なメロディーに鋲の独特な歌詞が心に刺さる楽曲で多くのリスナーを魅了し続けてきた。2016年3月30日にリリースした、バンド活動初となるベストアルバム『Brilliant』が最後の作品となる。

今回の発表について各メンバーからコメントも寄せられている。ファンの方は是非目を通して、最後のツアーに挑んで頂きたい。

■【SCREW 各メンバーよりコメント】

■鋲
活動に幕を下ろします

この10年、

たくさんの紫の花が咲きました

たくさんの紫の雨が降りました

1度も足を止めずSCREW出来たのは、
この文字を読んでいる君がいてくれたからです

残る半年
息絶えるその瞬間まで、どうか見守ってください

■和己
11月1日をもってSCREWは解散します。

急な発表になってごめんね。

どんな困難も乗り越えてきた10年間。

SCREWはどんなに歳を重ねても続けていけるバンド、そう思ってました。

追い続ける勇気、続ける事の難しさ、止まる事の怖さ。

正直、常に頭のどこかにありました。

SCREWの音楽を通して少しでもみんなの支えになれたなら、俺はSCREWのギター弾きとして幸せです。

SCREWの和己として過ごした10年間、沢山の方と出会い、沢山の笑顔と共に歩んでこれました。

今まで支えてきてくれたファンの子に、本当に心からありがとう。

SCREWの和己として過ごすもう少しだけ、俺たちの夢に付き合って下さい。

最後の最後まで応援宜しくお願いします。

■マナブ
11月1日。
この日、SCREWは解散します。

ステージで伝えた言葉を守り切れなくて心苦しく思っています。
多くの人との出会いや皆の支えがあって今までやって来れたと思っています。
このライブを最後に僕はステージを去るつもりです。

今まで沢山の応援本当にありがとうございます。

SCREWは僕の最後の夢。
共に過ごせた時間、心から幸せでした。

だけどお別れをするのはまだ早いね。
最後の日までこの夢を大切に生きて行きたいです。

この10年間SCREWを愛してくれた人全てに感謝と最愛を込めて。

■ジン?
2016年11月1日、SCREWは解散します。?

突然の発表ごめんなさい。?
SCREWジンとして10年頑張ってきましたが、
SCREWの限界を感じ2016年初頭から話し合ってきました。?
ゆうとの脱退、ルイの脱退。逆境の中ポジティブに活動してきました。?
ファンのみんなも凄く応援してくれた。?

でも自分たちの目標とするものが見えなくなったり、どう足掻いても足掻ききれない現実もあったり、SCREWがSCREWで居られないと感じ始めました。?

ファンのみんなを悲しませるのは凄く嫌だった。?
だけど始まりがあれば終わりも必ず有る、それがこのタイミングになってしまいました。?

つい先日10周年のお祝いの言葉をみんなから貰って胸が苦しくなりました。?
泣きました。?

この10年を振り返ると色んなことがあったね。
痛みも涙も笑みもファンの皆と共に分け合えてきたね。?
11周年を迎えられなくて本当にごめんなさい。?

だけど俺は音楽を辞めるつもりはないからまたいつか必ず帰ってくるよ。
約束する。?

2016年11月1日 TSUTAYA O-EASTまでSCREWをどうか愛してあげてください。
精一杯恩返しできたらと思います。?

この10年間本当にありがとう。
全ての方に感謝しています。

SCREWが大好きでした。?

■SCREW LAST LIVE TOUR『BREATHE ONE\'S LAST BREATH...』

7月22日(金)  熊本B.9 V2
7月24日(日)  福岡DRUM SON
8月05日(金)  米子laughs
8月08日(月)  神戸VARIT.
8月10日(水)  OSAKA MUSE
8月20日(土)  Zirco Tokyo
9月10日(土)  EDGE Ikebukuro
9月13日(火)  SHIBUYA REX
9月16日(金)  名古屋ell. FITS ALL
9月25日(日)  仙台MACANA
11月01日(火)  TSUTAYA O-EAST

<チケット>
■7月22日(金)熊本公演 〜 9月25日(日)仙台公演
前売:¥4,800(税込)/ 当日:¥5,300(税込)
※2016年6月11日(土) 全国一斉発売
■11月1日(火) TSUTAYA O-EAST公演
前売:¥5,300(税込)/ 当日:¥5,800(税込)
※2016年8月27日(土) 全国一斉発売

【関連リンク】
SCREW オフィシャルHP
SCREW、ツアーファイナル公演にて戦い続けた“10年”を語る
塩原康孝、ソロ第2弾配信アルバムリリース&初の単独公演を発表
SCREW、10周年記念アルバム『Brilliant』の全貌が明らかに&新アー写も解禁

【関連アーティスト】
SCREW
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

イトヲカシ、新ミニアルバム収録「堂々巡リ」のMVを公開
Mon, 02 May 2016 17:45:00 +0900
イトヲカシ (okmusic UP\'s)

イトヲカシが5月11日にリリースする全国流通盤インディーズミニアルバム『捲土重来』収録曲「堂々巡リ」のMVを公開した。

【その他の画像】イトヲカシ

このMVは、「“堂々巡り”って言葉自体は本来ネガティブなものとしてとらえられがちですけど、何回もバンドを解散してまたやり直して解散してっていう繰り返しをしている人ってたくさんいると思うんです。でもそれは負のスパイラルじゃなくて、気が付けばそれが正のスパイラルになって、同じところにいるようで螺旋状にどんどん上がっていってるんじゃないかなっていう。だとしたら堂々と“堂々巡り”しようぜ!みたいな。そんなメッセージを楽曲に込めたいねって話をして作りました。」と本人たちが語る曲に込めた思いが、かつては活躍していたものの今は挫折を経験して苦悩する”スーパーガール”に重ねて描かれており、最後は光が見えるイトヲカシらしい前向きな仕上がりに。ドローンを駆使した映像演出も見どころの一つだ。

また、5月14日からは『捲土重来』を引っ提げた全国ライヴハウスツアー『イトヲカシ first one-man tour 「捲土重来」』の実施も決定。すでに当ツアーは全会場ソールドアウトとなっており、ますます今後の活躍に注目が集まる。

さらに、彼らは全国ツアーのみならず複数のイベントにも出演予定とのことなので、ライヴを体験したことのない方は是非オフィシャルサイトをチェックしてほしい。

■「堂々巡リ」MV
https://youtu.be/GibYGIicq1E

■イトヲカシ first one-man tour「捲土重来」

5月14日(土) 北海道・札幌cube garden
開場17:30 / 開演18:00
5月21日(土) 大阪・心斎橋FANJtwice
開場17:30 / 開演18:00
5月22日(日) 愛知・ell fits all
開場17:30 / 開演18:00
5月29日(日) 福岡・DRUM Be-1
開場17:30 / 開演18:00
6月11日(土) 東京・shibuya duo MUSIC EXCHANGE
開場17:15 / 開演18:00
※全会場ソールドアウト

【関連リンク】
イトヲカシ オフィシャルHP
イトヲカシ、ミニアルバム『捲土重来』発売&全国ツアーの開催を発表!
イトヲカシ、路上ライブツアー4日間で3,500人以上を動員
全都道府県&世界の路上で10,000人以上を集めるネット発の覆面2人組ユニット「イトヲカシ」に注目!

【関連アーティスト】
イトヲカシ
【ジャンル】
J-POP

ダウト、心機一転のニューシングル発売&新ビジュアルを解禁
Mon, 02 May 2016 17:30:00 +0900
ダウト (okmusic UP\'s)

4月30日に舞浜アンフィシアターにて行なわれた「PEACE&SMILE PARADE LIVE」を以て所属事務所“PS COMPANY”を卒業したばかりのダウトがニューシングルのリリースを発表し、それに伴い新ビジュアルを解禁した。

【その他の画像】ダウト

7月27日にリリースされるニューシングルはまだタイトル等の詳細は発表されていないが、今年1月にリリースされたアルバム『心技体』では新メンバーである直人(Dr.)と共に進化したサウンドを作り上げたダウトだけに今作も期待が高まる。

同時に公開された新ビジュアルは第一種公認陸上競技場をロケーションに使用しておりメンバー全員がジャージ姿、そしてまさに今から走り出そうという再スタートに相応しい一枚になっている。また、ダウトは8月のワンマンツアー「音楽は爆発だ!!」のツアーファイナルを終えて間もなくの9月3日・4日の韓国公演と9月10日の台湾公演も発表し、新たなオフィシャルHPも開設しているので、こちらも是非チェックを。

■ダウト オフィシャルHP
http://www.d-out.info

■「音楽は爆発だ!!」

8月08日(月)  SHIBUYA O-WEST
※Limited live ダウトマニアに捧ぐ「ダウトサマーコレクション」
8月11日(木)  高松 DIME
8月12日(金)  岡山 CRAZY MAMA KINGDOM
8月14日(日)  福岡 DRUM Be-1
8月16日(火)  OSAKA MUSE
8月17日(水)  名古屋 E.L.L
8月19日(金)  長野 J
8月21日(日)  金沢 AZ
8月24日(水)  札幌 KRAPS HALL
8月25日(木)  札幌 KRAPS HALL
8月27日(土)  青森 Quater
8月29日(月)  仙台 darwin
8月31日(水)  新宿 ReNY
※〜TOUR FINAL 新宿!ドンパチ祭り〜

「音楽は爆発だ in 韓国」
9月03日(土)  West Bridge
9月04日(日)  West Bridge

「音楽は爆発だ in台湾」
9月10日(土)  台北 The Wall

【関連リンク】
Lill、3rdミニアルバム発売決定&最新アーティスト写真とジャケット写真も公開
ダウト、新体制となって初のシングル「恋ができない」詳細解禁
新生ダウト、10月にニューシングルを発売
vistlipからの派生ユニットLillが、豪華メンツを迎えた2ndミニアルバムをリリース

【関連アーティスト】
ダウト
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

Bentham、初のワンマン公演が大盛況
Mon, 02 May 2016 17:00:00 +0900
4月30日(土)@代官山UNIT (okmusic UP\'s)

Benthamが4月30日に初のワンマンライブを代官山UNITにて開催した。

【その他の画像】Bentham

今回の初ワンマンはなんとフリーライブ。500人のキャパの代官山UNITのライブに10倍の5,000人もの応募があったということで、それだけでもいかに彼らの注目度が高いかがわかる。そんな1/10の確率で当選したラッキーなファンが集結する中、いよいよライブがスタート。シンセサウンドにあわせてメンバーが頭の上で手を振りながら登場し、1曲目「After party」が始まるとオーディエンスは勢いよく一斉の手拍子で応える。

「さぁさぁさぁ! 準備できてますかー! 後ろの方まで全部見えてるよー」という小関(Vo&Gt)の声とともにノンストップで「HEY!!」「TONIGHT」へ。立て続けのタテノリナンバーで、会場はあっという間にお祭り騒ぎとなった。バンドメンバーもオーディエンスもこの日のワンマンライブをどれだけ待ち望んでいたかがひしひしと伝わってくる光景だ。

「初ワンマンです。やったー! みんな来てくれてありがとー」と、直球のメッセージで小関が喜びを伝えると、須田(Gt)と辻(Ba)鈴木(Dr)も次々に「やったー!」と連呼。その後も「どんどん行くぞー」と会場を盛り上げる。Benthamのパフォーマンスを目の当たりにすると、彼らの演奏力の高さがよくわかる。小関のハイトーンボイスに、須田のテクニカルなギター、そして辻の心地よいベースの重低音と、鈴木の早打ちドラム。シンプルな4ピース編成でありながら、各自の演奏力がしっかり際立っていて、厚みがありつつも華やかなサウンドを楽しませてくれるのだ。

次のMCは須田(Gt)が担当。「初ワンマンで1つやりたいことがあって…。今日、Benthamを観に来た人ー!」との呼びかけに、ワンマンだけにオーディエンスは全員手を上げ、それを眺めてご満悦という初ワンマンならではの光景を楽しみつつ、初ワンマンが実現するまでの経緯を語った。須田のMCが終わると小関が「須田くんがつくったイイ曲です!」と「スローモーション」を紹介。リズミカルでありながら切ない歌詞が印象的なこの曲を、ギター持たずマイクを握りしめて歌い上げた。さらにイントロのリズムが個性的な「ハイルーフ」、ドラムソロから始まる「雨と街」とミドルナンバーが続く。

一瞬静まりかえる会場。「高校の時にコピーバンド的なことをっやって、あのバンドこのバンドかっこいいなぁって思いながら、音楽に何度も助けられてきました。だから"届く人にはちゃんと届けたい"と思って続けています。今の姿を高校の時のオレに見せてあげたい。絶対に夜は明ける、大丈夫だって」。そんな小関のMCに続いて披露されたのはCD未収録の「夜明けのうた」。ハイトーンボイスが胸に刺さる切ない曲だが、これらのミドルナンバーもBenthamが奏でると巧みに音が重なりあい、切なさの中に疾走感が見え隠れし、思わず踊りだしたくなる旋律になるから不思議だ。

ここで鈴木(Dr)のMCが入り、先ほどまでのシックな雰囲気を一気にひっくり返す。唐突に始まったパクチー食べ放題に行った話から、旅先のホテルでの個人的なお楽しみまで馬鹿馬鹿しいトークでオーディエンスを笑わせた。

いよいよライブもクライマックスへ。「騒がないと損だから! イケますかー?」。小関のシャウトで「アイマイミーマイン」が始まると、再びオーディエンスも一斉にヒートアップ。「手の鳴る方へ」では、ワンマンならではの大歓声でのコール&レスポンスで盛り上がり、小関はモッシュエリアにダイブまでしてみせた。ここまで来ると勢いは止まらない。続く「Undulate」では、レーザービームが照らされる中、ステージとオーディエンスの距離感が一気に縮まり、会場全体が心地よいグルーブ感に包まれているのを誰もが感じたはずだ。これもまたワンマンでなければ出し得ない空気感。演じる側も聴く側もこの日をどれだけ待ち望んでいたか、そしてそれが実現した喜びが会場を包み込んでいた。

そしてラストチューン「パブリック」のイントロが始まると「ついに来た」と言わんばかりのざわめきが起こる。「この曲で始まったと言っても過言ではありません。みんな踊ってくれますかー!」。小関の「踊れー!」を合図に飛び上がるオーディエンス。気付くと会場が一体となって「どうやって君の事振り向かせたらいいの」のサビを口ずさんでいる。こうしたキャッチーでありながら刺さるフレーズもBenthamワールドの魅力。わかりやすい言葉と心地よいサウンドが見事に融合し、彼らの世界を創り出していた。

彼らがステージ裾に戻ったと思いきや、間髪入れずにアンコールの嵐が巻き起こる。まさに初ワンマンの喜びを抑えきれないファンの声。Tシャツに着替えたメンバーが再登場すると、7月に4枚目となるEPをリリースし、それにともない全国でワンマンツアーを行なうといううれしい発表が。さらにその中に収録される新曲「サテライト」を初披露。激しいビートで優しさや情熱をまき散らすかのような突き刺さるサウンドで会場を盛り上げた。

「ワンマンやりてえなぁ、って思ってたけど、いざやってみるとあっという間でした。まだまだ至らないところもあるけど、届くかな?って思ってライブやってます。そしてこんな僕でも言える言葉。大丈夫、なんとかなるから!」

小関の気持ちのこもったMCからの熱い想いの込められた「アナログマン」がアンコール最後の曲となった。

厚みのある演奏力と、伝わる言葉で紡がれた歌詞の世界。そして4人それぞれが曲を作り、個性的なMCで会場を盛り上げる。初ワンマンライブを成功させ、7月には4枚目のEPリリースを控えた彼らからますます目が離せなくなりそうだ。

■【セットリスト】

M1.After party
M2.HEY!!
M3.TONIGHT
M4.APOLLO
M5.YUMEMONOGATARI
M6.クレイジーガール
M7.FOO FOO
M8.スローモーション
M9.ハイルーフ
M10.雨と街
M11.夜明けのうた
M12.アイマイミーマイン
M13.contact
M14.手の鳴る方へ
M15.Undulate
M16.パブリック
EN1.(新曲)
EN2.タイムオーバー
EN3.アナログマン

【関連リンク】
Bentham オフィシャルHP
Bentham、頑張る人に届ける応援歌「ExP」を今夏リリース
Halo at 四畳半、新曲「春が終わる前に」MV公開&ツアーの対バンを発表
ドラマチックアラスカ、ココロオークションとの対バンツアー全出演者解禁

【関連アーティスト】
Bentham
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

焚吐、7月21日に無料招待ワンマンライブの開催を発表
Mon, 02 May 2016 16:00:00 +0900
焚吐 (okmusic UP\'s)

焚吐が7月21日(木)に無料招待ワンマンライブを開催する事を発表した。

【その他の画像】焚吐

デビュー以来焚吐のライブを望む声、特にワンマンライブ開催を望む声が多く寄せられているが早々にそれが実現することになる。今回のライブは、焚吐の無料ファンクラブ「リアルタイム・カプセル」の会員だけが応募できる無料招待ワンマンライブとなっており、5月15日に東京新宿にグランドオープンする新しいライブハウス“Zirco Tokyo”にて行なわれるとのこと。

■【焚吐よりコメント】

自分のためだけに集まってくださる方々を満足させるにはどうすればいいか、当日までにしっかりと考えて準備して必ずや良いライブにしてみせます。ぜひお越しください。

■焚吐 無料招待ワンマンライブ「リアルライブ・カプセル」

7月21日(木)  新宿 Zirco Tokyo
Open/18:30 Start/19:00
<応募方法>
・下記URLから焚吐無料ファンクラブ「リアルタイム・カプセル」にアクセスして下さい。
・ページの案内に従って、ログインまたは新規登録を行って下さい。
・会員ページより案内に従ってワンマンライブイベント「リアルライブ・カプセル」にご応募下さい。
※応募期間:5月2日(月)12:00〜5月23日(月)11:59
http://takuto-official.com/member/

■「リアルライブ・カプセル」ティザー映像
https://youtu.be/nRWhDbCiIVA

【関連リンク】
焚吐 オフィシャルHP
焚吐、話題の新曲「ふたりの秒針」フルMVを無料FCサイトで1日限定解禁
焚吐、シングル「ふたりの秒針」MV解禁&アコースティックミニライブツアー決定
焚吐、弾き語り&カバーを披露する初ツイキャス決定

【関連アーティスト】
焚吐
【ジャンル】
J-POP

Brian the Sun、メジャーデビューシングルがFM802の5月ヘビーローテーションに
Mon, 02 May 2016 15:00:00 +0900
Brian the Sun (okmusic UP\'s)

大阪出身のロックバンドBrian the Sunのメジャーデビューシングル「HEROES」が、大阪を中心に絶大な人気を誇るラジオ局、FM802の5月のヘビーローテーション楽曲に決定! 5月1日から1ヶ月にわたって、同局の各ワイド番組などで1日に8〜10回程度オンエアされる。

【その他の画像】Brian the Sun

同曲は6月1日にメジャーデビューシングルとしてEPICレコードジャパンからリリースされることが決定しており、人気アニメ「僕のヒーローアカデミア」EDテーマにもなっている。また、メジャーデビュー日の翌日6月2日からは、自身最大規模となる全国18か所で行われるライブツアー“Brian the Sun TOUR 2016「HEROES」"の開催も発表されている。メジャーデビューを前に、関西地区で早くも盛り上がりを見せそうだ。

■Brian the Sun「HEROES」MV Short ver.
https://youtu.be/uG_Yui6ZQD8

【関連リンク】
Brian the Sun オフィシャルHP
Brian the Sun、メジャーデビューシングル「HEROES」のCDジャケット公開
Brian the Sun、6月スタートの全国ツアータイトルと詳細を発表
Brian the Sun、メジャーデビューシングル「HEROES」MVを一部公開

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)

The Winking Owl、話題の新曲「Bloom」フルMVがついに公開
Mon, 02 May 2016 14:00:00 +0900
The Winking Owl (okmusic UP\'s)

The Winking Owlが5月11日リリースの1stフルアルバム『BLOOMING』から、「ムラサキスポーツ BIKINI collection 2016」CMソングに起用される新曲「Bloom」のミュージックビデオをフルサイズ公開。さらに、同楽曲が5月度のスペースシャワーTVミドルローテーション「it!」に選出されることや、アルバムの先着購入者特典も新たに発表された。

【その他の画像】The Winking Owl

「Bloom」MV本編では、人気番組『テラスハウス』に出演しタレント・女優・モデルとして幅広い層から支持を誇る筧美和子が主人公役をつとめており、先日ティザー映像を彼女のInstagramで公開するやいなや即日10万回再生を超えるなどの反響を呼んでいる。

本作のディレクションは「Here For You」に続きINNI VISIONが担当。The Winking Owlのエモーショナルな演奏シーンと交互に織り成すストーリーが、タイトルに込められた"それぞれが自分の持っている素敵な強さを咲かせて欲しい"というポジティブな願いを視覚的に表現し、見るものの胸を打つ内容となっている。ルーマニアと日本にルーツを持つLuizaが紡ぎだす伸びやかで妖艶なボーカルと、フレッシュな疾走感と浮遊感を両立させたパワフルなバンドサウンドをぜひお楽しみいただきたい。

なお同楽曲は前述の通りスペースシャワーTVにて5月度のミドルローテーション「it!」への選出が決定しており、5月8日(日)〜5月22日(日)の期間中大量オンエアされる。続々と各地のラジオパワープレイも決定しているとのことなので、早耳リスナーはマストチェックを! また、1stフルアルバムの先着購入者特典として、インパクトのあるジャケットデザインのオリジナル・クリアファイルがプレゼントされることも発表された。数量限定とのことで、こちらもお早めにショップへ問い合わせていただきたい。

アルバムリリース後は翌週から自身最長のリリースツアー「BLOOMING TOUR 2016」で5月17日(火)京都MUSEを皮切りに、大阪・梅田Shangri-La、名古屋・ell.FITS ALL、東京・渋谷TSUTAYA O-WESTをはじめ全国17カ所をめぐる。ツアーファイナルは地元群馬は高崎clubFLEEZで6月26日(日)。いよいよ国内待望の本格派女性ボーカルバンドThe Winking Owl(瞬くフクロウ)がシーンに名乗りをあげる。2016年、必見・必聴!

■「Bloom」Official Video
https://youtu.be/p0NUerGNIzA

【関連リンク】
The Winking Owl オフィシャルHP
The Winking Owl、ムラサキスポーツ BIKINI collection 2016 CMソングを担当
The Winking Owl、1st アルバムより筧美和子出演の「Bloom」ティザー映像を公開
The Winking Owl、1stフルアルバムのエモーショナルなトレーラーが解禁

【関連アーティスト】
The Winking Owl
【ジャンル】
ジャパニーズロック

DIR EN GREY、全国ツアー第2弾の詳細と武道館映像作品のアートワークを解禁
Mon, 02 May 2016 13:00:00 +0900
DIR EN GREY (okmusic UP\'s)

6月からスタートするDIR EN GREYの全国ツアー『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________』シリーズ。その第2弾となる『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]』の詳細が明らかになった。

【その他の画像】DIR EN GREY

『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]』は2011年8月リリースの8thアルバム『DUM SPIRO SPERO』のタイトルをツアー名に冠したもので、9月16日の京都・KBSホールを皮切りに10月3日の大阪・なんばHatchまで全国5都市で9公演を予定。『DUM SPIRO SPERO』の世界観を久しぶりにたっぷり堪能できる貴重な機会なだけに、第1弾の『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]』から引き続き足を運んでおきたいところだ。

チケット一般発売に先駆けて、5月2日 12:00からはオフィシャルファンクラブ「a knot」会員先行受付もスタート。6月以降には「a knot」入会キャンペーン対象受付やオフィシャルモバイルサイト、オフィシャルサイト先行受付も実施されるので、各スケジュールの確認をお忘れなく。なお、『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]』のチケットは現在発売中。11月にはツアー第3弾『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of 鬼葬]』も控えているので、今後の展開にも注目しておこう。

また、6月29日にリリースされるライブBlu-ray&DVD『ARCHE AT NIPPON BUDOKAN』のジャケット画像も公開された。アートワークには草原で日の丸を背に、アルバム『ARCHE』のジャケットに登場するARCHE像がそびえ立つという非常に印象的なもの。今年2月5日、6日に行なわれた武道館2DAYS公演の衝撃と感動を、ぜひこのパッケージを手にして追体験してほしい。

さらにDIR EN GREYは7月27日に待望のニューシングル「詩踏み」をリリース。本作の発売を記念して、同作の完全生産限定盤を予約した人を対象とした予約会およびインストアイベントを、全国20カ所で開催する。予約会は6月5日から26日にかけて愛知、福岡、神奈川、宮城、新潟、大阪、岡山、北海道、東京で実施。インストアイベントは7月27日から8月7日にかけて東京、愛知、福岡、埼玉、京都、宮城、岡山、三重、広島、兵庫で行われる。各会場にはDIR EN GREYからメンバー1名が参加する予定なので、ぜひ最寄りの会場に足を運んでみてはいかがだろうか。

■『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of DUM SPIRO SPERO]』

9月16日(金)  京都府 KBSホール
9月17日(土)  京都府 KBSホール
9月20日(火)  東京都 中野サンプラザ [★]
9月21日(水)  東京都 中野サンプラザ [★]
9月23日(金)  長野県 ホクト文化ホール [★]
9月28日(水)  愛知県 Zepp Nagoya [★]
9月29日(木)  愛知県 Zepp Nagoya [★]
10月02日(日)  大阪府 なんばHatch [★]
10月03日(月)  大阪府 なんばHatch [★]

<席種・チケット料金>
1Fスタンディング/全席指定:¥6,000+税
[★]Exclusive Ticket(指定席・オリジナル特典付き):¥11,000+税
※Exclusive Ticketは★公演のみ、またOFFICIAL FAN CLUB 「a knot」 会員のみご購入いただけます。
<チケット先行情報>
■OFFICIAL FAN CLUB 「a knot」
受付期間:5月2日(月)12:00〜5月15日(日)23:59
※5/1時点会員様(4/20までにご入会・ご更新(ご入金)された方)が対象となります。
■OFFICIAL FAN CLUB 「a knot」入会キャンペーン対象
受付期間:6月1日(水)12:00〜6月12日(日)23:59
※5/20(金)までにご入会・ご更新(共にご入金)いただいた方が対象となります。
※現会員様もお申し込みいただけます。
■OFFICIAL MOBILE SITE DIR EN GREY ONLINE
受付期間:6月1日(水)12:00〜6月15日(水)18:00
※受付期間中にご入会いただいた方も対象となります。
■OFFICIAL SITE
受付期間:6月1日(水)12:00〜7月10日(日)18:00
※どなたでもお申し込み頂けます。

■『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR] 』

6月03日(金) 愛知県 Zepp Nagoya [★]
6月04日(土) 愛知県 Zepp Nagoya [★]
6月11日(土) 宮城県 仙台PIT
6月12日(日) 宮城県 仙台PIT
6月16日(木) 大阪府 なんばHatch [★]
6月17日(金) 大阪府 なんばHatch [★]
6月19日(日) 岡山県 倉敷市芸文館
7月01日(金) 東京都 新木場STUDIO COAST [★]
7月02日(土) 東京都 新木場STUDIO COAST [★]

<席種・チケット料金>
1Fスタンディング/全席指定:¥6,000+税
[★]Exclusive Ticket (2F指定席・オリジナル特典付き) ¥11,000(税別)
※Exclusive Ticketは★公演のみ、またOFFICIAL FAN CLUB 「a knot」 会員のみご購入いただけます。

【関連リンク】
DIR EN GREY オフィシャルHP
sukekiyo、前・後編の二部作を全曲披露する完全版公演を7月に開催
DIR EN GREY、1年7ヶ月ぶりの新作「詩踏み」を7月27日にリリース
DECAYS、デカダンスなムード漂う最新ヴィジュアルを公開

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

FTISLAND、武道館でのツアーファイナル公演の実施を発表
Mon, 02 May 2016 12:00:00 +0900
4月30日@東京・東京体育館 (okmusic UP\'s)

FTISLANDが4月30日に東京・東京体育館で『FTISLAND Arena Tour 2016 -Law of FTISLAND:N.W.U -』を開催し、アンコールで6月24日に日本武道館で行う追加公演をサプライズ発表した。

【その他の画像】FTISLAND

本ツアーは4月6日にリリースされた日本6thアルバム『N.W.U』を引っさげたアリーナツアー。人間の喜怒哀楽は歌に繋がるという考えから“N=泣いて、W=笑って、U=歌う”の頭文字をタイトルにした『N.W.U』は、オリコン週間CDアルバムランキングで3位(2016年04月18日付)を獲得。4月27日の大阪・大阪城ホールよりスタートしたツアーでは、東京体育館までの3公演で約3万人を動員している。

「東京! 今日はみんなの力を貸してくれよ!」というボーカルのホンギの鼓舞で1曲目の「AQUA」がスタートすると、ファンの全身全霊のコーラスに煽られるように歌に力が込もってゆく。楽器隊もグルーブでそれに応え、冒頭からバンドとファンが一体となった幸せなライブ空間が出来上がる。今回のツアーでは、ニューアルバム『N.W.U』の11曲中10曲を披露したが、「自分たちも大好きなアルバムだから、全部をライブで見せたいと思った」というホンギに、「初めて、全曲をメンバーが手掛けたアルバム」とリーダーのジョンフンも自信を覗かせる。ファンもまた、ライブ初披露の曲にもかかわらずコーラスやレスポンスも完璧にこなし、このツアーを楽しむための準備は万端の様子。その姿にさらにテンションが上がっていくメンバーたち。『N.W.U』以外の曲も、自作曲を積極的に作り始めたこの3年の楽曲を中心に構成したところにも、今のFTISLANDに対する誇りが感じられる。

聴かせるバラードあり、疾走感あるロック曲あり、ファンとジャンプし一緒に歌って一体になれる曲ありと、“N=泣いて、W=笑って、U=歌う”というテーマ通りの人間の喜怒哀楽、ドラマチックな人生を表現するようなセットリスト本編の最後は、アルバム『N.W.U』のリード曲「YOU DON\'T KNOW WHO I AM」。「今日は遊びに来てくれてありがとう。作品を出すたび、ライブをするたびにみんなの応援に力をもらってます。メッチャうれしい」と、ホンギはことあるごとにファンに感謝を述べていたのも印象深かったが、ラストのこの曲では、ステージを去るのを名残惜しむように、ファンとのコール&レスポンスが入る最後のパートを何度も何度も繰り返した。「ファンと一緒に楽しみたい」という彼らの気持ちや、ファンとの絆の深さがこんな場面からも垣間見られた。大きなFTISLANDコールに迎えられアンコールに応えると、2曲目が終わったところでドラムのミンファンが「今日はお知らせがあります。これです!」と立ち上がると、モニターに「緊急発表」という文字とメンバーたちの映像が映し出されれ、映像の中でリーダーのジョンフンの着てたシャツをジェジンとミンファンが脱がせると、Tシャツに「6月24日 日本武道館 追加公演決定!!」という文字が書かれているというFTISLANDらしいユーモア溢れるサプライズ発表に、会場からは拍手と共に“W=笑い"が沸き起こった。

「武道館では、セットリストを変えようと思ってるんだけど、変えたらみんな来る?」というホンギの問いかけにファンも大興奮で「来るー!」と絶叫。「そうか、じゃあ、今日唯一やらなかったアルバム曲「Imagine」もやるね!」といううれしい約束に大歓声が上がる。追加公演と称しているが、どうやら現行のツアーとはまた別のスペシャルなファイナル公演になりそうだ。アンコール最後の「We are...」はジョンフンのピアノに乗せて、メンバー全員がボーカルをバトンしていく温かさが溢れる曲。「ファンのみなさんに対しての僕らの素直な気持ちを話して、日本語で歌詞にしてもらった曲です。SNSに“この曲を聴いて泣いた"って書き込みしてくれる人が多かったから、この曲こそ“N(泣いて)”だね」とホンギが言った、ファンソングともいえる曲だ。最後のパートではステージ上のFTISLANDと会場中のファンが一緒に美しいコーラスを“U=歌う"という、まさに“N=泣いて、W=笑って、U=歌う”なフィナーレを飾った。

本ツアーはアルバム『N.W.U』披露の場であるが、新曲であってもライブ用にアレンジを変えて全体の流れを重視し、FTISLANDのバンド力を全身で体感できるライブとなっている。テンションが途切れることなく、ファンと楽曲の融和度が増していく空間の密度と完成度はツアー1本ごとにどんどん高まり、進化している。この後の名古屋・日本ガイシホール、そして、ファイナルとなる武道館では、どんな“N=泣いて、W=笑って、U=歌う"ライブを見せてくれるのかが楽しみだ。

photo by ワーナーミュージック・ジャパン

■『FTISLAND Arena Tour 2016 -Law of FTISLAND:N.W.U -』

5月20日(金) 【愛知】日本ガイシホール
チケット:全席指定 9,000円(税込)/発売中

<追加公演>
『FTISLAND Arena Tour 2016 -Law of FTISLAND:N.W.U -』FINAL公演
6月24日(金) 【東京】日本武道館

【関連リンク】
FTISLAND オフィシャルHP
FTISLANDがニューアルバムのリード曲「YOU DON\'T KNOW WHO I AM」のMVを公開
FTISLAND、6thアルバムリリース&2016年初アリーナツアー決定
イ・ホンギ(from FTISLAND)が届ける“Merry(陽気な)302 MHz”に観客が酔いしれる

【関連アーティスト】
FTISLAND
【ジャンル】
K-POP, ライブ

Crossfaith、自身主催イベント「ACROSS THE FUTURE」のゲストアーティスト発表
Mon, 02 May 2016 11:00:00 +0900
「ACROSS THE FUTURE 2016」 (okmusic UP\'s)

自身主催のイベント「ACROSS THE FUTURE 2016」を開催するCrossfaithから、ゲストアーティストが発表された。

【その他の画像】ENTER SHIKARI

今回のゲストは、日本にも馴染みがあり海外ツアーを共にした経験もあるイギリスのENTER SHIKARI。今夏にニューアルバムのリリースを予定し、Crossfaith最新アルバム「XENO」の収録曲「Ghost In The Mirror」にゲスト・ボーカルとして参加しているCaleb Shomo率いるBeartooth。そして、新作リリースを今月に控えたNOISEMAKERの3組。

また開催発表からの反響を受け、9月10日(土)に赤坂BLITZにて追加公演の実施も発表。明日よりセブンイレブン先行がスタートする。

同イベントは「未来の向こう側」をテーマにジャンルの壁はもとより、国境や国籍をも超えることを目的としたイベントであり、2014年より不定期に開催している。

【Crossfaith・Koie(Vo)コメント】
「遂にACROSS THE FUTUREのゲストバンドが発表されました! 今回のラインナップは俺たちCrossfaithでないと実現できなかったなと自負できるものになっています! それでは各ゲストバンドを紹介していきます!
一組目はイギリスからENTER SHIKARI! 何度も海外で一緒にツアーをしている盟友と言うべき存在。ようやく今回このACROSS THE FUTUREで来日が実現しました! つい先日英国で1万人規模のショウを終えたばかりで脂乗りまくりの彼らのライブを見逃すな!
二組目はアメリカからBeartooth! 去年の5月にイギリスで対バンしてから、夏はワープドツアーを供に過ごし、そして記憶にも新しい昨年12月の日本での競演から1年の間隔を置かず、好きだから招聘しちゃいました! もちろんあの曲も一緒にするでしょ!
最後は日本からNOISEMAKER! 新曲も最高でニューアルバムのリリースも控えた、今1番勢いのあるラウドロックバンドと言っても過言ではないと思います。曲もライブも人間も本気で最高な彼らがACROSS THE FUTUREでもみんなをぶち上げてくれます!
今回のATFは史上最高のボルテージで東名阪3都市、計4公演をロックしにいきます!
SEE YOU IN DA PIT!」

■『ACROSS THE FUTURE 2016』公式サイト
http://acrossthefuture.com/

■『ACROSS THE FUTURE 2016』

9月06日(火) 東京・TSUTAYA O-EAST
9月08日(木) 大阪・BIG CAT
9月09日(金) 名古屋・THE BOTTOM LINE
9月10日(土) 東京・赤坂BLITZ

<GUEST ARTIST>
ENTER SHIKARI (from UK), Beartooth (from US),NOISEMAKER

<セブンイレブン先行>
受付期間:5/2(月)12:00〜5/8(日)21:00
受付URL:http://w.pia.jp/t/crossfaith-atf16/

【関連リンク】
CrossfaithオフィシャルHP
SiM vs Crossfaith、CMで話題のコラボ曲をシングルリリース
Crossfaithが主催イベントを9月に東名阪3都市で開催
SiM x Crossfaith xレッドブル・エアレースによる究極コラボ解禁

【関連アーティスト】
ENTER SHIKARI, Crossfaith, NOISEMAKER, Beartooth
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1