歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年04月24日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/05/03
2016/05/02
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
さくらしめじ、2回目となるワンマンライブも大盛況
Sun, 24 Apr 2016 18:00:00 +0900
4月23日@千葉県文化会館 (okmusic UP\'s)

中学生フォークデュオ・さくらしめじが、4月23日に千葉県文化会館にて、2回目となるワンマンライブ『菌唱-KINSHOW-』を行った。

【その他の画像】さくらしめじ

今回のライブは、さくらしめじ初のフルバンド(ドラム、ギター、ベース、キーボード)編成。1700人の観客が見守る中、バンドメンバーに続いて登場したさくらしめじの2人は、まず『せきがえのかみさま』『いくじなし』と、アップテンポなナンバーを立て続けに歌って会場を温めていく。「左しめじ担当、14歳の田中雅功です」「右しめじ担当、14歳の?田彪我です」という自己紹介のあと、「今日は僕たちの2回目のワンマンライブに来てくださり、誠にありがとうございます! 最後まで楽しんでいってくださいね!」(雅功)、「ねっ!」(彪我)と挨拶。

リハーサル中に背比べをする2人の映像では、この1年で10cm背が伸びた彪我が、雅功の身長を抜いたことが発覚。母の日に向けてお母さんへの感謝を綴った『ぎふと』からのMCでは、雅功が「家事を手伝うとか、そういう気持ちの面が大切なんじゃないですか?」と真面目に語ると、彪我が「拍手っ!」と客席に呼びかけ、あたたかい笑いが起こった。新曲『またたび』でアコースティックギターのみの演奏で2人のまっすぐな歌声を響かせたかと思えば、彪我の好物・卵かけごはんを歌った『てぃーけーじー』では頭をすっぽりと覆うニワトリの帽子をかぶった彪我が、ステージから客席に降りて卵のおもちゃを配り歩くパフォーマンスを見せた。本編ラストは、春にふさわしい爽やかなナンバー『はじまるきせつ』。天井からぶら下がった大きなバルーンから色とりどりの風船が舞い落ち、その光景はさくらしめじの菌が1人ひとりの心に広がるかのようだった。

アンコールはライブTシャツに着替えて登場!雅功が「こんなに大勢のお客さんの前で僕たちの歌とギターが披露できて、本当にうれしいです」と話すと、彪我も「もう楽しい! これ以上楽しいことは、この世に、もう一生、えーーと……もう言葉にできないくらい楽しいっ!」と喜んだ。フィナーレの『みちくさこうしんきょく』では、「皆さんも一緒に!」と呼びかけ、観客も「ら〜らららららら〜♪」と大合唱。さくらしめじらしい、ほんわか優しい空気の中で、春のワンマンライブが幕を閉じた。

【セットリスト】
01.せきがえのかみさま
02.かぜいろのめろでぃー
03.いくじなし
04.きみでした
05.ふうせんはなび
06.ぎふと
07.二人のアカボシcover.
08.夏祭りcover.
09.またたび
10.こんこんずし
11.きのうのゆめ
12.まよなかぴくにっく
13.さんきゅう
14.いーでぃーえむ
15.てぃーけーじー
16.はじまるきせつ
(アンコール)
01.だるまさんがころんだ
02.みちくさこうしんきょく

【関連リンク】
田中雅功「家族ノカタチ」ゲスト出演で“さくらしめじ共演”実現「彪我が目の前で演技しているのは、とても新鮮」
さくらしめじ、「はじまるきせつ/さんきゅう」リリースイベントを敢行
さくらしめじ、新曲2曲のMVがフル解禁
さくらしめじ、アコースティックバンド編成で挑んだ初ワンマンが超満員

【関連アーティスト】
さくらしめじ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

アンダーグラフが出演するライヴのオープニングアクトを募集!
Sun, 24 Apr 2016 18:00:00 +0900
アンダーグラフ (okmusic UP\'s)

アンダーグラフが、6月11日(土)にLIVEHOUSE shinjuku SAMURAIにて行なう、同店のこけらおとしイベントのオープニングアクトを募集することを発表した。

【その他の画像】アンダーグラフ

LIVEHOUSE shinjuku SAMURAIは、5月末にて閉店する新宿の老舗ライヴハウスURGAの跡地にオープン。マネジメント事務所が主体となって運営するという稀なケースでの成り立ちであり、出演するアーティストに対し次のステージを用意することが運営方針としての大きなテーマにある。

6月11日(土)に開催されるSAMURAIのオープニングライヴには、デビュー曲「ツバサ」が40万枚を超えるヒットをし、10年以上のキャリアを誇り、今なお精力的に活動を続けているアンダーグラフの出演が決定。チケットは本日4月24日(土)10時より一般販売中であるが、チケットの残りはわずかとなっている。

そして今回、記念すべきオープニングライヴをさらに盛り上げるべく、オープニングアクトを一般公募することが決定した。「若く勢いがあるアーティスト」の出演を希望する店舗の要望から実現した企画である。

応募期間は、2016年4月24日(日)18時00分〜2016年5月8日(日)23時59分。その後、一般投票やSAMURAIのスタッフの審査を経て出演アーティストを決定する。詳細や応募については下記特設ページをチェックしてほしい。

■アンダーグラフ オープニングアクト募集特設ページ
http://okmusic.jp/events/samurai
※OKMusicへのアーティスト登録が必須となります

■『新宿SAMURAI GRAND OPENING LIVE featuring アンダーグラフ』

6月11日(土) 東京・新宿SAMURAI
open 17:30 / start 18:00
出演者:アンダーグラフ ※O.Aあり
<チケット>
料金:前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500
座種:全自由・整理番号付き・ドリンク代別途
(1)アンダーグラフ ファンクラブ先行
4月9日(土)10:00〜4月15日(金)18:00
(2)一般発売
4月24日(日)10:00〜
・店頭
・e+
問い合わせ:新宿SAMURAI(03-5287-3390)

■オープニングアクト募集スケジュール

・応募締め切り:2016年5月8日(日) 23時59分
・一般投票開始:2016年5月10日(火) 00時00分
・一般投票締め切り:2016年5月17日(火) 23時59分
・選考アーティスト発表:2016年5月20日(金)18時以降
<選考方法>
ユーザーによる投票とLIVEHOUSE shinjuku SAMURAIスタッフによる選考を合わせて1組を選出。
※選考理由はいかなる理由があっても公表致しません。

■【店舗情報】

LIVEHOUSE shinjuku SAMURAI
住所:新宿区歌舞伎町2-42-16-B1
TEL:03-5287-3390
問い合わせ:info@live-samurai.jp
<概要>
キャパ:150 名
ステージサイズ:幅4.4m× 奥行4m
客席サイズ:幅3.7× 奥行8m

【関連リンク】
LIVEHOUSE shinjuku SAMURAI オフィシャルHP
アンダーグラフ オフィシャルHP
LIVEHOUSE shinjuku SAMURAIが6月にオープン&こけらおとし公演にアンダーグラフの出演が決定
アンダーグラフ、泣けると話題の新曲「こころ」MV公開

【関連アーティスト】
アンダーグラフ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

筋肉少女帯、2016年初ライブはゲスト満載!
Sun, 24 Apr 2016 17:00:00 +0900
4月23日@恵比寿のLIQUIDROOM (okmusic UP\'s)

筋肉少女帯の今年初のライブ「2016 筋少1st Live 歌って!筋肉少女帯!!」が4月23日、東京・恵比寿のLIQUIDROOMで開催された。

【その他の画像】筋肉少女帯

この夜の公演は“ゲスト有り”と事前に告知されていたものの、当日まで誰がステージに上がるかわからないというドキドキの趣向。また、既に筋少から公式なアナウンスがあったように、大槻の声帯ポリープ除去手術前最後のライブでもある。ソールドアウトの場内は、開演前からスリルと興奮に満ちていた。午後6時を過ぎた頃に客電が落ちると、大きな歓声を浴びながら、大槻ケンヂ(Vo)、橘高文彦(G)、本城聡章(G)、内田雄一郎(B)が登場。大槻の「お客様は神様でーす!」の第一声に導かれての1曲目「オーディエンス・イズ・ゴッド」で、観客の気分はいきなり最高潮に。続く「カーネーション・リインカネーション」のイントロが鳴った瞬間、LIQUIDROOMは熱狂モードへ突入。こうなるともう、筋少とオーディエンスの勢いは誰にも止められない。「今年初の筋肉少女帯ワンマンライブだぜー!声を限りにオーディエンスが歌ってくれよー!」と大槻が煽る。彼のMCは本日も絶好調だ。おもしろトークと抜群の演奏力が巧みに融合した筋肉少女帯のライブは、何度観ても刺激的。序盤は内田が味わい深い歌声を披露する「モコモコボンボン」、本城の華やかなヴォーカルを堪能できる「LIVE HOUSE」、橘高がアグレッシブに叫ぶ「スラッシュ禅問答」で観客のハートに火をつける展開に。

この時点で十分にスペシャル感のあるライブだが、ここからが更に凄かった。まずは筋少の定番中の定番「日本印度化計画」で人間椅子のドラマー、ナカジマノブがパワフルな歌声を轟かせ、フロアの大歓声に応える。続いてのサプライズは、声優・野水いおりを迎えての「球体関節人形の夜」。大槻作詞、橘高作曲で楽曲提供したこの曲でコラボした野水は、熱烈な筋少ファン。憧れのメンバーたちに囲まれてロマンチックな華を咲かせる彼女に惜しみない拍手が送られる。ゲストを迎えてのまさかの展開は、これで終わらなかった。大槻の紹介に導かれ、LOUDNESS/X.Y.Z.→Aでヴォーカルを務める二井原実が登場し、「イワンのばか」を熱唱。問答無用の迫力が場内を支配し、オーディエンスは狂喜乱舞する。

この興奮が冷めやらぬなか、ライブは後半戦へ。橘高・本城・内田の3名がヴォーカルをとる「地獄のアロハ」など、見応えたっぷりの楽曲が春のLIQUIDROOMを彩る。本編の最後は、「混ぜるな危険」と4月20日にリリースされたばかりでライブ初披露となった「週替わりの奇跡の神話」で畳みかけた彼ら。疾走感と緊張感溢れるTVアニメ「うしおととら」のオープニングテーマの連発に、オーディエンスは最高の笑顔で応えていた。やまない歓声に導かれて再びステージに姿を現す筋少のメンバーたち。まずは久々の「蓮華畑」で観客をしっとりと包み込む。続いて披露された強烈な「マタンゴ」と、思わず体も揺れる「枕投げ営業」で場内の一体感は増すばかり。アンコール最後の1曲「釈迦」では、筋少のメンバーに加え、この日ゲスト参加した二井原、ナカジマ、野水の3名がステージ上に並んで歌うという、にわかに信じがたい光景が目に飛び込んできた。二井原が「あなたがたの演奏を楽屋のモニターで観ていて、涙が出そうになりましたよ!筋肉少女帯、いいバンドだな!」と叫んだように、終始優しく明るい空気が場内に漂っていた。多様なゲストを迎え、絢爛豪華なライブを披露した筋肉少女帯。彼らの稀有な魅力に、今後もますます注目したいところだ。

なお、昨年10月12日(月・祝)に開催された筋少のライブ、「橘高文彦デビュー30周年記念LIVE“筋肉少女帯"」がBlu-rayで7月13日に発売されることも発表された。詳細はオフィシャルサイトをチェックしよう!

TEXT BY 志村つくね
PHOTO BY 柴田恵理

【セットリスト】
01.オーディエンス・イズ・ゴッド
02.カーネーション・リインカネーション
03.モコモコボンボン(内田[筋肉少女帯]歌唱)
04.LIVE HOUSE(本城[筋肉少女帯]歌唱)
05.スラッシュ禅問答(橘高[筋肉少女帯]歌唱)
06.日本印度化計画(ナカジマノブ[人間椅子]歌唱)
07.球体関節人形の夜(野水いおり歌唱)
08.イワンのばか(二井原実[LOUDNESS / X.Y.Z.→A]歌唱)
09.日本の米(橘高・本城・内田[筋肉少女帯]歌唱)
10.航海の日
11.地獄のアロハ(橘高・本城・内田[筋肉少女帯]歌唱)
12.サンフランシスコ
13.みんなの歌
14.混ぜるな危険
15.週替わりの奇跡の神話
-ENCORE-
01.蓮華畑
02.マタンゴ
03.枕投げ営業
04.釈迦(二井原+ナカジマ+野水+大槻歌唱)

【関連リンク】
筋肉少女帯 オフィシャルHP
筋肉少女帯、TVアニメ『うしおととら』第3クールOPに新曲提供
筋肉少女帯、「混ぜるな危険」のライヴ映像を解禁
筋肉少女帯、ニューアルバムのリリースツアーが大盛況のうちに幕

【関連アーティスト】
筋肉少女帯
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

和楽器バンド、ツアー初日にゲストで織田信成が登場
Sun, 24 Apr 2016 16:00:00 +0900
4月23日(土)@Zepp Nagoya (okmusic UP\'s)

和楽器バンドが4月23日(土)、Zepp Nagoyaにて『和楽器バンド JAPAN TOUR2016 絢爛和奏演舞会』を開幕! 年明け1月に初の日本武道館ライブを終え、グループとしてのショースタンスを確立させた今だからこそ、あえてロックバンドの原点に立ち返り、オールスタンディングライブとなった今回のツアー。この日のライブチケットは入手困難なプレミアムチケットとなっており、Zepp Nagoyaは開場と同時に、埋め尽くされたファンの熱気で溢れかえっていた。

【その他の画像】和楽器バンド

18時30分、大歓声と共に「Strong Fate」でその幕を開けると、その後も疾走感溢れる「戦-ikusa-」やヒット曲「千本桜」などで一気に畳み掛ける。その一方で、曲と曲の合間では鈴華ゆう子(Vo)の詩舞や剣舞、そして箏や三味線のソロパフォーマンスといった演舞が披露され、これまでのロックバンドのライブとは違い、歌だけではない、和楽器バンドならではの大胆かつ繊細なパフォーマンスで会場を魅了していった。

ライブ中盤のMCでは、先日発表されたが、改めて鈴華が「和楽器バンドが“テレビ東京系リオ五輪中継テーマソング"を手掛けることが決定しました!」と感謝のメッセージをファンの前で報告。「魂を揺さぶるような和楽器バンドの演奏で盛り上げたいと思います!」とその意気込みを語った。

会場内が歓声で包まれる中、鈴華が「今日はなんと、スペシャルなゲストが駆けつけてくださいました!」というと、リオオリンピック現地で、テレビ東京のキャスターを務める織田信成氏が「めっちゃ、緊張してます!」とステージに登場。これまでの和楽器バンドのライブにはない演出にファンは大興奮。織田は「ブラジルは初めてです。夏のオリンピックも初めてです。現地からオリンピックの感動を日本のみなさんに伝えたいです!」と、和楽器バンドとともにリオ五輪を盛り上げることを誓った。

そしてライブも終盤となり、和楽器バンドのライブの見どころのひとつ「ドラム&和太鼓バトル」では黒流と山葵のリズムだけで創り出したとは思えないヘヴィなサウンドとそのテクニックで会場が一体となり、本編ラストは「Perfect Blue」で感動的に締めくくった。

ステージからメンバーが去った後、今や定番ともなったファンによる「暁ノ糸」の大合唱が会場中から巻き起こり、その歌声に応えるようにメンバーが再び登場。鈴華が「一緒に盛り上がろう!」と新曲「Valkyrie -戦乙女-」を初披露し、アンコールラストの曲「華振舞」では会場中のファンが曲に合わせてタオルを回すという圧倒的な光景に。ファンと共に創り上げた全20曲、約2時間に渡る『絢爛和奏演舞会』は幕を閉じた。

【セットリスト】
01.Strong Fate
02.戦-ikusa-
03.千本桜
04.華火
05.反撃の刃
06.追憶
07.風鈴の唄うたい
08.遠野物語:九四
09.十六夜-IZAYOI-
10.鋼-HAGANE-
11.白斑
12.郷愁の空
13.吉原ラメント
14.暁ノ糸
15.地球最後の告白を
16.ドラム&和太鼓バトル〜疾風導闘〜
17.星月夜
18.Perfect Blue
EN1.Valkyrie-戦乙女-
EN2.華振舞

photo by KEIKO TANABE(TAMARUYA)

■【ライブ情報】

『和楽器バンド JAPAN TOUR2016 絢爛和奏演舞会』
4月24日 Zepp Namba
4月29日 Zepp Fukuoka
4月30日 BLUE LIVE 広島
5月03日 Zepp Sapporo
5月08日 新潟LOTS
5月12日 Zepp Divercity Tokyo
5月13日 Zepp Divercity Tokyo
5月21日 仙台PIT
5月28日 高松festhalle

『JTB presents 日光東照宮御鎮座四百年記念 和楽器バンド単独公演』
6月25日 日光東照宮五重塔特設会場
6月26日 日光東照宮五重塔特設会場

【関連リンク】
和楽器バンド オフィシャルHP
和楽器バンド、「テレビ東京系リオ五輪中継テーマソング」を手掛けることが決定
和楽器バンド・鈴華ゆう子「ガンダム」挿入歌担当、「千本桜」の黒うさPが手掛けた渾身のバラード
和楽器バンド、Live Nationからのオファーで初のニューヨーク公演が決定

【関連アーティスト】
和楽器バンド
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

藤原さくら、福山雅治作詞・作曲による月9ドラマ主題歌をリリース
Sun, 24 Apr 2016 15:00:00 +0900
藤原さくら (okmusic UP\'s)

藤原さくらが現在、ヒロインとして出演しているフジテレビ系月9ドラマ「ラヴソング」の主題歌である、1stシングル「soup」を6月8日にリリースすることが明らかになった。

【その他の画像】藤原さくら

藤原にとって、初のシングルとなる同作品は、ドラマ「ラヴソング」主題歌『soup』の他、ドラマの第一話でも感動的なシーンで劇中歌として歌われた『500マイル』など数曲が収録予定。また、初回限定盤にはスペシャルDVDが付属する。

■シングル「soup」

2016年6月8日発売
【初回限定盤】(CD+DVD) 
VIZL-983/¥1,800+税
※『soup』、『500マイル』他収録予定。初回限定盤のみスペシャルDVDが付属。
【通常盤】(CD)
VICL-37177/¥1,200+税
※『soup』、『500マイル』他収録予定。

【関連リンク】
藤原さくらオフィシャルHP
「ビクターロック祭り〜2016〜」、約10時間に及ぶ圧巻のライブに15,000人が大熱狂
「ビクターロック祭り2016」、新設ステージの出演アーティストが明らかに
藤原さくら、初フルアルバムのリリースを記念したワンマンツアー開催決定

【関連アーティスト】
藤原さくら
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

塩ノ谷 早耶香、待望のニューシングル発売&リリースイベント開催を発表
Sun, 24 Apr 2016 14:00:00 +0900
塩ノ谷 早耶香 (okmusic UP\'s)

塩ノ谷 早耶香が前作「S With」より約半年振りのリリースとなる、待望の6thシングル「SMILEY DAYS」を6月22日に発売することが決定した。

【その他の画像】塩ノ谷早耶香

「SMILEY DAYS」は、塩ノ谷本人が今年の2月にフィンランドで行われた各国の著名作曲家を集めたCo-Write(共同作曲)キャンプ「A-pop Castle」に参加し、現地で創り上げてきた作品。北欧特有のエモーショナルなメロディーラインと塩ノ谷早耶香のもつ、切なさが絶妙に融合した
楽曲に仕上がっている。

「SMILEY DAYS」では本人が作詞も担当。親友に向け書いた歌詞の内容に普段のやりとりも垣間見える、同世代にも共感できるメッセージソングとなった。

また、同時にリリース記念のミニライブ&握手会も第一弾が発表。ライブでは「SMILEY DAYS」も歌唱予定。

■シングル「SMILEY DAYS」

2016年6月22日発売
【初回限定盤TYPE-A】(CD+DVD)
KICM-91701/¥1,667+税
【初回限定盤TYPE-B】(CD+Photo Book)
KICM-91702/¥1,574+税
【通常盤】(CD Only)
KICM-91702/¥926+税

■塩ノ谷 早耶香6thシングル「SMILEY DAYS」発売記念 ミニライブ&握手会

4月29日(金・祝) イオンモール明和 ハナショウブの広場
12:00〜
4月29日(金・祝) イオンモール熱田 1階イベントスペース
17:00〜
5月03日(火・祝) 池袋サンシャインシティ噴水広場
13:00〜
5月05日(木・祝) モラージュ菖蒲 1F滝のコート
(1)13:00〜 / (2)15:00〜

【関連リンク】
塩ノ谷 早耶香 オフィシャルHP
塩ノ谷早耶香がCREAMとイベントで共演し、コラボ曲を披露
塩ノ谷 早耶香、自らの上京物語を描いた「流れ星」MVで演技初披露
塩ノ谷 早耶香、CREAMとのコラボ楽曲をMVで初公開

【関連アーティスト】
塩ノ谷早耶香
【ジャンル】
J-POP

LAMP IN TERREN、全国ワンマンツアーファイナルを地元・長崎と東京で開催
Sun, 24 Apr 2016 13:00:00 +0900
LAMP IN TERREN (okmusic UP\'s)

バンドとしては2度目となるワンマンライブツアー「GREEN CARAVAN TOUR 2016」を、6月11日(土)よりホームである下北沢club251公演を皮切りに開催するLAMP IN TERRENが、そのツアーファイナルとして10月15日(土)に東京LIQUIDROOM ebisu、10月23日(日)に地元長崎DRUM Be-7公演を開催することを発表した。

【その他の画像】LAMP IN TERREN

5月3日にリリースされる1stシングル「innocence / キャラバン」のCDには、この2公演の先行予約ができるシリアルナンバーが封入されるとのこと。ツアー初日の下北沢公演が即完したため、新たに東京公演が加わる嬉しいニュースと、昨年10月24日にギターの大屋がバンドに復帰してちょうど1年となる地元・長崎公演が、彼らの節目の日となること間違いなし。要注目の2公演だ。

■【ライブ情報】

『GREEN CARAVAN TOUR 2016』
6月11日(土) 東京 下北沢 CLUB251
6月18日(土) 北海道 札幌 COLONY
6月26日(日) 宮城 仙台 LIVE HOUSE enn 3rd
7月02日(土) 広島 広島 CAVE-BE
7月03日(日) 福岡 福岡 Queblick
7月09日(土) 大阪 梅田 CLUB QUATTRO
7月10日(金) 愛知 名古屋 CLUB QUATTRO

『LAMP IN TERREN ワンマンライブ2016「GREEN CARAVAN TOUR」ツアーファイナル』
10月15日(土) 東京 LIQUIDROOM ebisu
10月23日(日) 長崎 長崎DRUM Be-7
<チケット>
前売:¥3,000(税込・ドリンク代別途)
1stシングル「innocence / キャラバン」CD封入先行(シリアルナンバー入り):5月8日(土)10:00〜
一般発売:7月16日(土)

【関連リンク】
LAMP IN TERREN オフィシャルHP
LAMP IN TERREN、ファーストシングルよりメンバー完全セルフプロデュースのMVを公開
LAMP IN TERREN、約1年ぶりの3マンツアー初日公演にて新曲を初披露
LAMP IN TERREN、劇場第2部『亜人-衝突-』の主題歌「innocence」MV解禁

【関連アーティスト】
LAMP IN TERREN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MY FIRST STORY、ニューアルバム予約購入特典はライブDVDに決定
Sun, 24 Apr 2016 12:00:00 +0900
MY FIRST STORY (okmusic UP\'s)

MY FIRST STORYが6月29日にリリースするニューアルバム『ANTITHESES』の期間限定予約購入特典が発表された。

【その他の画像】MY FIRST STORY

期間限定予約特典は、先日TSUTAYA 0-EASTで行なわれたイベント「AVEST project vol9」のライブ映像が約40分収録された『MY FIRST STORY LIVE DVD AVEST project vol9 at TSUTAYA O-EAST』となっている。こちらは全国のCDショップなど、対象店舗にて、5月15日(日)までに予約して購入するとプレゼントされるとのことなので、ぜひ早めに予約してほしい。また一部店舗によって異なる場合があるため、詳しい対象店舗はMY FIRST STORYのオフィシャルHPをチェックしよう。

■期間限定予約特典LIVE DVD『MY FIRST STORY LIVE DVD AVEST project vol9 at TSUTAYA O-EAST』

<対象商品>
2016年6月29日(水)発売
※6月28日(火)入荷
MY FIRST STORY『ANTITHESE』
初回限定盤/INRC-0015
MY FIRST STORY『ANTITHESE』
通常盤/INRC-0016

<ご予約受付対象期間>
実店舗:2016年5月15日(日)閉店時まで
オンラインショップ:2016年5月15日(日)23時59分まで
※amazonに関しては5月13日(金)17時59分までのご予約受付となります。

【関連リンク】
MY FIRST STORY オフィシャルHP
MY FIRST STORY、約1年半ぶりの4thアルバム発売決定
MY FIRST STORY、新メンバー加入後初となる47都道府県ツアーの開催を発表
MY FIRST STORY、新アーティスト写真公開&新曲トレーラー解禁!

【関連アーティスト】
MY FIRST STORY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

話題のバンド・Migimimi sleep tightが6月に3本のイベントに出演
Sun, 24 Apr 2016 11:00:00 +0900
Migimimi sleep tight (okmusic UP\'s)

3月25日より「君の生涯で一番泣けて、一番踊れる音楽」をコンセプトにバンド始動を告知し、話題を呼んでいるMigimimi sleep tightがイベントライブへの出演を発表した。

【その他の画像】the telephones

宮川依恋(Vo, G / ex. NEXTRADE)、涼平(G, Cho, Piano / メガマソ)、JOTARO(B, Cho / ex. FUNKIST)、松本誠治(Dr, Cho, Per / the telephones、FINAL FRASH)によって結成されたMigimimi sleep tight。早くも話題となっている彼らは6月に3本のイベントライブに出演することが決定している。先日発表された5月に行なわれる2本のPreviewライブと合わせて要チェックだ。

■【ライブ情報】

■イベントライブ
6月02日(木) 下北沢251
6月19日(日) 新代田FEVER
6月26日(日) 下北沢251

■Preview Night!
5月01日(日) 渋谷VUENOS
※イープラスにて絶賛発売中

■PreviewNight!!〜2ndNight!?
5月26日(木) 北浦和KYARA
※イープラスにて4月24日(日)10:00より発売開始

【関連リンク】
Migimimi sleep tight オフィシャルHP
テスラは泣かない。、新体制で初となる自主企画のゲストベースに長島涼平が参加
メガマソの涼平やthe telephonesの松本誠治が参加する新バンド“Migimimi sleep tight”が始動!
the telephonesの石毛とノブ参加の新バンドがバンド名発表

【関連アーティスト】
the telephones, メガマソ, Migimimi sleep tight
【ジャンル】
ジャパニーズロック

百々和宏、ソロアルバム第3弾リリース&全国ツアー開催を発表
Sat, 23 Apr 2016 18:00:00 +0900
百々和宏 (okmusic UP\'s)

MO\'SOME TONEBENDERのヴォーカル&ギターを務める百々和宏による、ソロアルバム第3弾のリリースが決定した。

【その他の画像】MO\'SOME TONEBENDER

2012年に初のソロアルバム『窓』をリリースし、MO\'SOME TONEBENDERの爆音でハードなサウンドとは一線を画した、フォーキーでブルージーなグッドミュージックを提供してきた百々和宏。2013年の2ndアルバム『ゆめとうつつとまぼろしと』をリリースして以来、不定期にライブを開催しながら活動を続けてきたが、満を持して約3年ぶりとなるニューアルバム『スカイ イズ ブルー』をリリースする。なお発売日や収録内容は後日発表とのこと。

またリリースにともないツアーも発表。代々木Zher the ZOOから始まり、福岡・大阪・広島・名古屋の全国5ヵ所を廻るツアーで、チケットは各公演4/23(土)から発売開始。このツアーの各会場にて、ニューアルバム『スカイ イズ ブルー』が先行販売される予定だ。『泥酔ジャーナル』の著者であり、言わずと知れた酒呑みキャラである百々和宏のライブは、オーディエンスとの距離が近く、お酒を飲みながらゆったりとくつろぎながら音楽を楽しめるスタイルで、百々和宏のパーソナルな魅力を味わえる。いち早くアルバムを手に入れるチャンスでもあるので、ぜひライブに足を運んでみてほしい。

■アルバム『スカイ イズ ブルー』

発売日未定
※詳細後日発表

■百々和宏ソロツアー「スカイ イズ ブルー」

6月24日(金)  東京 Zher the ZOO YOYOGI
7月01日(金)  福岡Utero
7月15日(金)  大阪HOWLIN\' BAR
7月16日(土)  広島ふらんす座
7月17日(日)  名古屋sunset BLUE

【関連リンク】
百々和宏 オフィシャルHP
白波多カミン with Placebo Foxes、メジャーデビューアルバムの詳細が明らかに
白波多カミン with Placebo Foxes、プロデューサーに百々和宏を迎えたデビュー作を3月にリリース
geek sleep sheep、2016年初のワンマンライヴを4月に実施

【関連アーティスト】
MO\'SOME TONEBENDER, 百々和宏
【ジャンル】
ジャパニーズロック

オワリカラのリリースツアーにふくろうず、黒猫チェルシー、Dr.DOWNERの参戦が決定
Sat, 23 Apr 2016 17:00:00 +0900
オワリカラ (okmusic UP\'s)

5月18日に待望のメジャー1stアルバム『ついに秘密はあばかれた』をリリースするオワリカラが、6月より開催されるリリースツアーの出演者を発表した。

【その他の画像】オワリカラ

発表されたのは、ふくろうず、黒猫チェルシー、Dr.DOWNER。新作を聴き込んで、リリースツアーに“秘密”をあばきに来て頂きたい。

また、5月22日に行なわれるレコ発ワンマンではアルバム『ついに秘密はあばかれた』を購入の方に、メンバー直筆サイン入りポスターがついてくる会場限定特典もあるとのことだ。

現在、アルバム収録曲「今夜のまもの」のミュージックビデオ、アルバムのティザー映像も徳間ジャパン公式YouTubeにて公開されているので是非こちらもチェックして頂きたい。

■【ライブ情報】

「オワリカラ“ついに秘密はあばかれた"レコ発ワンマン」
5月22日(日)  渋谷Star lounge
※会場購入特典:メンバー直筆サイン入りポスター

「オワリカラ Major 1st Album『ついに秘密はあばかれた』リリースツアー」
6月06日(月)  広島4.14 
w/ペロペロしてやりたいわズ / プラグラムハッチ
6月23日(木)  千葉LOOK 
w/Dr.DOWNER / ジョゼ
6月28日(火)  埼玉 HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心VJ-3 
w/チャラン・ポ・ランタン / and more
7月03日(日)  岡山 PEPPER LAND
w/ふくろうず,黒猫チェルシー
7月04日(月)  福岡 Queblick 
w/ふくろうず,黒猫チェルシー
7月08日(金)  札幌 COLONY 
w/ Vianka / Anger Jully The Sun / サテライト
7月11日(月)  仙台LIVE HOUSE enn 2nd 
w/ Dr.DOWNER / and more

■「今夜のまもの」MV
https://www.youtube.com/watch?v=P35cA2qG8x0

■アルバム『ついに秘密はあばかれた』ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=4XQsR0eYSEc

【関連リンク】
オワリカラ オフィシャルHP
オワリカラがメジャーアルバムから「今夜のまもの」MVを公開
MERRY主催の「ラムフェス」、豪華ラインナップがついに発表
黒猫チェルシー・渡辺大知初監督「モーターズ」、ポスタービジュアル解禁

【関連アーティスト】
オワリカラ, ふくろうず, Dr.DOWNER, 黒猫チェルシー
【ジャンル】
ジャパニーズロック

倉木麻衣、「日露文化交流〜日本の春〜10周年記念」スペシャルコンサートに出演
Sat, 23 Apr 2016 16:00:00 +0900
4月18日@日露文化交流スペシャルコンサート (okmusic UP\'s)

倉木麻衣がロシア・サンクトペテルブルクで、現地時間4月18日19時より行われた日露文化交流スペシャルコンサートに出演した。

【その他の画像】倉木麻衣

日本文化に親しみを持つロシア人からの知名度の高さと、地元オーケストラとシンフォニックライブができる歌唱力を持ち合わせた歌手ということで決定されたという、倉木麻衣の出演。今年で10周年を迎えた記念すべきコンサートは、当公演初となる「マリインスキー劇場 コンサートホール」でのアニバーサリー公演となった。

ロシアが誇る「マリインスキー劇場 コンサートホール」での公演はポップス日本人歌手初の快挙であり、今公演がいかに特別な公演かが伺える。2006年11月29日にオープンしたこの新ホールは、芸術総監督であるヴァレリー・ゲルギエフ率いるマリインスキー劇場に所属。精巧に美しく積み木を組み合わせたように作られた木製の壁は弧を描くようになだらかに傾斜しており、まるで光り輝く抽象芸術作品のようなこの壁の曲線は音を拡散させ、現存するホールの中では最高レベルの音響効果を生み出している。倉木の公演後は、当ホールでのゲルギエフ指揮によるセルゲイ・プロコフィエフ特別講演が予定されており、この日の公演が音楽最高峰のスペシャルコンサートだったことを物語っている。

この日は当劇場ミュージックホール劇場付属管弦楽団「北のシンフォニエッタ」との夢の共演となった倉木。このオーケストラは海外演奏旅行で訪問各国で高い評価を受けており、興味深いレパートリ、才能豊かな若いソリスト達との共演、各メンバーの高い技能から、ファン数は年々増加。コンサートホールはいつも満席の大人気オーケストラに成長している。確かな演奏力と表現力を持ち合わせたこのオーケストラの演奏は華やかかつ軽やかで、倉木のポップス楽曲の魅力を最大限に引き出した。

また、サンクトペテルブルク生まれの若き天才指揮者マクシモフ・ピョートルの指揮も冴え渡っていた。変幻自在にオーケストラを操るその軽やかな指先に、観客達は魅了されていった。

このような素晴らしい環境の中、コンサートは幕を開ける。荘厳なPRELUDEが始まり倉木が登場、「プリヴェート ミニャーザブト倉木麻衣(こんにちは、倉木麻衣です)。今日はこの素晴らしいコンサートのお招きいただき光栄に思います。皆様最後までゆっくり楽しんでください」と挨拶すると会場は大きな拍手に包まれた。

1曲目から披露された倉木の代表曲「Love, Day After Tomorrow」。オーケストラの素晴らしい演奏を最大限に引き出した華やかなサビの響きが会場いっぱいに鳴り響く。その後、伸びやかなヴォーカルが冴え渡る「Reach for the sky」、「Secret of my heart」、更にカルメンを思わせるような情熱的なサウンド「Revive」と続く。そして情感たっぷりに大人の魅力を漂わせた「Cinema Music Special Medley」、美しいピアノソロが印象的なイントロで始まる「冷たい海」、そして幻想的なメロディが美しい「儚さ」、ヴァイオリンの情熱的な演奏で始まる「Time after time 〜花舞う街で〜」と続いていく。

一曲一曲が終わる度にわき起こる鳴り止まない拍手の中、夢のある可愛らしいサウンドが特徴の「The Sound of Music Special Medley」が会場を魅了していった。さらには、「STAND BY YOU」では支え合うことの大切さを、言葉を噛み締めるように気持ちを込めて歌い上げ、続く「Special morning day to you」では明日へ向けての希望を力強く表現していった。その後は「Stand Up」「BE WITH ?」で会場を一気に盛り上げ、「最後の曲になります」とのMC後披露された「Wake me up」では、会場は大きな手拍子に包まれた。

鳴り止まない歓声の中始まったアンコール曲「always」。繰り返されるサビの度に大きくなる手拍子。その終わりではスタンディングオベーションが起る。この日最大の盛り上がりを見せる中呼び込まれたゲストボーカルはアレクサンドル・ミハイロフ。数々のコンクールで入賞経験を持つサンクトペテルブルクを代表するテノール歌手とのデュエットはマイケル・ジャクソンの名曲「I just can\'t stop loving you」。ダイナミックなヴォーカルの掛け合いはステージに一層の華やかさを添え、会場を埋め尽くした約1,000人による鳴り止まない大歓声の中、この日の特別公演は幕を閉じた。

この日のためだけに集められたスーパーセッションにより、倉木の新境地が開かれた夢のようなステージ。文化の街サンクトペテルブルクで披露された倉木の歌声は、日露文化交流の貴重な一ページとして刻まれた。

【コメント】
■倉木麻衣
「今回は、日露友好記念コンサートの記念すべき10周年にお招きいただき、光栄に思うと同時に本当に素晴らしい経験をさせていただき心から感謝しています。木造りの温かな会場で、柔らかな旋律に包まれながら、シンフォニックアレンジの数々の楽曲を歌わせていただきました。
また、九州での震災に向けてエールを送る気持ちで、サンクトペテルブルクから心を込めて歌わせていただきました」

■指揮者:マクシモフ・ピョートル
「まずは今回の音楽の素晴らしさに感動しました。倉木さんの曲を素晴らしいアレンジに進化させた藤原いくろうさんに心から敬意を表します。また、今回の公演はオーケストラにとっても最高に楽しく、忘れられないものになりました。リハーサルから本番まで、すべての演奏者が笑顔で楽しくご一緒できたと思います。倉木さんは本当に素敵で、彼女が舞台にいたら他に何もいらないと感じました。彼女の歌はロシア人の心を完全に魅了していたように感じました」

■ゲストボーカル:アレクサンドル・ミハイロフ
「今回、この素晴らしいプロのチームで共演することができ、本当に嬉しく思っています。倉木さんはプロとして本当に素晴らしいシンガーというだけでなく、一人の女性としてもとても優しく美しく、日本人の良さがとてもよく出ていました。私にとってだけでなく倉木さんにとっても、今日の日がいい思い出になってくれたら嬉しいです。これが最後ではなく、また共演できることを楽しみにしています」

■音楽総監督:藤原いくろう
「倉木さんの勘の良さ、度胸の良さを改めて実感した公演でした。ここサンクトペテルブルクという異国の地で初めてのオーケストラとリハーサル一日のみという環境の中、この公演を引っ張っていったのは彼女自身でした。また今回は、劇場、オーケストラすべてにおいてスペシャルでした。マリインスキー劇場がコンサートホールとして最高峰ということは知っていましたが、柔らかでかつ素晴らしい響きを醸し出すこのホールは生楽器のために作られた特別な会場ということを実感しました。深く、温かみをもったこのホールは、倉木さんの声にもよくマッチしていたように思います。私はこの日露友好コンサートに関わって4度目になりますが、今回の公演がいかに特別だったかということを今改めて感じています。ロシアの人たちにも、たとえ言葉は伝わらなくても、いい曲はいいと伝わっていることを感じました。鳴り止まない大歓声、大きな手拍子から、お客さん満足が伝わってきました」

【関連リンク】
倉木麻衣オフィシャルHP
倉木麻衣、「みんなでカンボジアに寺子屋を建てよう!プロジェクト」第三弾がスタート
倉木麻衣、JR大阪駅にてサプライズライブを敢行
倉木麻衣、シンフォニックライブ第3弾も大成功

【関連アーティスト】
倉木麻衣
【ジャンル】
J-POP, イベント

空想委員会、9月22日に日比谷野音にてワンマンライブを開催
Sat, 23 Apr 2016 15:00:00 +0900
空想委員会 (okmusic UP\'s)

4月22日(金)にLINE LIVEで「2016年の重大ビジョン発表 生放送スペシャル」を放送した空想委員会が、その番組内で9月22日(木・祝)にバンド史上最大規模となる日比谷野外音楽堂でのライブ『空想委員会スペシャルワンマンライブ「空想トラベル presents 空想野外大音楽祭」』を開催する事を発表した。

【その他の画像】空想委員会

イベントタイトルにある「空想トラベル」とは、空想委員会が旅行会社となり、ライブを通じた旅の楽しさを全国のファンに知ってもらおうという企画のこと。過去には2013年に恵比寿LIQUIDROOMワンマンの際に開催され、特設サイトからオリジナルの「旅のしおり」をダウンロード出来るほか、ライブの前日に、東京名所で空想委員会プロデュースのカフェや展示会なども開催された。また、空想委員会と縁のある飲食店に「旅のしおり」を持っていくことで特別なサービスが受けられるといったコラボ企画も行われ、その結果、ライブハウスには日本中のファンが旅行かばんを持って集結した。今回のワンマンライブでも、ライブ前後の日程で様々な企画が行なわれるとのこと。

さらに今回は、通常の指定席チケットに加え「ライブの思い出もシェアチケット(ペアチケット)」と「大人も子供もじっくりゆったり大人見席(客席後方指定席)」という3種類が発売される。友達同士はもちろん、家族でも参加しやすい内容となっている。

チケットは4月22日(金)から25日(月)までオフィシャルFC会員限定先行受付、4月26日(火)から5月9日(月)までオフィシャルHP先行の受付が行なわれる。空想委員会らしさが詰まったワンマンライブに注目だ。

■空想委員会スペシャルワンマンライブ「空想トラベル presents 空想野外大音楽祭」

9月22日(木・祝)  日比谷野外音楽堂
開場 16:00 開演 17:00
<チケット>
一般指定席:¥4,320(税込)
ライブの思い出もシェアチケット(ペアチケット):¥7,600(税込)
大人も子供もじっくりゆったり大人見席(客席後方指定席):¥2,500(税込)
■オフィシャルFC(モバイルサイト)先行(先着先行)
4月22日(金)22:00〜4月25日(月)23:59
■オフィシャルHP先行(抽選先行)
4月26日(火)18:00〜5月9日(月)23:59

《高校生以下対象 当日会場にて¥500キャッシュバック!》
(対象券種:一般指定席 / シェアチケット)
※中学生/高校生は学生証を、小学生以下の方は年齢を証明できるものを持参下さい。
※キャッシュバックは当日、会場に来られた方に限ります。
※当日、学生証をお持ちにならなかった方へはキャッシュバックはいたしません。

【関連リンク】
空想委員会 オフィシャルHP
空想委員会、4月22日に行うLINE LIVE生放送で重大発表を予告
空想委員会、シングル「ビジョン/二重螺旋構造」のジャケット&最新アーティスト写真を公開
空想委員会、アニメ『遊☆戯☆王ARC-V』新EDテーマとして新曲を書き下ろし

【関連アーティスト】
空想委員会
【ジャンル】
ジャパニーズロック

金子ノブアキ、新曲「Take me home」の神秘的なMVを公開
Sat, 23 Apr 2016 14:00:00 +0900
金子ノブアキ (okmusic UP\'s)

5月11日にリリースとなる3rdアルバム『Fauve』の発売を目前に控える金子ノブアキが、リード曲 「Take me home」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】RIZE

月面を思わせる神秘的な場所で、ライブでのパートナーでもあるPABLO(Pay money To my Pain)と共にステージと同じパフォーマンスで撮影。夜から朝を迎える限られた時間の中、金子を纏う白煙に至るまで一切の加工・修正を加えず、風向きを読み、煙の流れを汲む一瞬のタイミングを切り取ったリアルを収録し、“道を進むこと=起源を振り返ること"であるというタイトルを表現した。

ゴールデンウィークには新曲ドラム演奏初披露予定のドラムセミナーを東京&大阪で開催することが決定し、5月21日には新作リリース後の最初のライブとなる「GREENROOM FESTIVAL ‘16」に出演する金子ノブアキ。6月には過去最大規模のワンマンツアーも決定しており、今後の動きからも目が離せない。その前に新作の世界観を体感することの出来るミュージックビデオをいち早くチェックして欲しい!

■「Take me home」MV
https://youtu.be/8INXJAa4ST0

■『金子ノブアキ Tour 2016 "Fauve"』

6月02日(木)  金沢市民芸術村 パフォーミングスクエア
6月03日(金)  福岡イムズホール
6月13日(月)  大阪Akaso
6月14日(火)  愛知県芸術劇場小ホール
6月16日(木)  東京EXシアター
※本公演限定で“enra"とのコラボレーション実施

【関連リンク】
金子ノブアキ オフィシャルHP
金子ノブアキ、無料ドラムセミナーを東京・大阪で開催!
金子ノブアキ、ニューアルバムのジャケ写&収録曲目発表
DIR EN GREYの薫が10月に単行本を刊行

【関連アーティスト】
RIZE, 金子ノブアキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

aiko、最新アルバムのタイトル&初回限定仕様盤の収録内容が決定
Sat, 23 Apr 2016 13:00:00 +0900
aiko  (okmusic UP\'s)

5月18日、2年ぶり12枚目となるオリジナルアルバムのリリースを発表しているaiko。アルバムタイトルが『May Dream』に決定し、最新ビジュアル、初回限定仕様盤の収録内容も発表となった。

【その他の画像】aiko

約2年ぶりのアルバムとなる今作には、『May Dream』 というタイトルが付けられた。同時に公開された新しいアーティスト写真は、青い花が描かれた白いワンピースを着てこちらに微笑みかけているaikoが印象 的な初夏にぴったりな一枚。

また、今作はaiko初となる映像付きの初回限定仕様盤のリリースも決定。昨年末行われた「Love Like Pop vol.18」から初のカウントダウンライブとなった大阪城ホール公演の模様が収録。チケットは即完売となった超プレミアムライブ。この日aiko は振袖姿でライブに登場しており、ステージ上での年越しカウントダウンの瞬間が収められるなどファンならずとも見逃せない内容だ。初回限定仕様盤AはBlu-ray付き、初回限定仕様盤BはDVD付きでそれぞれ2枚組でのリリースとなる。

さらに、特典CDが付く初回限定仕様盤Cも決定。この特典CDには、ライブアレンジ曲を新たにレコーディングしたものが収録される。初回限定仕様盤は全てカラートレイ仕様となる。

また、5月3日(火)には、LIVE Blu-ray/DVD「ROCKとALOHA」のリリースも控えており、昨年行った自身最大規模のライブハウスツアー「Love Like Rock vol.7」 、昨年8月30日(日)に神奈川・サザンビーチ ちがさきにて行われたaikoの3年ぶりとなるフリーライブ「Love Like Aloha vol.5」を2枚組でパッケージ化。5月21日(土) からは全国18ヵ所34公演を巡るホールツアー「Love Like Pop vol.19」を開催することも発表されている。

■アルバム『May Dream』

2016年5月18日発売
【初回限定仕様盤A】(Blu-ray付き)
PCCA.15012X/¥5,000+税
【初回限定仕様盤B】(DVD付き)
PCCA.15012Y/¥4,500+税
【初回限定仕様盤C】(特典CD付き)
PCCA.15012W/¥2,913+税
【通常仕様盤】
PCCA.15012/¥2,913+税
※初回限定仕様盤は全てカラートレイ仕様(共通)

<収録曲>
■CD
「あたしの向こう」「夢見る隙間」「プラマイ」「もっと」他
■Blu-ray、DVD ※初回限定仕様盤A、初回限定仕様盤Bのみ
aiko ライブツアー「Love Like Pop vol.18〜CountDown Live あっという間の最終日〜」(2015/12/31大阪城ホール公演)より、aiko初のカウントダウンライブの模様を収録。全23曲120分超え。カラー トレイ、透明三方背ケース、「Love Like Pop vol.18」のツアーパスステッカーA(Blu-ray) 、「Love Like Pop vol.18」のツアーパスステッカーB(DVD)付き
※Blu-rayとDVDの収録内容は同じとなります。ただし、パスステッカーの絵柄が変わります。
■特典CD ※初回限定仕様盤Cのみ
ライブアレンジで再録音した楽曲を収録

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
aiko、ライブBlu-ray/DVD『ROCKとALOHA』の収録内容発表
aiko、ライヴDVD&Blu-rayの“ちょっとずつお楽しみください”映像公開
aiko、2年ぶりのオリジナルアルバムリリース決定

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP

GLAY、ホールツアー千秋楽公演の模様を緊急生配信決定
Sat, 23 Apr 2016 12:00:00 +0900
GLAY (okmusic UP\'s)

GLAYがホールツアーの千秋楽となる4月24日(日)の公演を緊急生配信することを発表した。

【その他の画像】GLAY

1月27日(水)にニューシングル「G4・IV」をリリースし、7年8ヶ月ぶりにオリコン週間シングル1位を獲得したGLAY。その「G4・IV」を引っさげ、全国19箇所30公演に渡るホールツアー「GLAY HIGHCOMMUNICATIONS TOUR 2016“Supernova"」を完遂し、その追加公演として4月21日(木)23日(土)24日(日)と日本武道館公演を開催中だが、前述の通り24日(日)の公演が一部ニコニコ生放送にて配信される。残念ながらライブに参加できない方はこの生中継で武道館公演を体感しよう!

■【4月24日 日本武道館公演 ニコニコ生放送詳細情報】

<タイムスケジュール>
13:00頃〜 ミュージックビデオ一挙放送
18:30頃〜 日本武道館LIVE 一部生中継
※生中継は、ライブの一部の模様をお届けいたします。
http://live.nicovideo.jp/watch/lv260348883

【関連リンク】
GLAY オフィシャルHP
GLAY、地元・北海道日本ハムファイターズとのスペシャルコラボが実現
GLAY、アニメ「クロムクロ」のオープニングテーマを担当
大泉洋「手作り感があって楽しい」鈴井貴之「心に染み渡るようにあたたかい」ゆうばり映画祭にエール

【関連アーティスト】
GLAY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ジラフポット、アルバム発売&先行販売イベント開催を発表! 新曲の24時間限定公開も!
Sat, 23 Apr 2016 11:00:00 +0900
ジラフポット (okmusic UP\'s)

ジラフポットが梅田クラブクアトロで開催した『Get Myself Back Tour -FINAL SERIES-』ツアーファイナル公演のステージで、今夏に新作をリリースすることを発表、同時に7月にリリースイベント『Back to the Water』を開催することも明らかになった。

【その他の画像】ジラフポット

新作のタイトルや発売日などの詳細については後日発表とのこと。新作を会場でいち早く先行販売するリリースイベント『Back to the Water』は7月18日(月・祝)に神戸太陽と虎で開催。チケットの詳細は近日発表となる。

そして、その新作に収録予定の新曲「ジラフィックイコライズ」をバンドのオフィシャルSoundCloudにて23日より24時間限定で公開中。彼らの新作の片鱗を感じる事が出来るだろう。

■「ジラフィックイコライズ」公開ページ
※4月23日 0:00〜23:59まで
URL: https://soundcloud.com/giraffepot/1ky1hsg2yoge/

■『ジラフポット presents Back to the Water』

7月18日(月・祝)  神戸 太陽と虎
OPEN: 17:30 / START: 18:00
※当日会場内の物販ブースにてニューアルバム(CD)を超先行販売!

【関連リンク】
ジラフポット オフィシャルHP
ジラフポット、新曲収録のライヴ会場限定シングルのアートワークを発表
ジラフポット、ライヴ会場限定シングルの詳細を解禁
ジラフポットのツアーファイナルシリーズにアルカラとHello Sleepwalkersの出演が決定

【関連アーティスト】
ジラフポット
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1