歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年04月22日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/05/01
2016/04/30
2016/04/29
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
イロメガネ、5月リリースの新作より「勇気を持ってグッドバイ」MV公開
Fri, 22 Apr 2016 22:00:00 +0900
イロメガネ (okmusic UP\'s)

東亜優のソロプロジェクト・イロメガネが5月11日に発売するセルフプロデュース作品『37.2°C』から「勇気を持ってグッドバイ」のMVを公開した。

【その他の画像】イロメガネ

以前公開された「こわい」とは打って変わり、華やかさとかわいらしさが描かれていて、自然体の彼女がとても印象的なMVとなっている。誰もが抱える劣等感や影の部分にそっと手を差し伸べてくれるような歌詞とメロディーに耳を傾けてみてほしい。

そんなイロメガネはリリースパーティーの開催も決定している。気になる方はオフィシャルHPをチェックしてみよう。

■「勇気を持ってグッドバイ」MV
https://youtu.be/7ZiC1HuNB-o

■「イロメガネ『37.2°C』リリースパーティー」

5月27日(金) 東京 大塚Hearts+
開場 18:00/開演 18:30
<出演>
イロメガネ、ヘンレの罠、エコ怪獣、無敵キャンディ、DJぞんびちゃん
OA : イロメガネアコースティック
<料金>
前売り:¥2,300/当日 ¥2,800 (ドリンク代別)
※イープラス、ローソンチケット(L:75554)より4月26日から販売開始

【関連リンク】
イロメガネ オフィシャルHP
イロメガネ、155万人の引きこもり予備軍に贈るミニアルバムをリリース
ライヴ会場限定コンピ『Heartsful Compilation 1』がタワレコ池袋&アリオ川口店でも販売
ポルノグラフィティ、2年振りとなる野外ワンマンが横浜スタジアムにて開催決定

【関連アーティスト】
イロメガネ
【ジャンル】
J-POP

フジファブリック、自主企画2マンの対バン相手2組目はKANA-BOONに決定
Fri, 22 Apr 2016 21:00:00 +0900
フジファブリック (okmusic UP\'s)

フジファブリックが毎年恒例としている自主企画2マンライブ「フジフレンドパーク」。先日対バンアーティストの第一弾としてクリープハイプが発表され、残る2日間の期待がさらに高まったところだが、この度7月7日(木)のZepp DiverCity(TOKYO)の対バン相手がKANA-BOONに決定した事が明らかとなった。

【その他の画像】フジファブリック

KANA-BOONはフジファブリックに影響を受けたとかねてより公言しており、各地ロックフェスで何度も言葉を交わす機会があったが、これまでに対バンは一度も無かった。「フジフレンドパーク」に出演してもらうのは、友達もしくは友達になりたいアーティストというのがあり、今回もっとKANA-BOONと関係を深めたいと思ったフジファブリックがオファーし、即答してもらう事で決定となった。

「フジフレンドパーク」は2016年で開催3年目となり、1年目は、プライベートで親交のあるASIAN KUNG-FU GENERATION、Salyu、秦 基博、レキシと4日間に渡り東名阪で開催。2年目の昨年は、先輩・後輩のウルフルズとキュウソネコカミと共に東京で2日に渡り行なわれた。これまで対バンしてきたアーティストとは必ずセッションを行なっており、KANA-BOONとクリープハイプとはどんなセッションが行なわれるのか、今から期待が高まる。まだ解禁されていない大阪の出演者は追って発表となっており、こちらも楽しみでならない。

また、この対バンライブの直前までは、5月17日(火)神戸 VARIT.を皮切りに、全国ツアー「「フジファブリック LIVE TOUR 2016 "三日月ADVENTURE"」を開催。こちらは現在チケット発売中だ。

■「フジファブリック 2マンライブ フジフレンドパーク2016」

7月01日(金) 大阪 Zepp Namba
w:後日発表
7月06日(水) 東京 Zepp DiverCity
w:クリープハイプ
7月07日(木) 東京 Zepp DiverCity(TOKYO)
w:KANA-BOON

■「フジファブリック LIVE TOUR 2016 "三日月ADVENTURE"」

5月17日(火)  兵庫県・神戸 VARIT.
5月18日(水)  京都府・京都 磔磔
5月20日(金)  大阪府・大阪 BIG CAT
5月27日(金)  茨城県・水戸 LIGHT HOUSE
6月03日(金)  群馬県・高崎 club FLEEZ
6月04日(土)  千葉県・柏 PALOOZA
6月08日(水)  東京都・EX THEATER ROPPONGI
6月12日(日)  岡山県・岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
6月17日(金)  静岡県・浜松 窓枠
6月19日(日)  岐阜県・岐阜 CLUB ROOTS
6月25日(土)  熊本県・熊本B.9 V1
6月26日(日)  長崎県・長崎 DRUM Be-7

【関連リンク】
フジファブリック オフィシャルHP
KANA-BOON、全国ツアーの初日公演が幕張メッセにてついにスタート
フジファブリック、待望の全オリジナル・アルバムのアナログ盤化を発表!
フジファブリック、自主企画2マンの対バン相手はクリープハイプ

【関連アーティスト】
フジファブリック, KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック

NHKで新感覚音楽番組「バナナゼロ♪ミュージック」「シブヤノオト」の放送がスタート!
Fri, 22 Apr 2016 18:00:00 +0900
「バナナゼロ♪ミュージック」 (okmusic UP\'s)

NHKにおいて2本の新感覚音楽番組、「バナナゼロ♪ミュージック」と「シブヤノオト」の放送がスタートする。

【その他の画像】西野カナ

まず1本目は、バナナマンと久保田祐佳アナウンサーがMCを務める「バナナ♪ゼロミュージック」。“音楽ゼロ年生”のバナナマンが、いまさら聞けない音楽の疑問や悩みをクイズやトーク、生演奏で紐解き、“にわか音楽通”を目指す音楽トークバラエティーとなっている。ゲスト歌手・アーティストと繰り広げる音楽談議に注目してほしい。第1回は『桜ソング特集』と『新感覚!音楽クイズ』の二本立て! 放送時間は4月23日(土)22:30〜22:59(総合)だ。

そして、もう1本は“フェス世代/SNS世代”と呼ばれる若年層に向けた、「シブヤノオト」。番組ではJ -POP、アニソン、インディーズバンドなど人気アーティストの中から10代〜20代の間で話題の新曲を生放送で紹介していく。放送中に番組公式サイトと連動し、視聴者からの投稿を番組で紹介するなど、視聴者参加型の番組となっている。投稿フォームは番組放送中に公式サイトのトップページに表示される。

司会はチュートリアルの徳井義実と清水富美加で、ライブストリーミング配信と副音声の「Sトーク」はハリセンボンが担当。初回放送にはA応P、ゴールデンボンバー、とけた電球、西野カナ、乃木坂46、ふわふわが出演する他、[Alexandros]のスタジオ生パフォーマンスやSexy Zoneのコンサート中継といった、生放送ならではの仕掛けも盛りだくさん。放送時間は4月24日(日)17:05〜17:54(総合)。

また、「シブヤノオト」はMCの渡辺直美が毎回特定のジャンルを決めてアーティストを紹介する深夜の生放送音楽番組「NAOMIの部屋」とも連動しており、初回は『声優アーティスト』をテーマに、南條愛乃、花澤香菜、早見沙織、蒼井翔太、入野自由、i☆Risを取り上げる。「NAOMIの部屋」は30日(土)1:25〜1:55(金曜深夜)放送。

「バナナ♪ゼロミュージック」「シブヤノオト」、そして「NAOMIの部屋」という新感覚の3番組は、音楽好きなら必見! ぜひ注目してほしい。

■「バナナ♪ゼロミュージック」

#1「桜ソング特集&新感覚音楽クイズ」
初回放送日:4月23日(土)22:30〜22:59(総合)
MC:バナナマン(設楽統・日村勇紀)、久保田祐佳アナウンサー
音楽・トーク出演:A.B.C-Z(河合郁人・塚田僚一)、クリス・ハート、乃木坂46(生田絵梨花・生駒里奈・高山一実)
ハウスバンド:
バンド名「オルケスタ ・“バナナゼロ”・ムジカ」
・オルガン(バンマス):サイトウ"JxJx"ジュン   
・ドラムス:恒岡章 
・ベース:村田シゲ
・パーカッション:松井泉
・ギター:ヨシザワ"モーリス"マサトモ
・ピアノ:冨田謙
・トランペット:村上基
・トロンボーン:ジェントル久保田 
・サックス:後関好宏
新感覚音楽クイズコーナー出題ゲスト:ROLLY(ギタリスト)、巻上公一(ホーメイ演奏)、DJ KOO(TRF)

■「シブヤノオト」

初回放送日:4月24日(日)17:05〜17:54
司会:徳井義実(チュートリアル)、清水富美加
SトークMC:ハリセンボン
出演:A応P、ゴールデンボンバー、とけた電球、西野カナ、乃木坂46、ふわふわ
中継出演:Sexy Zone
スタジオ・パフォーマンス:[Alexandros]

■「NAOMIの部屋」

初回放送日:4月30日(土)深夜1:25〜1:55
MC:渡辺直美
出演:南條愛乃、花澤香菜、早見沙織、蒼井翔太、入野自由、i☆Ris

【関連リンク】
「バナナ♪ゼロミュージック」オフィシャルHP
「シブヤノオト」オフィシャルHP(渋谷の音)
和楽器バンド、「テレビ東京系リオ五輪中継テーマソング」を手掛けることが決定
「無彩限のファントム・ワールド」キャラソンCDに上坂すみれ、早見沙織、内田真礼、田所あずさ、久野美咲が参加

【関連アーティスト】
西野カナ, ゴールデンボンバー, 南條愛乃, 早見沙織, 入野自由, 花澤香菜, 乃木坂46, Sexy Zone, i☆Ris, 蒼井翔太, [Alexandros], A応P, とけた電球, ふわふわ
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

じん等が立ち上げた「EDWORD RECORDS」キックオフイベントが大盛況!
Fri, 22 Apr 2016 20:00:00 +0900
じん (okmusic UP\'s)

『カゲロウプロジェクト』で音楽、小説、コミックやアニメの原作等を手がけるクリエーター・じん等が立ち上げたクリエイティヴ・チーム「EDWORD RECORDS」が、4月21日(木)にキックオフイベント「Worded Geeks Vol.1」を渋谷WWWにて開催した。

【その他の画像】phatmans after school

じんと親交の深いアーティスト4組をゲストに迎えた今回の旗揚げイベント。会場内もエントランス、ロビー、ホワイエに空間演出が施され、ライブだけではないエンタテインメントを提案していく「EDWAORD RECORDS」ならではのイベントとなった。

ライブはステラ・シンカ、サイダーガール、phatmans after school、感傷ベクトルがパフォーマンスを行ない、取りを務めたじんは新曲「solitude」や「カゲロウデイズ」など全7曲を披露。MCでは「新しいクリエイティヴ・チームを立ち上げました、EDWORD RECORDSです。ここでは、音楽、小説、漫画、そしてアニメなどを作っちゃおうって思っているんです。」とクリエイティヴ・チームの主旨を説明。曲間では、出演アーティストとの親交の深さがわかる温かみのあるエピソードを織り交ぜながらのMCで、終始笑顔のじん、そして会場内も笑顔で包まれた。

「またEDWORD RECORDS主催で楽しいイベントをやっていこうと思います、今日はありがとう! じんでした。」と旗揚げイベントの成功を喜んだ。最後には全出演者のサインが入った「EDWORD RECORDS ロゴTシャツ」を来場者の中から抽選で5名にプレゼントというおまけ付きでイベントは大円団を迎えた。

EDWORD RECORDSでは、今後『カゲロウプロジェクト』の新企画=MX4D TM『カゲロウデイズ-in a days-』や、じん×沙雪の新ユニットで原作を手掛ける新作品など、新たなプロダクトも続々と発表予定。原作、小説、コミックなどの文芸作品をはじめ、音楽作品や、イラストやデザインなどのアート作品と、全世界にリーチするコンテンツをクリエイティヴ・チームとして創り上げて行くとのこと。

■【セットリスト】※出演順

■ステラ・シンカ
M1. 告白
M2. テーマパーク
M3. 最終兵器
M4. CQ.CQ.CQ.
M5. クロウラーズ
■サイダーガール 
M1. 群青
M2. 夜が明けるまで
M3. 魔法
M4. 夕凪
M5. ドラマチック
M6. パズル
■phatmans after school
M1. 人類への過程
M2. メディアリテラシー
M3. 無重力少年
M4. FR/DAY NIGHT
M5. あいまいみー
M6. シリアル
M7. ツキヨミ
■感傷ベクトル
M1. ストロボライツ
M2. 終点のダンス
M3. 星のぬけがら
M4. エンリルと13月の少年
M5. 深海と空の駅
■じん 
M1. Inner Arts
M2. 夜咄ディセイブ
M3. solitude
M4. ロスタイムメモリー
M5. Sky of Biginning 
EC1. カゲロウデイズ
EC2. サマータイムレコード

【関連リンク】
じん オフィシャルHP
じん、体験型4Dショートムービー『カゲロウデイズ-in a days-』の制作を発表
じん、「カゲロウプロジェクト」に新展開の動き
サイダーガールがタワレコ限定で初の全国流通盤をリリース

【関連アーティスト】
phatmans after school, 感傷ベクトル, じん(自然の敵P), サイダーガール
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

サカナクション、武道館公演を収録した映像作品の豪華ジャケットを公開
Fri, 22 Apr 2016 19:30:00 +0900
サカナクション (okmusic UP\'s)

サカナクションが15万人を動員した全国ツアーの10月27日 日本武道館公演を収録したLIVE Blu-ray&DVD『SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour" -LIVE at NIPPON BUDOKAN 2015.10.27-』のジャケットアートワークが公開された。

【その他の画像】サカナクション

完全生産限定盤というプレミアムなリリース形態となる作品だけあり、装丁も非常に豪華な仕上がりとなっている。今回のツアー演出の象徴である、ステージ全体を覆い隠し、真ん中から菱形に開閉する巨大な幕を使った仕掛け「Iris Curtains」をパッケージでも再現、左右に開閉するとメンバーのパフォーマンスシーンが現れる特殊仕様に。またスリーブケースやブックレットなどの質感も非常に重厚感のある特殊な素材を
採用しており、パッケージを保有すること自体がプレミアムな体験になるように計算しつくされた仕上がりとなっている。

合わせて特典映像の内容も発表。タイトルは「sakanaction 2014-2016 documentary Memoirs -ぼくたち、わたしたちの回想録」。ライブ活動休止期間をメンバー全員が振り返り、これまでそしてこれからのサカナクションについて語るメディアではなかなか見ることのできない、貴重なオムニバスインタビューだ。

なお本作は、通常盤はリリースせず、Blu-ray、DVDともに豪華特殊仕様の完全限定生産商品となるので、購入を検討している方は早期の予約を推奨する。

また、5月20日(金)恵比寿リキッドルームにて、NFの特別版「NF 3LDK」の開催が決定。名古屋・大阪にて開催された「NF 1R」と同じく、23時までのイベントとして実施される。

7月17日(日)には、北海道・いわみざわ公園にて、サカナクションが主催する野外オールナイト複合カルチャーイベント「SAKANATRIBE」とともにモバイルファンクラブ「SAKANAQUARIUM(A)」会員向けチケット先行受付を実施中との事で、今後のサカナクションにも注目せざるをえない。

■Blu-ray&DVD『SAKANAQUARIUM 2015-2016 "NF Records launch tour" -LIVE at NIPPON BUDOKAN 2015.10.27-』

2016年5月25日発売 
【完全限定生産盤】(特殊パッケージ仕様)
■Blu-ray1枚組 
VIXL-166/¥6,900+税
■DVD2枚組(本編DVD+特典DVD)
VIBL-807〜808/¥5,900+税
※本作品は完全限定生産商品となります。メーカーの在庫がなくなり次第商品販売終了となります。
<収録内容>
01. N.F.I.G REMIX
02. アルクアラウンド
03. セントレイ
04. Klee
05. Aoi
06. 蓮の花
07. 壁
08. years
09. ネプトゥーヌス
10. さよならはエモーション
11. ネイティブダンサー
12. ホーリーダンス
13. 夜の踊り子
14. SAKANATRIBE TRANCEMIX WITH GOCOO+GoRo
15. アイデンティティ
16. ルーキー
17. 新宝島
EN1. グッドバイ(NEXT WORLD REMIX)
EN2. ミュージック
EN3. モノクロトウキョー
EN4. 白波トップウォーター
-特典映像-
sakanaction 2014-2016 documentary Memoirs -ぼくたち、わたしたちの回想録-
※DVD1:ライブ本編映像収録/DVD2:特典映像収録

《特典》
・豪華特殊パッケージ、フォトブック60P
・40分を超えるドキュメンタリー映像「sakanaction 2014-2016 documentary Memoirs -ぼくたち、
わたしたちの回想録-」収録。
・NF Recordsステッカー封入
※その他の特典も後日発表予定

《店舗先着予約・購入特典情報》
■タワーレコード全国各店/タワーオンライン
オリジナルポスターA
■TSUTAYA RECORDS セルCD取扱い店/TSUTAYAオンラインショッピング
オリジナルポスターB
※一部、取扱いの無い店舗もございます。
※TSUTAYAオンラインショッピングでの特典提供はご予約分のみ対象です。
■HMV全国各店/ローチケHMV
オリジナルポスターC
■ビクターエンタテインメント オンラインショップ
オリジナルポスターC
■全国一般CD取扱い各店(※)
オリジナルポスターC
※ポスター取扱いの無い店舗もございますので、ご予約・ご購入の前に店舗へお問合せ下さい。
※尚、各店のポスターの数には限りがありますので、無くなり次第、終了となります。

■【ライブ情報】

『NF 3LDK』
5月20日(金) 恵比寿LIQUIDROOM / LIQUID LOFT / Time Out caf? / KATA
開場/開演18:30 終演23:00予定
※ストリーミング配信実施予定
チケット一般発売日:5月06日(金)
http://nf.sakanaction.jp/event/nf3ldk/
※ストリーミング配信実施予定。

『SAKANATRIBE』
7月17日(日) いわみざわ公園 (グリーンランドホワイトパーク)
開場23:00 終演6:00 ※雨天決行
http://nf.sakanaction.jp/event/sakanatribe/

【関連リンク】
サカナクション オフィシャルHP
AbemaTV、『METROCK2016』のステージ・楽屋インタビューを2日間独占生中継!
サカナクション、4月の幕張メッセ公演で新曲を初披露
サカナクション、約5年ぶりの日本武道館公演が映像化

【関連アーティスト】
サカナクション
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ポルノグラフィティ、2年振りとなる野外ワンマンが横浜スタジアムにて開催決定
Fri, 22 Apr 2016 19:00:00 +0900
ポルノグラフィティ (okmusic UP\'s)

ポルノグラフィティが2年振りとなるワンマン野外ライブ「横浜ロマンスポルノ\'16」を横浜スタジアムにて開催する事が決定した。

【その他の画像】ポルノグラフィティ

ポルノグラフィティにとって横浜スタジアムはこれまで幾度もワンマンライブを成功させてきた会場。ファンにとっては馴染みのある会場でありつつ、語り継がれる伝説が起きた”聖地”とも呼べる縁の深い会場だ。2008年の横浜スタジアムでのライブ「横浜・淡路ロマンスポルノ\'08〜10イヤーズギフト〜」は、ライブが進むにつれて豪雨になり、雷まで鳴り響く天候となった。最後まで無事ライブをやりきったが、ステージ上にいたメンバーは「楽器が濡れて音が出ない瞬間が何度もあった」と話すほどで、“雨バンド"と呼ばれるポルノグラフィティの逸話となった。

また、ツアーとは違い単発で行なわれることが多い「ロマンスポルノ」は毎回いろいろなテーマを持たせて特別な演出が盛り込まれることや、これまでデビュー10周年、デビュー15周年の記念のライブを横浜スタジアムで行なっていることもあり、今回のライブがスペシャルな内容になることは間違いない。

ライブは9月3日(土)・4日(日)と2日間に渡って行なわれる。晩夏の暑さをさらにアツくしてくれることは間違いないが、今回は晴れて気持ちの良いライブとなることを願いたい。

■「横浜ロマンスポルノ\'16」

9月03日(土) 横浜スタジアム
9月04日(日) 横浜スタジアム
※雨天決行/荒天中止

<チケット>
料金:¥7,500(税込・全席指定)
※4歳以上はチケットが必要です(申し訳ございませんが、0〜3歳児はご入場頂けません)。

■シングル「THE DAY」

2016年5月25日(水)発売
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SECL-1922〜1923/¥1,600(税込)
【通常盤】(CD)
SECL-1924/¥1,300(税込)
【期間生産限定アニメ盤】(CD)
SCEL-1925/¥1,500(税込)
※アニメ描き下ろしジャケット

<収録曲>
M1:THE DAY
※TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」オープニングテーマ
作詞・作曲:新藤晴一 / 編曲:江口亮, Porno Graffitti
M2:My wedding song
作詞・作曲:新藤晴一 / 編曲:立崎優介,近藤隆史,田中ユウスケ,Porno Graffitti
M3:ルーシーに微熱
作詞・作曲:岡野昭仁 / 編曲:宗本康兵,Porno Graffitti

【関連リンク】
ポルノグラフィティ オフィシャルHP
ポルノグラフィティ、ニューシングル「THE DAY」のジャケット解禁! カップリングは話題のあの曲!?
ポルノグラフィティが担当するOPテーマも解禁、TVアニメ「僕のヒーローアカデミア」PV第5弾が公開
ポルノグラフィティがアニメ『僕のヒーローアカデミア』OPテーマを担当

【関連アーティスト】
ポルノグラフィティ
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

DIR EN GREY、1年7ヶ月ぶりの新作「詩踏み」を7月27日にリリース
Fri, 22 Apr 2016 18:30:00 +0900
DIR EN GREY (okmusic UP\'s)

7月にリリースがアナウンスされていたDIR EN GREY待望のニューシングルの詳細が、ついに公開された。

【その他の画像】DIR EN GREY

2014年12月発売のアルバム『ARCHE』以来、実に1年7ヶ月ぶりとなる新作「詩踏み」(うたふみ)は7月27日にリリースされる。表題曲は“孤独”、“怒り”、そしてバンドの根源にある“痛み”が内包された疾走感の強い渾身のナンバーで、2016年2月の日本武道館2DAYS公演で『ARCHE』を携えた活動にひと区切りをつけたDIR EN GREYが放つ、新たな章の幕開けにふさわしい1曲だ。

カップリングにはアルバム『ARCHE』より「空谷の跫音」のコラボレーションヴァージョン、「Revelation of mankind」のリミックスヴァージョンを収録。『ARCHE』の楽曲を新たな解釈で表現するこれらのトラックにも期待が高まる。

シングルはCD単品の通常盤、CD+DVDの初回生産限定盤、CD+Blu-rayおよびCD+DVDの完全生産限定盤の3形態が用意され、完全生産限定盤の特典ディスクには2016年2月12日にLIQUIDROOMで行なわれた『ARCHE -「a knot」LIMITED EXTRA-』よりライヴ映像10曲のほか、「詩踏み」の<IN-STUDIO FOOTAGE>映像も収められる。

さらに初回生産限定盤の特典DVDでは『ARCHE -「a knot」LIMITED EXTRA-』より3曲、「詩踏み」の<IN-STUDIO FOOTAGE>映像が楽しむことができる。特に『ARCHE -「a knot」LIMITED EXTRA-』の模様はファンから映像化を求める声が多数上がっていたこともあり、満を持しての発表となる。完全生産限定盤および初回生産限定盤は生産数量限定商品となるので、確実に手に入れたい人は6月1日までに取扱店舗にて予約しておくことをオススメする。

なおDIR EN GREYはニューシングル「詩踏み」に先駆けて、6月29日に日本武道館2DAYS公演の模様を網羅したライヴBlu-ray&DVD『ARCHE AT NIPPON BUDOKAN』をリリース。これに先駆けること6月3日からは、新たな全国ツアー『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR]』もスタートする。本ツアーのチケットは名古屋・仙台公演が4月29日、大阪・岡山公演が4月30日、東京公演が5月1日からそれぞれ一般発売開始となる。気になる方はこの機会をお見逃しなく。

■シングル「詩踏み」

2016年7月27日発売
【完全生産限定盤】
■CD+Blu-ray
SFCD-0193〜194/¥5,500+税
■CD+DVD
SFCD-0195〜196/¥4,500+税
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
SFCD-0197〜198/¥1,800+税
【通常盤】 (CD)
SFCD-0199/¥1,200+税

<収録曲>
■DISC 1 : CD
※完全生産限定盤/初回生産限定盤/通常盤 共通
01. 詩踏み
02. 空谷の跫音 [Collaboration]
03. Revelation of mankind [REMIX]
■DISC 2 : Blu-ray or DVD
※完全生産限定盤のみ収録
ARCHE -「a knot」LIMITED EXTRA-
2016.2.12 LIQUIDROOM
01. 咀嚼
02. The inferno
03. 禍夜想
04. Behind a vacant image
05. Revelation of mankind
06. 鱗
07. Chain repulsion
08. Un deux
09. 激しさと、この胸の中で絡み付いた灼熱の闇
10. 羅刹国
<IN-STUDIO FOOTAGE>
詩踏み (Scenes From Recording)
■DISC 2 : DVD
※初回生産限定盤のみ収録
ARCHE -「a knot」LIMITED EXTRA-
2016.2.12 LIQUIDROOM
01. 咀嚼
02. The inferno
03. 鱗
<IN-STUDIO FOOTAGE>
詩踏み (Scenes From Recording)

Manufactured by FIREWALL DIV.
Distributed by Sony Music Marketing Inc.

※収録内容、タイトル表記及び仕様等は変更になる可能性がございます。
※完全生産限定盤・初回生産限定盤は、生産数量限定商品となります。確実に手に入れたい方は、2016年6月1日(水)までにお取扱い店舗にてご予約くださいませ。

■『TOUR16-17 FROM DEPRESSION TO ________ [mode of VULGAR] 』

6月03日(金) 愛知県 Zepp Nagoya [★]
6月04日(土) 愛知県 Zepp Nagoya [★]
6月11日(土) 宮城県 仙台PIT
6月12日(日) 宮城県 仙台PIT
6月16日(木) 大阪府 なんばHatch [★]
6月17日(金) 大阪府 なんばHatch [★]
6月19日(日) 岡山県 倉敷市芸文館
7月01日(金) 東京都 新木場STUDIO COAST [★]
7月02日(土) 東京都 新木場STUDIO COAST [★]

<席種・チケット料金>
■1Fスタンディング/全席指定 ¥6,000+税
[★]Exclusive Ticket (2F指定席・オリジナル特典付き) ¥11,000(税別)
※Exclusive Ticketは★公演のみ、またOFFICIAL FAN CLUB 「a knot」 会員のみご購入いただけます。

【関連リンク】
DIR EN GREY オフィシャルHP
DECAYS、デカダンスなムード漂う最新ヴィジュアルを公開
The BONEZ、ニューアルバム『To a person that may save someone』へ各界著名人によるコメントが到着!
DIR EN GREY、武道館2daysの模様を収めた映像作品を6月にリリース

【関連アーティスト】
DIR EN GREY
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル

KEYTALK、2か月連続シングルW購入者特典はライブSEの新バージョンに決定
Fri, 22 Apr 2016 18:00:00 +0900
KEYTALK (okmusic UP\'s)

KEYTALKのライブのSEで使用されている「物販」のバージョン2にあたる「物販2」が、7th&8thシングル2枚購入者対象"未発表の音源"としてダウンロードできることが発表された。

【その他の画像】KEYTALK

ダウンロード期間は5月17日(火)10:00から7月31日(日)23:59までとなるので、気になる方は発売中の7thシングル「HELLO WONDERLAND」をチェックしよう。

また、8thシングル「MATSURI BAYASHI」の各チェーン店特典が発表された。アートワークでも使用されているデザインのうちわが購入者に各チェーン先着にて配布されるとのことだ。

さらに、9月にも東名阪ワンマンツアーを開催する事が決定! ツアータイトルは「KEYTALK 秋の大収穫祭〜そなたが落としたのは金の松茸か?銀の椎茸か?それとも白いしめじか?〜」。9月17日(土)Zepp Nagoya 、9月24日(土)Zepp Tokyo、9月30日(金)なんばHatchの3カ所3公演となる。今回もチケット争奪戦になること必至、盛り上がりが加速するKEYTYALKのLIVEに是非とも参加して頂きたい。なお8thシングルの初回生産分には、先日発表された秋の東名阪ワンマンツアーチケット最速web先行抽選予約用シリアルナンバーも封入される。

初の日本武道館公演を経てリリースされる彼らの新章開幕を告げる歴史的な2枚のシングル。さらなる高みを目指し、改めてロックバンドであることを声高々に宣言する珠玉の新曲の数々は5月24日よりスタートする全国ツアー『KEYTALKワンマンツアー 3年K組お祭り先生 〜「先生!義勝君の給食費がありません!」〜』でファンを熱くすることは間違いないと思われる。2016年の始動を告げた彼らから目が離せない!

【関連リンク】
KEYTALK オフィシャルHP
KEYTALK、ニューシングルのアートワーク公開&秋の東名阪ワンマンのツアータイトルが決定
KEYTALK、インディーズ限定盤4作品を収録した『KTEP COMPLETE』を7月6日に発売
KEYTALKのキャラクターがアミューズメント専用景品に!?

【関連アーティスト】
KEYTALK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

オールマンブラザーズバンドの『アット・フィルモア・イースト』はロックの頂点を極めた最高峰
Fri, 22 Apr 2016 18:00:00 +0900
Allman Brothers Band『At Fillmore East』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

71年にリリースされたライヴ盤の本作『アット・フィルモア・イースト』は、ロックの醍醐味を全て兼ね備えた稀有の傑作であり、この作品を超えるアルバムを探すのは困難だとあえて言い切ってしまおう。オリジナル盤(のちにデラックス盤やコンプリート盤がリリースされている)に収録された全7曲のどれもがロック史上最高の演奏である。天才ギタリスト、デュアン・オールマンのスライドプレイをはじめ、バンドのメンバーが一体となったその奇跡的なインプロビゼーションは、ロックの伝説と言ってもいいだろう。

■デュアンとグレッグのオールマン兄弟

兄デュアン(1946年生まれ)と弟グレッグ(47年生まれ)のオールマン兄弟は南部出身で、幼少時からブルースやカントリーを聴きながら育っている。若い頃からグレッグのソウルフルなヴォーカルとソングライティングには定評があり、デュアンはギターの腕を磨いていた。1967年、アワーグラスを結成し、ロックの拠点となっていた西海岸(ロス)へと向かう。当時の西海岸はヒッピー文化が全盛でフォークやサイケデリックロックが中心であったが、彼らのグループはブルースやサザンソウルをベースにした泥臭いサウンドだったため、大手レコード会社から2枚のアルバムを発表するもあまり売れなかった。

結局、ロスでは自分たちのやりたい音楽ができないと南部に戻るのだが、すぐにデュアンのギターに注目が集まり、マッスル・ショールズ近辺でスタジオミュージシャンとして活躍することになる。しかし、デュアンはどうしてもグレッグと新しいグループを結成したかったため、地元のミュージシャンとジャムを繰り返し、ブルースをベースにしながらもインプロビゼーションを重視した独自のサウンドを生み出そうとしていた。この時、デュアンが参考にしたのが当時西海岸で最高の人気を誇っていたグレイトフル・デッドだと思われる。デッドの長尺かつフリーフォームな演奏スタイルには相当インスパイアされたようだ。また、デッドと同じくツインドラム(一人はパーカッションを使用することも多い)を取り入れているのだが、これは当時としては珍しいアプローチであった。

■オールマンブラザーズバンド始動

69年、いよいよオールマンブラザーズバンドが結成される。人種差別が激しい南部にありながら、メンバーは白黒混合の6人組となった。デビューアルバム『オールマンブラザーズバンド』(‘69)は、ブルースロックとして語られることも多いが、すでにサザンロック(1)としての形態がほぼ出来上がっている。それまでになかった新しいジャンル、ザンロックの誕生である。

オールマンブラザーズが他のブルースロック・グループと決定的に違うのは、デュアンの個性的なスライドギタープレイであり、パーカッションの使用であり、切れ味鋭いグルーブ感などにある。どちらかと言えば、クリームやレッド・ツェッペリンなどのイギリスのハードロックグループに近い音楽性であった。とはいえ、全く新しいスタイルのロックであったがために、評論家筋やプロのミュージシャンに認められはしたものの、一般にはあまり売れなかった。

続いてリリースされた『アイドル・ワイルド・サウス』(‘70)は前作のブルースっぽさに加え、カントリー的なレイドバック(2)感や、新機軸のフュージョン的インストなど、のちのサザンロックのグループが手本にする要素をギュッと詰め込んだ一大傑作となった。この2ndはチャートで最高38位止まりではあったが、その後のアメリカンロックの進むべき道を示した革新的なアルバムである。

■サザンロックの誕生

チャーリー・ダニエルズ・バンド、マーシャル・タッカー・バンド、エルヴィン・ビショップなど、『アイドル・ワイルド・サウス』に影響を受けサザンロックに開眼したグループは多く、アル・クーパー(3)はサザンロック専門のレーベルを立ち上げレーナード・スキナードを世に出した。

70年代中期には、オールマンブラザーズの生み出した“サザンロック”スタイルはトレンドと化し、泥臭い南部テイストのロックに世界中の注目が集まることになった。日本でもアイドル・ワイルド・サウス、めんたんぴんなど、オールマンブラザーズに影響を受けたグループが数多く登場し、一時は関西を中心にサザンロック熱が大いに高まったこともある。

「レイラ」の大ヒットで知られるエリック・クラプトンのデレク&ザ・ドミノスも英米混合のサザンロックグループだ。『アイドル・ワイルド・サウス』を耳にしたエリック・クラプトンは南部まで足を運び、そこでデュアンに『デレク&ザ・ドミノス』への参加を懇願しているぐらいだから、彼もまたこのアルバムに入れあげているひとりだと言える。

■『アット・フィルモア・イースト』について

本作は、1971年3月にニューヨークのフィルモア・イーストで収録されたライヴ盤だ。LP発売当時は2枚組であったにもかかわらず、長尺曲が多いため7曲しか収められていない。サイドAとBの4曲はブルースのカバー、サイドCとDの3曲はオリジナルで、彼らの好きな音楽と目指す音楽が一聴して分かるような構成となっている。

冒頭の「Statesboro Blues」からヴォルテージ全開のデュアンの超絶スライドが飛び出し、当時のロック少年(もちろん僕も含め)を虜にしたものである。当時のロック界で、これほどドライヴのかかったキレの良いスライドを弾けるのはデュアンだけであり、多くのフォロワーを生み出すことになるのだが、長い間誰もデュアンには追いつけなかった。現在はデレク・トラックスが後継者となっている(テクニックにおいてはデュアン以上だろう)。デレクは時々デュアンそっくりに弾くので、それを聴きたいがためにデレク・トラックスを観に行く中年も少なくない。余談であるが、デレク・トラックスはオールマンブラザーズのドラマー、ブッチ・トラックスの甥にあたり、名前の“デレク”はもちろんデレク&ザ・ドミノスから命名されている。

2曲目以降も、ツインギターとツインドラムのダイナミズムというか、持っている力を完全に出し切っているというか、どの曲も圧倒的なパフォーマンスで聴くものを引きずり込んでしまう。僕自身、このアルバムを中学生の頃から何百回か何千回か聴いているけれど、飽きない。飽きるどころか、毎回新しい発見ができる稀有のアルバムなのだ。

彼らの代表曲として知られる「In Memory of Elizabeth Reed」はもうひとりのギタリストのディッキー・ベッツの手になる作品で、ラテンジャズっぽいフュージョンナンバーだ。この曲はサンタナあたりにインスパイアされたのかもしれない。デュアンとディッキーのツインリードが美しく、特にデュアンのスライドとは違ったフレージングの巧さが光る名演奏だと思う。この曲はオールマンサウンドの進化を予感させるものであったが、残念なことにデュアンはこのライヴ収録の半年後(71年10月)、バイク事故で急逝する。まだ24歳の若さであった。そして、23分にも及ぶ「Whipping Post」で本作は幕を閉じる。

『アット・フィルモア・イースト』は、90年代に隆盛を極めるジャムバンド群に影響を与えただけでなく、71年以降のロック界全体に多大な影響を与えた。彼らの存在がなければ、ロック史は変わったものになっていただろう。このアルバムは、それだけ大きい影響力を持っているのだ。もし、まだ聴いていないのなら、これからでも遅くない。ぜひ一聴を!

余談だが、LP時代、ラストの「Whipping Post」が終わったあと、ティンパニの音が鳴ってフェイドアウトしていくのだが、明らかに次の曲が始まっている感じで「あー、聴きたい!」と思ったものだった。その答えは『アット・フィルモア・イースト』の次にリリースされたこれまた2枚組の大作『イート・ア・ピーチ』(デュアン死後にリリースされた。これも名盤!)にあった。当日のライヴでは23分の「Whipping Post」のあと、34分近くにも及ぶ「Mountain Jam」が続けて演奏されていたのである。のちにリリースされた『アット・フィルモア・イースト(デラックス・エディション)』や『フィルモア・コンサート』では続けて収録されている(2曲で1時間近いけど…)ので、興味のある人はそちらもぜひ♪

※ Duane Allman の Duaneは本来「デュエイン」が発音としては近いが、日本では「デュアン」と呼ぶことが多いので本稿では「デュアン」とした。

(1) サザンロック
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%82%B6%E3%83%B3%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

(2) レイドバック
https://kotobank.jp/word/%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%83%89%E3%83%90%E3%83%83%E3%82%AF-661150#E3.83.87.E3.82.B8.E3.82.BF.E3.83.AB.E5.A4.A7.E8.BE.9E.E6.B3.89

(3) アル・クーパー
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%83%BB%E3%82%AF%E3%83%BC%E3%83%91%E3%83%BC

【関連アーティスト】
The Allman Brothers Band
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、忌野清志郎の「500 Miles」をカバー
Fri, 22 Apr 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。
さて今日の一曲は。
「500 Miles」

現在月9のドラマの挿入歌として使われている歌なんですが。
この曲、元々はPeter,Paul&Maryというフォークグループの洋楽の歌。
それを忌野清志郎さんが日本語詞でカバーし、その後その日本語詞の曲を松たか子さんもカバーしたりして歌われています。
私の中で凄く印象的で残る歌だなと。
まずは是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=HBJ15J59ECs&feature=youtu.be

心がやられてしまいそうな、辛く悲しい出来事が沢山ある。
今も沢山の人が苦しんでいる。
自分に何が出来るのか。何か出来ないか。
ひたすらずっとずっと考えていた。
でも、考えれば考えるほど浮かばなかった。分からなかった。
自然の力には人間の力なんて本当に微力で何も出来ない。
それが何だか虚しくて悔しくて苦しい。

だからこそ、気付いた事。
今の自分がすべき事は、一日一日を自分なりにちゃんと過ごす事。
そして私が何度も言っている、大切な人に想いの言葉を伝える事。
それだけは絶対にしなければいけないなって。
もちろん、自身の事ではなく出来る事があるなら絶対にやっていこうと思います。
ちゃんと今に必要なものを見ながら。

音楽は生きていく上で必要のないもの。
今この状況では一番必要とされていない厄介なもの。
言ってしまえば、娯楽と呼ばれる部類のものだから。
でも、もう少し落ち着いた先で、きっと求められる日が来る。
人の支えになれる時が来るはず。
数年前がそうであった様に。
人の心の中にある命を燃やす為、あなたがあなたらしく生きる為に。
私は歌い続けなければならないと思う。
歌い続けたいと思う。
九州ツアーで出逢ってくれた人、仲間。
まだ出逢っていない沢山の人たちの為に。
小さな力はきっと必ず大きな力に変わるはずだから。

負けないで。
諦めないで。

私はあなたと出逢いたい。いつか必ず。
その時まで。

【関連アーティスト】
Peter, Paul and Mary, 忌野清志郎, 稚菜
【ジャンル】


ポップなメロディと激アツライヴが話題のガールズロックバンド゙、傑作1stアルバムをリリース!
Fri, 22 Apr 2016 17:30:00 +0900
CherryHearts (okmusic UP\'s)

ガールズバンドシーンの次なるブレイク候補CherryHeartsに迫る。

【その他の画像】CherryHearts

近年、大規模ライヴを次々と成功させているガールズバンドSCANDAL、Silent Sirenらが今年3月にアルバムをリリースし、それぞれオリコンの過去最高位を記録するなど、いま最も熱いカテゴリと言われているガールズロック。

同時に最近ではLoVendoЯ、がんばれ!Victory、BAND-MAIDらをはじめとする、強烈な個性を持つバンドが次期トップアーティストの座を虎視眈々と狙っており、まさに”ガールズロック戦国時代”ともいうべき時を迎えている。その中でもアピール性抜群のライヴパフォーマンスで、2013年3月の結成以降メキメキと頭角を現してきたネクストブレイク候補の筆頭に挙げられるバンドが、今回紹介するCherryHeartsだ。

平均年齢23歳、平均身長166cmの彼女らがステージを駆け巡り、ズバッとアクションを決める姿は爽快、かつ見ているとじっとしていられなくなるほどにアクティブ。ライヴではプリンセス プリンセスなどを彷彿させる、ガールズロックのスタンダートという表現がぴったりな、可憐なルックスに合うポップなメロディ、ハーモニーの中で、激しいサークルピットやモッシュ、ヘドバンが頻繁に発生するほどの迫力を見せている。

ポップなメロディと激アツモッシュはミスマッチと思われるかもしれない。しかし、彼女らのステージに当たり前のセオリーは皆無だ。その強力なパフォーマンスこそ彼女らの最大の武器であり、並み居るガールズバンドの中で一線を画すポイントといえる。また、ハッピー感を身上とする彼女らのステージは、ガールズロック趣向のファンのみならず、誰でも一度見ると気になって仕方がなくなるような雰囲気を持っている。

そんなCherryHeartsは、4月20日に待望の1stアルバム『CherryHearts』をリリースした。このアルバムではライヴ会場限定で販売していたシングルより、すでにMVが公開されている「ねがいごと」「Life goes ON!!」をはじめとした、ライヴで特に人気のある楽曲を選び新録。そして最新曲を加えカラフルな全11曲で構成した、1stアルバムにしてCherryHeartsの代表作となりえる傑作アルバムとなっている。ちなみに、レーベルはガールズメタルバンドのALDIOUSなどが所属しているVAAだ。

キュートなコーラスとロック魂全開のサウンドとのギャップは、インパクトも十分。しかし一方で興味深いのは、歌詞の表現にある。例えばストレートに”ガールズ”を感じさせる日常の風景、淡い恋心といったイメージとともに、性別を超えて共感できるものがある。そのスタイルはあくまで“ガールズ”や“ロック”というそれぞれの芯をしっかりと貫いているようにも見える。そんな楽曲と、練り上げられたパフォーマンスの融合から見える風景は、ガールズロックの新たな可能性すら感じる。気軽にロックを楽しみたいリスナーも、ロックの深い世界観に浸りたいマニアなファンにもお勧めだ。

また、7月には東京にて、スペシャルゲストにガールズバンドCYNTIAを迎えた2マンライヴを開催。同時に初の東名阪ワンマンツアーも決定した。ツアーは東京・表参道GROUND公演から始まり、9月に同場所へ凱旋するといったスケジュール。”ハッピー”をテーマに繰り広げられるCherryHeartsならではのライヴを、その目と耳で是非体感してみてほしい。

文:桂 伸也

■アルバム『CherryHearts』

発売中
【DVD付限定盤】(CD+DVD)
RAMI-012/¥3,000+税
<収録曲>
01. Sweet Voice Call
02. Hello
03. Life goes ON!!
04. ねがいごと
05. one\'s dear one
06. 青春レジスタンス
07. My Way
08. Another You
09. dara…×2
10. ai (Album Mix)
11. Hi-Jump!!
<DVD>
01. ねがいごと (Music Video)
02. Life goes ON!! (Music Video)
03. Life goes ON!! (Live)
04. Good-Bye (Live)
05. My Way (Live)
06. ねがいごと (Live)

【通常盤】(CD)
RAMI-013/¥2,500+税
<収録曲>
01. Sweet Voice Call
02. Hello
03. Life goes ON!!
04. ねがいごと
05. one\'s dear one
06. 青春レジスタンス
07. My Way
08. Another You
09. dara…×2
10. ai (Album Mix)
11. Hi-Jump!!

■「bayfm NEXT POWER ON! LIVE Vol. 25 "CherryHearts アルバム発売記念スペシャルライヴ"」

7月03日(日) 東京・表参道GROUND
開場17:30/開演18:00
スペシャルゲスト:Cyntia
<チケット>
料金:前売 ¥3,000(税込)+ドリンク代

■「CherryHearts Tour 2016」

7月02日(土) 東京・表参道GROUND
開場18:30 / 開演19:00
8月19日(金) 愛知・名古屋ell.SIZE
開場18:30 / 開演19:00
8月20日(土) 大阪・心斎橋Paradigm
開場18:30 / 開演19:00
9月03日(土) 東京・表参道GROUND
開場18:30 / 開演19:00
<チケット>
料金:前売 ¥3,000(税込)+ドリンク代

【関連リンク】
CherryHearts オフィシャルHP
次世代ガールズロックシーンをリードする話題のバンド、CherryHeartsがデビュー!
Def Tech、寿君、アルディアスら出演のVAA主催イベントが無料開催!
ネクストブレイクアーティストとして人気急上昇中のガールズロックバンドが今冬デビュー!

【関連アーティスト】
CherryHearts
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ましまろ、2ndシングル「遠雷」を6月22日にリリース
Fri, 22 Apr 2016 17:00:00 +0900
ましまろ (okmusic UP\'s)

ザ・クロマニヨンズの真島昌利、ヒックスヴィルの真城めぐみ・中森泰弘からなる“ましまろ”の2ndシングル「遠雷」が6月22日に発売されることが決定した。

【その他の画像】ザ・クロマニヨンズ

もともと30年来の知人であったメンバーで構成されたバンド・ましまろ。2015年に結成し、シングル「ガランとしてる」、1stアルバム「ましまろ」をリリース。各地の夏フェスに出演し『ましまろ“ほーぼーツアー2015"』と題した全国ツアーで各地を回るといった精力的な活動をみせた。

6月22日リリースの2ndシングル「遠雷」は、前作で好評だった12インチ・アナログシングル盤も同時に発売。2016年はどんな活動をするのか、情報は随時オフィシャルHPに更新されるとのことなので、期待して待っていてほしい。

■シングル「遠雷」

2016年6月22日発売
【CD】
BVCL-728/¥1,204+税 
<収録曲>
未定

【完全生産限定 12inchアナログ盤】
BVJL-21/¥1,481+税
<収録曲>
未定

【関連リンク】
ましまろ オフィシャルHP
1ヶ月振りのMステに嵐、ゲス、サカナ、クロマニヨンズ、乃木坂、Hey!Say!JUMP登場
くるり主催「京都音楽博覧会2015」、大盛況のうちに終了!

【関連アーティスト】
ザ・クロマニヨンズ, ヒックスヴィル, 真島昌利, ましまろ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

SHE\'S、メジャーデビューシングル「Morning Glow」のジャケ写を解禁
Fri, 22 Apr 2016 16:00:00 +0900
シングル「Morning Glow」 (okmusic UP\'s)

次世代を担うピアノロックバンド・SHE\'Sが6月8日に発売するメジャーデビューシングル「Morning Glow」。そのジャケット写真がついに公開となった。

【その他の画像】SHE\'S

デザインを手がけたのはアートディレクター・大楠孝太郎、そしてカメラマンはアーティスト写真同様にオノツトムが務めた。そしてジャケットのモデルを飾るのは、『NYLON』を中心にファッション誌でモデルとして活躍する山本奈衣瑠だ。「Morning Glow」の歌詞からもうかがえるように、葛藤する様子がジャケットにも現れている。山本奈衣瑠は「『Morning Grow』のジャケット撮影では、厚い雲で曇りがかっていたのですが、雲の隙間から太陽が顔を出す瞬間がありました。それが、『Morning Grow』のイメージとぴったりで、幻想的なひと時でした。記念すべきメジャーデビューシングルのジャケットに、起用していただけて光栄です。」と今回の起用へ喜びを感じている。SHE\'SのCDジャケットといえば、インディーズ時代の3部作として青い女性のイメージが強かったが、メジャーデビューを機に少しながら変化を遂げたように思える。思わずジャケ買いをしたくなるようなアートワーク、店頭に並ぶ日が待ち遠しい。

また、メジャーデビューシングル「Morning Glow」のリリースツアーを7月に東名阪で開催することが分かった。ツアータイトルは『SHE\'S Major Debut Single「Morning Glow」RELEASE TOUR〜The Everglow ?chapter.1-〜』。このツアータイトルを考えた井上竜馬(Key&Vo.)は「The Everglow -1- 永遠に続く、なんてことは、目に見える物の中では有り得ない。でも心の中で生きる言葉や思い出は、数少なくともきっと"永遠の輝き(Everglow)"として存在する。そして音楽はそれを生む1つであり、音楽自体がEverglowそのものであると強く信じたくて。ライブという場なら、その永遠の輝きを互いにリアルに求め渡し合うことが出来るんじゃないか、と。一緒に掴みに行きたいと思います」と語る。

ツアーは7月20日の東京を皮切りに、7月26日名古屋、7月28日大阪と3 箇所を予定している。また、ワンマンツアーではなく、どうやら対バン相手がいるようだが共演者の発表はまだである。メジャーデビュー後の自主企画となるので、新曲を聴くのが待ち遠しい。チケットは4月23日からSHE\'SのオフィシャルHPにて1次先行が始まるので、ソールドアウトする前に買っておいた方が良さそうだ。

■『SHE\'S Major Debut Single「Morning Glow」RELEASE TOUR 〜The Everglow ?chapter.1-〜』

7月20日(水) shibuya CLUB QUATTRO
※対バンあり
7月26日(火) NAGOYA CLUB QUATTRO
※対バンあり
7月28日(木) UMEDA CLUB QUATTRO
※対バンあり

<チケット>
前売:¥3,000(D代別)
※SHE\'S ホームページ1次先行 4月23日(土)〜

【関連リンク】
SHE’S オフィシャルHP
LAMP IN TERREN、約1年ぶりの3マンツアー初日公演にて新曲を初披露
SHE\'S、デビューシングルの歌詞を先行公開&Apple Musicにて先行試聴スタート
SHE\'S、6月8日発売のシングル「Morning Glow」でメジャーデビュー決定

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
ジャパニーズロック

V6、秦 基博とタッグを組んだシングル「Beautiful World」を6月8日にリリース
Fri, 22 Apr 2016 15:00:00 +0900
V6 ロゴ (okmusic UP\'s)

4月6日からスタートしたテレビ朝日系列『警視庁捜査一課9係』の主題歌として話題のV6の46thシングル「Beautiful World」が、6月8日にリリースされる事が明らかとなった。

【その他の画像】秦 基博

今作は秦 基博が作詞作曲を手がけ、温かくも爽やかなミディアムソングに仕上がっている。レコーディングで秦 基博は演奏&コーラスも担当し、秦 基博とV6メンバーが創り出した"美しき世界"が楽しめる1曲となった。

カップリング曲「by your side」は"いつでも君のそばに"という気持ちを綴ったラヴソング。GREEゲームアプリ『ラブセン〜V6とヒミツの恋〜』のTVCMソング、そしてV6がレギュラーを務めている TBS『アメージパング!』のエンディングテーマソングに起用されており、発売日決定前からどちらの楽曲もテレビやラジオでオンエアされている。

なお初回限定盤は全形態スリーブ仕様となっており、初回生産限定盤Aには「Beautiful World」のMusic Video&メイキング、初回生産限定盤Bには「by your side」のメンバーのリップシンクビデオを収録、そしていつものV6による“わちゃわちゃ"特典映像も収録されている。また通常盤の初回生産盤には20Pのフォトブックが付属するとのこと。さらに2013年以来約3年ぶりとなるトニセン曲/カミセン曲を収録するという、シングルではあり得ない程の豪華な内容となっているので、ファンの方は是非見逃さないようにしよう。

■シングル「Beautiful World」

2016年6月8日発売
【初回生産限定盤 A】(CD+DVD)
AVCD-83582/B/¥1,800+税
※初回仕様:スリーブ仕様
<収録曲>
■CD
1. Beautiful World
2. by your side
■DVD
1. Beautiful World 【Music Video】
2. Beautiful World 【Music Video & Jacket Shooting Making】

【初回生産限定盤 B】(CD+DVD)
AVCD-83583/B/¥1,800+税
※初回仕様:スリーブ仕様
<収録曲>
■CD
1. Beautiful World
2. by your side
■DVD
1. by your side 【Lip Synch Video】
2. 特典映像

【通常盤】(CD Only)
AVCD-83584/¥1,200+税
※初回生産限定:スリーブ仕様&20Pフォトブック
<収録曲>
1. Beautiful World
2. by your side
3. タイトル未定 【20th Century】
4. タイトル未定 【Coming Century】
5. Beautiful World (Instrumental)
6. by your side (Instrumental)
7. タイトル未定 (Instrumental)【20th Century】
8. タイトル未定 (Instrumental)【Coming Century】

【関連リンク】
V6 オフィシャルHP
THE YELLOW MONKEY、ツアー追加公演として8月に横浜アリーナ2DAYS!
【ジャニゴトまとめ Vol.3】これは夢…? ジャニーズだらけの野球大会に行ってきた<前編>
V6、テレビ朝日系列『警視庁捜査一課9係』主題歌に新曲「Beautiful World」が決定

【関連アーティスト】
秦 基博, V6
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM), 男性アイドル

SPARK!!SOUND!!SHOW!!、「Xクラシック」のジャケ&収録楽曲MVを公開
Fri, 22 Apr 2016 14:00:00 +0900
シングル「Xクラシック」 (okmusic UP\'s)

5月11日にトリプルA面シングル「Xクラシック」をリリースする“スサシ"ことSPARK!!SOUND!!SHOW!!が、「Xクラシック」のジャケットを公開! さらに、収録楽曲「DO the POP!!」のMVの他、ツアー、無料アウトストアライブの情報を発表した。


【その他の画像】SPARK!!SOUND!!SHOW!!

ビースティ・ボーイズとセサミ・ストリートをオマージュしたという収録楽曲「Do the POP!!」のMVも公開された。コミカルな仕上がりになっているので、是非チェックを。

また、アウトストアライブは、当日会場にてCDを購入するか、CDもしくは特典の笛を持参する事で入場できるフリーライブ。5月16日に渋谷チェルシーホテルにて、5月17日に大阪心斎橋火影にてそれぞれ行われ、そのライブの模様は360度カメラを用いてライブシューティングされる。なお、16日はゲストバンド有り、17日はワンマンライブとなる。全国ツアーは5月16日の渋谷チェルシーホテルを皮切りに全国17カ所をまわる。

■「Do the POP!!」 MV
https://youtu.be/W0c0DrsdBE4

■「"Xクラシック"リリースツアー」

5月16日  渋谷CHELSEA HOTEL
※“Xクラシックアウトストアライブ"  ゲストバンド有り
5月17日  心斎橋火影
※“Xクラシックアウトストアライブ"  360℃カメラシューティングワンマンライブ
5月22日  八戸ROXX
5月24日  盛岡THE FIVE
5月25日  石巻BLUE RESISTANCE
5月31日  八王子RIPS
6月30日  福岡QUBLIC
7月01日  広島4.14
7月02日  米子AZTiC laughs
7月04日  岡山PEPPERLAND
7月05日  神戸太陽と虎 
7月09日  札幌 Sound lab mole
7月16日  仙台 enn 2nd
※スサシ企画
7月23日  静岡UMBER
7月28日  名古屋 CLUB UPSET
※スサシ企画
7月29日  新代田FEVER
※スサシ企画
7月31日  心斎橋 PANGEA
※スサシ企画

【関連リンク】
SPARK!!SOUND!!SHOW!! オフィシャルHP
SPARK!!SOUND!!SHOW!!、5月にトリプルA面シングルをリリース
SPARK!!SOUND!!SHOW!!、新メンバー・イチロー(Dr/cho)を迎えシングルの発売を発表
SPARK!!SOUND!!SHOW!!、2016年2月開催の『BAY CAMP201602』に出演決定

【関連アーティスト】
SPARK!!SOUND!!SHOW!!
【ジャンル】
ジャパニーズロック

NICO Touches the Walls、新曲「ストラト」MVで人生初のダンスに挑戦!?
Fri, 22 Apr 2016 13:00:00 +0900
NICO Touches the Walls (okmusic UP\'s)

映画『ヒーローマニア-生活-』の主題歌としても話題のNICO Touches the Wallsのニューシングル「ストラト」。そのミュージックビデオがついに完成した。

【その他の画像】NICO Touches the Walls

ロケ地は茨城県の採掘場。光村(Vo&Gu)による全編ダンスがフューチャーされたミュージックビデオとなっており、光村は初めてダンスのレッスンを受け、約13時間踊り続けるという非常に過酷な撮影となった。「ストラト」の歌詞《さあ 何度もダメになったって ゼロから始めるさ 正解はもう辞書になくたって 戦うだけなのさ》になぞらえた、何度も復活して踊り続ける不死身の男の戦い続ける様を表現した作品となっている。

■「ストラト」MV
※4月22日(金)〜5月8日(日)24時まで期間限定フル公開
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00100/v08463/v0993900000000548187/

■「ストラト」SPOT
https://youtu.be/mAMwPrL1UNw

【関連リンク】
NICO Touches the Walls オフィシャルHP
NICO Touches the Walls、「お嬢さんとこいさん」のカバーをラジオで解禁
NICO Touches the Walls、新曲「ストラト」の超豪華パッケージ詳細を発表
NICO Touches the Walls、映画『ヒーローマニア-生活-』主題歌の新曲「ストラト」を5月3日にリリース

【関連アーティスト】
NICO Touches the Walls
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ヒップホップ・ムーヴメントをサポートするプロジェクト「WE LOVE HIP HOP」が始動
Fri, 22 Apr 2016 12:00:00 +0900
コンピレーションアルバム『WE LOVE HIP HOP -CLASSICS-』 (okmusic UP\'s)

ユニバーサルインターナショナル(ユニバーサルミュージック合同会社)とSTAR BASE RECORDS による新プロジェクト「WE LOVE HIP HOP」が始動!

【その他の画像】

「WE LOVE HIP HOP」(以下WLHH)は音楽、ファッション、ライフスタイルとファンをリンクさせ、ヒップホップ文化を広めるカルチャー・ムーヴメント。誰でもヒップホップ・カルチャーが楽しめるように日本のアーティスト、クリエイターやDJを始め海外のアーティストやインフルエンサーを通じて身近なタッチポイント(接点) を作る。

まずは世界で最も影響力のあるヒップホップDJ集団 “HEAVY HITTERS"に所属するDJ NUCKEYによるDJミックス・コンピレーション、『WE LOVE HIP HOP -CLASSICS-』を5月20日にiTunes限定配信する。同時にヒップホップ・カルチャー・ウェブサイト、welovehiphop.jpをローンチし、WLHHアパレル・ブランドも展開し、今後ヒップホップを中心に都内のみならず全国各地でファンを取り込んだイベントを実施予定している。

【STAR BASE RECORDSについて】
音楽プロダクション株式会社 onepeace主催のレーベル。Matt CabやMACO等が所属し、若い世代に絶大な人気を誇る。最近では、錦織圭選手とのコンピレーションアルバムが話題になっている。
http://www.starbase.jp/

【DJ NUCKEYについて】
2000年からCLUB DJとしてのキャリアをスタート。2004年に単身渡米し、NYにてNo.1ラジオ"HOT97"で活躍するトップDJ達と交流。キャパ3000人オーバーの大箱でプレイするなど現地で経験を積み重ねて2007年に帰国。
その後、地元横浜をベースに全国での精力的な活動を開始。ニューヨークで培った、アーティストとの強力な人脈を背景に数々の大物DJのJAPAN TOURを主催し、共演。その卓越したDJスキルとアグレッシブなMICパフォーマンスで全国にその名を轟かせる。そして2012年5月、世界的トップDJ集団"THE HEAVY HITTERS"の創設者、DJ ENUFFにDJとしての実力を認められ、DJ LEADに続くアジア人として2人目の正式メンバー入りを果たした。
ニューヨークで行われた、DJ NUCKEY"THE HEAVY HITTERS"就任パーティーではJADAKISSとも共演。日本、アメリカ、アジア諸国を股に掛け、着々と活躍の場を世界に広げている。
http://starbase.jp/artist/dj-nuckey

【ユニバーサルミュージック合同会社について】
ユニバーサル ミュージック合同会社は、全世界60の地域に子会社となるレコード会社、ライセンシーを展開する世界最大の音楽企業 ユニバーサル ミュージック グループの日本法人です。
邦楽、洋楽、クラシックス&ジャズ、カタログなど様々な歴史を持つ音楽レーベルから幅広い音楽ジャンルの作品が生み出されています。
ユニバーサル ミュージック グループは、メディアと通信のグローバル企業であるビベンディ (Vivendi) 傘下の1グループです。

■「WE LOVE HIP HOP」オフィシャルHP
http://welovehiphop.jp
■「WE LOVE HIP HOP」オフィシャルInstagram
https://www.instagram.com/welovehiphopjp/

【関連リンク】
若月彩花、初の主催イベント「恋の森フェスティバル」を4月23日 J-POP CAFE渋谷にて開催!
Celeina Ann、ミニアルバム『We Are One』が遂に全国CDショップで販売開始
aiko、ライブBlu-ray/DVD『ROCKとALOHA』の収録内容発表
X4、1stアルバムの詳細発表&新作MVを同時解禁

【関連アーティスト】

【ジャンル】
ヒップホップ

DOES、ニューアルバム『INNOCENCE』セルフライナーノーツ公開
Fri, 22 Apr 2016 12:00:00 +0900
DOES (okmusic UP\'s)

DOESが4月27日にリリースするニューアルバム『INNOCENCE』のセルフライナーノーツを、10周年の特設サイトにて毎日2曲ずつ公開することを発表した。


【その他の画像】DOES

メンバー自身が語る『INNOCENCE』の魅力をリリース前にいち早く知ることができるので要チェックだ!

■DOES10周年特設サイト
https://www.tumblr.com/blog/does10th

【関連リンク】
DOES、ニューアルバム『INNOCENCE』のトレーラー映像公開
DOES、ニューアルバム『INNOCENCE』の詳細解禁
「銀魂」声優陣&アーティスト集結“晴祭り2016(仮)”に3万5千人が熱狂、最後は会場全員で「シェー!」
「銀魂」「NARUTO―ナルト―」主題歌アーティスト集結“ANI-ROCK FES.”開催、SPYAIR、DOES、スキマスイッチ、FLOWら出演

【関連アーティスト】
DOES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LAMP IN TERREN、ファーストシングルよりメンバー完全セルフプロデュースのMVを公開
Fri, 22 Apr 2016 11:00:00 +0900
LAMP IN TERREN (okmusic UP\'s)

5月3日(火)に約10ヶ月ぶりとなる待望のファーストシングル「innocence / キャラバン」をリリースするLAMP IN TERREN。先日「innocence」のミュージックビデオが公開となったばかりだが、両A面シングルのもう1曲である「キャラバン」のミュージックビデオが公開となった。


【その他の画像】LAMP IN TERREN

本ミュージックビデオは、メンバーが脇坂侑希監督とタッグを組み、構成・衣装・撮影内容など、ボーカル松本を中心に、完全セルフプロデュースの下、制作されたものとなっている。「キャラバン」のタイトルの意味である“音楽の旅の団体"が映像として表現されており、メンバーが音を楽しんでいる様が全面的に描かれているのが印象的だ。

■「キャラバン」MV
https://youtu.be/Cl465ss4y8A

【関連リンク】
LAMP IN TERREN オフィシャルHP
LAMP IN TERREN、約1年ぶりの3マンツアー初日公演にて新曲を初披露
LAMP IN TERREN、劇場第2部『亜人-衝突-』の主題歌「innocence」MV解禁
LAMP IN TERREN、1stシングル特典DVDトレーラー公開

【関連アーティスト】
LAMP IN TERREN
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1