歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年04月19日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/04/28
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
ササノマリイ、ぼくりり提供曲で制作された新作をリリース
Tue, 19 Apr 2016 20:30:00 +0900
ササノマリイ (okmusic UP\'s)

ササノマリイがニューシングル「Re:verb」を ウ?ィレッジウ?ァンガード及びGEKIROCK CLOTHING(ゲキクロ)限定でリリースすることが決定。そのアートワークとトレーラー映像を公開した。

【その他の画像】ササノマリイ

エレクトロニカを基調にしながら、ロック、ポップス、クラブ・サウンドなどを独自に昇華したサウンドと、温かいメロディの中に辛辣な言葉を載せたリリックで数々の楽曲を発表しているササノマリイ。2015年12月にリリースされた、ぼくのりりっくのぼうよみのメジャーデビューアルバム『hollow world』に「CITI」を提供しているが、表題曲「Re:verb」は「CITI」と同じトラックを使用し、新たに制作したもの。

シングルには代表曲「戯言スピーカー」と「共感覚おばけ」のリアレンジ版を含む全4曲が収録。また、ヴィレッジヴァンガード対象店舗及びGEKIROCK CLOTHINGでは、CDと共にササノマリイ初のオフィシャルGOODSである トートバッグと最新作を含めたこれまでのアートワークに登場するキャラクターを使用した3枚組のステッカーセットが販売される。

そして、暖かみとアイデアに溢れるクラフトワーク映像作品で動画サイト vimeo のstaff picks、アヌシー国際アニメーション映画祭 2016 委託作品部門(フランス)、Anifilm(チェコ)、Golden Kuker-Sofia( ブルガリア ) 等、数々の映像、アニメーション festival にて入賞した前作「共感覚おばけ」のMVに引き続き、牧野惇が手がける「Re:verb」のMVを近日公開予定とのこと。お見逃しなく。

■「Re:verb」 trailer
https://youtu.be/mZRA-6L_XzI

■シングル「Re:verb」

2016年4月23日発売
rep-047/¥800+税
※ヴレッジヴァンガード&GEKIROCK CLOTHING限定販売) 
<収録曲>
01. Re:verb
02. 共感覚おばけ (Exit From a Loop of Regret)
03. 戯言スピーカー (in synonym)
04. Temporary

■ヴィレッジヴァンガード販売店舗
渋谷宇田川店
高田馬場店
ダイバーシティ東京プラザ店
横浜ワールドポーターズ店
高円寺店
町田(路面)店
御茶ノ水店
名古屋中央店
アメリカ村店
なんばパークス店
新京極店
三宮店
イオンモール綾川店
イオンモール倉敷店
(追加店舗は随時発表予定)?

【関連リンク】
ササノマリイ オフィシャルHP
ぼくのりりっくのぼうよみ、ニュース番組「AbemaPrime」のテーマソングを担当
ぼくのりりっくのぼうよみ、3部作MVの最終作「Sunrise(re-build)」を公開
ビクター新レーベル「CONNECTONE」が初主催イベント&オーディションの開催を発表

【関連アーティスト】
ササノマリイ, ぼくのりりっくのぼうよみ
【ジャンル】
J-POP

斉藤和義、ドラマ『不機嫌な果実』主題歌を書き下ろし
Tue, 19 Apr 2016 19:00:00 +0900
斉藤和義 (okmusic UP\'s)

斉藤和義が4月29日にスタートするテレビ朝日系金曜ナイトドラマ『不機嫌な果実』の主題歌「マディウォーター」を書き下ろしたことがわかった。


【その他の画像】斉藤和義

林真理子の傑作不倫小説『不機嫌な果実』を約20年ぶりにドラマ化した同作。テレビ朝日では初のドラマ主演を務める栗山千明が禁断の恋に挑戦。市原隼人が恋に情熱的な男に扮し、世の女性を翻弄していく。

斉藤和義は、昨年11月より6か月間にわたる全国ツアー『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016 "風の果てまで"』を行っている。詳細はオフィシャルHPにて。

■『KAZUYOSHI SAITO LIVE TOUR 2015-2016 “風の果てまで"』

4月21日(木) 岐阜 長良川国際会議場 メインホール
4月23日(土) 長野 ホクト文化ホール
4月24日(日) 富山 富山オーバード・ホール
4月29日(金・祝) 沖縄 沖縄コンベンション劇場
5月04日(水・祝) 静岡 アクトシティ浜松 大ホール
5月06日(金) 愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
5月07日(土) 愛知 名古屋国際会議場センチュリーホール
5月14日(土) 大阪 大阪城ホール
5月15日(日) 大阪 大阪城ホール
5月21日(土) 東京 日本武道館
5月22日(日) 東京 日本武道館
5月27日(金) 鳥取 とりぎん文化会館 梨花ホール
5月29日(日) 島根 島根県芸術文化センターグラントワ 大ホール
5月30日(月) 山口 山口市民会館
6月01日(水) 兵庫 姫路市文化センター 大ホール
6月03日(金) 岡山 岡山市民会館
6月05日(日) 山口 防府市民会館

【関連リンク】
斉藤和義 オフィシャルHP
ネコ好きすぎる!ネコと戯れる時に聴きたい曲
大橋トリオ、ニューアルバム&新曲MVで斉藤和義とコラボ
会社の忘年会で歌えば好印象な楽曲5選≪20代男性向け≫

【関連アーティスト】
斉藤和義
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

マウイ島でアイランドレゲエの火付け役となったNuff Sedd
Tue, 19 Apr 2016 18:00:00 +0900


Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からホットなisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています。
熊本での地震のニュースを聞き、九州に祖父母が住んでいるのですぐに連絡をしました。「親戚のうちはピアノが飛んできた」とか、「書庫の下敷きになった」とか言ってましたが、祖父母はどうにか無事です。でも、毎日余震があって不安そうでした。早く復興できるといいですね。ここから何かできないか思案中です。

【その他の画像】Nuff Sedd

さて、こちらは毎日勉強の課題で中だるみをしているところです。毎日アイランドレゲエを聴いて夏休みの事を考えています。そこで私が子供のころに聴いていた大好きなアイランドレゲエバンドを思い出したので、今回はマウイ島ハレアカラ(マウイ島の一番高い山)に住んでいるアイランドレゲエバンド、Nuff Sedd(ナフ・セド)をご紹介します。
https://www.youtube.com/watch?v=RMDDDjhhzn4

Naff SeddはEnough said(それ以上言わない・十分だという意味)のピジョン英語(ハワイ独特の英語の言い回し)で、日系人中心のバンド。ずいぶん前からアイランドレゲエはジャワイアンと言われて人気があったけど、マウイ島出身のNuff Seddが2005年に7つのHawaiian Music AwardやNew Artist, Song of Yearなどで優勝したのがきっかけで、マウイ島で空前のアイランドレゲエブームに!

火つけ役になったのが最初のアルバムの「Cherry Bomb」「Life is Perfect」の2曲。私が小さいころ、海でBBQをしている時にこの曲がいつもかかっていて、兄たちが釣りをしている時もいつもかけていた曲なのでとても懐かしくなります。

Nuff Seddは、はじめの頃は太平洋の島々や、カリフォルニア、ハワイの各島でLiveをやっていたけど最近はマウイからめっきり出ず、マウイ島でのLive活動が中心に。忙しくするのを嫌い、のんびりいこうよ〜をモットーに活動をしているマウイ島のレジェンドバンドなんですよ。

ハワイでは日本でも有名なKeali’I ReichelやNatural Vibrationsなどもあるけど、とにかく歌詞がジャマイカのレゲエとは違って、自由な生活や愛やピースフルな歌詞が中心。Nuff Seddの歌詞ももちろんポジティブ!

今回紹介している「Open Doors for Strangers」も「シンプルLifeでいこうよ! 観光客やいろんな奴がハワイに来てるけど、そんなストレンジャーのドアを開けてあげようよ。ハワイのシンプルLifeがいいって教えてあげよう!」って唄っているの。

マウイ島に住んでいるからこそ、いつもポジティブシンキングな音楽を作れるのね。ポジティブなマウイ島ハレアカラ育ちのアイランドレゲエNuff Seddの曲聴いてみてね。
Mahalo

【関連アーティスト】
Nuff Sedd
【ジャンル】


モノブライト、リリース寸前ニューアルバムの新情報が解禁
Tue, 19 Apr 2016 18:00:00 +0900
モノブライト (okmusic UP\'s)

4月20日にリリースされるモノブライトのニューアルバム『Bright Ground Music』の最新情報が公開され、初回プレス分に6月から東名札で開催される全国ツアー『Bright Ground Music 〜B.G.M〜 Tour』のチケット先行抽選チラシが封入されることが明らかになった。

【その他の画像】モノブライト

また、購入者に先着でプレゼントされるオリジナルステッカーに、全11曲の収録曲をイメージしたさまざまなキャラクターがあしらわれていることもアナウンスされた。モノブライトのオフィシャルHPにて開設される特設ページ て、そのキャラクターの謎が明らかにされるので、ぜひチェックしてほしい。

勢いが加速するモノブライトは、4月23日にタワーレコード渋谷店でのインストアライブに加え、さらに、4月23日に川崎店、24日には札幌ピヴォ店でもインストアライブが決定している。

■モノブライト『Bright Ground Music』 発売記念イベント

4月23日(土)12:00 東京 タワーレコード渋谷店 1階
ミニライヴ&サイン会
4月23日(土)20:30 神奈川 タワーレコード川崎店
アコースティックライヴ&サイン会
4月24日(日)15:00 北海道 タワーレコード札幌ピヴォ店
桃野陽介 ミニライヴ&サイン会
※詳しくはオフィシャルHP、各店舗にお問合せください。

■『Bright Ground Music 〜B.G.M〜 Tour』

6月09日(木) 北海道 札幌 BESSIE HALL
6月15日(水) 大阪 梅田 CLUB QUATTRO
6月17日(金) 東京 恵比寿 LIQUID ROOM

【関連リンク】
モノブライト オフィシャルHP
モノブライト、4月20日発売のアルバムより「こころ」のMVを先行公開
モノブライト、待望のオリジナルアルバムの全貌が明らかに!
モノブライト・桃野陽介、ホームである北海道でラジオレギュラー決定

【関連アーティスト】
モノブライト
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BIGBANG、最新ドームツアーのファイナル公演をパッケージ化
Tue, 19 Apr 2016 17:00:00 +0900
BIGBANG (okmusic UP\'s)

BIGBANGのワールドツアー『BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN』のファイナル公演を完全収録したDVD&Blu-rayが7月20日に発売されることが発表となった。

【その他の画像】BIGBANG

昨年4月の韓国・ソウル公演よりスタートし、今年3月に幕を閉じた自身3年ぶり2回目のワールドツアーは、韓国・日本・中国をはじめとするアジア各国、そして北米・中米・オーストラリアなど全世界13の国・地域32都市66公演でなんとトータル148万3,000人を動員。そのワールドツアーの日本公演として、東京ドームを皮切りに京セラドーム大阪・福岡ヤフオク!ドーム・ナゴヤドームの全4都市18公演で91万1,000人動員という壮大なスケールで日本全国を熱狂の渦に巻き込んだドームツアーのファイナル公演が映像作品化。新曲「BANG BANG BANG」・「LOSER」・「IF YOU」の日本語バージョンを初披露した5万5,000人超満員の東京ドームファイナル公演ダブルアンコール含む全23曲を完全収録したLIVE本編(約170分)のほか、リハーサルからツアーファイナルまで各公演に完全密着し、メンバーインタビューをふんだんに盛り込んだツアードキュメント映像『DOCUMENTARY OF BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN』をコンパイルしている。

初回生産限定となる豪華フォトブック(100P予定)付きSPECIAL BOX仕様のDELUXE EDITIONには、上記コンテンツはもちろん、全て未公開・新規映像での特典映像コンテンツとして、ツアー各公演MC名珍場面集【SPECIAL FEATURES】、各公演のLIVE映像で特別編集した【COLLECTION OF BEST MOMENTS】、さらにマルチアングル映像といった大ボリュームの映像コンテンツに加え、2枚組みライヴ CD全21曲までも収録予定となっている。

気になる今後のBIGBANGの日本活動だが、4月22日より約2年ぶりとなる日本ファンクラブイベント『BIGBANG FANCLUB EVENT 〜FANTASTIC BABYS 2016〜』を行うことが決定している。このファンクラブイベントツアーは4月22日・23日・24日神戸ワールド記念ホール3daysよりスタートとなり、全4都市27公演のアリーナツアーとして開催される。

さらに、7月には大阪・ヤンマースタジアム長居にて、韓国本国デビュー10周年を記念したスタジアムライブを開催することも決定。『BIGBANG 10th Anniversary Stadium Live 2016 in Japan (仮)』と冠された自身初となるスタジアムライブは、7月30日・31日の2日間開催で11万人を動員する見込みだ。

海外アーティスト史上初の3年連続日本ドームツアーを開催し、その最新ドームツアーは1ツアーにおける海外アーティスト史上最多動員となる91万1,000人を記録。そして2月3日(水)リリースの約3年8ヶ月ぶりとなる日本ニューアルバム『MADE SERIES』は自己最高の週間売上枚数で2/15付オリコン週間アルバムランキング初登場1位、さらに2月24日リリースの最新ドームツアーライヴDVD&Blu-ray『BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN』も3月7日付オリコン週間総合DVDランキング初登場1位を獲得するなど、BIGBANGの勢いはとどまることを知らない。

■DVD&Blu-ray『BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN : THE FINAL』

2016年7月20日発売
【初回生産限定 DVD】(3DVD+2LIVE CD+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック)-DELUXE EDITION-
AVBY-58405〜7/B〜C/¥9,300+税
※仕様:SPECIAL BOX+豪華フォトブック(100P予定)
※封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
【初回生産限定 Blu-ray】(2Blu-ray+2LIVE CD+PHOTO BOOK+スマプラムービー&ミュージック)-DELUXE EDITION-
AVXY-58408〜9/B〜C/¥10,300+税
※仕様:SPECIAL BOX+豪華フォトブック(100P予定)
※封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
< DVD (DISC1〜3) / Blu-ray (DISC1〜2)収録内容>
■『LIVE -TOKYO DOME 16.02.24-』
-MOVIE [INTRO]-
BANG BANG BANG
TONIGHT
STUPID LIAR
-MC 1-
HaruHaru -Japanese Version-
-MOVIE [PARTY+VANITY]-
LOSER
BLUE
-MC 2-
BAD BOY
-MOVIE [HUSTLER]-
IF YOU
-MOVIE [MR.CLEAN]-
STRONG BABY / V.I
-MOVIE [TOOTHPICK]-
WINGS / D-LITE
DOOM DADA / T.O.P
-MOVIE [PYRO]-
EYES, NOSE, LIPS -KR Ver.- / SOL
ZUTTER -KR Ver.- / GD&T.O.P
GOOD BOY / GD X TAEYANG
ピタカゲ (CROOKED) / G-DRAGON
-D-LITE DRUM SOLO-
SOBER -KR Ver.-
-BAND JAM-
BAE BAE -KR Ver.-
-MC 3-
FANTASTIC BABY
-MOVIE [OUTRO]-

WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.-
-PERFORMER INTRODUCTION-
声をきかせて
MY HEAVEN

BANG BANG BANG
BAE BAE -KR Ver.-
■DOCUMENTARY OF BIGBANG WORLD TOUR 2015〜2016 [MADE] IN JAPAN
■SPECIAL FEATURES
■COLLECTION OF BEST MOMENTS
■MULTI ANGLE
<CD収録内容(DISC1〜2)>
『LIVE -TOKYO DOME 16.02.24-』
■DISC 1
01. BANG BANG BANG
02. TONIGHT
03. STUPID LIAR
04. HaruHaru -Japanese Version-
05. LOSER
06. BLUE
07. BAD BOY
08. IF YOU
09. STRONG BABY / V.I
10. WINGS / D-LITE
11. DOOM DADA / T.O.P
■DISC 2
01. EYES, NOSE, LIPS -KR Ver.- / SOL
02. ZUTTER -KR Ver.- / GD&T.O.P
03. GOOD BOY / GD X TAEYANG
04. ピタカゲ (CROOKED) / G-DRAGON
05. SOBER -KR Ver.-
06. BAE BAE -KR Ver.-
07. FANTASTIC BABY
08. WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.-
09. 声をきかせて
10. MY HEAVEN

【DVD】(2DVD+スマプラムービー)
AVBY-58410〜11/¥6,300+税
※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
【Blu-ray】(2Blu-ray+スマプラムービー)
AVXY-58412〜3/¥7,300+税
※初回封入特典:豪華特典応募シリアルアクセスコード
< DVD (DISC1〜3) / Blu-ray (DISC1〜2)収録内容>
『LIVE -TOKYO DOME 16.02.24-』
-MOVIE [INTRO]-
BANG BANG BANG
TONIGHT
STUPID LIAR
-MC 1-
HaruHaru -Japanese Version-
-MOVIE [PARTY+VANITY]-
LOSER
BLUE
-MC 2-
BAD BOY
-MOVIE [HUSTLER]-
IF YOU
-MOVIE [MR.CLEAN]-
STRONG BABY / V.I
-MOVIE [TOOTHPICK]-
WINGS / D-LITE
DOOM DADA / T.O.P
-MOVIE [PYRO]-
EYES, NOSE, LIPS -KR Ver.- / SOL
ZUTTER -KR Ver.- / GD&T.O.P
GOOD BOY / GD X TAEYANG
ピタカゲ (CROOKED) / G-DRAGON
-D-LITE DRUM SOLO-
SOBER -KR Ver.-
-BAND JAM-
BAE BAE -KR Ver.-
-MC 3-
FANTASTIC BABY
-MOVIE [OUTRO]-
<ENCORE>
WE LIKE 2 PARTY -KR Ver.-
-PERFORMER INTRODUCTION-
声をきかせて
MY HEAVEN
<DOUBLE ENCORE>
BANG BANG BANG
BAE BAE -KR Ver.

【関連リンク】
BIGBANG オフィシャルHP
BIGBANG、7月にデビュー10周年を記念して初のスタジアムライブを開催
【音楽ランキング】今週も1位を獲得。本気モード「PERFECT HUMAN」が「武勇伝」超えか。
BIGBANG、ライブ・ビューイング来場者特典&BIGなWキャンペーン賞品を発表

【関連アーティスト】
BIGBANG
【ジャンル】
K-POP

ヒステリックパニックメンバー全員で選ぶプレイリスト。「春、新生活に聴いてほしいフ?レイリストはこれた?!」
Mon, 18 Apr 2016 18:00:00 +0900
ヒステリックパニック (okmusic UP\'s)

現在AWA OKMusicオフィシャルアカウントで公開中のプレイリストに、ヒステリックパニック選曲のプレイリストが追加された。

【その他の画像】ヒステリックパニック

■ヒステリックパニック

超絶ハイトーンのTack朗×凶悪スクリームのとも×極上コーラスの-POPと、ジャンルの垣根を気軽に飛び超えながら音を紡ぐ、通称“ヒスパニ”が新たに生み出す、これが最新式のエクストリームなJ-POP。

■「春、新生活に聴いてほしいフ?レイリストはこれた?!」

この春新生活を迎える人に是非聴いてもらいたい曲をヒステリックパニックメンバー全員で選んでみましたー。これを聴いてキラキラした春を満喫してみてくださいね~。

■1. Dandelion/RIP SLYME(とも選曲)

永遠の憧れ、大好きなRIP SLYMEさんの春ナンバー。桜並木を歩きながら聴きたい一曲。宮崎あおいさん出演のMVもほんわかしていて大好きです。

■2. 春の海/砂崎知子(とも選曲)

春の晴れた日にドライブする時の定番ソングとなっております。心地よいギターのカッティングと乗れるリズムと爽やかなメロディがドライブを楽しくさせてくれます。目的地に行くのにわざと遠回りをしてまで聴いている一曲です。

■3. Love Foolosophy/Jamiroquai(おかっち選曲)

2016年、正月に行なわれたヒステリックパニック『オトナとオモチャでアソボウゼー!!TOUR』ツアーファイナル公演の開場BGMとして使用された事は余りにも有名である。同じビクターです。

■4. POW/Larry Graham & Graham Central Station(おかっち選曲)

高校生一年生の春にベースを始めて、スラップという技法を知った時に聴いていた一曲です。今でも色褪せないファンキーで耳に残るスラップフレーズは当時の自分に衝撃を与え、現在の自分のベーススタイルの原点でもあります。

■5. 桜/河口恭吾(TACK朗選曲)

ふざけてると思うかもしれないけど、中学生の頃ロックのロの字も知らない僕はこの「桜」に出会ってすごくエモい気持ちになっていました。

■6. Make It Personal/Sonny Alven(

リラックスしたいけれどアンビエントは苦手な人も
季節の変わり目を感じさせる美しいメロディがフロウしてくる
心地よいLow Beatを体感せよ

■7. Fall Out Boy/The Phoenix(

2008年に活動休止してから5年
2013年に発売した復帰アルバムの中の一押しアンセム
新生活をエネルギッシュに迎えたい人にオススメ

■8. Isn\'t She Lovely(Album Version) /Stevie Wonder(やっち選曲)

あまり春とか関係はありませんが、春になると何故か聞きたくなるのでこの曲をチョイス(笑)。邦名が“愛しのアイシャ”でスティービー・ワンダー自身の娘の事を曲にしており、中盤からは入ってくる愛に満ち溢れたホームビデオのようなトラックは新生活にむけてはやる気持ちを落ち着けるにはちょうどよいのではないでしょうか。

■9. 振り向けば…/Janne Da Arc(やっち選曲)

春という事で一番に思い浮かんだのがこの曲、いかにもな感じの曲調と歌詞ではありますがテーマがテーマなのと個人的にもこの曲はよく聞くので選びました。素晴らしい歌メロと生のストリングスを聞いていただければと思います。

【関連アーティスト】
ヒステリックパニック
【ジャンル】


LUV K RAFT、1st シングル「イミテーションゴールド」を4月20日に発売
Tue, 19 Apr 2016 16:00:00 +0900
LUV K RAFT (okmusic UP\'s)

LUV K RAFT待望の1st シングル「イミテーションゴールド」(限定生産)が4月20日にリリースされる。

【その他の画像】LUV K RAFT

サウンド・ビジュアルをすべて手がける変幻自在のクリエイターでもある3人がこだわり抜いて作り上げたデビュー作は、バンドスタイルながら細部にこだわったエレクトロサウンドを採用。マスタリングにはテイラースウイフトなどを手がけるTom Coyneが参加している。

また、先行配信した話題曲「プレゼント」(『噂のケンミンSHOW』ED曲)の音源もマニア感涙のレアアイテム”カセット”で同梱。こちらもCD収録曲と併せて注目してほしい。

■シングル「イミテーションゴールド」

2016年4月20日発売
LKRD-10001/¥1,574+税
<収録曲>
01:イミテーションゴールド
Words:KAREN、MASATO
Music:MASATO KITANO
Arrangement:LUV K RAFT
02:Radio Star
Words:KAREN 
Music:MASATO KITANO 
Arrangement:LUV K RAFT

【関連リンク】
LUV K RAFT オフィシャルHP
AbemaTV、『METROCK2016』のステージ・楽屋インタビューを2日間独占生中継!
奥田民生、新作DVD&Blu-ray+ライヴ盤をリリース! 一夜限りの特別上映会も
THE BACK HORN、ニコ生にて3ヵ月連続特番&7夜連続のスペシャルウィークを放送

【関連アーティスト】
LUV K RAFT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Silent Siren、史上最大規模のツアースタート&ファイナルは横アリ
Tue, 19 Apr 2016 15:00:00 +0900
4月18日@東京・EX THEATER ROPPONGI (okmusic UP\'s)

Silent Sirenの全国25カ所26公演の全国ツアー『Silent Siren Live Tour 2016 SのためにSをねらえ!そしてすべてがSになる』の初日公演が、4月18日にEX THEATER ROPPONGIで行われた。

【その他の画像】Silent Siren

初日のステージにアルバム『S』のジャケット写真に使用されたSのオブジェの飛び散るペンキをイメージしたという衣装で登場した4人。いきなりすぅ(Vo&Gt)の「Silent Sirenのツアーへようこそ! 一緒に盛り上がっていきましょう!」という絶叫からスタート。3月2日に発売され、彼女たちにとってアルバム最高位となるオリコンウィークリーアルバムランキングで3位を獲得した4thアルバム『S』の収録楽曲を中心に披露。さらに、ライブだけのお楽しみということでカバー楽曲の披露などもあり、チケットがSOLD OUTの会場に詰め掛けた1,700人を喜ばせた。

アンコールでは、今回のツアーの企画を考えた、あいにゃん(Ba)が「みんなと一緒にライブを考えられて嬉しいです。今回のツアーは、ライブハウスもホールもアリーナもあるので全部違うライブにしようと思います」と7月18日のファイナル横浜アリーナに向けての今ツアーの意気込みを語った。

また、9月4日には東京・新木場スタジオコーストで3年連続で主催イベント『サイサイフェス2016』が開催されることも発表された。

なお、今回のツアー会場では、熊本地震の被災地への義援金を募っており、集まった義援金は、日本赤十字社を通して被災地へ送ることもアナウンスされた。 詳細はオフィシャルサイトで確認しよう。

■【ライヴ情報】

「Silent Siren Live Tour 2016 SのためにSをねらえ!そしてすべてがSになる」
4月21日(木) 群馬 高崎club FLEEZ
4月23日(土) 岩手 盛岡Club Change WAVE
4月24日(日) 山形 Session
4月29日(金) 鹿児島 鹿児島CAPARVO HALL
4月30日(土) 熊本 熊本B.9 V1
5月04日(水) 愛媛 松山サロンキティ
5月05日(木) 香川 高松MONSTER
5月07日(土) 島根 松江テルサ
5月08日(日) 岡山 岡山CRAZYMAMA KINGDOM
5月13日(金) 富山 富山MAIRO
5月14日(土) 長野 長野CLUB JUNK BOX
5月21日(土) 京都 京都FANJ
5月22日(日) 兵庫 神戸VARIT.
5月28日(土) 埼玉 戸田市文化会館
6月04日(土) 広島 はつかいち文化ホール さくらぴあ
6月05日(日) 福岡 福岡国際会議場 メインホール
6月11日(土) 北海道 小樽GOLDSTONE
6月12日(日) 北海道 札幌市教育文化会館 大ホール
6月23日(木) 新潟 りゅーとぴあ劇場
6月25日(土) 福島 郡山市民文化センター 中ホール
6月26日(日) 福島 郡山市民文化センター 中ホール
7月03日(日) 宮城 仙台市民会館 大ホール
7月09日(土) 愛知 名古屋センチュリーホール
7月10日(日) 大阪 大阪国際会議場グランキューブ大阪メインホール
7月18日(月) 神奈川 横浜アリーナ

「サイサイフェス2016」
9月04日(日) 東京 新木場スタジオコースト

【関連リンク】
Silent Siren オフィシャルHP
E-girls・EXILE SHOKICHI・超特急ら出演『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016』、いよいよ3月20日"PARTY"をテーマに開催
Silent Siren、新宿ステーションスクエアをライブハウスに!?
Silent Siren、期間限定コラボカフェにメンバーがサプライズ来店!

【関連アーティスト】
Silent Siren
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

aiko、2年ぶりのオリジナルアルバムリリース決定
Tue, 19 Apr 2016 14:00:00 +0900
aiko (okmusic UP\'s)

aikoが5月18日にオリジナルアルバムをリリースをすることを発表した。


【その他の画像】aiko

前作『泡のような愛だった』から約2年ぶりとなる今作は、最新ヒットシングル「もっと」に加え、シングル「あたしの向こう」「夢見る隙間」「プラマイ」の4曲が収録とされる。また、このニューアルバムを携えて5月21日からは全国18ヵ所34公演を巡るホールツアー『Love Like Pop vol.19』を開催することも発表されている。

5月3日には、DVD&Blu-ray『ROCKとALOHA』をリリース。昨年行った自身最大規模のライヴハウスツアー『Love Like Rock vol.7』 、昨年8月30日に神奈川・サザンビーチ ちがさきにて行われたaikoの3年ぶりとなるフリーライヴ『Love Like Aloha vol.5』を2枚組でパッケージ化。ツアーに先駆けて、こちらで一足先にaikoのライヴを堪能しよう。

■アルバム『タイトル未定』

2016年5月18日発売

■DVD&Blu-ray『ROCKとALOHA』

2016年5月3日発売
【Blu-ray】
PCXP-57015/¥5,800+税
【DVD】
PCBP-57015/¥4,800+税

※初回限定スペサルBOX仕様
※初回限定封入特典:パスステッカー

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
【連載コラム】稚菜、aikoの「もっと」をカバー
aiko、最新ライブ映像作品『ROCKとALOHA』を5月3日にリリース
aiko、ホールツアー「Love Like Pop vol.19」のチケット一般発売情報解禁

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP

ガガガSP、元祖インディーズイベント「SET YOU FREE」とのスプリットツアーを開催
Tue, 19 Apr 2016 13:00:00 +0900
SET YOU FREE (okmusic UP\'s)

神戸を代表する“日本最古の青春パンクバンド”ガガガSPと、“老舗インディーズイベント”として日本全国のライブハウスで伝説を残してきた「SET YOU FREE」。2016年、共に結成・誕生から19年目を迎えた両者が、来るべき20周年に向けその先駆けとなるスプリットツアーの開催を発表した。

【その他の画像】ガガガSP

2003年より「SET YOU FREE」に名を連ねてきたガガガSPをメインに、KING BROTHERSやTHE BOYS&GIRLS、最終少女ひかさ、クリトリック・リス、ギャーギャーズなどSET YOU FREEと縁の深いベテランや若手といった強力なゲストバンドを迎え、大阪・岡山・札幌・名古屋・東京の5都市での熱すぎる夜が幕を開ける。なお各地のゲストバンドは今後続々と発表される模様。

今回のスプリットツアーに伴い、ガガガSPの唄い手・コザック前田は「いまだ僕を興奮させてくれるイベントはSET YOU FREE。セッチューの中では歳上、歳下は関係無い。良いライブをしたものが一日のヒーロー! このツアーでしのぎを削って行きます!」と意気込みを語っている。

1997年から2016年の現在までライブハウスシーンを牽引し続ける両雄が、2016年初夏の5都市を熱く駆け抜ける。なおチケットは各プレイガイドにて4月17日(日)より発売開始となる。

■「ガガガSP × SET YOU FREE」ツアー特設サイト
http://gagagasp.jp/setyoufree/

■「ガガガSP × SET YOU FREE TOUR 2016 〜ROAD TO 20th ANNIVERSARY〜 」

6月06日(月) 梅田 Shangri-La
GUEST:KING BROTHERS / ギャーギャーズ / and more...
6月07日(火) 岡山 PEPPERLAND
GUEST:KING BROTHERS / ギャーギャーズ / 最終少女ひかさ / クリトリック・リス
6月10日(金) 札幌 KLUB COUNTERACTION
GUEST:THE BOYS&GIRLS / and more...
6月20日(月) 名古屋 CLUB UPSET
GUEST:ギャーギャーズ / and more…
6月21日(火) 新宿 LOFT
GUEST:THE BOYS&GIRLS / ギャーギャーズ / and more...

【関連リンク】
ガガガSP オフィシャルHP
ガガガSP、デビュー15周年を飾るワンマンツアーが決定
ガガガSP、新曲「かなわない夢」MVで“靴磨きのかなわぬ恋”を表現
ガガガSP、かりゆし58らが“暑中見舞い”として夏フェスMAP公開

【関連アーティスト】
ガガガSP, ギャーギャーズ, KING BROTHERS, THE BOYS&GIRLS
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア

THE BACK HORN、ニコ生にて3ヵ月連続特番&7夜連続のスペシャルウィークを放送
Tue, 19 Apr 2016 12:00:00 +0900
THE BACK HORN (okmusic UP\'s)

THE BACK HORNがニューアルバム『運命開花』の発売を記念し開催している『THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜』。その模様をメンバーが報告する特別番組『THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 3ヵ月連続特番!』の第2回が4月19日(火)21時からニコニコ公式生放送で生配信される。

【その他の画像】THE BACK HORN

さらに、その特番に続いてTHE BACK HORNのライブ映像作品やミュージックビデオを特集するスペシャルウィークのオンエアも決定し、7夜連続のTHE BACK HORN 一挙放送として4月25日(月)まで毎日21時から番組が配信される事が決定した。

『THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 3ヵ月連続特番!』にはメンバー4人が登場。ギターの菅波栄純が編集した各地のライブやオフショット映像を交えながらのトークやツアーの裏話など、参加した人も、これから参加する人も楽しめる内容になっている。なお第3回は5月31日(火)の21時から生配信される。

アルバム『運命開花』は先行両A面シングルから「悪人」「その先へ」、BCリーグに所属する福島県の県民球団・福島HOPESの公式サポートソング「魂のアリバイ」など、全12曲を収録。初回限定盤は特典DVDが付属したブックケース仕様となっている。DVDには、『運命開花』のレコーディングドキュメンタリーに加えて、サイレント映像がYouTubeにて公開され話題となっていた「悪人」、昇る朝陽の中で演奏するシーンが印象的な「その先へ」の2本のミュージックビデオと、その撮影ドキュメントを含む約45分の特別映像が収録されている。

■【ニコニコ公式生放送 詳細情報】

■ニコニコ公式生放送 THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 3ヵ月連続特番!
第2回 放送日:4月19日(火)
開場:20:50 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv256223805

■THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 SPECIAL WEEK DAY2
放送日:4月20日(水)
開場:20:50 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv259687450

■THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 SPECIAL WEEK DAY3
放送日:4月21日(木)
開場:20:50 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv259687593

■THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 SPECIAL WEEK DAY4
放送日:4月22日(金)
開場:20:50 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv259687828

■THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 SPECIAL WEEK DAY5
放送日:4月23日(土)
開場:20:50 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv259687887

■THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 SPECIAL WEEK DAY6
放送日:4月24日(日)
開場:20:50 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv259687982

■THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 SPECIAL WEEK DAY7
放送日:4月25日(月)
開場:20:50 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv259688052

■ニコニコ公式生放送 THE BACK HORN「KYO-MEIワンマンツアー」〜運命開歌〜 3ヵ月連続特番!
第3回 放送日:5月31日(火)
開場:20:50 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv256224334

【関連リンク】
THE BACK HORN オフィシャルHP
「ビクターロック祭り〜2016〜」、約10時間に及ぶ圧巻のライブに15,000人が大熱狂
『ビクターロック祭り2016』、THE BACK HORN、go!go!vanillasら出演アーティスト追加発表
THE BACK HORN、アルバム『運命開花』ダイジェスト音源で楽曲解説

【関連アーティスト】
THE BACK HORN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「最&高」の“最高”にカオスなMVが完成!
Tue, 19 Apr 2016 11:00:00 +0900
きゃりーぱみゅぱみゅ (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅのニューシングル「最&高」のミュージックビデオ(フルヴァージョン)が、シングルの発売前日となる4月19日(火)に解禁された。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

今作は、鬼才・田中秀幸監督との初めてタッグ。シングルのタイトル「最&高」通りの非常に最高でにカオスなミュージックビデオが完成した。

まずはきゃりーが音楽に合わせてドラムやシンバルを叩く巨大なロボットになる衝撃な姿からスタート。最後にはラーメンどんぶり風のステージに移動し歌うきゃりーに合わせ群衆たちが楽しそうに踊る、周年をお祝いする姿を描いている。まさに5周年に相応しい最高にカオスな世界観を表現した最高傑作、是非一度ご覧になってほしい。

■【各関係者よりコメント】

■きゃりーぱみゅぱみゅ
今作は5周年らしい本当に最高の作品に仕上がったと思います。
私の中でも、すごくメッセージ性の濃い曲なので、私らしいユーモアも交えて表現することにこだわりました。
監督とどんぶりステージで意気投合したので、中華風に仕上げた衣装やヘアにもご注目ください。

■監督・田中秀幸
5周年の記念すべきMVの監督をさせていただいて光栄です。
きゃりーちゃん、そして、きゃりーちゃんのスタッフの皆さんとも今回初仕事でしたが、最&高に楽しく作品作りができました!
撮影中も打ち合わせ中もみんな『最&高』が口癖となっていました。
そして、CG、撮影、美術、制作スタッフの仕事も最&高。

■【制作ノート】

3月半ば、都内某所で撮影は、行なわれた。
撮影の3日前からの立て込みとなり、非常に壮大な企画が進められた。
今作のスタッフィングは、デビュー当時からきゃりーを支える衣装デザイナーの飯嶋久美子、コレオグラファーまいこ、ヘアメイクスズキミナコが担当するが、演出、監督は、きゃりーと初仕事となる田中秀幸監督が担当、きゃりーにとっての5周年の作品創りということもあり気合の入った撮影となった。

新曲は、5周年を迎えるきゃりーが日頃の感謝をスタッフやファンに伝えたいという強い想いをヒントに、CAPSULE中田ヤスタカ氏が書き下ろしした祝5周年ソング。今回初のタッグとなる監督やデビューより親交深いクリエイターと共に、きゃりー自ら企画段階より入念に打合せを重ね完成したミュージックビデオとなる。振り付けは、5周年ソングということもあり、ファンみんなで盛り上がることができることに拘った。サビはわかりやすく、親指を突き出す、「最高ポーズ」となりマネのしやすいダンスとなっている。

今作品は、5周年を記念する作品ということもあり、まさに「5」というキーワードが至るところに散りばめられた。現在1億回近く再生されている「PONPONPON」を彷彿させるような、撮影から制作期間が約1ヶ月を要したCGがふんだんに駆使されている作品が完成した。

まずは、きゃりーが、音楽に合わせてドラムやシンバルを叩く巨大なロボットになるという衝撃な姿からスタート。きゃりーをよりロボットに見せるため腕のみをグリーンにして撮影、後から合成した腕の動きは、まさに音とシンクロした奇妙な動きになっている。早朝からまずはこの巨大ロボットシーンから撮影はスタート、3月といえども広いスタジオは暖房がなく極寒に。薄着をしたきゃりー寒さに耐えながら撮影を続け、ロボット感の演出で振り子のような左右に動く同じ動きの繰り返しに、「もうしばらくはあの動きはしたくない…」というくらい、長時間の撮影となった。

後半の、ラーメンどんぶり風のステージは、今回非常に拘ったきゃりーと監督共に非常に拘ったシーンである。少しアジアテイストになっている音色にきゃりーも監督共に着目、お互い最高にラーメン好きということで、渾身のラーメンどんぶり風ステージが完成。その仕上がりにきゃりーも感動、中華風な衣装とヘアで世界観で華を添えた。仕上がったミュージックビデオの全貌は、とにかく曲に合わせ、楽しそうに踊る群衆たちに囲まれ5周年をお祝いされるというストーリとなっており、まさに5周年に相応しいきゃりーぱみゅぱみゅの奇抜な世界観を惜しみなく表現した最高傑作となっている。

■「最&高」MV
https://youtu.be/BRWK5I49jOs

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「最&高」MV公開に先駆けティザー映像を解禁
きゃりーぱみゅぱみゅ、ベストアルバムの豪華アートワークを解禁
きゃりーぱみゅぱみゅと西武鉄道のコラボで「SEIBU KPP TRAIN」発車!

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP

KREVA、LITTLE、MCUらエレメンツ所属アーティストがスタジオトリビュート発売&イベント開催決定
Mon, 18 Apr 2016 20:00:00 +0900
『monday night studio(R) session』参加アーティスト (okmusic UP\'s)

芸能プロダクション(有)エレメンツの自社スタジオとして平成15年に設立された「monday night studio(R) 大橋」が、建物の取り壊しに伴い13年間の歴史に幕を閉じることになった。

【その他の画像】SONOMI

そこで、スタジオの音や空気を後世に残すべく、現在エレメンツに所属するアーティスト、KICK THE CAN CREWのLITTLE・KREVA・MCUやSONOMI、JMC、千晴、そして女優の小西真奈美やミュージカル女優の綿引さやか、スタジオゆかりのミュージシャン、エンジニアが一堂に集結し、楽曲制作に着手。国内外でほかに類をみない、スタジオトリビュートアルバムとして、『monday night studio(R) session』を6月8日にリリースすることが発表された。

今回リリースするトリビュートアルバムのキーワードは“JAZZY”。耳になじみのあるJAZZの名曲をサンプリングし、生演奏で楽曲を新録した。また、新感覚のステージとして大好評のうちに幕を閉じたKREVAの新しい音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』で強烈な印象を残した、小西真奈美の歌う幻想的な「トランキライザー」、“歌だけで泣ける”と話題騒然となった綿引さやかの「ひかり」も収録。音楽が生みだされる現場の空気をメモライズした、音楽業界にとっても価値ある作品は、あまりに凄すぎて大人げない仕上がりになっている。

なお、小西真奈美の歌う「トランキライザー」single ver.が、アルバムのリリースに先がけて5月に先行配信されることも同時に発表された。こちらもぜひ注目してほしい。

さらに、本アルバムのリリースを記念したメモリアルイベントが、6月26日(日)に日比谷野外大音楽堂にて開催される。その名も『elements night 〜sunday night session〜』。KREVA、KICK THE CAN CREW、小西真奈美、JAZZピアニストの木原健太郎など、これまで決して一堂に会することのなかった豪華アーティスト、ミュージシャンによる一夜限りの貴重なセッションは、たとえ音楽ファンでなくとも一見に値するイベントになることは間違いないだろう。

■【コメント】

■小西真奈美
「未だラップの定義がわかっていない私ですが、楽曲に対する想いは、ファンの皆様と同じくらいあるつもりでいます。
“感じるままに歌ってみたらこうなりました。”という私なりの表現方法を楽しんで頂けたら嬉しいです。」

■綿引さやか
「トリビュートアルバムなるものに始めて参加させて頂き、こんなに魅力的で豪華な内容でいいのでしょうか…と震えています。
今回フィーチャリングして頂いた楽曲や、舞台でも歌わせて頂いた「ひかり」を、皆さんの元に早く届けたいとうずうずしています。」

■アルバム『monday night studio(R) session』

2016年6月8日発売
RZCD-86106/¥2,300+税 
<収録楽曲>
01:『虹』KREVA MCU LITTLE SONOMI 小西真奈美 綿引さやか Micchiy JUMPEI 千晴
02:『ジェリー』千晴 feat.MCU JUMPEI SONOMI
03:『mtg』~skit~ 
04:『トランキライザー』小西真奈美 
05:『やっぱりRAPが好き』LITTLE feat.綿引さやか
06:『scent of you』MCU feat.SONOMI
07:『one more time』Micchiy feat.千晴
08:『ひかり』綿引さやか
09:『MY BABY』JUMPEI feat.綿引さやか
10:『Round midnight』SONOMI
■アーティスト
KREVA、LITTLE、MCU、SONOMI、小西真奈美、綿引さやか、JUMPEI from JMC、Micchiy from JMC、千晴
■参加ミュージシャン
木原健太郎(Piano)、岡雄三(Bass)、白根佳尚(Drums)、須長和広((Wood Bass)、瀧田敏広(keyboard)、小林知弘(Viola)、Juny-a from FIRE HORNS(Sax)、馬谷勇(Guitar)、熊井吾郎(DJ)
■エンジニア
Takayuki “ZEE” Oba、Tetsuya Sugimoto、Hideaki Kijima、Shogo Sawada、G.M-KAZ

■『elements night 〜sunday night session〜』

6月26日(日) 日比谷野外大音楽堂
OPEN 16:00/START 17:00
<出演> ※順不同
artists:
KREVA 、 LITTLE 、 MCU 、 SONOMI 、 小西真奈美 、 JMC 、 千晴 、 UL 、 KICK THE CAN CREW
musicians:
木原健太郎(Piano)、岡雄三(Bass)、白根佳尚(Drums)、Juny-a from FIRE HORNS(Sax)、馬谷勇(Guitar)、熊井吾郎(DJ)
…and more
<チケット>
全席指定 ¥6,480(税込)
一般発売日:
2016年5月21日(土)

《OFFICIAL抽選先行販売のご案内》
■神輿ロッカーズ 抽選先行
【受付期間】2016年4月15日(金)18:00〜2016年4月20日(水)23:00
【受付URL】神輿ロッカーズサイト内をご確認ください(http://artist-site.jp/354r/)
■KFC 抽選先行
【受付期間】2016年4月21日(木)18:00〜2016年4月26日(火)23:00
【受付URL】KFCサイト内をご確認ください(http://fc.kreva.biz/)

※お一人様1申し込み最大4枚まで購入可能
※本先行受付は抽選受付になります。お申込み頂いたお客様の中から厳正なる抽選の上、当選者を決定いたします。申込み順に当選が決まることはございませんので、あせらず落ち着いてお申込みください。

【関連リンク】
『monday night studio(R) session』オフィシャルHP
JMC、新曲MV期間限定フル公開&東京・福岡でのフリーライヴ詳細決定
JMC(ジュミッチ)、KREVAプロデュースで“親子の絆”を歌う
「関ジャム」にback number登場。若い女性にウケる歌詞の秘密とは?横山ら5人は「ヒロイン」をセッション

【関連アーティスト】
SONOMI, KREVA, JMC, LITTLE, MCU, 千晴, 小西真奈美, 綿引さやか
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, イベント

AbemaTV、『METROCK2016』のステージ・楽屋インタビューを2日間独占生中継!
Mon, 18 Apr 2016 20:00:00 +0900
『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016』ロゴ (okmusic UP\'s)

「AbemaTV」が、5月に開催される『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016(以下METROCK2016)』にオフィシャルスポンサーとして参加し、5月21日(土)、22日(日)の東京公演の様子を独占生中継することが決定した。(一部VTR映像を含む)

【その他の画像】サカナクション

『METROCK』は2013年よりはじまった、東京都内で開催される唯一の大型野外ロックフェスティバル。2日間で3万を超える動員人数を誇り、毎年チケットが即日で売り切れるなど、音楽ファンから圧倒的な支持を得ている。

4回目となる今年は、初となる大阪での開催も決定。出演アーティストは30組を超え、動員人数は東京・大阪合わせて7万人以上を予定している。

今回、「AbemaTV」では、5月21日(土)、22日(日)の2日間にわたって行われる『METROCK2016』の様子を生中継。サカナクション、ゲスの極み乙女、[Alexandros]のステージをはじめ、初開催の大阪での模様や、アーティストによる楽屋インタビューも織り交ぜ、会場の熱気をそのままに2日間独占生中継する。

■【番組概要】

「AbemaTV」TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016独占生中継
放送予定日時:
5月21日(土)昼12:00頃〜
5月22日(日)昼12:00頃〜

【関連リンク】
「AbemaTV」 オフィシャルHP
『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016』 オフィシャルHP
[Alexandros]、“壁”がキーワードとなった新曲「NEW WALL」のMV完成
ゲスの極み乙女。、初の日本武道館公演2DAYSが大盛況

【関連アーティスト】
サカナクション, ゲスの極み乙女。, [Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス

【ジャニゴトまとめ Vol.3】これは夢…? ジャニーズだらけの野球大会に行ってきた<前編>
Mon, 18 Apr 2016 19:30:00 +0900
ジャニゴトまとめ (okmusic UP\'s)

OKMusicが運営するMusicHubzに投稿された、ジャニーズファンの熱〜いノートを紹介する「ジャニゴトまとめ」。

第3弾は早くも番外編! 4月13日に東京ドームで開催された『“東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会』の潜入レポートを<前編><後編>の2回に分けてお届けします♪

《ジャニゴトまとめ Vol.3 ラインナップはこちら》
・『ジャニーズ野球大会』の歴史をおさらい
・ ジャニ担スタッフ、東京ドームへ行く。
・ 会場内はまるで年末の東京ドーム!?
・ 早めに入場すると公開練習を見学できる!
・ 塚ちゃんはバク転、ふみきゅんはアノ人のモノマネ!?

【その他の画像】V6

そもそもジャニーズ事務所が誕生したのは、かつて通訳・英語教師をしていたジャニーさんが子供たちを集めて結成した野球チーム“ジャニーズ”がきっかけ。ジャニーズと野球は深〜い関係にあるのです。

『ジャニーズ大運動会』自体は1990年に始まったイベント。2004年まで毎年開催され、それ以降は2009年、2011年のみ開催されました。

久々の開催となる今回は、V6の坂本くんやKAT-TUNの亀梨くんといった野球経験者をはじめ、ジャニーズ事務所きってのスポーツマン合計106名が大集合! 近藤真彦さんが監督のJ.Redと東山紀之さんが監督のJ.Whiteによるガチンコ勝負が繰り広げられました\(^o^)/

開催発表後に投稿されたノートからもファンの期待の高さが伝わってきますね♪
■ジャニーズ野球大会の思い出
■野球大会の生中継希望!

■ジャニ担スタッフ、東京ドームへ行く。

ジャニヲタの仲間入りをして初の『ジャニーズ野球大会』。発表直後からソワソワしているジャニ担スタッフに課せられたのは、『ジャニーズ野球大会』の潜入レポートだった−−−……。果たしてジャニ担スタッフはジャニーズ達の麗しき野球大会をレポートできるのか!?

<登場人物>
名前:ジャニ担スタッフ
・趣味と仕事を兼ねる(自称)職業・ジャニヲタ
・堂本光一担
・「野球のルール? 打って1周回れば1点でしょ?」


ジャニ担スタッフ「東京ドームに到着しました! こんなに大きい会場でアイドルが野球って贅沢だなぁ……」


今後ジャニーズの野球大会が開催されたときのために、素朴な疑問を解決するのもジャニ担スタッフの使命のひとつ。

<ジャニ担スタッフの疑問>
・うちわ&ペンライトは禁止?
・着席と立ち見どっち?
・観戦しながら飲食していいの?

これらの疑問を胸に、いざ東京ドームへ!

■会場内はまるで年末の東京ドーム!?

ジャニーズのファンが一度は夢見るアリーナ席は、もちろんですが全面芝生に! 本来ここは球場であるということを改めて実感させられます。


ジャニ担スタッフ「わ〜! いろんなグループのファンがいてカウコン(※)みたい!」
※カウコン=『ジャニーズカウントダウン』の略。同じく東京ドームで開催されるジャニーズ年末の恒例行事。


座席についてほっと一息。客席を見渡すと……あたりはジャニヲタ三種の神器(※)と囁かれる“うちわ”を持ったファンの姿が!
※ジャニヲタ三種の神器=うちわ・ペンライト・双眼鏡

過去にコンサートグッズとして販売されたメンバーの顔が印刷されたうちわや、担当の名前や“ピースして!”などのメッセージがデザインされた手作りのうちわの数々……。

その光景はまさに、春先に訪れたカウコンそのものだったのです。

■早めに入場すると公開練習を見学できる!

ジャニ担スタッフ「あっ、もうすでにJ.Whiteの練習が始まってる。光一く〜ん!」


『ジャニーズ野球大会』は開場が16:00。スタートは18:00からですが、なんと開演前から両チームの公開練習を見学することができるんです。

そのため、開場と同時に入場口にファンが殺到し、開場時間を1時間過ぎる頃には会場がほぼ満席に(゚o゚;)

せっかく『ジャニーズ野球大会』を観戦するなら、担当の練習姿までしっかり目に焼き付けたいという気持ち、よくわかります……!


ジャニ担スタッフ「?木くんと横尾くんがキャッチボールしてるー!」


グループの垣根を越えたキャッチボールがそこらじゅうで行なわれるという、ファンにはたまらない光景に会場は大興奮。これでチケットが3,500円だなんて、かなりお得じゃないですか?


ジャニ担スタッフ「野球といえばビールを片手に観戦したいところだけど……」


野球についての知識が浅いなりに形式から入ろうと試みたジャニ担スタッフですが、ここで思いもよらない壁が。

係員さんのアナウンスによれば、試合中の座席での飲食は禁止(所定の場所ならOK)なのだそう……。念願叶わずなのは残念ですが、実際試合が始まったら飲食どころじゃないかもしれませんね。

また、試合中は着席が必須。ちなみに、試合終了後のショータイムは立ち見が暗黙の了解のようです。

ペンライトは、試合中は常に明るいということもあり、出番があまりありません。その代わり、ショータイムのときはみなさん全力でペンライトを振っていました(*^^*)

■塚ちゃんはバク転、ふみきゅんはアノ人のモノマネ!? 公開練習はえびが大活躍!

4万5千人の視線が注がれるなか、J.Whiteはヒガシが、J.RedはふみきゅんことA.B.C-Zの河合くんが練習中のチームメイトを紹介しながらインタビューを実行。

ここでヒガシの無茶ぶりから、A.B.C-Zの元気印・ツカちゃんこと塚田くんが華麗なるバク転&Y字バランスを披露! 同じくA.B.C-Zのふみきゅんは、お得意の松潤モノマネを披露して会場を沸かせていました!

そんなふみきゅんのモノマネに鋭くツッこんでいた二宮くんですが、せっかくJr.の高橋くんが“尊敬する先輩”に名前を挙げたのに、ベンチでだらだらしているところをカメラに抜かれる場面も(笑)


ジャニ担スタッフ「ニノが映ると歓声がすごい……」


さすが嵐、会場に響く声のボリュームが桁違いです。ニノだけでなく、会場のスクリーンに誰かが映るたびに歓声が上がるなど、『ジャニーズ野球大会』ならではの光景が広がっていました!

以上、前編では『ジャニーズ野球大会』公開練習の模様をお届けしました。

公開練習といえども、ファンとしては見所がたくさんのサービスタイム。開演前にもかかわらず、ほとんどの方が着席して選手達を見守っていたのが印象的でした。

MusicHubzでは、まだまだ『ジャニーズ野球大会』に関するノートの投稿をお待ちしています♪

■いよいよ後編は……

後編はいよいよプレイボール\(^o^)/ 華やかなショータイムの様子と合わせてレポートする予定なので、ぜひ次回の配信を楽しみにお待ちください!

【関連リンク】
MusicHubzでジャニゴトを投稿しよう!

【関連アーティスト】
V6, 近藤真彦, KinKi Kids, 嵐, 少年隊, タッキー&翼, KAT-TUN, Hey! Say! JUMP, Kis-My-Ft2, Sexy Zone, A.B.C-Z, 中山優馬, ジャニーズWEST, 内博貴
【ジャンル】


奥田民生、新作DVD&Blu-ray+ライヴ盤をリリース! 一夜限りの特別上映会も
Sat, 16 Apr 2016 10:00:00 +0900
奥田民生 (okmusic UP\'s)

昨年11月28日、MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島を埋め尽くす3万人の観客にギター1本で約3時間の弾き語りを行なった伝説のライヴ「奥田民生ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム」が、DVD&Blu-rayとしてリリースされることがわかった。

【その他の画像】奥田民生

さらには、「RCMR」の看板を掲げて行なった全国13ヶ所、14本のライヴ「秋コレ」を収録したライヴアルバム『秋コレ〜MTR&Y Tour 2015〜』の発売を記念して、自身51歳の誕生日直前となる5月10日(火)に一夜限りの特別上映会の開催が決定した。

当日はDVD&Blu-rayに収録の同時生中継された映像とは異なる編集のライヴ映像に加え、劇場限定おまけ映像の上映やお楽しみ企画も予定。弾き語りライヴらしいゆったりとした雰囲気の中で披露された奥田自身の珠玉の名曲の数々と、広島ならではのものからアッと驚く意外な選曲までを含むカバー曲を、映画館の大迫力のスクリーンでぜひ体感してみよう。

■DVD&Blu-ray『奥田民生ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム』

2016年5月11日発売
【DVD 初回盤】(3DVD)
RCMR-92001〜3/¥7,500+税
【DVD 通常盤】(2DVD)
RCMR-2002〜3/¥6,800+税
【Blu-ray 初回盤】(1Blu-ray+1DVD)
RCMR-92501〜2/¥8,500+税
【Blu-ray 通常盤】(1Blu-ray)
RCMR-2502/¥7,800+税
<収録曲>
〈―1回表(前半)―〉
01.674
02.えんえんととんでいく
03.イージュー★ライダー
04.デーゲーム
05.雪が降る町
06.遺言
07.何と言う
08.野ばら
09.私はオジさんになった
10.風は西から(英語バージョン)
〈―1回裏(後半)―〉
11.SUNのSON
12.メリハリ鳥
13.The STANDARD
14.Darling
15.結婚しようよ
16.アイ・ラブ・ユーOK
17.幸せであるように
18.さくら
19.人間はもう終わりだ!
20.世界の終わり
21.じょじょ
22.ハリがないと
23.無限の風
24.早口カレー
25.CUSTOM
26.さすらい
〈―延長―〉
27.最強のこれから
28.風は西から
<DVD>※初回盤のみ
ドキュメンタリー

■アルバム『秋コレ〜MTR&Y Tour 2015〜』

2016年5月11日発売
【初回盤】(2CD+1DVD)
RCMR-9001〜3/¥4,167+税
【通常盤】(2CD)
RCMR-0002〜3/¥3,704+税
<収録曲>
〈DISC 1〉
01.解体ショー(2015年11月10日@Bunkamuraオーチャードホール)
02.フリー(2015年11月10日@Bunkamuraオーチャードホール)
03.ライオンはトラより美しい(2015年11月18日@仙台サンプラザホール)
04.E(2015年11月13日@オリックス劇場)
05.チューイチューイトレイン(2015年11月6日@わくわくホリデーホール)
06.スモーキン\'ブギ(2015年10月23日@市原市市民会館)
07.まんをじして(2015年11月3日@市川市文化会館 大ホール)
08.いつもそう(2015年10月27日@文化パルク城陽 プラムホール)
09.音のない音(2015年10月28日@神戸国際会館 こくさいホール)
10.海の中へ(2015年10月28日@神戸国際会館 こくさいホール)
11.フリーザー(2015年11月10日@Bunkamuraオーチャードホール)
12.息するように(2015年11月9日@Bunkamuraオーチャードホール)
〈DISC 2〉
01.ヘヘヘイ(2015年11月9日@Bunkamuraオーチャードホール)
02.ギブミークッキー(2015年10月31日@福岡サンパレス)
03.イナビカリ(2015年10月31日@福岡サンパレス)
04.手紙(2015年11月10日@Bunkamuraオーチャードホール)
05.鈴の雨(2015年11月9日@Bunkamuraオーチャードホール)
06.無限の風(2015年10月25日@アイプラザ豊橋 講堂)
07.フロンティアのパイオニア(2015年10月30日@倉敷市民会館)
08.最強のこれから(2015年10月31日@福岡サンパレス)
09.風は西から(2015年10月31日@福岡サンパレス)
10.わかります(2015年10月31日@福岡サンパレス)
11.御免ライダー(2015年11月9日@Bunkamuraオーチャードホール)
12.イージュー★ライダー(2015年10月27日@文化パルク城陽 プラムホール)
13.さすらい(2015年11月21日@本多の森ホール)
<DVD>※初回盤のみ
01.フリー(2015年11月15日@大宮ソニックシティ 大ホール)
02.息するように(2015年11月15日@大宮ソニックシティ 大ホール)
03.最強のこれから(2015年11月15日@大宮ソニックシティ 大ホール)

■特別上映会 詳細

◆内容:
・「奥田民生ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム」の上映
・劇場限定おまけ映像の上映
・来場者特典:特製ポストカード
・「ひとり股旅スペシャル@マツダスタジアム」「秋コレ〜MTR&Y Tour 2015〜」初回盤セット、特典付き先行販売
◆日時:5月10日(火)19:00開映 ※1回限りの上映
◆会場:
〈関東〉
・新宿ピカデリー
・TOHOシネマズ渋谷
・109シネマズ川崎
・ユナイテッド・シネマ浦和
・MOVIX柏の葉
・TOHOシネマズ市川コルトンプラザ
〈中部〉
・109シネマズ名古屋
〈関西〉
・TOHOシネマズなんば
・TOHOシネマズ西宮OS
〈北海道〉
・ユナイテッド・シネマ札幌
〈九州〉
・ユナイテッド・シネマキャナルシティ13
〈東北〉
・MOVIX仙台
〈中国〉
・109シネマズ広島
◆チケット:2,900円(税込)全席指定
※来場者プレゼント付き
◆発売方法:
※チケットはWEBでの抽選エントリー受付。
◆抽選エントリー受付:4月15日(金)11:00〜4月27日(水)11:00
◆当選発表・チケット引換開始:4月27日(水)夜〜
購入の際は、以下のチケットぴあのサイトにアクセス。
チケットぴあ ※PC・モバイル共通
http://w.pia.jp/t/okudatamio-sp/
※当選者が座席数に満たない場合は、チケットぴあで先着発売を実施。

【関連リンク】
奥田民生 オフィシャルHP
スピッツ、夏の恒例イベント20周年記念SPの豪華出演者を発表
ユニコーン、ABEDON50祭の出演者がついに発表
奥田民生、ライブDVD&Blu-rayとライブアルバムを同時リリース

【関連アーティスト】
奥田民生
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック

カミナリグモ、7月1日のワンマンをもって活動休止を発表
Mon, 18 Apr 2016 19:00:00 +0900
カミナリグモ (okmusic UP\'s)

カミナリグモが2016年7月1日をもって活動休止することを発表した。

【その他の画像】カミナリグモ

今回の活動休止の理由について、オフィシャルHPでは「カミナリグモとしてのライブができる日がいつかまた来るように」個人の成長の時期と説明している。

活動休止日には「解散ではないですし、こういう区切りのライブはちょっと苦手で迷ったのですが」と前置き、“感謝を伝えられるように”活動休止前に彼らのホームである下北沢CLUB Queにてワンマンを発表。「短い時間かもしれないけれど、『ありがとう』という気持ちをしっかり込めて、精一杯いいステージにしたいと思っています!」と綴っている。

■カミナリグモ ワンマンライブ『You\'re My Witchy Girl』

7月01日(金)  下北沢 CLUB Que
開場 19:00 / 開演 19:30
料金:前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500+ 1ドリンク(¥500)

【関連リンク】
カミナリグモ オフィシャルHP
カミナリグモ、再始動のリリースワンマンツアーを4月より開催
カミナリグモ、MV3部作を3ヶ月連続公開
カミナリグモ、2年ぶりオリジナル作品のプロローグ盤を会場限定で発売

【関連アーティスト】
カミナリグモ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

テスラは泣かない。の自主企画イベントにHello Sleepwalkersが参加決定
Mon, 18 Apr 2016 18:00:00 +0900
テスラは泣かない。 (okmusic UP\'s)

テスラは泣かない。が5月2日(月)に下北沢SHELTERにて開催する自主企画イベント「High noble MATCH!in TOKYO #4 ー修行中seriesー」に、Hello Sleepwalkersの出演がアナウンスされた。

【その他の画像】Hello Sleepwalkers

ゲストバンドとして既に発表されているircleに続き、この発表で出演バンドが全て出揃い、計3組による3マンライブとなる事がわかった。

テスラは泣かない。は、4月より学業専念中の為に約一年間活動を休止している吉牟田直和(Bass)に代わり、今回イベントでは、ゲストBASSとして長島涼平(the telephones/フレンズ/FINAL FRASH)を迎えライブパフォーマンスを行なう。チケットは現在イープラス&ローソンで発売中だ。

■【テスラは泣かない。 村上学(Vo&Gt)よりコメント】

僕たちは生まれてからずっと九州で暮らし、このバンドも九州で育ちました。
初めてのツアーも九州ツアーでした。
熊本のライブハウスはほとんど回りました。
九州のみんなにたくさん愛されて育ちました。

なので、いま5月2日に開催される東京での自主企画を、
同じ九州・沖縄出身の“ircle" と“Hello Sleepwalkers" と迎えることに、
僕は大きな縁と、意義を感じています。

いま僕らにできることは、音楽を発信し共有することで、
心に“ 希望" を生ませることです。
5月2日も、これからのライブも、皆が笑顔になって、
それぞれが何か大切なものを持って帰ってもらえる1 日にしたいと思います。
最後に、熊本、九州のみなさまがどうか無事に、
日々を乗り越えられますよう心からお祈りいたします。

■『テスラは泣かない。presents [High noble MATCH!in TOKYO #4] ー修行中seriesー』

5月02日(月) 下北沢SHELTER
OPEN18:30 / START19:00
Support Bass:長島涼平(the telephones/フレンズ/FINAL FRASH)
Guest Band:Hello Sleepwalkers / ircle
<チケット>
前売:¥2,800
当日:¥3,300
※各D代別

【関連リンク】
テスラは泣かない。 オフィシャルHP
テスラは泣かない。、自主企画イベントのゲストとしてircleが参加決定
テスラは泣かない。、新体制で初となる自主企画のゲストベースに長島涼平が参加
テスラは泣かない。、吉牟田直和(Bass)が約ー年間のバンド活動休止を発表

【関連アーティスト】
Hello Sleepwalkers, テスラは泣かない。
【ジャンル】
ジャパニーズロック

あれから15年。01年、青春パンク&インディーズブーム前夜を振り返る5枚
Mon, 18 Apr 2016 18:00:00 +0900
MONGOL800「あなたに」のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

世紀末(1999年)に地球が滅亡することもなく、時代は2000年代へ突入。アメリカではジョージ・ブッシュが大統領に、日本では小泉純一郎が総理大臣に選ばれ、エネルギッシュなふたりが世界を変えてくれるかも知れないと仄かな希望を抱いていた2001年。宇多田ヒカル、浜崎あゆみと二大歌姫がチャートを席巻する華やかな音楽シーンの陰では、後に“青春パンクブーム”と名付けられるムーヴメントが蠢いていた…あれから15年。昔話ばかり語ってるとジジイっぽくてイヤだが、ここでは01年にスポットを当てて、ライヴハウスシーンに革命をもたらした5曲を紹介したい。

■1.「東京少年」(’01)/GOING STEADY

01年5月、シングル「東京少年」の発売を記念して、代々木公園野外ステージでのフリーライヴ『東京初期衝動』を開催したGOING STEADY。今思えば、あのライヴがその後の“青春パンクブーム”と呼ばれるムーブメントの幕開けだった。無名だった彼らが約5,000人を集めて熱狂を生んだこの日のライヴは状況を一変し、同年7月にリリースされた2ndアルバム『さくらの唄』でその名を大きく轟かせることとなるゴイステ。峯田和伸のウェットで感傷的な歌声と衝動的かつ激情的な演奏、そして詩情あふれる歌詞世界にガッチリ心掴まれ、彼らのことが大好きになってしまう大名曲。峯田は現在、銀杏BOYZとして活動中。リリースされたばかりの新曲「生きたい」は15分強の超大作。本当に素晴らしいです!

■2.「線香花火」(’01)/ガガガSP

“東のGOING STEADY、西のガガガSP”などと比較されることも多かった、自称・神戸のゴキブリ、日本最古の青春パンクバンド、ガガガSP。01年1月、アルバム『ガガガSP登場』でその存在を知り、同年8月にシングルリリースされた「線香花火」を聴いた時、バンドサウンドの異常なほどの熱量と歌の求心力、フォークとパンクを掛け合わせるセンスや滲み出る男臭さと泥臭さ、そして楽曲に秘めたそこはかとないセンチメンタルにドキドキしたのを覚えている。独自の道を歩み続けて15年。今年、デビュー15周年記念ツアーを敢行中のガガガSP。昨年9月にリリースされた、最新ミニアルバム『ミッドナイトinジャパン』も最高カッコ良いです!

■3.「あなたに」(’01)/MONGOL800

00年代前半を“インディーズブーム”と括った時、真っ先に名前が浮かぶのがMONGOL800。01年9月にリリースされたアルバム『MESSAGE』収録の「あなたに」がCMソングに使用されたことをきっかけにその存在が世に広まり、『MESSAGE』は現在までに300万枚を超える空前のヒットを記録。当時はあまり馴染みのなかった沖縄のロックだったが、忘れかけてた純粋さや素朴さ、やさしさや温かさを持つモンパチの音楽が、ロックファン以外の層にも響いたというのがヒットの要因なのだろう。現在も沖縄在住、マイペースに活動を続けている。昨年8月にはアルバム『People Peole』をリリースし、全国ツアーも成功。何者にも縛られない、彼らの自由でピースフルな音楽は心洗われるようだ。

■4.「BE MY WIFE」(’01)/BEAT CRUSADERS

モノクロの自画像お面をかぶった異様なスタイルで登場し、抜群にポップでメロディアス、かつエモーショナルな楽曲でライヴハウスシーンを席巻したBEAT CRUSADERS。まだ4人組の旧メンバー(03年にヒダカ(Vo&Gt)以外の3人が脱退)で活動していた01年、5月にリリースされた旧メンバーとの最高傑作と言えるアルバム『FORESIGHTS』の1曲目がこの曲。日本人離れした底抜けの明るさとポップさとバカバカしさを持つこの曲に、僕は90年代から続くメロコアブームの主流とは異なる、新たな道筋を生み出す期待を感じていた。その後、5人組となりメジャーに移籍すると、ロックバンドの枠を超えた活躍で破竹の勢いを見せた彼ら。現在、ヒダカはTHE STARBEMSのヴォーカリストとして活躍中!

■5.「さよならベイビー」(’03)/サンボマスター

00年、東洋大学の音楽サークルで知り合ったメンバーで結成され、同年4月に“サンボマスター”として初ライヴ。僕が彼らを初めて観た時は観客よりメンバーが多いような状況だったんだから、世の中どうなるか分からない! しかし、当時から山口 隆のギターは圧倒的で、彼の弾くギターソロに“神が降りた!”と鳥肌が立ったのをはっきり覚えている。01年4月、300枚限定で発売された自主制作盤『キックの鬼』は、昨年5月にリリースされたアルバム『サンボマスターとキミ』の初回限定盤に付属されて、14年振りに日の目を見ることになるのだが。「カンフーロック」がiTunesになかったので、当時から演奏していたこの曲で。ちなみに当時、サンボの出演したイベントで、同じくライヴを観て鳥肌が立ったのが、『鳳』をリリースしたばかりのマキシマム ザ ホルモンでした。すごい時代だった!

【関連アーティスト】

【ジャンル】














c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1