歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年04月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/04/27
2016/04/26
2016/04/25
2016/04/24
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
ヒステリックパニックメンバー全員で選ぶプレイリスト。「春、新生活に聴いてほしいフ?レイリストはこれた?!」
Mon, 18 Apr 2016 18:00:00 +0900
ヒステリックパニック (okmusic UP\'s)

現在AWA OKMusicオフィシャルアカウントで公開中のプレイリストに、ヒステリックパニック選曲のプレイリストが追加された。

【その他の画像】ヒステリックパニック

■ヒステリックパニック

超絶ハイトーンのTack朗×凶悪スクリームのとも×極上コーラスの-POPと、ジャンルの垣根を気軽に飛び超えながら音を紡ぐ、通称“ヒスパニ”が新たに生み出す、これが最新式のエクストリームなJ-POP。

■「春、新生活に聴いてほしいフ?レイリストはこれた?!」

この春新生活を迎える人に是非聴いてもらいたい曲をヒステリックパニックメンバー全員で選んでみましたー。これを聴いてキラキラした春を満喫してみてくださいね~。

■1. Dandelion/RIP SLYME(とも選曲)

永遠の憧れ、大好きなRIP SLYMEさんの春ナンバー。桜並木を歩きながら聴きたい一曲。宮崎あおいさん出演のMVもほんわかしていて大好きです。

■2. 春の海/砂崎知子(とも選曲)

春の晴れた日にドライブする時の定番ソングとなっております。心地よいギターのカッティングと乗れるリズムと爽やかなメロディがドライブを楽しくさせてくれます。目的地に行くのにわざと遠回りをしてまで聴いている一曲です。

■3. Love Foolosophy/Jamiroquai(おかっち選曲)

2016年、正月に行なわれたヒステリックパニック『オトナとオモチャでアソボウゼー!!TOUR』ツアーファイナル公演の開場BGMとして使用された事は余りにも有名である。同じビクターです。

■4. POW/Larry Graham & Graham Central Station(おかっち選曲)

高校生一年生の春にベースを始めて、スラップという技法を知った時に聴いていた一曲です。今でも色褪せないファンキーで耳に残るスラップフレーズは当時の自分に衝撃を与え、現在の自分のベーススタイルの原点でもあります。

■5. 桜/河口恭吾(TACK朗選曲)

ふざけてると思うかもしれないけど、中学生の頃ロックのロの字も知らない僕はこの「桜」に出会ってすごくエモい気持ちになっていました。

■6. Make It Personal/Sonny Alven(

リラックスしたいけれどアンビエントは苦手な人も
季節の変わり目を感じさせる美しいメロディがフロウしてくる
心地よいLow Beatを体感せよ

■7. Fall Out Boy/The Phoenix(

2008年に活動休止してから5年
2013年に発売した復帰アルバムの中の一押しアンセム
新生活をエネルギッシュに迎えたい人にオススメ

■8. Isn\'t She Lovely(Album Version) /Stevie Wonder(やっち選曲)

あまり春とか関係はありませんが、春になると何故か聞きたくなるのでこの曲をチョイス(笑)。邦名が“愛しのアイシャ”でスティービー・ワンダー自身の娘の事を曲にしており、中盤からは入ってくる愛に満ち溢れたホームビデオのようなトラックは新生活にむけてはやる気持ちを落ち着けるにはちょうどよいのではないでしょうか。

■9. 振り向けば…/Janne Da Arc(やっち選曲)

春という事で一番に思い浮かんだのがこの曲、いかにもな感じの曲調と歌詞ではありますがテーマがテーマなのと個人的にもこの曲はよく聞くので選びました。素晴らしい歌メロと生のストリングスを聞いていただければと思います。

【関連アーティスト】
ヒステリックパニック
【ジャンル】


KREVA、LITTLE、MCUらエレメンツ所属アーティストがスタジオトリビュート発売&イベント開催決定
Mon, 18 Apr 2016 20:00:00 +0900
『monday night studio(R) session』参加アーティスト (okmusic UP\'s)

芸能プロダクション(有)エレメンツの自社スタジオとして平成15年に設立された「monday night studio(R) 大橋」が、建物の取り壊しに伴い13年間の歴史に幕を閉じることになった。

【その他の画像】SONOMI

そこで、スタジオの音や空気を後世に残すべく、現在エレメンツに所属するアーティスト、KICK THE CAN CREWのLITTLE・KREVA・MCUやSONOMI、JMC、千晴、そして女優の小西真奈美やミュージカル女優の綿引さやか、スタジオゆかりのミュージシャン、エンジニアが一堂に集結し、楽曲制作に着手。国内外でほかに類をみない、スタジオトリビュートアルバムとして、『monday night studio(R) session』を6月8日にリリースすることが発表された。

今回リリースするトリビュートアルバムのキーワードは“JAZZY”。耳になじみのあるJAZZの名曲をサンプリングし、生演奏で楽曲を新録した。また、新感覚のステージとして大好評のうちに幕を閉じたKREVAの新しい音楽劇『最高はひとつじゃない2016 SAKURA』で強烈な印象を残した、小西真奈美の歌う幻想的な「トランキライザー」、“歌だけで泣ける”と話題騒然となった綿引さやかの「ひかり」も収録。音楽が生みだされる現場の空気をメモライズした、音楽業界にとっても価値ある作品は、あまりに凄すぎて大人げない仕上がりになっている。

なお、小西真奈美の歌う「トランキライザー」single ver.が、アルバムのリリースに先がけて5月に先行配信されることも同時に発表された。こちらもぜひ注目してほしい。

さらに、本アルバムのリリースを記念したメモリアルイベントが、6月26日(日)に日比谷野外大音楽堂にて開催される。その名も『elements night 〜sunday night session〜』。KREVA、KICK THE CAN CREW、小西真奈美、JAZZピアニストの木原健太郎など、これまで決して一堂に会することのなかった豪華アーティスト、ミュージシャンによる一夜限りの貴重なセッションは、たとえ音楽ファンでなくとも一見に値するイベントになることは間違いないだろう。

■【コメント】

■小西真奈美
「未だラップの定義がわかっていない私ですが、楽曲に対する想いは、ファンの皆様と同じくらいあるつもりでいます。
“感じるままに歌ってみたらこうなりました。”という私なりの表現方法を楽しんで頂けたら嬉しいです。」

■綿引さやか
「トリビュートアルバムなるものに始めて参加させて頂き、こんなに魅力的で豪華な内容でいいのでしょうか…と震えています。
今回フィーチャリングして頂いた楽曲や、舞台でも歌わせて頂いた「ひかり」を、皆さんの元に早く届けたいとうずうずしています。」

■アルバム『monday night studio(R) session』

2016年6月8日発売
RZCD-86106/¥2,300+税 
<収録楽曲>
01:『虹』KREVA MCU LITTLE SONOMI 小西真奈美 綿引さやか Micchiy JUMPEI 千晴
02:『ジェリー』千晴 feat.MCU JUMPEI SONOMI
03:『mtg』~skit~ 
04:『トランキライザー』小西真奈美 
05:『やっぱりRAPが好き』LITTLE feat.綿引さやか
06:『scent of you』MCU feat.SONOMI
07:『one more time』Micchiy feat.千晴
08:『ひかり』綿引さやか
09:『MY BABY』JUMPEI feat.綿引さやか
10:『Round midnight』SONOMI
■アーティスト
KREVA、LITTLE、MCU、SONOMI、小西真奈美、綿引さやか、JUMPEI from JMC、Micchiy from JMC、千晴
■参加ミュージシャン
木原健太郎(Piano)、岡雄三(Bass)、白根佳尚(Drums)、須長和広((Wood Bass)、瀧田敏広(keyboard)、小林知弘(Viola)、Juny-a from FIRE HORNS(Sax)、馬谷勇(Guitar)、熊井吾郎(DJ)
■エンジニア
Takayuki “ZEE” Oba、Tetsuya Sugimoto、Hideaki Kijima、Shogo Sawada、G.M-KAZ

■『elements night 〜sunday night session〜』

6月26日(日) 日比谷野外大音楽堂
OPEN 16:00/START 17:00
<出演> ※順不同
artists:
KREVA 、 LITTLE 、 MCU 、 SONOMI 、 小西真奈美 、 JMC 、 千晴 、 UL 、 KICK THE CAN CREW
musicians:
木原健太郎(Piano)、岡雄三(Bass)、白根佳尚(Drums)、Juny-a from FIRE HORNS(Sax)、馬谷勇(Guitar)、熊井吾郎(DJ)
…and more
<チケット>
全席指定 ¥6,480(税込)
一般発売日:
2016年5月21日(土)

《OFFICIAL抽選先行販売のご案内》
■神輿ロッカーズ 抽選先行
【受付期間】2016年4月15日(金)18:00〜2016年4月20日(水)23:00
【受付URL】神輿ロッカーズサイト内をご確認ください(http://artist-site.jp/354r/)
■KFC 抽選先行
【受付期間】2016年4月21日(木)18:00〜2016年4月26日(火)23:00
【受付URL】KFCサイト内をご確認ください(http://fc.kreva.biz/)

※お一人様1申し込み最大4枚まで購入可能
※本先行受付は抽選受付になります。お申込み頂いたお客様の中から厳正なる抽選の上、当選者を決定いたします。申込み順に当選が決まることはございませんので、あせらず落ち着いてお申込みください。

【関連リンク】
『monday night studio(R) session』オフィシャルHP
JMC、新曲MV期間限定フル公開&東京・福岡でのフリーライヴ詳細決定
JMC(ジュミッチ)、KREVAプロデュースで“親子の絆”を歌う
「関ジャム」にback number登場。若い女性にウケる歌詞の秘密とは?横山ら5人は「ヒロイン」をセッション

【関連アーティスト】
SONOMI, KREVA, JMC, LITTLE, MCU, 千晴, 小西真奈美, 綿引さやか
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズヒップホップ, イベント

AbemaTV、『METROCK2016』のステージ・楽屋インタビューを2日間独占生中継!
Mon, 18 Apr 2016 20:00:00 +0900
『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016』ロゴ (okmusic UP\'s)

「AbemaTV」が、5月に開催される『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016(以下METROCK2016)』にオフィシャルスポンサーとして参加し、5月21日(土)、22日(日)の東京公演の様子を独占生中継することが決定した。(一部VTR映像を含む)

【その他の画像】サカナクション

『METROCK』は2013年よりはじまった、東京都内で開催される唯一の大型野外ロックフェスティバル。2日間で3万を超える動員人数を誇り、毎年チケットが即日で売り切れるなど、音楽ファンから圧倒的な支持を得ている。

4回目となる今年は、初となる大阪での開催も決定。出演アーティストは30組を超え、動員人数は東京・大阪合わせて7万人以上を予定している。

今回、「AbemaTV」では、5月21日(土)、22日(日)の2日間にわたって行われる『METROCK2016』の様子を生中継。サカナクション、ゲスの極み乙女、[Alexandros]のステージをはじめ、初開催の大阪での模様や、アーティストによる楽屋インタビューも織り交ぜ、会場の熱気をそのままに2日間独占生中継する。

■【番組概要】

「AbemaTV」TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016独占生中継
放送予定日時:
5月21日(土)昼12:00頃〜
5月22日(日)昼12:00頃〜

【関連リンク】
「AbemaTV」 オフィシャルHP
『TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2016』 オフィシャルHP
[Alexandros]、“壁”がキーワードとなった新曲「NEW WALL」のMV完成
ゲスの極み乙女。、初の日本武道館公演2DAYSが大盛況

【関連アーティスト】
サカナクション, ゲスの極み乙女。, [Alexandros]
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス

【ジャニゴトまとめ Vol.3】これは夢…? ジャニーズだらけの野球大会に行ってきた<前編>
Mon, 18 Apr 2016 19:30:00 +0900
ジャニゴトまとめ (okmusic UP\'s)

OKMusicが運営するMusicHubzに投稿された、ジャニーズファンの熱〜いノートを紹介する「ジャニゴトまとめ」。

第3弾は早くも番外編! 4月13日に東京ドームで開催された『“東京ドームに全員集合”みんなにサンキュー!ジャニーズ野球大会』の潜入レポートを<前編><後編>の2回に分けてお届けします♪

《ジャニゴトまとめ Vol.3 ラインナップはこちら》
・『ジャニーズ野球大会』の歴史をおさらい
・ ジャニ担スタッフ、東京ドームへ行く。
・ 会場内はまるで年末の東京ドーム!?
・ 早めに入場すると公開練習を見学できる!
・ 塚ちゃんはバク転、ふみきゅんはアノ人のモノマネ!?

【その他の画像】V6

そもそもジャニーズ事務所が誕生したのは、かつて通訳・英語教師をしていたジャニーさんが子供たちを集めて結成した野球チーム“ジャニーズ”がきっかけ。ジャニーズと野球は深〜い関係にあるのです。

『ジャニーズ大運動会』自体は1990年に始まったイベント。2004年まで毎年開催され、それ以降は2009年、2011年のみ開催されました。

久々の開催となる今回は、V6の坂本くんやKAT-TUNの亀梨くんといった野球経験者をはじめ、ジャニーズ事務所きってのスポーツマン合計106名が大集合! 近藤真彦さんが監督のJ.Redと東山紀之さんが監督のJ.Whiteによるガチンコ勝負が繰り広げられました\(^o^)/

開催発表後に投稿されたノートからもファンの期待の高さが伝わってきますね♪
■ジャニーズ野球大会の思い出
■野球大会の生中継希望!

■ジャニ担スタッフ、東京ドームへ行く。

ジャニヲタの仲間入りをして初の『ジャニーズ野球大会』。発表直後からソワソワしているジャニ担スタッフに課せられたのは、『ジャニーズ野球大会』の潜入レポートだった−−−……。果たしてジャニ担スタッフはジャニーズ達の麗しき野球大会をレポートできるのか!?

<登場人物>
名前:ジャニ担スタッフ
・趣味と仕事を兼ねる(自称)職業・ジャニヲタ
・堂本光一担
・「野球のルール? 打って1周回れば1点でしょ?」


ジャニ担スタッフ「東京ドームに到着しました! こんなに大きい会場でアイドルが野球って贅沢だなぁ……」


今後ジャニーズの野球大会が開催されたときのために、素朴な疑問を解決するのもジャニ担スタッフの使命のひとつ。

<ジャニ担スタッフの疑問>
・うちわ&ペンライトは禁止?
・着席と立ち見どっち?
・観戦しながら飲食していいの?

これらの疑問を胸に、いざ東京ドームへ!

■会場内はまるで年末の東京ドーム!?

ジャニーズのファンが一度は夢見るアリーナ席は、もちろんですが全面芝生に! 本来ここは球場であるということを改めて実感させられます。


ジャニ担スタッフ「わ〜! いろんなグループのファンがいてカウコン(※)みたい!」
※カウコン=『ジャニーズカウントダウン』の略。同じく東京ドームで開催されるジャニーズ年末の恒例行事。


座席についてほっと一息。客席を見渡すと……あたりはジャニヲタ三種の神器(※)と囁かれる“うちわ”を持ったファンの姿が!
※ジャニヲタ三種の神器=うちわ・ペンライト・双眼鏡

過去にコンサートグッズとして販売されたメンバーの顔が印刷されたうちわや、担当の名前や“ピースして!”などのメッセージがデザインされた手作りのうちわの数々……。

その光景はまさに、春先に訪れたカウコンそのものだったのです。

■早めに入場すると公開練習を見学できる!

ジャニ担スタッフ「あっ、もうすでにJ.Whiteの練習が始まってる。光一く〜ん!」


『ジャニーズ野球大会』は開場が16:00。スタートは18:00からですが、なんと開演前から両チームの公開練習を見学することができるんです。

そのため、開場と同時に入場口にファンが殺到し、開場時間を1時間過ぎる頃には会場がほぼ満席に(゚o゚;)

せっかく『ジャニーズ野球大会』を観戦するなら、担当の練習姿までしっかり目に焼き付けたいという気持ち、よくわかります……!


ジャニ担スタッフ「?木くんと横尾くんがキャッチボールしてるー!」


グループの垣根を越えたキャッチボールがそこらじゅうで行なわれるという、ファンにはたまらない光景に会場は大興奮。これでチケットが3,500円だなんて、かなりお得じゃないですか?


ジャニ担スタッフ「野球といえばビールを片手に観戦したいところだけど……」


野球についての知識が浅いなりに形式から入ろうと試みたジャニ担スタッフですが、ここで思いもよらない壁が。

係員さんのアナウンスによれば、試合中の座席での飲食は禁止(所定の場所ならOK)なのだそう……。念願叶わずなのは残念ですが、実際試合が始まったら飲食どころじゃないかもしれませんね。

また、試合中は着席が必須。ちなみに、試合終了後のショータイムは立ち見が暗黙の了解のようです。

ペンライトは、試合中は常に明るいということもあり、出番があまりありません。その代わり、ショータイムのときはみなさん全力でペンライトを振っていました(*^^*)

■塚ちゃんはバク転、ふみきゅんはアノ人のモノマネ!? 公開練習はえびが大活躍!

4万5千人の視線が注がれるなか、J.Whiteはヒガシが、J.RedはふみきゅんことA.B.C-Zの河合くんが練習中のチームメイトを紹介しながらインタビューを実行。

ここでヒガシの無茶ぶりから、A.B.C-Zの元気印・ツカちゃんこと塚田くんが華麗なるバク転&Y字バランスを披露! 同じくA.B.C-Zのふみきゅんは、お得意の松潤モノマネを披露して会場を沸かせていました!

そんなふみきゅんのモノマネに鋭くツッこんでいた二宮くんですが、せっかくJr.の高橋くんが“尊敬する先輩”に名前を挙げたのに、ベンチでだらだらしているところをカメラに抜かれる場面も(笑)


ジャニ担スタッフ「ニノが映ると歓声がすごい……」


さすが嵐、会場に響く声のボリュームが桁違いです。ニノだけでなく、会場のスクリーンに誰かが映るたびに歓声が上がるなど、『ジャニーズ野球大会』ならではの光景が広がっていました!

以上、前編では『ジャニーズ野球大会』公開練習の模様をお届けしました。

公開練習といえども、ファンとしては見所がたくさんのサービスタイム。開演前にもかかわらず、ほとんどの方が着席して選手達を見守っていたのが印象的でした。

MusicHubzでは、まだまだ『ジャニーズ野球大会』に関するノートの投稿をお待ちしています♪

■いよいよ後編は……

後編はいよいよプレイボール\(^o^)/ 華やかなショータイムの様子と合わせてレポートする予定なので、ぜひ次回の配信を楽しみにお待ちください!

【関連リンク】
MusicHubzでジャニゴトを投稿しよう!

【関連アーティスト】
V6, 近藤真彦, KinKi Kids, 嵐, 少年隊, タッキー&翼, KAT-TUN, Hey! Say! JUMP, Kis-My-Ft2, Sexy Zone, A.B.C-Z, 中山優馬, ジャニーズWEST, 内博貴
【ジャンル】


カミナリグモ、7月1日のワンマンをもって活動休止を発表
Mon, 18 Apr 2016 19:00:00 +0900
カミナリグモ (okmusic UP\'s)

カミナリグモが2016年7月1日をもって活動休止することを発表した。

【その他の画像】カミナリグモ

今回の活動休止の理由について、オフィシャルHPでは「カミナリグモとしてのライブができる日がいつかまた来るように」個人の成長の時期と説明している。

活動休止日には「解散ではないですし、こういう区切りのライブはちょっと苦手で迷ったのですが」と前置き、“感謝を伝えられるように”活動休止前に彼らのホームである下北沢CLUB Queにてワンマンを発表。「短い時間かもしれないけれど、『ありがとう』という気持ちをしっかり込めて、精一杯いいステージにしたいと思っています!」と綴っている。

■カミナリグモ ワンマンライブ『You\'re My Witchy Girl』

7月01日(金)  下北沢 CLUB Que
開場 19:00 / 開演 19:30
料金:前売 ¥3,000 / 当日 ¥3,500+ 1ドリンク(¥500)

【関連リンク】
カミナリグモ オフィシャルHP
カミナリグモ、再始動のリリースワンマンツアーを4月より開催
カミナリグモ、MV3部作を3ヶ月連続公開
カミナリグモ、2年ぶりオリジナル作品のプロローグ盤を会場限定で発売

【関連アーティスト】
カミナリグモ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

テスラは泣かない。の自主企画イベントにHello Sleepwalkersが参加決定
Mon, 18 Apr 2016 18:00:00 +0900
テスラは泣かない。 (okmusic UP\'s)

テスラは泣かない。が5月2日(月)に下北沢SHELTERにて開催する自主企画イベント「High noble MATCH!in TOKYO #4 ー修行中seriesー」に、Hello Sleepwalkersの出演がアナウンスされた。

【その他の画像】Hello Sleepwalkers

ゲストバンドとして既に発表されているircleに続き、この発表で出演バンドが全て出揃い、計3組による3マンライブとなる事がわかった。

テスラは泣かない。は、4月より学業専念中の為に約一年間活動を休止している吉牟田直和(Bass)に代わり、今回イベントでは、ゲストBASSとして長島涼平(the telephones/フレンズ/FINAL FRASH)を迎えライブパフォーマンスを行なう。チケットは現在イープラス&ローソンで発売中だ。

■【テスラは泣かない。 村上学(Vo&Gt)よりコメント】

僕たちは生まれてからずっと九州で暮らし、このバンドも九州で育ちました。
初めてのツアーも九州ツアーでした。
熊本のライブハウスはほとんど回りました。
九州のみんなにたくさん愛されて育ちました。

なので、いま5月2日に開催される東京での自主企画を、
同じ九州・沖縄出身の“ircle" と“Hello Sleepwalkers" と迎えることに、
僕は大きな縁と、意義を感じています。

いま僕らにできることは、音楽を発信し共有することで、
心に“ 希望" を生ませることです。
5月2日も、これからのライブも、皆が笑顔になって、
それぞれが何か大切なものを持って帰ってもらえる1 日にしたいと思います。
最後に、熊本、九州のみなさまがどうか無事に、
日々を乗り越えられますよう心からお祈りいたします。

■『テスラは泣かない。presents [High noble MATCH!in TOKYO #4] ー修行中seriesー』

5月02日(月) 下北沢SHELTER
OPEN18:30 / START19:00
Support Bass:長島涼平(the telephones/フレンズ/FINAL FRASH)
Guest Band:Hello Sleepwalkers / ircle
<チケット>
前売:¥2,800
当日:¥3,300
※各D代別

【関連リンク】
テスラは泣かない。 オフィシャルHP
テスラは泣かない。、自主企画イベントのゲストとしてircleが参加決定
テスラは泣かない。、新体制で初となる自主企画のゲストベースに長島涼平が参加
テスラは泣かない。、吉牟田直和(Bass)が約ー年間のバンド活動休止を発表

【関連アーティスト】
Hello Sleepwalkers, テスラは泣かない。
【ジャンル】
ジャパニーズロック

あれから15年。01年、青春パンク&インディーズブーム前夜を振り返る5枚
Mon, 18 Apr 2016 18:00:00 +0900
MONGOL800「あなたに」のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

世紀末(1999年)に地球が滅亡することもなく、時代は2000年代へ突入。アメリカではジョージ・ブッシュが大統領に、日本では小泉純一郎が総理大臣に選ばれ、エネルギッシュなふたりが世界を変えてくれるかも知れないと仄かな希望を抱いていた2001年。宇多田ヒカル、浜崎あゆみと二大歌姫がチャートを席巻する華やかな音楽シーンの陰では、後に“青春パンクブーム”と名付けられるムーヴメントが蠢いていた…あれから15年。昔話ばかり語ってるとジジイっぽくてイヤだが、ここでは01年にスポットを当てて、ライヴハウスシーンに革命をもたらした5曲を紹介したい。

■1.「東京少年」(’01)/GOING STEADY

01年5月、シングル「東京少年」の発売を記念して、代々木公園野外ステージでのフリーライヴ『東京初期衝動』を開催したGOING STEADY。今思えば、あのライヴがその後の“青春パンクブーム”と呼ばれるムーブメントの幕開けだった。無名だった彼らが約5,000人を集めて熱狂を生んだこの日のライヴは状況を一変し、同年7月にリリースされた2ndアルバム『さくらの唄』でその名を大きく轟かせることとなるゴイステ。峯田和伸のウェットで感傷的な歌声と衝動的かつ激情的な演奏、そして詩情あふれる歌詞世界にガッチリ心掴まれ、彼らのことが大好きになってしまう大名曲。峯田は現在、銀杏BOYZとして活動中。リリースされたばかりの新曲「生きたい」は15分強の超大作。本当に素晴らしいです!

■2.「線香花火」(’01)/ガガガSP

“東のGOING STEADY、西のガガガSP”などと比較されることも多かった、自称・神戸のゴキブリ、日本最古の青春パンクバンド、ガガガSP。01年1月、アルバム『ガガガSP登場』でその存在を知り、同年8月にシングルリリースされた「線香花火」を聴いた時、バンドサウンドの異常なほどの熱量と歌の求心力、フォークとパンクを掛け合わせるセンスや滲み出る男臭さと泥臭さ、そして楽曲に秘めたそこはかとないセンチメンタルにドキドキしたのを覚えている。独自の道を歩み続けて15年。今年、デビュー15周年記念ツアーを敢行中のガガガSP。昨年9月にリリースされた、最新ミニアルバム『ミッドナイトinジャパン』も最高カッコ良いです!

■3.「あなたに」(’01)/MONGOL800

00年代前半を“インディーズブーム”と括った時、真っ先に名前が浮かぶのがMONGOL800。01年9月にリリースされたアルバム『MESSAGE』収録の「あなたに」がCMソングに使用されたことをきっかけにその存在が世に広まり、『MESSAGE』は現在までに300万枚を超える空前のヒットを記録。当時はあまり馴染みのなかった沖縄のロックだったが、忘れかけてた純粋さや素朴さ、やさしさや温かさを持つモンパチの音楽が、ロックファン以外の層にも響いたというのがヒットの要因なのだろう。現在も沖縄在住、マイペースに活動を続けている。昨年8月にはアルバム『People Peole』をリリースし、全国ツアーも成功。何者にも縛られない、彼らの自由でピースフルな音楽は心洗われるようだ。

■4.「BE MY WIFE」(’01)/BEAT CRUSADERS

モノクロの自画像お面をかぶった異様なスタイルで登場し、抜群にポップでメロディアス、かつエモーショナルな楽曲でライヴハウスシーンを席巻したBEAT CRUSADERS。まだ4人組の旧メンバー(03年にヒダカ(Vo&Gt)以外の3人が脱退)で活動していた01年、5月にリリースされた旧メンバーとの最高傑作と言えるアルバム『FORESIGHTS』の1曲目がこの曲。日本人離れした底抜けの明るさとポップさとバカバカしさを持つこの曲に、僕は90年代から続くメロコアブームの主流とは異なる、新たな道筋を生み出す期待を感じていた。その後、5人組となりメジャーに移籍すると、ロックバンドの枠を超えた活躍で破竹の勢いを見せた彼ら。現在、ヒダカはTHE STARBEMSのヴォーカリストとして活躍中!

■5.「さよならベイビー」(’03)/サンボマスター

00年、東洋大学の音楽サークルで知り合ったメンバーで結成され、同年4月に“サンボマスター”として初ライヴ。僕が彼らを初めて観た時は観客よりメンバーが多いような状況だったんだから、世の中どうなるか分からない! しかし、当時から山口 隆のギターは圧倒的で、彼の弾くギターソロに“神が降りた!”と鳥肌が立ったのをはっきり覚えている。01年4月、300枚限定で発売された自主制作盤『キックの鬼』は、昨年5月にリリースされたアルバム『サンボマスターとキミ』の初回限定盤に付属されて、14年振りに日の目を見ることになるのだが。「カンフーロック」がiTunesになかったので、当時から演奏していたこの曲で。ちなみに当時、サンボの出演したイベントで、同じくライヴを観て鳥肌が立ったのが、『鳳』をリリースしたばかりのマキシマム ザ ホルモンでした。すごい時代だった!

【関連アーティスト】

【ジャンル】


Dragon Ash、ワンマンツアー石巻公演の模様をLINE LIVEにて生配信
Mon, 18 Apr 2016 17:30:00 +0900
Dragon Ash (okmusic UP\'s)

Dragon Ashが約2年ぶりのワンマンライブツアー「Dragon Ash Tour 2016“The Lives"」より、4月24日(日)の石巻BLUE RESISTANCEでのライブをLINE LIVEで生配信することを発表した。

【その他の画像】Dragon Ash

このツアーは2014年のアルバム『THE FACES』のツアー「THE SHOW MUST GO ON」以来約2年ぶりのワンマンツアーとなり、全国8か所・全8公演のショートサーキットで、4月15日のZepp Tokyoよりスタート。ワンマンライブとしては前回ツアーファイナルの日本武道館公演(2014年5月)以来となる当日は、超満員のオーディエンスを前に約2年ぶりの新曲も披露するなど、新たにスタートした今後のDragon Ashを表すようなアグレッシブでエモーショナルな内容となった。

なお、今回のツアーでは特別な会場でのライブも予定されている。ツアーファイナルが行なわれるZepp Fukuokaは1999年のオープンから幾度となくライブを行なってきたライブハウスであるが、惜しくもこの5月に閉鎖となる。この福岡最大のライブハウスのファイナルウィークで今回のツアーは最終日をむかえるのだ。

また、前述の石巻BLUE RESISTANCEで行なわれるライブにも大注目だ。この会場はDragon Ashメンバーもその活動に参加した「東北ライブハウス大作戦」によって作られたライブハウスである。当日の会場キャパは200人で、現在のバンド編成になって最も収容人数の少ない会場でのライブとなるが、バンドの強い意向によりこの地でのライブが実現する。この石巻BLUE RESISTANCEでのライブは前述の通りLINE LIVEで生配信することが決定している。Dragon Ashがライブの生配信を行なうのは初めてとなるので、記念すべきこの地でのライブを是非体感して欲しい。

■【石巻BLUE RESISTANCE ワンマン公演 LINE LIVE生配信 詳細】

日時:4月24日(日) 17:00〜生配信
■視聴方法
アプリでもPCでも視聴いただけます。
視聴URLにアクセスしてください。
https://live.line.me/r/channels/21/upcoming/4225

■「Dragon Ash Tour 2016“The Lives"」

4月22日(金)  いわき芸術文化交流館アリオス 中劇場
4月24日(日)  石巻BLUE RESISTANCE 
4月27日(水)  なんばHatch
4月28日(木)  Zepp Nagoya
5月01日(日)  高松festhalle
5月03日(火・祝) BLUE LIVE広島
5月04日(水・祝) Zepp Fukuoka 〜FINAL WEEK〜

【関連リンク】
Dragon Ash オフィシャルHP
The BONEZ、ニューアルバム『To a person that may save someone』へ各界著名人によるコメントが到着!
「ビクターロック祭り〜2016〜」、約10時間に及ぶ圧巻のライブに15,000人が大熱狂
ニッパーも聴き入った!?『ビクターロック祭り〜2016〜』出演アーティストの魅力的な楽曲たち

【関連アーティスト】
Dragon Ash
【ジャンル】
ジャパニーズロック

A9、春ツアー初日公演にて12周年記念ライブの開催を発表
Mon, 18 Apr 2016 17:00:00 +0900
4月16日@品川ステラボール (okmusic UP\'s)

A9のツアー『A9 TOUR 2016 「TRUTH IN LIGHT AND DARKNESS」 』が、4月16日(土)の品川ステラボールよりスタートした。

【その他の画像】Alice Nine

4月13日にリリースされた2nd EP『LIGHT AND DARKNESS』を携え始まったこのツアー。本ツアーは2部構成になることが当初より発信されており、それがどう表現されるか期待されていた。開演を待つステージ上はいつもと違う位置に機材が置かれていた。暗転の後Nao(Dr.)が登場しリズムを刻む。続いて沙我(Ba.)、ヒロト(Gt.)、虎(Gt.)と順に登場し、一音一音を重ねていくセッションが始まる。最後に将(Vo.)が登場し、歓声は一気に最高潮に達した。

第1部は全曲にそれぞれの曲に合わせて作成された映像が背面スクリーン全体に映し出されるという演出に。映像は虎が作成したものも含まれ、メンバー自身の手で最高のステージを作りたいという想いがここにも反映されている。さらに映像だけでなく、第1部で演奏された定番の曲たちもかなり大胆なアレンジが施かされておりオーディエンスを驚かせていた。第1部が終了すると一度幕が閉じられる。そして再び幕が開くと、楽器の位置が変わり、いつも通りのメンバー立ち位置で第2部がスタート。第2部はメンバーの公言通りかなり久々となる曲が演奏され、第1部でのコンセプトとは180度違う、変わらぬA9の姿で魅了する。
演出的にはまだまだ荒削りな部分もあったが、現状維持ではなく新しいことに挑戦しようとした彼ら。これから各地で更に内容を成長させ、ツアーラストではどのような景色を見せるか楽しみだ。

さらに終演後には次のライブ予定が映像にて発表された。沙我、将それぞれの誕生日ライブ開催で会場がわいた後、突然映像内でアルバムタイトルがどんどん過去へとさかのぼっていく。そこに唐突に「もしも時が戻るならば願いますか?」というメンバー、ファンにとってもとても思い入れが強い、ある楽曲の歌詞が。その流れから12周年のアニバーサリーライブとなる「A9 XII ANNIVERSARY LIVE “NO NAME"-名前は未だ無い-」が告知されるとフロアからは悲鳴にも近い声が上がった。

“2004-2005 only"というヒント以外、今は情報が無い。とはいえ初期からのファン、当時の彼らを知らないファン、そして今では離れてしまったファンにとっても嬉しいお知らせになった事は間違い無い。このタイトルに込められた意図は、ぜひ会場で確認してほしい。

■【ライブ情報】

「A9 TOUR 2016 「TRUTH IN LIGHT AND DARKNESS」」
4月16日(土) 東京 ステラボール
4月21日(木) 北海道 札幌cube garden
4月24日(日) 青森 青森Quarter
4月26日(火) 新潟 新潟NEXS NIIGATA
4月27日(水) 宮城 仙台darwin
4月29日(金) 福島 郡山Hip Shot Japan
5月01日(日) 石川 金沢AZ
5月03日(火) 京都 京都FANJ
5月04日(水) 兵庫 Kobe SLOPE
5月06日(金) 愛知 名古屋ボトムライン
5月08日(日) 静岡 浜松窓枠
5月13日(金) 岡山 岡山CRAZY MAMA KINGDOM
5月15日(日) 広島 広島クラブクアトロ
5月19日(木) 大阪 大阪BIG CAT
5月21日(土) 福岡 福岡BEAT STATION
5月29日(日) 東京 TSUTAYA O-EAST

「Saga&Show Birthday Feature Live 『SS』」
■-Saga side-
6月24日(金) 新宿ReNY
■-Show side-
7月05日(火) 新宿ReNY

「A9 XII ANNIVERSARY LIVE “NO NAME"-名前は未だ無い-」
8月28日(日) 新木場STUDIO COAST
※5月上旬、FC先行予定

【関連リンク】
A9 オフィシャルHP
A9、最新MV&メンバーインタビュー公開
A9、2nd EP『LIGHT AND DARKNESS』新ビジュアル解禁
A9のHIROTO(Gu)が自身の誕生日にSPアコースティックライブを開催

【関連アーティスト】
Alice Nine, A9
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル, ライブ

メトロノームアプリケーション「Motion Count」がApple App Storeでリリース開始
Mon, 18 Apr 2016 16:00:00 +0900
Motion Count (okmusic UP\'s)

メトロノームとモーショングラフィックが融合した新たなメトロノームアプリケーション「Motion Count」(モーションカウント)がリリースされた。

【その他の画像】

「Motion Count」の最大の特徴は、15種類の多彩なクリック音と、3種類の同期する現代的なモーショングラフィックだ。左右に振れるイメージが強い既存のメトロノームとは異なり、円形や幾何学模様の映像が変化することにより視覚でも拍子や拍を体感することかができる。拍子や拍に同期し様々に変化する映像があなたの創造力を刺激するだろう。

タップですべての操作ができ、タップに特化した設計から直感のまま使いやすく、音色やモーショングラフィックを瞬時に切り替えが可能。またBPM表示部分をタップし、直感的にテンポを設定することもできる。操作画面が1つに集約されており、映像や音色の変更、テンポや拍子の変更も片手で簡単に操作ができる。

演奏したい音楽ジャンルがすぐにイメージできるように、速度と拍子、音色、ビジュアルが連動し、瞬時に変化する様々なプリセット機能を備え、いろいろな場面での演奏をサポートする。

楽器を始めたばかりの人や吹奏楽での練習、軽音バンドでの演奏など音楽を楽しむためのメトロノームの機能性と、シンプルなサウンドとゆっくりしたテンポに設定することにより、リラクゼーションの場面においてもゆったりとした空間を演出する。

なお、「Motion Count」はApple App Storeからダウンロードが可能で、無料版は3種類のビジュアルと3種類のサウンドを提供。有料版は240円で販売、同じく3種類のビジュアルと15種類のサウンドを提供。

楽器を演奏する方だけでなく、一度は音楽に触れたことがある方にもぜひ体験してほしい。

■【「Motion Count」概要】

iTunes App Store で配信!
※iOS7.0、iPhone5 以上推奨
※ iPhone、iPad、iPod touch に互換

【関連リンク】
「Motion Count」 オフィシャルHP
アミューズ×ランティス、合弁会社AmuseLantis Europe S.A.S.設立
AWA、The Beatlesの配信を記念した「My Beatles」PROJECTに甲斐よしひろ・小室哲哉・SKY-HI(日高光啓)らが参加
「おそ松さん」テーマ曲に続きドラマCDも絶好調、初週売上3.8万枚でオリコン週間2位獲得

【関連アーティスト】

【ジャンル】
その他

スキマスイッチ、公開収録イベントにて全5曲をパフォーマンス
Mon, 18 Apr 2016 15:30:00 +0900
4月17日(日)@神奈川・ラゾーナ川崎プラザ (okmusic UP\'s)

スキマスイッチが4月17日(日)、神奈川・ラゾーナ川崎プラザにて開催されたスペースシャワーTVの最新オリジナルチャートを紹介する人気レギュラー番組「SPACE SHOWER COUNTDOWN」の公開収録イベントに出演した。

【その他の画像】スキマスイッチ

このイベントは「LAZONA LOVES MUSIC supported by SPACE SHOWER TV」と題した、今年10周年を迎えたラゾーナ川崎プラザがスペースシャワーTVサポートのもと様々なアーティストとシーズンごとにコラボレーションするイベントで、今回スキマスイッチが第一弾スペシャル・アーティストとして起用された。

悪天候にも関わらず、スキマスイッチを一目見るために朝から集まった大勢の観客が見守る中、午後2時にスキマスイッチが登場。この日関東地方は朝から大荒れの天候となり一時は開催も危ぶまれたが、メンバーの登場と同時に天気は一転。「僕たち、雨男なんですけど、お客さんの歓声で晴れ間を見せました!」と、1曲目「パラボラヴァ」からライブがスタート。スキマスイッチのポップセンスが光るストレートなラブソングに会場があたたかい空気に包まれる。続けて、4月13日に発売されたアナザー・ベストアルバム『POPMAN‘S ANOTHER WORLD』にも収録されている、アイリッシュ調の人気曲「雫」や高校ラグビーのテーマソングとして書きおろしたバラード「ハナツ」を披露。

「皆さん、まだまだ盛り上がれますか? 声出してみませんか? 知ってる人は一緒に歌ってください。」とコール&レスポンスで会場が一体となった「全力少年」に続き、バンドメンバーがステージから退出後、「アルバムが発売になりました。カップリングを集めたベスト・アルバムです。来週からツアーもはじまるのでまたこうやって皆さんにお会いできるのを楽しみにしています。」と常田のピアノ弾き語りで大橋が思いを込めて「奏(かなで)」を歌い、ライブは終了した。

ライブ後はトークコーナーとなり、ライブの感想とともに、アルバム『POPMAN‘S ANOTHER WORLD』の聴き所をランキング形式で発表。この日初めて披露されるエピソードも交えながら、観客との距離が近いトークコーナーとなった。その後、抽選会や会場のファン皆さんとのハイタッチ会で盛り上がり、笑顔のたえないアット・ホームなイベントは幕を閉じた。この模様は5月6日(金)、5月13日(金)、それぞれ夜10時から「SPACE SHOWER COUNTDOWN」にて放送予定。会場に足を運んだ方もそうではない方も、是非チェックしてほしい。

■【セットリスト】

M1.パラボラヴァ
M2.雫
M3.ハナツ
M4.全力少年
M5.奏(かなで)

【関連リンク】
スキマスイッチ オフィシャルHP
晴天の休日!洗濯物を干すのに似合う曲
スキマスイッチが各CDショップで“1日店員さん”を体験
スキマスイッチ、アナザーベストアルバム全27曲のMVを完全セルフ収録!

【関連アーティスト】
スキマスイッチ
【ジャンル】
J-POP, イベント

フレデリック、6月15日に1stシングル「オンリーワンダー」をリリース
Mon, 18 Apr 2016 15:00:00 +0900
フレデリック (okmusic UP\'s)

フレデリックが1stシングル「オンリーワンダー」を6月15日(水)にリリースすることが発表された。

【その他の画像】フレデリック

「オンリーワンダー」は2016年2月〜3月にかけて行なわれたスペースシャワー列伝15周年記念公演JAPAN TOUR2016にて初披露された楽曲。“オンリーワン”を目指して頑張っている人の背中を押してくれるようなメッセージと三原健司のエモーショナルなヴォーカルが印象的なダンスロックナンバーとなっている。カップリングにはライブでは定番曲となっている「プロレスごっこのフラフープ」が初CD音源化。さらに新曲1曲とライブ音源2曲が収録される。また今回初回限定盤・通常盤の2形態となっており、初回限定盤にはスペースシャワー列伝2016のライブ映像が4曲収録されるとのこと。

なお6月18日から始まる東名阪ツアー「フレデリズムツアー2016」の一般発売もスタート。チケット争奪戦が予想されるので、早めにチェックしよう。

■シングル「オンリーワンダー」

2016年6月15日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
AZZS-47/¥1,700+税
【通常盤】(CD)
AZCS-2052/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
M1.オンリーワンダー
M2.プロレスごっこのフラフープ
M3.みつめるみつあみ
M4. オワラセナイト(Live Ver.)
M5. 愛の迷惑(Live Ver.)
■DVD ※初回限定盤のみ
スペシャ列伝ツアー2016よりライブ映像4曲を収録

■「フレデリズムツアー2016〜オンリーワンダーランド」

6月18日(土) 名古屋 ダイヤモンドホール
6月19日(日) 大阪 なんばhatch
7月02日(土) 東京 Zepp DiverCity(TOKYO)

【関連リンク】
フレデリック オフィシャルHP
「スペースシャワー列伝」ツアーファイナルでフレデリック、夜の本気ダンス等4組が激突!
フレデリック、スペシャ列伝ツアー初日に東名阪ツアー発表
NICO Touches the Walls、対バンツアー川崎公演にフレデリックが出演決定

【関連アーティスト】
フレデリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック

KANA-BOON、全国ツアーの初日公演が幕張メッセにてついにスタート
Mon, 18 Apr 2016 14:30:00 +0900
4月16日@幕張メッセ国際展示場9〜11 (okmusic UP\'s)

4月16日、KANA-BOONの全国ツアー「KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016」が幕張メッセ国際展示場9〜11にて開催された。

【その他の画像】KANA-BOON

当日は1万5千人のファンが集結し2時間半にわたるライブを披露した。今年の2月にリリースされ、オリコンウィークリーチャート6位を記録したニューアルバム『Origin』を引っ提げての 今ツアー。「フルドライブ」「シルエット」などの人気曲をはじめ、『Origin』の中からのナンバーが多数披露され、既にフェスなどでも定番の「なんでもねだり」や「ダイバー」など、熱い演奏が繰り広げられた。また『Origin』初回生産限定盤DISC 2にコンパイルされている「KANA-BOONが人間をつくります。」からのナンバーも数多く披露された。

今回のツアーではタイトルにちなんで、メンバーを“格付け"する企画が展開されている。ツアーのコンセプトに沿ってメンバーはタキシードで登場。MC中にこのツアーのキャラクター犬・リッチーが、メンバーに対しファンから寄せられたクイズを出題し、正解すれば“一流"としてタキシードを着用したまま、スタッフからも一流バンドマンにふさわしい扱いを受けるが、不正解が続くと“二流"“三流"さらには“そっくりさん"に格下げされ、手ひどい待遇を受けるという、KANA-BOONらしさ溢れる演出が繰り広げられた。中でも、谷口、古賀、小泉は途中で“三流"になってしまい、ライブ用タオルが雑巾に。古賀と小泉は最終的に“そっくりさん"までランクを下げ、衣装の袖をスタッフに引きちぎられるという屈辱を受け、会場の笑いを誘った。

そしてライブの終盤では、谷口が「みんなの頭の中で僕らの音楽が鳴り、みんなに力を与えることを強く願っています。」と話し、多くの人の心に有り続けたいと今後の決意を見せた。

このツアーは今後、名古屋、大阪、福岡のアリーナ公演と続き、7月3日に沖縄・ナムラホール公演で国内でのファイナルを迎え、その後7月9日に香港公演、10日に台湾公演が行なわれる。今後の公演ではどのような格付けが繰り広げられるのか、是非チェックして欲しい。

photo by TEPPEI

■「KANA-BOONの格付けされるバンドマンツアー 2016」

4月26日(火) 愛知 日本ガイシホール
5月03日(火・祝) 大阪 インテックス大阪 5号館
5月04日(水・祝) 大阪 インテックス大阪 5号館
5月11日(水) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
5月12日(木) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
5月14日(土) 福岡 福岡国際センター
5月31日(火) 新潟 新潟LOTS
6月01日(水) 新潟 新潟LOTS
6月03日(金) 宮城 仙台PIT
6月04日(土) 宮城 仙台PIT
6月10日(金) 札幌 Zepp Sapporo
6月11日(土) 札幌 Zepp Sapporo
6月16日(木) 石川 金沢EIGHT HALL
6月17日(金) 富山 MAIRO
6月22日(水) 岡山 CRAZYMAMA KINGDOM
6月24日(金) 高知 CARAVAN SARY
6月25日(土) 香川 高松 festhalle ※新ライブハウス
7月03日(日) 沖縄 ナムラホール
7月09日(土) 香港 Music Zone@E-MAX
7月10日(日) 台湾 THE WALL

【関連リンク】
KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOON、「ランアンドラン」MVで進研ゼミプラスとコラボ
KANA-BOON、「進研ゼミプラス開講式イベント」に出演決定
桜の季節がやって来た! 俺的、桜ソング2016

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

SANABAGUN.、2ndアルバム発売&プレリリースパーティー開催
Mon, 18 Apr 2016 14:00:00 +0900
SANABAGUN. (okmusic UP\'s)

SANABAGUN.が2ndアルバム『デンジャー』を7月6日にリリースすることを発表! そして、同作の発売に先駆け、 “デンジャーなプレリリースパーティー"を渋谷culb asiaで開催することも決定した。

【その他の画像】SANABAGUN.

SANABAGUN.が、“より自由に、より音楽的に"をテーマに制作した2ndアルバムは、エンジニアにSOIL&"PIMP"SESSIONSなどを手掛ける奥田泰次氏を迎え、ルーツであるブラックミュージックを軸に強く太い音を取り上げながら、ヒップホップ/ソウル/パンクなど様々なジャンルを消化しつつ、SANABAGUN.流のポップミュージックに落とし込んだ。

高岩遼(Vo)が母への愛を唄う「Mammy Mammy」や、岩間俊樹(Rap)がメジャーデビューしたことで生じた葛藤を綴る「メジャーは危ない」など、すでにライブで披露され話題となっている楽曲をはじめ、収録曲の全7曲が全て新曲で構成される。

また、2ndアルバム『デンジャー』の発売に先駆け、 “デンジャーなプレリリースパーティー"を渋谷culb asiaで開催することも決定。アルバム発売日の前々夜祭として、『デンジャー』収録曲を中心にワンマンライブを行う。SANABAGUN.オフィシャルサイトにてチケット先行受付中。

■アルバム『デンジャー』

2016年7月6日発売
VICL-64581/¥2130+税
全7曲収録

■『デンジャーなプレリリースパーティー』

7月04日(月) 渋谷clubasia
<オフィシャルサイト先行>
受付期間:4月17日(日)18:00〜4月24日(日)23:00
結果確認日:4月26日(火)13:00〜
※受付には、チケット販売会社e+(イープラス)のプレオーダーシステム(抽選制)を利用いたします。
※お申込み時、e+(イープラス)の会員登録(無料)が必要になります。

【関連リンク】
SANABAGUN. オフィシャルHP
ビクター新レーベル「CONNECTONE」が初主催イベント&オーディションの開催を発表
SANABAGUN.、Billboard JAPAN LINE公式アカウント開設記念イベントに出演決定
SANABAGUN.、新宿ゴールデン街で撮影した「居酒屋JAZZ」MV公開

【関連アーティスト】
SANABAGUN.
【ジャンル】
ジャパニーズヒップホップ

T.M.Revolution、「みんなのHOT LIMIT企画」にレイザーラモンRGが参戦!?
Mon, 18 Apr 2016 13:45:00 +0900
レイザーラモンRG (okmusic UP\'s)

T.M.Revolutionのデビュー20周年企画として一般募集中の「みんなのHOT LIMIT」企画に、あのお笑い芸人の参加が決定した。

【その他の画像】T.M.Revolution

手軽にHOT LIMITの衣装を再現し、T.M.R.になりきって動画をYouTubeにアップして参加するこの企画への参加を表明したのは、あのレイザーラモンRG! 彼が参加した動画はすでに公開されているので、気になる方は是非ご覧になってほしい。なおこの企画は4月20日まで応募を受け付けている。

■「みんなのHOT LIMIT企画」詳細ページ
http://www.sonymusic.co.jp/artist/TMRevolution/info/466484

■「みんなのHOT LIMIT企画」レイザーラモンRG映像
https://youtu.be/rpFsq8pjuIY

■【「みんなのHOT LIMIT企画」参加方法】

[1] ご自身なりの「HOT LIMIT」を撮影した動画ファイルを、YouTubeにアップロードしてください。
[2] 応募メールアドレス宛てに、メールをお送りください。
■送信先メールアドレス:hotlimit@sme.co.jp
■メール件名:みんなのHOT LIMIT
■メール本文:
・ニックネーム
・動画データをアップロードしたYouTubeのURL

【関連リンク】
T.M.Revolution オフィシャルHP
T.M.Revolution、ベスト盤に“アレの一部”として「HOT LIMIT」スーツを封入!?
T.M.Revolution、戦国BASARA主題歌「Committed RED」のMV公開
話題沸騰の「株式会社 突風」、事業戦略発表会開催

【関連アーティスト】
T.M.Revolution
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Brian the Sun、メジャーデビューシングル「HEROES」MVを一部公開
Mon, 18 Apr 2016 13:00:00 +0900
Brian the Sun (okmusic UP\'s)

6月1日にメジャーデビューすることを発表しているBrian the Sunの新曲「HEROES」のミュージックビデオ(Short ver.)がYouTubeにて公開された。

【その他の画像】Brian the Sun

「神曲」を手掛けた斉藤裕太と金田聡樹の二人組ユニット・bait(ベイト)が監督を務め、演奏シーンに加えメンバーの激走シーンも組み合わせ、疾走感ある仕上がりになっている。同曲は4月3日からスタートした新アニメ『僕のヒーローアカデミア』のエンディングテーマとなっており、既にアニメver.の配信が先行スタートしている。

また、メジャーデビュー日の翌日となる6月2日からは、自身最大規模となる全国18か所で行なわれるライブツアー『Brian the Sun TOUR 2016「HEROES」』の開催も発表されている。次世代ロックバンドの注目株として人気を集めているBrian the Sun、今後も注目を集めそうだ。

■「HEROES(アニメver.)」配信ページ
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/heroes-animever.-single/id1096438436?app=itunes&at=10lpgB&ct=_al
・mora
http://mora.jp/package/43000001/4988010075415/
・レコチョク
http://recochoku.com/s0/heroes-animever/

■「HEROES」MV(Short ver.)
https://youtu.be/uG_Yui6ZQD8

■Brian the Sun TOUR 2016「HEROES」

6月02日(木) 神戸VARIT.
6月05日(日) KYOTO MUSE
6月08日(水) 札幌COLONY 
6月11日(土) 長野ライブハウスJ 
6月12日(日) 新潟CLUB RIVERST 
6月14日(火) 秋田 LIVE SPOT2000
6月16日(木) 仙台 enn 2nd 
6月18日(土) 渋谷クラブクアトロ 
6月23日(木) 横浜BAYSIS
6月25日(土) 富山soul power
6月26日(日) 名古屋 ell.FITS ALL
6月30日(木) 岡山CRAZY MAMA 2nd Room 
7月02日(土) 松山サロンキティ
7月03日(日) 高松DIME
7月06日(水) 宮崎 SR BOX
7月07日(木) 鹿児島 SR HALL
7月09日(土) 福岡Queblick
7月10日(日) 梅田クラブクアトロ

【関連リンク】
Brian the Sun オフィシャルHP
04 Limited Sazabysの主催フェス『YON FES 2016』が大盛況!
Brian the Sun、話題のアニメED曲をメジャーデビューシングルとしてリリース
Brian the Sunのベーシスト白山治輝が4月よりMBSラジオ新番組にレギュラー出演

【関連アーティスト】
Brian the Sun
【ジャンル】
ジャパニーズロック

大石昌良、こだわりの詰まった弾き語りLIVE DVDをリリース
Mon, 18 Apr 2016 12:00:00 +0900
DVD『大石昌良の弾き語りラボツアー2015 東京公演』 (okmusic UP\'s)

大石昌良が4月20日にDVD『大石昌良の弾き語りラボツアー2015 東京公演』をリリース! 弾き語りライブの映像化は今回が初となる。


【その他の画像】大石昌良

弾き語りアルバム『大石昌良の弾き語りラボ』を引っ提げて行なった、弾き語りワンマンライブツアー『大石昌良の弾き語りラボツアー2015』の東京公演の模様を収めた本DVD。ライブではお馴染みの「ピエロ」をはじめ、弾き語りとは思えないパフォーマンスを魅せる「ファイヤー!」、自身のアニメ楽曲「君じゃなきゃダメみたい」、提供楽曲のセルフカバーなど、大石昌良の弾き語りエンターテイメントを余すことなく収録! 当日来られた方も来られなかった方も、また大石昌良のLIVEを体感できるようにと、ツアーのチケット代と同じ販売価格になっているなど、本人のこだわりが詰まった作品となっている。

さらに、今夏にはフルバンドでのアルバムリリースも決定! なんと、リリース後のワンマンツアーもフルバンドを引き連れて行われる。詳細についてはオフィシャルHPをチェックしてもらいたい。

■DVD『大石昌良の弾き語りラボツアー2015 東京公演』

2016年4月20日発売
DDBZ-1079/¥3,800(税込)

■【ライブ情報】

4月20日(水) タワーレコード新宿店
4月23日(土) タワーレコード梅田NU茶屋町店
4月24日(日) タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
4月29日(金) 神楽坂THE GLEE
5月04日(水) HMV仙台E BeanS
5月05日(木) 仙台JUNK BOX
5月08日(日) 福島Player\'s Caf?
5月14日(土) 音楽処
5月15日(日) 札幌Space Art Studio
5月21日(土) SHIBUYA LOOP annex
…and more!

【関連リンク】
大石昌良オフィシャルHP
大石昌良、弾き語りアルバムを携えての東名阪ツアーが終幕
大石昌良、最新弾き語りアルバムより新曲「ファイヤー!」のMVが解禁
大石昌良、自身初の弾き語りアルバムを12月にリリース

【関連アーティスト】
大石昌良
【ジャンル】
J-POP

DOBERMAN INFINITY、グループ初の全国ワンマンツアーが終幕
Mon, 18 Apr 2016 11:00:00 +0900
4月17日(日)@幕張メッセ (okmusic UP\'s)

DOBERMAN INFINITYが4月17日(日)、自身初となる全国TOURの追加公演最終日を幕張メッセで開催した。

【その他の画像】DOBERMAN INFINITY

2014年6月結成、同年11月にデビューしてから約1年半が経過し、昨年12月に発売された1st ALBUM『THE LINE』をひっさげて、3月5日Zepp Fukuokaを皮切りに開催された、グループとして初となる全国ワンマンツアー。全7か所9公演 約44,000人を動員したツアーが4月16日(土)、17日(日)幕張メッセ2daysで熱狂の中、幕を閉じた。

デビューから約1年半という短期間とは思えないほどの5人の築きあげた強い絆、またその先の未来への光を指し示すべく行われ、追加公演では彼らの結成から掲げ目指し続けている、全国アリーナワンマンツアーへの大きな一歩となる初のアリーナクラスの会場での4公演を含んだ今回の結成後初となるワンマンツアー。P-CHOの「幕張! 今日は一つになるぞ!!」という掛け声で一気に1万人のオーディエンスをヒートアップさせてLIVEがスタート。

「FINAL後悔すんなよ!! 端から端まで全員で行くぞ!!」とSWAYが集まってくれた観衆へ投げかけ大きな声援が沸くと、「全員で円陣とるぞ!」とメンバーの合図に5人+1万人で手を掲げ共に円陣を組み会場が一つへと繋がり、5人のグループとしての始まりを告げた「INFINITY」、1stシングル「SAY YEAH!!」、2ndシングル「JUMP AROUND ∞」等に代表されるアッパーチューンで、幕張に集まった全員がジャンプする光景はまさに絶景だった。

さらに1万人と共にタオルをまわして絆を確かめると、「今日のLIVEを胸に、また明日からの新しい日を一緒に歩いていきましょう!」とKAZUKIが想いを伝え、最後に全員がタオルを掲げた光景は見るだけで鳥肌が立つほど感動させられるものだった。

4月13日(水)に発売された3rdシングル「いつか」は、グループとしての全国アリーナツアーという夢への想いをテーマに込め制作されたこともあり、発売間もなくアリーナクラスの会場で歌唱する姿はどんな言葉よりも心に響くパフォーマンスになり、GSも「これからもドーベルマンらしく、自分たちにしか出来ない音楽をしていきます!」と高らかに宣言。メンバーそれぞれが音楽の素晴らしさを改めて噛み締めながら行われたライブとなった。

最後の曲でKUBO-Cからの「自分達の夢を叶えてくれたみんなにも絶対夢を叶えて欲しいし、諦めないで欲しい! 諦める時は次の夢が見つかった時だ!! だからここで一人一人約束しよう! みんなで叶えようぜ! 全員いくぞ!!」という言葉に応えるように、幕張メッセの1万人のオーディエンスと5人の創りあげる一体感は圧巻の一言であった。

また5人の熱い想いに応え、17日最終日の盛り上がりの大きな力となった、EXILE AKIRA、EXILE SHOKICHI、CRAZYBOY from JSBIIIの3人のパフォーマンスもあり、最終日ならではのスペシャルなステージとなり大歓声の中、全24曲を歌いきった彼らの約1か月半にわたる初ワンマンツアーは幕を閉じた。

強風に見舞われ交通機関がストップする等トラブルに見舞われた幕張の地で、1時間遅れてスタートとなったFINALは、その強風を吹き飛ばすほどの真夏のような熱気とパワーで最高の風を幕張メッセの会場に吹き起こし、これぞD.Iというアッパッチューンから心に染みるミディアムまで幅広い音楽性とパワー、この5人にしか見せられないHIP HOPで会場を盛り上げ続けた。また、その姿と記憶に残る熱いステージングは、彼らとツアーに集まったみんなと交わした約束の場所が、そう遠くない未来であることも確信させた。

photo by cherry chill will

【関連リンク】
DOBERMAN INFINITY、ニューシングル「いつか」発売決定
DOBERMAN INFINITY、品川ヒロシ監督・脚本・演出の新曲「to YOU」Short Movieに中川家も出演
DOBERMAN INFINITY、レコ発ツアー日程&「XROSS THE LINE」MV解禁
ageHaの13周年を記念したイベントにMay J.、DOBERMAN INFINITYら出演決定

【関連アーティスト】
DOBERMAN INFINITY
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ゆず、「TOWA」LIVE MVをスペースシャワーTVにて独占先行オンエア
Mon, 18 Apr 2016 00:00:00 +0900
ゆず (okmusic UP\'s)

ゆずがLIVE Music Video(以下、LIVE MV)「TOWA」の映像を、4月18日よりスベースシャワーTVにて独占先行オンエアすることが決定した。

【その他の画像】ゆず

「TOWA」LIVE MVは、4月27日(水)に発売されるDVD / Blu-ray『LIVE FILMS TOWA ? episode zero-』より、アルバムタイトル曲であり、ブロジェクション・マッビングとLEDライトが連動した圧巻の演出で話題となった「TOWA」のライブ映像を軸にした映像作品。約27万人を動員した『YUZU ARENA TOUR 2015-2016 TOWA ?episode zero-』を追体験することができる、ハイライト的な内容に仕上がっている。

「TOWA」LIVE MVはスベースシャワーTV にて、4月24日(日)まで独占先行オンエア。翌日25日には、ゆずのYouTube オフィシャルチャンネルでも公開される。また、カラオケ「JOYSOUND」では、同日より「TOWA」LIVE MVを本人映像として独占配信することも決定した。

なお、DVD / Blu-ray『LIVE FILMS TOWA ?episode zero-』特設サイトでは、同商品のダイジェスト映像、トレーラー映像も公開されているので、是非チェックしてほしい。

■スベースシャワーTV「TOWA from 『LIVE FILMS TOWA-episode zero-』」オンエア概要
http://www.spaceshowertv.com/powerpush/jet/

【関連リンク】
ゆず オフィシャルHP
ゆず、“TOWAライヴ”の熱狂が感じられるスペシャルムービーを公開
【連載コラム】稚菜、ゆずの「栄光の架け橋」をカバー
ゆず、最新ライブ映像作品&MV集の詳細がついに解禁

【関連アーティスト】
ゆず
【ジャンル】
J-POP

焚吐、シングル「ふたりの秒針」MV解禁&アコースティックミニライブツアー決定
Mon, 18 Apr 2016 00:00:00 +0900
焚吐 (okmusic UP\'s)

焚吐が5月4日にリリースする、アニメ「名探偵コナン」EDテーマの新曲「ふたりの秒針」MVを公開した。

【その他の画像】焚吐

「ふたりの秒針」のビジュアルは“スチームパンク"をテーマに描かれており、MVでも無機質ながも温かく美しい世界観が描かれている。

また、全国8都市12公演のアコースティックミニライブも発表された。このイベントでは、CDを購入した人だけが参加できるサイン会も合わせて行われる。12公演全て違ったセットリストでライブを行なうとのことだ。

【焚吐コメント】
「僕のことを初めて知る方はもちろん、音源でしか僕の楽曲に触れたことがないという方へ直接会いに行けるのは大きなチャンスだと思うので、精一杯歌います」

※「スチームパンク」とは名探偵シャーロック・ホームズも発表された19世紀中期から後期のイギリスを舞台に描かれる独特な世界観を持つSFの1ジャンルを指す。

■「ふたりの秒針」MV
https://www.youtube.com/watch?v=j1zPVAx9LmY

■【イベントスケジュール】

「ふたりの秒針」リリース記念イベント
アコースティックミニライブ&サイン会
5月04日(水・祝)  15:00〜
タワーレコード池袋6Fイベントスペース
5月04日(水・祝) 20:30〜
タワーレコード渋谷店4Fイベントスペース
5月05日(木・祝) 14:00〜
タワーレコード名古屋パルコ店 パルコ西館1F イベントスペース
5月07日(土) 14:00〜
あべのHoop 1F オープンエアプラザ
5月08日(日) 18:00〜
タワーレコード横浜ビブレ店内
5月10日(火) 18:30〜
タワーレコード札幌PIVOT店内
5月11日(水) 19:00〜
HMV仙台E BeanS店内
5月14日(土) (1)13:00〜 (2)15:00〜
小田原ダイナシティ ウエスト1Fキャニオンステージ
5月21日(土) 16:00〜
キャナルシティ博多 B1Fサンプラザステージ
5月22日(日) 14:00〜
イオンモール広島府中 1Fスターギャラリー

『名探偵コナン in 東京ソラマチ』
アコースティックミニライブ&サイン会
5月08日(日) 13:00〜
東京ソラマチイーストヤード5階「スペース634」

「ふたりの秒針」リリース記念イベント
5月15日(日)  都内某所
※詳細は追って発表となります。

◎各公演の詳細は焚吐オフィシャルHPまで
http://takuto-official.com

■「ふたりの秒針」配信情報

■BEING GIZA STUDIO
・スマートフォン
https://sp.being.co.jp/music/takuto/JBCZ-6046
・フィーチャーフォン
http://being-giza.jp/takuto/jbcz-6045/f/

【関連リンク】
焚吐オフィシャルHP
焚吐、弾き語り&カバーを披露する初ツイキャス決定
焚吐が新曲「てっぺん底辺」のMVを解禁
焚吐、2ndシングル「ふたりの秒針」の豪華購入特典を発表

【関連アーティスト】
焚吐
【ジャンル】
J-POP, アニメ, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1