歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年04月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/04/23
2016/04/22
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
The Winking Owl、1st アルバムより筧美和子出演の「Bloom」ティザー映像を公開
Thu, 14 Apr 2016 21:00:00 +0900
The Winking Owl (okmusic UP\'s)

The Winking Owlが、5月11日にリリースする待望の1st フルアルバム『BLOOMING』から、筧美和子が主人公をつとめる「Bloom」のティザー映像を公開した。

【その他の画像】The Winking Owl

4月14日に公開されたのは、「Bloom」の魅力が45秒に凝縮されたスペシャルver.。その中で筧美和子は気鋭の女性画家を演じ、The Winking Owlのエモーショナルな演奏シーンと交互に繰り広げられるストーリが想像を掻き立てる内容となっている。

ルーマニアと日本にルーツを持つLuizaが紡ぎだす伸びやかかつ妖艶なボーカルと、フレッシュな疾走感と浮遊感を両立させたパワフルなサウンドは爽快。ぜひフルver.公開前のプロローグとしてお楽しみいただきたい。

なお、現在バンドのオフィシャルサイトでは、アルバムの全曲ダイジェストトレーラーもいち早く視聴することができるので、そちらもお見逃しなく。

「VIVA LA ROCK 2016」や「COMIN\'KOBE16」をはじめ、大型イベントへの出演が続々とアナウンスされているなか、4月16日(土)には金沢で百万石見放題に出演する。リリース後には全国17カ所をめぐる“「BLOOMING TOUR 2016」も控えているとのことなので、ぜひ早めにチェックしておこう。

■「Bloom」ティザー映像
https://youtu.be/HB3bZ1HgOtQ

■アルバム『BLOOMING』

2016年5月11日発売
VPCC-81870/¥2,500+税
<収録曲>
1. Open Up My Heart
2. This Is How We Riot
3. Bloom
4. Empty In The Crowd
5. Lust
6. Don\'t Kill My Melody
7. Here For You
8. Sparkle Light
9. Walk
10. Broken
11. Your World
12. Silver Linings

■『BLOOMING』Short Movie Trailer
https://youtu.be/ohgS1O7AaJs

■「BLOOMING TOUR 2016」

5月17日(火) 京都 MUSE
5月18日(水) 神戸 太陽と虎
5月20日(金) 小倉 WOW!
5月21日(土) 福岡 Queblick
5月22日(日) 長崎 Studio DO!
5月24日(火) 広島 CAVE-BE
5月25日(水) 岡山 IMAGE
5月26日(木) 高松 DIME
5月30日(月) 仙台 MACANA
6月01日(水) 札幌 DUCE
6月03日(金) 新潟 RIVERST
6月06日(月) 富山 SOUL POWER
6月07日(火) 金沢 vanvan V4
6月09日(木) 大阪 Shangri-La
6月10日(金) 名古屋 ell.FITS ALL
6月17日(金) 渋谷 TSUTAYA O-WEST
6月26日(日) 群馬 高崎clubFLEEZ

■【ライヴ情報】

『百万石見放題』
4月16日(土) 金沢 EIGHT HALL
『VIVA LA ROCK 2016』
5月29日(日) さいたまスーパーアリーナ
『COMIN\'KOBE16』
5月07日(土) 神戸ワールト?記念ホール、神戸国際展示場 1号館、2号館、3号館の4会場同時開催
『百万石音楽祭 2016〜ミリオンロックフェスティバル〜』
6月05日(日) 石川県産業展示館 1〜4号館

【関連リンク】
The Winking Owl オフィシャルHP
The Winking Owl、1stフルアルバムのエモーショナルなトレーラーが解禁
The Winking Owl、1stフルアルバムリリース&バンド史上最長全国ツアーを開催
SpecialThanks、「heavenly」ツアー全日程をThe Winking Owlがサポート

【関連アーティスト】
The Winking Owl
【ジャンル】
ジャパニーズロック

晴天の休日!洗濯物を干すのに似合う曲
Thu, 14 Apr 2016 20:00:00 +0900
「ふれて未来を」/スキマスイッチ (okmusic UP\'s)

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
「晴天の休日!洗濯物を干すのに似合う曲」をテーマに選びました。気持ちの良いお天気の休日は、一気に家事を片付けるのも良いものです。洗濯物もカラッと乾いてくれそうな晴天の下、洗濯物を干すのに似合う曲を5曲選んでみました。

【その他の画像】スキマスイッチ

■1.「ふれて未来を」/スキマスイッチ
https://www.youtube.com/watch?v=9BCqxGHG69U

青空の下、たまってしまった洗濯物をどんどん洗濯機に入れて、片っ端から干していくと気持ちもすっきり!なんだかストレスが溜まってジメッとした心も太陽はカラッと爽やかにしてくれるんですよね。
そして、洗濯物は人生の選択によっても大きく変わっていくもの。家族と住んでいるのか、一人暮らしなのか、選んだ仕事によっても、お付き合いする人、ファッションの影響を受けた映画や雑誌との出会い、結婚をするかしないかなどで着るもの、洗濯する量も違います。
そんなこと、普段いちいち考えないけれど、この曲を聞きながら干し終えた、太陽の下に揺れる洗濯物を見ながら、これからやってくるキラキラ光る未来を想像するのも素敵な時間になるかもしれません。
(選曲・文/和久井 直生子)

■2.「Sunshine Day」/Osibisa

週末に晴れると早起きして、たまった洗濯物を全部片付けてしまいたい。この曲は、土曜日の朝のピーター・バラカン氏の番組のオープニング・ナンバーとしても有名な、UKラテン・ロック・バンド、オシビサの1976年のヒット曲です。
「みんな、やりたいことやろうよ!笑顔が晴れの日を運んで来るのさ!」と、繰り返し歌われていますが、めんどうな家事とはいえ、晴れた日に外に洗濯物を干すのは気持ちいい!思わず笑顔がこぼれますね。
(選曲・文/阪口マサコ)

■3.「Taking It Easy」/OHIO KNOX

洗濯は面倒くさいですが、晴れた日の休みだったりすれば、それなりに楽しい気分になります。こんな時には、穏やかな午前中に似合うほのぼのとしたアコースティック・ミュージック。それも、その日の予定に思いをはせて楽しくなる曲を、ということで選んでみました。jazzyでちょっと不思議な始まりから、幸せでお気楽なコーラス部への落差が気持ちいい。“イージー、イージー、どぅびぃどぅびぃどぅ。”そんな風に口ずさみながら洗濯物を干すと、作業がとってもはかどりそう。シンガーソングライター、ピーター・ゴールドウェイが中心となって制作されたオハイオノックスの唯一作より。(1971年作)本作はロサンゼルスの農場で地元のセッション仲間を交えて録音されています。
のどかでearthyな(土のような)雰囲気が魅力のアルバム。
(選曲・文/旧一呉太良)

■4.「風の吹き抜ける場所へ」/FLYING KIDS
https://www.youtube.com/watch?v=3rgc_sXm_1U

洗濯物がよく乾く条件として、乾いた風も必要です。風の吹き抜ける場所を目指し、風が通るよう間隔を開けて洗濯物を干しましょう。青空の下で洗濯物が風にはためく風景も、なんだか気持ちが良いものですね。フライング・キッズのこの1994年の大ヒット曲は爽やかなラブ・ソングです。鼻歌で口ずさみながら、せっせと洗濯物干しがはかどる1曲です。
(選曲・文/阪口マサコ)

■5.「パンと蜜をめしあがれ」/クラムボン
https://www.youtube.com/watch?v=IfNP6WopSnA&list=PLb3bbWy190paRGI2HZh6JryLqSsBV_vz3&nohtml5=False

休みの日の解放感。晴れた日の嬉しさ。そんな気持ちを音楽に乗せるなら、クラムボンの曲がピッタリです。ピアノの音と共に、心地いいノイズ音と原田郁子の伸びやかなボーカルが混ざると、とても幸せな気持ちになります。
「パンと蜜をめしあがれ」は、1999年に発売されたシングル。心の中に残ってしまうイヤなことや思い出も、いつかはスッキリするんだ、と言ったポジティブな歌詞も魅力です。仕事で感じたイヤなことも、まるで汚れたシャツを洗うようにスッキリさせて、前向きになりたい。そんな気持ちも込めながら、この曲を聴いて洗濯をすれば、きっと笑顔になれるはずです。晴れた空の下、キレイになったシャツを眺めれば、嫌なことも忘れてしまいそうです。
(選曲・文/石井由紀子)

【関連アーティスト】
スキマスイッチ, クラムボン, Osibisa, FLYING KIDS, OHIO KNOX
【ジャンル】


木村カエラの『10years』はロックな音像をより鮮明に!【ハイレゾ聴き比べ vol.6】
Thu, 14 Apr 2016 20:00:00 +0900
『10years』/木村カエラ (okmusic UP\'s)

前回は“過去作のハイレゾ音源を聴くことで、そのアーティストの音楽的変遷や指向をよりリアルに捉えることができるのでは?”という仮説のもと、山崎まさよしのベストアルバム『ROSE PERIOD 〜the BEST 2005-2015〜』を取り上げた。

彼の場合、旧音源では若干こもり気味だった音像がハイレゾ化でシャープになることで、収録された最古曲と最新曲とでは、そのアレンジにさほど差異がないことも分かり、そこから山崎まさよしという人がもっとも理想的なかたちで歌を聴いてもらうことに腐心しているアーティストであることも分かった。

ハイレゾ音源は単に音が良くなるだけではない。そこからさまざまなものが見えてくるのだ。今回は、2014年6月に発売された木村カエラのベストアルバム『10years』を題材に彼女の音楽性を探ってみようと思う。

国内外、多くの有名ミュージシャンが支えてきたサウンドの本質、名うて音楽家たちを惹きつけて止まないアーティスト、木村カエラの魅力がこれまで以上に露わになるのか──。

【その他の画像】木村カエラ

■時代に愛された女性シンガー

小学校の時から続けていたファッションモデルの傍ら音楽活動を展開して、2004年にソロシンガーとしてメジャーデビュー。早々にブレイクを果たしてシーンを席巻し、06年には再結成された伝説のロックバンド、サディスティック・ミカ・バンドにヴォーカルとして参加。09年にNHK紅白歌合戦に出場し、その翌年に俳優の瑛太と結婚して第一子を出産。13年にはレコード会社移籍を機に、アパレル等の商品開発など音楽以外のプロデュースも行なうプライベートレーベル“ELA(エラ)”を設立し、その代表にも就任。そして、同じ年の10月7日に第二子を出産。

…こうしてザッとプロフィールを振り返っただけでも、木村カエラが、スーパー・ガールというか、ワンダー・ウーマンというか、如何にすごいアーティストであることが分かろうというもの。彼女はこの10年間、日本でもっとも時代に寵愛された女性のひとりと言っても過言ではなかろう。

■有名音楽家が彼女のもとに集結

制作してきた音楽だけに話を絞ってみても、彼女のすごさは確認できる。過去、木村カエラ作品を手掛けた作曲陣を、これまたザッと挙げてみよう。

會田茂一(HiGE)、高桑圭(Curly Giraffe)、堀江博久(NEIL&IRAIZA、the HIATUS)、奥田民生(ユニコーン)、渡邊忍(ASPARAGUS)、吉村秀樹(bloodthirsty butchers)、岸田繁(くるり)、ミト(クラムボン)、田渕ひさ子(bloodthirsty butchers)、AxSxE(NATSUMEN)、BEAT CRUSADERS、亀田誠治、toe、蔦谷好位置(NATSUMEN)、根岸孝旨(Dr.StrangeLove)、石野卓球(電気グルーヴ)、藤田勇(MO\'SOME TONEBENDER)、末光篤(SUEMITSU & THE SUEMITH)、avengers in sci-fi。

どうだろう? まぁ、有名アーティストが手掛けたからと言って必ずしもその作品が優れたものであるとは限らないという考え方もあるだろうが、さすがにこれだけのメンバーが参加しているのだから、確率論から言っても秀作が多いことは聴くまでもなく分かるはずだ。実際、今まで発表したシングル、アルバム共に常にチャート上位を賑わせてきた。

■ファン選曲による大作ベスト盤

『10years』はそのタイトル通り、デビュー10周年を記念して14年に発売された木村カエラ、2枚目のベストアルバム。ファン投票によって選ばれた17曲に加えて(アルバムの1〜3曲目はファン投票の1〜3位。1位「happiness!!!」、2位「Magic Music」、3位「リルラ リルハ」)、未発表曲と書き下ろし曲を各1曲ずつボーナストラックとして収録しており、全19曲、収録時間1時間20分弱の大作である。

ストリングスやシンセが強調された「Sun shower」や「Butterfly」、「Ring a Ding Dong」を除いて、ほとんどの楽曲が所謂バンドサウンドで構成されたパンクチューン、ロックチューンで、この辺から彼女の指向、資質が分かると同時に、これがファン投票で選出されたということはファンを含めて木村カエラらしさを作り上げてきたとも言える。長尺ではあるが、木村カエラ入門編としてもベストな作品であろう。

■ラウドな音作りではあるが…

さて、その聴き応えである。まず、既存のCD音源からいってみよう。とは言っても19曲を1曲ずつすべて解説していくのはお読みになられる方もしんどいだろうから、今回は総論から入ろうと思う。これはハイレゾとの差異を探そうと傾聴した結果かもしれないし、“個人の感想です”と前置きしていた方がいいかもしれないが、全体的に音が甲高い印象がある。

M8「ワニと小鳥」、M9「STARs」、M10「You」、M13「Yellow」、M15「マスタッシュ」、M17「Ring a Ding Dong」、M18「LOVELY」辺りがそうで、それがロックの音像だと言ってしまえばそれまでなのかもしれないが、中には音量を上げると耳にやさしくない感じのナンバーもあった(これも個人の感想です)。

また、詰め込みすぎの印象があるナンバーがあることも気になった。音数が多いという意味ではない。M4「Sun shower」は音数が多いナンバーだが、比較的テンポが緩いこともあってか、そのわりに詰め込み感は薄い。

詰め込み過ぎなのは──誤解を恐れずに言えば、ごちゃごちゃしている印象なのは、M11「dolphin」、M14「リリアン」辺りだ。さらに言えば、M16「Whatever are you looking for?」は音数こそ多くないので変な密集感こそないものの、こもり気味というか、全体にベタッとした聴き応えは否めないと思う。

■CDの難点を覆すハイレゾ音源

それがハイレゾではどう聴こえるか? これまた結論から言えば、ほぼ解消されていると言っていいと思う。よく分かる具体例を挙げるとするなら、「Yellow」と「マスタッシュ」だろうか。ともにエッジの立ったギターサウンドが特徴だが、CDにおいてはそれが仇になった…という言い方は変かもしれないが、前者ではアコギが、後者ではシンセがエレキギターに紛れてしまっているような聴き応えがある。

ところが、ハイレゾでは音がマイルドになっていると言おうか、少なくともキンキンとした響きがない。そればかりか、「Yellow」はグルーブが増した感すらあるし、「マスタッシュ」は間奏のニューウェイブっぽさが際立ち、大袈裟に言うなら本来の楽曲の姿が見えてくるようでもある。ごちゃごちゃ感は確実に薄くなった印象だ。「dolphin」は密集感が強すぎるためか、“これ、何の音?”と考えてしまうような音がなくもなかったが(あくまでも個人の感想です)、各音がシャープになり、定位がはっきりとすることで立体感とダイナミズムが出ている。圧迫感もない。

■本来の音像を露わにする

そして、これはハイレゾを聴いた後で、再びCDを聴いてみての感想だが──これもまた誤解を恐れずに言えば、CD版は全体に音が平板であり、極めて大袈裟に言うとラジオ風エフェクトがかかっているというか、モノラル録音を聴いているような印象があった。

最初にCDを聴いた時はまったくそんなことを感じなかったから、正直言って、これには自分でも驚いた。ここまで今回の『10years』を含めて6作品のハイレゾ音源を聴いてきたので、耳がハイレゾに慣れてきているからなのかもしれない。一旦デジタル放送を見てしまった後でアナログを見た時の“今までこんなにぼんやりとした映像を見ていたのか?”という感じ──もはや実感としてもすっかり失ってしまった気もするが、あの時の感覚に近い。

ただ、誤解のないように改めて言っておくが、これはあくまでもハイレゾ音源がCD以上に情報量があるから感じたことであって、決してもともとの音源が劣化していたわけではない。ハイレゾで本来の音像が露わになったのだ。

■ファンならずとも一度はお試しを

『10years』収録曲はファン投票で選ばれたということだから、多くのファンが好きな楽曲であることは間違いない。好きな楽曲だからこそ何度も繰り返し聴いていることだろう。それがハイレゾ版では音像が異なることを体験できるのだから、当然コアなファンには聴いてほしいところだし、“「Butterfly」は好きだけど、パンクはあまり好きじゃない”なんて人にもぜひ触れてほしいものだ。

聴き応えは明らかに変わるので、ラウドさが苦手な人でも聴きやすいかもしれない。何よりも彼女を支えてきたアーティスト、ミュージシャンたちの丁寧な仕事ぶりを確認できることで、これまで以上に木村カエラというアーティストの核心に触れられるはずである。

(当たり前のことだが)ロックだからと言って、単にラウドであったり、激しかったりするのではない。ギター、ベース、ドラムス、キーボード等、各音が重なり合ってこそのロックなのだ。改めてそれが分かるという意味では、大袈裟に言えば、ハイレゾ化されたライブで演奏を目の当たりにすることに近いのかもしれない。ベタな惹句だが、聴き逃す手はないと思う。

TEXT:帆苅智之

【関連リンク】
内田彩の「アップルミント」は唇の動きが伝わってくるかのような歌声を再現【ハイレゾ聴き比べ vol.1】
秦 基博『青の光景』は音像がシャープになったことで音楽性も明確に【ハイレゾ聴き比べ vol.2】
THE BLUE HEARTSの『TRAIN-TRAIN』はバンド本来のグルーブも剥き出しに!【ハイレゾ聴き比べ vol.3】
坂本龍一の『千のナイフ』は若き日の“世界のサカモト”を露わに【ハイレゾ聴き比べ vol.4】

【関連アーティスト】
木村カエラ
【ジャンル】
J-POP, 音楽配信, ハイレゾ

フジファブリック、待望の全オリジナル・アルバムのアナログ盤化を発表!
Thu, 14 Apr 2016 19:00:00 +0900
フジファブリック (okmusic UP\'s)

フジファブリックがデビュー12周年を記念して『FUJIFABRIC ON VINYL』と題し、EMI Records(現:UNIVERSAL MUSIC)とHMV record shopより、これまでにリリースした全8枚のオリジナル・アルバムをアナログ盤化する事を発表した。

【その他の画像】フジファブリック

アナログ化はミニアルバム『BOYS』と『GIRLS』、アルバム『LIFE』から選曲された『A DAY IN THE LIFE』の3枚しかリリースしておらず、オリジナルアルバムではこれが初となる。

6月より4か月間に渡り、1枚目から順に2枚ずつリリースするのだが、いずれも枚数限定となっているので予約は必須だ。(『フジファブリック』『FAB FOX』『TEENAGER』『CHRONICLE』はリマスター音源)

そして、デビュー12周年目を記念し、4月14日より世界35カ国でのiTunesなどでの楽曲配信リリースが決定。 同時に、これまで日本でしか観られなかったミュージックビデオもVEVOにて海外視聴可能となる。

楽曲配信リリース及びVEVOでの映像は随時公開となり、フジファブリックの音楽を心待ちにしているファンのもとに届けられる。

■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/porarisu-tv-edit-single/id1098506984?app=itunes&at=10lpgB&ct=4547403044515_al
■mora
http://mora.jp/artist/3677/m
■レコチョク
http://recochoku.jp/artist/30064793/

■≪FUJIFABRIC ON VINYL≫ 第1弾

2016年6月29日発売
アナログ盤『フジファブリック』(1枚組)
UPJY-9036/¥3,300+税
※オリジナル発売年:2004年11月10日
<収録曲>
■A-side:
1.桜の季節
2. TAIFU
3.陽炎
4.追ってけ 追ってけ
5.打上げ花火
■B-Side:
1.TOKYO MIDNIGHT
2.花
3.サボテンレコード
4.赤黄色の金木犀
5.夜汽車

アナログ盤『FAB FOX』(2枚組)
UPJY-9037/8/¥5,300+税
※オリジナル発売年:2005年11月9日
<収録曲>
■A-Side:
1.モノノケハカランダ
2.Sunny Morning
3.銀河
■B-Side:
1.唇のソレ
2.地平線を越えて
3.マリアとアマゾネス
■C-Side:
1.ベースボールは終わらない
2.雨のマーチ
3.水飴と綿飴
■D-Side:
1.虹
2.Birthday
3.茜色の夕日

■≪FUJIFABRIC ON VINYL≫ 第2弾

2016年7月20日発売
アナログ盤『TEENAGER』(2枚組)
UPJY-9040/1/¥5,300+税
※オリジナル発売年:2005年11月9日
<収録曲>
■A-Side: 1.ペダル
2.記念写真
3.B.O.I.P.
4.若者のすべて
■B-Side:
1.Chocolate Panic
2.Strawberry Shortcakes
3.Surfer King
■C-Side:
1.ロマネ
2.パッション・フルーツ
3.東京炎上
■D-Side:
1.まばたき
2.星降る夜になったら
3.TEENAGER

アナログ盤『CHRONICLE』(2枚組)
UPJY-9042/3 /¥5,300+税
※オリジナル発売年:2009年5月20日
<収録曲>
■A-Side:
1.バウムクーヘン
2.Sugar!!
3.Merry-Go-Round
4.Monster
■B-Side:
1.クロニクル
2.エイプリル
3.Clock
4.Listen to the music
■C-Side:
1.同じ月
2.Anthem
3.Laid Back
4.All Right
■D-Side:
1.タイムマシン
2.ないものねだり
3.Stockholm

■≪FUJIFABRIC ON VINYL≫ 第3弾

2016年8月17日発売
アナログ盤『MUSIC』(1枚組)
HRLP030/¥3,300+税
※オリジナル発売年:2010年7月28日
<収録曲>
■A-Side:
1.MUSIC
2.夜明けのBEAT
3.Bye Bye
4.Hello
5.君は僕じゃないのに
■B-Side:
1.wedding song
2.会いに
3.パンチドランカー
4.Mirror
5.眠れぬ夜

アナログ盤『STAR』(1枚組)
HRLP031/¥3,300+税
※オリジナル発売年:2011年9月21日
<収録曲>
■A-Side:
1.Intro
2.STAR
3.スワン
4.ECHO
5.理想型
6.Splash!!
■B-Side:
1.アイランド
2.君は炎天下
3.アンダルシア
4.Drop 5.パレード
6.cosmos

■≪FUJIFABRIC ON VINYL≫ 第4弾

2016年9月14日発売
アナログ盤『VOYAGER』(2枚組)
HRLP032〜033/¥5,300+税
※オリジナル発売年:2013年3月6日
<収録曲>
■A-Side:1
徒然モノクローム 2.自分勝手エモーション 3.Magic
■B-Side:1.
Time 2.Upside Down 3.透明
■C-Side:1.
こんなときは 2.Small World 3.Fire
■D-Side:1.
流線形 2.春の雪 3.Light Flight(Album Version)

アナログ盤『LIFE』(2枚組)
HRLP034〜035/¥5,300+税
※オリジナル発売年:2014年9月3日
<収録曲>
■A-Side:
1.リバース
2.Gum
3.LIFE
4.シャリー
■B-Side:
1.ブルー(Album Version)
2.F.T.79
3.祭りのまえ
4.efil 5.WIRED
■C-Side:
1.フラッシュダンス(Album Version)
2.robologue
3.バタアシParty Night
■D-Side:
1.sing
2.カタチ
3.卒業

【関連リンク】
フジファブリック オフィシャルHP
フジファブリック、自主企画2マンの対バン相手はクリープハイプ
フジファブリック、特設サイトにて奇才・山口保幸が手がけた新曲MVを初公開
フジファブリック、新宿ロフト40周年記念でワンマンライブ開催決定

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック

【ジャニゴトまとめ Vol.2】アクションからキスシーンまで! 映画『暗殺教室』は山田涼介の魅力が満載
Thu, 14 Apr 2016 18:00:00 +0900
ジャニゴトまとめ (okmusic UP\'s)

Hey! Say! JUMPの絶対エースこと山田涼介くんが主演を務める映画『暗殺教室〜卒業編〜』が3週連続首位を記録! 今週はなにかとHey! Say! JUMPのニュースが話題に上がっていましたね……(ノД`)

山田くんはこの映画でアカデミー賞新人俳優賞を受賞。俳優としてまた一歩成長しました。

そこで今回は、OKMusicが運営するMusicHubzに投稿された映画『暗殺教室』関連のノートをご紹介します♪

《「ジャニゴトまとめ」Vol.2 ラインナップはこちら》
・ 映画館がコンサート状態に!?
・ 俳優・菅田将暉との共演
・今回もせんせーションズが大活躍!
・山田涼介の魅力は努力にあり

【その他の画像】Hey! Say! JUMP

■映画館がコンサート状態に!?

早速映画『暗殺教室〜卒業編〜』を観に行ったという、あいいろさんのノートがこちら!
■映画『暗殺教室』を観て

実写版の暗殺教室は2015年公開の『暗殺教室』に引き続き2作品目ですが、卒業編から観てもしっかり楽しめたそう。

山田くん目当てのファンが多かったのか、公開前から話題になっていたキスシーンではファンの悲鳴が……。気持ちはわかりますが、他のお客さんはびっくりしてしまったかもしれませんね(^^;)

“泣ける”という感想が多かったので、これから観に行く方はハンカチを忘れないように気をつけて〜!

■俳優・菅田将暉との共演

映画で共演した山田くんと俳優・菅田将暉さんの関係について書かれたノートも。
■山田くんと菅田くんと裕翔くん

俳優は、例えるならば移住民族。作品を撮り終えるたびに共演者やスタッフとお別れして、また新しい環境へと移らなければなりません(;_;)

山田くんや同じくHey!Say!JUMPの中島裕翔くんとプライベートでも仲良しな菅田さんは、JUMPのファンにとってはすっかりお馴染みの存在。

映画の上映が終わると共演者との露出も減ってしまうため、ちょっぴり寂しくなってしまいますよね(涙)

また映画やドラマで3人が共演する日が来ることを願うばかりです!

■今回もせんせーションズが大活躍!

映画の主題歌「さよならセンセーション」を歌うのは、Hey! Say! JUMPにそっくりなせんせーションズ。
■永遠の少年・Hey!Say!JUMP

こちらもテレビ出演やリリースなどで盛り上がっていましたね〜。

生で見られる機会が少ないのが残念なところですが、昨年開催されたHey! Say! JUMPのツアー『Hey! Say! JUMP LIVE TOUR 2015 JUMPing CARnival』ではせんせーションズがゲスト(?)として出演する場面もあったので、次回のツアーに期待しましょう♪

■山田涼介の魅力は努力にあり

『暗殺教室』まとめ、いかがでしたか?

山田くんの魅力といえば、なんといってもお人形のように整った顔立ちと子犬のように愛らしい目だと思います(*^^*)

女子もびっくりな美貌の持ち主なのに、苗字は“山田”……。神様はきっと、「おっと、これじゃ完璧すぎる!」と平凡な苗字を与えたに違いありません(全国の山田さんすみません)。

ただかっこいいだけでなく、ダンスや演技など人一倍の努力の上に“山田涼介”が成り立っているところが人々の心をグッと掴むのかもしれませんね。

映画『暗殺教室〜卒業編〜』はまだまだ映画館で上映中。映画の感想や山田くんへの愛をぜひMusicHubzに投稿してみてください♪

【関連リンク】
<MusicHubzでジャニゴトを投稿しよう!>

【関連アーティスト】
Hey! Say! JUMP
【ジャンル】


今井美樹、初商品化の映像を収めたDVD付きの新装ベスト盤を発売
Thu, 14 Apr 2016 18:00:00 +0900
今井美樹 (okmusic UP\'s)

今井美樹デビュー30周年目の2015年。そのアニバーサリーイヤーにリリースされた、レーベルの垣根を越えたオールタイム・ベストアルバム『Premium Ivory -The Best Songs Of All Time-』 の10万セットのヒットを支えてくれたファンへの感謝を込めて、すべてが初商品化の2時間半に及ぶ映像を収めたDVDをセットした新装版『Premium Ivory -The Best Songs Of All Time- [New Edition]』を発売することが決定した。


【その他の画像】今井美樹

新たに編纂されたDVDには、2015年10月10日から全国8か所で開催された30th Anniversary Concert Tour 2015 “Colour" より、東京国際フォーラム公演でのセットリスト全22曲を完全収録。そして、ロンドンと東京で行われたロングインタビューを中心に構成し、ツアー直前にWOWOWで放映された特別番組「"Colour"スペシャル」のショートヴァージョン。さらには本年1月31日に収録された、ロンドン・カドガンホールでのアコースティックライブより、プロデューサー布袋寅泰がミュージシャンとして参加したアットホームでアコースティックなライブパフォーマンスを2曲ボーナストラックとして収録と、トータルで2時間半におよぶプレミアムなコンテンツが詰め込まれている。

■アルバム『Premium Ivory -The Best Songs Of All Time- [New Edition] 』

2016年5月18日発売
TYCT-69102/¥5,000+税
※UHQ-CD2枚組(全31曲収録)+DVD収録内容(149分収録)

◎DVD収録内容(149分収録)
I. 30th Anniversary Concert Tour 2015 “Colour"
Live at Tokyo International Forum, Hall A, 23rd October 2015
アニバーサリーイヤーに行われたツアーより東京国際フォーラム公演を完全収録(全22曲)
II. 今井美樹 30th Anniversary “Colour" スペシャル (Short Edition)
2015年にWOWOWにてオンエアされた特別番組を収録
III. Live at Cadogan Hall, London, 2016
01. 夢  
02. PRIDE

【関連リンク】
今井美樹 オフィシャルHP
今井美樹、ベスト盤10万枚突破を記念したNEW EDITIONの発売が決定
あんな曲やこんな曲も 90年代後半にドラマ主題歌として使われた名曲5選
今井美樹、ロンドンでのニューイヤーコンサートにSPゲストとして布袋寅泰が登場

【関連アーティスト】
今井美樹
【ジャンル】
J-POP

玉置浩二、5月より開催のオーケストラ公演にて新プログラムの演奏が決定
Thu, 14 Apr 2016 17:30:00 +0900
玉置浩二 (okmusic UP\'s)

5月より開催される玉置浩二の新しいオーケストラ公演『KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT -21st CENTURY RENAISSANCE-』にて、「雨」「夜想」「オレンジ」「キラキラニコニコ」「君がいないから」他から構成した、待望の新プログラムが演奏されることが分かった。

【その他の画像】玉置浩二

玉置浩二と安全地帯の至極の名曲群が圧倒的なスケールのオーケストラ作品として披露されるこの舞台。玉置浩二と安全地帯の至極の名曲群が圧倒的なスケールのオーケストラ作品として披露されるが、往年のレパートリーに加え、今回のプログラムが発表となった。

また、玉置浩二の強い意思をうけ、欧州から来日するバルカン特別編成交響楽団との共演も実現が決定。旧ユーゴスラビア地域から世界平和の祈りを発信する同オーケストラに玉置自身が共鳴し、人種、宗教、国境を超える「歓喜の歌」が玉置浩二作曲の新制作オーケストラ作品として発表されるという。

さらにベートーヴェン交響曲第6番と融合した「田園」の新オーケストラバージョンなど、圧倒的なスケールの玉置浩二の世界が初夏の大きな輝きの中に誕生する。

チケットは全公演ともに特製プログラム&クリアファイル付で12,500円(税込・全席指定)、4月23日(土)より主要プレイガイドにて順次発売される。詳しくはオフィシャルサイトまで。

■『KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT -21st CENTURY RENAISSANCE-』

5月12日(木)・13日(金) 東京・Bunkamuraオーチャードホール
栗田博文指揮 / 東京交響楽団
5月26日(木)・27日(金) 西宮・兵庫県立芸術文化センター
大友直人指揮 / 大阪フィルハーモニー交響楽団
6月02日(木)・3日(金) 東京・Bunkamuraオーチャードホール
柳澤寿男指揮 / バルカン特別交響楽団
6月07日(火) 大阪・フェスティバルホール
飯森範親指揮 / 日本センチュリー交響楽団
6月08日(水) 京都・京都コンサートホール
柳澤寿男指揮 / バルカン特別交響楽団
7月07日(木) 大阪・フェスティバルホール
大友直人指揮 / 大阪フィルハーモニー交響楽団
7月11日(月)・27日(水) 大宮・大宮ソニックシティ
大友直人指揮 / 東京フィルハーモニー交響楽団
7月21日(木) 福岡・福岡シンフォニーホール(アクロス福岡)
柳澤寿男指揮 / 九州交響楽団
8月11日(木・祝) 熊本・熊本県立劇場
山下一史指揮 / 九州交響楽団
<チケット>
チケット¥12,500(税込・全席指定)
特製プログラム&クリアファイル付
※4月23日より主要プレイガイドにて順次発売

【関連リンク】
『KOJI TAMAKI PREMIUM SYMPHONIC CONCERT -21st CENTURY RENAISSANCE-』 オフィシャルHP
玉置浩二、オーケストラ公演が5月より新始動!
「ビルボードクラシックスフェスティバル」に平原綾香、May J.らの出演が決定
豪華アーティストと音楽の新しい可能性を追求し続けてきた "ビルボード・クラシックス"が3月に開催

【関連アーティスト】
玉置浩二
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, クラシック

マキタスポーツ、ソロライブで鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)と音楽談義!?
Thu, 14 Apr 2016 17:00:00 +0900
4月10日@東京・青山CAY (okmusic UP\'s)

音楽と笑いをまじえた大人のエンターテインメントLIVEとして、マキタスポーツが3ヶ月に一度のペースで開催している名物ライヴシリーズ「LIVE@マキタスポーツ」。4月10日(日)に青山CAYで行われた「LIVE@」では、絶大な人気を誇るビジュアル系エアーバンド“ゴールデンボンバー"のボーカル、鬼龍院翔がゲストに登場。この意外な組み合わせにマキタスポーツ、鬼龍院翔それぞれのファンが集まり、満場の青山CAYはいつもに増して盛り上がりをみせた。


【その他の画像】ゴールデンボンバー

マキタスポーツのエンターテインメント性あふれるステージと、多彩なスペシャルゲストを迎えることで構成されるこのライヴは、これまで、吉田山田、石崎ひゅーい、奇妙礼太郎、尾崎世界観(クリープハイプ)、YOU、ディーンフジオカなど、ジャンルを超えたそうそうたるアーティストが登場してきた。

4月10日(日)に青山CAYでは、開演直前、「LIVE@」のお約束として、マキタスポーツの愛弟子、芸人セクシーJが裸にまわし姿で登場。女性客が8割を超える場内はそのあられもない姿に束の間、戸惑いのムードが生まれたが、拍手の練習や「セクシー!」とオーディエンスに連呼させるなど古典的な前説芸を披露し、客席をあたためた。

ほどなく、伴奏をつとめるジミー岩崎のピアノをバックに、ギターを手にしたマキタスポーツが登場。久保田利伸の名曲「missing」のカバーからステージはスタートした。禁断の不倫の恋を歌ったこの曲を、セクシーなスモーキーボイスで歌い上げるマキタのパフォーマンスにオーディエンスの集中力が一気に高まる。

マキタのステージといえば、MCでのさすがの話芸を堪能できるのも醍醐味。スライドで写真を見せながら、大学時代、この不倫の歌を実の両親の前でカラオケを熱唱した時のエピソードや、子育ての爆笑エピソードなど近況報告を披露。

続いて、マキタのオリジナルで15年ほど前に作ったという「NEWS」をソロで披露。社会風刺に満ちた言葉遊びたっぷりの歌詞は、まさに曲者マキタスポーツ若かりし頃の切っ先鋭い批評精神に満ちたもの。そして続けざまに、歌い方がやおら井上陽水に変容し、名曲「最後のニュース」のカバーになだれ込む。もっとも歌詞はここ最近発生した芸能界のニュースネタが、実名込みでさまざま盛り込まれたオリジナルなマキタバージョンになっており、会場に笑いが生まれる。

続いて、「不倫歌メドレー」がスタート。「男の視点で歌った不倫の歌はダメ。男は欲望が満たされたらそれで終わりだから、そんな男たちの歌なんて、ちっともこない」というマキタ。石川さゆり「天城超え」からスタートし、竹内まりや「純愛ラプソディ」、金井克子―一青窈の「他人の関係」、小林明子「恋におちて」と、女性視点の不倫歌名曲のかずかずを「女の人の気持ちになって歌っていたら涙が出そうになる」とセンチメンタルになりながら歌い上げた。オーディエンスは、バックのスクリーンに大きく映し出される歌詞とともにこの不倫歌の世界を味わった。

前半最後は、1月20日にデビューアルバム『矛と盾』をリリースした、ビジュアル系バンド、マキタスポーツpresents Fly or Die(以下F.O.D)の紹介をしつつ、アルバムの中から標題曲「矛と盾」をピアノ伴奏によるジャジーなバージョンで演奏。客席のクラップも盛り上がる中、ビジュアル系の客席のお約束「折りたたみ」(観客がリズムにのって上半身を前のめりに倒す動作)を、スタンディングならぬシッティングな状態の客席に要請。ノリのよい観客たちは座ったまま折りたたみを敢行し、大人な空間の青山CAYは何かの新興宗教の儀式のような、異様な光景に包まれながら、前半終了とあいなった。

休憩を挟んで、第2部はスペシャル・ゲストの鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)がついに登場。客席と舞台がかなり近い全160席の青山CAYにあって、「こういうスタイルは初めて」という鬼龍院。二人は、「鬼龍院翔のオールナイトニッポン」でゲストにマキタが登場したのが初対面。それから交流を重ねるうちに、「マキタさんとは音楽のとらえ方に近いものを感じる」(鬼龍院)ようになったという。

お笑いをめざし吉本の養成所に通っていた過去をもつ鬼龍院が、お笑いをすっぱりやめてビジュアル系をチョイスし、エアーバンドをやるにいたった理由をマキタがインタビュー。

続いて、「LIVE@」のお楽しみ、恒例の「音楽じゃんけん」が始まった。「この曲のここが気持ちいい」と感じる音楽をお互い出し合うコーナー。まずマキタはRADWIMPS「おしゃかさま」の間奏のギターをチョイス。するも、「気持ちいい」箇所が来た瞬間、マキタが「ここ!」と絶叫するあまり、肝心のギターが聞こえなくなるというトラブルが発生。やり直しの2度目も絶叫が抑えられず、鬼龍院は結局「気持ちいい」箇所を聴けぬまま。

鬼龍院はLaputa(ラピュータ)の「Virgin Cry」をチョイス。音程がオクターヴ以上跳躍するギターソロをジェスチャーたっぷりに示しながら、「なぜ気持ちいいのかわからないけど、本当に気持ちいい」と紹介。続く2番目の勝負では、マキタは沢田研二「カサブランカ・ダンディー」の阿久悠による歌詞に注目。「ききわけのない 女の頬を ひとつふたつ はりたおして」「しゃべり過ぎる 女の口を さめたキスで ふさぎながら」といったよく読むと情緒不安定な歌詞でありながら、にじみ出る男のマッチョイズムへの憧憬がかっこいいと述べるマキタ。

それを迎え撃つ鬼龍院は、B‘z「Deep Kiss」のシンバルに注目。ハイハットシンバルからライドシンバルに代わる箇所で、音がかわった瞬間、音楽全体の世界観が変化するのをきき、「ライドシンバルの存在意義がはじめてわかったんです」と述べた。

続いてのお題は「カラオケで一発目に歌う曲」。鬼龍院は、新入社員で会社の初めての飲み会のカラオケに行った場合、というシチュエーションで、大事MANブラザーズバンドの「それが大事」を、「若い子が知らない懐メロは、上の世代と若い世代の会話が生まれる利点がある」という理由でチョイス。対するマキタは氣志團「one night carnival」を、「これはある程度みな知っているから、上司も振付できるし、コミュニケーションが生まれる」という鬼龍院と対照的な理由で、推薦。今回も両者一歩もひかずの引き分けで終わったが、音楽の「売り方」「受容のされ方」に鋭い慧眼をもっている鬼龍院のトークに舌を巻き、思わず「年下の先輩」と敬意を込めて呼んでしまうマキタであった。

鬼龍院のコーナーが終わり、ふたたびマキタの歌唱コーナーが始まる。Fly or Dieの「矛と盾」に収録されている、大森靖子作詞の「あいしてみやがれ」アコースティック・バージョンを披露。いつものバンドバージョンとも異なり、ミドルテンポで、歌詞の内容がきちんと浮かびあがる秀逸なアレンジが光る。そして、CDが売れまくっていた90年代の思い出の名曲を織り交ぜながら、世の中の流れとハマっていなかった若きマキタの思いと心象風景を描いた「1995 J-POP」で本編終了。

アンコールは、マキタと、鬼龍院翔がふたたび登場。「音楽じゃんけん」で取り上げた沢田研二「カサブランカ・ダンディー」をデュオでカバー。事前のリハーサルも十分にできないまま臨んだというこの共演だったが、ブルージーなマキタの歌声と、鬼龍院の艶のあるセクシーな歌声が絡み合い、印象的なコラボとなった。

アンコール2曲目は、マキタのソロで「俺はわるくない」。マキタのシリアスでダイレクトな歌詞がこのエンターテインメント性たっぷりの2時間半のステージを締めくくった。

世間と折り合いがつかないまま、引きこもりの生活を送っていた90年代。その時代への、マキタ自身の切なさ思いが、笑いの絶えないステージの中で、通奏低音のように響き続けていた今回のLIVE@マキタスポーツであった。次回のLIVEは7月23日(土)に同じく東京・青山CAYで開催予定。

【関連リンク】
マキタスポーツ オフィシャルHP
マキタスポーツのソロライヴ「LIVE@マキタスポーツ」にゴールデンボンバーの鬼龍院翔がゲスト出演決定
マキタスポーツpresents Fly or Die、渋谷WWWよりレコ初ツアーがスタート
YOSHIKI×ゴールデンボンバー、本音と即興演奏が飛び出しまくった伝説の夜!

【関連アーティスト】
ゴールデンボンバー, 鬼龍院翔, マキタスポーツ
【ジャンル】
J-POP, ライブ

ザ・キンクス、1972年の名盤が2枚組レガシー・エディションとなって発売決定
Thu, 14 Apr 2016 16:00:00 +0900
ザ・キンクス (okmusic UP\'s)

ザ・キンクスのRCA時代の名盤『この世はすべてショー・ビジネス(Everybody\'s In Show-Biz)』のレガシー・エディションが6月3日に発売される事が決定した。国内盤は、通常のCDプレーヤーで再生可能な高品質フォーマット・Blu-spec CD2仕様で6月8日発売となる。

【その他の画像】The Kinks

『この世はすべてショー・ビジネス』レガシー・エディションはCD2枚組となり、レイモンド・ダグラス・デイヴィスがプロデュースを手がけたオリジナル盤(21曲)にリマスターが施され、1972年、ロンドン・ウィルズデンのモーガン・スタジオでこのアルバム用に録音された、「スーパーソニック・ロケット・シップ」、「非現実的現実(Unreal Reality)」の別ヴァージョン、そして次のコンセプト・アルバムとなった『プリザヴェイション第一幕(Preservation Act 1)』(1973年)の伏線となった未発表曲「ヒストリー」や1972年3月2-3日に行なわれ、成功裏に終わったカーネギー・ホール公演での「サニー・アフタヌーン」、「ゲット・バック・イン・ザ・ライン」、「複雑な人生(Complicated Life)」、演奏されるのが稀な「ロング・トール・ショーティー」などの14曲の未発表音源を含む計17曲を追加収録。また著名なロック学者デヴィッド・フリックが今回のリリースにあたり特別に書き下ろした詳細な英文ライナー・ノーツが収録される。

1972年初出の『この世はすべてショー・ビジネス』はザ・キンクスの10枚目のスタジオ・アルバム。高い評価を博したRCA移籍第1弾『マスウェル・ヒルビリーズ』から1年を待たずに登場した作品。オリジナル盤(LP2枚組)は、永遠の名曲「セルロイドの英雄(Celluloid Heroes)」を収録したスタジオ・アルバム1枚と、1972年3月に行われたカーネギー・ホール公演を時系列で追ったライヴ盤1枚からなり、フロントマンのレイ・デイヴィス、ギターのデイヴ・デイヴィス、ベースのジョン・ダルトン、キーボードのジョン・ゴスリング、ドラマーのミック・エイヴォリーという、キンクスにとって2代目となる名ラインナップに加え、マイク・コットン、ジョン・ビーチャム、アラン・ホームズからなる金管・木管プレイヤーたちが登場する。

ある種のコンセプト・アルバムである『この世はすべてショー・ビジネス』は、ツアーするミュージシャンの生活における試練、苦難、成功にテーマやインスピレーションを得ており、アルバム中の騒々しいカーネギー・ホール公演からの音源は、ザ・キンクスが1965年に米国音楽家連盟に課された4年間の公演禁止が解かれてから最初に行なわれた一連の北米でのコンサートのひとつを出典としている。アルバムの収録曲は当初、ツアー中のキンクスを取り上げたもののお蔵入りとなった長編映画『ザ・コロッサル・シャツ』のサウンドトラックとしての使用が意図されていた。

「人生は俺を利用し続け、乱用し続ける。精神的にも肉体的にも」。アルバム収録曲「マキシマム・コンサンプション」でデイヴィスはそう歌う。「俺は健康を保ち、生き延びなければならない。身体の中に燃料が必要だ。生き延びるためには食べなければ…」と。スタイル的には、『マスウェル・ヒルビリーズ』で聴かれる、アメリカーナにインスピレーションを得たアレンジへの興味をさらに探求するデイヴィスの姿がある。

■『Everybody\'s in Showbiz(Legacy Edition)』予約ページ
https://itunes.apple.com/jp/album/id1100449471?app=itunes&ls=1

■アルバム『この世はすべてショー・ビジネス レガシー・エディション』

2016年6月8日(水)発売
SICP-30928〜30929/¥3,600+税
※国内盤CD2枚組、日本盤のみ通常のCDプレーヤーで再生可能な高品質フォーマットBlu-spec CD2仕様、歌詞・対訳・解説付、2014年リマスター音源
<収録曲>
■ディスク1:The Original Album
1. Here Comes Yet Another Day / 新しい日がやってくる
2. Maximum Consumption / マキシマム・コンサンプション
3. Unreal Reality / 非現実的現実
4. Hot Potatoes / ホット・ポテト
5. Sitting In My Hotel / ホテルに座って
6. Motorway / モーターウェイ
7. You Don\'t Know My Name / ユー・ドント・ノウ・マイ・ネーム
8. Supersonic Rocket Ship / スーパーソニック・ロケット・シップ
9. Look A Little On The Sunny Side / 陽の当たる側をごらん
10. Celluloid Heroes / セルロイドの英雄
11. Top Of The Pops (live) / トップ・オブ・ザ・ポップス(ライヴ)
12. Brainwashed (live) / ブレインウォッシュド(ライヴ)
13. Mr. Wonderful (live) / ミスター・ワンダフル(ライヴ)
14. Acute Schizophrenia Paranoia Blues (live) / パラノイア・ブルース(ライヴ)
15. Holiday (live) / ホリデイ(ライヴ)
16. Muswell Hillbilly (live) / マスウェル・ヒルビリー(ライヴ)
17. Alcohol (live) / アルコール(ライヴ)
18. Banana Boat Song (live) / バナナ・ボート・ソング(ライヴ)
19. Skin And Bone (live) / 骨と皮(ライヴ)
20. Baby Face (live) / ベイビー・フェイス(ライヴ)
21. Lola (live) / ローラ(ライヴ)
※Tracks 1-10 Recorded March-October 1972 at Morgan Studios, Willesden, London
※Tracks 11-21 Recorded March 3, 1972 at Carnegie Hall, New York, New York
■ディスク2:Bonus Tracks
1. ‘Til The End Of The Day (live) / エンド・オブ・ザ・デイ(ライヴ)
2. You\'re Looking Fine (live) (previously unreleased commercially) / とても美しい(ライヴ)(未発売)
3. Get Back In Line (live) / ゲット・バック・イン・ザ・ライン(ライヴ) *
4. Have A Cuppa Tea (live) / お茶をどうぞ(ライヴ)*
5. Sunny Afternoon (live) / サニー・アフタヌーン(ライヴ)*
6. Muswell Hillbilly (live) / マスウェル・ヒルビリー(ライヴ)*
7. Brainwashed (live) / ブレインウォッシュド(ライヴ)*
8. Acute Schizophrenia Paranoia Blues (live) / パラノイア・ブルース(ライヴ)*
9. Holiday (live) / ホリデイ(ライヴ)*
10. Alcohol (live) / アルコール(ライヴ)*
11. Complicated Life (live) /複雑な人生(ライヴ) *
12. She\'s Bought A Hat Like Princess Marina (live) / マリーナ王女の帽子のような(ライヴ)
13. Long Tall Shorty (live) / ロング・トール・ショーティ(ライヴ)*
14. History (studio outtake) / ヒストリー(スタジオ・アウトテイク)*
15. Supersonic Rocket Ship (alternate mix) / スーパーソニック・ロケット・シップ(オルタネイト・ミックス)*
16. Unreal Reality (alternate mix) /非現実的現実(オルタネイト・ミックス)*
17. Sophisticated Lady (early rehearsal version of "Money Talks") /ソフィスティケイテッド・レディ(アーリー・リハーサル・ヴァージョン・オブ・マネー・トークス) *
*=未発表音源
※Tracks 1-13 Recorded March 2-3, 1972 at Carnegie Hall, New York, New York
※Tracks 14-17 Recorded at Morgan Studios, Willesden, London

【関連リンク】
ザ・キンクス オフィシャルHP
キンクスを聴くならこの5曲
デヴィッド・ボウイ、最新MV「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」公開
ボブ・ディラン、生誕75周年に合わせて新作スタジオ・アルバムをリリース

【関連アーティスト】
The Kinks
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

ザ・ポップ・グループ、 超貴重ライヴ音源&映像を収録したアルバムを5月に発売
Thu, 14 Apr 2016 15:00:00 +0900
ザ・ポップ・グループ (okmusic UP\'s)

ザ・ポップ・グループが1979年から1980年にかけてレコーディングした激レアなライヴ音源を収録したアルバム『ザ・ボーイズ・フーズ・ヘッド・エクスプローデッド』を5月27日(金)に発売する。

【その他の画像】The Pop Group

各ライヴ音源はイギリスのシェフィールド、イタリアのミラノ、ドイツのケルン、そしてフィンランドのヘルシンキの公演でレコーディングされた。それらのオリジナルは、名作『ハウ・マッチ・ロンガー』に収録されている。加えて、未発表曲である「73シャドウ・ストリート」と、ベーシストのダン・カトゥシスがザ・ポップ・グループ加入前に在籍していたグラクソ・ベイビーズの「シェイク(ザ・ファウンデーションズ)」のカバーも見逃せない。

音源以上に注目と言っても過言ではないのは、DJや映像作家としても著名なドン・レッツが撮影した、1980年6月15日の英国・ロンドン「ビート・ザ・ブルース・フェスティバル」でのライヴ映像を収録したDVD『ライヴ・アット・アレクサンドラ・パレス1980』が付属されることだ。プライベート的に撮られたライヴ映像がダイジェストで収められたDVDだが、中には彼らの未発表曲である「イフ・ユー・シンク・ユーアー・パート・オブ・ザ・ソリューション」の映像もあり、ファン必見の内容だ。この時代のザ・ポップ・グループの映像が現存していること自体かなり稀で、ザ・ポップ・グループのファンのみならず、当時のパンク・ムーブメント愛好家にとっても、大変興味深い作品となることだろう。

なお、本作に収録される音源「ウィ・アー・オール・プロスティテューツ〔ライヴ・ミラノ1980〕」が現在公開されているので、気になる方はこちらもご覧になってほしい。

■「ウィ・アー・オール・プロスティテューツ〔ライヴ・ミラノ1980〕」
https://www.youtube.com/watch?v=kAR4bUJg624

■アルバム『ザ・ボーイズ・フーズ・ヘッド・エクスプローデッド / THE BOYS WHOSE HEAD EXPLODED』

2016年5月27日(金)発売
価格:¥3,200+税
<収録内容>
■CD
1. ウィ・アー・オール・プロスティテューツ〔ライヴ・ミラノ1980〕 / WE ARE ALL PROSTITUTES [LIVE MILAN 1980]
2. ジャスティス〔ライヴ・ケルン1980〕 / JUSTICE [LIVE COLOGNE 1980]
3. ハウ・マッチ・ロンガー〔ライヴ・ケルン1980〕 / HOW MUCH LONGER [LIVE COLOGNE 1980]
4. ブラインド・フェイス〔ライヴ・シェフィールド1979〕 / BLIND FAITH [LIVE SHEFFIELD 1979]
5. フォーシズ・オブ・オプレッション〔ライヴ・ケルン1980〕 / FORCES OF OPPRESSION [LIVE COLOGNE 1980]
6. ゼア・アー・ノー・スペクテイターズ〔ライヴ・ケルン1980〕 / THERE ARE NO SPECTATORS [LIVE COLOGNE 1980]
7. フィード・ザ・ハングリー〔ライヴ・ケルン1980〕 / FEED THE HUNGRY [LIVE COLOGNE 1980]
8. ロブ・ア・バンク〔ライヴ・ミラノ1980〕 / ROB A BANK [LIVE MILAN 1980]
9. シェイク・ザ・ファウンデーション〔ライヴ・ケルン1980〕 / SHAKE THE FOUNDATION [LIVE COLOGNE 1980]
10. 73シャドウ・ストリート〔ライヴ・ヘルシンキ1980〕 / 73 SHADOW STREET [LIVE HELSINKI 1980]
■DVD
『ライヴ・アット・アレクサンドラ・パレス1980』
シェイク・ザ・ファウンデーション / SHAKE THE FOUNDATION
フィード・ザ・ハングリー / FEED THE HUNGRY
シーフ・オブ・ファイア / THIEF OF FIRE
ゼア・アー・ノー・スペクテイターズ / THERE ARE NO SPECTATORS
イフ・ユー・シンク・ユーアー・パート・オブ・ザ・ソリューション / IF YOU THINK YOU\'RE PART OF THE SOLUTION
ハウ・マッチ・ロンガー / HOW MUCH LONGER

【関連リンク】
ザ・ポップ・グループ オフィシャルHP
ザ・ポップ・グループの名盤『ハウ・マッチ・ロンガ?』がメンバー自らのリマスタリングで復刻
ザ・ポップ・グループ、35年ぶりの新作からシングル「マッド・トゥルース」の音源を世界初公開
ザ・ポップ・グループ、リマスター盤と初CD化音源コンピのリリースをもって本格的に活動再開

【関連アーティスト】
The Pop Group
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

焚吐、弾き語り&カバーを披露する初ツイキャス決定
Thu, 14 Apr 2016 14:00:00 +0900
焚吐 (okmusic UP\'s)

焚吐が初のツイキャス配信“焚吐のツイキャス"を実施することになった。現在Twitter上で“#焚吐の弾き語り"として自身の曲の弾き語りや様々なアーティストの楽曲のカバーを披露しており、「もっと長く聴きたい」という沢山の要望に応える形となる。


【その他の画像】焚吐

また、Twitter内では“#焚吐のツイキャス"というハッシュタグをつけてツイキャス配信の際、焚吐に歌ってほしい楽曲のリクエストを募集している。放送は4月22日(金)21時から。

焚吐は2015年12月にシングル「オールカテゴライズ」(アニメ「ヤング ブラック・ジャック」エンディングテーマ)でメジャーデビューし、5月4日に2ndシングル「ふたりの秒針」(読売テレビ・日本テレビ系 全国ネット土曜よる6:00放送のアニメ「名探偵コナン」のエンディングテーマ)を発売する.


■焚吐のツイキャス
http://twitcasting.tv/official_takuto

2016年5月4日発売
【CD+DVD盤】(通常盤)
JBCZ-6045/¥1500(税込)
<収録曲>
■CD
1. ふたりの秒針 
2. てっぺん底辺 
■DVD
「ふたりの秒針」MUSIC VIDEO収録DVD付き

【名探偵コナン盤】(初回限定盤)
JBCZ-6046/¥1000(税込)
<収録曲>
1.ふたりの秒針 
2.てっぺん底辺 
3.ふたりの秒針(TV_Edit)

【関連リンク】
焚吐 オフィシャルHP
焚吐が新曲「てっぺん底辺」のMVを解禁
焚吐、2ndシングル「ふたりの秒針」の豪華購入特典を発表
焚吐(たくと)、ファンの声に応え「子捨て山」MVを制作

【関連アーティスト】
焚吐
【ジャンル】
J-POP

SCANDAL、ツアー初日にヨーロッパツアーとファンクラブツアー開催を発表
Thu, 14 Apr 2016 13:30:00 +0900
4月13日@宮城県・仙台PIT (okmusic UP\'s)

今年の8月21日でバンド結成10周年を迎える、世界的ガールズバンドSCANDALのニューアルバム『YELLOW』を引っ提げての約3年ぶりのライブハウスツアー「SCANDAL TOUR 2016 “YELLOW"」が4月13日の宮城県・仙台PIT公演よりスタートした。


【その他の画像】SCANDAL

今回のツアーでも、前回のSCANDAL ARENA TOUR 2015-2016 「PERFECT WORLD」と同様に照明演出としてロンドンオリンピックの開会式・閉会式や、ローリング・ストーンズ、マイケル・ジャクソン、スティービー・ワンダーなど数多くのビックアーティストのステージ照明を手掛けてきた世界的照明演出家のPatrick Woodroffe氏のチームであるWoodroffe Bassett DesignよりTerry Cook氏を起用している。

ライブでは、HARUNA(Vo.&Gt.)の「SCANDAL TOUR 2016 “YELLOW"へようこそー!仙台のみんな楽しんでいこうねー」という掛け声とともに、ニューアルバム「YELLOW」の収録曲をメインに、新旧織り交ぜたセットリストを披露した。

MCではHARUNAが「私、勝手に牛タン大使をやらせてもらっているんです。仙台の牛タンが大好きすぎて、仙台に行くときは必ず牛タンを食べるってだけなんですけど」とほっこりとするエピソードで会場は和やかな雰囲気に。

また、「モバイルファンクラブ『CLUB SCANDAL』でのツアーとの連動企画として各地のイベンターさんにニューアルバム「YELLOW」の収録曲をもじって「LOVE ME 丼」(LOVE ME DO)と「ヘブンなスープ」(ヘブンな気分)というテーマでケータリング選手権をしているんです!」と述べ「仙台のLOVE ME 丼は牛タン丼でした!」と牛タン好きを公言した。

さらに、仙台PITへも「日本中から、世界中からいろんな人の想いが詰まっているこの場所で、ライブが出来るのが嬉しいし、みんなと一緒にライブをして、こんな素敵なライブハウスで更に思い出を作っていきたいと思います!」と想いを寄せた。

そして、アンコールに入るとHARUNAから「今日はみんなに発表したいことがいくつかあります!」と観客の期待を煽り、「まずは私たち、バンド結成10周年を迎える8月21日に大阪・泉大津フェニックスに集まりましょう」と告げ「その後、9月にはー」と言うと、客席がざわざわとし始め、続けてHARUNAが「SCANDAL TOUR 2016 “YELLOW"IN EUROPE!」とオランダ・アムステルダム公演からフランス・パリ公演まで全10公演を発表すると、客席から大きな歓声があがった。そしてHARUNAから更に「もちろん、日本のことも忘れてませんよ!10月11月にファンクラブツアーを行います!しかも、めちゃくちゃマニアックなセットリストで」とファンには堪らない内容になるであろうことを仄めかした。

アンコールの演奏が終わり、HARUNAが「仙台最高―!」と初日公演を締めくくった。

今回の「SCANDAL TOUR 2016 “YELLOW"」は国内では5月20日(金)の大阪・なんばHatch公演まで続き、6月18日(土)タイ・バンコクBCC Hall Central Ladprao公演、そして本日発表したSCANDAL TOUR 2016 “YELLOW"IN EUROPEまで繋がっていく。圧倒的な唯一無二の存在のガールズバンドとして、結成10周年に向かう今後のSCANDALから目が離せない。

■『SCANDAL TOUR 2016「YELLOW」』

4月13日(水) 宮城 仙台PIT
4月14日(木) 宮城 仙台PIT
4月16日(土) 新潟 新潟LOTS
4月17日(日) 新潟 新潟LOTS
4月21日(木) 福岡 Zepp Fukuoka
4月23日(土) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
4月24日(日) 広島 BLUE LIVE HIROSHIMA
4月30日(土) 香川 高松festhalle
5月01日(日) 大阪 なんばHatch
5月03日(火・祝) 愛知 Zepp Nagoya
5月04日(水・祝) 愛知 Zepp Nagoya
5月08日(日) 北海道 Zepp Sapporo
5月11日(水) 東京 Zepp Tokyo
5月13日(金) 東京 Zepp Tokyo
5月14日(土) 東京 Zepp Tokyo
5月19日(木) 大阪 なんばHatch
5月20日(金) 大阪 なんばHatch

<海外公演>
6月04日(土) シンガポール The Coliseum TM, Hard Rock Hotel(R) Singapore, Resorts World TM 
6月09日(木) 香港 Star Hall 
6月11日(土) 台湾 ATT SHOW BOX 
6月18日(土) タイ バンコク BCC Hall Central Ladprao

■「SCANDAL TOUR 2016 “YELLOW" IN EUROPE」

9月10日(土) Amsterdam, Netherlands
9月13日(火) Cologne, Germany
9月14日(水) Hamburg, Germany
9月16日(金) Wroclaw, Poland
9月17日(土) Wien, Austria
9月18日(日) Milano, Italy
9月20日(火) Marseille, France
9月21日(水) Barcelona, Spain
9月24日(土) London, United Kingdom
9月25日(日) Paris, France

※公演場所などは後日発表致します。

■「SCANDAL MANIA TOUR 2016」

10月30日(日) 宮城県 MACANA
11月03日(木・祝) 東京 Zepp DiverCity Tokyo
11月05日(土) 広島 HIROSHIMA CLUB QUATTRO
11月06日(日) 福岡BEAT STATION
11月12日(土) 大阪 なんばHatch
11月13日(日) 愛知 Zepp Nagoya
11月27日(日) 札幌 DUCE Sapporo

【関連リンク】
SCANDALオフィシャルHP
SCANDAL、最新ライブ映像作品の会場限定購入者特典を発表
SCANDAL、アルバム『YELLOW』リリース記念で渋谷に降臨!?
SCANDAL、新作を引っ提げたツアーのアジア2都市公演を追加発表

【関連アーティスト】
SCANDAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

藤岡みなみ&ザ・モローンズ、新作「脱水少女」MV公開
Thu, 14 Apr 2016 13:00:00 +0900
「脱水少女」MVキャプチャ (okmusic UP\'s)

藤岡みなみ&ザ・モローンズが「脱水少女」の新作ミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】藤岡みなみ&ザ・モローンズ

4月20日の新譜発売を記念して3週連続で公開が予告されているMV作品のうちの第2弾となる「脱水少女」のMV。こちらはこれまでにも一度制作されたことがあったが、今回公開されたのは2016年撮影の新バージョンとなる。

監督は「おねがい徒歩圏内」のMV制作を担当した、映像クリエイターであり「夜空と交差する森の映画祭」代表でもあるサトウダイスケ。自然豊かな場所にある学校を舞台に、主演の須永真咲ら現役高校生たちと撮影された映画仕立ての青春作品となっている。なお、第3弾MV公開は4月20日(水)19:00となる。

また、藤岡みなみ&ザ・モローンズの関西でのライブスケジュールも発表された。すでに決定している札幌・東京でのレコ発ライブとあわせてチェックしよう。

■「脱水少女」MV
https://youtu.be/_82ZVGewDTA

【関連リンク】
藤岡みなみ&ザ・モローンズ オフィシャルHP
藤岡みなみ&ザ・モローンズ、新作PVにあの女装芸人が登場!?
Czecho No Republic、期間限定シングルの詳細解禁&7月に主催イベントを開催
indigo la End、2ndフルアルバムを6月にリリース&全国ツアー開催を発表

【関連アーティスト】
藤岡みなみ&ザ・モローンズ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LUNA SEA、2年半振りの新曲「Limit」を6月にシングルとしてリリース
Thu, 14 Apr 2016 12:00:00 +0900
LUNA SEA (okmusic UP\'s)

LUNA SEAの約2年半ぶりとなる新曲「Limit」がニューシングルとして6月22日にリリースされることがわかった。

【その他の画像】LUNA SEA

「Limit」は日本テレビアニメ『エンドライド』の主題歌として4月2日より放送されており、現在はその主題歌エディットの配信のみとなっているが、ついにニューシングルとして正式にCDリリースされることとなった。ロックリスナーのみならず、アニメファンも注目している今作は『エンドライド』サイドからの熱烈オファーをバンドが快諾して実現したもので、作品の世界観をイメージして描かれた歌詞も要注目だ。

タイトル曲である「Limit」は美しいギターの旋律に唯一無二のボーカルが絡み、ミディアムテンポの重厚なリズムに変化すると、サビでは一気に疾走感が爆発するというLUNA SEAならではの展開が全編に響きわたる作品である。さらに現在制作中のC/Wに収録されるナンバーは、これもまたLUNA SEAの真骨頂ともいえるSUGIZOがヴァイオリンを奏でる幻想的な楽曲とのことだ。

一昨年末に終幕から約15年振りとなるオリジナルアルバム『A WILL』をリリースした後、約10ヶ月をかけて全国を周り、昨年6月には初の主催フェス「LUNATIC FEST.」を開催するなど話題を集めたLUNA SEAは、昨年の12月に行なわれたFC限定ライヴで「ニューアルバムの制作に入っている」と明言していただけに、今作はそのプロローグとしても期待せずにはいられない。

さらに年末12月23日・24日には、さいたまスーパーアリーナでのライヴも発表されており、こちらは「The Holy Night -Beyond the Limit-」という正式タイトルが発表された。まさにバンド自らの限界を壊し、その先に待ち受ける結成30周年に向けて、いよいよLUNA SEAが新たな次元へと踏み出そうとしている。

■アニメ『エンドライド』公式サイト
http://www.endride.jp

■シングル「Limit」

2016年6月22日発売
【初回限定盤A】(SHM-CD+Blu-ray)
UPCH-7146/¥2,480(税込)
※完全限定生産盤PREMIUM PACKAGE
<収録曲>
■SHM-CD
1. Limit
※日本テレビほかアニメ『エンドライド』主題歌
2. タイトル未定
■Blu-ray
Limit ?Music Video-

【初回限定盤B】(CD+DVD)
UPCH-7147/¥1,890(税込)
<収録曲>
■CD
1. Limit
※日本テレビほかアニメ『エンドライド』主題歌
2. タイトル未定
■DVD
Limit ?Music Video-

【通常盤】(CD)
UPCH-5877/¥1,260(税込)
<収録曲>
1. Limit
※日本テレビほかアニメ『エンドライド』主題歌
2. タイトル未定

【「エンドライド」盤】(1曲入りCD)
UPCH-7148/¥800(税込)
※ジャケットは「エンドライド」ビジュアル絵柄
<収録曲>
1. Limit
※日本テレビほかアニメ『エンドライド』主題歌

■「The Holy Night -Beyond the Limit-」

12月23日(金・祝)  さいたまスーパーアリーナ
12月24日(土)  さいたまスーパーアリーナ
<チケット>
前売:¥9,500/当日:¥10,000(税込)
※全席指定 3歳以上有料
※4月28日(木)よりオフィシャルファンクラブ「SLAVE」にてチケット最速先行予約スタート!

【関連リンク】
LUNA SEA オフィシャルHP
Muddy Apes、ニューアルバムのタイトルとジャパンツアー詳細を解禁
SUGIZO vs INORAN、最強2マンライブの開催が決定
Muddy Apesがついに再始動! 待望の3rdアルバムが6月15日にリリース決定!

【関連アーティスト】
LUNA SEA
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, ビジュアル

在日ファンク、メジャー2ndアルバム『レインボー』のLP盤が発売決定
Thu, 14 Apr 2016 11:00:00 +0900
在日ファンク (okmusic UP\'s)

在日ファンクが5月11日にリリースするメジャー2ndアルバム『レインボー』のLP盤を発売する事を発表した。

【その他の画像】在日ファンク

発売日はCD盤とは異なり、6月29日(水)を予定。カッティング・マシーンを自社で保有する日本コロムビア伝統の技術で、CD盤とはまた異なる仕立てとなっている。

また、LP盤発売を記念したリリース・イベント「在日ファンク メジャー2ndアルバム『レインボー』LP発売記念 「ば」 Vol.3」の開催も決定。「ほぼMCナシのノンストップ・ライブ」というコンセプトのもと、MURO、OL Killerといったビッグ・ネームをゲストDJに迎え開催されてきた当イベント、今回のゲストDJは後日アナウンスされるとのことなので、楽しみに待とう。

■在日ファンク メジャー2ndアルバム『レインボー』LP発売記念 「ば」 Vol.3

7月04日(月)  東京恵比寿 LIQUIDROOM
開場開演:19:30 / 20:00
<チケット>
前売/当日:¥3,000 / ¥3,500(オールスタンディング・ドリンク代別)
一般発売日:5月15日(日)
■先行(e+) 
※受付期間:4月14日(木)12時〜4月20日(水)23時
http://eplus.jp/zainichifunk-0704hp/

【関連リンク】
在日ファンク オフィシャルHP
在日ファンクがサップなソウルナンバー「それぞれのうた」のMVを公開
在日ファンク、メジャー2ndアルバム『レインボー』のアー写&ジャケ写解禁
在日ファンク、メジャー2ndアルバム発売決定!

【関連アーティスト】
在日ファンク
【ジャンル】
ジャパニーズロック

スキマスイッチが各CDショップで“1日店員さん”を体験
Thu, 14 Apr 2016 10:00:00 +0900
1日店員さん(タワーレコード渋谷店) (okmusic UP\'s)

4月12日(火)、スキマスイッチがアナザー・ベストアルバム『POPMAN\'S ANOTHER WORLD』の発売を記念して、銀座山野楽器本店、SHIBUYA TSUTAYA、タワーレコード渋谷店の3店舗にて“1日店員さん体験企画“を行なった。

【その他の画像】スキマスイッチ

銀座山野楽器本店に制服のスーツを着用したスキマスイッチのふたりが到着。ネームプレートを胸につけ、早速、お店のスキマスイッチPOPのサイン書きからお仕事スタート。別会場には抽選で当選したお客さまが、今作のアルバム全27曲ミュージック・ビデオを鑑賞しながら、今か今かとスキマスイッチの登場を待ちわびている。ミュージック・ビデオの上映が終わり、会場の外にはスキマスイッチのふたりがアルバム特典のアナザージャケットをお客さまに手渡し、お見送りした。

2店舗目のSHIBUYA TSUTAYAに到着。早速、控え室で黒い制服に着替え身だしなみチェック。レジカウンターにふたりが並ぶとお客さまがちらちらと横目で見ながら、「あれって、スキマスイッチ?! うそ、なんで??」と驚いた様子。その様子を見ながら、自身のアルバムを手に持ち、しっかり笑顔で宣伝するふたりだった。

ラスト3店舗目タワーレコード渋谷店は1階のスキマスイッチコーナーにて商品陳列からスタート。「おススメの曲は何ですか?」というお客さまからの問い合わせにアルバムを片手に丁寧に対応。一人一人、お客さまと会話を交わしながら、アナザージャケットを手渡し、多くのお客さまから「ツアー行きます。頑張ってください!」とエールをおくられ、全3店舗、“1日店員さん体験企画"は終了した。

スキマスイッチは4月17日(日)にラゾーナ川崎プラザにてスペースシャワーTVの人気番組「SPACE SHOWER COUNTDOWN」の公開収録イベントを行なう。4月22日(金)からは新コンセプトの全国ツアー「スキマスイッチTOUR2016“POPMAN\'S CARNIVAL"supported by MINISTOP」の開催が決定しており、今イベントはツアー前ラストのフリーライブとなるのでこちらも見逃せない。

■【スキマスイッチ スペシャル・ライブ&トーク 詳細】

開催日時:4月17日(日) 14:00〜
開催場所:ラゾーナ川崎 2F ルーファ広場 グランドステージ

■抽選コーナー・ハイタッチ会 参加方法
当日、ライブ本編終了後に「抽選コーナー」と「ハイタッチ会」を開催します。「抽選コーナー」と「ハイタッチ会」にご参加希望の方は下記参加条件をよくお読みください。皆様のご参加お待ちしております!
<ハイタッチ参加方法>
ライブ当日、会場横のCD特設販売ブースにて、対象商品をご購入いただいた方に、お一人様CD1枚につきハイタッチ参加券を1枚お渡しいたします。
ハイタッチ参加券配布期間:4月17日(日) 10:00〜ハイタッチ会終了まで
ハイタッチ参加券配布場所:2F ルーファ広場グランドステージ横
<抽選参加方法>
・ライブ当日、館内で1,000円以上(税込・合算不可)お買上げの方
・ライブ当日、CD特設販売ブースにて、対象商品をご購入いただいた方
上記いずれかの条件を満たした方に、お一人様1枚限り抽選券をお渡しいたします。
抽選券配布期間:4月17日(日) 10:00〜14:00
抽選券配布場所:2F ルーファ広場グランドステージ横
<CD特設販売ブース>
CD販売期間:4月17日(日) 10:00〜
CD販売場所:2F ルーファ広場グランドステージ横
※CD特設販売ブースでのお支払いは現金のみとなります。クレジットカードはご使用いただけません。また、ポイント付与・駐車券サービス券などは対象外となります。
※雨天の場合は、内容及び場所が変更になる場合がございます。
<対象商品>
アルバム『POPMAN\'S ANOTHER WORLD』
【初回生産限定盤】
AUCL-30034〜30036 : 3CD(すべてBlu-spec CD2)
【通常盤】
AUCL-204〜205:2CD

【関連リンク】
スキマスイッチ オフィシャルHP
スキマスイッチ、アナザーベストアルバム全27曲のMVを完全セルフ収録!
スキマスイッチ、ラゾーナ川崎×スペースシャワーTVのコラボイベント第一弾スペシャル・サポーターに就任
スキマスイッチ、ミニストップCMでがんばる女性を応援

【関連アーティスト】
スキマスイッチ
【ジャンル】
J-POP, イベント

「ROCK KIDS 802」公開収録でコブクロがアナタの学校へ!?
Thu, 14 Apr 2016 09:00:00 +0900
コブクロ (okmusic UP\'s)

毎週月曜〜木曜の21:00よりオンエア中の「ROCK KIDS 802」が、映画『orange-オレンジ-』の主題歌「未来」が大ヒット中のコブクロをゲストに公開収録を行なうことを発表した。

【その他の画像】コブクロ

6月15日にニューアルバム『TIMELESS WORLD』をリリースするコブクロが、その発売に先駆けて学校に行き公開録音を実施する。もしかするとアルバムの曲を歌ってくれるかもしれないので、学校に来てほしいリスナーの方はコブクロへのメッセージや熱い思いを添えて、是非応募しよう!

またコブクロはアルバムのリリースを記念して、オフィシャルHP内の「CDコレクション」にて4月20日〜5月2日の期間限定でCD+“LIVE CD"のセット販売を実施している。LIVE CDは、メンバー手書きのジャケットも必見だ。さらにコレクションユーザー限定のツアーチケットも先行実施するとのこと。

「CDコレクション」はインタビューや全収録曲の歌詞、曲解説も掲載される。発売日までは、動画やインタビューなど順次更新される多彩なコンテンツを楽しみつつ、発売後はスマートフォンにアルバムをインポートし、移動中もアルバムを聴きながら歌詞や曲解説を楽しめるな どデジタルブックレットとしても利用できるので、こちらを楽しみながら発売を待とう。

■「CDコレクション」詳細ページ
http://emtg.jp/r/timelessworld_cdc/wmj_tr/20160413/

■「ニューアルバム『TIMELESS WORLD』リリース記念、コブクロとROCK KIDS 802が、君の学校へ公開収録にいっちゃいます!」

公開収録実施日程:5月23日(月)15:00-17:00
応募対象:大阪市内、大阪市内近郊の関西圏の高等学校、専門学校、大学
※当日、ROCK KIDS 802の生放送があり落合健太郎、スタッフが19:00頃には戻れる場所を希望します。
●応募条件=応募フォームの各項目記載の上ご応募ください。
●応募〆切=5月10日(火)
※公開収録本番の所要時間は30分-40分程度です
※公開収録機材の準備に必要な時間は本番前1時間半-2時間となります。
※本番前に公開収録のリハーサルを行う場合があります。原則リハーサルの生徒さんの観覧はできません。
※公開収録に必要な機材はFM802及びコブクロが持ち込みます
※必ず応募の前に学校の許可をとってください。
※スケジュールの都合上今回はこちらの条件とさせていただきます。
※会場のキャパ、参加対象(1年生のみ?2年生のみ?1クラス対象、クラブ生は不参加…など)、人数などはご相談の上、決定させていただきます。
※尚、訪問が決定した学校のお名前を「ROCK KIDS 802」内で発表します!
※この公開収録の模様は6月16日(木)のROCK KIDS 802内にてオンエア致します。

■「KOBUKURO LIVE TOUR 2016 supported by Ghana」

8月27日(土)  札幌 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
8月28日(日)  札幌 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
9月10日(土)  広島 グリーンアリーナ
9月11日(日)  広島 グリーンアリーナ
9月21日(水)  名古屋 日本ガイシホール
9月22日(木・祝)  名古屋 日本ガイシホール
10月01日(土)  名古屋 日本ガイシホール 
10月02日(日)  名古屋 日本ガイシホール 
10月08日(土)  愛媛 ひめぎんホール・メインホール 
10月09日(日)  愛媛 ひめぎんホール・メインホール 
10月24日(月)  東京 日本武道館
10月25日(火)  東京 日本武道館 
11月02日(水)  仙台 サンプラザホール
11月03日(木・祝) 仙台 サンプラザホール 
11月09日(水)  新潟 県民会館 
11月10日(木)  新潟 県民会館 
11月19日(土)  さいたまスーパーアリーナ
11月20日(日)  さいたまスーパーアリーナ 
11月26日(土)  福岡 マリンメッセ福岡 
11月27日(日)  福岡 マリンメッセ福岡
12月05日(月)  宮崎 市民文化ホール
12月06日(火)  宮崎 市民文化ホール 
12月17日(土)  大阪 京セラドーム大阪
12月18日(日)  大阪 京セラドーム大阪

【関連リンク】
コブクロ オフィシャルHP
コブクロが話題のドラマ『警視庁・捜査一課長』主題歌に新曲「STAGE」を書き下ろし
コブクロ、シングル発売記念イベントをLINE LIVEにて初生配信決定!5m超のCDジャケット出現!?
【音楽ランキング】節分の日。「鬼は外!」のはずが、鬼ちゃんの出演するCM曲1位・2位を独占。

【関連アーティスト】
コブクロ
【ジャンル】
J-POP

スピッツ、CMソングとして話題の新曲「みなと」MV公開
Thu, 14 Apr 2016 08:00:00 +0900
スピッツ (okmusic UP\'s)

スピッツの新曲「みなと」のMVが公開となった。

【その他の画像】スピッツ

今回のMVは演奏シーンの実写とアニメーションを合成させた全編モノクロによる映像作品となっている。

なお、MVはYoutubeのスピッツ公式チャンネルで公開されているので、気になる方はぜひご覧になってほしい。

■「みなと」MV
https://www.youtube.com/watch?v=hzPJwrvn3Xk

■【Music Videoディレクター 北山大介氏よりコメント】

みなとのミュージックビデオのお話を頂き、
初めて楽曲を聞かせていただいたときに、
浮かんだイメージが、みなとに「一人立つ人の影」と
「その上を旋回する大きな鳥」(間奏の口笛)でした。

演奏シーンはとにかくシンプルにバンドの影を格好良く撮影するため
ライトは一灯で、楽器セットもシンプルにとお願いしました。
一人一人のシルエットがしっかりと表現できたと思います。

「その上を旋回する大きな鳥」というイメージを映像化するにあたっては、はじめは現代的にドローンを使った空撮(実写)での撮影を考えましたが、スピッツの楽曲にドローンは何か違うような気がして、空飛ぶ浮遊感をアニメーションで表現することにしました。
(ミーティングでその説明をメンバーの皆さんにしたところ皆さん笑って納得していました)

ジャケットの白黒写真のイメージもあり、
白黒の古いフィルムの質感で製作することにしました。

【関連リンク】
スピッツ オフィシャルHP
スピッツ、夏の恒例イベント20周年記念SPの豪華出演者を発表
スピッツ、約2年ぶりとなる全国ツアーの開催が決定
スピッツ、CMソングとして放送中の「みなと」がシングルリリース決定

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

きゃりーぱみゅぱみゅ、新曲「最&高」MV公開に先駆けティザー映像を解禁
Thu, 14 Apr 2016 00:00:00 +0900
「最&高」ティザー映像 (okmusic UP\'s)

きゃりーぱみゅぱみゅがデビュー5周年の活動の一環として、4月20日にファンへの感謝を歌った12thシングル「最&高」をリリースする。その表題曲となる「最&高」のフルMVが、いよいよ発売前日の4月19日(火)に解禁となる。

【その他の画像】きゃりーぱみゅぱみゅ

MVの公開に先駆け、ティザー映像も公開。きゃりーが巨大なロボットになった衝撃な姿からスタートする、5周年に相応しいきゃりーぱみゅぱみゅの奇抜な世界観を惜しみなく表現した最高傑作になっている。

■「最&高」ティザー映像
https://youtu.be/lpcw_Npi6gI

【関連リンク】
きゃりーぱみゅぱみゅ オフィシャルHP
きゃりーぱみゅぱみゅ、ベストアルバムの豪華アートワークを解禁
きゃりーぱみゅぱみゅと西武鉄道のコラボで「SEIBU KPP TRAIN」発車!
きゃりーぱみゅぱみゅ、コカ・コーラ新CM解禁&シングル「最&高」発売決定

【関連アーティスト】
きゃりーぱみゅぱみゅ
【ジャンル】
J-POP

LUNKHEAD、新曲「決戦前夜」のMVをGYAO!にて公開
Thu, 14 Apr 2016 00:00:00 +0900
「決戦前夜」MV  (okmusic UP\'s)

LUNKHEADの新曲「決戦前夜」のミュージックビデオがGYAO!にて公開された。「決戦前夜」は5月11日にリリースされるニューシングルの表題曲で、TVアニメ『うしおととら』のエンディングテーマとして1日よりオンエアされている。

【その他の画像】LUNKHEAD

映像ディレクターの川村ケンスケ氏が監督を務めたこのMVは、「極限まで要素を絞り込み、その中でいかに強い画を作ることに特化するか」というコンセプトのもと、メンバー4人の表情と演奏している手元のモノクロ映像のみで作られたシンプル且つ力強い作品に仕上がっている。

また、LUNKHEADはこのシングルを引っさげ、6月より「LUNKHEAD ONEMAN TOUR〜決戦前夜〜」を東京・大阪・名古屋にて開催する。

■「決戦前夜」MV
http://gyao.yahoo.co.jp/player/00164/v09918/v0986800000000541630/

■「LUNKHEAD ONEMAN TOUR〜決戦前夜〜」

6月11日(土) 梅田シャングリラ
6月12日(日) 名古屋ell.SIZE
6月18日(土) LIQUIDROOMebisu

■公演詳細
http://lunkhead.jp/content1/?no=yu6Bcn6WcCvXsr32Ce3BcWc

【関連リンク】
LUNKHEAD オフィシャルHP
LUNKHEADが主催する「千客万来のみかん祭」が大盛況のうちに終了
LUNKHEAD、5月リリースのシングル「決戦前夜」ジャケ写&最新アー写を公開
LUNHEADのアーティストメシを紹介!

【関連アーティスト】
LUNKHEAD
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1