歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年04月12日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/04/21
2016/04/20
2016/04/19
2016/04/18
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
ジャスティン・ビーバーのお気に入りJ Boogが見出したアーティスト、Lion Fiyah
Tue, 12 Apr 2016 21:00:00 +0900


Aloha! Natasha(ナターシャ)です。毎週火曜日にマウイ島からホットなisland Reggae(アイランドレゲエ)のHOTなニュースをお届けしています。
只今試験の真っ最中! あと1カ月半で長い夏休みが始まるので、今はただただ猛勉強。もちろん猛勉強中はisland Reggaeを聴いてるのですが...。今回は最近ハワイで人気急上昇で、しびれちゃうほどいい声してるLion Fiyah(ライオンファイヤー)を紹介しちゃいますね。

【その他の画像】Lion Fiyah

Lion FiyahはHawaiiのKalihi出身。両親はハワイアン、ポルトガル、スペイン、フィリピン、中国の混血で、クラッシクの大好きな両親に幼少の頃からクラッシクピアノを教えてもらっていたそうです。10歳になるとLionは、コンテンポラリーハワイアンをピアノで弾くパフォーマンスを始めます。
https://www.youtube.com/watch?v=Kvs_uIPtSJE

ベートーベンを聴いても直ぐにピアノで弾けるほどの天才と言われていたのですが、ある日、友達の家で初めてボブ・マリーを聴いてしまい、今までクラッシックしか知らなかったLion Fiyahは、その日からすべてレゲエを演奏するようになります。

幼少から鍛えられたクラッシクの音感はレゲエを歌う声にも相当影響し、Lion Fiyahのパフォーマンスはエネルギーあふれ、ベートーベンの影響でドラマチックな歌声は、あっと言う間にハワイの間で有名になりました。

J Boogがある日、そんなLion Fiyahのパフォーマンスを見て、すぐにスカウト! J Boogのレコードレーベル“WASH HOUSE MUSIC inc”からデビューすると、そのデビューアルバム「SALUTE THE CROWN」はBillboardレゲエ部門で9位まで上り詰めました。ちなみにアルバムのトラックは、Peetah Moegan、legends、Jr.Reid、FIJI、J boogと豪華メンバーが揃い踏み!

最近MTVでジャスティン・ビーバーが「僕のi podの曲で一番お気に入りはisland ReggaeのJ Boogだよ」ってインタビューで答ええていたほどJ Boogはisland Reggaeの大スターなんですよ。Lion Fiyahは、ハワイでは昨年からじわじわと人気が出てきて、今ではとても大人気になりました。そろそろアメリカ中のMusic チャートに出ていくんじゃないかな?

凄くハートのある、クラッシク育ちのisland Reggae、Lion Fiyahの曲聴いてみてね。
Mahalo

【関連アーティスト】
Lion Fiyah
【ジャンル】


Poet-type.M、門田匡陽主催イベント『festival M.O.N ?美学の勝利-』のDVD化が決定
Tue, 12 Apr 2016 21:00:00 +0900
DVD「festival M.O.N ?美学の勝利-」 (okmusic UP\'s)

Poet-type.Mこと門田匡陽が主催を務め、昨年10月24日に恵比寿リキッドルームにて開催した『festival M.O.N ?美学の勝利-』がDVD化されることがわかった。

【その他の画像】Good Dog Happy Men

このイベントは門田が所属するBURGER NUDS、Good Dog Happy Men、Poet-type.Mが集結し約4時間に及び「門田匡陽」という音楽のジャンルを見せつけた一大イベントだった。

その模様は2月にMUSIC ON!TVで特別番組としてオンエアされ、多くのユーザーからDVD化を望む声が届き、門田の自主制作という形で4月17日に渋谷マウントレーニアで開催するPoet-type.Mの独演会「God Bless, Dark & Dark」より会場限定販売として実現に踏み切った。 こちらの商品はなくなり次第販売終了となる。

また、オフィシャルHPには門田からのDVD化への思いが綴られている。 商品発売詳細に関してはオフィシャルHPをチェックしてほしい。

■【Poet-type.M 門田匡陽 コメント】

さて、会う人会う人に「festival M.O.N、是非DVDにしてよ。」と言われ続けた半年間でした。
なので少し寂しい気もしています。その度に「ありがとう。ふ。ふ。ふ。」で終わらせる会話が一つ減ってしまうわけなのですが・・・。
僕の気持ちはこうです。「まぁ、出すよね。あんな日もうないもん。」ただそんな簡単にLIVE DVDがリリース出来るわけもなく。出したい、いや出すべきだ。と決めたらば、思いの外沢山の人達の協力があって、こうしてカタチになりました。
編集作業の際には刻々と迫るデッドラインの手前で30時間寝ないでマネージャーと編集スタッフの方々が締め切りと華麗なデッドダンスを繰り広げていました。スタッフ達の並々ならぬ愛の舞でした。
(僕は確認したり、曲創ったり、大地と遊んでいました。家で。)

愛してます。本当にご苦労様です。
有難う。

さて、僕は大体「ハレ」の日って苦手なんです。「festival M.O.N」は僕の今までの人生でおそらく一番大きな「ハレ」の日の物語でした。
そういう場面で約束されている二律背反ですが、「まぁ。よくやった。楽しかったね。」の大きさ、多さが「きつい!2度とやりたくない!」を割と余裕で上回っています。

ふ。ふ。ふ。

また世界のどこかでお祭りをしましょう。と言い切りながら。
僕と友達同士で組んだパーティーは全員魔法特化型でした。人生には主役など存在しない。だけど「今日は門田全部出していいよ。」と言ってもらった日。
HPもMPも使い切り最高の魔法を唱えた夜。「festival M.O.N」大・勝・利。
その記憶と記録の映像です。収録気になるよね?本編フル収録です。
あの日演奏しなかった曲はごめん。でもさ、また演るから。
その時は下手したら、また僕の屋号が増えているかもしれません。タケルは笛吹きながらシンバルを叩く人になってるかも知れません。まるじゅんは日本を変えているかも知れません。ニラは野鳥の観察をしているでしょう。大地は時刻表を見てニヤニヤしている事でしょう。

未来のどこかで、またやります。朗らかに。元気で。
この作品が産み出せたのは友情物語の最高の瞬間でした。
ありがとう。
心込めて。

もん

■DVD『festival M.O.N ?美学の勝利-』

※ライヴ会場限定販売
(片面・2層 / 178min収録 /ライブ&オフショット写真ブックレット12P付き)
¥3,980 (税込)
<収録曲>
■BURGER NUDS
1.ANALYZE
2.不感症
3.エコー
4.LESSON
5.絶滅危惧種のペンギン達が可哀想
6.言葉と心
7.AM4:00
8.MARCH
9.逆光
10.ミナソコ
■Poet-type.M
1.だが、ワインは赫(Deep Red Wine)
2.窮屈、退屈、卑屈(A-halo)
3.その自慰が終わったなら(Modern Ghost)
4.救えない。心から。(V.I.C.T.O.R.Y.)
5.バネのいかれたベッドの上で(I Don\'t Wanna Grow Up)
6.双子座のミステリー、孤児のシンパシー(GPS)
7.神の犬(Do Justice To?)
8.あのキラキラした綺麗事を(AGAIN)
9.楽園の追放者(Somebody To Love)
■Good Dog Happy Men
1.Nightmare\' s Beginning
2.Bit by Bit
3.大行進
4.Pretty little horses
5.そして列車は行く
6.Apple star storyS
7.Sweet heart of moon
8.ユートピア
9.前夜祭
ENC1. 黄金の鐘(2005年録音 オリジナルver.)
ENC2. (Can you feel?)〜Most beautiful in the world〜

■A Place, Dark & Dark Public Performance 「God Bless, Dark & Dark」

「A Place, Dark & Dark」シリーズ、四季4部作の締めくくりとなる独演会「God Bless, Dark & Dark」の開催が決定致しました。本公演は会場Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASUREを「Dark & Dark」の玄関口、プラネットステーション「バビロン」から発車する「D & D鉄道」をイメージし開催致します。ご来場の皆さまには、会場入り口にてチケットをご提示頂けましたら「D & D」鉄道登場券とお引き換えさせて頂くシステムになります。座席は自由となりますが整理券番号に順じてご乗車(ご入場)となりますので予めご了承ください。それでは「A Place, Dark & Dark」最後の夜をお楽しみに。(詳しくはオフィシャルH.P.まで)

4月17日(日) 東京 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

【関連リンク】
Poet-type.M オフィシャルHP
Poet-type.Mが『A Place, Dark & Dark』の各楽曲解説付きティザーを公開
Poet-type.M、冬盤からリード曲「氷の皿(Ave Maria)」のMVを公開
Poet-type.M、「夜しかない街」の最終章『A Place, Dark & Dark -永遠の終わりまでYESを-』をリリース

【関連アーティスト】
Good Dog Happy Men, Poet-type.M, 門田匡陽, BURGER NUDS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

デヴィッド・ボウイ、最新MV「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」公開
Tue, 12 Apr 2016 19:00:00 +0900
デヴィッド・ボウイ (okmusic UP\'s)

デヴィッド・ボウイ通算28作目のアルバム『★』に収録されている最新シングル「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」のMVが公開となった。

【その他の画像】David Bowie

「これが今まで私が伝えたかった全てだ / 私の送り続けた伝言だ」とボウイが歌う、「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」のビジュアル的に解釈したアニメ映像化は、『★』のエンディング曲にインスピレーションを得たトリビュートであり、アルバムのビジュアル面でのアイデンティティやプレゼンテーションに必要不可欠な役割を果たした人物、ジョナサン・バーンブルックが手掛けた。ボウイとの仕事はアルバム『★』のアートワークをはじめ、2013年の『ザ・ネクスト・デイ』、『リアリティ』(2003年)、『ヒーザン』(2002年)まで遡る。来年1月8日から日本上陸を果たす大回顧展『DAVID BOWIE is』では、ジョナサン・バーンブルックの作品も展示される。

また、最新作『★』は、2016年5月22日に米ラスベガスのT-Mobileアリーナにて開催される2016 Billboard Music Awardsの「Top Rock Album」にノミネート。全世界で200万枚近くを売り上げ、アメリカ、イギリス、オーストラリア、ベルギー、カナダ、クロアチア、デンマーク、フィンランド、フランス、ドイツ、ギリシャ、アイルランド、イタリア、日本、オランダ、ニュージーランド、ノルウェー、ポーランド、スペイン、スウェーデン、スイスなど20ヶ国以上で1位を獲得している。

【ジョナサン・バーンブルック コメント】
「このビデオは究極のポジティヴを表現しようとした、極めてシンプルなビデオの小作品です。『★』の白黒の世界から始まりますが、最後のコーラスで鮮やかな色彩の世界に移ります。私はこれをデヴィッドへの賞賛ととらえました。それはつまり、私たちが直面する逆境や、デヴィッドの死のような辛い出来事があるにも関わらず、人間は生まれながらにしてポジティヴなものであり、前を向き、過去から得た良いものを現在への手助けに活かすことができるものだということです。私たちは生まれながらに楽観的な種であり、私たちに与えられた良いものの存在を讃えるのです」

■「アイ・キャント・ギヴ・エヴリシング・アウェイ」MV
https://www.youtube.com/watch?v=OZscv36UUHo

■大回顧展『DAVID BOWIE is』

2017年1月8日(日)〜4月9日(日) 東京 寺田倉庫G1ビル(東京都品川区東品川二丁目6番10号)
■公式サイト
http://www.DAVIDBOWIEis.jp

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ オフィシャルHP
映画『オデッセイ』で孤独な火星生活を応援する70年代ディスコナンバーが話題に
【第58回グラミー賞総括】テイラーが3冠、ガガ・ジョニデらがレジェンド追悼パフォーマンス
デヴィッド・ボウイの絶対に聴いておくべきアルバム5選

【関連アーティスト】
David Bowie
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

MADBEAVERS、“衝動”に満ちたミニアルバム『その衝動の先へ』をツアーで先行リリース
Tue, 12 Apr 2016 20:00:00 +0900


昨年10月に発表したロックンロールアルバム『プラズマバーン』から約半年、MADBEAVERSが新作『その衝動の先へ』を完成させた。5月6日(金)の東京 渋谷Gladを皮切りにスタートする全国ツアー『MADBEAVERS TOUR 2016』より、ライブ会場及びMAD STOREにて先行発売される。

【その他の画像】ZIGGY

Kiyoshi(Vo&Gu/media youth、hide with Spread Beaver、machine他)、EBI(Ba&Vo/ユニコーン、電大)、JOE(Dr/44MAGNUM、ZIGGY、hide with Spread Beaver)という猛者による3ピースバンド、MADBEAVERS。Kiyoshiが“いま君が聞いてるどんなロックンロールより、誰よりカッコイイよ! 間違いなく。”とコメントしていた『プラズマバーン』を経て完成した新作は、そのタイトルが物語るように、今作も衝動に満ちたロックンロールアルバムに仕上がった。

もちろん、1曲目のタイトルチューン「その衝動の先へ」から期待を裏切らない。3人の音が重なった瞬間にヒリヒリとした緊張感が三つ巴のグルーブから伝わってくる。そして、ポップでメロウな「MEMORIES」、爆発的なエモーションの「咆哮」、スリリングなR&Rナンバー「SWEET BABY ROCK\'n ROLL」と続く。装飾を拒絶するかのように極限まで削ぎ落とした、ストイックなトライアングルサウンドに、終始、高揚感を蹴上げられること請け合いだ。

■MAD STORE
http://mad-star.info/store/

■【Kiyoshi(Vo&Gu) コメント】

夢の影の 蒼さにうなだれ
まだ見ぬ世界 求めて
その衝動の先へ…

■ミニアルバム『その衝動の先へ』

2016年5月6日発売
MRMB-0013/¥1,800(税込)
※ライブ会場&MAD STOREにて先行発売
※初回限定:紙ジャケ仕様
<収録曲>
01. その衝動の先へ
02. MEMORIES
03. 咆哮
04. SWEET BABY ROCK\'n ROLL

■『MADBEAVERS TOUR 2016』

5月06日(金) 東京 渋谷Glad ※JOE生誕祭!
5月21日(土) 名古屋 CLUB 3STAR
5月22日(日) 大阪 Paradigm
6月03日(金) いわき SONIC ※Kiyoshi生誕祭!
6月05日(日) 仙台 enn 3rd
6月06日(月) 宇都宮 HEAVEN\'S ROCK VJ-2
6月14日(火) 神戸 太陽と虎
6月15日(水) 広島 SECOND CRUTCH
6月17日(金) 大分 club SPOT
6月18日(土) 福岡 LIVEHOUSE CB
6月20日(月) 岡山 PEPPERLAND
6月21日(火) 京都 VOXhall
6月30日(木) 高崎 club FLEEZ
7月01日(金) 新潟 CLUB RIVERST
7月03日(日) 金沢 vanvanV4
7月04日(月) 長野 LIVE HOUSE J

【関連リンク】
MADBEAVERS オフィシャルHP
ユニコーン、OT50祭曲がついに一般配信スタート
ユニコーン、新曲「エコー」がTBS系ドラマ主題歌に決定
ユニコーン、ABEDON50祭の出演者がついに発表

【関連アーティスト】
ZIGGY, ユニコーン, machine, Madbeavers, 44MAGNUM, hide with Spread Beaver
【ジャンル】
ジャパニーズロック

amazarashi、6月のZIP-FM主催イベントでtacicaと対バン
Tue, 12 Apr 2016 18:00:00 +0900
amazarashi (okmusic UP\'s)

amazarashi が6月5日に愛知県芸術劇場で開催されるZIP-FM主催のイベント『HOT SHOT THE LIVE』で、tacicaと対バンすることが分かった。

【その他の画像】tacica

このライヴはZIP-FMの人気番組、ZIP-FM『GROOVER\'S DIVE』(月〜木 21時〜23時放送)内コーナー「HOT SHOT」と連動したイベントで、 4月12日18時よりHP先行予約がスタートする。

■『"HOT SHOT THE LIVE" amazarashi × tacica』

6月05日(日) 愛知 愛知県芸術劇場大ホール
出演:amazarashi/tacica

【関連リンク】
イベント情報はこちら
amazarashiが3rdフルアルバムで初のオリコンTOP5入り、バンドの最高売上作に
amazarashi、最新MVで話題の『世界収束エンディングノート』を限定1,000部で発売
amazarashi、新曲「エンディングテーマ」MV解禁

【関連アーティスト】
tacica, amazarashi
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

フジファブリック、自主企画2マンの対バン相手はクリープハイプ
Tue, 12 Apr 2016 18:00:00 +0900
フジファブリック (okmusic UP\'s)

フジファブリックの毎年恒例自主企画2マンライヴ『フジフレンドパーク』。3年目に突入した今年は7月6日にZepp DiverCityにて行われ、クリープハイプが出演することが明らかになった。


【その他の画像】フジファブリック

昨年9月に幕張メッセで行われたタワーレコード主催のライヴイベント『Bowline』でキュレーターとなったクリープハイプが、好きなアーティストとしてフジファブリックに出演依頼したところから交流が始まっており、『Bowline』のテーマが"Bet in"で、フジファブリックに賭けてくれたクリープハイプへ、今度はフジファブリックがお返しのBet inをすることとなった。

これまで対バンしてきたアーティストとは必ずセッションを行っており、クリープハイプとどんなセッションが行われるのか、今から期待が高まる。

なお、まだ解禁されていない残り2日間の出演者は追って発表となっており、どんなアーティストと対バンを行うのか、こちらも楽しみでならない。

■「フジファブリック 2マンライブ フジフレンドパーク2016」

7月01日(金) 大阪 Zepp Namba
7月06日(水) 東京 Zepp DiverCity
w:クリープハイプ
7月07日(木) 東京 Zepp DiverCity(TOKYO)

【関連リンク】
フジファブリック オフィシャルHP

【関連アーティスト】
フジファブリック, クリープハイプ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BIGMAMA、結成10周年記念マンスリー企画の6月&7月は対バンライヴ
Tue, 12 Apr 2016 17:00:00 +0900
BIGMAMA (okmusic UP\'s)

BIGMAMAの結成10周年を記念して開催している『BIGMAMAnniversary 2016〜2017』マンスリー企画の6月、7月公演の内容が発表された。

【その他の画像】UNISON SQUARE GARDEN

『You Are The SPECIALS』と題した今回は、大阪、名古屋の2都市にて各都市ごとにスペシャルな対バン相手を迎えての2マン企画として、会場を変えて2Daysで開催。 大阪公演にはバンド結成当時から交流があり、BIGMAMAの盟友とも言えるUNISON SQUARE GARDENが出演。フェス等での共演はあったが、2マンでの共演は5年ぶりとなる。

そして、名古屋はメンバー同士の交流はありつつもライヴでの共演はフェスやイベントのみだった、THE ORAL CIGARETTESも参加、今回はメンバーが熱望し、初の2マンが実現した。

■BIGMAMAnniversary 2016〜2017 MAMonthly Special「You Are The SPECIALS」

6月02日(木)  大阪 大阪 BIGCAT
w:UNISON SQUARE GARDEN
6月03日(金) 大阪 大阪 Umeda AKASO
w:UNISON SQUARE GARDEN
7月07日(木) 愛知 名古屋 CLUB QUATTRO
w:THE ORAL CIGARETTES
7月08日(金) 愛知 名古屋 BOTTOM LINE
w:THE ORAL CIGARETTES

【関連リンク】
BIGMAMA オフィシャルHP
HYとBIGMAMA、“シンクロニシティ”をテーマにしたコラボが実現
BIGMAMAnniversary 2016〜2017 マンスリー企画の6月、7月公演開催決定
BIGMAMA、新曲「SPECIALS」のMVフル公開

【関連アーティスト】
UNISON SQUARE GARDEN, BIGMAMA, THE ORAL CIGARETTES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

MISTY、全編日本語詞の「LET IT DIE」MV&全国ツアー第3弾出演者も発表
Tue, 12 Apr 2016 16:00:00 +0900
MISTY (okmusic UP\'s)

安城発メロディック・バンド“MISTY”が、ニューシングル「GLEANING/LET IT DIE」 からストレートな日本語詞がエモさ全開の「LET IT DIE」のMVを解禁した。

【その他の画像】MISTY

「GLEANING」に引き続きMAN WITH A MISSION、04 Limited Sazabys、ストレイテナーなどを手掛ける小嶋貴之監督が手掛けた今回のMVは、日本語詞の楽曲の世界を際立たせるべく、全編ドラマ仕立ての内容に仕上がっていて、5人組ガールズユニット“DINOSAUR BRAIN”の杉原由規奈も出演している。

さらにリリースツアー第3弾出演者も解禁。仙台PARK SQAURE、心斎橋新神楽、ツアーファイナル新宿ACBに盟友SHIT HAPPENING、名古屋ell.SIZEに地元の先輩であるCOUNTERCLOCKWISE、横浜F.A.D.のO.A.にonepageも出演が決定した。詳細はオフィシャルHPにて。

■「LET IT DIE」MV
https://youtu.be/a08oDuE2u4s

■【ツアー情報】

4月22日(金) 神奈川 横浜F.A.D.
4月24日(日) 福岡 小倉WOW
4月25日(月) 福岡 福岡Queblick
5月01日(日) 北海道 札幌Spiritual Lounge
5月14日(土) 宮城 仙台PARK SQAURE
5月22日(金) 愛知 大須ell.SIZE
5月24日(日) 大阪 心斎橋新神楽
5月25日(月) 兵庫 神戸太陽と虎
6月08日(水) 広島 広島CAVE-BE
6月10日(金) 香川 高松DIME
6月19日(日) 東京 新宿ACB

【関連リンク】
MISTY オフィシャルHP
MISTY、全編英詞で新たな一面を発揮した「GLEANING」のMV公開
MISTY、シングル&ベスト盤のジャケと併せてリリースツアーなども解禁
山崎まさよしの『ROSE PERIOD 〜the BEST 2005-2015〜』でアーティストとしての確かな才能を傾聴する【ハイレゾ聴き比べ vol.5】

【関連アーティスト】
MISTY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

JELLYFiSH FLOWER\'S、4曲入りEPをライブ会場限定で販売
Tue, 12 Apr 2016 15:00:00 +0900
JELLYFiSH FLOWER’S (okmusic UP\'s)

JELLYFiSH FLOWER\'Sが4曲入りEP『ブラックホール.EP』をライブ会場限定で販売することを発表した。

【その他の画像】JELLYFiSH FLOWER\'S

2015年8月にリリースした『ジェリーフィッシュフラワーズIII』以来約8か月ぶりのオリジナル音源は、バンドの拠点宮崎でレコーディングされたもの。4月17日(日)の東京渋谷TSUTAYA O-CRESTワンマン公演「終わりと再生のフラワーズ」より販売が開始される。また本作のジャケット写真、トレーラー映像も公開となった。ジャケットのイラストは松尾昭彦(Vo&Gt)が描き、トレーラーも松尾がディレクションした。なお、作品に寄せる松尾のコメントも掲載されている。

JELLYFiSH FLOWER\'Sは、松尾昭彦がメニエール病を疾患し、2016年6月でバンド活動の一時休止を発表したばかり。活動休止前、直前に完成した音源をライブ会場で是非手に取って欲しい。

合わせて活動休止前のラストライブとなる、6月9日(木)バンドの地元宮崎にて行なわれるライブの詳細も発表となったので、こちらも合わせてチェックしてほしい。

■【松尾昭彦(Vo&Gt)よりコメント】

活動休止の一番の理由は僕の耳の調子が悪くなってしまったこと。
バンドが止まる前に何か残したい気持ちが全てを飲み込んで、3月25日から制作を開始しました。
全て地元宮崎で、僕らが生活する町で、完成したのは4月9日、出来立てホヤホヤ。
制作期間中、メンバーや友達が僕の耳の代わりになってくれました。
聞こえない音があるのは悔しかったですが、凄く心強かったです。
耳の調子が悪くなって良かったなって不謹慎だけど思えた瞬間があるくらい。
皆に無理を言ってパツパツのスケジュールでの制作でしたが、凄く充実した時間だったと僕は思ってます。
感謝です。

最近、仲良くなったショップのオーナーさんは携帯電話を持ってません。
「不便じゃないですか?」と聞いたら、「店に来てくれたら俺に会えるだろ?俺なりにライブしてるんだ」と話してくれました。
普通に考えたら、馬鹿馬鹿しい話かもしれません、普通に考えたら、です。
でも事実、いろんな形のライブが世界中で瞬間瞬間に行われていて、そう考えると僕がいる狭い世界にも急に光が当たったような気がして。

宇宙の膨張は未だ止まらないそうです。
しかもその中に全てを飲み込むブラックホールが存在するようです。
意味がわからないですよね、困ったもんです。
でも、それくらいのほうが気持ちいい気もします。
「ブラックホール.EP」は出逢うべくして出逢った人が聞いてくれたらそれで良いです。
人が変われば、時代も変わります。
時代が変われば、あとは受け入れるだけです。
悲しいですが、それが現実です。

長々と失礼。

■『ブラックホール.EP』スポットCM
https://youtu.be/ktw1ZIu6ZLk

■EP『ブラックホール.EP』

2016年4月17日(日)東京渋谷TSUTAYA O-CRESTワンマン公演「終わりと再生のフラワーズ」より販売開始
価格:¥1,000(税込)
<収録楽曲>
M1:冷たい翼
M2:サイレン
M3:スペック
M4:愛について

■【ライブ情報】

JELLYFiSH FLOWER\'S ワンマン公演「終わりと再生のフラワーズ」
4月17日(日)  東京渋谷TSUTAYA O-CREST
開場開演:18:00 / 18:30
チケット:前売り/当日 ¥2,800/¥3,300

JELLYFiSH FLOWER\'S活動休止前ラストライブ
Bar 69 presents「Mind Jack」
6月09日(木) 宮崎 Bar 69
開場開演:18:30 / 19:00
出演:JELLYFiSH FLOWER\'S、TRASH、Quackeries、謎3Q?、SKETCH
o/a:ゴブンノイチ
チケット: 前売り/当日 ¥2,000/¥2,500
※要ワンドリンクオーダー、学割 ¥500 off

【関連リンク】
JELLYFiSH FLOWER’S オフィシャルHP
JELLYFiSH FLOWER\'S、一時活動休止へ
JELLYFiSH FLOWER\'Sが待望の3rdアルバムを8月に発売
アルディアス、全国ツアーファイナルが大熱狂のなか終幕

【関連アーティスト】
JELLYFiSH FLOWER\'S
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Ivy to Fraudulent Game、新曲「水泡」MV公開&リリース記念特番をLINE LIVEにて生配信
Tue, 12 Apr 2016 14:00:00 +0900
Ivy to Fraudulent Game (okmusic UP\'s)

Ivy to Fraudulent Gameが4月20日に発売する1stミニアルバム『行間にて』より「水泡」のミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】Ivy to Fraudulent Game

ミュージックビデオはSPACE SHOWER MUSICのYouTubeチャンネルにて試聴できるので、気になる方は是非チェックしてほしい。

また1stミニアルバムの発売を記念した特別番組がLINE LIVEにて生配信される事が決定した。ロッキング・オン・ジャパンの副編集長である小川智宏の司会進行によるスペシャルトーク番組、こちらもお見逃しなく!

■LINE LIVE「Ivy to Fraudulent Game『行間にて』発売記念 特別番組」
MC:小川智宏(ロッキング・オン・ジャパン)
配信日時:2016年4月14日(木)20:00〜20:30放送予定

<LINEアプリでの視聴>
LINEアプリを起動して、 [その他]タブの[友だち追加]からスペースシャワーミュージック (LINE ID : @spaceshowermusic) のLINE公式アカウントを友達追登録! QRコードからも登録可能です。

<LINE LIVEでの視聴>
スマートフォンアプリストアにてLINE LIVEアプリをダウンロード
・iPhone
https://lin.ee/goCPbh2/dtzb/ta
・Android
https://lin.ee/4C8u0Ln/dtzb/ta
・PCから視聴
https://live.line.me/

■「水泡」MV
https://youtu.be/TK7cZfXpwl0

【関連リンク】
Ivy to Fraudulent Game オフィシャルHP
Ivy to Fraudulent Game、『行間にて』トレーラー&対バンツアー第1弾アーティスト発表
Halo at 四畳半、新曲「春が終わる前に」MV公開&ツアーの対バンを発表
LINE wanna be Anchorsの自主企画にLILI LIMIT、Ivy to Fraudulent Gameら出演

【関連アーティスト】
Ivy to Fraudulent Game
【ジャンル】
ジャパニーズロック

『commmons10健康音楽』最終日はあふりらんぽ、空間現代、高橋幸宏らが熱演
Tue, 12 Apr 2016 13:30:00 +0900
4月10日(日)@『commmons10 健康音楽』(高橋幸宏) (okmusic UP\'s)

commmonsレーベル設立10周年の記念イベント『commmons10健康音楽』の2日目が、4月10日に恵比寿ガーデンプレイスで行われた。

【その他の画像】坂本龍一

このイベントは「音楽」「食」「運動」「笑」「知」といった4つのテーマの元に恵比寿ガーデンプレイス内で2日間に渡って繰り広げられる、カラダにいい音楽フェス。 この日は、センター広場で「運動」カテゴリーのヨガや太極拳のワークショップが開かれ、「知」のカテゴリーでは坂本龍一と生物学者の福岡伸一のトークセッションがJ-WAVE「RADIO SAKAMOTO」の公開収録という形で行われた。

「食」のカテゴリーではシャトー広場/YEBISUマルシェで国内外の「カラダ」にいいフード&ドリンクを販売。センター広場では漢方茶や発行食品の試食など、様々な「食」に関するイベントは終日に渡って開催され多くの人で賑わった。

この健康音楽祭りの最大の特徴は「笑」のカテゴリーが組み込まれていること。2日目の「笑」は落語家の柳家喬太郎でスタート。通路扉を解放するほどの大入り満員。立ち食い蕎麦のマクラ(導入部トーク)から、演目「時そば」に移る流れは、音楽フェスに慣れたオーディエンスには鮮やかなDJミックスに見えた事であろう。ザ・ガーデンルーム、16時にはポカスカジャンが登場。椅子席を取払いスタンディング形式にしたにも関わらず、入場規制が出るほどの大盛況。テンポよい音楽ネタの連打で観客を煙に巻くあっという間の20分。続いての清水ミチコも「今日はTVでやれないネタやるわよ!」と宣言。前半は芸能人ネタ、後半はミュージシャン・ネタで耳の肥えた音楽ファンで溢れた会場を爆笑の渦に包み込む。ラストは時節ネタ(?!)の「ゲスの極み乙女。」で締め、大喝采を浴びながらステージを降りた。

ザ・ガーデンホールでは「音楽」カテゴリーのメイン会場。2日目は女性二人組ロックバンド「あふりらんぽ」を筆頭に6組みのミュージシャンが出演。このイベントの裏テーマは「お帰りなさい!教授!」。そんな裏テーマをもっとも具現化していたのは高野寛+高田漣。なんと演奏した6曲全てが坂本龍一楽曲のカバー。ビートたけしや、矢野顕子、高橋幸宏への提供楽曲からYMOナンバーまでをギター2本で演奏するという暴挙に。これはテクノ・フォーク!高野が『正直、ギターでやるもんじゃないです…』と自嘲するほどの難題に二人は挑んだ。極めつけはラストの『禁じられた色彩(Forbidden Colours)』。あの戦メリのテーマ曲に歌詞をつけ、デヴィッド・シルヴィアンが歌った名曲。高田漣がボーカルをとり、ギター2本でハーモニーをつけていく。その美しさといったら、これがオリジナル?と見紛うばかり。是非、音源化して欲しいもの。

中盤の民族音楽コーナー、初日は北海道のアイヌ民謡系アーティストが出演したが、この日は沖縄の4人組女性ボーカル・ユニット「うないぐみ」。後半にはゲストで坂本龍一が登場。メンバーの古謝美佐子にとって坂本との共演は1999年9月に行われたオペラ「LIFE」ツアー以来、17年振り。同ツアーでも演奏され、両者にとっての思い出の曲「ちんさぐぬ花」を歌う。途中、鍵盤ではなく弦を直接叩く奏法で出す不思議な音に、演奏中の4人も思わず後ろを振り返る光景も。歌い終えた古謝は「(教授と廻った)海外ツアーが、走馬灯のように思い出してきた」と涙ぐむ一幕も。

そして「健康音楽」を象徴する「ラジオ体操」コーナー、本日はかけ声担当にやくしまるえつこが参加。教授の伴奏に合わせて、体操らしからぬテンション低めのかけ声でのラジオ体操は、シュール過ぎる異様な光景。

ラストは高橋幸宏。林立夫がカホン・パーカッション、高橋幸宏がスネアドラムをメインにした両者の「バスドラを意地でもおかない!by高橋幸宏」変則構成に、高田漣、堀江博久が参加したアコースティック編成。ボブ・ディランやスタンダード曲のカバーを中心にしっとりとオトナのムードたっぷりに歌う。中盤には高野寛が加わりpupa曲を。アンコールでは高橋が「よくぞ帰ってきてくれました!心から喜んでます!」と坂本龍一を呼び込み「教授は強力な生命力!僕はむかし(教授に)絶倫(!?)と言われたけど、教授はそれ以上!」と坂本の健康力を称え、トッド・ラングレンのカバーを共に演奏。

「最後は、この曲しかないなぁ」と紹介したのは高橋の1stソロアルバムに収められた「Saravah! 」。坂本が編曲で参加した同アルバムは二人が初めて共演した作品でもあり、当時レコーディングの帰りに毎晩飲み明かしたそう。演奏前には坂本が忙し過ぎて、この曲のリハーサルに全く参加してないことを高橋が明かしたが、そんな事を微塵も感じさせない完璧なコラボレーション。高橋の囁くようなボーカルに、坂本のピアノが触れるか触れないかのように静かに絡んでいく様は息を飲むような美しさ。ああ、この二人の長い友情はこの曲から始まったんだなと思わせる見事なコラボレーションで、前夜祭を含んで3 日間の「健康音楽」の全プログラムが終了。2000人に膨れ上った会場からの万雷の拍手に見送られ、ゆっくりとステージを降りた。

健康をテーマに、いい意味でゆる〜いイベントであったが、こんなフェスも中々お目にかかれない。ぜひ、来年以降も継続して開催してほしいものだ。

photo by 南賢太郎

■【セットリスト】

■13:00〜あふりらんぽ@ザ・ガーデンホール
オープニング/ミラクルラッキーガールズ/マンノンタイム/あふりらんぽ
■13:30〜落語・柳家喬太郎@ザ・ガーデンルーム
演目:時そば/夜の慣用句
■14:15〜空間現代@ザ・ガーデンホール
数字/ズレ/可笑しい/来い/不通/誰か
■15:30〜音楽/高野寛+高田漣@ザ・ガーデンホール
Flashback(高橋幸宏 1982)/たかをくくろうか(ビートたけし 1983)/ONGAKU(YMO 1983)/ I Sing(矢野顕子 1981)/バレエメカニック(坂本龍一 1986)/
禁じられた色彩 Forbidden Colours (デヴィッド・シルヴィアン 1983)
※( )内はオリジナルアーティスト
■16:00〜ポカスカジャン、清水ミチコ@ザ・ガーデンルーム
16:45〜伊藤ゴロー@ザ・ガーデンホール
glashaus/Iluminescene/daisy chain/The isle
■17:45〜ラジオ体操・伴奏:坂本龍一、かけ声:やくしまるえつこ@ザ・ガーデンホール
18:00〜うないぐみ、ゲスト:坂本龍一@ザ・ガーデンホール
島ぬ言ぬ葉/童神/ちんさぐぬ花/弥勒世界報 -under cooled/安里屋ユンタ
■19:25〜高橋幸宏@ザ・ガーデンホール
Don\'t Think Twice, It\'s All Right(ボブ・ディラン)/Everybody Had A Hard Year (M?rz)/ Stella(スケッチ・ショウ)/Blue Moon(スタンダード曲) with 高田漣+堀江博久+林立夫 /Let\'s, Let\'s Dance (pupa)/Homburg (プロコル・ハルム)+高野寛
Encore:I Saw The Light(トッド・ラングレン)/Saravah!(高橋ユキヒロ) +坂本龍一

【関連リンク】
『commmons10 健康音楽』 オフィシャルHP
相対性理論、最新作アートワーク&黒沢清・坂本龍一等からの推薦コメントを公開
“おそ松ロス”を脱却したいアニメファンにもクリックしてほしい5曲
「commmons10健康音楽」初日、1500人の観客を魅了

【関連アーティスト】
坂本龍一, 高野寛, 高橋幸宏, あふりらんぽ, 高田漣, やくしまるえつこ, 空間現代
【ジャンル】
J-POP, イベント

KANA-BOON、「ランアンドラン」MVで進研ゼミプラスとコラボ
Tue, 12 Apr 2016 13:00:00 +0900
KANA-BOON (okmusic UP\'s)

KANA-BOONが進研ゼミプラスとコラボして制作した「ランアンドラン」オリジナルMVが完成! 進研ゼミ漫画を実写化したもので、現在OA中の進研ゼミプラスCMに出演中の平祐奈が主演を務めている。


【その他の画像】KANA-BOON

平演じる高校生ヒロイン・千明が、「進研ゼミプラス」での学習を通じて成長していくストーリーで、幼なじみの同級生・春男と、千明と同じバスケ部の先輩・夏樹による三角関係の恋愛も描かれており、勉強に、部活に恋に大成功する進研ゼミ漫画の世界を描き切っている。学校生活から新たな道に踏み出す様子が歌われている「ランアンドラン」の世界観が、進研ゼミプラスを通じて学生を応援する思いと重なることからコラボレーションの楽曲に選ばれた。

MVは4月12日より進研ゼミプラスのオフィシャルHPで公開され、同MVを使用した進研ゼミプラスのCMが4月中旬より全国で放送される。

■進研ゼミプラス「マンガが実写化!?」編
https://www.youtube.com/watch?v=_cCWQsxzhwg

■進研ゼミプラス「ランアンドラン」編
https://www.youtube.com/watch?v=KodcFN2x9p4

【関連リンク】
KANA-BOON オフィシャルHP
KANA-BOON、「進研ゼミプラス開講式イベント」に出演決定
桜の季節がやって来た! 俺的、桜ソング2016
「銀魂」「NARUTO―ナルト―」主題歌アーティスト集結“ANI-ROCK FES.”開催、SPYAIR、DOES、スキマスイッチ、FLOWら出演

【関連アーティスト】
KANA-BOON
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

TWEEDEES、今夏発売予定のアルバムより新曲「BABY, BABY」MV解禁
Tue, 12 Apr 2016 12:00:00 +0900
TWEEDEES (okmusic UP\'s)

女優/歌手として活躍する清浦夏実と、作編曲家/音楽プロデューサー/ベーシストの沖井礼二(ex-Cymbals)の二人からなるポップグループ・TWEEDEESの新曲「BABY, BABY」のミュージッククリップが解禁となった。

【その他の画像】Cymbals

「BABY,BABY」は現在鋭意制作中である今夏発売予定のアルバムからの新曲となり、2月のワンマンライブで初披露した際、ユーザーの動画撮影をフリーにした事で、ライブ動画が多数ネット上を賑わし話題になっている楽曲でもある。4月23日(土)のO-WESTでのワンマンライブでは、次アルバム収録予定の新曲を多数披露する予定で、TWEEDEESの新章を感じる事の出来る内容になる事は間違い無い。

また、4月7日からLINEでの公式アカウントとLINEブログが開設された。ここではメンバーの普段は触れる事の出来ないお茶目な一面も垣間見られる内容になっている、ともっぱらの噂になっている。こちらも是非チェックして欲しい。

更に4月19日(火)21時より、4月23日に開催されるO-WESTワンマンライヴ直前のニコニコ生放送の実施も決定している。毎回楽しいトークで好評のTWEEDEESのニコ生だが、今回も何が飛び出すか楽しみにしよう。

■LINE BLOG
http://lineblog.me/tweedees/

■【メンバーからのコメント】

■清浦夏実
新曲「BABY, BABY」のPVが公開となりました。
TWEEDEES関係者の出産ラッシュが重なり、「おめでたいねぇ」ということで生まれたこの曲。冒頭のセリフ部分の友情出演もあり、とっても無邪気な曲になりました。
PVでは異国の地を縦横無尽に闊歩するTWEEDEES。知らない土地に飛び込みエンジョイする様は、今の私達らしいかなと思います。実に刺激的な旅でした。
現在アルバムに向け鋭意制作中です。TWEEDEESの新章をすくすく育てていきたいと思います。どうぞお楽しみ。

■沖井礼二
昨年3月にデビューしたTWEEDEESですが、何故か2015年中は周りの人達の出産ラッシュでした。そして可愛い僕の甥っ子姪っ子たちのエネルギー。「BABY, BABY」は、そこに影響を受けて書いた曲のつもりでした。つもり。
でも今になって分かるのは、僕たちにとって赤ん坊はTWEEDEESのことだったのかもしれないということ。そしてその成長がとても嬉しいという事。皆さんとその喜びを共有出来ればと思います。是非。

■「BABY, BABY」MV
https://www.youtube.com/watch?v=tG0EjpL1JX8

■「TWEEDEES Premium Show vol.2」

4月23日(土)  TSUTAYA O-WEST
OPEN/START:OPEN 17:00 /START 18:00
LINEUP:TWEEDEES/POLLYANNA(OPENING ACT)
※当日先行物販16:00より実施致します。
(O-WEST 1F ローソン横スペース)

<チケット>
前売り:¥3,500/当日:¥4,000(共にドリンク代別途)
※TWEEDEES初の学割チケットの販売を致します。
学割チケット価格:前売りのみ ¥2,500
http://eplus.jp/tweedees/

【関連リンク】
TWEEDEES オフィシャルHP
卒業式の一コマが描かれた、「たまゆら」主題歌アルバム描き下ろしジャケット公開
坂本真綾の新曲も!「たまゆら」主題歌全部入りアルバムリリース
TWEEDEES、新曲「Winter\'s Day」MV&新ヴィジュアルを解禁

【関連アーティスト】
Cymbals, 清浦夏実, TWEEDEES
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Large House Satisfaction、自身3度目のワンマンツアー開催を発表
Tue, 12 Apr 2016 11:00:00 +0900
Large House Satisfaction (okmusic UP\'s)

Large House Satisfactionが、自身3度目の夏のワンマンツアーの開催を発表した。

【その他の画像】Large House Satisfaction

気になるタイトルは「破壊力ツアーIII」。仙台enn3rd、大阪Pangea、渋谷TSUTAYA O-Crestの3ヶ所については2015年と同じ会場だが、今回は初の名古屋ワンマンをCLUB ROCK\'N\'ROLLで開催する事になった。ライブでは『ニンジャスレイヤー』第3話エンディングテーマの披露もあるかもしれないので、気になる方は是非足を運んでみよう。

また、4月16日放送のアニメ『ニンジャスレイヤーフロムアニメイション』第3話のエンディングテーマに新曲「SCREAM」が使用されることが決まっている。

■『ニンジャスレイヤーフロムアニメイション』オフィシャルHP
http://www.ninjaslayer-animation.com/

■【ワンマンツアー 詳細情報】

7月09日(土) 名古屋 ROCK\'N\'ROLL
7月10日(日) 大阪 Pangea
7月16日(土) 仙台 enn 3 rd
7月17日(日) 渋谷 TSUTAYA O-Crest

<ライブ会場最速チケット販売>
■東京
4月16日(土) 下北沢 ERA
■名古屋分
4月17日(日) 名古屋 CLUB UPSET

【関連リンク】
Large House Satisfaction オフィシャルHP
PIGGY BANKS、フルアルバムの新ビジュアル&リリースツアー詳細を発表
片平実主催「Getting Better」20周年ツアー東名阪タイムテーブルを発表、対談も。
「Getting Better」20周年記念全国ツアー追加公演が決定

【関連アーティスト】
Large House Satisfaction
【ジャンル】
ジャパニーズロック

超特急、初の冠バラエティ『超特急の撮れ高足りてますか?』収録スタート!
Tue, 12 Apr 2016 08:00:00 +0900
『超特急の撮れ高足りてますか?』収録 (okmusic UP\'s)

4月18日(月曜午後11:30〜深夜24:00)からフジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmartで放送(サイマル配信)が開始する超特急の冠バラエティ『超特急の撮れ高足りてますか?』の収録が、東京・台場にて行なわれた。

【その他の画像】超特急

『超特急の撮れ高足りてますか?』は、2015年にブレイクを果たし、歌番組はもちろん、バラエティやドラマ、時にはスポーツやニュース番組とさらなる活躍を願う超特急の7人が、各ジャンルの有名番組からいつオファーが来てもいいように芸能界で活躍する先輩たちからテレビスターとしての大事なスキルを各局で放送中の人気番組を教科書に学んでいくという設定。さらに、番組の最後ではスタジオライブを披露。屈指のダンスフォーメーションとパフォーマンスを誇る超特急の真骨頂も堪能できる。

今回収録したのは、4月18日放送「お部屋系トークバラエティを予習!」と4月30日放送「ゲストたくさん系生放送音楽番組を予習!」のトーク部分とスタジオライブ。トーク部分では、ゲストに大先輩である井上裕介(NON STYLE)を迎えて展開。井上が超特急を売り出すマネージャー役という設定で、業界のルールと生き抜くスキルを徹底指導。初めての冠番組とあって緊張を隠せないメンバーだったが、井上の容赦ないダメ出しと的確なアドバイスで少しずつコツをつかんでいく。全力で挑む超特急、番組を通して成長していく姿から目が離せない。

■【メンバーよりコメント】

■1号車コーイチ
Q.初冠番組について
7人でいろんな番組のオマージュができて、ほんとに出演したような気持になれるので、全力で行きます。
Q.収録を終えた感想
はじめての形のバラエティでドキドキでしたが、とても楽しく収録させていただきました!! この番組を通して超特急、テレビスターになります!!
Q.会いたいテレビスター
笑福亭鶴瓶さん。
大好きです。番組を見ていて笑顔になります。

■2号車カイ
Q.初冠番組について
どこに出ても恥ずかしくないよう、他の番組に臨むスキルを身につけて頑張りたいです。
Q.収録を終えた感想
まだまだ未熟な超特急ですが、より上のステージへ進むためにたくさん学んでいきたいと思います。バラエティとパフォーマンスのギャップにも注目してください。
Q.会いたいテレビスター
バナナマンさん。
大好き!! 夜な夜なDVDを見ています。会いたいです。

■3号車リョウガ
Q.初冠番組について
何にでも化けられる機会でもあるので、結果として残すことができるように頑張りたい。1回目のゲストで、井上さんもいらっしゃるのでお力お借りしたいです。
Q.収録を終えた感想
次の収録も笑い疲れると思うと楽しみで仕方がないです。こんなに豪華な環境で僕たちはなんて恵まれているのだろうと感激しております! 色々なことを吸収して初の冠番組として輝かしい功績を残したいと思います!!
Q.会いたいテレビスター
マツコ・デラックスさん。
説得力のある方です。

■4号車タクヤ
Q.初冠番組について
ゼロからいろんなものを吸収して成長したいです。
Q.収録を終えた感想
初回収録、率直にとても楽しかったです。改めてこの世界で生きていくのは大変なんだと痛感しました(笑)。井上さんの凄さに圧倒された日でした。これから僕たちも負けないように、必死に食らいついていきたいです
Q.会いたいテレビスター
くりぃむしちゅーさん。
何でもできる印象があるのでお会いしたいです。

■5号車ユーキ
Q.初冠番組について
未体験のいろんなことに全力でぶつかって、今後に生かせるようにしたいです。
Q.収録を終えた感想
超特急の為だけにセットを組んでいただいて、テレビとしては初めてのフルサイズでパフォーマンスができたことが感無量でした。NON STYLE井上さんを迎えての収録は、初めはとても緊張していたんですが、井上さんが先導してくださり、失敗を恐れずにチャレンジして、終始楽しい収録になりました! この番組を通して、どんな番組に出ても胸を張って「超特急」の魅力を全開に伝えていけるようになりたいです!
Q.会いたいテレビスター
明石家さんまさん。
偉大なる方なのでお会いできるように頑張りたいです。

■6号車ユースケ
Q.初冠番組について
トークが苦手なので、受け答えがしっかりできて、バシッと決められるよう完全体を目指します。
Q.収録を終えた感想
NON STYLE井上さんが色んなトーク術だったり尺が決まってる中での7人が良く見えるテレビの収まり方だったりと、これからの自分達のためになるようなことばかり話してくださってとても勉強になりました!! これからの収録も楽しみです!! 頑張ります!!
Q.会いたいテレビスター
坂上忍さん。
生かせる意見を言ってくださると思うので、ぜひ僕たちのライブを見て語っていただきたいです。

■7号車タカシ
Q.初冠番組について
視聴者のみなさんに見ていただける機会が増えるのかなと思っています。新たなことに挑戦して、勉強して自分たちも成長したいです。
Q.収録を終えた感想
初めての冠番組という事で、とても嬉しい限りです。NON STYLEの井上さんに極意を教えていただけて、本当に楽しかったし勉強になりました。番組の最後にはパフォーマンスも披露させて頂けるという事で、より一層歌声にも磨きをかけたいと思っています。この番組を通して様々な番組からオファーがいただけるように、そして本当の意味で撮れ高満載なアーティストに変身できるように走り続けます!
Q.会いたいテレビスター
ダウンタウンさん。
面白くて、ずっと笑顔になれます。

■『超特急の撮れ高足りてますか?』

放送日時 :4月18日(月)午後11:30〜深夜24:00  スタート
※#2のみ4月30日(土)23:00〜23:30
※#3 以降は、月2回新作。月曜午後11:30〜深夜24:00
出演:超特急
#1・#2ゲスト:井上裕介(NON STYLE)
放送/配信 :フジテレビTWO ドラマ・アニメ/フジテレビTWOsmart

<内容>
#1「お部屋系トークバラエティを予習!」
芸能界を生きる上での基本スキルともいえるトーク術を、究極のトーク番組を参考に学ぶ。
#2「ゲストたくさん系生放送音楽番組を予習!」
かっこいいBGMに合わせたアーティスト登場シーン、限られた時間でのMCとの生トークなどを様々なアーティストが一堂に会する音楽番組を参考に学ぶ。
http://otn.fujitv.co.jp/bttoretari/

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急のユースケが『次ナルTV-G』の新MCに決定
超特急に新世代9人組ユニット・SUPER★DRAGONが緊急加入!?
超特急のファンに調査! ハイレゾ音源とMP3を聴き比べた結果

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1