歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年04月08日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/04/17
2016/04/16
2016/04/15
2016/04/14
2016/04/13
2016/04/12
2016/04/11
2016/04/10
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
RAM WIRE、4月2日のツアーファイナルをもって活動休止を発表
Fri, 08 Apr 2016 21:00:00 +0900
RAM WIRE (okmusic UP\'s)

RAM WIREがライヴMC中に活動休止を発表した。

【その他の画像】RAM WIRE

2015年12月に活動15周年記念ベスト『RAM WIRE BEST』を発売したRAM WIRE。この発売を記念した待望の全国ツアーが3月9日からスタートし、先日4月2日にファイナルを迎えたが、最終日となった4月2日の渋谷マウントレイニアホールにて、MC時にメンバーからRAM WIREの名前を残したまま散開という事実上の活動休止が告げられた。

今後はそれぞれがソロ活動をメインに行なっていく予定とのこと。

またラストソングとして、彼らの代表曲「歩み」をRYLLがリミックスした「歩み」(Auguries Of Melioration Remix)を5月11日に配信することが決定した。

さらに、RAM WIREのインスト集も同日5月11日に配信が決定。活動15年を経て、それぞれの新たな道を歩み始める3人のこれからに要注目だ。

■【メンバーよりコメント】

■ユーズ
ファンの皆様へ

RAM WIREは4/2のツアーファイナルをもちまして、それぞれの道を進む事となりました。ツアー各地でメンバーがそれぞれ口頭で、この「散開」の内容をお伝えしてきましたが、RAM WIREを聞いていただいてきた方の中には、ツアーに参加できなかった方もたくさんいらっしゃると思います。内容も表向きには理解しづらく、困惑させてしまい、本当にすみません…。解散とせず、あえて散開としたのは、またいつか成長したそれぞれが手を繋げることを願いとして残したかったからです。
「困難な中でも一歩ずつ、歩んでゆけば大丈夫」というメッセージを歌わせてもらっていた私達が、一時休止、といった形を選ぶのは無責任だと本当に申し訳なく思っております。本当にごめんなさい…。今まで、SNS、ファンレター等でたくさんのメッセージを頂きました。そこにはそれぞれの苦悩が書かれていました。「これ以上夢を追うのが苦しい。」「努力したつもりだったのに、報われない。だから自分をもう信じられない。」「居場所がない。人を信じられない。」「病気で生き抜く事だけで、いっぱいいっぱいで生きる喜びがわからない。」「命を絶ちたいと思ってた。」というものまで…。
全てが、簡単に人に言えるようなものではなく、私には計り知れない苦悩がたくさんある事を知りました。
でも、その文面の後半には、必ず「でも…。」という言葉が綴られていました。「でも、RAM WIREの曲を聞いて、もう少し頑張ってみようと思った…。」と。
こんな私達が、そんな苦悩に対して、苦しい状況の中少しでも前向きになれる何かを渡せていたなら、それは何よりも、私達の救いだと感じていました。
私達を動かしていた原動力であり、
私には、生きる力でした。
だから私は、歌い続けていかなければ、私自身が破綻することを知りました。だからどうか、此処からも歌わせてください。
まだどうゆう風に進めるか、具体的には定まっていませんが、決まり次第、皆さんに改めてご報告させていただきたいと思います。またライブにきていただけたら本当に嬉しいです。
リル、モンチもそれぞれ音楽は続けていきますので、何卒暖かく見守っていただけたら…と思います。
「歩み」が今、また、自分自身を奮い立たせてくれている様な気がしています。皆さんにもらった、全ての想い、笑顔、涙を力にしてこれからまた、踏み出していこうと思います。本当に本当にありがとうございました。そして、これからもどうぞよろしくお願い致します。

■MONCH
ファンの皆さまへ

2016.4.2 ベストツアー東京ファイナルをもちましてRAM WIREの活動を一時休止させて頂くことになりました。

これまでRAM WIREの音楽を理解してくれて、応援してくれたファンの皆さま、このようなかたちで皆さまの期待を裏切ってしまったこと、本当に申し訳ありません。

『RAM WIRE』という名前を残し、解散ではなく『散開』という形にさせてもらったのは、僕らだけのものじゃなく、ファンの方たち同士でも結ばれたこのRAM WIREの絆を断ちたくないという思い、そしてこれからたとえ3人がそれぞれの道を歩んで行ったとしても、その先でいつかまた3人で一緒に音楽をできることを願ってという思いからのものです。

『usewax feat. Monch』 として始めて15年、初めてユーズと会った日、クラブ帰りにもらったジャケット付きのデモテープを聴いた時、全身に鳥肌が立った時のこと、気付いたらジャケットの裏に書いてあったメールアドレスに長文メールしてたこと、今でも鮮明にその時の光景を覚えています。

実力も才能もないかもしれない、でも『絶対にユーズとならいける!』 何故か根拠のない自信だけがあってその熱だけで二人でひたすらライブにあけくれてた日々、鳴かず飛ばずの中、唯一掴んだチャンスさえも最終審査で落ちて、途方にくれてた僕らを引っ張り上げてくれたRYLL、あの時ほど運命を感じたことはありません。

RAM WIREの中では僕はリーダーとしてやらせてもらっていましたが、リーダーと言えるほど二人を引っ張れるような器じゃありません。そんな自分でもRAM WIREが自分の居場所だと気付かせてくれて、お互いの弱い部分を補い合いながら歩んで行けばいいんだよ、と教えてくれたのが二人でした。

そしていつしかその辛さや痛みも、お互いが持っているからこそ、僕らはみんなとも繋がっていけるのだと、羊族のみんなが教えてくれました。

ステージに立つ度に、僕はきっとみんなから『大丈夫だよ』
ただ一言、そう言われたかったのだと思います。

ステージの上に立つ者としてらしからぬ、みっともない姿かもしれませんが、今までずっと弱さを隠してきた自分が、初めて全てをさらけ出せた東京ファイナルのライブが僕の中ではひとつ大きな一歩でした。

僕自身はこれからも歌い、音楽を続けて行きます。
具体的な活動予定については決まり次第改めてご報告させて頂きます。

こんなにも皆さまの愛を感じ、ぬくもりに包まれた僕たちは日本一幸せなグループです。

最後にこれまでRAM WIREを支えて下さった、愛して下さった全てのスタッフの方々にも心より感謝申し上げます。

本当に、心からありがとうございました。

そしてこれからもどこかで繋がっていると信じて、また皆さまの笑顔に出会えることを願っています。

■RYLL
RAM WIREは2016年4月のBESTツアーファイナルをもちまして三人での活動を休止することにしました。
これまでRAM WIREを支えていただいたみなさまには、大変申し訳ございません。

活動15年のうち、僕が一緒にいたのは11年ほどですが、決して短い時間ではありません。あっという間でもありません。

MONCHにはじめて僕の自作CDを渡した日、その日のうちに電話をくれてうれしかったこと。
ユーズの作る曲に憧れて、はじめて勇気を出して話しかけた日のこと。

MONCHと二人、居酒屋で絶対にメジャーデビューしようと誓いあった日のこと。
音楽を続けるためユーズと二人で事務の仕事の試験を受けに行った日のこと。

MONCHのポンコツ車で三人、千葉から東京へ歌いながら通った日々のこと。
オーディションに落ちた時も、メジャーデビューする前も、やめたいというユーズを無理矢理引き止めたこと。

思い出を振り返ればキリがありませんが、
僕ら三人はグループのメンバーとしてだけじゃなくてお互い家族の様に向き合い、ぶつかり、お互いの人生を賭けてRAM WIREを続けてきました。
続けてきたというよりはやめる勇気もなかったのかもしれません。
散開という言い方は今回もそうなのかもしれません。まだ心残りがあるのかもしれません。

ただ、変化をせずにずっと続くものなんてない。
僕らはその変化についていくのに遅れてしまった。変化することから逃げてしまっていた。
このままではきっと誰も幸せになれないし、幸せにできない。

続けていくための変化として、僕らは個々の活動をしていくことに決めました。
まずは自分たちの力が足りなかったこと。それを受け止めて、そこからまたスタートしたい。

最後のツアーを経て、
再確認できたこともたくさんありました。
やっと気付けたこともたくさんありました。

RAM WIREの役割は、ただ弱さを共感しあい助けあうことではない。弱さを受け入れて向き合ってちゃんと強くなること。
それをみなさんから教えていただきました。
強くなればその分だけ余裕ができて優しくなれる。
その優しさこそが次に僕らが手に入れたいものだと思います。

これは一つの終わりですが、始まりの決意でもあります。
勇気を持って僕らは次の一歩を踏み出します。

僕は世界でも勝負できるトラックメーカーになりたい。

そしていつかまたパワーアップした三人で音楽ができること。それも一つの目標です。

音楽を続けているかぎり、みなさんとのワイヤーは繋がっていると信じています。

最後に、RAM WIREに関係してくださった全ての方、お一人お一人に心から感謝の気持ちを伝えたい。
たくさんの愛を本当に本当にありがとうございました。

-羊族のみなさまへ-

RAM WIREという牧場の元に、
ファンのみなさん同士の交流があり、絆が生まれて、楽しいこと、悲しいこと一緒に経験してくれたんじゃないかと思います。
夫婦、親子の絆にしてくれた方もいるし、中には恋が生まれた方もいましたね。
それが本当にうれしくて、
自分たちの力は全然足りなかったと思うんですが、
音楽を通してそういう繋がりだったりワイヤーを生み出せたということは、RAM WIREの本望だと少しだけ誇りに思わせてもらってます。
だからこそRAM WIREという牧場は残したいという僕らのわがままなんですが、どうかその繋がりは大切にし続けてください。
ではまた再会の日まで。

【関連リンク】
RAM WIRE オフィシャルHP
涙がボロボロ出てくる、泣けるミュージックビデオ3選
RAM WIRE、フィギュアスケート界の超新星・渡辺倫果選手を追ったドキュメンタリー形式のMVを公開
RAM WIRE、ニューアルバム『夢のあかし』表題曲がテレビ東京系連続ドラマの主題歌に決定!

【関連アーティスト】
RAM WIRE
【ジャンル】
ジャパニーズロック

フジファブリック、特設サイトにて奇才・山口保幸が手がけた新曲MVを初公開
Fri, 08 Apr 2016 20:00:00 +0900
フジファブリック (okmusic UP\'s)

5月11日に2年振りのニューシングル「ポラリス」をリリースするフジファブリックが、シングルの特設サイトをオフィシャルHP内にオープンした。

【その他の画像】フジファブリック

サイト内ではリリースに先駆けた楽曲試聴や曲解説の他、初回盤の特典映像【フジファブリックの頭にカメラを着けてレコーディングしたらこうなった「PRAYER」編】の内容を一部紹介している。

そして、「ポラリス」のMV(ショートバージョン)がどこよりも早くこのサイトで初公開される。MVを手掛けたのは、これまでに数多くの話題作を世に送り出してきた奇才・山口保幸監督。フジファブリックとは「茜色の夕日」以来11年ぶりのタッグとなっており、北極星(ポラリス)で躍動感溢れる楽曲に合わせ激しくワークアウトダンスする女性たちと、淡々と演奏するメンバーのギャップが見どころである。

さらに、期間限定盤として発売される「マギ シンドバッドの冒険」描き下ろし絵柄のCDジャケットも公開。シングルの全貌が徐々に見え始め、期待は高まる一方。特設ページでは、今後も音源や映像が随時公開されていくので常にチェックしたい。

今後のフジファブリックは、5月17日(火)より全国ツアー『フジファブリック LIVE TOUR 2016"三日月ADVENTURE"』と、今年で3年目の開催となる自主企画の『フジファブリック 2マンライブ フジフレンドパーク2016』の開催を発表しており、『フジファブリック LIVE TOUR 2016"三日月ADVENTURE"』の一般チケット発売は4月9日(土)からスタートする。こちらも是非お見逃しなく!

(C)大高忍・大寺義史/小学館・AOS PROJECT

■シングル「ポラリス」SPECIAL SITE
http://www.fujifabric.com/special/polaris/

【関連リンク】
フジファブリック オフィシャルHP
フジファブリック、新宿ロフト40周年記念でワンマンライブ開催決定
フジファブリック、2年振りのシングルリリース決定
フジファブリック、日比谷野音のライヴ音源を配信スタート

【関連アーティスト】
フジファブリック
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

Celeina Annが待望の初MV「19」を公開
Fri, 08 Apr 2016 19:00:00 +0900
「19」MV (okmusic UP\'s)

日本テレビ系『ZIP!』内コーナー『あおぞらキャラバン』に出演中のセレイナ・アンが、自身初のMVとなる「19」のMVを公開した。

【その他の画像】Celeina Ann

「19」は先日20歳になったばかりのセレイナが19歳のときの想いを綴った楽曲。毎週金曜日に行なっていたツイキャスでは1年前から披露していた楽曲でもあり、ファンにとっては待望のMVとなった。

「19」のMV公開にあたり、セレイナは『やっとみんなに「19」のミュージックビデオが公開できましたー! MVを撮影するのは初めてだったので、いろいろ大変なこともあったけど、新しい発見がたくさんあって本当に楽しかったです。菜の花畑で撮影したから、春らしくて女の子らしいMVになっています。「19」はわたしにとっても、ずっと応援してくれてきたみんなにとっても、特別な歌であってほしいと思います。ぜひ「19」のMVを見て、春らしい気分になって、今日も一日がんばろう!って思ってくれたら嬉しいです!』と嬉しそうにコメントした。

また、これに伴いファン待望のLINE公式アカウントも開設され、ますます注目を集めていくことになりそうだ。『あおぞらキャラバン』出演にメジャーデビュー、さらには今回のMV公開と、7月のメジャーデビューまで彼女から目が離せそうにない。

■セレイナ・アン LINE公式アカウント
https://line.me/ti/p/%40celeinaan

■「19」MV
https://www.youtube.com/watch?v=qTLObVrll3I&feature=youtu.be

【関連リンク】
Celeina Ann(セレイナ・アン) オフィシャルHP
セレイナ・アン、7月にユニバーサルミュージックよりメジャーデビュー
Celeina Ann、1stミニアルバム『We Are One』のダイジェストを解禁
世界基準の19歳シンガーソングライター・Celeina Annがデビュー

【関連アーティスト】
Celeina Ann
【ジャンル】
J-POP

BUMP OF CHICKEN、全国ツアー開催に伴い特設サイトを公開
Fri, 08 Apr 2016 18:30:00 +0900
BUMP OF CHICKEN (okmusic UP\'s)

BUMP OF CHICKENの全国ツアー「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 “BFLY"」が4月9日(土)大阪・京セラドーム大阪公演よりスタートする。それに伴い、バンドのオフィシャルHP内に特設サイトが開設された。

【その他の画像】BUMP OF CHICKEN

特設サイトはライヴが行なわれる都市ごとに設けられたブロックが印象的なデザイン。都市別に設定されたハッシュタグを付けてTwitterやInstagramに投稿すると、このサイトに一覧として表示される。なお4月9日〜10日の大阪公演以外のハッシュタグは後日公開になる。

さらに、サイトでは先日発表されたツアーグッズやツアーに関連したニュースも概観できる。会場に足を運ぶ予定の人はもちろん、興味のある人はぜひチェックしてみよう。

■BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 “BFLY" SPECIAL SITE
http://www.bumpofchicken.com/bfly/

■『BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 "BFLY"』

4月09日(土) 大阪府 京セラドーム大阪
4月10日(日) 大阪府 京セラドーム大阪
5月08日(日) 愛知県 ナゴヤドーム
5月22日(日) 福岡県 ヤフオク!ドーム
7月16日(土) 神奈川県 日産スタジアム
7月17日(日) 神奈川県 日産スタジアム

【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN オフィシャルHP
BUMP OF CHICKENの「宝石になった日」が『カルピスウォーター』新CMソングに起用
BUMP OF CHICKEN、「Google Play Music」新CM に起用
BUMP OF CHICKEN、最新アルバム『Butterflies』の全曲配信スタート

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
ジャパニーズロック

AWA、お気に入り楽曲などの検索機能を追加! より快適な音楽体験が可能に
Fri, 08 Apr 2016 18:30:00 +0900
ソート・フィルタ機能 (okmusic UP\'s)

音楽配信サービスAWAが、主要画面に"My Playlists"や"Favorites"などのソート・フィルタ機能を追加した。

【その他の画像】

今回のソート・フィルタ機能の追加により、AWAでお気に入り登録した楽曲やアーティスト、プレイリストの検索や並べ替えが可能となり、日々増加し続ける楽曲やアーティストが容易に探せるようになった。

ほかにも、通信を発生させずに聴くことができる"オフライン再生"を可能にしている楽曲のみを表示させることができるようになるなど、AWAをより快適に利用できるようになった。

また、今回のアップデートにより、DISCOVERY画面におけるリコメンドのアルゴリズムを大幅改修し、これまで以上にユーザーひとりひとりの音楽の趣向性や特異性を考慮したリコメンドが実現できるようになった。

AWAでは、一般ユーザーが作成したプレイリストだけでなく、AWAでしか聴くことのできない有名アーティストや人気DJ、音楽プロデューサーによるプレイリストが公開されており、その作成数は500万件を突破するなど、日々サービスの規模を拡大している。今回のアップデートでは、サービスの拡大に伴い、よりAWAを快適に利用できるための利便性を追求し、機能が実装された。

今後もAWAのさらなる配信楽曲数の拡大、また新たな機能追加に期待してほしい。

【関連リンク】
AWA オフィシャルHP
山崎まさよしの『ROSE PERIOD 〜the BEST 2005-2015〜』でアーティストとしての確かな才能を傾聴する【ハイレゾ聴き比べ vol.5】
坂本龍一の『千のナイフ』は若き日の“世界のサカモト”を露わに【ハイレゾ聴き比べ vol.4】
超特急のファンに調査! ハイレゾ音源とMP3を聴き比べた結果

【関連アーティスト】

【ジャンル】
音楽配信

『フィルモアの奇跡』はスーパー・セッション隆盛の先駆けとなったロック史に残るライヴ盤
Fri, 08 Apr 2016 18:00:00 +0900
Mike Bloomfield and Al Kooper『The Live Adventures of Mike Bloomfield and Al Kooper』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

1968年9月、マイク・ブルームフィールドとアル・クーパーが中心となったライヴセッションがフィルモア・ウエストで開催された。インプロビゼーションを中心にしたパフォーマーたちの高い演奏力は、50年代に生まれたロックが完成に近づきつつあることを証明するものであった。70年代初頭、日本も含め世界中のロック好きを自称する若者たちにとって、『フィルモアの奇跡』(原題:The Live Adventure Of Mike Bloomfield And Al Kooper)はバイブルとなった。LP時代は2枚組でリリースされ、高価であったにもかかわらず世界のロックフリークたちを狂喜させた、まさしく“フィルモアの奇跡”なのである。

■アル・クーパーの才能

本作の主人公であるマイク・ブルームフィールドとアル・クーパーのふたりについては、80年代以降にロックを聴き始めた人であれば、あまり知らないかもしれない。ギタリストのブルームフィールドは81年に37歳の若さで亡くなっているし、クーパーも70年代中頃にはすでに表立った活動はしなくなっていたからだ。しかし、60年代の終わりからロックを聴いていた人なら、彼らのすごさは十分すぎるほど知っているはずだ。彼らが関わった本作と『スーパー・セッション』(‘68)の2枚のアルバムが、当時のロックの発展に非常に大きな影響を与えたことは間違いない。

さて、アル・クーパーだ。彼がロック界に残した足跡は大きなものだが、その多くは60年代中頃から70年代中頃までに集中している。彼のプロフィールを紹介しながら、その仕事を少し見ていこう。

1965年、彼の作曲した「恋のダイアモンド・リング」がゲイリー・ルイスに取り上げられ、全米1位となる。そして同年、このヒットがきっかけかどうかは分からないが、ボブ・ディランの代表アルバムのひとつである『追憶のハイウェイ61』に、バックメンとして参加するチャンスを得る。クーパーはこのアルバムに参加していたマイク・ブルームフィールドと初めて出会い、ブルースをルーツにしながらもロックフィールにあふれた彼のギタープレイに大いに魅了されることになる。

その後、白人ブルースロックバンド、ブルース・プロジェクトを結成、在籍している間にプロデュースやアレンジ手法も学びつつ、自分の進むべき方向性を模索していた。結局、メンバーとの軋轢などがあり、このグループを67年に脱退、ここから彼の天才が開花、アル・クーパーとしての破竹の活躍が始まる。

■たった1年ほどの間に…

60年代後半のロックはサイケデリックロックやヒッピームーブメントなどの世界的流行もあり、その中心はアメリカ西海岸にあったと言っていいだろう。クーパーもその動きを敏感に感じ取り、ニューヨークからロサンゼルスに向かっている。次に彼がリーダーとなって結成したのが、ロック史に残るブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ(1)というブラスロック・グループ(2)だ。彼らのデビューアルバム『子供は人類の父である』(‘68)は、高い音楽性とポップさを併せ持った優れた作品であったが、クーパーの独裁的なバンド運営にメンバーが反発、アルバムリリース後すぐにグループを追い出されてしまう。翌年に出たクーパー抜きの2ndアルバムが、グラミー賞の最優秀アルバムに選ばれるのだから皮肉なものである。

ただ、クーパーの頭の中にはやりたいことが山のようにあったようで、次に手がけたのが、ジャムセッション(3)をそのまま録音するという企画だった。ジャムセッションはジャズでは日常茶飯事に行なわれていることだが、ロックにおいてはグループでの演奏が基本で、セッションはレコード会社との契約や技術的なことも含めて、ハードルの高いイベントであった。もちろん、グレイトフル・デッドやオールマン・ブラザーズ・バンドら、ジャム的な演奏を繰り広げているグループも少なくはなかったが、同じグループ内や関連グループ間で行なわれていたのが実情だ。

セッションの企画を実現するため、クーパーがまず連絡したのはマイク・ブルームフィールドであった。クーパーはそれだけ彼のギターをリスペクトしていたし、ブルームフィールドが参加すればジャムセッションは大成功するだろうと考えてもいた。そして68年、『スーパー・セッション』はリリースされた。メンバーは、クーパー、ブルームフィールド、バッファロー・スプリングフィールドを解散したばかりのスティーブ・スティルスの3人がフロント、ハーヴェイ・ブルックス、エディ・ホー、バリー・ゴールドバーグら、凄腕たちがバックを務めた。スティルスはブルームフィールドがレコーディング中に急病で倒れたため、代打としての参加であった。そんなわけで、ブルームフィールドとスティルスは別録りで、残念ながら共演はしていない。

クーパーの目の付けどころは正しかったようで、『スーパー・セッション』はビルボードチャートで12位まで上がり、ゴールドディスクとなっている。僕も中学生の時、このアルバムをロック好きの友達と聴きまくり、大いに興奮したことを今でもしっかり覚えている。ブルームフィールドは、エリック・クラプトン、ジミー・ペイジ、ジェフ・ベックらと並んで、日本では今でも最も好まれているギタリストのひとりではないだろうか。

次にクーパーが仕掛けたのは、この『スーパー・セッション』をライヴで披露するというもので、68年9月にフィルモア・ウエストで行なわれた3日間にわたるライヴの模様を収録したのが本作『フィルモアの奇跡』である。

こうやってみると、たった1年ほどの間に「ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ」のデビュー盤、『スーパー・セッション』のリリース、『フィルモアの奇跡』の3日間におよぶライヴレコーディング…これらロック史に残る仕事をクーパーは見事にこなし、他にも10枚近くのアルバムにセッションミュージシャンとして参加しているのだから、彼の才能には心底恐れ入るばかりだ。ちなみに、69年には彼の初ソロアルバム『I Stand Alone』がリリースされている…。

■『フィルモアの奇跡』について

『スーパー・セッション』もそうであったが、本作も基本的にはブルームフィールドのギターを生かすためにブルースナンバーが多く取り上げられている。他にはサイモンとガーファンクル、レイ・チャールズ、ザ・バンド、トラフィックなど、ポップなものから玄人受けするミュージシャンの曲までが取り上げられているが、ブルース曲以外の選曲はクーパーによるものだ。収録曲は全部で13曲。2枚組のボリュームからすると曲数が少ないが、セッションがメインのイベントなので1曲の時間が長いからである。

今回も『スーパー・セッション』と同じように、最終日にブルームフィールドが体調不良になり欠席、代役としてカルロス・サンタナ(これが彼のレコードデビューとなる)とエルヴィン・ビショップ(ポール・バタフィールド・ブルース・バンドは、エルヴィンとブルームフィールドのツインギターだ)のふたりが呼ばれ、そのおかげで彼らの名前はめでたく世界中に知られることとなった。

アルバム全編を通して言えることは、やはりブルームフィールドの存在感が圧倒的なこと。ライヴ録音のセッションだけにミストーンは少なくないのだが、そんなことは問題にはならず、彼の情熱あふれるギタープレイには感動すら覚える。間違いなくロック史上に残る名演奏だ。クーパーのプレイは全体的にあまり目立たず、ブルームフィールドの最高のプレイを引き出すために煽っているという感じがする。

70年代前半に巻き起こった日本でのブルースブームは、このアルバムがひとつのきっかけとなったことは確かだと思う。白人でありながら本物のブルースフィールを感じさせてくれるブルームフィールドに憧れ、彼を目指したギタリストは少なくない。いずれにせよ、本物のロックというか、当時のアメリカ西海岸の熱気みたいなものまでが、ちゃんと閉じ込められているところが、本作の最大の魅力かもしれない。

最後に、ベースのジョン・カーンとドラムのスキップ・プロコップは、日本ではあまり知られていないが、68年時点での演奏としては世界最高レベルのプレイを聴かせていることも付け加えておきたい。

(1) ブラッド・スウェット・アンド・ティアーズ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%89%E3%83%BB%E3%82%B9%E3%82%A6%E3%82%A7%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%89%E3%83%BB%E3%83%86%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%83%BC%E3%82%BA

(2) ブラスロック
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%A9%E3%82%B9%E3%83%BB%E3%83%AD%E3%83%83%E3%82%AF

(3) ジャムセッション
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%A0_%28%E9%9F%B3%E6%A5%BD%29

【関連アーティスト】
Al Kooper
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、aikoの「もっと」をカバー
Fri, 08 Apr 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

こんばんは。

さて恒例の今日の一曲。
今回はaikoさんの「もっと」。
この曲は「ダメな私に恋してください」というドラマの主題歌で、撮影場所はららぽーと豊洲。
もちろん見ていました。笑
aikoさんの曲はなかなか難しいものが多い。
自分が作ったり歌ったりしない様な曲ばかりですが、
いつもかっこいいなぁなんて事を思っていたりします。
是非、聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=D-0rRuGek4A&feature=youtu.be

段々と暖かくなってきている季節。
この撮影をした時も久しぶりに暖かく、そしてそばには桜が咲いていました。
私は桜等の花や自然類のものは、それこそずっと何時間でも見ていられる性格。
むしろ自分だけの世界に入り込んでしまいます。
一眼レフを買ってからはさらにその時間が長くなりました。
…おかげで一緒にいる人には待たせる、という迷惑をかけてしまっている事かと思います。(…なので一人で出かける様にはしてますが。(笑)

そんなこんなでせっかく暖かくなったのでね、先日お花見をして来ました。
私はやっぱりひたすら写真を撮っていました。笑
お花はもちろん、人の素の笑った顔。
私が何よりも好きなもの。
大切な人たちの大好きな笑顔を切り取りたくて、私はカメラを買ったのかもしれないなぁ。
なんて事をふと思った瞬間。
そんな写真を褒められてちょっと調子に乗ったのでした。笑

桜を愛でるという風習はいつからあるのだろうか。
「お花見やBBQなど人は何かと理由を付けて外で飲みたがる」と言う話を聞いた事があります。
本当にその通りだとは思いますが。笑
でもやっぱり大好きな人たちと一緒に昼間から笑って過ごせる時間って凄く大切だなって思う。
中には知らない人ももちろんいるけれど、お花見をして仲良くなれる瞬間って結構多い気もする。
春の短い間にしか咲かない、儚いからこそ綺麗な桜が導いてくれる不思議な時間。
だから、薄紅の優しい色合いをしているのかな、なんて事を思った。

ただ一つだけいつも思う残念な事。
会場に向かうまでに見かける散乱している沢山のゴミ。
花火大会やハロウィンなど何かイベント事があるたびに必ずある問題。
ちょっとだけ悲しくなる。
元々綺麗だったはずなのになぁ。
一人一人がちょっとだけ、その当たり前の事に気を付けるだけで変えられる事。
花を愛でたり、人と沢山話したり、お酒を飲みながら皆でご飯をつまんだり、はたまた私みたいにずっと写真を撮ったり。笑
それぞれ多いに楽しめばいいと思うんだ。
でも、楽しむのなら楽しむなりのルールも存在する。
日本は綺麗だと言われている国。
大切な事だけは忘れないで欲しいと思ったのでありました。
そして最後までめいいっぱい春に触れて楽しみましょうね。

【関連アーティスト】
aiko, 稚菜
【ジャンル】


LIVEHOUSE shinjuku SAMURAIが6月にオープン&こけらおとし公演にアンダーグラフの出演が決定
Fri, 08 Apr 2016 18:00:00 +0900
アンダーグラフ (okmusic UP\'s)

5月末に閉店する新宿の老舗ライヴハウスURGAの跡地に、新店LIVEHOUSE shinjuku SAMURAIがオープンすることがわかった。

【その他の画像】アンダーグラフ

SAMURAIはマネジメント事務所が主体となって運営するという稀なケースでの成り立ちとなっており、出演するアーティストに対し次のステージを用意することを運営方針としての大きなテーマに掲げている。

6月11日(土)より開店するSAMURAIのオープニングライヴにはアンダーグラフの出演も発表。記念すべきこけら落とし公演を楽しみにしていてほしい。

またオープン前にもかかわらず、シルバーウィークの3日間に下北沢・新宿・渋谷で開催される日本最大級のライブサーキット『TOKYO CALLING 2016』の新宿エリアの会場にもなっていることから、SAMURAIへの期待値の高さが表れている。新たなライヴハウスの誕生にぜひ注目していただきたい。

■TOKYO CALLING 2016 オフィシャルHP
http://tokyo-calling.jp/

■【店舗情報】

LIVEHOUSE shinjuku SAMURAI
住所:新宿区歌舞伎町2-42-16-B1
TEL:03-5287-3390
問い合わせ:info@live-samurai.jp
<概要>
キャパ:150 名
ステージサイズ:幅4.4m× 奥行4m
客席サイズ:幅3.7× 奥行8m

■『新宿SAMURAI GRAND OPENING LIVE featuring アンダーグラフ』

6月11日(土) 東京・新宿SAMURAI
open 17:30 / start 18:00
出演者:アンダーグラフ ※O.Aあり
<チケット>
料金:前売 ¥4,000 / 当日 ¥4,500
座種:全自由・整理番号付き・ドリンク代別途
(1)アンダーグラフ ファンクラブ先行
4月9日(土)10:00〜4月15日(金)18:00
(2)一般発売
4月24日(日)10:00〜
・店頭
・e+
問い合わせ:新宿SAMURAI(03-5287-3390)

【関連リンク】
LIVEHOUSE shinjuku SAMURAI オフィシャルHP
アンダーグラフ オフィシャルHP
アンダーグラフ、泣けると話題の新曲「こころ」MV公開
アンダーグラフ真戸原直人、青年海外協力隊50周年イメージソングを制作

【関連アーティスト】
アンダーグラフ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

I Don\'t Like Mondays.のアーティストメシを紹介!
Fri, 08 Apr 2016 18:00:00 +0900
I Don\'t Like Mondays.のアーティストメシを紹介! (okmusic UP\'s)

ライヴの楽屋やレコーディング現場でのお弁当、ケータリング、出前などでのお気に入り、定番メニューといった、アーティストならではのごはん。また、現在では種類豊富なグルメのほうも注目されつつある音楽フェス。アーティストに身近なごはんを、アーティスト目線から紹介していきます!

【その他の画像】I Don\'t Like Mondays.

■―IDLMs.の食に対するこだわりとは?

兆志:
自分で作る時は、どの野菜を使った料理にするか、スーパーで野菜選びに慎重になりますね。

秋気:
与えられた天地の恵みを余さず体内に取り込み、エネルギーに変えることで、人々によって大きな喜びと感動を与えるために、なるべく残さないことを日々心がけています。

悠&謙二:
魚は綺麗に食べる。まず骨と身を分離させ、尻尾のほうから丁寧に食べます。小骨も気にせず食べ、内臓は大根おろしと醤油で食べます。そして、頬の身と目玉を食べるのも忘れない。

■―ライヴ前に飲む定番ドリンクは全員『RedBull』!

・『RedBull』
本番の1時間前に飲むと、ちょうどいいタイミングでポテンシャルを発揮できる(気がする)。ただし過剰摂取しすぎると、ライヴ中に気合が入りすぎた時などに心拍数が上がってリズムがキープできなくなる(気がする)ので、注意が必要です!

兆志:
ちなみに自分は『ドクターペッパー』のほうが好きなんですが、まず楽屋に置いてある試しがない(笑)。

■―スタジオでの定番メニューは“青椒肉絲”!

・青椒肉絲弁当
レコーディング作業中は、スタジオで出前をいつも取っているのですが、スタッフの提案が中華の場合が多く、“今回は別のものにしよう”と思うのですが、なんだかんだ青椒肉絲弁当に落ち着いてしまいます。確実なものを選んでしまいがちですね。

秋気:
でもやはりカレーが基本中の基本!!

■―練習・レコーディング、ライヴの前に控えるもの

・ウーロン茶
のどの油分を流してしまい、イガイガしてしまうから。

・粉モノ
お腹がパンパンになってライヴ中にげっぷが出そうになるから(笑)。この間、大阪でのライヴの時に、本番前に会場近くのお好み焼き屋に行ってたらふくお好み焼きを食べたんです。ここだけの話、ライヴ前は、いつも以上に水をとるようにしているので、お腹の中でお好み焼きの小麦粉が水分を含み膨張し、ライヴ中に思わず何度もげっぷが出そうになったり、動きが著しく悪くなるという現象が起こりましたね。その経験から、“I Don’t Like Mondays.は本番前には粉ものを食べない”というひとつのルールができました。

■―ライヴ後に食べたいのは“焼肉”!

・焼肉
なぜなら、ライヴ中に最も消費するのは、男の闘争本能をかたち作っている血と肉なので。ちなみに各メンバーの好きな肉は、ネギタン塩(悠)、マクラ(兆志)、イチボ(謙二)、ネクタイ(秋気)です!!

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays.
【ジャンル】


SiM主催の野外フェスにACIDMAN、スカパラ等が参戦決定
Fri, 08 Apr 2016 18:00:00 +0900
「DEAD POP FESTiVAL 2016」ロゴ (okmusic UP\'s)

SiMが主催するフェスティバル「DEAD POP FESTiVAL 2016」の第一弾出演者がついに発表となった。

【その他の画像】ACIDMAN

DEAD POP FESTiVALは「壁を壊す」をテーマとしてSiMが主催するライヴイベントで、2010年渋谷club asiaでの初開催以来、恵比寿LIQUIDROOM、渋谷O-EAST、新木場STUDIO COASTと着実にその規模を拡大し続け、昨年夏に念願の野外フェスティバル化に成功。SiMを含む全27バンドが結集し、二日間でのべ15,000人以上を動員した。

野外フェス化2年目を迎える今年はACIDMAN、東京スカパラダイスオーケストラ、HEY-SMITHなどが第一弾で発表となったが、今後さらに強力なラインナップが出揃いそうだ。

■「DEAD POP FESTiVAL 2016」

7月09日(土) 神奈川県川崎市 東扇島東公園特設会場
7月10日(日) 神奈川県川崎市 東扇島東公園特設会場

<第一弾出演者>
SiM / ACIDMAN / 東京スカパラダイスオーケストラ / HEY-SMITH / MEANING / Rickie-G / SAND / 04 Limited Sazabys / My Hair Is Bad / WANIMA and more!

<券種>
7/9入場券 ・ 7/10入場券:各¥8,500
2日通し券:¥15,800
2日通し券(セーフティゾーン券):¥17,000
※スタンディングエリアに設置されたSAFETY ZONEでの観覧が可能なチケット
<先行予約受付>
※4月8日(金)18:00〜4月24日(日)23:59
(セーフティーゾーン券のみ除く)
http://w.pia.jp/t/deadpopfest/

【関連リンク】
SiM オフィシャルHP
SiM x Crossfaith xレッドブル・エアレースによる究極コラボ解禁
04 Limited Sazabysの主催フェス『YON FES 2016』が大盛況!
04 Limited Sazabys、6月1日にニューシングル「AIM(エイム)」発売

【関連アーティスト】
ACIDMAN, 東京スカパラダイスオーケストラ, WANIMA, Rickie-G, HEY-SMITH, MEANING, SiM, 04 Limited Sazabys, My Hair is Bad, SAND
【ジャンル】
ジャパニーズロック, フェス

中村舞子、2年ぶりの新曲第二弾「言えない気持ち」のティザー映像を公開
Fri, 08 Apr 2016 17:00:00 +0900
配信シングル「言えない気持ち」 (okmusic UP\'s)

中村舞子の2ヵ月連続リリース第2弾となる新曲「言えない気持ち」が、いよいよ4月13日にデジタルシングルとしてリリースされる。

【その他の画像】中村舞子

注目の第二弾はミリオンダウンロードを記録した「Because feat. 中村舞子」でのデビュー以来、セツナ系シンガーとして高い人気を得てきた中村舞子の王道とも言うべき、切ない歌詞とメロディーが魅力のミディアムスローのバラードチューンとなっている。

またこの曲は、2016年3月28日にZEPP TOKYOで開催された高校生のみによって企画運営されるイベント「Up to you. 3rd」の公式テーマソングでもある。イベントにゲスト出演した中村と、運営に携わった高校生たちとのコラボレーションによって生まれた曲だ。さらにミュージックビデオには、その高校生たちもメインキャストとして出演。こちらは村上誠氏が監督を務め、しっとりとしたノスタルジックな映像とストーリーが展開される、見ごたえのあるミュージッククリップに仕上がっているという。

今回はその作品の中から、中村本人のカットを活かしたティザー映像として新曲の断片を公開。短い時間の中にも、美しい映像と、中村舞子の磨きのかかった安定感のあるヴォーカルがじっくりと楽しめる内容となっている。

この春、2年を経て大きなステップアップを遂げたシンガー中村舞子の新曲をぜひチェックしてみてほしい。

■「言えない気持ち」ティザー映像
https://www.youtube.com/watch?v=xTm3Ze7LISA

■【リリース情報】

配信シングル「言えない気持ち」
2016年4月13日より配信開始

配信シングル「ユートピア」
配信中
・レコチョク
http://recochoku.jp/album/A1004075119/
・iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/utopia-single/id1091034028?app=itunes&at=10I3LI

【関連リンク】
中村舞子 オフィシャルページ
中村舞子、ネット社会へのメッセージを込めた新曲を2年ぶりにリリース
中村舞子、最新作は春色のカバーアルバム
「失恋」と「ハッピーラブソング」をテーマにした、22曲入り900円の配信限定コンピが2タイトル同時リリース!

【関連アーティスト】
中村舞子
【ジャンル】
J-POP

My Hair is Bad、5月11日にEMI Recordsよりメジャーデビュー
Fri, 08 Apr 2016 16:00:00 +0900
My Hair is Bad (okmusic UP\'s)

My Hair is Badが5月11日にシングル「時代をあつめて」をメジャーレーベルであるEMI Recordsよりリリースすることを発表した。

【その他の画像】My Hair is Bad

「時代をあつめて」は2015年7月6日にリリースされた2ndシングル「一目惚れe.p.」以来、約10ヶ月ぶりとなる新作。「戦争を知らない大人たち」「最愛の果て」「悪口たち」「卒業」の4曲で構成され、これまで同様、椎木知仁(Gt.Vo)が全曲の作詞・作曲を務めている。

シングルのリリースに合わせて、タワーレコードでは「MHiB,MDiB?」と題されたメジャーデビュー記念Tシャツの発売が決定。店舗限定となり、さらにバンドの出身地である新潟店では、ボディーが白の限定カラーも発売となる。数量限定発売となるため、早めの予約をおすすめしたい。詳しくはタワーオンラインにて。

エイプリルフールの4月1日に『My Hair is Badからのご報告』としてYouTubeに公開された動画では、「5月11日にリリースするシングルは」「メジャーレーベル」「THE NINTH APOLLO(インディーズでの所属レーベル)」というワードのみがインフォメーションされ、ファンの間で様々な憶測が飛び交っていたなか、遂にメジャーレーベルからのリリースが明らかとなった。尚、THE NINTH APOLLOは引き続きマネジメントとしてバンドに関わるため、My Hair is BadはTHE NINTH APOLLO所属のままEMI Recordsよりリリースすることとなる。

My Hair is Badは5月22日(日)千葉LOOKを皮切りに全国ツアー「ホームランツアー 2016」をスタート。東京・恵比寿LIQUIDROOMなど既に多くの会場が既にSOLD OUTとなっており、まだチケットを手に入れていないファンは早めにチェックしてほしい。

■シングル「時代をあつめて」

2016年5月11日(水)発売
UPCH-80432/¥1,200+税
<収録曲>
1.戦争を知らない大人たち
2.最愛の果て
3.悪口たち
4.卒業

■タワーレコード限定 メジャーデビュー記念Tシャツ「MHiB,MDiB?」

2016年5月11日(水)発売
※下記店舗にて数量限定販売。ご予約はお早めに!
(確実に入手するには、4月12日までの予約をオススメします)

【My Hair is Bad メジャーデビュー記念Tシャツ「MHiB,MDiB?」BLACK】
価格:¥2,500(税込)
サイズ: S/M/L/XL 
カラー: BLACK
販売店舗:タワーレコード渋谷店、新宿店、梅田NU茶屋町店、
タワーレコードオンライン:http://tower.jp/article/feature_item/2016/04/08/4001

【My Hair is Bad メジャーデビュー記念Tシャツ「MHiB,MDiB?」WHITE(新潟限定)】
価格:¥2,500(税込)
サイズ: S/M/L/XL 
カラー: WHITE
販売店舗:タワーレコード新潟店  

■My Hair is Bad「ホームランツアー 2016」

5月22日(日)  千葉LOOK
5月24日(火)  仙台enn 2nd
5月25日(水)  新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
5月30日(月)  宇都宮HELLO DOLLY
5月31日(火)  八王子RIPS
6月02日(木)  高崎club FLEEZ
6月03日(金)  富山SOUL POWER
6月07日(火)  横浜F.A.D
6月10日(金)  大阪梅田QUATTRO
6月12日(日)  広島4.14
6月17日(金)  福岡CB
6月19日(日)  鹿児島SPEED KING
6月20日(月)  宮崎FLOOR
6月29日(水)  山口周南RISING HALL
7月01日(金)  岡山CRAZY MAMA 2nd ROOM
7月29日(金)  金沢VAN VAN V4
8月05日(金)  名古屋QUATTRO
8月08日(月)  甲府KAZOO HALL
8月09日(火)  松本ALECX
8月11日(木)  八戸ROXX
8月14日(日)  北海道苫小牧ELLCUBE
8月16日(火)  北海道札幌COLONY
8月22日(月)  徳島CROWBAR
8月23日(火)  高松DIME
8月25日(木)  高知X-pt.
8月26日(金)  松山WstudioRED
9月02日(金)  神戸太陽と虎
9月06日(火)  岐阜ANTS
9月07日(水)  三重鈴鹿ANSWER
9月11日(日)  京都MUSE
9月16日(金)  大分SPOT
9月18日(日)  長崎studio Do!
9月21日(水)  水戸LIGHT HOUSE
9月23日(金)  恵比寿LIQUID ROOM
9月25日(日)  新潟上越EARTH

【関連リンク】
My Hair is Bad オフィシャルHP
04 Limited Sazabysの主催フェス『YON FES 2016』が大盛況!
「スペースシャワー列伝」ツアーファイナルでフレデリック、夜の本気ダンス等4組が激突!
『SUMMER CAMP 2016』第1弾出演アーティストにKEMURI、SHANK等の8組が決定

【関連アーティスト】
My Hair is Bad
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LACCO TOWER、メジャー2ndアルバム『心臓文庫』を6月8日にリリース
Fri, 08 Apr 2016 15:00:00 +0900
LACCO TOWER (okmusic UP\'s)

LACCO TOWERが6月8日にメジャー2ndアルバム『心臓文庫』をリリースする。

【その他の画像】LACCO TOWER

アルバムには、リードシングル「薄紅」を含む全10曲を収録。また既に発表されているが、ニューアルバムリリース前の5月にアルバム収録曲のほぼ全てを一足先に演奏するという試みのワンマンライヴ「未来演奏会」を福岡・名古屋・大阪の3ヵ所にて行ない、リリース後には恒例となりつつある7月の恵比寿LIQUIDROOMでの東京ワンマン公演が控えている。

そしていよいよ4月30日、5月1日には今回で3回目を迎えるLACCO TOWER主催による地元・群馬でのロックフェス「I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER」が開催される。アルバムのリリースと共にこちらも楽しみに待とう。

■【LACCO TOWER 松川ケイスケ(Vo.)よりコメント】

よく「固定観念に縛られ、新しいものを見つけられない」みたいな言葉を目にします。
よく「新しいものを見つけようとするあまり、本来の良さを表現できない」みたいな言葉を目にします。
そんな金言達に中指を立てんばかりの名盤が出来ました。メジャー2作目のアルバムとなる僕らの新作「心臓文庫」です。
我々のアイデンティティでもある「日本語」と「ロック」をベースに、タイトルよろしく全てを1個のストーリーに仕立て上げ「耳に読んでもらう名曲」を作り上げました。
出揃ったのはいずれも涙無くして、拳無くして、心無くしては聞けないものばかり。前作よりもさらにエッジの効いたサウンドと、ある種丸みを帯びた 雰囲気を是非両極で楽しんでもらえれば幸いです。

前作で触れたかもしれない琴線を、今度は完全に抱きかかえる事ができるアルバムだと思っています。
もらった以上の期待を返せるように。未来が始まる前夜みたいに、ワクワクと興奮が収まりません。是非最新の僕たちに触れてみてください。
このアルバムがあなたにとっての未来の前夜みたいになりますように。

■アルバム『心臓文庫』

2016年6月8日(水)発売
COCP-39561/¥3,000+税
<収録曲>
1. 罪之罰
2. 未来前夜
3. 薄紅
4. 蜂蜜
5. 楽団奇譚
6. 蛍
7. 世界分之一人
8. 秘密
9. 珈琲
10. 相思相逢
※全曲作詞:松川ケイスケ/作曲・編曲:LACCO TOWER

《予約特典》
4月からのLACCO TOWERのLIVE・イベントにて「心臓文庫」をご予約頂きますと、LACCO TOWERのLIVE映像を視聴することが出来る『Music Connecting Card』をプレゼント!
※『MUSIC Connecting Card』内容は「I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER」のLIVE映像を予定しております。
※『MUSIC Connecting Card』での視聴開始は2016年6月7日(火)正午を予定しております。
※予約特典が対象となる公演は下記をご確認下さい。
※「I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER[インストア編]」にてご予約頂いた方には『Music Connecting Card』引換券をお渡しいたします。
引換券をお持ちになり、4月30日(土)、5月1日(日)に開催される「I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER」もしくは、5月1日(日)以降にインストア編にてご予約頂いた店舗へご来場頂きますと『Music Connecting Card』をお渡しいたします。

■『心臓文庫』予約特典『Music Connecting Card』対象LIVE・イベント
・I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER[インストア編]
※観覧無料
4月10日(日) 蔦屋書店 前橋みなみモール店内
4月17日(日) イオンモール太田 セントラルコート
4月24日(日) イオンモール高崎 セントラルコート

・I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER
4月30日(土) 群馬音楽センター
5月01日(日) 群馬音楽センター

・未来演奏会
5月14日(土)  福岡Queblick
5月21日(土)  名古屋APOLLO BASE
5月28日(土)  大阪LIVE SQUARE 2nd LINE

※4月30日(土)、5月1日(日)の「I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER」、5月14日(土)、5月21日(土)、5月28日(土)の「未来演奏会」に関しては、公演チケットをお持ちの方のみが『心臓文庫』をご予約頂けます。

■『I ROCKS 2016 stand by LACCO TOWER』

[超故郷編]
4月30日(土) 群馬音楽センター
出演アーティスト:LACCO TOWER/Ivy to Fraudulent Game/only he knows/KAKASHI/小須田純一(ing)/SECRET SERVICE/DJ岩瀬ガッツ with スベリー・マーキュリー/Drunken\' Frenzy/秀吉/FOMARE/Mississippi Duck Festival/Moshu/モーモールルギャバン/LILY

[盟友編]
5月01日(日) 群馬音楽センター
出演アーティスト:LACCO TOWER/ircle/アルカラ/片平里菜/GOOD ON THE REEL/グッドモーニングアメリカ/SUPER BEAVER/NUBO/Halo at 四畳半/BRADIO/My Hair is Bad/Rhythmic Toy World/Lyu:Lyu

■「未来演奏会」

5月14日(土)  福岡Queblick
5月21日(土)  名古屋APOLLO BASE
5月28日(土)  大阪LIVE SQUARE 2nd LINE

■「独奏演奏会」

7月18日(月・祝)  恵比寿LIQUIDROOM
開場開演:17:30 / 18:30
前売:¥3,800(税込)

【関連リンク】
LACCO TOWER オフィシャルHP
LACCO TOWER主催ロックフェスの最終出演アーティストにアルカラ、片平里菜など8組が決定
LACCO TOWER、『ドラゴンボール超』ED「薄紅」のMV公開
LACCO TOWER主催『I ROCKS 2016』、出演アーティスト第二弾はircleやLyu:Lyuなど7組!

【関連アーティスト】
LACCO TOWER
【ジャンル】
ジャパニーズロック

TRUSTRICK、新曲「innocent promise」MVで神田沙也加が踊る!?
Fri, 08 Apr 2016 14:30:00 +0900
TRUSTRICK (okmusic UP\'s)

TRUSTRICKが5月11日にリリースする新作E.P.『innocent promise』より、表題曲のMVを公開した。

【その他の画像】神田沙也加

4月7日(木)よりTBSほかにて放送が開始されたTVアニメ『少年メイド』のオープニングテーマでもある同曲。MVではジャケット・ビジュアル同様のメイド風衣装にショートヘアのウィッグを纏ったボーイッシュな出で立ちに加え、ロングヘアーでナチュラルなイメージの神田が一人二役さながらに登場し、それぞれの異なった魅力を楽しめる仕上がりになっている。また、どこかヴォードヴィル調で印象的な曲中のダンス・シーンは、神田自ら振り付けを考案したもの。これまでTRUSTRICKのライヴ・パフォーマンスの一環として披露されたことはあったものの、MVの中で本格的に神田のダンス姿が披露されるのは今回が初めてとなり、こちらも注目してほしい。

さらにリリース日の5月11日(水)に新宿ReNYにて行なわれるリリース・パーティーの詳細もオフィシャルHPで追加発表された。チケットはいよいよ4月9日(土)15時よりファンティック通販サイト(TRUSTRICK SHOP)にて申込先着順で販売開始となる。

TRUSTRICKとしては2015年12月のZepp DiverCity(TOKYO)ワンマン以来久々のライヴとなるが、当日は入場者全員プレゼントや会場でのCD購入者を対象とした特典会など、通常のライヴでは行なわれない企画も用意されたスペシャルな一夜となる。この機会をお見逃しなく!

■ファンティック通販サイト(TRUSTRICK SHOP)
http://www.trustrickshop.com/

■「innocent promise」MV(Short Ver.)
https://www.youtube.com/watch?v=jzDW04BX2Hs

■「TRUSTRICK Premium Live Promise 2016」

5月11日(水)  新宿ReNY
開場18:00 / 開演19:00
<チケット>
料金:¥3,800(税込/ドリンク代別)
※来場者プレゼントあり
※チケットは、4月9日(土)15:00〜 ファンティック通販サイト(TRUSTRICK SHOP)申込先着順
※詳細はTRUSTRICKオフィシャルHPにて発表

【関連リンク】
TRUSTRICK オフィシャルHP
TRUSTRICK、新作ビジュアル公開&5月11日にリリースパーティー開催決定
TRUSTRICK、TVアニメ『少年メイド』OPテーマ「innocent promise」の発売が決定
TRUSTRICK、アニメ『少年メイド』OPを担当

【関連アーティスト】
神田沙也加, TRUSTRICK
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

SEKAI NO OWARI、チケット転売防止策の一環として「チケット マッチングシステム」を導入
Fri, 08 Apr 2016 14:00:00 +0900
SEKAI NO OWARI (okmusic UP\'s)

SEKAI NO OWARIがチケット転売防止策の一環として「チケット マッチングシステム」の導入を決定した。

【その他の画像】SEKAI NO OWARI

マッチングシステムは『SEKAI NO OWARI 全国ツアー2016「The Dinner」』のファンクラブ会員限定チケット先行にてご購入頂いた方で、やむを得ない理由によりライブへの参加が不可能になった場合にのみ、「S.N.O.W.S」「R.A.I.N.S」それぞれのファンクラブ会員の方同士で定価での譲渡を仲介するシステムだ。

マッチングシステムは4月11日(月)13:00より順次実施予定だが、利用できる公演は4月28日(木)アスティとくしま公演〜6月19日(日)さいたまスーパーアリーナ公演となる。幕張、宮城、福井公演は該当しないので、注意して利用しよう。

■オフィシャルモバイルファンクラブ「S.N.O.W.S」
http://sp.sekainoowari.jp
■オフィシャルペーパーファンクラブ「R.A.I.N.S」
https://sekainoowari.jp/rain

■【「チケット マッチングシステム」注意事項】

・ファンクラブ会員の方へのサービスとなりますので、ファンクラブ会員限定チケット先行にてご購入頂いた方でも、ファンクラブを退会されている方はマッチングシステムをご利用頂けません。
・各公演日ごとに設定する期間内に、ご案内する所定の方法で「譲渡」または「購入」の希望登録を行なってください。
・マッチングシステムをご利用頂ける公演は、4月28日(木)アスティとくしま公演〜6月19日(日)さいたまスーパー アリーナ公演となります。予めご了承ください。
・「譲渡希望」登録は、やむを得ない理由により、ライブへの参加が不可能になった場合にのみご利用ください。
・「譲渡」枚数は、ご購入頂いたチケットのうち一部のみでも構いません。
・複数公演の「譲渡」「購入」希望登録が可能です。ただし、「購入」希望登録は、ファンクラブ会員限定チケット先行で当選されていない公演のみとなります。
・マッチング結果はすべて厳正なる抽選で決定いたします(譲渡・購入相手は指定出来ません)。
・マッチングシステムは買い取りシステムではありません。マッチングが成立しなかった場合、チケットは変わらず譲渡希望者のものとなります。
・「譲渡希望」と「購入希望」のマッチングが成立した場合のみ、譲渡側・購入側ともに手数料がかかります。(マッチング成立後のキャンセルは出来ません。)

■SEKAI NO OWARI全国ツアー2016 「The Dinner」

4月09日(土) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
4月10日(日) 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
4月16日(土) サンドーム福井
4月17日(日) サンドーム福井
4月28日(木) アスティとくしま
4月29日(金・祝) アスティとくしま
5月03日(火・祝) マリンメッセ福岡
5月04日(水・祝) マリンメッセ福岡
5月05日(木・祝) マリンメッセ福岡
5月10日(火) 兵庫県 ワールド記念ホール
5月11日(水) 兵庫県 ワールド記念ホール
5月14日(土) 広島グリーンアリーナ
5月15日(日) 広島グリーンアリーナ
5月20日(金) 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
5月21日(土) 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
5月22日(日) 真駒内セキスイハイムアイスアリーナ
5月31日(火) 日本ガイシホール
6月01日(水) 日本ガイシホール
6月07日(火) 大阪城ホール
6月08日(水) 大阪城ホール
6月17日(金) さいたまスーパーアリーナ
6月18日(土) さいたまスーパーアリーナ
6月19日(日) さいたまスーパーアリーナ

■特設サイト
https://sekainoowari.jp/thedinner2016

【関連リンク】
SEKAI NO OWARI オフィシャルHP
SEKAI NO OWARI、clubEARTH 10周年記念ライブの開催を発表
SEKAI NO OWARI、『Twilight City at NISSAN STADIUM』ダイジェスト映像を解禁
SEKAI NO OWARI、最新映像作品の幻想的なジャケ写を公開

【関連アーティスト】
SEKAI NO OWARI
【ジャンル】
ジャパニーズロック

YUKI、7月16日公開の映画『ポケモン』最新作の主題歌を書き下ろし
Fri, 08 Apr 2016 13:30:00 +0900
YUKI (okmusic UP\'s)

YUKIが7月16日(土)公開の映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』の主題歌を担当することが分かった。

【その他の画像】YUKI

主題歌は、YUKIがこの作品のために書き下ろした新曲「ポストに声を投げ入れて」。この楽曲が使用される予告映像は、4月14日(木)テレビ東京系列 朝7:05より放送される『おはスタ』にて、いち早くオンエアされる予定だ。また、劇場では4月16日(土)より、全国東宝系の劇場にて流れるとのこと。

また、YUKIの楽曲「スリーエンジェルス」がアプリになったMV&ゲームアプリ『スリーエンジェルス』が好評配信中。このアプリは、『YUKI concert tour“Flyin\' High"\'14〜\'15』のステージで大好評だった「スリーエンジェルス」のゲーム風MVを視聴したり、 実際にゲームとして遊ぶことができる。ゲーム化への多くの要望があり実現したこのゲームアプリは、発売前から大きな反響があり、アプリのエンターテインメントカテゴリーで最高位2位を記録している。

■映画『ポケモン・ザ・ムービーXY&Z「ボルケニオンと機巧(からくり)のマギアナ」』公式サイト
http://www.pokemon-movie.jp
■ミュージックビデオ&ゲームアプリ『スリーエンジェルス』特設サイト
http://www.yukiweb.net/3angels/

■【各関係者よりコメント】

■YUKI
この度、主題歌のお話を頂いて脚本を読み、詞を書きました。
とても光栄です。ありがとうございます。

私は手紙が好きです。
ポストに投げ入れる時、相手の顔を必ず思い浮かべるからです。
そしてその顔は、いつも笑っています。
自分以外の人の事を大切に想うこと、
それは、自分自身を好きでいることと同じです。
きっとボルケニオンは、こんな気持ちなのではないかなぁと思い、書きました。
この歌を、全ての“僕"と“君"へ贈ります。
風に乗って、届きますように。

■映画プロデューサー 岡本順哉
今回、我々にとって念願だったYUKIさんに主題歌のオファーを受けて頂けると聞いて、心の底から興奮しました。
そして、心待ちにしていた楽曲を聴かせて頂いた時に、その興奮は、喜びと感動へと変わりました。
優しさと冒険心を併せ持ち、最後に胸の奥を暖かくしてくれるこの楽曲は、映画のタイトルでも使っている「機巧(からくり)」という、どこかアナログな手触りを感じさせる言葉すら、
見事に表現してくれています。
映画にとって極上の主題歌があるというのは、サトシにとってのピカチュウと同じく、最高のパートナーを得たのと同義です。
夏休み、子供たちが主題歌を口ずさみながら劇場から出てくる光景が、今から楽しみで仕方ありません。
最後に、この曲のイントロではYUKIさんらしく、音で「機巧(からくり)」を表現してくれています。どんな音かはぜひ劇場で確かめて下さい!

【関連リンク】
YUKI オフィシャルHP
期待していなかった合コンでまさかの一目惚れ!高まる期待に胸膨らむ瞬間に似合う曲
「Mステ」スーパーライブ、嵐、SMAP、ミスチル、ベビメタ、Xほか全42組の演奏曲発表
年末恒例「Mステ」スーパーライブ、ミスチル、ベビメタほか42組がクリスマスに競演

【関連アーティスト】
YUKI
【ジャンル】
J-POP, アニメ, 映画

『TOKYO CALLING 2016』第1弾アーティストは夜の本気ダンスら10組!
Fri, 08 Apr 2016 13:00:00 +0900
「TOKYO CALLING 2016」ロゴ (okmusic UP\'s)

今年のシルバーウィークに開催が発表された日本最大級のライブサーキット『TOKYO CALLING 2016』から早くも続報が届いた。

【その他の画像】四星球

4月7日20:30にスタートしたTOKYO FMのラジオ番組「TOKYO CALLING」内で待望の出演アーティスト第1弾アーティストの発表された。気になるその10組は、下記の通り。

【出演アーティスト】
・夜の本気ダンス
・感覚ピエロ
・ドラマチックアラスカ
・ココロオークション
・ヤバイTシャツ屋さん
・四星球
・打首獄門同好会
・SA
・POT
・BUZZ THE BEARS

番組スタジオゲストでも登場した夜の本気ダンス始め、新曲「拝啓、いつかの君へ」が日本テレビ系新日曜ドラマ「ゆとりですがなにか」の主題歌に決定した感覚ピエロ、4月6日に5thミニアルバムをリリースしたばかりのドラマチックアラスカ、など最近話題のバンドから大御所バンドまで、バラエティ豊かな10組が発表された。日割り、チケット情報は後日発表される。

■【アーティストコメント】

■ドラマチックアラスカ ヒジカタナオト(vo/gt)
TOKYO CALLING 2016、初開催ということでおめでとうございます。
僕たちが活動拠点としている関西にはバンドにお客さんに長く愛され続いてきたサーキットイベントがたくさんあります。
そうしたことが関西バンドが全国へ羽ばたいていく土壌を作ってくれたと言っても過言ではありません。
このイベントもそのようにバンドを育む環境として存在として、東京という土地で新たなムーブメントになってくれるのでしょう。
TOKYO CALLING 2016、当日を楽しみにしています。

■夜の本気ダンス 米田貴紀(vo/gt)
TOKYO CALLING 2016に夜の本気ダンスが降臨!
期待してるぜ動員!
打ち上げはやっぱりボーリング!!!

■『TOKYO CALLING 2016』

9月17日(土)【下北沢】:GARDEN、ERA、Mosaic、cave-be、Daisy Bar、CLUB QUE、CLUB251、SHELTER、ReG、LIVEHOLIC

9月18日(日)【新宿】:LOFT、LOFT bar、Motion、Marble、MARZ、HOLIDAY、RUIDO K4、ACB、SAMURAI、club SCIENCE

9月19日(月/祝)【渋谷】:O-EAST、O-WEST、O-Crest、O-nest、duo MUSIC、CLUB QUATTRO、TAKE OFF 7、MILKY WAY、CHELSEA HOTEL、Star Lounge

<チケット>
1日券(9月17日,9月18日):¥4,000+1D(¥600)
1日券(9月19日):¥4,500+1D(¥600)
3日通し券:¥11,000+3D(¥1,800)

【関連リンク】
『TOKYO CALLING 2016』オフィシャルHP
感覚ピエロ、2ndミニアルバムの発売を発表&新曲が話題のドラマ主題歌に決定
夜の本気ダンス、結成記念日に地元で初のワンマンライブを開催
「スペースシャワー列伝」ツアーファイナルでフレデリック、夜の本気ダンス等4組が激突!

【関連アーティスト】
四星球, BUZZ THE BEARS, 打首獄門同好会, POT, SA, 夜の本気ダンス, ココロオークション, ドラマチックアラスカ, 感覚ピエロ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

金子ノブアキ、ニューアルバムのジャケ写&収録曲目発表
Fri, 08 Apr 2016 12:00:00 +0900
アルバム『Fauve』 (okmusic UP\'s)

RIZEメンバーであり、AA=サポートメンバーも務め、スガ シカオのレコーディングにも参加する等、アーティストとして様々なステージに精力的に参加しながら俳優としても活躍の幅を広げる金子ノブアキ。約2年ぶりとなる3rdアルバム『Fauve』が5月11日(水)発売されることになり、注目の本作ジャケット写真と収録内容が公開され、リード曲「Take me home」Web試聴がスタートし、同時にラジオOAもスタートした。


【その他の画像】RIZE

アルバムジャケットはギターにPABLO(Pay money To may Pain)や豪華エンジニアのクレジットが掲げられた異色のデザインとなっている。収録内容は昨年リリースされた配信シングル「The Sun/Dawn」「LOBO」といった楽曲を含める全12曲収録。序盤からまるでクライマックスのように襲ってくる荘厳なカタルシス、個々の楽曲の奥行き、一音一音の緻密な作り込み、アンビエントの表現力、疾走するようなグルーヴ。全体が内包するメッセージと物語性のすべてが、これまで以上に幅を広げ深みを増している。

そして、ワンマンツアーファイナルとなる東京公演限定でパフォーミング・アーツ・カンパニー“enra”とコラボレーション実施することが決定した。enraとは映像と人間の動きのシンクロを極めた、独自の表現を繰り広げるパフォーミング・アーツ・カンパニー。内閣総理大臣主催、東京五輪招致晩餐会でパフォーマンスを行い、招致に大きく貢献。また昨年のカンヌ国際映画祭授賞式ではオープニングアクトを務め会場を沸かせる等、世界を舞台に活躍。既に様々なTV番組にも取り上げられ、国内外で大きな話題に。どういったコラボレーションを果たすかは公演当日までシークレット。ワンマンツアーチケット一般発売は4月22日(金) 20時スタートとなっている。

■【金子ノブアキ コメント】

心を奮い立たせる野性の本能
そっと寄り添うメロディ、ハーモニー、そして空間
その全てが存在する最高の作品になりました
この作品が日々の癒しや活力になってくれる事を心から願います
?

■「Take me home」試聴音源
https://youtu.be/iJXpa254rNk

■アルバム『Fauve』

2016年5月11日発売
VPCC-81874/¥2,500+税
<収録曲>
1. awakening
2. Take me home
3. Tremors
4. Garage affair
5. Firebird
6. blanca
7. Lobo (Album ver.)
8. Icecold
9. Girl (Have we met??)
10. dawn
11. The Sun (Album ver.)
12. fauve

■「金子ノブアキ Tour 2016 "Fauve" 」

6月02日(木) 金沢市民芸術村 パフォーミングスクエア
6月03日(金) 福岡イムズホール
6月13日(月) 大阪Akaso
6月14日(火) 愛知県芸術劇場小ホール
6月16日(木) 東京EXシアター

【関連リンク】
DIR EN GREYの薫が10月に単行本を刊行
降谷建志×ツタロックが贈るライヴイベント「Dances With Wolves」開催
金子ノブアキ初ソロライヴ開催決定!「ミュージシャン、演出陣共に最高のチームでお送りします」と宣言!
金子ノブアキ、ニューアルバム『Historia』を全世界配信!

【関連アーティスト】
RIZE, AA=, 金子ノブアキ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

aiko、最新ライブ映像作品『ROCKとALOHA』を5月3日にリリース
Fri, 08 Apr 2016 11:30:00 +0900
Blu-ray「ROCKとALOHA」 (okmusic UP\'s)

5月3日にaikoのLIVE Blu-ray/DVD『ROCKとALOHA』がリリースされることがわかった。

【その他の画像】aiko

今作は2枚組で、DISC1には2015年に行なった自身最大規模のライブハウスツアー「Love Like Rock vol.7」より、ZEPP TOKYO公演の模様を収録。このツアーは2015年4月から8月まで約4ヶ月にわたり、初の仙台Rensaでの公演や、約13年ぶりに訪れたという広島クラブクアトロを含む全国7都市25公演で行なわれた。さらにこのツアーでは大きく分けてAパターン、Bパターンの二つの異なるセットリストが用意されており、そちらも話題となった。どのセットリストが映像化されるのかは、今後発表されるであろう収録曲目に関する続報を待とう。

DISC2には、2015年8月30日(日)に神奈川・サザンビーチ ちがさきにて行なわれたaikoの3年ぶりとなるフリーライブ「Love Like Aloha vol.5」の模様を収録。「Love Like Aloha」は不定期で開催され、昨年で5回目を迎えたが、動員は過去最大となる3万6千人を記録。「ボーイフレンド」「キラキラ」といった定番ソングから、1stアルバムに収録されている「オレンジな満月」など幅広い楽曲で構成され、メドレーのコーナーでは「Love Like Aloha」では恒例となっているサザンオールスターズのカバーを披露している。ライブ終了後には1500発もの花火が打ち上がりその日集結したファンにとっては忘れられない1日となった。その模様が映像化されるとあって、こちらも絶対に見逃せない一枚になりそうだ。

また、同時にパッケージデザインも公開となった。野外フリーライブ 「Love Like Aloha vol.5」からのワンシーンで、降りしきる金色に輝く雨の中、砂浜に設置された長い花道を駆けるaikoの姿が描かれた、躍動感溢れるジャケットに仕上がっている。なお、初回限定仕様盤は、aikoの映像商品ではおなじみの「スペサルBOX仕様」、パスステッカー付きの豪華版となる。

最新シングル「もっと」はオリコンウィークリーチャート 初登場3位にランクインし、iTunes、 レコチョクなど各主要音楽配信サイトでは軒並み1位を獲得し、話題沸騰中。5月21日(土)からは全国18ヵ所34公演を巡るホールツアー「Love Like Pop vol.19」を開催することも発表されている。ライブツアーに先駆けて、このライブDVD&Blu-rayでaikoのライブを堪能しよう。

■Blu-ray&DVD『ROCKとALOHA』

2016年5月3日(火)発売
【Blu-ray】
PCXP-57015/¥5,800+税
【DVD】
PCBP-57015/¥4,800+税
※Blu-ray/DVD ともに初回限定スペサルBOX仕様
※初回限定封入特典:パスステッカー

【関連リンク】
aiko オフィシャルHP
aiko、ホールツアー「Love Like Pop vol.19」のチケット一般発売情報解禁
aiko、遂にニコ生に初降臨!ホールツアーも開催決定!
aiko、「もっと」のMVフルサイズをGYAO!で独占公開

【関連アーティスト】
aiko
【ジャンル】
J-POP

マキタスポーツのソロライヴ「LIVE@マキタスポーツ」にゴールデンボンバーの鬼龍院翔がゲスト出演決定
Fri, 08 Apr 2016 11:00:00 +0900
マキタスポーツ (okmusic UP\'s)

4月10日(日)東京・青山CAYにて開催されるマキタスポーツのソロライヴ「LIVE@マキタスポーツ」に、鬼龍院翔(ゴールンデンボンバー)がゲスト出演することが発表された。

【その他の画像】ゴールデンボンバー

「LIVE@マキタスポーツ」は、美味しいお酒や料理を味わいながら、マキタスポーツならではの心地よい音楽や軽妙なトークが楽しめることをコンセプトとして、三ヶ月に一度のペースで開催されている。

これまで、吉田山田、石崎ひゅーい、奇妙礼太郎、尾崎世界観(クリープハイプ)、YOU、ディーンフジオカなど、ジャンルを超えたそうそうたるアーティストが登場してきた。

マキタスポーツと鬼龍院翔とはなんとも意外な組み合わせだが、二人はお互いのレギュラー番組でゲストとして出演しあうなど、交流をあたためてきた間柄。マキタ自身からの熱烈なラブコールもあり、今回のスペシャルなゲスト出演が実現した。

当日は「LIVE@マキタスポーツ」の名物企画である、お互いの"この曲のここが気持ちいい"パートを実際に音をかけながら出し合う「音楽じゃんけん」を鬼龍院翔とともに繰り広げる予定だ。そのほか、どんなパフォーマンスが飛び出すのか、楽しみに待っていてほしい。

■「LIVE@マキタスポーツ」

4月10日(日) 東京 青山CAY
ゲスト:鬼龍院翔(ゴールデンボンバー)

【関連リンク】
マキタスポーツ オフィシャルHP
マキタスポーツpresents Fly or Die、渋谷WWWよりレコ初ツアーがスタート
マキタスポーツpresents Fly or Dieが「DOMMUNE」に緊急生出演決定
マキタスポーツ、『LIVE@マキタスポーツ』でDEAN FUJIOKA&YOUとコラボ

【関連アーティスト】
ゴールデンボンバー, 鬼龍院翔, マキタスポーツ
【ジャンル】
J-POP, ビジュアル

ジラフポット、新曲収録のライヴ会場限定シングルのアートワークを発表
Fri, 08 Apr 2016 10:00:00 +0900
シングル「ローリングローリング / 無表情ワルツァー」 (okmusic UP\'s)

ジラフポットが、『Get Myself Back Tour -FINAL SERIES-』で販売するライヴ会場限定シングル「ローリングローリング / 無表情ワルツァー」のアートワークを公開した。

【その他の画像】ジラフポット

新曲「ローリングローリング」「無表情ワルツァー」の2曲を収録した今作は、アナログレコードのような紙ジャケット仕様で、木の年輪をモチーフとしたシンプルなアートワークになっている。

この会場限定シングルのリリースツアーとも言える『Get Myself Back Tour -FINAL SERIES-』は、4月8日(金)渋谷WWWを皮切りに、4月16日(土)名古屋SPADE BOX、そしてファイナルの4月22日(金)地元大阪・梅田CLUB QUATTROの3公演。

東京公演にはHello Sleepwalkers、名古屋公演にはアルカラをゲストに迎えたツーマンライヴ、ファイナルの大阪公演は初のクアトロワンマンライヴとなっている。

4月8日(金)渋谷WWW公演は17:30より渋谷WWW会場窓口にて当日券が販売されることも決定。ぜひ会場に足を運び、シングルをゲットしてほしい。

■シングル「ローリングローリング / 無表情ワルツァー」

2016年4月8日発売
GPCD-1005/¥800+税
<収録曲>
01. ローリングローリング
02. 無表情ワルツァー

■「ジラフポット Get Myself Back Tour -FINAL SERIES-」

4月08日(金) 東京 渋谷WWQW
w/ Hello Sleepwalkers
4月16日(土) 愛知 名古屋SPADE BOX
w/ アルカラ
4月22日(金) 大阪 梅田CLUB QUATTRO

【関連リンク】
ジラフポット オフィシャルHP
ジラフポット、ライヴ会場限定シングルの詳細を解禁
ジラフポットのツアーファイナルシリーズにアルカラとHello Sleepwalkersの出演が決定
ジラフポット、全国ツアー後半戦のゲスト&地元・大阪でのワンマンを発表

【関連アーティスト】
ジラフポット
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GACKTがツアー最終日のチケットをハンマープライス!?
Fri, 08 Apr 2016 09:00:00 +0900
GACKT (okmusic UP\'s)

現在、25都市 全42公演に及ぶツアー、「GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月 ?LAST MOON- supported by Nestl?」を開催中のGACKT。先日発表された追加公演、7月3日(日)のさいたまスーパーアリーナにおいて「ハンマープライス・ダイヤモンドシートセレクション(HDS)」が行われることがオフィシャルホームページにて発表された。


【その他の画像】GACKT

これは、日本では“初"となる最前列1列目〜2列目の超貴重な座席をハンマープライスにて好きな席を選ぶというもの。近年、海外の人気公演で採用されているシステムを「LAST VISUALIVE バージョン」にアレンジし行われる。さらに、上位3位までの入札者の方は終演後、GACKTに直接会えるMeet&Greetイベントへの参加も可能。

参加条件は「G&LOVERS(ファンクラブ)会員」「同公演のプレミアムシートへエントリーした方」「インターネットからエントリーした方」「クレジットカード決済でエントリーした方」となっている。

■プレミアムシート受付スケジュール

エントリー:4月7日18:00〜4月12日23:00
当選・落選の確認:4月15日13:00〜4月18日18:00
当選者入金:4月15日13:00〜4月19日21:00

■ハンマープライス・ダイヤモンドシートセレクション(HDS)実施概要

日時:4月22日(金)13:00 〜 4月27日(水)13:00
入札金額上限:上限なし
入札金額下限:30,001円〜
入札回数:何度でも可能。
購入枚数制限:G&LOVERS会員様のみ本公演1人1枚まで申込み可
HDSに関するお問い合わせ:https://g-and-lovers.com/contact
※お問い合わせ内容の部分を「ハンマープライス・ダイヤモンドシートセレクション(HDS)について」を選択し、お問い合わせください。

< 対象公演>
日時:7月3日(日)OPEN / START 15:00 / 16:00
会場:さいたまスーパーアリーナ
<注意事項>
※HDSに参加出来るのは、下記の条件を全て満たした方のみとなります。
・G&LOVERSの会員様
・同公演のプレミアムシートへエントリーした方
(プレミアムシート当選、落選含む、全ての方)
・インターネット(PC/スマートフォン/携帯)からエントリーした方
・クレジットカード決済でエントリーした方
※クレジットカード決済以外の支払方法を選択された方、
電話からエントリーした方はHDSの対象外となります。
※車椅子のまま観覧をご希望の方は、シートエリアの特性上HDSにはご参加いただけません。
※誤って購入された場合の払い戻しは致しません。十分ご注意下さい。
※4歳以上チケット必要。3歳以下入場不可。(託児所はございません)
※エントリーにはご本人様名義のクレジットカードが必要です。
※入札における、クレジットカードの限度額はあらかじめご確認下さい。
※プレミアムシートをエントリー・当選し入金済みの方で、かつHDSでアップグレードする方は、HDSで入札金額を全額決済された後に、プレミアムシートの入金済みの代金がクレジットカードへ返金されます。

■「GACKT WORLD TOUR 2016 LAST VISUALIVE 最期ノ月 -LAST MOON- supported by Nestl? 」

4月09日(土) 青森・八戸市公会堂 大ホール
4月10日(日) 宮城・仙台サンプラザホール
4月12日(火) 神奈川・鎌倉芸術館 大ホール
4月16日(土) 長野・ホクト文化ホール 大ホール
4月17日(日) 石川・本多の森ホール
4月21日(木) 広島・上野学園ホール
4月23日(土) 岡山・岡山市民会館
4月25日(月) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
4月29日(金・祝) 北海道・ニトリ文化ホール
4月30日(土) 北海道・ニトリ文化ホール
5月03日(火・祝) 大阪・大阪国際会議場 グランキューブ大阪
5月04日(水・祝) 大阪・大阪国際会議場 グランキューブ大阪
5月07日(土) 栃木・栃木県総合文化センター メインホール
5月08日(日) 栃木・栃木県総合文化センター メインホール
5月10日(火) 千葉・森のホール21 大ホール
5月12日(木) 東京・中野サンプラザホール
5月14日(土) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
5月15日(日) 愛知・名古屋国際会議場センチュリーホール
5月21日(土) 愛媛・松山市民会館 大ホール
5月22日(日) 香川・サンポートホール高松 大ホール
5月27日(金) 東京・東京国際フォーラム ホールA
5月28日(土) 東京・東京国際フォーラム ホールA
6月03日(金) 岩手・岩手・民会館 大ホール
6月04日(土) 宮城・仙台サンプラザホール
6月07日(火) 埼玉・大宮ソニックシティ
6月10日(金) 広島・上野学園ホール
6月12日(日) 山口・山口市民会館 大ホール
6月15日(水) 熊本・熊本市民会館崇城大学ホール
6月17日(金) 宮崎・宮崎市民文化ホール 大ホール
6月19日(日) 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
6月25日(土) 沖縄・沖縄市民会館 大ホール
6月26日(日) 沖縄・沖縄市民会館 大ホール
7月02日(土) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ
7月03日(日) 埼玉・さいたまスーパーアリーナ

【関連リンク】
GACKT、7年ぶりのコンセプトライブ『LAST VISUALIVE TOUR』がスタート
GACKTが『ニコびじゅ』に再降臨! ファン垂涎の“ガラスドン”も!?
GACKT、“黒い羽”が印象的なニューアルバムのビジュアルを公開
GACKT、ニコびじゅ特番の公開生放送に緊急出演決定

【関連アーティスト】
GACKT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ビジュアル













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1