歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年03月31日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/04/09
2016/04/08
2016/04/07
2016/04/06
2016/04/05
2016/04/04
2016/04/03
2016/04/02
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
The BONEZ、ニューアルバム『To a person that may save someone』へ各界著名人によるコメントが到着!
Thu, 31 Mar 2016 14:00:00 +0900
The BONEZ (okmusic UP\'s)

背伸びもギミックもない、等身大のThe BONEZを刻み付けた渾身のニューアルバム『To a person that may save someone』が完成した。

【その他の画像】LM.C

振り返れば、前作『Beginning』はJESSE、NAKA、T

冒頭の飾る表題曲を聴き、いままでとは決定的に何かが違うと瞬時にわかるほどだった。徐々に視界が開けていく明るい音色、ウォーウォーの合唱コーラスをイントロに、ヴォーカルは声を荒げるわけでもなく、演奏は過剰な熱量で押し切るわけでもない。リスナーと目と目を合わせ、じっくり対峙するような肝の座ったアプローチを取っている。力強く、懐深く、なにより人間味溢れる音に心の芯から熱くなる感覚だ。

もちろん従来のThe BONEZ節が炸裂した「Revolution feat.Hiro Fujita」のような骨太重厚ナンバーもあるので安心してほしい。荒ぶるシャウト、過剰な熱量も兼ね備えながら、今作が従来の作品と一線を画すのはメンバー4人の性格や息遣いがこれ以上なくダイレクトに音楽へ昇華されている点だろう。音楽ありきの人間ではなく、人間ありきの音楽という視座に彼らは立った。

アルバム名は「誰かを救えるであろう君へ」というメッセージを帯び、歌詞にも"I"と"YOU"という言葉を多用している。俺とおまえ、私とあなた、という関係性を色濃く打ち出しているのだ。まさに対・人に向けた作風へと様変わりした。

バラエティに富んだ楽曲を揃えつつも、紛うかたなきThe BONEZサウンドに仕上がっている点も素晴しい。JESSEが今作でラップを解禁し、歌心溢れるメロディと共存させる手法を選んだのも自然体=ありのままで勝負するようになった証だろう。内側の感情や衝動と素直に向き合い、着飾ることなく体当たりしてくる音像は温かく、優しく、強靭な人間力から生まれたものであることが伝わってくる。

そして、今作の発売にあたり、各楽曲について同世代で一緒に対バンを繰り広げる仲間たち、先輩や後輩、さらに著名人から多数コメントが寄せられている。ACIDMAN、BUCK-TICK、coldrain、Crossfaith、Def Tech、DIR EN GREY、Dragon Ash、HYDE、J、LM.C、lynch.、MAN WITH A MISSION、ONE OK ROCK、RADIOTS、ROTTENGRAFFTY、SHADOWS、SUPER BEAVER、SiM、SOWLKVE、TEARS OF THE REVEL、TOTALFAT、UZMK、10-FEET、難波章浩など錚々たるメンツの中に、あの芥川賞を受賞したお笑いタレント・又吉直樹も熱い感想を寄せている。

そういえば、「今作は聴く人によって好きな曲が違う」とJESSEが零していた。加えて、その日の気分やシチュエーションで好きな曲が変わるような表情豊かな楽曲ばかりだ。洋楽/邦楽、ロック/ポップスの対立軸さえも無効化するスケール感のあるサウンドを是非体感してほしい。

TEXT:荒金良介

■各楽曲試聴、コメントはこちらから
http://www.thebonez2016.info/#!comment/mofot

■アルバム『To a person that may save someone』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
TBRD-2800/¥2,800+税
【通常盤】(CD)
TBRD-0323/¥2,300+税
<収録曲>
01. To a person that may save someone
02. Revolution feat. Hiro Fujita
03. Paper crane
04. Louder
05. 1905
06. Stranger
07. Remember
08. Cosmic strings
09. Incredible
10. Wasted dreams
11. Friends
12. Leaf ※初回限定盤のみ収録
13. Waking up

【関連リンク】
The BONEZ オフィシャルHP
SiM x Crossfaith x レッドブル・エアレースによる究極のコラボ映像が解禁
SiM、「ツタロック」SPイベント&サイン会の開催を発表
lynch.が6月15日に初のBlu-ray映像作品をリリース

【関連アーティスト】
LM.C, ACIDMAN, J, 10-FEET, ONE OK ROCK, SUPER BEAVER, Dragon Ash, TOTALFAT, BUCK-TICK, lynch., MAN WITH A MISSION, DIR EN GREY, 難波章浩, Def Tech, HYDE, Crossfaith, coldrain, SiM, ROTTENGRAFFTY , The BONEZ, RADIOTS, SHADOWS, SOWLKVE, TEARS OF THE REVEL, UZMK
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LOUDNESS、35周年を記念した最強パッケージ「SAMSARA FLIGHT〜輪廻飛翔〜」が7月にリリース決定
Thu, 31 Mar 2016 22:00:00 +0900
LOUDNESS (okmusic UP\'s)

LOUDNESSの35周年記念最強パッケージが、「SAMSARA FLIGHT〜輪廻飛翔〜」と銘打たれ、7月6日にリリースされる。

【その他の画像】LOUDNESS

まず、完全期間限定生産となる初回限定盤は3枚組の豪華作品。DISC1は、1stアルバム『THE BIRTHDAY EVE〜誕生前夜〜』、2ndアルバム『DEVIL SOLDIER〜戦慄の奇跡〜』、3rdアルバム『THE LAW OF DEVIL\'S LAND〜魔界典章〜』から現在のメンバーがセレクトした全12曲のセルフリメイク作品。キャリア最高のコンディションを誇る現在の彼らによるセルフリメイク作品は、すべてのLOUDNESSファン必聴の仕上がりとなっているとのこと。

DISC2は、LOUDNESSが35年間で発表してきた全ての楽曲の中からファンが選曲する究極のファン選曲ベストアルバム。後日開始される楽曲投票では、ファンとともに作り上げる様々な仕掛けが用意されているという。企画や投票期間の詳細は後日発表されるとのことなので、楽しみに待っていてほしい。

また、DISC3はDVDとなっており、昨年9月7日に渋谷公会堂で開催され、多くのファンを興奮の渦に巻き込んだ「THUNDER IN THE EAST」完全再現ライブの模様を初めて映像化した作品が収録される。

通常盤はセルフリメイクアルバム単体となるが、ボーナストラックとして1曲が追加された13曲入り2,800円というお求めやすい価格で提供される。まさにメンバーとファンで作り上げる究極の結成35周年スペシャル作品、それが「SAMSARA FLIGHT〜輪廻飛翔〜」だ。初回限定盤は期間限定商品となるため、早めの予約をおすすめする。後日発表される詳細発表を期待して待とう。

■アルバム『SAMSARA FLIGHT〜輪廻飛翔〜』

2016年7月6日発売
【初回盤】(2CD+DVD)
COZP-1186〜8/¥7,000+税
<収録内容>
DISC1:「1st〜3rdアルバム最新セルフリメイクアルバム」(全12曲)
DISC2:「ファン選曲によるLOUDNESS全キャリアオールタイムベストアルバム」(収録曲数未定)
DISC3:DVD 「THUNDER IN THE EAST完全再現ライブ@渋谷公会堂」(収録曲数未定)
【通常盤】(CD)
COCP-39624/¥2,800+税
<収録内容>
「1st〜3rdアルバム最新セルフリメイクアルバム」(全12曲+ボーナストラック1曲)

■アルバム『LOUDNESS COLUMBIA YEARS SELECTION』

発売中
各作品 ¥1,500+税
35周年記念BOXセット(11枚組) ¥16,500+税
■発売作品
「THE BIRTHDAY EVE〜誕生前夜〜」 (オリジナル:1981年11月発売)
「DEVIL SOLDIER〜戦慄の奇跡〜」 (オリジナル:1982年7月発売)
「THE LAW OF DEVIL\'S LAND〜魔界曲章〜」 (オリジナル:1983年1月発売)
「DISILLUSION〜撃剣霊化〜」 (オリジナル:1984年1月発売)
「DISILLUSION English Version」 (オリジナル:1984年7月発売)
「THUNDER IN THE EAST」 (オリジナル:1985年1月発売)
「SPIRITUAL CANOE 〜輪廻転生〜」 (オリジナル:2001年3月発売)
「PANDEMONIUM 〜降臨幻術〜」 (オリジナル:2001年11月発売)
「ジャガーの牙 〜TUSK OF JAGUAR〜」 / 高崎晃 (オリジナル:1982年4月発売)
「破戒凱旋録 〜DESTRUCTION〜」 / 樋口宗孝 (オリジナル:1983年5月発売)
「Made in HAWAII」 / 高崎晃 (オリジナル:2002年3月発売)

■「LOUDNESS 35th Anniversary Year Special Live SHOCKING DEVIL\'S LAND」

4月06日(水) 大阪 なんばHATCH

■「LOUD OUT FEST 2016」

5月01日(日) 新木場STUDIO COAST
出演:LOUDNESS / OUTRAGE / ANTHEM / LOST SOCIETY

【関連リンク】
LOUDNESS オフィシャルHP
LOUDNESS、コロムビア時代に発表した11作品のライナー執筆者を発表
LOUDNESS、コロムビア時代のアルバム11タイトルを最新リマスタリングで再発売
LOUDNESS、ニコ生でワールドツアーの追加公演を独占生中継決定

【関連アーティスト】
LOUDNESS
【ジャンル】
メタル

デヴィッド・ボウイ、映像作品『デヴィッド・ボウイ〜ジギー・スターダストの伝説〜』のトレイラー映像が公開へ
Thu, 31 Mar 2016 21:00:00 +0900
DVD『デヴィッド・ボウイ〜ジギー・スターダストの伝説〜』 (c)coda publishing limited 2014(okmusic UP\'s)

4月20日に発売となるDVD『デヴィッド・ボウイ〜ジギー・スターダストの伝説〜』のトレイラー映像が公開された。

【その他の画像】デヴィッド・ボウイ

本作は、デヴィッド・ボウイが“時代の寵児"として一気にスターダムへと駆け上っていった1970年代初めから濃密な5年間をとらえた映像作品。当時のボウイを支えたスパイダース・フロム・マーズの一員だったトレヴァー・ボルダーとウッディ・ウッドマンジー、前妻のアンジーらが語る創作秘話に加えて、本邦初登場となるグラナダTVのフィルムをはじめとする貴重な映像を多数フィーチャーした永久保存版ドキュメンタリーとなっている。

ファン垂涎のアイテムをぜひお手に取っていただきたい。

(C)coda publishing limited 2014

■「David Bowie〜ジギー・スターダストの伝説〜」
https://youtu.be/i_SYjTfQ9Os

■DVD『デヴィッド・ボウイ〜ジギー・スターダストの伝説〜』

2016年4月20日発売
DVD1枚組
PCBP.52437/¥3,800(税込)
<出演>
マルコム・ドーム(音楽評論家/ブロードキャスター)
ウッディ・ウッドマンジー(元スパイダース・フロム・マーズ)
ジョナサン・ウィンゲイト(音楽ジャーナリスト)
ピップ・ウィリアムス(音楽プロデューサー)
トレヴァー・ボルダー(元スパイダース・フロム・マーズ)
アンジー・ボウイ(デヴィッド・ボウイの前妻)
<映像収録曲>
「チェンジズ」Jones/Tintoretto Entertainment Co., LLC 1973年
「スペイス・オディティ」PV
「チェンジズ」Jones/Tintoretto Entertainment Co., LLC 1973年
「ユー・プリティ・シングス」「OLD GREY WHISTLE TEST」 1972年2月8日
「火星の生活」PV
「クイーン・ビッチ」「OLD GREY WHISTLE TEST」 1972年2月8日
「スターマン」「TOP OF THE POPS」 1972年4月14日
「ジョン、アイム・オンリー・ダンシング」PV
「ジーン・ジニー」PV
「5年間」「OLD GREY WHISTLE TEST」 1972年2月8日
「サフラゲット・シティ」Jones/Tintoretto Entertainment Co., LLC 1973年
「ドライヴ・インの土曜日」グラナダTV 1973年
「1984年」アメリカNBC「The 1980 Floor Show」1973年11月16日
「愛しき反抗」オランダAVOR「Toppop」1974年2月7日
「ジギー・スターダスト」グラナダTV

■作品情報
http://premiums.ponycanyon.co.jp/db

【関連リンク】
デヴィッド・ボウイ オフィシャルHP
デヴィッド・ボウイ入門映画『戦メリ』に登場する5人の名優/ミュージシャン
デヴィッド・ボウイ、新作『★』から最新MV「ラザルス」公開
デヴィッド・ボウイ、新作『★』からの最新シングルは「ラザルス」

【関連アーティスト】
デヴィッド・ボウイ
【ジャンル】
ロック/ブルース(洋楽)

田中聖(INKT)、アメブロにて単独オフィシャルブログ開設! YouTuberデビューに歓喜のコメント
Thu, 31 Mar 2016 20:00:00 +0900


元KAT-TUNで、現在はロックバンド・INKTとして活動する田中聖が、アメブロで単独オフィシャルブログを開設した。

【その他の画像】INKT

INKTとしてもブログを続けながら、こちらの単独ブログでは「プライベートな事や個人的な事が多いかもw」とのこと。「こっちは頼れる人がおらんから頑張って更新する!」とブログへの意気込みもコメントしている。

また、『アメブロ開始!』と題した初回投稿ブログ記事では、「アメブロ開始と同時にスマホゲーム「ジョーカー〜ギャングロード〜」の公式Youtuberに認定されました!」と報告。田中をモデルにしたカードを作ってもらったことを発表し、カード写真も公開した。

「俺がどんだけゲームに登場するキャラになりたいか!!! みんな!!! 諦めるな!!! 夢は叶うぞ」と自身の夢が叶ったことも報告している。

さらにブログでは、今や子供の憧れる職業でも3位に入る"YouTuber"になったことにも感激し、田中が昔から大ファンだったという人気YouTuber・恭一郎との2ショット写真を投稿。「ただ子供達!! 俺みたいになるのはオススメしないぞ!!笑」と子供たちへのメッセージも残している。

全文はオフィシャルブログにて掲載中。今後の更新にもぜひ注目してほしい。

■田中聖オフィシャルブログPowered by Ameba
1記事目:アメブロ開始!
http://ameblo.jp/koki-tanaka1105/entry-12145104592.html

【関連リンク】
田中聖オフィシャルブログPowered by Ameba

【関連アーティスト】
INKT
【ジャンル】
ジャパニーズロック

黒木渚、ニューシングル発売を記念した特別番組をLINE LIVEで配信決定
Thu, 31 Mar 2016 20:00:00 +0900


4月6日にニューシングル「ふざけんな世界、ふざけろよ」をリリースする黒木渚が、4月4日(月)20:00から自らMCをつとめる「黒木渚『ふざけんな世界、ふざけろよ』リリース記念 特別番組」を生配信することを発表した。

【その他の画像】黒木渚

番組では、TOKYO FM「Skyrocket Company」でもお馴染みのマンボウやしろをゲストに招き、先行視聴会、対談インタビュー、視聴者参加型コーナーなどを行うとのこと。

視聴者参加型コーナーでは、「ふざけんな世界、ふざけろよ」の歌詞に合わせて、リスナーの『ちくしょーエピソード』を事前にTwitterで大募集。ハッシュタグ「#ふざけんな世界」を付けてツイートされたエピソードの中から、番組で採用された人には、黒木渚からこの日限りのスペシャルなプレゼントがあるとのこと。詳細は公式HPをチェックしてみよう。

■「ふざけんな世界、ふざけろよ」特設サイト
http://www.kurokinagisa.jp/fuzaseka/

■LINE LIVE「黒木渚『ふざけんな世界、ふざけろよ』リリース記念 特別番組」

配信日時:4月4日(月)20:00〜21:30放送予定
視聴方法:「LINE LIVE」アプリ / 「LINE LIVE」PCサイト / LINE LIVE公式アカウント
URL:https://live.line.me/r/channels/306/upcoming/3598
(1)LINE LIVEアプリ
(2)パソコン
(3)LINE 「黒木渚」公式アカウント
で視聴可能です。(無料)

「LINE LIVE」アプリダウンロード
App store/Google Playから「LIVE」Appをダウンロード
■App Store(iPhone)
https://itunes.apple.com/jp/app/id1059626535
■Google Play(Android)
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.linecorp.linelive&hl=ja_JP

■シングル「ふざけんな世界、ふざけろよ」

【初回限定盤A】(CD+DVD)
¥2,300+税
<収録曲>
1. ふざけんな世界、ふざけろよ
2. おんな・おとこ・おんな
3. カイワレ
4. ふりだし
<DVD>(Music Video Clips vol.1)
1. あたしの心臓あげる(Full Version)
2. 骨(Full Version)
3. はさみ(Full Version)
4. 革命(Full Version)
5. レスポール(Lyric Video)

【初回限定盤B】(CD+DVD)
¥2,300+税
<収録曲>
1. ふざけんな世界、ふざけろよ
2. おんな・おとこ・おんな
3. カイワレ
4. ふりだし
5. 虎視眈々と淡々と
(Live@EX THEATER ROPPONGI 2016.01.11)
6. 君が私をダメにする
(Live@EX THEATER ROPPONGI 2016.01.11)
7. エジソン
(Live@EX THEATER ROPPONGI 2016.01.11)
8. テーマ
(Live@EX THEATER ROPPONGI 2016.01.11)
<DVD>(Live at EX THEATER ROPPONGI 2016.01.11)
2016年1月11日に東京EX THEATER ROPPONGIにて開催された『黒木渚 ONEMAN TOUR「自由律」FINAL』の厳選ライブ音源4曲&ライブ映像4曲付!
1. カルデラ
2. 107
3. 革命
4. アーモンド

【通常盤】(CD)
¥1,200+税
<収録曲>
1. ふざけんな世界、ふざけろよ
2. おんな・おとこ・おんな
3. カイワレ
4. ふりだし

【関連リンク】
黒木渚 オフィシャルHP
黒木渚、新曲「ふざけんな世界、ふざけろよ」MV公開
黒木渚、ニューシングルジャケット&参加ミュージシャン公開
黒木渚、4月6日にシングル「ふざけんな世界、ふざけろよ」をリリース

【関連アーティスト】
黒木渚
【ジャンル】
ジャパニーズロック

椎名慶治、貴重なインタビューを収録した初のドキュメンタリーDVDをリリース
Thu, 31 Mar 2016 18:00:00 +0900
椎名慶治 (okmusic UP\'s)

椎名慶治が、6月1日に初のドキュメンタリーDVD『I & key EN II -Type D-』をリリースすることがわかった。

【その他の画像】椎名慶治

DVDには、ソロ活動5周年直前の"椎名慶治39歳"と、5周年を迎えた"椎名慶治40歳"に迫る、撮りおろしインタビューを収録。椎名慶治にとっての「音楽」「ライブ」「レコーディング」「歌」など、他では見れない貴重なインタビューとなっている。

また、今作では2015年春に開催されたツアー「I & key EN II-Type B-」にも完全密着。ツアー移動中や本番直前の風景に加え、サポートメンバーへのインタビューも実行された。さらに、3rdフルアルバム『MY LIFE IS MY LIFE』に繋がる重要なツアーとなった「I & key EN II-the FINAL-」の模様も収録。ぜひ6月の発売を楽しみにしていてほしい。

■DVD『I & key EN II -Type D-』

2016年6月01日発売
HWDL-0014/¥3,500+税

【関連リンク】
椎名慶治 オフィシャルHP
TERU(GLAY)、レギュラー番組の20周年記念スペシャルイベント開催
椎名慶治(元SURFACE)、2016年1月に3枚目のソロアルバムをリリース
椎名慶治、約3年ぶりのニューアルバム『MY LIFE IS MY LIFE』をリリース!

【関連アーティスト】
椎名慶治
【ジャンル】
J-POP

お花見の場所取りでひとりぼっち。寂しさをまぎらわす曲。
Thu, 31 Mar 2016 18:00:00 +0900
でんぱ組.inc「サクラあっぱれーしょん」のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

ミュージックソムリエ協会では、「こんな時に聴きたい音楽!」ということで、日常のヒトコマで、ふっと聴きたい音楽を選曲しました。選曲はすべて、ミュージックソムリエ(http://musicsommelier.jp)によるもの。
今回は、「お花見の場所取りでひとりぼっち。寂しさをまぎらわす曲。」をテーマに選びました。桜の季節がやってきました。みんなで花見をするのは楽しいものですが、それは誰かが寂しさを耐えて、ひとり場所取りをしてくれていたからかもしれません。今年もきっといるであろう、花見を盛り上げる影の功労者に贈る5曲をどうぞ。


■1.「サクラあっぱれーしょん」 / でんぱ組.inc
https://www.youtube.com/watch?v=NypVvG9fQ7o

花見そのものは大変テンション上がるイベントですが、一人で場所を探すのにテンションが上がるかと言われると、果たしてどうなんでしょう。そんな時にお薦めしたいのがでんぱ組.inc。特に桜をテーマにした「サクラあっぱれーしょん」は今の季節、まさにピッタリ。矢継ぎ早に繰り広げられる歌パートはまさにお祭りそのもの。聴いて楽しい、見て楽しい、もちろん踊って楽しい。皆を待っている間、間違いなくハッピーな気持ちになる。気分上々で皆を迎えて、またこの曲で皆で盛り上がってはいかがでしょうか。
(選曲・文/Kersee)

■2.「Cherry Blossom Girl」 /AIR

日本人の季節感覚を代表する行事といえば、やはり春のお花見。
しかし、いざお花見当日となると、仲間とワイワイ騒いだり、周囲に気を遣ったりで、意外にじっくり風情に浸れなかったりするもの。そう思うと、実はひとり場所取りをしている時が、桜そのものを一番楽しめる時間なのかもしれませんよね。
そんな贅沢なひとときに、フランスを代表するエレクトロ・バンド、AIRの「Cherry Blossom Girl」なんていかがでしょう?2004年発表のアルバム『Talkie Walkie(トーキー・ウォーキー)』に収録されている人気曲です。目の前に広がる美しい風景を感じさせつつ、これから訪れる仲間たちとの楽しい時間も予感させるワクワク感がポイントです。
ええい、一足先にビール一缶ぐらい空けちゃいましょうか。
(選曲・文/伊藤威明)

■3.「オレンジ村から春へ」/りりィ

普段は都会で仕事をしている友人達。田舎で暮らしている僕たちはなかなか会えません。でも年に一度。桜が咲く頃には、皆で集まってワイワイ楽しくお花見をするのです。タイトル通り、「春」の来訪を祝うこの曲は1975年にリリースされた資生堂のコマーシャル・ソング。女優としても活躍しているシンガー・ソングライター、りりィの曲です。「暖かい春がやって来たのだから」旧友たちに送る帰郷のメッセージ。もうすぐみんなと会える。春のワクワク感が伝わって、あなたを盛り上げてくれることでしょう。
※この曲はアルバム未収録。しかしながら「オレンジ村から春へ〜ONアソシエイツ CM WORKS」(CDSOL1372)というオムニバスCDに収録されており、現在も入手可能です。
(選曲・文/旧一呉太良)

■4.「Cherry Blossom」 / ALA.NI
https://www.youtube.com/watch?v=k7PJxrNEvFc

一人の花見番。皆が来る前にかつ丼などを食べて、体を温めておくっていうのもいいかもしれません。んー、おなかも膨れて気持ちよくなってきたぞ。ちょっとゴロゴロするかぁ。こんな時に聴いてほしいのが、イギリス、ロンドン出身の女性シンガー・ソングライター、アラ・ニが歌う「Cherry Blossom」。(2016年3月に国内発売されたデビュー・アルバム「You & I」に収録)気品ある歌声が、まったりととろけるようなメロディーに乗ってあなたを包み込む。桜の花びらがチラチラと落ちる様を見ながら、ほのぼのといい気分。あくびを一つ。ちょっとのんびりしましょうか。
(選曲・文/旧一呉太良)

■5.「The Cherry Blossom In Japan」 / THE LOCH NESS MOUSE
https://www.youtube.com/watch?v=fNSyW_J78Rg#t=155

あと1時間後に皆が来る。それまではここで待っていないと。向こうでは一足早くお花見がスタート。まだまだ風が冷たいなー。こんな時は音楽を聴いて気分転換しましょう。ノルウェーのバンド、ザ・ロッホ・ネス・マウスが作ってくれたお花見ソングです。(2016年2月に発売された「The Loch Ness Mouse」に収録)優しく語り掛けるような歌声、和気あいあいとしたコーラス、爽やかなキーボード。まだ誰も来ないけれども、うららかな春の団らんが訪れてきました。ありがとう、ノルウェーの皆さん。思えば、ゆっくり桜を眺められるのも場所取り当番の特権ですね。さて、缶ビールを1本開けて。これはお花見のリハーサル。
(選曲・文/旧一呉太良)

【関連アーティスト】
AIR, りりィ, でんぱ組.inc
【ジャンル】


中孝介、箏奏者黒澤有美と京都・細見美術館でジョイントコンサートを開催
Thu, 31 Mar 2016 17:00:00 +0900
中孝介 (okmusic UP\'s)

中孝介が、京都・細見美術館の茶室で、葵祭時期の5月15日(日)にコンサートを開催することが決定した。

【その他の画像】中孝介

これに先立って発表された東京国立博物館庭園内『応挙館』でのコンサートのチケットは即日完売。そのアンコールに答える形で、今回の京都・細見美術館でのコンサートが決定した。

日本を代表する琳派コレクションを有する京都・細見美術館。その中にある茶室において、奄美出身・在住のシンガー中孝介と、純邦楽の伝統を世界に広めようとする箏奏者黒澤有美の二人が、日本の四季と美、琳派に象徴される細見美術館の江戸期日本画コレクションにふさわしい、江戸期の空気まで感じさせてくれるコンサートを企画。

本公演は中孝介デビュー10周年の2016年のプロジェクトの一環として開催。日本の四季の移り変わりに合わせ、今回の春の部に始まり、春・夏・秋・冬と年4回行われる予定とのこと。敢えて50名あまりに観客を限定し、非常に親密な空間での特別なコンサートとなる予定だ。

中孝介は季節にちなんだオリジナルやカヴァーを歌い、江戸期から脈々と歌い継がれる奄美のシマ唄も披露。黒澤有美はやはり江戸の空気を感じさせる箏の伝統曲に加え、自身の編曲で初挑戦となるヴィヴァルディの「四季」を順次季節ごとに披露していく予定とのこと。

さらに、今回はゲストに細見美術館館長の細見氏も迎え、膨大な細見美術館の江戸期絵画のコレクションの解説を交えたトークセッションも予定している。普段のコンサートでは体験できないスペシャルなイベントに期待して会場に足を運んでほしい。

■「四季の美コンサートvol.1春の章@細見美術館」

5月15日(日)京都・細見美術館
開場16:00/開演16:30 ※本編1時間予定
<チケット>
先行価格:¥4,500(税込)
※先着順
※当日、細見美術館にて開催中の展覧会をご希望のお客様には入館料が割引になります。 コンサートチケットを美術館入口にてご提示ください。

■シングル「目をとじても」

発売中
ESCL-4544/¥1,200(税込)
※NHK「みんなのうた」2015年10月-11月放送曲

【関連リンク】
中 孝介 オフィシャルHP
中孝介、ニューシングル「目をとじても」発売日に北京で文化交流イベントに出演
中孝介、“金髪のヴァイオリニスト”NAOTOを迎えたツアー開催
中 孝介、ニューシングル「目をとじても」を11月にリリース

【関連アーティスト】
中孝介
【ジャンル】
J-POP

GLIM SPANKY、ミニアルバム収録曲「夜明けのフォーク」がLINE LIVE「鷹の爪GT」のEDテーマに決定
Thu, 31 Mar 2016 16:00:00 +0900
GLIM SPANKY (okmusic UP\'s)

GLIM SPANKYが1月に発売したミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』の収録曲「夜明けのフォーク」が、4月7日(木)から「LINE LIVE」ほかで配信開始となる「秘密結社 鷹の爪」最新アニメシリーズ「鷹の爪GT」のEDテーマに決定した。

【その他の画像】GLIM SPANKY

「秘密結社 鷹の爪」アニメシリーズは、GLIM SPANKYの1stアルバム『SUNRISE JOURNEY』に収録の「WONDER ALONE」がNHK Eテレ「秘密結社 鷹の爪DO」のEDテーマで起用されて以来、2回目の共演。これにより、ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』は収録されている5曲全曲タイアップが決定した。

なお、4月7日の「鷹の爪 GT」初回配信時に、メンバーが実写パートにゲスト出演することも決定。また、「鷹の爪GT」は「LINE LIVE」での生配信だけでなく、YouTubeとニコニコ動画でもアーカイブ配信が行われる。10周年を迎える鷹の爪団の新シリーズ「鷹の爪GT」とGLIM SPNAKYの2回目のコラボレーションに乞うご期待。

■【GLIM SPANKY コメント】

「再び、鷹の爪とコラボレーション出来て光栄です! 「夜明けのフォーク」は、デビューするずっと前からやってきた楽曲で思い入れもあるので、アニメにどうハマるか一段とわくわくしています! 鷹の爪GT、楽しみ!」(松尾レミ / Vo&G)

「 前回の「WONDER ALONE」に続いてまた僕たちの楽曲を使用していただけて本当に嬉しいです。アニメの映像と合わさってどんな風に聞こえるかとても楽しみです。」(亀本寛貴 / G)

■「秘密結社 鷹の爪 GT」 配信情報

4月7日(木)スタート
毎週木曜日 21:00より配信 
※配信時間は変更になる可能性がございます。
■LINE LIVE公式アカウント
https://live.line.me/r/channels/287
■LINE公式アカウント
https://line.me/ti/p/%40takanotsume

《Youtubeとニコニコ動画でも配信決定!》
4月8日(金)スタート 毎週金曜日19:00
※「LINE LIVE」のアーカイブ配信。ニコニコ動画はアニメシリーズ「鷹の爪GT」のみの配信となります
■Youtube DLE Channel
https://www.youtube.com/user/DreamLinkEnt
■ニコニコ動画
http://ch.nicovideo.jp/ch2620865

■ミニアルバム『ワイルド・サイドを行け』

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
TYCT-69097/¥2,500+税
【通常盤】(CDのみ)
TYCT-60077/¥1,500+税
<収録曲>
1. ワイルド・サイドを行け
(テレビ東京系「ゴッドタン〜The God Tongue 神の舌〜」2月期エンディングテーマ)
2. NEXT ONE
(ブラインドサッカー日本代表公式ソング)
3. BOYS&GIRLS
(トランスフォーマーフェス テーマソング)
4. 太陽を目指せ
(テレビ東京系「ポンコツ&さまぁ〜ず」エンディングテーマ)
5. 夜明けのフォーク
(LINE LIVE「鷹の爪 GT」エンディングテーマ)
<DVD> ※初回限定盤のみ
01. サンライズジャーニー
02. 焦燥
03. MIDNIGHT CIRCUS
04. ダミーロックとブルース
05. 褒めろよ
06. WONDER ALONE
07. リアル鬼ごっこ
08. NEXT ONE
09. 大人になったら
10. さよなら僕の町

■「“ワイルド・サイドを行け"ツアー」

4月02日(土) 愛知 名古屋 SPADE BOX
4月03日(日) 大阪 JANUS
4月16日(土) 東京 恵比寿 LIQUID ROOM

【関連リンク】
GLIM SPANKY オフィシャルHP
GLIM SPANKY、ブラインドサッカー国際親善試合で国歌独唱&ホストを務めた『Virgin Rocks』が大盛況
GLIM SPANKY × みうらじゅん
GLIM SPANKY、高橋留美子が原作のアニメ『境界のRINNE』第2シリーズエンディングテーマを担当

【関連アーティスト】
GLIM SPANKY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

ファンキー加藤、「ZIP! 春フェス2016」大トリで 最新シングル「中途半端なスター」を熱唱!
Thu, 31 Mar 2016 15:00:00 +0900
3月30日@東京ドームシティホール (okmusic UP\'s)

ファンキー加藤が3月30日、東京ドームシティホールで行われた「ZIP!春フェス2016」二日目のステージに登場し、3,000人のオーディエンスを大いに盛り上げた。

【その他の画像】ファンキー加藤

『ZIP!春フェス2016』は日本テレビ系情報番組「ZIP!」によるライブイベントで、3月29日〜3月31日の三日間に渡り開催。二日目となるこの日はファンキー加藤のほか、Little Glee Monster、KEYTALK、でんぱ組.incが出演した。

各アーティストが会場を盛り上げる中、いよいよファンキー加藤が大トリで出演。霧を吹くパフォーマンスで勢いよく登場し、EDMサウンドを取り入れた4thシングル「MUSIC MAGIC」でライブがスタート。ステージ上部の巨大なミラーボールが輝きを放つ中、『踊れ!歌え!』と、一曲目から全力のパフォーマンスに観客も即座に盛り上がりを見せた。

続く二曲目は、2月24日に発売された、マイナビ転職CMソングとしてもお馴染みの最新シングル「中途半端なスター」。『皆さんの心のど真ん中に投げかける応援ソングを持ってきました! 悲しみの向こうの喜びに、涙の向こうの笑顔に皆さんがたくさん出会えるように歌わせていただきます!』と楽曲を披露すると、会場はさらなる盛り上がりを見せ、エールとも取れる熱いパフォーマンスが確実に観客に届いていた。

そしてFUNKY MONKEY BABYS時代の名曲「あとひとつ」が披露され、3,000人が両手を空へかざすその光景は、このライブでしか作り上げられない一体感を生み出した。

MCでは『(前の出番の)でんぱ組.incさんが盛り上がっていて、どうしようかと思った。』と、お茶目な一面も見せたが、『日本一の応援ソング歌わせていただきます! どうか皆さんの心のど真ん中で受け止めてください!』と、続けて「ちっぽけな勇気」を披露。楽曲の途中、スピーカーに登り、ステージから降り最前列で歌唱するなど、各アーティストのファンをも驚かせる想像以上のパフォーマンスを繰り広げた。

ラストはタオル回しが定番の楽曲「まわせ!」。『日本の音楽って最高だと思うんです! Little Glee Monster、KEYTALK、でんぱ組.incのファンの皆さん、ジャンルを越えて歌で一つになろうぜ!』と、ファンキー加藤の全力のパフォーマンスに観客も負けじと最後まで盛り上がりをみせ、白熱した30分間のステージはあっという間にフィナーレを迎えた。

終演後、番組に出演する北乃きい・日本テレビアナウンサー 桝太一がステージに登場し、桝太一が『色々なアーティストのファンが一つになる光景が本当に素晴らしかったです!』と興奮した様子でコメント。FUNKY MONKEY BABYSの「希望の唄」でMVに出演していた北乃きいも『一曲一曲が心に響いて泣きそうになりました。全力で皆さんと前向きに向き合っている加藤さんは本当にすごいです。』とコメントした。

最後にファンキー加藤は、観客全員と番組定番の「ZIP!」ポーズを行い、『ZIP!春フェス最高!』と締めくくった。 「ZIP!春フェス2016」千秋楽となる3月31日(木)の公演では、Silent Siren、乃木坂46などが出演。こちらもどんなステージを繰り広げてくれるのか、楽しみにしていてほしい。

■シングル「中途半端なスター」

発売中
【初回生産限定盤】(CD+DVD)
MUCD-9098/¥1,667+税
【通常盤】(CD)
MUCD-5322/¥1,000+税
<収録曲>
1.中途半端なスター(マイナビ転職CMソング) 
2.花鳥風月 
3.急性ラブコール中毒 Part.3
<DVD>
・「中途半端なスター」VIDEO CLIP
・「中途半端なスター」VIDEO CLIP メイキング映像
・漢への道 番外編〜陸上競技編〜

■「I LIVE YOU 2016 in 名古屋」

4月16日(土) 日本ガイシホール

【関連リンク】
ファンキー加藤、2年振りのインストアライヴでショッピングモールを揺らす
2/5「Mステ」で浦ちゃん再び「海の声」、3年半振りBIGBANG登場
ファンキー加藤、プレミアムライブで新曲「中途半端なスター」を初披露
ファンキー加藤、2015年ラストワンマンで9,000人を熱狂の渦に!

【関連アーティスト】
ファンキー加藤
【ジャンル】
J-POP

GIZA studio所属の作家陣の新プロジェクト“d-project"、第一弾はZARDとのコラボ
Thu, 31 Mar 2016 15:00:00 +0900
アルバム『d-project with ZARD』 (okmusic UP\'s)

大阪を拠点に活動を続けるGIZA studio所属の作家陣や若手ミュージシャン達が長戸大幸プロデューサーの元に集結し、今の音楽シーンに少なくなった楽曲重視の質の高い作品を送り出そうと始まったプロジェクト“d-project"。オリジナルの楽曲制作だけにとどまらず、過去の素晴らしい作品達にもスポットを当て、現代の若者達にもその楽曲の持つ力を伝えて行こうというこのプロジェクトがついに始動する。


【その他の画像】GARNET CROW

d-project始動第一弾として発表されるのは、今年25周年を迎えたZARDとのコラボレート。永遠のスタンダードナンバーを創り続けたZARDの曲、そしてボーカル坂井泉水の歌声と詞を活かしながら、「永遠」の作・編曲家である徳永暁人(doa)、1999年に行われた船上ライブ以降のZARD Liveに参加している大賀好修(Sensation)・岡本仁志(ex.GARNET CROW)・麻井寛史(Sensation)など、ZARDにゆかりのある作家陣や数々のライブを支えてきたバンドメンバー、さらに若手クリエイター達がダンスロックなリアレンジを施し、数々の名曲に新たな息吹を吹き込んだ。 また、KEN(ex.DA PAMP)を始め、メジャーやインディーズで活動している若手ミュージシャンやクリエイターも参加し、彩りを添える。

さらに今作ではスペシャルな企画として、ZARDの多くの楽曲にコーラス参加し、共に90年代の音楽シーンを牽引してきた大黒摩季がゲストボーカルとして参加。

このプロジェクトを立ち上げた長戸プロデューサーが、90年代当時から考えていたが実現に至らなかった"坂井泉水と大黒摩季を並べて歌わせる"こと。今回、その考えを実現すべくプロデューサー自ら大黒摩季へオファーし、奇跡の共演が果たされた。

当時の坂井泉水の歌声と、今作のために新たにレコーディングを行った大黒摩季の歌声がまるでビートルズのジョンとポールのようにお互いを支え合い、引き立て合い、d-project with ZARDでしか聴く事のできない“ZARD・永遠のスタンダードナンバー"を創り上げた。

変わらないはずの坂井泉水の歌声が、大黒摩季とのツインボーカルそしてリアレンジによりオリジナルとはまた違った魅力を放ち、新たな輝きとともに「今」に生まれ変わる...まさに百見は一聴にしかず、「想像」を超える「創造」が詰まった作品と言える今作は、d-project第一弾にして、ZARDゆかりの作家陣と若手クリエイターたちの想いが込められたZARDトリビュートアルバムだ。

また、ジャケットアートワークも同時公開された。ナチュラルなZARDのアートワークとはまた違う、クールで躍動感のある坂井泉水のフォトとヴィヴィットなカラーが印象的なジャケットアートワークは、ダンスロックなサウンドが詰め込まれた今作だからこそのデザイン。ビジュアル面からも感じられる“化学反応"に注目したい。

■d-project OFFICIAL WEBSITE
http://giza.co.jp/d-project/
※4月7日(木)からd-projectオフィシャルサイトで楽曲試聴開始!
■ZARD 25周年記念WEBSITE
http://www.wezard.net/25th/

■アルバム『d-project with ZARD』

2016年5月18日発売
GZCA-5276/¥2,500+税
<収録曲/Arranger>全14曲収録※順不同
愛は暗闇の中で / 麻井寛史 (Sensation)
負けないで / 徳永暁人 (doa)
きっと忘れない / 大賀好修 (Sensation)
君がいない / 鶴澤夢人
揺れる想い / 岡本仁志 (ex. GARNET CROW)
雨に濡れて / 山口篤・鶴澤夢人
愛が見えない / 森丘直樹
DAN DAN心魅かれてく / 徳永暁人 (doa)
こんなにそばに居るのに / GAK (Purple Stone)
もう少し あと少し… / 安部智樹 (Hachi/Hatch,)
Don\'t you see! / 大楠雄蔵 (Sensation)
Get U\'re Dream / 灰原大介
星のかがやきよ / 宮崎諒
かけがえのないもの / 竹田 NINJA 京右
※Musician
ゲストボーカル:大黒摩季
ゲストMC:KEN (ex. DA PUMP)

■『ZARD 25周年記念ライブ「What a beautiful memory 〜25th Anniversary〜」』

5月21日(土) 大阪 オリックス劇場
5月26日(木) 東京 TOKYO DOME CITY HALL
5月27日(金) 東京 TOKYO DOME CITY HALL

※バンドメンバー
Gt:大賀好修(Sensation)… 1999年船上ライブ以降の全ライブに参加。
Dr:車谷啓介(Sensation)… 2004年全国ツアー以降の全ライブに参加。
Ba:麻井寛史(Sensation)… 1999年船上ライブ以降のライブに参加。
Key:大楠雄蔵(Sensation)… 2004年全国ツアー以降の全ライブに参加。
AGt&Cho:大田紳一郎(doa)… 2004年全国ツアー以降のライブに参加。
Gt:森丘直樹 … 初参加。
Cho:岡崎雪 … 2004年全国ツアー以降の全ライブに参加。
Sax:鈴木央紹… 2004年全国ツアー以降のライブに参加。
Manipulator:大藪拓 … 2004年全国ツアー以降の全ライブに参加。

※ゲストアーティスト
【大阪公演のみ】
Gt:岡本仁志(ex.GARNET CROW)… 1999年船上ライブ以降のライブに参加。
Key:古井弘人(ex.GARNET CROW)… 1999年船上ライブ以降のライブに参加。

【関連リンク】
ZARD、ゆかりの地でZARDギャラリー開催 & 25周年記念LIVEバンドメンバー決定
花粉症じゃないと信じたい!けど・・・鼻水が止まらない時に聴きたい曲
ZARD、熱望されてきたMUSIC VIDEO集も発売決定
ZARD、デビュー25周年記念ニコ生25時間スペシャル放送決定

【関連アーティスト】
GARNET CROW, 大黒摩季, ZARD, Sensation, 徳永暁人
【ジャンル】
J-POP

LOVE PSYCHEDELICO、ジャックスCMで錦織圭選手と4度目のコラボ
Thu, 31 Mar 2016 13:00:00 +0900
CMキャプチャ (okmusic UP\'s)

LOVE PSYCHEDELICOがジャックスCMソングに新曲「This moment」を書き下ろし、錦織圭選手と4度目となるコラボレーションが実現した。


【その他の画像】LOVE PSYCHEDELICO

錦織選手とLOVE PSYCHEDELICOがコラボレーションしたジャックスCMソングは、2013年「Shining On」、2014年「Good times, bad times」、2015年「Love Is All Around」に続き、4年連続の楽曲提供となる。過去の自分を自身の力で打ち破り前へ進み出すテニスプレーヤー錦織圭選手に、今回の新曲「This moment」の暖かなメロディ、未来に向けて歩み始める人たちに寄り添い後押しするようなポジティブで前向きな楽曲がCMを支える。

なお、この楽曲のリリースは現在未定となっている。

■【LOVE PSYCHEDELICO コメント】

この素敵なコラボレーションに、今年もまた引き続き参加させていただいたことを光栄に思います。
今回の作品は錦織選手の、人生の「瞬間」のために命を燃やすその美しい眼差しに深い感銘を受けて生まれた曲です。
錦織選手から私達みんなが常日頃受け取ってきた愛、勇気、希望を唄の中にたくしました。

この曲が同じ空のした、海を越えて錦織選手の立つコートにも伝わっていくことを願っています。

■【TV CM概要】

タイアップ:ジャックスCMソング
タイトル:「未来は、過去の延長じゃない。」篇、 「Favorite Music」篇
出演:錦織 圭(プロテニスプレーヤー)
音楽:LOVE PSYCHEDELICO(ラブ・サイケデリコ)
楽曲名:This moment ※リリース未定
放送開始日 : 2016年3月31日(木)〜
ジャックスのホームページ: http://www.jaccs.co.jp/miratane/

【関連リンク】
LOVE PSYCHEDELICO、GOODYEAR新CMソングを担当
LOVE PSYCHEDELICOがデビュー15周年記念ツアーのライヴアルバムを発売
LOVE PSYCHEDELICO、渋谷マークシティのクリスマスジングルを緊急配信
高橋幸宏、珠玉のトリオ・ライブシリーズ「Heart of Hurt 2015」開催決定

【関連アーティスト】
LOVE PSYCHEDELICO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

水曜日のカンパネラ、「SXSW2016」の模様を2つの映像で公開
Thu, 31 Mar 2016 12:00:00 +0900
「SXSW2016」 Live編 キャプチャ (okmusic UP\'s)

6月にメジャーデビューする水曜日のカンパネラが、アメリカ・テキサス州で開催された世界最大規模の音楽フェス「SXSW2016」での模様を「Street編」「Live編」という2つの映像で公開した。

【その他の画像】水曜日のカンパネラ

「SXSW2016」はアメリカ・テキサス州で開催、20万人以上が参加する世界最大規模の音楽フェスで、水曜日のカンパネラは3月16日(水)12:00〜(現地時間:3月15日(火)22:00〜)Cheer Up Charliesという会場のステージに“WEDNESDAY CAMPANELLA”として出演した。

「Street編」は、本番当日を迎えるまでのアメリカを満喫するコムアイの表情、前日に行なったストリートライヴの模様を収録。「Live編」では、Cheer Up Charliesのステージでのパフォーマンス、熱狂する観客の様子が確認できる。どちらもライヴの様子を観ることができなかった人に向けて公開したいとの思いから、今回の公開に至った。

水曜日のカンパネラの「SXSW」での盛り上がりは各メディアでが取り上げられており、今後の海外でのライヴ展開も期待されている。

【「SXSW2016」セットリスト】
01.ナポレオン
02.ユタ
03.チュパカブラ
04.ウランちゃん
05.メデューサ
06.シャクシャイン
07.桃太郎

■「SXSW2016」Street編
https://www.youtube.com/watch?v=iZ4CygpsAHE

■「SXSW2016」Live編
https://www.youtube.com/watch?v=UYt07Vn8Ftg

【関連リンク】
水曜日のカンパネラ オフィシャルHP
水曜日のカンパネラが「SXSW」でメジャーデビューを発表
水曜日のカンパネラ、新曲「チュパカブラ」を公開
2/26「Mステ」で嵐&TOKIOが5年半ぶり競演!話題の“水曜日のカンパネラ”初出演も

【関連アーティスト】
水曜日のカンパネラ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ジャパニーズヒップホップ

LAMP IN TERREN、1stシングル特典DVDトレーラー公開
Thu, 31 Mar 2016 11:00:00 +0900
LAMP IN TERREN (okmusic UP\'s)

LAMP IN TERRENが5月3日にリリースする1stシングル「innocence/キャラバン」の初回限定盤特典DVDのトレーラー映像を公開した。

【その他の画像】LAMP IN TERREN

初回限定盤特典には、昨年秋に行なわれたバンド初のワンマンツアー「THE FIRST ONE MAN TOUR“BLUESYARD〜landing probe tour 2015〜”」大阪・名古屋・東京、そして地元・長崎の4公演に映像ディレクターの雨包直人が完全密着した約1時間のDVDが付いてくる。その内容が垣間見られるトレイラー映像が、昨年リリースしたアルバム『LIFE PROBE』のラストナンバー「ワンダーランド」に乗せて、YouTubeで公開されている。

また、同じ公演にスチールカメラマンの浜野カズシも完全密着。浜野が撮影した1500枚以上にも及ぶ写真の中から厳選された132ページのライヴドキュメントフォトブック『THE DOCUMENTARY OF THE FIRST ONE MAN TOUR “BLUESYARD〜landing probe tour 2015〜”』が、4月から行なわれるHOWL BE QUIET、SHE\'Sと回る3マンツアー「One-Two-Three, For!! TOUR 2016」の会場より、完全生産限定、ライヴ会場限定で発売されることが決定した。価格は税込2800円。

いずれも、ワンマンツアーのライヴ映像・写真だけではなく、ツアーの道中、バックステージにも潜入したドキュメンタリーDVDおよびフォトブックとなっている。

■「innocence/キャラバン」初回限定盤DVDトレーラー
https://youtu.be/Kb-2xtMd19g

■フォトブック「THE DOCUMENTARY OF THE FIRST ONE MAN TOUR “BLUESYARD 〜landing probe tour 2015〜"」

2015年に行われた1stワンマンツアー「BLUESYARD〜landing probe tour 2015〜」に密着した132Pのツアードキュメンタリーフォトブックを完全生産限定 / ライブ会場限定販売!

¥2,800 (tax in)

■浜野カズシ プロフィール
1985年生まれ。マキシマム ザ ホルモン、BLUE ENCOUNT、go!go!vanillas等のオフィシャルライブカメラマンを担当。
https://salon.io/hamanokazushi

【関連リンク】
LAMP IN TERREN オフィシャルHP
LAMP IN TERREN、映画『亜人 -衝突-』主題歌「innocence」を含む1stシングルのリリースが決定
HOWL BE QUIET×SHE\'S×LAMP IN TERREN、スリーマンツアーを4月に開催
MASH A&R主催イベントにてORAL、フレデリック、テレン等が激突!

【関連アーティスト】
LAMP IN TERREN
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1