歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年03月23日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/04/01
2016/03/31
2016/03/30
2016/03/29
2016/03/28
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
SCHAFT、早くも5月に新作2タイトル同時リリース!
Wed, 23 Mar 2016 21:00:00 +0900
SCHAFT (okmusic UP\'s)

「TOUR ULTRA -The Loud Engine-」が大盛況のうちに幕を閉じたSCHAFTが、ツアー終了後休む間もなく、ライヴで演奏されて話題になっていた未発表曲2曲を新たにレコーディング。それに8曲のライヴ音源を加えた『Deeper and Down』(SHM-CD+DVD)、そしてライヴ映像作品『ARCHIVES 2016 TOUR ULTRA〜The Loud Engine〜』(Blu-ray&DVD)の2タイトルを5月25日に同時リリースすることがわかった。

【その他の画像】BUCK-TICK

『Deeper and Down』に収録された2曲は、ツアーのアンコールを熱狂させた新曲「Deeper and Down」と「H.N.A」。どちらも今井寿の楽曲を藤井麻輝がアレンジしたもので、アルバム『ULTRA』のレコーディングやライヴにも参加したメンバーでレコーディングされている。加えてその2曲のライヴ音源と、“2016年のSCHAFT”によりツアーで披露された、20年前の1stアルバム『SWITCHBLADE』収録曲のライヴ音源を6曲収録した、全10トラック。DVDでは、「Deeper and Down」のライヴMVが楽しめる。レコーディング&ライヴミュージシャンは、今井寿(BUCK-TICK)、藤井麻輝(minus(-)、睡蓮)、YOW-ROW(GARI)、上田剛士(AA=)、yukihiro(L\'Arc〜en〜Ciel)。

同時リリースとなるBlu-ray&DVD『ARCHIVES 2016 TOUR ULTRA〜The Loud Engine〜』は、21年ぶりとなったSCHAFTセカンドツアー「TOUR ULTRA -The Loud Engine-」より、2016年1月28日のEX THEATER ROPPONGIにおけるライヴの模様を収録。最新アルバム『ULTRA』収録曲全曲に加え、1994年のアルバム曲や未発表新曲も披露した、SCHAFTの現在、過去、未来をすべて魅せ尽くした本ツアーのベストアクトとも言える公演が映像で堪能できる。

両作品とも、各チェーン特典も決定している。詳しくはオフィシャルHPをチェック!

■アルバム『Deeper and Down』

2016年5月25日発売
VIZL-967/¥2,500+税
※SHM-CD+DVD
※SCHAFT 2016メモリアルグッズが抽選で当たるW購入キャンペーン応募券付き(応募期間:2016年6月30日消印有効)
<収録曲>
■CD
〈新録オリジナル曲〉
01.Deeper and Down
02.H.N.A
〈2016年1月28日、EX THEATER ROPPONGIにおけるライヴ音源〉
03.ARBOR VITATE
04.THIRSTY FLY
05.Deeper and Down
06.H.N.A
07.BROKEN ENGLISH
08.THE HERO IN side
09.SLICE
10.COLD LIGHT
■DVD
01.Deeper and Down(ライヴMV)

■Blu-ray & DVD『ARCHIVES 2016 TOUR ULTRA〜The Loud Engine〜』

2016年5月25日発売
【Blu-ray】
VIXL-167/¥6,980+税
【DVD】
VIBL-809/¥5,980+税
<収録曲>
01.The loud engine
02.Vice
03.drift
04.Anti-Hedonist
05.ReVive
06.Der Zauberlehrling
07.SAKASHIMA
08.Leidenschaft
09.ARBOR VITATE
10.THIRSTY FLY
11.swan dive
12.Adam\'s rib
13.魅


※曲順未定
※完全限定生産仕様
※豪華ケース収納
※48Pブックレット封入
※SCHAFT 2016メモリアルグッズが抽選で当たるW購入キャンペーン応募ハガキ封入(応募期間:2016年6月30日消印有効)

【関連リンク】
SCHAFT オフィシャルHP
AA=、Masato(coldrain)とKoie(Crossfaith)とのコラボ楽曲の配信ジャケ写を公開
THE MORTAL、最新映像作品のロングトレーラー解禁&無料壁紙の期間限定配布を開始
minus(-)、ゲストに平沢進を迎えた2016年初ワンマンライブが大盛況

【関連アーティスト】
BUCK-TICK, AA=, GARI, SCHAFT, 睡蓮, L\'Arc〜en〜Ciel, 上田剛士, minus(-)
【ジャンル】
ジャパニーズロック

佐野元春、音楽的冒険を繰り返して進化を遂げた90年代のアルバム6タイトルをリイシュー
Wed, 23 Mar 2016 19:00:00 +0900
佐野元春が90年代に発表したオリジナル・アルバム6タイトル (okmusic UP\'s)

佐野元春が90年代に発表したオリジナルアルバム6作品がニューリマスタリング/高品質Blu-spec CD2仕様で復刻し、3月23日にリリースされた。

【その他の画像】佐野元春

80年代初頭に「サムデイ」や「ガラスのジェネレーション」といった楽曲を次々に発表、それまでの邦楽の価値観を覆し、一躍時代のカリスマとなった佐野元春。しかし、ソングライターとしての彼の真価は、むしろ90年代にこそあると言っていいだろう。リリースしたアルバムのトータルセールスは100万枚超と、80年代のアルバムと何ら遜色ない実績を挙げている。そして80年代以上にさまざまな音楽的冒険を繰り返し、さらなる進化を遂げたのも紛れもない事実だ。

今回リリースされるのは『タイム・アウト!』(1990年)、『スウィート16』(1992年)、『ザ・サークル』(1993年)、『フルーツ』(1996年)、『ザ・バーン』(1997年)、『ストーンズ・アンド・エッグス』(1999年)の全6作品。90年代、言葉とビートを高い次元で昇華させ、文学的な世界観に深くシフトしていった佐野元春。今回再リリースされるこれら6作品には、今も心を揺さぶる名曲の数々が収められている。ようやく彼の90年代が深く語られる時が訪れた。

なお、今回のリイシューにあたっては、名匠テッド・ジェンセンによる最新リマスタリング音源を使用。さらに立体感と奥行きが増した音質で、新旧ファンにとって、どのアルバムも新たな発見に満ちた素晴らしい仕上がりになっている。商品の詳細はソニーミュージックOTONANO内の佐野元春スペシャルサイトでご確認いただきたい。

■ソニーミュージック 佐野元春 スペシャルサイト
http://www.110107.com/moto_albums

【関連リンク】
佐野元春が大ブレイク直前にリリースした2ndアルバム『Heart Beat』は21世紀の10代の心も震わせる名盤!
松本隆の作詞活動45周年を祝うライブがBSにて放送、“はっぴいえんど”再集結ほか、豪華アーティストが多数参加
佐野元春×LOVE PSYCHEDELICO、ローリングストーン主催イベントで対バン!
堂島孝平、活動20周年記念公演に豪華ゲストが続々出演

【関連アーティスト】
佐野元春
【ジャンル】
ジャパニーズロック

サニーデイ・サービスの『東京』は日々に寄り添う不朽の名盤
Wed, 23 Mar 2016 18:00:00 +0900
サニーデイ・サービス『東京』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

もうすぐ今年も桜が満開になる。この季節になるとサニーデイ・サービスのアルバム『東京』を聴きたくなるという人も多いのではないだろうか。サニーデイ・サービスはこの代表作のリリース20周年を記念し、最新リマスタリングによる『東京』のCDとLP、限定BOXセット『東京20th anniversary BOX』(レアトラックCDや「青春狂走曲」、「恋におちたら」の2枚のシングルをアナログ7インチ化、豪華ブックレット、ポスター付き)を5月18日にリリースする。6月には全曲再演コンサートを開催することも決定しているので、プレイバック『東京』が2016年の初夏に体感できるわけだ。
 いつでも、どこでも日常の中にふわ〜っと漂い溶けていくような名曲たちは月日が過ぎ去っても愛され続け、『東京』を上京した頃の思い出や自身の青春時代に重ねて聴くリスナーたちの日々の友であり続けてきた。

■その東京の外観もライフスタイルも変わったけれど…

 このアルバムがリリースされたのは1996年。今みたいにインターネットは普及していないし、みんな音楽の情報はWEBではなく、雑誌を買って読んでいた時代。当然、スマートフォンは存在していないし、携帯だってみんなが持っていたわけではない。六本木ヒルズだってないし、東京の街の様子も随分と様変わりした。今みたいに駐車場は多くなかったし、商店街もチェーン店だらけではなかったはずだ。

 それでも『東京』を2016年に聴いても切り取られた風景や主人公の心情、叙情的な音楽が響いてくるのは当たり前のことながら、変わっていないこともたくさんあるからだと思う。「恋におちたら」の描写のように季節が変われば通りにはレモン色の花が咲き、「真っ赤な太陽」のようにカフェの窓際ではカップルが語り合う。どんなに高層タワーマンションが建っても、春になれば毎年、桜は咲き、ジャケット写真のようにピンク色に街を彩る。便利になり、進化したからといって、そこに暮らしている人たちの心まで劇的に変わるわけじゃない。PCの画面で満開の桜を見てもやっぱりお花見気分は味わえず、今も昔と変わらず、花見スポットは席取り合戦も健在で大混雑。SNSが普及してみんな気軽にメッセージや写真を発信するようになった一方で、恋する気持ちを面と向かって伝えたり、ケンカしたりしながら付き合うことに関しては進化というよりも、むしろ退化しているような気がしないでもない。

 曽我部恵一はこのアルバムに当時の街の空気や想いを吹き込んだのだろうし、普遍的な作品を作ろうと意図したわけではまったくないと思うのだが、それが結果、名盤として聴き継がれているのは、やはり多くの人が自身の心情と重ね合わせられる行間のある曲が収録されているからだろう。

 ちなみにサニーデイ・サービスは曽我部恵一(Vo&G)、田中貴(B)、丸山晴茂(Dr)の3人により1992年に結成された叙情派ロックバンド。1995年にアルバム『若者たち』でデビューを飾り、1990年代を代表する代表するバンドとして活躍し、2000年に解散。2008年には再結成を果たし、以後、大型フェスに参加するなどライヴを中心に活動している。

■アルバム『東京』

 フォークロック色の強いサウンドが印象的な2ndアルバム。70年代フォークを彷彿させる素朴なタイトル曲「東京」は、このアルバムを具体化させるきっかけになったナンバー。続く、「恋におちたら」は春風が吹いてくるような清涼感のあるメロディーが印象的で、曽我部恵一の幸福感と感傷がブレンドされた歌詞の世界に掴まれる。主人公は“きみ”と恋人同士の関係かと思いきや、サビで《昼にはきっときみと恋におちるはず 夜になるとふたりは別れるんだから》と歌っている。つまり、これは主人公の妄想の世界? 妄想なのに別れるシーンまで到達してしまっているのが切ない。カントリーテイストの「会いたかった少女」で午後の陽射しがゆらゆら揺れる穏やかな世界に連れていかれ、ストリングスアレンジが美しい「あじさい」では曽我部が影響を受けた大正時代の文学に通じる幻想的な世界へとーー。ハモンドオルガンがアクセントになっている先行シングルでもある「青春狂走曲」は長くライヴで演奏し続けられているナンバーでもあり、サニーデイ・サービスの当時のチャート最高位を記録。ボブ・ディランに通じる作風で友達との何気ない会話が主人公の日常と心情を浮き彫りにする。そして癒される曲調のバラードでありながら無常感漂う「いろんなことに夢中になったり飽きたり」も素晴らしい。季節が移ろうように、好きになったことや夢中になったことも忘れてしまう日々の中、いつかは思い出すと歌う味わい深いナンバーである。アルバムは夕闇の街を背景にしたブルース「きれいだね」から今作の中で最も幸せ感漂うペダルスティールがノスタルジックな「ダーリン」を経て、最後に再びフォーク調の《喫茶店の窓辺から花咲く朝の通りへと》と歌う「コーヒーと恋愛」に帰結する。移りゆくもの、時が経っても変わらないものに想いを馳せながら、サニーデイ・サービスと音楽の旅を楽しめる一枚。聴きながら喉を潤すならお酒よりもコーヒーだろう、やっぱり。

【関連アーティスト】
サニーデイ・サービス, 曽我部恵一
【ジャンル】


チリヌルヲワカ、初ライヴDVDは結成10周年のメモリアル的な作品に!
Wed, 23 Mar 2016 18:00:00 +0900
チリヌルヲワカ (okmusic UP\'s)

チリヌルヲワカが自身初となるライヴDVD『ヲワカLIVE』を3月30日にリリースすることが決定した。

【その他の画像】チリヌルヲワカ

本作は、バンド結成10周年を迎えた2015年に行なわれたライヴツアー「ありが10祭」の模様を追った2枚組で、ディスク1は全国ツアー11公演の記録映像で構成、ディスク2はツアー最終日の大阪公演が全曲収録される。正真正銘のライヴバンドであるチリヌルヲワカをリアルにパッケージした作品で、リハーサルやバックステージ、移動車内のシーンなど貴重な映像もふんだんに盛り込まれ、ファンにとっては待ちわびた甲斐のある初にして充実の内容に仕上がっている。

2016年に入って坂本夏樹(Gu)の脱退を発表し、現在はユウ(Vo)、阿部耕作(Dr)、イワイエイキチ(Ba)のトリオ編成となったチリヌルヲワカだが、本作には坂本を含む4人編成でのライヴツアーが収録されている。10周年のメモリアル的な作品でありながら、新体制のチリヌルヲワカにとってネクストステージへ向かう軌跡の記録とも言えそうだ。

本作はAmazon、ライヴ会場物販、公式通販サイトでの販売となり、3月30日(水)にユウがソロで出演する高円寺ShowBoatでのツーマン公演「ShowBoat 2MAN SERIES」でも手に入れることができる。なお既報の通り、チリヌルヲワカは5月13日のニューアルバム『ShowTime』リリースを前に、先行試聴ライヴを東京・大阪で開催。3ピースになったチリヌルヲワカが鳴らす濃密なバンドサウンドにも期待しよう。

■DVD『ヲワカLIVE』

2016年3月30日発売
品番未定/¥3,500+税
<収録内容>
■Disc 1
チリヌルヲワカ10周年ツアー「ありが10祭」記録映像−2015.6.13〜2015.7.31−
■Disc 2
チリヌルヲワカ LIVE−umeda AKASO 2015.7.24−

※Amazon、ライヴ会場物販、公式サイト通販で販売
※3月30日(水)高円寺ShowBoatでのユウがソロ出演する「ShowBoat 2MAN SERIES」でも購入可能
※公式サイト通販で購入すると、ランダム封入のメンバーレア写真をプレゼント(先着枚数限定)

■ユウ ソロ出演ツーマンライヴ「ShowBoat 2MAN SERIES」

3月30日(水) 東京 高円寺ShowBoat
出演:ユウ(チリヌルヲワカ)、すずきゆきこ(BUZY CRAXONE)
OPEN 19:00 START 19:30
前売 3,000円 当日 3,500円(ドリンク代別)

■アルバム先行試聴ワンマンライヴ「チリヌルヲワ会 Vol.3」

5月01日(日) 東京 新代田FEVER
5月03日(火) 大阪 アメリカ村FANJ twice

【関連リンク】
チリヌルヲワカ オフィシャルHP
チリヌルヲワカ、ニューアルバム発売&先行試聴ライブ開催決定
チリヌルヲワカが新体制後初の最新ビジュアルを公開
チリヌルヲワカからギタリストの坂本夏樹が脱退

【関連アーティスト】
チリヌルヲワカ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

布袋寅泰、デビュー35周年記念シングル「8BEATのシルエット」のMV公開
Wed, 23 Mar 2016 17:00:00 +0900
布袋寅泰 (okmusic UP\'s)

全国ライブハウスツアー「【BEAT 1】〜すべてはライブハウスから〜」が各地で大絶賛の布袋寅泰が、4月6日にリリースするデビュー35周年記念シングル「8 BEATのシルエット」のMVを公開した。

【その他の画像】布袋寅泰

35周年のテーマソングと呼ぶに相応しい「8 BEATのシルエット」のMV監督には、「スリル」や「バンビーナ」など名作を共に制作した中野裕之を再度起用。冒頭に登場する、布袋のライヴの象徴とも言える足上げステップやしなやかで力強いパフォーマンスをフィーチャーした映像は必見だ。

■布袋寅泰 35周年特設サイト
http://35th.hotei.com

■「8 BEATのシルエット」MV
https://youtu.be/SM6UYPt4XY8

【関連リンク】
布袋寅泰、故郷である群馬・高崎からプレミアムライブハウスツアーをスタート
布袋寅泰、「8BEATのシルエット」ティザー映像を公開
布袋寅泰、35周年アニバーサリーシングル&ソロオールタイムベストが発売決定
今井美樹、ロンドンでのニューイヤーコンサートにSPゲストとして布袋寅泰が登場

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GReeeeN、「始まりの唄」で福島県東白川郡矢祭町立関岡小学校の新たな旅立ちを応援
Wed, 23 Mar 2016 15:30:00 +0900
「さよなら先生〜前編〜」場面写真 (okmusic UP\'s)

GReeeeNの新曲「始まりの唄」のプロモーションビデオが公開された。

【その他の画像】GReeeeN

明治に創立し、140年以上の歴史のある福島県東白川郡矢祭町立関岡小学校。この学校が3月で閉校する。全校生徒23人。茨城県と福島県の県境にある山あいの小学校。今年2月、この小学校の先生からユニバーサルミュージックに一本の電話があった。それは閉校してしまう学校の生徒やその親御さんのために記念DVDを制作したく、そのBGMにGReeeeNのキセキを使いたいというものだった。

先生の手作りのそのDVDに、もちろん喜んで「キセキ」を使用してもらうことになったが、先生の生徒や学校を想う気持ちに心を打たれ、またGReeeeNにとってもゆかりの地である福島に恩返しをしたいという彼らの想いもあり、関岡小学校を皆さんの心に永遠に刻んでもらえる思い出の作品として、2月下旬より閉校までの日々を記録した映像を制作。GReeeeNの新曲「始まりの唄」のプロモーションビデオを制作し、使用させてもらう企画を提案した。

実際に残された学校生活を記録するにあたって心がけたことは、ドキュメントとして、演出をすることなく、学校の日常を記録すること。生徒の自主性を重んじる校風によって育まれた生徒が、学校、お世話になった先生、保護者の方々、地域の方々に感謝を伝えるためにできることを自ら考え、行動をする、閉校式までの記録となっている。

のどかな環境の中、教室から聴こえる校歌、毎朝欠かさず校門で生徒を迎える校長先生、生徒も先生も一緒に鬼ごっこをする休み時間、毎日ハイタッチで下校を見送る先生。残り少ないかけがえのない時間を全力で過ごす皆さんの姿は、とても眩しく、輝いていた。閉校の寂しさよりも、“こんな学校っていいな、こんな先生っていいな”と思ってもらえる前向きなストーリー。彼らの新たな旅立ちを、GReeeeNの「始まりの唄」がやさしく応援する。

このたび、このドキュメントの動画の前編を公開するとともに、このBGMとなっているGReeeeNの新曲「始まりの唄」の配信がスタートした。なお、3月末に行なわれる閉校式までを記録した完全版は後日公開予定。

■「さよなら先生〜前編〜」(「始まりの唄」プロモーションビデオ)
https://www.youtube.com/watch?v=5DaNorjavn8

■シングル「始まりの唄」

2016年3月30日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
UPCH-7136/¥1,512(税込)
【通常盤】(CD)
UPCH-5873/¥1,080(税込)
<収録曲>
■CD
1:始まりの唄 
※エイブル2016年春 CMソング
2: メシ I GOT IT ↑↑
※「北海道米LOVE」CMソング(北海道米販売拡大委員会・ホクレン・JA全農 CMソング)
■DVD ※初回限定盤のみ
1:始まりの唄 プロモーションビデオ さよなら先生 〜前編〜

◎配信中 ¥250(税込)
■iTunes
http://po.st/hajimarinoutaitms
■レコチョク
http://po.st/hajimarinoutareco

【関連リンク】
GReeeeN、4年に及ぶ密着取材によって綴られた初の単行本を3月11日に発売
GReeeeN、新曲「夢」のジャケットでメンバーが顔出し!?
GReeeeN、デビュー10周年イヤー突入を記念して新企画を続々発表!
GReeeeN、デビュー10周年第1弾シングル「夢」のジャケット写真を公開

【関連アーティスト】
GReeeeN
【ジャンル】
J-POP

GOODWARP、クアトロワンマン大盛況&ミニアルバムトレーラー公開
Wed, 23 Mar 2016 16:00:00 +0900
3月20日(日)@渋谷CLUB QUATTRO (okmusic UP\'s)

GOODWARPが3月20日、渋谷CLUB QUATTROで自身2度目となるワンマンライヴ『きみはまちびと』を行った。

【その他の画像】GOODWARP

この日はワンマンとあって、セットリストには普段めったにやらない楽曲が盛りだくさん。さらにリリース前の全国ツアーで数曲ずつ披露されていた新曲陣が一同に披露されるということで、序盤からフロアには焦燥感と期待感が漂っていた。

「この日をずっと待ちわびていました!」という吉崎(Vo/Gt)の言葉を合図に、フロアに集った"待ち人"たちは、自由に音に身を任せ始める。ドリーミーな歌声と、ツアーを経てよりタイトさを増したバンドのグルーヴが相まって、GOODWARP独特の多幸感のある空間へと空気が色付いていった。

中盤にはスペシャルゲストとして、結成当初からの仲間であるEMPTY KRAFTが登場!サックス、バックダンサーとの特別なコラボレーションでフロアは一気に賑やかに。「レイニー白書」では吉崎(Vo/Gt)がステップを踏んで踊り、観客もすぐに振付を真似はじめるなど、新たなバンドの魅せ方に多くの歓声が沸き起こった。また結成時から演奏している「真夜中のダンス〜恋する爪先〜」では、チャー(Ba) vs EMPTY KRAFTの激しいダンスバトルが繰り広げられ、爆笑を誘う一幕も。実はEMPTY KRAFTは翌週に控える自身のワンマンライブの日程をずらしてまで今回出演しているとのことで、両アーティストの互いを想う深い友情が伺えた。

「僕とどうぞ」からの終盤の流れでは、最新ナンバーを惜しげもなく連発しボルテージは右肩上がりに!リリースされたばかりのミニアルバム『FOCUS』収録曲がバンドとして再現され、存在感を放つ内容となった。

「元気だから踊るっていうのもあると思うんだけど、踊るから元気になる、って思うんだよね」と吉崎(Vo/Gt)。その言葉通り、GOODWARPの楽曲がもつ底抜けにポジティブでダンサブルな輝きと、何よりメンバー自身が自由に楽しんでいる様子に、思わず心も身体も連られて躍ってしまう人も多かったのではないだろうか。 グッドミュージックで多幸感につつまれた夜、幸せにフロアが揺れた。

また、オフィシャルYoutuebeでは、3月16日にリリースした初の全国流通ミニアルバム『FOCUS』より、全曲ダイジェスト試聴トレーラーが公開された。 今回新たに公開されたトレーラーは、ミニアルバム「FOCUS」の収録曲それぞれから連想されるイメージを、VJのエッセンスを取り入れて表現したもの。本作の美味しい部分がぎゅっと凝縮してあるとのことなので、ぜひチェックしてみてほしい。

GOODWARPのオフィシャルHPでは現在、3月25日に行われるTBS『ライブB♪』の観覧募集を行っている。こちらの応募締め切りは3月23日13時までとのこと。さらに来週27日からは、仙台を皮切りに、名古屋・大阪・福岡の4都市でインストアライヴツアーを開催する。初のアコースティックセットでのライブとなり、いつもと一味違ったアレンジで楽しめそうだ。詳細はオフィシャルサイトを要チェック!

Photo by 後藤壮太郎

■【セットリスト】

M1. STARSIGNAL
M2. LUCKY
M3. ESPER
M4. TROPHY
M5. アノラック
M6. My Girl
M7. OK Sir
M8. 直線距離
M9. All the freaks around me!
M10. レイニー白書
M11. airforce(スペシャルゲストEMPTY KRAFTの楽曲カバー)
M12. 真夜中のダンス〜恋する爪先〜
M13. 僕とどうぞ
M14. FOCUS
M15. snobbeat (でっかく見せろ)
M16. 大人になれば 〜lights & music〜
<ENCORE>
M1. My Moon
M2.サーチライト

■『FOCUS』全曲ダイジェスト試聴トレーラー
https://youtu.be/ZZGo-2l3Jnw

【関連リンク】
GOODWARP オフィシャルHP
GOODWARP、初の全国流通ミニアルバムに渡辺俊美やLOW IQ 01がコメント
GOODWARP、来春発売のミニアルバムは「とある日常」はテーマ!?
セプテンバーミー、自主企画イベントが大盛況&ツアーファイナルのゲスト決定

【関連アーティスト】
GOODWARP
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

THE ORAL CIGARETTES、声帯ポリープ摘出手術後初ツアー完遂
Wed, 23 Mar 2016 15:00:00 +0900
3月20日@新木場STUDIO COAST(THE ORAL CIGARETTES) (okmusic UP\'s)

THE ORAL CIGARETTESが3月20日、新木場STUDIO COASTで『唇ツーマン TOUR 2016 〜復活・激突・BKW!!の巻〜』のファイナル公演をTHE BAWDIESと共におこなった。

【その他の画像】THE BAWDIES

1月にリリースされたニューアルバム『FIXION』を引っ提げて、全国10カ所、ツワモノばかりの10バンドと競演してきたツアーラストはロックンロールバンドのTHE BAWDIESとの一騎打ち。熱い仲間たちとSTUDIO COASTを大いに盛り上げた。このツアーは山中拓也(Vo. / Gt.)の喉のポリープ摘出手術後となった初のツアー。新曲や初のメドレーも披露した。無事にツアーを終え、集まったファンや競演した仲間たちに感謝を伝える記憶に残るライヴとなった。

開演前の会場はすでに熱気で満たされていた。今、破竹の勢いを魅せる2バンドの競演を今か今かと待ちわびるファンたち。 定刻を少々過ぎたところで暗転。ウィルソン・ピケットの「Land of 1,000 Dances」がSEで流れオーディエンスの手拍子の中、THE BAWDIESがステージに登場した。大歓声の中、ROY(Vo.Ba)の「HOT DOG召し上がれ」のコールからオープニングナンバー「HOT DOG」でライブの幕を開けた。

オーディエンスも腕を振り上げ、出だしからテンションはMAX。JIM(Gt.Cho)のトレブリーでソリッドなギターとTAXMAN(Gt.Vo)のグルーヴィーなリズムワーク、そしてMARCY(Dr.Cho)の軽快でメリハリの効いたドラミングが彩りを添える。続いてTAXMANが弾く暴れん坊将軍のテーマに乗って、ROYとJIMによる殿様と家来の小芝居を挟み「NO WAY」へ突入。フロアの盛り上がりでSTUDIO COASTが激しく揺れる。かざしたオーディエンスの腕で会場が埋め尽くされた。

「SING YOUR SONG」では熱いコール&レスポンスを繰り広げ、更にヒートアップ。「初めて見るかたもいらっしゃると思いますが、THE BAWDIESと覚えなくて結構です。ロックンロールと書いて松岡修造、いや綾小路きみまろとでも覚えておいて下さい」と自己紹介。ユニークなMCにフロアから笑い起こる。軽快でメロディアスな「LEMONADE」、「ROCK ME BABY」、アップテンポで英国的なノリが魅力の「B.P.B」と立て続けに演奏し、エバーグリーンなロックンロールテイストの楽曲で、STUDIO COASTボルテージは早くも最高潮に。

後半戦、メドレーの「YOU GOTTA DANCE」ではJIMのギターの音が出なくなってしまうトラブルも。「LEAVE YOUR TROUBLES」で間一髪復活。ライブならではのスリリングな場面もあったが、そこは百戦錬磨のTHE BAWDIES。そんなハプニングもなんのそので、逆風も追い風に変え、さらに会場をひとつにしていった。

定番曲「IT\'S TOO LATE」へ突入。STUDIO COASTがTHE BAWDIESのグルーヴで満たされていく。エンディングでROYのいつまで続くのかと思わせるほどのロングトーンに大歓声が上がった。ROYは「俺が言ってるロックンロールという言葉は音楽のジャンルを指して言っているわけではございません。ロックンロールというのは感情の爆発なんです。感情が飛び出した瞬間をロックンロールというんじゃないですか。これを我々は伝えたかったんです」とロックンロールとは何かを熱く語り、ラストはロカビリー高速ナンバー「KEEP ON ROCKIN\'」を披露。締めにTAXMANの「ワッショイ」の掛け声でTHE BAWDIESのライヴの幕を閉じた。

そして、THE BAWDIESの熱いロックショウをTHE ORAL CIGARETTESが引き継ぐ。会場が暗転しシリアスなSEが流れると、ブルーのライトからストロボにライティングが変化するとTHE ORAL CIGARETTESのメンバーが登場。大歓声が巻き起こった。

山中が「初っ端から“キラーチューン祭り”やっていいですか?新木場帰ってきたよ!!」とおなじみの“4本打ち"を経てオープニングナンバーは「起死回生STORY」で幕を開けた。オーディエンスに「怪我すんなよ!」と山中。オープニングからクラウドサーフも起きるほどの盛り上がりを見せた。そして、立て続けに「A-E-U-I」、「Mr. ファントム」とノンストップで突き進む。オーディエンスのコーラスに「めちゃくちゃ気持ちいいわ」とご満悦な様子を見せる山中。「廻る廻る、新木場STUDIO COASTのフロア」と告げ「STARGET」を披露。サークルピットがフロアに出来上がり、テンションはさらに上がっていく。まさに“キラーチューン祭り"というセットリストで展開していった。

あきらかにあきら(Ba. / Cho)の激しいステージング、鈴木重伸(Gt.)のスリリングなギターフレーズ、中西雅哉(Dr.)のタイトでパワフルなドラミングに会場の温度はどんどん上昇していく。「オーラルワッショイ!BAWDIESワッショイ!唇ツーマンワッショイ!」とオーディエンスとコールアンドレスポンスもし、「モンスターエフェクト」へ突入。ギターソロではフロアがヘドバンで埋め尽くされる。「32歳童顔」に入ったかと思いきや曲の途中で中断。「疲れた〜お前らが思ってるより“キラーチューン祭り”しんどいんやからな」と山中。

ここでちょっと休憩のMC。3 月2日に山中が誕生日を迎え、たくさんのメッセージをもらったことを報告。それをこの日にお祝い返しをしようと3月20日が誕生日の人をフロアから探し、その中から選ばれた1名をお祝いし「32歳童顔」をしめた。その後「もしもあなたが愛した人が自分のことを忘れてしまったら、そういうことを思って書いた曲です」と「通り過ぎた季節の空で」を披露。切ないメロディで、さっきまでとはまた違った空間を作り出す。オーディエンスも両手を伸ばしステージのメンバーに想いを届ける。

そして、MCでは山中の女性に対する腹筋の好みを切実と語る場面も。腹筋はちょっとお肉が付いていて柔らかいのが好きだと語った。逆にドラムの中西は「バッチリ8パックぐらいが」と筋肉好きをアピール。そして「楽しいだけで十分ですか?楽しいだけの時代なんてもう終わりです」と感情をぶつけたナンバー「嫌い」へ突入。めまぐるしく変化しプログレ要素もある曲で畳み掛けた。

「ほないこか」の山中のコールから「mist...」へ。所狭しと暴れまわる山中とあきら。オーディエンスの大合唱に山中が「泣きそう」と感極まる場面も。そして、「ツアーファイナルだから特別なことをしたい」と語り、新曲を初披露。「カンタンナコト」「狂乱 Hey Kids!!」で切り開いた今THE ORAL CIGARETTESらしさを更に昇華させた様なナンバーでオーディエンスを楽しませた。自分たちのフィルターを通して色んな音楽を好きになってもらいたいと語っていたように、意欲的で挑戦的な楽曲は新たなバンドの方向性を示した。

山中は「喉のポリープ摘出の手術をして初めてのツアーでした。ちゃんと無事に10カ所回って新木場STUDIO COASTに戻ってきました。本当に歌わせてくれてありがとう」とファンに感謝を述べ、沢山の仲間に助けられて、ここに立てているということを伝えたかったと語る山中。そんな沢山の仲間とともに一緒に掛け上がっていきたいと確固たる決意を語った。「今いる仲間を大切にしろ。それが今回のツアーで一番伝えたかったことです」と本編ラスト「狂乱 Hey Kids!!」を全身全霊で演奏しステージを去った。

アンコールでは訪れたファンに「息大丈夫、酸素ある?」と気遣う山中。ファン同士で体調が悪くなった人をお互いに助ける姿を見て「ありがとう」と感謝。そして、バンド初のメドレーを披露。山中が優しい眼差しでファンを見つめる姿が印象に残る。ラストは喉の不調によりライブを中断せざるを得なかった昨年7月14日のZepp Diver City Tokyoがあったから書けた曲「Everything」を演奏し、大盛況の中、ツーマンツアーの幕を閉じた。

山中の喉のポリープ手術を終え、ツアーを完遂したTHE ORAL CIGARETTESからは、新曲からも読み取れるように、新たなステージに向かおうとしている姿勢が伺えた。バンドの今後の動向に期待が高まる。4月からは唇ワンマンツアー、地元奈良では初となるホールワンマンライブも行われる。

■撮影クレジット
・THE ORAL CIGARETTES:Viola Kam (V\'z Twinkle Photography)、鈴木公平
・THE BAWDIES・集合カット:鈴木公平

【関連リンク】
THE ORAL CIGARETTES オフィシャルHP
THE ORAL CIGARETTES、函館でリベンジワンマン開催決定
「ビクターロック祭り〜2016〜」、約10時間に及ぶ圧巻のライブに15,000人が大熱狂
THE ORAL CIGARETTES、2マンツアー初日公演にてBLUE ENCOUNTと激突!

【関連アーティスト】
THE BAWDIES, THE ORAL CIGARETTES
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

忘れらんねえよ、ツレ伝ツアーファイナルをニコ生独占中継&重大発表も
Wed, 23 Mar 2016 14:00:00 +0900
忘れらんねえよ (okmusic UP\'s)

忘れらんねえよが現在行っているライヴツアー『ツレ伝ツアー 2016』。3月27日 (日)に東京TSUTAYA O-EASTで開催される同ツアーのファイナル公演が、ニコニコ生放送にて完全独占生中継されることが明らかになった。

【その他の画像】忘れらんねえよ

『ツレ伝』とは忘れらんねえよが主催する2マンツアーのことで、忘れらんねえよが尊敬してやまない先輩・友達・後輩を招いて行われているが、この日の公演の「ツレ」は、夜の本気ダンス。チケット一般発売後、即ソールドアウトとなっており、既にプレミアム化している状態。チケットを手に入れることができなかったファンにとっては嬉しい発表となった。

なお、この公演において、忘れらんねえよから重大発表もあるとのことで忘れらんねえよファン、通称「忘れらんねえヤ―」達は注目しておこう。

忘れらんねえよは2月24日に新曲3曲含むベストアルバム『忘れらんねえよのこれまでと、これから。』をリリースしたばかり。別れの季節が終わり、春先には各地の音楽フェスに出演が予定されており、まだまだ忘れらんねえよの盛り上がりは続くであろう。

■ニコニコ生放送『忘れらんねえよ主催 ツレ伝ツアー2016 東京ファイナル公演 独占生中継 』

3月27日(日)19:00-21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv256818052

【関連リンク】
忘れらんねえよ オフィシャルHP
忘れらんねえよ、青春ガングロギャルムービー『黒い暴動』の主題歌を担当
忘れらんねえよ、あったか「ワンワントレーナー」を限定販売
『NIIGATA RAINBOW ROCK 2016』出演アーティスト第2弾が明らかに!

【関連アーティスト】
忘れらんねえよ
【ジャンル】
ジャパニーズロック

小谷美紗子、貴重な幼少期の8mm映像を用いた「手紙」MV公開
Wed, 23 Mar 2016 13:00:00 +0900
小谷美紗子 (okmusic UP\'s)

小谷美紗子が4月15日に発売するキャリア初となる弾き語りベスト盤『MONSTER』から「手紙」のMVを公開した。

【その他の画像】小谷美紗子

「手紙」は元々2010年に発売された『ことのは』に収録されていた楽曲で、帰郷した小谷が東京に戻る電車の中で書いたというメッセージソング。発表後の多くのライヴで披露されており、ファンの間では人気の楽曲だ。

父親が保管していたという小谷美紗子の幼少期を捉えた8mmフィルムをデジタル復元した映像と、"今”の小谷美紗子による演奏シーンを織り交ぜた内容になっており、子供の小谷美紗子がピアノを弾くシーンから幕を開ける。なお、ディレクターは三好大輔が務めている。

同曲も収録される『MONSTER』は、特別「木の箱」仕様盤とジュエルケース仕様の通常盤の2形態で、通販サイト「Music For Life」にて4月15日より先行発売される。現在予約受け付け中なので、お見逃しなく。

■「手紙」MUSIC VIDEO
https://youtu.be/OCZmS2Vb1a4

■アルバム『MONSTER』

2016年4月15日発売
※通販サイト「MUSIC for LIFE」先行発売、一般発売日は未定
【特別「木の箱」仕様盤】
MFLR-1001/¥5,000+税
【通常ジュエルケース仕様盤】
MFLR-1002/¥2,500+税
<収録曲>
01.手紙
02.Who
03.Off you go
04.自分
05.嘆きの雪
06.子供のような笑い声
07.The Stone
08.手の中
09.こんな風にして終わるもの
10.3月のこと

■通販サイト「Music For Life」:『MONSTER』予約
http://musicforlife.co.jp/release/odanimisako/odanimisako_monster.html

◎「MUSIC for LIFE」限定・先着購入特典
特別「木の箱」仕様盤、通常ジュエルケース仕様盤のいずれか1点購入につき、「オダニの手形」を1枚プレゼント(先着2000名、手形は複製品)。

■小谷美紗子 弾き語りTOUR「MONSTER」

6月08日(水) 北海道 札幌くう COO
6月10日(金) 宮城 仙台Cafe Mozart Atelier
6月16日(木) 愛知 名古屋クラブクアトロ
6月18日(土)19日(日) 大阪 大阪GANZ toi,toi,toi
6月23日(木) 広島 広島Live Juke
6月25日(土) 福岡 福岡ROOMS
6月30日(木) 東京 東京Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE

【関連リンク】
小谷美紗子 オフィシャルHP
小谷美紗子、弾き語りベスト盤のアートワーク公開&ダイジェスト試聴スタート
小谷美紗子、注目のニューアルバム収録曲「手の中」MV公開
小谷美紗子、4月に東名阪レコ発ツアーを開催

【関連アーティスト】
小谷美紗子
【ジャンル】
J-POP

バンドじゃないもん!、謎の特設サイトでクエスチョンマークが意味するものは?
Wed, 23 Mar 2016 12:30:00 +0900
バンドじゃないもん! (okmusic UP\'s)

バンドじゃないもん!の謎の特設サイトが公開された。

【その他の画像】バンドじゃないもん!

特設サイトには“バンドじゃないもん!"のロゴが配されているほか、大きなクエスチョンマーク(?)と、「#バンもん #20160324 #18時集合」というハッシュタグだけが掲載されており、その時間にどこで何があるかなどの詳細は不明。クエスチョンマークをクリックすると 世界地図が表示され、ちょうど日本の東京のあたりに印が付けられ、そこにも「#バンもん #20160324 #18時集合」と記載されているが、地図が大きすぎるあまり、やはり詳細な場所は不明だ。

とにかく重要な情報であることは確かとのことなので、続報を待とう。

■バンドじゃないもん!特設サイト
http://banmon.ponycanyon.jp/
■バンドじゃないもん!オフィシャルHP
https://banmon.jp/

■『バンドじゃないもん!全国ツアー2016 〜てっぺん目指そうぜ!武者修行編〜』

4月03日(日) 東京 Zepp DiverCity TOKYO
w:神聖かまってちゃん
4月16日(土) 千葉 KASHIWA PALOOZA
4月24日(日) 栃木 HEAVEN\'S ROCK 宇都宮 VJ-2
5月01日(日) 長野 NAGANO CLUB JUNK BOX
5月17日(火) 東京 赤坂BLITZ
5月18日(水) 東京 赤坂BLITZ
6月03日(金) 大阪 OSAKA MUSE
6月04日(土) 大阪 OSAKA MUSE
6月12日(日) 愛媛 松山サロンキティ
w:ひめキュンフルーツ缶
6月18日(土) 愛知 大須MID
6月19日(日) 愛知 大須MID
7月16日(土) 宮城 仙台 Club Junk Box
7月31日(日) 東京 TOYOSU PIT

【関連リンク】
バンドじゃないもん!が"2度目のメジャーデビュー"を発表
バンドじゃないもん!、神聖かまってちゃんとの2マンライブ開催決定
バンドじゃないもん!、東名阪にてワンマンライブ開催決定&4月発売1stフルアルバムの詳細発表
バンドじゃないもん!、4月22日(水)にファーストフルアルバム発売決定!

【関連アーティスト】
バンドじゃないもん!
【ジャンル】
J-POP, 女性アイドル

THE MODS、バンドスピリッツが詰まったアルバム『HAIL MARY』をドロップ!
Wed, 23 Mar 2016 12:00:00 +0900
アルバム『HAIL MARY』 (okmusic UP\'s)

THE MODSの35周年記念イヤーの幕開けを飾る、約2年振りとなるオリジナルアルバム『HAIL MARY』がついにリリースされた。

【その他の画像】THE MODS

アメフトやラクビーにおいて、試合終了直前に劣勢のチームが逆転を狙って投げる、一か八かの神頼み的なロングパス“ヘイルメリーパス”がタイトルの由来というアルバム『HAIL MARY』。今までの周年にリリースされたアルバムにも、その時々の想いを乗せた楽曲を収録してきたが、今作は特に節目を意識させる楽曲が複数収められている。

THE MODSの代表曲のひとつに挙げられる「LOOSE GAME」(1991年発表)、そして「ROCKAWAY」(2011年発表)の流れを汲むような「STAY CRAZY」。“倒れ 立ち上がった夜”というフレーズで始まる、35年闘い続けてきたTHE MODSというバンドのファイティングスピリッツに満ちた「NOT FADE AWAY」。もちろん、さらなる先を見据えて、まだまだ闘う姿勢を崩さないが垣間見れる「FLY HIGH」や「GO AHEAD, MAKE MY DAY」なども収録されていて、まさに現在のTHE MODSだからこそのメッセージが詰まっている。これはファンならずとも一度は聴いてほしい名盤と言えるだろう。

また、同アルバムを携えての全国ツアーが2本決定している。アルバムツアーと同時にアニバーサリーのツアーとしての意味を持つロングツアーでは、アルバムからの新曲は当然、新旧の名曲が数多く披露されることだろう。

そして、1982年の「雨の野音」として語られる伝説のライヴをはじめ、活動の節目にはそのステージに立ち、30周年記念の際には森山は「もうこれが最後かもしれない」と口にしたのだが、バンドとファンにとっての”約束の地”と言える日比谷野外大音楽堂でのツアーファイナルも決定している。

いよいよ幕を開けた35周年記念イヤー。是非ともTHE MODSの現在のサウンドに、メッセージに、ライヴを体感していただきたい。

■アルバム『HAIL MARY』

2016年3月23日発売
RHCA-27/¥3,000+税
<収録曲>
1. MAYDAY MAYDAY
2. I SMELL TROUBLE
3. STAY CRAZY
4. TOO BITCH TO HANDLE
5. 4 BRONCOS
6. WHY WHY WHY
7. FLY HIGH
8. GO AHEAD, MAKE MY DAY
9. CANNED HEAT TOWN
10. MUZZLE FASH DANCER
11. NOT FADE AWAY

■【ライブ情報】

『THE MODS TOUR 2016 "HAIL MARY" Round 1』
4月01日(金) 川崎・CLUB CITTA\'
4月08日(金) 名古屋・BOTTOM LINE
4月10日(日) 神戸・VARIT.
4月15日(金) 仙台・darwin
4月17日(日) 郡山・#9
4月22日(金) 高知・X-pt.
4月24日(日) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM
5月08日(日) 東京・TSUTAYA O-EAST
5月13日(金) 札幌・PENNY LANE 24
5月15日(日) 富山・MAIRO
5月20日(金) 熊本・B.9
5月22日(日) 福岡・DRUM LOGOS
5月29日(日) 大阪・BIG CAT
<チケット料金>
スタンディング 前売 ¥5,400(消費税8%含 ・ ドリンク代別途)

『THE MODS TOUR 2016 "HAIL MARY" Round 2』
7月01日(金) 新横浜・NEW SIDE BEACH!!
7月03日(日) 名古屋・DIAMOND HALL
7月08日(金) 札幌・PENNY LANE 24
7月10日(日) 山形・ミュージック昭和Session
7月14日(木) 長野・CLUB JUNK BOX
7月16日(土) 金沢・EIGHT HALL
7月18日(月) 大阪・BIG CAT
7月29日(金) 東京・LIQUID ROOM ebisu
8月05日(金) 山口・Shunan RISING HALL
8月07日(日) 長崎・DRUM Be-7
8月20日(土) 埼玉・HEAVEN\'S ROCK さいたま新都心 VJ-3
8月26日(金) 広島・CLUB QUATTRO
8月28日(日) 福岡・DRUM LOGOS
<チケット料金 >
スタンディング 前売 ¥5,400(消費税8%含 ・ ドリンク代別途)

『THE MODS TOUR 2016 "HAIL MARY" Final』
10月15日(土) 東京・日比谷野外大音楽堂
<チケット料金 >
全席指定 前売 ¥6,800(消費税8%含)

※未就学児童のご入場は出来ません。
※小学生以上のご入場にはチケットが必要になります。

【関連リンク】
THE MODS オフィシャルHP
THE MODS、35周年記念イヤーの幕開けを飾るニューアルバムのリリースを発表
「LONDON NITE」を愛する著名人から、35周年記念コンピにお祝いコメントが到着!
パンクロックに日本的文脈を注入したTHE MODSのデビュー作『FIGHT OR FLIGHT』

【関連アーティスト】
THE MODS
【ジャンル】
ジャパニーズロック

BRAHMAN、バンド初となるハイレゾ音源を解禁
Wed, 23 Mar 2016 11:30:00 +0900
アルバム『尽未来際』 (okmusic UP\'s)

3月23日にライヴBlu-ray&DVD『尽未来際』をリリースしたBRAHMANが、バンド初となるハイレゾ音源の配信もスタートさせた。作品は、昨年リリースされたベスト盤『尽未来際』だ。

【その他の画像】BRAHMAN

CD以上に解像度の高いハイレゾサウンドは、楽曲が録音されたスタジオ内の空気感までをも生々しく伝える。パンク/ハードコア系のバンドがこういった音源をリリースすることは珍しいが、これはBRAHMANがレコーディングに対して強いこだわりを持っていることの表れでもある。このハイレゾ音源を通して、BRAHMANの世界観と彼らのヒストリーをよりリアルに感じてほしい。

それと同時に、「天馬空を行く」のMV販売もスタート。今作の監督を務めたのはタナカノリユキ。古くは「arrival time」、最近では「初期衝動」など、BRAHMANのMVには欠かせない人物である。そんな彼が4人の剥き出しの姿を切り取った。

なお、『尽未来際』特設サイトでは、BRAHMANのオフィシャルインタビューが公開されている。激動の20周年を駆け抜けた4人が実にリラックスした様子で『尽未来際』について、そして今後の展望を話している。

■BRAHMAN 20TH SITE
http://brahman20th.com

■アルバム『尽未来際』ハイレゾ配信

配信中

【mora】
・『尽未来際 THE EARLY 10 YEARS』 http://mora.jp/package/43000034/TFCC-86530_F/?cpid=mty2
・『尽未来際 THE LAST 10 YEARS』 http://mora.jp/package/43000034/TFDC86530AL_F/?cpid=mty2
・アーティストベージ
http://mora.jp/artist/677918/?cpid=mty2
【OTOTOY】
・『尽未来際 THE EARLY 10 YEARS』
http://ototoy.jp/_/default/p/61181
・『尽未来際 THE LAST 10 YEARS』
http://ototoy.jp/_/default/p/61180
・アーティストベージ
http://ototoy.jp/_/default/a/43082
【e-onkyo】
・『尽未来際 THE EARLY 10 YEARS』
http://www.e-onkyo.com/music/album/tfcc86530al/
・『尽未来際 THE LAST 10 YEARS』
http://www.e-onkyo.com/music/album/tfdc86530al/

■配信シングル「天馬空を行く」

配信中

?新曲ミュージックビデオ配信
https://itunes.apple.com/jp/music-video/id1091500468?app=itunes&ls=1
?デジタル配信
http://apple.co/1UmtIvW

【関連リンク】
BRAHMAN オフィシャルHP
Crossfaith、「XENO WORLD TOUR」対談企画第1弾はBRAHMAN!
BRAHMAN、新作DVD&BD『尽未来際』を3月23日にリリース
Crossfaithのワールドツアー日本編にthe HIATUS、BRAHMAN参戦

【関連アーティスト】
BRAHMAN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, パンク/ハードコア, ハイレゾ

Anly、ニューシングル「笑顔」MV公開&ニコ生でライブ生放送決定
Wed, 23 Mar 2016 11:00:00 +0900
Anly  (okmusic UP\'s)

Anlyが3月23日リリースの2ndシングル「笑顔」(読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマ「ぼくのいのち」主題歌)の
ミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】Anly

このミュージックビデオはAnlyの地元である伊江島で撮影されたもので、美しい海や伊江島タッチュー、自身も通っていた小学校を舞台に撮影され、伊江島の魅力が満載。伊江島の人々もビデオに参加しており、赤ちゃんから大人まで、カメラに笑顔を向けている、まさにタイトル通り、『笑顔』になれるミュージックビデオだ。将来、伊江島で音楽フェスとするのが夢と語る地元愛の強いAnlyの想いがつまった作品になっている。

そして、ニューシングルリリースを記念した、全国インストアツアーも開催される。札幌から沖縄まで、全国6箇所開催!他にもイベントライブの出演が続々発表されているので、彼女を目にする機会が今後増えていきそうだ。

また、Anlyとしては初のニコニコ生配信が決定した。3月26日に池袋のニコニコ本社イベントスペースで、フリーライブが行われ、その模様が生放送される。ライブはフリーで観覧できるので、是非生でライブを体感して欲しい。駆けつけられない方は、ニコ生でチェック!

■「笑顔」MV
https://youtu.be/rZirYV5fTRI

■シングル「笑顔 / いいの」初回生産限定盤DVD ダイジェスト
https://youtu.be/-T77clNOZM4

■【Anly ミニライブ初生配信】

2ndシングル「笑顔/いいの」の発売を記念してニコニコ本社でミニライブ初生配信! ライブ観覧フリー、購入者特典会あり!
日時:3月26日(土) 13:00〜
場所:ニコニコ本社(東京都豊島区東池袋1-50-35 池袋P\'PARCO B2F)
内容:ミニライブ&サイン会
対象店舗:ニコニコ本社B2Fニコニコショップにて
※対象商品をご購入のお客様に先着で「サイン会参加券」をお渡し致します。

■「笑顔 / いいの」リリース記念インストアライブツアー

日時:3月28日(月)18:00〜
場所:兵庫県・阪急西宮ガーデンズ 4階スカイガーデン・木の葉のステージ
内容:ミニライブ&サイン会
対象店舗:HMV阪急西宮ガーデンズ
※当日の即売は4Fスカイガーデン・即売所にて、17:00より開始致します。
※イベントに関して会場へのお問い合わせはご遠慮ください。
【問い合わせ先】ソニーミュージックマーケティング大阪オフィス 06-4795-8500(平日10時〜18時)

日時:3月29日(火)18:00〜 (会場CD販売:17:00〜)
場所:愛知県・名古屋パルコ西館1Fエントランス
内容:ミニライブ&サイン会
対象店舗:タワーレコード名古屋パルコ店 、タワーレコード名古屋近鉄パッセ店
【問い合わせ先】ソニー・ミュージックマーケティング 名古屋オフィス 052-221-8735 (営業時間:平日10時〜18時)

日時:3月30日(水)19:00〜
場所:福岡県・キャナルシティ博多 B1F サンプラザステージ
内容:ミニライブ&サイン会
対象店舗:新星堂 キャナルシティ博多店,タワーレコード福岡パルコ店,タワーレコードアミュプラザ博多店,フタバ図書TERA福岡東店,ミュージックプラザインドウ
【問い合わせ先】ソニー・ミュージックマーケティング 福岡オフィス 092-712-6571 (営業時間:平日10時〜18時)

日時:3月31日(木)18:00〜
場所:北海道・HMV札幌ステラプレイス 店内イベントスペース
内容:ミニライブ&サイン会
対象店舗:HMV札幌ステラプレイス
【問い合わせ先】HMV札幌ステラプレイスTEL:011-219-5005

日時:4月09日(土) 13:00〜
場所:サンエー那覇メインプレイス 2階オープンモール
内容:ミニライブ&サイン会
対象店舗:サウンドボックスミツトモにてご購入、当日CD販売会場にてご購入のお客様が対象となります。

日時:4月10日(日)12:00〜
場所:イオンモール沖縄ライカム 3F Rycom stage"AIR"
内容:ミニライブ&サイン会
対象店舗:新星堂イオンモール沖縄ライカムにてご購入、当日CD販売会場にてご購入のお客様が対象となります。

■シングル「笑顔 / いいの」

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
SRCL-9001 〜 SRCL-9002/¥1,500+税
【通常盤】(CD)
SRCL-9003/¥1,165+税
<収録曲>
■CD
M1:笑顔
※読売テレビ・日本テレビ系スペシャルドラマ「ぼくのいのち」主題歌
M2:いいの
M3:Teacher
M4:夢をあきらめないで
※大塚製薬「カロリーメイト」TVCM曲
M5:笑顔 -instrumental-
M6:いいの -instrumental-
■DVD ※初回生産限定盤のみ
M1:Don’t give it up! Music Video
M2:Anly Debut Live「太陽に笑え」@Shibuya eggman
M3:カロリーメイトCMレコーディング風景

【関連リンク】
Anly オフィシャルHP
Anly、松坂桃李主演の新ドラマ「サイレーン」主題歌発売決定
城 南海、満員のワンマンホールライヴで圧巻の歌唱
イトヲカシ、路上ライブツアー4日間で3,500人以上を動員

【関連アーティスト】
Anly
【ジャンル】
J-POP, テレビ(番組/CM)

井上陽水、代表曲の数々やカヴァーを披露し、トークも冴えたNHKホール公演
Wed, 23 Mar 2016 11:00:00 +0900
3月19日(土)@東京 NHKホール  (okmusic UP\'s)

井上陽水が3月19日、『井上陽水 コンサート 2016 「UNITED COVER 2」』のNHKホール公演を開催した。


【その他の画像】井上陽水

「ミスコンテスト」から始まり、序盤から奏でられる井上陽水の名曲の数々。デビューアルバムのリード曲「断絶」の弾き語りもするなど、昨年のツアーとは様変わりした、コンサート前半となった。

最新アルバム『UNITED COVER 2』からは松任谷由実の「リフレインが叫んでる」、吉田拓郎「リンゴ」など、井上陽水と交流のあるアーティストのカヴァーも披露。また、先日発売されたコンサートブルーレイ&DVDでも特典映像として、思わず笑ってしまう井上陽水のライブMCが話題となったが、この日の公演でももちろん、その独特の井上陽水ワールドへ誘うトークで会場は爆笑の渦に。ハイクオリティなパフォーマンスは言うまでもなく、そのトークを見るためにだって来る価値はあるだろう。

後半も「ジェラシー」「最後のニュース」「氷の世界」など、ヒット曲のオンパレード。アンコールでは「私の曲は後ろ向きな曲が多いですが、せめてアンコールでは前向きに」と会場の笑いを誘いながら、「渚にまつわるエトセトラ」「夢の中へ」で会場は総立ちとなる。そして、最後は作詞・井上陽水/作曲・玉置浩二の名曲「夏の終りのハーモニー」を歌いきると万雷の拍手のうちにコンサートは締めくくられた。

photo by 有賀幹夫

■【セットリスト】

1 ミスコンテスト
2 カナリア
3 Make-up Shadow
4 映画に行こう
5 断絶
6 リフレインが叫んでる
7 リンゴ
8 女神
9 瞬き
10 夢であいましょう
11 ジェラシー
12 とまどうペリカン
13 嘘つきダイヤモンド
14 バレリーナ
15 最後のニュース
16 氷の世界
17 勝者としてのペガサス
<アンコール>
18 渚にまつわるエトセトラ
19 夢の中
20 夏の終りのハーモニー

■『井上陽水 コンサート2016「UNITED COVER 2」』

3月21日(月) 愛知 愛知県芸術劇場 大ホール
3月25日(金) 広島 広島上野学園ホール
3月27日(日) 熊本 市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)
4月02日(土) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール第一
4月03日(日) 宮崎 宮崎市民文化ホール
4月07日(木) 新潟 長岡市立劇場
4月08日(金) 富山 富山オーバード・ホール

【関連リンク】
井上陽水、大ヒット曲や名作カヴァー満載の名演が映像化
井上陽水、3月16日に最新映像作品『井上陽水 コンサート2015 UC2』を発売
井上陽水、カヴァーアルバム発売記念公演の模様をスカパー!にて放送決定
井上陽水、カバーアルバム『UNITED COVER 2』試聴・座談会開催

【関連アーティスト】
井上陽水
【ジャンル】
J-POP, ライブ

赤い公園、アルバム全曲試聴映像公開
Wed, 23 Mar 2016 10:00:00 +0900
赤い公園 (okmusic UP\'s)

赤い公園のニューアルバム『純情ランドセル』の全曲試聴映像公開された。

【その他の画像】赤い公園

「KOIKI」、「Canvas」といったシングル曲、4月4日から放送スタートするNHK Eテレ『グレーテルのかまど』エンディングテーマ「黄色い花」など14曲が収録されたこのアルバム。會田茂?、亀田誠治、島田昌典、蔦谷好位置、PABLO a.k.a. WTF!?ら豪華プロデューサー陣と共に制作し、さらにはメンバー全員でNYへ行き、世界的なエンジニア、トム・コイン氏によるマスタリングで完成した自信作だ。

そして、オフィシャルHP内で開設しているアルバム特設サイトでは、3月1日から発売日まで、カウントダウン形式で毎日1人ずつ、計23人の「赤い公園が大好きな」有名人からコメントが掲載されているが、3月23日が最終日。最終日は誰からコメントが届くのか? 昼頃に更新される予定なので、こちらもお楽しみに。

■『純情ランドセル』特設サイト
http://akaiko-en.com/3rdalbum
■赤い公園 オフィシャルHP
http://akaiko-en.com/

■アルバム『純情ランドセル』全曲試聴映像
https://www.youtube.com/watch?v=WXWL4MnydH8

【関連リンク】
赤い公園、ニューアルバム発売を記念して2つの企画を開催
赤い公園、LINE MUSICにて新曲5曲を独占先行配信スタート
赤い公園、アルバム曲が『グレーテルのかまど』EDに決定
赤い公園、豪華プロデューサー陣と制作したニューアルバムを3月23日にリリース

【関連アーティスト】
赤い公園
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1