歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年03月18日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/03/27
2016/03/26
2016/03/25
2016/03/24
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
LAMP IN TERREN、映画『亜人 -衝突-』主題歌「innocence」を含む1stシングルのリリースが決定
Fri, 18 Mar 2016 20:00:00 +0900
LAMP IN TERREN (okmusic UP\'s)

4ピースバンドのLAMP IN TERRENが、5月3日に1stシングル「innocence/キャラバン」をリリースすることがわかった。

【その他の画像】LAMP IN TERREN

さらにタイトル曲の「innocence」が、劇場第2部『亜人 -衝突-』(5月6日(金)より3週間完全限定公開)の主題歌として起用されることも合わせて発表となった。『亜人 -衝突-』は、講談社『good!アフタヌーン』で連載中の累計発行部数400万部を超える人気コミック『亜人』の劇場アニメ3部作の第2部。

その主題歌として書き下ろされた「innocence」は、ヴォーカル・松本大の強い意志が感じられる芯のある歌声、疾走感のあるメロディーとサウンドが印象的な楽曲に仕上がっている。初のシングルとなる今作は、昨年7月にリリースされたアルバム『LIFE PROBE』以来、約10ヶ月ぶりのリリースで、昨年10月にバンド創設メンバーのギタリスト・大屋真太郎が復帰し、4人体制となってから作られた、バンドの新しい原点ともなる曲「キャラバン」。そして、「とある木洩れ陽より」を含めた計3曲が収録される。

また初回限定盤DVDでは、昨年10月から行なわれた、LAMP IN TERRENの記念すべき1stワンマンツアーに密着したドキュメンタリー映像が、約1時間に及ぶボリュームで収録されている。

【松本 大(LAMP IN TERREN)コメント】
初めて「亜人」という作品を読んだ時に「現実と結構近い」と感じました。有り得ない話のようで、普段抱える疑問や悩みにとても近かった。もしかすると生まれる場所は選べなかったのかもしれないという事、"始まり"と同時に"終わり"という存在が絶対に出現するという事、運命からは逃れられないかもしれないという事。それでも選んでいかなきゃいけないし、選んでいるのはいつも自分で、正しいと願って進まなきゃいけないと思うのです。そんな想いがリンクして"innocence"は生まれてきたのだと思います。この楽曲が映画とセットになるとどうなるか僕もワクワクしています。ちゃんと主題歌として機能できるかな……。ぜひ劇場に確かめに行ってみてください。よろしくお願いします。

■シングル「innocence/キャラバン」

2016年5月3日発売
【初回限定盤】(CD+DVD)
AZZS-45/¥1,800+税
【通常盤】(CDのみ)
AZCS-2051/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
01.innocence
02.キャラバン
03.とある木漏れ陽より
■DVD ※初回限定盤のみ
「THE DOCUMENTARY OF THE FIRST ONE MAN TOUR “BLUESYARD〜landing probe tour 2015〜"」(2015年に行なわれた1stワンマンツアー「BLUESYARD〜landing probe tour 2015〜」に密着した約1時間のツアードキュメンタリー映像)

◎CDショップ特典
・タワーレコードオリジナル特典:オリジナルロゴステッカー タワーレコードver.
・その他CDショップ特典:オリジナルロゴステッカー

【関連リンク】
LAMP IN TERREN オフィシャルHP
HOWL BE QUIET×SHE\'S×LAMP IN TERREN、スリーマンツアーを4月に開催
MASH A&R主催イベントにてORAL、フレデリック、テレン等が激突!
スピッツの『ハチミツ』トリビュートアルバム全曲試聴映像が公開

【関連アーティスト】
LAMP IN TERREN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ, 映画

VANIRU、デビューミニアルバム『ISOLΛTION』を5月18日にリリース決定
Fri, 18 Mar 2016 19:30:00 +0900
VANIRU (okmusic UP\'s)

VANIRUが5月18日にメジャーデビューミニアルバム『ISOLΛTION』をリリースすることがわかった。

【その他の画像】VANIRU

VANIRUは圧倒的な存在感を放つボーカルのLEONEILとカッティングエッジなギターを奏でるYUTOで構成される2人組ユニットだ。その音楽性はニューウェイブやエレポップなど様々な時代のジャンルを取り入れた旋律に、救いや逆説的な世界などを表現し、他には類を見ないVANIRU独自の世界観を放っている。

これまでドイツを拠点に活動していたVANIRUは、非現実へといざなうライヴパフォーマンスと端麗な容姿により海外での人気は非常に高く、ロシアやポーランドなどではストリートチームが結成されている。またFacebookの「いいね!」数は7万を超えており、時代を超越したセンスはファッション、アートに精通するクリエイターたちの大きな支持を集めている。

メジャーデビュー盤となる『ISOLΛTION』には新曲が2曲収録されている他、インディーズ時代の代表曲「コズミック・ナイト」や「LOVE AGAIN」「JUST YOUR DREAM」などのリミックス音源も収録。またライヴ会場とCJビクターオンラインショップでのみ販売の完全生産限定盤にはここでしか手に入らないVANIRUブランドの“Chain Reaction” Bagが付属されている。VANIRUブランドを展開する彼らならではの豪華仕様に注目だ。

5月23日にはメジャーデビュー後初の単独公演をO-WESTにて開催する。こちらもぜひチェックして会場に足を運んでいただきたい。

■ミニアルバム『ISOLΛTION』

2015年5月18日発売
【初回限定生産(CD+DVD+ブックレット付)】
※BOX仕様
VBZJ-19/¥3,000+税
<収録曲>
1. ISOLΛTION
2. Dreaming Crystal
3. ANOTHER DIMENSION  
4. コズミック・ナイト-PRISMIX-
5. JUST YOUR DREAM-Sharpness-
6. LOVE AGAIN-To Xxxxx-
7. The VORTEX
8. ISOLΛTION -The Vortex-
<DVD>
・「ISOLΛTION」Music Video
・36P VISUAL BOOK付属 / BOX仕様

【完全生産限定盤】
『ISOLΛTION』(CD+DVD+ブックレット付)+"Chain Reaction" Bag
CJVZC-5/¥13,889+税
※完全生産限定盤に関してはライヴ会場とCJビクターオンラインショップ限定での販売となります。
※『ISOLΛTION』(CD+DVD+ブックレット付)は商品番号VBZJ-19と同商品となります。
※完全生産限定につき在庫が無くなり次第販売終了となります。

■【ライヴ情報】

■ライブイコーゼpresents「Amplifier」vol.9
3月20日(日) 池袋 CHOP
17:30 / 18:00
出演:VANIRU / CQ / W.A.R.P. / DER EISENROST / DJ peah
料金:前売り¥3,500 / 当日¥4,000(1Drink別)

■「BAC TO THE FUTURE VOL.1」
4月02日(土) 渋谷Glad
17:00 / 17:30
出演:VANIRU / Bryan Associates Club / VERONICA / GLOWS
料金:前売り¥2,800 / 当日¥3,300(1Drink別)

■FAUST Presents「Upside Down」
4月07日(木) 下北沢MOSAiC
18:30 / 19:00
出演:VANIRU / TAG / dieS / DJ peah
料金:前売り¥3,500 / 当日¥4,000(1Drink別)

■「NEW ROMANCER -ZERO-」※単独公演
5月23日(月) TSUTAYA O-WEST
18:30 / 19:00
料金:¥4,000(1Drink別)

【関連リンク】
VANIRU オフィシャルHP
「HOPE AND LIVE 2015」第二回公演で、SUGIZO、C4、VANIRU等が圧巻のライブを披露
HIV/AIDSチャリティライブ『HOPE AND LIVE2015 DAY-2』タイムテーブル公開
HIV/AIDSチャリティライブ『HOPE AND LIVE2015』DAY-2の全出演者が解禁

【関連アーティスト】
VANIRU
【ジャンル】
オルタナティブ

BABYMETAL、"礼の精神"を感じさせる新曲「KARATE」のMV公開!
Fri, 18 Mar 2016 19:00:00 +0900
アルバム『METAL RESISTANCE』【初回生産限定盤】(CD+DVD) (okmusic UP\'s)

メタルダンスユニットのBABYMETALが、4月1日に世界同時発売するニューアルバム『METAL RESISTANCE』から新曲「KARATE」のMVを公開した。

【その他の画像】BABYMETAL

昨年末の横浜アリーナ公演で初披露された「KARATE」は、タイトル通り“空手”を彷彿とさせる振り付けや合いの手、3人の力強いパフォーマンスが印象的な楽曲。オンリーワンな存在として、BABYMETALという音楽で世界に挑む彼女たちの姿勢を表わしたような歌詞になっていて、MVでもパワフルなダンスパフォーマンスでのバトルを繰り広げている。

アルバムの中でも特にこの曲が気に入っているというMOAMETAL(Dance、Scream)は“空手には“礼に始まり礼に終わる"という心得がありますが、私たちもその"礼の精神"を大切にするということを胸に、この3人で突き進んでいきたいと思っています”とコメントしている。

「KARATE」はアルバムからiTunesで先行配信され、アメリカ、イギリス、カナダ、オース トラリアなどのメタルチャートで1位を獲得。日本では総合1位を記録している。

BABYMETALは4月2日(土)から日本人アーティスト初となるイギリス・ウェンブリーアリーナでのワンマンライヴを皮切りに、アメリカ、ヨーロッパを回るワールドツアー「BABYMETAL WORLD TOUR 2016」を行なう。ツアーファイナルには自身初の東京ドーム公演も決定している。

■「KARATE」MV
https://youtu.be/GvD3CHA48pA

2016年4月1日(金)発売
【JAPAN EDITION】
■初回生産限定盤(CD+DVD)
TFCC-86545/¥3,241+税
■通常盤(CD)
TFCC-86546/¥2,315+税
<収録曲>
■CD
1. Road of Resistance
2. KARATE
3. あわだまフィーバー
4. ヤバッ!
5. Amore - 蒼星 -
6. META!メタ太郎
7. シンコペーション
8. GJ!
9. Sis. Anger
10. NO RAIN, NO RAINBOW
11. Tales of The Destinies
12. THE ONE
■DVD ※初回生産限定盤のみ
「TOKYO METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2015 (2015.5.24)」
1. メギツネ
2. いいね!
3. Catch me if you can
4. ヘドバンギャー!!
5. Road of Resistance
6. ギミチョコ!!
7. イジメ、ダメ、ゼッタイ

【THE ONE LIMITED EDITION】
ONEC-0002/¥10,000+税
※「METAL RESISTANCE - THE ONE LIMITED EDITION -」(CD+BD)
<収録内容>
■CD
「METAL RESISTANCE - THE ONE LIMITED EDITION -」
■Blu-ray
「APOCRYPHA - THE BLACK MASS - (2015.4.23) / APOCRYPHA - THE RED MASS - (2015.4.24)」
■豪華パッケージ
※本商品はWEB会員「THE ONE」ご登録の方のみが購入戴けます。
<収録曲>
1. Road of Resistance
2. KARATE
3. あわだまフィーバー
4. ヤバッ!
5. Amore - 蒼星 -
6. META!メタ太郎
7. シンコペーション
8. GJ!- ご褒美編 -
9. Sis. Anger
10. NO RAIN, NO RAINBOW
11. Tales of The Destinies
12. THE ONE - Unfinished ver. -
■Blu-ray
「APOCRYPHA - THE BLACK MASS - (2015.4.23)」
1. Road of Resistance
2. ウ・キ・ウ・キ★ミッドナイト
3. あわだまフィーバー
4. Catch me if you can
5. 悪夢の輪舞曲
6. おねだり大作戦
7. メギツネ
8. いいね!
9. ヘドバンギャー!!
10. イジメ、ダメ、ゼッタイ
「APOCRYPHA - THE RED MASS - (2015.4.24)」
1. メギツネ
2. ド・キ・ド・キ☆モーニング
3. いいね!
4. 紅月 - アカツキ -
5. 4の歌
6. Catch me if you can
7. ヘドバンギャー!!
8. イジメ、ダメ、ゼッタイ
9. ギミチョコ!!
10. Road of Resistance

【OUT OF JAPAN EDITION】※海外盤
<収録曲>
1. Road of Resistance
2. KARATE
3. Awadama Fever
4. YAVA!
5. Amore
6. Meta Taro
7. From Dusk Till Dawn
8. GJ!
9. Sis. Anger
10. No Rain, No Rainbow
11. Tales of The Destinies
12. THE ONE - English ver. -

【関連リンク】
BABYMETAL オフィシャルHP
BABYMETAL、フランス『ダウンロードフェス』含むヨーロッパツアー日程発表
BABYMETAL、ウェンブリーアリーナ公演の模様がライブ・ビューイング決定
BABYMETAL、待望のアルバムプレオーダー&ティザー映像の公開がスタート

【関連アーティスト】
BABYMETAL
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル, メタル

E-girls・EXILE SHOKICHI・超特急ら出演『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016』、いよいよ3月20日"PARTY"をテーマに開催
Fri, 18 Mar 2016 18:30:00 +0900
E-girls (okmusic UP\'s)

『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016 supported by Samantha Thavasa』が3月20日(日)に国立代々木競技場第一体育館にていよいよ開催される。

【その他の画像】DEEP

当日は、E-girls、EXILE SHOKICHI、華原朋美、Crystal Kay 、Silent Siren、超特急、DEEP、BOYS AND MEN、MACO、安田レイ、ユナク(超新星)らのスペシャルライヴが予定されているが、現在発表されているアーティストの他にも超大物アーティストがシークレットゲストとして登場することが決定。シークレットゲストの正体は当日まで明かされないが、期待が高まる。

このイベントはTOKYO GIRLS COLLECTIONと連動し、“PARTY”をテーマに「ミュージック×ファッション」を融合。女の子の「大好き」が詰まった、まったく新しい都会のガールズミュージックフェス『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016 supported by Samantha Thavasa』。サマンサステージでは、CanCam・Ray・JJの人気専属モデルによるスペシャルなファッションショーが繰り広げられることも決定している。

また、前日の3月19日(土)に開催される『第22回 東京ガールズコレクション2016 SPRING/SUMMER』の会場でもチケットが販売され、さらに当日は会場で若干数のVIP席・指定席・自由席各種の当日券が発売されることも発表された。ぜひ最後のチャンスを見逃さないようにしよう。

■『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016 supported by Samantha Thavasa』

3月20日(日) 国立代々木競技場第一体育館
開場16:00 / 開演18:00 / 終演21:00(予定)
※オープニングアクト 17:20
■アーティスト
E-girls、EXILE SHOKICHI、華原朋美、Crystal Kay 、Silent Siren、超特急、DEEP、BOYS AND MEN、MACO、安田レイ、ユナク(超新星) 他
※50音順 豪華アーティストが多数出演予定
■スペシャルゲスト
楓(E-girls)、佐藤晴美(E-girls)、藤井夏恋(E-girls)、藤井萩花(E-girls) 他
※50音順
■オープニングアクト
加治ひとみ、SOLIDEMO、HAND SIGN、Beat Buddy Boi 他
※50音順
■MC
武井壮 堀田茜
<チケット>
入場料:
・VIP席 一般:18,700円(税込) ※ペンライト付
・指定席 一般:8,300円(税込) ※ペンライト付
・自由席 一般:6,800円(税込) ※ペンライト付
※3歳以上要チケット、3歳未満入場不可

【関連リンク】
『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016 supported by Samantha Thavasa』オフィシャルHP
MACO、初の全国ツアー『FIRST KISS TOUR 2016』が映像化
超特急、山梨・新潟にて春ツアーの追加公演が決定
E-girls、『TOKYO GIRLS MUSIC FES. 2016』でのスペシャルライブが決定

【関連アーティスト】
DEEP, Crystal Kay, 華原朋美, E-girls, Silent Siren, 超特急, 安田レイ, ユナク(超新星), MACO, EXILE SHOKICHI, BOYS AND MEN
【ジャンル】
J-POP, フェス

BUMP OF CHICKEN、「Google Play Music」新CM に起用
Fri, 18 Mar 2016 18:00:00 +0900
BUMP OF CHICKEN (okmusic UP\'s)

3月18日(金)より放映がスタートした音楽配信サービス「Google Play Music」の新しいCMに、BUMP OF CHICKENが起用されていることがわかった。

【その他の画像】BUMP OF CHICKEN

CMは、彼らの最新アルバム『Butterflies』収録曲「Butterfly」をBGMに、「Butterfly」「ray」「Hello,world!」といった近年のMVや、BUMP OF CHICKEN feat.HATSUNE MIKU「ray」 のライヴ映像を繋ぎ合わせた構成になっており、精力的に活動するバンドの最新モードを象徴するかのような、クールな映像に仕上がっている。今作はテレビ放送のほか、Google Play Japanの公式YouTubeチャンネルでも公開されているとのこと。

合わせて、BUMP OF CHICKENの楽曲が「Google Play Music」に登場した。ラインナップは『BUMP OF CHICKEN I [1999-2004]』『BUMP OF CHICKEN II [2005-2010]』『RAY』『Butterflies』の収録曲。定額購入者とダウンロード販売では対応楽曲が異なり、さらに定額購入者向け配信は6月17日(金)までの期間限定となっている。

4月からはバンド初のスタジアムツアー「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 “BFLY"」に乗り出すBUMP OF CHICKEN。全6公演のうち、大阪2DAYS、愛知、福岡公演のチケットは3月19日(土)より一般発売が開始される。なお、7月開催の神奈川2DAYSについては、オフィシャルHPにチケット先行情報を掲載中だ。

【配信情報】
■Google Play Musicダウンロード販売楽曲 https://play.google.com/store/music/artist/?id=Aoydek26w3vhc5wp2lt5fhptiom
■Google Play Music定額購入者向け配信楽曲
https://play.google.com/music/m/Aoydek26w3vhc5wp2lt5fhptiom

■Google Play Music BUMP OF CHICKEN篇
https://www.youtube.com/watch?v=QaVWUdlUl6g

■「BUMP OF CHICKEN STADIUM TOUR 2016 “BFLY”」

4月09日(土) 大阪 京セラドーム大阪
4月10日(日) 大阪 京セラドーム大阪
5月08日(日) 愛知 ナゴヤドーム
5月22日(日) 福岡 ヤフオク!ドーム
7月16日(土) 神奈川 日産スタジアム
7月17日(日) 神奈川 日産スタジアム

【関連リンク】
BUMP OF CHICKEN オフィシャルHP
BUMP OF CHICKEN、最新アルバム『Butterflies』の全曲配信スタート
BUMP OF CHICKEN、地元・千葉で飾った結成20周年記念日!
BUMP OF CHICKEN、新曲「Butterfly」のMVがついに解禁!

【関連アーティスト】
BUMP OF CHICKEN
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

Beck、グランジ以降のオルタナティブロックを牽引した名作『メロウゴールド』
Fri, 18 Mar 2016 18:00:00 +0900
Beck『Mellow Gold』のジャケット写真 (okmusic UP\'s)

1980年代、商業主義に背を向けていたインディーズ系のロッカーたちが、90年初頭になると急激に人気を集め“オルタナティヴロック”として認知されるようになった。特に、ニルヴァーナやパールジャムなどに代表される“グランジ”は熱狂的に支持されたが、90年代中頃になると彼らのフォロワーらが激増し、若者たちは次なるオルタナティヴを求めていた。ここで登場するのがGラブやソウル・コフィンなど、ヒップホップとルーツ音楽を混ぜ合わせたスタイル。中でも、ベックはその代表格だと言えるだろう。93年のデビューから現在に至るまで、ロックの歴史を変えるような重要作を生み出し続けている。その原点となったのが彼のメジャーデビュー作『メロウ・ゴールド』だ。

■オルタナティヴロックが輝いていた90年代

パンクロックでさえも大手レコード会社に取り込まれた80年代。MTVの台頭もあって“売れるものと売れないもの”“メジャーとインディーズ”、これら両者の壁は広がりつつあった。そんな中、録音機器が安価になり、自宅でひっそりと4トラックや8トラックのレコーダーを使って自作曲を宅録する若者が増えていた。また、新しい音楽を紹介するカレッジ・ミュージック・ジャーナルというチャートも生まれ、商業主義にとらわれない世界中のポピュラー音楽を聴く若い音楽ファンは確実に増えていった。余談だが、日本の少年ナイフ、チボ・マット、ピチカート・ファイブ、ボアダムズらも、このチャートで多くのファンを全米で獲得している。

90年代初頭には、冒頭でも述べたようにニルヴァーナやパール・ジャムらが人気を集め、グリーンデイの『ドゥーキー』(‘94)が1000万枚以上を売上げることで、グランジ熱はピークに達する。90年代中頃になると、新しく登場してきたグループやシンガーの中からグランジ以外のふたつの流れが生み出される。ひとつは、ブルースやカントリーといったルーツ音楽に影響を受けたオルタナティヴなロッカー、もうひとつはオルタナティヴな音楽に影響を受けたカントリーやブルースのミュージシャンだ。

前者の代表的なミュージシャンとしては、ベック、G・ラブ、ジョン・スペンサー、ケヴ・モー、ベン・ハーパーなどで、後者にはフーティ&ザ・ブロウフィッシュ、ルシンダ・ウィリアムス、スティーヴ・アールらがいる。2016年現在、どちらの流れも健在で、今年のグラミー賞で3部門を獲ったクリス・ステイプルトンは後者のひとり。

■ベックの音楽的背景

ベックは1970年に生まれている。彼の父親はアレンジャー(主にストリングスアレンジ)のデビッド・キャンベル。キャンベルと言えば、70年代前半のウエストコーストロックの代表作には必ずと言っていいほどクレジットに登場した著名人で、最近ではリンキン・パークやアヴリル・ラヴィーンらのバックも務めている。

彼は幼少の頃から父親のレコードコレクションを聴きあさりつつ、同時代の音楽も身につけてきた、いわば音楽オタクである。特にブルース、カントリー、フォークソング、プロテストソング(1)など、アメリカンルーツ音楽をかなり勉強していることが彼の作品からも分かる。小さい頃から良い音楽を知っていることは、自身の音楽を構築する上で大いなる武器になっている。ベックは頭の中のルーツ音楽の知識と肉体的なヒップホップ感覚を巧みにミックスし、それまでには存在しなかった全く新しいロックを生み出したのである。

■『メロウ・ゴールド』に収められた「ルーザー」の衝撃

どこで知ったのかは忘れてしまったが、僕は本作『メロウ・ゴールド』の先行シングルとしてリリースされた「ルーザー」を初めて聴いた時の衝撃は、今でも忘れられない。

戦前のカントリー・ブルース(2)のようなスライドギターで始まり、リズムが重なると今風のブレイクビーツ(3)に展開。歌が始まると「ボブ・ディランがラップやってる!?」と勘違いしそうになるほど、ディランっぽさがある。その上、サビの部分では70年初頭まではロックでもよく使われた電気シタール(4)までが登場…「なんだこれ!?」となって、すぐに購入したのだ。

他の収録曲も、もちろん興味深い作品ばかりで、オルタナティヴフォークロックあり、ドアーズ風ゴシックロックあり、ノイズありと盛りだくさんだ。特に、いろんな曲に少しだけ使われるサンプリング・ネタには興味をそそられる。クレジットされているのはドクター・ジョンの曲だけだが、ガムラン(5)やマリアッチ(6)などの断片が明らかに使われており、20代前半の若者とは思えない彼のセンスと知識には驚くばかりだ。

最初は奇をてらっただけのイカサマ音楽家だと思っていた(失礼!)が、本作を何度も聴いていると、さまざまなポピュラー音楽の要素が詰まった上に、オルタナティヴな時代のスパイスをちゃんと盛り込んでいることにしばらくしてから気付いた。我ながらもうろくしたなぁと思わざるを得なかったが…いやぁ、勉強させてもらいました♪

■本作のキーは「ローファイ」「ヒップホップ」「アメリカンルーツ」

本作の特徴は「ローファイ(7)」「ヒップホップ」「アメリカンルーツ音楽」にある。一見すると相性の悪そうなアイテムだが、ベックに料理されるとベストマッチングになるから不思議なものだ。シンガーソングライターでもないし、ラッパーでもない、ベックという“オタク”オルタナティヴロッカーの才能を知るには、本作が最も適していると僕は思う。

次作となる『オディレイ』はダスト・ブラザーズとタッグを組み、サンプリング中心の音作りがなされている。それだけに少し手作り感が弱まってしまっているが、『メロウ・ゴールド』におけるルーツ音楽のようなテイストは奇跡のような出来事だと思う。このアルバムをカントリー、フォーク、ブルースの入門作品として聴くというのも面白いだろう。

(1) プロテスト・ソング
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%97%E3%83%AD%E3%83%86%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%BD%E3%83%B3%E3%82%B0

(2) カントリー・ブルース
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AB%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%83%BB%E3%83%96%E3%83%AB%E3%83%BC%E3%82%B9

(3) ブレイクビーツ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%96%E3%83%AC%E3%82%A4%E3%82%AF%E3%83%93%E3%83%BC%E3%83%84

(4) シタール
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B7%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%AB

(5) ガムラン
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AC%E3%83%A0%E3%83%A9%E3%83%B3

(6) マリアッチ
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9E%E3%83%AA%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%81

(7) ローファイ
https://ja.wikipedia.org/wiki/Lo-Fi

【関連アーティスト】
BECK
【ジャンル】


【連載コラム】稚菜、AKB48の「365日の紙飛行機」をカバー
Fri, 18 Mar 2016 18:00:00 +0900
稚菜 (okmusic UP\'s)

まずは今日の一曲。

今回はいつものライブ映像とはちょっと変えて歌ってみました。
AKB48の「365日の紙飛行機」
NHKの朝ドラ「あさが来た」のロケ地になっている奈良県橿原市今井町という所に実際に行って撮影して来ました。
今井町の町並みはとても閑静で日本の情緒が残っている本当に素敵な所でした。
私はこの様な場所が大好きなので、是非後世に残していって欲しいな、と思います。
また、AKB48の曲は初めて歌わせてもらいましたが、歌詞をじっくり聴くと本当に素敵な曲だという事がよく分かります。
背中をそっと押してもらえる様な曲です。
是非聴いてみて下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=tByTiJXFqqU&feature=youtu.be

奈良県を訪れたのはこの日が初めて。
この今井町で撮影をしながら、次の日はNPO法人サンタピアップさんのチャリティーイベントに呼んで頂きライブをしてきました。
(ちなみにサンタピアップは、タイとカンボジアの国境の街ポイペト郊外の村で貧困などの問題を抱える子供たちや村の人たちの自立支援を行っています。
貧困問題に直面している人たちに、一方的にお金やモノを与えるのではなく、技術を習得してもらい、自らお金やモノ、仕事を生み出す力をつけていただく事を目標に活動している方々です。)

私は初めての県でのライブはいつもわくわくドキドキしています。
この場所でうまくライブが出来るだろうか、
この町を好きになれるだろうか…そんな事をいつも感じています。
とてもありがたい事に、どの県に行っても温かく迎え入れていただき、この場所に来て良かった、
また絶対に歌いに来たい!そう思える遠征ライブしかした事がありません。
どこへ訪れても、優しい温かい人に囲まれて、そこに住んでいる人を好きになって、
その場所を好きにさせてもらっています。

今回のサンタピアップチャリティーライブでも同じ様に、
寧ろ今まで一番の温かい気持ちをもらった様な気がします。
涙もろい私は、この日色んなありがたい気持ちでどれだけ泣かされたか…笑
3年前に初めてカンボジアを訪れて、その時お世話になったツアースタッフさんと今こうして同じ様な志で繋がれている事を凄く幸せに思います。
人との繋がりって本当に素敵な奇跡。
今回もまた沢山の新しい出逢いがありました。
大切にしていきたい、繋げていきたい人たちと出逢う事が出来ました。
こうして活動して来て、難しい事も沢山あります。
それでも続けていればこうして通じ合える人や仲間に出逢う事が出来る。
そうして応援してくれる方もいるんだなって。
諦めないで自分の気持ちを貫き続けて来て良かったなって思います。
どんなに辛く苦しくとも、諦めないで続ける、という事は本当に大事なのだと思う。
音楽関係なく何事においても。
改めて、カンボジアに音楽学校を建てる事、そして音楽を、歌う事を。
私はこれからもずっと続けていこう!と思ったのでした。

【関連アーティスト】
AKB48, 稚菜
【ジャンル】


I Don\'t Like Mondays.、2ndワンマンライヴで初の全国ツアー開催を発表
Fri, 18 Mar 2016 17:00:00 +0900
3月12日@渋谷クラブ・クアトロ (okmusic UP\'s)

I Don\'t Like Mondays.(アイ・ドント・ライク・マンデイズ)が、自身2度目となるワンマンライヴ「TOKYO 2016」を3月12日(土)に渋谷クラブクアトロで開催した。

【その他の画像】I Don\'t Like Mondays.

昨年10月に渋谷WWWで行なった初のワンマン「TOKYO 2015」に続き、今回もチケットは即日ソールドアウト。超満員の800名がメンバーの登場を待ちわびる中、力強いアカペラのイントロによる「MEMORIES」でライヴがスタート。初期のアンセムとも言えるシンガロングスタイルの代表曲に続けて「Don\'t Stop Your Music」「Star Drive」、そして「FIRE」と、彼らの十八番であるダンスナンバーを立て続けに繰り出す。クアトロという空間を忘れさせてしまうような舞台セットが、近未来の世界へとファンを導いていく。揃いのタキシードに身を包んだ悠(Vo)、兆志(Gu)、謙二(Ba)、秋気(Dr)の4人によるワイルド&ジェントルなエスコートに、会場の熱気は早くも最高潮だ。

“今日はみなさんと一緒に楽しんでいきたいと思います。その前に言わなきゃいけないことがあるんだよね・・・・・Sorry”というキザな悠のMCから披露された最新シングル曲「Sorry」では、悠が突如客席に現れた“彼女”(MVに出演したモデルのYUAN)からの銃弾に倒れるという、話題のMVさながらの演出も!

完璧なコーラスワークを聴かせたアカペラ映像による「BANG!!」を挟んでのアコースティックセットは、客席全体に広がる電飾により、一転してアットホームな雰囲気に。各メンバーがそれぞれ教師役となり、観客が学校の生徒という設定で行なったメンバー紹介〜生徒からの質問コーナーで爆笑を巻き起こしたかと思うと、秋気の軽快なカホンのリズムによるイントロからPharrell Williams「Happy」のカバーが飛び出す。洋楽カバー自体はアーティストにとって珍しいことではないが、ここまで誰もが知る超ドメジャーな楽曲をサラリと自分たちのモノにしてしまう度胸と技量はアイドラの天賦のセンスを感じさせた。メンバーが退き、悠ソロの弾き語りでアルバム『TOKYO』から「LOVE YOURSELF」、続けてJustin Bieberの同名曲カバーを披露する洒落っ気も、実に“らしい”一幕だった。

そこから一転、客席に兆志が登場すると、ここぞとばかりに激しいギターソロをプレイ! そこからなだれ込むようにQUEEN、AEROSMITH、AC/DCなどの代表曲を繋いだ「ROCKリフメドレー」セッションから、P-FUNKを彷彿とさせるアイドラ随一のワイルドなナンバー「TOKYO BROTHERS」、最強にオシャレなパーティーチューン「PERFECT NIGHT」で客席は再び熱狂のピークに! そして、ミディアムナンバー「FEELING」では感動的なまでに逞しく成長したバンドのスケール感を見せつけた。

“(さまざまな演出効果を盛り込んだ)前回のワンマンを超えられるのかという不安もあったんだけど…”と悠が切り出す。“初めてクアトロに来た人はわからないかもしれないけど、(客席上方に飾られた電飾や10台ものTVモニターなど)こんなの(普段は)付いて無いからね! 今回も僕らを支えてくれたスタッフに拍手を!”の言葉に客席から惜しみない拍手が贈られた。本編ラストは「We Are Young」。満員の観客が一斉に腕を振り上げ、精一杯のジャンプでバンドの熱演に応える。

今日の日を迎えられたファンの悦びと満足感、“それでももっと観たい!”とメンバーを呼ぶ観客からの「PERFECT NIGHT」の大合唱に応えて、再度メンバーが登場。アイドラ史上最もSEXYなナンバーの呼び声も高い「SUPER SPECIAL」のイントロが奏でられると、客席からひときわ大きな歓声が上がる。ここでもまた彼ららしいピースフルな演出が。曲の後半で“お客さんの中に今日カップルで観にきてくれた人はいますか?”との呼びかけに応えた1組の男女をステージ上に呼び込み、“彼らの愛が永遠に続きますように!”といっそうグルーヴィーな演奏を繰り広げると、会場全体が笑顔にあふれた一体感で満ちていった。

最後にメンバーそれぞれから感謝を表わすMCがあり、“最後に一言だけ言わせてください。『愛してるよ!』”との悠の言葉に続けたラスト曲は「Girlfriend」。そしてなんと、その曲中にもサプライズが! 今秋アイドラ初の全国ツアーを行なうことが発表され、客席は歓喜に沸いた。“オシャレな女の子を躍らせる”4人組の野望がますます大きなスケール感を伴ってこのあと全国へと拡がっていくことを確信させられた、スペシャルな夜だった。

【セットリスト】
01.MEMORIES
02.Don\'t Stop Your Music
03.STAR DRIVE
04.FIRE
05.BADMAN
06.Sorry
07.SING
08.Happy(Pharrell Williams Cover)
09.LOVE YOURSELF
10.Love Yourself(Justin Bieber Cover)
11.TOKYO BROTHERS
12.PERFECT NIGHT
13.FINAL DESTINATION
14.FEELING
15.Golden Life
16.We Are Young
<ENCORE>
17.SUPER SPECIAL
18.Girlfriend

Photo by t.hosoda

【関連リンク】
I Don\'t Like Mondays. オフィシャルHP
I Don\'t Like Mondays.が全浮気男に捧ぐ「Sorry」MVを公開
I Don\'t Like Mondays.、『アコースティックライブツアー 特別編』生配信決定
I Don\'t Like Mondays.、2ndシングル詳細&新ビジュアル公開

【関連アーティスト】
I Don\'t Like Mondays.
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

サカナクション、4月の幕張メッセ公演で新曲を初披露
Fri, 18 Mar 2016 16:00:00 +0900
サカナクション (okmusic UP\'s)

4月9日(土)、10日(日)の2日間にわたって幕張メッセで全国ツアーの集大成となるライヴを行なうサカナクション。そんな彼らが当日、新曲を初披露することがわかった。

【その他の画像】サカナクション

新曲は資生堂「アネッサ」新CMソングとしてすでにTVでオンエアされているもの。CMでは一部しか確認できないが、その全貌がライヴで明らかになる。

初日の4月9日(土)公演はソールドアウトで、2日目の4月10日(日)公演もチケット残りわずかとのこと。気になる方は早めのチェックを!

■「SAKANAQUARIUM2015-2016“NF Records launch tour”」

4月09日(土) 千葉 幕張メッセ国際展示場ホール9-11
4月10日(日) 千葉 幕張メッセ国際展示場ホール9-11

【関連リンク】
サカナクション オフィシャルHP
サカナクション、約5年ぶりの日本武道館公演が映像化
サカナクション、北海道で主催野外レイヴイベント『SAKANATRIBE』開催を発表
サカナクション、資生堂「アネッサ」新CMに楽曲提供

【関連アーティスト】
サカナクション
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

Awesome City Club、ライヴで初披露したばかりの新曲を即日リリース
Fri, 18 Mar 2016 15:00:00 +0900
Awesome City Club (okmusic UP\'s)

Awesome City Clubが新曲「Vampire」をiTunes Store他で配信リリースした。

【その他の画像】mabanua

この新曲は、3月17日(木)に東京・渋谷CLUB QUATTROで行なわれた自主企画イベント「Awesome Talks -Vol.03-」で初披露、即日配信が開始となった。

バンドにとっては「4月のマーチ」以来ひさびさとなる、PORIN(Vo&Syn)がメインヴォーカルを取った、疾走感あふれるキャッチーな楽曲。プロデュースは前作に引き続いてmabanuaを迎え、新たに作詞はPORINと共作で高橋久美子、エンジニアは浦本雅史がそれぞれ担当している。配信リリースと同時に、YouTubeではリリックビデオも公開中!

また、この日のライヴでは、初夏に東京、大阪、愛知、福岡の4都市を回るワンマンツアーを開催することも発表。「Awesome Talks -One Man Show 2016-」と題されたこのツアーのチケットは、オフィシャルHPで先行受付中だ。

さらに、新たに会員制ソーシャルコミュニティー「Awesome VIP Club」がスタートしたことも同時にアナウンスされた。これは、ソーシャルメディアプラットフォーム「note」を活用したWEBサービスで、メンバー全員によるDIARY、動画、STAFF DIARYなどの限定コンテンツを基本に、チケット先行予約などさまざまな限定特典を得ることができる月額課金制のコミュニティーとなっており、今後はその他にもファンとの新しい交流の場を作っていくという。現在ワンマンツアーの先行予約を行なっており、どのチケット先行よりも早い整理番号で入手できるとのことなので、こちらもぜひチェックしてみてほしい。

【新曲「Vampire」について PORIN(Vo&Syn) コメント】
この曲は男と女のおはなし。
恋をすると何もかもが夢物語のようで、おとぎ話の主人公になったようで、毎日が色鮮やかになる。
そんな淡くて儚い感情を、疾走感あふれる打ち込みサウンドに乗せてみました。
今回は歌詞の共同制作者として作家の高橋久美子さんを迎え、私がうまく表現しきれなかった部分を久美子さんの言葉で色付けしてもらいました。
男女のリアルが詰まった、ロマンチックな作品になったと思います。
いろんな暗喩を楽しんでもらいつつも、ダイレクトにみんなのこころに届けられたら嬉しいです。
サウンド面ではmabanuaさんをプロデューサーに、浦本雅史さんをエンジニアに迎え、より音にこだわった踊れるサウンドになりました。
これまでのオーサムとは一味違った本質的なダンスミュージックをお楽しみください。
あの人のことを想いながら、自由に体を揺らしながら、たくさん聴いてあげてくださいね。
Vampire、みんなのこころに噛み付いて離れない曲になりますように!

■Awesome VIP Club
http://note.mu/awesomecityclub

■「Vampire」リリックビデオ
https://youtu.be/IjVGgt3BnCY

■配信シングル「Vampire」

発売中 ¥250(税込)
iTunes Store他で配信
https://itunes.apple.com/jp/album/id1088159427?app=itunes&ls=1

■「Awesome Talks -One Man Show 2016-」

6月25日(土) 大阪 心斎橋JANUS
6月26日(日) 愛知 伏見JAMMIN
7月03日(日) 福岡 Drum Be-1
7月08日(金) 東京 恵比寿LIQUIDROOM

【関連リンク】
Awesome City Club オフィシャルHP
「ビクターロック祭り〜2016〜」、約10時間に及ぶ圧巻のライブに15,000人が大熱狂
ビクター新レーベル「CONNECTONE」が初主催イベント&オーディションの開催を発表
「ビクターロック祭り2016」、新設ステージの出演アーティストが明らかに

【関連アーティスト】
mabanua, Awesome City Club
【ジャンル】
ジャパニーズロック

GACKT、“黒い羽”が印象的なニューアルバムのビジュアルを公開
Fri, 18 Mar 2016 11:00:00 +0900
GACKT (okmusic UP\'s)

GACKTが4月27日にリリースするニューアルバム『LAST MOON』のビジュアルが公開された。

【その他の画像】GACKT

2009年12月に発売した『RE:BORN』から早6年強。ついにオリジナルアルバム『LAST MOON』が発売になる。今作はGACKTが紡いできた「MOONプロジェクト」の最終章とも言える作品で、昨年10月に発売した「ARROW」を含む全13曲が収録曲となる。形態は「GACKT STORE」で事前に受注されたプレミアムエディションと、一般流通されるCD+DVD、CD onlyの3パッケージが用意され、どのジャケットも月をバックに今にも羽ばたきそうな“黒い羽”が特徴的なビジュアルとなった。

同様に、アーティスト写真もコンセプチュアルなものとなっており、6年ぶりの作品に対する気合が感じられる。

■アルバム『LAST MOON』

2016年4月27日発売
【プレミアムエディション】(2CD+DVD)
GLCD-00014/¥16,800+税
※DISC 2(CD)は内容未定
【CD+DVD】
GLCD-00015/¥4,800+税
※新曲「傀儡が如く」MVを視聴できるシリアルコード付き
【CD】
GLCD-00016/¥3,800+税
<収録曲>
■CD
01.ARROW
02.花も散ゆ
03.RETURNER〜闇の終焉〜
04.RIDE OR DIE
05.暁月夜 -DAY BREAKERS-
06.斬〜ZAN〜
07.傀儡が如く
08.ONE MORE KISS
09.舞哈BABY!! -WooHa-
10.恋のFRIDAY!!!
11.キミだけのボクでいるから
12.P.S. I LOVE U
13.雪月花 -The end of silence-
■DVD
〈MV〉
01.ARROW
02.RETURNER〜闇の終焉〜
03.暁月夜 -DAY BREAKERS-
04.P.S. I LOVE U
05.雪月花 -The end of silence-

【関連リンク】
GACKT オフィシャルHP
GACKT、ニコびじゅ特番の公開生放送に緊急出演決定
GACKTの『卒業式サプライズライヴ』をニコ生が完全密着
GACKTが映画『カーラヌカン』主演に決定、美しい身体と美貌を持つ男性演じる

【関連アーティスト】
GACKT
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, ビジュアル

ビクター新レーベル、CONNECTONE初の主催イベントにRHYMESTERが出演決定
Fri, 18 Mar 2016 14:00:00 +0900
RHYMESTER (okmusic UP\'s)

ビクターエンタテインメントの新レーベル、CONNECTONE(コネクトーン)が5月に行なう初の主催イベント「CONNECTONE NIGHT Vol.1」に、RHYMESTERが出演することがわかった。

【その他の画像】RHYMESTER

このイベントにはAwesome City Club、SANABAGUN.、ぼくのりりっくのぼうよみの出演がすでに決定している他、同レーベルが開催中のオーディションの優勝アーティストなど、今後も追加アーティストが発表される予定だ。

CONNECTONEは、“つなげる音楽、つながる音楽”をコンセプトに2015年に発足し、Awesome City Club、SANABAGUN.、ぼくのりりっくのぼうよみ、sympathyの4組の新人アーティストを世に送り出してきた注目のレーベル。今回出演が決定したRHYMESTERは結成26年目の2015年、このCONNECTONEと共にstarplayers Recordsを設立している。

「CONNECTONE NIGHT Vol.1」のチケット一般発売は3月19日(土)10:00から。チケット、オーディションについての詳細はCONNECTONEオフィシャルHPへ。

【レーベルヘッド 高木亮 コメント】
CONNECTONE
「コネクト」 + 「トーン」 = つなげる音楽、つながる音楽

私たちは音楽をつなげていくこと、音楽でつながっていくことを目指しています。
例えば、“アーティストとリスナーをつなぐ"、“リスナー同士をつなぐ"、“アーティスト同士をつなぐ"、“アーティストの次のリリース、次の活動につなぐ"。
そして、志を高くして、“音楽文化を次世代へとつなぐ"。
様々なつながりの場となるようなレーベル、沢山の音楽好きたちとつながっていくレーベルにしたいと思っています。
音楽の匂いが強烈に漂うスポットを創っていけたら最高です。

圧倒的なオリジナリティやアイディアを持っていれば、オールジャンルの音楽と関わっていきます。
ワクワクさせられるアーティストの音楽や活動を、ワクワクしながら伝えていくつもりです。

音楽を通じて皆さんとつながっていくことを、所属アーティスト/スタッフ一同楽しみにしています!

■CONNECTONE オフィシャルHP
http://www.jvcmusic.co.jp/connectone/

■「CONNECTONE NIGHT Vol.1」

5月06日(金) 渋谷 CLUB QUATTRO
時間:OPEN 17:00 / START 17:45
出演:RHYMESTER、Awesome City Club、SANABAGUN.、ぼくのりりっくのぼうよみ and more
チケット料金:前売 ¥3,000(D代別)
チケット一般発売:3月19日(土)10:00
イベント情報/チケット販売詳細はこちら
http://www.jvcmusic.co.jp/connectone/

【関連リンク】
RHYMESTER主催『人間交差点 2016』出演アーティスト第2弾は三浦大知やモンパチら4組
RHYMESTER主宰『人間交差点 2015』に5000人が熱狂
RHYMESTER主催フェス「人間交差点」の最終追加アーティストはスチャダラパー
RHYMESTER、ビクターへの移籍第一弾シングルの特典映像&アートワーク解禁

【関連アーティスト】
RHYMESTER
【ジャンル】
J-POP, ジャパニーズロック, ジャパニーズヒップホップ, イベント

井上陽水、大ヒット曲や名作カヴァー満載の名演が映像化
Fri, 18 Mar 2016 13:00:00 +0900
井上陽水 (okmusic UP\'s)

井上陽水が昨年9月よりスタートした、ライブ・ツアー『井上陽水 コンサート 2015 「UNITED COVER 2」』。2015年12月5日に東京国際フォーラムホールAにて開催された、同ツアーの東京公演の模様を収録したBlu-ray&DVD『井上陽水 コンサート2015 UC2』をリリースすることが発表された。


【その他の画像】井上陽水

「傘がない」の神がかったパフォーマンス、ラテンアレンジの「氷の世界」では会場全体が舞い踊り、アンコールで披露された「夢の中へ」は全員総立ちに。また、代表曲のオンパレードに加え、カヴァーアルバム『UNITED COVER 2』から「シルエット・ロマンス」「リンゴ」「有楽町で逢いましょう」「あの素晴しい愛をもう一度」など、日本音楽史に残る名曲の数々も披露。さらに、井上陽水本人も番組のファンだというNHK『ブラタモリ』のオープニングテーマ「女神」とエンディングテーマ「瞬き」など、新旧のヒット曲がラインナップされた、セットリスト21曲が収録されている。

そして、今回の映像商品の隠れセールスポイントは特典映像として収録される井上陽水の軽妙洒脱なトーク(約20分)。昔はコンサートではMCであまり多くを語らなかったという井上陽水だが、今やMCで会場は大爆笑に包まれる。中でも、今作に収録されている「イタリア高級ブランドショップにて」というトークは名人級の落語を聞いているようなので是非ご覧あれ!

photo by 有賀幹夫

■『井上陽水 コンサート2015 UC2』ダイジェスト映像
https://www.youtube.com/watch?v=88puMqtWpZY

■Blu-ray&DVD『井上陽水 コンサート2015 UC2』

2016年3月16日発売
【Blu-ray】
UPXH-1029/¥6,800(税込)
【DVD】
UPBH-1401/¥6,800(税込)
<収録曲>
コーヒー・ルンバ
ダンスはうまく踊れない
飾りじゃないのよ 涙は
鍵の数
お願いはひとつ
シルエット・ロマンス 
リンゴ
有楽町で逢いましょう
女神
瞬き
あの素晴しい愛をもう一度
リバーサイド ホテル
ジェニーMy love
My House
青い闇の警告
氷の世界
とまどうペリカン
〜アンコール〜  
渚にまつわるエトセトラ 
夢の中へ  
傘がない  
結詞
■特典MC映像 約20分
前口上
イタリア高級ブランドショップにて
初対面恐怖症
鯛の兜焼き柚子胡椒風味
四季折々

■『井上陽水 コンサート2016「UNITED COVER 2」』

3月19日(土) 東京 NHKホール
3月21日(月) 愛知 愛知県芸術劇場 大ホール
3月25日(金) 広島 広島上野学園ホール
3月27日(日) 熊本 市民会館崇城大学ホール(熊本市民会館)
4月02日(土) 鹿児島 鹿児島市民文化ホール第一
4月03日(日) 宮崎 宮崎市民文化ホール
4月07日(木) 新潟 長岡市立劇場
4月08日(金) 富山 富山オーバード・ホール

【関連リンク】
井上陽水、3月16日に最新映像作品『井上陽水 コンサート2015 UC2』を発売
井上陽水、カヴァーアルバム発売記念公演の模様をスカパー!にて放送決定
井上陽水、カバーアルバム『UNITED COVER 2』試聴・座談会開催
井上陽水、カバーアルバム『UNITED COVER 2』ハイレゾ試聴・座談会開催

【関連アーティスト】
井上陽水
【ジャンル】
J-POP

AA=、Masato(coldrain)とKoie(Crossfaith)とのコラボ楽曲の配信ジャケ写を公開
Fri, 18 Mar 2016 12:00:00 +0900
配信シングル「FREE THE MONSTER」 (okmusic UP\'s)

2月に情報解禁されて以来、楽曲の全貌へ期待を寄せる声でラウドロックシーンを騒つかせているAA=×Masato(coldrain)+Koie(Crossfaith)名義での衝撃のトリプルコラボレーション楽曲「FREE THE MONSTER」が、ついに配信開始された!


【その他の画像】AA=

世界中を魅了し続ける上田剛士(AA=)サウンドに乗せ、同じく今や世界中に名を轟かせている2組のラウドロックバンドのフロントマン、coldrainのMasatoとCrossfaithのKoieがボーカリストとして参戦したこの楽曲。内なる叫びを解き放つかの様なMasatoとKoieの強烈なスクリームが怒涛に繰り出され、上田剛士が創り出す狂暴なサウンドに絡み合う、AA=史上最狂&最重のヘヴィな楽曲になっている。上田剛士・Masato・Koieの内に秘めた“MONSTER"の片鱗が具現化された、世界の舞台を知る3人だからこそ創り得た究極の一曲に仕上がっており、今のラウドロックシーンで最重要曲になることは間違いない!

また、今回のジャケット画像だが、すでにリリースされている配信曲『→MIRAI→(ポストミライ)』『M SPECIES』に続き、国内外の賞を総なめにしている、モード学園(東京・大阪・名古屋)2015年度TVCMでもお馴染みの、イラストレーターshichigoro(シチゴロ)氏の書下ろしとなっている。前2作のジャケット画像をご覧いただくとお分かりになる通り、AA=の象徴でもあるブタマスクがリリースごとに崩れていくイラストとなっていて好評を博しているが、配信に先駆けジャケット画像が公開!「FREE THE MONSTER」ではマスクが崩れた先の顔が明らかになった。ベールを脱いだこのイラストが指す意味は?!続いていくAA=のストーリー。さらなる情報発信に期待だ。

【コメント】
■Masato(coldrain)
初めて対バンしてTAKESHIさんと出会った頃からAA=の曲で歌うという野望を抱いてました。
呼ばれただけでも最高なのにリスペクトする仲間とそのコラボレーションが実現してかなり嬉しいです。
TAKESHIさんの作った曲に2人共ボーカリストとしてのアイディアを盛り込む事が出来たしレコーディングもめちゃくちゃ面白かった。
FREE THE MONSTERはAA=だからこそ引き出せるcoldrain-MasatoとCrossfaith-Koieが聴ける曲になってると思います。頭を振らずに聴けないだろうなこれは笑

■Koie(Crossfaith)
初めてステージに立っているTAKESHIさんを見たのは2004年、それから10年以上。
憧れていた、そんな人物と1つの曲を一緒に作れる時が来るとはそのときは思っても見なかった。
そこに最高の友人でありながら最大のライバルであるMasatoと一緒に挑めた今回のプロジェクトは自分にとっても、今の音楽シーンにおいても最重要の一曲になる事は間違いない。
マジでヤバイ出来やから早くみんなに聴いてもらいたい!
FREE THE MONSTEEEEERRRR!!!!!

■上田剛士(AA=) ※2月15日公開済
音楽は国境を越えていく。
それは僕が経験から得た真実だ。

リアルな音の中には"特別な何か"が存在している。
それは普段はひっそりと隠れているけれど、音のエネルギーと共に姿を現してくる。
時代を超え、僕らの中に共通して存在している"特別な何か"。
それを僕らはこの曲で"モンスター"と呼んだ。

coldrainのMasatoとCrossfaithのKoieという、今まさに世界の舞台で戦う若者と今回一緒に音を鳴らした事は必然だったかもしれない。

この音で僕らの中に、そして皆の中にもきっと存在する"モンスター"を感じてほしい。

Photo by 浜野カズシ

■配信「FREE THE MONSTER」/AA=×Masato(coldrain)+Koie(Crossfaith)

2016年3月18日(金) 配信開始
¥250
iTunes Store、Amazon、mora、レコチョク 他、各配信サイトにて配信中!
■iTunes
https://itunes.apple.com/jp/album/id1088150002?app=itunes&ls=1
■amazon
http://www.amazon.co.jp/gp/product/B01C9PT770
■レコチョク
http://recochoku.jp/song/S1002982214/
■mora
http://mora.jp/package/43000005/VE3WA-17610/

【関連リンク】
AA= オフィシャルHP
MODESTEP、Radical Hardcore Cliqueらタワレコ主催『Bowline2016』に出演
coldrain、5月より初のヨーロッパヘッドライナーツアーを敢行
SiM x Crossfaith x レッドブル、日本のロックシーンに翼をさずけるコラボプロジェクトが始動

【関連アーティスト】
AA=, Crossfaith, coldrain
【ジャンル】
ジャパニーズロック













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1