歌詞検索・うたまっぷトップへ          okmusic音楽ニュース

音楽ニュース  (2016年03月14日)
バックナンバー
最新ニュース
2016/03/23
2016/03/22
2016/03/21
2016/03/20
2016/03/19
2016/03/18
2016/03/17
2016/03/16
2016/03/15
2016/03/14
2016/03/13
2016/03/12
2016/03/11
2016/03/10
2016/03/09
2016/03/08
2016/03/07
2016/03/06
2016/03/05
2016/03/04
2016/03/03
2016/03/02
2016/03/01
2016/02/29
2016/02/28
2016/02/27
2016/02/26
2016/02/25
2016/02/24
2016/02/23
2016/02/22
2016/02/21
2016/02/20
2016/02/19
2016/02/18
2016/02/17
2016/02/16
2016/02/15
2016/02/14
2016/02/13
2016/02/12
2016/02/11
2016/02/10
2016/02/09
2016/02/08
2016/02/07
2016/02/06
2016/02/05
2016/02/04
2016/02/03
2016/02/02
2016/02/01
2016/01/31
2016/01/30
2016/01/29
2016/01/28
2016/01/27
2016/01/26
2016/01/25
2016/01/24
2016/01/23
2016/01/22
2016/01/21
2016/01/20
2016/01/19
2016/01/18
2016/01/17
2016/01/16
2016/01/15
2016/01/14
2016/01/13
2016/01/12
2016/01/11
2016/01/10
2016/01/09
2016/01/08
2016/01/07
2016/01/06
2016/01/05
2016/01/04
2016/01/03
2016/01/02
2016/01/01
2015/12/31
2015/12/30
2015/12/29
2015/12/28
2015/12/27
2015/12/26
2015/12/25
2015/12/24
2015/12/23
2015/12/22
2015/12/21
2015/12/20
2015/12/19
2015/12/18
2015/12/17
2015/12/16
2015/12/15
2015/12/14
2015/12/13
2015/12/12
2015/12/11
2015/12/10
2015/12/09
2015/12/08
2015/12/07
2015/12/06
2015/12/05
2015/12/04
2015/12/03
2015/12/02
2015/12/01
2015/11/30
2015/11/29
2015/11/28
2015/11/27
2015/11/26
2015/11/25
2015/11/24
2015/11/23
2015/11/22
2015/11/21
2015/11/20
2015/11/19
2015/11/18
2015/11/17
2015/11/16
2015/11/15
2015/11/14
2015/11/13
2015/11/12
2015/11/11
2015/11/10
2015/11/09
2015/11/08
2015/11/07
2015/11/06
2015/11/05
2015/11/04
2015/11/03
2015/11/02
2015/11/01
2015/10/31
2015/10/30
2015/10/29
2015/10/28
2015/10/27
2015/10/26
2015/10/25
2015/10/24
2015/10/23
2015/10/22
2015/10/21
2015/10/20
2015/10/19
2015/10/18
2015/10/17
2015/10/16
2015/10/15
2015/10/14
2015/10/13
2015/10/12
2015/10/11
2015/10/10
2015/10/09
2015/10/08
2015/10/07
2015/10/06
2015/10/05
2015/10/04
2015/10/03
2015/10/02
2015/10/01
2015/09/30
2015/09/29
2015/09/28
2015/09/27
2015/09/26
2015/09/25
2015/09/24
2015/09/23
2015/09/22
2015/09/21
2015/09/20
2015/09/19
2015/09/18
2015/09/17
2015/09/16
2015/09/15
2015/09/14
2015/09/13
2015/09/12
2015/09/11
2015/09/10
2015/09/09
2015/09/08
2015/09/07
2015/09/06
2015/09/05
2015/09/04
2015/09/03
2015/09/02
2015/09/01
2015/08/31
2015/08/30
2015/08/29
2015/08/28
2015/08/27
2015/08/26
2015/08/25
2015/08/24
2015/08/23
2015/08/22
2015/08/21
2015/08/20
2015/08/19
2015/08/18
2015/08/17
2015/08/16
2015/08/15
2015/08/14
2015/08/13
2015/08/12
2015/08/11
2015/08/10
2015/08/09
2015/08/08
2015/08/07
2015/08/06
2015/08/05
2015/08/04
2015/08/03
2015/08/02
2015/08/01
2015/07/31
2015/07/30
2015/07/29
2015/07/28
2015/07/27
2015/07/26
2015/07/25
2015/07/24
2015/07/23
2015/07/22
2015/07/21
2015/07/20
2015/07/19
2015/07/18
2015/07/17
2015/07/16
2015/07/15
2015/07/14
2015/07/13
2015/07/12
2015/07/11
2015/07/10
2015/07/09
2015/07/08
2015/07/07
2015/07/06
2015/07/05
2015/07/04
2015/07/03
2015/07/02
2015/07/01
2015/06/30
2015/06/29
2015/06/28
2015/06/27
2015/06/26
2015/06/25
2015/06/24
2015/06/23
2015/06/22
2015/06/21
2015/06/20
2015/06/19
2015/06/18
2015/06/17
2015/06/16
2015/06/15
2015/06/14
2015/06/13
2015/06/12
2015/06/11
2015/06/10
2015/06/09
2015/06/08
2015/06/07
2015/06/06
2015/06/05
2015/06/04
2015/06/03
2015/06/02
2015/06/01
2015/05/31
2015/05/30
2015/05/29
2015/05/28
2015/05/27
2015/05/26
2015/05/25
2015/05/24
2015/05/23
2015/05/22
2015/05/21
2015/05/20
2015/05/19
2015/05/18
2015/05/17
2015/05/16
2015/05/15
2015/05/14
2015/05/13
2015/05/12
2015/05/11
2015/05/10
2015/05/09
2015/05/08
2015/05/07
2015/05/06
2015/05/05
2015/05/04
2015/05/03
2015/05/02
2015/05/01
2015/04/30
2015/04/29
2015/04/28
2015/04/27
2015/04/26
2015/04/25
2015/04/24
2015/04/23
2015/04/22
2015/04/21
2015/04/20
2015/04/19
2015/04/18
2015/04/17
2015/04/16
2015/04/15
2015/04/14
2015/04/13
2015/04/12
2015/04/11
2015/04/10
2015/04/09
2015/04/08
2015/04/07
2015/04/06
2015/04/05
2015/04/04
2015/04/03
2015/04/02
2015/04/01
2015/03/31
2015/03/30
2015/03/29
2015/03/28
2015/03/27
2015/03/26
2015/03/25
2015/03/24
2015/03/23
がんばれ!Victory、人気コミックス「爪先の宇宙」とコラボした新曲MVを公開
Mon, 14 Mar 2016 12:00:00 +0900
「サヨナラ」MV (okmusic UP\'s)

3月16日(水)にメジャー1stフルアルバム『十代発表』をリリースするがんばれ!Victory。その『十代発表』に収録される「サヨナラ」が、人気コミック「爪先の宇宙」(作:manni)とコラボし、制作したミュージックビデオを公開した。

【その他の画像】がんばれ!Victory

このミュージックビデオでは1200万DLを突破した人気コミック&ノベルサービス「comico」の人気コミック「爪先の宇宙」を使用し、実写のドラマと重ね合わせた映像で実写ドラマには10代から絶大な支持を得る平尾優美花と大倉士門らが出演。内気な主人公演じる平尾優美花を中心に、切ない男女の三角関係を描いたミュージックビデオとなった。 「サヨナラ」のミュージックビデオはYoutubeで公開されている。

??「サヨナラ」iTunes配信情報
https://itunes.apple.com/jp/album/shi-dai-fa-biao-tong-chang-pan/id1087747637?app=itunes&ls=1
??「サヨナラ」歌詞掲載情報
http://www.uta-net.com/song/204129/
??「爪先の宇宙」原作コミック(? manni/comico)
http://www.comico.jp/articleList.nhn?titleNo=6832

■【コメント】

■平尾優美花
感情をうまく表せられない女の子になりきりました!このMVを見て少しでもアキの気持ちが伝われば、、不器用な女の子の共感を得られればいい な!と思います!サヨナラも心に刺さる切なくも暖かくもある歌なのでぜひ!

■大倉士門コメント
登場する三人の三角関係の描写がすごくおもしろいと思いました。主人公アキに感情移入してみるとすごく胸がキュンとするようなそんな感じ。女 の子なら誰もが経験したことあるのではないでしょうか。何度も見返してしまいました!ぜひ見てください!

■manni(「爪先の宇宙」原作者)]
このお話をいただいた時はちょうどカラオケで原稿作業中で、カラオケのモニターちらちらしながら描いていたんです。
そうしたらモニターの中でがんばれ!Victoryさんが喋っていて、楽器操る女の子達かっこいーななんて思いながら見てたんですが、そこに この企画のメールが届いて、もうモニターとメール画面を何往復したかっていうぐらい驚きました。それからがんばれ!VictoryさんのMV たくさん見て、今じわじわと実感がわいてきて緊張と興奮で震えております。
素敵な曲"サヨナラ"に関わることが出来て、かっこいい彼女達に関わることが出来て本当に嬉しいです!ありがとうございます。

■がんばれ!Victory れな(Gt,)
今回自身初となるアルバムに抑揚を出したくがんばれ!Victoryには数少ないバラード曲を書き下ろし、そして漫画とのコラボというものも 初めてさせていただけることになりました。
「サヨナラ」を書いた際に感じていたことを頭の中で蘇らせながら携帯でラフミックスを流し「爪先の宇宙」を読ませていただきました。
「爪先の宇宙」は淡く切ない世界観を感じてそれぞれのキャラクターの中に秘められている悲しみの影を映ながらもそこが人間味の溢れるストー リーに私には見えて「サヨナラ」がコラボをさせていただける作品としても、がんばれ!Victoryにとって初めての漫画とのコラボもこんな 素敵な作品でとても光栄に思いました。
「サヨナラ」も爪先の宇宙の切なくでも暖かい世界観を広められる何かになれればと思います。

■「サヨナラ」ミュージックビデオ
URL:https://youtu.be/Y5Fs0ZYOnCc

【関連リンク】
がんばれ!Victory、初のフルアルバム発売前日に360度解放フロアライブを開催
がんばれ!Victory、イシバシ楽器にて「青春!ヒーロー」譜面付きフライヤーを無料配布
がんばれ!Victory、アルバム発売日にスタジオライヴを生配信
がんばれ!Victory、TOKYO FM『deeper deeper』の3月度マンスリーパーソナリティに決定

【関連アーティスト】
がんばれ!Victory
【ジャンル】
ジャパニーズロック, 女性アイドル

SHE\'S、6月8日発売のシングル「Morning Glow」でメジャーデビュー決定
Mon, 14 Mar 2016 23:00:00 +0900
SHE\'S (okmusic UP\'s)

次世代を担うピアノロックバンド・SHE\'Sが2016年6月8日にユニバーサルミュージック/Virgin Recordsからメジャーデビューすることが明らかになった。

【その他の画像】SHE\'S

これは3月14日に東京・渋谷CLUB QUATTROで行なわれた『SHE\'S ONEMAN TOUR FINAL「She\'ll be fine ?chapter.0」』のファイナルにてメンバーの口から発表されたもの。本編最後のMC部分にて井上竜馬(Key/Vo.)がこれまでのバンドの軌跡を語り、「SHE\'Sという船はゆっくりゆっくり進んできました。5年経って、こうやってたくさんのお客さんの前でライブができてとても幸せです。これからも変わらないけれど、このライブから変わっていくんやろなと。SHE\'Sは6月、ユニバーサルミュージック、Virgin Music recordsからメジャーデビューします。」と涙。客席から「おめでとう!」という声が続出し、中には感動で涙するファンも見られた。

井上は「俺はみんなで行きたい。もっと遠くまで。みんなと行きたい。着いて来てくれるかな?  着いて来てくれ。もっと遠くまで」と改めて伝え、「遠くまで」が始まる。そして最後の曲前のMCにて「全ての全ての人に歌います。今日来れなかった人も。ちゃんと顔見て歌います。ありがとうございました。大阪SHE\'Sでした。」と感極まった様子で、最後の曲「Curtain Call」を演奏した。

メジャーデビュー発表を受け、会場のボルテージが上がる中、アンコールでデビュー曲「Morning Glow」を初披露し、デビューへの期待感が一同高まっていく。アンコールも2曲演奏し終わったところで、これまでの感謝とお祝いを込め、1分間の写真タイムを用意。ファンは一斉に携帯を取り出し、メンバーたちを夢中に撮影。最後はファンをバックに集合写真を撮影しフィナーレを迎えた。

これを受けて、Twitter上でお祝いするハッシュタグ「#SHE_S_メジャー」をつけて、これまでの想いや14日の写真などをtweetするキャンペーンもオフィシャルアカウントより発表された。また、メジャーデビュー発表に伴い、最新アーティスト写真も公開。カメラマンはオノツトム。スタイリストはタカハシエイジといった布陣で、SHE\'Sというアーティスト名の“アポストロフィー"を球体で作り、遊び心を演出した作品となった。まだ公開となっていない、ジャケット写真やMVのクリエイティブにも要注目だ。

さらにメジャーデビューを記念して、3月15日(火)19:00からツイキャスを緊急開催することが分かった。メジャーデビュー記念ということで、メンバー全員参加のもと、改めてファンへの報告はもちろん、感謝をしたい。という元、この話が浮上し実施が決定した。メジャーデビューが決まった心境や今後の目標などをSHE\'Sのメンバーの口から聞けるチャンス。ファンにとっては見逃せない内容になりそうだ。

■ツイキャス
日時:3月15日(火)19:00〜19:30(予定)
http://twitcasting.tv/she_s_official_

■アーティスト写真クレジット
Camera:オノツトム(http://tsutomuono.com/)
Styling:タカハシエイジ(http://acusyu.com/)

■【セットリスト】

1. Un-scienece
2. Change
3. Just Find What You\'d Carry Out
4. 彼方
5. L&F
6. Save Me
7. 2人
8. All My Faults
9. Evergreen
10. Back To Kid
11. Night Owl
12. 信じた光
13. ワンシーン
14. 遠くまで
15. Curtain Call
EN-1.Morning Glow(新曲)
EN-2.Voice

■シングル「Morning Glow」

2016年6月8日(水)発売
※随時、商品情報の詳細は追ってTwitterやオフィシャルHPなどで発表。それまでは店頭やWEBへのお問い合わせはお控え下さい。

【関連リンク】
SHE\'S オフィシャルHP
HOWL BE QUIET×SHE\'S×LAMP IN TERREN、スリーマンツアーを4月に開催
Gacharic Spin、ヒステリックパニックらが『ビクターロック祭り』番外編で熱演
SHE\'Sが「Un-science」MVを公開! 1月13日(水)より先行配信も決定!

【関連アーティスト】
SHE\'S
【ジャンル】
ジャパニーズロック

LOUDNESS、コロムビア時代に発表した11作品のライナー執筆者を発表
Mon, 14 Mar 2016 20:00:00 +0900
アルバム『LOUDNESS COLUMBIA YEARS SELECTION』 (okmusic UP\'s)

3月30日、コロムビアより『LOUDNESS COLUMBIA YEARS SELECTION』と題された11作品およびBOXセットが発売される。

【その他の画像】LOUDNESS

この作品は1981年のデビュー以降、LOUDNESSがコロムビア時代にリリースしたオリジナルアルバム8枚に加え、創設メンバーである高崎晃、樋口宗孝それぞれのソロアルバムをラインアップした11タイトルをメンバー立ち合いのもとのリマスタリングを行なった作品となる。

今回、その35周年特別仕様の記念BOXセットのジャケット写真と、全作品に掲載されるライナー・ノーツの執筆者が発表された。全作品に掲載される35周年記念共通ライナー・ノーツと『THUNDER IN THE EAST』までを増田勇一氏が、『SPIRITUAL CANOE 〜輪廻転生〜』以降とソロアルバムは、それぞれの作品に造詣の深い評論家・音楽専門誌編集者各氏が担当する。さらに高崎晃のファーストソロアルバム『ジャガーの牙 〜TUSK OF JAGUAR〜』では、GRANRODEOのギタリストであるe-ZUKAが思い入れたっぷりの文章で作品に花を添えているところにも注目が集まる。2016年現在の視点で書かれた新たなライナー・ノーツによって、リマスターで新しく生まれ変わった各作品への理解がさらに深まることは間違いない。

■【ライナー・ノーツ執筆者一覧】

全作品共通 35周年ライナー・ノーツ:増田勇一
『THE BIRTHDAY EVE〜誕生前夜〜』:増田勇一
※伊藤政則 /1981年発売オリジナル作品ライナー・ノーツ同梱
『DEVIL SOLDIER〜戦慄の奇跡〜』:増田勇一
『THE LAW OF DEVIL\'S LAND〜魔界曲章〜』: 増田勇一
『DISILLUSION〜撃剣霊化〜』:増田勇一
『DISILLUSION English Version』:増田勇一
『THUNDER IN THE EAST』:増田勇一
『SPIRITUAL CANOE 〜輪廻転生〜』:金澤隆志
『PANDEMONIUM 〜降臨幻術〜』:土屋京輔
『ジャガーの牙 〜TUSK OF JAGUAR〜』/ 高崎晃:e-ZUKA from GRANRODEO
『破戒凱旋録 〜DESTRUCTION〜』 / 樋口宗孝:松本大輔(リットーミュージック)
『Made in HAWAII』 / 高崎晃:斎藤新吉(YOUNG GUITAR)

■アルバム『LOUDNESS COLUMBIA YEARS SELECTION』

2016年3月30日(金)発売
【35周年記念BOXセット】(11枚組)
¥16,500+税
※各作品価格:¥1,500+税
<発売作品>
『THE BIRTHDAY EVE〜誕生前夜〜』
(オリジナル:1981年11月発売)
『DEVIL SOLDIER〜戦慄の奇跡〜』
(オリジナル:1982年7月発売)
『THE LAW OF DEVIL\'S LAND〜魔界曲章〜』
(オリジナル:1983年1月発売)
『DISILLUSION〜撃剣霊化〜』
(オリジナル:1984年1月発売)
『DISILLUSION English Version』
(オリジナル:1984年7月発売)
『THUNDER IN THE EAST』
(オリジナル:1985年1月発売)
『SPIRITUAL CANOE 〜輪廻転生〜』
(オリジナル:2001年3月発売)
『PANDEMONIUM 〜降臨幻術〜』
(オリジナル:2001年11月発売)
『ジャガーの牙 〜TUSK OF JAGUAR〜』 / 高崎晃
(オリジナル:1982年4月発売)
『破戒凱旋録 〜DESTRUCTION〜』 / 樋口宗孝
(オリジナル:1983年5月発売)
『Made in HAWAII』 / 高崎晃
(オリジナル:2002年3月発売)

■LOUDNESS 35th Anniversary Year Special Live「SHOCKING DEVIL\'S LAND」

3月31日(木)  EXシアター六本木
4月06日(水)  なんばHATCH

【関連リンク】
LOUDNESS オフィシャルHP
GRANRODEO、野音公演含む夏ツアー開催決定
LOUDNESS、コロムビア時代のアルバム11タイトルを最新リマスタリングで再発売
LOUDNESS、ニコ生でワールドツアーの追加公演を独占生中継決定

【関連アーティスト】
LOUDNESS, GRANRODEO
【ジャンル】
ジャパニーズロック, メタル

LUNKHEAD、5月リリースのシングル「決戦前夜」ジャケ写&最新アー写を公開
Mon, 14 Mar 2016 19:30:00 +0900
LUNKHEAD (okmusic UP\'s)

LUNKHEADが5月11日にリリースするシングル「決戦前夜」のジャケット写真とアーティスト写真を公開した。

【その他の画像】LUNKHEAD

シングルの表題曲が4月から放送されるテレビアニメ『うしおととら』第3クールのエンディングテーマに決まっていることを受け、ジャケットは『うしおととら』の描き下ろしアニメイラストが使用されており、主人公・うしおと宿敵である白面の者、うしおの母である須磨子が描かれている。またアーティスト写真は、横一列に並ぶメンバーに鮮やかな赤とストライプがデザインされた印象的なビジュアルに仕上がっている。

LUNKHEADはシングルの発売を記念して、5月15日に東京・タワーレコード新宿店7階イベントスペースにてアコースティックライブ&サイン会のインストアイベントを開催。イベントの参加券はタワーレコード新宿店、渋谷店のいずれかでシングルを購入した人に先着で配布される。さらに、シングルの購入者特典としてタワーレコード全店では“オリジナルアザージャケット"、アニメイト各店では“「うしおととら」缶バッジ3個セット"が付き、3月19日にshibuya TSUTAYA O-EASTにて開催する、LUNKHEAD presents「千客万来のみかん祭」の会場では会場限定予約特典として“オリジナルロゴステッカー"が先着でプレゼントされる。

また、同会場では2015年9月に行なった自身キャリア初の日比谷野外大音楽堂での公演を収録したLIVE DVD『LIVE FILES 20150922〜日比谷野外大音楽堂〜』も発売開始となり、トレーラー映像もYouTubeにて公開されているのでこちらも合わせてチェックしよう。なお、LUNKHEADは14日の21:00より、Ustream番組「千客万来のユーストリーム みかん祭にいらっしゃ〜い!! 〜Vol.2〜」も配信する予定だ。

■Ustream「千客万来のユーストリーム みかん祭にいらっしゃ〜い!!〜Vol.2〜」
※3月14日(月) 21:00〜
http://www.ustream.tv/channel/gdvAQZNPtTF

■【ライブ情報】

『LUNKHEAD 千客万来のみかん祭』
3月19日(土) shibuya TSUTAYA O-EAST
OPEN 15:00 START 16:00
出演:LUNKHEAD / 藍坊主 / NoGoD / ひめキュンフルーツ缶 / ヨシモン&ソーファンクル(LUNKHEAD)
DJ:団長(NoGoD) / マキト(ピストル・ディスコ)

『LUNKHEAD「決戦前夜」発売記念アコースティックライブ&サイン会』
5月15日(日) 東京都 タワーレコード新宿店7Fイベントスペース
START 15:00

■DVD『LIVE FILES 20150922〜日比谷野外大音楽堂〜』トレーラー映像
https://youtu.be/RLSbfhmKNUc

■DVD『LIVE FILES 20150922〜日比谷野外大音楽堂〜』

2016年3月19日(土)「千客万来のみかん祭」@shibuya TSUTAYA O-EAST公演よりライブ会場にて販売開始
CHKY-0026/¥4,000(税込)
<収録曲>
01.夏の匂い
02.シンフォニア
03.前進/僕/戦場へ
04.僕たちには時間がない
05.シューゲイザー
06.体温
07.闇を暴け
08.ENTRANCE
09.神様なんていない
10.誰か教えて
11.星の欠片
12.月の城
13.うちにかえろう
14.スターマイン
15.シンドローム
16.アルピニスタ
17.玄関
18.幻灯
19.スモールワールド
20.カナリアボックス

■シングル「決戦前夜」

2016年5月11日発売
TKCA-74356/¥1,204+税
<収録曲>
01. 決戦前夜
02. ユキシズク
03. 決戦前夜 [TV OA ver.]
04. 決戦前夜 [Instrumental]
05. ユキシズク [Instrumental]

【関連リンク】
LUNKHEAD オフィシャルHP
LUNHEADのアーティストメシを紹介!
LUNKHEAD、アニメ『うしおととら』ED曲をシングル化&初の男・女限定ライブ開催決定
LUNKHEAD、新曲がTVアニメ『うしおととら』EDテーマに決定

【関連アーティスト】
LUNKHEAD
【ジャンル】
ジャパニーズロック, アニメ

BLUE ENCOUNT、ニューシングルリリースイベントが大盛況
Mon, 14 Mar 2016 19:00:00 +0900
3月12日@スターライズタワー (okmusic UP\'s)

BLUE ENCOUNTがシングル「Survivor」の発売を記念して3月12日にリリースイベント『Survivorる?』を行なった。

【その他の画像】BLUE ENCOUNT

これは当日拘束された4人のメンバーを解放する為に、リスナーが「#ブルエンサバイバー」というハッシュタグを入れてtwitter上に投稿し、その数が増えるごとにメンバーが順次解放され、最終的にはメンバーは秘密の場所でシークレットライブを行なうというもの。メンバーの高村の拘束に始まり、続いて江口、辻村、田邊の順で拘束されている姿が特設サイトや公式twitterアカウントにアップされユーザーのツイートによって次々に解放されていった。

当日は12時のこのイベントスタート以降「#ブルエンサバイバー」タグが約12時間にわたりトレンド入りし、ネット界隈を中心に大きな賑わいを見せた。その数は最終的に約5万ツイートにも及ぶ記録的な結果となった。そしてメンバーが解放されるにつれて出されるシークレットライブ会場の場所を手がかりにリスナーが東京タワー元のスタジオ・スターライズタワーに集結。運良く会場を見つけることが出来た約300人の来場者を相手に、アコースティックでのライブセットを披露。アコースティックでのライブセットは大変貴重な機会だけに詰めかけたファンは熱気高く様子を見守っていた。いつにも増してリラックスした雰囲気のメンバーもアコースティックライブの雰囲気と完全にシンクロ。そしてハートウォームなLIVEとMCによってこのイベントは大盛況のうちに幕を閉じた。そして東京まで足を運べない視聴者の為にLINE LIVEでの配信も行なわれ、約3万6千人以上の試聴者に温かく迎えられた。

独自の施策でいつもリスナーを楽しませているブルエン。次は何をやってくれるのか? 是非楽しみに待っていたい。そして10月9日に行なわれる初の日本武道館ワンマン公演の会員サイト「LIVER\'S CREW」での先行も受付中。3月16日(水)の23時59分締め切りとなる。こちらが最速先行になるので是非チェックしよう!

Photo by MASANORI FUJIKAWA

■【セットリスト】

M1. THANKS
M2. ANSWER
M3. ≠
M4. はじまり
M5. HANDS
-アンコール-
M6. カブトムシ(カバー)
M7. SMILE

【関連リンク】
BLUE ENCOUNT オフィシャルHP
BLUE ENCOUNT、新曲「Survivor」MV&イベントの特設サイト公開
BLUE ENCOUNT、ニューシングルに“夢の全通フリーパス”抽選応募はがきを封入
BLUE ENCOUNT、シングル「Survivor」の“ガンダム盤”ジャケットを公開

【関連アーティスト】
BLUE ENCOUNT
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

アニメソングイベント「ANISON HISTORY JAPAN!!」、スペシャル企画&第4弾出演アーティストが明らかに
Mon, 14 Mar 2016 18:30:00 +0900
「ANISON HISTORY JAPAN!!」ロゴ (okmusic UP\'s)

3月30日(水)と31日(木)に東京・NHKホールで行われるイベント「ANISON HISTORY JAPAN!!」の一部内容と第4弾出演アーティストが発表された。

【その他の画像】水木一郎

「ANISON HISTORY JAPAN!!」は、3月30日(水)の1st STAGE、3月31日(木)13:00からの2nd STAGE、そして同日18:30からの3rd STAGEという3公演で構成されるアニメソングの祭典。これまでシーンを盛り上げてきたアーティストたちによる「アニソンLIVE」や、若手中心の「NEW HERO LIVE」など、ファンにはたまらないパフォーマンスが繰り広げられる。

さらに今回、2nd STAGEに出演が明らかになっていたi☆Risと水瀬いのりがスペシャルユニット・水☆Ris(ミナリス)を結成し、この日限りのパフォーマンスを披露することが明らかになった。また3rd STAGEにラインナップされている水木一郎と松本梨香がコラボバトル。アニソン界の生きる伝説・水木と「ポケモン」シリーズでおなじみの松本がそれぞれ若手を従えて壮絶な“Z対決”を繰り広げるとのこと。

同時に、新規出演アーティストとして1st STAGEに声優ユニット・Trefleが追加発表。「アニソンLIVE」「NEW HERO LIVE」の歌唱曲も一部発表されているので、こちらもチェックしておこう。

■「ANISON HISTORY JAPAN!!」

【1st STAGE】
3月30日(水) 東京・NHKホール
OPEN 17:30 / START 18:30
【2nd STAGE】
3月31日(木) 東京・NHKホール
OPEN 12:00 / START 13:00
【3rd STAGE】
3月31日(木) 東京・NHKホール
OPEN 17:30 / START 18:30
<チケット>
全席指定¥7,560(税込/各公演)

<出演者>
【1st STAGE】
AKINO with bless4 / アース・スター ドリーム / アフィリア・サーガ / いとうかなこ / 黒崎真音 / 串田アキラ / 東京女子流 / Trefle / FLOW / bless4 / MICHI/ 水瀬いのり / and more
MC:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー) / 水瀬いのり
【2nd STAGE】
AiRI / i☆Ris / 今井麻美 / A応P / セハガール / 田所あずさ / 平野綾 / 魔法少女オーバーエイジズ 小宮ももか(M・A・O)&児玉あおい(松井恵理子) / 松本梨香 / 横山智佐 / Ray / and more
MC:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー) / 芹澤優 / 水瀬いのり
【3rd STAGE】
アルスマグナ / 井上あずみ / A応P / 大橋彩香 / 川田まみ / 鈴木このみ / 高橋洋子 / 田村直美 / 松本梨香 / 三澤紗千香 / 水木一郎 / and more
MC:吉田尚記(ニッポン放送アナウンサー) / 芹澤優

<歌唱曲(予定)>
■「アニソンLIVE」(アーティスト / 楽曲 / アニメ作品)
AiRI「Pieces」(「境界線上のホライゾン」)
i☆Ris「Make it!」(「プリパラ」)
AKINO with bless4「創聖のアクエリオン」(「創聖のアクエリオン」)
いとうかなこ「Hacking to the Gate」(「STEINS;GATE」)
井上あずみ「君をのせて」(「天空の城ラピュタ」)
今井麻美「朝焼けのスターマイン」(「プラスティック・メモリーズ」)
川田まみ「JOINT」(「灼眼のシャナII」)
串田アキラ「キン肉マンGo Fight!」(「キン肉マン」)
黒崎真音「X-encounter」(「東京レイヴンズ」)
鈴木このみ「This game」(「ノーゲーム・ノーライフ」)
高橋洋子「残酷な天使のテーゼ」(「新世紀エヴァンゲリオン」)
田村直美「ゆずれない願い」(「魔法騎士レイアース」)
平野綾「God knows...」(「涼宮ハルヒの憂鬱」)
FLOW「GO!!!」(「NARUTO -ナルト-」)
松本梨香「XY&Z」(「ポケットモンスター XY&Z」)
水木一郎「マジンガーZ」(「マジンガーZ」)
水瀬いのり「ムーンライト伝説」(「美少女戦士セーラームーン」)※
Ray「楽園PROJECT」(「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」)
※「ムーンライト伝説」は高松美砂絵の歌唱曲
■NEW HERO LIVE(アーティスト / 楽曲 / アニメ作品)
アース・スター ドリーム「夢色トリドリパレード?」(「魔法少女なんてもういいですから。」)
アフィリア・サーガ「S・M・L☆」(「俺の脳内選択肢が、学園ラブコメを全力で邪魔している」)
アルスマグナ「ひみつをちょーだい」(「実は私は」)
A応P「はなまるぴっぴはよいこだけ」(「おそ松さん」)
大橋彩香「YES!!」(「さばげぶっ!」)
セハガール「セハガガガンバッちゃう!!」(「Hi☆sCoool! セハガール」)
田所あずさ「純真Always」(「無彩限のファントム・ワールド」)
東京女子流「Never ever」(「FAIRY TAIL」)
Trefle「Butter-Fly」(「デジモンアドベンチャー」)
三澤紗千香「ユナイト」(「アクセル・ワールド」)
MICHI「Checkmate!?」(「だがしかし」)
みみめめMIMI「CANDY MAGIC」(「山田くんと7人の魔女」)
■コラボステージ(アーティスト / 楽曲 / アニメ作品)
串田アキラ+Trefle / アース・スター ドリーム / 東京女子流「ガツガツ!!」(「トリコ」)
松本梨香+魔法少女オーバーエイジズ / A応P / 田所あずさ「めざせポケモンマスター」(「ポケットモンスター」)
水木一郎+A応P / アルスマグナ / 三澤紗千香 / 大橋彩香「水木一郎スペシャルメドレー」  
横山智佐+セハガール「ゲキテイ(檄!帝国華撃団)」(「サクラ大戦」)

■【番組情報】

NHK BSプレミアム「アニソンヒストリージャパン」
3月31日(木)23:15〜

【関連リンク】
「ANISON HISTORY JAPAN!!」オフィシャルHP
吉田山田の山田義孝が「横浜マラソン2016」を見事完走!
ROGUEがホストを務める「GBGB2016」にMr.Children、クレイジーケンバンド等が出演決定
3/18オープンのタワアニ京都が淑女歓喜のコラボ、第一弾はB-PROJECT、第二弾はRejet

【関連アーティスト】
水木一郎, 松本梨香, i☆Ris, 水瀬いのり, Trefle
【ジャンル】
アニメ, イベント, 声優

布袋寅泰、故郷である群馬・高崎からプレミアムライブハウスツアーをスタート
Mon, 14 Mar 2016 18:00:00 +0900
3月5日@高崎club FLEEZ (okmusic UP\'s)

アーティスト活動35周年をむかえた布袋寅泰が3月5日(土)に群馬県・高崎club FLEEZを皮切りに、全国11カ所を巡るプレミアムなライブハウス・ツアー『TOMOYASU HOTEI 35th ANNIVERSARY 「8BEATのシルエット」 【BEAT 1】〜すべてはライブハウスから〜』の初日公演をおこなった。

【その他の画像】布袋寅泰

布袋は「35年という長い月日を振り返るには、自分の原点であるライブハウスに戻る必要がある」と宣言。近年はロンドンを軸にヨーロッパなど海外活動をしていたが、35周年プロジェクトの第一弾として選んだ場所は日本だった。

原点回帰といえる、布袋の故郷でありBO?WYが巡り合った地、高崎での公演。会場キャパ500名分のチケットはプラチナ化し、熱気あふれる超満員のオーディエンスのなか10分押しでレアすぎる公演がスタート。ホール公演との違いとしては、バンド時代初期を思わせるイヤーモニターやワイヤレスも使わないシステムだったことが興味深い。「C\'mon、高崎!」のシャウトとともに、ワイルドに自由度の高いギタープレイが炸裂したオープニングでは、前半から、BO?WY時代のファンクなギター・カッティングがたまらない人気チューン「Bad Feeling」が登場するなど、タテノリからヨコノリまでダンサブルな展開が続いていく。熱狂的なコール&レスポンスによってフロアは熱気に包まれた。

バンドメンバーには、ベースにTHE ROOSTERSの井上富雄、ドラムにTRICERATOPSの吉田佳史、キーボードに野崎泰弘を迎えた4ピースの布陣。息づかいや、ピッキング・ノイズすら聴こえてくる距離感の近いプレミアムな空間での生音のヤバさ。しかし、成熟を感じさせる、熱くなりすぎないプロフェッショナルなプレイの魅力。とはいえ、ハートの熱さは原点回帰にとどまらず、選曲の自由さとともに、最新型の布袋を感じさせるフレキシブルな姿勢がオーディエンスに伝わってきた。

中盤、奏でられたのは4月6日リリースの新曲「8BEATのシルエット」だ。歌い出しから“ONE DAY 風の街 夢を見つけた少年は Can\'t stop 次の朝 地図を持たず旅に出た"と歌唱しているように、布袋が歩んできたロック・ヒストリーを物語っているかのようなナンバーが誕生した。敬愛する、デヴィッド・ボウイへのリスペクトも込められていることも聴き逃せない。そして、新曲ながらすべてに呼応するように拳をあげ続けるオーディエンスの熱さ。布袋サウンドには、イントロ〜歌メロ〜ギターソロ〜アウトロなど、様々な快楽ポイントが魔法のように込められている。

MCも印象的だった。「高崎に帰ってくる前に、パリとアムステルダムとベルリンで、クラブ・ツアーをやってきました。海外では、インストゥルメンタルのギターで踊れて、別世界に連れていくようなシネマティックなサウンドを目指していて、とてもいい反応でした。新曲『8BEATのシルエット』にもいろんな思いが詰まっています。“8BEATのシルエット"というと、みんなはどんなことを思い浮かべるのかな? ある意味、高崎のことを思って書いた曲です」と楽曲のルーツを告白した。

後半、ドラマ主題歌にもなったヒット曲「さらば青春の光」で、あらためて布袋の音楽家=メロディー・メーカーとしての才能を思い知らされた。時間軸を超えていくかのようにドラマティックにメロディアスな展開の素晴らしさ。過去と向き合いながらも、確実にその先の未来をみつめているフューチャリスティックな布袋らしさ。示唆的なフレーズである“全ては明日の夢にみちびかれた物語"が会場に響きわたったのだ。

2016年のロックシーンにおいて、もっともリアルな勢いを感じさせる布袋の存在はここからさらに加速していく。そのことをはっきりと確信させてくれるライブだった。

ライブ当日、布袋寅泰の35周年プロジェクト第3弾として、キャリア初のフリーライヴ『【BEAT 3】〜Power of Music〜 FREE LIVE! 自由の音を聴け』が発表された。このフリーライヴは、6月22日に発売される“ALL TIME BEST ALBUM"の発売直後、7月3 日に群馬・高崎市もてなし広場にて1万人規模で開催される。さらに、伝説のライブと語り継がれる『【BEAT2】〜GUITARHYTHM伝説 \'88〜 ソロデビュー再現GIGS』を、28年前と同じ会場である4月7日(木)に国立代々木競技場 第一体育館、4月10日(日)大阪城ホールにて開催するなど、布袋寅泰の最新動向から目が離せない!

Text by ふくりゅう(音楽コンシェルジュ)
Photo by 山本倫子

■布袋寅泰 35th ANNIVERSARY LIVE HISTORY 特設サイト
http://sp.universal-music.co.jp/hotei/35th/live/

■【ライブ情報】

『布袋寅泰 35th ANNIVERSARY『8 BEATのシルエット』【BEAT 1】〜すべてはライブハウスから〜』
3月14日(月) 福岡 DRUM Be-1
3月16日(水) 石川 金沢AZ
3月17日(木) 愛知 E.L.L.
3月20日(日) 新潟 新潟LOTS
3月21日(月・休) 山形 山形ミュージック昭和Session
3月24日(木) 広島 広島セカンド・クラッチ(旧ナミキジャンクション)
3月27日(日) 京都 磔磔
3月28日(月) 兵庫 神戸チキンジョージ

【BEAT 2】〜 GUITARHYTHM伝説\'88 〜 ソロデビュー再現GIGS
4月07日(木) 東京 国立代々木競技場 第一体育館
4月10日(日) 大阪 大阪城ホール

【BEAT 3】〜Power of Music〜 FREE LIVE! 自由の音を聴け
7月03日(日) 群馬 高崎市もてなし広場

※終了分は割愛

【関連リンク】
布袋寅泰 オフィシャルHP
布袋寅泰、「8BEATのシルエット」ティザー映像を公開
布袋寅泰、35周年アニバーサリーシングル&ソロオールタイムベストが発売決定
今井美樹、ロンドンでのニューイヤーコンサートにSPゲストとして布袋寅泰が登場

【関連アーティスト】
布袋寅泰
【ジャンル】
ジャパニーズロック, ライブ

桜以外ねぇのかよ。花見酒に視線を落としたくなる5曲
Mon, 14 Mar 2016 18:00:00 +0900
「赤いフリージア」(’03)/メロン記念日 (okmusic UP\'s)

毎回好き勝手書いているように見えるこのコラムですが、毎回ネタ出しに懊悩しております。今回は確定申告も相まっていよいよ捨て鉢になり、「もう桜ソングにしてやろうか」とライターとしての道を踏み外しかけたのですが、なんとか思い止まることができたので、桜以外の花を冠した名曲を紹介するという苦肉の策を講じます。日本の国花にして「屍体が埋まっている」という退廃と自酔の暗喩である桜を、数多のミュージシャンがテーマに据えるのは自明の理です。出版業界の鉄板ネタが美容とお金であるように、広告業界がアイデアに窮すると子供と動物を採用するように。しかし、せっかく外で酒でも煽ろうかという気候がここから長いこと続くのですから、もっと他の花々に目を向けても良いのではないでしょうか。「うん」と頷いてくださらないと私の懐に原稿料が入らず、それこそ来春あたり桜の樹の下に屍が転がることになりますよ。ねぇ。

【その他の画像】椎名林檎

■「我れは梔子」(’16)/林原めぐみ

アニメ『昭和元禄落語心中』のオープニングテーマ、「薄ら氷心中」のカップリングです。プロデュースを担当した椎名林檎の「おいおい、こんな難解な構成の楽曲をJ−POPという体で発表するのですか?」と口角を上げたくなる趣味全開のメロディーラインを“柳に風”とばかりに歌い上げる林原めぐみ女史の密やかで悩ましげな声に、斉藤ネコの凄艶かつ凛としたヴァイオリンが蔦のように絡んでおり、上質なドライフルーツを食むような味わいがあります。この曲における“梔子”は、歌詞の文脈からとらえて“口無し”の暗喩でしょう。ちなみに見頃は6月から7月にかけてなので、よく冷えた白ワインでも傾けながらかけてください。

■「カーネーション」(’11)/椎名林檎

『あまちゃん』以降、NHK連続TV小説を観る習慣がついたというユーザーも多いかと思われますが、この曲が主題歌として書き下ろされた同名ドラマも本当に面白かったですよね。あれからもう5年経ってしまったという事実に時々背筋が凍ります。足踏みミシンの動作音をイメージさせるノスタルジックな楽曲のバックを固めるオーケストラには、かつて彼女が率いた東京事変の面々も参加。そして、コンダクターとして指揮棒を振るのは、先述の斉藤ネコです。母の日のイメージが強いため、5月が最盛期と思われがちなカーネーションですが、現在は品種改良の成果もあり2〜7月、9〜11月とほぼ1年中愛でることができるらしいので、ぜひお好みのアルコールとともに。

■「梅」(’13)/私立恵比寿中学

しっちゃかめっちゃか遊園地感満載のテクノポップナンバーは、作詞作曲を手がけたヒャダインこと前山田健一のお家芸。「桜のようには注目はされないかもしれないけれど、ひたむきに咲く梅の花」というテーマは、当時すでにトップアイドルへの道を爆走していた“先輩”ももいろクローバーZとの対比にして、自身を奮い立たせる起爆剤としての意味合いもあったのでしょう。《U M E で梅 有名に なんのが 夢》というパンチラインも一興です。まさに今が旬の花ではありますが、実を言うと私はアレルギーレベルの下戸なので、「ホワイトラムと氷砂糖と青梅で自作の梅酒を〜」というような雅趣を楽しめないんですよね。

■「秋桜」(’77)/山口百恵

“当時18歳だった山口百恵は〜”の一文にキーボードを叩く指が硬直したのはさておき。「としごろ」でデビューし、「ひと夏の経験」「横須賀ストーリー」「イミテイション・ゴールド」等、本人の年齢に見合わないプロ意識の高さや風格に反して、擦れたイメージの楽曲でお茶の間に絶大なインパクトを与えていた山口百恵の新境地を切り開いた名曲です。感情豊かな低音は山口百恵を“歌手・山口百恵”たらしめる一因ですが、この曲のサビで切なく発されるファルセットも、彼女の演者としての才覚に戦慄するには十分すぎるほどの迫力があります。ここまできたらもう酒なんてどうでもいいじゃないですか、酒にお金使ったらレコード買えなくなるし。

■「赤いフリージア」(’03)/メロン記念日

数年おきに訪れる、「今はハロプロの曲しか摂取したくない」周期はなんなんですかね。アイドルもバンドも80〜90年代リバイバルの潮流にある昨今ですが、ここまでシンプルかつ純粋な王道ポップソングをやられると、聴く側も素直に「この曲の元ネタはあのレコードで〜」なんて肩肘張ることもなく楽しめるものです。《そんな優しさ 初めの頃だけね》《Ah つまらない映画よりも 現実はただマンネリね》というフレーズにも端的に表れている、つんく♂の作詞家としてのスキルの幅の広さはジェンダー論の中でも語られるべきだと思うのです。アルコールの作用していない脳みそで大真面目に。

【関連アーティスト】
椎名林檎, 林原めぐみ, メロン記念日, 山口百恵, 私立恵比寿中学
【ジャンル】


吉田山田の山田義孝が「横浜マラソン2016」を見事完走!
Mon, 14 Mar 2016 17:30:00 +0900
3月13日@「横浜マラソン 2016」 (okmusic UP\'s)

3月2日にニューアルバム『47【ヨンナナ】』をリリースした吉田山田のメンバーである山田義孝が、3月13日(日)に行なわれた「横浜マラソン 2016」に参加し、フルマラソンを完走した。

【その他の画像】吉田山田

「横浜マラソン2016」は今年で2回目となり、約2万5千人のランナーがエントリー。スタート地点の横浜みなとみらい大橋から、赤レンガ倉庫や横浜スタジアム、横浜中華街、山下公園といった横浜の名所がコースとなっており、途中には起伏が激しい首都高速湾岸線が待ち受けている。吉田山田は現在、 tvk『吉田山田のオンガク開放区』(毎週土曜22時〜)をレギュラーとして担当しており、山田義孝はtvkを代表するメディアランナーとして出走。相方の吉田結威は解説者として横浜マラソンの生中継に出演し、山田の走りを見守った。

過去にも2013年に二人で大阪マラソンに挑戦し、完走。今回の出走にあたり、山田はレコーディングやライブ、メディア出演の合間をぬってトレーニングを実施。この日のために調整してきた。スタート後、沿道で応援に駆けつけたファンにも笑顔で応えるなど余裕も見せていたが、途中、足に痛みを感じ苦悶の表情を浮かべる姿も。「30km地点でもう無理かもしれない。諦めようかとも思った」というほどのつらさだったが、「応援してくれる声が本当に励みになった。遠くからも応援してくれているファンの笑顔を浮かべながら走りました」と走り続けた。痛みに耐えながらも自己最高記録となる4時間30分13秒でゴール。そして、そのゴールには相方である吉田が待ち受け、二人で熱い抱擁を交わし、集まったファンも見守る中、感動的なゴールとなった。

3月15日(火)には一夜限りのスペシャルイベント「第1回 吉田山田のオールナイトニッポン0(ZERO)LIVE THE FINAL」をTSUTAYA O-WESTで行なう。この日は、吉田山田のミュージシャン仲間であるwacci、荒川ケンタウロス、お笑い界から番組にも二度ゲスト出演したことのあるラブレターズと、その後輩芸人である大福が出演。そして、シークレットゲストの登場も予定しているとのこと。完走後、休む間も無くライブとなるが、一つの山を乗り越えた新しい顔が見られるだろう。

■「第1回 吉田山田のオールナイトニッポン0(ZERO) LIVE THE FINAL」

3月15日(火)  TSUTAYA O-WEST
開場 18:00/開演 19:00
出演:吉田山田、ラブレターズ、wacci、荒川ケンタウロス、大福
※シークレットゲスト予定
<チケット>
料金:前売り¥3,500(税込)/当日¥4,000(税込)
※ドリンク代¥500別途
※オールスタンディング
※発売中

【関連リンク】
吉田山田 オフィシャルHP
吉田山田×Wエンジン、異色の対談が実現
吉田山田、トアロード・アコースティック・フェスティバル出演決定
吉田山田×『ドォーモ』で、ファンを交えたコラボMV制作!

【関連アーティスト】
吉田山田
【ジャンル】
J-POP, イベント

Xmas Eileen、2ndミニアルバムより新曲「Keep on A・B・C・ing」MV公開
Mon, 14 Mar 2016 17:00:00 +0900
Xmas Eileen (okmusic UP\'s)

4月6日に2ndミニアルバム『WORLD COUNTDOWN』をリリースするXmas Eileenが、新曲「Keep on A・B・C・ing」のMVを公開した。

【その他の画像】Xmas Eileen

MVは映画監督・映像ディレクターの中嶋淳志が手掛けたスケール感のある映像になっている。また合わせて、メンバーの新ビジュアルも公開となった。

ミニアルバムのリリースに先駆け、各メディアやCDショップの注目を集めており、全国のタワーレコードのスタッフが〈耳〉と〈直感〉だけを信じて選んだ、まだ世間で話題になる前のアーティストをいち早くピックアップする独自企画「タワレコメン」の2016年4月度にも選出。またフリーマガジンの『激ロック』4月10日発行号では表紙・巻頭インタビュー、そしてロッキングオンJAPANなど各音楽専門誌でインタビューが掲載されることも決定している。ライブ活動スタートから約2年、ライブハウスを中心に活動してきた謎のバンドがついにオーバーグラウンドに姿を現し始めた。

3月20日には京都でMAN WITH A MISSIONとの2マンライブ、THE QEMISTS来日公演のサポートアクト、そして各地大型フェスイベントの出演とライブでも話題が続く。なおリリースツアーでは、ファイナルのワンマンライブ大阪・梅田CLUB QUATTROまで全国11公演が行われるとのこと。

■「Keep on A・B・C・ing」MV
https://youtu.be/_brcdUTVQM8

■「Xmas Eileen WORLD COUNTDOWN Release Tour 2016」

5月01日(日)  神戸 太陽と虎
5月13日(金)  京都 MUSE
6月11日(土)  八戸ROXX
6月12日(日)  札幌DUCE
6月17日(金)  宮古KLUB COUNTER ACTION
6月19日(日)  石巻BLUE RESISTANCE
7月08日(金)  福岡Queblick
7月09日(土)  岡山CRAZYMAMA 2ndRoom
7月10日(日)  広島CAVE-BE
7月18日(月・祝)  池下CLUB UPSET
7月22日(金)  梅田CLUB QUATTRO ※ワンマン

【関連リンク】
Xmas Eileen オフィシャルHP
Xmas Eileen、2ndミニアルバムリリースを発表
Gacharic Spin、ヒステリックパニックらが『ビクターロック祭り』番外編で熱演
Xmas Eileen、聖なる夜のステージで来年4月にミニアルバムリリースを発表

【関連アーティスト】
Xmas Eileen
【ジャンル】
ジャパニーズロック

赤い公園、LINE MUSICにて新曲5曲を独占先行配信スタート
Mon, 14 Mar 2016 16:00:00 +0900
赤い公園 (okmusic UP\'s)

3月14日(月)より、LINE MUSICで赤い公園のニューアルバム『純情ランドセル』から新曲5曲の独占先行配信がスタートした。

【その他の画像】赤い公園

今回先行配信となったのは「KOIKI」「Canvas」「黄色い花」「あなたのあのこ、いけないわたし」「東京」の5曲。気になる方は是非チェックしよう。

また、ニューアルバム『純情ランドセル』の収録楽曲を起用したLINE MUSICのTVCMが3月14日(月)よりオンエアを開始となった。さらに、LINEのライブ配信プラットフォーム「LINE LIVE」の音楽番組『LINE MUSIC EXPRESS』の3月26日(土)のゲスト出演も決定。赤い公園のトークの他、ユーザー参加型のクイズ企画やプレゼントなども予定しているのでお見逃しなく。

そして、テレビ朝日『秘密のグリーンルーム』3月21日(月)〜3月25日(金)ゲストとして赤い公園が出演する事も決定。番組がスタートしてから"天の声"(ナレーター)を実は佐藤千明(赤い公園)が務めている事も発表され、番組に天の声の主がついに降臨する事になる。一体どのような内容になるのか、こちらも楽しみにしていてほしい。

■LINE MUSIC
https://lin.ee/9ixJFtx/lnms

■『LINE MUSIC EXPRESS』

放送日時:3月26日(土) 20:00〜
出演:赤い公園(生出演)
内容:「秘密のグリーンルーム」で天の声を担当している佐藤千明がボーカルを務める赤い公園が登場! トーク他、ユーザー参加型のクイズ企画やプレゼント予定。     
https://lin.ee/5KRwHqr/lnms

【関連リンク】
赤い公園 オフィシャルHP
赤い公園、アルバム曲が『グレーテルのかまど』EDに決定
赤い公園、豪華プロデューサー陣と制作したニューアルバムを3月23日にリリース
赤い公園、話題の“完全生産限定盤シングル”のティザー映像を公開

【関連アーティスト】
赤い公園
【ジャンル】
ジャパニーズロック

2PM、ニューアルバム『GALAXY OF 2PM』を4月27日にリリース
Mon, 14 Mar 2016 15:00:00 +0900
2PM (okmusic UP\'s)

2PMが日本で5枚目となるアルバムを4月27日にリリースすることを発表した。

【その他の画像】2PM

アルバムにはシングル曲「HIGHER」をはじめ、メンバー自身がプロデュースした楽曲を多数収録。また初回生産限定盤Aには多数の特典映像を収録したDVDと80ページに及ぶフォトブックレットが封入される。初回生産限定盤B,C,Dはメンバーが二人ずつユニットを組んでプロデュースした曲がボーナストラックとして収録予定とのことだ。

今作のテーマは「出発 (Depature)」。次のステージへの新たなスタート(Departure)をする6人。一つの区切りが終わりではなく、新たなフェーズへのスタートとなる。2PMは「ARENA TOUR 2016“GALAXY OF 2PM"」と題した全国5都市15公演のアリーナツアーを4月23日 名古屋ガイシホールから開催予定。春からの活動にもますます注目が寄せられている。

■アルバム『GALAXY OF 2PM』

2016年4月27日発売
【初回生産限定盤A】(CD+DVD)
ESCL4618-4619/¥5,500(税込)
※三方背BOX仕様
※80Pフォトブックレット付き

【初回生産限定盤B(JUN. K×TAECYEON盤)】(CD)
ESCL4620/¥3,700(税込)
※デジパック仕様
※初回生産限定盤B限定(JUN. K×TAECYEONユニット写真含む)撮りおろし歌詞フォトブックレット付き
※ボーナストラック:JUN. K×TAECYEONユニット曲収録予定

【初回生産限定盤C(NICHKHUN×WOOYOUNG盤)】(CD)
ESCL4621/¥3,700(税込)
※デジパック仕様
※初回生産限定盤C限定(NICHKHUN×WOOYOUNGユニット写真含む)撮りおろし歌詞フォトブックレット付き
※ボーナストラック:NICHKHUN×WOOYOUNGユニット曲収録予定

【初回生産限定盤D(JUNHO×CHANSUNG盤)】(CD)
ESCL4622/¥3,700(税込)
※デジパック仕様
※初回生産限定盤D限定(JUNHO×CHANSUNGユニット写真含む)撮りおろし歌詞フォトブックレット付き
※ボーナストラック:JUNHO×CHANSUNGユニット曲収録予定

【通常盤初回仕様限定盤】(CD)
ESCL4623/¥3,200(税込)
※ジュエルケース

■「2PM ARENA TOUR 2016 “GALAXY OF 2PM"」

4月23日(土)  名古屋日本ガイシホール
4月24日(日)  名古屋日本ガイシホール
4月29日(金・祝)  国立代々木競技場第一体育館
4月30日(土)  国立代々木競技場第一体育館
5月01日(日)  国立代々木競技場第一体育館
5月07日(土)  マリンメッセ福岡
5月08日(日)  マリンメッセ福岡
5月20日(金)  国立代々木競技場第一体育館
5月21日(土)  国立代々木競技場第一体育館
5月22日(日)  国立代々木競技場第一体育館
5月28日(土)  北海道立総合体育センター北海きたえーる
5月29日(日)  北海道立総合体育センター北海きたえーる
6月16日(木)  大阪城ホール
6月17日(金)  大阪城ホール
6月18日(土)  大阪城ホール

【関連リンク】
2PM オフィシャルHP
ジュノ(2PM)初主演映画『二十歳』の撮影秘話を語ったインタビューが到着
2PM、華麗なソロステージで魅せた今年2度目のツアーが名古屋で終宴
2PM、話題の韓国公演を再現したコンサートが3万6千人を動員

【関連アーティスト】
2PM
【ジャンル】
K-POP

ROGUEがホストを務める「GBGB2016」にMr.Children、クレイジーケンバンド等が出演決定
Mon, 14 Mar 2016 14:30:00 +0900
「GBGB2016”G-Beat Gig Box」 (okmusic UP\'s)

2008年、不慮の事故により肩から下の麻痺が続くヴォーカリスト・奥野敦士。2013年には伝説のバンド・ROGUEを再結成し、自身らがホストバンドを務めスタートしたライブイベント「GBGB"G-Beat Gig Box"」が、今年も6月25日に群馬・ヤマダグリーンドーム前橋にて開催される。

【その他の画像】Mr.Children

“GBGB"は、奥野敦士の不慮の事故を受け、彼の地元でもある群馬県の有志達が設立したLLP信誠会を中心に、福祉の充実、バリアフリーの拡充を目的に群馬で実施される音楽イベントである。開催趣旨に賛同するアーティストやボランティアスタッフにより開催されるイベントも今年で4回を迎える。今回は身体に障害をもつ方々にも制作に参加していただき、収益については例年通り、一部経費を除き福祉車両の購入などに充てられる事になっている。

「GBGB2016」には、2012年のap bank fes にて奥野の出演を熱望するも、奥野の体調から実現が叶わず、「どうしても歌いたくて…」と見事にROGUEの「終わりのない歌」をカバーし、見事に歌い上げた桜井和寿の在籍するMr.Childrenをはじめ、クレイジーケンバンド、FLYING KIDS、JUN SKY WALKER(S) ら、豪華アーティストが出演が決定した。豪華なアーティストが集う熱いステージは新たな伝説となることだろう。

■「GBGB2016」

6月25日(土) 群馬県 ヤマダグリーンドーム前橋
OPEN 12:00 / START 14:30
<出演者>
ROGUE / Mr.Children / クレイジーケンバンド / FLYING KIDS / JUN SKY WALKER(S)
<チケット>
最速先行受付(抽選):4月1日 (金)12:00 〜 4月11日(月)
先行受付(抽選):4月15日(金)12:00 〜 4月20日(水)
プレイガイド先行予約受付:5月7日 (土)〜
一般発売:5月28日(土)〜
■料金
前売全席指定:¥8,000 (税込)/ 当日:¥9,000(税込)
■EVENTIFY TICKET MARKET
https://www.funity.jp/gbgb2016/

【関連リンク】
Mr.Children、『Mr.Children Stadium Tour 2015 未完』が映像作品でリリース決定
「Mステ」スーパーライブ、嵐、SMAP、ミスチル、ベビメタ、Xほか全42組の演奏曲発表
八代亜紀、ブルースアルバム発売記念コンサートにて横山剣の提供曲を初披露
RADWIMPS、Mr.Childrenを迎えた対バンツアーの追加公演とワンマンライブが決定

【関連アーティスト】
Mr.Children, クレイジーケンバンド, FLYING KIDS, JUN SKY WALKER(S), ROGUE, 奥野敦士
【ジャンル】
ジャパニーズロック, イベント

超特急、山梨・新潟にて春ツアーの追加公演が決定
Mon, 14 Mar 2016 14:00:00 +0900
超特急 (okmusic UP\'s)

2016年全国ツアーのチケットが発売開始早々に秒殺で完売という凄まじい勢いを見せている超特急が、そのツアーの追加公演を発表した。

【その他の画像】超特急

今回、さらに追加された公演は5月15日 山梨・コラーニ文化ホール、6月5日 新潟県民会館の2都市。約2年ぶりの新潟公演と、山梨は超特急にとっては"初開通"の地となる。

今回のツアーは「〜Body & Groovin\'〜」と「〜Shout & Body〜」の
2つのテーマによって構成される。「〜Body & Groovin\'〜」では超特急初の試みとなる生バンドを引き連れ、その場でしか生み出せないグルーヴで8号車(=ファンの愛称)との一体感を作り出していく内容となり、「〜Shout & Body〜」では初めてライブに乗車する8号車も楽しめる、"ありのままの超特急"を感じられる内容となる。

■「超特急 LIVE TOUR 2016 Synchronism〜Shout & Body〜再追加公演」

5月15日(日)  山梨・コラニー文化ホール
6月05日(日)  新潟・新潟県民会館

<チケット>
■一般発売
4月16日(土)10:00〜
■〜Shout & Body〜【山梨/新潟】
指定席:¥5,940(税込)
ファミリー号車席:¥5,940(税込)
※3歳以上はチケットが必要となります。
3歳未満のお子様は大人1名につき1名まで膝上に限り無料。
ただしお席が必要な場合はチケットが必要となります。

《ファミリー号車席について》
※完全着席の席になります。
※子供(中学3年生以下)1名につき、大人(高校1年生以上)3名の計4名まで一緒に座ってご鑑賞頂けます。
※「夢の青春8きっぷ」会員限定の席種となります。
※ファミリー号車席をご利用の際は、受付画面の注意事項を必ずご確認の上ご購入ください。

《夢の青春8きっぷ先行(抽選)》
受付期間:2016年3月14日(月)18:00〜2016年3月21日(月休)23:59
当落・入金期間:2016年3月25日(金)14:00〜2016年3月28日(月)23:00
申込対象者:2016年3月20日(日)23:00までに「夢の青春8きっぷ」に入会(=入金完了)した方。
※入金期間が大変短くなっております。ご注意ください。
http://fc.bullettrain.jp

【関連リンク】
超特急 オフィシャルHP
超特急、2016年第一弾シングル発売を記念してニコ生特番を放送
超特急、幸せが降り注ぐ最新シングル「Yell」MV完成
超特急、男だけを集めての「男祭り」を全国ライブビューイング

【関連アーティスト】
超特急
【ジャンル】
J-POP

TRUSTRICK、TVアニメ『少年メイド』OPテーマ「innocent promise」の発売が決定
Mon, 14 Mar 2016 13:00:00 +0900
TRUSTRICK (okmusic UP\'s)

神田沙也加とBillyによる音楽ユニット・TRUSTRICKが、4月より放送開始予定のTVアニメ『少年メイド』のオープニングテーマの「innocent promise」(イノセント・プロミス)を5月11日にリリースすることが決定した。

【その他の画像】神田沙也加

「innocent promise」はスピード感があり、春のアニメにピッタリな曲。すでにミュージックビデオの撮影も行われており、『少年メイド』の世界観に寄り添った爽やかなビジュアルになっているという。

「innocent promise」は5月11日の発売予定。ミュージックビデオなどを収録したDVDが同梱された“Type-A”が2,160円(税込)、CDのみの“Type-B”が1,620円(税込)となる。また、楽曲に関する詳細はTRUSTRICKの公式サイトなどで発表されるとのことだ。

■TVアニメ「少年メイド」公式サイト
http://www.tbs.co.jp/anime/meido/
(C)乙橘・KADOKAWA/少年メイド製作委員会

【関連リンク】
TRUSTRICK オフィシャルHP
TRUSTRICK、アニメ『少年メイド』OPを担当
中居司会「Momm!!」に氣志團とTRUSTRICK(神田沙也加、Billy)出演、氣志團は「仮面ライダーゴースト」主題歌披露
TRUSTRICK、「beloved E.P.」発売記念ミニライヴを追加発表

【関連アーティスト】
神田沙也加, TRUSTRICK
【ジャンル】
J-POP, アニメ, テレビ(番組/CM)

HY、「極愛」MVのフルバージョンをYouTubeで24時間限定公開
Mon, 14 Mar 2016 11:00:00 +0900
HY (okmusic UP\'s)

HYが最新の恋愛ソング「極愛」のMVフルバージョンを、本日AM11時から24時間限定で公開した。

【その他の画像】HY

恋愛に不器用で一途な男=“極愛男"を主人公にした、ストーリー仕立てのMV。恋愛に悩んでいた時、HYの恋愛ソングを聴いて勇気づけられた人も多いはず。そんな彼らの最新恋愛ソングのテーマはズバリ「究極の愛」。楽曲タイトル「極愛」はそこから付けられた。

今作のMVを制作するにあたってHYメンバーとスタッフで打ち合わせをし、「好きになったら止まらない!」男=極愛男を主人公にしたストーリー仕立ての作品にしようということになった。

<ストーリー概要>
男(柄本時生)が密かに恋をしている相手は、叶わぬ恋とわかっている、あのHYの仲宗根泉。彼の部屋には仲宗根泉の写真やHYのCD、グッズで埋め尽くされている。そして発売となったHYの新曲を部屋で聴く極愛男。新曲のタイトルは「極愛」。「好きになったらもう止められない!」と歌うこの曲に勇気をもらった極愛男は、仲宗根泉に直接想いを告げるため、彼女が住む沖縄に行くことを決める。沖縄行きのチケットを握りしめ、空港に向かう男。その途中に、お人好しの性格から、いくつものハプニングに巻き込まれるが、出発の時間に間一髪で空港に到着する。しかしそこで男は驚愕の真実を知ることに。

主人公の極愛男を演じるのは俳優・柄本時生。HYメンバー、スタッフから候補が上がった中、満場一致で、現在、ドラマ、CM、映画、そして舞台で活躍している柄本時生さんしかいない!ということでオファーされた。そして彼は、「恋愛に不器用でお人好し」な主人公を見事に演じた。

ラストに実の愛娘を抱いて仲宗根泉が登場、そして「子作り宣言」。MVのラストで、主人公が出発時間ギリギリに空港に到着するが、ロビーに設置されたTVで流れている架空の情報番組で実の愛娘を抱いてインタビューに答える仲宗根泉が映し出されていて、思わず足を止めてしまう。そこで仲宗根泉は「二人目の子供を作りたい!」とコメントし、極愛男はそこで初めて彼女が既婚者であることを知り愕然とするというオチになるのだが、この台詞はMV用のものではなく、リアルな彼女の「子作り宣言」なのだそう。

「極愛」のMVは3月16日より、iTunes、レコチョク他サイトで配信スタート。好評配信中の「極愛」は、3月16日に発売するDVD&Blu-ray『LOVE & SMILE 〜Let\'s walk with you〜』の初回限定盤の特典CDにも収録される。

■「極愛」MV フルバージョン ※24時間限定公開
https://youtu.be/izpK7NebE0A

【関連リンク】
HY オフィシャルHP
HYの「極愛」MVで、柄本時生が仲宗根泉に想いを告げる!?
HY、『お義父さんと呼ばせて』OP「極愛」配信スタート
HY、あなたのリアルな恋愛エピソードを歌う「大極愛」キャンペーン企画を開催

【関連アーティスト】
HY
【ジャンル】
ジャパニーズロック

Saku、タワレコ渋谷でワンマンライブを開催
Mon, 14 Mar 2016 10:00:00 +0900
3月12日(土)@タワーレコード渋谷B1 CUTUP STUDIO (okmusic UP\'s)

シンガーソングライターのSaku(サク)が3月12日(土)に、セカンドシングル「春色ラブソング」の発売を記念してワンマンライブをタワーレコード渋谷B1 CUTUP STUDIO にて開催した。

【その他の画像】Saku

春らしい爽やかな衣装を着て笑顔いっぱいで登場するとインディーズ時代からの人気曲「ZOMBIE MORNING」と「1st Q&A」で軽快にスタート。続く「ゆがんだやつ」ではアコースティックギターをエレキギターに持ち替え、躍動感溢れるサウンドで一気に会場を熱くしていく。

「今日は来てくれてありがとう!それなのにこんなお聞き苦しい声で本当に申し訳ないです。」と喉の調子が万全でないことを伝えると、観客からは「大丈夫!」「がんばれ!」などあたたかい声援がかけられた。 不安を吹き飛ばすかのようなとびっきりの笑顔で「Violent Tiger」「SAKU-TV」のアップナンバーを披露。 タワーレコードのまとめ買いセールのキャンペーンソングがきっかけで生まれた「SAKU-TV」では、遊び心のあるユーモアな歌詞とコールアンドレスポンスで会場を盛り上げていく。

今回の会場であるタワーレコード渋谷は、“看板娘"として彼女が昨年まで4年間働いてきた原点ともいえる場所であり、卒業という節目の意味も込め彼女の強い希望で選んだという。 「いいときばかりではないけどこの瞬間は今しかない。どんな一瞬も無駄にしたくない。春は卒業や転勤とか環境が変わっていく時期で、その時に感じた事や思っている事があったら勇気をだして伝えてほしい」と涙ながらに話したあと、好きな人への思いを伝える気持ちをテーマにつくった新曲 「春色ラブソング」、「ミルクココア」、そしてメジャーデビューのきっかけとなった映画『ビリギャル』劇中歌「START ME UP」を振り絞るように歌い上げた。

彼女の表情や歌から、このワンマンライブを誰よりも楽しみにしていただろう思いがビンビン伝わってきて思わず涙を流すファンもいた。

そしていよいよ終盤。「Girls&Boys」では、サビの振付をSakuがレクチャーして準備万端でスタート。イントロがはじまるとサプライズで女子2名のからあげダンサーズ(Saku命名)が登場しフィナーレに向け今日一番の盛り上がりに! ラストは、タイトルにちなんで「みんな、あたしを好きだなんて天才かもー!!」と茶目っけたっぷりに言い、笑顔で歌い終えると、深くおじきをしてステージをあとにした。終演後、会場からのあたたかい拍手は鳴りやまなかった。

彼女自身にとっては悔いの残るライブとなったかもしれないが、同じ時間を共有したファンとの絆はより強く確かなものになったのかもしれない。

【SETLIST】
01.ZOMBIE MORNING
02.1st Q&A
03.ゆがんだやつ
04.Silver Moon
05.Lost In Translation
06.Violent Tiger
07.SAKU-TV
08.春色ラブソング
09.ミルクココア
10.START ME UP
11.Girls & Boys
12.あたしを好きだなんて天才かも
<アンコール>
桜の時 ※カバー曲
同じ空
走る少女

メンバー:
Saku(Vo.& E.Gt)
山本健太(Key & Cho)
坂本夏樹(E.Gt & Cho)
林束紗(Bass & Cho)
cheeta(Drumsv& Cho)

【関連リンク】
Saku オフィシャルHP
Sakuの「春色ラブソング」が渋谷の女子高生が選ぶ2月度『Kurucore RANKING』で1位に
Saku、注目の新人女優“松本穂香"が出演する新曲「春色ラブソング」MV公開
Saku、受験生たちへサプライズ歌唱&シングル「春色ラブソング」ジャケ公開

【関連アーティスト】
Saku
【ジャンル】
J-POP, ライブ

スピッツ、CMソングとして放送中の「みなと」がシングルリリース決定
Mon, 14 Mar 2016 00:30:00 +0900
スピッツ (okmusic UP\'s)

ホワイトデーにスピッツから最新ニュースが到着! 表題曲が現在、NTT東日本 企業CMソングとして放送中のニューシングル「みなと」が4月27日に発売されることが決定した。

【その他の画像】スピッツ

スピッツのシングルとして2年11か月振りのフィジカル・リリースとなる今作、「雪風」などのダウンロード・シングルを加えて通算41枚目のシングルとなる。

表題曲の「みなと」は、幻想的なギターサウンドと草野マサムネのヴォーカルから始まる、哀愁感漂うやさしいサウンドに仕上がっている。オンエア情報などは後日発表予定。

■シングル「みなと」

2016年4月27日発売
UPCH-5875/¥1,000+税
<収録曲>
1.みなと 
※NTT東日本 企業CMソング
2.ガラクタ

【関連リンク】
SPITZ オフィシャルHP
奥田民生の生誕50年ライブに豪華アーティスト集結、「イージュー★ライダー」大合唱&大合奏
スピッツ、映像作品をチラ見せ&特製ポストカードが当たるキャンペーンも
スピッツの『ハチミツ』トリビュートアルバム全曲試聴映像が公開

【関連アーティスト】
スピッツ
【ジャンル】
ジャパニーズロック, テレビ(番組/CM)

いきものがかり、“てんねん記念"スペシャルメッセージに新メッセージが到着
Mon, 14 Mar 2016 00:00:00 +0900
いきものがかり (okmusic UP\'s)

3月15日(火)にデビュー10周年を迎え、同日にベストアルバム「超いきものばかり〜てんねん記念メンバーズBESTセレクション〜」をリリースするいきものがかり。そのアニバーサリーを彩るように、いきものがかりがこれまでにお世話になったアーティストをはじめ、スポーツ選手・俳優・お笑い芸人など、ジャンルを“超えた"たくさんの方々からメッセージが寄せられ、現在WEB上で展開中のデビュー10周年記念の特設ページで公開されているが、このたび新たなメッセージが公開された。

【その他の画像】いきものがかり

新たに公開されたのは、アーティストから俳優、アナウンサーといった幅広いジャンルから寄せられた全13組の方々のメッセージ。前回に続き、いきものがかりとの意外な繋がりが垣間見えるメッセージも数多く寄せられている。ファンならずとも、ぜひチェックしてほしい。

<新着メッセージ寄稿者一覧>(五十音順・敬称略)
aiko、小田和正、軽部真一(フジテレビアナウンサー・めざましテレビエンタメキャスター)、Shinji(シド)、T.M.Revolution 西川貴教、中村 中、根本 要(スターダスト☆レビュー)、藤木直人、古田新太、MONKEY MAJIK、ゆず、レキシ、和田 唱(TRICERATOPS)

メッセージは今後も追加されるので、引き続き注目していてほしい。

なお、いきものがかりは、3月14日(月)にベストアルバムリリースを記念して、10周年を迎える瞬間までをカウントダウンする生特番『超いきものカウントダウン〜10周年を祝いまSHOW〜』を「LINE LIVE」にて生配信することが決定している。

また、デビュー10周年記念日の3/15(火)には、地元神奈川県海老名市のビナウォークにてデビュー&ベストアルバムリリース記念イベントの開催も決定。

ともにデビュー曲である「SAKURA」のパフォーマンスも予定されている。どちらもぜひチェックしてほしい。

■いきものがかりデビュー10周年特設サイト
http://ikimonogakari.com/cho-10nen/

■LINE LIVE生特番「超いきものカウントダウン〜10周年を祝いまSHOW〜」

3月14日(月) 23:00〜 https://live.line.me/r/channels/21/upcoming/2679

【関連リンク】
いきものがかり オフィシャルHP
3/11「Mステ」に話題のオリラジユニット初登場、レギュラー放送29年ぶりに9組が出演
いきものがかり、各界の著名人からデビュー10周年を祝うメッセージが到着
いきものがかり、地元・海老名と厚木でデビュー10周年を記念した大型野外ライブイベント開催決定

【関連アーティスト】
いきものがかり
【ジャンル】
J-POP

スネオヘアー、アニメ「坂本ですが?」ED曲を含むアルバム発売決定
Mon, 14 Mar 2016 00:00:00 +0900
スネオヘアー (okmusic UP\'s)

スネオヘアーが3年ぶりに9枚目のフルアルバム『0(ラブ)』 を5月25日に発売することを発表した。4月から放送開始のTVアニメ「坂本ですが?」 エンディング主題歌楽曲である新曲「無くした日々にさよなら」を含む全14曲入りアルバムになっている。

【その他の画像】スネオヘアー

アートワークにはシングル「ヒコウ」(2004年4月21日発売)からベストアルバム『ベスト』(2009年9月30日発売)や映画「アブラクサスの祭」タイトルロゴまで、多岐にわたり数多くのスネオヘアーのアートワークを担当していた「風とロック」の箭内道彦氏との強力タッグが今作でついに実現する。

■アニメ「坂本ですが?」公式サイト http://www.tbs.co.jp/anime/sakamoto/

■アルバム 『0(ラブ)』

2016年5月25日発売
¥3000(税抜)

【関連リンク】
スネオヘアー オフィシャルHP
「坂本ですが?」OP曲をカスタマイZ、ED曲はスネオヘアーが担当
福島『風とロック芋煮会2014』、猪苗代湖ズ、片平里菜、スネオヘアーら出演
スネオヘアーが地元・新潟でライブを開催

【関連アーティスト】
スネオヘアー
【ジャンル】
J-POP, アニメ













c2001〜 Interrise Inc. All Rights Reserved Since 2001/4/1